2014 - 武蔵野大学 環境プロジェクト オフィシャルサイト

武蔵野大学
環境プロジェクト
1
2014 年度
2
1
作成者 :藤井璃乃、栗山夏実、南雲未紀
臨海副都心における水辺環境の
改善。昔は豊かであった東京湾
の姿を取り戻し、生命感のあふ
れる豊かな海にすること。
海辺のビオトープを作る。埋立てに
より失われた干潟を再生すること。
アサリなどかつて東京湾に多く生息
していた生き物の生息環境を作る。
毎週火曜日に有明北地区の汐入と東雲運河で水質調査を行うとともに、打ち合わせ
等メンバーで意見交換をしている。また定期的にNPOや環境保全団体の活動に参加
させていただき、知識を深めるとともに、経験を積んでいる。
連絡先 3年 飯塚諒:[email protected]
*Aqua cycle*
川と人々との関わり合いが希薄に
なってしまった現状を川の現在と過
去を調査、比較して発信し、人々に
川の大切さについて考えるきっかけ
になってもらうプロジェクト団体。
活動目的
川の地域の人々に川の現状や昔
の姿を知ってもらい、川や水の大切
さについて考えるきっかけをつくる。
活動目標
調査した川の地域の人々が川の大
切さについて考えるきっかけとなる
情報を発信する。(マップ作成&イ
ベント実施)
活動内容
・神田川のマップづくり
・水の学校参加
・他県の川へ訪問
Facebook→Aqua cycle で検索!
3
連絡先:[email protected]
2
メンバー
木崎利騎
坂本果桜
星野真理子
~エコオクキャラバン~
活動内容
学生のほしいモノを調査・オークションに出品するものを選別
リアルオークション開催
使わなくなった服・雑貨類を集めて無料フリマの開催
目的
リユースによる廃棄物の削減。
学生の欲しいものを安価で提供する。
目標
年間で売上を10万円(売上は寄付)
学内での完全リユースの実現
年間で4回のイベント開催
後援
株式会社ウインローダー/エコランド
連絡先:[email protected]
4
3
ECO REPORT WAY21
ECO REPORT WAY21とは…?
企業が発行する環境・CSR報告書を学生
の視点で評価・分析し、企業へフィードバッ
クする活動
学生のWIN
・コミュニケーション
スキルの向上
・学んだ知識を活
かす機会
・企業で働く人々と
の交流の機会
・就職に向けた企
業研究への足掛か
り
企業のWIN
・報告書に対する意
見・要望を聞ける機
会
・現報告書の有効活
用、読者数の拡大
・学生の企業に対す
る理解の向上
サントリーホールディングス株式会社訪問の様子
企業訪問一覧
・ヤマトホールディングス株式会社
・サントリーホールディングス株式会社
・イオン株式会社
・東レ株式会社
・株式会社電通
・京王電鉄株式会社
・味の素株式会社
計8社
連絡先:[email protected] ・成田国際空港株式会社
HPはこちら→ http://erw21.jimdo.com/
環境SP
活動目的
ミツバチの養蜂によって植物の受粉を促し、
自然を豊かにすることで都心における生態系
の保全につなげる
活動目標
ミツバチの環境における重要性を知ってもら
い養蜂を通し地域交流や外部と連携を行う。
また、採取した蜂蜜や蜜蝋を加工・販売し、
ブランド化する
活動内容
江東みつばちプロジェクト様のご協力のもと養蜂
活動を行っています。
日々の活動をTwitterで呟いています!
よろしければフォローお願いします!
武蔵野大学有明キャンパス内で養蜂を行
い、採取した蜂蜜と蜜蝋を使ったイベントの
企画・開催を行っています。また、江東みつ
ばちプロジェクト様や他大学の養蜂活動の
見学、ミツバチに関するイベントへ参加して
います。
連絡先
[email protected]
Twitterアカウント
@bee_sp_m
4
5
環境教育プロジェクト
*活動目的
持続可能な社会の構築のため、
次世代に向けた環境教育によって
社会貢献を実践していく。
*活動目標
自然体験を通じたイベントを企画し、
そこで子供たちが自然の大切さに
気づき、環境問題について
自発的に学び行動できるよう導く。
人数が多く,楽しく元気に活動に励んでいます!
私たちの目標であるイベント企画では、子どもたちに自然
の大切さを学んでもらうためゲームや劇を取り入れながら
環境問題についてもお話をしていきます。
そんな環境教育プロジェクトは熱意のあるメンバーが集
まった『誰よりも熱い!』プロジェクトチームです!
環境教育プロジェクトの
ボランティア活動、イベント成果報告においては
下記のURLよりご覧いただけます。
http://ecokyoiku.jimdo.com/
その他ご質問等は
環境教育プロジェクト代表の山田までご連絡ください。
代表:山田春香
[email protected]
CANDLE NIGHT
活動目的
私たちの生活において、廃油は必ず排出されるものである。
それを資源循環させることで循環型社会の構築、廃棄物の減少を図る。
さらに、活動を通して地域連携を行い、環境問題への意識の向上を促す。
活動目標
大学や地域・イベントなどから廃油を回収し、学内にある精製機でBDF化し、そのBDFを企業
や地域イベントで使用してもらうことを目指す。また、環境イベントへの参加・実施をおこない、
多くの人に環境問題やBDFについて関心を持ってもらう。
活動内容
キャンドル試作
イベント思案・準備
AMAカフェでのキャンドル装飾
BDF試作
「実践エコツーリズム」へBDF提供
九州観光物産フェアおよび江東区民まつりでの廃油回収の手伝い
黎明祭ブース出展
エコプロダクツ展出展
12/16(火)に武蔵野大学3号館3階
にて冬至キャンドルナイトイベント
を開催します。
入場無料となっておりますのでぜ
ひお越しください!
今後の活動内容
12月 冬至キャンドルナイトイベント
連絡先
[email protected]
6
5
里山保全プロジェクト
私たち里山保全プロジェクトは主な活動として八王子の戸吹にてNPO団体の
戸吹北森を守る会の活動に参加し、定例活動や自主企画を行っています。
また里山の大切さを伝えることを目標としています。
秋田の過疎地域である上小阿仁村に行き、若者
の人手が足りないため手入れの行き届いていない
里山を私たちが整備しました。また、現地の方との
交流をはかり秋田の里山の現状を理解しました。
普段は里山に行く機会がない人たちに、楽しみな
がら里山を知ってもらうためにツアーを企画しまし
た。午前中は山の中を歩き、活動地を巡ったり、間
伐を行ってもらい、午後は二人一組になり鳥の巣
箱を作り、それを設置しました。
参加者の皆さんに大変充実した時間を過ごせたと
言ってもらえて私たちもやりがいを感じることがで
きました。
主な活動は山の中の階段づくりや
道づくりを行いました。
私たちに興味を持ってくださった方、一緒に活動してくださる方連絡お待ちしております^^
連絡先 リーダー川田将也 アドレス [email protected]
~活動目的~
~活動目標~
環境問題に関する国際貢献を通して学
生に身近に感じてもらい、ともに行動
してもらう
『武蔵野大学へのTable For Two導入』
『国際貢献に対する学生の認知度向上』
~連絡先~
~活動内容~
*SNSによるTable For Twoやフェアト
レードに関する情報の発信
*Table For Twoの導入にむけて
・Facebook:
・Twitter:@shere_ru
・Mail:[email protected]
7
みなさまのご参加をお待ちしております!!
6
活動目的
活動目標
• 植生調査・水質調査のデータ
をもとにむさしのビオトープを
より良い環境にしていく。
• 小学校ビオトープの管理・発
展を通してさらなる実践的な
技術を得る。
• 生き物が住みにくい都市部で、
人間によって自然を再構成し
管理していくことを目指す。
• ビオトープの生態系を調べる。
保全することにより自然との
共生を目指す。
活動内容
•
•
•
•
定点観測
水質調査
植生調査
小学校ビオトープ管理
連絡先
環境学部3年 雨宮正和
[email protected]tu.musashino-u.ac.jp
←昨年製作した
オリジナルファイル
〈目的・目標〉
私たちは身近なプラスチックごみであるレジ
袋をリサイクルし、製品化する活動をしてい
ます。この活動によって多くの人に普段何気
なく捨てているごみに対する意識を改めても
らいたいと考えています。
最終目的として循環型社会を目指していま
す。
かみむら化学さん、岩井化成さんと
協力して製作したオリジナルボトル
〈活動内容〉
〈協力していただいている企業様方〉
大学内で出たレジ袋・傘袋を回収し、洗浄か
ら乾燥まですべて手作業でおこなっていま
す。
また多くの人々にリサイクル意識をもっても
らうために、これらの活動内容をSNS等で情
報発信しています。
※記載されている製品はすべて回収した
ビニール袋でできています。
→
NPO法人そらべあ基金
株式会社岩井化成
かみむら化学株式会社
武蔵野大学管理センター清掃の方々
URL : https://www.facebook.com/plustic
Email : [email protected]
8
7
2013年度環境プロジェクト内で立ち上げた、今年2年目の団体です。
フォローお願いします!!
活動目的 環境活動をメイン事業とする企業を訪問・調査し
代表者の生の声を同世代に発信することで
環境系企業の認知向上・就職活動におけるサポートにつなげています。
主な活動目標は、
① 環境保全へ実際に取り組んでいる企業を取材する。
② 取材内容を学生に向けて発信していく。
③ 学生からの意見を取り入れ、さらに企業を探す。
学生への情報発信は、取材報告書を作成し、
学内(学生ホール等)に設置しています。
また、blogで取材記事を掲載しています。
取材可能な企業様がいらっしゃいましたら
ぜひ取材をさせていただけると嬉しいです
One Planet Café
musashino
Twitter @bananaopc
FaceBook One Planet Café musashino
活動目的
活動目標
バナナペーパーとは
【知識のフェアトレード
を行う】
One Planetの考えをも
とに、フェアトレードに
ついて学んだことを外
部に提供し、その認知
度を高める。
バナナペーパーを通して
フェアトレードを広める。
普通は捨ててしまうバナナの木の
繊維を使ったフェアトレードの紙で
す。
原産国のザンビアに雇用が生ま
れ暮らしがうるおい、森を切らずに
済むことで動物たちの住処が守ら
れます。
活動内容
 フェアトレード商品の
企画開発
 イベントによる情報
発信
 SNSによる情報発信
連絡は[email protected] まで
9
8
10