取扱説明書 2・3本針フラットベッド型 偏平縫いミシン INSTRUCTIONS 2

CW500N
取扱説明書
2・3本針フラットベッド型
偏平縫いミシン
INSTRUCTIONS
2 or 3-needle flatbed
interlock stitch machine
Series
取扱説明書
このたびは、ペガサスCW500Nシリーズミシンをお買い上げ
いただき、ありがとうございます。
ミシンをお使いになる前に、この説明書をよくお読みいただき、
末ながくご愛用くださいますようお願い致します。
なお、この説明書にはミシンを効率的にご使用いただくために、
日常の点検事項と、安全に関する注意事項を載せています。
日常のミシンの点検と同時に、皆様ご自身の安全にも十分ご配
慮くださいますようお願い致します。
INSTRUCTIONS
Thank you very much for purchasing Pegasus CW500N
Series machine.
This instruction manual describes daily routine
maintenance and safety precautions to keep the machine
in the best possible conditions.
Please study this manual very carefully before operating
the machine.
目次
目次
注 記 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
指 令 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
1.はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
2.警告表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2~3
3.安全対策 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3~4
4.各使用段階における注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4~6
5.警告ラベルの貼り付け位置と安全保護装置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
6.安全保護装置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
テーブル加工図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
据付台の組立 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ミシンの据付 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ベルトカバーの取付 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ミシンの回転方向 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
給油について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
HR装置への給油 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
糸の通し方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13~14
押ェ圧力の調節 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
差動比の調節 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
縫い目長さの調節 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
糸調子の調節 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ミシンの掃除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
針の取り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
油の交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
排油のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
オイルフィルターの点検と清掃 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
調整基準表
針番手対照表
標準使用針 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
仕様表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
CONTENTS
Copyright . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
Directives . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
1.Introduction . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
2.Indications of dangers, warnings & cautions . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-23
3.Safety precautions . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-24
4.Notes for each procedure . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26
5.Location of warning labels and safety devices . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
6.Protectors for safety . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
Schematic diagram of the machine table . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .29
Assembling the machine rest board . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
Sewing machine installation . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
Installing the belt cover . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
Operating direction of the machine pulley . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
Lubrication . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
Silicone oil for H.R. device . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
Threading . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33-34
Adjusting presser foot pressure . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
Adjusting the differential feed ratio . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
Adjusting stitch length . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
Adjusting the thread tension . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Cleaning the machine . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Oil replacement . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
To drain the oil . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
Checking and cleaning the oil filter . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
Adjustment dimensions
Comparison table of equivalent sizes
Standard needle . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
Subclass specifications . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .40
安全のために 必ずお読みください
注 記@@@@@@@@@@@@@@@
●この取扱説明書のすべてあるいは一部を、ペガサスミシンの書面による事前の許可なく、紙媒体であれ電子媒体
であれ、無断で転載、複写、翻訳、配布、配信することを固く禁じます。
●この取扱説明書に記載された内容は、情報の提供のみを目的としており、予告なしに変更する場合があります。
これらの情報について当社はいかなる責任も負いません。また、この取扱説明書に誤りや不正確な記述があった
場合にも、当社はいかなる責任、債務を負わないものとします。
●ペガサスミシンでは、常に最先端の技術を導入しているので、本製品の性能・仕様を絶えず改良する方針をとっ
ています。したがって予告なく仕様・デザインを変更する権利を留保します。
●本書は「仕様」の章に記載されているすべてのモデルとサブクラスに有効です。
指 令@@@@@@@@@@@@@@
このミシンは、ヨーロッパの安全企画の準拠と製造者の告知を含むヨーロッパの安全規格にも合わせて組み立てら
れています。この取扱説明書に加えて、一般的に認められている制定法に従ったすべての規格と、法律に基づく必
要条件、及びすべての環境保護規格も厳守してください。
作業中の事故に適用される社会保険の各規格、各地域管理組織・機関などの規格も厳守してください。
1
1.はじめに@@@@@@@@@@@@@@@
●本書は、当製品を安全に使用するための取扱説明書です。
●当製品を使用する前に、必ず本書を読み、ミシンの操作、点検、整備、保全等の方法を十分理解したうえで、ご
使用ください。
●工業用ミシンは縫製作業上、使用者は針などの運動するミシン部品の至近距離で作業を行うため、運動するミシ
ン部品に接触してしまう危険性が常に存在していることを認識しなければなりません。
このため安全を確保するためには、当社による安全な製品の供給と、使用者による安全な正しい取り扱いが不可
欠です。お客様において安全対策が必要なものもいくつかありますので、ミシンをお使いになるすべての関係者
が本書と駆動装置の取扱説明書を合わせて熟読され、必要な安全対策を実施したうえで、ミシンを十分ご活用い
ただくようお願いします。
2.警告表示@@@@@@@@@@@@@@@
当社製品および本書には、製品を安全にご使用いただくために、警告表示を危険の程度により使い分けています。
これらの内容を十分に理解し、指示を必ず守ってください。
警告ラベルは、常にはっきり見えるようにしておいて下さい。
警告ラベルがはがれたり、汚れた場合は、新しいラベルと交換してください。
交換用ラベルが必要な場合は、当社営業所までご連絡ください。
注意喚起シンボルとシグナル用語
危険
誤った取り扱いをしたときに、死亡または重傷事故が発生する可能性が
きわめて高い危険。
警告
誤った取り扱いをしたときに、状況によっては死亡または重傷事故に結
びつく可能性がある危険。
注意
誤った取り扱いをしたときに、軽傷または中程度の傷害および物的損害
のみの発生が想定される場合。
2
安全のために 必ずお読みください
図記号の説明
必ず指示内容に従い作業を行ってください。
誤った取り扱いをしたときに、感電する可能性があります。
誤った取り扱いをしたときに、手や指などのケガの原因になります。
高温による火傷等の危険があります。
絶対に行わないでください。
修理時や調整等のメンテナンス作業の発生時や、落雷の可能性がある場合、電源プラグを電源
供給元のコンセントから必ず抜いてください。
必ずアース線を接続してください。
ミシンの正常なプーリー回転方向を示しています。
3.安全対策
③安全対策
(1)保守点検、修理時の安全確保
①用途、目的
当社工業用ミシンは、縫製業における品質や生産性の向上を目的と
●ミシンの検査、修理、清掃等のメンテナンス作業を行うときに
してご使用していただくように開発された商品です。
はミシンの電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから
したがって、上記目的に反した用途には絶対にご使用にならないで
抜いて、ミシンペダルを踏んでもミシンが動かないことを確認
ください。
してから、作業を行ってください。
ただし、ミシンに電源を投入中に作業を行う必要があるときは、
②使用環境
ミシンの不意の動きまたは、使用者の誤動作による危険を防止
するための安全作業手順を定めて、すべての安全のガイドライ
当社工業用ミシンは、ご使用になる環境によっては、ミシンの寿命
ンを遵守してください。
や機能・性能・安全性に悪影響を及ぼす場合があります。
●下記の作業は必ず電源スイッチを切り、電源プラグをコ
ンセントから抜いて行ってください。
安全のために、下記の環境条件でのご使用はお避けくださ
い。
・糸通し
2.薬品の蒸気が発散している空気中や、薬品が触れる場所での使用
・ミシンの掃除
・保管。
・針の取り替え
3.屋外や高温な場所、直射日光が当たるところ。
・オイルエレメントの点検と交換
4.ミシンに悪影響を及ぼす、雰囲気温度や湿度が多いところ。
・オイル交換
5.電圧変動が定格電圧の±10%を超えるところ。
6.電源容量が使用するコントローラ・モータ仕様の容量を、十分に
確保できないところ。
3
・給油
1.高周波ウェルダー等のノイズを発生するものの近辺。
●下記の作業は必ず電源スイッチを切ってから行ってください。
4.各使用段階における注意事項
・縫い目長さの調節
・差動比の調節
注意
●通常の保守点検、修理は、十分にミシンのメンテナンス訓練を受
けた方のみが行ってください。
●お客様独自の判断に基づく改造や変更は行わないでくだ
さい。
※改造や変更が必要な場合は、販売店もしくは当社営業所にご相談
ください。
①開 梱
1.ミシンヘッドの重さおよび運転時の反力に十分耐え得る強度を備
えたミシンテーブル(天板・金脚)をご使用ください。
2.ミシンヘッドを緩衝材から取り出すときは、絶対に針の付近や糸
道関連部品を持って取り出さないでください。ケガや機械破損の
原因になります。
3.ミシンヘッドを取り出す時には、重心の位置に注意して慎重に取
(2)運転前の点検事項
り出してください。
4.開梱後の使用済み段ボール等は、その後に二次輸送を行うことが
●ミシンの運転を行うときは、始業前にミシンヘッド・ミシンユニ
予想される場合には、利用のため大切に保管しておいてください。
ットについて点検し、損傷や機能不良等がないことをチェックし
てください。
梱包資材の処理
万一異常を認めたときには、直ちに修理、その他の必要な措置を
●梱包資材は、木・紙・段ボール・VCE繊維から成っています。
とってください。
梱包材はお客様で責任を持って、適切に処分していただくように
お願いします。
●針留が固定されていることを、必ず手で触って確認してください。
※針先に注意してください。
ミシン廃棄物の処理
1.ミシン廃棄物は、お客様の責任で処理を行ってください。
●ミシンを使用する前に、押ェが正しい位置にあることを必ず確認
してください。
(手でプーリーをゆっくり回して、
針先端が押ェの針落ち穴の中心に
きていることを確認してください。)
2.ミシンに使用されている材料は、鉄、アルミ、真鍮、各種プラス
チックです。
3.ミシン廃棄物は、地域の環境保護規定に従って処理してください。
必要に応じて、専門の業者に委託してください。
※油で汚れた部品等は、必ず地域の環境保護規定に従って個別に処
理してください。
お客様敷地内でのミシン移動
●お客様敷地内での移動に関しては、製造メーカーは責任を持ちま
せん。移動する際は、落下、転倒を避けるためにも、ミシンが傾
●押ェがきっちり止まっていることを必ず確認してください。
かないように注意してください。
(押ェ上げ機構を使って押ェを上げ
てから、手で前後左右に動かして
押ェが動かないことを確認してく
ださい。)
(3)教育、訓練
●事故防止のため、ミシンヘッドまたはミシンシステムのオペレー
ターや保守・修理等を行う要員は、作業を安全に行うための適正
な知識と技能を有することが必要です。
そのためには、管理者は事前にこれらの要員の教育計画を立案し、
実施する必要があります。
4
安全のために 必ずお読みください
警告
警告
②運 搬
ケーブル
1.ミシンヘッドの運搬は、必ず補助者と二人以上で作業を行ってく
1.ミシンヘッドとモーターを接続するケーブルのコネクターは、確
ださい。なお、人が持ち運ぶ運搬作業はテーブルや移送用の台車
実に固定してください。
への移し換え作業に限定し、それ以外の運搬作業には必ず台車を
ミシンヘッドとモーターをケーブルで接続するときは、電源スイ
使用してください。
2.ミシンヘッドの移動は右手で
プーリーをつかみ、アーム左
ッチは必ずOFFにした状態で作業を行ってください。
2.ケーブルは使用中に無理な力が加わらないようにしてください。
3.
ケーブルを過度に曲げないでください。
に左手をかけて、しっかり持
ってください。
ミシンや手に油が付いている
と、滑りやすく、落とす危険
がありますのでよく油を拭き
取ってください。
4.作動する機械部分(例えばプーリーやVベルト)の近くのケーブル
は、最小25mmの距離を取って接続してください。
5.必要に応じて接続位置やカバーによりケーブルを保護してくださ
い。
6.
ケーブルを止める時は、絶対にステープルを使用しないで
ください。漏電・火災の原因になります。
注意
3.テーブルへの移し換え時や台車での移送時には、過度の衝撃や振
動を加えないように注意してください。ミシンヘッドが転倒する
危険があります。
モーター
4.二次輸送等でミシンヘッドを再梱包する場合には、ミシンに付着
した油を十分に拭き取ってください。
運搬時に手が滑ってミシンヘッドが落下したり、油の浸潤により
梱包材が劣化して底が抜ける危険があります。
1.ミシンモーターの据え付けは、モーターメーカーの取扱説明書に
従って、正しく取り付けてください。
2.ベルトへの巻き込みの危険を防ぐためにも、巻き込み防止付きミ
シンモーターを選んでください。
注意
注意
③据え付け、準備
接 地
ミシンテーブル
1.接地方式はひとつのミシンシステムで専用接地とし、他の機器の
接地とは別系統にしてください。
1.ミシンヘッドの重さおよび運転時の反力に十分耐え得る強度を備
2.
ミシンヘッドの指定箇所に、確実に接地を行ってください。
えたミシンテーブル(天板・金脚)をご使用ください。
2.ミシンユニットの配置と作業エリアの明るさに十分考慮して、容
易に作業できる環境を整えてください。
十分な明るさが得られない場合には、必要に応じて照明灯等の措
置を取ってください。
3.ミシン運転時に、使用者が足を踏み外して誤操作する危険が生じ
警告
④ミシンオイルの取り扱い
ないように、ミシンテーブルの足操作用ペダルには滑り止めを設
けてください。
4.オペレーターの作業姿勢を考慮して、テーブル面の高さ(作業高
さ)を決定してください。
1.オイルパンに油を入れないうちは絶対に運転しないでください。
油は当社指定の「HIGH SPEED SEWING MACHINE OIL 」
または相当品の「エッソテックス SM22 (Exxon Mobil 製)」
をご使用ください。
2.オイルが目に入ると炎症を起こすことがあります。取り扱う際に
は保護眼鏡を使用する等目に入らないようにしてください。
※万一目に入った場合は、清浄な水で15分間洗浄し、医師の診断
を受けてください。
5
3.オイルが皮膚に触れた場合は、すぐに水と石鹸で十分に洗ってく
ださい。
4.
オイルは絶対に飲み込まないでください。
2.
ミシン運転中は危険ですから、絶対に針の下に手を入れな
いでください。
3.クラッチ式モーターをご使用の場合は、電源スイッチを切った後
もモーターは暫く回り続けます。ミシンペダルを踏むとミシンが
5.オイルは子供の手の届かない所に保管してください。
作動し危険ですので、注意してください。
※万一飲み込んだ場合は、無理に吐かずに、直ちに医師の診断を受
けてください。
6.廃油・廃容器の処理方法は法令で義務づけられています。法令に
従い適正に処理してください。不明な場合は購入先にご相談の上
処理してください。
7.オイルの保管方法はゴミ、水分等の混入防止のため使用後は密栓
してください。直射日光を避け、暗所に保管してください。
4.
ミシン運転中は危険ですから、絶対にプーリー、Vベルト、
モータープーリー、糸繰り、針棒付近に、指・頭髪・ピンセッ
ト・工具等を絶対に置かないでください。
5.
FT装置付きミシンを使用する場合は、手や指をFT部に極
度に近づけないでください。特に縫製中は事故につながり、たい
へん危険です。
6.ミシンを使用しないときや作業者がミシンを離れるときは、必ず
電源スイッチを切ってください。
警告
7.停電したときは、必ず電源を切ってください。
8.ミシンの運転を行うときは、機械に巻き込まれないような服装で
ご使用ください。
⑤ミシン運転前の注意
9.
ミシンテーブル
ミシン運転中は、ミシンテーブルの上に道具や工具、その
他縫製に必要のない物を置かないでください。
1.電源を投入する前に、ケーブルやコネクターに損傷や脱落、緩み
注意
等の外観上の異常がないことを確認してください。
2.
電源スイッチを入れる際には、針の付近やプーリーには絶
対に手を近づけないでください。
⑦保守、点検、修理
3.はじめてミシンを運転する
場合、電源スイッチを入れ
てミシンのプーリー回転方
1.保守、点検、修理の作業は特別に訓練を受けた人が本書及び使用
説明書の内容を理解したうえで、作業を行ってください。
向を確認してください。
ミシンの正回転は、プーリー
側からみて右回りです。
2.
保守、点検、修理のためにミシンヘッドを倒す必要がある
時は、必ず電源スイッチを切り、電源プラグからコンセントを抜
いて、ミシンペダルを踏んでも、ミシンが動かないことを必ず確
認してから、作業を行ってください。
3.
Vベルトの取り付け、取り外しを行うときは、必ず電源ス
イッチを切り、ミシンペダルを踏んでも、ミシンが動かないこと
4.ミシンの操作にあたっては、適切な訓練を受けた使用者が、本使
用説明書の内容を十分理解したうえで、ご使用ください。
5.ミシンヘッドの危険表示や警告表示の内容について
「2.警告表示」の項を熟読してよく理解し、必要に応じて使用者
に対する安全教育を行ってください。
6.最初の1ヶ月間は縫い速度を落とし、最高回転数の3/4以下の
回転数でご使用ください。
を必ず確認してから、作業を行ってください。
4.ミシンヘッドに関する日常および定期点検は、本書及び使用説明
書に従って確実に行ってください。
5.ミシンの修理や部品交換は、当社の純正部品をご使用ください。
不適切な修理・調整および非純正部品による事故に対しては、当
社は責任を負いません。
6.お客様独自の判断に基づくミシンの改造は行わないでください。
改造によって発生した事故に対しては、当社は責任を負いません。
7.一時的に取り外した安全装置、安全カバーがあれば、作業の終了
警告
後に必ず元通りに取り付けてください。
8.保守、点検、修理の作業終了後は、電源投入による危険がないこ
とを確認してください。
⑥ミシン運転中の注意
1.
アイガード、フィンガーガード、プーリーカバー等の安全
装置を取り外した状態で、ミシンを運転しないでください。
6
安全のために 必ずお読みください
5.警告ラベルの貼り付け位置と
安全保護装置
プーリーカバー
アイガード
差し板
フィンガーガード
7
前カバー
6.安全保護装置
(6)前カバー
開けるな
この項では、各安全保護装置について知っていただきたい、部分毎
の注意事項を記載しています。
ルーパーの運動は、ミシン正面から見たとき、左右往復の円弧運動
を行っています。
この円弧運動するルーパーと、人との接触を避けるためにも、必ず
注意
安全保護装置
前カバーを閉めた状態でミシンを操作してください。
(7)差し板
開けるな
(1)アイガード
開けるな
目の安全の為にも、絶対にアイガードが開いた状態でミシンを操作
下繰りは、縫製の際に必要な量の下糸を引き出すために、回転運動
しています。この回転運動する下糸繰りと、人との接触を避けるた
めにも、必ず差し板を閉めた状態でミシンを操作してください。
しないでください。
縫製中に針が折れた際に、目に針の折れたかけらが飛んでこないよ
うに、アイガードが取り付けられています。
(2)フィンガーガード
指を入れるな
上下運動する針と、人との接触の危険を避けるため、針付近にフィ
ンガーガードが取り付けられています。
しかしながら、フィンガーガード上方には、簡単に針に糸を通せる
ように配慮された隙間がありますので、この隙間に指を入れると針
が手を突き刺してしまう危険があります。
(3)プーリーカバー
はずすな
ミシンプーリーとVベルトは、プーリーカバーで覆われています。
縫製中(特に高速運転中)は回転しますので、人との接触の危険を避
けるためにも、プーリーカバーは必ず取り付けた状態にしておいて
ください。
(4)プーリー
ミシンのプーリーの回転方向を確認してください。正しい回転方向
は、プーリー側からみて右回りです。
(5)押ェ
指を入れるな
針板上面からの押ェの上がり量は5mm以上になりますので、この
間に指が挟みこまれてしまう危険があります。
膝スイッチによる押ェ上げ操作や、ペダルによる自動押ェ上げ操作
を行う場合は、押ェの下に指を入れないでください。
8
10
R
R
B
C
361
C-C 断面
262
234
R
A
121
φ38
159
60°
3-φ9
10
R
23
316
284
247
372
注1)UT装置を取付ける場合は、 A 部をカットしてください。
注2)FT装置付ミシンを取付ける場合は、 B
部をカットしてください。
注3)モ−タ−取付穴(3-φ9)の位置寸法は、ナショナル・三菱・日立用です。
C
10
69
48
32
223
R
10
35
23
70
23
R
80
20
10
R
99
10
R
40
33 15
2
R
10
10
R
203
15
(標準寸法)
50
3
140
2-φ9
75
75
312
357
72
102
66
33
23
φ19.5
75
R
2-
φ25.5
15
R
300
φ13
9
R
(4ヶ所)
409
テーブル加工図
図を参照して、テーブルを加工してください
据付台の組立
図を参照して、据付台を組み立ててください。
組立にあたっては緩みやガタ付きがないように、確実に行ってくだ
さい。
ミシンの据付
注意
ミシンの据付を行う時は、必ずミシンの電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜いてください。
2cm
ミシンを据付台に乗せてから、Vベルトをかけてください。
Vベルトの中間を指で押して約2cm程ベルトがたわむようにミシン
モーターの位置を調節してください。
ベルトカバーの取付
注意
ベルトカバーの取付けを行う時は、必ずミシンの電源スイッ
チを切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
1
右図を参照してベルトカバー 1 をネジ 2 でミシンに取付けてくだ
さい。
ミシンの回転方向
ミシンの回転方向は、プーリー側からみて右回りです。
2
10
給油について
注意
H
ING
EW OIL
S
D INE
EE
SP A CH
H
M
G
I
オイルの給油、交換を行うときは必ず当社指定のオイルをご
使用ください。指定以外のオイルをご使用になられますとミシンが
損傷する恐れがあります。
1
1. 使用油
当社指定の「HIGH SPEED SEWING MACHINE OIL 」または
H
相当品の「エッソテックス SM22 (Exxon Mobil 製)」をご使用
ください。
2. 給油のしかた
2
L
給油口蓋 1 を外し、油面がH線とL線の間にくるように入れてくだ
さい。
作業が終わったら注油口蓋 1 を取り付けてください。
3. 油の規定量
オイルゲージ 2 のHとLは、油量の上限と下限を示しています。
油面を常に、線HとLの間に保つように給油してください。
4. 手差し注油
注意
3
手差し注油を行う時は、必ずミシンの電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜いてください。
はじめてミシンをお使いになる時と、しばらく使用しなかったミシ
ンをお使いになるときは、油差しで2∼3滴ずつ、針棒 3 に給油し
てください。
HIGH SPEED SEWING
MACHINE OIL
3
5. オイル循環の確認
給油が終わった後、ミシンペダルを踏み、ミシンを回転させて、オ
イル窓 4 でオイルが循環していることを確認してください。
11
4
HR装置への給油
注意
HR装置への給油を行う時は、必ずミシンの電源スイッチを
切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
HR装置のシリコンタンク 1 ・ 2 には、糸切れ防止のために、シ
リコンオイルがきれることのないように早めに補給してください。
1
2
12
糸の通し方
注意
糸通しを行う時は、必ずミシンの電源スイッチを切り、電源
プラグをコンセントから抜いてください。
6
1.
アイガード 1 と、カバー 2・3・4を開けてください。
2
5
1
3
6
4
2.
レバー 5 を、押してください。下糸繰り台 6 が手前に出てき
ます。糸を通した後、元の位置へ戻すときは、下糸繰り台 6
を押し込んでください。
3.
(あらかじめ糸が通してある場合)
ミシンに糸が通っていない場合には、糸通し図を見て正しく糸を通
してください。(14頁)
A
A部:あらかじめ通してある糸に
縫製用の糸を結んでください。
B部:針糸
糸の結び目を針の手前まで
引き出し、一旦結び目を
切り落としてから改めて
針に通し直してください。
C部:ルーパー糸、上飾り糸
結び目が出てくるまで
糸を引き出してから、
先端をハサミで切り
B
揃えてください。
C
13
4.
糸通し図
1 ⃝
1
⃝
2 ⃝
2
⃝
A
A
⃝
⃝
B
B
⃝
⃝
C
C
⃝
⃝
伸びの大きい糸を通す場合。=
A
伸びの大きい糸を通す場合。=
A
D
D
⃝
⃝
飾り糸がゆるみすぎる場合=
B
飾り糸がゆるみすぎる場合=
B
B に通してもゆるみすぎる場合=
C
B に通してもゆるみすぎる場合=
C
飾り糸がしまりすぎる場合=
D
飾り糸がしまりすぎる
1 ⃝
1
⃝
通常の糸通し
通常の糸通し
3
⃝
2 ⃝
2
⃝
3
⃝
4 ⃝
4
⃝
伸びの大きい糸を
通す場合。
3
⃝
伸びの小さい糸を
通す場合。
5 ⃝
5
⃝
4
⃝
伸びの大きい糸を通す場合。= E
5
⃝
E
⃝
E
⃝
14
押ェ圧力の調節
2
押ェ圧力は、送りが正確にはたらき、安定した縫い目が得られる範
弱
囲で、できるだけ弱い圧力でご使用ください。
強
ナット 1 を緩めて、ネジ 2 を回して調節し、ナット 1 を締めてく
ださい。
1
差動比の調節
1.
ナット 3 を緩めて、レバー 4 を下げると、差動比が大きくな
り、縫い上がった生地は縮みます。レバー 4 を上げると差動
比は小さくなり、縫い上がった生地は伸びます。
3
2.
調節が終わったら、ナット 3 を締めてください。
伸びる
4
縮む
縫い目長さの調節
粗くなる
A
注意
縫い目長さの調節を行う時は、必ずミシンの電源スイッチを
切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
1.
細かくなる
プッシュボタン 5 を軽く押しながらハンドホイール 6 を回す
と、プッシュボタンが一段奥へ入ります。
5
2.
プッシュボタン 5 を押したまま、ハンドホイール 6 を回して、
合い印 A に希望する目盛りを合わせてください。
注
縫い目長さの調節は必ず差動比の調節の後に、行ってください。
15
6
糸調子の調節
糸調子は針糸調子ナット 1 、上飾り糸調子ナット 2 、下ルーパー
調子ナット 3 で調節してください。
締まる
緩む
1
糸のしまり具合を強くする場合は各ナットを右へ、弱くする場合は
左へ回してバランスのとれた美しい縫い上がりが得られる範囲で、
できるだけ弱く調節してください。
2
3
ミシンの掃除
注意
ミシンの掃除を行う時は、必ずミシンの電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜いてください。
1.
5
7
6
前カバー 4 と差し板 5 を開け、ネジ 6 を緩めて針板 7 を外
してください。
2.
針板の溝と送り歯周辺を掃除してください。
3.
針板 7 をネジ 6 で取り付け、前カバー 4 と差し板 5 を閉め
てください。
4
16
針の取り替え
OK!
NO!
注意
針の取り替えを行う時は、必ずミシンの電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜いてください。
1.
赤い柄(1.5mm)のキーレンチを使って、止めネジ 1 を緩め
てください。
2.
古い針を付属工具のピンセットを使って取り外してください。
3.
針は、エグリをミシンの後方に向けて取付けます。
4.
新しい針をピンセットで取付穴の奥に止まるまで差し込んで
OK! NO!
ください。
5.
赤い柄のキーレンチ(1.5mm)を使って、止めネジ 1 を締め
エグリ部分
てください。
1
油の交換
ミシンを使いはじめてから1ヶ月後に、その後は6ヶ月ごとに油を
交換してください。
汚れた油をそのまま使用されますとミシンの故障の原因となる恐れ
があります。
2
排油のしかた
1.
オイルパンの排油穴蓋ネジ 2 を外して、油を抜き取ってくだ
さい。
2.
17
作業が終わったら排油穴蓋ネジ 2 を締めてください。
オイルフィルターの点検と清掃
2
注意
フィルターの点検を行う時は、必ずミシンの電源スイッチを
切り、電源プラグをコンセントから抜いて、専門技術者が行ってく
ださい。
オイルフィルターは、6ヶ月ごとに外して点検または、清掃してく
ださい。
1.
2.
3.
3
ネジ 1・2 を外して、オイルパン 3 を外してください。
ネジ 4 を緩めて、フィルター(内) 5 とフィルター(外) 6 を外
して、点検または、清掃を行ってください。
1
オイルパン 3 、フィルター(内) 5 とフィルター(外) 6 を元の
通りに取り付けてください。
4
5
6
18
19
9
65
Nm
ドイツ番手(シュメッツ)
9.3
9.4
8.5
8.1
9.3∼9.8
9.8
9.3
9.4
8.5
8.1
9.3
8.5
8.1
9.8
9.3
8.9
8.5
8.1
9.3
8.9
8.5
8.1
9.3
8.8
♯
240
348
356
364
460
232
240
348
356
364
240
356
364
232
240
248
356
364
240
248
356
364
356
364
×□□□
日本番手(オルガン)
針番手対照表
CW562-21BB
CW562-08AC
CW562-05CB
CW562-03DB
CW562-01DB
CW562-02GB
CW562-01GB
調整基準数値
70
10
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
2.8∼3.1
4.4∼4.7
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
4.0∼4.3
3.2∼3.5
2.8∼3.1
4.4∼4.7
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
3.7∼4.0
3.3∼3.6
75
11
90
14
8.3∼8.7
8.8∼9.2
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.7∼9.2
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.8∼9.2
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
9.7∼10.2
9.7∼10.2
100
16
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.8∼5.2
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
110
18
130
21
17.0
17.0
17.0
17.0
17.2
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
CW562N-01GB
-01DB
-02GB
-03DB
-05CB
-08AC
-21BB
標準使用針
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
1.2∼1.5
1.2∼1.5
9S
9S
10S
10S
10S
240
348
356
364
オルガン
UY128GAS
232
×□□□
(mm)
CW500N シリーズサブクラス仕様表
CW500N Series
用途
サブクラス
針数
糸数
(本) (本)
針巾(mm)
最大縫い
目長さ
(mm)
差動比
押ェ上
がり量
(mm)
最高
回転数
(r.p.m.)
2
4
4
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
4.8・5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
5
6
6
3.3
0.7∼1.3
5.5
4,200
2
4
3.2・4
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
4.8・5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
2
4
4
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
2
4
3.2・4・4.8
4.4
0.5∼1.0
5.3
5,500
(MD付5,000)
3
5
5.6・6.4
4.4
0.5∼1.0
5
5,500
(MD付5,000)
2
4
4・4.8
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
3
5
5.6・6.4
3.3
0.7∼2.0
7
5,000
備考
CW562N-01GB
基本縫い
CW562N-01DB
テープ取り
カバーリング
レースゴム付け
裾伏せ
厚物縫い
CW562N-02GB
CW562N-03DB
CW562N-05CB
CW562N-08AC
CW562N-21BB
※ 差動比を 1 : 1.3 以上にする場合は、主送り運動量を3.2mm以下にしてください。
縫目形式
602, 605
乾燥重量
41.5Kg
使用針
UY128GAS #9S
UY128GAS #10S
総重量
47.5Kg
本体寸法 (WxDxH)
W : 495mm D : 280mm H : 414mm
騒音値
n=5,400rpm : LpA≦82.0dB
DIN 45635 48A-1 準拠
20
Be sure to study very carefully
for safety.
Copyright@@@@@@@@@@@@@@@@
●This instruction manual may not be reproduced, transcribed, transmitted, distributed or translated into any
language, in whole or part, in any form or through a paper or electronic medium, without the prior written
permission from Pegasus Sewing Machine Mfg. Co., Ltd.
●Disclaimer
The contents described in this instruction manual are intended for giving information and subject to change
without notice. We assume no responsibility for these information, and any errors and/or incorrect descriptions
that may appear in this instruction manual.
●Pegasus Sewing Machine Mfg. Co., Ltd. has a policy that we always modify the performance and/or
specifications of this product introducing the state-of-the-art technology. Accordingly we reserve the right to
change the specifications and/or design without notice.
●This instruction manual is valid for all the models and subclasses listed in the chapter "Specifications."
Directives@@@@@@@@@@@@@@@@
This machine is constructed in accordance with the European regulations contained in the conformity and
manufacturer's declarations. In addition to this instruction manual, strictly observe all the generally accepted,
statutory regulations, legal requirements and all the environmental protection regulations.
Also rigidly adhere to the regionally valid regulations of the social insurance society for occupational accidents or
other supervisory organizations.
21
[email protected]@@@@@@@@@@@@@
●This is the instruction manual that describes how to use this product safely.
●Read this instruction manual and learn very carefully how to operate, adjust and service this sewing machine
before beginning any of the procedures.
●You should realize first that there is always the risk of contacting moving parts, such as needles because you
have to work at point-blank range to them when you are operating industrial sewing machines.
For safety it is essential that we supply safe products and you use them correctly and safely.
There may be some safety measures that you yourself must take.
Therefore, you should read and understand very carefully this instruction manual together with that of the driving
equipment and take necessary safety measures in order to use this machine efficiently and effectively.
2.Indications of dangers, warnings and [email protected]
To prevent accidents and ensure safety, warning indications which show the degree of danger are used on our
products and in this manual.
Study the contents of these indications carefully and follow all warnings and instructions.
Indication labels should be found easily.
Attach new labels when they are stained or removed.
Contact our sales office when new labels are needed.
Symbols, signs and/or signal words which
attract users' attention
DANGER
Indicates an immediate hazard to life or limb.
WARNING
Indicates a potential hazard to life or limb.
CAUTION
Indicates a possible mistake that could result in injury or damage.
22
Be sure to study very carefully
for safety.
Symbols and messages
Be sure to follow the instructions when you operate the machine and/or labor saving device.
If you use the machine and/or labor saving device incorrectly, you may get an electrical shock.
If you use the machine and/or labor saving device incorrectly, your hands and/or fingers may
be injured.
Indicates a danger of burn injury due to high temperature.
Never do this.
Unplug the machine or shut off the power when checking, adjusting and/or repairing the
machine and/or labor saving device, or when lightning may strike.
Be sure to ground the machine and labor saving device securely.
Denotes the normal rotating direction of the machine pully.
5.Do not use the machine on the condition that the voltage fluctua-
3.Safety precautions
tion range is more than ± 10% of the rated voltage.
6.Do not use the machine in the place where the supply voltage
①Applications, purpose
Our industrial sewing machines have been developed in order to
specified for the control motor cannot be properly obtained.
③Safety measures
increase quality and/or production in the sewing industry.
Accordingly never use our products for other than intended use
(1)Safety precautions when you perform maintenance on
the machine.
described above.
●Always turn off the power, unplug the machine and then make
②Circumstances
sure that the machine does not run by pressing the treadle
before performing any maintenance, such as checking, repairing,
The environment in which our industrial sewing machines are used
cleaning, etc. However, if you need to perform these procedures
may seriously affect their lives, functions, performance and/or
with the power on, to prevent accidents due to the unexpected
safety.
start of the machine and users' misoperation, estabish your oun
procedures for safety and follow them.
For safety, do not use the machine under the
circumstances below.
●Always turn off the power and unplug the machine
before performing the procedures shown below.
1.Do not use the machine near objects which make noise such as a
high-frequency welder, etc.
2.Do not use or store the machine in the air which has vapor from
chemicals, or do not expose the device to chemicals.
3.Do not leave the machine outside, in high temperatures or the
direct sun.
4.Do not use the machine in the places of high ambient
temperature and humidity that seriously affects sewing machines.
23
・Lubrication
・Threading
・Cleaning
・Replacing the needle
・Checking/replacing the oil element
・Replacing the oil
●Always turn off the power before performing the procedures
4.Notes for each procedure
shown below.
・Adjusting the stitch length
・Adjusting the differential feed ratio
●Only well-trained people should perform routine daily
maintenance and/or repair the machine.
CAUTION
①Unpacking
1.The machine is packaged in a cardboard box before shipping.
Unpack your machine in orderly sequence while checking them
●Do not modify the machine yourself.
right-side up by referring to the indications, such as logo, etc.
printed on the boxes.
※Consult your local Pegasus' sales office or representative for
modification.
2.Never hold the area near the needle and/or thread guide related
parts when taking out the machine from the cushion.
Otherwise it may cause injury and/or damage to the machine.
3.Take out the machine very carefully while checking the position of
the center of the gravity.
(2)Before operating the machine
4.Keep the cardboard box and packing carefully in case secondary
transport is needed in the future.
●Check the machine head and unit for any damage and/or faulty
function at the start of each day.
Disposal of the packaging
If there should be something wrong with the machine,
●The packaging material of the machine consists of wood, paper,
immediately perform repairs and/or other necessary procedures.
cardboard and VCE fiber. The proper disposal of the packaging
is the responsibility of the customer.
●Check by hand to see if the needle holder is secured.
※Be careful of the needle point.
●Before starting the machine, make sure that the presser foot is
positioned correctly (turn the machine pulley slowly by hand to
see if the needle point is centered in the needle drop hole on the
presser foot).
Disposal of machine waste
1.The proper disposal of machine waste is the responsibility of the
customer.
2.The materials used on the machines are steel, aluminum, brass
and various plastics.
3.The machine waste is to be disposed of in accordance with the
locally valid environmental protection regulations. A specialist
should be commissioned if necessary.
※The parts contaminated with lubricants should be disposed off
separately according to the locally valid environmental protection
regulations.
Transport within the customer's premises
●The manufacturer assumes no liability for transport within the
●Check to see if the presser foot is secured (raise the presser foot
by the foot lifter and press it by hand front to back and left to
customer's premises. Care should be taken to transport the
machine in an upright position avoiding it from dropping or falling
down to the ground when it is moved.
right).
(3)Training
●To prevent accidents, operators and service/maintenance
personnel should have proper knowledge and skills for safe
operation.
To ensure so, managers must design and conduct training for
these people.
24
Be sure to study very carefully
for safety.
WARNING
WARNING
Cables
②Transportation
1.When connecting the cables between the machine and the motor,
1.The machine should be carried by at least more than two people
be sure to turn off the power and connect each cable connectors
when it is mounted on the table and/or a hand truck.
Be sure to use a hand truck for other transportation.
2.To carry the machine, hold
the machine pulley tightly
with your right hand and the
securely.
2.Do not strain the cables in use.
3.
Do not bend the cables excessively.
4.When connecting the cables that are close to the moving parts,
machine arm with your left
such as pulley or V belt, keep a distance of 25mm at least
upper arm.
between them.
If the machine and/or your
5.Protect each cable using a cover or adjusting its position if
necessary.
hands are stained with oil,
the machine may be easy to
6.
slip out of your hands and
Never use staples to fasten the cables.
Otherwise it causes a short circuit and/or a fire.
fall to the floor.
Therefore, wipe off the oil carefully.
CAUTION
3.Care should be taken to avoid excessive shock and shake when
the machine is mounted on the table and/or transferred using a
hand truck. Otherwise the machine may fall down.
Motor
4.Wipe off the oil from the machine before packaging it again for
secondary transport. Otherwise the machine may easily slip out
1.Install the machine motor correctly by referring to the instruction
of your hands or the bottom of the box may come off while in
transit.
manual supplied by the manufacturer.
2.Select the machine motor equipped with the pulley cover so that
any part of your body etc. is not caught in the belt.
CAUTION
CAUTION
③Installation, preparation
Ground
Machine table
1.Connect each of the ground wires in the sewing machine system
to the ground terminal. Do not connect to another devices'.
1.Use the machine table (table board, metal legs) that completely
carries the machine and is fully resistant to warping while the
machine is running.
2.
Connect the ground wires securely to the indicated ground
points on the machine head.
2.Arrange the working environment for easy operation by
considering where to place the machine and the brightness
around the working area. If the illumination is insufficient, control
or change lighting as required.
WARNING
3.Attach a non-slip pad to the treadle (foot switch).
Otherwise the operator may slip off the treadle while running the
④Handling machine oil
machine, causing trouble.
4.Adjust the height of the table according to a working posture of
the operator.
1.Never start the machine with no oil in the reservoir.
Use the following oil.
Pegasus designated oil: HIGH SPEED SEWING MACHINE OIL
or Equivalents: ESSOTEX SM22 manufactured by Exxon Mobil.
2.If machine oil gets in your eyes, it may cause eye irritation.
To prevent the machine oil from getting in your eyes, wear a pair
of protective glasses.
※Should machine oil gets in your eyes, wash them with fresh water
for 15 minutes and then go to see a doctor.
25
3.Avoid skin contact. Immediately wash contacted areas
completely with water and soap.
4.
Never swallow machine oil.
5.Keep machine oil out of the reach of children.
3.A clutch motor keeps on running for a while after the power is
turned off. Therefore, be careful even after the power is turned
off as the machine could start running by pressing the machine
treadle.
4.
※If swallowed, do not induce vomiting.
Immediately go to see a doctor.
6.Dispose of the waste oil and/or containers properly as demanded
by law. If you have further questions on its disposal, consult the
store or shop at which you purchased it.
7.After opening the oil container, be sure to seal it to prevent dust
and water from getting into the oil and keep it in the dark to avoid
direct sunlight.
WARNING
To prevent accidents, never bring any part of your fingers,
hair and clothes near the machine pulley, V belt, motor pulley,
thread take-up and needle bar. Also never leave scissors,
tweezers, tools, etc. around these areas.
5.
If you use the machine with the FT device, do not bring any
part of your hands and fingers too close to the FT during sewing.
Otherwise it may cause accidents and physical in jury.
6.Always turn off the power while the machine is not used or before
leaving the machine table.
7.In the event of a power failure, be sure to turn off the power.
8.While operating the machine, wear clothes that cannot be caught
in the machine.
9.
Do not put any tools or other unnecessary objects on the
machine table while running the machine.
⑤Before starting the machine
Machine table
CAUTION
1.Before turning the power on, visually check the cables and
connectors for defective conditions, such as damage,
⑦Maintenance, Check, Repair
disconnection and/or loosening.
2.Never bring your hands close to the needle and/or pulley when
turning on the power.
3.When the machine is used
for the first time, turn on the
1.Well trained people should perform maintenance, check and
repair of the machine after studying these precautions and the
instruction manual carefully.
2.
power and then check the
rotating direction of the
machine pulley.
The machine pulley should
turn clockwise as seen
from the machine pulley.
4.Well trained operators should use the machine after studying
these precautions and the instruction manual carefully.
5.Regarding symbols that indicate a danger or a warning, read and
study "2. Waning indications" carefully and give training on safety
to the operators as required.
6.Run the machine at the speed less than 3/4 of its maximum for
the first one month.
WARNING
If it is necessary to lay the machine backward for
maintenance, check and repair, always turn off the power, unplug
the machine and press the treadle to make sure that the machine
dose not operate before beginning any of the procedures.
3.
Before installing/removing the V belt, always turn off the
power, unplug the machine and press the treadle to make sure
the machine does not operate.
4.Carry out daily maintenance work and periodical inspections
properly by following these precautions and the instruction
manual.
5.Employ Pegasus' genuine parts when repairing the machine
and/or replacing the parts. We are not responsible for accidents
caused by any improper repair/adjustment and substituting other
parts for thoes manufactured by Pegasus.
6.Do not attempt to modify the machine at your own discretion.
We are not responsible for accidents caused by the modification.
7.Be sure to replace the safety devices and/or safety covers that
are temporarily removed for maintenance and/or adjustment.
8.After performing maintenance, check and repair, make sure that
turning on the power does not pose any danger to you.
⑥Precautions while you are running the machine
1.
Do not run the machine with the safety devices removed,
such as eye guard, finger guard, pulley cover, etc.
2.
Never bring your hands under the needle while running the
machine.
26
Be sure to study very carefully
for safety.
5.Location of warning labels and safety devices
Pulley cover
Eye guard
Sliding plate
Finger guard
27
Front cover
6.Protectors for safety
(7) Sliding plate
Never leave the sliding plate open.
This chapter describes each protector for safety. Therefore, read
and study the following carefully.
The looper thread take-up rotates in order to supply the required
amount of looper thread during sewing. To prevent the looper
thread take-up from contacting any of your body, be sure to operate
CAUTION
the machine with the sliding plate closed securely.
Protectors for safety
(1) Eye guard
Never leave the eye guard open.
For the safety of eyes, do not operate the machine with the eye
guard open. The eye guard will prevent any pieces of the broken
needle from getting into your eyes if the needle should break during
sewing.
(2) Finger guard
Never insert any of your fingers.
To prevent the needle that moves up and down from contacting any
of your body, the finger guard is installed close to the needle.
However, there is clearance above the finger guard for easy
threading. Be careful that the needle may penetrate any of your
fingers if you insert it into this clearance.
(3) Pulley cover
Never remove.
The machine pulley and V belt are covered with the pulley cover.
The machine pulley and the V belt rotate at high speed during
sewing. To prevent accidents, operate the machine with the pulley
cover installed in place.
(4) Pulley
Check the direction in which the machine pulley rotates.
It should rotate clockwise as seen from the pulley.
(5) Presser foot
Never insert any of your fingers.
There is a clearance of more than 5mm between the top
surface of the needle plate and the presser foot.
Be careful that none of your fingers are caught in this clearance.
Never insert any of your fingers under the presser foot when raising
the presser foot with the knee switch or automatically raising it with
the treadle.
(6)Front cover
Never leave the front cover open.
The looper travels left to right while drawing an arc as seen from the
front of the machine. To prevent the looper from contacting any
part of your body, be sure to operate the machine with the front
cover closed securely.
28
10
R
R
B
23
R
C
3-φ9
361
262
234
10
R
23
A
121
φ38
35
316
284
247
372
2
70
R
23
80
20
10
R
99
10
R
40
33 15
C-C Cross section
Note 1) If you use UT device, cut area A .
Note 2) If the machine is equipped with FT device, cut area B .
Note 3) The dimension is used for positioning the hole (3-φ9) for Panaís,
Mitsubishiís or Hitachiís motor installation.
C
10
69
48
32
223
R
10
66
33
23
R
R
10
10
R
75
15
φ19.5
203
(Standard)
50
3
140
2-φ9
300
75
312
357
159
60°
R
272
102
15
75
R
φ25.5
29
φ13
409
Schematic diagram of the machine table
Cut the table referring to the diagram.
(4 points)
Assembling the machine rest board
Assemble the components comprising the machine rest board by
referring to the illustration below. Be sure to secure all rods, nuts
and bolts firmly with no shake.
Sewing machine installation
CAUTION
Always turn off the power, unplug the machine and then wellqualified technicians should install the machine.
Mount the machine on the machine rest board first. Put the V belt
2cm
in place. Position the machine motor so that an approx. 2cm
deflection can be obtained by pressing the center of the belt
(see the illustration).
Installing the belt cover
CAUTION
Always turn off the power, unplug the machine and then wellqualified technicians should install the belt cover.
Install belt cover 1 on the machine with screws 2.
1
Operating direction of the machine pulley
The machine pulley rotates clockwise as seen from the end of the
machine pulley.
2
30
Lubrication
CAUTION
H
ING
EW OIL
S
D INE
EE
SP A CH
H
M
G
I
When lubricating the machine and/or replacing the oil, use
Pegasus recommended oil. Using other oils may damage the
machine.
1
1. Oil
Use the following oil.
Pegasus designated oil: HIGH SPEED SEWING MACHINE OIL
H
orEquivalents: ESSOTEX SM22 manufactured by Exxon Mobil.
2. To fill the machine with oil
2
Remove cap 1.
L
Add the oil until the oil level (see oil gauge 2) reaches (H).
After filling the tank with oil, replace cap 1.
3. Required amount of oil
(H) on oil gauge 2: Upper limit
(L ) on oil gauge 2: Lower limit
The oil level should always lie between (H) and (L).
4. Manual lubrication
CAUTION
3
Always turn off the power and unplug the machine when you
apply oil by hand.
Apply two or three drops of oil to needle bar 3 by
hand when the machine is used for the first time or left unused for
some time.
HIGH SPEED SEWING
MACHINE OIL
3
5. Checking oil circulation
Once the machine has been properly filled with oil, press the
machine treadle to run the machine and check oil gauge
window 4 to see if the oil is flowing.
31
4
Silicone oil for H.R. device
CAUTION
Always turn off the power and unplug the machine when you
fill the HR device with silicone oil.
Fill silicone oil tanks 1, 2 with silicone oil.
To prevent thread breakage or fabric damage, add the silicone oil
1
before it is too low.
2
32
Threading
CAUTION
Always turn off the power and unplug the machine when you
thread the machine.
6
1.
Open eye guard 1 and covers 2 , 3 and 4.
2
5
3
1
6
4
2.
3.
Press lever 5 and bracket 6 comes out toward you. After
threading, press bracket 6 into place.
In case the machine is threaded previously
Be sure to thread the machine correctly by referring to the threading
diagram. (See page 34)
A:Knot the preset thread and the t
A
hread being used together to thread
the machine.
B:Needle
thread
Trim the knots off neatly before
passing through the eye of the
needle to thread.
C:Looper
thread,
Top cover thread
Trim the knots off neatly after
passing through the eye
B
of the looper.
C
33
4.
Threading diagram
1
⃝
2
⃝
A
⃝
B
⃝
A : For more stretchable thread.
⃝
D
⃝
C
⃝
If the top cover thread is too loose, thread the guide by
B . If the top cover thread is still too
referring to line ⃝
C .
loose, thread the guide by referring to line ⃝
If the top cover thread is too
tight, thread the guide by referring
D .
to line ⃝
1
⃝
Normal threading
2
⃝
3
⃝
4
⃝
3
⃝
For more stretchable
thread.
For less stretchable threads
5
⃝
4
⃝
E : For more stretchable thread.
⃝
5
⃝
E
⃝
E
⃝
34
Adjusting presser foot pressure
2
The presser foot pressure should be as light as possible, yet
Light
sufficient to feed the fabric correctly and provide the uniform stitch
Heavy
formation.
1
Loosen nut 1. Adjust the presser foot pressure. Adjustment is
made by turning screw 2 clockwise or counterclockwise.
Tighten nut 1.
Adjusting the differential feed ratio
1.
2.
Loosen nut 3 for the differential feed ratio adjustment.
To increase the differential feed ratio, lower lever 4.
The finished fabric is shrunk.
To decrease the differential feed ratio, raise lever 4.
The finished fabric is stretched.
3
To stretch
After this adjustment tighten nut 3.
4
To shrink
Coarse
Adjusting stitch length
A
CAUTION
Always turn off the power and unplug the machine when
adjusting the stitch length.
1.
2.
While pressing the push button 5, turn the handwheel 6 to
seek the position at which the push button 5 goes further into
the depth.
Then, keeping the push button 5 pressed, turn the handwheel
6 and set the desired scale to the aligning mark A.
Note
Stitch length adjustment must only be made after the differential
feed ratio has been changed.
35
Fine
5
6
Adjusting the thread tension
To obtain the proper thread tension, adjust needle thread tension
knobs 1, top cover thread tension knobs 2 and looper thread
tension knob 3.
To tighten
To loosen
1
To tighten the thread, turn each knob clockwise.
To loosen the thread, turn each knob counterclockwise.
2
Each thread tension should be as light as possible, yet be sufficient
to produce balanced and beautiful stitches.
3
Cleaning the machine
CAUTION
Always turn off the power and unplug the machine when you
clean the machine.
1.
2.
3.
5
7
6
Open front cover 4 and slide plate 5. Loosen screws 6 and
remove needle plate 7.
Clean the grooves of the needle plate and the area around the
feed dogs.
Replace needle plate 7 with screws 6. Then close front
cover 4 and slide plate 5.
4
36
Replacing the needle
OK!
NO!
CAUTION
Always turn off the power and unplug the machine when you
replace the needle(s).
1.
2.
3.
4.
5.
Loosen screw(s) 1 using a red-handled key wrench (1.5mm).
Remove the old needle(s) by using a pincette (provided as
accessories).
Fix the needle so that its scarf faces the rear side of machine.
OK! NO!
Insert a new needle into the needle hole as far it will go by
using a pincette.
Tighten screw(s) 1 using a red-handled key wrench (1.5mm).
Scarf
1
Oil replacement
Replace the oil one month after the first use and thereafter
every six months. If you keep using the old oil, it may cause the
damage to the machine.
2
To drain the oil
1.
2.
37
Drain the oil by removing screw 2 on the left side of the oil
pan.
Tighten screw 2 after draining.
Checking and cleaning the oil filter
2
CAUTION
Always turn off the power, unplug the machine and then wellqualified technicians should check and clean the oil filter.
Check and clean the oil filter every six months.
To check and clean the oil filter
1.
2.
3.
Remove screws 1 and 2. Remove oil reservoir 3.
Loosen screw 4. Remove inner and outer filters 5 and 6.
Then check and/or clean these filters.
3
1
Reinstall oil reservoir 3, filters 5 (inner) and 6 (outer).
4
5
6
38
39
240
348
356
364
460
232
240
348
356
364
240
356
364
232
240
248
356
364
240
248
356
364
356
364
9.3
9.4
8.5
8.1
9.3∼9.8
9.8
9.3
9.4
8.5
8.1
9.3
8.5
8.1
9.8
9.3
8.9
8.5
8.1
9.3
8.9
8.5
8.1
9.3
8.8
9
65
♯
Nm
Japanese size (Organ)
ドMetric size (Schmetz)
70
10
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
2.8∼3.1
4.4∼4.7
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
4.0∼4.3
3.2∼3.5
2.8∼3.1
4.4∼4.7
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
4.0∼4.3
3.6∼3.9
3.2∼3.5
2.8∼3.1
3.7∼4.0
3.3∼3.6
Comparison table of equivalent sizes
CW562-21BB
CW562-08AC
CW562-05CB
CW562-03DB
CW562-01DB
CW562-02GB
CW562-01GB
×□□□
Adjustment dimentions
75
11
90
14
8.3∼8.7
8.8∼9.2
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.7∼9.2
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.8∼9.2
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
8.3∼8.7
9.7∼10.2
9.7∼10.2
100
16
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.8∼5.2
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
4.5∼5.0
110
18
130
21
17.0
17.0
17.0
17.0
17.2
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
17.0
CW562N-01GB
-01DB
-02GB
-03DB
-05CB
-08AC
-21BB
9S
9S
10S
10S
10S
240
348
356
364
Organ
UY128GAS
232
×□□□
Standard needle
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
0.8∼1.2
1.2∼1.5
1.2∼1.5
(mm)
CW500N Series subclass specifications
CW500N Series
Application
Subclass
Number Number
Needle space (mm)
of
of
needles threads
Max.
stitch
length
(mm)
Diff. feed tatio
Presser foot lift
(mm)
Max. speed
(rpm)
2
4
4
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
4.8・5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
5
6
6
3.3
0.7∼1.3
5.5
4,200
2
4
3.2・4
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
4.8・5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
2
4
4
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
2
4
3.2・4・4.8
4.4
0.5∼1.0
5.3
5,500
(5,000 with MD)
3
5
5.6・6.4
4.4
0.5∼1.0
5
5,500
(5,000 with MD)
2
4
4・4.8
4.4
0.5∼1.3
6.3
6,000
3
5
5.6・6.4
4.4
0.5∼1.3
5
6,000
3
5
5.6・6.4
3.3
0.7∼2.0
7
5,000
Remarks
CW562N-01GB
Versatile
CW562N-01DB
Binding tape
Covering
Attaching elastic
Hemming bottoms
CW562N-02GB
CW562N-03DB
CW562N-05CB
CW562N-08AC
Plain seaming on
CW562N-21BB
heavy weight fabric
*If you use the machine with a differential feed ratio of more than 1:1.3, the main feed dog movement amount should be less than 2.5mm.
Stitch type
602, 605
Net weight (head only)
41.5Kg
Needle size
UY128GAS #9S
UY128GAS #10S
Gross weight (with accessories)
47.5Kg
Machine size (WxDxH)
W : 495mm D : 280mm H : 414mm
Working noise level
n=5,400rpm : LpA≦82.0dB
Noise measurement according to
DIN 45635 48A-1
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
H
ING
EW OIL
S
D INE
EE
SP ACH
H
M
G
I
1
H
2
L
3
HIGH SPEED SEWING
MACHINE OIL
3
4
51
1
2
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
本社 〒553-0002 大阪市福島区鷺洲 5-7-2
TEL (06)6458-4739
FAX (06)6454-8785
PEGASUS SEWING MACHINE MFG. CO., LTD.
5-7-2, Sagisu, Fukushima-ku, Osaka 553-0002, Japan.
Phone : (06)6458-4739
Fax : (06)6454-8785
Cat. No. 9B201400001 April 2006
2003 PEGASUS SEWING MACHINE MFG. CO., LTD.
この取扱説明書に記載されている内容は、
改良のため予告なく変更することがあります。
The description in this INSTRUCTIONS is subject to change without prior
notice for improvement.