ERINA REPORT Vol.67

目 次
■ キーパーソンインタビュー/ Key Person Interview
“The Trans-Korean Railway Could be Further Extended to the‘Iron Silk Road’
”
Interview with Dr. Yeon-hye Choi, Vice-President of the Korea Railroad
Corporation(KORAIL)
「朝鮮半島縦断鉄道を延長して鉄のシルクロードを造ろう」
韓国鉄道公社(KORAIL)副社長 崔然恵博士に聞く …………………………………………… 1
■ Russia’
s Energy Politics: Focusing on New Markets in Asia(英/日抄)
アジア市場の新規開拓に向けたロシアのエネルギー政策(抄訳) ……………………………… 6
Vladimir I. Ivanov, Director, Research Division, ERINA
ERINA調査研究部長
ウラジーミル I. イワノフ
■ グローバル経営からみたシベリアのイノベーションと科学(日/英抄)
Innovations and Science in Siberia From the Perspective of Global Management
(Summary)
新潟大学・敬和学園大学他非常勤講師
富山栄子 …………………………… 20
Eiko Tomiyama, in Economics Ph. D. Visiting Lecturer, Niigata University &
Keiwa College
■ 会議・視察報告
◎ 北東アジア港湾物流状況調査ミッションによるロシア極東、中国黒龍江省訪問記
ERINA調査研究部研究主任
筑波昌之 …………………………… 34
◎ 回復基調に入った北朝鮮経済
ERINA調査研究部研究員
三村光弘 …………………………… 36
◎ 大図們江及び北東アジア地域投資フォーラム
ERINA客員研究員
成実信吾 …………………………… 38
◎ 遼寧省観光フォーラム
ERINA特別研究員
三橋郁雄 …………………………… 40
◎ 第 1 回極東国際経済会議
ERINA総務課長
新井洋史 …………………………… 41
◎ 韓国・日本CDMワークショップ
ERINA調査研究部研究員
伊藤庄一 …………………………… 43
◎ ESCAP北部アジア鉄道回廊コンテナ輸送推進会議
ERINA調査研究部主任研究員
辻久子 ……………………………… 45
◎ Pacific Energy Forum‒2005
Enkhbayar Shagdar, Researcher, Research Division, ERINA …………… 49
■ 北東アジア動向分析 …………………………………………………………………………………… 50
■ Research Division: International Activities, Conferences and Workshops
July October 2005 ……………………………………………………………………………………… 55
■ Book Review「中国経済のジレンマ 資本主義への道」
・「中国激流 13億のゆくえ」…………… 57
■ 研究所だより …………………………………………………………………………………………… 58
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
(Key Person Interview)
The Trans-Korean Railway Could be Further Extended to the
‘Iron Silk Road’
Interview with Dr. Yeon-hye Choi, Vice-President of the Korea Railroad Corporation (KORAIL)
ERINA: Congratulations on the success of the 14th CCTST
meeting, which took place in Seoul and was co-hosted by
KORAIL and KIFFA. What was your impression of the
meeting as an organizer?
Choi: This event was one of the biggest international
meetings hosted by KORAIL, attended by about 350
participants, including 200 foreign guests. The CCTST is
a very big organization, encompassing 128 members from
21 countries, including countries in Europe and Central
Asia with which we are less familiar. An intra-continental
railway network could link them with the ROK via the
ʻIron Silk Roadʼ, so it was an excellent opportunity to
develop new contacts with these countries and obtain first
hand information. From my own perspective, it had the
advantage of giving me the chance to gain an overview of
the state of the railways in these countries.
ERINA: You made a very interesting presentation during
the meeting regarding the Trans-Korean Railway vision.
Could you please give our Japanese readers an overview of
the concept, plans and progress to date?
demarcation line, as well as the construction of stations
along the line. In North Korea, the section between the
military demarcation line and Geumgangsan Station has
been completed. Gamho and Samilpo stations are also
under construction and are due to be completed by the end
of this year.
Choi: Since the historic North-South summit on 15th June
2000, North and South Korea have worked hard to establish
a new era of mutual reconciliation and cooperation. To
this end, three major projects have been proposed: the
Geumgangsan tourism project, the Gaesung Industrial
Park, and the reconnection of railways and roads between
the two countries. With regard to the latter goal, restoring
the missing railway links between the two countries is a
prerequisite for inter-Korean economic cooperation and the
connection of our rail network to trans-continental railways.
There are four missing railway links between North and
South Korea, on the Gyeongui, Gyeongwon, Donghae and
Geumgangsan lines. We are now trying to reconnect the
west-coast Gyeongui line and the east-coast Donghae line.
The restoration of the Gyeongui line, services along which
have been suspended since 11th September 1945, began in
September 2000 and the Munsan-Gaesung section has been
completed. In addition, the construction of CIQ facilities
in South Korea is underway, along with the Panmun and
Sonha stations in North Korea, and we expect them to be
completed by the end of this year.
ERINA: So everything is expected be ready by the end of
this year. What will be the advantages of reconnecting these
missing links?
Choi: The reconnection of the Trans-Korean railway is of
great significance, first and foremost because it will help to
ease tension between the two Koreas and establish peace
in Northeast Asia by connecting the TKR across the DMZ
(Demilitarized Zone) by land. Secondly, it will restore the
homogeneity of the Korean people by increasing social
and cultural exchanges. Thirdly, it will reduce logistical
costs whilst increasing economic benefits by using the
railways instead of sea transport. If we compare sea and
rail transport between Incheon in South Korea and Nampo
in North Korea, estimates suggest that using railway
transport will reduce delivery times by approximately six
days, reducing transport costs by $500 per TEU. We can
expect considerable economic benefits in cargo transport
between the North and South, in terms of reduced costs and
increased volumes.
ERINA: How about the progress of the Donghae line?
Choi: Work on the South Korean section of the Donghae
line began in September 2002. This involves the building
of 3.8km of track from Jojin Station to the military
1
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
ERINA: What will be the long-term benefits besides interKorean trade?
ERINA: The railway facilities in North Korea may be a
problem. Additionally, a transshipment station must be
constructed near Tumangan. The North Koreans may also
demand a transit fee.
Choi: If the construction of the Trans-Korean Railway
(TKR) is completed, it will be connected to the Eurasian
Continent via four different routes: the Trans-Siberian
Railway (TSR), the Trans-Manchurian Railway, the TransMongolian Railway, and the Trans-China Railway (TCR).
Europe-bound cargo from South Korea, Northeastern China
and Mongolia can be transported by means of this transcontinental railway network. Trade between South Korea
and Northeastern China also will become more efficient if
the TKR is used instead of sea transportation. Enormous
economic benefits could result from linking the TKR to
the trans-continental railway network. The project will
make a significant contribution to revitalizing the transport
market and facilitating economic cooperation in Northeast
Asia through the transport of abundant natural resources to
other parts of the region. This will enable many countries
to participate in the development of natural resources and
energy in Northeast Asia and Siberia. Furthermore, the
railway link will reduce transport times and costs while
increasing the economic benefits for all the countries
concerned.
Choi: I have observed that the North Korean railway has a
timetable and does run, albeit slowly. We would be happy
if a small pilot train could run between the North and South
slowly without serious problems.
ERINA: What do you think are the possibilities of using the
TKR for passenger trains?
Choi: Every year, almost 3 million South Korean people
visit Beijing. If just 10% of these people were to travel to/
via North Korea, it would be a big market. South Koreans
are curious and willing to see North Korea. People can
sleep in sleeper cars, so they donʼt have to worry about
hotel problems in North Korea.
ERINA: What are the issues and obstacles to be overcome
before we can enter the era of an integrated Northeast Asian
railway network?
Choi: Firstly, the volume of rail transport is much
smaller than that of sea transport due to unstable fares
and unreliable services. There are problems that must be
resolved in order to attract more cargo onto the railways,
such as the unreliable tariff policy, the lack of wagons,
and the irregular allotment of containers, although it
would be fair to say that the quality of the rail service has
improved in recent years. Secondly, rail transport is still not
sufficiently punctual. Thirdly, Northeast Asia and East and
West Europe all have different freight transport systems.
Rail transport will be more efficient if fewer administrative
and technical procedures are required during stopovers. As
the situation currently stands, these institutional differences
require new freight bills to be issued every time a train
passes through a country with a different policy or system.
Fourthly, procedures such as customs clearance, document
inspections, transshipment and bogie changes slow down
the border-crossing process. Last but not least is the issue
of how to enhance the load efficiency of containers on their
return journey, as there are currently disparities in east- and
west-bound cargo volumes.
ERINA: What are the economic benefits expected to result
from the connection of the TKR with the trans-continental
railway network?
Choi: It is estimated that transport by rail from Busan
via the TKR to the TSR will take ten days less than
transporting the cargo by sea, saving $300~1,000 per TEU.
Rail transport from Busan via the TKR to TCR is expected
to save $200~600 per TEU. The reduced logistical costs
are expected to be greater given that more than 25% of the
volume of import and export cargo handled at Busan Port
comes from the Seoul metropolitan area.
ERINA: What will be the next steps?
Choi: The technical preparations for running a test train have
been completed, but there are political problems, including the
nuclear issue, that must be solved before further progress can
be made. In particular, the modernization of North Koreaʼs
railway infrastructure is the prerequisite for to the connection
of the TKR and the trans-continental railway network.
In order to resolve this issue, it is crucial to have a full
understanding of the status of the North Korean railway and
to determine what should be done with regard to modernizing
its railways and finding available funding sources through
international arrangements between the countries involved.
ERINA: Thank you very much.
Interview conducted by Hisako Tsuji, Senior Eunomist,
Research Division , ERINA, on 28th October 2005 in Seoul
Profile of Dr. Yeon-hye Choi
1979 B.A.
Seoul National University
1982 M.A.
Seoul National University
1989
Diplom Kauffrau from the University of Mannheim (Germany)
1994
Dr. rer. pol. (Business Administration) at University Mannheim (Germany)
1995 ~ 1997
Research Fellow at KIET (Korea Institute for Industrial Economics & Trade)
1997 ~ 2004
Prof. Korea Railroad College (Dept. of Management of Railroad Transportation)
Since Nov. 30, 2004 Vice-President of KORAIL
2
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
3
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
(キーパーソンインタビュー)
「朝鮮半島縦断鉄道を延長して鉄のシルクロードを造ろう」
韓国鉄道公社(KORAIL)
副社長 崔然恵博士に聞く
−韓国鉄道公社(KORAIL)と韓国国際貨物フォーワーダー
た。これには、猪津駅から軍事境界線までの3.8kmの鉄道
協会(KIFFA)の共催でソウルにて開催されたシベリア横
路線と沿線の駅の建設が含まれます。北朝鮮側では、軍事
断鉄道調整評議会(CCTST)第14回年次総会の成功、お
境界線から金剛山駅まで完成しています。鑑湖駅 と三日
めでとうございます。主催者としての印象はいかがでした
浦駅も建設中で、今年中に完成予定です。
か。
(崔)今回の総会は、KORAILが主催する国際会議の中で
−つまり、すべてが今年中に完成の見込みということです
最大のイベントの 1 つとなりましたが、海外からの参加者
ね。この分断区域を結ぶことによってどのような利点が生
200名を含む350名の参加がありました。CCTSTは非常に
まれますか。
大きな組織であり、ヨーロッパや中央アジアのあまり馴染
(崔)朝鮮半島縦断鉄道(TKR)の再連結は大きな意味
みのない国々を含む21カ国128の会員から成り立っていま
を持ちます。第 1 に、最も重要なことですが、非武装地帯
す。大陸内の鉄道ネットワークは「鉄のシルクロード」経
を陸路で通るTKRを結ぶことで 南北 間の緊張を和らげ、
由でこれら諸国と韓国を結びつけることが出来るでしょ
北東アジアの平和を作り出します。第 2 に、社会的、文化
う。これらの国々と新しい関係を築き、直接情報を入手す
的交流を高めることで、朝鮮民族の一体感を復活させるで
ることができる素晴らしい機会でした。私には、参加国に
しょう。第 3 に、海路ではなく鉄道を利用することで、経
おける鉄道の概況を知る良い機会となりました。
済的利益を上げ物流コストを低減させます。韓国の仁川と
北朝鮮の南浦間の海上と鉄道の輸送コストを比較すると、
−総会では、朝鮮半島縦断鉄道構想について大変興味深い
鉄道輸送の場合、配送日数をおよそ 6 日間短縮でき、輸送
発表をされましたね。日本の読者に対して、この構想のコ
コストは500ドル/TEU削減されると予測されています。
ンセプトや計画、進捗状況についてお話いただけますか。
コスト削減と輸送量の増加に関して言えば、南北間の貨物
(崔)2000年 6 月15日に行われた歴史的な南北首脳会談以
輸送は大いに経済的恩恵が期待できます。
来、韓国と北朝鮮は相互和解と協力の新しい時代を築くた
めに大変な努力をしてきました。この目的の達成に向けて、
−朝鮮半島内の貿易以外に、どのような長期的な利点があ
金剛山観光事業、開城工業団地、そして 2 国間の鉄道・道
るでしょうか。
路の再連結という 3 つの大きな事業が提案されてきました。
(崔)TKRが完成すれば、シベリア横断鉄道(TSR)
、満
三番目の目的のためには、 2 国間の鉄道の分断区域を復旧
州里横断鉄道、モンゴル横断鉄道、中国横断鉄道(TCR)
することが朝鮮半島内の経済協力、並びに私たちの鉄道
という 4 つの異なるルートでユーラシア大陸と繋がります。
ネットワークと大陸横断鉄道の連結にとり必須条件です。
韓国、中国東北部、モンゴルからヨーロッパへの貨物は、
韓国と北朝鮮の間には、京義線、京元線、金剛山線、東海
この大陸横断鉄道ネットワークを利用して輸送することが
線上に鉄道分断区域が 4 カ所あります。現在、我々は西海
可能です。海路の代わりにTKRを利用すれば、韓国と中
岸の京義線、東海岸の東海線の再連結を目指しています。
国東北部の貿易もより効率性を高めるでしょう。TKRと
1945年 9 月11日から運行が停止されていた京義線の修復が
大陸横断鉄道ネットワークを結ぶことで、非常に大きな経
2000年 9 月に始まり、汶山∼開城間が完成しました。さら
済効果が生まれます。この事業は、豊かな天然資源を他の
に、北朝鮮の板門、仙霞駅と並んで、韓国の税関、出入国
地域に輸送することによって、北東アジアの輸送市場の活
管理、検疫の各設備の建設も進んでおり、今年中の完成を
性化と経済協力の推進に大いに貢献するでしょう。また、
期待しています。
多くの国々が北東アジア及びシベリアの天然資源とエネル
ギーの開発に参加することを可能にするでしょう。
さらに、
−東海線の進行状況はいかがですか。
鉄道の連結は輸送の時間とコストを減らし、すべての関係
(崔)東海線の韓国側の作業は2002年 9 月に始まりまし
諸国の経済的利益を増加させるでしょう。
4
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
−TKRと大陸横断鉄道ネットワークとの連結からは、どの
の 1 割だけでも北朝鮮へ行ったり北朝鮮経由で旅行するこ
ような経済的利益が期待されますか。
とになれば、大きな市場になります。韓国人は北朝鮮に興
(崔)釜山からTKR経由でTSRを利用する鉄道輸送では、
味津々で見てみたいと思っています。寝台車で寝れば、北
海上輸送に比べて10日間短く、300∼1,000ドル/TEU削減
朝鮮のホテル事情を気にしなくてもすみます。
できると試算されています。釜山からTKR経由でTCRへ
の鉄道輸送に関しては、200∼600ドル/TEUの削減が期
− 1 つに統合された北東アジア鉄道ネットワークの時代に
待されています。釜山港で取り扱う輸出入貨物量の25%以
突入する前に、私たちが克服しなければならない課題や障
上がソウルの主要都市部から来ることを考えれば、輸送コ
害は何ですか。
ストの削減はさらに大きいものとなるでしょう。
(崔)第 1 に、価格が不安定でサービスが信頼できないこ
とから、鉄道輸送の取扱量は、海上輸送に比べて大幅に少
−次のステップは何ですか。
ないことがあります。近年、鉄道サービスの質は向上して
(崔)試験車輌の運行に向けた技術的な準備は完了しまし
いると言えるでしょうが、鉄道貨物量を増やすためには、
たが、核問題など、この先に進む前に解決されなければな
関税政策の不確かさ、貨車不足、変則的なコンテナの割り
らない政治的課題があります。特に、北朝鮮側の鉄道イン
当てなど、解決しなければならない問題があります。第 2
フラの近代化は、TKRと大陸横断鉄道ネットワークの連
に、鉄道輸送は未だに定時運行が十分ではありません。第
結に必要不可欠です。この問題解決のためには、北朝鮮の
3 に、北東アジアと東西ヨーロッパでは、それぞれ貨物輸
鉄道状況をよく理解し、関係各国の国際的調整を通じて鉄
送システムが異なります。鉄道輸送は途中の行政・技術上
道の近代化と資金源確保のために何をするべきかを決める
の手続きが少ないほど効率が上がります。現在の状況では、
ことが大切だと思います。
このような制度上の違いから、列車が規定や制度が異なる
国を通過する度に新しい運賃勘定が発生することになりま
−北朝鮮の鉄道施設が問題となりそうですね。加えて、図
す。第 4 に、通関、書類審査、積み替え、台車交換などの
們江の近くに積み替え駅の建設が必要です。北朝鮮は、通
手続きが国境通過の過程を遅らせることになります。最後
過料を要求するかもしれません。
に、現在西向きと東向きの貨物量に格差があることから、
(崔)北朝鮮の鉄道には時刻表があり、ゆっくりですが、
復路のコンテナ荷物の効率をいかに上げるかという問題が
実際に運行されています。試験車輌が南北の間を大きな問
あります。
題なくゆっくり走行できれば良いのです。
−どうもありがとうございました。
(2005年10月28日 ソウルにて)
−TKRを旅客車輌として利用するという可能性について
聞き手:ERINA調査研究部主任研究員 辻久子
は、どの思われますか。
(崔)毎年約300万人の韓国人が北京を訪れます。もしこ
プロフィール
1979年
ソウル大学卒業
1982年
ソウル大学大学院卒業
1989年
ドイツ・マイハイム大学Diplom Kauffrau取得
1994年
ドイツ・マイハイム大学経営学博士学位取得
1995∼1997年
韓国産業研究院研究員
1997∼2004年
韓国鉄道大学教授(運輸経営学)
2004年11月30日から 韓国鉄道公社(KORAIL)副社長
5
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
Russia’s Energy Politics: Focusing on New Markets in Asia
Vladimir I. Ivanov
Director, Research Division, ERINA
In Russiaʼs foreign policy, the central direction
taken after September 11, 2001 was a close cooperative
relationship with both the US and Europe. However,
Vladimir Putinʼs second term in office continues to
be fraught with western complaints about his neoauthoritarianism and the declining significance of
democratic institutions in Russia. US-based organizations
are leading this diverse chorus of voices. According to
“Freedom House”, for example, Russia has been singled
out as a country that has become less democratic and more
authoritarian during George W. Bushʼs presidency.1
Fortunately for Putin, pragmatic overtones in
his relationships with the West prevail. In addition to
Russiaʼs efforts in combating international terrorism,
political leaders in Europe and, increasingly, in the US are
concentrating their attention on Russiaʼs role as a supplier
of energy to the world markets. On January 1, 2006, Russia
will assume the rotating presidency of the G8. The next
G8 summit in St. Petersburg will focus on energy security.
The focus on energy is in Russiaʼs interests because it is,
indeed, positioning itself as an “energy mega-exporter”, or,
at the very least, an indispensable supplier of oil and natural
gas to Europe.
The long-term forecast that the Russian government
seems to be adopting consists of the following projections
and estimates:
• Global energy demand to increase by one-third by
2020, and by 45% by 2025
• Oil demand to grow by 42% by 2025, increasing
by 35 million barrels a day (Mbd) over current
consumption levels
• Developing economies could account for up to 45%
of incremental oil demand
• Demand for natural gas to increase by 60%,
requiring an additional 1.7 trillion cubic meters
(Tcm) of supply
• By 2020, dependency on natural gas imports on
the part of the developed economies of Europe to
increase to 60–70%
• By 2015, Russia to produce about 530 million tons
(Mt) of oil a year (10.6 Mbd), exporting about
310 Mt (6.2 Mbd).
• By 2015, oil production in the new production areas
in Eastern Siberia, Yakutia and Sakhalin to reach
about 75 Mt a year
• By 2015, the Asia-Pacific region to account for 15 –
18% of Russiaʼs oil exports, supported in large part
by an oil pipeline from Eastern Siberia to the Pacific
Ocean coast.
• By 2015, natural gas production to reach 740 Bcm,
allowing exports of 290 Bcm, with natural gas
production in Eastern Russia to increase by a factor
of 15 over the current level, reaching about 75 Bcm.2
In the context of these projections, plans and
expectations, Moscow has begun pursuing an active
policy towards Asia, rapidly expanding its economic
links with China, Japan and the ROK. The purpose of this
brief overview is not so much to clarify the prospects for
Russiaʼs energy links with Asia, but rather to raise the
following questions: (1) Why is this shift important for
Russiaʼs economic interests? (2) How may these links
affect Russiaʼs development prospects? (3) What are the
problems that could hinder Russiaʼs drive to become a
“global” supplier of energy with new access to the huge
markets in the Asia-Pacific region?
Shifting Status …
Despite its readiness to host the G8 summit and
progress in its relations with its eastern neighbors, Russia
continues to find itself in very difficult socio-economic
circumstances, including widespread poverty, low
productivity, an unfavorable long-term life expectancy
scenario and declining population, not to mention many
other shortcomings with regard to education, public health,
regional development and government inefficiency.
In this context, the “energy mega-exporter” scenario
is perhaps the only medium-term option for enabling the
political leadership and the government to cope with various
challenges associated with the countryʼs unexpected and
swift transition to capitalism, as well as declining influence
in the world affairs. Indeed, ongoing geo-political and geoeconomic shifts, domestic market forces and the rapidly
growing external demand for oil and natural gas have so far
been more than convincing in adopting this scenario as a
viable option.
Since 2000, oil production in Russia has increased
by 40%, while in 2005 it could grow further by about
3%, meaning an additional 13 – 15 Mt, which is roughly
equivalent to the amount of oil exports to China by
rail planned for 2006. In September 2005, Russian oil
companies were producing 9.53 Mbd, with 349.5 Mt being
produced between January and September, representing a
2.4% increase on production volumes in the same period of
1
“Russiaʼs step backwards into the Not Free category [from “Partly Free”] is the culmination of a growing trend under
President Vladimir Putin to concentrate political authority, harass and intimidate the media, and politicize the countryʼs lawenforcement system,” said Freedom House Executive Director, Jennifer Windsor.
See: http://www.freedomhouse.org/media/pressrel/122004.htm
2
Victor B. Khristenko, “The 21st Century Energy Sector: Efficiency and Security,” Opening Speech at the Main Session of
the 5th All-Russia Oil and Gas Week, Moscow, October 31, 2005.
6
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
offshore Chaivo field. By 2007, output from Sakhalin 1
could reach 0.25 Mbd.
Table 1. Global Output Shares: 1980-2015 (in
purchasing power parity terms)*
US
EU25
Japan
China
India
Brazil
Russia
Other
1980
20
26
7
3
3
4
4
34
2003
21
22
7
13
6
3
3
25
2015
19
17
5
19
8
3
2
27
… and Growing Revenues
Growing oil exports and favorable oil prices
contributed to the Russian Central Bankʼs hard currency
and gold reserves, while also facilitating the establishment
of the Stabilization Fund 4 (Table 2), followed by the
Investment Fund and allowing the swift repayment of
Russiaʼs external debt.
As Table 2 demonstrates, the Stabilization Fund is
modest in comparison with similar funds established by
many other economies, both oil-producing and exportoriented economies that import oil. However, in the current
economic context, the fund could serve as a significant
source of stability and certainty in periods of low oil prices.
Reportedly, the fund could grow further, expanding to $100
billion by 2008 and reaching one-third of the projected hard
currency and gold reserves.
Source: IMF, Consensus Forecast, HM Treasury in “Longterm Global Economic Challenges and Opportunities for
Europe”, (London: March 2005, HM Treasury), p. 25.
the previous year. Russiaʼs oil exports are growing faster
than production. In September 2005, non-CIS exports
via Transneftʼs pipeline system climbed to a new high of
3.99 Mbd, an increase of 15.5% compared with same period
of last year. In 2005, total exports, including those by
pipeline, rail and other means (the latter accounts for about
4.5% of the total), could expand by 10–11%. In physical
terms, exports would constitute about 275 Mt, with domestic
demand remaining close to 200 Mt,3 refining about 70 Mt of
products to be also exported, in addition to crude oil.
New projects are coming on line. Following Sakhalin
2, the Sakhalin 1 project will further boost crude output
and exports. On October 2, 2005, ExxonMobil, the project
operator, launched commercial oil production at the
Current Priorities
Obviously, in maintaining and enhancing its role as a
leading oil producer and exporter, Russia needs to sharpen
its strategic focus in a number of areas, including investing
in infrastructure that opens up new export routes, enlarging
reserves, marketing and other issues.
Ironically, the first and foremost concern lies with
the countries of Europe, the Baltic States and the CIS
neighbors. Following the dissolution of the Soviet Union,
Russia lost major ports in the west, including those on the
Black Sea (Odessa) and the Baltic Sea (Tallinn, Ventspils,
Table 2. Sovereign (Stabilization) Funds in Russia and Other Countries*
Country
United Arab Emirates
Norway
Singapore
Hong Kong
Kuwait
Singapore
Brunei
USA Alaska
Russia
Malaysia
Taiwan
Canada
Iran
Kazakhstan
Fund Name
Abu Dabi Investment Authority
Government Petroleum Fund
GIC
Investment Portfolio (HKMA)
Kuwait Investment Authority
Temasek Holdings
Brunei Investment Authority
Permanent Reserve Fund
Stabilization Fund
Khazanah National BHD
National Stabilization Fund
Alberta Heritage
Foreign Exchange Reserve Fund
National Fund
Assets
250,000
170,000
100,000
100,000
65,000
55,000
30,000
29,800
29,000
15,800
15,800
9,800
8,000
5,200
Established
n/a
1990
1981
1998
1953
1974
1983
1976
2003
1993
n/a
1976
1999
2000
Source
Oil
Oil
Non-commodity
Non-commodity
Oil
Non-commodity
Oil
Oil
Oil
Non-commodity
Non-commodity
Oil Trust Fund
Oil
Oil, gas , metals
* Above $5 billion
Source: Andrew Rozanov, “Who Holds the Wealth of Nations?”, State Street Global Advisors, August 2005, p. 2
3
In January-June 2005, Russiaʼs oil exports stood at 125 Mt. They were valued at $32.5 billion and a ccounted for 33% of
export revenues and 53.4% of exports of fuels (in June, the average export price for “Urals” was $324 per ton).
4
The fundʼs main source of income is revenue dependent on oil prices, namely oil export duties and the oil extraction tax.
If the “actual” price exceeds the “base” price, the surplus is transferred to the fund. In addition, the government decides on
an annual basis whether to transfer part or all of any fiscal surplus, regardless of the source. On the other hand, if the oil price
drops below the federal budgetʼs break-even point, the stabilization fund will be used to bridge the deficit. It may also be used
to cushion expenditure burdens, such as foreign debt payments when the fund exceeds a certain limit.
7
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
Riga, Klaipeda and Butinge). It now has to pay transit fees
and port charges for transporting oil by pipelines built
by Transneft on the territories of Ukraine and Belarus.
In the context of avoiding transit via these countries, the
construction of the Baltic Trunk-line System (BTS), with
its current annual capacity of 50 Mt, appears to be a major
breakthrough.
Secondly, Russia wants to reduce its current
dependence on Europe as the dominant destination for
oil exports.5 According to Transneft, this dependence is
behind the phenomenon that can be called the “European
discount”. Similar to the “Asian premium”, which oil
importers in Northeast Asia pay because they lack adequate
supply alternatives, the “European discount” reflects the
lack of alternative outlets.6 In this context, diverting some
30 Mt of oil from Western Siberia to markets in the AsiaPacific region means higher revenues.
Thirdly, the government intends to build up modern
refinery capacity in Russia. Among other plans, it is
proposed to limit the mixing the high-sulfur oil produced
in the Volga region7 with light oil extracted in Western
Siberia. “Urals” — Russiaʼs main export oil blend — is the
result of such mixing. Because of the widening gap in the
prices of Brent and Urals, the discount for Urals compared
with Brent recently reached $5–6 per barrel. If high-sulfur
oil were cut off from the export pipeline, the value of
Western Siberian oil would increase, promising additional
revenues.
Fourthly, the government envisages oil output
reaching 530 Mt by 2015–2020, including 75 Mt produced
from new sources in Eastern Siberia and the Far Eastern
region. Under this scenario, oil exports could reach 310 Mt
by 2020, with 30% of these volumes directed to markets in
Northeast Asia and around 2020.
Fifthly, with the cost of adding new delivery
infrastructure and new reserves on the increase, the total
amount of investment required for the oil sector in the
next 15 – 20 years could be close to $240 billion, including
the huge amount of investment needed for geological
exploration and development in new areas.
Finally, in order to ensure that oil-producing
companies invest in new exploration and development
projects in new areas, delivery infrastructure must be built.
The two-phase project called the Eastern Siberia Pacific
Ocean pipeline (abbreviated in Russian as VSTO) should
serve as the infrastructural backbone of the Russian oil
strategy, aimed at (1) reduced export dependence on Europe
to avoid unwanted commercial losses8, (2) a drastically
improved environment for exploration and development in
new areas, and (3) the industrial and social advancement of
Russiaʼs eastern regions.
The VSTO Project
Recently, Transneft has submitted a feasibility study
on the VSTO pipeline project to the government for review.
The document pertains to the first phase of the project only,
which envisages the construction of the 2,400 km, 0.6 Mbd
capacity Taishet-Skovorodino section and an oil terminal on
Perevoznaya Bay. If approved, construction will reportedly
be completed in 2008. Transneft plans to raise $6.6 billion
to finance the first phase of the project, including a
$5 billion issue of Eurobonds.9 In the meantime, President
Putin has declared the VSTO pipeline to be a project of
national significance, requesting from the government to
speed up all the inter-agency approval procedures in late
October 2004.
The second phase of the VSTO project may be
financed through a project-financing scheme, bringing the
full cost of the pipeline to $11~15 billion. The second phase
will include the 1.0 Mbd pipeline stretch from Skovorodino
to Perevoznaya and the expansion of the capacity of the
Taishet – Skovorodino section to 1.6 Mbd. In addition, the
government plans to maintain and increase its oil-by-rail
exports to China and may consider a pipeline connection
from Skovorodino to Daqing. This approach mirrors the
one proposed by the 2020 Energy Strategy: a pipeline to
the Pacific coast (50 Mt) plus a branch pipeline to Daqing
(30 Mt).
What is known is that by October 2005, according
to Russian Railways Co., Russian oil companies shipped
5.7 Mt of crude oil by rail to China, an increase of 22% over
the same period in 2004. A preliminary agreement had been
reached between Transneft and the CNPC on studying the
issue of building an oil pipeline from Skovorodino to the
Chinese border. On the other hand, It seems that the Russian
government does not plan to sign an intergovernmental
agreement for such a project to replace oil shipments by
rail, referring to its purely commercial nature.
The implementation of the second phase of the
project would depend on overall progress in developing
the oil fields already licensed to companies (YurubchenoTakhomskoe, Kuyumbinskoe, Srednebutuobinskoe,
Verkhnechonskoe and Talakanskoe), as well as progress
in implementing the special program of licensing new lots
for development. Feed pipelines have also been planned to
deliver oil from the new fields to Taishet and Kazachinskoe.
5
In 2003, 58% of Russian oil exports were to the EU and 22% of total net EU oil imports in 2002 came from Russia. This
represented 16% of total EU oil consumption. In addition, 88% of its total natural gas exports were delivered to European
countries. Approximately 65% of the natural gas exported to Europe in 2003 was delivered to the EU, representing 32% of EU
gas imports and 19% of total EU gas consumption.
6
Reportedly, this means a loss of about $1 on each barrel ($7 per ton) of exported oil.
7
Produced by Tatneft, Bashneft, TNK-BPʼs Udmurtneft and Saratovneftegaz, as well as YUKOSʼs Samaraneftegaz.
8
Transneft also plans to build the 0.48 Mbd Northern Pipeline, which will run from Kharyaga in the Timan Pechora oil
province to Indiga on the Pechora Sea, probably at the same time as the Pacific pipeline is being constructed. Previously,
Transneft had planned to launch the former only once the initial stage of the latter had been completed. The northern pipe is to
carry crude from the Timan Pechora region, an area being developed by LUKoil.
9
Transneft maintains that it can raise as much as $7 – 8 billion for a period of 15 – 18 years at an attractive refinancing rate.
During the last 48 months, the company has invested about $3 billion by borrowing money.
8
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
In any event, filling the pipeline with oil would be the
responsibility of the oil companies, including those under
state control. According to Rosneft, there will be enough oil
to operate the project profitably.
Firstly, Rosneft itself made a decision on constructing
a feeder pipeline, connecting its Vankor fields in
Krasnoyarskiy Krai with Transneftʼs system. It will be
350km long, with an annual capacity of 18 Mt, the volume
Vankor will produce 4–5 years after production begins.
Secondly, the Talakan field in Yakutia could produce
8 – 10 Mt of oil by 2010 – 20012. Surgutneftegaz, the
project operator, also announced its plans to build a feeder
pipeline that, on its way south, could also connect the
Verkhnechonskoe field to the VSTO pipeline.
Thirdly, for TNK-BP, eastward-oriented projects
are also likely to be a priority direction, including the
development of the Verkhnechonskoe field with its
201.6 Mt of reserves. This is indicated by the recent
decision by the company to allocate $270 million for
the test phase of oil production and plans to coordinate
production with the VSTO pipeline project.
Meanwhile, in 2005, the Natural Resources Ministry
published a list of 104 blocks to be offered for exploration
by private companies. The list supplements a similar catalog
of 137 prospects published earlier. Both lists include seven
exploration licenses set aside for Russian entities only.
Reportedly, “strategic fields”, i.e. those subject to particular
restrictions under Russian legislation, are defined as those
with reserves (or resources) above 1.1 billion barrels of oil
and 1 trillion cubic meters of natural gas.
The Pacific pipeline, indeed, is very important for
Russiaʼs trade and policy ties with Northeast Asia. It could
play a significant role in oil supply to Northeast Asia,
including Japan and China. The best option is to consider
this pipeline in a broader integrative context, promoting
trilateral and multilateral cooperation.
There are many uncertainties with regard to how fast
and to what extent the reserves of natural gas in Eastern
Russia can be developed. The list of concerns includes the
following issues:
• The future of the Kovykta project, prospects for the
separation of helium and its storage
• The separation of other valuable components for
export-oriented industrial use
• Prospects for gas transformation technologies and
exports of liquids
• Prospects for region-to-region export supply projects
• Prospects for the new development of urban areas
• Prospects for the improvement of agricultural
settlements
• The protection of coal industry interests in Eastern
Russia.
Finally, the pricing of natural gas — domestic and
international — will define the development prospects of the
gas industry in Eastern Russia, as well as the feasibility of
investment in exploration and development in areas with
very harsh climatic and terrain conditions. To that extent,
long-term trends in the price of oil could provide some
guidance. In most of the recent forecasts, western energy
analysts agree that $35 – 40 per barrel (bbl) could constitute
a new plateau in prices, driven by strong demand on the part
of China, India, the US and Europe, as well as low spare
capacity. Some of them suggest that a likely scenario would
see oil prices rising to $80/bbl by 2008, before dropping to
$60/bbl by 2012, reflecting the influence of high costs on
demand.10
Unlike in the cases of oil and LNG exports, which are
mostly driven by the markets, the prospects for pipeline
gas exports will depend on the policies and energy choices
made by the governments of neighboring countries,
including China, the Koreas and Japan. It is worth noting
that, speaking at the Siberian Energy Congress held in June
2005 in Irkutsk, Anatoliy B. Yanovskiy, Director of the
Energy Department of the Ministry of Industry and Energy,
briefly mentioned the draft agreement prepared with the
ROK with regard to pipeline gas supplies. The relevant
discussions between Gazprom and KOGAS took place
in Moscow in May 2003. In January 2005, a high-level
delegation from Gazprom visited Pyongyang. It is also
possible that the high-level contacts between Russia and
China will facilitate the securing of market access for gas
produced by the Sakhalin 1 project.
Natural Gas in Eastern Russia
Both in Eastern Siberia and the Far Eastern region,
the confirmed reserves of natural gas are much larger than
the confirmed reserves of oil, but among the problems
constraining the development of these reserves are (1) the
limited domestic demand for gas; (2) the lack of access
to neighboring markets, which are either insufficiently
prepared for receiving pipeline gas, or rely on LNG,
or both; and (3) expensive delivery infrastructure and
processing facilities (Table 3).
Table 3. Natural Gas in Eastern Russia: 2010 –2030 (Bcm, including LNG)
2010
60
15
15
17
32 – 47
Extracting potential
Regional domestic demand (Eastern Siberia and Far East)
Additional domestic demand (if connected to UGS)
External demand
Anticipated production range
2020
160
29 – 35
51
40
79–130
2030
190
44
80
50
130
Source: Anatoliy B. Yanovskiy, “Energy Strategy of Russia and the Role of Siberia and the Far East”, address at the Siberian
Energy Congress, Irkutsk, June 7, 2005.
10
Fereidun Fesharaki, FACTS Inc., cited in the Oil & Gas Journal, May 2005, p.5.
9
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
In Japan, on the other hand, the most recent METI
publication, “FY2006 Economic and Industrial Policy:
Key Points”, refers to the set of issues called “Securing a
stable energy supply by strengthening fuel strategy.”11 This
document identified various measures and steps, including
the following:
• The independent development of oil and natural gas
in such strategic areas as Russia
• The diversification of supply sources
• The protection of Japanese mining rights in the East
China Sea and other areas
• The strengthening of Japanʼs relationship with oiland gas-supplying nations
• The promotion of natural gas-related research and
development.12
constructing liquefaction plants. The number of importers
is also increasing. The UK, India and China are currently
building their first re-gasification facilities, and the
Dominican Republic and Portugal already opened their
LNG terminals. About 40 new LNG projects have been
proposed in North America. LNG currently supplies about
2% of U.S. gas consumption, but could take a 25% to 30%
share of the gas market by 2020.
Increasing prices for natural gas could allow
Compressed Natural Gas (CNG) transportation technology13
to become a viable alternative in delivering gas to markets
with stable but limited demand. Projects offshore from
Sakhalin, in particular stranded and associated gas, could
serve as the long-term resource base for supplying CNG to
Northeast Asia, including Niigata, for example, considering
its pipeline grid, which reaches other locations in Japan.
The strength of a CNG system is the ability to start
small and to add (or redeploy) capacity as the market
changes. The big advantage of Niigata is the availability
of underground gas storage, as well as backup gas systems
represented by local natural gas production and the LNG
base.
The bulk of the capital and operating costs in a CNG
system is accounted for by the ships or barges, and the
main challenges are reducing loading/unloading times
and the distance to be covered from the supply source to
markets. Only a few years ago, experts would comment
on the prospects of CNG in a somewhat skeptical way:
too much metal and too little gas to move. Technologies,
however, were improving rapidly. A new concept for
CNG transportation and a new type of ship were recently
proposed with a containment system that is 50% of the
weight required by conventional pressure ship design.14
The new types of ship (VOTRANS 15 and PNG 16
types) are much lighter in weight, making possible a large
storage volume of up to 34 million cubic meters of gas. For
distances of 2,500 nautical miles or less, these technologies
should be competitive both vis-à-vis pipeline gas and LNG.
The CNG carriers could serve as transport and storage
vehicles, discharging their cargo directly into the landbased gas grid via both offshore and onshore terminals, thus
avoiding costly liquefaction, re-gasification and storage.
In addition, METI intends to promote the
environmentally friendly and efficient use of natural gas.
To fulfill these goals, realistic transportation options
for promoting natural gas imports from Eastern Russia
(Sakhalin) should be reviewed. What could be highly
desirable is to promote further innovation in the natural
gas sector, aiming at the new industries creation that would
follow the success of Liquefied Natural Gas (LNG).
The LNG industry is about 40 years old. It is
still relatively new and regionalized in terms of LNG
consumption. At the same time, this is very dynamic
sector, which is expanding faster than any other sector of
the international oil and gas industry. The economies of
Northeast Asia, including Japan, the ROK and Taiwan were
behind the development of this industry from its inception,
serving as principles importers of LNG. In 2002, according
to Energy Information Administration, 12 nations shipped
113 million metric tons of LNG. Japan received two-thirds
of global LNG imports in 1990 and 48% in 2002.
LNG projects are massive and expensive and
traditionally financed based on long-term purchase
contracts. LNG is costly to produce, but advances in
technology are reducing the costs associated with the
liquefaction and re-gasification. Over the last two decades,
liquefaction costs have declined by between 35% to
50%, while the cost of building an LNG tanker has fallen
by about 45%. Re-gasification costs have also dropped.
According to projections, global liquefaction capacity could
reach 200 Mt by 2007 and 300 Mt by 2012, with a growing
number of suppliers and importers.
In addition to traditional LNG exporters such as
Indonesia and Algeria, Russia, Norway and Egypt are
Prospects for Electricity Exports
Although many cross-border electricity projects are
still at the conceptual stage, they are gaining more attention
from international organizations, research institutions,
policymakers and industrialists. In terms of electricity
11
Available at: http://www.meti.go.jp/english/policy/FY2006keypoints.pdf
JPY14 billion was allocated for the development of GTL and DME technologies, as well as other fuel sources. At the same
time, the support measures for increased demand for natural gas accounted for another JPY14 billion. These amounts are
relatively modest compared with the funding allocated for the effective management of oil reserves and the national petroleum
stockpile (JPY225 billion).
13
Several papers presented at the Offshore Technology Conference in Houston, May 2 – 5, 2005, reviewed CNG as an
economical alternative (complimentary transportation mode) to LNG.
14
Introduced by Knutsen OAS Shipping AS, Haugesund, Norway with assistance from Europipe GMBH and Det Norske
Veritas, it could be highly competitive compared to pipelines and LNG transport for distances less than 3,000 nautical miles.
15
Volume Optimized Transport (VOTRANS) technology includes cooling natural gas in the range of conventional
temperatures (minus 30 degrees Celsius) and compression.
16
Pressurized Natural Gas (PNG) technology does not require cooling, only compression.
12
10
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
help to alleviate energy supply imbalances.17
These prospects elevate links with energy-exporting
economies to a position high on Chinaʼs agenda for
foreign policy and its plans for overseas investment. Not
surprisingly, the Chinese government has crossed the
psychological sacred line of self-reliance, accepting not
only dependence on imported oil, but also the coming
partial reliance on external sources of electric power and
natural gas supplies. In addition to China, the ROK, the
DPRK and Japan could, for diverse reasons, also become
attentive to the idea of sub-regional cooperation in the
electricity sector.
Indeed, there is no less rationale for tapping
geographically close reserves of electricity compared with
the already-stated interest in importing more oil and natural
gas from nearby sources, which in some cases could be
used to produce electric power. According to estimates by
regional experts, in Eastern Siberia and the Far Eastern
region of Russia, the additional generation capacity of
hydroelectric, tidal power and natural gas generation
dedicated to exports could amount to 20 GW in 2020.
If nuclear and coal generation are added, the potential
generation capacity would be 40 GW, which nears the
current generating capacity of the ROK and far exceeds
Russiaʼs projected regional electricity needs.
On the other hand, these impressive figures appear
consumption trends, over the last 30 years, electric power
demand has grown rapidly not only in China, but also
in Japan and the ROK, and this trend is highly likely to
continue well into the future (Table 4).
As the table demonstrates, in Japan, commercial and
residential users of electricity together formed the leading
source of demand, surpassing industry back in 1990. In the
ROK, this turning point in the demand equation could be
reached soon, while China may be two or three decades
behind the ROK in this regard. What is important, however,
is that in 2000, absolute demand for electricity in China had
already surpassed combined demand on the part of Japan
and the ROK. Consider how this equation would evolve
towards the year 2020—the target year set by the Chinese
government for quadrupling the size of its GDP compared
with 2000.
It was estimated that, with annual growth in energy
use maintained at 6%, Chinaʼs primary energy demand will
surge from 850 Mt in 1999 to 2,400 Mt in 2030. However,
due to the physical limits in the resource base, only 1,700 Mt
of primary energy can be procured domestically. This
means that in 25 years from now, China would have to rely
on about 600 Mt of imported oil—the same amount as the
US imports today, and some 200 Bcm of natural gas —
the same as EU countries import today. Obviously, large
volumes of electricity imported from its neighbors could
Table 4. China, Japan and the ROK: Electricity Consumption by Sector, 1973– 2003 (TWh)
1973
Total consumption, incl.
China
In MTOE*
Industry*
Transport*
Agriculture*
Commercial, residential *
Japan
Industry
Transport
Agriculture
Commercial & Public Use
Residential
Energy
ROK
Industry
Transport
Agriculture
Commercial & Public Use
Residential
––
––
––
––
––
––
421.67
291.38
13.23
1.20
30.14
79.19
6.53
12.83
8.85
0.13
0.08
2.22
1.55
1980
1990
301.6
23.3
19.2
0.23
2.32
1.64
520.25
327.79
15.23
1.21
52.96
116.09
6.98
32.74
22.72
0.40
0.19
4.11
5.32
621.2
49.3
38.2
0.91
3.67
6.53
758.44
366.41
16.81
1.65
180.65
184.15
8.78
94.38
57.79
1.01
1.46
16.39
17.74
2000
2001
1,355.6
81.8
48.9
2.42
5.79
17.78
956.62
399.01
18.57
1.60
267.43
257.85
12.15
233.54
126.95
2.04
5.31
68.14
31.10
1,471.6
88.9
52.8
2.66
6.56
19.66
940.43
382.72
18.44
1.62
268.41
257.19
12.07
250.37
132.16
2.26
5.99
70.76
39.21
2002
1,641
108.7
69.7
2.91
6.68
21.52
956.32
386.32
18.51
1.62
272.19
265.86
11.83
300.79
160.44
2.27
6.7-16
89.64
42.28
2003
1,910.5
127.6
83.5
3.41
6.75
24.62
946.79
384.81
18.51
1.44
267.79
261.59
12.66
318.06
168.51
2.33
5.94
96.71
44.57
* Million tons of oil equivalent.
Source: International Energy Agency Statistics, Electricity Information 2005 (IEA/OECD: Paris, 2005), 410, 427 and APEC
Energy Database, available at http://www.ieej.or.jp/egeda/database/database-top.html
17
See Li Zhi Dong, “Energy and Environmental Problems behind Chinaʼs High Economic Growth: A Comprehensive Study
of Medium- and Long-term Problems, Measures and International Cooperation”, The Institute of Energy Economics, Japan,
March 2003.
11
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
relatively modest in the context of Chinaʼs anticipated
needs. By 2030, in order to meet the rapidly growing
electricity demand and replace old power plants, China
would have to add 860 GW of generating capacity at
a total cost of $883 billion. 18 For instance, by 2020,
total hydroelectric power capacity could reach 250 GW
compared with about 100 GW today, demonstrating the
relatively insignificant scale of potential projects in Russia
that are still perceived as mega-projects.
In the long run, hydropower plants in Khabarovskiy
Krai alone could generate 200 TWh (23 GW capacity),
while rivers in Amurskaya Oblast with an estimated
capacity of 9 GW could support production of 80 TWh
of electricity. More realistically, by 2025, if adequate
investment were secured, several projects — some of them
already under construction—would generate up to 80 TWh
of electricity.
From the business perspective, a reliable long-term
electricity demand projection for China and the ROK, as
well as the estimated price range, will serve as the most
important beacon for the design and commercial viability
of the proposed projects. However, in the case of China—
by far the largest market in the area—such projections are
complicated by ongoing electricity reform, new plans for
the development of its northeastern provinces and hard-topredict price levels for fuels, in particular the price of coal
and the cost of coal transportation. Moreover, large-scale
cross-border projects could be designed and implemented
with the support of the Chinese government as part of the
process of reforming the electricity system to emphasize
competitiveness.
In any event, the provinces of Northeastern China,
including Heilongjiang, Jilin and Liaoning provinces, as
well as the eastern part of Inner Mongolia, will serve as
a stepping-stone in implementing the first cross-border
power transmission projects.19 On one hand, the central
government of China is now paying close attention to
the economic restructuring and development of these
provinces. On the other hand, some of these provinces are
likely to enhance their roles as “electric power donors”.
This role can be reinforced via power interconnection and
high-voltage direct current transmission systems originated
in Russia.
oil dropped from 5 million meters in 1990 to only 1 million
meters in 2003.20 Then again, in order to sustain current
production levels of natural gas, there is a need to invest
around $10 billion in new wells in the next two decades, so
that an adequate production base can be secured.
The central dilemma is that corporate interests could
diverge quite considerably from what the government may
perceive as the national development priorities. Foreign
investment could help confront these and other challenges.
However, attracting foreign investment to oil and gas
ventures means sharing not only costs, but also revenues
and even the right to make decisions, which Putinʼs
administration values the most. The expectations on the
part of foreign investors and their host countries include (1)
“open access” to energy resources; (2) the “transparency” of
the energy sector; (3) clear legal rules for “strategic” energy
investors; (4) promotion of production-sharing agreements
(PSA) in the oil and natural gas sectors; (5) open access to
gas transport networks within Russia; and (6) the playing of
a leading role by the private sector in supplying LNG to the
Western markets.
However, this wish list differs significantly from the
national “energy agenda” that is currently taking shape.
Attention is now mainly focused on Eastern Siberia and the
Far Eastern region. The socio-economic advancement of
these territories is perhaps even more important than energy
exports. The VSTO oil pipeline project and the expansion
of gas transportation infrastructure to the East are correctly
perceived as instruments of economic development. It also
seems that Moscow is firmly set to promote Gazprom as the
worldʼs leading oil-gas-LNG producer. It is also poised to
make Rosneft the leading oil producer in Russia.
The government and lawmakers insist that foreign
investorsʼ access to Russiaʼs energy riches should be
subject to strict controls. In the amended Law on Subsoil
Use, there will be new “strategic” ceilings set for foreign
companies developing oil fields (not more than 1,100
barrels of oil) and natural gas fields (not more than 1,000
Bcm of gas) in Russia. What Moscow really wants is for
its Western energy partners to open up their downstream
sectors to Russian oil, gas and electricity exporters, and
share advanced technologies, including those needed
for offshore projects in the Arctic. Above all, it wants to
be accepted by the West as a true partner, rather than a
potential opponent to be surrounded by the NATO network.
In a nutshell, the model of Norway as an energy producer
and exporter, as well as a member of Europe, could offer
some guidance regarding Russiaʼs own “wish list” vis-à-vis
its global energy future.
In the meantime, the strategic direction in Russiaʼs
energy posture is eastward diversification, focusing on
the area including China and India. Being a true “energy
mega-exporter” also requires that Russia maintain smooth
relations with eastern neighbors that have opened up their
markets to Russian energy goods. Cross-border megaprojects, including power transmission grids and oil and
Problems and Uncertainties
Maintaining the status of an “energy mega-exporter”
is a continuous challenge. For Russiaʼs leaders and
government, this means an ongoing struggle with vested
interests, investment climate hurdles and various external
problems, including, above all, markets. Not surprisingly,
the bottom line in this struggle is money. The estimated cost
of the long-term Energy Strategy 2020 plan adopted by the
government in 2003 is between $650 and $800 billion. On
the other hand, in 2005 alone, the projected net profits of
the eight leading oil companies in Russia could amount to
$27 billion. However, the volume of exploratory drilling for
18
19
20
World Energy Outlook 2004 (IEA/OECD: Paris, 2004), p.208.
The second phase could involve the markets of Beijing, Tianjin and Shandong provinces.
Russian Statistical Yearbook 2004 (Moscow: Roscomstat, 2004), p. 378.
12
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
natural gas pipelines, are very new in a sense. These
projects promise not only economic benefits, but also
improved political ties and long-term stability in terms of
security. It is important, therefore, that these ventures are
dealt with from the standpoint of “the common good”.
Regrettably, the various interpretations and rumors
surrounding the VSTO project have pushed discussions
in the opposite direction, involving not only energy
professionals, diplomats and politicians, but also the
public. In Japan and China, these discussions have been
dramatized without reason, creating an aura of competition
and misunderstanding, rather than collaboration
and appreciation. These developments have vividly
demonstrated that discussing the prospects for regional
energy cooperation is not the same as interacting with
regard to specific projects in cooperative terms.
In contemporary Russia, domestic debates on the
VSTO project also matter, and are reflected in discussions
about where the oil terminal should be constructed.
There were (and still are) numerous differences among
the operators of the project, the government, legislators,
independent experts and NGOs concerning the projectʼs
compliance with environmental regulations. Numerous
questions have also been raised with regard to sources of
funding. Another source of uncertainty was the volume of
oil reserves in Eastern regions.21 It is worth noting in this
context that, according to Transneft, a branch pipeline to
China seems to be in the offing (negotiated by Transneft
and CNPC), but the final destination of the main pipeline
will be Perevoznaya Bay.
On the other hand, progress towards some kind of
understanding between Russia and China in the realm
of natural gas projects is very slow. For example, the
November 2005 protocol of the Russia-China intergovernmental commission did not refer to cooperation in
natural gas projects and prospects for gas deliveries from
Russia to China. It seems that in this realm, Russia and
Gazprom would prefer to reach an inter-governmental
agreement.
In addition, the policy component behind the crossborder power interconnections currently under review may
have a very significant influence on long-term investment
plans and specific projects. There are indications that such
policy support could be available in the case of crossborder transmission projects between Russia and China.
On the other hand, the chances of building a trilateral
consortium involving the DPRK, the ROK and Russia are
less favorable at the moment, compared with a trilateral
agreement between Russia, China and the ROK. In this
context, the success of the six-party talks involving the
DPRK could facilitate Russiaʼs energy links with the ROK.
As far as Japan is concerned, a natural gas pipeline
project from Sakhalin would be difficult to realize any time
soon. On the other hand, in light of the increasing cost
of LNG, potential importers of gas in Japan may explore
compressed natural gas transportation technology. It is
important to enable stranded gas and associated gas to be
used for these purposes and production may potentially be
under the control of Japanese companies.
The Policy Component
In conclusion, all economies, including those in
Europe and East Asia, are now facing the linked challenges
of energy security, rising energy prices and climate change.
These challenges all point in the same direction: the need
for an increased emphasis on energy efficiency and the decarbonization of energy sources. Achieving these goals, in a
way that enhances growth and competitiveness, will require
(1) new investment and technological advancement, (2) the
development and use of the most cost effective regulatory
mechanisms, and (3) coordinated international efforts.
Improving energy efficiency in Russia should be
seen as an opportunity to improve the productivity of the
economy and of individual businesses, as well as to ensure
additional energy supply to the global markets. Innovation
can create new markets and increase competitiveness
through greater efficiency in resources use. In this context,
the policy and investment decision taken in Russia
with regard to not only the future of its export-oriented
industries, but also the massive application of technologies
that improve energy efficiency, could have significant
international effects.
This is the approach shared by the US and the EU in
their policy and energy dialogues with Russia. On both
these fronts, Russia is engaged in intensive policy-level
and professional exchanges, as both the US and the EU
cultivate it as their strategic source of energy supply for
the decades to come. For example, within the framework
of energy dialogue with EU, the expert-level energy
dialogue has been launched in 2000. Currently, more than
100 experts from companies and government agencies are
participating on a regular basis in discussions focused on
investment, infrastructure development, trade and energy
efficiency, nearing the stage of practical recommendations
in the context of public-private partnership in implementing
energy projects and programs. Moreover, on October 3,
2005, the first meeting of the Standing Partnership Council
on Energy took place in London. On the other hand, there
is a high-level policy dialogue accompanied by professional
exchanges between Moscow and Washington.
As far as the 2006 G8 Summit agenda is concerned,
its main direction should be enhanced energy security on
a global scale coupled with the long-term stability of the
energy markets, with the following building blocks as the
foundations of this concept:
• Transparency and availability of data on energy
demand, reserves and resources
• Long-term supply contracts and producer-consumer
dialogues
• Adequate development of energy infrastructure
• Improved energy efficiency, including hydroelectric
power and other renewables
• Intensive R&D aimed at promoting new sources of
energy.
21
Confirmed reserves are close to 1,500 Mt. The good news, so to speak, is that the level of geological exploration is only
12% in the Far East and less than 8% in Eastern Siberia.
13
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
adherence to the Energy Charter Treaty (ECT).23
The bottom line, however, is in the choice of a
model for interaction on energy issues. For the sake of
short- to medium-term interests, the producer-consumer
positioning — such as in the OECD-OPEC dialogue — is
seen by many experts as a practical option. This approach,
however, will be inadequate for addressing long-term
challenges, or embracing opportunities that transcend the
issue of energy prices and focus instead on stability of
supply and timely investment in exploration, development
and delivery infrastructure construction. In this context,
the forthcoming 2006 G8 Summit should be seen as an
opportunity not only for Russia and its European partners,
but also for China, Japan, the US and the ROK. After all,
facilitating new flows of oil and natural gas from new
sources in Eastern Russia would also serve their long-term
interests.
What could be highly desirable for the economies of
Northeast Asia is to look at these proposals, as well as the
emerging cooperative models involving Russia, and find
ways to take concrete steps towards long-term multilateral
coordination and planning in the energy sector, while
also keeping in mind the environmental merits of energy
cooperation.
It is not surprising, however, that despite numerous
discussions, international conferences and research projects
conducted thus far, the governments of the countries
concerned currently find themselves at the very initial
stages of conceptualization with regard to both energy
cooperation and regional economic community building.
The central dilemma that the governments could face is
the choice between institution building and a functional
approach to regional cooperation.22 The latter involves
a pragmatic effort aimed at the areas critically important
for the economies involved, including energy and the
environment. This approach, however, does not exclude
steps that lead to regime-making such as, for example,
22
Takio Yamada, “Towards a Principled Integration of East Asia: A Concept for an East Asian Community”, Gaiko Forum,
Fall 2005, p. 31.
23
The EST focuses on five broad areas: (1) the protection and promotion of foreign investment in the energy sector; (2) free
trade in energy materials based on WTO rules; (3) freedom of energy transit through pipeline systems and power transmission
grids; (4) energy efficiency and the reduction of energy-related environmental impacts; and (5) a dispute-resolution
mechanism. See, for example, Keizo Takewaka, “Energy Cooperation in Northeast Asia”, Gaiko Forum, Fall 2005, pp. 47-57.
アジア市場の新規開拓に向けたロシアのエネルギー政策
(抄訳)
ERINA調査研究部長 ウラジーミル I. イワノフ
ロシアの対外政策において、2001年 9 月11日以降は欧米
exporter)
」
、あるいは、少なくとも「欧州にとって不可欠
協調が主流であった。しかし、第 2 次プーチン政権は、彼
な原油・天然ガス供給者」と見なしているためである。
の新権威主義やロシアにおける民主主義制度の軽視につい
ロシア政府が掲げる長期予測の推定・概算値を以下に挙
て、西側から非難を浴びている。例えば、J.W.ブッシュ政
げる。
地球規模のエネルギー需要が2020年までに約33%、
権下において米国NGOの「フリーダムハウス」は、ロシ
2025年までに45%増大する。
アでは民主化傾向が弱まり、権威主義的性格を強めたとし
石油需要が2025年までに42%増大、現在の消費レベル
ている。
を3,500万/bbl/日超過する。
プーチン大統領にとって幸運なのは、彼と西側諸国との
石油需要の増加に占める発展途上国のシェアが45%に
関係が実務的な意味合いを多く含んでいる点である。対テ
到達。
ロ闘争におけるロシアの取組みに加え、欧州と米国の政治
天然ガス需要が60%増大、1.7兆m3の追加供給を必要
リーダーたちは世界市場へのエネルギー供給者としてのロ
シアの役割に注目している。2006年、ロシアはG8サミッ
とする。
トの議長国となる。次のサンクトペテルブルグ会議は、エ
2020年までに、輸入天然ガスへの依存度がヨーロッパ
ネルギー安全保障に焦点を当てるであろう。これは、ロシ
の先進国で60∼70%に達する。
ア が 自 ら を「 エ ネ ル ギ ー 輸 出 大 国(energy mega-
2015年までに、ロシアの年間原油生産量は約 5 億3,000
14
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
量は 3 億4,950万トン、前年同期の実績を2.4%上回った。
万トン(10.6百万bbl/日)
、輸出量約 3 億1,000万トン
ロシアの原油輸出は生産よりも速いテンポで増えている。
(6.2百万/bbl/日)となる。
2015年までに、東シベリア、サハ共和国およびサハリ
2005年 9 月、トランスネフチ社のパイプラインによる非
ンの新規鉱床の原油生産量が年間約7,500万トンに達
CIS諸国への輸出量は前年同期の実績を15.5%上回り、3.99
する。
百万/bbl/日の新記録を達成した。2005年、
パイプライン、
2015年までに、「太平洋パイプライン」に支えられた
鉄道、その他手段(後者の割合は全体の約4.5%)による
ロシアの原油輸出に占めるアジア太平洋地域のシェア
総輸出量は10∼11%拡大する見込みである。そのうち原油
は15∼18%となる。
2億7,500万トン、石油製品7,000万トンがそれぞれ輸出に向
3
けられるだろう。
国内需要は依然として約 2 億トンである。
2015年までに、天然ガス生産量は7,400億m 、輸出量
3
サハリンⅡに続き、サハリンⅠが原油生産量と輸出量を
2,900億m に到達。ロシア東部の天然ガス生産量は現
3
増やすだろう。2005年10月 2 日、サハリンⅠ事業主体のエ
状の15倍、約750億m に達する。
クソンモービルは、チャイヴォ海洋油田で商業原油生産を
このような推定、計画および予測を踏まえ、ロシアは積
開始した。2007年の時点でサハリンⅠの生産量は25万/
極的な対アジア政策の推進と、日・中・韓との急速な経済
bbl/日に達する見込みである。
連携の拡大を開始した。ここで、次のような問題を提起す
ることができる。
増大する歳入
⑴ なぜ、この転換はロシア経済にとって重要なのか?
石油輸出の増大と油価の高値安定はロシアの外貨準備高
⑵ これらの連携はロシアが経済発展する見通しにどう影
の増加に貢献する一方、安定化基金とそれに続く投資ファ
ンド設立を促進し、ロシアの対外債務の早期返済を可能に
響するのか?
した。
⑶ アジア太平洋地域の巨大市場の新規開拓によってロシ
アがエネルギーの「グローバル・サプライアー」とな
ロシアの安定化基金は、産油・原油輸出国を含め諸外国
るために、どのような問題が存在するのか?
が設立した類似ファンドと比べて控えめな金額である。し
かし、現在の経済状況を踏まえると、同基金は油価が低い
状況の変化
時期に安定化の主要財源となろう。安定化基金はさらに増
ロシアはG8サミットの議長国となり、東方の隣国との
大し、2008年の時点で1,000億ドル(外貨・金準備計画の
関係を強化する方針であるが、依然として、貧困の拡大、
3 分の 1 )に達する見込みである。
低生産性、寿命の伸び悩み、人口減少などの非常に困難な
社会経済問題を抱え、教育や公衆衛生、地域開発および政
目下の優先事項
治体制の非効率性に関する問題に手が回らない。
1)欧州、バルト三国、CIS諸国との関係重視。
他国、特に主要国と比較して、過去20年間にロシアの経
ソ連崩壊後、ロシアは、黒海(オデッサ)
、バルト海(タ
済的地位は不利な方向に変化した。
リン、ベンツピルス、リガ、クライペダ、ブティンゲ)と
このような状況で、政治的リーダーシップを発揮し、様々
いう西部の主要港を失った。今ではトランスネフチ社がウ
な難題(世界情勢への影響力低下、予想外の急速な資本主
クライナおよびベラルーシ領内に建設したパイプラインで
義への移行など)を処理する政府を実現するために、「エ
原油を輸送する場合、トランジット料金や港湾使用料の支
ネルギー輸出大国」というシナリオは唯一の中期的選択肢
払いが発生する。これらの国々の経由を避けるためにも、
である。それどころか、進行中の地政学的・地経学的転換、
BTS(Baltic Truck-line System)パイプライン(現在の
国内市場力、急成長する国外の石油・天然ガス需要はこれ
年間輸送能力5,000万トン)は重要な突破口である。
まで、このシナリオを採用する上で十二分の説得力をもっ
2)主要原油輸出先としての欧州への依存の解消。
てきた。
トランスネフチ社によれば、「ヨーロピアン・ディスカ
2000年以降ロシアの原油生産は40%増大し、2005年には
ウント」と呼ばれる現象は、この種の依存状態を背景とし
さらに約 3 %(1,300∼1,500万トン)増大する見込みである。
ている。北東アジアの石油輸入国が十分な代替供給者を欠
これは2006年に予定されている鉄道による対中国原油輸出
くがゆえに支払っている「アジアン・プレミア」と対照的
量にほぼ相当する。2005年 9 月、ロシアの石油会社は953
に、「ヨーロピアン・ディスカウント」は代替販売先の欠
万/bbl/日の生産量をあげていた。 1 ∼ 9 月の原油生産
如を反映している。これを踏まえ、西シベリア産原油約
15
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
3,000万トンをアジア太平洋地域市場に転換することは、
ディノ区間の輸送能力の拡大(1.6百万bbl/日)を予定し
高収入の獲得を意味する。
ている。加えて、政府は、鉄道による石油の対中国輸出の
3)ロシア政府は、ヴォルガ地域で生産された高硫黄油が
継続および増大を計画しており、スコヴォロディノから大
西シベリアで精製された軽質油と混ざるのを制限するた
慶までの支線建設も検討すると見られている。この取組み
め、ロシア国内に近代的な製油所を建設する方針である。
は、太平洋パイプライン(送油能力5,000万トン)と大慶
ロシアの輸出向け石油のメインフランド「Urals」は、こ
までの支線(同3,000万トン)を合わせた2020年までのエ
の種の混合の産物である。BrentとUralsの品質格差が広が
ネルギー戦略を反映している。
り、今やUralsはBrentよりも 1 bblあたり 5 ∼ 6 ドル安い。
㈱ロシア鉄道によると、2005年10月の時点で、ロシアの
高硫黄油が輸出用パイプラインから取り除かれれば、西シ
石油会社は鉄道を使って中国に570万トン(前年同期比
ベリア産石油の価値は高まり、収入がアップする。
22%増)の原油を輸出した。
4)政府は2015∼2020年の時点で石油生産量を 5 億3,000万
第 2 段階の実施は、新規開発対象鉱区の許認可作業の進
トン(うち、7,500万トンは東シベリアおよび極東地域の
展を始め、許認可済みの油田(ユルブチェノ・トホムスコ
新規鉱床から)に達すると予想している。このシナリオで
エ、クユムビンスコエ、スレドネブトゥオビンスコエ、ベ
は、石油輸出量が2020年の時点で 3 億1,000万トンに達し、
ルフネチョンスコエ、タラカンスコエ)の開発の進展にか
このうちの30%は2020年前後に北東アジアの市場に向けら
かっている。新規油田からタイシェットおよびカザチンス
れる。
コエまで原油を輸送するために、フィードパイプライン敷
5)新規輸送インフラの整備と新規油田開発のコストが増
設も計画されている。
大するとともに、新規鉱床の探鉱開発費も含め、石油産業
が必要とする投資の総額は今後15∼20年間に2,400億ドル
ロシア東部地域の天然ガス
に及ぶ見込みである。
東シベリアと極東地域の両方で、天然ガスの確認埋蔵量
6)石油会社の新規鉱床の探鉱開発事業投資を保証するた
は石油のそれを上回っている。しかし、これらのガス田の
めには、輸送インフラの整備が必要である。 2 段階計画か
開発を制限している問題は以下の通りである。
ら成る「太平洋パイプライン」は、損益を被らないよう欧
⑴ 国内のガス需要に限界がある。
州依存輸出を縮小し、新規鉱床の探鉱開発環境を徹底的に
⑵ パイプラインガスかLNG、あるいはその両方を受け
入れられる近隣市場へのアクセスがない。
改善し、ロシア東部地域の産業および社会を発展させるこ
⑶ 輸送インフラおよび加工施設の整備費がかかる。
とを目的としたロシアの石油戦略において、インフラ面の
バックボーンである。
ロシア東部地域の天然ガス田がどれだけ早期に、どのく
らいの範囲で開発され得るかについては、不安点が多い。
太平洋パイプライン計画
コヴィクタ・プロジェクトの今後及びヘリウムの分離・
トランスネフチ社はこのほど、太平洋パイプライン計画
貯蔵の見通し
の事業化調査
(F/S)を政府に提出した。これは、タイシェッ
ト∼スコヴォロディノ区間(全長2,400キロ、輸送能力0.6
その他、輸出向け・産業用の貴重な成分の分離問題
百万bbl/日)のパイプラインとペレヴォズナヤ湾石油積
天然ガス転換技術および液化ガスの輸出の見通し
出港を建設する第1段階のみに関するものである。これが
地域間供給プロジェクトの見通し
承認されれば、建設は2008年に完了する。トランスネフチ
都市開発の見通し
社は、50億ドル分のユーロ債発行も含め、プロジェクトの
開拓農地の改良の見通し
第 1 段階向けに66億ドルを調達する方針である。2004年10
ロシア東部地域の石炭産業の権益保護
月末、プーチン大統領は太平洋パイプラインを国家的な重
厳しい気候・地形条件を備えた地域の探鉱開発に投資根
要プロジェクトと位置付け、あらゆる省庁間の承認手続き
拠が見いだされていることに加え、天然ガスの価格設定
(国
の加速化するよう政府に要請した。
内価格および国際価格)は、ロシア東部のガス産業の将来
太平洋パイプラインの第 2 段階(総工費110∼150億ドル)
性を示している。最近、西側のエネルギー・アナリストた
は、プロジェクトファイナンス・スキームを採用するとみ
ちはもっぱら、原油生産余力の低さのみならず、中国、イ
られている。第 2 段階では、スコヴォロディノ∼ペレボス
ンド、米国および欧州側の高需要に左右される形で、油価
ナヤ区間のパイプライン建設とタイシェット∼スコヴォロ
は35∼40ドル/bblで安定すると予測している。中には、
16
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
需要に応じた高コストの影響を受け、油価は2008年の時点
理的限界があるため、17億トンの一次エネルギーしか国内
で80ドル/bblに達し、その後2012年の時点で60ドル/bbl
調達できない。つまり、今後25年以内に、中国は 6 億トン
に下落すると見る西側アナリストもいる。主として市場に
の輸入原油(現在の米国の輸入量に相当)、約2,000億m3の
左右される石油・LNG輸出の場合と異なり、パイプライ
天然ガス(現在のEU諸国の輸入量に相当)に依存すると
ンガス輸出の展望は、中国、韓国、日本という近隣諸国政
いうことになろう。
府の下す政策およびエネルギー選択に依存している。2005
これらの見通しから、中国の対外政策事項および海外投
年 6 月イルクーツクで開催されたシベリアエネルギー会議
資計画においてエネルギー輸出国との協力の重要性が増し
で、産業・エネルギー省エネルギー庁のアナトリー・ヤノ
ている。中国政府は独立独歩の心情に逆らい、原油輸入の
フスキー長官は、パイプラインによるガス供給に関して韓
みならず、他国の電源および天然ガス供給への依存を受け
国とともにまとめた協定の素案について触れた。ガスプロ
入れている。中国に加え、さまざまな理由で韓国、北朝鮮、
ムと韓国ガス公社(KOGAS)との交渉が2003年 5 月にモ
日本も、電力分野における局地協力構想を重視するように
スクワで行われた。2005年 1 月には、ガスプロムの代表団
なろう。
が平壌を訪問した。また、中ロのハイレベルの交流が「サ
ハリンⅠ」で生産されたガスの市場アクセスの確保を促進
電力輸出の展望
する可能性もある。
発電の場合、近隣で産出される石油および天然ガスの輸
一方、最近日本の経済産業省の発表した「2006年度の経
入増大に比べると、地政学的に近接する電源を利用するこ
済産業政策のキーポイント」には、「燃料戦略強化による
とは理にかなっている。地元の専門家たちは、東シベリア
安定的エネルギー供給の確保」が挙げられているが、そこ
およびロシア極東の輸出向け水力発電・潮力発電・天然ガ
にはロシア等の戦略的地域における石油・天然ガスの自主
ス発電の最高出力が2020年の時点で20ギガワット(GW)
開発推進と供給源の多様化が含まれている。そして経済産
増大すると推測している。これに原子力発電や石炭発電を
業省は環境にやさしく効率的な天然ガスの利用を促進する
加えると、潜在的最高出力は40GWとなる。これは韓国の
方針である。この目標を達成するために、ロシア極東(サ
現在の最高出力に近く、また、ロシアの地域電力需要見込
ハリン)産天然ガスの輸入を促進する輸送上の現実的選択
み値を超えている。
肢が再検討されるべきであろう。
一方、中国で予想される需要を踏まえれば、これらの数
天然ガス価格の上昇にともない、安定しつつも限られた
字は比較的控えめであろう。急速に増す電力需要と旧式発
需要しかない市場にガスを輸送するための代替案として、
電所の設備更新に対応するため、中国は2030年までに最高
圧縮ガス(CNG)輸送技術が考えられる。サハリン石油・
出力を860GW増やさなければならず、これには8,830億ド
ガス開発プロジェクト、特にStranded gas(経済的に開発
ルの費用がかかる。例えば、2020年までに水力発電の最高
できないようなガス田)や随伴ガスは、北東アジアにCNG
出力は現在の100GWから250GWに達するが、メガプロジェ
を供給するための長期資源基地として利用できる。例えば、
クトと見なされるロシアの潜在的プロジェクトからすれ
新潟県は日本国内の他地域に達するパイプライン網を備え
ば、とるに足らないものである。
ている。
長期的視点から見れば、ハバロフスク地方の水力発電所
多数の越境送電プロジェクトがいまだにコンセプトの段
だけで200TWh(最高出力23GWの場合)発電することが
階にあるが、これらは国際組織や研究機関、政策決定者、
できる。一方、これを補うものとして、アムール州内の河
産業界のいっそうの注目を集めている。電力消費傾向につ
川(推定最高出力 9 GW)が80TWhを発電することができ
いては、過去30年余、中国のみならず日本や韓国でも電力
る。もっと現実的に言えば、十分な投資が確保されれば、
需要は急激に増え、この傾向は、今後も続くであろう。
2025年の時点で現在建設中のものも含めいくつかのプロ
2000年時点で中国の電力需要がすでに日本や韓国の需要の
ジェクトの発電量は80TWhに及ぶだろう。
合計を超えた。中国政府は2020年までにGDPを2000年比
純粋にビジネス的視点から見れば、価格の推定変動幅の
で 4 倍にすることを目指しているが、中国のエネルギー需
みならず、中国および韓国向けの正確な長期電力需要推定
要増大はどのように変化していくのであろうか。
は、提示された案件の意図および商業的可能性を判断する
中国の一次エネルギー需要は、年間成長率を 6 %に維持
ための最重要基準である。しかし、巨大市場の中国の場合、
しつつ、1999年の 8 億5,000万トンから2030年には24億ト
進行中の電力改革、新しい東北振興政策、燃料価格、特に
ンに急増すると推定された。しかしながら、資源基地に物
石炭価格および石炭輸送コストの予測困難によって、この
17
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
種の推定は難しくなっているうえ、大規模な国際プロジェ
ロシアが真の「エネルギー超大国」となるためには、自国
クトは、競争の強化を目的とする電力業界改革の一部とし
の市場をロシアのエネルギー製品に開放してくれる東方の
て、中国政府の支持の下で立案、実行される。
隣国との良好な関係を維持することが必要である。越境送
いずれにせよ、内モンゴル、中国東北部は初期の越境送
電網、石油・天然ガスパイプラインなどの国際的大規模プ
電計画実行の足掛りとなろう。中国の中央政府は目下、経
ロジェクトは、ある意味、非常に新しいものである。これ
済改革と東北振興に重点を置いている一方、東北三省のい
らのプロジェクトは、経済的利益のみならず、政治的関係
くつかは、
「電力提供者」としての役割を増す模様である。
の改善、安全保障面での長期的安定を約束する。さらに、
この役割は越境送電とロシアで考案された高圧直流送電シ
これらの事業が「共通利益」の立場から処理されることが
ステムによって強化されるだろう。
需要である。
太平洋パイプライン計画をめぐっては、政治・外交問題、
問題と不確実性
環境問題のほかに、ロシア東部地域の石油埋蔵量が不明確
ロシアの指導者および政府にとって、
「エネルギー超大
性の問題がある。トランスネフチ社は、中国へのパイプラ
国」という地位を維持することは、帰属利益、投資障壁、
イン支線については近々トランスネフチ社と中国石油天然
市場など様々な対外的問題との戦いを意味する。ここで重
気集団公司(CNPC)が合意するだろうが、幹線の終点は
視されるのは資金の問題である。2003年に政府が承認した
ペレヴォズナヤ湾だとしている。
「2020年までの長期的エネルギー戦略」の推定費用金額は、
一方、天然ガスプロジェクトに関する中ロ間の一定理解
6,500∼8,000億ドルである。一方、2005年だけで、国内大
の達成に向けた歩調は、非常にゆっくりとしている。例え
手石油会社 8 社の推定純利益は270億ドルである。しかし
ば、2005年11月、中ロ政府間委員会の議定書は、天然ガス
ながら、石油の試掘量は、500万メートル(1990年)から
プロジェクトにおける協力やロシアから中国へのガス輸送
100万メートル(2003年)に落ちた。また、天然ガスの現
の展望には触れていない。この分野では、ロシア政府とガ
在の生産水準を維持するためには、今後20年間に新規井に
スプロム社は政府間合意の達成を望むであろう。
約100億ドルを投資しなければならない。
さらに、越境送電を裏付ける政治的要素は、長期投資計
政府が承認した国の開発優先事項と企業の関心が相当ず
画および専門プロジェクトに非常に大きな影響を及ぼす。
れそうだという点が、ジレンマの主な原因である。外資導
このような政治的サポートは中ロ韓の越境送電プロジェク
入は様々な問題に取り組むうえで役立つ。しかしながら、
トに利用できできる。一方、北朝鮮、韓国、ロシアの3者
石油・天然ガス事業に外資を導入することは、コストのみ
コンソーシアムを結成するチャンスは、中ロ韓の3者協定
ならず、歳入、決済権までもシェアすることを意味する。
と比べると今のところ少ない。
外国人投資家と彼らの母国の期待は、⑴エネルギー資源へ
の「門戸開放」、⑵エネルギー産業の透明性、⑶戦略的対
政策構成要素
エネルギー投資家向けの分かりやすい法制度、⑷石油・天
結論として、欧州およびアジアを含むすべての国々は、
然ガス産業における生産分与契約(PSA)の推進、⑸ロシ
現在、エネルギー安全保障、エネルギー価格の上昇、気候
ア国内のガス輸送網への門戸開放、⑹対西側LNG供給に
変動という難題に直面している。これらはすべて、エネル
おける民間の主導的役割、である。
ギー効率とエネルギー資源の脱炭素処理をより重視する必
しかし、これらの期待は、現在具体化しつつある「国家
要性を示している。これらの目標の達成には、成長と競争
的エネルギー課題」とはかなり異なる。目下、主要な関心
力を高める意味で、次のことが必要である。
が東シベリアおよび極東地域に向けられている。これらの
⑴ 新規投資と技術の進歩
地域の社会経済的発展は、おそらくエネルギーの輸出より
⑵ 最もコスト効率の高い調整メカニズムの策定と導入
も重要であろう。「太平洋パイプライン」および東部への天
⑶ 国際的努力の調整
然ガス輸送インフラの拡大は、経済開発手段として認めら
ロシアにおけるエネルギー効率の向上は、世界市場への
れている。
エネルギー供給の増大を保証するだけでなく、経済および
外国人投資家に対してロシアのエネルギー(富)への門
個人ビジネスの生産性を向上させるチャンスである。技術
戸を開くには厳重な管理が条件であると、政府、議員たち
革新は新しい市場を創設し、資源利用効率の向上を通じて
は主張している。当面、ロシアのエネルギー戦略は、中国
競争力をアップさせる。これを踏まえれば、輸出向け産業
およびインドという地域を中心とする東方を目指している。
の将来や高エネルギー効率技術の大規模な導入に関してロ
18
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
シアが採用する政策・投資決定は、国際的な影響力をもつ
北東アジア諸国にとって望ましいのは、ロシアを巻き込
であろう。
んだ協力モデルを始め、これらの提案を検討し、さらにエ
そして、これこそ、米国およびEUが対ロシア政策およ
ネルギー協力が環境問題にもたらすメリットを考慮したエ
びエネルギー対話で共有する取組みである。米国とEUは
ネルギー産業の企画立案と長期的多国間協力に向けて、具
今後10年間の戦略的エネルギー供給源としてロシアを育成
体的方策を講じる道を模索することである。
しており、ロシアはこれらの課題について政策を集約し、
これまでに様々な議論や国際会議、調査プロジェクトが
専門家交流を行っている。例えば、対EUエネルギー対話
行われたにもかかわらず、北東アジア各国政府はまだ、エ
の枠内で、専門家レベルのエネルギー対話が2000年に始
ネルギー協力と地域経済共同体創設の両方について、概念
まった。現在、企業、政府機関から100名以上の専門家が
化の第 1 段階にある。各国政府は、
「制度作り」と「実用
定期的に投資、インフラ整備、貿易、エネルギー効率に関
本位の地域協力への取組み」のどちらを選ぶかの板ばさみ
する協議に参加し、エネルギー関連プロジェクトおよびプ
となっている。後者は、エネルギーや環境問題などこの地
ログラムの実施への民間参加を踏まえた現実的提言の段階
域にとって非常に重要な分野における実際的活動に関する
に近づいている。しかも、2005年10月 3 日、
「エネルギー
ものであると同時に、エネルギー憲章のような体制作りの
に 関 す る 持 続 的 パ ー ト ナ ー シ ッ プ 評 議 会(“Standing
段階も含んでいる。
Partnership Council on Energy”)」初会合がロンドンで
しかし、肝心なのは、エネルギー問題に関する相互作用
開かれた。一方、ハイレベルの政策対話の際には、米ロ間
モデルの選択である。OECD-OPEC対話のような生産者と
の専門家交流が行われている。
消費者の位置付けは、短・中期的利益のために実用的な選
2006年G8サミットでは、
「エネルギー市場の長期的安定
択肢であると、多くの専門家が考えている。にもかかわら
を伴う地球規模のエネルギー安全保障」が主要議題となろ
ず、エネルギー価格を超越し、供給の安定とタイムリーな
う。その構成要素を以下に挙げる。
探鉱開発、輸送インフラ整備への投資を重視する機会を獲
得するには、この取組みは不十分であろう。このような状
エネルギーの需要、備蓄、埋蔵量に関するデータの透
況を踏まえれば、来る2006年のG8サミットは、ロシアと
明性および有効性。
長期供給契約および生産者と消費者の対話
その欧州パートナーのみならず、中国、日本、米国、韓国
十分なエネルギーインフラの整備
にとってのチャンスであろう。結局、ロシア東部からの新
水力発電、その他再生可能エネルギーを含めたエネル
たな石油・天然ガスフローを促進することは、これらの国々
の長期的利益でもあるのだ。
ギー効率の向上
新エネルギー源の利用促進を目指した研究開発
19
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
グローバル経営からみたシベリアのイノベーションと科学
新潟大学・敬和学園大学他非常勤講師 富山栄子
はじめに
設計工業研究所、自動化技術電気計測術研究所、科学機器
1950年代末、ソ連邦東部地域にソ連科学アカデミーのシ
製作設計工業研究所、触媒研究所、無機化学研究所、有機
ベリア支部と極東支部という大規模な研究基盤の形成が始
化学研究所、石油ガス地質学研究所、地球物理学研究など
まった。その目標は、第 1 に学際的で複合的な基礎研究を
がある。経済産業生産組織研究所(図 1 )もあり、これら
組織すること、第 2 にシベリア・極東の発展に貢献すべく
の多くは、国内はもとより世界でも核物理学など先端的な
科学と生産の密接な連関を実現すること、第 3 に新たに設
技術開発に携わるようになっていった。
立された大学で研究要員を育成することにあった。そして、
ところが、旧ソ連、ロシアの科学技術を取り巻く環境は
ここへフルシチョフ時代にシベリア開発の拠点として全土
ソ連崩壊以降、急激に悪化した。どれくらいシベリアの科
から優秀な人材が集められた。こうして、現在のテクノポ
学技術を取り巻く環境は悪化したのであろうか?その理由
リスやテクノパークの原型であるノヴォシビルスク学園都
は何なのだろうか?そもそもシベリアの科学のレベルは本
市(アカデムゴロドク)が短期間に建設された。研究の中
当に高いのであろうか?日本はシベリアとの科学技術交流
心であるロシア科学アカデミー・シベリア支部は、モスク
では何を行ってきたのであろうか?シベリアの科学の中で
ワ、サンクト・ペテルブルグとならぶロシアの研究拠点で
有望な科学技術は何なのだろうか?経済のグローバル化が
ある。研究所の大部分は、ノヴォシビルスク市から車で40
進むなか、今後、われわれはグローバルな経営の視点から
分ほどの所にあるアカデムゴロドクにある。シベリアだけ
ロシア・シベリアとどのようにつきあっていけばいいので
で100ヶ所を超える研究所や研究センターが科学アカデ
あろうか?
ミー・シベリア支部の傘下で活動を行ってきた。アカデム
本稿ではこれらの課題について検証し考察する。
ゴロドクには、応用理論力学研究所、熱物理学研究所、流
体動力学研究所、水力パルス機械設計工業研究所、計算数
1 .シベリアの科学技術をとりまく環境の変化
学数学地球物理学研究所、エルショフ情報学システム研究
ロシアの研究者は、旧ソ連時代には大きな国家保証を得
所、計算機技術設計工学研究所、核物理学研究所、レーザー
ながら、純粋に研究に没頭できた。ロシアの巨大な科学技
物理学研究所、半導体物理学研究所、応用超小型電子技術
術ポテンシャルを創出し、それを支えたものは、巨大な軍
産複合体、軍事予算であった。冷戦の終焉によって、これ
らを失った科学アカデミーは市場が求めるものを研究・開
発しなければ生き残れない状況になっていった。
かつては旧ソ連でもっとも高い社会的地位を誇っていた
ロシアの研究者の数は1992年から10年の間にほぼ半減して
しまった1。アカデミゴロドクがあるノヴォシビルスク州
でも、科学・学術機関で働く人数は1990年には74,300人い
たが、1999年には32,500人とほぼ半減している2。このよう
に、シベリアにおいても科学部門の就業者数が市場経済化
以降、激減している。
ソ連邦解体以前は、アカデムゴロドクの研究所も、国家
財政によって支えられてきた。しかし、ソ連邦の解体によっ
図 1 .科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所
※
筆者らは笹川平和財団「ロシアとアジア」プロジェクトの一環として、2004年 8 月17日∼ 9 月 1 日までロシア・イルクーツク、ノヴォシビルスク、
中国黒龍江省ハルピン、遼寧省瀋陽を訪問し、調査・資料収集を行った。イルクーツクでは、イルクーツク州政府、ロシア科学アカデミー・シベリ
ア支部イルクーツク科学センター、ロシア国立イルクーツク工科大学、ノヴォシビルスクではノヴォシビルスク市役所、シベリア地域間連合「シベ
リア合意」、シベリア見本市、ノヴォシビルスク工科大学、ロシア・アカデミゴロドク科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所を訪
問した。本稿は現地調査の成果の一部である。
1
Российский Статистический Ежегодник2003, стр.525, Госкомстат России.
20
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
て、
地域の研究機関や教育機関を支える国家予算が縮小し、
だけでなく、産業技術開発分野にまで適用した。研究所は
研究条件が大幅に悪化するようになった。さらに、工業部
モスクワをはじめとする中心的な都市につくられた。
門、とりわけ軍産複合体の衰退により、工業部門からの資
そして、スターリン時代に実体経済部門、とくに民生部
3
金の激減がこれに拍車をかけた 。
門からの研究所科学の分離が確立した。これが、研究と生
産の分離へとつながり、ソ連の産業の技術革新を遅らせる
研究者の給与
ことになった。この断絶を克服せよとのゴルバチョフ時代
シベリアの大半の研究所では研究費の不足どころか施設
にいたるまでの党と政府の再三の呼びかけにもかかわら
維持費、人件費を捻出するのにやっとのところもある。ノ
ず、事態は変わらなかった。その結果、ソ連の産業開発は
ヴォシビルスク市では、そもそも科学部門の賃金が低い。
民生部門から遊離した脆弱なものになった。80年代には准
同市では2002年の科学部門の就労者の 1 ヶ月あたりの平均
博士号を持つソ連の科学者全体のわずか 3 %しか生産現場
給与は4,965ルーブルであり、金融12,262ルーブル、電力
にいなかった。こうして、研究所は、組織的にも、地理的
7,350ルーブル、建設5,719ルーブル、運輸5,438ルーブル、
にも、さらには理念的にも工場から分離してしまったので
通信5,424ルーブルよりも低い。そして、同市の平均給与
ある。
4,772ルーブルよりも若干多い程度である。我々が調査を
科学アカデミーや各省庁に所属する科学研究所という中
行った経済産業生産組織研究所でも、若手研究者が金融や
央集権的な研究所システムは、水力発電所の建設、原子爆
産業界などへ転職し研究所を去り、年配の研究者が主とし
弾の製造、あるいは弾道弾ミサイルの開発といった優先分
4
て研究所に残るという問題が生じていた 。
野における巨大な資源の動員を必要とする大規模プロジェ
クトではその真価を発揮した。だが、「トップダウン」さ
研究テーマの選択
れた詳細な優先課題が存在しない条件下での事業、たとえ
研究機関として生き残っていくには、政府以外の資金源
ば、ハイテク部門や消費財市場志向部門の事業には適さな
を得る必要がある。シベリアの科学アカデミーの現状も日
かった。ロシアの研究所は完成した技術の買い手を見つけ
本と同様、研究費を獲得できる研究テーマの選択が重要に
る能力も、また自分の開発成果を市況に適合するレベルま
なっている。
ロシアの研究所が研究活動を行えるか否かは、
で仕上げる能力も持てなかった。このように、基礎研究の
世界的な規模での研究の応用、利用を視野に入れた研究立
成果を製品開発に結実させる面でロシアは遅れてきたので
案を行い、
PRできるかどうかにかかっている。ところが、
ある。最大の問題点は基礎研究の成果を実用化できないと
市場が求めるものを開発することはロシアが苦手とする分
ころにあった。
野であった5。それはなぜなのであろうか。
イノベーション・マネージャー
研究と生産の分離
欧米には、研究開発者、メーカーおよび投資家の仲立ち
ソ連において、「科学アカデミー」は、高い地位を有し
をして統一的な連鎖を創り出す専門家、「イノベーション・
ていた。ソ連邦では大学は教育中心、科学アカデミーは基
マネージャー」や「テクノロジー・ブローカー」がいる。
礎研究が中心、応用研究の中心は各省庁の研究所という体
ロシアにはこのような専門家が存在しなかった。これが出
制であった。ソ連指導部は、革命以前の科学研究組織のシ
現し始めたのは1997年である。彼らは、既に完成した技術
ステム改革にあたっては、カイザー・ウィルヘルム協会傘
の取引から始めた。
下の研究所が国家科学の基礎をなしていたドイツを模範に
外国のある大規模家庭用電子機器メーカーが、ロシアの
選んだ。その中央集権的研究所システムを、基礎研究分野
専門家の協力で新しいタイプのマイクロエレクトロニクス
Беллендир,П.Ф.(2002) Современное состояние и оценка перспектив развития экономики Новосибирской области. Проблемы
социально-экономического развития Новосибирской области : Сб. науч. тр. - Новосибирск: Изд-во ИЭОПП, 2002. - С. 46-66.,стр.58.
3
科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所クレショフ所長、副所長セルベルストフ氏ヒアリング(2004年 8 月27日、ロシア・アカ
デムゴロドク科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所にて)。
4
Стратегический план устройчивого развития Новосибирска, инвестиционные и инновационные предложения 2004, администрация
города Новосибирска. 科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所クレショフ所長、副所長セルベルストフ氏ヒアリング(2004年 8 月
27日、ロシア・アカデムゴロドク科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所にて)
。
5
以下の記述はСтратегическое сырье:Российская наука и техника по-прежнему сильны, но для того, чтобы превратить их в товар, нужны
инновационные менеджеры, Эксперт No.16 (227) 24 апреля 2000 года、およびユーラシア研究所編(1998)『現代のロシア』大空社による。
2
21
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
装置を開発し、事務機器市場における強力な競争優位性を
外部資金の調達
獲得しようとした。ここで、テクノコンサルト社が「テク
アカデムゴロドクの研究所も、各種助成金獲得などで外
ノロジー・ブローカー」としての役割を果たした。そして
国にパートナーを求めるようになっていった。その結果、
専門家部隊をこれに投入した。このプロジェクトのために
ビジネスや外国とのパートナーとのつながりの度合いに
ロシアの27の研究センターから科学者と設計者を招聘する
よって、研究費が豊富な研究所と貧困化する研究所の二極
ことが必要になった。生産施設は 9 つの企業と研究所の協
化が進んできた。研究費が豊富なのは、ブドガー原子核物
力がなければ確保し得ないことが明らかとなった。装置は
理研究所やボレスコフ触媒研究所などである8。しかし、
9 ヶ月間で完成させることができた。この発注者の主要な
このように裕福な研究所は稀である。
競合企業は、これと同様の装置を開発するのに 4 年の歳月
科学アカデミーの各研究所は、どのように研究費を調達
6
と 5 倍の投資を要した 。
してきたのであろうか。熱物理学研究所、ブドガー原子核
この例からわかるように、ロシアには実際の市場から遊
物理研究所とボレスコフ触媒研究所の事例をみてみよう。
離した異言語で語る部門別研究所ではなく、
「イノベーショ
ン・マネージャー」や「テクノロジー・ブローカー」が必
2 .アカデムゴロドクの主要な研究所
要とされている。科学者や技術者は、イノベーション・マ
熱物理学研究所
ネジャーの指揮の下で技術開発を進め、イノベーション・
ノヴォシビルスク熱物理学研究所は、長年ノーベル賞委
マネジャーは、その開発成果を実際の市場に適合させる。
員会の物理部門審査員を務めたロシア科学アカデミー会
そして、成長する産業界がそれを買い取るという構造が必
員、ウラジーミル・ナコリャコフ氏指揮の下、1993年に最
要なのである。
初にアメリカの有名なガス生産専門企業「エアー・プロダ
クツ社」と価格数万ドルの締結をした。1996年には彼はあ
ロシアの研究開発費の規模
る有名なアメリカ企業内の大組織の幹部からマイクロエレ
ロシアの研究開発費の規模はどれくらいなのだろうか。
クトロニクス装置の超高速はんだ付けのための新技術の開
研究開発費の規模は、新しい知識・技術を創出し蓄積す
発の注文を受けた。それは、高速かつ高い精度ではんだ付
るために行われる活動の規模であり、技術水準を測る上で
けができる器具を考案し、製作するというものであった。
重要な要素である。研究開発費の規模はある社会のイノ
この仕事によって研究者たちは、注文に応じて仕事をする
ベーション能力の開発的な尺度であり、知識および情報を
ことを学習した。さらに、同研究所はエアー・プロダクツ
創造し、普及し、利用する能力は、経済の競争力にとって
社から与えられた別の研究テーマ「ガス製造に関する新し
ますます重要なものになっている。しかし、研究開発費は
いプラズマ化学技術の開発」に参加し、成功を収めた。研
国の経済規模によって異なるものであるため、国ごとの比
究者らは、このテーマでも独創的で型破りの設計案を提案
較が難しい面がある。そこで、研究開発集約度、つまり研
し、新しいオゾン発生装置を創出し、水素製造のための効
究開発費のGDPに対する割合を用いると、規模の異なる
率的技術を開発することができた。他にも原理的にまった
国家間での研究開発費の比較が容易となる。日本3.01%、
く新しいタイプのプラズマトロンの設計を完成させた。従
米国2.63%、ドイツ2.38%、フランス2.17%、英国1.87%、
来の同一形式の装置と比較した場合のその主な長所は、耐
カナダ1.58%に対し、ロシアは1.06%にすぎない。ロシア
用寿命に事実上制限がないという点にあった。こうして、
の研究開発費全般については、主要国の中で低い位置にあ
1993年に始まったグローバル企業との契約は、10倍以上の
7
る 。ロシアの研究開発集約度は国際的にみても高いとは
金額になり、研究所の主要な収入源となった。これ以降長
いえない。
年にわたり研究所員の生活を支えている。
1997年11月には、
熱物理学研究所内に、国際研究センター
が設置された。その所長には理数学博士号を取得したばか
С т ратегическое сырье:Российская наука и техника по − прежнему сильны, но для того, чтобы превратить их в товар, нужны
инновационные менеджеры, Эксперт No.16 (227) 24 апреля 2000 года.
6
7
Science and Engineering Indicators 2002. National Science Foundation(http://www.nsf.gov/sbe/srs/seind02/pdf_v2.htm: 2005年 3 月26日アク
セス)
。
8
科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所クレショフ所長、副所長セルベルストフ氏ヒアリング(2004年 8 月27日、ロシア・アカ
デムゴロドク科学アカデミー・シベリア支部経済産業生産組織研究所にて)。
22
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
りのミハイル・プレドテチェンスキー氏、学術会議議長に
はウラジーミル・ナコリャコフ氏が就任した。この組織は
「独立非営利組織(NPO)」である。この組織の利益はロ
シアの法令によれば、NPOの設立目的、科学研究の発展
のために使われなければならない。同センターは、熱物理
学研究所の研究者という基礎集団以外に、ノヴォシビルス
ク郊外のアカデムゴロドクにある別の各研究所などの第三
者組織の研究員を具体的な研究課題や技術的課題の遂行の
ために契約に基づいて招聘している。同センターが設立さ
れて 2 年余りの間に、外国の発注者だけでなく、ロシア国
内の多数の組織との間に、実り多い提携関係を結んだ。例
図 2 .ボレスコフ触媒研究所
えば、
「ノヴォシビルスクエネルゴ」との間ではプラズマ
トロンの生産現場への導入に関する共同作業が進められて
持つ大規模な研究所である。
おり、火力発電所で使用されるプラズマトロン点火システ
ボレスコフ触媒研究所とブドガー原子核物理学研究所の
ムが開発された。国際研究センターの枠内で進められてい
主 要 な 研 究 内 容 や 研 究 協 力 に つ い て は、ERINA
るもう 1 つの最重要分野は、低ポテンシャル熱を高ポテン
REPORT60号に掲載済みであるのでここでは省略する。
シャル熱に変換するヒートポンプである。プレドテチェン
スキー氏によると、このヒートポンプは普通の家庭用冷蔵
3 .ノヴォシビリスクのIT産業
庫(ただし逆向きに接続された)と同じように作動する。
近年、ノヴォシビルスクは、欧米諸国のソフトウェアの
つまり、冷蔵庫では熱が冷凍室から吸収され、そのまま外
オフショア開発で一躍有名になり、ロシアの「シリコンバ
部に放出されるのに対し、ヒートポンプではこの熱が有効
レー」とよばれている。
に消費される。温度10∼20度の河川水を取水し、ヒートポ
ノヴォシビルスクはロシアにおいてモスクワ、
サンクト・
ンプを使ってタンク内の水を80度以上まで熱することがで
ペテルブルグに次ぐIT産業の拠点である。アカデムゴロ
きるという。センターの財務担当理事ミハイル・シクロ氏
ドクでは数学、物理学の専門家らによってIT分野で新企
によると、現在はロシア国内の発注者からの受注が国際研
業が続々と立ち上げられており、ソフトウェアの基地に
9
究センターの収入のほぼ半分を占めているという 。
なっている。高度な理数系教育を背景にソフトウェア分野
で躍進が続いている。ソフトウェア産業は着実に育ち、日
ボレスコフ触媒研究所とブドガー原子核物理学研究所
本からの注文も増えている。2001年 6 月に、IT産業のイ
科学アカデミー研究所のなかで最も裕福と言われている
ンフラを育成する必要から、
「シブアカデムソフト協会」
2 つの研究所、ボレスコフ触媒研究所(図 2 )とブドガー
が設立された。協会の目的は「シベリアのIT産業を世界
原子核物理学研究所の場合はどうなのだろうか。
一にしよう」というもので、ロシア国内はもとより、海外
触媒の名前を付ける専門的な研究所はロシアとフランス
からも積極的にビジネスパートナーとして協力を受けてい
にのみある。公的な触媒研究機関としては世界最大、世界
る。協会に加盟しているのは、ロシア科学アカデミー・シ
トップレベルの技術を保有する。ロシアの化学分野の実用
ベリア支部、ノヴォシビルスク地域の政府機関、ノヴォシ
的な研究所として、材料部門、有機化学部門、エネルギー・
ビルスク国立大学、テクノパーク、ノヴォシビルスク市の
原子力産業部門との研究開発の連携が密である。また、欧
ソ フ ト 制 作 の 会 社(Alekta, BACUP IT, Data East,
米の巨大化学産業からの受託研究のほか、技術供与もする
Sibinfocenter, Signatec, SofLab-NSK, Souztelecom,
国際的な研究機関である。日本の産業界との交流はほとん
Tornado, UniPro)などである。このテクノパークには、
どない。研究所の規模は所員数約750名、研究者数約350名、
IT産業を発展させるため、ロシアの頭脳が集約されてお
研究所内にパイロットプラント、触媒製造工場を付属する。
り、米国のシリコンバレーに優るとも劣らないIT産業セ
また、オムスクに研究室分室、モスクワに渉外オフィスを
ンターを目指している10。そして、IT産業のベンチャー
9
Акулы академического бизнеса: Как сочетание талантов ученого и предпринимателя превращает науку в доходную отрасль, Эксперт
No.16 (227) 24 апреля 2000 года
23
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
企業のみならず、バイオ・医療分野の企業も含め、約70社
氏がフォルテス社を立ち上げたとき、多くの技術者がイリ
が加入している。
ニツキー社長の下で働くことを望み、社員数は 1 年で100
名近くまで増えた。
フォルテス社
フォルテス社は2003年春から、日本での営業を開始した。
「フォルテス社」はノヴォシビリスクにあるIT企業で
これまでNTT関連企業向け通信プログラムの開発、デジ
ある。この会社は2004年 6 月、サンクトペテルブルクで開
タルカメラのドライバー開発、電子カルテシステム、企業
催された「第 4 回ロシア・アウトソーシングとソフトウェ
のWebサイトの開発など、低コスト、スピード、技術を
ア・サミット2004」に参加し、「ロシアで最も成長の早い
生かしたプロジェクトを成功させている。日ロ双方向の技
ソフトウェア企業」賞に輝いた。対前年比において、社員
術翻訳ができる技術者、メールや口頭での交渉が可能な通
数2.4倍、売上高1.3倍、会社面積6.6倍、Microsoft認証者数
訳、更に日本人SEのサポートを受けて、日本からの依頼
2.5倍、パートナー数 2 倍などの成長が評価されたもので
や発注に対しては完全日本語対応を実現している。
ある。同社の2003年に提携したパートナーの中には、日本
現在社員数は95名である。主力事業は、リナックス対応
の「ニューシステムズテクノロジー社」、住友商事のロシ
のネットワーク向けアプリケーション開発である。ASN.1
ア法人「スミトレード社」なども含まれている。
と通信技術をベースとしたシステム開発も得意である。携
マイクロソフト、インテル、サンなど世界のリーディン
帯電話間の通話の転送制御、航空機の地―空・空中通信、
グカンパニーの多くがOSや基本ソフト開発において、ロ
フェデックスなどの国際宅配荷物の追跡、変電所や変圧器
シア人の開発チームを利用してきた。特にノヴォシビルス
を制御するための電気・ガス設備、プリンタの印刷制御、
ク郊外にあるアカデムゴロドクには、欧米企業の基本ソフ
コレクトコール、国際電話カード認証などにASN.1のメッ
ト開発に従事した経験をもつプログラマーが多い。そのた
セージが使われている。ASN.1は国際標準化が進められて
めに、システムを基本から理解し、最先端、高品質で無駄
いて、あらゆる物がネットワーク化される「ユビキタス」
のないソフトウェア開発が可能になっている。
時代に応用が広がると考えられるが、技術情報量が非常に
アカデムゴロドクでは90年代から高速通信ネットワーク
多く、日本では開発者がほとんど育っていないという11。
が整備され、海外とのリアルタイム通信や大容量データ通
信が可能であった。プログラマーの多くは世界中の顧客と
4 .日本の取組み
英語で交信する。ITバブルがはじけ欧米からの注文が減
日本はロシアの科学技術に対してどのような取組みを
るにつれ、アカデムゴロドクの技術者は、自らベンチャー
行ってきたのであろうか。
企業を立ち上げた。有能なプロジェクト・マネージャーと
して評判の高かったイリニツキー氏は、2002年にフォルテ
日本政府の取組み
ス社を設立した。
ロシアに関係する日ロの科学技術国際協力の二国間協力
イリニツキー氏は1977年生まれである。ノヴォシビルス
では、1973年10月に締結された日ソ科学技術協力協定があ
ク総合大学の数理・機械学部卒業後、98年ノボソフト社に
る。これは後にソ連邦崩壊後、旧ソ連邦諸国(ロシア、カ
入社、システム開発を担当した。2000年からASN.1を使っ
ザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、アルメニア、グ
た通信システム開発のプロジェクト・マネージャーとなり、
ルジア、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバ、トルクメニ
通信機器やデータ交換に使われるソフトウェアの開発で頭
スタン、タジキスタン)に継承された。その後、2000年 9
角を現した。ノボソフト社は当時、社員200名以上を擁し、
月に、ロシアと日ロ科学技術協力協定が締結される。原子
海外向けソフトウェア開発では欧米のみならず日本にもそ
力関係では、1991年 4 月に締結された日ソ平和利用原子力
の名が知られるほど実績が多く成功した企業だった。しか
協力協定をロシアが継承した。宇宙関係では、1993年10
し、
アメリカのITバブル崩壊のあおりをうけて失速、トッ
月に締結された日ロ宇宙協力協定が、環境関係では、1991
プレベルの管理者が離反して新事業を立ち上げる動きが活
年 1 月に締結された日ソ環境保護協力協定をロシアが継承
発化した。プロジェクト・マネジャーだったイリニツキー
している。
10
Технопарк «Новосибирск»/ http://www.ict.nsc.ru/tpark, Сибирский Федеральный округ(http://www.sfo.nsk.su:2005年 3 月27日アクセス)
11
フォルテス社ホームページ(http://fortess-jp.com:2005年 3 月27日アクセス)
。
24
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
多国間協力では、国連やOECDなどの国際機関との協力
年から1995年まで 5 回派遣した。1992年東北大学シベリア
がなされているなかで、ロシアに関係のあるものとして、
支部と学術協定を締結し、学術交流を促進しようとした。
国際科学技術センター(ISTC)による協力がある。同セ
一方で、相互の学術交流の担当機関となる研究センターを
ンターは旧ソ連諸国における大量破壊兵器開発に従事して
学内に設けられるよう、文部省(当時)に働きかけた。そ
いた研究者の軍民転換を促進し、国際社会への参入を支援
の結果、1996年に東北アジア研究センターが東北大学に設
する目的で、1994年 3 月に設立された。政府間においてこ
置された13。
のように明確にされている協定以外にも、対ロシアとの関
西澤教授は日本を代表する偉大な研究者である。彼は光
係においては個別の研究予算の中で実施されている共同研
ファイバー通信システムを構成する三つの基本要素、発光
究・技術協力や協定、例えば、ITER(国際熱核融合実験炉)、
素子、光伝送路および受光素子をすべて発明した。だが、
宇宙ステーション計画、日ロFBR(高速増殖炉)サイク
彼の世界に誇れるその独創的な研究成果は日本では認めら
ル協力などがある。政府予算の関連として計上されている
れず外国で高く評価された。日本では「自然の法則性や原
ものは、こうした共同研究・技術協力である。
理を尊重するという姿勢が稀薄で、
「定説を信じて疑わな
政府予算の下でなされているロシアに関係する科学技術
い」という権威主義的に硬直した精神構造が横たわってい
国際協力の特徴は、協力分野としては工学・技術の分野に
た。西澤教授は定説信仰や欧米崇拝という学問における権
属する協力であり、宇宙・原子力関係プロジェクトの共同
利主義のもとでは、独創技術は育たないと確信していた。
研究や技術協力が該当する。研究開発プログラム(全体か
そして、彼は独創にこだわり、独創的な研究を正しく評価
ら宇宙・原子力関係プロジェクトを除いたもの)において
し、大きく育てようとした。光ファイバーが先進的な技術
は、国際機関等への拠出金といった資金協力がほとんどで
として日本の財産になると考えた西澤教授は、日本の企業
ある。共同研究・技術協力経費は非常に少ない。政府予算
など各方面に実用化を依頼した。しかし、
全く認められず、
の配分としては、大部分が多国間協力の枠組みの中でなさ
泣く泣くアメリカの企業に譲った。日本での当時の評判は、
れている協力であり、二国間協力の枠組みでの協力経費は
「よその国で実用化していないものを日本で実用化して儲
12
非常に少ない 。
かるわけがない」というものであった。今、日本は、莫大
な特許料を支払って光ファイバーを利用している14。この
東北大学の東北アジア研究センター
ような独創性を重んじる西澤教授がロシア科学アカデミー
東北大学が1996年に東北アジア研究センターを設立し、
シベリア支部のプラズマ技術に注目し共同研究を進めてき
ロシア科学アカデミーシベリア支部との研究交流を精力的
た。
に行っている。西澤潤一東北大学学長(当時)はロシア科
現在ではこれを東北大学東北アジア研究センター渡邊
学アカデミー外国人名誉会員であり、シベリア支部の研究
之教授が引継いでいる。そして、シベリア支部の熱物理研
者と以前から交流があった。1980年代末にソ連政府は財政
究所のプラズマ技術を日本へ導入する計画プロジェクトの
難のためソ連科学アカデミー(当時)への研究資金を削減
代表を務めている。プラズマ技術を使い一気に焼却炉を高
し始めた。シベリア支部は将来への危機感を感じ、外国の
温にしてゴミを焼却すれば有害ガスは出ない。ロシア人は
研究機関との共同研究に打開策を求め、1990年シベリア支
焼却技術の原理は発明したが、実用化まで至らなかったと
部は幹部を東北大学に派遣した。西澤教授はロシア科学ア
いう。ロシアのプラズマ技術を利用した廃棄物処理の会社
カデミー・シベリア支部の要請を真摯に受け止め、東北大
を、仙台市にある民間企業が資金を出し合い設立しようと
学とシベリア支部との学術交流の可能性を探った。西澤教
しているという15。ロシアの基礎科学と日本の改良能力の
授はシベリア支部のポテンシャルを調査するために、学内
マッチングの良い例であるといえよう。
の様々な研究所および学部から研究者を集め、ロシア(ソ
連)科学アカデミー・シベリア支部訪問団を組織し、1991
12
『ロシアに関係する科学技術国際協力の現状分析』2002年11月文部科学省科学技術政策研究所第 2 研究グループ(川崎弘嗣、小林信一)科学技術
政策研究所ホームページ内 http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/mat089j/idx089j.html(2005年 3 月15日アクセス)。
13
塩谷昌史(2004)
「ノヴォシビルスク経済の現状」ユーラシア研究所編『ユーラシア研究』No. 30、東洋書店。
14
権奇哲(1998)
「反権利主義と独創技術:西澤潤一と光ファイバー通信」伊丹敬之・加護野忠男・宮本又郎・米倉誠一郎編『イノベーションと技
術蓄積』有斐閣。
15
塩谷昌史(2002)
「シベリアから見たロシア経済」
『世界の窓 京都産業大学世界問題研究所諸報』第17号、京都産業大学世界問題研究所。
25
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
地方自治体と民間企業の取組み:メカロ秋田のマグナス風
すのが特徴である。完成した実験機は直径 2 メートルで、
車
年間平均風速が 6 メートルの場合の発電量は 1 万6,000キ
16
他には秋田県の取組みがある 。2003年 6 月、秋田県産
ロワット時。バッテリーを使い 5 本の円柱をそれぞれ回転
業経済労働部の技術移転チームがロシア科学アカデミーシ
させると揚力が発生し、風車全体が回り始める。風の力を
ベ リ ア 支 部 理 論 応 用 力 学 研 究 所(ITAM:Institute
効率よくエネルギーに転換できるという。
Theoretical & Applied Mechanics)から実用化できてい
従来の風車が稼働できるのは風速 4 ∼25メートル程度
ないマグナス風車の原型を持ち帰った。同チームは、かね
だったが、 2 ∼100メートルに拡大させた。より微風、強
てから風車の研究をしていた精密機器製造の㈱メカロ秋田
風時でも使用できるため、従来型風車の年間稼働率が 6 割
の村上社長と秋田国立高専の伊藤教授に話を持ちかけ、秋
の場所に設置すれば 9 割程度に高まるという。市販型の価
田大学や秋田県立大学の先生方にも加わってもらい、産学
格は 1 機1,000万円の見込みで、自治体などに納入する計
官での開発がスタートした。そして、㈱メカロ秋田の村上
画である。
社長が考案したスパイラル円柱を付加する事により、発電
㈱メカロ秋田は2003年 1 月創業のベンチャー企業である。
能力を従来の 2 倍以上に高めた風力発電機を開発した(図
当初から、節水・節電など企業の経費削減に寄与する省エ
3)
。
ネ製品を販売してきた。2004年からは、産学官の連携で開
発中の「新型マグナス風車」の販売に向けての委員会事務
局となり、2005年 3 月からは、販売の拠点となる秋田マグ
ナス協会を設立して、その事務局になった。2006年からは、
世界に向け、「新型マグナス風車」を販売して、地元秋田
県に新産業を創出し、日本や世界の環境改善に貢献したい
という戦略を有する。新型マグナス風車は、小型機なので
世界のどこにでも設置可能である。砂漠の中や高層ビルの
屋上でも、そこが自分たちだけの発電所になることができ
る。新型マグナス風車の普及台数が増えれば増えるほど、
地球のCO2削減に確実に貢献できる環境ビジネスである。
そして、秋田県の産業振興にも寄与することができる。
図 3 .マグナス風車
写真提供:秋田マグナス協会 本部事務局
これにより、従来の風車の 2 倍の発電量が実現した。新
型マグナス風車はプロペラ型の風力発電に比べて、発電効
図 4 .新型マグナス風車
写真提供:秋田マグナス協会 本部事務局
率がよく、建設コストが安い、また、強風に強い。プロペ
ラを持たず、らせん状のひだを付けた回転円柱で風車を回
16
経済産業省東北経済産業局ホームページ(http://wwWTOhoku.meti.go.jp/koho/kohoshi/mokuji/0410/genki.htm:2005年 3 月26日アクセス)
、
秋田県産業振興プラザホームページ(http://www.bic-akita.or.jp/plaza/shien_room/northesco.html:2005年 3 月26日アクセス)、日本経済新聞東北
電子版(http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20040623c3b2304u23.html:2005年 3 月26日アクセス)
。
26
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
その後も、㈱メカロ秋田の村上社長は、ノヴォシビルス
実施など、質が十分保たれていること等とされている17。
クを訪問し、ロシア側に追加研究を依頼したり、日本側で
1 論文当たりに引用される平均回数は、相対被引用度と
出た結果を報告したりという研究交流が続いているという。
呼ばれる。主要国の相対被引用度は米国が最も高く1.5、
この事例はロシアの独創的な基礎研究を日本の自然科学
次いでイギリス1.36、カナダ1.24、フランス1.06、日本0.84
分野で目利きができる研究者が探し出し、産学官の連携で
と続く。ロシアはさらに下の0.45にすぎない。日本も 1 を
実用化した例といえる。技術にかかわる情報の収集を行う
下回っており、主要国と比較しても低い位置にあるが、そ
れよりもさらにロシアの相対被引用度は低い18。
「技術偵察」を、自然科学の基礎研究と応用研究を理解し
かつ目利きのできる人が行う必要がある。新たな知識を感
ロシアの相対被引用度は高いとは言えず、この指標だけ
知し、新たな技術や市場を予知する能力と、基礎研究と応
から判断すれば、ロシアの基礎研究のレベルは決して高い
用研究の知識に熟知し、結合することのできる能力をもっ
とは言えない。
た目利きのできる人が行わなくてはならない。かつ、企業
に対しそれがいかに将来性のある研究かを語れる人物でな
むすび
いといけない。その役割を果たせるのは自然科学系の研究
ロシアの相対被引用度は高いとは言えず、この指標だけ
者である。そうした人材抜きでは、科学アカデミー研究所
から判断すれば、ロシアの基礎研究のレベルは高いとは言
の日の目を見ない基礎研究を活用することは困難であろう。
えない。ロシアの研究開発費についても、主要国の中で低
い位置にある。ロシアの研究開発集約度は国際的にみても
6 .ロシアの基礎研究のレベル
高いとはいえない。であれば、われわれはこのまま、シベ
ロシアの科学技術を活用することは日ロ双方および世界
リアの科学技術が衰退していくのを何もしないで見ていた
にとってよいことではあるものの、ロシアの基礎研究のレ
方がいいのであろうか?
ベルは本当に高いのであろうか。
グローバル企業は、グローバル規模で競争しイノベー
研究開発活動には、科学的知識を究明する基礎研究、そ
ションを展開している。その理由は、世界中から多様なア
の科学的知識を応用し産業化に向けての可能性を探る応用
イデアや経営資源を獲得し、イノベーションのベースを強
研究、実際に新商品や新しい生産方法を開発するための開
化したいからである。重要なイノベーシヨンの源泉ほど、
発研究がある。基礎研究の成果は論文としてまとめられ公
通常予期せぬ場所にあり、それを迅速かつ的確に認知する
表されることが一般的であるので、論分数のシェアは、研
必要がある。それを阻害するものは、ステレオタイプの見
究開発のうち基礎研究分野の成果が数量的にみて世界の中
方である。どの国は何が強いか、といった一般的知識をも
でどの位に位置付けられているのかということを表す指標
とに、探索するステレオタイプでは知識社会では生き残っ
となる。また、論文がさまざまな場面で引用されていると
ていけない。世界中のイノベーシヨンの掘り出し物をいか
いうことは、その論文が質的に高い評価を受けていると考
に発掘していくかが、グローバル・イノベーシヨンの大き
えることができるので、論文の被引用回数のシェアは基礎
な挑戦である。
研究の成果が質的に世界の中でどの位に位置付けられるの
現代はグローバル規模で知識資産を活用する時代である。
かということを表す指標となる。そこでISI(Institute for
これまでのように、国の強みや国内のイノベーション・ク
Scientific Information)の作成したデータベースをもとに、
ラスターの強みが長期間にわたり安定的に存続するとは限
発表数及び被引用回数の各国比較を行ってみよう。
らない。国の競争優位をもたらした分野が急速に衰え、他
ISIデータベースは、収録されている論文誌数は約8,500
国に優位性を引き渡してしまう場合もある。
「あそこはあ
誌ある。うち自然科学論文誌は約5,500誌、社会科学論文
れが強い」といった固定観念が長期間にわたり安定的に続
誌は約1,800誌、人文芸術学論文誌は約1,200誌である。なお、
く時代ではない。ニューエコノミーにおいては、辺境の地
ISIのデータベースにおける論文誌収録の選択基準は、国
から予想もしないイノベーションが生まれる。知識が急速
際的に流布していること、規則的に刊行されていること、
に世界規模で分散化し、これまでの常識からは考えられな
最低限、タイトル、アブストラクト、キーワードは英語で
いような所で新たなイノベーションの芽が生まれる可能性
記されていること、ピアレビューの採用や引用文献の完全
がある。これまでの固定観念にとらわれ、イノベーション
17
18
石川誠(2004)
「技術水準と企業の輸出戦略」中津孝司編著『新マーケティング読本』創成社。
『平成14年度科学技術白書』文部科学省。
27
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
中国、日本、韓国という北東アジアの主要国は、輸入エネ
の拠点を従来の強みをベースに配置し、調整するというア
19
プローチは、潜在的チャンスを見逃すことになる 。
ルギーに大いに依存しており、ロシアにその石油とガス資
旧ソ連が生み出した「商品」としての工業製品は、先進
源が存在していること。したがって、北東アジアの外交関
工業国の基準でいえば、国際競争力をほとんどもたなかっ
係において、ロシアはその役割を強化する潜在力を有し、
た。ソ連では、技術開発の向かった先が軍需であった。し
その影響力が非常に強力になること。これによって、ロシ
かし、この軍事大国のなかに閉じ込められた世界の30%に
アは北東アジア経済においてその存在がより大きなものに
達する研究者を擁する巨大なポテンシャルが生み出した研
なると予想されるからである21。また、クレショフ所長が
究成果が、すべて市民生活に役に立たないというわけでは
言うように、ロシアがWTOに加盟すれば、EU、北東アジ
ない。これらの生産物のなかには、いまなおハイテクとし
ア経済圏への参画など国際的分業の中に加わることにな
て各国が開発にしのぎをけずる先端技術があり、ロシアに
り、そのプロセスにおいて、資源豊富なシベリアが果たす
20
はまだ活用化されていない知的資源が多い 。それを探し出
役割は大きくなるだろう22。
し、実用化することができれば、東北大学や秋田県の取組
WTO加盟によって期待される最大のメリットは外国投
みのようにビジネスへと結びつけることができる可能性は
資の増大である。過去、ロシアに流入した外国投資額はロ
ある。また、味の素のようにロシアの研究所のアイデアや
シアの経済規模に比して極端に少ないとされ、その最大の
独創性を重んじつつ、研究開発や基礎研究を行わせる戦略
原因はロシアの法制度の不備にあると指摘されてきた。外
もあり得る。
国投資法、税法典、関税法等をはじめとして法律や政令が
そのためには、技術にかかわる情報の収集を行う「技術
制定、改正されてきているが、実施のための細則で未整備
偵察」が必要である。自然科学の基礎研究と応用研究を理
な部分が多く、法の執行・運用も一貫性、透明性が欠けて
解しかつ目利きのできる自然科学系の研究者に技術偵察を
いる。さらに「大統領令」や「大統領命令」というロシア
行ってもらい、イノベーションの萌芽を探してもらわなけ
独特の行政命令が頻繁にだされ制度全体の把握を難しくし
れば、シベリアの科学アカデミー研究所の研究を活用する
てきた。ロシアへの参入を考える外国企業にとって、こう
ことは困難であろう。
した問題は最大の不安材料であった。WTOに加盟するに
ノヴォシビルスクはロシア第 3 のIT企業の集積地であ
は、ロシアがその貿易・投資関連法制をWTOのルールと
る。しかもノヴォシビルスク大学やノヴォシビルスク工科
整合させることが条件となる。このため、ロシアがWTO
大学をはじめ高度な理数系教育を基盤とした高いレベルの
に加盟すれば、それは外国投資家にとってロシアの投資環
ソフトウェア開発を行っている。さらにノヴォシビルスク
境が大きく改善されたことを示すシグナルとなる。そうな
では日本語教育が盛んであり、IT技術者で日本語対応可
れば、ロシアの法令もWTOの基準と規定に適合させるよ
能な人材が豊富である。コスト的には、インドや中国に比
うになっていくであろう。問題が生じた時に、他のWTO
べると高い。しかし、非標準的なアプローチを応用し誰も
加盟国と歩調を合わせてロシアに改善を求めることがで
それまで試みなかった道を探求することに競争優位を持
き、投資側からみれば従来にない大きな安心感が生まれる。
つ。日本向けのソフトウェア開発を日本で行うよりも安価
日本にとっては、シベリアは石油・天然ガスなどの資源
に、依頼することも可能であり、実際にその実績がある。
を供給してくれる資源供給地であり、資源加工地でもある。
北東アジアにおいて、ロシアは、現在、脆弱な立場にあ
またソフト開発などアウトソーシングの地でもあり、技術
る。だが、長期的にはロシアはこの地域に、より大きな影
探索、共同研究の地でもある。われわれはシベリアをこれ
響を及ぼすようになる。それは上海国際研究所ロシア・中
から成長が期待される「市場」であるとともに、イノベー
央アジア研究部部長趙華勝(ジャオ・ホワシェン)氏が指
ションのさまざまな可能性を秘めた側面にもっと注目すべ
摘するように、ロシアと北東アジア諸国の二国間および多
きではなかろうか。
国間関係が引き続き発展していくことが予想されること。
19
浅川和宏(2003)
『グローバル経営入門』日本経済新聞社。
20
森本忠夫、杉森康二、江南和幸(1997)『Made in Russia:ロシアは何をつくったか』草思社。
21
Zhao H. (2004) Russia’
s Asian Policy and Sino-Russian Relations, The Russian Research Seminar“Toward the New Partnership between
Russia and Japan in Asia”
, Oct8, 2004, Sponsoring Organization The Sasakawa Peace Foundation Secretariat North Pacific Region Advanced
Research Center (NORPAC).
22
Кулешов, В.(2004) Экономические трансформации Сибири и Дальнего Востока в первые десятилетия ХХ века, which was presented at
summer symposium 2004 on July 14, 2004 at Renaissance Sapporo Hotel, Sapporo, Japan (mimeo).
28
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
Innovations and Science in Siberia From the Perspective of
Global Management (Summary)
Eiko Tomiyama,in Economics Ph.D.
Visiting Lecturer, Niigata University & Keiwa College
The Siberian Branch of the Russian Academy of
Sciences is at the heart of research in the Novosibirsk
Academic Town (Akademgorodok), which was the
prototype for present day technopoli and technoparks, and
is a Russian research hub on a par with those of Moscow
and St. Petersburg. However, the science and technology
environment in the former Soviet Union and the Russian
Federation has deteriorated rapidly since the collapse of
the Soviet Union. To what degree has the science and
technology environment in Siberia deteriorated? What
are the reasons for this? Was the scientific level in Siberia
actually high in the first place? What kind of scientific
and technological exchange has Japan undertaken with
Siberia? What are the up-and-coming fields of science
and technology in Siberia? With the advance of economic
globalization, how should Japan respond to Siberia and
Russia from the perspective of global management? This
paper identifies and discusses these issues.
The centralized research institute system of scientific
research institutes affiliated to the Academy of Sciences or
specific ministries proved its worth in the implementation
of large-scale projects requiring the mobilization of vast
quantities of resources in the priority fields of hydroelectric
power station construction, nuclear weapons manufacturing
and ballistic missile development. However, it was not
suited to projects conducted under conditions where no
detailed priority issues had been set by the Communist
Party, such as projects in the high-tech sector or those
oriented towards the consumer goods market. Russian
research institutes had neither the ability to find buyers for
the technology that they had perfected, nor the ability to
give the results of their development projects the level of
finish appropriate to the market conditions. Thus, Russia
fell behind in terms of ensuring that the outcomes of its
basic research resulted in product development. The biggest
problem with regard to this is the inability to develop
practical applications for the outcomes of basic research.
In the West, there are experts called innovation
managers or technology brokers, who mediate between
researchers and developers, manufacturers and investors,
and create a unified linkage between them, but such experts
did not exist in Russia. In Russia, what are needed are
innovation managers and technology brokers, rather than
sectoral research institutes that are isolated from the actual
market and speak a totally different language. Scientists and
technicians implement technological development under
the leadership of innovation managers, while innovation
managers adapt the outcomes of their development efforts
to the actual market. In addition, a structure is required in
which a growing industrial sector purchases the resultant
products.
The scale of research and development expenses is
the extent of activities conducted in order to create and
accumulate new knowledge and technology, and is a vital
element in gauging the technological element. The scale
of research and development expenses is a developmental
yardstick demonstrating the innovative ability of a
particular society and the ability to create, disseminate and
use knowledge and information is increasingly important in
terms of the competitiveness of an economy. However, as
research and development expenses differ according to the
scale of a countryʼs economy, there are some difficulties
in drawing comparisons between countries. Accordingly,
if we use the research and development intensity, that is
to say, the share of research and development expenses in
GDP, a comparison of research and development expenses
between different-sized countries becomes easier. While
Japan has an intensity of 3.01%, the US 2.63%, Germany
2.38%, France 2.17%, the UK 1.87% and Canada 1.58%,
Russiaʼs intensity is just 1.06%. Among the major
countries, Russiaʼs overall expenditure on research and
1. Changes in the Science and Technology
Environment in Siberia
The number of Russian researchers, who once had the
highest social status in the Soviet Union, fell by around
half in the ten years from 1992. Moreover, in Novosibirsk
Oblast, where Akademgorodok is located, the number of
people working for scientific and academic institutions
was 74,300 in 1990, but had halved by 1999 to 32,500.
In Siberia as well, the number of people employed in the
sciences has decreased sharply in the wake of the transition
to the market economy. Before the dissolution of the Soviet
Union, the research institutes in Akademgorodok were
financially supported by the state. However, due to the
breakup of the Soviet Union, the state budget for supporting
regional research institutions and educational establishments
shrank and the conditions amidst which research was
conducted deteriorated considerably. Furthermore, as a
result of the decline of the industrial sector, above all the
military-industrial complex, the sharp decline in funding
from the industrial sector has added to this. In the city of
Novosibirsk, wages in the science sector are low (4,965
rubles in 2002). Even at the Institute of Economics and
Industrial Engineering, where we carried out our study, a
problem emerged in the form of young researchers quitting
the institute for jobs in finance or industry, leaving only
more elderly researchers at the institute.
During the Stalinist era, the field of the actual
economy, particularly the commercial sector, became
dissociated from science as conducted by research institutes.
This led to the decoupling of research and production,
thereby impeding technological innovation in Soviet
industry. Research institutes also became organizationally,
geographically and philosophically separated from
factories.
29
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
development is low and its research and development
intensity could not be described as high when viewed from
an international perspective.
The research institutes in Akademgorodok also began
to seek partners overseas by acquiring various subsidies.
As a result, the extent of links with partners in business and
overseas led to a progressive polarization between research
institutes with abundant research funds and impoverished
research institutes. Institutes with abundant research funds
include the institute of nuclear physics and institute of
catalysis. However, such affluent research institutes are
rare.
How have the research institutes of the Academy of
Sciences procured research funding?
within Russia for the manufacturing of accelerators, and is
often asked by radiation facilities overseas to manufacture
equipment associated with accelerators.
3. The IT Industry in Novosibirsk
Novosibirsk rocketed to fame as a base for the
offshore development of software for Western countries
and is called Russiaʼs Silicon Valley. Novosibirsk is one of
Russiaʼs leading IT hubs after Moscow and St. Petersburg.
In Akademgorodok, experts in the fields of mathematics
and physics have launched a succession of new companies,
and the town is a base for software. Breakthroughs in the
field of software are continuing against the background
of high-level education in the areas of mathematics and
science. The software industry is steadily being nurtured
and orders from Japan are also increasing. In June 2001,
the SibAkademSoft Association was established, due to the
necessity of developing infrastructure in the IT industry.
The aim of the association is to “make Siberiaʼs IT industry
the best in the world”, and it is receiving active cooperation
from business partners overseas, as well, of course, as
within Russia. The organizations affiliated to the association
include the Siberian Branch of the Russian Academy of
Sciences, governmental institutions in the Novosibirsk
region, Novosibirsk State University, the Technopark, and
software production companies in Novosibirsk City (Alekta,
BACUP IT, Data East, Sibinfocenter, Signatec, SofLabNSK, Souztelecom, Tornado, and UniPro). Russiaʼs top
brains are brought together in this Technopark, in order to
develop the IT industry, and the aim is to create a center
for the IT industry that is on a par with Silicon Valley
in the US. Around 70 companies have been set up in the
Technopark; these include not only venture companies in
the IT industry, but also those in the field of biotechnology
and healthcare.
2. Major Research Institutes in Akademgorodok
The Kutateladze Institute of Thermal Physics
In 1993, the Kutateladze Institute of Thermal Physics
first concluded a contract worth hundreds of thousands
of dollars with Air Products, one of the leading specialist
gas production companies in the US. Furthermore, it
participated in another research project commissioned
by the same company, focusing on the theme “the
development of new plasma chemistry technology relating
to gas production”, and achieved great success. Researchers
proposed an original, unconventional design proposal for
this theme, creating a new ozone generator and succeeding
in developing an efficient technique for manufacturing
hydrogen. In addition, they perfected a plasmatron design
that was, in principle, completely new. Starting in 1993,
the instituteʼs contracts with global companies increased
in value more than tenfold and became a major source
of income. Over the year since then, they have been
supporting the lifestyles of the instituteʼs researchers.
The Boreskov Institute of Catalysis and the Budker
Institute of Nuclear Physics
4. Japanese Initiatives
Japanese Governmental Initiatives
The Boreskov Institute of Catalysis is one of the
worldʼs largest publicly funded catalysis research institutes
and has world-class technology. As a practical research
institute in Russia focusing on the field of chemistry, it
undertakes close collaboration with institutions undertaking
research and development in the materials sector, the
organic chemistry sector, and the energy and nuclear
power industry sector. Moreover, in addition to research
commissioned by the vast chemical industry in the West,
it is an international research institution that also licenses
technology. It has hardly any interaction with Japanese
industry. The institute employs around 750 people,
including around 350 researchers, and has an attached pilot
plant and a catalyst manufacturing plant. The institute has
superior catalyst technology for partially oxidizing or steam
reforming methane, diesel and heavy oil fuels in order to
achieve the highly efficient generation of such substances
as carbon monoxide, hydrogen and hydrocarbons, and
hydrocarbon reduction NOx removal catalyst technology
which uses these substances as reducing agents in order
to reduce nitrogen oxides to nitrogen; it conducts joint
international research with Japan and countries in the West.
Under the strong leadership of its director, the Budker
Institute of Nuclear Physics receives many requests from
With regard to multilateral cooperation, there is
cooperation with such international institutions as the
United Nations and the OECD in providing support
to Russia, as well as cooperation implemented by the
International Science and Technology Center. This center
was established in March 1994 with the aim of facilitating
a switch in the focus of researchers who had been involved
in the development of weapons of mass destruction in the
former Soviet states, moving away from military issues
and towards civilian ones. In addition to such explicit
agreements between governments, agreements, joint
research and technological cooperation with Russia are
conducted on the basis of individual research budgets, such
as cooperation in the ITER (International Thermonuclear
Experimental Reactor), the space station plan, and the
Japan-Russia FBR (fast breeder reactor) cycle. Such joint
research and technological cooperation are provided for in
the governmental budget.
The international scientific and technological
cooperation relating to Russia undertaken on the basis
of the governmental budget is characterized by the fact
that the areas of cooperation are the fields of engineering
and technology, and joint research and technological
30
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
cooperation relating to space and nuclear power projects
correspond to this. Amongst the various research and
development programs (excluding joint research relating
to space and nuclear power projects), most involve
financial assistance in the form of contributions to
international institutions. The budget for joint research and
technological cooperation is extremely small. The majority
of the governmental budget allocation is for cooperation
conducted within multilateral cooperative frameworks,
and the budget for cooperation within bilateral cooperative
frameworks is extremely small.
such creativity in high esteem, Professor Nishizawaʼs
attention was caught by the plasma technology developed
by the Siberian Branch of the Russian Academy of sciences
and promoted joint research with that institution.
Professor Itaru Watanabe of the Center for Northeast
Asian Studies has now taken over this task. In addition, he
is the representative for the project aimed at introducing
to Japan the plasma technology developed by the Siberian
Branchʼs Institute of Thermal Physics. If plasma technology
could be used to raise the temperature of incinerators
instantly, rubbish incinerated in them would not generate
any toxic gases. It is said that Russians discovered the
fundamental principles of incineration techniques, but they
did not get as far as applying them in practice. Apparently,
attempts are being made to establish a waste disposal
company using Russian plasma technology, with funding
being provided by a private sector company in Sendai. This
is a good example of the matching of Russian fundamental
science with Japanʼs ability to modify and upgrade
inventions.
The Center for Northeast Asian Studies at Tohoku
University
In 1996, Tohoku University established the Center for
Northeast Asian Studies and it is dynamically conducting
academic exchange with the Siberian Branch of the Russian
Academy of Sciences. Junʼichi Nishizawa, at that time
President of Tohoku University, is an honorary foreign
member of the Russian Academy of Sciences and had
had contacts with researchers in the Siberian Branch for a
number of years. At the end of 1980, the Soviet government
began to cut its research funding for the Soviet Academy
of Sciences (as it was known at the time), due to financial
difficulties. A sense of crisis regarding the future arose
within the Siberian Branch and it began to seek a way to
conduct joint research with foreign research institutions;
in 1990, the Siberian Branch sent a top official to Tohoku
University. Professor Nishizawa responded sincerely to the
requests of the Siberian Branch of the Russian Academy
of Sciences and explored the possibilities for academic
exchange between Tohoku University and the Siberia
Branch. He made approaches to the Ministry of Education
(as it was known at the time), with the aim of securing the
establishment within the university of a research center
that would deal with academic exchange between the two
institutions. As a result, the Center for Northeast Asian
Studies was established in Tohoku University in 1996.
Professor Nishizawa is one of Japanʼs greatest
researchers. He invented all three fundamental components
of fiber optic telecommunications systems: light-emitting
elements, optical transmission lines and light-receiving
elements. However, his world-class original research
outcomes went unrecognized in Japan and only received
the acclaim they deserved overseas. In Japan, there is little
inclination to “respect the laws and principles of nature”,
and a rigidly authoritarian mentality in which “established
theories are to be believed unquestioningly” prevailed.
Professor Nishizawa felt strongly that creative technology
could not be nurtured amid an autocratic atmosphere in
learning, in which everyone had an almost religious belief
in dogma and an excessive reverence for the West. He was
meticulous about creativity, trying to evaluate original
research correctly and nurture it carefully. Professor
Nishizawa, who thought that fiber optics would become
an advanced technology that was one of Japanʼs assets,
requested that Japanese companies put it to practical use in
various areas of their work. However, it received absolutely
no recognition whatsoever and, regretfully, Professor
Nishizawa turned it over to a US company. Now, Japan has
to pay a huge patent fee in order to use fiber optics. Holding
Initiatives Involving Local Authorities and Private
Sector Companies: The Magnus Windmill of
Mecaro Akita
One initiative is being undertaken in Akita Prefecture.
In June 2003, the technology transfer team from the Akita
Prefectural Governmentʼs Industry, Economy and Labor
Division brought back with them from ITAM (the Institute
for Theoretical and Applied Mechanics) at the Siberian
Branch of the Russian Academy of Sciences a prototype
Magnus windmill that had yet to be put to practical use.
This team approached Nobuhiro Murakami, President
of Mecaro Akita, a precision instrument manufacturer,
and Professor Jun Ito of the Akita National College of
Technology, who had been conducting research into
windmills for some time; the participation of lecturers from
Akita University and Akita Prefectural University was also
secured and development work began, with the involvement
of representatives from the worlds of industry, government
and academia. Then, by adding spiral cylinders devised by
Mr. Murakami of Mecaro Akita, a wind power generator
with a generation capacity more than twice as high as
existing generators was developed. Thus, it became possible
to generate twice as much electricity as conventional
windmills. Compared with propeller-type wind power
generators, the new Magnus windmills have a good level of
generating efficiency, are cheap to build and are capable of
withstanding strong winds. They are characterized by the
fact that they do not have any propellers; instead, rotating
cylinders to which spiral structures are attached turn the
windmill. The completed test model is two meters in
diameter and can generate 16,000 kWh annually, assuming
an average wind speed of six meters. When a battery is used
to rotate each of the five cylinders, dynamic lift is generated
and the whole windmill begins to revolve. It can apparently
convert the power of the wind efficiently into energy.
Conventional windmills could only operate within
a wind speed range of around 4 – 25 meters, but this new
windmill has extended that range to 2 – 100 meters. As it
can be used with both slight breezes and strong winds, it
could apparently increase the annual operating rate to 90%
31
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
in areas where conventional windmills currently achieve
an operating rate of 60%. The price of a commercial model
is anticipated to be ¥10 million and there are plans to
supply them to local authorities. Academic exchange has
continued even since the development of this model, with
Mr. Murakami visiting Novosibirsk to ask the Russian team
to undertake additional research and to report on the results
that have been generated by the Japanese team.
This can be described as an example of discerning
Japanese researchers in the field of the natural sciences
spotting original basic research and commercializing it by
means of collaboration between the worlds of industry,
government and academia. It is necessary for people who
understand and have a discerning eye for basic and applied
research in the natural sciences to carry out “technologyspotting”, which involves the collection of information
about technology. This must be conducted by people with
an appreciation of new knowledge, who have the ability to
predict new technology and markets, who are familiar with
knowledge concerning basic and applied research, and who
have a discerning eye and the ability to integrate these two
types of research. Researchers in the field of the natural
sciences can fulfill this role. Without such personnel, it will
be difficult to make use of the basic research conducted by
the institutes of the Russian Academy of Sciences, which
does not see the light of day.
6. Conclusion
Neither Russiaʼs relative citation index nor its research
and development intensity can be described as high. Given
this situation, should we in Japan just stand by and watch as
science and technology in Siberia declines?
Global companies are competing on a global scale
to develop innovations. The reason for this is that they
have acquired diverse ideas and management resources
from across the globe and have reinforced their innovative
base. The more important the source of the innovation,
the more likely it is to be in an unexpected place, so it is
necessary to develop a swift, accurate recognition of this.
The main obstacle to this is a stereotypical viewpoint. In
this knowledge-based society, it is not possible to survive
by adhering to stereotypes in searching for innovations
on the basis of general knowledge about which countries
are strong in what areas. The question of how to unearth
valuable innovations around the world is the main challenge
in global innovation.
Currently, we live in an age in which intellectual
assets are used on a global scale. It is not necessarily the
case that a countryʼs strengths or the strengths of innovation
clusters within a country will continue in a stable manner
in the long term, as has been the case until now. There
are cases in which fields that had given a country a
competitive edge decline rapidly, with the advantage
being surrendered to another country. It is no longer an
age in which stereotypes of which country is powerful in
which area can be maintained stably in the long term. In
the new economy, unexpected innovations emerge from
remote regions. Knowledge spreads rapidly on a global
scale and it is possible for the green shoots of innovation
to sprout in places where they would not have been
expected, when considered on the basis of conventional
common knowledge. Adopting an approach constrained by
conventional stereotypes, with hubs of innovation being
allocated and adjusted on the basis of existing strengths will
lead to potential opportunities being missed.
The industrial goods that were the “products” of
the Soviet Union had little international competitiveness
when considered on the basis of the criteria of leading
industrialized countries. In the Soviet Union, technological
development was oriented towards military demand.
However, it is not the case that the research outcomes
generated as a result of the vast potential of the researchers–
accounting for 30% of all researchers worldwide –confined
within this military superpower were of no use at all in
improving the lives of the people. The products of such
research include advanced technology that countries are
now competing furiously with each other to develop as
high technology, and Russia still has many intellectual
resources that have yet to be put to practical use. If one
can seek these out and put them to practical use, it may
become possible to link them to actual business, as in the
case of the initiatives undertaken by Tohoku University and
Akita Prefecture. Moreover, as in the case of Ajinomoto,
one could develop a strategy in which basic research and
research and development are contracted out to Russian
research institutes, while respecting those institutesʼ own
ideas and creativity.
In order to do this, technology spotting, which involves
5. The Level of Basic Research in Russia
Is the level of basic research in Russia really high?
Research and development activities consist of basic
research, which involves the discovery of scientific
knowledge, applied research, which involves applying
this scientific knowledge and examining the possibilities
for its commercialization, and developmental research,
which is aimed at actually developing new products or
new production methods. It is usual for the outcomes of
basic research to be collated and published as papers,
so the share of papers is an indicator of the position that
the outcomes of basic research occupy in research and
development worldwide in quantitative terms. Moreover,
if a paper is cited in various situations, it suggests that that
paper has been evaluated as being of high quality, so the
citation index of a paper is an indicator of the position that
the outcomes of basic research occupy around the world in
qualitative terms. Accordingly, let us conduct a comparison
by country of the number of presentations and the number
of citations, based on database compiled by the ISI (Institute
for Scientific Information).
The average number of citations per paper is called the
relative citation index. Among major countries, the US has
the highest relative citation index, at 1.5, followed by the
UK at 1.36, Canada at 1.24, France at 1.06 and Japan at 0.84.
Russiaʼs level is even lower, at just 0.45. Japan also has a
level below 1 and occupies the lowest position of any major
country, but Russiaʼs relative citation index is even lower
than that. It is not possible to describe Russiaʼs relative
citation index as high, so judging by this indicator alone,
the level of Russiaʼs basic research certainly could not be
described as high.
32
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
gathering information about technology, is required. Unless
researchers in the field of natural sciences, who understand
both basic and applied research in the natural sciences
and can spot projects with potential, conduct technology
spotting and seek out budding innovations, it will be
difficult to make use of the research conducted by the
research institutes of the Russian Academy of Sciences in
Siberia.
Novosibirsk has the third largest accumulation of IT
companies in Russia. Furthermore, software development
is taking place at a high level, on the basis of the advanced
scientific and mathematical education being provided by
such institutions as Novosibirsk University and Novosibirsk
State Technical University. Moreover, Japanese language
education is flourishing in Novosibirsk and there is an
abundance of IT engineers who can deal with the Japanese
language. Costs are high compared with India or China,
but Novosibirsk has a competitive advantage in that its IT
people can apply non-standard approaches and seek paths
that have not previously been tried. It is cheaper to develop
software aimed at the Japanese market here than in Japan;
it is possible to request software developers to do this and
they have a proven record of achievement in this area.
In Northeast Asia, Russia currently occupies a
vulnerable position, but in the long term, Russia will have
a much bigger impact on this region, as it is anticipated that
bilateral and multilateral relationships between Russia and
the countries of Northeast Asia will continue to develop.
The major countries of Northeast Asia, i.e. China, Japan
and the ROK, are highly dependent on imported energy
and Russia is home to oil and gas resources. Consequently,
Russia has the potential to increase its role in diplomatic
relations in Northeast Asia, and its influence will become
very strong. This is because it is anticipated that Russia
will become a bigger presence in the Northeast Asian
economy. As Professor Valery Kuleshov, Director of the
Institute of Economics and Industrial Engineering at the
Siberian Branch of the Russian Academy of Sciences, has
said, if Russia joins the WTO, it will become involved
in international specialization, participating in both the
EU and the Northeast Asia Economic Subregion; through
this process, the role played by Siberia, with its abundant
resources, will undoubtedly increase.
For Japan, Siberia is a resource-supplying region that
can supply such resources as oil and natural gas, and it is
also a resource-processing region. Moreover, it is also an
outsourcing region for such fields as software development,
and a region in which technology can be sought and joint
research conducted. As well as seeing Siberia as a “market”
that we can expect to grow in the future, should we not also
pay attention to its status as an area containing the potential
for a variety of innovations?
33
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
会議・視察報告
Conference Reports・Inspection Visits
■北東アジア港湾物流状況調査ミッション
によるロシア極東、中国黒龍江省訪問記
漁港に分かれている。
商業港は㈱ナホトカ商業港により運営されており、年間
取扱量は10年前には500万トン台だったが、その後一旦減
ERINA調査研究部研究主任 筑波昌之
少したものの再び増加し現在では1,000万トン、その大部
2005年 8 月28日から 9 月 4 日までの間、社団法人日本港
分が輸出で製品としては銑鉄、原木などがある。輸出相手
湾協会の主催により「北東アジア港湾物流状況調査」ミッ
国は中国、日本、韓国、ベトナム、台湾で、定期航路は日
ションが派遣された。これは、ウラジオストク、ナホトカ、
本航路、ベトナム航路がある。大部分のコンテナ、石炭、
ボストーチヌイといったロシア沿海州の代表的港湾を訪問
化学肥料は付近にあるボストーチヌイ港で扱われている。
し、さらにウラジオストクからウスリースクを経て内陸国
石炭、化学肥料については環境対策としての措置を講じて
境を通過、中国黒龍江省の綏芬河市に入国した後、牡丹江
いるとのことだった。
市、ハルビン市を訪れるという極めて挑戦的な調査訪問で
実際に海上をクルーズしてみると、岸壁にアンローダー
あった。
などの荷役機械が整備され、背後には小高い丘が迫る地形
団員は港湾開発に係る団体、日本を代表する大手デベ
のため、拡張できる空間や取扱量は限界に来ているといっ
ロッパー、海運業者、建設コンサルタントなど全国から集
た印象である。不凍港であるため、年間を通じた利用が可
まった幅広い関係者により構成されており、それぞれの専
能で、水深が13mもあることから、今後は施設面での刷新
門的知見から北東アジアの港湾物流がどのような状況にあ
による港湾効率の高度化を進めることで引き続き取扱量を
るかをつぶさに考察しようとするミッションでもあった。
拡大する可能性があるものとみられている。
ウラジオストクは、ロシア極東における太平洋への窓口
そのナホトカから車でわずか30分程度の距離にアジアと
として発展した街で、シベリア鉄道の終点もここにある。
欧州のコンテナ物流拠点となっているボストーチヌイ港が
その後軍港となったために対外的に非開放の地域となった
ある。この港は旧ソ連時代に日本との経済協力事業として
が、1992年になって外国人に開放され、日本との間でも総
日本の計画、設計により整備されたものである。取扱貨物
領事館の設置や日本政府のロシア市場改革支援プログラム
はコンテナ、木材、バラ、化学肥料、液化ガス、石炭など
による日本センターの開設など関係が深い。
があり、専用バースで荷役が行われている。
滞在中に訪問したウラジオストク商業港におけるヒアリ
港湾管理会社であるボストーチヌイ商業港で応対したア
ングでは、社長のミハイル・ロブカノフ氏から極東地域の
ナトリー氏によると、上記の貨物に対応したターミナルは
拠点港として成長しており、2004年の貨物取扱量は726.7
4 つの会社により運営され、商業港はそのうちの石炭と多
万トン(対前年比16%増)に達し、石炭、鉄くず、金属製
目的バースに対応した会社であること、株式の 2 割は政府
品、コンテナなど 1 年に2,700隻の船舶が出入りしている
所有で残りを民間が所有していること、2004年の取扱量は
との紹介があった。国際旅客航路としては、日本の伏木富
1,500万トンで、対日本が 8 割、残りは韓国や中国に向け
山と韓国の束草がフェリーで結ばれているとのことだった。
た石炭貨物であることなどの紹介があった。
人口70余万人の大都市であるが、市街地は100年以上経
港湾全体を俯瞰できる展望台から一望すると、数多くの
ているとみられる建造物が林立する起伏のある街並みであ
コンテナが整然と蔵置され、ふ頭クレーンが林立する近代
る。また、海に囲まれたような地形は港湾区域と市街地の
的な港湾の威容が望まれた。ちなみに、外貿コンテナは外
区分を曖昧にさせ、あたかも港の中に街があるといった感
資との合弁によって1995年に設立されたVICSという会社
触を抱かせる。坂の多い光景を見たスターリンが、「ウラ
により運営されている。
ジオストクは極東のサンフランシスコだ」と言ったという
港湾施設の視察を終え、ウラジオストクを朝 5 時に出発
逸話を現地の人から聞けた。
した一行は闇夜の中、空港への幹線道路から分かれウス
続いて訪問したナホトカはウラジオストクから車で 4 時
リースクへ向かい、
さらに中ロ国境地帯までバスで進んだ。
間近く離れた街である。人口は20万程度で、市の中心地区
国境までは一面ほとんど未開発の草原で潅木さえ疎らな大
でも住宅街のような佇まいを持った落ち着いた雰囲気があ
パノラマが広がっていた。その景色は想像していたシベリ
る。ナホトカ港はナホトカ湾に囲まれた良港で、商業港と
アの地とも異なっており、むしろヨーロッパの緩やかな平
34
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
原を彷彿とさせた。
通じて新潟へのルート開発の実現を希望しており、中日ロ
巨大な電波望遠鏡のある地域を抜け、さらに 1 時間ほど
の 3 国でこのルートを活かすための正式な協定の締結及び
西に向かったところにロシア側の国境施設があった。通常
ロシアとの鉄道、道路輸送機能の改善をさらに強化するこ
は通過のための公共バスに乗換えて越境するのだが、一行
となどが課題であるということだった。
は事前に当局の許可を得ており、綏芬河まで乗換えなしで
綏芬河市自体は非常に活気のある街で、ロシア語と中国
行ける手配となっていた。一旦、全員がバスを降りてCIQ
語が併記された看板を掲げる商店が軒を並べており、主に
で手続きを済ませてから、再び乗車し、数キロの緩衝地帯
衣料、靴、食品など軽工業品が扱われていた。産地は黒龍
を走った。おしなべて出国自体は非常にスムーズであった
江省よりも中国の南方で加工生産されている製品が多いよ
と言える。当然ながら人家も建物もない山間の道路を進ん
うである。経営者も温州など華東地域などから来て現地で
でいく。視界が開けると、今までの広漠とした大自然から
店員を雇用している状況である。温州では経済発展により
一転して高層ビルの林立する綏芬河市があった。
地元での経営がコスト高となることから、企業が域外、国
中国側のゲートを越え、巨大な通関施設ビルで入国手続
外への投資を積極的に進めており、東北地域でも温州商人
きを終え、中国側手配によるバスに乗り込んだ。ビルの中
がアグレッシブに活躍しているのが現状である。
は行商人とおぼしき中ロ両国の人々で賑わっていた。
綏芬河市から牡丹江へ向かう道路は中国で発行されてい
綏芬河市は常住人口13万人で、国境都市として100年の
るロードアトラスでは高速道路015号となっているが、実
歴史を持つ。1992年には国務院から沿辺開放都市に認定さ
際は国道301号部分と高速道路部分が相乗りしているよう
れ、中ロ貿易の最前線基地となったことで知られている。
な状況で舗装はコンクリートからなっているがクラックが
中国でCIQ機能を持った施設を口岸というが、綏芬河には
頻繁に生じており、そこをアスファルトで補修しているた
道路口岸と鉄道口岸があり、道路口岸には両国に跨る相互
め快適な走行が保証できるものではなかった。
貿易エリア「中ロ互市自由貿易区」が急ピッチで建設中で
これは牡丹江市からハルビン市に続く高速道路について
あった。第一期工事は2007年に完成予定であり、面積は4.53
も同様で、多くの線区では路面改修が行われていた。
平方キロメートル(中国側1.53平方キロメートル、ロシア
牡丹江市では対ロ貿易工業園区管理委員会の李佛萌副主
側 3 平方キロメートル)
。商業テナントビル、ホテル、娯
任から、牡丹江でビジネス展開を行うことの優位性につい
楽施設、保税加工区、通関区などからなり、香港資本によ
ての紹介を受けた。同市は人口が271万人で、綏芬河市を
るホテルが塗装を終え全容を現していた。
含む 3 市を管轄しており、黒龍江省東南部における政治、
この貿易区において両国民はビザなしで自由に商業活動
経済、交通、文化の要衝である。
ができるとされ、物品移送や取引、投資、自動車通行など
同市には綏芬河の道路、鉄道口岸のほかに、東寧市の道
の点で相当自由度の高い行動が保証されており、完成後は
路口岸、牡丹江市の鉄道口岸があり、全体の年間輸送取扱
多くの個人商がこの施設を活用することが想定されている。
量は1,200万トン、旅客数は200万人、牡丹江市からの輸出
鉄道口岸のある綏芬河駅では、専用ホームからロシア向
額は直近で35億ドル(黒龍江省全体の52%)、そのうち対
けの貨物列車が 1 日に10往復している。鉄道を利用した輸
ロシア向けは28.5億ドル(同74.6%)となっている。ロシ
入は木材、鋼材、化学肥料等で、輸出については、日用品、
アには軽工業品が輸出されており、輸入品としては原木、
靴、農産品、建材等が主である。綏芬河市の調査では量的
木材加工品などが多い。
にはロシアからの輸入超だが、金額ベースではバランスし
対ロ貿易工業園区は面積が7.1平方キロメートルの交通
ているとのことである。
至便の地に建設されている。第一期計画は2.9平方キロメー
従来、中ロの国境貿易といえば、銀行を経由しないバー
トルで、2004年には基本的なインフラが整備されており、
ター取引や現金取引が中心であるとされていたが、最近で
服装・靴生産、家電、日用品、建築装飾品、食品加工、輸
は綏芬河とウスリースク間の銀行において信用決済も可能
入木材加工等の産業誘致を重点としている。元来製造業の
となっており、今後の貿易投資の多面化、拡大化に向けた
集積している地域であり、インフラ面では問題ないとのこ
進展が期待できる。
とである。
綏芬河市対外貿易経済合作局の周興旺副局長の説明では、
牡丹江を離れる前に、ロシアとのトラックの相互乗り入
最近黒龍江省とロシアが交易の発展のために、綏芬河の道
れについて聞いたところ、現在ロシアのトラックが牡丹江
路口岸の24時間通過体制の確立と道路の拡充について両国
まで入ってくることが可能となっているとのことだった。
間で協議を行っているとのこと。また、ウラジオストクを
実際にその姿を確認することはできなかったが本当とすれ
35
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
■回復基調に入った北朝鮮経済
ば物流上画期的な進展である。
ハルビンについての紹介はここでは割愛するが、全体と
ERINA調査研究部研究員 三村光弘
して北東アジアの中でも黒龍江省が対ロ経済交流における
最大のホットスポットであることを認識するミッションで
2005年 9 月 1 日∼ 8 日、朝鮮民主主義人民共和国(以下、
あった。同省とロシアに接する国境線は3,080キロメート
北朝鮮)の平壌を訪問した。今回の訪問は、北朝鮮経済の
ルに及び、省認可の一級口岸は25ヵ所、国境貿易金額は
現状についての研究者との意見交換が主であった。
2004年だけで38.2億ドルに達しており、1990年からの累計
では200億ドル強である。また、2004年に省内の口岸を通
1 .経済学者とのインタビュー−北朝鮮経済の現状と展望
過した貨物量は820万トン、人員は290万人を超える状況で
社会科学院の経済学者との面談では、表 1 のように、北
あり、この地域における経済交流はお互いに相手側の経済
朝鮮経済について2005年から経済活性化の時期に入ったと
産業に対して相当な影響力を持つようになってきている。
の見解が示された。この時期区分がどのような経済の現状
今後の目標として、2010年における中ロ貿易総額600∼
に基づいているかについては、明確な答えはなかったが、
800億ドルのうち、黒龍江省は140∼150億ドルを目指して
北朝鮮ではこのような認識が公式見解となっているよう
いる。これは現在の4倍近い増加であるが、物流・経済イ
だった。
ンフラの整備が進み障壁となる要因が除去されることで双
表 1 1990年代後半以降現在までの北朝鮮経済の時期区分
方の経済交流が拡大すれば、大規模な経済地域に発展する
時期
ことも可能だろうと感じた次第である。
∼1998年
時期区分の内容
跳躍の準備、「苦難の行軍」時期
1999∼2004年
生産正常化の時期
2005年∼
経済活性化の時期
(出所)朝鮮社会科学院の経済学者とのインタビューによる
経済活性化の目標は、過去の水準(1980年代中盤)を突
破することにある。このような経済活性化を行うために、
北朝鮮では経済管理の改善、エネルギー、生産設備の更新、
流通、農業、人民生活の分野で様々な新しい動きがある。
経済管理の改善では、工場企業所の経営に関する権限拡
大や細かい計画指標の制定権限の地方や現場への移譲、遊
休生産力の利用における自主権、国家が定める生活費(給
ロシアからの行商人で賑わう綏芬河鉄道駅
料)以上にボーナスを上乗せする権限など、経済の現状を
直視し、現場に采配を任せる作風が生まれてきている。
エネルギーについては、石油は依然不足しているものの、
2004年からは安定した状態で生産が増加しており、2006年
∼07年の間に電力問題が解消されると北朝鮮の経済学者は
見ている。
生産設備の更新については、今後数年間のうちに機械工
業の現代化を行い、生産がもっとも多かった時期1980年代
中盤の水準を突破することを目標としている。
流通については、消費財供給の場である地域市場のほか
に、国家的に供給ができない資材について、企業所相互間
で物資を融通しあうシステムである「社会主義物資交流市
コンクリートで舗装された牡丹江∼ハルビン間の高速道路
場」が国営企業所を中心に稼働しており、遊休資材等が両
者の合意価格で取引されている。
2005年10月 1 日より全般的な食糧供給制が再開され、同
時に食糧専売制が開始された。生産者米価が消費者米価よ
36
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
りも高く、逆ざやを国家の財政負担でまかなうようになっ
を見ると全体的に金額が上がっているが、何倍にもなって
た。
いるという金額ではなかった。また、この金額は言い値で
農業においては、分組管理制(1965年創設)の分組規模
あって、実際に買おうとするとこの価格から最低 1 割、最
を減少させる試みを、試行中である。また、1990年代中葉
高 5 割くらいは引いてくれる感触があった。昨年よりも今
に4つの革命方針を出し、種子の改良、ジャガイモ生産の
年の方が、値引き交渉の腕は上がっている、すなわち手強
奨励、二毛作の奨励、土地整理と水利化の改善を行ってき
くなっている感触を受けた。
た。
価格表の利用については、食料品は季節や作柄で変動が
人民生活の向上については、生活水準向上の目標を先進
激しいし、国営商業網での商品の流通状況など、価格を左
国の都市住民の水準に上げることを目標としており、食糧
右する要素が複数あるので、定点的に価格を調べたとして
と13の一次消費品(醤油、みそ、塩、洗顔石鹸、洗濯石鹸、
も、平壌市民の台所事情をすべて反映しているわけではな
洗顔用タオル、糸、歯磨き粉、歯ブラシ、家庭用燃料、靴
表 2 統一通り市場の価格
下、靴、パンツ)の国産での供給を重視している。軽工業
(金額の単位:朝鮮ウォン)
では、靴や基礎食品(醤油、みそ、食用油、化学調味料)、
番号
品名
単位
紡績、化粧品などの工場を近代化に力を入れ、紡績、化粧
品工場などを整備している。
【写真 1 】きれいになった平壌の栄光通り
2005年9月
現在の価格
2004年8月
現在の価格
備考
1
米
キロ
650
中国産
680
朝鮮産
800
680
クァンナム
米
キロ
650
350
薄力粉
700
強力粉
2
小麦粉
3
とうもろこし
キロ
300
4
じゃがいも
キロ
300
5
さつまいも
キロ
600
6
すいか
個
7,000
6,000
7
梨
キロ
2,200
1,000
朝鮮産
2,000
8
バナナ
キロ
2,200
1,800
9
トマト
キロ
2,000
10
にんにく
キロ
1,700∼2,000
11
もやし
キロ
300
12
鶏卵
個
180
養鶏場ケー
ジで生産
農家で生産
500
中国産
1,000
大きさによ
る
13
化学調味料
14
ポンハクビール
瓶
15
大同江ビール
瓶
16
いわし
キロ
1,500
1,300
17
スケトウダラ
キロ
2,700
冷凍
18
イカ
キロ
2,000
冷凍
19
辛子明太子
キロ
20,000
1,800
20
チャンジャ
キロ
10,000
ポンド
160
1,400
450
950
550
660
11度。 店 に
より価格は
異なる。
850∼950
21
ごま油
500cc
3,000∼6,000
銘柄による
22
大豆油
キロ
2,100
朝 鮮 産・ 量
り売り
2,300
中国産・メー
カー製
23
白砂糖
キロ
950
24
粗糖
キロ
900
じく、活気あふれる様子であった。写真は撮影禁止とのこ
25
精製塩
キロ
560
とで撮ることができなかった。一部の価格について、店の
26
単三乾電池
個
100
60∼70
人に聞いてみた結果、表 2 のような結果が得られた。金額
27
100W電球
個
50
【写真 2 】栄光通りのアイスクリーム屋台
2 .統一通り市場の訪問
今回も統一通り市場を訪問した。昨年夏の訪問の時と同
37
朝鮮製
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
く、趨勢を知る程度にしか利用出来ないことを感じた。
北朝鮮の画家が描いた絵などが飛ぶように売れたそうなの
で、外貨稼ぎにも寄与しているであろうが、子供たちの時
3 .党創建60周年記念行事の準備とマスゲーム「アリラン」
間をとっているというコストが計算されているのかどうか、
平壌では10月10日の朝鮮労働党創建60周年記念行事の準
少し気になるところもあった。
備のために、市内のあちこちで行進や歌の練習などが行わ
れていた。平壌市中心部の金日成広場でも、学生の行進練
させる単純な内容であった。なかなかうまくいかないよう
■大図們江及び北東アジア地域投資フォー
ラム
であったが、指示者の言葉は丁寧で、予想していたような
ERINA客員研究員 成実信吾
習が行われていた。練習自体は拡声器で指示を出して行進
ハードな感じではなかった。しかし、本来学校で勉強して
いるべき学生が動員されて練習しているコストがどれくら
国連開発計画(UNDP)は2005年 9 月 3 日と 4 日の 2 日
いの社会的負担になるのか、そのあたりのコスト計算が行
間、中国吉林省長春市で、「大図們江及び北東アジア地域
われているのかどうかは不明である。
投資フォーラム」を開催した。筆者は、このフォーラムに
参加する機会を得たので内容を報告する。但し、残念なが
ら 9 月 4 日のフォーラムは所用のため出席できなかったの
で、初日の 9 月 3 日の内容についてのみご報告する。
【今回のUNDPフォーラムについて】
⑴ 計画の10年延長と範囲の拡大
本年は、図們江流域開発計画調印から10年目に当たり、
期間満了を迎える節目の年であった。そこで、フォーラム
開催の前日である 9 月 2 日に、諮問委員会が同地で開催さ
れ、同計画を更に10年延長し、その上、対象とする地域を
中国の内モンゴル自治区、北朝鮮の羅先経済貿易開発区、
【写真 3 】
「アリラン」の一場面
モンゴルの東部諸州、韓国東海岸の諸港湾都市、そしてロ
シア沿海州地方の一部まで広げることを決定した。
(関係
国による合意文書は文末参照。)
⑵ 大図們江及び北東アジア地域投資フォーラムについて
このフォーラムは、上記の諮問委員会の決定を受け、拡
大された図們江地域に投資を呼び込むため、UNDP図們江
開発事務局と中国吉林省政府が共同で開催したもので、エ
ネルギー、運輸そして観光等の分野での討議が行われた。
フォーラムには、中国国内をはじめ関係各国から約200名
が参加し、討議に熱心に聞いていた。
フォーラム初日は、経済協力、エネルギー、運輸そして
観光のセッションが行われた。
【写真 4 】金日成広場での行進練習の様子
①第 1 セッション−投資環境の改善を
滞在期間中、マスゲーム「アリラン」を見る機会があっ
第 1 セッションは経済協力をテーマとするものであった。
た。このマスゲームには、韓国からも期間中8,000人ほど
発言者からは、関係国間の協調が必要で新体制を作る必要
の観光客が訪れたという人気のショーである。このマス
がある等の指摘があった。
ゲームの多くは、平壌市内の小中高校生の動員によって行
②第 2 セッション−開発の鍵となるエネルギー問題
われている。長時間にわたって演技を行ったり、パネルを
第 2 セッションはエネルギー協力をテーマとするもので
持って立っているのは大変だろうと思った。諸外国や韓国
あった。発言者からは、域内各国間でのエネルギー面での
との文化交流の一端を担っており、「アリラン」期間中は
協調体制を作り上げる必要がある、との指摘があった。
38
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
③第 3 セッション−重要な発言が飛び出した運輸部門
【所見】
第 3 セッションは運輸をテーマとするものであった。海
各セッション共、発言者から本地域に関する具体的な提
への出入り口を求める中国東北部やモンゴルなどに対して、
案があったが、
中でも運輸セッションで発表されたように、
ザルビノ港とポシェット港を持つロシア、そして羅津港を
中国民間企業の羅津港までの道路改良と同港の改良工事を
持つ北朝鮮の対応が注目を浴びた。このセッションでは、
受注したことは、注目に値する。道路関係については、伝
中国の企業が北朝鮮との国境から羅津港までの道路及び羅
えられるところによると、中国と北朝鮮で50:50の合弁会
津港の整備を請け負うことが発表され、注目を集めた。今
社を設立し、6,090万ユーロを投じ、道路の建設と運営、
まで、延吉や琿春から貨物を外国に輸出する場合、主とし
貨物のトランジット輸送に加え、保税加工区や工業区の開
て大連を経由していた。ロシアの港ポシェット港やザルビ
発や経営を行うことになった模様。契約期間は50年で2006
ノ港は延吉や琿春との距離が近いものの通関の手続きに問
年12月末までに設立し、2007年 2 月に経営を開始する予定。
題があり、利用が難しかった。
今回、特に注目される点として、琿春市が契約者の一人
一方、北朝鮮の羅津港は、中朝国境を越えた後の約
として契約書に署名しており、同市の今後の対応に関心が
70kmの道路状況が極端に悪かった。この道路整備と羅津
集まっている。場面に応じて使い分けるか、それとも従来
港の改良を中国の民間企業が請け負うことになったため、
通りザルビノ、
羅津両港を競争させながら利用する考えか、
ロシアの港に対抗するライバルの出現となった。
今後の動向が注目される。
④第 4 セッション−具体的な提案が出た観光分野
加盟国による合意書
第 4 セッションは観光開発をテーマとするものであった。
(Agreement Adopted by Member Countries)
発言者からは、インフラを整備して観光客を呼び込める体
2005年 9 月 2 日 中国・長春
制を整えるべきだ、等の指摘があった。
中国、朝鮮民主主義人民共和国、モンゴル、大韓民国、
ロシアによる、北東アジアおよび図們江経済開発地域の発
展に関する 5 カ国諮問委員会は、1995年の諮問委員会設立
39
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
■遼寧省観光フォーラム
に関する合意をさらに引き続き10年間、延長することに合
意した。 5 カ国はまた、北東アジアの人々にための経済成
ERINA特別研究員 三橋郁雄
長と持続可能な発展のため、地域の連携と協力というこれ
までの結束をより強化することに合意した。
標記のフォーラムが2005年 9 月 7 日より11日にかけて瀋
これは本日、長春で開催された加盟 5 カ国会議で明らか
陽で開催された。遼寧省は従来国内有数の工業地帯であっ
にされたものである。加盟 5 カ国は地理的範囲として、中
たが、現在これらは整理、縮小、変貌の道を辿りつつあり、
国東北 3 省および内モンゴル自治区、北朝鮮羅先経済貿易
ここから産み出される膨大な労働者の新しい雇用先確保が
地帯、モンゴル東部地域、韓国東部港湾都市、ロシア沿海
急務である。一方、
遼寧省には 6 つの世界文化遺産があり、
地方を含む大図們江地域(the Greater Tumen Region)
その他大連のファッションなど世界的に有名な観光産業が
に拡大することで合意した。
勃興しつつある。このように遼寧省には多様な観光資源が
加えて加盟国は、今後の図們江事務所の運営に対する財
存在しており、観光産業の振興により、雇用拡大を図るこ
政支援に合意した。 5 カ国は、政治的対話の拡大と経済協
とが非常に現実的である。ついては、旧態然とした国営企
力の促進に対する図們江事務所の貢献に関し、これまでの
業群も観光の対象と考えることが出来ないかと言う発想の
UNDPの支援に感謝する。
下、世界各地の経験、発想を収集するため今回のフォーラ
さらに加盟国は、大図們江イニシアチブ(the Greater
ムが開催されたものである。しかし、主催者の思惑は必ず
Tumen Initiative)を開始し、一層の経済発展へ努力を強
しも国営企業改革支援だけを狙ったものでなく、中国社会
めることを約す。特に民間の参加を促し、民間部門の建設
科学院の張教授は産業ツーリズムの発想の中国への導入も
的関与を認めるビジネスアドバイザリーグループの設立を
教えて欲しいと述べている。実際、純粋に国営工業基地の
導く。民間部門が大図們地域における第一の潜在的投資家
観光産業化を論じた論文は少数であり、その他は中国観光
となり、経済発展に貢献することが期待される。
の拡大、
発展に向けての課題の分析のレポートが多かった。
大図們江イニシアチブは、交通、エネルギー、投資・貿
どのような構成でフォーラムが行われたか、順を追って述
易、観光などの分野に活動の焦点を合わせる。外国直接投
べてみる。
資の増大を目指し、長春で2005年 9 月 2 ∼ 4 日、図們江事
フォーラムの冒頭は、瀋陽歌舞団の音楽とダンスと曲技
務所および吉林省政府の主催による「大図們江地域と北東
であった。実に素晴らしい演技で、聴衆はすっかり魅了さ
アジアにおける成長のための投資誘致フォーラム」が開催
れた。場内の視線は舞台に集中し、さすが観光のフォーラ
される。投資フォーラムでは特に、エネルギー、交通、観
ムらしい演出と感心させられた。司会は遼寧省旅游局の副
光分野での地域経済協力と発展への機会と挑戦を討議す
局長(Li Xin)で、挨拶は旅游局長(Wu Hongjian)
、中
る。経済界、政府、金融機関、その他専門家など約200人
国社会科学院部長(Gao Peiyong)
、WTO(世界観光機構)
が参加する。
のアジア太平洋地域担当責任者(Xu Jing)
、WTT(World
大図們江地域は魅力にあふれている。欧州、北東アジア、
Travel & Tourism Council)副代表のRichard Miller、中
北米間の貿易と輸送ルートが交差し、トランジット貿易に
国国家観光局政策部主任(Zhang Jianzhong)が行った。
最適な位置と、さまざまな産業に大きなポテンシャルを提
フォーラムの論文発表は次の通りである。
供する。また自然資源も豊富であり、優秀で安価な労働力
1 .Wu Hongjia(遼寧省旅游局長)
:遼寧省の観光事情
は投資誘致に有利な競争力をもっている。日本や韓国の豊
2 .Xu Jing(WTOアジア太平洋地域代表):世界ツーリ
ズムの新傾向−その機会と挑戦
かな市場や、急成長する新しい中国市場へのアクセスも容
3 .Richard Miller(WTT副代表)
:大型企業と産業ツー
易である。
リズム
図們江地域開発計画(the Tumen River Area Development
4 .Zhang Guangrui(中国社会科学院観光研究室長):観
Programme:TRADP)はUNDPに支持された北東アジア
光と産業ツーリズムと観光産業
における特異な政府間メカニズムである。10年以上前の開
始以来、大図們江地域発展に向けた政治的対話の拡大と経
5 .Wei Xiaoan:産業都市の変化と観光発展
済協力の促進に貢献してきた。経済環境を向上させるだけ
6 .Wolfgang Arlt(University of Applied Science in
Stralsund, Germany)
:欧州観光客の目的地としての東
でなく、地域の経済発展にも貢献してきた。
北中国−ドイツの事例
(翻訳:ERINA)
7 .Juha Kemppainen(Haaga Institute Polytechnic,
以上
40
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
Finland)
:観光人養成システムを有する観光業の発展
具体的にはAccor GroupとJinjiang Groupが協調しつつあ
8 .Ding Peiyi(Australia)
:豪州におけるワインツーリ
るのは望ましい現象として紹介した。更に、中国では今後
meeting、incentives、conference and exhibitions(MICE)
ズムから学べること
の需要が増大していくとし、それに効率的に対処するため
9 .Li Kefu(中国):中国東北地域旧時代工業基地と観光
National Convention Bureauが再構成されなければならな
振興
いと述べた。最後に今後、time shareが普及していくこと、
10.李応珍(韓国大邱大学教授):韓国大邱における旧工
及び空港等インフラの拡張整備が重要であることを述べた。
業基地と地方観光の発展
翌 9 日には世界文化遺産である瀋陽の故宮とZhaoling
11.三橋郁雄(日本):日本における地域開発の手法とし
Tomb、及び現代史上の歴史遺産である張氏住宅群を視察
ての観光事業
した。
12.Marion E. Jones(Regina 大学)
:カナダにおける文
化的共同体的発展のための産業ツーリズム
13.Li Xin:遼寧省工業都市における観光発展ポテンシャ
■第 1 回極東国際経済会議
ル
ERINA総務課長 新井洋史
各人の発表の後、Ying Zhongyuan(遼寧省旅游局副局
長)によるまとめが行われた。
ロシアでは、これまでに「サンクトペテルブルク経済
三橋の発表は、長野県の小布施の観光地化の過程を述べ
フォーラム」
、
「バイカル経済フォーラム(イルクーツク)」
たものである。古い農業とその関連工業地であった小布施
といった会議が、定期的に開催されてきた。いずれも、ロ
が現在、多くの観光客をとりこにする美しい魅力の町と化
シアの世界経済への統合という国家課題と地域の経済発展
した理由は、住民と行政の協力によるものであることを紹
という 2 つの課題を総合的に検討し、連邦の政策に反映さ
介した。
せようというねらいをもって開催されているものである。
Ding Peiyiはオーストラリアのワイン醸造所が、単なる
同様の会議を極東地域においても開催しようとの意図から
生産地から、多くの観光客が来訪する地に変化したいきさ
開催されたのが、
「第 1 回極東国際経済会議」である。会
つ、理由を述べた。醸造所が醸造過程を観光化し、生産物
議開催にイニシアティブを発揮したのは、イシャーエフ・
を供するレストラン化し、合わせて周辺の地域を修景する
ハバロフスク地方知事であった。プリコフスキー大統領全
ことで、地域全体が活性化した。
権代表、
ロシア連邦議会のミロノフ上院議長の協力を得て、
Marion E. Jonesはカナダの大平原の小さな共同体が人口
2005年 9 月27日、28日の 2 日間、ハバロフスクでの開催が
減少のため滅亡の危機にあったのを、政府の支援で観光地
実現した。
化することによりこれを救ったことが述べられた。
ハバロフスク地方としては、この会議の成功に地域の総
Richard Millerは、中国が今後観光客を国内的にも、国
力をあげて取り組んだという印象である。地元新聞「太平
際的にも大量に生み出していくと予測できるとし、この急
洋の星」は 2 日目の会議終了にあわせて特集号を発行し、
増状態は世界のどこも経験したことがないほど激しいもの
会場の出口で参加者に無料配布した。全体会議の壇上で約
であるので、中国はそれに十分応えられるよう、ソフト、
20社の会議スポンサーにミロノフ議長から感謝状が授与さ
ハードの両面で必要な整備を急いで進める必要があると述
れていたが、聞くところによれば、一口 5 万ドルずつの寄
べた。例えば、ホテルにおけるITや、銀行システムの一つ
附をしたとのことである。
であるクレジットカードの利用がいまだ非常に遅れている
確かに、かなり費用がかかっているようであった。街中
ため、観光産業の事務効率が非常に悪いと具体例を提示し
の至る所に会議のポスターや横断幕が掲示されるなど、雰
た。また、需要の急拡大に備えるには、観光産業の民営化
囲気を盛り上げていた。我々日本人参加者の宿舎に割り当
が重要であるとし、政府の関与を弱め、民間への委託を多
てられたホテルも、これまでは日本人が利用することのな
くの部門で増やすべしと主張した。また、中国人の出国が
い無名のホテルであったが、今回の会議にあわせて改装が
政府規則により厳しく制限されていることに対し、規制の
なされたようで、レストラン等の内装はきれいに仕上げら
緩和を求めた。中国の国内観光需要の増大に応えるには、
れていた。極東最大のアイスホッケー場のアリーナを会場
安価なホテルの数の拡大が必要であるとし、そのためには
としたレセプションなど、極力「盛大さ」を演出していた。
ホテルのチェーン化、外資の導入が必要であるとも述べ、
ちなみに、インターネット上に会議の特設サイトが公開
41
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
されている。
(ロシア語:http://www.dvcongress.ru/、英
会議の主目的が、モスクワの政府、議会に対して極東か
語:http://www.dvcongress.ru/e_Index.htm) メ イ ン と
らの要望を打ち出すことにあったことから、 2 日目の分野
なるロシア語サイトには、基本的にすべての発言原稿が掲
ごとの円卓会議では、それぞれが提言の素案をとりまとめ
載されている。
(英語版での掲載は遅れる模様。)
た。筆者は「国境協力」に関する円卓会議で、ERINAの
吉田理事長と共同で準備した「北東アジアにおけるエネル
会議の参加者構成
ギー協力」についての発表を行ったが、この円卓会議の議
主催者の言葉によれば、16カ国から計1,000人以上が参
論の中心は中ロ国境における協力や経済活動などであった。
加とのことであり、会議は大盛況であった。最後は、ホテ
円卓会議の結果として取りまとめた提言の内容は、法制な
ルなどのキャパシティの問題で、参加申し込みがあっても
どの一層の充実や国境通過地点における各種施設の整備の
断らざるを得なかったらしい。実際に、直前に申し込んだ
必要性などであった。
日本人で参加できなかった人がいたと聞いた。
各円卓会議が取りまとめた提言案の内容は、最後の全体
会議の議長を務めたミロノフ上院議長をはじめ、同副議
会議で報告されたが、他の円卓会議の報告を聞いても、同
長など、連邦議会上院からの参加が目立った。他方、中央
様に「連邦政府(あるいは連邦議会等)に対して、○○に
政府からは大臣以上の参加はなく、各省とも次官以下で
関する早期取組を求める」といった内容が多かった。提言
あった。極東の知事(大統領)はほとんどが出席したが、
というより、
「要望書」に近い内容であるとも感じた。なお、
ダリキン沿海地方知事(前週末にサッカーで怪我)とアブ
これらの提言案の取り扱いは、各円卓会議の共同議長と事
ラモビッチ・チュコト自治管区知事は欠席であった。
務局による最終調整に委ねられることとして、会議参加者
日本からは逢沢外務副大臣他約50人(現地参加者含む)
の了承を得る手続きがなされた。
が参加し、国別では最多の参加者数であった。初日の全体
他の参加者の声も聞いてみたが、日本側参加者の声とし
会議での外国人の発言は各国 1 人ずつであったが、日本か
ては、「特に新しい情報は無かったが、日本として存在感
らは逢沢外務副大臣とロ東貿の高垣会長の 2 名が発言でき
を示すことができた」といったものが多かった。ハバロフ
た。両者とも、日ロの経済関係が急速に拡大しつつあるこ
スクの関係者の声は、総じて会議の成功を喜ぶものであっ
とを指摘し、エネルギープロジェクトなどの大規模プロ
た。
ジェクトの推進と中小ビジネスの振興との両方を積極的に
一言で言えば、この会議は巨大な「お祭り」であったと
進めるべきとの発言をした。
言えるのではないか。日本における「○○期成同盟会総会」
参加予定者名簿によれば、中国からは日本に次ぐ数の参
あるいは「○○地域振興協議会総決起集会」といった会議
加者があったと見られる。ロシア側は中国を重視する姿勢
のイメージに近い。その意味で、外国からの参加者に期待
を見せていた。初日全体会議では、外国人として唯一、午
されていたのは、具体的な議論を深めることよりも「箔付
前中のセッションで発言の機会を得ていた。また、ロシア
け」の役割ではないかとも邪推したくなる。
側発言者の発言内容においても、国際経済や国際関係に関
ただし、こうした会議の機能は一概に否定されるべきも
する部分では、ほぼ必ずといっていいほど、まず中国に触
のではないと考える。物理的にも遠いモスクワと極東との
れ、その後日本、韓国といった順番であった。
関係が、ここ数年のロシア経済活性化に伴うモスクワとの
経済格差の拡大プロセスの中で、一層「遠い」ものとなっ
会議の評価
ている。筆者は、極東の実情を知らない「モスクワっ子」
2 日間の会議のうち、 9 月27日は全体会議、28日は朝か
らが極東の将来に関わる決定を行うケースが増えているよ
ら10のテーマごとの円卓会議に別れ、夕方から再び全体会
うに感じ、危機感を持っている。今回の会議のような場面
議を行った。残念ながら、 1 日目の会議での発言には、特
を多く持つことにより、ロシアの政策が極東の実情に合致
段新しい内容は無かったといわざるを得ない。発言内容の
したものとなっていくことを期待したい。極東国際経済会
多くは、発言者の所属組織の取組などの紹介と、現状の課
議は隔年開催していくとの話があるが、国策として「極東
題、解決策の提案などであり、基本的には様々なところで
重視」を打ち出している日本としても、協力していくこと
これまでも指摘されている内容であった。 1 日目の会議後
が必要ではないか。
のレセプションの場で、沿海地方のゴルチャコフ知事と話
をした際にも、「ここまでの内容は、議論の中身が薄い」
とやや否定的な感想を述べていた。
42
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
ちなみに、日本と韓国の間では、蔚山市におけるHFC
破壊事業が最初のCDMプロジェクトとして本年 5 月に国
連気候変動枠組み条約(UNFCC)CDM理事会で正式承認
されたのに続き、 7 月には日本政府が温山における亜酸化
窒素放出削減プロジェクトをCDMプロジェクトとして正
式承認致した。韓国側関係者によれば、後者も間もなく韓
国政府の正式承認を得て、プロジェクト提案書及び関連書
類が国連CDM理事会に送られる見通しである。
第 1 セッション:気候変動対策とCDMの現況
本セッションでは、日韓両国の気候変動対策の紹介およ
び世界のCDM市場の概況説明が行われた。筆者は、日本
の気候変動対策の変遷および日本における温室効果ガスの
■韓国・日本CDMワークショップ
排出状況・傾向を説明した後、
「京都議定書目標達成計画(以
下、「達成計画」と略)
(2005年 4 月発表)」の概要ならび
ERINA調査研究部研究員 伊藤庄一
に京都メカニズムの積極的活用にむけた日本の戦略に関す
る報告を行った。報告の主な骨子は、以下の 3 点であった。
ワークショップ共催の背景
⑴ 本年「達成計画」が発表された背景として、
「地球
本年 2 月に京都議定書が発効し、CDM(クリーン開発
メカニズム)、JI(共同実施)およびET(排出権取引)と
温暖化対策推進大綱」
(1998年、
改訂版は2002年に発表)
いった、いわゆる京都メカニズムを活用し、京都議定書で
に基づく現状対策のみでは2010年までに日本のGHG
定められた義務の達成および新たなビジネスチャンスの獲
排出量が基準年比 6 %増となってしまう懸念があった
得を図ろうとする動きが世界各地で活発化しつつある。日
こと。
本は、温室効果ガス(GHG)を 6 %(基準年である1990
⑵ 「達成計画」では基本的施策として 4 項目(気候変
年比)削減する義務を負っているが、産業界や家庭部門に
動枠組み条約及び京都議定書に基づくGHG排出量・
おける自助努力だけでは同義務の達成が非常に難しくなっ
吸収量の算定のための国内体制の整備、地球温暖化対
てきた現在、ますます京都メカニズムを活用することが重
策技術開発の促進、気候変動に係る研究の推進および
要になりつつある。
観測・監督体制の強化、地球温暖化対策の国際的連携
9 月29日、 ソ ウ ル に お い て 韓 国 エ ネ ル ギ ー 管 理 公 団
の確保)に重点が置かれていること。
(KEMCO)とERINAの共催による「韓国・日本CDMワー
⑶ 京 都 メ カ ニ ズ ム を 本 格 的 に 活 用 す る に あ たり、
クショップ」が開催された。両者は、北東アジア地域内に
CDMの 国 際 ル ー ル 改 善 の 余 地 と し て、 追 加 性
おける環境協力を目指した情報交換をかねてから続けてお
(additionality)立証における困難性の克服および省
り、2004年と2005年の北東アジア経済会議(於新潟)にお
エネルギー分野のCDMプロジェクト化を容易化する
ける環境専門家会合には、KEMCO代表者の参加・協力を
必要性があること。
得てきた。CDMを 1 つのツールとした環境ビジネスの発
掘を通じて、隣国同士で力を合わせ、北東アジア地域内の
続いて、
Oh Dae-Gyun氏(KEMCO気候変動緩和プロジェ
環境協力に結びつけることを目指したいという点で、
クトセンター)からは、韓国における低炭素需要・供給シ
ERINAとKEMCOは意気投合した。同目的をもう少し具
ステムを通じたGHG排出量削減を目指し、官民協力体制
体的に示せば、次の 3 点となる。
の構築が進展しつつあることが紹介された。現在、韓国で
⑴ 両国における政府機関および民間企業のCDMに対
は企業別・部門別自主削減努力が行われており、政府とし
する取組み、ならびにCDMプロジェクトへのファイ
てもその為の教育・広報活動に力を入れているということ
ナンス方法に関する最新情報の交換。
で あ っ た。 さ ら に、2004年12月 に は「 エ ネ ル ギ ー 強 度
(energy intensity)改善に向けた 3 ヵ年計画」が採択され、
⑵ 両国の気候変動政策の比較および情報交換。
2005∼2007年の間にエネルギー効率の8.6%向上が目指さ
⑶ 韓国における潜在的CDM案件を巡る両国間協力関
れることになったが、その具体的施策が紹介された。
係の模索。
43
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
Ha Gyung-Ae氏(CDMチーム・コーディネーター)は、
役割に関し、特に当該プロジェクトの審査メカニズムをめ
世界におけるCDM市場の現況報告を行った。2005年 9 月
ぐる諸問題に焦点を当てつつ、日本のDOEとしてのJQA
までに世界各地から提案されたCDMプロジェクトの半分
の経験を紹介した。
以上は電力部門であり、なかでも再生可能エネルギープロ
Lim In-Cheol氏(ソウルマリン株式会社)は、韓国にお
ジェクトは数の上で最も多いが、GHG削減量全体の20%
ける太陽光発電導入に伴うCDM案件発掘の潜在的可能性
に過ぎない。他方で相対的にコスト安である一酸化二窒素
について報告した。同氏は、現在韓国で太陽光発電の普及
(N2O)やハイドロフルオロカーボン類(HFCS)関連の
率が伸び始めている背景として、導入コストの70%を政府
CDMプロジェクトは、ときに年間1,000万CER(CDM実施
が負担していることや税制上の優遇措置が取られているこ
によって生じた排出削減量に基づくクレジット)にも達す
との 2 点を指摘した。日本とのCDMプロジェクト発掘が
ることもある。その理由ならびにCDMプロジェクト数を
有望な理由として、日射条件や価格面で日本よりも韓国の
国別に見た場合にインドとブラジルだけで全体の 5 割弱を
住宅事情の方が総じて好条件であることや、日本が世界の
占めている理由の背景説明がなされた。
太陽光発電利用のおよそ半分を占めていることの利点が挙
げられた。
第 2 セッション:日韓の間における潜在的CDMプロジェ
Won Sung-Hee氏(株式会社LG商事環境保全チーム)は、
クト
羅州市における工業燃料(石炭及び石油類)から天然ガス
本セッションでは、日本側から 3 名が前半でCDMプロ
に転換するプロジェクトを具体的なCDM案件候補として
ジェクトの発掘・成立をめぐるこれまでの経験を、後半で
紹 介 し た。 同 氏 は、 こ の 燃 料 転 換 方 式 が2004年 に 国 連
は韓国側から 4 名が潜在的CDMプロジェクト候補を紹介
CDM理事会で正式な方法論として承認されたことや、「追
した。
加性」の確保問題をクリアできる可能性が高いことを強調
栗原仁氏(JCF:日本カーボンファイナンス株式会社開
した。同社の試算によれば、本CDMプロジェクトが実現
発部)からは、JCFが国際協力銀行や政策投資銀行という
する際には、2012年までに10万7,918CO2換算トンが削減さ
2 つの政府系金融機関や大手民間企業31社が主体となって
れ、仮にCO2 1 トンあたり 6 ドルで計算すると総額64万
設立された背景と目的の紹介、CDM案件の発掘・成立に
7,000ドル相当のクレジット売却が見込まれると言う。
必要であるプロジェクト設計書(PDD)の作成や審査
Kim Kwang-Kyu氏(韓国南部発電株式会社建設課)は、
(validation)
、初期段階での検証(initial verification)な
風力発電をめぐる日韓CDMプロジェクトの可能性を披露
どの準備過程における資金の拠出方法、そしてCERの購
した。風力発電を通じたCDM案件発掘の可能性について、
入及び排出権削減量に対する先払い(Upfront Payment)
再生可能エネルギーからの送電を普及・増大させることが
等のメカニズムについて詳しい説明が行われた。また、
既 にACM(Approved Consolidated Methodology: 承 認
CDMプロジェクトを開拓・実施していく際に生じ易い様々
済み統合化方法論)
の 1 つとして確立していることに加え、
な種類のリスク問題について説明がなされた。
環境保全や経済性、技術面の各分野において追加性が十分
波多野順治氏(三菱証券株式会社クリーン・エネルギー・
に見込まれることが報告された。
ファイナンス委員会)は、CDMによってもたらされる排
Jung Jae-Ho氏(現代自動車株式会社)は、同社が環境
出削減量をめぐる需給バランスの問題と価格設定の問題を
(天)・人・社会(地)という 3 者間の調和を企業理念に基
幾つかの具体的事例に触れながら報告した。さらに、個々
づき、ハイブリッド車や燃料電池車など環境に優しい自動
のCDM案件が国連CDM理事会によって承認される際の大
車の製造を目指していることを力説した。同氏からは、有
きな条件である「追加性(additionality:仮に当該のCDM
望な具体的CDM案件の 1 つとして、同社蔚山工場での自
案件以外の手段が運用された場合に想定され得るGHG削
動車塗装の工程におけるエネルギー効率改善プロジェクト
減量を、同案件による削減量が上回る分量のこと)
」の問
が挙げられた。
題や同問題をクリアする際に留意すべき点に関する説明が
行われた。
まとめ
田森行男氏(財団法人日本品質保証機構(JQA)CDM
今回のワークショップには、韓国の官界、産業界および
事業部)は、CDMプロジェクトが発掘から所定の複雑な
研究機関の専門家が約100名参加した。 2 つのセッション
手 続 き を 経 て 成 立 に 至 る プ ロ セ ス の 中 で、DOE
終了後、Shin Sung-Ghul氏(韓国エネルギー研究所政策研
(Designated Operational Entity: 指定運営組織)が果たす
究室)が司会を務め、日本側報告者全員とフロアの間で交
44
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
わされた活発な議論は、次の 3 点に集約されよう。
いて、ESCAP(国連アジア太平洋経済社会委員会)と㈱
① 米国が本年 7 月27日に発表した、米国、日本、中国、
ロシア鉄道の共催で、
第 3 回北部アジア鉄道回廊
(TARNC:
韓国、インド、オーストラリア 6 ヵ国から成る地球温
Trans-Asian Railway Northern Corridor)コンテナ輸送
暖化対策を目指した「アジア太平洋パートナーシップ」
推進会議が開催された。尚、ESCAPは 9 月26日の週に、
と米国やオーストラリアが未批准の京都議定書との関
当地において 3 つの鉄道輸送会議を連続開催した。一つ目
係の整合性と展望。
は「北ヨーロッパとペルシャ湾を結ぶ南北回廊の開発」
、
② 第11回 気 候 変 動 枠 組 み 条 約 締 約 国 会 議( 通 称
二 つ 目 は「 ア ジ ア 横 断 鉄 道(TAR:Trans-Asian
「COP11」、11月28日∼12月 9 日開催)以降に議論が
Railway)に関する政府間協議」、そして三つ目が表記会
本格化するポスト京都議定書時代を目指した国際枠組
議であった。
みの中で想定される韓国の位置付け(即ち、2013年以
参加者は、韓国、北朝鮮、ロシア、モンゴル、カザフス
降の第 2 約束期間においても、ハイテク技術が進み
タン、ウズベキスタン、ポーランド、ベラルーシの鉄道部
OECDのメンバーでもある韓国が発展途上国が集約さ
門 代 表、 国 際 鉄 道 連 合(UIC:International Union of
れる非付属書Ⅰ国のカテゴリーに止まり続けるのかと
Railways)
、国際鉄道協力機構(OSJD:Organization for
いう疑問点)
。
Cooperation of Railways)
、韓国のフォワーダーなど、約
③ 世界的な省エネ技術を誇る日本と韓国が京都メカニ
30名であった。尚、日本からの参加はERINAのみである。
ズムを 1 つの手段として両国共同による国際貢献を果
今回目立ったのは北朝鮮の初参加と中国は不参加であった。
たし得る可能性。
また、ESCAPの事務局長であるKim Hak-Su氏の飛び入り
参加があり、朝鮮半島縦断鉄道(TKR)の実現に向けて
以上 3 つの問題意識を踏まえ、筆者は、ポスト京都議定
抱負を語った。
書時代においては、第 1 約束期間にEUが 1 つの地域単位
としのGHG削減効果(環境保全と新ビジネス促進の双方)
背景
を達成しつつある点を参考にしつつ、日本と韓国がエネル
ESCAPはアジア全域を対象とした交通網整備構想を推
ギー需要の増大に伴いGHG排出量も急増しつつある中国
進しており、その一つが幹線道路網の構築を目指す「アジ
を内包する北東アジアを 1 つの地域単位として捉え直すこ
アハイウェー」計画、二つ目が鉄道網の連結を目指す「ア
とにより、地域単位でGHG削減努力目標を設定すること
ジア横断鉄道」計画である。さらに、後者では 4 つの鉄道
を国際社会に提言し、③の点を十分に活かすことが出来な
回廊が定義されている。第一が「北部回廊(TARNC)
」、
いか真剣に検討すべき時期に来ていることを指摘した。さ
第二が「インドシナ・ASEAN回廊」、第三が「南部回廊」
、
らに筆者は、北東アジア地域内の環境協力・環境ビジネス
第四が「南北回廊」である。この中で第一の北部回廊に焦
の促進を図る上でも、同じく新エネルギー開発をめぐる先
点を当てて、コンテナ・ブロックトレインを走らせようと
進技術を誇る米国の存在は大きく、米国が唱え始めた「ア
いうのがこの会議のテーマである1。
ジア太平洋パートナーシップ」は、ポスト京都議定書時代
このテーマの第一回の会議は2002年 6 月、ウラジオスト
の国際枠組みの中で有機的に捉えられるべきである点を強
クにおいて開催され、第二回は2003年10月、ウランバート
調した。
ルにおいて開催されており、今回が第三回となった2。
ESCAPはコンテナ・ブロックトレインの定期運行の有無
に関係なく、まずデモ列車運行を行い、その取り組みを広
■ESCAP北部アジア鉄道回廊コンテナ輸送
推進会議(モスクワ、2005年9月29 30日)
くアピールする方針を採っている。
会議の概要
ERINA調査研究部主任研究員 辻久子
まず、ESCAP事務局から2003年の第二回会議で提案さ
れ、2003−2004年に実行されたた 4 本のデモ列車運行の成
2005年 9 月29 30日、モスクワの㈱ロシア鉄道別館にお
1
ESCAPの取り組みについては、ピエール・シャルティエ「北部アジア横断鉄道回廊」、ERINA REPORT Vol. 58、2004年 7 月号を参照のこと。
2
第一回の会議については、ERINA REPORT Vol. 47、2002年 8 月号63頁、第二回の会議については、ERINA REPORT Vol. 55、2003年12月号50
頁を参照のこと。
45
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
果が発表された。①天津∼ウランバートル(2003年11月)、
道という最強のユーラシア横断鉄道網を有しており、競争
②連雲港∼アルマトイ(2004年 4 月)
、③ブレスト∼ウラ
相手に手を貸せないという発想のようだ。しかし、中国西
ンバートル(2004年 6 月)
、④ボストーチヌイ∼マワシェ
部と欧州を結ぶ貿易ルートとしてはシベリア鉄道を経由す
ヴィチ(2004年 7 月)の試験運行が行われた。いずれも商
るN.E.W鉄道回廊がベストと考えられ、民営化された㈱ロ
業ベースで運行された経験があり、運行可能性に何ら疑問
シア鉄道にとっては収益源の一つとなりうる。ここは経済
はなかったが、ESCAPとしては走行時間の計測と運行に
合理性重視の視点に立って柔軟に対応することが必要では
伴う問題点の発見に関心があった。その結果、プラス面と
ないだろうか。UICの担当者の話では、N.E.W回廊開設の
しては、ルートの信頼性、走行時間、安全性、各国鉄道や
ための会社を設立したとのことで今後の進展が注目される。
民間企業の協力体制が構築されていることが確認された。
各国の発表の中で興味深かったのは㈱ロシア鉄道などの
反面、問題点として、通関手続きや国境通過に要する時間、
各国鉄道がコンテナ・ブロックトレインの試験運行を意欲
ワゴン不足、通し料金の不透明性などが指摘された。これ
的に進めていることだ。韓国のLG電子の製品を積んだブ
らの問題に関しては今後ESCAPで取り上げていく予定で
ロックトレインがボストーチヌイ∼ポーランド間を試験運
ある。
行し、ナウシキ∼ポーランド間、二連浩特∼モンゴル∼ド
次に、未だにデモ運行が実現していない朝鮮半島ルート
イツ間でも試験運行が行われている。韓国のフォワーダー
を重点的に取り上げていくことが確認された。今回の会議
も新規ブロックトレイン・ルートの開発に熱心であり、試
に出席した韓国と北朝鮮の代表も一致して朝鮮半島縦断鉄
験運行は民間中心で行える状況になってきた。今後、国連
道(TKR)の接続に向けた抱負を語った。韓国の代表に
機関であるESCAPが存在意義を発揮しうるのは民間では
よると、西海岸線(京義線)、東海岸線(東海線)の両ルー
行い難いケースに限定されよう。例えばTKRのような政
トで年内の試験運行を計画している。しかし、釜山からの
治的問題が立ちはだかり、現時点では民間が手を出せない
コンテナ列車運行には南北政府のMOUが必要である。一
ケースである。このことを飛び入り参加のKim Haku-Su事
方、北朝鮮代表は、ロシアの協力を得て東海岸ルートの接
務局長に質したところ、全くそのとおりだと賛同を得た。
続を重視しているとのことであった。
小泉さんではないが、民間のことは民間に任せるべきであ
韓国のOSJD加盟問題についての説明があった。従来、
る。
旧社会主義陣営の鉄道組織であるOSJDには、ロシア、中
事務局の要請を受けて、ERINAはシベリア横断鉄道
央アジア諸国、中国、北朝鮮などは加盟しているが、韓国
(TSR)ルートにおけるコンテナ輸送の現状と問題点につ
は未加盟である。一方、韓国は、日本、中国、東南アジア
いてデータを示しながら説明した。各国の鉄道関係者は
諸国、西欧諸国などとともに、自由主義陣営の鉄道組織で
TSR輸送回廊がアジア横断鉄道回廊の中で最も歴史と実
3
あるUICに加盟している 。TKR接続プロジェクトを推進
績を持った成功例と見ている。したがって、TSRの成功か
する韓国は、北朝鮮との技術協力を円滑に進めるために
らは学び、
失敗についても研究するという姿勢が見られる。
OSJDへも加盟を申請している。当初、韓国の申請は北朝
W/B対E/B貨物量のギャップによる空コンテナの増加や
鮮の反対によって受理されなかったが、現在、OSJDの理
台車の返還といった問題はどの回廊でも将来起こりうる問
事会で審査中とのことである。OSJDは地球上のすべての
題である。
国の加盟を歓迎するとの立場を示しているが、残存する冷
戦的思考が 2 つの国際鉄道組織の並存という時代遅れの体
今後の課題
制を残している。
ESCAP事務局では2006年、第4回推進会議を開催する
もう一つの国際鉄道組織UICは、中国西部∼カザフスタ
こととし、次回の討議・発表予定を発表した。
① 朝鮮半島縦断鉄道でコンテナ・ブロックトレインの
ン∼ロシア∼北欧∼北米を鉄道と航路で結ぶ北部東西回廊
4
試験運行を行い、結果を報告する。
(N.E.W)を推進してきた 。この構想にはノルウェーなど
② 通関に関する議論を深める。例えばWorld Customs
の北欧諸国、カザフスタンと中国が熱心である反面、UIC
Organization(WCO)の代表を招く。
未加盟のロシアが非協力的であることなどから、未だに試
③ 輸送料金の問題についても議題に含める。
験運行が実現していない。ロシアとしてはシベリア横断鉄
3
OSJDの本部はワルシャワ、UICの本部はパリに置かれている。
4
N.E.W構想については、ERINA REPORT Vol. 50、2003年 2 月号50頁を参照のこと。
46
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
よく見ると道路の半分近くが路上駐車の車に占拠され、実
④ 内陸コンテナターミナルの状況について事務局でま
際に車が走れるスペースが狭められているではないか。路
とめる。
上駐車を禁止して有料駐車場を利用すれば渋滞は緩和され
⑤ 各国鉄道や民間主導で行われているコンテナ・ブ
るはずだと一瞬思う。でも大都市にもかかわらずモスクワ
ロックトレインの試験運行の状況を把握する。
には有料の立体駐車場が見当たらない。有料駐車場がない
モスクワ点描
から路上に駐車し、その結果道路は益々混むといった連鎖
私にとっては約 1 年ぶりのモスクワ訪問となったが、幸
だ。ではなぜ有料駐車場を作らないのかと現地の友人に尋
運にも 9 月下旬から10月上旬にかけての滞在中、小春日和
ねたところ、路上駐車が可能だからだといった答えが返っ
が続いて暖かく、街を歩く機会に恵まれた。以下、印象を
てきた。要するに路上駐車を認めている市当局の姿勢に問
記す。
題の根源があるようだ。
まず、東京∼モスクワ間往復の座席確保が困難なほど航
モスクワ中心部ではバスも、タクシーも自家用車も、何
空便(アエロフロート)が混んでいた。ESCAPの会議は
故かぐるぐる大回りをして目的地に着く。理由は良く分か
9 月中旬に一度日程設定が行われた後、主催者側のビザ手
らないが、交通規則と関係があるのだろうか。こんなに遠
配の遅れから 2 週間の延期となった経緯があり、半月前に
回りしていては益々道路が混雑し、排気ガスで大気が汚染
なって航空便の変更を余儀なくされた。しかし、その時点
され、ガソリンも浪費になると思うのだが。
で既に満席で、帰りの便の空きを待つためにモスクワに 2
殆どのタクシーは今もメーターを装備していない。した
日間足止めを食らった。乗客の多くは日本人で、この混雑
がって、ホテルから乗る場合でも行き先を伝えてから料金
は昨今の日本からロシアへの投資ブームと関連がありそう
を交渉しなくてはならない。ある時、市内中心部の移動で
だ。
600ルーブルと吹っかけてきたので、それなら「地下鉄で
モスクワではホテルが足らないという話をあちこちで聞
行く」と立ち去ろうとしたら100ルーブル値引きしてくれ
いた。モスクワに押しかける観光客やビジネス客は増える
た。それでも距離の割には世界一高いと思う。しかし、た
一方だが、ホテルの客室数はむしろ減少する傾向にあると
とえタクシーにメーターがついていたとしても、大回りさ
いう。市の方針で、外観がクレムリンなどの伝統的風景に
れては結局高くつくことになるのかもしれない。いずれに
そぐわない中心部のホテルは立て替えられる傾向にある。
しても、モスクワでは極力タクシーを避けて地下鉄やバス
好立地にあったインツーリストホテルは既に壊され、跡地
を利用するに限る。しかしその地下鉄料金も年々上がり、
にリッツカールトンホテルを建築中である。完成予定図を
この 1 年半の間に 2 倍になった。
見ると、建物の高さを隣接するナツォナーリホテルに揃え
建物の新築や改装も市内の至る所で盛んに進められてい
た伝統的イメージの建物になるようで楽しみだが、気にな
る。例えば、新アルバート通り近くでは韓国のロッテ百貨
るのはお値段だ。近くにあったモスクワホテルも既に壊さ
店が21階建のビルを建設中で、2006年中にはロッテ百貨店
れ、更地に新しいホテルを建設予定とか。赤の広場に面し
初の海外店舗が誕生する。さらに隣接してロッテホテルも
た巨大なロシアホテルも2006年初めには閉鎖され、取り壊
建設予定である5。芸術の殿堂ボリショイ劇場は大掛かり
された後、ホテルを含むビジネスコンプレックスが新たに
な改築工事中で休演中。クレムリンでも一番背の高いイワ
建設される予定と聞いた。このように好立地の大衆的大規
ン大帝の鐘楼は菰を被っており、赤の広場の聖ワシリー聖
模ホテルが次々と姿を消し、超高級小規模ホテルに生まれ
堂は工事が途絶えることがない。いずれも写真家泣かせの
変わるというのは一般旅行者にとって好ましいとは言えな
光景だ。郊外のノヴォデヴィッチ修道院やカローメンスコ
い。ロシア側もホテル不足問題を認識し、外資によるホテ
エといった名所旧跡でも菰を被った塔が被写体としての魅
ル分野への直接投資を期待しているようだが、外資系ホテ
力を半減させている。これだけ工事が多いということは、
ルは五つ星ばかりで敷居が高い。
民間部門を中心とした経済的繁栄に加えて、財政的に余裕
モスクワ中心部の道路は世界中の自動車メーカーの製品
が生まれてきたということか。
で溢れ、結果として酷い交通渋滞が発生している。しかし
トヨタがサンクトペテルブルクに工場を建設し、2007年
5
日本経済新聞10月 6 日付の記事によると、ロッテの投資額は 3 億ドル。モスクワ中心部に地上21階、地下 4 階の複合商業施設「ロッテセンター」
を建設。 1 7 階はロッテ百貨店が出店する。売り場面積は 4 万平米。 8 階以上はオフィスビル、地下はスーパーマーケットとなる。百貨店に隣接
して延べ床面積約 6 万平米のロッテホテルを建設し、2008年末にオープン予定。
47
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
に乗用車の製造を開始するという発表は日本企業の活力を
の生産を開始するという。ロッテの百貨店やホテルの進出
ロシアで認識させる契機になったようだが、韓国は一歩先
については前述した通りだ。韓国のビジネスマンはロシア
を行っている。自動車業界では現代自動車が黒海沿岸のタ
を有望な市場であると認識し、長年積み上げてきたロシア
ガンログで生産を開始しており、現代製の車はモスクワ市
との人脈を活用して積極的に打って出ようとしている。そ
内でも存在感を放っている。さらに、現代系列のKIA自動
れに比べて後発日本の流通業界やホテル業界がモスクワに
車も現地生産に乗り出すようだ。韓国企業が強い市場競争
進出するのは何年先の話だろうか。
力を有する家電業界でもLG電子がモスクワ周辺でTVなど
ESCAP会議
右側がKim Haku-Su事務局長
とり壊し間近のロシアホテル
ESCAP会議の行われた
㈱ロシア鉄道別館
ずらりと並んだ路上駐車
トゥベルスカヤ通り
48
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
■Pacific Energy Forum-2005
Dr. Kyoung-Sool Kim of KEEI gave a presentation
entitled Energy Cooperation Between Russia and the ROK:
The Problems and Perspectives, while Dr. Young-Seok
Moon spoke about The Korean View on the East Siberian
Oil Pipeline Construction Project. Dr. Li, Director of the
Russian Institute at Heilongjiang University spoke on the
topic Problems Concerning Energy Resources in China
and Cooperation between China and Russia in the Field
of Energy Resources. The delegates from the DPRK, Mr.
Dong Yun Han, Director of the Department of Electric
Power, State Planning Commission, and Dr. Yu Song Kim
of the Institute of Electricity at the Academy of Science,
gave speeches on the structure and current status of the
DPRKʼs energy sector. The author of this report presented
a paper entitled Issues Relating to the Integration of Energy
and Environmental Polices in Northeast Asia.
Based on the issues discussed, the participants issued
a memorandum in which they recognized the necessity of
mutual understanding and cooperation with regard to such
issues as locating potential reserves of energy resources in
the region, the cooperative exploration and development of
major fields, the elaboration of a strategic plan for energy
resources that takes into account the interests of all the
participants, and joint participation in energy saving and
resource conservation projects. The memorandum was
signed by representatives of the participating countries and
it was decided to send it to the relevant governments.
It was also decided to consider the possibility of
establishing an International Committee for Energy
Development with headquarters in Vladivostok, Russia, and
to make the Pacific Energy Forum an annual event held in
participating countries.
Enkhbayar Shagdar
Researcher, Research Division, ERINA
The 1st Pacific Energy Forum (PEF 2005) was held
on 6 –7 th September 2005 in Vladivostok, Russia. The
main organizer was the Far Eastern Center for Strategic
Research on Fuel and Energy Complex Development. The
co-organizers were the Far Eastern Branch of the Russian
Academy of Sciences, the International Institute of Energy
Policy of the Ministry of Foreign Affairs of Russia, Far
Eastern State Technical University, Far Eastern Energy
Management Company, the Economic Research Institute
for Northeast Asia (ERINA) and the Korean Energy
Economics Institute (KEEI). Participants included delegates
from China, the DPRK, Japan, the ROK and a number of
governmental, academic and research organizations from
Russia.
Prominent Russian academics gave presentations on
the current status of and problems relating to the reform
of energy systems and the strategic development of the
fuel and energy complexes in Far Eastern Russia. Other
issues discussed include energy and energy conservation,
the training of technical and engineering personnel for
energy enterprises, and issues relating to oil, gas, coal and
other energy resources in the Russian Far East. Dr. V.I.
Sergienko, Member of the Russian Academy of Sciences,
delivered a speech entitled Major Problems in the Strategic
Development of the Far Eastern Fuel and Energy Complex,
while Dr. G.V. Apanasenko, Deputy Plenipotentiary
Representative of the Russian President in the Far Eastern
Region gave a speech entitled Russiaʼs Energy Strategy to
2020 and Major Problems in Forming Energy Markets in
Northeast Asia.
th
49
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
北東アジア動向分析
で貿易黒字は累計683億ドルにも増える結果となった。
日本との貿易額については 1 9 月期が1,646億ドル(同
10.5%増)でEU、
米国に続き 3 位の貿易相手先となっている。
1 6 月期の対中直接投資は契約ベースで862億ドル(同
19.0%増)
、実行ベースでは286億ドル(同3.2%減)だった。
この時期においては対中直接投資の伸びは大幅に減少して
おり、原因として外資参入分野における進出がピークアウ
トに達したことなどが指摘された。
1 9 月期では、契約ベースで1,303億ドル(同21.8%増)
、
実行ベースでは 9 月の伸び率が2.36%増とプラスに戻るな
ど減少に歯止めがかかり、432億ドル(同2.1%増)となった。
地域別には香港、英領バージン諸島、日本、韓国、米国と
続いている。
外貨準備高は 3 月末が6,591億ドル、6 月末が7,110億ドル、
9 月末では7,690億ドルにまで達しており、巨額の貿易黒
字に対応して今後さらに外貨準備高が増大することで、年
末には日本( 9 月末時点で8,436億ドル)を抜き世界最大
の外貨保有国になる可能性も指摘されている。
中国
物価は安定的に推移、貿易黒字は大幅に拡大∼ 1 9 月期
の経済成長率は9.4%∼
2005年 1 9 月期の経済成長率は前年同期比で9.4%とな
り、通年の目標値である 8 %前後を上回るペースで成長を
続けている。今年の成長率は中国社会科学院が9.4%、中国
人民銀行が9.2%と予測しており、マクロ調整策が奏効し、
インフレもデフレもない安定した成長であると見られてい
る。長期的には国務院発展研究センターが2010年までの 5
年間の成長を8.1%と予測している。
10月に中国で開かれた主要20ヵ国財務相・中央銀行総裁
会議(G20)において胡錦涛国家主席は今後15年間でGDP
を 4 兆ドル、一人当たりで3,000ドルにするとの目標を改
めて表し、中国の経済発展に自信を見せた。
1 9 月期でみると鉱工業生産伸び率は対前年同期比で
16.3%、うち重工業の伸びは16.9%、軽工業は14.9%。固
定資産投資伸び率では26.1%で、そのうち都市部での投資
伸び率は27.7%となっている。伸びが顕著な業種は、石炭
採掘等(前年同期比76.8%増)
、鉄道輸送業(41.4%増)石
油・天然ガス採掘(同31.3%増)などエネルギーや物流に
対する投資において高い増加を示している。
社会消費品小売総額伸び率は 1 9 月期において対前年
同期比で13.0%増だった。伸びの高い商品としては、石油
及び関連製品、アパレル、自動車、オフィス関連用品、レ
ジャー用品などがある。成長予測としては商務部が通年で
12.7%とみている。
消費価格上昇率に関しては、野菜で一時期15%を超す上
昇があったが、 7 月、 8 月、 9 月は累計ベースでそれぞれ
2.2%、2.1%、2.0%と 1 6 月期に比べても継続して下降し
ている。物価における都市部と農村部の格差についても 6
月には0.9ポイントだったものが、 8 月には0.3ポイントまで
縮小している。通年の予測として中国社会科学院が1.9%
とみている。
税関統計による輸出入総額では 1 6 月期で6,450億ドル
(前年同期比23.2%増)、輸出3,423億ドル(同32.7%増)
、
輸入3,027億ドル(同14.0%増)で収支は396億ドルの黒字
だった。 1 9 月期では前年よりも 2 ヵ月前倒しで 1 兆億ド
ルを超え 1 兆245億ドル(同23.7%増)となり、輸出は5,464
億ドル(同31.3%増)、輸入は4,781億ドル(同16.0%増)
1998年
GDP成長率
%
鉱工業生産伸び率
%
固定資産投資伸び率
%
社会消費品小売総額伸び率
%
消費価格上昇率
%
輸出入収支
億ドル
輸出伸び率
%
輸入伸び率
%
直接投資額伸び率(契約ベース)
%
(実行ベース)
%
外貨準備高
億ドル
7.8
10.8
13.9
6.8
▲ 0.8
436
0.6
▲ 1.5
▲ 30.4
0.5
1,450
1999年
7.1
8.9
6.3
6.8
▲ 1.4
291
6.1
18.2
▲ 18.9
▲ 9.7
1,547
2000年
神舟計画の成功で進む宇宙ビジネス
中国は2003年の神舟 5 号に続き、今年10月には 2 度目の
有人宇宙飛行となる神舟 6 号の打ち上げに成功した。中国
の宇宙開発の歴史は1950年代から始まり、70年には長征 1
号ロケットにより東方紅衛星の打ち上げに成功している。
国慶節直後の成功は、貧富の格差や官僚の腐敗など多く
の問題を抱える中国の現政権にとって共産党の指導力を国
民に認識させる絶好の機会となった。また、経済面におい
ても世界に技術水準の高さを注目させ、商業衛星打ち上げ
などの宇宙ビジネスで一層信頼性をアピールするだろう。
尚、中国は2020年頃までにサンプルリターンを目標とした
月探査計画(嫦娥計画)の実現を目指している。
宇宙開発に係る最大の企業は中国国家航天公司(CASC)
で、神舟を打ち上げた長征ロケットの開発、人工衛星の製
造、宇宙ビジネスの営業などを扱う多くの企業を傘下に有
している。
中国の商業ロケットは96年から40回以上打上げに成功し
ており、コストパフォーマンスも高い。これらの魅力を武
器に今後はさらに宇宙ビジネス市場を開拓していくことで
あろう。
(ERINA調査研究部研究主任 筑波昌之)
2001年
8.0
9.9
9.3
9.7
0.4
241
27.8
35.8
50.8
0.9
1,656
7.3
8.9
12.1
10.1
0.7
226
6.8
8.2
10.4
14.9
2,122
(注)前年同期比
外貨準備高は各月末の数値。
(出所)中国国家統計局、中国商務部、海関統計、中国外匯管理局資料、各種報道等より作成
50
2002年
8.0
10.2
16.1
8.8
▲ 0.8
304
22.3
21.2
19.6
12.5
2,864
2003年
9.1
12.6
26.7
9.1
1.2
255
34.6
39.9
39.0
1.4
4,033
2004年
9.5
16.7
25.8
13.3
3.9
320
35.4
36.0
33.4
13.3
6,099
1 3月
9.4
16.2
25.3
13.7
2.8
166
34.9
12.2
4.5
9.5
6,591
2005年
1 6月
9.5
16.4
27.1
13.2
2.3
370
32.7
14.0
19.0
▲3.2
7,110
1 9月
9.4
16.3
26.1
13.0
2.0
683
31.3
16.0
21.8
▲2.1
7,690
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
両国にとり同様の有益性があると答えたのに対し、53%は
中国が得る利益の方が大きいと答えた。極東連邦管区やシ
ベリア連邦管区では、自国よりも中国の有益性を認めた回
答者がそれぞれ75%と54%であった。ロシア全体では、自
国領土内における中国製品の増加や中国人による私有財産
の購入について、それぞれ62%、82%が反対の意を表した。
さらに、ロシア極東・シベリア地域では、経済開発を図
るにあたり労働不足が深刻化しているにもかかわらず、同
世論調査では回答者の 3 分の 2 (66%)がこれら地域の天
然資源開発における中国系企業もしくは労働者の参加につ
いて危惧を表明し、就中、その割合は極東連邦管区では
81%、シベリア連邦管区では71%に達した。
プーチン大統領は2000年に就任して以来、極東の地政学
的重要性や、ロシアがアジア太平洋地域経済圏へ積極的に
参入していく上で同地域経済の発展を加速化させることが
急務であることを繰り返し訴えてきた。他方、プーチン政
権第 1 期目においては、従来の「極東ザバイカル・プログ
ラム」が大統領の指示によって改訂されたものの、連邦政
府がそれを本格的に実施する姿勢を見せることはなかった4。
ところがプーチン政権第 2 期目(2004年春∼)以降、確
かに国内経済の好況を背景に少しずつ連邦政府も対極東政
策に改めて本腰を入れつつある。例えば、今日、モスクワ
の対極東政策における最大の関心事は、東シベリアからの
原油パイプライン建設計画であり5、それに続く形で国営
企業ガスプロム社が主導する「東シベリア・極東における
統合的天然ガス生産・輸送・供給計画」が間もなく公表さ
れる旨報じられている。
いずれにしても、ロシアが自ら最大の「戦略的物資」と
して位置付ける石油や天然ガス資源を駆使してアジア太平
洋地域における経済的地位の確保を図ろうとするならば、
急速にエネルギー需要が拡大しつつある中国との付き合い
方が 1 つの大きな鍵となろう。
現在ロシア指導部は、極東・シベリア地域の経済発展を
目指す上で、中国との経済関係の深化が必要不可欠である
ことを十分認識しているが、同時に上記で触れたような国
内世論動向を鑑みるとき、果たして今後の中ロ経済関係は
どの様な軌跡を辿るのであろうか。
(ERINA調査研究部研究員 伊藤庄一)
ロシア
2005年上半期のロシア経済
2005年上半期のGDP成長率は前年同期比5.6%と2004年
上半期の同7.7%を下回った(2004年)
。その背景として、
原油を中心とする輸出や固定資本投資の増加率がスローダ
ウンし、それは家計部門における消費ブームによっても相
殺されなかった。世界市場における油価高騰によって、ロ
シア産原油(ウラル指標)も平均 1 バーレル45.4ドルと恩
恵を受けたが、オイルマネー流入による追加歳入は、主に
対外債務の返済に充てられる政府の安定化基金に組み込ま
れ、直接的に内需の成長を促すことにはならなかった1。
鉱工業生産部門の成長率は、前年同期比4.0%と2004年上
半期の同7.3%を下回った。特に地下鉱物資源採掘分野につ
いては、2004年上半期の時点で前年同期比8.2%増であった
のに対し、今年上半期には1.4%増に止まった。製品加工分
野に関しても成長率は減速し、前年同期比5.6%増と2004年
上半期の8.5%増を下回った。しかし、機械・設備品や電化
製品・電子・光学器については、それぞれ11.5%増、20.0%
増と高い成長率を記録した。
インフレ率は前年同期比13.4%で、2004年の10.4%(上半
期)
・11.7%(通年)をそれぞれ上回り再び上昇傾向に転化
している。実質可処分所得と小売売上高については、各々
前年同期比8.3%増、11.3%増と2004年上半期の実績とあま
り変わらなかった。
ロシア経済の成長率は若干鈍化する兆しを見せたが、逆
に外国投資は増加傾向にある。2005年上半期の外国からの
直接投資は93億ドルに達し、前年同期の45億ドルを大きく
2
。
上回った(2004年は通年で118億ドル)
中ロ関係の複雑性とモスクワの対極東地域政策
今日ロシアと中国のパートナーシップの進展が政治的に
も経済的にも衆目を集めている。ついに2004年10月、両国
は歴史上最大の係争問題であった4,300kmに亘る国境画定
問題に終止符を打ち、さらに本年 8 月、ウラジオストク及
び山東半島周辺地域で合同軍事演習「ピースミッション
2005」
(合計約 1 万人参加)を展開したことは記憶に新しい。
本年 5 月の首脳会談において、プーチン大統領と胡錦涛国
家主席は、2004年の両国間貿易高が210億ドル(前年比1.4倍
弱)を越え、新記録を達成したことを称え合い、2010年末
までに同貿易高を600∼800億ドルまで増大させることを目
標として掲げた。果たして、今後の中ロ関係はますます絆
を強固なものにしていくのだろうか。
2005年 8 月に全ロ世論調査センターは、ロシア人の対中
感情に関する世論結果を発表した3。中国に関し、24%の
人々が政治的・経済的な競争相手と回答した一方、34%が
戦略的・経済的パートナー、22%が同盟もしくは友好国で
あると答えた。
極東連邦管区とシベリア連邦管区では、各々
37%と44%の回答者が競争相手としての中国に対する不安
を表明し、ロシア全体平均の25%を上回った。発展し続け
る対中経済関係については、ロシア全体で25%の回答者が、
1
2
3
4
5
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年
実質GDP(%)
鉱工業生産(%)
農業生産(%)
固定資本投資(%)
小売売上高(%)
消費者物価(%)
実質可処分所得(%)
貿易収支(十億USドル)
10.0
11.9
7.0
17.4
8.7
20.2
9.3
60.2
5.1
4.9
6.8
8.7
10.8
18.6
5.8
48.1
4.7
3.7
1.7
2.6
9.2
15.1
9.9
46.3
7.3
7.0
1.5
12.5
8.4
12.0
13.7
59.9
7.1
6.1
1.6
10.9
12.1
11.7
8.2
87.1
2005年
上半期
5.6
4.0*
0.2
9.4*
11.3
13.4
8.3*
57.9
(注)前年(同期)比。ただし、2000∼2004年の消費者物価上昇率は対前年
12月比。
*暫定値。
(出所)ロシア連邦国家統計局『ロシアの社会経済状況』
(2000∼2004年各年
版。2005年6・7月版)
;
ロシア経済発展貿易省『2005年上半期のロシア連邦社会経済発展総
括』。
ロシア連邦経済発展貿易省『2005年上半期のロシア連邦社会経済発展総括』、 8 頁。
, 6 July 2005.
7 月23∼24日にロシア全国46の連邦構成主体(総数の約半分強)で、1,600人を対象に実施された(http://www.wciom.ru/?pt=59&article=1607)
。
本誌58号(2004年 7 月)を参照されたい。
太平洋パイプライン構想の進捗状況については、本誌62号(2005年 3 月)
・65号(同 9 月)を参照されたい。
51
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
7 月の 1 ドル=1,193トグリグからは若干減価している。
モンゴル
貿易総額は 3 四半期連続で増加している。これは輸出入
国内経済の概況
両方の増価によるものである。第 3 四半期の貿易総額は5.8
2005年第 3 四半期のモンゴル経済は、概ね改善の方向を
億ドル、輸出は2.7億ドル、輸入は3.1億ドルとなった。貿
示している。
消費者物価上昇率と貿易収支の赤字は低下し、
易収支は改善傾向にあり、9 月は590万ドルの黒字となった。
国家財政収支は 2 四半期続けて黒字となった。一方で産業
第 1 ∼ 3 四半期のモンゴルの輸出のうち、中国向けはほ
生産額は 2 四半期連続の低下を記録している。
ぼ半分を占め第一位であり、カナダが13.1%、米国が9.9%、
第 3 四半期の産業生産額は、製造業の生産の落ち込みに
ウズベキスタンが1.9%、ロシアが1.8%で、これに次いで
より前年同期比13.6%減となった。製造業の生産額は第 1
いる。これらの上位 5 カ国で輸出全体の76.7%を占めている。
∼ 3 四半期で前年同期比28.3%の減少となっている。一方、
品目別では銅精鉱、金、カシミア、縫製品が主要輸出品と
鉱業とエネルギー部門の生産額は、第 1 ∼ 3 四半期にそれ
なっており、これらの品目で全体の70.5%を占めている。
ぞれ前年同期比10.4%、3.6%の拡大を記録している。
一方、第 1 ∼ 3 四半期のモンゴルのロシア、中国からの
9 月の消費者物価上昇率は前年同月比11.6%で、 7 月の
輸入は、それぞれ32.2%、28%であった。この他の主な輸
同16.0%から低下している。これは食料品、家庭用品の価
入相手国は日本6.6%、韓国5.4%、米国3.6%である。これ
格の低下、及び交通、通信、教育文化サービスの価格の安
らの上位 5 カ国で輸入全体の76.8%を占めている。
定によるものである。
国家財政収支は第 2 四半期、514億トグリグ、
第 3 四半期、
鉄道輸送の概況
539億トグリグと二期連続の黒字となった。第 1 ∼ 3 四半
貿易の拡大と、国内及びトランジット輸送への需要の増
期の財政収入は、予算額を22%上回っており、一方で支出
大で、第 3 四半期の鉄道貨物輸送量は24.8億トンキロと
額は予算額を15%下回っている。
なった。第 1 ∼ 3 四半期の輸送量74.4億トンキロで、前年
第 3 四半期における登録失業者数は概ね安定しており。
同期を16.2%上回っている。なお、鉄道は貨物輸送全体(商
9 月末で35,300人となっている。
業ベース)の96%を占めており、残りは道路3.9%、航空0.1%
となっている。
(ERINA調査研究部研究員 エンクバヤル・シャグダル)
対外貿易の概況
2005年 9 月の為替レートは 1 ドル=1,215トグリグで、
GDP成長率(対前年比:%)
産業生産額(対前年同期比:%)
消費者物価上昇率(対前年同期末比:%)
国内鉄道貨物輸送(百万トンキロ)
登録失業者(千人)
対ドル為替レート(トグリク、期末)
貿易収支(百万USドル)
輸出(百万USドル)
輸入(百万USドル)
国家財政収支(十億トグリグ)
成畜死亡数(千頭)
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
1.1
2.4
8.1
4,283
38.6
1,097
▲78.7
535.8
614.5
▲78.6
3,491
1.1
7.4
11.2
5,288
40.3
1,102
▲116.2
521.5
637.7
▲50.4
4,759
4.0
3.8
1.6
6,461
30.9
1,125
▲166.8
524.0
690.8
▲71.6
2,918
5.5
6.0
4.7
7,253
33.3
1,168
▲185.1
615.9
801.0
▲61.9
1,324
10.7
10.5
11.0
8,878
35.6
1,209
▲151.4
869.7
1,021.1
▲16.4
292
(注)登録失業者数は期末値。消費者物価上昇率は期末値。
(出所)モンゴル国家統計局「モンゴル統計年鑑」、「モンゴル統計月報」各号 ほか
52
2005年
1Q
−
2.6
12.4
2,474
37.8
1,192
▲43.1
168.4
211.5
▲9.8
350
2005年
2Q
−
▲6.7
16.0
2,486
36.5
1,193
▲60.4
228.2
288.6
51.4
195
2005年
3Q
−
▲13.6
11.6
2,478
35.3
1,215
▲41.2
271.6
312.8
53.9
31
2005年
1 6月
−
▲3.0
13.6
4,960
36.5
1,193
▲103.5
396.6
500.1
41.6
545
7月
−
▲6.7
16.0
794
35.2
1,193
▲23.1
83.9
107.0
20.5
0
8月
−
▲8.3
11.7
838
35.5
1,205
▲24.0
81.2
105.2
5.0
0
9月
−
▲7.1
11.6
846
35.3
1,215
5.9
106.5
100.6
28.4
31
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
ぐはぐな対応が目立つなど、失点が続いた。またどちらか
韓国
といえば、経済問題よりも、日本統治時代や軍事政権時代
マクロ経済動向と今後の展望
の責任をめぐる“過去史問題”に代表されるように、理念
10月25日に発表された2005年第 3 四半期の経済成長率は、
的な論争に大きなエネルギーを割く政権のスタンスは、国
季節調整値で前期比1.8%(年率7.4%)となり前期の伸び
民の失望を招いており、支持率は大きく低下してきた。
率を上回り回復傾向を示した。しかし需要項目別に見ると、
こうした中で総選挙時の選挙違反などにより、ウリ党は
内需に力強さは見られない。最終消費は季節調整値で前期
国会での過半数を失うこととなった。政権運営に困難を解
比1.1%と前期の伸びを下回り、前期にプラスに転じた固
消するため、盧大統領は 8 月末に野党第一党のハンナラ党
定資本形成は同▲1.5%で再びマイナスとなった。一方で、
に対し、大連立政権の組成を提案した。しかしこの提案は
前期不振だった財・サービスの輸出は同7.5%と大きく伸
9 月 7 日に行われた朴槿恵代表とのトップ会談において野
び、内需の不振を外需が支える構図が復活した。
党側によって拒否され、政権の威信はさらに低下すること
産業生産指数は第 3 四半期に、季節調整値で前期比3.2%
となった。
と前期の伸びを大きく上回った。これは主に半導体を中心
このような状況で10月26日に行われた国会議員補欠選挙
とする輸出関連品目に牽引された結果である。
において、ウリ党は 4 選挙区全てでハンナラ党に敗北する
一方、伸び悩む実物経済とは対照的に、株式市場は活況
結果となった。この結果を受けウリ党では、大統領秘書室
を呈している。韓国総合株価指数(KOSPI)は 9 月 7 日
長を務めた元側近の文喜相議長が、大統領の慰留を振り切
には終値で、通貨危機前のピークを凌ぎ10年ぶりの高水準
る形で退任した。しかし党内部では、大連立構想など、衝
となる1142.99を記録。その後も続伸し、 9 月26日には史
動的ともいえる大統領の政治運営に対する不満が高まって
上初めて1200を越える1206.41まで上昇した。この要因と
おり、これまで見られなかった直接批判も表面化してきて
しては三星電子、現代自動車に代表される輸出関連企業の
いる。また事態に対応するため、次期大統領候補と目され
好業績が評価されていること、日米をはじめ世界的な株式
ている穏健派の鄭東泳統一相、急進派の金槿泰保健福祉相
市場の好況を背景に海外の機関投資家の資金が流入してい
らが内閣から離脱し、党執行部への復帰する可能性が取り
ること、などがあげられる。
ざたされるなど、政権及び与党の動揺は今後も拡大する可
GDPの発表に先立って10月13日に政府系シンクタンク
能性を含んでいる。
韓国開発研究院(KDI)は来年の経済成長率を5.0%とす
一方、補欠選の勝利で勢いのついたハンナラ党では、故
る経済予測を発表した。これは今年の予測値3.9%を上回っ
朴正煕大統領の長女で保守層に根強い人気を持つ朴代表
ているが、内訳を見ると消費及び投資は 4 %台に止まると
や、ソウル市中心部を流れる清渓川の復元事業の成功など
しており、引き続き外需依存型の回復パターンとなってい
の政策で人気が高まっている李明博ソウル市長などが、大
る。
統領候補として名前があがっている。
韓国の大統領は 1 期 5 年の任期で再選は禁止されており、
求心力を失う盧武鉉政権
政権末期の求心力の低下はこれまでの政権においてもある
2003年に就任した盧武鉉大統領は、 8 月に 5 年の任期の
程度は見られたことである。しかし任期を 2 年以上残した
折り返し点を迎えた。2004年には野党の発議した大統領弾
現時点の混乱を、
“レームダック”と表現するのはあまり
劾裁判を乗り切り、また総選挙では与党ウリ党が勝利し、
にも早すぎよう。このような政治状況が今後の経済にマイ
一旦は国会の過半数を占め、政局は安定に向かうかと見ら
ナスとなろうことは、言をまたないといえる。
(ERINA調査研究部研究主任 中島朋義)
れた。しかし、その後経済の停滞が続く中、推進した首都
移転計画に違憲判決が出され、地価対策でも政権内でのち
国内総生産(%)
最終消費支出(%)
固定資本形成(%)
産業生産指数(%)
失業率(%)
貿易収支(百万USドル)
輸出(百万USドル)
輸入(百万USドル)
為替レート(ウォン/USドル)
生産者物価(%)
消費者物価(%)
株価指数(1980.1.4:100)
2000年
8.5
7.1
12.2
16.8
4.4
16,954
172,268
160,481
1,131
2.0
2.3
734
2001年
3.8
4.9
▲0.2
0.7
4.0
13,488
150,439
141,098
1,291
▲0.5
4.1
573
2002年
7.0
7.6
6.6
8.0
3.3
14,777
162,471
152,126
1,251
▲0.3
2.7
757
2003年
3.1
▲0.3
1.9
5.1
3.6
21,952
193,817
178,827
1,192
2.2
3.6
680
2004年 04年10 12月 05年1 3月
4.6
0.9
0.4
0.2
0.6
0.9
1.9
▲0.1
▲0.2
10.4
2.1
1.1
3.7
3.8
3.7
38,161
9,202
9,291
253,845
68,937
66,814
224,463
61,688
60,545
1,145
1,095
1,023
6.1
6.5
3.4
3.6
3.4
3.1
833
862
952
4 6月
1.2
1.5
3.9
0.5
3.7
8,648
69,718
63,612
1,008
2.2
3.0
961
7 9月 2005年7月
1.8
−
1.1
−
▲1.5
−
3.2
1.2
3.8
3.8
7,553
3,131
71,152
23,244
65,999
21,463
1,029
1,037
1.7
2.0
2.4
2.5
1,111
1,059
(注)国内総生産、最終消費支出、固定資本形成、産業生産指数は前期比伸び率、生産者物価、消費者物価は前年同期比伸び率
国内総生産、最終消費支出、固定資本形成、産業生産指数、失業率は季節調整値
国内総生産、最終消費支出、固定資本形成、生産者物価、消費者物価は2000年基準
貿易収支はIMF方式、輸出入は通関ベース
(出所)韓国銀行、統計庁他
53
8月
−
−
−
▲0.7
3.7
1,608
23,348
21,901
1,021
1.4
2.0
1,102
9月
−
−
−
2.3
4.0
2,814
24,560
22,635
1,029
1.6
2.7
1,171
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
米朝双方の不信感はなお深く、共同報道文が出た翌日には
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
北朝鮮側が「軽水炉を建設しなければ核放棄には応じられ
第16回南北閣僚級会談開催
ない」との声明を出すなど、早くも意見対立が表面化して
2005年 9 月13日∼16日、平壌で第16回南北閣僚級会談が
いる。
開かれた。この会談では以下の 6 つの事項が合意された。
第11回南北経済協力推進委員会開催
⑴ 「我が民族同士」の精神にのっとり、一切の「体面主義」
を捨てて、実用主義的立場をとることを宣言し、当面の
2005年10月28日、開城工業地区内に新たに開設された南
間、互いの思想と制度を尊重し、古い観念と慣行をなく
北経済協力協議事務所で、南北経済協力推進委員会第11回
し、南北関係を新しく発展させる措置を協議、実践する。
会議が開かれた。
⑵ 朝鮮半島の強固な平和を保障するため努力し、軍事的
この会議では、軍事的保障措置や工業資材の提供規模を
緊張緩和への実践的な方法を積極的に模索し、軍事当局
めぐって議論が行われたが、南北の隔たりが大きく、合意
者会談が開催されねばならないとの認識で一致した。
文は出されず、その代わりに共同報道文(コミュニケ)が
⑶ 民族共同の利益と繁栄、民族経済の統一的・均衡的発
出された。ここでは、南北が6.15共同宣言(2000年 6 月の
展を促進し、南北間の経済協力を実質的に推進するため
南北首脳会談時の南北共同宣言)の基本精神に基づき、南
の措置を⒜経済協力の障害を除き、投資などを円滑にす
北経済協力事業を積極的に推進するために、第10回会議で
る積極措置を取る。⒝開城工業団地の第 2 段階開発や臨
合意したとおりに軽工業の原材料の提供や地下資源開発協
津江水害防止など双方が必要な協力事業を第11回南北経
力事業を推進するための実務的な問題とこれまで複数回に
済協力推進委員会などで協議、解決することで行う方法
わたって合意した鉄道・道路連結、水産協力、開城工業団
で行う。
地の開発、臨津江水害防止事業等が民族協力の利益にあう
ように一日も早く実を結ぶことができるようにする方法に
⑷ 南北は離散家族問題の解決など人道主義事業を積極的
対して、協議を継続することを謳っている。
に推進し、⒜11月初めに第12回離散家族再会を実施、年
内に 2 回の映像を通じた再会を行う。⒝朝鮮戦争時に消
息不明になった人々の生死確認を赤十字会談で引き続き
南北経済協力協議事務所開設
協議、解決することを行う。
2005年10月28日、開城工業団地内に南北の当局が共同運
営する南北経済協力協議事務所が解説された。この事務所
⑸ 南北は「民族の言葉大辞典」の共同編集を積極的に支
は南北の当局者が常勤する初めての施設である。事務所に
援する。
は南側から統一部をはじめとして韓国貿易協会、韓国輸出
⑹ 第17回南北閣僚級会談を12月13日∼16日に済州島で開
入銀行、中小企業庁など政府関係者ら18人と北側から民族
催する。
経済協力連合会関係者ら10人が常駐する。
今回の閣僚級会談は、これといった新しいテーマはな
かった。しかし、⑴のように、南北の協力の経験の中から
問題点を洗い出し、解決していこうという機運が生まれて
中国の胡錦濤国家主席、平壌を訪問
いる。
これが特に北側において十分実施されるかどうかが、
2005年10月28日∼30日、中国の胡錦濤国家主席が北朝鮮
今後の南北経済交流・協力の焦点になるであろう。
を訪問した。中朝首脳会談が行われ、中国側は「新しい形
式、新しい考え方を絶えず模索」することが必要であると
第 4 回六カ国協議再会、共同声明文発表
力説した。また、両首脳は「経済技術協力協定」にも調印
2005年 9 月13日∼19日、北京で第 4 回目の六カ国協議が
した。
再開された。今回の協議では、共同声明が発表された。こ
29日には胡錦濤主席が金永南最高人民会議常任委員長と
の共同声明により、北朝鮮は「すべての核兵器及び既存の
会談し、中国企業の北朝鮮企業との様々な形の投資・協力
核計画を放棄すること、並びに、核兵器不拡散条約及び
の推進に言及し、
中国企業の対朝投資拡大に意欲を示した。
IAEA保障措置に早期に復帰することを約束」し、米国は
中朝関係は、これまでの「血で結ばれた」関係から、実
「朝鮮半島において核兵器を有しないこと、及び、朝鮮民
利に基づくパートナーシップに変わりつつあるようである。
主主義人民共和国に対して核兵器又は通常兵器による攻撃
(ERINA調査研究部研究員 三村光弘)
又は侵略を行う意図を有しないことを確認」した。しかし、
54
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
On September 3, Associate Senior Researcher Masayuki
Tsukuba took part in the Niigata City Investment
Environment Briefing, which was held in Changchun,
China.
Research Division: International Activities,
Conferences and Workshops July - October 2005
On July 20, Associate Senior Researcher Masayuki
Tsukuba took part in the Niigata City Investment Briefing,
which was held in Harbin, China.
On September 6, Associate Senior Researcher Masayuki
Tsukuba took part in the Niigata City Investment
Environment Briefing, which was held in Shenyang, China.
On July 22-23, Senior Fellow Ikuo Mitsuhashi took part
in the UN/ESCAP National Workshop on an Integrated
International Transport and Logistics System for Northeast
Asia, which was held in Vladivostok, Russia.
On September 6-8, Researcher Shagdar Enkhbayar took
part in the energy conference organized by the Far Eastern
Center for Strategic Research on Fuel and Energy Complex
Development, which was held in Vladivostok, Russia.
On July 25-28, Chairman of the Board of Trustees Susumu
Yoshida and others took part in the Niigata Prefecture
Mission to Far Eastern Russia (Khabarovsk & Vladivostok).
On September 7-9, Senior Fellow Ikuo Mitsuhashi took part
in the 2005 International Top Forum on the Development of
Former Industrial Bases and the Expansion of the Tourism
Industry in Liaoning, which was held in Shenyang,
On July 26, A Memorandum of Understanding between
ERINA and the Economic Research Institute, Far Eastern
Branch of the Russian Academy of Sciences (Khabarovsk)
was signed.
On September 8, Senior Economist Hisako Tsuji took
part in the International Symposium on the Establishment
of a Northeast Asian Regional Cooperation Promotion
Organization, which was held in Dalian, China.
On July 27, A Memorandum of Agreement on academic
and scientific collaboration between ERINA and the Far
Eastern State Technical Fisheries University (Vladivostok)
was signed.
On July 28, A Cooperation Agreement between ERINA and
the Far Eastern Center for Strategic Research on Fuel and
Energy Complex Development (Vladivostok) was signed.
On September 8-10, Research Division Director Vladimir
Ivanov took part in Portsmouth and its Legacies: An
International Conference Commemorating the Centennial
of the Russo-Japanese Peace Treaty of 1905, which was
held in Dartmouth, New Hampshire, USA.
On August 6, Chairman of the Board of Trustees Susumu
Yoshida took part in the symposium on Japan - China ROK Cooperation and Regional Order, which was held in
Beijing, China.
On September 20-22, Research Division Director Vladimir
Ivanov took part in the 2005 Northeast Asia Hi-Tech
Exposition and the 2005 Northeast Asia Economic Forum,
which was held in Shenyang, China.
On August 20-24, Research Division Director Vladimir
Ivanov took part in the International Convention of Asia
Scholars, which was held in Shanghai, China.
On September 20-24, Senior Fellow Ikuo Mitsuhashi took
part in the 6th International Conference of the Eastern Asia
Society for Transportation Studies (EASTS), which was
held in Bangkok, Thailand.
On August 21-24, Senior Fellow Ikuo Mitsuhashi took part
in the 9th East Asia International Symposium, which was
held in Seoul, ROK.
On September 26, Researcher Shoichi Itoh took part in the
East-West Institute Working Group on Energy Cooperation
Within G8 Plus, which was held in Brussels, Belgium.
From August 28 until September 4, Senior Fellow Ikuo
Mitsuhashi and others took part in the Japan Port and
Harbor Association Fact-Finding Mission on the Current
Status of Ports and Transport in Northeast Asia, which
visited Vladivostok, Russia & Harbin, China.
On September 27-28, General Affairs Division Director
Hirofumi Arai took part in the First Far Eastern
International Economic Conference, which was held in
Khabarovsk, Russia.
On August 29-30, Visiting Researcher Shingo Narumi
took part in the Northeast Asia Port Authority Directors'
Conference, which was held in Yantai, China.
On September 28, Researcher Shoichi Itoh took part in the
9th International Conference on Northeast Asian Natural
Gas and Pipelines, which was held in Seoul, ROK.
On September 2-4, Visiting Researcher Shingo Narumi
took part in the UNDP Tumen River Area Investment
Attraction Forum, which was held in Changchun, China.
From September 28 until October 2, Senior Economist
Hisako Tsuji took part in the ESCAP Conference on
Promoting Container Transport in the Trans-Asian Railway
Northern Corridor, which was held in Moscow, Russia.
On September 2-6, Visiting Researcher Shingo Narumi
and others took part in the 1st China - Northeast Asia
Investment and Trade Fair, which was held in Changchun,
China.
On September 29, Researcher Shoichi Itoh took part in the
Korea-Japan CDM Workshop held by the Korea Energy
Management Corporation (KEMCO) & ERINA, which was
55
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
held in Seoul, ROK.
On October 16-21, Researcher Shoichi Itoh took part in the
international conference New Paradigms for Trans-Pacific
Collaboration, which was held in Seattle, USA.
On September 29, Senior Fellow Ikuo Mitsuhashi took part
in the International Workshop on Building an Integrated
Infrastructure on the Korean Peninsula, organized by the
Korea Research Institute for Human Settlement, which was
held in Anyang, ROK.
On October 23-25, Researcher Shoichi Itoh took part in
the international conference Prospects for Cross-Border
Cooperation in the East Sea Sub-Region, which was held in
Seoul, ROK.
On October 12-14, General Affairs Division Director
Hirofumi Arai took part in the conference The Russia Far
East: Problems of Economic Integration with Asia-Pacific
Countries, which was held in Vladivostok, Russia.
On October 27-28, Senior Economist Hisako Tsuji took
part in the 14th Meeting of the International Coordinating
Council of Trans-Siberian Transportation, which was held
in Seoul, ROK.
56
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
BOOK REVIEW
1978年に始まった改革開放によって中国経済は高度成長
軌道に乗り、国民の生活水準も向上したが、その一方で所
得の二極分化が進み、失業の増大や農民の貧困化は社会の
不安要因となりつつある。また、中国は2001年にWTOに
加盟したが、2005年からは本格的な市場開放期となり、外
資との熾烈な戦いが始まる。脆弱といわれる農業、歴史の
浅い自動車や金融などの部門が国際的競争に生き残ること
ができるのかという不安も聞かれる。日本では中国の急速
な成長という明るい面ばかりが紹介され、中国脅威論が台
政府が所有と経営から完全に撤退することだと述べている。
頭する傾向にあるが、中国の実態と内包する課題を理解す
第七章では2005年 7 月に行われた人民元の切り上げと管理
る上で参考となる 2 冊を紹介する。
変動制への移行を論じる。著者は切り上げ幅が 2 %程度で
は市場での投機を沈静化させるにも、対外不均衡を是正さ
せるにも不十分と更なる切り上げを主張している。第八章
◆
「中国経済のジレンマ−資本主義への道」
では成熟した資本主義へ向けての課題を明示し、調和の取
著者:関志雄(KWAN Chi Hung)
れた地域発展を促すための諸提案を示している。最終章で
出版:筑摩書房【ちくま新書】
はグローバル大国へ向かう中国の未来を長期的に展望し、
本書は、中国の四半世紀余りにわたる改革開放を資本主
2050年までにまず共産党による一党独裁が終焉し、続いて
義への移行過程としてとらえ、幾多の問題を抱えつつも、
大陸と台湾の統一が実現され、中国のGDPが米国を上回
それを乗り越えることが可能であるとの力強い姿勢が貫か
るという夢を描く。
れている。
◆
「中国激流−13億のゆくえ」
第一章は、「市場化」と「民営化」を軸に改革開放の全
体像に迫っている。対外開放は進み、民営経済の占める割
著者:興梠一郎
合は増加してきたが、国有企業の更なる民営化が必要との
出版:岩波書店【岩波新書】
立場から、証券市場の仲介機能向上が必要であると指摘す
本書は現代中国の「陰」の部分に焦点を当てて、多くの
る。一方、「先富論」を旗印に開放改革政策が推進された
社会問題の実例を挙げて紹介している。第一章では、農民
結果、都市対農村、東部(沿海)対西部(内陸)、富裕層
による抗議運動が頻発していることの背後にある農村の問
対貧困層という三つの格差が生じたことを案じる。第二章
題を取り上げる。農地の強制収用による失地農民の苦境、
では、旧体制の改革よりも新体制の育成を優先させる中国
出稼ぎ労働者の境遇など不条理な例が紹介されている。第
型の「漸進的改革」を考察し、ロシアが採った「ビッグバ
二章では、権力の腐敗及び政府と企業の癒着の構造が語ら
ン・アプローチ」と対比しながら、そのメリットとデメリッ
れる。これに関連して、国有企業改革として駆け込み売却
トを明らかにする。中国型改革では試行錯誤で柔軟に変革
が進められている結果、ロシアで見られたような国有資産
を試みる利点があったが、「易しいものから難しいものへ」
の不当な私物化が行われるのではないかとの危惧を示す。
という方法を選んだために、既得権益などの厄介なものが
第三章では、高度成長のひずみとして格差の拡大、不良債
残ってしまった。第三章では、改革開放のこれまでの歩み
権、過度の外資依存による自主開発能力の不毛を指摘する。
を振り返る。第四章では外資企業の対中進出の功罪を論じ
中国では技術導入にかかる資金の 3 分の 1 しか技術の消化
る。対外開放は経済特区の設置や外資優遇策の導入から始
に投入しないが、日本や韓国では逆に 3 倍を投入している
まり、WTO加盟を経てグローバル経済との一体化が進ん
と言われているとし、ラテンアメリカの経験から学ぶべき
だ。しかし、中国は大きく外資に依存してしまった結果、
とアドバイスする。第四章では、中国において民主主義へ
世界の工場と呼ばれながら、未だに国際的に通用する技術
の模索が胎動している事実を紹介する。民主化無き市場経
やブランドを持たず、中国企業も国際競争力が欠如したま
済化は官僚や一族、取り巻きが特権を利用して暴利をむさ
まであるとの厳しい認識を示す。さらに外資導入をめぐる
ぼる腐敗をもたらしているとし、今こそ民主化が必要と結
中国国内の論争を紹介している。第五章では国有企業改革、
論付ける。終章では、中国共産党の「経済成長のためには
第六章では国有銀行改革を取り上げる。国有企業の民営化
安定が必要、したがって独裁が必要」とのロジックに疑問
を推進する立場から、法制度や資金調達など、民営企業の
を投げかけている。
最後に中国の対外経済的台頭への懸念、
発展を妨げる制度上の問題を指摘している。国有銀行改革
とりわけ日中間の緊張に不安を示している。
ERINA調査研究部主任研究員 辻久子
についても、行き着くところは、株式上場にとどまらず、
57
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
テーマ:ロシアのCO2排出権取引への取り組みと日本へ
研究所だより
の期待
報告者:環境投資機構「エネルギーカーボン基金」総裁
A.V. ゴリコフ氏
極東エネルギー管理会社第一副社長 A.V. カ
セミナー等の開催
カウリン氏 ほか
▽日本海横断国際航路の可能性を探る検討会
平成17年10月 3 日㈪ ホテル新潟
後 援:日本貿易振興機構
報告者:ロシア沿海地方議会副議長
▽外務省所管対ロシア技術支援訪日研修団との意見交換会
ジャンブラート・テキエフ氏
平成17年11月30日㈬ にいがた産業創造機構会議室
中国吉林省人民政府図們江開発弁公室主任
ロシア側参加者:ハバロフスク、カムチャツカ、サハリ
ンの若手企業家20名
祝業輝氏
共 催:財団法人にいがた産業創造機構
共 催:新潟商工会議所、社団法人新潟港振興協会、
NPO法人北東アジア輸送回廊ネットワーク
▽北東アジアのエネルギー資源に関する専門家会合
イベントの開催
平成17年10月31日㈪ 万代島ビル 6 階会議室
▽国際人材フェア・にいがた
テーマ:北東アジアにおける天然ガスの将来性と日ロ経
平成17年10月28日㈮ 長岡商工会議所
概 要:新潟県内の留学生と企業を対象にした就職相談
済協力
会
講 師:アジアガス&パイプライン研究会運営委員長、
ERINA評議員 阿部進氏
参加者:出展企業 8 社、留学生60名
在日ロシア連邦通商代表部主席
内 容:留学生向けセミナー、企業向けセミナー、就職
相談会
アレクサンドル・ラブレンチェフ氏
▽第 2 回北東アジア国際観光促進フォーラム
後 援:新潟県
平成17年11月 4 日㈮ 新潟市国際友好会館
協 力:新潟地域留学生等交流推進会議、新潟労働局、
目 的:北東アジア観光開発マスタープラン策定の提案
にいがた産業創造機構、新潟県商工会議所連合
報告者:ロシア、韓国、中国遼寧省・黒龍江省・吉林省・
会、新潟県経営者協会、新潟経済同友会
内モンゴル自治区、モンゴル、北朝鮮、日本の
▽北東アジア・ビジネスメッセ2005
行政担当・研究者
平成17年11月10日㈭、11日㈮ 新潟市産業振興センター
概 要:
「新潟ビジネスメッセ2005」(主催:新潟市など)
共 催:北東アジア観光研究会、NPO法人北東アジア
と共催し、同メッセ内に国際ビジネスゾーンを
輸送回廊ネットワーク
▽平成17年度第 4 回賛助会セミナー
形成。ビジネスマッチングの促進、コンサルティ
平成17年11月 8 日㈫ ホテル日航新潟
ングの提供を行った。
テーマ:中国マクロ経済の展望と政策課題
出展者:中国黒龍江省・遼寧省、モンゴルの21企業・団体
講 師:経済政策コンサルタント、元IMF中国事務所長
中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構
主 催:北東アジア・ビジネスメッセ実行委員会(新潟
大谷一朗氏
▽第 7 回「新しい北東アジア」東京セミナー
県、新潟市、新潟県商工会議所連合会、新潟経
平成17年11月14日㈪ 東京国際フォーラムD5ホール
済同友会、にいがた産業創造機構、ERINA=
テーマ:中国の国家発展戦略における地域開発戦略と北
事務局)
東アジア
講 師:中国国務院発展研究センター社会発展研究部副
部長 林家彬氏
討論者:日本貿易振興機構アジア経済研究所地域研究セ
ンター次長 大西康雄氏
▽ロシアCO2排出権取引/意見交換会
平成17年11月15日㈫ 日本貿易振興機構会議室
58
ERINA REPORT Vol. 67 2006 JANUARY
負傷者多数とのニュースを聞きショックを受けた。さらに
事故後、ベンゼン等の汚水が松花江に流され、大規模な河
仕事柄、諸外国の政府官僚やその他さまざまな立場から
川汚染へと発展、下流のハルビンでは水道水の供給を数日
政策立案に関与する人々と意見交換をする機会が多い。そ
間停止するなどの騒ぎとなった。水質汚染被害はロシアに
こで驚かされることは、重要ポストへの若手起用が総じて
まで及ぶという。事故の原因は調査中とのことだが、
人的・
日本よりも進んでいるということだ。一見、権威主義的な
技術的要因、情報開示まで含めて徹底解明を行ってほしい
お国柄のところでも、考え方の柔軟な若手に地位を与えて
ものだ。
国の将来を担う人材として期待する傾向が見受けられるこ
今号でインタビューさせていただいた崔然恵KORAIL
とは注目しておく必要があろう。翻って、未だに我が国で
副社長は、
細かいところまで配慮のゆき届く「気配りの人」
は、能力や気概よりも紋切り型に年功序列制度を重んじる
という印象を受けた。崔さんに招待されてソウルから高速
硬直化した官僚システムが残っており、それを倣うかのご
鉄道(KTX)で大田のKORAIL本社まで同行したが、駅
とく社会全体としても能力ある若者を信じて重用するよう
構内で会う社員一人ひとりに深々とお辞儀をし、時には手
なシステムになっていない。
をとってねぎらいの言葉をかけていた。儒教の国韓国では
個々の独創性を評価するよりも「金太郎飴型」人間を作
伝統的に気配りが重視される。その中でKORAIL初の女性
ることに適した戦後日本の教育システムや、「ベルトコン
副社長は欧米型女性幹部とは異なる「微笑みの女性幹部」
ベア式」人材登用をよしとする社会的価値観は、21世紀の
として、
男性社員も厚い信頼を寄せている様子が窺われた。
国際競争社会では無用だ。
また、李哲KORAIL社長は東京大学留学の経験を持つ親日
今日の日本が直面する最大の問題は少子化対策だが、こ
家で、崔副社長を暖かく支えている様子だった。KORAIL
こでさらに一歩踏み込んで議論して欲しい。ただ人口を増
が共催した第14回CCTSTの内容については次号で報告す
やすだけの対策ではなく、国家の将来を担う人間をどう育
る。
(H)
てていくのか、国策として同時並行で真剣に取り組んで欲
しい。人口の量的減少分は、質的向上で補うしかないのだ
から。職業の別にかかわらず、各世代が活躍のチャンスを
次から次へと後続にパスして、明日の人材を育てたいもの
だ。チャンスを与えれば人は育つ。国民の平均寿命が高齢
化していることは、将来を担う若者による社会的地位向上
発行人
吉田進
の機会を奪う理由にならないはずだ。
編集長
辻久子
編集委員
ウラジーミル・イワノフ 中村俊彦
(SI)
伊藤庄一
10月末から約一週間、中国東北地方の振興政策調査のた
発行
めに、黒龍江省、吉林省、及び北京を訪問した。ハルビン、
財団法人 環日本海経済研究所Ⓒ
The Economic Research Institute for
長春で工場や大学を訪問し、研究者と意見交換を行った。
Northeast Asia(ERINA)
福利厚生部門の分離など国有企業改革が動き出しており、
〒950−0078 新潟市万代島 5 番 1 号
改革の進行と成果から目が離せない。
万代島ビル12階
11月3日、吉林省・長春から長吉高速道路で東方へ向かっ
12F Bandaijima Bldg.
た。田園地帯を走る滑らかな高速道路に少ない交通量は米
5-1 Bandaijima, Niigata-City,
950−0078, JAPAN
国中西部を思い出させる。1時間ほどで吉林市に到着。市
tel 025−290−5545(代表)
内には長白山を源にする松花江がS字型に蛇行して流れて
fax 025−249−7550
いて清流の街の雰囲気だ。松花江はさらに北へ流れ、ハル
E-mail webm[email protected]
ビンを経て黒龍江(アムール川)へ合流する。ここには中
ホームページhttp://www.erina.or.jp/
国でも有数の石油化学国有企業である中国石油吉林石化公
発行日
司の本社があり、本社と工場を視察させていただいた。大
(お願い)
2005年12月15日
慶油田からパイプラインで輸送された原油を精製し、エチ
ERINA REPORTの送付先が変更になりましたら、上
レン、スチレンなどの化学原料を製造している。
記までご連絡ください。
禁無断転載
帰国後、11月13日にこの工場で爆発事故が発生し、死者・
59