こ の 先 幅 員 狭 し - 津市

25
0×
0
30
W53.34
T
0×
25
0
30
桝
B
O
量
置
50
>
桝
Co
量
<H
フラ
ン
70 ス ヘ ゙
ッ
ホ
70 ト 分
1
5
54.54
Pφ
4-4-63
80
<V
Pφ
50
>
量
G
0>
<V
54.34
第二南幹9
70マ791
Pφ
As
15
0>
フラ
25
0×
W54.32
30
0
Co
量
物置
Co
4
8
6
0
量
53.41
4-4-67
4-46
量
量
ンス
W
5
ヘ
3
.
7゙ッ ト
0 分 27
ホ
70 6
2 WK3
4
BO
X3
00
W54.47
<V
Pφ
量
40
4-42
54.85
As
4-4-66
As
量
54
.
W54.47
物
Co
量
桝
Co
ベンチBOX
300×220
フラ
ン
7 スヘ
0マ ゙
8 ット分
95
4
桝
Co
Co
量
0
0
M1
024
-2
T
X3
5
4
.
Co
54.36
25
引
量
<V
Pφ
75
>
フラ
ンス
70 ベッ
マ7
ト
94 分3
右
1
0×
30
0
量
引
HP6
-4
5
F2
凡 例
量
G
今 回 工 事 路 線
As
将 来 流 入 管
M8-1-470マ692
第二南幹10
既 設 流 入 管
W53.
Co
M8-1-3
03
引
5
53.63
3
フラ
ン
70 スベ
ホ7 ット
04 分
6の
1
組立1号マンホール
.
1
3
As
53.45
組立2号マンホール
組立A1号マンホール
4-4-64
塩ビ製小口径マンホール
52.56
53.73
54.07
54.00
副管付きマンホール
2
.
6
0
53.38
W
5
公 共 汚 水 桝
53.
70
M8-1-2
70
ホ
7
ラ
ン ス 03
ベ
ット
WK4
分
HP7
53.42
W53.37
KBM9-3
H=52.964
7
3-21
W
5
2
.
V(2)>
HPφ150
<SA( 2)
W52.37
フ
5
7
W
5
W54.29
2
.
53.71
1
0
.
5
4
53.34
5
3
4-41
HP8
WK5
W52 .44
53.30
70マ691
第二南幹11
こ
の
先
幅
員
狭
し
M8-1-1
52.72
300×
W54.22
F
53.80
700
HPφ300
14.60
W51
R
0
A
2
2
.
7
.1
2
U
-3
0
0
G
51
.
2
R
プレ
50.78
ハブ
50 0
×5
00
As
4-4-36
W52.45
W51
M82-1
52
10
.0
0
52.66
3
0
R
M8-79-4
W54.04
2
3
5
79-
W
M8-79-1
HPφ150
-
52.98
W
M8-
35
.7
0
54.80
70ホ
71
ンス 1
ベッ
ト分
8
P
U
43.47
W
5
2
.
2
6
150>
<DIPφ
53.29
フラ
53.27
52.77
W51.61
.98
4-69
4-69
.82
W51
.26
HPφ
300
P
3-20
R
W51
.21
30.00
プレハ
ブ500×
KBM.10
H=53.217
70マ692
54.28
W5 1.35
8-79 圧送管
VPφ75
-1
14.60
51.78
M8-
792
PL
B50
0
PRPφ15
0
8-79 3
.0‰
75.70
500
51.82
<D IPφ
350( 送
)>
※この図面はA1サイズを原寸とする。 工 事 名
施工箇所名
図
縮
面
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
津市芸濃町椋本地内
名
尺
事 業 所 名
平 面 図
1/500
図面番号
1
津市下水道部下水道建設課
12
縦 断 面 図
2
.78
1
=
h
ル
ホー
ン
マ
既設 A1号
P)
組立
M
1(
-1
79 2
8
M 4
M8
T-1
ル
ホー
ン
マ
1号
立
組
4
.32
h=3
-2
- 79
8
M
4
T-1
ール
ホ
ン
型マ
小
付
リブ
製
塩ビ
4
.71
h=1
7
.67
1
=
h
ール
ホ
ン
型マ
ール
小
ホ
付
マン
リブ
号
製
1
塩ビ
組立
4
3
-79
-79
M8 4
M8 4
T-1
T-1
7
.54
h=1
0
1.9
26
dp=
=1.
p
d
)
2
)V(
送)
A(2
50( =1.22
S
3
)
φ
23
(T
DIP 50 dp
=1.
)
p
W
1
(
d
61
φ
=1.
DIP
00
3
p
)
(W
HPφ 0 d
30
(R)
Pφ
H
(R)
60.0
管
付
取 .547
h=1
55.0
50.0
8
VU◎ 200
-1 3.0 ‰
+51.448
8
VU◎ 200
-2 3.0 ‰
+51.428
V=1:100
45.0
市単独工事
H=1:500
今回施工区間
DL=40.00m
管
番
号
管 種 管 径
底
高
51.186
51.293
51.313
51.343
掘
削
深
1.82
1.78
1.76
1.65
追 加 距 離
44.60
80.30
90.30
52.89
管
52.410
51.096
1.39
深
8-79 8-79
-1
1.547
底
0.92
2.23
52.97
管
14.60
1.52
1.50
り
1.677
1.657
被
52.343
52.90
土
1.714
高
0.810
2.124
盤
0.867
地
0.97
1.56
3.0‰
53.22
圧送管
0.73
1.97
PRPΦ150
53.21
VPΦ75
0.79
配
8-79
0.00
勾
8-79
-1
※この図面はA1サイズを原寸とする。
工
事
名
30.00
35.70
10.00
M8-79-2
M8-79-3
M8-79-4
点
14.60
離
M8-79-1
(MP)
測
距
既設
M8-2-1
単
0.00
施 工箇 所名
図
縮
面
名
尺
事 業 所 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
津市芸濃町椋本地内
縦断面図(1)
V=1:100
図面番号
H=1:500
2
12
津市下水道部下水道建設課
M8-79-1 +15.0
1.77
GH=53.06
FH=51.141
As
PRPφ150
900
DL=65.000
M8-79-2 +15.0
GH=52.93
FH=51.231
1.55
As
PRPφ150
900
DL=45.000
路 線 番 号
8-79
※この図面はA1サイズを原寸とする。 工 事 名
施工箇所名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
津市芸濃町椋本地内
横 断 面 図
図 面 名
縮
尺
事 業 所 名
1/100
図面番号
3
12
津市下水道部下水道建設課
本 管 布 設 詳 細 図
S=1/20
路 線 延 長
管 体 延 長
リブ用ゴム可とうマンホール継手
リブ用ゴム可とうマンホール継手
リブ用ゴム可とうマンホール継手
調整管(PRP)
調整管(PRP)
片受リブ直管(PRP) 有効長(4M)
リブ用ゴム可とうマンホール継手
片受リブ直管(PRP) 有効長(4M)
片受リブ直管(PRP) 有効長(4M)
ゴム輪
注)調整管が1.0m未満の場合は、1.0mで切断をし片受直管で長さを調整する。
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
工 事 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
施工箇所名
津市芸濃町椋本地内
図 面 名
本管布設詳細図
縮
尺
事 業 所 名
1:20
図面番号
4
12
津市下水道部下水道建設課
埋 戻
(RC-40)
埋 設 表 示 シ ート
W=150 2倍
土留工有
掘削幅 800
土留工無
掘削幅 700
表 層 工( 再 生 密 粒 度 A s T O P 1 3 )
プライムコート (PK-3)
埋
表 層 工( 再 生 密 粒 度 A s T O P 1 3 )
工( 再 生 砕 石 R C - 4 0 )
戻
フ ゚ ラ イ ム コ ー ト( P K - 3 )
埋
戻
工( 再 生 砕 石 R C - 4 0 )
(VPφ75)
本復旧工(県道道部)
本復旧工(市道部)
市 道部
県 道 車 道(N4(旧A交通))
PRP φ150(φ200)
土留工有
掘 削幅 9 0 0
300
土留工無
掘 削幅 8 0 0
表 層 工( 再 生 密 粒 度 A s T O P 1 3 )
プライムコート (PK-3)
取 付 管 土 工 定 規 図
戻
300
表 層 工( 再 生 密 粒 度 A s T O P 1 3 )
フ ゚ ラ イ ム コ ー ト( P K - 3 )
不 陸 整 正 工( 再 生 砕 石 R C - 4 0 )
埋
180
砕石基礎
掘 削
県 道 車 道(N4(旧A交通))
50
(206)
100 156 100
300
埋 戻
(RC-40)
土留工無
掘削幅 700
砂基礎
356
(406)
掘 削 深 H
掘 削
埋 設 表示 シ ー ト
W = 1 5 0 2 倍
既設舗装厚
舗装復旧工
舗装取壊し
市道
130 50
土留工無
舗 装 撤 去幅 8 0 0
舗装復旧
仮 復 旧 工
50
舗装 復 旧
仮 復 旧 工
30
土留工有
掘削幅 800
埋 戻 工 h
既 設 舗 装厚
舗 装 取壊 し
埋戻し
掘 削 深 H
掘 削
埋 戻 工 h 舗装 復 旧 工
埋戻し
土留工有
舗 装 撤 去 幅1 0 0 0
S=1/10
参 考
300
掘 削
参 考
舗 装 復 旧 工
S=1/15
289
(リブ本管)
圧 送 管 土 工 定 規 図
S=1/15
1 0 0 89 1 0 0
土 工 定 規 図
工( 再 生 砕 石 R C - 4 0 )
上層路盤工
埋
戻
粒調砕石M-30(リサイクル)
工( 再 生 砕 石 R C - 4 0 )
S=1/15
参 考
本 復 旧 工
県道(歩道)
埋戻 し
30
掘 削
舗装 復 旧
舗 装復 旧 工
表 層 工( 再 生 密 粒 度 A s T O P 1 3 )
掘 削 深 H
プライムコート (PK-3)
(VUφ100)
700
埋
戻
工( 再 生 砕 石 R C - 4 0 )
314
砂基礎
埋 戻 工h
埋 戻
(RC-40)
1 0 01 1 41 0 0
掘 削
300
埋 設 表 示シ ー ト
W = 1 5 0 2倍
既 設舗 装 厚
舗装 取 壊 し
※この図面はA1サイズを原寸とする。 工 事 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
施工箇所名
津市芸濃町椋本地内
舗
図 面 名
縮
尺
事 業 所 名
装
復
旧
工
土 工 定 規 図 ( リ ブ 管 )
取 付 管 土 工 定 規 図
図
示
図面番号
5
12
津市下水道部下水道建設課
土 留 工 標 準 図 (参考)
(軽量金属支保材使用の場合)
断 面 図
S=1/20
軽量鋼矢板 標準図
S=1/5
切梁長さ L
製品幅 355
500
4
有効幅 333
深
アルミ腹起し材
掘
削
切梁用サポート
支保工段数表
1 000
掘 削 深 矢板長 支保工段数
( m ) ( m ) ( 段 )
200
軽量鋼矢板
掘削幅
1.5<H≦1.8
2.0
1
1.8<H≦2.0
2.5
1
2.0<H≦2.3
2.5
2
2.3<H≦2.8
3.0
2
2.8<H≦3.3
3.5
2
3.3<H≦3.5
4.0
2
3.5<H≦3.8
4.0
3
※ マンホール部掘削時においては、掘削深に応じた軽量鋼矢板を使用すること。
平 面 図
S=1/20
4 000
4 000
750
4 000
750
750
750
掘削幅
アルミ腹起し材
軽量鋼矢板
2 500
1 500
切梁用サポート
2 500
1 500
2 500
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
工 事 名
施工箇所名
図 面 名
縮
尺
事 業 所 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
津市芸濃町椋本地内
土留工標準図
(軽量金属支保材使用の場合)
図 示
図面番号
6
12
津市下水道部下水道建設課
組立1号マンホール構造図
平 面 図
S=1/20
(M8-79-1)
電線管削孔部
S=NON
B
付近平面図
φ100穴
FEP30
削孔径
φ100
300×
700
片フランジ短管 80A
L=400(SUS304)
8-79
-1
VPφ75
P R P φ1
8- 7
φ75 可とう継手
(L=350) ベルマウスφ30×3個
φ1050
φ900
W51
.98
既設M8-2-1
50
FEP30
W51
.82
R
W51
.26
P
HPφ
3
00
70マ692
75
B
1 050
0m
=1 2.
管 L
電線
3本
0×
P3
FE
21
W51.
5
W51.3
親子蓋 T-14(φ900-φ600)
断
55
φ600
150
30
電線管 FEP30×3本
斜壁ブロック(耐食対策型)
+52.410
VPφ75
電線管 削孔φ100 +52.396
直壁ブロック (耐食対策型)
3324
2124
3454
直壁ブロック (耐食対策型)
電線管 削孔φ100 +52.396
Co復旧部
PRPφ150
埋設表示シート
W =15 0 2倍
1800
コンクリート
掘 削 RC-40
砂基礎
電線管 FEP30×3本
1200
1200
1800
+51.096
4 40
3 40
8-79 PRPφ150
+51.096
1500
100
2 40
100
400
900
150
3324
2124
900
8-79
-1
8-79
躯体ブロック(底版付)(耐食対策型)
躯体ブロック(底版付)(耐食対策型)
+49.896
基 礎 材
1050
700
+49.896
200 130
200 130
3454
調整リング (耐食対策型)
埋設表示シート
W =15 0 2倍
700
+52.410
350
埋 戻
RC-40
砂基礎
54
150 120
810
300
54
150 120
300
810
斜壁ブロック(耐食対策型)
300
150
掘削
GL+53.22
調整リング (耐食対策型)
VPφ75
親子蓋 T-14(φ900-φ600)(耐食対策型)
無収縮モルタル
92 4
7 74
150
親子蓋 T-14(φ900-φ600)(耐食対策型)
無収縮モルタル
6 54
φ900
GL+53.22
8-79
-1
50
B-B断面図
φ900-φ600
S=1:100
仮復旧
1010
900
図
As復旧部
A-A断面図
55
面
240
900
FEP30 ×2
9
電線管 FEP30×3本
75
14.60
HPφ300
押輪付ジョイント
(L=150)
A
FEP30
1
9
7
8
M
W52.45
φ600
A
コンクリート巻立
FEP30
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
基 礎 材
1050
工 事 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
工 事 場 所
津市芸濃町椋本地内
図 面 名
組立1号マンホール構造図
(M-8-79-1)
縮
尺
事 業 所 名
図 示
図面番号 7
12
津市下水道部下水道建設課
組 立 1 号 マ ン ホ ー ル 構 造 図
緊結部詳細図
平 面 図
S=1/20
S=1/2
受枠(フレーム)
B
110
ナット
調整リング
躯体ブロック
ナット緩み止め
75
(底版付)
調整駒(上部)
75
φ
90
1 050
H
A
0
A
調整駒保護材
600
75
110
100
110
調整駒(下部)
900
75
820
ボルト保護材
H
無収縮モルタル
B
斜 壁
A
A
断面
B
B
断面
820
820
110
600
110
820
ふた及び受わく
110
110
600
600
110
110
ふたボルト
60
150
調整リング
H
110
モルタル
斜 壁
300
300
75
900
300
1 050
300
直 壁
マンホール深
100
直 壁
躯体ブロック(底版付)
1 050
900
75
75
900
900
寸 法 表
75
100
75
75
H(mm)
種 類
調整リング
50
100
150
斜 壁
300
450
600
直 壁
300
600
900
1 200
1 500
躯体ブロック
600
900
1 200
1 500
1 800
基 礎 材
1 050
100
300
インバート
150 300
H
モルタル上塗工(20mm)
200 130170
75
75
1 800
※ 鉄蓋の仕様については、津市認定マンホール蓋(市章入り)とする。
基 礎 材
1 050
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
工 事 名
施工箇所名
図 面 名
縮
尺
事 業 所 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
津市芸濃町椋本地内
組立1号マンホール構造図
1:20
図面番号
8
12
津市下水道部下水道建設課
塩ビ製リブ付小型マンホール構造図1/2
S=1:10
B 型
A 型
L2
L1
C 型
L1
L1
L2
保護鉄蓋 φ300
沈下防止板を含む
150
L=(H-(h1+150))
立管 φ300
土被り
150
L=(H-(h1+150))
土被り
深さ:H
L=(H-(h1+150))
150
沈下防止板を含む
立管 φ300
塩ビ製小口径マンホール
土被り
沈下防止板を含む
立管 φ300
密 閉 式 内 蓋 φ 3 0 0 保護鉄蓋 φ300
深さ:H
密 閉 式 内 蓋 φ 3 0 0 保護鉄蓋 φ300
深さ:H
密 閉 式 内 蓋 φ 3 0 0 L右(左)-PRPφ300
ゴム輪受口
リブ管用塩ビ製小口径マンホール
リブ本管自在継手(15゜)
ST-PRPφ300
ゴム輪受口
KT-PRPφ300
ゴム輪受口
ゴム輪差し口片受けリブ直管
SRA-PRP 200(150)
L1
ゴム輪差し口片受けリブ直管
ゴム輪差し口片受けリブ直管
SRA-PRP 200(150)
SRA-PRP 200(150)
L2
L1
h1
h1
PMF-PRP 200(150)
h1
リブ管用塩ビ製小口径マンホール
ゴム輪差し口片受けリブ直管
ゴム輪差し口片受けリブ直管
SRA-PRP 200(150)
SRA-PRP 200(150)
L2
L1
※塩ビマンホールは必要に応じた角度のインバートを使用すること。
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
工 事 名
施工箇所名
図 面 名
縮
尺
事 業 所 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
津市芸濃町椋本地内
塩ビ製リブ付小型マンホール構造図1/2
1:10
図面番号
9
12
津市下水道部下水道建設課
塩ビ製リブ付小型マンホール構造図2/2
S=1:10
D 型
E 型
保護鉄蓋 φ3 00
沈下防止板
T -2 5 ( T- 14 )
津市認定マンホール蓋(市章入り)
630
580
津
市
汚
水
φ436
100
210
100
110
39. 5
φ420
密閉式内蓋 φ300
密閉式内蓋 φ300
保護鉄蓋
φ300
沈下防止板を含む
保護鉄蓋
φ300
沈下防止板を含む
φ420
沈下防止板
150
150
630
密閉式内蓋
φ30 0用
リブ管用塩ビ製小口径マンホール
リブ管用塩ビ製小口径マンホール
Y右(左)-PRPφ300
ゴム輪受口
h1
L = H - 150
リブ合流サドル
深さ:H
土被り
KDR-PRPφ300
深さ:H
L=(H-(h1+150))
立 管 φ300 φ320
SRA-PRP 200(150)
ゴム輪差し口片受けリブ直管
SRA-PRP 200(150)
ゴム輪
295
ゴム輪差し口片受けリブ直管
SRA-PRP 200(150)
落差:h
ゴム輪差し口片受けリブ直管
80
116
φ296
L2
L1
ゴム輪差し口片受けリブ直管
SRA-PRP 200(150)
L1
※塩ビマンホールは必要に応じた角度のインバートを使用すること。
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
工 事 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
施工箇所名
津市芸濃町椋本地内
図 面 名
塩ビ製リブ付小型マンホール構造図2/2
縮
尺
事 業 所 名
1:10
図面番号
10
12
津市下水道部下水道建設課
取 付 管 布 設 標 準 図
S=1/20
(リブ本管)
汚水桝 構造図
Aタイプ
S=1/5
官民境界
平 面 図
(参考)
埋設表示シート
407
W=150 2倍
135
125
351
10 ‰ 以上
125
VUφ100
片受自在短管(L=800)
おすい
176
300
(TR-PRP)
125
リブ90゜枝付き管
176
800以上
97
市章入り
VUφ100
ゴム輪受口片受短管(L=800)
人力掘削(L2)
機械掘削延長(L1)
100
取付管布設延長(L3)
断 面 図
Bタイプ
φ216
官民境界
20
埋設表示シート
800以上
掘削深(H2)
300
10‰以上
リブ90゜枝付き管
VUφ100
ゴム輪受口片受短管(L=800)
800以上
VUφ100
片受自在短管(L=800)
取付管延長(L4)
平均土被り(H1)
W=150 2倍
VUφ100 60゜自在曲管
VUφ100
ゴム輪受口片受短管(L=800)
(TR-PRP)
機械掘削延長(L1)
取付管布設延長(L3)
人力掘削(L2)
100
※この図面はA1サイズを原寸とする。 参考
工 事 名
平成26年度下建公第2号
椋本処理区公共下水道工事
施工箇所名
津市芸濃町椋本地内
図 面 名
取付管布設標準図(リブ本管)
縮
尺
事 業 所 名
図
示
図面番号
11
12
津市下水道部下水道建設課
圧送管配管図
S=NON
区間延長 L=14600
375
VP配管 L=13025 ([email protected]+切管3025)
750
450
M8-79-1
既設M8-2-1
1010
55
900
820
110
600
55
φ900-φ600
110
110
GL+53.21
268
VPφ75
+52.343
242
VPφ75 90°ベンド
GL+53.22
片フランジ短管 80A
L=400(SUS304)
φ75 可とう管
(L=350)
押輪付ジョイント
(L=150)
300
電線管 削孔φ100 +52.396
VPφ75
8-79
-1
150
350
150
+52.410
400
直壁ブロック (耐食対策型)
344
固定金具
8-79
+51.414
PRPφ150
+51.096
75
600
75
※この図面はA1サイズを原寸とする。 750
平成26年度下建公第2号
工 事 名
+49.896
工
事 場
所
椋本処理区公共下水道工事 津市芸濃町椋本地内
図 面 名
縮
事 業
尺
所 名
圧 送 管 配 管 図
NON
図面番号
12
津市下水道部下水道建設課
12