7 - 空調技研工業株式会社

防災機器
防 煙・防 火 ダ ンパー
防火・防排煙ダンパー
排 煙・防 火 ダ ンパー
排 煙 口・給 気 口
開放装置
一 般 ダ ンパー
逆 流 防 止 ダ ンパー
避 圧 ダ ンパー
特 殊 仕 様 ダ ンパー
空研工業株式会社
の 間 に
風
い
い
人 と 、こ こ ち
働く 、学ぶ、くつろぐ・・・。
人が 暮らすさまざまな空間に 、
快 適な風をおとどけする空研 。
人と、ここちいい風の間に
私たち空研の技術が息づいています 。
空調技研工業株式会社の品質システムが
国際規格に認められています。
「ISO9001:2008」認証
「信 頼と満足を得るため、お客 様に愛される商品・サービスを提 供する」を
品質 方 針に掲げ、品質向上とサービスの 徹 底に取り組んでいます。
C 0 N T EN T S
型式一覧
Photo Index
注意事項・メンテナンスについて
仕様・構造一覧
防蝕仕様
耐蝕性能
当社の特長・BV規格
Smoke/Fire Prevent. Damper
防煙・防火ダンパー Smoke-Release/Fire-Prevent. Damper
排煙・防火ダンパー Smoke-Release Port, Air-Supply Port
Emergency Opening Device
Damper for Air-Conditioning
Non-Return Damper
Pressure-Relief Damper
Special Damper
Technical Data
排煙口・給気口 開放装置 一般ダンパー 逆流防止ダンパー 避圧ダンパー 特殊仕様ダンパー 技術資料 ■ 型 式一覧
品 名
防火ダンパー
型 式
FD
FD-K
FD-S
HFD
SFD
防煙・防火ダンパー
SFMD
スリット付防煙・防火ダンパー
重防蝕型防火ダンパー
超重防蝕型防火ダンパー
SL-SFD
SL-SFMD
AC-FD
AC-SFD
CP-FD
CP-SFD
PFD
ガス圧式防火ダンパー
SPFMD
排煙ダンパー
排煙・防火ダンパー
スリット付排煙ダンパー
スリット付排煙・防火ダンパー
排煙口
給気口
手動開放装置
風量調整ダンパー
内部気密型ダンパー
SR-3DS
SR-3DY
SR-3DM
SR-3DS-B
SR-3DM-B
SR-3DS-I
SR-3DM-I
ASF-1DS
ASF-1DM
ASF-1DSB
ASF-1DMB
KDB-1
(U・R)
KGB-2FA
VD
VD-K
VD-DN
VD-MG
避圧ダンパー
HG-S
HG-MD-M
MD-M
CD
CDK-W
BBD
BD-D
RCD
複合ダンパー
SFMMD
高気密型ダンパー
モーターダンパー
逆流防止ダンパー
差圧ダンパー
SR-2DS
SR-2DM
SR-2DS-HG
SR-2DM-HG
SRF-2DS
SRF-2DM
SRF-2DS-HG
SRF-2DM-HG
SR-1DS
SR-1DM
SRF-1DS
SRF-1DM
接続形状
作 動
復 帰
角
丸
温度ヒューズ
(72℃)
手動
丸
角
温度ヒューズ
(280℃)
角
丸
角
手動
遠隔・温度ヒューズ
(72℃)
自動
(モーター)
丸
角
角
遠隔・温度ヒューズ
(72℃)
角・丸
温度ヒューズ
(72℃)
角・丸
遠隔・温度ヒューズ
(72℃)
角・丸
温度ヒューズ
(72℃)
角・丸
遠隔・温度ヒューズ
(72℃)
角
丸
角
丸
角
自動
(モーター)
手動
手動
消火ガス ・ 温度ヒューズ
(72℃)
復旧弁
消火ガス・遠隔・温度ヒューズ(72℃)
復旧弁
角
角
手動
手動
遠隔 ・ 手動開放装置
角
自動
(モーター)
手動
自動
(モーター)
手動 ・ 温度ヒューズ※1
角
遠隔 ・ 手動開放装置
自動
(モーター)
・温度ヒューズ ※1
手動 ・ 温度ヒューズ※1
自動
(モーター)
・温度ヒューズ ※1
角
遠隔 ・ 手動開放装置
角
遠隔 ・ 手動開放装置
手動
自動
(モーター)
手動 ・ 温度ヒューズ※1
自動
(モーター)
・温度ヒューズ ※1
遠隔 ・ 手動開放装置
手動
遠隔 ・ ワイヤー
手動
自動
(モーター)
角
手動
遠隔 ・ 手動開放装置
自動
(モーター)
手動
自動
(モーター)
手動 ・ 温度ヒューズ※1
角
遠隔 ・ 手動開放装置
自動
(モーター)
・温度ヒューズ ※1
手動 ・ 温度ヒューズ※1
自動
(モーター)
・温度ヒューズ ※1
角
丸
丸
角・丸
角
角
角・丸
角・丸
角・丸
壁取付
角
角
角
丸
遠隔・温度ヒューズ
(72℃)
自動
(モーター)
仕 様
規格・認定
※2 型式承認番号 : NBK-02-084
: NBK-02-085
検査口一体型
: NBK-04-198
熱・煙感知器連動
※2 型式承認番号 : NBK-02-087
熱・煙感知器連動
: NBK-02-088
熱・煙感知器連動
: NBK-02-089
熱・煙感知器連動
: NBK-02-090
ページ
熱・煙感知器連動・スリット付
熱・煙感知器連動
熱・煙感知器連動
消火ガス連動
※2 型式承認番号 : NBK-02-091
消火ガス連動
: NBK-02-092
消火ガス連動・熱・煙感知器連動
: NBK-02-095
消火ガス連動・熱・煙感知器連動
: NBK-02-096
煙感知器連動
煙感知器連動・高気密型
煙感知器連動・開放時温度ヒューズ
(280℃)
作動で閉鎖
煙感知器連動・開放時温度ヒューズ
(280℃)
作動で閉鎖・高気密型
煙感知器連動・スリット付
煙感知器連動・開放時温度ヒューズ
(280℃)
作動で閉鎖・スリット付
煙感知器連動
煙感知器連動・ワイヤー直下型
煙感知器連動
煙感知器連動・ボード貼り型
(パネル部のみ)
煙感知器連動・隠蔽型
煙感知器連動・開放時温度ヒューズ
(280℃)
作動で閉鎖
煙感知器連動・開放時温度ヒューズ
(280℃)
作動で閉鎖・手動開放装置付
ワイヤー作動用、 埋込型:KDB-1U ・ 露出型:KDB-1R
電気式開放装置、 埋込型:KGB-2U ・ 露出型:KGB-2R
ウォームギヤ式
レバー式
(蝶ネジによる任意固定)
MD-M-MG型も製作可
内外気密型
内外気密型 ・ モーター:ON-OFF型
ON-OFF型 ・ ポテンショメーター付 ・ 比例式
ウエイト付
処理風量により1型∼4型
ダクト中間型 処理風量により#5∼#20
初動静圧により、タイプ1とタイプ2
熱・煙感知器連動 ・ モーターダンパー兼用防煙・防火ダンパー
※2 型式承認番号 : NBK-02-093
: NBK-02-094
※1: 温度ヒューズで防火作動(閉鎖) ※2: 日本防排煙工業会 自主管理型式承認
7OV[V0UKL_
製品一覧
各 型 式 につ いての 詳しい 情 報 は、写 真 下 の 掲 載 ページ をご 参 照くだ さ い 。
Smoke/Fire Prevent.
Smok
Damper
Damp
[-+]
[-+2]
7
7
[-+:]
[/-+]
[:-+]
7
7
7
[:-+]
[:-4+]
[:-4+]
7
7
7
[:3:-+]
[:3:-4+]
[(*-+・(*:-+]
7
7
7
[*7-+・*7:-+]
[7-+]
[7-+]
7
7
防煙・防火ダンパー
7→
7
Smoke-Release/
Smok
Fire-Prevent. Damper
Fire-P
[:9+:]
[:9+4]
7
7
[:9-+:]
[:9-+4]
7
7
[:9+4/.]
排煙・防火ダンパー
7→
Smoke-Release Port, Smok
Air-Supply Port
Air-Su
7
[:9-+:/.・:9-+4/.]
7
[:9+:]
[:9+4]
7
7
[:9-+:]
[:9-+4]
7
7
[:9+:・:[email protected]]
[:9+4]
[:9+:0]
(隠蔽型)
排煙口・給 気口
7→
7
7
7
7OV[V0UKL_
製品一覧
各 型 式 につ いての 詳しい 情 報 は、写 真 下 の 掲 載 ページ をご 参 照くだ さ い 。
Smoke-Release Port, Smok
Air-Supply Port
Air-Su
[(:-+:]
[(:-+4]
[(:-+: 2.) ]
7
7
7
排煙口・給 気口
7→
Emergency Opening
Emer
Device
Devic
[2+)<・2+)9]
[2.)-(]
7
7
開放装置
7→
Damper for
Dam
Air-Conditioning
Air-C
[=+]
[=+2]
[=++5]
一般ダンパー
7→
7
7
7
[=+4.]
[/.:]
[/.4+-4]
7
7
7
[4+-4]
[4+-4]
7
7
Non-Return Damper
Non-R
[*+]
[*+]
7
7
[*+2>]
[*+2>]
7
7
逆流防止ダンパー
7→
Pressure-Relief
Press
Damper
Damp
[))+・]
[))+]
7
7
[9*+]
避圧ダンパー
7
7
Special Damper
Speci
[:7+ 型 ]
[ 角丸型 =+]
[3*4+4]
7
7
7
特殊仕様ダンパー
7→
ご注意
1)事故・破損防止のため、許容範囲のサイズ・静圧・風速などを守ってください。
2)異音など異常がある場合は、お近くの窓口までお問合せください。
3)永く安全にご使 用いただくために、必ず定 期的な点検・清掃を行ってください。
4)各ダンパーを本来の使 用目的一 般 空調用以 外のご使 用や取 扱いはしないでく
ださい。
5)外気 取 入れ(OA)系 統に設 置する場合は塵 埃と湿 気により発 錆し作 動しなく
なる恐れがありますのでOA仕様のダンパーをご使 用ください。
6)薬 品やガスを含 む 空 気 が流 れる場合は、種 類や 濃 度に合った仕 様 の ダンパー
を選 定ください。
7)このカタログに記載されたイラストは実際の製品と異なることがあります。
また、内部の説明を容易にするため省略していることがあります。
8)施工時は落下させたり、衝撃を与えないようにしてください。
9)本体および駆動装置には乗らないでください。
10)
本体に風向シールや天地シールが貼付されてる場合は、それに準じて設 置して
ください。
1
1)本体と駆動装置にはビス等を打たないでください。不作動の原因になります。
12)
駆動装置は塗装しないでください。不作動の原因になります。
13)
結 線 後は駆 動 装置の 蓋を必ず 閉めてください。塵 埃 が内部に入り不作 動の原
因になります。
14)
カタログ 掲 載 の商品は屋 内に設 置 されることを前 提としています。屋 外に設
置されると駆動装置の故障やダクト内へ雨水浸 入の原因になります。
※本カタログに記載された内容は、製品改良のため予告なく変更する場合が
ございますので図面等でご確認ください。
保守点検・メンテナンスについて
保守点検について
1)防火ダンパーおよび排煙口(タンパー)は建 築基準法で維持保全が義務 付けられて
います。 (昭和25年法 律第201号 第8条)
2)防火区画を貫 通する部分に設けるダンパーの基 準として、近くの天 井・壁面に一 辺
の長さが45㎝以 上の保 守用点検口及び翼の状 態 確認のための検 査口を設ける事
が義務 付けられています。 (建 築基準法施行 令第112条16項)
3)保守点検の要領を日本防排煙工業会では次のように推奨しています。
※ 参照 法 規 : 消防法 施行 規 則第31条の6第1項・第3項
[ 一般事項]
点検 及び保 守は、その項目に対応する点検を行い必要に応じて保 守その 他の措 置
を適切に講じるものとしその点検 周期は6ヶ月毎に1回とする。
[ 点検 及び保守内容]
点検項目(外観点検)
(1)ダンパーの周囲に閉鎖 上障害となるものの有無を点検する。
(2)ダンパーが規定の装置により正常な状 態でセットされてる事を確認する。
(3)ダンパー及び自動閉鎖装置に著しい変形、損傷等の有無を点検する。
(4)温度ヒューズ 装置付自動閉鎖装置の場合は規定の温度ヒューズであるかまた、
ヒューズ本体及び取付け部の状 態が正常であるか確認する。
機能点検(作動点検)
(1)ダンパーの手動による閉鎖が正常に作動することを確認する。
(2)連 動制御盤の作 動指 令によりダンパーが正常に作 動することを確認する。 なお、順 送り方式のものは順 送り作動が正常であることを確認する。
(3)作動確認 用スイッチの作動が確実であることを確認する。
(4)ダンパーを閉鎖作動させた後、復帰させた場合の異常の有無を点検し関係部
位が元の状態に戻ることを確認する。
メンテナンスについて
1)ダンパー駆 動 装置側には、結 線や 温 度ヒューズの交 換のため、メンテナンススペース
が必要です。
2)防火ダンパーは、検 査口から内部の確認ができるようにスペースを確保してください。
検 査口は駆 動 装置と同面 取付けを基 本としていますが、サイズにより異なる場合 が
ありますので、詳細は仕様図で確認ください。
3)温度ヒューズは竣工後6年目から機能の低下が見られます。
( 日本防排煙工業会調査)
6∼7年を目安に交換してください。
仕 様・構 造 一覧
品 名
型 式
風量調整ダンパー
VD
MD
タイプ
低圧(一般)仕様
使用範囲(風速・圧力)
構造(羽根・連結)
使用範囲(風速・圧力)
構造(羽根・連結)
逆流防止ダンパー
角
10 m/s 以下
500 Pa 以下
対向翼
外連結
15 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
10 m/s 以下
500 Pa 以下
単翼
15 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
角
10 m/s 以下
500 Pa 以下
対向翼
外連結
15 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
10 m/s 以下
500 Pa 以下
単翼
15 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
角
10 m/s 以下
550Pa(逆圧)以下
MD-M
平行翼
外連結
CD
丸
10 m/s 以下
500Pa(逆圧)以下
単翼
15 m/s以下
1000Pa(静圧)以下
1000Pa(逆圧)以下
平行翼
連結無し
W>800は羽根分割
15 m/s以下
1000Pa(静圧)以下
1000Pa(逆圧)以下
角丸型平行翼
連結無し
※ウエイト付
※ウエイト付
角
15 m/s 以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
15 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
15 m/s 以下
800 Pa 以下
単翼
15 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
角
15 m/s 以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
15 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
15 m/s 以下
800 Pa 以下
単翼
15 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
SL-SFD
角
10 m/s 以下
800 Pa 以下
スリット型
平行翼
中連結
SR-1D
角
10 m/s 以下
800 Pa 以下
スリット型
平行翼
中連結
角
20 m/s 以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
20 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
20 m/s 以下
800 Pa 以下
単翼
20 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
SR-3D
角
給気口
10 m/s 以下
1000 Pa 以下
パネル型
スイング型
ASF-1D
角
10 m/s 以下
800 Pa 以下
スリット型
平行翼
中連結
避圧口
RCD
角
300∼
500 Pa
パネル型
連結無し
角
15 m/s 以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
15 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
15 m/s 以下
800 Pa 以下
単翼
15 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
角
15 m/s 以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
15 m/s以下
1000 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
丸
15 m/s 以下
800 Pa 以下
単翼
15 m/s以下
1000 Pa 以下
単翼
角
10 ∼50 Pa
FD
SFD
防火ダンパー
PFD
排煙関係ダンパー
SR-2D
SPFMD
複合型
SFMMD
差圧
高圧1仕様
BBD
501∼
1000 Pa
パネル型
連結無し
高圧2仕様
使用範囲(風速・圧力)
気密
構造(羽根・連結)
使用範囲(風速・圧力)
高気密
構造(羽根・連結)
使用範囲(風速・圧力)
構造(羽根・連結)
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
10 m/s以下
500 Pa 以下
対向翼
外連結
ゴムパッキン
SUSパッキン
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
10 m/s以下
500 Pa 以下
単翼
スポンジゴム
10 m/s 以下
1000 Pa 以下
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
10 m/s以下
500 Pa 以下
対向翼
外連結
ゴムパッキン
SUSパッキン
10 m/s 以下
1000 Pa 以下
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
10 m/s以下
500 Pa 以下
単翼
スポンジゴム
10 m/s 以下
1000 Pa 以下
角丸型
20 m/s以下
2500Pa(静圧)以下
2500Pa(逆圧)以下
平行翼
連結無し
W>800は羽根分割
20 m/s以下
2500Pa(静圧)以下
2500Pa(逆圧)以下
角丸型平行翼
連結無し
10 m/s 以下
550Pa(逆圧)以下
※ウエイト付
※ウエイト付
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
20 m/s以下
2500 Pa 以下
平行翼
中連結
W>800は羽根分割
20 m/s以下
2500 Pa 以下
単翼
10 m/s 以下
1000 Pa 以下
シリコンパッキン
単翼
※パネル最大□500
※風量調整不可
角丸型
シリコンパッキン
単翼
※パネル最大□500
※風量調整不可
平行翼
連結無し
スポンジゴムパッキン
※ウエイト付
10 m/s 以下
550Pa(逆圧)以下
角丸型
※ウエイト付
10 m/s以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
スポンジゴムパッキン
SUSパッキン
10 m/s以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
ゴムパッキン
SUSパッキン
20 m/s以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
スポンジゴムパッキン
SUSパッキン
20 m/s以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
ゴムパッキン
SUSパッキン
10 m/s以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
スポンジゴムパッキン
SUSパッキン
10 m/s以下
800 Pa 以下
平行翼
中連結
ゴムパッキン
SUSパッキン
防蝕仕様
■防蝕参考一覧
機種
型式
比較部
風量調整ダンパー
SGCC
メッキ棒鋼
メッキ棒鋼
メッキ棒鋼
SUS304棒鋼
軸受
黄銅
黄銅
黄銅
SUS304
連結
外連結、メッキ
外連結、メッキ
外連結、メッキ
外連結、メッキ
FG、溶接部のみ
エポキシ樹脂塗装
塩化ビニル樹脂塗装
FG、溶接部のみ
シルバー塗装
標準膜厚20∼30μ
標準膜厚40∼60μ
シルバー塗装
SGCC
SGCC
SGCC
SGCC
メッキ棒鋼
メッキ棒鋼
メッキ棒鋼
SUS304棒鋼
軸受
黄銅
黄銅
黄銅
SUS304
連結
外連結、メッキ
外連結、メッキ
外連結、メッキ
外連結、メッキ
FG、溶接部のみ
エポキシ樹脂塗装
塩化ビニル樹脂塗装
FG、溶接部のみ
シルバー塗装
標準膜厚20∼30μ
標準膜厚40∼60μ
シルバー塗装
SGCC
SGCC
SGCC
SGCC
メッキ棒鋼
メッキ棒鋼
メッキ棒鋼
SUS304棒鋼
軸受
黄銅
黄銅
黄銅
SUS304
連結
中連結、メッキ
中連結、メッキ
中連結、メッキ
中連結、
SUS304
FG、溶接部のみ
エポキシ樹脂塗装
塩化ビニル樹脂塗装
FG、溶接部のみ
シルバー塗装
標準膜厚20∼30μ
標準膜厚40∼60μ
シルバー塗装
一般ビル
IC工場
IC工場
病院排気系統
病院排気系統
仕上
逆流防止ダンパー
外板・羽根
シャフト
仕上
外板・羽根
防火ダンパー
FD
シャフト
SFD
PFD
仕上
主な使用場所
全般
1)上記防蝕優劣比較 : 標準仕様 < OA仕様 < エポキシ塗装仕様<塩ビ塗装仕様
※ 使用条件や薬品によって優劣が異なる場合があります。
2)丸型の場合は単翼で連結はありません。
備 考
※ 各仕様は、弊社の仕様です。
※ 主な使用場所については、参考としてご検討ください。
OA仕様
SGCC
MD-M
CD
塩ビ塗装仕様
SGCC
シャフト
MD
エポキシ塗装仕様
SGCC
外板・羽根
VD
標準仕様
OA系統
機種
型式
比較部
風量調整ダンパー
外板・羽根
VD
シャフト
MD
ステンレス仕様
SGCC
SGLCC
−−
SUS304
SUS304棒鋼
SUS304棒鋼
−−
SUS304棒鋼
−−
SUS304
−−
外連結、
SUS304
連結
外連結、
メッキ
外連結、
SUS304
タールエポキシ樹脂塗装
FG、
溶接部のみ
標準膜厚45∼55μ
シルバー塗装
SGCC
SGLCC
−−
SUS304
SUS304棒鋼
SUS304棒鋼
−−
SUS304棒鋼
−−
SUS304
−−
外連結、
SUS304
逆流防止ダンパー
外板・羽根
シャフト
−−
FG、
溶接部のみ
シルバー塗装
軸受
SUS304
(フッ素樹脂) SUS304
連結
外連結、
メッキ
外連結、
SUS304
タールエポキシ樹脂塗装
FG、
溶接部のみ
標準膜厚45∼55μ
シルバー塗装
SGCC
SGLHC
SHEC
SUS304
SUS304棒鋼
SUS304棒鋼
メッキ棒鋼
SUS304棒鋼
フッ素樹脂
SUS304
仕上
外板・羽根
防火ダンパー
シャフト
SFD
重防食仕様
SUS304
(フッ素樹脂) SUS304
仕上
FD
ガルバリウム仕様
軸受
MD-M
CD
塩害仕様
−−
FG、
溶接部のみ
シルバー塗装
軸受
SUS304
(フッ素樹脂) SUS304
連結
中連結、
SUS304
中連結、SUS304
外連結、
メッキ
中連結、
SUS304
タールエポキシ樹脂塗装
FG、
溶接部のみ
エポキシ樹脂塗装
FG、
溶接部のみ
標準膜厚45∼55μ
シルバー塗装
標準膜厚200μ
シルバー塗装
海岸付近OA系統
IC工場
IC・製薬工場
IC工場
船舶用
OA系統
薬品排気系統
屋外
PFD
仕上
主な使用場所
全般
病院排気系統
OA系統
下水道
病院排気系統
1)VD、FDのガルバリウム仕様・ステンレス仕様で駆動装置(子機)がステンレス製の場合はご指示ください。
2)MD-M、
SFD、
PFDはステンレス製駆動装置(子機)がありませんので、下水道事業団仕様の場合
SUS304駆動装置(子機)カバー取付にて対応致します。
備 考
3)上記防蝕優劣比較 : ガルバリウム仕様 < 塩害仕様 < ステンレス仕様 < 重防蝕仕様
※ 使用条件や薬品によって優劣が異なる場合があります。
4)上記価格比較 : 塩害仕様 < ガルバリウム仕様 < 重防蝕仕様 < ステンレス仕様
5)丸型の場合は単翼で連結はありません。
※ 各仕様は、弊社の仕様です。
※ 主な使用場所については、参考としてご検討ください。
耐蝕性能
アセトン
評価
濃度
×
100%
温度
25℃
濃度
△
100%
25℃
×
100%
56℃
100%
アニリン
×
100%
25℃
×
亜硫酸ソーダ(亜硫酸ナトリウム)
○
100%
60℃
○
アンモニア水
(水酸化アンモニウム)
○
28%
70℃
エチルアルコール(エタノール)
温度
評価
SUS304
濃度
温度
評価
SUS316
濃度
温度
○
100%
56℃
○
100%
56℃
25℃
○
100%
100℃
○
100%
100℃
90℃
○
10%
100℃
○
10%
100℃
△
40%
100℃
△
40%
100℃
○
40%
25℃
○
50%
25℃
△
30%
100℃
△
30%
100℃
○
100%
70℃
○
100%
25℃
○
100%
78℃
○
100%
78℃
×
100%
40℃
△
100%
25℃
○
100%
25℃
○
100%
25℃
塩化第二鉄
○
50%
65℃
○
40%
90℃
×
10%
25℃
×
10%
25℃
塩酸
○
30%
70℃
○
37%
93℃
×
10%
20℃
×
10%
20℃
塩化亜鉛
○
100%
70℃
○
90℃
△
10%
50℃
○
10%
24℃
×
10%
100℃
×
10%
100℃
塩化アルミニウム
○
25%
40℃
×
10%
25℃
×
10%
25℃
△
25%
65℃
○
25%
60℃
△
20%
24℃
△
20%
100℃
△
25%
80℃
×
20%
100℃
△
○
100%
60℃
×
10%
100℃
△
10%
100℃
△
30%
25℃
△
30%
25℃
△
30%
100℃
△
30%
100℃
(エチル)エーテル
塩化アンモニウム
塩化バリウム
塩素酸カリウム
塩素酸ソーダ
90℃
○
○
90℃
○
90℃
△
60%
100℃
△
60%
100℃
90℃
△
30%
100℃
△
30%
100℃
100%
25℃
×
100%
25℃
×
100%
25℃
○
25%
75℃
黄血カリ(フェロシアン化カリウム) ○
25%
55℃
○
塩素ガス(湿潤)
○
100%
75%
×
過酸化水素水
○
30%
65℃
△
10%
25℃
△
40%
100℃
△
40%
100℃
カセイカリ(水酸化カリウム)
○
25%
70℃
△
50%
70℃
△
60%
100℃
△
60%
100℃
カセイソーダ(水酸化ナトリウム)
△
40%
70℃
△
10%
90℃
○
30%
75℃
○
20%
100℃
△
50%
24℃
△
50%
24℃
ガソリン
△
100%
22℃
○
100%
90℃
○
100%
90℃
○
100%
90℃
×
100%
60℃
過マンガン酸カリウム
○
25%
50℃
○
5%
90℃
△
30%
100℃
△
30%
100℃
ギ酸
○
90%
24℃
△
90%
24℃
△
80%
50℃
○
100%
20℃
△
50%
70℃
×
25%
70℃
×
50%
75℃
△
100%
100℃
○
100%
70℃
○
90%
93℃
△
100%
25℃
△
100%
100℃
△
50%
80℃
クエン酸
評価
ステンレス
ステンレス
エポキシ樹脂
硬質塩化ビニール
50%
グリセリン
○
100%
70℃
○
100%
90℃
○
100%
100℃
○
100
100℃
クロム酸
△
50%
60℃
○
50%
20℃
△
50%
20℃
△
50%
20℃
×
50%
70℃
△
10%
100℃
×
30%
70℃
クロル酢酸
○
100%
65℃
×
10%
25℃
×
10%
25℃
×
20%
25℃
クロロホルム
×
100%
22℃
○
100%
61℃
△
90%
61℃
△
90%
61℃
混酸(硫酸57% 硝酸28%)
○
60℃
×
24℃
○
25℃
○
酢酸
△
90%
35℃
○
10%
93℃
○
90%
25℃
○
90%
25℃
△
50%
25℃
△
10%
100℃
△
10%
100℃
25℃
△
100%
25℃
△
100%
80℃
△
100%
80℃
70℃
×
○
2.5%
20℃
×
10%
50℃
△
6%
20℃
×
5%
25℃
○
100%
76℃
○
100%
76℃
酢酸エチル
×
酸洗溶液(硝酸20% フッ酸4%)
○
次亜塩素酸カルシウム(サラシ粉)
○
100%
10%
25℃
24℃
40℃
次亜塩素酸ソーダ(次亜塩素酸ナトリウム)
○
15%
四塩化炭素(4クロールメタン)
△
100%
24℃
○
100%
24℃
×
100%
60℃
×
100%
76℃
25℃
脂肪酸
評価
濃度
温度
○
100%
25℃
×
100%
70℃
温度
ステンレス
ステンレス
エポキシ樹脂
硬質塩化ビニール
評価
SUS304
濃度
温度
評価
SUS316
濃度
温度
100%
100℃
○
100%
150℃
評価
濃度
△
100%
75℃
△
重クロム酸カリウム
○
40%
50℃
○
5%
90℃
○
60%
100℃
○
60%
100℃
シュウ酸
○
90%
70℃
○
20%
93℃
△
90%
24℃
△
90%
24℃
×
10%
52℃
×
10%
52℃
重炭酸ソーダ(重ソウ)
(炭酸水素ナトリウム)
○
10%
70℃
○
10%
93℃
△
20%
100℃
△
20%
100℃
酒石酸
○
飽和液
70℃
○
飽和液
90℃
△
50%
100℃
△
50%
25℃
硝酸
○
68%
60℃
△
5%
24℃
○
10%
100℃
○
100%
20℃
△
70%
70℃
△
60%
100℃
×
100%
50℃
×
80%
50℃
硝酸カリウム
○
50%
65℃
○
90℃
△
80%
100℃
△
80%
100℃
食塩水(塩化ナトリウム)
○
飽和液
70℃
○
飽和液
90℃
△
10%
24℃
△
30%
100℃
×
10%
52℃
水酸化カルシウム(消石灰)
○
飽和液
70℃
○
飽和液
93℃
△
20%
100℃
△
50%
100℃
炭酸カリウム
○
50%
70℃
90℃
△
70%
100℃
△
70%
100℃
炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)
○
30%
70℃
○
25%
90℃
△
30%
100℃
△
30%
100℃
トリクレン(トリクロルエチレン)
×
100%
25℃
○
100%
24℃
○
100%
85℃
○
100%
85℃
△
100%
85℃
○
100%
100%
(海 水)
トルエン(メチルベンゼン)
×
ニトロベンゼン
(ニトロベンゾール)
×
二酸化炭素
△
乳酸
○
×
100%
20℃
22℃
×
100%
20℃
×
25%
70%
○
90%
15℃
25℃
△
100%
25℃
△
25%
90℃
△
△
110℃
○
100℃
△
100%
25℃
△
100%
25℃
10%
50℃
△
10%
50℃
70%
25℃
110℃
100℃
尿酸
○
33%
40℃
△
50%
100℃
フェノール(石灰酸)
△
100%
60℃
△
10%
25℃
△
100%
181℃
△
100%
181℃
フッ化水素酸(フッ酸)
△
60%
70℃
○
75%
25℃
×
10%
20℃
×
10%
20℃
ホウ酸
○
50%
50℃
○
90℃
○
30%
149℃
○
10%
149℃
△
50%
70℃
△
50%
209℃
△
50%
209℃
×
70%
149℃
×
70%
149℃
○
100%
60℃
△
10%
100℃
○
10%
100℃
△
30%
25℃
△
30%
100℃
○
37%
100℃
○
37%
100℃
50℃
△
50%
50℃
100%
ボウ硝(硫酸ソーダ)
ホルムアルデヒド(ホルマリン)
○
37%
みょうばん
(硫酸アルミニウムカリウム)
○
飽和液
メチルエチルケトン
×
100%
メチレンクロライド
(塩化メチレン)
×
硫化水素ガス
○
硫酸
△
硫酸アルミニウム
90℃
○
×
37%
25℃
○
30%
25℃
71℃
○
飽和液
93℃
△
50%
100%
25℃
○
100%
25℃
○
70℃
25℃
△
40℃
○
100%
70℃
○
100%
90℃
△
98%
70℃
○
50%
93℃
○
○
25%
65℃
○
△
硫酸アンモニウム
○
飽和液
70℃
○
飽和液
93℃
硫酸第一鉄
○
50%
25℃
○
50%
90℃
硫酸銅溶液
○
飽和液
70℃
○
飽和液
93℃
硫化ソーダ
○
50%
71℃
△
10%
75℃
硫酸亜鉛
○
90℃
○
100%
硫酸ニッケル
○
100%
70℃
○
リン酸
○
95%
65℃
○
△
※この一覧表の内容は、原材料の一般的耐薬品性です。
79℃
○
100℃
○
100%
250℃
△
100%
250℃
10%
20℃
×
10%
20℃
50%
100℃
△
50%
100℃
×
10%
25℃
△
50%
100℃
△
80%
25℃
△
80%
25℃
△
10%
100℃
△
10%
100℃
△
70%
100℃
△
80%
100℃
△
50%
100℃
△
50%
100℃
79℃
100℃
70℃
○
30%
100℃
○
30%
100℃
90℃
○
10%
24℃
△
10%
24℃
50%
90℃
△
50%
100℃
△
100%
25℃
65%
25℃
△
10%
100℃
△
90%
100℃
当社ダンパーの特長
1. 溶融亜鉛メッキ鋼板(SGCC)を使用し、溶接を可能な限り無く
した組立式ダンパーです。
2. 標準品角型ダンパーは軸受部と連結部に含油メタルを採用し、 摺動部の作動性を大幅に改善したダンパーです。
3. 環境にやさしいクロムフリー鋼板を使用しています。
■軸受部
軸受架台
含油メタル
■連結部
連結金具
含油メタル
※弊社OA仕様:軸・軸受・中連結をSUS304としています。
BV規格認定品
●船舶用の防火ダンパーとして、厳格なBV規格の認定品です。
●ヨーロッパ船籍の防火ダンパーも認定品です。
(その他、UK. NK. ABSも認定)
■船舶用防火ダンパー認定機関名
B V 規 格 : Bureau Veritas
U K 規 格 : United Kingdom
N K 規 格 : 日本海事協会
ABS規格 : American Bureau of Shipping
Smoke/Fire Prevent. Damper
Smo
防煙・防火ダンパー
-+ 防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)の作動により瞬時に閉鎖し、延焼を防止するダンパーです。
手動
(角型) 復帰
【 -+ 型】
メンテナンススペース
200以上
W
(ダクト寸法)
75
34
350L
10
10
クリップ
34
H(ダクト寸法)
34
34
57
■使用条件
外板・羽根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸受メタル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板 亜鉛メッキ
静 圧 /800Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /350
最小製作寸法 /W200×H150
手動
(丸型) 復帰
【 -+2 型】
メンテナンススペース
200以上
φD
(ダクト寸法)ー3 A 75
L
φD-30
(φD>300時)
D
(ダクト寸法)ー3
50
5°
60以内
約4
50
φD>300時の吊り金具位置(4点)
φ12×20(ボルト穴)
φD≦125時の検査口位置(φ60)
■使 用条 件
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
■製作仕様
標準L寸法/
φ100∼250は300
φ275∼350は350
φ375∼450は450
製作寸法 /φ10 0∼4 50
外
シ
軸
駆
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/黄 銅
動 装 置 /鋼板
※φ20 0以上はフランジ型もあります。
手動
(丸型) 復帰
【 -+: 型】
●検査口一体型
メンテナンススペース
200以上
φD
(ダクト寸法)
ー3
L
MAX.22
50
φD>300時の吊り金具位置(4点) 50
φ12×20(ボルト穴)
φD(ダクト寸法)
ー3
φDー30
(φD>300時)
60
(80)
42
(62)
( )内寸法はφ100用
■使 用条 件
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
■製作仕様
標準L寸法/
外
シ
軸
駆
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/黄 銅
動 装 置 /鋼板
※φ20 0以上はフランジ型もあります。
φ100∼250は300
φ275∼350は350
製作寸法 /φ10 0∼4 50
/-+ 排煙用防火ダンパー
●排煙系統に取付ける防火ダンパーで、温度ヒューズ(280℃)の作動により瞬時に閉鎖し、
延焼を防止します。
手動
(角型) 復帰
【 /-+ 型】
W(ダクト寸法)
φ100(M8ボルト穴)
350L
75
H(ダクト寸法)
P100
メンテナンススペース
200以上
57
■使 用条 件
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外
シ
軸
駆
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/含油メタル
動 装 置 /鋼板 亜鉛メッキ
Smoke/Fire Prevent. Damper
Smo
防煙・防火ダンパー
:-+ 防煙・防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)または熱・煙感知器との連動により瞬時に閉鎖し、
延焼を防止するダンパーです。
手動
(角型) 復帰
【 :-+ 型】
メンテナンススペース
280以上
W(ダクト寸法)
350L
140
34
10
10
クリップ
34
H(ダクト寸法)
34
34
57
型 式/KDS-1
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ
(共通)
キ (確認)
LS2
クロ
(移報)
シロ(移報)
【 :-+ 型】
手動
復帰
メンテナンススペース
280以上
A
L
140
φD−30(φD>300時)
φD>300時の吊り金具位置(4点) 50
φ12×20(ボルト穴)
50
電線管用穴(φ21)
(丸型)
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
約4
5°
手動レバー
φD≦125時の検査口位置(φ60)
■使 用条 件
■製作仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
標 準 L 寸 法 /φ10 0∼250は3 0 0
■温度ヒューズの交換 方法
①手動レバーを引いてダンパーを閉鎖状態にします。
②ターミナル端子側のカバーを外します。
③ヒューズに加工している磨り割を(−)
ドライバーで回し、
ヒューズホルダーを外します。
④温度ヒューズを交換し、
逆の要領でホルダーにセットします。
⑤温度ヒューズ作動用アームをヒューズのロッドに掛けます。
⑥カバーを取付けて完了です。
製
外
シ
軸
駆
φ275∼3 50は350
φ375∼4 50は450
作 寸 法 /φ10 0∼4 50
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/黄 銅
動 装 置 /鋼板
※φ20 0以上はフランジ型もあります。
φD(ダクト寸法)−3
アカ
(作動)
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
60以内
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
■使 用条 件
:-4+ 防煙・防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)または熱・煙感知器との連動により瞬時に閉鎖し、
延焼を防止するダンパーです。
●モーターによる自動復帰式です。
自動
(角型) 復帰
【 :-4+ 型】
メンテナンススペース
280以上
W(ダクト寸法)
350L
140
34
10
10
34
電線管用穴(φ21ノックアウト)
クリップ
H(ダクト寸法)
34
34
57
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
復帰信号 3
復帰順送 4
5
確 認
ry
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
Ry
共 通 6
LS4
移 報 7
8
移 報
型 式/KDS-2F
作動方法/モーター・温度ヒューズ・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.25A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS5
ry
LS3
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
M
メンテナンススペース
280以上
A
L
140
φD−30(φD>300時)
φD>300時の吊り金具位置(4点)
φ12×20(ボルト穴)
50
50
電線管用穴(φ21)
φD(ダクト寸法)−3
自動
(丸型) 復帰
【 :-4+ 型】
手動レバー
60以内
LS1
作動信号 1
作動順送 2 LS2
■使 用条 件
φD≦125時の検査口位置(φ60)
■使 用条 件
■製作仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
標 準 L 寸 法 /φ10 0∼250は3 0 0
■温度ヒューズの交換 方法
①手動レバーを引いてダンパーを閉鎖状態にします。
②ターミナル端子側のカバーを外します。
③ヒューズに加工している磨り割を(−)
ドライバーで回し、
ヒューズホルダーを外します。
④温度ヒューズを交換し、
逆の要領でホルダーにセットします。
⑤温度ヒューズ作動用アームをヒューズのロッドに掛けます。
⑥カバーを取付けて完了です。
製
外
シ
軸
駆
φ275∼3 50は350
φ375∼4 50は450
作 寸 法 /φ10 0∼4 50
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/黄 銅
動 装 置 /鋼板
※φ20 0以上はフランジ型もあります。
Smoke/Fire Prevent. Damper
Smo
防煙・防火ダンパー
:3 スリット付防煙・防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)または熱・煙感知器との連動により瞬時に閉鎖し、
延焼を防止するダンパーです。
270(点検口寸法)
6
350
11
O
電線管用穴
(φ21)
H(ダンパー寸法)
H+32
復帰用ハンドル
S
25
11
4 P23
h=H−18
(スリット有効寸法)
25
W
(ダンパー寸法)
手動レバー
手動
【 :3:-+ 型】 復帰
25
ω=W−18(スリット有効寸法)
254
25
W+302 16
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ
(作動)
■使用条件
■駆動装置仕様
静 圧 /800Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-1
作動方法/ソレノイド・温度ヒューズ・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ
(共通)
キ (確認)
LS2
クロ
(移報)
シロ(移報)
標 準 L 寸 法 /350
最小製作寸法 /W200×H350
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
点
検
口/鋼板
自動
【 :3:-4+ 型】 復帰
W
(ダンパー寸法)
270(点検口寸法)
6
350
25 ω=W−18(スリット有効寸法)
254
O
電線管用穴
(φ21)
H(ダンパー寸法)
11
復帰用ハンドル
H+32
P23
25
4
S
11
手動レバー
h=H−18
(スリット有効寸法)
25
●モーターによる自動復帰式です。
25
W+302 16
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
LS1
作動信号 1
2
作動順送 LS2
復帰信号
3
ry
共 通 6
LS4
移 報 7
8
移 報
ry
■駆動装置仕様
静 圧 /800Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-2F
作動方法/モーター・温度ヒューズ・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS5
4
復帰順送
5
確 認
LS3
■使用条件
Ry
M
標 準 L 寸 法 /350
最小製作寸法 /W200×H350
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
点
検
口/鋼板
(* 重防蝕防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)または熱・煙感知器との連動により瞬時に閉鎖し、延焼を防止するダンパーです。
●膜圧を200μのエポキシ樹脂塗装仕上で耐蝕性アップ。
※実際のご使用は試験片などでご確認ください。
(角型)
【(*-+・(*:-+型】
W(ダクト寸法)
P100
メンテナンススペース
200以上
95
※写真・図面はAC-FDです。
350L
φ10(M8ボルト穴)
H
(ダクト寸法)
手動
復帰
(AC-SFD)
■内部回路図(復帰完了時)
■使用条件
■駆動装置仕様(AC-SFD)
※両極性
静 圧 /800Pa以下
最大通過風速 /10m/sec
型 式/KDS-1
作動方法/ソレノイド・温度ヒューズ・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
アカ
(作動)
■製作仕様
LS1
LS2
アオ
(共通)
キ (確認)
クロ
(移報)
シロ(移報)
■塩ビヒューズ
標
製
外
シ
軸
駆
準 L 寸 法 /350
作 寸 法 /長辺1800、短辺600
板 ・ 羽 根 /鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/フッ素樹脂
動 装 置 /鋼板 亜鉛メッキ
※膜厚は200∼230μの範囲です。
※FDの駆動装置はSUS製もあります。
*7 超重防蝕防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)または熱・煙感知器との連動により瞬時に閉鎖し、延焼を防止するダンパーです。
●耐薬品性が非常に優れたフッ素樹脂を数回ライニングし、ダンパー内部の膜圧を300∼400μ確保。
※実際のご使用は試験片などでご確認ください。
※写真・図面はCP-FDです。
350L
105
φ10(M8ボルト穴)
P100
H
(ダクト寸法)
メンテナンススペース
200以上
(角型)
【*7-+・*7:-+型】
■内部回路図(復帰完了時)
(CP-SFD)
※両極性
アカ
(作動)
LS1
LS2
アオ
(共通)
キ (確認)
クロ
(移報)
シロ(移報)
■塩ビヒューズ
W(ダクト寸法)
■使用条件
■駆動装置仕様(CP-SFD)
静 圧 /800Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
型 式/KDS-1
作動方法/ソレノイド・温度ヒューズ・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
標
製
外
シ
軸
駆
準 L 寸 法 /350
作 寸 法 /長辺1500、短辺1500
板 ・ 羽 根 /鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/フッ素樹脂
動 装 置 /鋼板 亜鉛メッキ
※膜厚は300∼400μの範囲です。
※FDの駆動装置はSUS製もあります。
Smoke/Fire Prevent. Damper
Smo
防煙・防火ダンパー
7-+ ガス圧連動型防火ダンパー
●温度ヒューズ(72℃)または消火ガスの導入(非常時加圧)により瞬時に閉鎖し、
延焼を防止するダンパーです。
●消火ガス導入による作動の場合、消化ガスの排出により自動復帰式します。
(スプリングリターンシリンダー)
【 7-+ 型】
メンテナンススペース
250以上
自動
復帰
W(ダクト寸法)
350L
120
34
34
10
10
34
ガス給入口
H(ダクト寸法)
クリップ
34
(角型)
57
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
型 式/KDGF-2
作動方法/温度ヒューズ・ガス加圧
作動圧力/0.9∼5.2MPa
復帰方法/シリンダー(スプリングリターン)
使用ガス/CO 2ガス・N 2ガス
接続配管/銅管 外形φ6、内径φ4
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
検
査
口/鋼板 亜鉛メッキ
駆 動 装 置 /鋼板
【 7-+ 型】
(丸型)
自動
復帰
メンテナンススペース
250以上
φD(ダクト寸法)−3
L
120
φD−30(φD>300時)
φD>300時の吊り金具位置(4点) 50
φ12×20(ボルト穴)
45
60以内
°
338
φD−3
50
φD≦125時の検査口位置(φ60)
ガス給入口
■使 用条 件
■製作仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /15m/sec
標 準 L 寸 法 /φ10 0∼250は3 0 0
■温度ヒューズの交換 方法
①手動レバーを引いてダンパーを閉鎖状態にします。
②ターミナル端子側のカバーを外します。
③ヒューズに加工している磨り割を(−)
ドライバーで回し、
ヒューズホルダーを外します。
④温度ヒューズを交換し、
逆の要領でホルダーにセットします。
⑤温度ヒューズ作動用アームをヒューズのロッドに掛けます。
⑥カバーを取付けて完了です。
外
シ
軸
検
駆
φ275∼3 50は3 50
φ375∼4 50は4 50
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/黄 銅
査
口/鋼板 亜鉛メッキ
動 装 置 /鋼板
※φ20 0以上はフランジ型もあります。
ガス圧連動ダンパー
●消火原理
従来の消火方法は、物が燃焼する3要素(燃焼・熱・酸素)のうち一つ以上を除去するものです。
●二酸化炭素消火設備
放出された二酸化炭素により、室内の酸素濃度を14%(容量%)以下に下げる窒息作用と、
冷却作用により消火します。
避圧口
スピーカー
給気ダクト
ガス圧連動ダンパー
消火システム用感知器
逆止弁
噴射ヘッド
放出表示灯
手動起動装置
ダンパー復旧弁
火報用感知器
火災受信盤
制御盤(非常用電源)
選択弁
他防護区画へ
消火起動用ガス
消火ガス貯蔵容器
ガス圧ダンパーの種類と使い方
■PFD(遠隔復帰式)
■PD(遠隔復帰式)
放出区画
ダクト
放出区画
ダクト
放出区画
ダクト
PD
PFD
手動復帰弁
■PFD(手動復帰式)
逆止弁
消火ガス配管
設置条件 消火設備のガス放出区画内で
も設ける事ができます。
機 能 消火ガスのガス圧にて閉鎖す
ると共に温度ヒューズ溶断時も閉鎖します。
双方同時に作動した場合でも1.8MPa以
上のガス圧をかけた後、区画外に設けた
手動復帰弁を開放することで復帰(開放)
します。
特 徴 PDとFDの両機能を持ってお
り、両機能が作動した場合でも遠隔にて
復帰(開放)
し消火ガスを排気できます。
手動復帰弁
逆止弁
FD
消火ガス配管
設置条件 図のように消火設備のガス放
出区画内でも設けることができます。但
し、防火区画の場合別にFDが必要となり
ます。
機 能 消火ガスのガス圧にて閉鎖し
区画外に設けた手動復帰弁を開放するこ
とで復帰(開放)
します。
特 徴 消火ガスの放出区画内に入らな
くても遠隔にて復帰(開放)
し、消火ガスを排
気できます。但し、FDが作動している場合は
手動でFDを復帰しなければなりません。
PFD
消火ガス配管
設置条件 上図のように消火設備のガス
放出区画外に取り付けなければなりませ
ん。
機 能 消火設備ガス圧にて閉鎖する
と共に、
温度ヒューズの溶断時も閉鎖します。
双方の場合とも復帰(開放)は手動となり
ます。
特 徴 PDとFDの両機能を持ってい
ます。
Smoke-Release/Fire-Prevent. Damper
Smo
排煙・防火ダンパー
:9+ 排煙ダンパー
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
W
(ダクト寸法)
φ10(M8ボルト穴)
メンテナンススペース
240以上
350L
140
H(ダクト寸法)
電線管用穴(φ21ノックアウト)
P100
S
O
復帰用ハンドル
5
アウターチューブ止金具 手動レバー
手動
(角型) 復帰
【 :9+: 型】
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ(作動)
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
型 式/KDS-1H
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ(共通)
キ (確認)
LS2
クロ(移報)
シロ(移報)
中継端子
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置 /鋼板
自動
(角型) 復帰
【 :9+4 型】
●モーターによる自動復帰式です。
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1 LS1
2
LS2
3
ry
ry
5
LS3
6
7
中継端子
移 報
Ry
8
M
LS4
350L
S
O
手動レバー
140
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
型 式/KDS-2FH
作動方法/モーター・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS5
4
メンテナンススペース
270以上
復帰用ハンドル
H
(ダクト寸法)
φ10(M8ボルト穴)
電線管用穴(φ21ノックアウト)
W
(ダクト寸法)
P100
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置 /鋼板
:9+ 高気密型排煙ダンパー
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
●閉鎖時の漏煙量をSUS及びゴムパッキンにより極めて少なくした高気密型です。
メンテナンススペース
270以上
W
(ダクト寸法)
φ10(M8ボルト穴)
H
(ダクト寸法)
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1 LS1
LS2
ry
型 式/KDS-2FH
作動方法/モーター・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H150
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置/鋼板
パ ッ キ ン/SUS及びクロロプレーンゴム
4
5
ry
Ry
LS3
6
7
中継端子
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
■製作仕様
LS5
8
M
LS4
移 報
S
O
■使 用条 件
2
3
350L
140
電線管用穴
P100
手動レバー
●モーターによる自動復帰式です。
※手動復帰式もあります。
(φ21ノックアウト)
自動
(角型) 復帰
【 :9+4/. 型】
■排煙ダンパー漏煙グラフ
高気密型
標準型
差圧(Pa)
1000
100
10
0.1
1.0
10.0
100.0
漏煙量(CMM/㎡)
Smoke-Release/Fire-Prevent. Damper
Smo
排煙・防火ダンパー
:9-+ 排煙・防火ダンパー
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
●開放時、温度ヒューズ(280℃)作動により瞬時に閉鎖します。
手動
(角型) 復帰
【 :9-+: 型】
W
(ダクト寸法)
P100
メンテナンススペース
290以上
350L
180
φ10(M8ボルト穴)
手動レバー
S
アウターチューブ止金具
210
電線管用穴
(φ21ノックアウト)
H(ダクト寸法)
防火レバー作動範囲
により保温禁止区域
排煙
防火 O
復帰用ハンドル
防火レバー
57
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ(作動)
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
型 式/KDS-1FR
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ(共通)
キ (確認)
LS2
クロ(移報)
シロ(移報)
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H20 0
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置 /鋼板
中継端子
自動
(角型) 復帰
【 :9-+4 型】
●モーターによる自動復帰式です。
メンテナンススペース330以上
W
(ダクト寸法)
P100
200
350L
φ10(M8ボルト穴)
防火レバー
アウターチューブ止金具
S
手動レバー
O
復帰用ハンドル
H
(ダクト寸法)
防火レバー作動範囲
により保温禁止区域
210
電線管用穴
(φ21ノックアウト)
排煙
57
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1 LS1
移 報
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
型 式/KDS-2FR
作動方法/モーター・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
2
LS2
3
■製作仕様
LS5
ry
4
ry
5
Ry
LS3
6
7
中継端子
■使 用条 件
8
M
LS4
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H20 0
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置 /鋼板
:9-+ 高気密排煙・防火ダンパー
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
●開放時、温度ヒューズ(280℃)作動により瞬時に閉鎖します。
(角型) 復帰
【 :9-+:/. 型】
手動
W
(ダクト寸法)
P100 φ10(M8ボルト穴)
メンテナンススペース
290以上
350L
175
12
手動レバー
アウターチューブ止金具
S
防火 O
復帰用ハンドル
210
電線管用穴
(φ21ノックアウト)
H(ダクト寸法)
防火レバー作動範囲
により保温禁止区域
排煙
防火レバー
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ(作動)
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
型 式/KDS-1FR
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ(共通)
キ (確認)
LS2
クロ(移報)
シロ(移報)
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H20 0
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置 /鋼板
中継端子
自動
(角型) 復帰
【 :9-+4/. 型】
●モーターによる自動復帰式です。
W
(ダクト寸法)
P100
メンテナンススペース
330以上
φ10(M8ボルト穴)
350L
195
防火レバー
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1 LS1
LS2
ry
4
ry
5
Ry
LS3
6
7
中継端子
8
M
LS4
手動レバー
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大通過風速 /20m/sec
型 式/KDS-2FR
作動方法/モーター・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS5
S
■使 用条 件
2
3
O
防火
復帰用ハンドル
210
電線管用穴
(φ21ノックアウト)
防火レバー作動範囲
により保温禁止区域
H
(ダクト寸法)
排煙
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H20 0
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/黄 銅 ダクロ処理
駆 動 装 置 /鋼板
移 報
Smoke-Release/Fire-Prevent. Damper
Smo
排煙・防火ダンパー
:9+スリット付排煙ダンパー
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
手動
復帰
W
(ダンパー寸法)
270(点検口寸法)
6
350
H(ダンパー寸法)
P100
電線管用穴
(φ21)
φ10(M8ボルト穴)
H+32
P23
O
S
25
11
4
h=Hー18
(スリット有効寸法)
手動レバー 復帰用ハンドル
アウターチューブ止金具
11
25
【 :9+: 型】
25
ω=Wー18(スリット有効寸法)
W+302
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ(作動)
254
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-1H
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ(共通)
キ (確認)
LS2
クロ(移報)
シロ(移報)
中継端子
25
16
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H40 0
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
点
検
口/鋼板
自動
【:9+4 型】 復帰
●モーターによる自動復帰式です。
270(点検口寸法)
6
P100
25
H(ダンパー寸法)
復帰用ハンドル 11
電線管用穴
(φ21)
φ10(M8ボルト穴)
H+32
手動レバー
h=Hー18
(スリット有効寸法)
P23
11
4
350
25
アウターチューブ止金具
W
(ダンパー寸法)
25
ω=Wー18(スリット有効寸法)
254
25
W+302 16
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1 LS1
移 報
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-2FH
作動方法/モーター・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
2
LS2
3
■製作仕様
LS5
ry
4
ry
5
Ry
LS3
6
7
中継端子
■使 用条 件
8
M
LS4
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W20 0×H40 0
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
点
検
口/鋼板
:9-+スリット付排煙・防火ダンパー
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
●開放時、温度ヒューズ(280℃)作動により瞬時に閉鎖します。
W
(ダンパー寸法)
330(点検口寸法)
6
400
防火
S
O
電線管用穴
(φ21)
25
11
手動レバー
排煙
H(ダンパー寸法)
H+32
4 P23
復帰用ハンドル 11
25
φ10(M8ボルト穴)
P100
h=Hー18
(スリット有効寸法)
手動
復帰
アウターチューブ金具
【:9-+: 型】
25
314
ω=Wー18(スリット有効寸法)
25
W+362 16
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ(作動)
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-1FR
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ(共通)
キ (確認)
LS2
クロ(移報)
シロ(移報)
中継端子
標 準 L 寸 法 /40 0
最小製作寸法 /W20 0×H40 0
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
点
検
口/鋼板
※点検口寸法250mmも製作できます。
自動
【:9-+4 型】 復帰
●モーターによる自動復帰式です。
330(点検口寸法)
W(ダンパー寸法)
400
6
φ10(M8ボルト穴)
H+32
P23
復帰用ハンドル 11
防火
O
S
電線管用穴
(φ21)
25
11
手動レバー
排煙
H(ダンパー寸法)
4
h=Hー18
(スリット有効寸法)
アウターチューブ止金具
25
P100
25
ω=Wー18(スリット有効寸法)
W+362
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1
LS1
2
LS2
3
4
ry
6
7
中継端子
移 報
Ry
LS3
8
M
LS4
25
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /80 0 Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-2FR
作動方法/モーター・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS5
ry
5
314
16
標 準 L 寸 法 /40 0
最小製作寸法 /W20 0×H40 0
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
点
検
口/鋼板
※点検口寸法250mmも製作できます。
Smoke-Release Port, Air-Supply Port
Smo
排煙口・給気口
:9+ 排煙口
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
【 :9+:・:[email protected] 型】 復帰
手動
●ワイヤー直下型(SR-3DY)はワイヤーを引くか煙感知器との連動により瞬時に開放します。
W+23
W−43
3 30
150
140
10
10 20
30
3
φ4.8−P65リベット穴
(貴社御施工)
W
(ダクト寸法)
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
①(作動)
LS1
LS2
■使 用条 件
■駆動装置仕様
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDH-1
作動方法/ソレノイド・点検用押しボタン・ワイヤ(SR-3DY)
作動時間/瞬時
復帰方法/手動
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
※排煙方向はH側に引くように
ご注意ください。
( 55頁参照)
■製作仕様
②(共通)
③(確認)
④
⑤
4−φ10(M8ボルト用)
(貴社御施工)
開扉方向
5
H+23
H−37
H−43
点検用開扉押釦
H(ダクト寸法)
アウター止金具
ワイヤー
引き方向
5
30
3
30 3
標 準 L 寸 法 /150
最小製作寸法 /W3 0 0×H3 0 0
駆 動 装 置 /鋼板
移報
⑥中継端子
自動
【 :9+4 型】 復帰
30 3
W+23
W−43
3 30
10
150
140
10 20
①(作動)
SOL
型 式/KDH-2
作動方法/ソレノイド・点検用押しボタン
作動時間/瞬時
復帰方法/モーター・手動
復帰時間/製品300□時:約14秒、500□時:約24秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.5A
突入電流/3.0A(復帰時)
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
※排煙方向はH側に引くように
ご注意ください。
( 55頁参照)
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /150
最小製作寸法 /W3 0 0×H3 0 0
駆 動 装 置 /鋼板
移 報
アカ
シロ
クロ
M C'
H(ダクト寸法)
■駆動装置仕様
最大吸込風速 /10m/sec
③(確認)
順送復帰
■使 用条 件
②(共通)
④(確認)
⑤(復帰)
⑥
中継端子
⑦
(貴社御施工)
φ4.8−P65リベット穴
(貴社御施工)
W
(ダクト寸法)
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
5
30
3
開扉方向
φ4−10(M8ボルト用)
点検用開扉押釦
H+23
H−37
H−43
復帰ワイヤー
5
30
3
●モーターによる自動復帰式です。
(隠蔽型)
【 :9+:0 型】
●天井ボード貼り型もあります。ボード厚は、9.5・12.5・15mm(ボード施工は含みません)。
4 30
10
150
140
25
20
30 4
5
ワイヤー
引き方向
アウター止金具
H+23
H−37
H−45
H+23
H−45
H(ダクト寸法)
点検用開扉押釦
4−φ10(M8ボルト用)
(貴社御施工)
4 30
3
H(ダクト寸法)
W+23
W−45
30
4
30 4
30
4
5
開扉方向
φ4.8−P65リベット穴
(貴社御施工)
W
(ダクト寸法)
※最小製作寸法 /W300×H300
■排煙口の寸法選定法
最大排煙区画は500㎡です。 これ以下になるよう区割りをしてください。
排煙区画床面積1㎡につき1㎥/min以上の排煙風量が必要です。
排煙口のサイズは、吸込面風速が10m/sec以下になるよう設定してください。
排煙口有効面積=
排煙風量(㎥/min)
10×60
排煙口の有効面積が求まれば、次式により排煙口のダクト寸法を算出してください。
排煙口 W × H=
排煙口有効面積
有効開口率
下表は、排煙口サイズとその最大排煙風量です。選定の参考資料としてください。
排煙口の吸込抵抗は次式より求めてください。
(吸込面風速)²
△P≒0.9 × × 9.807(Pa)
16
H
W
300
350
400
450
500
550
600
650
700
750
800
850
900
950
1000
300
31.3
0.58
350
37.8
0.60
47.8
0.65
400
44.6
0.62
54.6
0.65
67.2
0.70
450
52.7
0.65
62.4
0.66
74.5
0.69
89.9
0.74
500
58.5
0.65
71.4
0.68
86.4
0.72
99.9
0.74
115.5
0.77
550
65.3
0.66
80.9
0.70
95.0
0.72
111.4
0.75
127.1
0.77
145.2
0.79
上段:排煙区画面積
[㎡]即ち排煙風量[㎥/min]
下段:有効開口率
600
71.3
0.66
89.5
0.71
106.6
0.74
123.1
0.76
140.4
0.78
156.4
0.79
177.1
0.82
650
79.6
0.68
98.3
0.72
117.0
0.75
135.1
0.77
154.1
0.79
171.6
0.80
191.9
0.82
210.4
0.83
700
85.7
0.68
107.3
0.73
126.0
0.75
147.4
0.78
165.9
0.79
187.1
0.81
206.6
0.82
226.6
0.83
247.0
0.84
750
93.2
0.69
116.6
0.74
136.8
0.76
158.0
0.78
180.0
0.80
200.5
0.81
224.1
0.83
245.7
0.84
264.6
0.84
290.3
0.86
800
99.4
0.69
124.3
0.74
145.9
0.76
170.6
0.79
192.0
0.80
216.5
0.82
239.0
0.83
262.1
0.84
285.6
0.85
309.6
0.86
334.1
0.87
850
105.6
0.69
133.9
0.75
155.0
0.76
183.6
0.80
206.6
0.81
230.0
0.82
257.0
0.84
281.8
0.85
303.5
0.85
329.0
0.86
355.0
0.87
381.5
0.88
900
950
1000
111.8
0.69
143.6
0.76
164.2
0.76
194.4
0.80
218.7
0.81
246.5
0.83
272.2
0.84
298.4
0.85
325.1
0.86
348.3
0.86
375.8
0.87
403.9
0.88
427.7
0.88
119.7
0.70
151.6
0.76
175.6
0.77
205.2
0.80
230.9
0.81
260.2
0.83
287.3
0.84
314.9
0.85
343.1
0.86
371.9
0.87
396.7
0.87
426.4
0.88
451.4
0.88
481.9
0.89
126.0
0.70
159.6
0.76
184.8
0.77
218.7
0.81
243.0
0.81
277.2
0.84
302.4
0.84
335.4
0.86
361.2
0.86
391.5
0.87
417.6
0.87
448.6
0.88
480.6
0.89
507.3
0.89
540.0
0.90
Smoke-Release Port, Air-Supply Port
Smo
排煙口・給気口
(:- 給気口
●手動開放装置(36頁・37頁ご参照)または煙感知器との連動により瞬時に開放するダンパーです。
●開放時、温度ヒューズ(280℃)作動により瞬時に閉鎖します。
※標準は防火機構を備えていますので不要の場合はご指示ください。
6
Wー18
(有効寸法)
250(点検口寸法)
25
11
11
H
(ダンパー寸法)
14
11
H+282(外形寸法)
16
234
234
16
14
25
11
H
(ダンパー法)
Hー18
(有効寸法)
H+282(外形寸法)
4 P23
25
350L
Hー18(有効寸法)
カップリング 小型ドライバー錠
25
中継端子台
25
W
(ダンパー寸法)
手動
復帰
250(点検口寸法)
【 (:-+: 型】
25
W+32(外形寸法)
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
アカ(作動)
■使用条件
■駆動装置仕様
静 圧 /800Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-1FR
作動方法/ソレノイド・手動レバー
作動時間/瞬時
復帰方法/復帰用ハンドル
定格電圧/DC24V
定格電流/0.3A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
■製作仕様
LS1
アオ(共通)
キ (確認)
LS2
クロ(移報)
シロ(移報)
中継端子
標 準 L 寸 法 /350
スリット点検口/W寸法が1000mmを超える場合は分割
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
スリット開口率/82%
実
有
効/1.0㎡以上→ダンパー面積1.3145㎡
1.5㎡以上→ダンパー面積1.9503㎡
【 (:-+4 型】 復帰
自動
6
234
Wー18
(有効寸法)
25
11
25
11
25
11
11
25
H
(ダンパー寸法)
14
16
H+282
(外形寸法)
Hー18
(有効寸法)
14
16
H+282
(外形寸法)
Hー18
(有効寸法)
H
(ダンパー寸法)
4 P23
350L
250(点検口寸法)
25
小型ドライバー錠
234
250(点検口寸法)
●モーターによる自動復帰式です。
カップリング
25
W
(ダンパー法)
中継端子台
W+32(外形寸法)
■内部回路図(復帰完了時)※両極性
作動信号
作動順送
復帰信号
復帰順送
確 認
共 通
1 LS1
移 報
■駆動装置仕様
静 圧 /800Pa以下
最大吸込風速 /10m/sec
型 式/KDS-2FR
作動方法/モーター・温度ヒューズ・手動レバー
作動時間/1.5秒以内
復帰方法/モーター・復帰用ハンドル
復帰時間/約12秒
定格電圧/DC24V
定格電流/0.24A
通電定格/連続(自己遮断式)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
2
LS2
3
■製作仕様
LS5
ry
4
ry
5
Ry
LS3
6
7
中継端子
■使用条件
8
M
LS4
標 準 L 寸 法 /350
スリット点検口/W寸法が1000mmを超える場合は分割
外 板 ・ 羽 根 /鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/含油メタル
駆 動 装 置 /鋼板
ス リ ッ ト/アルミ形材
スリット開口率/82%
実
有
効/1.0㎡以上→ダンパー面積1.3145㎡
1.5㎡以上→ダンパー面積1.9503㎡
【 (:-+: 2.) 型】
手動開放装置
(KGB-2)
6
11
Wー18
(有効寸法)
25
H(ダンパー寸法)
14
H+282(外形寸法)
16
234
F.L
25
25
11
25
11
11
H+122
800∼1500
16
H+282(外形寸法)
14
Hー18
(有効寸法)
H
(ダンパー寸法)
4 P23
350L
250(点検口寸法)
25
小型ドライバー錠
Hー18
(有効寸法)
カップリング
234
250(点検口寸法)
中継端子台
25
W
(ダンパー寸法)
W+32(外形寸法)
●給 気口実有効面積(点検口上)
→有効開口面積1.0㎡以上
W
H
900
950
1000
1050
1100
1150
1200
1250
1300
1350
1400
1450
1500
(㎡)
1550
1600
1650
1700
1750
1800
1850
1900
1950
2000
1000
1.0280 1.0672 1.1064 1.1457 1.1849 1.2241 1.2634 1.3026 1.3419 1.3811 1.4203 1.4596 1.4988 1.5380
1050
1.0404 1.0817 1.1230 1.1642 1.2055 1.2468 1.2881 1.3294 1.3707 1.4120 1.4533 1.4945 1.5358 1.5771 1.6184
1100
1.0054 1.0487 1.0920 1.1354 1.1787 1.2221 1.2654 1.3087 1.3521 1.3954 1.4387 1.4821 1.5254 1.5687 1.6121 1.6554 1.6988
1150
1.0075 1.0529 1.0983 1.1437 1.1891 1.2345 1.2799 1.3253 1.3706 1.4160 1.4614 1.5068 1.5522 1.5976 1.6430 1.6883 1.7337 1.7791
1200
1,0056 1.0531 1.1005 1.1479 1.1954 1.2428 1.2902 1.3377 1.3851 1.4325 1.4800 1.5274 1.5749 1.6223 1.6697 1.7172 1.7646 1.8120 1.8595
1250
1.0491 1.0986 1.1480 1.1975 1.2470 1.2965 1.3460 1.3955 1.4450 1.4945 1.5439 1.5934 1.6429 1.6924 1.7419 1.7914 1.8409 1.8904 1.9398
1300
1.0410 1.0925 1.1441 1.1956 1.2471 1.2987 1.3502 1.4018 1.4533 1.5048 1.5564 1.6079 1.6594 1.7110 1.7625 1.8141 1.8656 1.9171 1.9687 2.0202
1350
1.0288 1.0824 1.1360 1.1896 1.2432 1.2968 1.3503 1.4039 1.4575 1.5111 1.5647 1.6183 1.6719 1.7255 1.7790 1.8326 1.8862 1.9398 1.9934 2.0470 2.1006
1400
1.0125 1.0682 1.1238 1.1795 1.2351 1.2907 1.3464 1.4020 1.4576 1.5133 1.5689 1.6246 1.6802 1.7358 1.7915 1.8471 1.9027 1.9584 2.0140 2.0696 2.1253 2.1809
1450
1.0499 1.1075 1.1652 1.2229 1.2806 1.3383 1.3960 1.4537 1.5113 1.5690 1.6267 1.6844 1.7421 1.7998 1.8575 1.9152 1.9728 2.0305 2.0882 2.1459 2.2036 2.2613
1500 1.0274 1.0872 1.1469 1.2066 1.2664 1.3261 1.3858 1.4456 1.5053 1.5651 1.6248 1.6845 1.7443 1.8040 1.8637 1.9235 1.9832 2.0430 2.1027 2.1624 2.2222 2.2819 2.3416
→有効開口面積1.5㎡以上
●実有効面積算出
W(ダンパー寸法)
25
11
11
25
Wー18
(有効寸法)
25
W+32
(外形寸法)
計算式)大型スリット実有効面積は、
(W−40)/1000×(H−43)/1000×0.82( m 2)
H−18(有効寸法)
25
25
11
11
H+282(外形寸法)
H+282
(外形寸法)
Hー18(有効寸法)
H(ダンパー寸法)
11
16
14
4 P23
4 P23
H
(ダンパー寸法)
250(点検口寸法)
小型ドライバー錠 カップリング 中継端子台
カップリング 小型ドライバー錠
234
250(点検口寸法)
中継端子台
【点検口右】
W(ダンパー寸法)
25
【点検口上】
11
25
W−18(有効寸法)
W+282(外形寸法)
234
25
16
計算式)大型スリット実有効面積は、
(W−29)/1000×(H−40)/1000×0.82(m 2)
Emergency Opening Device
Eme
開放装置
2+) 手動開放装置(ワイヤー式)
●排煙口・排煙ダンパー・給 気口(手動・自動復帰)の6種類との組合わせが可能です。
●扉兼用ハンドルを引くだけのワンタッチ操作です。
●アクリル板は押込み式で割れずに再利用できます。
【 2+)<・2+)9 型】
【 < 型】
98
1
81
30
16
39
30
排煙口開放箱
火災の場合には、この板を強く押し
込み、取手を手前に引いて下さい。
アクリル板詳細図
44.5
3−φ20(ノックアウト穴)
アクリル板
アウターチューブ
6
排煙口
火災の場合には、
込み、取手を手前
200
180
インナーワイヤー止め金具
インナーワイヤー
取手
118
【 9 型】
116
1
81
30
16
39
30
排煙口開放箱
火災の場合には、この板を強く押し
込み、取手を手前に引いて下さい。
アクリル板詳細図
49
3−φ20(ノックアウト穴)
アクリル板
6
アウターチューブ
排煙口
火災の場合には、
込み、取手を手前
198
200
インナーワイヤー止め金具
インナーワイヤー
取手
[ 1U 型用]
[ 1R 型用]
■製品仕様
フ ェ ー ス/ステンレス製 t1.0ヘアーライン仕上
レ
バ
ー/ステンレス製 t1.0ヘアーライン仕上
埋込ボックス/鋼板 t1.0亜鉛メッキ
露 出 枠/ステンレス製 t1.2ヘアーライン仕上
シールドワイヤー/インナーφ1.5 SUS 7×7複線
アウターチューブ/φ6
118
■施工例(参 考)
アウター付ワイヤー
電線管φ19
ダクト
R300以上
天井
駆動装置
■注意事項
※開放装置から駆動部までのワイヤーは、曲り部3ヶ所以内とし、
半径300以上の緩やかな曲げになるよう配慮ください。
※ワイヤーは、
たるみ・張りすぎがないようにしてください。
※ワイヤーは摩擦が少なく軽く引ける専用のシールドワイヤーを
ご使用ください。
手動解放装置
800∼1500mm
2.) 手動開放装置(電気式)
●排煙口・排煙ダンパー・給 気口(手動・自動復帰)の6種類との組合わせが可能です。
●保守の際はアクリル板を上にスライドさせて操作できます。
●規格のスイッチボックスがご使用いただけます。
【 2.)-( 型】
■埋 込 施工時
1個用スイッチボックス(カバー付)
(パナソニック:品番 DS4911)
JIS C8336(亜鉛メッキ仕上)
70
【 < 型】
電線管孔φ19
(貴社御施工)
止めネジ
排煙口開放装置
SMOKE EXHAUST BUTTON
通電灯
OPEN
POWER
120
作動灯
押釦
割り板
押
PUSH
火災の時はボタンを押して下さい
IN CASE OF FARE PUSH THE BUTTON
[標準プレート]
[ステンレスプレート]
6.5
70
6.5
1個用1放出露出スイッチボックス
(パナソニック:品番DF30191)
JIS C 8340(亜鉛メッキ仕上)
止めネジ
■露出施工時
【 9 型】
排煙口開放装置
作動灯
通電灯
OPEN
POWER
押釦
120
SMOKE EXHAUST BUTTON
割り板
押
PUSH
火災の時はボタンを押して下さい
IN CASE OF FARE PUSH THE BUTTON
[アルミ製ビス無し]
6.5
6.5
70
[モダンプレート]
■回路図(結線)
■製品仕様
1. 押しボタンは、3ポジション
平常時 :押しボタンを中立にします。作動・復帰信号は共に出力されません。
作動時 :押しボタンを押します。作動信号が出力されます。
復帰時 :押しボタンを引きます。復帰信号が出力されます。
2. 非常時は、割ガラス
(アクリル樹脂製)
を強く押し破り、ボタン操作しますが
点検時は、割ガラスを上にスライドさせて操作してください。
3. 作動・復帰操作後は、必ず中立の位置に戻してください。
※連動制御盤の復帰側の
スイッチはメンテ時のみONと
なる様にしてください。
復帰
作 動
中 立
中立
作動
復 帰
※プレートはアルミ製ビス有(標準プレート)の他にもあります。
アルミ製ビス無・ステンレス製ビス有・モダンプレートがあります。
手動開放装置複数個との組合わせ結線図
●モーター復帰式排煙口
排煙口
(モーター復帰式)
排煙口
(モーター復帰式)
[KDH-2]
[KDH-2]
移報
中継端子
シロ
クロ
アカ
7
6
復帰 5
確認 4
確認 3
1
シロ
クロ
アカ
7
共通 2
作動
移報
中継端子
6
復帰 5
確認 4
確認 3
1
共通 2
作動
連動制御器
(+)
メンテ時のみON
復帰スイッチ(+)
(+)
(+)
DC24V
火災信号 (−)
(−)
作動確認灯
(−)
コモン
復帰信号7
復帰信号6
確認4
作動信号5
確認3
電源2
電源1
復帰信号7
復帰信号6
確認4
作動信号5
確認3
電源2
電源1
通電灯
通電灯
作動灯
作動灯
電気式手動開放装置
電気式手動開放装置
[KGB-2]
[KGB-2]
●モーター復帰式排煙ダンパー
排煙ダンパー(モーター復帰式)
[KDS-2FH]
[KDS-2FH]
移報
中継端子
シロ
クロ
8
7
共通 6
確認 5
復帰 3
復帰順送4
作動 1
シロ
クロ
8
7
作動順送2
移報
中継端子
共通 6
確認 5
復帰 3
復帰順送4
作動順送2
作動 1
連動制御器
排煙ダンパー
(モーター復帰式)
(+)
メンテ時のみON
復帰スイッチ(+)
(+)
(+)
DC24V
火災信号 (−)
(−)
作動確認灯
(−)
コモン
通電灯
通電灯
作動灯
作動灯
電気式手動開放装置
[KGB-2]
[KGB-2]
復帰信号7
作動信号5
復帰信号6
確認4
確認3
電源1
電源2
復帰信号7
作動信号5
復帰信号6
確認4
確認3
電源1
電源2
電気式手動開放装置
給気口と排煙口の連動結線図
●手動復帰式の給 気口と排煙口
給気口
(手動復帰式)
排煙ダンパー又は排煙口
(手動復帰式)
[KDS-1FR ×2]
[KDS-1H or KDH-1]
復帰信号7
移報 5
確認 3
作動信号5
復帰信号6
中継端子 6
共通 2
移報 4
作動 1
中継端子
シロ
移報
クロ
移報
移報
キ
確認
移報
アオ
共通
確認
アカ
作動
共通
中継端子
作動
連動制御器
(+)
(+)
DC24V
火災信号
(−)
確認灯
(−)
コモン
確認4
確認3
電源2
電源1
通電灯
作動灯
電気式手動開放装置
[KGB-2]
●自動復帰式の給 気口と排煙口
給気口(モーター復帰式)
[KDS-2FR ×2]
排煙口
(モーター復帰式)
[KDH-2]
移報
中継端子
クロ
シロ
アカ
7
6
復帰 5
3
確認 4
確認
1
クロ
シロ
8
7
6
共通 2
作動
移報
中継端子
共通
確認 5
復帰 3
確認4
作動信号5
復帰順送 4
作動順送 2
シロ
クロ
8
7
作動
1
移報
中継端子
共通 6
確認 5
復帰 3
復帰順送 4
作動 1
作動順送 2
連動制御器
(+)
メンテ時のみON
復帰スイッチ(+)
(+)
(+)
DC24V
火災信号(−)
(−)
作動確認灯
(−)コモン
復帰信号7
復帰信号6
確認3
電源1
電源2
通電灯
作動灯
電気式手動開放装置
[KGB-2]
Damper for Air-Conditioning
Dam
一般ダンパー
=+ 風量調整ダンパー
●ウォームギヤ式ハンドルにより、任意の位置に羽根開度を変えることができる
風量調整用ダンパーです。
(角型)
【 =+ 型】
メンテナンススペース
200以上
200L
110
W(ダクト寸法)
10
34
10
140以内
34
H(ダクト寸法)
H(ダクト寸法)
34
34
調整ハンドル
メンテナンススペース
200以上
φD(ダクト寸法)
−3
L
110
50
φD(ダクト寸法)−3
75
50
(135:保温50mm用)
(丸型)
【 =+2 型】
調整ハンドル
L
φD(ダクト寸法)
−3
38
50
50
φD(ダクト寸法)
−3
(丸型)
【 =++5 型】
■使 用条 件
静 圧 /50 0 Pa以下
最大通過風速 /10m/sec
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /角型:200
丸型:φ100∼200は220、
φ225∼300は300
φ325∼350は350、
φ375∼450は450(VD-K型のみ)
最小製作寸法 /角型:W100×H100、丸型:φ100(VD-DNはφ75)
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
軸 受 メ タ ル/角型:含油メタル、丸型:黄 銅
駆 動 装 置 /鋼板 亜鉛メッキ
※φ20 0以上は、フランジ型もあります。
※OA取付は仕様が異なります。
4. 内部気密型ダンパー
●閉鎖時の漏気量をSUS及びゴムパッキンにより、極めて少なくした気密型です。
【 =+4. 型】
メンテナンススペース200以上
110
W(ダクト寸法)
200L
10
34
10
34
34
140以内
34
H
(ダクト寸法)
A
調整ハンドル
■使 用条 件
外
シ
軸
駆
静 圧 /50 0 Pa以下
最大通過風速 /10m/sec
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /20 0
最小製作寸法 /W20 0×H20 0
/. 高気密型ダンパー
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/黄 銅
動 装 置 /鋼板 亜鉛メッキ
φ10(M8ボルト穴)
350L
Max.215
風方向
P100
H‒40(開口寸法)
H
(ダクト寸法)
【 /.: 型】
メンテナンススペース
240以上
130
●内外部の漏気量を単翼構造とシリコンパッキンにより、極めて少なくした高気密型です。
W‒70(開口寸法)
W(ダクト寸法)
350L
Max.215
フランジ周り
全周コーキング
風方向
P100
H‒40(開口寸法)
φ10(M8ボルト穴)
125
H(ダクト寸法)
【 /.4+4 型】
W‒70(開口寸法)
W(ダクト寸法)
■使 用条 件
静 圧 /10 0 0 Pa以下
最大通過風速 /10m/sec以下
※羽根の開閉は必ずファン停止後に
行ってください。
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /3 50
最小製作寸法 /W250×H250
外
シ
軸
駆
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/SUSφ16
受 メ タ ル/SUS
動 装 置 /鋼板
※HG -S及びHG - MD - Mは共同仕様です。
Damper for Air-Conditioning
Dam
一般ダンパー
4+4 モーターダンパー(駆動装置付)
●ダンパーと駆動部の一体化で連結棒の曲がり等のトラブルがありません。
●ON‒OFF型から比例制御まで6タイプ
(角型)
【 4+4 型】
90
W(ダクト寸法)
200L
34
10
10
34
手動操作軸
W
(ダクト寸法)
2−φ21電線管穴
34
34
(丸型)
【 4+4 型】
L
50
50
φD(ダクト寸法)
90
2−φ21電線管穴
■使 用条 件
■駆動装置仕様
静 圧 /50 0 Pa以下
最大通過風速 /10m/sec
型 式/KGM-215(角型)
:ON OFF型、
全開全閉信号付
(丸型)
:ON OFF型、
全開全閉信号付
KGM-207
(角型)
:ON OFF型、
全開全閉信号付
KGM-315
ポテンショメーター付
(丸型)
:ON OFF型、
全開全閉信号付
KGM-307
ポテンショメーター付
KGM-415-R :比例制御型、0∼135Ω
KGM-415-I :比例制御型、4∼20mA
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /角型:20 0
丸型:φ100∼250は300
φ275∼350は350
φ375∼450は450
最小製作寸法 /角型:W100×H100、丸型:φ100
角型羽根分割/W寸法が10 0 0を超える場合
定格電圧/AC24V(±10%) 50/60Hz
消費電力/KGM-2・3:5VA(AC24V)、
:10VA(AC100V/AC200V)
KGM-4□:15VA
外
シ
軸
駆
は中間補強を入れ、羽根を分割
板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼φ12.7
受 メ タ ル/角型:含油メタル、丸型:黄 銅
動 装 置 /鋼板
※φ20 0以上は、フランジ型もあります。
※OA取付は仕様が異なります。
※駆動装置なし(MD型)の製作も可能です。
手動操作軸
作動時間/33秒(無負荷時)∼75秒(最大負荷時)
許容温度/−10∼40℃(結露、氷結なきとき)
オプション/AC100V仕様
AC200V仕様(KGM-2・3のみ)
補助ポテンショメーター
※4RPを使った連 動制御はセットによる調整が必 要です。
ご発注時にお問い合わせください。
■回路図(結線)
KGM-215型内部回路図
AC24V
開 1
閉 2
共通 3
KGM-207型内部回路図
AC→DC変換
過電流検出
回路
M
AC24V
LS3
開 1
閉 2
共通 3
LS4
確認(開) 4
確認(閉) 5
確認(共通) 6
LS2
KGM-315型内部回路図
AC24V
開 1
閉 2
共通 3
M
AC24V
M
LS3
開 1
閉 2
共通 3
LS4
LS1
LS1
確認(開) 4
確認(閉) 5
確認(共通) 6
LS2
LS2
ポテンショメーター 0∼135Ω
ポテンショメーター 0∼135Ω
R11
R12
R13
R11
R12
R13
■複数台の回路図
KGM-415-R型内部回路図
AC→DC変換
過電流検出
回路
電源(P1)
電源(P2)
M
M
ポテンショメーター 0∼135Ω
4∼20mA
比例
回路
AC→DC変換
過電流検出
回路
電源(P1)
電源(P2)
ポテンショメーター 0∼135Ω
R11
R12
R13
AC→DC変換
過電流検出
回路
LS2
KGM-307型内部回路図
AC→DC変換
過電流検出
回路
確認(開) 4
確認(閉) 5
確認(共通) 6
M
LS1
LS1
確認(開) 4
確認(閉) 5
確認(共通) 6
AC→DC変換
過電流検出
回路
+
−
比例
回路
ポテンショメーター 0∼135Ω
R21
R22
R23
KGM-415-I型内部回路図
AC→DC変換
過電流検出
回路
電源(P1)
電源(P2)
M
ポテンショメーター 0∼135Ω
4∼20mA
+
−
比例
回路
AC→DC変換
過電流検出
回路
電源(P1)
電源(P2)
M
ポテンショメーター 0∼135Ω
R11
R12
R13
比例
回路
ポテンショメーター 0∼135Ω
R21
R22
R23
AC→DC変換
過電流検出
回路
電源(P1)
電源(P2)
M
ポテンショメーター 0∼135Ω
R11
R12
R13
比例
回路
Non-Return Damper
Non
逆流防止ダンパー
*+ チャッキダンパー
●一方向しか風を通さない逆流防止ダンパーです。
(角型)
【 *+ 型】
Max.56
W(ダクト寸法)
34
200L
10
10
H
(ダクト寸法)
34
34
天
地
開度表示器
風向
34
Max.
90°
(丸型)
【 *+ 型】
L
φD(ダクト寸法)−3
50
最 大 逆 圧 /角型:550 Pa、丸型:50 0 Pa
最大通過風速 /10m/sec
風向
丸型CD 圧力損失
φ100
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /角 型:200
※φ20 0以上は、フランジ型もあります。
■注意事項
※取付けには方向性があります。
風向シールをご確認ください。
φ150以上
1000
圧力損失
丸 型:φ100∼200は250
φ225∼300は300
φ325∼350は350
φ375∼400は400
φ425∼450は450
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼
軸 受 メ タ ル/角型:含油メタル、丸型:ステンレス
天
地
■性能表
■使 用条 件
50
100
Pa
10
1
(m/s)
通過風速
10
*+2>チャッキダンパー(ウエイト付)
●一方向しか風を通さない逆流防止ダンパーです。
(角型)
【 *+2> 型】
125
W(ダクト寸法)
34
200
Max.56
34
10
34
10
H
(ダクト寸法)
Max.
90°
0
30
大
最
34
開度表示器
不織布シート
最大60
12 25
最大30
L
最大47
50
50
O
S
天
地 風向
φD(ダクト寸法)−3
φD(ダクト寸法)−3
最大130
(丸型)
【 *+2> 型】
MAX
80°
■使 用条 件
■性能表
最 大 逆 圧 /角型:550 Pa、丸型:50 0 Pa
最大通過風速 /10m/sec
丸型CDK-W 圧力損失(横管用)
1000
■製作仕様
標 準 L 寸 法 /角 型:200
丸 型:φ100∼250は220
φ225∼300は300
φ325∼350は350
φ375∼400は400
外 板 ・ 羽 根 /亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼
軸 受 メ タ ル/角型:含油メタル、丸型:ステンレス
圧力損失
100
Pa
※φ20 0以上は、フランジ型もあります。
■注意事項
※取付けには方向性があります。
風向シールをご確認ください。
10
1
通過風速(m/s)
10
Non-Return Damper
Non
逆流防止ダンパー
))+ 差圧ダンパー
●クリーンルームや手術室等でご使用される圧力制御用ダンパーです。
●差圧10∼50Paの範囲で作動し、部屋内圧を一定に保ちます。
●パネル平行移動型。
【 ))+ 型】
18
18
5
56≦T≦500(壁厚) 10
205
18
W−15
コーキング処理
(貴社御施工)
コーキング処理
(貴社御施工)
18
241
(外形寸法)
220
(壁開口寸法)
[ ))+型 ]
立ち上がり
最大40
最大110
W+21(外形寸法)
W(壁開口寸法)
W+21
(PGグリル面)
【 ))+ 型】
BBD-2
241
BBD-3
BBD-4
■選定表
■使用条件
差 圧/10∼50Pa
型 式
■製作仕様
T 寸 法/壁厚を必ずご指示ください。
製 作 寸 法/BBD-1:W220×H220 BBD-3:W618×H220
BBD-2:W419×H220
差圧
1型
2型
3型
10Pa
50∼
200
50∼
300
50∼
320
50∼
430
20Pa
100∼
350
200∼
600
230∼
600
380∼
950
30Pa
200∼
500
500∼
850
480∼
850
850∼
1650
40Pa
300∼
620
600∼
1050
620∼ 1200∼
2050
1200
50Pa
400∼
770
800∼
1200
810∼ 1600∼
2350
1400
BBD-4:W817×H220
額 縁/アルミ形材
パ ネ ル/アルミ板t0.8
ヒ ン ジ/ステンレス
パンチング/鋼板
■注意事項
※ご注文時に差圧と処理 風量および壁厚をご指示ください。
※室内の圧力が脈動するとパネルがハンチングする場合があります。
(角型)
【 )++ 型】
●ダクト中間部に施工できる差圧ダンパーです。
4型
(CMH)
Pressure-Relief Damper
Pre
避圧ダンパー
9*+ 避圧ダンパー
●圧力逃し弁として使用するダンパーです。
●天井・壁やダクトの破損防止用として使用できます。
(角型)
【 9*+ 型】
125
125
W(ダクト寸法)
200L
190以内
34
10
10
34
H(ダクト寸法)
34
34
■使 用条 件
■製作仕様
初 動 静 圧 /タイプⅠ:20 0∼50 0 Pa±10%
標準L寸法/20 0
製 作 範 囲/W:20 0∼120 0×H:150∼120 0
外板・羽根/亜鉛鋼板
シ ャ フ ト/亜鉛メッキ棒鋼
軸受メタル/ポリエチレン
タイプⅡ:501∼10 0 0 Pa±10%
※設定値をご指示ください。
■注意事項
※取付けには方向性があります。風向シールをご確認ください。
■避圧ダンパー(RCD)ウエイト取り付け要領
①ウエイト(在中部品)をダンパー軸へ差込みます。
ダンパー軸
アイマーク
ウエイト
在中部品
アイマーク
※「①項」時、カラー部のアイマークが確認できる側を
前面とします。
カラー
開方向
気流方向
六角穴付ボルト
対辺4mm
アイマーク
②ダンパー羽根を全閉状 態とします。
③カラーをダンパー軸の先端に合わせます。
④ダンパー軸、カラー部のアイマークに合わせ、
六 角 穴 付ボ ルト(2 箇 所 )を六 角レンチ( 在 中工 具)を用い、
強く締込みます。
※六画穴付ボルト(2箇所)
を緩みがないように固定してください。
緩みがあると、
破損や事故の原因となりますので
緩み防止剤をご使用されることをお薦めします。
ダンパー軸
■ウエイト取付完了図
開方向
気流方向
Special Damper
Spe
特殊仕様ダンパー
(6+・(:+型 (角型)
=+ 高圧 ・ 型
*+高圧・ 型 (角型)
●圧縮空気により、開または閉作動する
ダンパーです。
最低作動圧力/0.4MPa
●送風機前等の偏流や乱流が発生する場所に
使用可能です。圧力差1500Pa、通過風速
15m/sec以下でご使用ください。
●羽根の板厚と軸径を大きくし、軸受メタル
をSUS製にする等、逆圧(高圧1型:1500
Pa迄、高圧2型:2500Pa迄)に対応でき
るダンパーです。
4+外部気密型 (角型)
:7+ 型 (角型)
●厨房や薬品系統の排気等で外部漏洩量を
少なくしたダンパーです。
●軸受部等はOリングを使用し、フランジ部
はシーリング処理。
●分岐ダクトで風量調整ができるダンパー
です。
※間仕切りを入れ、両側に駆動装置をつけました。
●羽根の開度と流量が比例するダンパーです。
●流量制御が正確に、
しかも簡単にできます。
=+ 角丸型
*=+ 型 (角型)
流量比例型 3*4+4
●大口径に対応する丸型ダンパーです。
●φ500∼φ1,000、角丸型にて製作。
●CDとVDを一体型にしたダンパーです。
●羽根の開度と流量が比例するダンパーです。
●流量制御が正確に、
しかも簡単にできます。
流量比例型
3*=+
)=規格防火ダンパー
:7-4+
:-44+
●船舶用防火ダンパーでBV規格の認定品
です。
●防煙・防火とガス圧の両機能を備えた複合
ダンパーです。
●温度ヒューズ又は熱・煙感知器及びガス圧
連動により瞬時に閉鎖し、モーターにより
自動復帰します。
●防煙・防火と空調の両機能を備えた複合
ダンパーです。
●温度ヒューズ又は熱・煙感知器及びガス圧
連動により瞬時に閉鎖し、モーターにより
自動復帰します。
4+スプリング・リターン型
風切り音防止 +>:-+
塩ビ製ダンパー
●耐蝕性に優れた酸・アルカリ性の給排気に
対して最適です。
排煙口:<:仕様
●厨房等で天井がSUSの場合や、意匠的な
場合に最適な排煙口です。
●額縁やパネルをSUS製とし、鏡面仕上して
います。
:9+:(手動)
:9+4(自動)
(角型)
●電源遮断時(停電等)自動閉鎖するモーター
ダンパーです。
排煙口 天井ボード
破損防止型
●発生騒音、特に風切音を極力少なくした
ダンパーです。
●温度ヒューズ作動により瞬時に閉鎖します。
※各仕様の詳細はお問合わせください。
●地震時に天井材との相互干渉による天井
の破損を防止します。
※ヘアーライン仕上も可能です。
Technical Data
技術資料
フランジ寸法および穴位置
フランジとして使用する等辺山形鋼(アングル)のサイズはダンパーサイズにより異なり、
角ダンパーは長辺寸法、丸ダンパーは呼び径で決まります。
∼ 750
3×25×25
751∼1500
3×30×30
1501∼2200
3×40×40
2201∼ 5×40×40
W+5(フランジ内寸)
A寸法 C寸法
使用アングル
矩形ダクトの長辺寸法
Ho
■低速ダクト(一般空調用)
H+5(フランジ内寸)
官公庁及び一般仕様
※特記仕様がある場合は、ご指示ください。
100P×nh
●角ダンパーフランジサイズとボルト穴位置
B寸法
100P×nω
A寸法
B寸法
A寸法
Wo
■高速ダクト
矩形ダクトの長辺寸法
使用アングル
∼ 750
3×25×25
751∼1500
3×30×30
1501∼2200
3×40×40
2201∼ 5×40×40
W側フランジ外寸=W+5+(フランジサイズ×2)
最 外 の穴心 距 離=フランジ外寸-(A寸法×2)
n( ピ ッ チ 数 )=最外の穴心距離/100
=算出した数値の小数点を切り上げ‐2
B寸法
(半端寸法)
=(最外の穴心距離‐100×n)/2
※H側も同様に計算し、C寸法が求められます。
例) W800×H400の場合
Wo =800+5+(30×2)=865
最外穴心=865‒(12.5×2)=840
n =840÷100=8.4(切上げて9とする)
=9‒2=7
B 寸 法=(840-100×7)÷2=70
φ10
ボルト穴
.
.C
φD+ +
5 ー00.5 φP
A寸法
11
12.5
18.5
●丸ダンパーフランジサイズとボルト穴位置
●各寸法の求め方
フランジサイズ
L3×25×25
L3×30×30
L3×40×40
L5×40×40
D
ダクトφD
200
225
250
275
300
325
350
375
400
425
450
475
500
525
550
575
600
625
650
675
700
725
750
775
800
825
850
875
900
925
950
975
1000
使用アングル
L25×25×3
L30×30×3
P.C.D±0.5
235
260
285
310
335
360
385
410
435
460
485
510
535
560
585
610
635
660
685
710
735
766
791
816
841
866
891
916
941
966
991
1016
1041
※相フランジは、リベット用穴φ4.8です。
穴数N
8
12
16
20
24
28
32
ダンパー圧力損失
ダクト内のダンパーを開閉したときの圧力損失(△P)は次式により求める事ができます。
r V02
2
△P=ζ V0×9.807≒ζ ×9.807(Pa)
ζ:損失係数(下表参照) V:ダクト内風速(m/s)
2g 16
ダンパーの局部抵抗係数(空気空調・衛生工学会便覧抜粋)
Vo
H
0.3
0.4
0.5
0.6
0.8
1.0
1.5
0
0.52
0.52
0.52
0.52
0.52
0.52
0.52
10
0.79
0.85
0.92
0.92
0.92
1.0
1.0
20
1.4
1.5
1.5
1.5
1.5
1.6
1.6
θ(°)
30 40
2.3 5.0
2.4 5.0
2.4 5.0
2.4 5.4
2.5 5.4
2.6 5.4
2.7 5.4
50
9.0
9.0
9.0
9.0
9.0
10
10
60 70
14 32
16 38
18 45
21 45
22 55
24 65
28 102
0
0.52
0.52
0.52
0.52
0.52
0.52
0.52
θ
Vo
D
w
w
θ
L/R
H
θ
θ
形 式
形 式
Vo
円形バタフライダンパー
対向翼ダンパー
Do
平行翼ダンパー
10
0.85
0.92
1.0
1.0
1.1
1.2
1.4
20
2.1
2.2
2.3
2.3
2.4
2.7
3.2
θ(°)
30 40
4.1 9.0
5.0 11
5.4 13
6.0 14
6.6 18
7.3 21
9.0 28
θ
50
21
28
33
38
54
65
107
60
73
100
122
148
188
245
361
70
284
332
377
411
495
547
677
D
Do
0.5
0.6
0.7
0.8
0.9
1.0
0 10
0.19 0.27
0.19 0.32
0.19 0.37
0.19 0.45
0.19 0.54
0.19 0.67
θ(°)
20 30 40 50 60 70 75
0.37 0.49 0.61 0.74 0.86 0.96 0.99
0.48 0.69 0.94 1.2 1.5 1.7 1.8
0.64 1.0 1.5 2.1 2.8 3.5 3.7
0.87 1.6 2.6 4.1 6.1 8.4 9.4
1.2 2.5 5.0 9.6 17 30 38
1.8 4.4 11 32 113 ̶ ̶
80
1.0
1.9
3.9
10
45
̶
85
1.0
1.9
4.1
10
50
̶
nW
L/R=
2(H+W)
n:羽根枚数
L:羽根の総長
R:ダクト周長
ダンパーの羽根枚数
<VD>
H寸法
∼223
∼400
羽根枚数
1
2
∼573
∼751
∼931
∼1108
4
5
6
3
∼1285 ∼1455
7
8
∼1631 ∼1807 ∼1993 ∼2170 ∼2347
9
10
11
12
13
∼2400
14
ダンパー風量制御数値(※弊社技術センター内設備条件下における参考値です。)
対向翼(VD□500)風量制御 (参考値)
全開時風量固定(≒10m/s) ※送風機から試験体まで□500ダクトによる風量制御実験
羽根開度(度)
90
(全開)
75
60
45
30
15
風量CMH
9102
8911
7322
4709
2166
1258
Technical Data
技術資料
防火および防煙ダンパーの設置要領
●異種用途区画を貫通する換気ダクト等に設ける防火ダンパーについて
(建 築設備設計・施工上の運用指 針 2003年版)
令第112条第12項、第13項に規定する異種用途区画を貫通する換気ダクト等には、同条第9項区画(たて穴区
画)同様、昭48建告第2565号に基づく、煙感知器連動防煙ダンパー(SD)を設けることが必要である。
ただし、異種用途区画を換気ダクト等が貫通するのみで煙の伝播がない場合は、避難及び防火上支障ないもの
とし、煙感知器連動防煙ダンパーに替えて熱感知器連動防火ダンパー(FD)を設けることでよいものとする。
なお、煙探知機の設置例を図2に示す。
[図2]
[凡例]
SFD 防火防煙ダンパー
(煙感知器及び温度ヒューズと
連動して閉鎖するダンパー)
AC
SD
防煙ダンパー
(煙感知器と連動して閉鎖するダンパー)
FD
防火ダンパー
(温度ヒューズと連動して閉鎖する
ダンパー)
S
①
②
S
S
S
S
S
SD (空調機が煙感知器連動運転制御
装置付の場合はFD)
⑤
③
煙感知器(熱煙複合感知器を含む)
S
⑥
④ ④
GL
空調機
耐火構造等の防火区画
(異種用途区画を除く)
異種用途区画
間仕切壁
吹出し口
吸込み口
注)① :最上階FD*
② :たて穴区画貫通SD、ただし、空調機が煙感知器と連動して停止する場合はFD
③ :異種用途区画貫通(煙の伝播あり(吹出し口))SD
④ :異種用途区画貫通(煙の伝播なし)FD
⑤ :たて穴区画貫通SD
⑥ :たて穴区画貫通SDでよいが、煙感知器が別の部屋にあるためSFD
* 煙は基 本的に上 方のみに伝播するものであり、特に最 上階に設ける防火ダンパーは、
空調機が煙 感 知器連 動運転制御監視付の場合、必ずしも煙 感 知器連 動ダンパーとする必要がない。
附室の排煙
●排煙口と給 気口の位置
(機械排煙設備の設置基準)
特別避難階段の附室
非常用エレベーターの
乗降ロビー
附室兼用ロビー
給気口の開口面積
1㎡以上
1㎡以上
1.5㎡以上
給気風道の断面積
2㎡以上
2㎡以上
3㎡以上
排煙機
4㎥/s以上
4㎥/s以上
6㎥/s以上
排煙風道排煙口(㎡)
規定されていない。
排煙口、
排煙風道、給気口、給気風道、その他煙に接する排煙設備の部分は
不燃材料で作る。
材質
排煙口の手動開放装置
手で操作する部分は、壁面の床面から0.8m以上1.5m以下に設ける。
使用方法を示す標識を設ける。
天井から吊り下げる場合は1.8mの高さとする。
排煙口の高さ
天井または壁の上部(天井高さの1/2以上の部分)下端の高さを基準とする。
給気口の高さ
床または壁の下部(天井高さの1/2以下の部分)上端の高さを基準とする。
(昭和44年建告第1728号・昭和45年建告第1833号)
●排煙口と給 気口の位置
排煙口
●外気取入 方式
天井
H
階段室
h1
h2
H
2
H
2
給気口
h2
廊下
h1
附室
附室
(a)
下部外気取入方式
(b)
各階外気取入方式
Technical Data
技術資料
ダンパー選定時のご注意
●ダンパーを選定される場合は、下記項目にご注意ください。
表−1
ダンパー通過最大風速
仕様
最大使用静圧
低圧用
高圧1用
高圧2用
低圧用
高圧1用
高圧2用
V D
10m/s
15m/s
20m/s
500Pa
1000Pa
2500Pa
M D
10m/s
15m/s
20m/s
500Pa
1000Pa
2500Pa
C D
10m/s
15m/s
20m/s
550Pa
1000Pa
2500Pa
SFD
15m/s
15m/s
20m/s
800Pa
1000Pa
2500Pa
SFMD
15m/s
15m/s
20m/s
800Pa
1000Pa
2500Pa
PFD
15m/s
15m/s
20m/s
800Pa
1000Pa
2500Pa
FD
15m/s
15m/s
20m/s
800Pa
1000Pa
2500Pa
機種名
※CDは逆圧となります。
「 表−1」を
注1)許容範囲を超えると騒音、破損等が発生し、緒性能劣化の恐れがあります。
基準にダンパーを選定ください。
注2)外気取入口から空調機までのOA系統に設置する場合は塵埃、湿気によって発錆し、作
動しなくなる恐れがあります。ダンパー本体をステンレス製または軸、軸受けメタル(連
結)をステンレス製としたOA仕様のダンパーを選定ください。
耐蝕型、OA仕様
外気取入口
AC
注3)薬品、ガス等で汚染された空気条件下で使用される場合は、ステンレス製、耐薬品塗装
または、重防蝕型、超重防蝕型を選定ください。
注4)機種により、上記以外の仕様条件があります。納入仕様書等で必ずご確認ください。
その他、標準以外の条件でご使用の場合や、耐蝕性につきましては、お問い合わせくだ
さい。
取付施工時のご注意
注1)送風機の吐出付近に設置されると乱流、偏流によりダンパー羽根が振動し破損、異常
音 発 生の恐れがあります。整 流 格 子 、ガイドベーン等をご使用ください。また、羽 根 方
向にご注意ください。
横羽根
縦羽根
縦羽根
R
R
R
ガイドベーン
W
1.5D以上
W
R
W
W
1.5D以上
横羽根
(注意)Dは羽根車径
注2)ダンパーは6ヶ月に1度以上、動作の点検を行なってください。
排煙口施工時のご注意
注1)対角方向に歪みのある短管に排煙口を無理に取付けると、排煙口外枠に歪みが発生し、
開放動作できない原因となりますのでご注意ください。
注2)排煙口取付け後は、短管と排煙口本体との隙間にシール等を施してください。隙間より
漏気してしまい排煙風量が規定に達しない場合があります。
取付けボルト
(M8)
排煙ダクト
取付け用短管
取付け金具
(付属部品)
拡大図
電気配管
19φ
仕上げ天井
排煙口本体
排煙口
隠蔽型時
※シール
隙間
点検用開扉押しボタン
注3)排煙口からの吸込み風速は、10m/s以下でご使用ください。
注4)吸込気流の方向はH側に引くようにご使用ください。
気流方向
扉
技 術 研究 所
残響室での騒 音 測定
気流試 験 室
ダンパー漏煙試 験装置
設計・開発された製品の各種性能試験を行なう技術研究所では、
お客様に求められる安定した空調環境を常におとどけするために、
商品化される各種製品の性能試験・測定をはじめ、
実際に使用される環境を再現したシミュレーション測定など、
多岐に渡る試験・測定が行なわれています。
また、気流試験室、環境試験室、ダンパー漏煙試験に加え、
業界初の残響室・高天井・壁気流実験も含めた総合的な実験・測定ができる、
環境 試 験 室
より高度な最新鋭の設備を備えた施設です。
技術研究所実験概要
1. ペリメーターの夏季冬季の外気影響試 験
2. 床吹出試 験(床チャンバー)
3. アネモ・ライン等単体及び複数 気流干渉試 験
4. グリッド天井用器具のペリ・インテリア試 験
5. ホールの座席空調試 験
6. 置換 換 気の微 風速試 験
7. 制気口の結露試 験
8. 材料を含めた高温多湿環境試 験
9. ダンパー・VAVの漏煙試 験
10. 大 風量 送 風試 験
1
1. VAV・CAV風量制御試験
12. 差圧-風量試 験
13. 送 風耐久試 験
14. 温度ヒューズ試 験
15. 外部気密試 験
試験エリア概要
気流試 験エリア・・・・・・・・・・・14m×9m×3m
ダンパー試 験エリア・・・・・・・・16m×12m×7m
環境試 験エリア・・・・・・・・・・・3m×3m×3m
残響室・・・・・・・・・・・・・・・・・・300㎥
総販 売元
空研工業株式会社
社 〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2−39
TEL.092-741-5031 FAX.092-741-5122
仙 台 支 店 〒980-0014 仙 台 市 青 葉 区 本 町 1−3−8
東 京 支 店 〒105-0011 東 京 都 港 区 芝 公 園 1−3−1
名 古 屋 支 店 〒460-0002 名古屋市中区丸ノ内3−23−8
TEL.022-261-2530 FAX.022-261-2571
TEL.03-5776-4961 FAX.03-3431-6568
本
大 阪 支 店 〒550-0004 大阪市西区靭本町1−11−7
広 島 支 店 〒730-0041 広 島 市 中 区 小 町 3 − 1 7
福 岡 支 店 〒810-0051 福岡市中央区大濠公園2−39
熊 本 支 店 〒860-0834 熊 本 市 南 区 江 越 1−2 5−2 0
長 崎 支 店 〒852-8118 長 崎 市 松 山 町 4 − 5 2
TEL.052-953-3100 FAX.052-953-1721
TEL.06-6449-6201 FAX.06-6449-6205
TEL.082-546-2590 FAX.082-546-2591
TEL.092-741-5034 FAX.092-741-5030
TEL.096-243-7666 FAX.096-243-7500
TEL.095-849-0089 FAX.095-849-1211
URL http://www.kuken.com E-mail honbu@kukenkogyo.co.jp
製造元
空調技研工業株式会社
〒819-1321 福 岡 県 糸 島 市 志 摩 小 富 士 9 6 8
TEL 092-328-1377(代表) FAX 092-328-1200
URL http://www.kuchogiken.co.jp E-mail [email protected]
※ 本カタログに記 載された内容は、製品改良のため予告なく変更する場合がございますので図面等でご確認ください。※本カタログに記載事項の無断転載及びコピーを禁じます。
※ 写 真は撮 影 条 件 、印 刷インキの 特 性などから実 際 の 色とは異なる可 能 性があります。
DAM-4版増 2015.01.8000(F)