プログラム - 富山大学 医学部

日本放射線影響学会 放射線ワークショップ
〜未来に繋ぐ放射線研究〜
(Workshop of Radiation Sciences for Young Scientists)
会期:2015年10月16日(金)∼17日(土)
会場:富山大学五福キャンパス 黒田講堂
大会長
近藤 隆
実行委員長 鈴木 文男
放射線 影響学会ワ ークショッ プ事務局(連絡 先)
富山大 学大学院医学 薬学研究部( 医学)
放射線 基礎医学講座 (小川 、趙)
電話: 076-434-7266、EMAIL: [email protected]
1日目(10 月 16 日)金曜日
プログラム
*優秀発表賞対象
開会の挨拶 8:40
近藤 隆
1.損傷修復(8:45-9:31) 座長:小林 純也(京大),松本 義久(東工大)
1-1 X 線照射したマウス腫瘍における DNA-タンパク質クロスリンクの生成・除去動態*(14
分)
中野 敏彰 1、瀬畑 敬文 1、久保山 政弥 1、徐 徐 1、Salem Amir1,2、Shoulkamy Mahmoud1,3、平
山 亮一 4、鵜澤 玲子 4、井出 博 1(1 広島大・院理・数理分子生命理学、2 エジプト国立研・
医学研究・病理、3 ミニア大・理・動物、4 放医研・重粒子医科学セ・次世代重粒子治療研究)
1-2 脱ユビキチン化酵素による DNA 二重鎖切断修復制御機構*(14 分)
西 良太郎(立命館大・生命科学・生命医科)
1-3 炭素イオン線特異的な DNA 二本鎖切断修復開始機構の解析*(9 分)
萩原 慶彦 1、磯野 真由2、新美 敦子3、尾池 貴洋 1、佐藤 浩央 1、関根 崚太4、中野 隆史
1
、柴田 淳史4(1 群馬大・院医・腫瘍放射線、2群馬大・重粒子セ、3群馬大・未来先端研究
機構、4群馬大・先端科学研究指導者育成ユニット)
1-4 細胞周期による相同組換え修復効率の変化*(9 分)
坂本 裕貴 1、大川 沙織 1、穀田 哲也 1、勅使河原 愛 1、飯島 健太 1、高田 穣2、
小松 賢志2、田内 広 1(1 茨城大・理・生物科学、2京都大・放生研セ)
2.遺伝子変異(9:31-10:12) 座長:島田 義也(放医研),
菓子野 元郎(大分大)
2-1 TALENs によるメダカ TLS polymerase 遺伝子の破壊*(9 分)
藤川 芳宏1、藤原(石川) 智子1、佐久間 哲史2、山本 卓2、藤堂 剛1(1大阪大・院医、2広
島大・院理)
2-2 部位特異的 DNA 二重鎖切断により誘発される体細胞突然変異の解析*(9 分)
坂本 敬祥1、小林 穂波1、小林 健太1、本田 千明1、飯島 健太2、小林 純也2、小松 賢志
2
、立花 章1、田内 広1(1茨城大・理、2京都大・放生研セ)
2-3 放射線誘発胸腺リンパ腫のゲノム変異はカロリー制限によって変化するか? *(9 分)
中山 貴文1,2、尚 奕3、高橋 みずき1,2、砂押 正章2、ブライス ベンジャミン2、甘崎 佳
子2、 臺野 和宏2、小川 佳那依2、島田 義也2,3、立花 章1、柿沼 志津子1,2,3(1茨城大・
理、2放医研・防護、3放医研・福島)
2-4 子ども被ばくマウス脾臓での遺伝子突然変異解析*(14 分)
神代 紗央理1、佐川 佳穂1、中山 貴文1,2、尚 奕2、鶴岡 千鶴2、谷 修佑2、 砂押 正章2、
森岡 孝満2、Benjamin J Blyth2、島田 義也2、柿沼 志津子1,2、立花 章1(1茨城大・理、
2
放医研)
休憩
(10:12-10:23)
3.細胞応答(10:23-11:09) 座長:柿沼 志津子(放医研),河合 秀彦(広島大)
3-1 低酸素/再酸素化による細胞周期および DNA 二重鎖切断修復動態*(14 分)
後藤 達明、戒田 篤志、三浦 雅彦(東京医科歯科大・口腔放射線腫瘍)
3-2 MPS1 阻害によるスピンドル形成チェックポイントの抑制が X 線の殺細胞効果に与える影
響の解析*(9 分)
鈴木 基史、山盛 徹、安井 博宣、稲波 修(北大・院獣医)
3-3 X 線マイクロビーム照射後の細胞周期のタイムラプスイメージング*(9 分)
神長 輝一1,2、宇佐美 徳子3、野口 実穂2、横谷 明徳1,2(1茨城大・院、2日本原子力研究
開発機構、3高エネ研)
3-4 放射線により引き起こされる細胞内損傷応答における,ストレス応答遺伝子 OXR1 が担う
役割の解明をめざして*(14 分)
松井 亜子1、吉川 幸宏1、鈴木 雅雄2、橋口 一成3、小林 純也4、秋山(張)秋梅1(1京
都大・院理、2放医研、3福岡歯大、4京都大・放生研セ)
4.感受性【機構解析】(11:09-12:05) 座長:児玉 靖司(大阪府大),
高橋 昭久 (群馬大)
4-1 Effects of Hsp90 inhibitor PU-H71 in heavy ion irradiated human cancer cells *
(14 分)
Younghyun Lee, Aya Masaoka, Huizi Li, Shigeaki Sunada, Ryuichi Okayasu (National
Institute of Radiological Sciences)
4-2 IL-6 による活性酸素制御を介した放射線抵抗性獲得機構の研究*(14 分)
玉利 勇樹、菓子野 元郎、森 宣(大分大)
4-3 ミトコンドリア指向性化合物における分子骨格と放射線増感作用との相関性に関する研
究*(14 分)
安井 博宣1、西村 英里1、山盛 徹1、山本 久美子2、鵜飼 光子2、山崎 俊栄3、山田 健一
3,4
、稲波 修1(1北大・院獣医、2北教大・環境科学、3九大・院薬、4JST さきがけ)
4-4 放射線の直接作用や間接作用も生物学的効果比(RBE)の大きさに影響を与える*(14 分)
平山 亮一、小原 麻希、鵜澤 玲子(放医研・重粒子医科学センター)
休憩 (12:05-12:15) [ランチョンセミナー(LS)会場へ移動 (1階会議室)]
LS (12:15-13:15) LS1
LS2
市田 蕗子 (富山大),座長:細谷 紀子 (東大)
近藤 隆 (富山大), 座長:大塚 健介 (電中研)
休憩 (13:15-13:30) (ミニシンポジウムは会議室、WSはホールで開催)
ミニシンポジウム(13:30-14:30) 座長:岩崎利泰(電中研),根井 充(放医研)
「低線量・低線量率放射線影響研究の動向と人材育成戦略」
1.イントロダクション:根井 充(放医研)(5 分)
2.低線量・低線量率放射線影響の国際動向:岩崎 利泰(電中研)(15 分)
3.低線量・低線量率放射線影響研究の加速に向けた人材育成戦略:根井 充、勝部孝則
(放医研)(15 分)
4.学位論文研究支援事業で実施している研究:吉川 幸宏(京大・院・理) (15 分)
5.全体討論 (10 分)
5.感受性【防護関係】(13:30-14:06) 座長:横田 裕一郎(原子力機構),
鵜沢 玲子(放医研)
5-1 The use of γ-H2AX assay for validation of novel radioprotector against both acute
and chronic low-dose radiation exposure*(9 分)
加藤 正尊1、丸山 里奈1、澤井 優一1、飯岡 俊英1、中村 麻子1、笹谷 めぐみ2、神谷 研
二2、小林 純也3、小松 賢志3、志村 勉4(1茨大・理、2広大・原医研、3京大・放生研、4
保健医療科学院)
5-2 致死線量放射線ばく露マウスに対する c-mpl 作動薬の作用*(9 分)
山口 平1、千葉 満1、門前 暁1、吉野 浩教1、柏倉 幾郎1、廣内 篤久2、小村 潤一郎2(1
弘前大・院放、2環境科技研・生物影響)
5-3 リコピン含有トマトジュースによる放射線防護効果の探索*(9 分)
中村 歩美、真里谷 靖、Siamak Haghdoost(弘前大・院保健)
5-4 エルトロンボパグの放射線防護効果の探索*(9 分)
横山 昂生、山口 平、辻口 貴清、柏倉 幾郎(弘前大・院)
6.幹細胞・発生(14:06-14:56) 座長:鈴木 啓司(長崎大),
今岡 達彦(放医研)
6-1 ウニ胚の生存率と発生に対する X 線の影響*(14分)
Shoulkamy Mahmoud1,2、Salem Amir1,3、坂本 尚昭1、山本 卓1、高橋 秀治4、小栗 恵美子
5
、出口 博則5、井出 博1(1広島大・院理・数理分子生命理学、2ミニア大・理・動物、3
エジプト国立研・医学研究・病理、4広島大・院理・両生類研究施設、5広島大・院理・生物
科学)
6-2 マウス神経幹/前駆細胞におけるX線誘発 DNA 損傷の新しい検出系開発*(9 分)
山田 聖、白石一乗、児玉靖司(大阪府大・院理・放射線生物)
6-3 胎内被ばくマウスにおける DNA 損傷の解析*(9 分)
白阪 耀介、坂口 健太、白石 一乗、児玉 靖司 (大阪府大・院理・放射線生物)
6-4 G1 期及び S/G2 期に移入されたX線被ばく染色体の安定性の解析*(9 分)
西田 拓馬、白石 一乗、児玉 靖司(大阪府大・院理・放射線生物)
6-5 低線量被ばくで増加する乳腺幹細胞頻度の系統差とそのメカニズム*(9 分)
飯塚 大輔、笹谷 めぐみ、神谷 研二 (広島大・原医研・分子発がん制御)
休憩 (14:56-15:10)
7.発がん (15:10-15:56) 座長:續 輝久(九州大),片岡 隆浩(岡山大)
7-1 ガンマ線、炭素線、中性子線誘発マウス肺がんにはどの様な違いがあるのか? -分子生物
学的な解析から-*(9 分)
山崎 隼輔1、岩田 健一1、山田 裕1、森岡 孝満1,2、臺野 和広1,2、甘崎 佳子2、島田 義
也1,2、柿沼 志津子1,2(1放医研・福島復興支援本部・長期低線量被ばく影響プロジェクト、
2
放射線防護研究センター・発達期被ばく影響研究プログラム)
7-2 ApcMin/+マウスを用いた放射線発がんにおける線量率効果*(14 分)
笹谷 めぐみ、飯塚 大輔、神谷 研二(広島大・原医研)
7-3 ラット乳がんモデルにおけるがん関連候補遺伝子の発現解析*(9 分)
森山 ひとみ1,2、西村 まゆみ2、臺野 和広2、森岡 孝満2、今岡 達彦2、高畠 賢2、井上 一
雅 1、福士 政広 1、島田 義也2(1首都大・院人間健康、2放医研・防護発達期)
7-4 包括的代謝解析による放射線抵抗性がん幹細胞の特性解析*(14 分)
孫 略、盛武 敬、香﨑 正宙、岡﨑 龍史(産業医大・産業生態科学研究所・放射線健康医学)
8.放射線治療 (15:56-16:42) 座長:原田 浩(京大),岡安 隆一(放医研)
8-1 1-(3-C-ethynyl-β-D-ribo-pentofuranosyl) cytosine (ECyd)併用による 陽子線増感治
療の実現に向けた基礎研究*(14 分)
前田 憲一郎1、安井 博宣2、山盛 徹2、松浦 妙子3、高尾 聖心4、鈴木 基史2、松田 彰5、
稲波 修2、白 博樹1(1北大・院医、2北大院・獣医、3北大院・工、4北大病院、5北大・
院薬)
8-2 RIG-I 様受容体アゴニストと放射線の併用による抗腫瘍効果増強*(9 分)
吉野 浩教、柏倉 幾郎(弘前大・院保健)
8-3 抗腫瘍効果と転移抑制効果から見た不均等分割照射の有効性*(14 分)
松本 孔貴、坪井 康次、櫻井 英幸(筑波大・医学医療系)
8-4 ヒト前立腺癌細胞に対する 4-methylumbelliferone の放射線増感効果*(9 分)
嵯峨 涼、門前 暁、細川洋一郎(弘前大・院保健)
休憩 (16:42-16:53)
G1.一般発表 (16:53-17:25) 感受性(機構解析)座長:久保 喜平(大阪府立大)
G1-1 IDH3-HIF-1 経路によるがん細胞の糖代謝リプログラミングと放射線抵抗性(14 分)
原田 浩1,2,3、曽 麗華1、後藤 容子1、平岡 真寛1(1京大・院医・放射線腫瘍学、2京大・
白眉センター、JST さきかがけ)
G1-2 PLK1 の阻害は M 期集積を介して放射線増感効果を誘導する(9 分)
小林 稔、井上 実、吉村 通央、平岡 真寛、原田 浩(京大・院医)
G1-3 培養上清成分による放射線感受性の変化(9 分)
菓子野 元郎、小橋川 新子、玉利 勇樹、森 宣(大分大・医)
休憩 (17:25-17:30)
特別講演 (17:30-18:20) 座長:福本 学(東北大)
“NBS1 発見物語”------ 小松 賢志(京都大・放生研セ)
懇親会 (18:45-
)[会場へ移動 (生協食堂)]
2日目(10 月 17日)土曜日
*優秀発表賞対象
9.学際領域(8:30-9:30)座長:廣内 篤久(環境研),松本 英樹(福井大)
9-1 筋肉中放射性セシウム動態の体外モニタリングと血中動態との相関*(14 分)
鈴木 正敏1、鈴木 秀彦2、木野 康志3、石黒 裕敏2、漆原 佑介1、渡邉 智2、齊藤 陽介2、
小堤 知行2、曽地 雄一郎4、西 清志4、安彦 亮1、鷲尾 亮太1、福本 基1、桑原 義和1、
沼辺 孝2、関根 勉5、福本 学1(1東北大・加齢研、2宮城畜試、3東北大・院理、4仙台家
保、5東北大・高教機構)
9-2 歯中放射能測定による体内 Sr-90 と Cs-137 推定*(9 分)
小荒井 一真1、木野 康志1、西山 純平2、高橋 温3、鈴木 敏彦3,4、清水 良央3、千葉 美
麗3、小坂 健3,4、佐々木 啓一3、福田 智一5、磯貝 恵美子5、岡 壽崇1,6、関根 勉1,6、
福本 学7、篠田 壽3(1東北大・院理、2東北大・理、3東北大・院歯、4東北大・災害研、5
東北大・院農、6東北大・高教機構、7東北大・加齢研)
9-3 細胞生存と DNA 損傷を考慮した指標による急性被ばく影響の解析*(9 分)
吉成 耕平1、田中 成典1、蛯名 邦禎2(1神戸大・院システム、2神戸大・院人間発達環境)
9-4 ラドン温泉における吸入または飲泉による高尿酸血症の抑制効果の比較検討*(14 分)
恵谷 玲央1、片岡 隆浩 1、神﨑 訓枝 1、迫田 晃弘 2、田中 裕史 2、石森 有 2、光延 文裕 3、
山岡 聖典1(1岡山大・院保健、2原子力機構・人形峠環境技術センター、3岡山大病院・三朝
医療センター)
9-5 自己組織化マップを用いたラドン吸入による肝臓への酸化ストレスの評価*(14 分)
神﨑 訓枝 1、片岡 隆浩 1、恵谷 玲央 1、笹岡 香織 1、金川 明弘 2、山岡 聖典 1(1 岡山大、2
岡山県立大)
G2.一般発表
(9:30-10:11) 組織損傷・発がん
座長:宮川 清(東京大)
G2-1 ラドン吸入またはアスコルビン酸投与によるスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害
の抑制に関する検討(9 分)
片岡 隆浩、恵谷 玲央、神﨑 訓枝、笹岡 香織、堀江 駿介、小橋 佑介、田口 勇仁、山岡 聖
典(岡山大・院保健)
G2-2 炭素線分割照射による舌粘膜組織反応の変化(9 分)
鵜澤 玲子1、安藤 興一 2、平山 亮一1、小原 麻希1、白井 敏之1(1放医研・重粒子医科学
セ、2 群馬大)
G2-3 ラット乳腺における放射線応答の思春期前後と LET による違い(9 分)
蒲地 雄大1,2、臺野 和広2、今岡 達彦2、西村 まゆみ2、細木 彩夏2、西村 由希子2、井上
一雅1、福士 政広1、島田 義也2(1首都大・院人間健康、2放医研・防護)
G2-4 放射線誘発ラット乳腺発がんと肥満のインタラクション(14 分)
今岡 達彦1、西村 まゆみ1、臺野 和広1、森岡 孝満1、西村 由希子1、秋本 健太1,2、古河
勇樹1,2、上村 博司3、若林 敬二4、武藤 倫弘5、福士 政広2、島田 義也1(1放医研・防
護、2首都大・健康福祉、3横浜市大・医療セ、4静岡県大・院食品栄養、5国がん研・セ研)
休憩
(10:11-10:25)
G3.一般発表 (10:25-11:01) 細胞応答・変異・学際
座長:平山 亮一(放医研)
G3-1 放射線照射後の細胞周期動態における細胞接着環境の影響(9 分)
戒田 篤志、三浦 雅彦(東京医科歯科大・院医歯・口腔放射線腫瘍学分野)
G3-2 ハイスループット解析技術による放射線照射環境での細胞応答の研究(9 分)
河合 秀彦、曹 麗麗、金井 昭教、稲葉 俊哉、神谷 研二、鈴木 文男(広島大・原医研)
G3-3 放射線被ばくマウス T リンパ腫のゲノム変異(9 分)
柿沼 志津子1,2,3、ブライス ベンジャミン1、砂押 正章1、甘崎 佳子1、尚 奕1、鶴岡 千
鶴1、森岡 孝満1,2、中山 貴文1,3、島田 義也1,2(1放医研・防護、2放医研・福島、3茨城
大・理)
G3-4 放医研における放射線生物影響研究資源アーカイブの構築(9 分)
森岡 孝満1,2、山田 裕2、ブライス ベンジャミン1、今岡 達彦1,2、石田 敦郞2、大竹 淳3、
下村 岳夫3、竹下 洋3、島田 義也1,2、柿沼 志津子1,2 (1放医研・防護、2放医研・福島
復興、3放医研・研究基盤)
G4.一般発表 (11:01-11:42) 損傷修復
座長:田内 広(茨城大)
G4-1 メチル化剤がマウス MPG の物理的相互作用に及ぼす影響の検討(14 分)
山本 瑞希1、松山 聡1、久保 喜平1、山本 亮平2、竹中 重雄3(1大阪府大・獣医放射線、
2
大阪府大・獣医臨床セ、3大阪府大・分子生物)
G4-2 アフラトキシン B1 誘発 DNA 損傷修復における NBS1 の役割(9 分)
周 慧、斎藤 裕一朗、Oliveira Douglas、小林 純也、秋山 秋梅、小松 賢志 (京都大・放
生研セ・ゲノム動態研究部門)
G4-3 マウス胎児線維芽細胞における DNA polymerase β knockout と AP endonuclease 1
knockdown のアルキル化損傷修復への影響(9 分)
中山 裕美、山本 亮平、松山 聡、久保 喜平(大阪府大・獣医放射線、大阪府大・生命環境
科学・獣医臨床セ)
G4-4 DNA 酸化損傷を指標とした高 LET 放射線のトラック構造の可視化(9 分)
大内 章央1、後田 藤太1、伊藤 敦1、横田 裕一郎2、舟山 知夫2、平山 亮一3、
古澤 佳也3(1東海大・院工、2原子力機構量子ビーム、3放医研・重粒子)
閉会式・授賞式(11:45-12:00)
鈴木 文男、稲波 修
休憩 (12:00-12:15) [ランチョンセミナー(LS)会場へ移動 (1階会議室)]
LS (12:15-13:15) LS
笹井啓資 (順天堂大・医),座長:古澤佳也 (放医研)
会員総会 (13:15-14:15)(1階会議室)
若手総会 (14:15-15:15)(1階会議室)