都市に棲む City Living

都 市 に 棲 む City Living
BankART1929’s Activities
2015年11月6日[金]∼12月3日
[木]
光州市立美術館 企画展示室 2F
観覧時間:10:00~18:00(但し、毎月最後の水曜日は20:00まで) 休館日:月曜日 参加作家: 松本秋 則 、高 橋啓 祐 、開 発 好明、小泉アトリエ、みかんぐみ、他
日常の構築 Everyday Construction / 未完成・仮設 Work-in-Progress / 市民との協働 Together with City Residents / 現代
の寺子屋 The Modern-day Temple School / 都市への挿入 Insertion into City Life / 創造界隈の形成 Creative Neighborhoods / 社会とアート Society and Art / パフォーマンスの新たな展開 New Trends in Performance Arts / 若いアーティスト
への支援 Support for Young Artists / コーディネート事業の新しい展開 Fresh Directions for Project Co-ordinators / 映像
文化都市 Visual Culture City / 国内外とのネットワークの構築 Creating Networks at Home and Overseas / BankART Life
主催: Koki Tanaka La Chaine 2007
共催:横浜市文化観光局 特別協力:光州市立美術館
都 市 に 棲 む City Living
BankART1929’s Activities
2015年11月6日[金]∼12月3日
[木] 光州市立美術館
企画展示室2F
観覧時間:10:00~18:00(毎月最後の水曜日は20:00まで) 休館日:月曜日 参加作家:松本秋則、高橋啓祐、開発好明、小泉アトリエ、みかんぐみ、他
BankART1929は2004年、横浜市が推進する「創造都市構想」の先鋒プログラムと
してスタートしました。都市の中に「アート=クリエイティビティ」を挿入すること
だった建物
で、街の再生の起点にしていこうとするものです。当初は元銀行
(bank)
BankART Studio NYK (Tadashi Kawamara Expand BankART 2012)
にある元港湾倉庫がメイン施設です。諸
を活用していましたが、現在は河岸
(bank)
事情で、数回にわたり移転、改装を繰り返してきましたが、こうした仮設性が、Ban-
kART1929のフットワークを育み、しなやかな活動を特徴づける起因にもなりました。
またこのエリアのもつ最も魅力的な水の都市
(映像的な)のイメージは、BankART
の活動をプラクティカルであると同時に、メタフォリカル
(イメージ)
な世界へと導
いてくれました。
活動は美術、建築、パフォーマンスを中心に、その他様々なジャンルに広がります。
その中でもとりわけ力を注いでいるのが、日常の仕事です。夜23時までオープンし
ているカフェやパブ、年間を通じてのアーティストインレジデンス、芸術書籍を扱う
ブックショップ、月∼金の夜の寺子屋のようなスクール、多数のコンテンツ制作
(書籍、
BankART Studio NYK 3F
DVD 他)等、その全ての事業を連動させながら、経営的に活発に運営してきました。
館内における主催事業は、元倉庫だった天井の高い荒々しい空間
(約3,000㎡)
を生
かしながら、個展を中心に大型の展覧会を行なっています。
「かたちの発語展」のよ
うに、ものをつくるという始源的な行為にフォーカスしたものから、ダンスパフォー
マンスの新しい展開を探るもの、社会とアートとの関係を巡るもの等、常に時代を
表象する企画を行なってきました。若いクリエイターを支援するプログラムも多数
あり、35歳以下の作家を紹介する「under35」のシリーズ、同様にパフォーマンス系
の「Cafe Live」シリーズ、全館を2∼3ヶ月間、数十チームの制作スタジオとして活用
する「BankART AIR」等があげられます。
また外部からオファーされる数多くのイベントも受け入れてきています。それが福
祉や環境をテーマした他領域のものであっても、積極的に BankART がかかわるこ
とで、アートコーディネート事業として位置づけ、共に歩む関係を築くように心が
けています。これまでの事業数は約3,500に上ります。
地域との協働は、周辺のレストランと協働する「食と現代美術」や戦前の進取の気性
や風俗を街に眠るアルバムから引き出す「横濱モボ・モガを探せ!」
、あるいは都市
の中に作品を挿入し、忘れられている場所を開いていく「ランドマークプロジェクト」
等、様々な方法を展開してきました。また古い空きビルを開き、シェアオフィスやア
トリエにコーディネートするクリエイター誘致
(創造界隈の形成)
も積極的に行なっ
てきました。横浜市の補助金制度やクリエイターの自発的な動きもあいまって、現
在は1,000人を越えるクリエイターがこの地域に仕事場を構えるようになりました。
国内外の他都市とのネットワーク構築も、国際会議や出版等を行ないながら積極的
に取り組んできました。とりわけ「続・朝鮮通信使」の活動は、江戸時代の日本と朝鮮
半島の交流プロジェクト「朝鮮通信使」を参照にする、旅する街を創成する日韓の新し
い文化交流のプログラムです。ツアー、シンポジウム、レジデンスプログラム、展覧会
等、徐々に規模と濃度をあげながら展開しています。10年間、交換レジデンスプログ
ラムを続けている台北市、その他、アジアの国々や EU 諸国とも様々な交流事業を行なっ
「集まれ!椅子&ソファ @ 光州」
展覧会に展示(使用)する椅子&ソファをあつめてい
ます!募集期間 10月28日[水]∼11月6日[金]
連絡先 mail: [email protected]
[email protected]か?」
11月29日[日]15:00- パネラー:曽我部昌史(みかんぐみ)、小泉雅生(小泉アトリエ)、
池田 修(BankART1929代表)、他
お問合せ:光州市立美術館(61104 光州広域市北区河西路52)
TEL: 062-613-7100 FAX: 062-613-7149
交通アクセス
[バス]光州ビエンナーレ館下車:ヨンボン 83, サンム 64
旧全南道教育庁下車:ムンフン 48, ソンジョン 29, サンム 63
[車]ビエンナーレ駐車場利用
旧西光州 IC 入口から中外公園に右回り
旧全南道教育庁から光州市立民俗博物館に右回り
ています。その中継拠点として、2015年秋には「BankART ベルリン」を設置しました。
国立光州博物館
こうした日常の営みとアクションを総括した「BankART Life」という大規模な
P
駐車場
イベントを横浜トリエンナーレと連動しながら、これまで4回開催してきました。
西光州 IC 特に、2014年の「BankART Life Ⅳ」は、光州市と横浜市が協働して行った「東ア
ジア文化都市」事業のひとつとして実施されました。
「Life」という言葉には、BankART1929が、通常の文化施設を越えて、都市の財産を
韓国ポリテック
V 大学
活かしながら、より広く深く、地域と世界と繋がり、ひとつの運動体・生命体であり
続けたいという願いが込められています。
この展覧会はこれまでの活動のエッセンスです。横浜に誕生した BankART1929がど
のように都市に棲み続けてきたかを感じ取っていただければ幸いです。
光州ビエンナーレ館
駐車場入口
光州市立美術館
光州ビエンナーレ館
中外公園
光州市立美術館
P (中外公園)入口
駐車場
文化芸術会館
光州民俗博物館
光州ビエンナーレ館
正門入口