4・5面PDF版

て 家
、 の
調 蔵
べ か
た ら
ら ラ
明 ベ
治
ル
1
9や
年 コ
か ル
ら ク
そ が
の 出
場 て
所 き
n た 進
T 産 め
( 業 て
多 分 い
摩 野 き
平 で た
の は い
森 、 と
産 昨 考
業 年 え
連1
0て
携 月 い
セ に ま
ン P す
タ l 。
ー a ま
)
く
な
る
ま
ち
づ
く
り
」
は
、
さ
ら
に
1
歩
ヘ す よ
ル 。 う
ス 平 に
ケ 成
具
6体
ア2
ウ 年 化
ェ 度 す
ル か る
ネ ら か
ス 取 が
事 り 課
業 組 題
「 ん に
歩 で な
き い り
た る ま
創
生
の
基
本
構
想
を
作
り
ま
す
が
、
ど
の
ち
出
し
、
そ
れ
を
な
ぞ
っ
た
形
で
、
地
方
大 て
坪
い
ま
私 す
は 。
、
就
任
後
三
つ
の
戦
略
を
打
を
具
体
的
な
形
に
し
て
い
き
た
い
と
考
え
に
発
売
さ
れ
ま
し
た
。
最
近
、
市
内
の
旧
Oこ に
Yろ つ
Oで い
Dす て
A
。 は
日 日
B野 野
E市 市
Eで も
Rも 努
) 地 力
が ビ し
昨 ー て
年 ル い
7 ( る
月 Tと
大 い
坪
ま
す
よ 。
そ
に
な
い
も
の
を
と
い
う
こ
と
は
、
確
実
に
成
功
し
て
い
る
の
か
な
と
思
も
の
が
紫
波
町
に
は
あ
る
。
そ
の
こ
と
わ
れ
て
お
り
、
全
国
か
ら
多
く
の
人
が
合
の
オ
リ
ン
ピ
ッ
ク
と
同
じ
仕
様
の
床
が
使
レ
ー
ボ
ー
ル
専
用
体
育
館
も
フ
ラ
ン
ス
製
た
ち
が
集
ま
っ
て
勉
強
し
ま
し
た
。
こ
れ
店 て シ
舗 い ョ
の ま ン
再 す ま
利 。 ち
用 平 づ
に 成
く
7り
つ2
い 年 (
て 9 ※
全 月 2
国 に )
の は を
若 、 手
い 空 掛
人 き け
ま
ま す
た 。
、
昔
か
ら
の
商
店
街
で
リ
ノ
ベ
ー
皆
さ
ん
に
も
来
て
い
た
だ
き
た
い
と
思
い
ド し ウ
ウ た 畑
も 。 の
食 開 中
べ 催 を
ご は
走
0る
ろ1
で 月 コ
す で ー
。 す ス
ぜ 。 が
ひ ち 設
日 ょ 定
野 う さ
市 ど れ
の ブ ま
す
。
紫
波
町
は
ブ
ド
ウ
の
産
地
で
、
ブ
ド
波 熊
町 谷
は
自 平
転 成
2
8
車
競 年
技 、
国
の 民
会 体
場 育
に 大
な 会
り で
ま 紫
宿
に
訪
れ
ま
す
。
あ
る
意
味
よ
そ
に
な
い
用語説明
※1オガールプロジェクト
民間が主体となった公民連携手
法で地域活性化を進め、手付かず
だった紫波中央駅前10.
7haの土地
に県のフットボールセンターを誘
致し、カフェ・産地直売施設・子
育て応援センター・図書館(写真
右下)が同居した官民複合施設
「オ
ガールプラザ」
、バレーボール専
用体育館やホテルなどの民間複合
施設(写真下)を相次いでオープ
ンさせ、さらには先進的なエコ住
宅(オガールタウン)の分譲なども
5
●
市役所 代表緯 585−1111
死s
[email protected]
t
y.
hi
no.
l
g.
j
p
行う再生プロジェクト。
※2リノベーションまちづくり
建物を再生するだけでなく同時
に地域の課題を解決するまちづく
り手法のこと。
※3インキュベーション
設立して間がない新企業に地方
自治体などが経営技術・金銭・人
材などを提供し、育成すること。
で
す
。
ま
た
民
間
に
よ
っ
て
造
ら
れ
た
バ
言
う
人
も
い
る
ほ
ど
若
い
方
に
大
変
人
気
習
す
る
と
、
他
の
場
所
で
は
で
き
な
い
と
ー
ル
セ
ン
タ
ー
が
あ
り
ま
す
。
そ
こ
で
練
今
年
は
ど
ん
な
年
に
…
ス
の
人
工
芝
を
使
用
し
た
県
の
フ
ッ
ト
ボ
熊
谷
う よ
も
の
が
で
き
た
か
な
と
思
い
ま
す
。
た
。
こ
の
こ
と
に
つ
い
て
は
、
他
に
な
い
ー
ル
を
復
刻
す
る
こ
と
に
つ
な
が
り
ま
し
り
ま
し
た
。
こ
れ
が
多
摩
地
域
最
古
の
ビ
で
ビ
ー
ル
を
製
造
し
て
い
た
こ
と
が
分
か
紫
波
町
に
は
、
日
本
ト
ッ
プ
ク
ラ
ち
に
は
あ
る
野
で
ビ
ジ
ネ
ス
を
展
開
し
た
い
、
行
政
は
課
題
を
抱
え
て
い
ま
す
。
企
業
は
こ
の
分
が
、
市
は
高
齢
化
に
伴
う
医
療
・
介
護
の
協
定
を
結
ん
で
い
る
と
申
し
上
げ
ま
し
た
た
企 例
業 も
と あ
の り
関 ま
係 す
で 。
は
、
先
ほ
ど
、
連
携
す
。
す
で
に
こ
の
よ
う
な
形
で
建
て
替
え
論
し
な
が
ら
進
め
て
い
く
動
き
が
あ
り
ま
う
な
建
物
・
仕
様
に
す
る
か
を
一
緒
に
議
テ
ィ
ー
を
活
性
化
さ
せ
る
た
め
に
ど
の
よ
を
立
ち
上
げ
、
地
域
の
活
動
、
コ
ミ
ュ
ニ
て
る
際
、
地
域
の
方
々
と
行
政
が
協
議
会
大
坪
ら
芽
が
出
て
く
れ
れ
ば
い
い
な
と
思
【写真上】
「たきび」
の歌碑がある旭が丘中央公園での
「たきび祭」
の様子
(昨年1
2月) っ
【写真左下】
Pl
anT(多摩平の森産業連携センター)
【写真右下】
TOYODA BEER て
野
で
種
は
ま
い
て
い
ま
す
が
、
こ
れ
ら
か
を
行
っ
て
い
ま
す
。
今
、
い
ろ
い
ろ
な
分
課
が
つ
な
が
り
を
持
っ
て
市
民
活
動
支
援
会
の
活
性
化
を
促
進
す
る
た
め
地
域
協
働
連
絡
会
を
作
っ
て
い
ま
す
。
市
で
も
自
治
団
体
が
た
く
さ
ん
存
在
し
、
そ
の
方
々
が
い
こ く
の 。
そ
ほ う
か い
、 う
市 流
内 れ
に は
は 進
N ん
P で
O い
、 ま
市 す
民 。
を
探
り
な
が
ら
ビ
ジ
ネ
ス
を
立
ち
上
げ
て
が
交
流
会
を
立
ち
上
げ
、
企
業
は
ニ
ー
ズ
と
考
え
て
い
ま
す
。
そ
の
た
め
市
と
企
業
企
業
の
力
を
借
り
て
課
題
を
解
決
し
た
い
し
方 で
丿 き 町 て
で て 役 い
、 い 場 ま
役 ま 庁 す
場 す 舎 。
庁 。 は
舎 3 、
と 階 紫
し 建 波
て て 町
は 約 産
日 6 の
本 千
木
最 600 材
大 平 で
り
、
私
も
引
き
続
き
こ
の
こ
と
を
基
本
に
し
て
循
環
型
の
ま
ち
づ
く
り
を
進
め
て
お
っ
て
い
き
た
い
と
思
い
ま
す
。
い
ま
す
。
ぜ
ひ
、
先
進
の
紫
波
町
を
見
習
そ
に
は
な
い
も
の
が
熊 く
谷
年
に
今 な
後 る
が と
大 思
変 い
楽 ま
し す
み 。
で
す
ね
。
す
。
今
年
は
、
そ
れ
ら
に
取
り
組
ん
で
い
性
化
を
図
っ
て
い
き
た
い
と
考
え
て
い
ま
を
深
め
、
重
層
化
し
、
日
野
市
の
産
業
活
企
業
、
大
学
や
金
融
な
ど
の
連
携
・
交
流
を
強
め
、
さ
ら
に
市
内
大
手
企
業
や
中
小
け
に
起
業
家
同
士
の
交
流
、
創
業
の
動
き
施
設
を
開
設
し
ま
し
た
。
そ
れ
を
き
っ
か
と
い
う
イ
ン
キ
ュ
ベ
ー
シ
ョ
ン
(
※
3
)
し
て
い
ま
す
。
中
心
で
や
っ
て
い
ま
す
が
、
行
政
も
応
援
ろ
う
と
い
う
取
り
組
み
。
こ
れ
は
市
民
が
は
、
生
ご
み
を
肥
料
に
し
て
農
作
物
を
作
組
ん
で
み
よ
う
と
考
え
て
い
ま
す
。
あ
と
あ
り
ま
す
。
小
水
力
発
電
な
ど
に
も
取
り
水
を
ど
う
守
っ
て
い
く
か
と
い
う
課
題
が
京
都
で
も
比
較
的
緑
が
多
い
。
そ
の
緑
と
す
。
多
摩
丘
陵
や
里
山
、
湧
水
、
ま
た
東
し
た
。
用
水
に
も
さ
ま
ざ
ま
な
魚
が
い
ま
上
す
る
ほ
ど
川
の
水
も
き
れ
い
に
な
り
ま
徴
が
あ
り
ま
す
。
多
摩
川
に
は
ア
ユ
が
遡
き
な
河
川
も
あ
り
、
水
の
ま
ち
と
い
う
特
用 た 蔵
水 。 」
が そ と
あ の 言
り 名 わ
、 残 れ
浅 り る
川 で
ほ
、 116 ど
多 丼 米
摩 に 作
川 も が
と 及 盛
い ぶ ん
う 農 で
大 業 し
大 町
坪
の
資
日 源
野 を
市 循
は 環
、 さ
か せ
つ て
て い
「 ま
多 す
摩 。
の
米
熊 は
谷
あ
り
あ が
り と
が う
と ご
う ざ
ご い
ざ ま
い し
ま た
し 。
た
。
取
り
組
み
た
い
と
考
え
て
い
ま
す
。
本
日
め
る
た
め
意
欲
的
に
さ
ま
ざ
ま
な
こ
と
に
ま
ち
を
目
指
し
て
、
日
野
市
の
魅
力
を
高
む
人
が
誇
れ
る
、
訪
れ
た
人
が
楽
し
め
る
す
る
機
会
と
な
り
ま
し
た
。
今
後
も
、
住
め
て
確
認
し
、
日
野
市
の
特
色
を
再
認
識
の
重
み
や
、
交
流
で
培
っ
て
き
た
絆
を
改
大
坪
思
い
ま
す
。
り
ま
す
。
ぜ
ひ
お
い
で
い
た
だ
き
た
い
と
野
市
に
も
た
く
さ
ん
の
歴
史
・
文
化
が
あ
都
市
な
ど
が
あ
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
日
そ
の
延
長
線
上
に
は
、
友
好
都
市
・
姉
妹
流
を
し
て
い
き
た
い
と
考
え
て
い
ま
す
。
で
す
。
今
後
は
歴
史
と
文
化
レ
ベ
ル
の
交
流
は
、
巽
聖
歌
で
縁
の
あ
る
紫
波
町
だ
け
い
ま
す
が
、
歴
史
・
文
化
を
軸
に
し
た
交
と
防
災
協
定
・
相
互
援
助
協
定
を
結
ん
で
思
い
ま
す
。
今
、
日
野
市
は
複
数
の
ま
ち
は
、
そ
こ
を
学
ば
せ
て
い
た
だ
き
た
い
と
も
の
は
た
く
さ
ん
あ
る
と
思
い
ま
す
。
私
大 と
坪
思
っ
日 て
野 い
市 ま
に す
な 。
く
て
紫
波
町
に
あ
る
度
、
訪
問
し
た
い
と
考
え
て
い
ま
す
。
ぜ
今
回
の
紫
波
町
の
訪
問
で
、
歴
史
ひ
、
紫
波
町
に
な
い
と
こ
ろ
を
学
び
た
い
こ
と
が
あ
り
ま
せ
ん
の
で
、
ま
ず
は
1
っ
て
行
っ
て
い
ま
す
。
こ
の
よ
う
な
形
で
も
木
質
チ
ッ
プ
を
利
用
し
た
熱
供
給
に
よ
級
の
木
造
建
築
物
で
す
。
庁
舎
の
冷
暖
房
熊
谷
紫
波
町
は
前
町
長
時
代
か
ら
一
貫
ま
ち
の
資
源
を
大
切
に
守
る
ま
た
新
し
い
地
区
セ
ン
タ
ー
を
建
熊
谷
歴 日
私
は
、
ま
だ
日
野
市
を
訪
問
し
た
史
と
文
化
レ
ベ
ル
の
交
流
を
野
市
・
紫
波
町
広報 第1366号 28.1.1
4
●