設計図面その1

意 匠
電気設備
図面番号
備考
図 面 リ ス ト
縮 尺
機械設備
図面番号
図 面 リ ス ト
図面番号
縮 尺
縮 尺
図 面 リ ス ト
A-01
特記仕様書-1
N.S
E-01
電気設備特記仕様書(1)
N.S
M-01
機械設備工事 特記仕様書(1)
N.S
A-02
特記仕様書-2
N.S
E-02
電気設備特記仕様書(2) 低圧分電盤結線図
N.S
M-02
機械設備工事 特記仕様書(2)
N.S
A-03
特記仕様書-3
N.S
E-03
高圧単線結線図
N.S
M-03
機械設備工事 機器表
N.S
A-04
特記仕様書-4
N.S
E-04
幹線設備(配置図)
1:200
M-04
機械設備工事 1階平面図(改修後)
1:100
A-05
附近見取・配置図
1:400
E-05
1階 幹線動力 電灯設備図
1:100
M-05
機械設備工事 2階平面図(改修後)
1:100
A-06
防音・空調区画図
1:200
E-06
2階(改修前・改修後)動力設備図
1:100
M-06
機械設備工事 詳細図(改修後)
1:50
A-07
現況 1階平面図
1:100
M-07
換気設備工事 自動制御設備平面図
1:100
A-08
現況 2階平面図
1:100
M-08
機械設備工事 1階平面図(改修前)
1:100
A-09
現況 立面図
1:200
M-09
機械設備工事 2階平面図(改修前)
1:100
A-10
仮設計画図
1:2000
M-10
機械設備工事 詳細図(改修前)
1:50
A-11
器具庫・機械室平面詳細図(改修前)
1:50
A-12
器具庫・機械室平面詳細図(改修後)
1:50
A-13
断面詳細図-1
1:40
A-14
断面詳細図-2
1:40
A-15
展開図-1
1:50
A-16
展開図-2
1:100
A-17
展開図-3
1:100
A-18
天井伏図(改修前)
1:200
A-19
天井伏図(改修後)
1:200
A-20
部分詳細図
1:30
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
図面リスト
N.S
工
事
特
記
仕
様
書( 改 修 )
施工可能時間帯 ※ 指定なし ・ 時 ~ 時
Ⅰ . 工事名
特別な材料の工
※ 公共建築改修工事標準仕様書に記載されていない特別な材料の工法は
法
2
当該製品の指定工法による。
1
. 工事場所
2
. 敷地面積
発生材の処理等
(1.3.8)
. 工事内容
・ 引渡しを要するもの (
17
処理方法(公共建築改修工事標準仕様書平成16年度版及び
有田小学校講堂
構造
SRC造平屋建て
・ 現場において再利用を図るもの (
建築面積
923.09㎡
・ 再生資材の利用を図るもの
延面積
821.03㎡
3
建設機械を使用する。
排出ガス対策建
排出ガス対策型建設機械指定要領に基づき指定された排出ガス対策型
設機械の使用
機械を使用する。
698.00㎡
4
18
工事写真
※
工事写真の撮り方/建築、及び同/建築設備に従い撮影する。
※
電子納品とし、次のものを提出する。
・ アスファルトコンクリート塊 ・ セメントコンクリート塊
※ CD
・ 建設発生木材
※ 全写真のサルネームを印刷したもの(A4版用紙) 1部
・
完成図
※
※
部数は「21 電子納品」を参照
5
作成する ( ※ 完成図
CADによる作成 ( ※ 要 ・ 不要 )
ただし、作成できない場合は監督員との協議による。
「公共建築改修工事標準仕様書」(以下「改標仕」という。)による。
調査を行う。
CADによる提出 ( ※ 要 ・ 不要 )
含有が判明した等の場合は、改標仕(9・1・3)に従い処理する。
ただし、提出できない場合は監督員との協議による。
(2) 特記事項は、○印の付いたものを適用する。
※
合板又は石こうボードの塗装 ・ 行う ※ 行わない
構内建物内の一部を使用する。
・ 設置する ※ 設けない
監督職員事務所の規模(単位:㎡)
監督職員事務所の仕上げ
部 位 等
完成図作図範囲(配置図、平面図、立面図、断面図、仕上表等)
成形板等の解体・撤去にあたっては、事前にアスベスト含有に係る施工
電気担当技術者
(2.4.1)
・ 保全に関する資料 )
提出すること。)
7
監督職員事務所
・ A種 ・ B種 ※ C種
面積 ・ 10㎡程度 ・ 20㎡程度 ・ 35㎡程度 図面及び特記仕様書に記載されていない事項は、「防衛施設周辺防音事業 工事標準仕方書」
(1) 項目は、番号に○印の付いたものを適用する。
(2.3.2) (表2.3.1)
完成図の著作権にかかる使用権は発注者に移譲するものとする。
報告する。(マニフェストA、B2、D票を提示し、E票については写しを
2 . 特記仕様
仮設間仕切り
・ 65㎡程度 ・ 100㎡程度 19
処理及び清掃に関する法律、その他関係法令に従い適切処理し監督員に
1 . 共通仕様
保管場所 ※ 構内既存施設内
(2.3.1)
引渡を要しないものは、全て構外に搬出し、建設工事に係る資材の再
資源化等に関する法律、再生資源の利用の促進に関する法律、廃棄物の
Ⅲ . 建築改修工事仕様
養生方法( 取外し仮保管 )
で印刷したもの 1部
し、監督員へ提出すること。
防衛施設省三級工事とする。
・ A種 ※ B種 ・ C種 ・ D種 ・ E種
・カーテン等の
※ 代表的写真を抽出し、L版相当サイズ(A4版用紙に1ページあたり3枚)
引渡を要するもの、再生資源の利用を図るものについては調書を作成
本工事は空調設備工事及び付随する建築、電気設備工事を行うものとし
種別
既存ブラインド
養生
建築改修工事監理指針平成14年度版による )
)
(表2.2.2)
※ 低騒音型・低振動型建設機械の指定に関する規定に基づき指定された
)
・ 特別管理産業廃棄物 ( アスベストの含有の可能性がある場合は事前調査を行うこと)
施設名称
工事項目
騒音・振動の防
止
6
温除(施工面積)
16
資材置場 ※ 指定なし ・ 図示
三重県度会郡玉城町長更376
材料、撤去材等
の運搬
工事車両の駐車場 ※ 指定なし ・ 図示 Ⅱ . 工事概要
3
15
部位別の施工順序 ※ 指定なし ・ 玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
適用する
20
完成写真
※
上
げ
内壁、天井 合板 又は せっこうボード張り、合成樹脂エマルジョン塗り
屋
6
根
溶融亜鉛めっき合板張り、又は鉄板張り、調合ペイント塗り
監督職員事務所
・ 椅子 ・ 書棚黒板 ・ 製図板 ・ 掛け時計 ・ 温度計
の備品等
・ ゴム長靴 ・ 雨カッパ ・ 消火器 ・ 保護帽 ・ 懐中電灯
デジタルカメラで撮影し、全てL版相当サイズで印刷する。
(2.4.1)(b)
(A4版用紙に1ページあたり3枚) 1部
(1.3.3)
仕
合板張り 又は ビニール床シート張り
床
・ 衣類ロッカー ・ 加入電話の付属電話機(請負者が本電話機を設置する場合)
・ 冷暖房機器 ・ 湯沸器 ・ 掃除具
アルバム 1部 (大きさ 335mm×290mm程度、カラー)
○印の付かない場合は、※印の付いたものを適用する。
特記事項に記載される内容が複数ある事項については○印の付いたもの
8
技能士
※
※
職種別に可能なものについては積極的に活用のこと。
箇所数は 外観4面 各室2面 程度とし、規定の箇所数が確保できない場合
7
仮設便所
構内既存の施設
には、監督員と協議すること。
(1.5.2)
・ 利用できる ※ 利用できない
を適用し、※印の付いたものは適用しない。
使用材料等で、複数の材料に○印が付いたものは図面による。
9
施工数量調査
(1.5.2)
(3) 項目に記載の( )内番号は改標仕の該当項目、図又は表を示す。
調査範囲 ※ 図示 ・ 21
電子納品
※
工事写真は、「営繕工事に係る電子納品マニュアル(デジタル工事
(提出部数
章
項 目
特 記 事 項
10
調査のための破
※
補修方法 ※ 図示 ・ 壊部分の補修
1 1
適用基準等
(1.5.3)
・ 公共建築改修工事標準仕様書
国土交通大臣官房官庁営繕部監修
工事実績情報の
※
登録等
般
共
建築材料等
※
(最新版)
設備工事との
施工範囲
取合い
※ 図示した鉄筋コンクリート部の貫通孔、開口部の補強
また、建設工事で得られた再生資源の活用はもちろんのこと、
※ 設備機器の位置、取合いなどの検討できる施工図を提出して、監督員の
サービス(CORINS)に、「CORINS入力システム」により当該工事に係るデータ登録
他産業の廃棄物で得られた再生資源についても利用促進を図るものとし、
承諾を受けること。
を行わなければならない。
「みえ・グリーン購入基本指針」に基づく環境配慮を行うこと。
データ登録は、受注時に工事実績情報として「工事カルテ」を作成し、
(同指針に基づき、木材を使用する場合において、原料として使用され
監督員の確認を受けたうえ、契約締結後10日以内にJACICに対し登録
る原木は、県産間伐材、林地残材又は小径木等とするか、又はその伐採に
申請を行い、JACICから「工事カルテ受領書」が請負者に届いた際には、
あたって生産された国における森林に関する法令に照らして合法な木材と
その写しを直ちに監督員に提出しなければならない。
すること。)
※
※
23
養生その他
事故報告
本工事に使用する木材は、品質が求められる水準以上であれば、「三
合板、木質系フローリング、構造用パネル、集成材、単板積層材、
25
調査協力
県内企業優先使
用
27
発散しないか、発散が少ないものとする。
床下防湿層
5
1
鉄筋の種類
※工事期間中の工程については、発注者と協議の上、業務に支障をきたさないように
配慮事項
すること。
鉄
筋 2
28
不当介入を受けた
・ 50
※ 仕上がりレベルを計測し、記録すること。
・
)
※ 防湿層の重ね幅、基礎梁へののみ込みは、250mm以上とする。
径
備
考
部
位
※ D16以下
※ SD295A
せることとする。
速やかに発注者に報告すること。発注者への報告は文章で行うこと。
(3)受注者は暴力団員等により不当介入を受けたことから工程に遅れが生じる等の
また、工事完了後にはJACICが運営する「建設副産物情報交換システム」
※ 測定対象化学物質(○で示したものとする。)
鉄線の径(mm)
寸法
・ 4
(mm)
・ 5
・ 6
・ 100×100
・ 10
・ 150×150
工
を受けた場合の措置について
場合の措置
あった時点で速やかに警察に通報を行うとともに、捜査上必要な協力を行うこと。
(2)(1)により警察に通報を行うとともに、捜査上必要な協力を行った場合には、
源利用計画書」及び「再生資源利用促進計画書」を監督員に提出する。
※ D19以上
網目の形状、寸法
※暴力団員等による不当加入(三重県公共工事等暴力団等排除措置要綱第2条第1項第10号)
による不当介入を受けた場合は、断固としてこれを拒否するとともに、不当介入が
利用
濃度測定
溶接金網
(5.2.2)
接着剤及び塗料の塗布にあたっては、使用方法及び塗布料を十分に
通風、換気を十分に行い、室内に発散した化学物質等を室外へ放出さ
化学物質の
※ 60
厚さ(mm)
・ 建築基準法第37条の規定に基づく認定を受けたもの
管理し、適切な乾燥時間をとるものとする。また、施工時、施工後の
いて工事請負金額が1億円以上の工事については、工事着手前に「再生資
室内空気中の
・ 100
※材料搬入、撤去にあたっては、作業実施日について発注者と十分協議の上、
量、価格等について考慮し、優先的に認定製品を使用すること。入手困難
交換システムの
12
※ 60
※ 仕上がりレベルを計測し、記録すること。
※ SD345
※ 本工事では三重県リサイクル製品利用推進条例に基づき性能、品質、数
※
厚さ(mm)
鉄筋の記号
(5.2.1)
※工事作業範囲について発注者と協議の上、施工すること
な場合は監督員と協議のうえ、他の同等の製品に変更することができる。
安全管理
8km
本工事に於いて、下請け契約を締結する場合には、当該契約の相手方を
実施すること。
施工中の安全
)
※ ポリエチレンフィルム(厚さ ※ 0.15mm以上
(4.6.6)
工事期間中の
什器等は、ホルムアルデヒドを発散しないか、発散の少ないものとする。
13
備考
(4.6.5)
工 3
三重県内に本店(建設業法において規定する主たる営業所を含む)を有する
これらの建築材料を使用して作られた家具、書架、実験台、その他
製品の利用
処分地 (
・ 処分地未定につき相互協議する。 暫定運搬距離
・ SD295B
※ 再生資源の利用又は建設副産物の搬出がある場合、請負者は受注時にお
3
継ぎ手
径
(5.3.4)
※ 重ね継手
※ D16以下
※ ガス圧接
※ D19以上
事
4
圧接完了後の
試験
被害が生じた場合は、発注者と協議を行うこと。
抜取試験方法
※ 超音波探傷
・ 引張試験
(5.4.9)
適 用
施設用途
保育施設
住宅
その他
課税対象となった場合には完成年度の翌年度の 4月1日から 8月31日
ホルムアルデヒド
○
○
○
までの間に別に定める様式に産業廃棄物税納付証明書を添付して当該
トルエン
キシレン
○
○
○
○
○
○
エチルベンゼン
○
○
○
スチレン
○
○
○
パラジクロロベンゼン
○
※ 一部に土、日曜日、祝祭日施工あり。
捨コンクリート地業
者の中から選定するよう努めること。
塗料は、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンを
建設副産物情報
施工可能日 ・ 指定なし
砂及び砂利地業
業
(1)受注者は暴力団員等(三重県公共工事等暴力団等排除措置要綱第2条第1項第8号)
・ 監督員と協議し決定する。
・ 処分地指定
ものとする。
リサイクル認定
・ D種
事
26
トルエン、キシレン、エチルベンゼンを発散しないか、発散が少ない
12
・ C種
地
受注者は、発注者が行う生コンクリートに関する調査に協力すること。
ればならない。
(マニフェストの数量の集計)を越えて請求することはできない。
※ 自由処分
処理
詳細は監督員と別途協議によるものとする。
接着剤は、フタル酸ジ-n-ブチル及びフタル酸ジ-n-エチルヘキシル
また請負者は、施工体系図を別に定める様式により監督員に提出しなけ
越えて請求することはできない。また、産業廃棄物処理集計表を
建設発生土の
(4.6.3)
いか、発散の少ないものとする。
工事関係者が見やすい場所及び公衆の見やすい場所に掲げなければならない。
工事の発注者に対して支払請求を行うことができる。なお、この期間
1
2
別に定める様式により、監督員に提出しなければならない。
(1.3.5)
工
に、事故発生報告書を監督員に速やかに提出すること。
すること等。
以上になるときは、施工体制台帳を作成し、工事現場に備えると共に、
※ B種
(3.2.3)(表3.2.1)
2
工事施工中に事故が発生した場合には、直ちに監督員に通報するととも
保温材、緩衝材、断熱材はホルムアルデヒド及びスチレンを発散しな
(当該下請契約が2以上ある時は、それらの金額の総額)が4,500万円
施工条件
土
4
24
塗材は、ホルムアルデヒドを発散しないか、発散の少ないものとする。
請負者は、工事を施工するためのに締結した下請契約の請負代金額
・ A種
上げ共、在来にならい補修する。
しなければならない。(変更時と完成時の間が10日に満たない場合は、
を監督員に提出しなければならない。
種別
盛り土
工事施工に際し、在来部分を汚損した場合又は損傷した場合は、構造・仕
調査内容については、購入先、購入価格、資材の搬入と施工に条件に関
本工事には産業廃棄物税相当分が計上されていないため、請負者が
埋戻し 及び
事
MDF、パーティクルボード、その他の木質建材、ユリア樹脂及び仕上げ
への実績報告を行うこと。
1
(3.2.5)
以内に、完成時にあっては、工事完成後10日以内にJACICに登録申請
請負者は、各下請負者の施工の分担関係を表示した施工体系図を作成し、
3
重の木」利用推進協議会が認証する「三重の木」の優先利用に努めること。
則施工に関し、必要な書類に様式を定める要綱に従い、部分下請通知書
5
・ 利用できる( ※ 有償 ・ 無償 ) ※ 利用できない
て、(財)日本建設情報総合センター(以下「JACIC」)が運営する工事実績情報
を含有しない難揮発性の可塑材を使用し、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、
廃棄物税
構内既存の施設
部)
※ 駆動装置が電動による建具等の2次側の配管・配線及び操作スイッチ施工図
請負者は、下請負に付する場合は、別に定める三重県建設工事執行規
※
工事用電力
※ 有償利用の場合において、本工事で新規受電又は既設電気回路に接続し通電
※ 2部 ・ ※ 自動閉鎖装置取付け箇所の切込み及び補強
国民の祝日等は含まない。
三重県産業
9
(提出部数
とする。品質が求められる水準以上であれば、県内生産品の優先使用に努めること。
請負者は、受注時において工事請負代金額が、500万円以上の工事につい
ただし、期間には土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する
4
工事完成図書は、「営繕工事に係る電子納品マニュアル(工事完成
図書編)」に基づき電子媒体も提出すること。
※ 図示した壁、天井の仕上材、下地材の切り込み及び補強
変更時の提出を省略できるものとする。)
3
・ 利用できる( ※ 有償 ・ 無償 ) ※ 利用できない
部)
という。)及び別記記載の資材及び見積メーカー(参考)又はこれらと同等
確認を受けたうえ、登録内容の変更時にあっては、変更契約締結後10日
項
※ 2部 ・ 材等品質性能評価事業 建築材料等評価名簿」(最新版)(以下「評価名簿」
て、変更及び完成時においても同様に「工事カルテ」を作成し、監督員の
事
22
本工事に使用する建築材料等は、設計図書に定める品質及び性能を有す
る新品とするほか国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「建築材料・設備機
なお、工事請負代金額が2500万円以上の工事の場合は、受注時に加え
通
構内既存の施設
した時から工事に起因する電力料金は本工事に含まれる。
11
一
2
工事用水
(最新版)
・ 建築工事標準詳細図
国土交通大臣官房官庁営繕部監修
8
写真編)」等に基づき電子媒体も提出すること。
調査方法 ※ 図示 ・ ※ 測定対象室及び測定箇所数(※ 図示 ・ )
1
2
仮
(2.2.1)
保護シート等による養生 ・ 適用する ・ 適用しない
(表2.2.1)
※
5
特殊な鉄筋・継手
設
枠組足場を設ける場合は、「手すり先行工法に関するガイドライン
(厚生 労働省平成15年4月策定)」により、設置については「手すり
6
帯筋
足場とし、改善措置機材による場合は手すり先行専用足場型と同等の機能
※ H形
配筋種別
・ H(
・ W-I 形
・ SP形
・ 丸型
7
梁貫通孔補強
)形
・ M(
)形
・ HM(
)形
(別図表7.1)
なお、同足場は、二段手すりと巾木の機能を有する部材をあらかじめ備
えられた手すり先行足場型とするか、または、改善措置機材を用いて手す
事
帯筋組立の形
(別図1.1)
を確保するものとする。
工
種類
(5.5.2)
先行工法による足場の組立て等の基準」による働きやすい安心感のある
※ 測定方法(※ パッシブ法 ・ アクティブ法)
※ 報告書提出部数 2部
外部足場の種別 ※ A種 ・ B種 ・ C種
外部足場
り先行専用足場型と同等の機能を確保するものとする。
名称
図名
8
荷物吊上げ用
・ A種
・ B種
・ C種
フック
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
特記仕様書-1
N.S
No. A-01
6
1
コンクリートの
種類
・ 普通コンクリート
・ 軽量コンクリート
3 6
(6.1.3)
アルミニウム製
部材の種類
笠木
(3.9.2)(c)
・ 押出250形 ・ 押出300形 ・押出350形
(表3.9.1)
・ 板材折曲げ型
防
コ 2
普通コンクリート
設計基準強度 Fc
の強度・スランプ
・ 21
(N/m㎡)
基礎(設備架台)
※ 18
(6.1.4)
・ 18
(N/m㎡)
土間(犬走り)
※ 18
・
(N/m㎡)
ン
適
用
箇
所
スランプ
(3.9.2)(d)
リ
レディーミクスト
類別
コンクリートの
※ Ⅰ類
4
シーリング用材料
改
Ⅱ類
修
ト
コンクリートの
合板せき板を用いる場合の打放し仕上げの種別
仕上り
・ A種
・ B種
工 5
セメント
工
(3.7.8)
種類
(6.3.2)(表6.3.1)
7
種別
・ 無釉
・ 特注品
4
・ SR-2
シリコーン系
(4.3.4)
・ MS-2
変性シリコーン系
(4.4.5)
注入量( )注入孔間隔( )
・ PS-2
ポリサイルファイド系
(4.5.5)
・ 手動式エポキシ樹脂注入
・ PU-2
ポリウレタン系
注入量( )注入孔間隔( )
・ AC-1
アクリル系
・ 機械式エポキシ樹脂注入
目地改修工法
(4.5.16(b))
3
改修工法等
検査
シーリング材の試験 ※ 簡易接着性試験
※ 複合合板
(厚さ
※12
・
)
(4.2.2)(a)
・ エポキシ樹脂JIS A6024(建築補修用注入エポキシ樹脂)
仮止めシール材等はエポキシ樹脂製造所の指定する製品で既存及び新規塗膜に
・ 行う ・ 行わない
支障のないもの
・ 可とう性エポキシ樹脂
・ パテ状エポキシ樹脂
・ エポキシ樹脂モルタル
・ ポリマーセメントモルタル
・ シーリング用材充てん
・ ポリマーセメントスラリー
・ タイル張替用エポキシ樹脂
・ 磁器質タイル
・ せっ器質タイル
の種類
シーリング再充てん工法
( ・ PU-2 ・ )
(3.7.4)
拡幅シーリング再充てん工法
・ 可とう性エポキシ樹脂充てん
(3.7.5)
(拡幅幅 mm、拡幅深さ mm)
(3.7.6)
ブリッジ工法
5
シーリング材の上にポリマーセメントモルタル充てん
※ 材齢28日
( ※ 標準養生
・
)
※ 材齢28日
( ※ 現場水中養生
・
)
(4.3.6)
・ 型枠脱型用
( ※ 現場水中養生
・
)
(4.4.7)
( ・
・
)
材料
・ 低粘度形 ・ 中粘度形
シーリング充てん工法
強度試験
・ 行う(・ 簡易接着試験) ・ 行わない
注入量( )注入孔間隔( )
シーリング改修工法
圧縮強度試験の供試体の材齢及び養生方法
(位置 寸法 × )
検査 シーリング接着性試験
・ 自動式低圧エポキシ樹脂注入
・ Uカットシール材充填工法
種類
・ 伸縮目地改修工法
目地 伸縮目地
・ 樹脂注入工法
種類
・ 目地ひび割れ改修工法
(4.5.16(a))
施 工 箇 所
コンクリートの
(6.10.4)
・ せっ器
仕上塗材仕上げ
・ 行う ・ 行わない
建物内部に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒドの発散量
※ F☆☆☆☆ ・ F☆☆☆
(4.2.2(j))
(3.7.7)
・ シール工法
種類
(表4.2.3(その1))
・ パテ状エポキシ樹脂シール
種 類 呼 び 名 仕上形状 工法
(その2)
・ 可とう性エポキシ樹脂シール
・ 外装薄塗材
・ 砂壁状
Si
・ ゆず肌状
・ 可とう形
8
軽量コンクリート
種別
・ 1類
・ 2類
(4.3.7)
(6.11.1)(表6.11.1)
9
無筋コンクリート
(6.14.1)
設計基準強度
※ 18
スランプ
※ 15cm
アスファルト防水
・ ポリマーセメントモルタル充てん
(N/m㎡)
(3.2.2)
(表3.3.1~表3.4.2)
防
水
(4.4.9)
施工数量調査
施 工 箇 所
調査範囲
・ 全面 ・ 調査項目
・ ひび割れ部
・ BI-1 ・ BI-2
・ P2A
・ A-1 ・ A-2
・ P2AI
・ AI-1 ・ AI-2
・ P0D
・ D-1 ・ D-2
調査方法
・ T1BI
・ BI-1 ・ BI-2
(・ 足場 ・ 枠組 ・ ゴンドラ)
外
・ はがれ及びはく落部分
改
・ D-1 ・ D-2
・ M4C
・ C-1 ・ C-2
・ M4AS
改修工法の種類
(4.1.4)
・ E-1 ・ E-2
工
・ M3AS
ルーフィングシート防水
(3.3.5)(f)
(4.4.11)
外 壁
種 類
改 修 工 法
仕上外壁
・ Uカットシール材充てん工法
一般部分
・ シール工法
指定部分
・ 充てん工法
狭幅部
・ 欠損部
事
・ 凹凸状
(4.4.13)
・ シール工法
(図4.4.3)
・ ゆず肌状
外装薄塗材E
・ さざ波状
・ 注入口付アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法
厚付け仕上塗材
施 工 箇 所
一般部分
JIS A 6909
・ モルタル塗替工法
指定部分
(建築用仕上塗材)
・ アンカーピンニング
狭幅部
(4.4.14)
・ 全面ポリマーセメントスラリー注入工法
(図4.4.4)
・ 外装厚塗材Si
・ 外装厚塗材E
・ 注入口付アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法
施 工 箇 所
一般部分
・ 複層塗材CE
指定部分
・ 可とう形
・ 既存目地 寸法(mm)25×70
・ 全面エポキシ樹脂注入工法
狭幅部
複層塗材CE
製造所(製品名)
・ 全面ポリマーセメントスラリー注入工法
・ P0S
・ P0SI
・ 注入口付アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
施 工 箇 所
(図4.4.4)
複層仕上塗材
・ 複層塗材E
JIS A 6909
・ 複層塗材RE
(建築用仕上塗材)
・ 複層塗材RS
・ 樹脂注入工法
一般部分
・ Uカットシール材充てん工法
指定部分
・ 防水型複層塗
・ S-M1(SI-M1)
・ タイル部分貼替工法
狭幅部
材CE
・ ひび割部
・ 欠損部
・ S-M2(SI-M2)
・ タイル貼替工法
・ S-M3(SI-M3)
・ アンカーピンニング
・ 防水型複層塗
(4.5.7)
・ 部分エポキシ樹脂注入工法
・ タイル部分張替え工法
・ S-F1(SI-F1)
・ ポリマーセメントモルタルによる張替え
・ 防水型複層塗
・ S3SI
・ S-F2(SI-F2)
タイル張り
・ 全面エポキシ樹脂注入工法
・ エポキシ樹脂による張替え
材RE
・ S-M1(SI-M1)
仕上外壁
・ 全面ポリマーセメントスラリー注入工法
貼付用モルタル及び目地材の既成調合材料
・ 浮き部
工 法
種 別
・ 注入口付アンカーピンニング
(4.6.3)
(4.5.8)
・ 全面ポリマーセメントスラリー注入工法
(表4.5.3)
・ タイル張替え工法
タイルの種類
・ 外装タイル
・ タイル貼替工法
・ 目地
・ 吹放し
タ 凸部処理
ッ ・ 平たん状
コ ・ 凹凸状
・ 吹付け
・ こて
・ ローラー
・ ゆず肌状
・ ローラー
・ 凸部処理
・ 吹付け
・ 凹凸模様
・ 吹付け
タイルの寸法
・ 小口タイル以上
二丁掛け以下
・ ユニットタイル
・ 25mm角を超え
処 理 範 囲
※ サンダー工法
工 法
塗 厚 (mm)
・密着張り
5~8
・改良王積上張り
4~7
・改良圧着張り
・ 目地ひび割れ部分改修工法
・ 伸縮目地改修工法
・ こて
・ ひき起し
既存塗膜等の除去及び下地処理
工 法
・ 全面エポキシ樹脂注入工法
・ タイル部分貼替工法
・ X-1 ・ X-2
(L4X) ・ 行う ・ 行わない
・ 使用する ・ 使用しない
・ エポキシ樹脂タイル固定工法
・ L4X
脱気装置 ・ 設ける ・ 設けない
種類
・ 部分エポキシ樹脂注入工法
施 工 箇 所
・ 吹付け
タ 凸部処理
ッ ・ 平たん状
コ ・ 凹凸状
材E
・ S3S
・ S-M2(SI-M2)
・ 吹放し
・ 複層塗材Si
(4.4.15)
・ S-F2(SI-F2)
・ S-F1(SI-F1)
・ 吹付け
状 ・ ひき起し
・ 部分エポキシ樹脂注入工法
・ モルタル塗替工法
・ ローラー
・ 掻き落とし
・ 注入口付アンカーピンニング
施 工 箇 所
・ ローラー
・ 砂壁状
ス
伸縮目地 ・ アスファルト注入目地
種 別
・ こて
・ 吹付け
状
脱気装置(P0D及びM3D) ・ 設ける ・ 設けない
工 法
・ 吹付け
・ 凹凸状
ス
・ 充てん工法
・ 全面エポキシ樹脂注入工法
・ 浮き部
・ 防水形
・ 外装厚塗材C
・ Uカットシール充てん工法
・ 部分エポキシ樹脂注入工法
・ P0X
備考
(図4.4.2)
仕上外壁
脱気装置 ・ 設ける ・ 設けない
除去
・ 平たん状
外装薄塗材E
・ 外装薄塗材S
施 工 箇 所
・ 樹脂注入工法
・ ひび割れ部
・ S-M3(SI-M3)
面の仕上塗装の
・ 可とう形
・ アンカーピンニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法
・ 樹脂注入工法
モルタル塗
・ M4SI
既存塗膜防水表
(4.4.12)
コンクリート打放し ・ ひび割れ部
厚さ ・ 25mm
・ M4S
5
施 工 箇 所
狭幅部
(両面スキン層付き、特定フロンを含まないもの)
・ P4SI
塗膜防水
・ アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法
調査業者 材料メーカーの指定する施工業者とする
材質 ・ 発砲プラスチック保温材(JIS A9511)
・ P4S
4
・ 砂壁状
(図4.4.2)
・ 充てん工法
合成高分子系
狭幅部
・ さざ波状
施工標識 ・ 設ける ・ 設けない
3
・ こて
・ ゆず肌状
・ 欠損部
(3.3.3)(b)(2)
・ 吹付け
砂壁状
指定部分
断熱層工法の断熱材(P1BI、P2AI及びT1BI工法)
(3.2.2)(h)
・ 着色骨材
一般部分
・ ASI-1 ・ ASI-2
保護層等
(建築用仕上塗材)
・ ローラー
指定部分
(立面図等に記載、必要に応じて写真添付)
・ AS-6
事
・ さざ波状
・ ゆず肌状
・ 目視及びミリスケール等
・ AS-1 ・ AS-2
・ AS-4 ・ AS-5
・ ゆず肌状
JIS A 6909
修
2
・ こて
・ 凹凸状
報告書 3部
・ AS-3
工
・ 薄付け仕上塗材
施 工 箇 所
・ 浮き部
壁
・ DI-1 ・ DI-2
・ M3D
・ アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法
一般部分
(・ 幅0.2mm ・ 0.2mm~1.0mm ・ 1.0mm以上)
・ P2E
2
(4.4.10)
(図4.4.1)
・ B-1 ・ B-2
・ P1E
修
※ 行う ・ 行わない
・ P1BI
・ M4DI
改
・ 吹付け
・ 平たん状
・ モルタル塗替え工法
・ 外装薄塗材E
・ P1B
・ M3DI
・ ローラー
・ 砂壁状
4
・ P0DI
・ ゆず肌状
・ さざ波状
・ ゆず肌状
(N/m㎡)
・ 18cm
・ 吹付け
Si
)
種 別
工 法
外装薄塗材
・ エポキシ樹脂モルタル充てん
標準仕様書 6.14.1 による
・ 上記以外の適用箇所 (
1
3 1
・ 充てん工法
(4.4.8)
適用箇所
色
・ 複層仕上塗材塗り
材 料
シリコーン系
(4.3.5)
材料
(6.9.3)
・ 厚付け仕上塗材塗り
・ 引張接着性試験 ・ 行わない
事 8
型枠
・ 標準色
・ SR-1
※ 普通ポルトランドセメント又は混合セメントA種
事
6
・ 施釉
・ 各種塗料塗り
・ C種
(6.2.5)
釉 薬
・ 磁器
形 状 寸 法
改 修 工 法
・ マスチック塗材塗り
7
(6.1.5)
・ 吹替部
表面処理 ※ A-1 又は B-1 ・ 類別
|
塗り仕上
水
ク
3
(本体幅 mm、板厚 ・ 2.0mm、固定間隔 mm)
き じ
・ 薄付け仕上塗材塗り
種 類
外 壁
・ 高圧水洗工法
・ 塗幕剥離材工法
・ 水洗い工法
下地側 4~6
下地調整
タイル側 3~4
※ 下地調整塗材 ・ ポリマーセメントモルタル
・マスク張り
3~4
・モザイクタイル張り
3~5
・ 防水形仕上塗材主材
小口タイル未満
・ 25mm角以下
(3.3.6)(c)(6)
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
特記仕様書-2
N.S
No. A-02
(表4.2.4)
種 類
複層仕上塗材の上塗材の種類
樹脂種類
溶媒種類
・ アクリル系
・ シリカ系
・ ポリウレタン系
・ アクリルシリコン系
・ フッ素系
断熱性
材料板ガラスの種類及び厚さ等
・ 断熱ドアセット
外 観
・ 艶有 ・ 艶無 ・ メタリック
部材名称
・ 合わせガラス
・ 弱溶剤系
・ 艶有 ・ 艶無
・ 水 系
・ 艶有 ・ 艶無
種 類
・ 水 系
・ 艶無
・ 耐震ドアセット
・ 溶剤系
・ 艶有 ・ 艶無 ・ メタリック
・ 弱溶剤系
・ 艶有 ・ 艶無
・ 水 系
・ 艶有 ・ 艶無
・ 溶剤系
・ 艶有 ・ 艶無 ・ メタリック
・ 水 系
・ 艶有 ・ 艶無
・ 溶剤系
・ 艶有 ・ 艶無 ・ メタリック
種 類
・ 水 系
・ 艶有 ・ 艶無
・ 防音ドアセット
8
ステンレス製建具
(5.5.2)
ステンレス製建具の性能等級
・ 複層ガラス
種 類
気密性
水密性
・簡易気密型ドアセット
A-3
W-4
・ 化粧ばり造作用集成材
・ 熱線反射ガラス
遮音性
表面仕上材の化粧単板の樹種( )
皮膜
・ 外面
厚さ( )
ホルムアルデヒドの放散量
※ F☆☆☆☆ ・F☆☆☆
ガラスとめ材
断熱性
建具の種類
種 類
アルミニウム製
・ ガスケット
・ 床張り用合板
※ グレイジングチャンネル形
・ 断熱ドアセット
(枠見込み70mmの引違い、片引き
厚さ5.5mm合板の接着程度
・ 断熱サッシ
障子の場合)
防腐処理 ・ 施工する( ) ・ 施工しない
面内変形追随性
・ 耐震ドアセット
・ 撤去工法
・ はつり工法 ・ 引抜き工法
(5.5.5)
・ シーリング材
防ぎ処理 ・ 施工する ・ 施工しない
鋼製
・ シーリング材 ・ ガスケット
表面処理用木材保存(防腐・防蟻)材は、クロリピリホス等を含有しない
ステンレス製
・ シーリング材
非ピリン系の薬剤とし、監督員の承諾するものとする。
曲げ加工 ・ 普通曲げ ・ 角出し曲げ
※ 表5.12.1による
5
金物の見掛かり部等の材質
・ 50形 ・ 65形 ・ 90形 ・ 100形
※ 改標仕表6.6.1(その1)(その2)による
・ 製作する ・ 製作しない
6
(5.6.4)
マスターキー ・ 製作する ・ 製作しない
1
一般事項
既存間仕切壁撤去に伴う取り合い部分の改修範囲
6
アルミニウム
・ 再使用する ・ 再使用しない
製建具
外部に面するアルミニウム製建具の性能等級
(5.1.6(c))
工
(5.7.3)
種別
耐風圧性
気密性
水密性
(表5.2.1)
・ A種
S-4
A-3
W-4
・ B種
S-5
・ C種
S-6
備 考
開閉方法
・スイングドア(・ 片開き ・ 両開き)
内
改修範囲
W-5
※ 改標仕表5.7.1による ・ ( )
枠の見込み寸法 100mm
・ 防音ドアセット
・ 防音サッシ
25dB以上
種 類
断熱性
(5.7.2)(b)(2)
・ 壁
図示による
(表6.6.1)
・ 床
図示による
改
・ 行う(図示による ) ・ 行わない
(5.7.3)
センサの種類
(表5.7.3)
・ マットスイッチ ・ 電子(電磁)マットスイッチ
2
・ 断熱サッシ
・ 光電スイッチ ・ タッチスイッチ ・ ペダルスイッチ
修
既存床撤去、
下地補修
材料
ビニル床タイル
・ ビニル床シート 【JIS A 5705(ビニル系床材)】
及びゴム床タイ
種類の記号
(5.7.3)(f)
(6.2.2(a)(2)
アルミニウム及びアルミニウム合金の表面処理の種別
規格番号
表 面 処 理
・ A-2
着色陽極酸化皮膜
・ B-1
無着色陽極酸化塗装複合皮膜
・ B-2
着色陽極酸化塗装複合皮膜
・ C-1
無着色陽極酸化皮膜
・ C-2
着色陽極酸化皮膜
・ D
化成皮膜の上に塗装
JIS H8601
JIS H8602
11
重量シャッター
凍結防止措置 ・ 行う ・行わない
種類
合成樹脂塗り床材の除去等
・ 機械的除去工法 ・ 目荒工法
(6.8.2(b))
・ ビニル床タイル 【JIS A 5705(ビニル系床材)】
種 類
厚 さ
半硬化ビニル床タイル
2.0mm
耐風圧強度
・ 50 ・ 80 ・ 120
開閉機能
・ 上部電動式(手動併用) ・ 上部手動式
3
シャッターケース
・ 設置する ・ 設置しない
既存壁撤去、下
既存間仕切壁の撤去に伴う他の構造体の補修工法
地補修
・ ( )
(6.8.2(c)(1))
・ 帯電防止床シート
種 類
性 能
(6.8.2(c)(1))
4
・ 上部電動式(手動併用) ・ 手動式
耐風圧強度
・ 50 ・ 65 ・ 80
網目
スラットの材質
・ 材質 ( )
・ 16メッシュ ・ 18メッシュ
及び形状
・ インターロッキング形 ・ オーバーラッピング形
軽量シャッター
網戸
防虫網の材質
(5.10.2)
・ 合成樹脂製 ・ ガラス繊維入り合成樹脂製
(表5.10.1)
・ ステンレス(SUS316)製
部材名称
木下地等
種 別
構造材、下地材
※ A種 ・ B種
(表6.5.2)
造作材
※ A種 ・ B種
性 能
13
水密性
(表5.3.1)
・簡易気密型ドアセット
A-3
W-4
種 類
備 考
厚 さ
備 考
構造材及び下地材の等級
部材名称
等級
部材名称
等級
部材名称
等級
(6.8.2(c)(2))
・ 視覚障害者用床タイル
種 類
形 状
ビニル床タイル
気密性
厚 さ
・ 帯電防止床タイル
種 類
(6.5.2(a)(1)
(6.5.2(a)(2)(Ⅳ))
種 類
備 考
木材の含水率(工事現場搬入時、質量比)
(表5.9.1)
AA6
開閉形式
鋼製建具の性能等級
厚 さ
表面仕上げ ・ A種 ※ B種 ・ C種
JIS H4001
(5.3.2)
備 考
・ ( )
B
(5.2.3(e))
鋼製建具
備 考
・ 一般重量シャッター ・ 外壁用防火シャッター
AA15
12
6
2.5mm
※ 施工範囲及び施工によって汚れが生じた範囲
・ 屋内用防火シャッター ・ 防煙シャッター
(5.9.2)
(5.9.2)
JIS H8601
種類
厚 さ
無 地
(6.8.2(a))
(6.2.2(c))
事
無着色陽極酸化皮膜
・ 行う ・ 行わない
改修後の床の清掃範囲
・ 耐震ドアセット
色 柄
(6.8.2)
浮き、欠損部等による下地モルタルの撤去
面内変形追随性
・ A-1
既存床仕上げ材の除去等
NC
(6.2.2(a)(1)
工
・ 押しボタンスイッチ
5
ビニル床シート、
ル張り
25dB以上
・ 光線(反射)スイッチ ・ 音波スイッチ ・ 熱線スイッチ
種 別
既存埋込みインサート
・ 使用する ・ 使用しない
天井の撤去に伴う取り合い部の天井改修範囲
※ 改標仕表5.7.2による ・ ( )
野縁等の種類
( ・ 図示による ・ )
スイングドア用自動ドア開閉装置の性能値
・ 断熱ドアセット
種 類
・ 19形 ・ 25形
(6.6.2)
7
遮音性
・ 19形 ・ 25形
・ 野縁受け
図示による
事
種 類
・ ダブル野縁
(表6.7.1)
天井内の既存壁の撤去に伴う取り合い部の天井改修範囲
装
種 類
(6.7.3)
(6.6.4(a)(1))
スライディングドア用自動ドア開閉装置の性能値
部 材
・ シングル野縁 ・ 19形 ・ 25形
・ 天井
枠の見込み寸法 70mm
(5.7.2)(b)(1)
A-4
改修部分
・スライディングドア(・ 片引き ・ 引分け)
(5.2.2)
(表5.2.2)
軽量鉄骨天井下
地
(5.1.5)
スタッド、ランナーなどの種類
ガラスを用いる場合を除く))
カーテンボックス等
修 4
軽量鉄骨壁下地
(枠見込み70mmのアルミニウム製建具の場合(強化、合わせ、倍強度
(5.6.2)
改
( )
板ガラスをはめ込む溝の大きさ
・ 製作する ・ 製作しない
ブラインド、
・ 内面
・ 倍強度ガラス
15
種 類
3
反射
・ 防音サッシ
・ かぶせ工法
見本の製作
厚さ
・ 熱線吸収板ガラス
・ カバー工法 ・ 持出工法 ・ ノンシール工法
具 2
単材の樹種
・ 強化ガラス
種 類
建
等級
面内変形追随性
適用しない。
改修工法
・ 造作用集成材
・ 断熱サッシ
・ 溶剤系
(注) 艶無及びメタリックは、可とう形複層塗材及び防水形複層塗材には
5 1
(6.5.2(a)(2)(ⅴ))
オーバーヘッド
型式及び機構
ドア
セクション材料
(5.11.2)
・ スチールタイプ ・ アルミニウムタイプ
・ ファイバーグラスタイプ
耐風圧強度
遮音性
(6.5.2(a)(2)(Ⅳ))
・ 50 ・ 75 ・ 100 ・ 125
・ 防音ドアセット
・ 防音サッシ
開閉方式
300×300×7.0mm
・ バランス式 ・ チェーン式 ・ 電動式
造作材の等級
使用箇所
部材名称
生地のまま又は
枠、額縁、敷居、鴨居
・ A種(ただし、見掛かり面)
等 級
透明塗料塗りの
かまちの類
・ B種
場合
押入、戸棚等の内面造
・ A種 ・ B種
(6.8.2(c)(3))
・ その他
種 類
性 能
厚 さ
備 考
作の類
種 類
収納型式
断熱性
・ 断熱ドアセット
・ スタンダード形 ・ ローヘッド形
・ 断熱サッシ
(6.5.2(b)(c))
14
板ガラス
ガラス
(5.11.3)
鋼製軽量建具
(5.4.2)
鋼製軽量建具の性能等級
(5.12.2(a))
種 類
気密性
・簡易気密型ドアセット
A-3
種 類
遮音性
・ 型板ガラス
・ 網入り板ガラス
高 さ
1.5mm
60mm
備 考
・ 構造用集成材
厚さ
・ フロート板ガラス
厚 さ
集成材
備 考
部材名称
品名
強度等級
材面の品質 樹種名
接着性能
(6.8.2(e))
・ ゴム床タイル
5mm
色 柄
厚 さ
備 考
6mm
6.8mm ・ ひし網 ・ 角網
工法
・ 防音ドアセット
・ 防音サッシ
・ ビニル幅木
代用樹種の使用 ・ 禁止する ・ 禁止しない
・ 溶融亜鉛めっき鋼板 ・ ステンレス鋼板
面内変形追随性
・ 耐震ドアセット
7
・ A種 ・ B種
(6.8.2(d))
(6.5.2(a)(3))
ガイドレール
種 類
不透明塗料塗りの場合種
・ ハイリフト形 ・ バーチカル形
(6.8.3(a)
下地
・ モルタル下地 ・ 木下地
・ 線入り板ガラス
・ その他( )
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
特記仕様書-3
N.S
No. A-03
(6.8.3(b))
ビニル床シート張り
名
熱溶接工法 ・ 適用する ・ 適用しない
称
ユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒドの発散量
せ
※ F☆☆☆☆ ・F☆☆☆
っ
種 類
(6.10.2(b))
弾性ウレタン塗り床の仕上げ種類、行程
う
※ 平滑仕上げ ・ 防滑仕上げ ・ つや消し仕上げ
ボ
(6.10.3(c))
(表6.10.4~6.10.7)
9
フローリング張り
・ 強化せっこうボード
・ せっこうラスボード
・ 不燃積層せっこう
ボード(GB-NC)
・ 薄膜流し展べ仕上げ ・ 厚幕流し展べ仕上げ
製
・ 樹脂モルタル仕上げ ・ 防滑仕上げ
品
フォーム
トラバーチン ※ 9.5(不燃)
・ フェノールフォーム
・ 9.5(準不燃)
ボード(GB-D)
模様
・ 12.5(不燃)
・ ロックウール
1号 ・ 25
普通
樹種
厚 さ
大きさ
15
※ なら
32K ガラスクロス包
・
(6.11.5)
(表6.11.2)
(表6.11.3)
・ 釘留め工法
材 料
種 別
種 別
樹 種
・ 1種
・ A種
※ なら
・ 2種
・ B種
・
・ 3種
※ C種
14
※ 窓回り等の断熱材補修部分、ルーフドレン
部
立体 ・ 12.0(不燃)
用
模様 ・ 化粧吸音ボード
軒
普通 ・ 9.0(不燃) ・
発散量
(DR)
天
立体 ・ 12.0(不燃)
※ F☆☆☆☆ ・ F☆☆☆
用
模様 ・ 15
16
壁紙施工用でん粉系接着剤、ユリア樹脂等を用いた接着剤のホルムアルデヒドの
材 種
繊維強化
(表6.11.4)
・ フローリングブロック(直張用)
※ なら
・ 複合1種フローリング(直張用)
・
7
・ A種 ※ B種
クリアラッカー
・ A種 ※ B種
(7.15.2)(表7.15.1)
屋内水系塗料
・ A種 ・ B種 ・ C種
カーテンレール
材種
・ ステンレス製
強さ区分
※ 10-90
形状
・ シングル
・ ダブル
断面形状
・ 角形
・ C形
建物内部に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒドの発散量
(7.1.3)(a)
8 1
※ F☆☆☆☆ ・ F☆☆☆
(20.2.14)
※ 屋内の壁、天井仕上げは防火材料とする。
塗
・ 天然木
・ なら
化粧単板 ※ 0.8未満
化粧合板
・ しおじ
・ ・ 板 ※ 4.2
合
材 種
・ モザイクパーケット(直張用)
厚 さ
・
大きさ
・
板
下地調整
(7.2.2~7.2.3)
(表7.2.1~7.2.7)
改
・ メラミン化粧
樹 種
2
装
・ 特殊
・ 複合3種フローリング(直張用)
・ 特殊加工
合板
化粧合板
・ ポリエステル
・
※ 3.0 ・ 修
化粧合板
塗装
・ 次の箇所を除き防火材料とする。(箇所 )
ユ
下地
ニ 2
難燃
・ 生地のままワックス塗り
・ 工
・ D種
事
合板・ボード類のホルムアルデヒドの発散量
※ F☆☆☆☆ ・F☆☆☆
(6.12.2)(表6.12.1)
・ RA種
※ RB種
・ RC種
・ 鉄鋼面
・ RA種
※ RB種
・ RC種
・ 亜鉛めっき面
・ RA種
※ RB種
・ RC種
・ モルタル、プラスター面
・ RA種
※ RB種
・ RC種
・ コンクリート、ALCパネル面
・ RA種
※ RB種
・ RC種
・ RA種
・ RB種
・ RC種
・ RA種
※ RB種
・ RC種
錆止め塗装塗り
(6.13.2)(h)
帯電性
パイル形状
品質の程度
(6.9.2)(6.9.3)
種 別
(表6.9.1)
・ A種 ・ カットパイル
※ 人体帯電圧
・ B種 ・ ループパイル
3KV以下
遮音シール材
・ D形
錆止め塗料塗り種別
工
4
壁紙張り
施 行 箇 所
品質の程度
防火性能の級別
合成樹脂調合
塗料種別
ペイント塗り
種別
(7.4.3~7.3.5)
・ 1級 ・ 2級 ・ (表7.4.1~7.4.3)
帯電性
工法
品質の程度
・ カットパイル
※ 人体帯
※ 全面接着
・ ループパイル
電圧
工法
・ カット、ループ
3KV以下 ・ グリッパー
14
モルタル塗り
(6.15.3)
(7.4.2)
・ 1200
・ 600
・ 750
5
吊戸棚
長さ
・ 900
・ 1200
6
水切り棚
・ ステンレス製
長さ
収納・収納家具
・
・ 900
・ 1200
合板類、MDF、パーティクルボード、接着材 及び 塗料の ホルムアル
デヒドの発散量
※ F☆☆☆☆
・ F☆☆☆
事
15
タイル張り
(6.16.2)
※ 1種 材
種
・ アルミニウム製
・ 木部
・ A種
・ B種
・ C種
形
式
テーパー付き
・ 鉄鋼面
・ A種
※ B種
・ C種
脚
部
・ 埋込式
・ 亜鉛めっき面
・ A種
・ B種
・ C種
9
種 別
下 地
・ 使用する(形状 )
5
フタル酸樹脂
・ ニードルパンチカーペット
2
(7.5.2~7.5.3)
・ 木部
・ A種
※ B種
・ C種
位置 ・ 図示
(表7.5.1~7.5.2)
・ 鉄面及び亜鉛めっき面
・ A種
※ B種
・ C種
6
形状・寸法(mm) 品質の程度
きじ
釉薬 役物 色
磁 せ
陶
施 無
標 特
っ
有 無
器 器 器 釉 釉
準 注
3KV以下
トイレ壁
フェンス
・ ネットフェンス
・ 格子フェンス
網 材種
工
施行箇所
※ 人体帯電圧
・ 5
高さ(m)
構
種 別
下 地
伸縮調整目地
タイルの種類
備 考
1 旗竿
外
種別
(6.16.3)
・ ロープ式
・ ハンドル式
・ ベース式
・ 6
・ 7
3
車止めさく
アクリル樹脂系
種別
非水分散形塗料
・ A種 ※ B種
高さ(mm)
高さ(mm)
・ 900
・ 1200
・ 600
・ 900
・ 1200 ・1500 ・1800
・ ビニ ル被 覆 鉄 線
形
式
※ 上下式鎖内蔵式
材
質
柱径
(mm)
※ ステンレス製(鎖共)
※ φ76.3
・
・
高さ
※ 標準品
事
(7.6.2)(表7.6.1)
・ スプリング付
・
再生資源化タイル
7
100角
・ タイルカーペット
総厚さ(mm)
・ 約 120
既成目地材
エナメル塗り
工法
併用
寸法(mm)
長さ
7
亜鉛めっき面 ・ A種 ・ B種 ※ C種
・ 1級 ・ 2級 ・ パイル形状
・ 900 ・ 1000
コンロ台
鉄鋼面 ・ A種 ・ B種 ※ C種
・ 1級 ・ 2級 ・ 帯電性
長さ
4
の
塗装種別
他
である。(以下同様)
(表6.9.2)
・ 片引き
・ 約 230
・ 適用しない
13
パイル長さ(mm)
ステンレス
・
び
※ A種(外部) ※ B種(内部) ・ C種(内部)
品質の程度欄に記載した商品名は、品質の程度を示すための参考商品名
・ タフテッドカーペット
・ 引分け
式
及
(表7.3.1)
・ アクリル系シーリング材 ・ジョイントコンパウンド
併用
パイル形状
・ ビニルレザー張り
形
流し台
鉄鋼面錆止め塗料
・ 適用する
・ C種 ・ カット、ループ
(6.9.2)(6.9.3)
表面材
折りたたみ幅(mm)
ト 3
(7.3.2)
(表7.3.3~7.3.4)
アコーディオン
ドア
ッ
(7.3.3)
・ 織じゅうたん
厚さ(mm)
・ アルミニウム製
そ
その他ボード面
3
・ C種
・ 木部
・ せっこうボード、
・ パーティクルボード
・ B種
種 別
押出成形セメント板面
・
・ 油性ステイン塗りのうえワックス塗り
・ A種
下 地
・ コンクリート、
・
※ ウレタン樹脂ワニス塗り(1液形、B種)
種別
材料
カルシウム板 ・ 6.0 ・ ・ 複合2種フローリング(直張用)
(6.9.2)(表6.9.2)
種別
ワニス塗り
・ 0.8けい酸
セメント
樹 種
・ フローリングボード(直張用)
(6.9.2)(d)(2)
ウレタン樹脂
・ (表6.11.2)
カーペット敷き
(7.14.2)(表7.14.1)
塗り(CL)
17
1
・ ・ 接着工法
(表6.11.1)
11
・ A種 ※ B種
・ C-1種 ※ C-2種 ・ C-3種
・ 接着剤
種別
模様塗料塗り
ればならない箇所
上記保温材は、特定フロンを含まないものとする。
17
合成樹脂エマルション
回りの床版下等、部分的に後張りとしなけ
・
普通 ・ 9.0(不燃) ・ 12.0
(0.8FK)
畳 敷 き
コンクリート、モルタル、プラスター、せっこうボード、木部、鉄鋼面
及び亜鉛めっき面
施 行 箇 所
・ 25
・
(根田張用)
10
種別
・ フローリングボード
・ フローリングボード
(6.11.6)
多彩模様塗料塗り
(7.13.3)(表7.13.1,3)
内
・ ロックウール
辺材部分には、防虫処理を行う
しみ止め
・ 13
厚さ(mm)
・ 3級
音
(7.12.2)(表7.12.1)
・ A種 ※ B種 ・ C種
断熱材現場発泡工法
難燃性
2号 ・ 25
料
備 考
303×303
(・ )
・ A種 ※ B種
(9.5.3)
・ 2級
吸 ・ グラスウール
吸音ボード(GW-B)
種別
上記保温材は、特定フロンを含まないものとする。
特殊
材
・ 模様無し ※ 9.5(不燃)
木目
・ 化粧せっこう
合成樹脂
・ 保温板3種b ・ 25 ・ トラバーチン ※ 9.5(不燃)
ホルムアルデヒドの発散量
・ フローリングブロック(単位:mm)
(7.11.2)(表7.11.1)
・ A種 ※ B種 ・ C種
エマルションペイント塗り
・ 硬質ウレタン
ド
(表6.11.1)
12
・ 保温板2種b ・ 25 ・ ※ 9.5
(GB-L)
ー
・ モルタル埋込み工法
種別
しみ止め
フォーム
吸音ボード(RW-B)
(6.11.4)
つや有合成樹脂
エマルションペイント塗り
施行箇所
・ ・ 押出法ポリスチレン
・ 12.5(不燃) ・ (GB-F)
※ F☆☆☆☆ ・F☆☆☆
厚さ(mm)
フォーム
エポキシ樹脂塗り床の仕上げ種類
(表6.10.3)
11
種 別
・ ビーズ法ポリスチレン
・ 12.5(不燃) ・12.5(準不燃)
ボード(GB-S)
こ
合成樹脂塗り床
断熱材打込み工法
種 類
・ シーリングせっこう
8
(9.5.2)
規格、区分等 厚さ(mm)
電気抵抗(Ω) 品質の程度
アクリル樹脂系
下地調整
エナメル塗り
・ RA種 ・ RB種 ・ RC種
(7.7.2)(表7.6.1)
種別
(7.7.3)(表7.7.1)
・ A種 ※ B種 ・ C種
※
500×500
・ カットパイル
・ ループパイル
※ 6.5mm
8
・ 適用しない
(6.16.3)(a)(3)
(6.9.3)(d)(2)
12
せっこうボード、
その他のボード
及び合板張り
(6.13.2)(表6.13.1)
備考
・ 敷き方
試験張り ・ 行う ※ 行わない
種別
(7.8.2~7.8.4)(表7.8.1~7.8.3)
鉄鋼面
・ A種 ・ B種
亜鉛めっき面
・ A種 ・ B種
コンクリート及び押出成形セメント板面
・ A種 ・ B種
見本焼き ・ 行う ※ 行わない
平 場
※ 市 松 敷き ・ 模 様流し 階段部分
※ 市 松敷 き ・ 模 様 流し 名
2液形ポリウレタン
エナメル塗り
・
種 類
称
せ ・ せっこうボード
っ
こ (GB-R)
う
ボ
ー
ド
9
天井
・ 9.5(準不燃) ※ 12.5(不燃)
工法
(表6.16.6)
・ 積上げ張り ・ 壁タイル接着剤張り
16
断熱材
ロックウール、グラスウール、ユリア樹脂又はメラミン樹脂を使用した断熱材の
・ 15.0(不燃)
ホルムアルデヒドの発散量
・ 9.5(準不燃) ※ 12.5(不燃)
※ F☆☆☆☆ ・ F☆☆☆
・ 15.0(不燃)
アクリルシリコン樹脂
エナメル塗り
(表6.16.7)
規格、区分等 厚さ(mm)
壁
(6.16.1)
10
常温乾燥形ふっ素
樹脂エナメル塗り
種別
(7.9.2~7.9.4)(表7.9.1~7.9.3)
鉄鋼面
・ A種 ・ B種
亜鉛めっき鋼面
・ A種 ・ B種
コンクリート及び押出成形セメント板面
・ A種 ・ B種
種別
(7.10.2~7.10.4)(表7.10.1,3)
鉄鋼面
・ A種 ・ B種
亜鉛めっき鋼面
・ A種 ・ B種
コンクリート及び押出成形セメント板面
・ A種 ・ B種
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
特記仕様書-4
N.S
No. A-04
(mm)
水路
倉庫
倉庫
工事場所
職員室
倉庫
防災倉庫
動物舎
倉庫
工事場所:度会郡玉城町長更 3 7 6 番地
更衣室棟
児童館
機械室棟
運動場
プール
体育舎
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
附近見取・配置図
1:400
No. A-05
37,900
39,850
3,000
4,900
講堂上部
ブドウ棚
器具庫
1,000
21,500
機械室
2,600
6,250
1,200
9,000
控室
21,500
ステージ
20,000
玄関ホール
講堂
11,300
3,300
男子便所 手洗室
DS
4,350
2,400
女子便所
5,500
DS
1,200
800
6,600
8,800
控室
20,000
30,000
4,900
6,250
30,000
4,350
4,950
2,350
4,950
2,475
1階平面区画図 S:1/200
525
3,000
2階平面区画図 S:1/200
防音工事施工室
床面積
55.370000
控室(上)
4.900*4.350=
21.315000
控室(下)
4.900*4.350=
21.315000
2.350*3.300=
7.755000
男子便所
2.600*3.300=
8.580000
女子便所
4.950*2.400=
11.880000
4.950*8.800-(0.800*1.000)=
42.760000
0.800*1.000=
合計
7,800
1,250
0.800000
797.000000
4,500
6,250
300
5,000
手洗室
3,400
27.225000
600
4.950*5.500=
DS
2,800
300
600.000000
玄関・ホール
器具庫
7,800
4,500
断面積:167.8100㎡
断面積:184.7975㎡
4,000
30.000*20.000=
1,250
1,800
講堂
6,250
1,830
4.900*11.300=
1,250
ステージ
200
床面積算定式
3,600
室 名
750
20,000
750
750
20,000
750
防音及び空調工事施工室
講堂容積算出図 S:1/200
床面積算定式
室 名
ステージ
4.900*11.300=
55.370000
控室(上)
4.900*4.350=
21.315000
控室(下)
4.900*4.350=
21.315000
講堂
30.000*20.000=
ステージ・控室容積算出図 S:1/200
床面積
600.000000
空調施工容積
室 名
容積算定式
講堂
167.8100*30.000=
ステージ・控室
184.7975*4.900=
容積
5,034.300000
905.507750
合計
5,939.807750
天井高さ(平均)
合計
備考
698.000000
空調施工室
5,393.80÷698.00=7.727
7.730m
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
防音・空調区画図
1:200
No. A-06
39,850
4,950
2,600
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
4,900
2,350
7,800
8,800
4,170
E
5,500
控室
器具庫
20,000
ステージ
C
4,500
20,000
11,660
2,400
講堂
3,300
20,000
1,000
4,500
D
B
5,500
4,170
傾斜路
5,500
ホール
控室
玄関
A
傾斜路
ポーチ
イ
5,000
ニ
展開符号
5,000
5,000
4,950
ロ
5,000
5,000
5,000
30,000
4,900
39,850
1
2
3
4
5
800
6
7
8
2,100
9
ハ
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
現況 1階平面図
1:100
No. A-07
37,900
3,000
34,900
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
4,900
保守用歩廊
5,500
5,500
E
機械室
20,000
6,600
ブドウ棚
講堂上部
C
1,200
4,500
9,000
20,000
4,500
1,200
D
5,500
5,500
B
保守用歩廊
A
イ
5,000
ニ
展開符号
5,000
5,000
4,950
ロ
5,000
5,000
5,000
30,000
4,900
39,850
1
2
3
4
5
6
7
8
9
ハ
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
現況 2階平面図
1:100
No. A-08
備考
東 立面図 S:1/200
南 立面図 S:1/200
西 立面図 S:1/200
北 立面図 S:1/200
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
現況 立面図
1:200
No. A-09
搬入路
クロスゲート w=6000
外部足場:枠組本足場 手すり先行方式 階段共
L=7200 H=5100
現場事務所
控室
仮囲い 波形亜鉛鉄板 H=1800 L=71.0m
器具庫
内部足場 枠組棚足場
ステージ
専用シート及びベニヤ等による養生範囲
ホール
傾斜路
控室
玄関
ポーチ
備考
傾斜路
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
仮設計画図
1:200
No. A-10
9,000
1,200
6,600
1,200
床モルタル撤去・処分
モルタルカッター
1,890
2,475
B
A
既存設備架台解体・処分(3ヶ所)
既存設備架台基礎
A
700x1500x150
B 700x1500x150
C 1300x1800x150
525
905
1,300
3,000
C
2
3,000
4,500
4,500
9,000
B
5,500
C
D
E
14,500
3,300
機械室平面詳細図 S:1/50
8,800
2,400
5,650
450
780
1,425
土間解体:コンクリート(有筋) 厚120 解体・処分
端部筋は差筋として再利用
コンクリートカッター
2,600
1
4,950
700
コンクリート壁(有筋)撤去・処分
コンクリートカッター
既存仕上:ロックウール t=25 亀甲金網押エ 撤去・処分
800
120 20
2,350
既存木製棚撤去(改修後に再取付け)器具庫内に保管
DS
2
既存額縁撤去・処分
既存アルミガラリ 780x900撤去・処分
4,500
壁仕上改修範囲
(展開図参照)
1,000
2,300
4,500
5,500
14,500
B
C
D
E
器具庫平面詳細図 S:1/50
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
器具庫・機械室平面詳細図(改修前)
1:50
No. A-11
9,000
1,200
6,600
555
1,480
C
B
既存架台跡:モルタル金コテ仕上
905
195
A
金属拡張アンカー D10(4本)
525
1,300
2,475
2,140
1,890
空調架台(HEU)新設(別途詳細参照)
3,000
1,200
1,540
215
2,365
2
ダクト周囲モルタル充填(設備工事)
3,000
4,500
4,500
9,000
B
5,500
C
D
E
14,500
3,300
機械室平面詳細図 S:1/50
2,400
8,800
メッシュフェンス H=1500 L=9.10m
メッシュフェンス片開き戸 H=1500 1箇所
基礎180x180x450
100
土間復旧:コンクリート 厚120(FC-18-18-25)
異形棒鋼(295A)D10 @250 縦横共
モルタル金コテ仕上
室外機架台基礎新設 4830x1110(詳細図参照)
4,950
2,600
1
既存木製棚再取付け(器具庫内に保管)
2,350
壁:フレキシブルボード t=6(突付) EP塗
LGS W100下地
800
固定アルミガラリ(開口率50%)600x1350 新設
2
木製額縁 t=25 SOP塗 新設
壁仕上改修範囲
(展開図参照)
1,000
4,500
2,300
4,500
5,500
14,500
B
C
D
E
器具庫平面詳細図 S:1/50
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
器具庫・機械室平面詳細図(改修後)
1:50
No. A-12
1,950
3,000
1,700
1,950
3,000
1,300
1,700
1,300
655
2,600
655
2,600
ダクト周囲モルタル充填(設備工事)
1,050
250
1,050
250
7,010
3,455
1,600
3,700
3,800
8,500
100
1,200
2,000
100
1,200
8,500
10,400
7,460
10,400
2,000
斜線部:防音区画を示す。
3,455
1,600
3,700
3,800
斜線部:防音区画を示す。
190
天井仕上改修範囲
(天井伏図参照)
天井仕上改修範囲
(天井伏図参照)
既存仕上:ロックウール t=25 亀甲金網押エ
撤去・処分 炭素繊維シート1.0x50による開口補強(両面)
1,220
既存額縁撤去・処分
壁:フレキシブルボード t=6(突付) EP塗
LGS W100下地
140
木製巾木(米栂) H=100 SOP塗
新設復旧
140
既存木製巾木 H=100撤去・処分
1,920
壁仕上改修範囲
(展開図参照)
2,600
木製額縁 t=25 SOP塗 新設
1,190
900
1,920
壁仕上改修範囲
(展開図参照)
450
コンクリート壁(有筋)撤去・処分
(モルタル仕上共)
1,190
2,600
4,000
コンクリート壁(有筋)撤去・処分
4,000
1,220
コンクリートカッター
800
4,150
4,950
1
備考
改修前
固定アルミガラリ(開口率50%)600x1350 新設
600
600
既存アルミガラリ 780x900撤去・処分
4,150
1,350
190
ダクト周囲モルタル充填(設備工事)
800
4,950
2
1
名称
図名
改修後
2
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
断面詳細図-1
1:40
No. A-13
1,830
3,080
100 200 115
500
1,250
1,400
300
1,400
300
3,400
天井(範囲は天井伏図参照)改修前:ロックウール吸音板 t=9
石膏ボード t=9.5下地
軽量鉄骨天井下地
仕上・下地共に撤去・処分
改修後:ロックウール吸音板 t=9
石膏ボード t=9.5下地
軽量鉄骨天井下地
仕上・下地共に新設復旧
200
斜線部:防音区画を示す。
1,800
40
保護カバー固定ボルト穴φ16(M12)
上部アングルに穴あけ
40
75
720
325
8,500
75
40
325
800
1,720
L3×40×40
3,800
2,500
3,600
12,080
40
800
5,000
1,400
40
580
560
580
40
40 80 40
70 70
200
7,200
L3×40×40
固定金具(両サイド)
溶接金網φ5-□50mm 内張(左右両面)
丸鋼φ9
溶接金網φ5-□50mm 内張(底面)
360
360
空調機保護ガード参考図 S=1/40
3,200
4,000
L3×40×40
40
800
3,400
40
L3×40×40
フィルター清掃用開口
300
9,000
L3×40×40
※ 講堂部分8箇所に設置
2,500
10,000
12,500
A
備考
B
C
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
断面詳細図-2
1:40
No. A-14
2,600
6,055
コンクリート壁(有筋)撤去・処分
既存木製棚撤去(改修後に再取付け)器具庫内に保管
2,600
2,600
3,455
コンクリートカッター
既存木製棚撤去(改修後に再取付け)器具庫内に保管
既存木製巾木 H=100撤去・処分
8,800
4,950
E
3,000
3,000
3,000
9,000
2
D
B
器具庫ハ展開図(改修前) S:1/50
器具庫ロ展開図(改修前) S:1/50
機械室ロ展開図(改修前) S:1/50
2,600
金属拡張アンカー D10(4本)
6,055
ダクト周囲モルタル充填(設備工事)
既存木製棚再取付け(器具庫内に保管)
2,600
2,600
3,455
壁:フレキシブルボード t=6(突付) EP塗
LGS W100下地
既存木製棚再取付け(器具庫内に保管)
木製巾木(米栂) H=100 SOP塗
新設復旧
8,800
E
4,950
3,000
3,000
3,000
9,000
2
D
器具庫ロ展開図(改修後) S:1/50
備考
B
器具庫ハ展開図(改修後) S:1/50
機械室ロ展開図(改修後) S:1/50
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
展開図-1
1:50
No. A-15
5,600
9,000
3,400
空調保護ガード新設(詳細図参照)7箇所
錆止め・SOP塗
30,000
4,900
2
8
9
9,000
5,600
講堂ニ展開図 S:1/100
3,400
空調保護ガード新設(詳細図参照)7箇所
錆止め・SOP塗
4,900
30,000
34,900
講堂ニ展開図 S:1/100
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
展開図-2
1:100
No. A-16
ラワン合板 t=12 目透し張 SOP塗
150
1,400
630
375
630
375
150
2,800
木製胴縁下地
4,500
630
1,700
換気通気止め630x630 S:1/20
330
330
ラワン合板 t=12 目透し張 SOP塗
既存換気通気止め:ラワン合板 t=12 目透し張 SOP塗 630x630
木胴縁下地
(詳細図参照)
10,000
E
木製胴縁下地
830
A
講堂ロ展開図 S:1/100
換気通気止め830x330 S:1/20
375
375
375
150
150
1,400
150
4,500
4,500
2,800
1,400
2,800
150
375
壁:ラワン合板 t=12 目透し張 SOP塗
木製胴縁
新設復旧
コンクリートカッター
炭素繊維シート1.0x50による開口補強(両面)
1,700
1,700
壁:既存仕上(ラワン合板 t=12)撤去・処分
既存木製胴縁撤去・処分
既存額縁撤去・処分
木製額縁 t=25 SOP塗 新設
既存アルミガラリ 780x900撤去・処分
10,000
A
E
A
E
講堂ニ展開図(改修前) S:1/100
備考
固定アルミガラリ(開口率50%)600x1350 新設
既存換気通気止め:シナ合板 t=12 目透し張 SOP塗 830x330
木胴縁下地
(詳細図参照)
10,000
講堂ニ展開図(改修後) S:1/100
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
展開図-2
1:100
No. A-17
符 号
工 事 内 容
A
ロックウール吸音板 t=9 石膏ボードt=9.5捨張
軽量鉄骨天井下地
仕上・下地共に撤去・処分
B
石綿スレート板 t=6 EP塗 軽量鉄骨天井下地
仕上・下地共に撤去・処分(手こわし・石綿作業レベル3)
天井仕上撤去範囲内に記載の点検口は撤去・処分
(点検口600x600 アルミ押出型材)
39,850
4,950
2,600
5,000
5,000
5,000
37,900
5,000
5,000
5,000
4,900
3,000
34,900
2,350
5,000
5,000
5,000
5,000
E
5,500
器具庫
20,000
4,500
A
講堂上部
玄関
5,500
控室
B
5,500
5,500
4,170
ホール
A
保守用歩廊
A
ポーチ
5,000
5,000
5,000
4,950
5,000
5,000
5,000
5,000
30,000
4,900
39,850
1
2
3
4
5
5,000
5,000
3,000
7
8
9
5,000
5,000
5,000
30,000
800 2,100
6
4,900
37,900
2
3
1階平面図(改修前)
4
5
6
7
8
9
2階平面図(改修前)
イ
ニ
展開符号
ロ
ハ
備考
C
4,500
6,600
9,000
20,000
20,000
B
B
5,500
機械室
1,200
3,300
C
4,500
塩ビ廻縁 撤去・処分
20,000
11,660
1,000
2,400
講堂
B
塩ビ廻縁 撤去・処分
4,500
B
D
1,200
D
20,000
4,900
5,500
控室
5,000
保守用歩廊
5,500
7,800
8,800
4,170
E
5,000
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
天井伏図(改修前)
1:200
No. A-18
符 号
工 事 内 容
A
ロックウール吸音板 t=9 石膏ボードt=9.5捨張
軽量鉄骨天井下地
仕上・下地共に新設復旧
B
フレキシブル板 t=6 EP塗
仕上・下地共に新設復旧
C
素地調整の上 EP塗
天井仕上新設復旧範囲内に記載の点検口は新設復旧
(点検口600x600 アルミ押出型材)
39,850
4,950
2,600
5,000
5,000
5,000
37,900
5,000
5,000
5,000
4,900
3,000
34,900
2,350
5,000
5,000
5,000
5,000
E
器具庫
20,000
4,500
A
講堂上部
(4)
玄関
(5)
(6)
(7)
5,500
控室
B
5,500
空調保護ガード新設(詳細図参照)7箇所
錆止め・SOP塗
5,500
4,170
ホール
A
保守用歩廊
A
ポーチ
5,000
5,000
5,000
4,950
5,000
5,000
5,000
5,000
30,000
4,900
39,850
1
2
3
4
5
5,000
5,000
3,000
7
8
9
5,000
5,000
5,000
30,000
800 2,100
6
4,900
37,900
2
3
1階平面図(改修後)
4
5
6
7
8
9
2階平面図(改修後)
イ
ニ
展開符号
ロ
ハ
備考
C
4,500
6,600
9,000
20,000
20,000
B
B
5,500
機械室
1,200
3,300
C
4,500
塩ビ廻縁 新設復旧
20,000
11,660
1,000
2,400
講堂
B
塩ビ廻縁 新設復旧
4,500
B
D
1,200
D
20,000
E
5,500
控室
4,900
5,500
(3)
4,170
(2)
5,000
保守用歩廊
5,500
7,800
8,800
(1)
5,000
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
天井伏図(改修後)
1:100
No. A-19
S:1/30
室外機基礎 詳細図
▽設計GL
接着系アンカーD10 @200
20
2,055
S:1/30
30
面取
120 180
180
上筋:[email protected] 縦横共
150 30
150
▽機械室FL
面取
メッシュフェンス片開き門扉 詳細図
天端:モルタル金コテ仕上
天端:モルタル金コテ仕上
上筋:縦横 [email protected] 縦横共
S:1/30
既存砕石敷 厚120
20
20
120 300
機械室空調架台(HEU) 詳細図
下筋:[email protected] 縦横共
1,070
蝶番
20
ワイヤメッシュ
(ハイテンション線)
天端:モルタル金コテ仕上
接着系アンカーD10 @200
1,850
20
既存砕石敷 厚120
巾止め [email protected]
4,790
1,500
下筋:[email protected] 縦横共
300
20
φ50.8×1.6
50
120 180
▽設計GL
胴縁
120 300
180
150 30
150
▽機械室FL
30
上筋:[email protected] 縦横共
上筋:縦横 [email protected] 縦横共
1,450
戸当り付両面回転施錠
天端:モルタル金コテ仕上
20
基礎ブロック 180x180x450
備考
名称
図名
図面番号
玉城町立有田小学校(講堂)空調防音工事
部分詳細図
1:30
No. A-20