OU-Voice(No.16)特集記事掲載 - グローバル人材育成院

目 次
VOICE
「研究大学強化推進事業」に採択!
世界で研究の量,質ともに存在感を示す大学
「リサーチ・ユニバーシティ:岡山大学」を目指して
戦略的プログラム支援ユニット リサーチ・アドミニストレーター(URA) 佐藤 法仁 1
特 集
グローバル人材育成特別コースがスタート
4
グローバル人材育成院 院長 荒木 勝 シリーズ 卒業生メッセージ
Shall we dance ?
IOM 国際移住機関ソマリア事務所
大学院環境学研究科 博士前期課程 資源循環学専攻
熊丸 耕志(2008 年 3 月修了)
12
人の輪を広げる所
姫路赤十字病院
医学部保健学科 長久 剛(2004 年 3 月卒業)
13
投 稿
海外の大学紹介
宇宙飛行士をめざし,薬学部,博士課程そしてアメリカへ
大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)博士後期課程 2 年次生
日本学術振興会 特別研究員 山田 翔也 14
知ってますか ?
L-café,平成 25 年 5 月にオープン,10 月に来場者 1 万人達成!
L-café はもう英語だけじゃ物足りない!!
言語教育センター 准教授 宇塚 万里子 ネットで拡がる図書館の世界
附属図書館学術情報サービス課 主査 竹下 啓行 編集後記
17
19
21
(注)役職等は,平成 26 年3月1日現在のものです。
VOICE
「研究大学強化推進事業」に採択!
世界で研究の量,質ともに存在感を示す大学
「リサーチ・ユニバーシティ:岡山大学」を目指して
国立大学法人岡山大学学長特命(研究担当)
戦略的プログラム支援ユニット(URA)
リサーチ・アドミニストレーター
のり と
佐藤 法仁
伸び率が良い点,特に,
「物理学分野」
,
「基礎生命
1.
「研究大学強化促進事業」とは?
学分野」は実績があることが伺えます。
平成 25 年8月に,文部科学省が大学の研究力向
上を図るため,全国から 22 の大学・研究機関(17
これらの点を考慮して本事業ではまず,
「極限量
国立大学,2私立大学,3研究機関)を採択し,今
子」
,
「超伝導・有機エレクトロニクス」
,
「生体光変
後 10 年間にわたり研究強化につながるための助成
換システム」
(図2)の3つの研究の核(コア)をしっ
を行う事業です。わが国から世界で戦えるリサーチ・
かりと固めて行く予定です。
ユニバーシティ(研究大学)をより多く輩出し,日
本の研究力の存在感向上と研究を通してより良い社
3.3つの研究のコア以外の強みは?
会の構築に活かすという点があります。この事業に
① 臨床研究中核病院「岡山大学病院」
もちろんまだまだ岡山大学の強みはあります。
岡山大学が採択されたことによって,より研究に重
点を置くというミッションが文部科学省に認められ
岡山大学病院は,平成 25 年4月に厚生労働省の「臨
たということでもありますので,岡山大学の研究ブ
床研究中核病院整備事業」に採択されています(同
ランドの土台が確立できたと思います。
先行事業を合わせて,全国 15 拠点が採択)。これは,
基礎研究だけではなく,臨床分野も含めた医療イ
2.
「研究大学強化促進事業」で,
特に何をするの?
ノベーションを推進するための事業であり,基礎
岡山大学の学部の数は,全国の国立大学の中で2
医学と臨床医学,双方の強みを持っているからこ
番目に多い 11 の学部があり,それに1つのコースや
そ採択に至り,その成果をより期待されている分
7つの大学院研究科を有しています。13,000 人以上
野でもあります。
が学び,約 1,300 人の教員が在籍しています。その
ため,
「研究」と言っても多岐に渡る分野に広がって
② 革新的イノベーション創出拠点「アドバンスド
います。そのすべての分野を今回の事業でカバーす
ナノカーボン複合構造材料研究センター」
社会に革新的なイノベーションを創出するため
ることはできません。そのため,現在の岡山大学の
の大型産学連携事業のひとつである文部科学省の
強みを生かすことが大切です。
その強みを判断するには,文部科学省が使用して
「 革 新 的 イ ノ ベ ー シ ョ ン 創 出 プ ロ グ ラ ム(COI
いる様々な指標や岡山大学が独自に調査・分析した
STREAM)」には,岡山大学が独自に研究を進め
結果などから判断することになります。
る革新的な炭素材料研究拠点である「アドバンス
図1は,各分野の Top10%論文の掲載数を 1997 ~
ドナノカーボン複合構造材料研究センター
2001 年と 2007 ~ 2011 年で比較し,その伸び率を
(ANCS)」が採択されており,社会を劇的に革新す
グラフ化したものです。このグラフから読み取れる
る世界最先端の研究が岡山の地で精力的に進めら
のは,岡山大学が「旧帝大」と呼ばれる大学よりも
れています。
OU Voice
VOICE
岡山大学
A大学
B大学
C大学
D大学
E大学
F大学
G大学
文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)
「研究論文に着目した日本の大学ベンチマーキング2011」調査資料を元に作成
図1.Top10%補正論文の伸び率(1997〜2001年と2007〜2011年の比較)
B
A
A:光化学系Ⅱタンパク質の結晶
B:光化学系Ⅱの全体構造
C:酸素発生触媒中心の構造
C
水分解・酸素発生反応を引き起こす「光化学系II」タン
図2.沈建仁 大学院自然科学研究科(理学系)教授・ 光合成の仕組みにおいて,
パク質の構造を世界最高の解像度で解析し,
光を利用した水分解の機構を解明
光合成研究センター長:
した研究成果は,
アメリカの国際科学雑誌Scienceの2011年に得られた画期的
な10の科学成果,
「Breakthrough of the Year 2011」の一つに選ばれた。
OU Voice
VOICE
③ 資源植物科学研究所
重要です。考古学など伝統的な学問領域が強い分野
植物の生育を抑制する因子を「ストレス」といい
の増強(図3)やビッグデータと教育との融合によ
ます。このストレス研究の世界的拠点が倉敷市にあ
る革新的な文理融合研究の推進,革新的技術の社会
る資源植物科学研究所です。農学系唯一の文部科学
実装や科学政策判断の際に必要となる合意形成の研
省附置研究所として,国内外の数多くの研究者から
究など,様々な取り組みが成されています。
注目されています。例えば東日本大震災により津波
「研究」というと,自然科学系にスポットが当た
被害農地対策として,塩や湛水に強く良好な生育を
ることがありますが,決してそうではありません。
示す耐性オオムギの開発など,震災復興とリンクし
文部科学省の「研究大学強化促進事業」でも人文・
た最先端の研究などを行っています。
社会科学系領域が選定指標に含まれています。これ
は言うまでもなく,研究というものには「文系・理
④ 地球物質科学研究センター
系」という分野に関係なく存在し,評価される対象
地球や太陽系惑星の起源,進化,ダイナミクスに
であるということになります。岡山大学は総合大学
ついての世界最先端の研究を行うのが,鳥取県三朝
です。「文系だけ」,
「理系だけ」という考えではなく,
町にある地球物質科学研究センターです。国際共同
それぞれの強みを生かす,それぞれが異分野融合し
研究が大変盛んであり,所属している大学院生も多
今までにない研究成果を社会に還元していく使命が
くが外国人です。セミナーや会合はもちろん,講義
あると考えています。
もすべて英語で行われ,「岡山大学(国内)にいな
がら海外留学」という面もあります。この国際共同
研究の高さは世界から信頼されており,例えば小惑
星探査機「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワ
の試料などの分析も当センターで実施されていま
す。この世界的な強みを生かし,国際共同利用・共
同研究拠点となるべく研究・整備を進めています。
⑤ 理化学研究所の SPring-8,SACLA,京との連携
その他,主な学外連携としては日本が世界に誇る
放射光施設である SPring-8,X線自由電子レーザー
施設 SACLA,スーパーコンピューター「京」など
の国家基幹技術の施設に近く,多くの共同研究,人
的交流が行われています。世界の最先端技術を用い
た研究は革新的な研究成果を産み出す可能性がとて
も高いため,今後も密な連携を深めて行く計画です。
図3.岡山大学鹿田キャンパスで奈良時代末(8世紀後半)の井戸
から2枚の絵馬が出土
4.人文・社会科学系の研究は?
前述したとおり,岡山大学は 11 の学部があり,
奈良時代のものとしては瀬戸内で初めての発見(上は絵柄を明確にする
ために画像修正したもの。下は岡山大学埋蔵文化財調査研究センター
【岡山大学埋蔵文化財調査研究センター】
が復元した絵馬)
その中には文・経・法・教育学部,いわゆる人文・
社会科学系を主とする分野がある「総合大学」です。
そのため,人文・社会科学系の研究推進・向上も
OU Voice
VOICE
5.研究の推進・向上を図るマインドは?
6.次世代の革新的研究を担う学生の皆さんへ
Curiosity(好奇心)と Dream(夢)は,研究を行
これまで述べたように,岡山大学にはいろいろな
ううえで大切なものです。そして,誰もが持ち得る
研究の強みがあります。そして,まだ,強みを掘り
ことのできるものだと思います。他方,研究の推進・
起こしていない分野も十分にあり得ます。強みを更
向上を図るマインドとして大切なのは,「どうした
に強くする,強みを掘り起こす,弱みを強みに変え
らできるのか」という戦略方法を考え出せることだ
る,さまざまなことができる大学です。無関心に見
と思います。いい方が少し乱暴ですが,
「できる」,
「で
えるものを結合させて,新しいものを創り出すこと
きない」の判断はある程度の人は誰でもできます。
ができるのも,総合大学の強みでもあります。在学
しかし,「どうしたらできるのか」という点を導き
されている間に 1 回は(いつもだと嬉しいです),
「自
出すことはとても難しいです。「この研究が社会を
分がどう行動したら,何ができるのか」ということ
どのようによくするのか,そのためには何をいつま
を考えてみてください。それは単に研究に活かされ
でにやらなければいけないのか,それはどうしたら
るだけではなく,教育や社会活動などさまざま面で
できるのか」という一連のマインドを常に持ち,実
役立つと思います。
現代GP紹
行することが,岡山大学の研究の推進・向上だけで
岡山大学が,世界で研究の量,質ともに存在感を
はなく,ひとりの研究者としての成長にもつながる
示す大学「リサーチ・ユニバーシティ:岡山大学」
ものではないかと考えています。
となれるかどうかは,次世代を担う皆さん次第とい
このマインドを育成するために,研究者が未来を
うのはとてもおもしろいことではないでしょうか。
語り対話する「岡山大学フューチャーセッション」
そんなチャンスが沢山転がっているのが岡山大学で
や異分野研究者の出会いの場である「いちょう並木
す。ぜひマインドを鍛えてください。
サロン」など,さまざまな催しを行っています。ま
た,戦略的広報を本格的に実施し,自分たちの研究
成果が社会からどのように見られているのか,ある
いは海外での展示会・発表会において海外の人から
どのように受け止められているのかなどという点を
しっかり把握し,今後行うべき研究の道筋をより明
確にする施策を講じています。もちろん,これにも
文系・理系などという区別はありません。どの分野
においても,マインドをデザインできる思考を常に
図4.岡
山大学リサーチ・アドミニストレーター
前列左:森田潔学長,右:山本進一理事(研究担当)
・副学長
持つことが重要だと考えます。
リサーチ・アドミニストレーターとは
University Research Administrator(URA)は,大学において研究者とともに研究活動の企画や研究成果の活用促進
などを総合的にマネジメントする人のことです。
「岡山大学における URA」は,学長直属として配置され,研究担当理事・
副学長とともに行動する執行部の研究ブレーン組織です。
「学長特命(研究担当)
」として,研究面で学長を補佐し,本学に
おける研究方針の策定や大学改革の推進など経営的判断に立って行動します。現在,岡山大学には 5 人の URA が配置さ
れており(図4)
,今回の文部科学省「研究大学強化促進事業」の採択などにおいても,中核的な役割を果たしています。
OU Voice
紹介
特 集
グローバル人材育成特別コースがスタート
グローバル人材育成院
院長 荒木 勝(理事・副学長)
平成 25 年4月,グローバル人材育成院が設置され,グローバル人材育成特別コースがス
タートしました。これは,世界の舞台で活躍できる人材を育成するための副専攻コースで,
岡山大学の国際化の一環として準備されてきました。平成 25 年 5 月に全学の新入生から
53 人を選抜し(同年 10 月より国際バカロレア入学者が加わり,現在は 54 人),現在集中
的に特別授業を行っています。カリキュラムは,国際的なコミュニケーション能力を高め
るための高度な語学教育や,国際的にも通用する教養を身につけるための様々な科目によっ
て構成されており,本学の国際交流協定校への短期留学や長期留学を必修としています。
すでに,今年度履修生は短期留学(海外大学でのサマースクール)を終え,一部の学生は
来年の長期留学(約1年)の準備に入っています。また,国際的なプロジェクトやディベー
トの場に積極的に参加する人材も育ってきています。
1.岡山大学のグローバル教育
社会のグローバル化に適応するだけでなく,グ
ローバル化を追い風に世界で活躍できる人材を育成
することは,本学にとっても,日本全体にとっても
緊急の課題です。現在,日本のほとんどの大学がグ
ローバル教育に力を入れていますが,本学は特にユ
ニークな人材育成の試みを行っています。
コースのロゴマーク
まず第一に,グローバル教育のための特別な学部
や研究科を設置するのではなく,副専攻としてコー
第二に,日本の文化,地域理解を深めるメニュー
スを設置していることです。そのことにより,全て
を盛り込んでいることです。グローバルに活躍する
の学部の学生に本コースを履修するチャンスが生ま
ためには,まず豊かな知識と教養を育まなければな
れます。また,将来社会で活躍する上での基礎とな
りません。とりわけ,自らの文化や価値観をしっか
る専門教育を受けた上で,
「付加価値」としてグロー
りと発信できる力を身につけなければなりません。
バルな素質を身につけることができます。すなわち,
アクティブラーニングの手法を取り入れた多彩なプ
国際的に活躍できる各分野のスペシャリストを育て
ログラムで,こうした力を養い育てていこうという
るというコンセプトです。
のがこのコースの大きな特徴です。 OU Voice
特 集
修了
グローバルな舞台へ
グローバル・コア2
英語による専門教育
(グローバル・スタディズ)
グローバル・コア1
コミュニケーション力開発。
異文化理解,
日本文化理解
入学後1か月
全学で50名程度
TOEIC IPによる
プレスメントテスト
(入学時・入学者全員)
サマースプリングスクール
短・長期海外留学インターンシップ
限定校における専門教育科目の習得と
グローバルリーダーシップの育成
※学部によって留学時期・期間は異なります。
1か月間の海外短期研修
(北米・欧州・東南アジア)
現代GP紹
コース履修者
選抜
請
申
語学力チェック
英語力養成プログラム
(SPAcE)
留学に向けて総合的な英語力強化,
ネイティブ教員による習熟度別指導。
TOEFL試験対策,
アカデミック・ライデシング,
英語プレゼン能力開発。
コースの概要
2.コースの紹介
グローバル・コア科目:12単位
本コース(副専攻)のコア・カリキュラムは,異
グローバル・コア1では,自分の価値観に基づき
文化の理解,コミュニケーション力の育成,日本及
外国語で論理的にコミュニケーションをとれる能力
び地域文化の理解,日本の自然及び地域産業に関す
に加え,自国の文化や歴史に関する正しい知識を身
る理解などのリベラルアーツ,並びに最先端のテー
につける。また,他国の文化を理解する寛容な精神
マを扱う専門教育科目を骨子として,全34単位で
を育成します。さらに,受講者同士の議論やプレゼ
構成されています。
ンテーション等を通して多様な見方や考え方,価値
観に触れ,意思決定と合意形成の力を身につけます。
英 語 力 養 成 プ ロ グ ラ ム(Special Program for
グローバル・コア2では,英語で行われる講義を
Academic English):20単位
理解し,グローバルに活躍するための質の高い専門
留学先として希望する大学が設定する TOEFL
知識を習得します。
iBT スコア等の取得とともに,英語で授業を履修し
海外留学・インターンシップ:1単位
英語で日常生活が送れるよう総合的な英語力を修得
します。
グローバルに活躍できる国際人としての視野を広
げ,異文化を理解するために必要とされる知識,技
サマー / スプリングスクール:1単位
能,態度を身につけます。英語で行われる専門科目
外国で日常生活を送ることができるレベルの語学
の講義を理解し,研究を行うことができます。これ
力を身につけます。また,異文化を実体験すること
までに培った能力を活かして,自ら課題を設定し,
により,異文化への理解を深めます。
解決する能力を身につけます。 OU Voice
紹介
特 集
3.今年度の取り組み
今年度(初年度)は,5月にコース生募集を行い,
書類審査,TOEIC の得点を基礎に全学で 53 名を選
抜しました。主な取り組みは以下の通りです。
SPAcE
SPAcE(Special Program for Academic English)
は,英語力を養成するプログラムです。本コースの
ために特別に設けられたもののうち,1年次履修の
Independent Study Class( 自 律 学 習 ク ラ ス ),
帰国報告会の様子
Academic Class 1・2(英米の大学に近い形の授業),
TOEFL Preparation Class(TOEFL 受験準備)が
られました。また,本年 10 月 30 日には合同の帰国
本年度に開講されています。また,来年度以降には,
報告会を開催し,研修成果の報告を行いました。報
2 年 次 履 修 の た め の Intercultural Relations and
告した学生たちは,研修にとても満足した様子で,
Communication(異文化理解のための実践的授業)
研修前に比べて大きく成長した姿が見られました。
も開講予定です。
また,英語を話すことに対する抵抗もかなり低減さ
れたようで,英語で報告を行った学生もいました。
サマースクール
8月下旬から9月下旬にかけて,ヨーク大学(イ
海外留学について
ギリス),ビクトリア大学(カナダ),チュラロンコ
平成 26 年度の海外留学派遣のための EPOK の募
ン大学およびカセサート大学(タイ)の3か国にて
集・審査が本年 10 月に行われ,コース生 18 人が審
合計 31 名のコース生が研修を行いました。このサ
査を経て派遣候補となり,それぞれの派遣先大学の
マースクールに先だって,現地での研修を実り多い
基準に達するように勉学に励んでいるところです。
ものとするために,出発前に複数回のセッションを
なお,最も早い学生は,平成 26 年3月にアデレー
行いました。これらのセッションではとても活発な
ド大学(オーストラリア)へ留学が決定しています。
議論がなされ,サマースクールへの期待が大きく見
アクティブラーニング
本コースに所属する学生達は,国内外に関わらず,
「国際」「学生」をキーワードに様々な公式大会に出
場しています。平成 25 年度はグローバル人材育成
特別コースが設立された初年度でしたが,すでにい
くつか結果を残すことができました。
(1)外務省主催大学生国際問題討論会2013
この全国討論会では,立論書を提出した 37 チー
ム中,上位4チームが最終大会に選抜されました。
ヨーク大学(イギリス)
での授業風景
本コース生からは法学部1年生の小川未由季さんと
OU Voice
特 集
山本蒼さんペアの白桃組が出場し,奨励賞に輝きま
JICA 大学生国際協力フィールド・スタディ・プロ
した。参加者の2名は,討論会を通して,「グロー
グラムに1名が参加することを始めとして,国際学
バルとは何か」がなんとなくつかめた気がしたとの
生リーダーシップシンポジウム,国際的なコンテス
ことでした。加えて,「地方の大学だから」こそ,
ト,スタディープログラムなどハイレベルな大会へ
都市の学生が気づかないより細かく具体的な問題と
果敢に挑戦していく予定です。
課題を発見,研究し,日本全国,世界に発信してい
きたいと抱負を語りました。
語学力を上げることは本コース生にとっては必須
です。英語の授業以外にも,サマースクールに参加
することで実践英語の習得にも努めました。そこで
TOEFL スコアの2か月間の伸びを分析したとこ
ろ,4割の学生が20点以上もアップしたという素
晴らしい結果を出しました。
現代GP紹
本コース生は,国際舞台に立つために,必要不可
欠である語学力はもとより,国際知識の構築や国際
舞台での経験を培ったり,コミュニケーション力を
つけたりと日々努力しています。時にはグループで,
時には個人でと活動形態は様々ですが,自発的に興
味を持って行動することを前提に,真のグローバル
を追求していく姿勢は変わりません。各自がグロー
奨励賞を受賞した小川未由季(右)
さんと山本蒼(左)
さん
バルの定義を考え,それぞれに合ったオーダーメイ
ドのグローバルを作り上げていきます。
(2)第4回国際学生リーダーシップシンポジウム
法学部1年生の江利川悟さんと文学部1年生の藤
井雅利さんは8月,フィリピン・マニラで開催され
た「第4回国際学生リーダーシップシンポジウム」
に参加してきました。社会貢献活動に興味のある世
界中の学生達との交流を通じ得たものは大きく,江
利川さんは国際的な平和活動に今後,関わっていく
予定で,藤井さんは地域の持続可能な教育活動にす
でに参加しています。
(3)英語プレゼンテーションコンテスト
コース生専用学習室での茶話会の写真
本コース生は,全国学生英語プレゼンテーション
コンテストや全日本英語スピーチコンテストなどに
も積極的に参加しました。現在も,ESDに関わっ
たり,国際機関のコンテストに応募する立案書を作
成したりと活躍中です。
今後は,さらに可能性を広げることを目標に様々
な 国 際 舞 台 に 挑 戦 し て い き ま す。 一 例 と し て,
OU Voice
特 集
4.コース学生の声
英語が大嫌い
グローバルな視野を持ちたい
中村俊介君(医学部医学科1年次生)
織田薫さん(工学部化学生命系学科1年次生)
紹介
私は「英語が大嫌い」でした。では,なぜそんな
大学生活において,外国人と自由に意見を交換し,
私がわざわざこのコースを選んだのか。それは,今
柔軟な視野を持ちたいと思いこのコースに入りまし
後の人生において「英語ができないから…」という
た。このコースを通して,学部学科を問わず,留学
理由で,自分の可能性を閉ざしたくなかったからで
や国際関係などに興味のある人たちと知り合い,会
す。英語は避けて通れぬ道,ならばいっそのことハー
話していく中で,視野が広がっていきました。サマー
ドな環境に身を置いて自分を高めてやろう,と。そ
スクールを通して,文化習慣などが日本と異なるこ
して今,毎日の英語の授業とその課題に取り組む中
とを知り,外国の様々なことをもっと知りたいと強
で,自分にとって英語が自然なものに感じられるよ
く思いました。今後は多くの外国人と触れ合い,日
うになりました。まだまだ発展途上ですが,ここで
本と外国のことに詳しくなっていきたいと思いま
揉まれていなければ,きっと未だに英語を避けたま
す。
まだったと思います。確かにハードな毎日ですが,
「本物」を身に付け,グローバルに活躍する力を養
うには最高の環境だと思います。
OU Voice
特 集
コースの仲間から日々強い刺激
グローバル人材育成特別コースに入って約8ヶ月
澤晃太郎君(工学部機械システム系学科1年次生)
が過ぎようとしています。この8ヶ月という期間は
私にとって,一言では表せないくらいすごく刺激的
で充実したものでした。私と同じように海外留学,
英語の習得を目指す様々な学部の学生たちとの出会
い,自分の英語力を伸ばしていける授業,サマース
クール,色んなことがありました。一人で頑張るの
も大切ですが,みんなで切磋琢磨しながら自分の英
語力を磨いていけるのが,私がこのコースに入って
良かったと思う点です。
5.コースメニューの多様化
現代GP紹
現在,コースメニューの多様化を目指して,様々
私はこのコースに入り,学部を越えて,優秀な友
な準備が進行中です。たとえば,目的,習熟度に応
人と出会うことができ,彼らから日々刺激を受け多
じた語学プログラムの開発,JICA 現地調査などへ
くのことを学んでいます。当初,「グローバル人材」
の積極的な参加,留学生と合同で行う国内サマース
というと,英語が話せるというイメージがありまし
クールや地域視察・討論,国外インターンシップの
た。しかし,このコースで学び,友人,先生方から
開発,などです。
数多くの意見を聞くことで,それだけではないとい
ま た, 日 中 韓 で の 国 際 交 流 プ ロ グ ラ ム で あ る
うことを認識できました。
キャンパス・アジアとのジョイント企画,L-Café(学
結果,今は英語学習にとどまらず国内外の活動に
内ランゲージ・カフェ)との協力などです。このよ
も積極的に参加しています。 ほかの誰でもない,
うに,本学のキャンパス自体をグローバル化する試
自分自身が思い描くグローバル人材になれるよう今
みも進行しています。
後も頑張っていきます。期待していてください!
刺激的で充実
釜谷茉由子さん(法学部法学科1年次生)
10
OU Voice
紹介
卒業生メッセージ
シリーズ
卒業生
メッセージ
Shall we dance?
くままる
こう じ
熊丸 耕志 大学院環境学研究科 博士前期課程 資源循環学専攻(2008年3月修了)
International Organization for Migration(IOM):国際移住機関ソマリア事務所
大学院生時代
皆さん,初めまして。私は鹿児島生まれの福岡育
ちですが,岡山大学,そして大学院に計6年間お世
そんな学部生時代を過ごすうちに,「海外」,「国
話になりました。OU-Voice を通して在学生,そし
連」,「国際協力」といったキーワードが頭をもたげ
て高校生のみなさんにお話させていただく機会をい
出し,何かその分野に繋がる糸口はないものかと大
ただけて大変嬉しく思います。 現在は国際公務員
学構内をフラフラしているときにめぐり合ったの
として国際移住機関という組織に所属してアフリカ
が,EPOK という岡山大学が提携する海外の大学
で水衛生に関する仕事をしています。私の当時の学
との 1 年弱の交換留学制度,そして国連地域開発セ
生生活,そして今にいたる軌跡を簡単に紹介させて
ンター(UNCRD)という組織への3ヶ月間のイン
いただくことで,みなさんに何か感じるものが,共
ターンシップの募集を唄う掲示板でした。結果的に
通するものが生まれると嬉しいなぁと思います。
この両方の機会に恵まれ,岡山大学院在籍中にイン
ターンシップと交換留学を経験することができまし
学部生時代
た。これらのプログラムを通じて国際的な人材を育
私は環境理工学部に所属していましたが,在学生
てようとする岡山大学の戦略,そして大学の職員,
の方はご存知のとおり,1,2回生時は一般教養科
教授の方々の惜しみない情熱とサポートを頂いたこ
目を通して,自然科学とは異なる分野,心理学や国
とが,私の心に火をつけ,心が躍り始めたのです。
際交流と平和,といった分野についても学ぶことが
岡山を去って,その後
できました。高校生時代と異なり,自分で物事を選
択できる幅が増え,大学の講義にアルバイト,ラグ
就職活動は交換留学で米国にいたため,帰国後少
ビー部で汗を流す傍ら女の子とデート,と自由な生
し遅れて始めました。私の専攻の修了生は民間企業
活をしていました。3回生の後期から研究室に所属
では,開発コンサルタント,ゼネコンに就職する方
し,地下水を有効活用する手法の一つとして地下ダ
が多く,私も同じように応募し面接を受け幾つかの
ムに関する研究を始めました。研究室の指導教授,
企業から内定を頂くことができました。しかし,全
西垣誠先生,そしてガーナから研究生として実験を
く新しい世界でも挑戦してみたいという想いが膨ら
一緒に行った仲間,ジョンとの時間が今の自分がい
み,結果的に自分にとって全く未知の分野で国際協
る舞台に繋がる布石だったのだなぁと振り返るに思
力に通じる道として東京において難民支援の仕事に
うことです。けれども英語の講義の成績は優(今の
携わる事となりました。大学のキャリアアドバイ
システムでいう A)を取れたことは一度もないほど
ザー,両親も私の決断に頭を傾げていましたが,結
語学力は貧しく,ジョンとの会話も常に「but... だ
果的に自身の幅を,世界観を広げてくれる機会とな
けど-」と繰り返していました。
りました。大学での研究は実験や数値解析を通して
11
OU Voice
卒業生メッセージ
先々の人々の生活や社会に役立つ技術や研究を行う
で自然災害,紛争により避難を余儀なくされている
ということが中心でしたが,人と直接向かい合って
方々への安全な水の提供,トイレ施設の向上,そし
解決策や対策を立てていく難民申請者支援の仕事に
てソマリア政府関係者の人材開発といった分野を支
ぐっと心を掴まされたことを覚えています。
援させていただき,現地の関係者と協力して最も脆
弱な立場に立たされている女性や子供たちを中心に
英国,そしてアフリカへ
サポートをさせていただいています。誘拐,テロ,
日本で難民支援という形で「国際協力」に携わる
大旱魃,海賊,そして防弾チョッキを着てラクダを
ことによって,もう一歩「海外」,「国連」に背伸び
食べるなど日本の生活では少し馴染みのない輩に囲
をしようという想いから,「水」という自分の専門
まれた環境は驚きの毎日ですが,微力ながらも毎日
分野を深めようと決め,国連と連携して研究を行っ
自分にできることを模索しながら活動しています。
ている英国の水衛生工学研究センター(WEDC)に
最後に
おいて Ph.D. 博士プログラムの研究生として新たに
スタートを切りました。UNICEF との共同水事業
みなさん,ぜひのびのびと背伸びをしてみてくだ
で,アフリカのザンビアという国で,人々がどのよ
さい。スポーツでも研究でも趣味でも,日本でも海
うにして持続的に安全な飲み水を利用することがで
外でも,舞台はどんなものでもいいと思います。真
きるかを定性的,定量的に研究をしていました。ほ
剣に何かにひたむきに楽しんでいる姿というのは自
ぼ3年間アフリカの農村で生活をしながら,自然科
然と多くの人と,機会と繋がることが多くあります。
学,社会科学の観点から人々と水の在り方を肌で感
生きる事は表現することだと私は思っています。学
じ学びました。マラリアにかかったり,奨学金が決
校の友人,家族,先生達とのつながりを大切にして,
定するまでひもじく3ケ月で体重が 15㎏落ちたり
自分自身の表現を探してみてください。かく言う私
と少しばかり大変なこともありましたが,現場の温
もちょうど先日,高校,大学とラグビーで共に汗を
度を感じながら仕事をする事の難しさと面白さに魅
流した仲間と再会しお酒を交わして,その変わらぬ
了されました。
温かい人のつながりに感謝しているところです。み
現在の私は,ザンビア,エチオピアでの研究生活
なさんと一緒にこころ踊る時代を生み出していけた
を終え,国際移住機関という組織に勤めています。
ら幸せです。
世界的な人の移動(移住)の問題を専門に扱う国際
機関の中で,私は水衛生分野の専門官としてアフリ
※本人への連絡を希望される方は,岡山大学学務企画課宛
にお問い合わせください。
カの角と呼ばれる場所に位置するソマリアという国
E-mail : [email protected]
ソマリア国内避難民キャンプで暮らす子供たち
ソマリアの戦禍,
大干ばつを生き抜く母と子
12
OU Voice
卒業生メッセージ
岡山大学を卒業された方に,
本学在学生の方達へのメッセージをお願いしました。
皆さんの大学生活に役立てていただければと願っています。
人の輪を広げる所
ちょうきゅう
つよし
長 久 剛
医学部保健学科(2004年3月卒業)
姫路赤十字病院勤務
『大学は勉強をしに行く所』入学前はそんなイ
メージでした。もちろん,入学してからも勉強をす
ることに変わりはありませんでしたが, 大学生活
で一番得られたと感じているのは人とのつながりの
▲右が筆者
幅広さです。入学当時は友達ができるのか?1人暮
らしをうまくやっていけるのか?と,とても不安が
強かったのを覚えています。しかも当時,同じクラ
日々を過ごすことができました。今考えると,そう
スの中には同性が1人もおらず,億劫な日々を過ご
いった勉強プラスαの活動に参加せず,人とのつな
していました。その不安な毎日を解消してくれたの
がりがほとんどなければ,大学生活はとてもしんど
が部活やサークルを始めとした学外での活動でし
かったと思います。その事もあり今では大学のイ
た。私はテニスサークルとゴルフ部という2つを掛
メージは『人の輪を広げる所』に変わりました。同
け持ちしていましたが,そこでは同じ学科の先輩や
じ勉強をするにしても,周囲の環境整備はとても大
同級生とのつながりだけでなく,他の学科や学部生
事です。豊富な蔵書数を誇る図書館といった設備環
との交流もあり,知り合いになる人の幅がとても広
境に加え,心身ともにより良い環境に自分の身を置
がりました。また,部活の試合等に参加することで
けるのは総合大学である岡大で勉強できたからだと
他県の学生と交流する機会もあり,プライベートで
思います。
私は 2004 年卒業ですので,病院に就職して約 10
グループ旅行に行くこともでき,とても充実した
年が経過しました。まだ 10 年かも知れませんが,
10 年経った今でも,病院内で同じ大学出身,同じ
部活という事ですぐに溶け込みやすく,人間関係構
築に役立っています。高校生の時,医療と言えば伝
統ある岡大に行きたいと思って受験し,合格発表を
見た時はとてもうれしかったです。広がった輪がそ
の後の就職先でも活かされる。大学選びに間違いは
なかったと実感しています。
13
OU Voice
投 稿
海外の大学紹介
宇宙飛行士をめざし,
薬学部,博士課程そしてアメリカへ
大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)博士後期課程2年次生
日本学術振興会 特別研究員
やま だ
しょうや
山田 翔也
薬学部,博士課程への進学
日本学術振興会 特別研究員制度
「宇宙飛行士になること」,私の高校時代からの目標
博士前期課程までは両親の経済的サポートのもと勉
です。宇宙飛行士は地上の研究者に代わり,宇宙で実
強させてもらっていましたが,博士後期課程では学費,
験を行うため幅広い知識が必要とされます。薬学部で
生活費を自分でなんとかしたいと思っていました。そ
あれば,化学や生物,物理など様々なことが学べるこ
のような中,日本学術振興会(学振)の特別研究員制
と,さらに岡山大学であれば実家の福山から近いと考
度について恩師の加来田先生から教えていただきまし
え入学しました。日本で宇宙飛行士として認定される
た。この制度は,博士後期課程在籍生と若手研究者を
には,宇宙飛行士候補者に応募し,採用されなければ
支援するものです。特別研究員に採用されると,生活
なりません。その応募資格の1つが自然科学系分野に
費等に使える月 20 万円の奨励金と年間最大 100 万円
おける博士号でした。また博士号は,就職後に海外留
の研究費の支給を頂けます。博士前期課程2年の時に
学の機会を得易いこと,アメリカなどは日本以上に学
この制度に応募しました。応募の際には,博士後期課
歴社会であるため博士号を持っていないとビジネスに
程の3年間で取り組む自分の研究の意義,計画などを
おいて交渉相手として認めてもらえないことがある,
書いた 10 ページほどの書類を提出し,その後,面接
と企業経験のある教員からも聞きました。このような
試験を受けました。研究内容に加え,学会での受賞歴
背景に加えて博士後期課程の3年間は研究者に必要と
や論文発表数なども評価されます。採用されるのは簡
される素養を身につけるための期間だと考え,私は進
単ではありませんが,恩師の協力のもと,採用をいた
学を決意しました。
だけました。現在は両親に金銭的負担をかけること無
私は高校時代から化学,中でも有機化学に興味があ
く,研究に専念できる環境をいただいています。また,
りました。さらに「薬を作る」との想いのもと,
「分子」
この奨励金によって独立した生計を営んでいることか
を生み出す有機合成に加え,作った「分子」の機能を
ら,岡山大学の授業料免除対象にもなっています。さ
培養細胞や動物を用いて評価する生物活性評価も行っ
らに,研究費は学会に行く時や,海外で研究を行う時
ている恩師の加来田先生の研究に興味をもち,ここで
の旅費にも使えます。
研究生活を送ってきました。現在私が行っている研究
は,アルツハイマー病治療における薬の種になるもの
アメリカ留学の決意
を,簡単かつ安価に見つける方法の開発を目指してい
特別研究員に採用された博士後期課程1年の夏,私
ます。自分の研究を楽しめていることも博士後期課程
は学会発表と研究室の共同研究の打ち合わせのため,
への進学を決めた大きな要因です。
2週間アメリカに行く機会をいただきました。この滞
14
OU Voice
投 稿
在中にアメリカで研究員をしている日本人の方とも出
会い,そこでの生活についての話を直接聞くことがで
きました。それまではあまり現実味のある存在ではな
かったアメリカが,急に自分の身近に感じられるよう
になりました。宇宙飛行士になるためにはもちろん英
語が必須ですが,私は英語に苦手意識がありました。
しかし恩師が背中を押してくれたこともあり,博士後
期課程の2年目に自身の研究を進めるための技術を学
びに,デトロイトにあるカルマノスがん研究所に半年
間行かせてもらうことになりました。
カルマノスがん研究所
研究室でのセミナー風景
デトロイトはミシガン州の南東部にある都市で,川
を挟んでカナダにも接しています。お世話になった研
究室は,以前のアメリカ滞在の際に訪問していたこと
もあり,不安はありませんでした。
研究室メンバー(右から2番目が筆者)
研究室メンバーは教員1人,学生4人,実験補佐員
1人と小規模ですが,アメリカ人,インド人,中国人
と国際色豊かな研究室でした。カルマノスがん研究所
はウエイン州立大学の中にあり,デトロイト医療セン
カルマノスがん研究所
ターという病院と併設されています。がん研究に特化
しており,病棟と同じ棟に研究室があるため,がんの
患者さんを目にすることも多くありました。私達が研
究を行う目的は医療を通じて社会に貢献することであ
り,本学薬学部大学院でも,岡山大学病院薬剤部の見
学や病院での診察の見学など,医療現場を実際に見る
ことができる講義が開かれています。「研究に没頭す
ると,ときにその先に病気で苦しんでいる患者さんが
いることを忘れ,研究のための研究になってしまうこ
ともある」,という話をよく耳にします。その点,カル
マノスがん研究所は,自分達の研究成果を届けなけれ
ばならない人達を身近に感じられる環境でした。
研究所内部
15
OU Voice
投 稿
アメリカでの生活
た。そこではなんと,過去に3度のスペースシャトル
デトロイト市内は家賃が高いため,大学から 25 km
ミッションで参加した宇宙飛行士 Sam Gemar さんに
ほど離れた所に部屋を借りました。デトロイトはアメ
お遇いすることができました。「自分は博士課程の学
リカの他都市と比べ,公共交通機関があまり発達して
生で,宇宙飛行士になりたいので アドバイスをくださ
おらず,自家用車が必須です。私の場合は同じアパー
い。」とお願いしたところ,「大きな夢を持っているだ
トに同じ研究室のアメリカの学生が住んでいたため,
けでは不十分。教育ももちろん大事だし,大学だけに
毎日その学生の車で研究室に通っていました。住んで
とらわれず企業へのインターンシップに参加すること
いた地域,研究所には日本人は一人もおらず,英語を
も大事だ。」とのアドバイスをいただきました。自分
使わざるをえない環境だったので,英語を学ぶ上では
が目指すものと今の自分の立ち位置とを再確認するこ
非常に良い場所でした。また,日本とアメリカの学生
とができたとても貴重な体験でした。
の違いも感じることができました。もちろん人による
と思いますが,アメリカの学生は何を喋るにしても自
信を持って発言しており,教員と話している時でも対
等な立場で話していました。 「日本の学生はおとなし
すぎる」と言われますが,実際にアメリカの学生と共
に生活してみるとその違いもより感じられました。
渡米中にボストンで行われた学振主催のアメリカ在
住日本人研究者の懇談会にも参加することが出来まし
た。50 名程の参加者の大半は,学振でアメリカに派遣
されている研究者でした。各々の自己紹介の後,留学
先の決め方,留学時に欲しかった情報,各自の野望な
NASAの元宇宙飛行士Sam Gemarさんと
どについて意見交換しました。多くの人が,行ったこ
とも無い場所,会ったことも無い先生のもとに留学し,
チャレンジしていました。そのような人達に出会えた
終わりに
のはとても刺激になりました。
半年間の留学で,研究だけでなく,語学,アメリカ
また,以前から行きたいと思っていたジョンソン宇
の文化など,様々なことを学びました。言葉の壁が無
宙センターとケネディ宇宙センターにも行ってきまし
くなったわけではありませんが,実際にアメリカで生
活してみなければわからないことを経験できたので,
自信にも繋がりました。まだまだ挑戦して行きたいと
思えるような半年間でした。留学にはお金もかかりま
すし,周りの人の協力も必要です。私の場合は,両親,
恩師,学振,留学先の先生など多くの方々の支援のお
かげで貴重な経験をすることが出来ました。ボストン
での懇談会では内閣府副大臣から,「誰でも留学支援
を受けられる制度を整え,日本人の海外留学を推奨し
ていく」,とのお話がありました。
チャンスは与えられるもの,自分で掴むものなど
様々ですが,それを生かすも殺すも自分自身です。大
学生活は人生で一番チャレンジし易い時期ではないか
と思います。みなさんもぜひ貪欲に大学生活を送って
ボストンで出会った日本人研究者の方々と
(右手前が筆者)
みてはいかがでしょうか。
16
OU Voice
知ってますか?
特集1ー
L-café,5 月にオープン,10 月に来場者 1 万人達成!
L-café はもう英語だけじゃ物足りない!!
言語教育センター 准教授
宇塚 万里子
「L-café の L って何ですか?」
初は「こんにちは:Guten Tag(グーテン・ターク)
「それは,人によって違います!」
から,少しずつ少しずつ,ドイツ語が身近に感じら
L か ら 始 ま る 単 語 を 考 え て み る と,Language,
れるようになりますよ。それと同時にドイツ人留学
Learning, Large, Love, Lucky…? 答えは1つでは
生たちの日本語もめきめき上達してゆきます。それ
ありません。みなさんがそれぞれ好きな言葉を選べ
もそのはず,コーヒーや紅茶を飲みながら過ごす「カ
るように,L-café と名付けました。
フェ」は,コトバの違いを超えた「語らいの場」な
のです。▶毎週月曜日 16:00 〜 19:00 @一般
平成 25 年5月,L-café がオープンし,10 月には
教育 C 棟 4 階 教員ラウンジ
来場者が 1 万人を突破しました。以前のイングリッ
シュ・カフェから約3倍の広さにひろがり,4つの
●フランス語カフェ Café Français
エリア(カフェ,アドバイジング,多目的,教室エ
リア)を持つ多機能なソーシャル・ラーニング・ス
フランス語カフェ「カ
ペース / 言語カフェに生まれ変わりました。一日平
フェ・フランセ」はフラ
均 150 名以上の学生が,留学生と会話したり,レッ
ンス語を学びたい,話し
スンに参加したり,英語教員のオフィスアワーを利
てみたいという学生と日
用したり,E-learning をしたり,TV を見たり,く
本語の言葉と文化に興味
つろいだり,と様々な目的で利用しています。
を持つ留学生の交流の場です。フランス語で映画や
そして今回は,岡大の新名所,ここ L-café で毎
お笑いビデオをみたり,現在のフランスに関する情
週行われている知る人ぞ知る英語以外のユニークな
報交換をしたりしています。これまでの企画として
言語カフェの活動を紹介します。
は,ジブリ作品の抜粋を上映して留学生にフランス
での日本文化について話をしてもらったり,ショー
トコメディを見ながらフランス人カップルの日常に
●ドイツ語カフェ Deutsher Stammtisch
ついて話し合ったりしました。また,ノエル企画な
Stammtisch(シュタム
どもあります。
(
「ノエル」はフランス語でクリスマ
ティッシュ)とは常連客
スを指します。
)授業とは一味違った café の雰囲気
が囲むテーブルのこと。
を味わいながら,みんなで岡山大学にフランス文化
でも,ここでは誰もがみ
を再生しましょう。▶毎週木曜日 16:30 ~ んな「常連客」です。最
@ L-café
17
OU Voice
知ってますか?
特集1ー
●中国語カフェ 中文茶房
●にほんごカフェ Sakura
中国語では週二回,カ
岡山大学には 40 近い国から 500 名余の留学生が
フェを開催しています。
学びに来ています。そんな留学生と気軽に交流でき
美味しいお茶を飲みなが
る場の一つが,L-café 内にある「にほんごカフェ
ら,中国語にもっと触れ
Sakura」です。
てみませんか?
年 に 数 回 の イ ベ ン ト や,
会話練習しながら,旅行・留学情報なども入手で
普段の留学生との会話を通
きます。中国茶を飲みながら,留学生と気ままに歓
じて,相手の考え方に触れ,
談しましょう。▶毎週火曜日 16:15 ~ 19:15 相互の交流を深めてみませ
& 木曜日 16:30 〜 19:30 @ L-café
んか。留学生の視点から見
てみると,これまでとは違っ
●韓国語カフェ 이야기(イヤギ)
た「日本社会」が見えてく
「 이야기 」(イヤギ)と
るかもしれません。
は韓国語で「お話」を意
「何を話したらいいかわからない」など,心配は
味する言葉です。その名
いりません。カフェの学生スタッフがみなさんの交
前通り,韓国語カフェ「이
流のお手伝いをします。留学生との交流を楽しみま
야기 」では韓国に興味の
しょう! ▶毎週月曜日 & 木曜日 16:15 〜
ある人達が集まって,いつも和気藹々とした雰囲気
17:15 @ L-café
で楽しいおしゃべりの花が咲きます。夏の韓国語短
期研修プログラム参加者や半年から 1 年間の韓国留
学を終えて帰ってきた学生達,また韓国人留学生達
「外国語を学ぶと世界が広がる」岡大にいながら
もたくさんやって来て,韓国語と日本語について質
にして,様々な言語や文化を学んだり,留学生と交
問したり韓国語と日本の共通点や違いについて話を
流できてしまう L-café(英語&その他外国語&日
したりして楽しい交流の時間を過ごしています。韓
本語!)岡大生ならではの特典です。気軽に交流し
国語に自信が無くても大丈夫です。韓国に興味のあ
たい人から検定や留学に向けてガッツリ学びたい人
る人,韓国人と友達になりたい人はぜひ韓国語カ
まで,言語カフェはみんなの「やってみたい」を応
フェ「이야기」にお越しください! 援しています。
▶毎週水曜日 16:30 〜 19:30 @一般教育 C
棟 4 階 教員ラウンジ
言語が得意な人も,
そうでない人も,今年は,
カフェに挑戦してみよう!
18
OU Voice
知ってますか?
特集1ー
ネットで拡がる図書館の世界
附属図書館学術情報サービス課 主査
たけした
ひろゆき
竹下 啓行
1.はじめに
ます。電子ジャーナルはネット上で 24 時間 365 日
皆さんは大学図書館と聞いてどんなことを思い浮
いつでも読めるので,図書館が閉まっている夜中で
かべますか?大きな建物,古めかしい資料,カビ臭
も読めますし,雨でびしょ濡れになりながら図書館
い書庫,そんな伝統や重みを感じさせてくれるのが
まで出かける必要もありません。もちろん,雑誌の
大学図書館ではないでしょうか。ところが,そんな
記事をそのまま自分のパソコンに取り込むこともで
大学図書館も今やインターネットでどんどん利用で
きます。便利ですよね。
きちゃう時代になりました。
岡 大 で も, か の 有 名 な『Nature』 や『Science』
ここでは,岡大図書館のサービスのうちインター
をはじめ約 8,100 種類を購入しています。無料で公
ネットを利用したものを2つ紹介します。
開されているものを合わせると2万種類近くの電子
ジャーナルを読むことができますので,ノーベル賞
2.学術雑誌は Web で読む!
受賞者の論文だって気軽に読めちゃいます。まだ読
本を置いていない図書館なんて考えられませんよ
んだことのない方は,ぜひこの機会に Web で読む
ね。大きな本棚がたくさん据えられ,一人の人間が
雑誌「電子ジャーナル」をお試しください。
・・・・
一生かかっても読み切れないほどの本が置かれてい
ご利用は学内から岡大図書館ホームページ
る,これが普通ですよね。ところが,最近では本の
(http://www.lib.okayama-u.ac.jp/) に ア ク セ ス し,
ない図書館があるんだそうです。2010 年3月にオー
「電子ジャーナル・データベース」のバナーをクリッ
プンしたテキサス大学サンアントニオ校の応用工
ク!
学・テクノロジー図書館には(紙の)本が全くなく
て,たくさんの電子書籍などを電子書籍リーダで提
供しているんだそうです。ちょっとビックリですよ
ね。
過去に出版された貴重な本をたくさん持っている
岡大図書館としては,いくらなんでも紙の本なしと
いうわけにはいきません。でも,最新の学術情報に
ついては限りなく紙なしに近づいているんです。皆
さんは「電子ジャーナル」って聞いたことあります
か?要は Web で読む雑誌のことで,世界的に有名
な学術雑誌のほとんどは今世紀初頭までに電子
ジャーナル化されました。今や学術雑誌は研究者に
とって図書館でパラパラめくるものではなく,研究
超有名な学術論文がタブレットPCで!
※岡大無線LANへの接続が必要です。
室のパソコンから利用するのが当たり前になってい
19
OU Voice
知ってますか?
特集1ー
3.自宅から日本一の図書館を使おう!
するだけ。その際「受渡館」を「岡山大学附属図書
岡山県立図書館。開館以来8年連続で都道府県立
館」に指定するのをお忘れなく。しばらくするとお
図書館として来館者数・貸出冊数が日本一 , 3年連
知らせメールが届いて,県立図書館の本を岡大図書
続で購入冊数も日本一,なんと新刊図書の7割近く
館で受け取れるようになります。もちろん,その本
を購入しているそうです。こんなスゴい図書館が岡
を返却するのも岡大図書館です。もしあなたが県立
大からわずか 3 キロのところにあるんです。これを
図書館の利用者カードを持っていないなら,ぜひ作
利用しない手はないですよね。お探しの本が岡大に
ることをおすすめします。岡大図書館で読める本が
ないときはすぐに自転車に乗って出かけましょう。
格段に増えますよ。
でも,ちょっと待ってください。もしあなたが県立
詳細は県立図書館ホームページの「インターネッ
図書館の利用者カードを持っているなら,わざわざ
ト予約について」をご覧ください。
出かけていく必要はありません。
4.おわりに
やり方は簡単です。まずは自宅や岡大のパソコン
から県立図書館のホームページにアクセスして
岡大図書館ではこのほかにもインターネットを通
(http://www.libnet.pref.okayama.jp/)蔵書検索を
じて様々なサービスが利用できます。日々の学習や
してください。読みたい本を見つけたら予約申込を
読書にぜひお役立てください!
自宅や学内から県立図書館の本を予約して
岡大図書館で受け取り
※2014年3月現在の受取可能館は中央図書館(津島)のみです。
鹿田分館では2014年5月以降のサービス開始を予定しています。
※事前に県立図書館での利用登録(利用者カード作成)
が必要です。
※岡大にない本だけ申し込みましょう。
20
OU Voice
VOICE
編集後記
住み慣れた日本から世界に出てみる,世界の人たちと交流する。このよう
なグローバルな交流は,視点を変えるきっかけになります。これは決して人
に限りません。大学も,交流を世界に広げることで,いろいろな刺激を受け,
成長することができます。
岡山大学は,研究機能強化大学,臨床研究中核拠点病院にも選ばれ,国内
では指折りの大学としてその存在感を高めつつあります。教育プログラム,
研究活動を通じて,岡山,中四国,日本に留まらず,世界に存在感の認めら
れる岡山大学に発展するでしょう。
医歯薬学総合研究科准教授 加来田 博貴
編 集 担 当
教育開発センター広報専門委員会
久保田 聡,橋ヶ谷 佳正,紀和 利彦,矢野 正昭,天野 憲樹,出村 和彦,加来田 博貴,八木 隆徳
表紙図案構成監修
橋ヶ谷 佳正
学務部学務企画課
バックナンバー
No. 1 特集:「新カリキュラム・教務システムについて」
No. 2 特集:「上限制」
No. 3 特集:「授業評価アンケート」
No. 4 特集:「外国語教育の在り方」
No. 5 特集:「望ましい授業とは」
No. 6 特集:「成績評価の在り方」
No. 7 特集:「教養教育に求めること」
No. 8 特色GP紹介,学生・教職員教育改善委員会活動報告 他
No. 9 新しくなる教養英語教育,現代GP紹介 他
No.10 20 年度入学生から始まる GPA 制度,特集:「大学ではこう学ぶ」 他
No.11 学生支援の立場から見た教養教育,特集:「使ってみよう岡大 e︲ラーニング」 他
No.12 アドミッションセンターの活動,特集「大学ではこう学ぶ」 他
No.13 社会にはばたく岡大生のためのキャリア開発センターを目指して,特集「学士課程教育構築」 他
No.14 世界を舞台に活躍していく岡大生のために-国際センターの役割―,特集:岡山大学の
外国語カフェ 他
No.15 岡山のまちと共に「学都」をめざす-地域総合研究センターとは?-,特集「学士課程
教育の構築」他
上記は,OU-Voice ホームページよりご覧いただけます。
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/ou.html
21
OU Voice
岡山大学 OU-Voice 第16号
編集・発行
岡山大学教育開発センター 広報専門委員会
所在地・連絡先
岡山市北区津島中2-1-1 〒7 0 0-8 5 3 0
電話:086-252-1111(代表) Fax:0 8 6 -2 5 1-8 4 4 0
E-mail:[email protected] . o k a y a m a - u . a c . j p