︿ 烏 帽 子 岳 ﹀ - 対馬市

校
舎
横
の
地
元
農
家
の
田
う
と
実
施
さ
れ
た
も
の
で
、
に
つ
い
て
学
ん
で
も
ら
お
魅
力
や
田
ん
ぼ
の
生
態
系
子
ど
も
た
ち
に
農
業
の
験
し
ま
し
た
。
の
全
校
児
童
生
徒
39
名
が
田
植
え
を
体
2
0
0
8
﹂
を
開
き
、
佐
護
小
中
学
校
動
隊
が
5
月
29
日
、
﹁
田
ん
ぼ
の
楽
校
ち
上
げ
ら
れ
た
佐
護
地
区
資
源
保
全
活
地
元
地
区
や
P
T
A
、
育
成
会
ら
で
立
で
﹁
農
地
・
水
・
環
境
﹂
を
守
ろ
う
と
管
理
が
困
難
に
な
る
中
、
地
域
ぐ
る
み
過
疎
や
高
齢
化
に
よ
り
農
地
の
維
持
定
で
す
。
年
間
を
通
し
て
活
動
が
実
施
さ
れ
る
予
田植機の運転に挑戦する中学生
や
稲
刈
り
、
生
物
や
野
鳥
の
観
察
な
ど
今
後
こ
の
田
ん
ぼ
で
は
、
雑
草
取
り
た
﹂
と
感
想
を
口
に
し
て
い
ま
し
た
。
﹁
田
植
え
は
大
変
だ
な
と
改
め
て
思
っ
児
童
も
い
ま
し
た
。
子
ど
も
た
ち
は
が
ら
一
緒
に
田
植
え
を
楽
し
ん
で
い
た
ば
な
い
よ
う
に
中
学
生
の
手
を
借
り
な
て
い
ま
し
た
。
小
学
生
の
中
に
は
、
転
ら
、
ぎ
こ
ち
な
い
手
つ
き
で
苗
を
植
え
人
か
ら
手
植
え
の
方
法
を
教
わ
り
な
が
ぼ
に
入
っ
た
子
ど
も
た
ち
は
、
農
家
の
裸
足
に
な
り
、
お
そ
る
お
そ
る
田
ん
ん
ぼ
を
利
用
し
て
行
わ
れ
ま
し
た
。
隠 れた対 馬 の名 所 を巡 る
湖
で
は
な
い
の
で
す
か
?
﹂
と
驚
か
れ
込
ん
で
く
る
浅
茅
湾
を
見
て
﹁
こ
れ
は
展
望
台
に
案
内
し
た
と
き
、
目
に
飛
び
す 韓 で 台 3 観 。 国 き で 6 烏
の 、 す 0 帽
光
巨 天 。 度 子
な
済 候 こ を 岳
ど
島 な こ ぐ 展
で
を ど か る 望
訪
望 の ら り 台
れ
む 条 は と は
る
こ 件 浅 見 、
島
と が 茅 渡 対
外
が 良 湾 せ 馬
の
出 け が る で
方
来 れ 一 展 唯
々
ま ば 望 望 一
を
烏帽子岳展望台からの眺望
[email protected] tsushima.jp
メ FAX ☎
ー 0 0
ル 9 9
ア 2 2
ド 0 0
レ ︵ ︵
ス 5 5
3 3
︲
︶ ︶
6 6
1 1
2 1
2 1
■
対
馬
市
役
所
観
光
交
流
課
ま 対 の 絶
す 馬 幻 好
。 に 想 の
住 的 ス
ん な ポ
で 光 ッ
い 景 ト
て を で
良 眺 も
か め あ
っ る り
た だ ま
と け す
思 で 。
い も そ
さ
ら
に
こ
こ
は
朝
日
や
夕
日
を
見
る
わ
れ
る
の
も
納
得
で
き
ま
す
。
目
に
大
き
い
島
で
す
。
こ
の
よ
う
に
言
佐
渡
ヶ
島
、
奄
美
大
島
に
次
い
で
3
番
わ
れ
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
対
馬
は
、
は
島
の
実
感
が
あ
り
ま
せ
ん
ね
﹂
と
言
き
な
い
た
め
、
﹁
こ
こ
か
ら
の
眺
め
で
な
り
、
北
南
の
突
端
を
見
る
こ
と
が
で
ま
た
、
遠
く
を
眺
め
る
と
山
々
が
連
殖
が
行
わ
れ
て
い
ま
す
。
す
。
波
静
か
な
特
徴
を
活
か
し
真
珠
養
き
ま
す
。
こ
れ
は
、
真
珠
の
養
殖
棚
で
湾
で
は
多
く
の
ブ
イ
を
見
る
こ
と
が
で
見
え
る
か
ら
で
し
ょ
う
。
そ
ん
な
浅
茅
海
岸
線
が
四
方
を
囲
ん
で
い
る
よ
う
に
か
で
複
雑
に
入
り
組
ん
だ
リ
ア
ス
式
の
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
水
面
が
お
だ
や
︿
烏え
帽ぼ
子し
岳だけ
﹀
︵
豊
玉
町
︶
■この用紙は地球環境保護のため再生紙を利用しています。
24