膵 臓 の は な し - 香川労災病院

2005(平成17)年 4 月 1 日発行
第15号
いぶき 第15号
発行者 原 田 英 雄
編 集 患者サービス向上委員会
香川県丸亀市城東町3丁目3番1号
TEL(0877)23−3111
FAX(0877)24−1147
季刊誌 年4回発行
http://www.kagawah.rofuku.go.jp
い
ろ
い
ろ
な
ホ
ル
モ
ン
を
血
液
中
に
第
二
の
働
き
は
イ
ン
ス
リ
ン
な
ど
し
か
し
、
病
気
の
勢
い
が
強
い
場
入
院
治
療
で
治
り
ま
す
。
こ
り
ま
す
。
多
く
の
場
合
、
数
日
の
に
増
強
す
る
腹
痛
や
上
背
部
痛
が
起
の
炎
症
の
こ
と
を
言
い
ま
す
。
急
速
身
の
膵
臓
を
消
化
し
て
起
こ
る
急
性
活
性
化
し
て
し
ま
う
た
め
に
自
分
自
が
原
因
で
、
消
化
酵
素
が
膵
臓
内
で
急
性
膵
臓
炎
は
大
量
飲
酒
や
過
食
て
、
近
年
増
え
つ
つ
あ
り
ま
す
。
日
本
人
の
生
活
習
慣
の
変
化
に
よ
っ
が
あ
り
ま
す
。
い
ず
れ
の
病
気
も
、
多
い
。
し
た
が
っ
て
、
手
術
な
ど
5 で
隔
の
臓
器
に
転
移
し
て
い
る
こ
と
が
周
囲
へ
す
で
に
浸
潤
が
お
よ
び
、
遠
確
定
し
た
場
合
に
は
進
行
癌
が
多
く
、
状
が
出
現
し
て
検
査
に
よ
り
診
断
が
療
は
現
状
で
は
難
し
い
。
ま
た
、
症
膵
臓
が
ん
の
早
期
発
見
・
早
期
治
治
療
薬
を
使
用
し
ま
す
。
病
に
対
し
て
は
血
糖
コ
ン
ト
ロ
ー
ル
対
し
て
は
消
化
酵
素
の
内
服
、
糖
尿
食
事
療
法
に
加
え
て
、
消
化
不
良
に
疼
痛
の
軽
減
が
治
療
の
基
本
で
す
。
肝
臓
、
腎
臓
︶
に
合
併
症
を
起
こ
し
要
な
臓
器
︵
脳
、
肺
臓
、
循
環
器
、
合
に
は
病
変
が
広
が
り
、
全
身
の
重
疼
痛
緩
和
法
は
著
明
に
進
歩
し
ま
し
い
方
法
が
開
発
さ
れ
つ
つ
あ
り
ま
す
。
診
断
法
や
治
療
法
に
も
次
々
と
新
し
し
か
し
、
医
学
の
進
歩
に
よ
り
、
べ
て
低
い
。
%
と
、
胃
が
ん
や
大
腸
が
ん
に
く
ら
治
療
し
て
も
5
年
生
存
率
は
17
ホ
ル
モ
ン
の
き
め
細
か
で
き
る
の
は
、
こ
れ
ら
な
く
て
も
人
間
が
活
動
し
ば
ら
く
の
間
た
べ
戻 養 内 あ
す 素 に る
︶
。 を 貯 い
血 蔵 は
液 し 、
中 て す
に あ で
呼 る に
び 栄 体
起
こ
っ
て
き
ま
す
。
原
因
の
除
去
と
ホ
ル
モ
ン
の
不
足
に
よ
る
糖
尿
病
が
︵
栄
養
不
良
︶
と
イ
ン
ス
リ
ン
な
ど
消
化
酵
素
の
不
足
に
よ
る
消
化
不
良
の
細
胞
が
残
り
少
な
く
な
る
た
め
に
、
こ
れ
が
長
期
に
わ
た
る
と
、
膵
臓
す
の
が
特
徴
で
す
。
痛
が
持
続
す
る
か
、
再
発
を
繰
り
返
気
で
す
。
慢
性
的
に
腹
痛
や
上
背
部
膵
臓
の
細
胞
が
次
第
に
死
滅
す
る
病
原
因
で
膵
臓
の
慢
性
炎
症
が
起
こ
り
、
飲
酒
・
食
事
不
摂
生
・
喫
煙
な
ど
が
慢
性
膵
臓
炎
は
、
常
習
的
な
多
量
に
よ
る
再
発
防
止
が
必
須
で
す
。
し
ま
す
。
に
よ
る
発
病
予
防
を
強
く
お
す
す
め
た
。
当
面
は
、
生
活
習
慣
の
見
直
し
香川労災病院
・
て
死
に
至
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
近
な
調
節
作
用
に
よ
っ
て
1
分
泌
し
て
、
小
腸
か
ら
消
化
・
吸
収
代
医
学
の
粋
を
つ
く
し
た
治
療
が
必
血
液
中
栄
養
素
の
濃
度
医療と看護を提供します
さ
れ
た
血
液
中
の
栄
養
素
の
処
理
を
要
で
す
。
を
一
定
に
保
っ
て
い
る
安全で安心のより良い
化
酵
素
は
十
二
指
腸
に
到
着
し
て
は
治
癒
し
た
後
に
は
、
原
因
の
除
去
か
ら
で
す
。
働く人々や地域の人々に
じ
め
て
活
性
化
し
、
食
事
中
の
栄
養
と
し
て
消
費
す
る
か
、
膵
臓
の
お
も
な
病
気
香川労災病院の理念
素
で
あ
る
タ
ン
パ
ク
質
、
脂
肪
、
糖
身
体
に
貯
蔵
す
る
か
、
に
、
急
性
膵
臓
炎
、
慢
ま 2 上 に 第 す ⁄ 下 あ 膵
一 。 の の り 臓
の
臓 幅 ま は
働
器 3 す 胃
き
で ∼ 。 の
は
、 5 左 後
、
二 ⁄ 右 方
強
つ 、 の 、
力
の 前 長 脊
な
働 後 さ 柱
消
き の 15 の
化
を 厚 ⁄ 前
酵
し さ 、 面
質
を
消
化
し
て
、
小
腸
か
ら
の
吸
収
調
節
し
ま
す
︵
直
ち
に
エ
ネ
ル
ギ
ー
性
膵
臓
炎
、
膵
臓
が
ん
素
を
十
二
指
腸
に
分
泌
し
ま
す
。
消
を
助
け
ま
す
。
膵
臓
の
は
な
し
病
院
長
原
田
英
雄
第15号
2005(平成17)年 4 月 1 日発行
話
し
い
た
し
ま
す
。
患
者
様
が
診
察
グ
シ
ス
テ
ム
に
つ
い
て
、
簡
単
に
お
で の コ す と こ 開 年 た こ す 効 ン オ 。 ス と 始 を オ 平
こ 。 率 ピ ー
ム も 当 迎 ー 成
で
化 ュ ダ
ー あ 時 え ダ 16
採
と ー リ
ズ り は る リ 年
正 タ ン
血
に ま 、 こ ン 3
確
検
グ
対 し な と グ 月
ー
査
性
シ
応 た に と シ 1
の
を を ス
で が か な ス 日
は 使 テ
オ
き 、 と り テ か
ー
か っ ム
て 今 戸 ま ム ら
ダ
る て と
お で 惑 し が 始
こ 作 は
リ
り は っ た 、 ま
ン
と 業 、
ま 割 た 。 1 っ
さ
れ
ま
す
。
患
者
様
は
こ
の
︻
順
路
者
様
に
は
︻
順
路
案
内
票
︼
が
手
渡
で
検
査
の
指
示
を
い
た
し
ま
す
。
患
れ
た
時
、
先
生
は
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
患
者
様
に
採
血
検
査
が
必
要
と
思
わ
当
の
先
生
と
お
話
し
い
た
し
ま
す
。
室
に
来
ら
れ
ま
し
た
な
ら
、
先
ず
担
高
齢
者
で
は
他
の
器
官
よ
り
も
腎
未
発
達
の
状
態
に
あ
る
。
新
生
児
、
未
熟
児
で
は
腎
機
能
が
と
な
る
。
れ
が
有
害
作
用
を
引
き
起
こ
す
原
因
く
な
り
体
内
に
蓄
積
し
や
す
い
。
こ
あ
る
患
者
様
で
は
薬
物
の
排
出
が
遅
い し 排 胆 循 る て こ 出 管 薬
環 。 最 の さ 、 物
器
も う れ 腸 と
系
重 ち る 管 そ
お
要 腎 。 、 の
よ
な 臓
肺 代
び
役 は
を 謝
腎
割 、
介 産
臓
を 排
し 物
に
果 出
て は
障
た 器
体 腎
害
し 官
外 臓
の
て と
に 、
し
治
療
に
役
立
て
て
い
ま
す
。
的
で
、
血
漿
中
の
薬
物
濃
度
を
測
定
至
適
な
薬
物
の
濃
度
を
維
持
す
る
目
を
反
映
し
て
い
る
と
考
え
、
治
療
に
物
の
濃
度
上
昇
が
薬
理
作
用
の
増
強
薬
物
治
療
に
お
い
て
血
液
中
の
薬
が
必
要
で
す
。
端
に
減
少
し
て
き
た
場
合
に
は
注
意
っ
て
正
し
く
服
用
し
ま
し
ょ
う
。
処
方
さ
れ
た
薬
は
用
法
用
量
を
守
は
と
て
も
大
切
な
こ
と
で
す
。
薬
物
の
血
中
濃
度
を
測
定
す
る
こ
と
対
策
を
立
て
る
う
え
で
、
服
用
中
の
減
に
は
た
え
ず
留
意
し
、
尿
量
が
極
延
長
し
や
す
い
。
よ
っ
て
尿
量
の
増
は
薬
物
の
体
内
か
ら
の
排
出
時
間
が
し
た
が
っ
て
新
生
児
、
高
齢
者
で
れ
て
く
る
。
中
に
頻
繁
に
薬
物
の
血
中
濃
度
を
測
効
な
量
を
投
与
す
る
た
め
に
は
治
療
こ
う
し
た
薬
物
を
安
全
に
か
つ
有
難
し
い
。
で
安
全
な
濃
度
を
維
持
す
る
こ
と
が
ま 症 な も 定
こ す 状 効 か ま す
の 。 が 果 か た る
症
悪 が わ 薬 こ
状
化 得 ら 物 と
悪
す ら ず 治 が
化
る れ 、 療 必
の
よ な こ を 要
原
う く れ 続 で
因
な な ま け す
を
時 り で て 。
推
が 、 の い
定
あ 急 よ る
し
り に う に
薬
の
排
出
機
能
の
衰
え
が
は
っ
き
り
と
あ
ら
わ
ト
イ
ン
は
安
全
域
が
狭
い
た
め
有
効
講
師
田
中
形
成
外
科
部
長
薬
剤
部
濱
田
和
清
り
ま
す
。
抗
け
い
れ
ん
薬
の
フ
ェ
ニ
3
月
24
日
∫
13
時
30
分
∼
15
時
ば
ら
つ
き
が
大
き
く
な
る
薬
物
が
あ
●
労
災
病
院
公
開
健
康
講
座
●
薬
物
の
血
中
濃
度
に
は
個
体
間
の
看
護
師
栄
養
相
談
室
そ
の
患
者
様
に
必
要
な
採
血
管
や
採
認
を
終
了
し
ま
す
と
1
分
以
内
に
、
う
到
着
確
認
を
行
い
ま
す
。
到
着
確
か
に
検
査
に
来
ら
れ
ま
し
た
﹂
と
い
R
O
B
O
︱
7
8
7
や
H
A
R
N
︱
・
案
内
票
︼
を
使
っ
て
﹁
患
者
様
は
確
そ
れ
を
受
け
持
っ
て
い
る
の
が
B
C
を
貼
っ
た
状
態
で
準
備
さ
れ
ま
す
。
尿
コ
ッ
プ
が
患
者
様
の
氏
名
ラ
ベ
ル
お
気
付
き
の
天
が
あ
り
ま
し
た
な
ら
、
ざ
し
て
お
り
ま
す
。
検
査
科
に
何
か
﹁
よ
り
速
く
よ
り
正
確
に
﹂
を
め
ご
気
軽
に
お
申
し
つ
け
く
だ
さ
い
。
b
フ
ッ
ト
ケ
ア
岡
本
Dr
栄
養
相
談
室
香川労災病院
b
三
大
合
併
症
に
つ
い
て
5
月
27
日
ª
15
時
∼
16
時
理
学
療
法
士
第
2
会
議
室
影
山
洋
吉
オ
ー
ダ
リ
ン
グ
シ
ス
テ
ム
導
入
か
ら
早
や
1
年
べ
て
コ
ン
ピ
ュ
ー
タ
ー
報
告
に
な
っ
す
が
、
こ
の
シ
ス
テ
ム
導
入
以
後
す
検
査
科
技
師
長
て
い
ま
す
。
b
運
動
療
法
5
月
20
日
ª
14
時
∼
15
時
岡
本
Dr
栄
養
相
談
室
身
に
お
持
ち
し
て
頂
い
て
い
た
の
で
b
内
服
薬
に
つ
い
て
D
動
物
性
脂
肪
食
品
を
控
え
め
に
ト
リ
肉
を
食
べ
る
な
ど
に
努
め
て
下
さ
い
。
J
肥
満
を
さ
け
る
液
検
査
の
結
果
の
一
部
を
患
者
様
自
た
し
ま
す
。
ま
た
、
以
前
は
尿
や
血
5
月
13
日
ª
15
時
∼
16
時
岡
本
Dr
栄
養
相
談
室
C
牛
肉
・
豚
肉
を
減
ら
し
、
魚
肉
・
ん
食
べ
る
穀
物
、
豆
類
、
根
菜
類
を
た
く
さ
A
野
菜
と
果
物
を
た
く
さ
ん
食
べ
る
す
な
わ
ち
、
運
動
、
特
に
歩
行
運
動
の
奨
励
H
カ
ビ
で
汚
染
し
た
食
品
を
さ
け
る
G
禁
煙
(
焦
げ
た
食
品
を
さ
け
る
F
食
塩
は
6
Á
/
日
以
下
E
ア
ル
コ
ー
ル
を
控
え
め
に
い
が
な
い
よ
う
に
採
血
、
採
尿
を
い
に
反
映
す
る
の
で
す
。
後
は
、
間
違
し
ま
し
た
採
血
検
査
の
情
報
を
正
確
ほ
ど
、
診
察
室
で
先
生
が
指
示
い
た
5
7
0
︵
写
真
︶
で
あ
り
ま
す
。
先
b
イ
ン
ス
リ
ン
注
射
に
つ
い
て
5
月
6
日
ª
15
時
∼
16
時
●
糖
尿
病
教
室
●
2
2005(平成17)年 4 月 1 日発行
第15号
げ
て
居
り
、
温
厚
な
立
派
な
方
な
の
研
に
居
ら
れ
た
頃
よ
り
よ
く
存
じ
上
た お れ の た 先 教 て 医 内 が よ ら 岡
原 。 願 た 臨 と ず 授 居 師 科 外 い で 大
田 い 原 床 こ 二 か り は 系 科 の は 六
︵
し 田 検 ろ 内 ら 、 岡 を 系 で な 十
英
た 英 査 、 原 赴 現 大 と で は く 五
︶
い 雄 医 二 田 任 多 第 考 あ な 、 才
先
と 先 学 内 実 さ 田 二 え る い 現 の
生
云 生 教 出 根 れ 副 内 た の か 役 定
は
う を 授 身 教 て 院 科 。 で と の 年
岡
こ 是 を で 授 い 長 か 当 、 も 方 を
大
と 非 し 当 に る も ら 院 次 考 が 待
三
で 宜 て 時 相 の 二 来 の は え む っ
朝
あ し 居 岡 談 で 内 ら 内 先 、 し て
温
っ く ら 大 し 、 助 れ 科 ず 私 ろ か
に
お
願
い
す
る
こ
と
で
労
働
福
祉
事
そ
の
間
の
院
長
代
理
は
鶴
野
副
院
長
漕
ぎ
着
け
た
の
で
あ
っ
た
。
従
っ
て
と
で
、
平
成
十
年
十
二
月
の
赴
任
に
漸
く
学
会
終
了
後
な
ら
ば
と
い
う
こ
先
生
の
お
部
屋
に
出
頭
し
て
懇
願
し
、
禮
を
思
い
、
そ
れ
か
ら
二
回
原
田
︵
英
︶
な
ら
な
い
の
で
、
劉
備
玄
徳
三
顧
の
申
し
上
げ
た
が
、
矢
張
り
ど
う
に
も
こ
の
こ
と
は
原
田
実
根
教
授
に
も
っ
か
り
し
て
ひ
と
ま
ず
退
散
し
た
。
に
振
っ
て
頂
け
な
か
っ
た
の
で
、
が
し
上
げ
ま
す
。
い
た
だ
い
た
編
集
者
に
深
く
感
謝
申
い
た
。
こ
の
よ
う
な
機
会
を
与
え
て
と
し
て
私
の
考
え
を
述
べ
さ
せ
て
頂
る
こ
と
を
拾
い
上
げ
、
三
編
の
駄
文
私
な
り
に
思
い
出
と
し
て
記
憶
に
残
七
年
間
勤
め
た
院
長
の
経
験
か
ら
、
以
上
平
成
三
年
か
ら
十
年
ま
で
、
の
も
良
い
方
法
で
あ
ろ
う
。
し
て
、
経
験
を
広
め
て
戻
っ
て
貰
う
の
で
、
こ
の
よ
う
に
他
流
試
合
に
出
採
用
す
る
事
は
、
な
か
な
か
困
難
な
私
た
ち
庶
務
課
の
業
務
目
標
は
、
わ
れ
て
い
る
と
思
い
ま
す
。
転
勤
な
ど
の
手
続
き
で
仕
事
に
追
ろ
に
は
、
職
員
の
退
職
、
補
職
、
﹁
い
ぶ
き
15
号
﹂
を
読
ま
れ
る
こ
る
と
こ
ろ
で
す
が
、
皆
様
が
こ
の
査
が
終
わ
り
、
今
ホ
ッ
ト
し
て
い
1
月
に
病
院
機
能
評
価
訪
問
審
い
ま
す
。
ま
で
細
か
い
こ
と
を
取
り
扱
っ
て
便
物
や
小
荷
物
の
受
渡
し
に
至
る
迎
え
る
の
が
順
当
で
あ
る
と
考
え
て
頂
い
た
が
、
私
は
や
は
り
岡
大
か
ら
長
に
は
、
い
ろ
い
ろ
な
方
の
推
薦
を
院長七年(三)
香川労災病院名誉院長
岡山療護センター顧問
西本 詮
人
で
も
、
い
き
な
り
指
導
者
と
し
て
報
の
事
務
や
毎
日
配
達
さ
れ
る
郵
て
き
た
方
で
あ
る
。
例
え
有
能
な
新
な
ど
も
そ
の
よ
う
な
経
験
を
積
ま
れ
の
で
あ
る
。
薬
剤
部
長
や
看
護
部
長
め
て
、
再
び
戻
っ
て
き
て
欲
し
い
も
り
し
て
、
経
験
を
積
み
、
見
聞
を
広
た
り
、
然
る
べ
き
施
設
で
研
修
し
た
な
方
に
は
、
出
来
る
だ
け
他
院
に
出
で
も
将
来
指
導
的
立
場
に
着
く
よ
う
は
な
か
な
か
困
難
で
あ
る
が
、
そ
れ
人
選
を
考
え
始
め
て
居
た
。
後
任
院
そ
の
一
年
位
前
か
ら
、
次
の
院
長
の
9
8
︶
三
月
末
ま
で
で
あ
る
の
で
、
来 新 成 場 第 私 た し 九 な 三 香
の 。 い 年 ど 期 川
任
病 末 敷 の 労
期
院 に 地 管 災
は
長 は の 理 病
、
室 全 整 棟 院
の
平
に て 備 が 全
成
移 終 も 完 面
十
る 了 済 成 増
年
こ し ん し 改
︵
と 、 で 、 築
1
が 私 、 駐 は
9
出 も 平 車 、
の
で
あ
る
が
、
ど
う
し
て
も
首
を
縦
上
し
た
こ
と
を
何
度
も
申
し
上
げ
た
二
内
原
田
教
授
の
ご
推
薦
で
私
が
参
と
云
わ
れ
た
。
私
は
驚
い
て
、
実
は
と
て
も
十
年
春
の
赴
任
は
出
来
な
い
会
総
会
を
引
き
受
け
て
い
る
の
で
、
十
一
月
に
は
日
本
消
化
器
内
視
鏡
学
で
ま
だ
二
年
あ
り
、
特
に
平
成
十
年
病
院
で
は
、
人
事
を
刷
新
す
る
こ
と
院
の
よ
う
に
地
元
の
出
身
者
が
多
い
も
新
し
い
教
育
が
必
要
で
あ
る
。
当
な
く
、
パ
ラ
メ
デ
イ
カ
ル
の
職
員
に
べ
き
で
あ
る
の
で
、
医
師
ば
か
り
で
も
に
、
新
し
い
方
式
を
採
り
入
れ
る
の
組
織
や
経
営
も
、
当
然
時
代
と
と
た 業
医 。 団
学
の
は
了
日
解
進
も
月
得
歩
ら
で
れ
あ
た
り
の
、
で
病
あ
院
っ
課
員
は
計
12
名
の
ス
タ
ッ
フ
で
、
書
係
、
運
転
業
務
等
の
仕
事
で
す
。
電
話
交
換
室
、
医
局
の
事
務
、
図
階
に
あ
り
、
庶
務
係
、
給
与
係
、
当
院
の
庶
務
課
は
、
管
理
棟
3
書
、
病
院
の
図
書
に
関
す
る
こ
と
、
事
務
、
電
話
交
換
業
務
、
医
局
の
秘
院
内
外
の
清
掃
や
保
安
・
防
火
の
休
日
や
平
日
の
時
間
外
の
管
理
、
室
・
厚
生
施
設
の
管
理
、
職
員
の
院
が
主
催
す
る
式
や
行
事
、
会
議
健
康
診
断
な
ど
の
福
利
厚
生
、
病
る
こ
と
、
社
会
保
険
等
手
続
き
、
に
つ
い
て
の
人
事
、
給
与
に
関
す
職
員
の
採
用
・
昇
格
・
退
職
な
ど
︵ 見
、
ご
要
望
が
あ
れ
ば
、
庶
務
課
力
し
て
ま
い
り
ま
す
の
で
、
ご
意
親
し
ま
れ
る
病
院
を
目
指
し
、
努
こ
れ
か
ら
も
、
地
域
の
皆
様
に
て
い
ま
す
。
の
こ
と
を
目
標
に
日
々
が
ん
ば
っ
を
ア
ピ
ー
ル
し
ま
す
。
﹂
以
上
3
つ
接
を
心
が
け
、
親
し
ま
れ
る
病
院
﹁ す 効 絡 推 が
来 。 率 体 進 け
客 ﹂ 的 制 を 、
者
な の 図 信
に
業 一 り 頼
対
務 層 ま さ
す
運 の す れ
る
営 充 。 る
﹂
爽
を 実 ﹁ 庶
や
推 を 課 務
か
進 図 内 業
な
し り の 務
応
ま 、 連 の
[email protected]
ま
た
、
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
な
ど
の
広
︶
ま
で
お
寄
せ
く
だ
さ
い
。
3
居
り
、
ま
た
そ
の
頃
労
災
病
院
長
の
jp
﹁
正
確
で
迅
速
な
事
務
処
理
を
心
定
年
は
七
十
才
に
な
っ
て
い
た
の
で
、
香川労災病院
と
こ
ろ
が
先
生
は
、
自
分
は
定
年
ま
庶
務
課
宮
賢
治
で
、
私
も
喜
ん
で
早
速
参
上
し
た
。
庶
務
課
紹
介
第15号
2005(平成17)年 4 月 1 日発行
外 来 診 療 予 定 表
診
療
科 時 間 ・ 診 察 室
内
科
午
前
月
環
器
科
午
前
外
科
多田
木口
多田
木口
野口
永田
廣田
荒木
永田
三 診
寺西
野口
吉永
寺西
吉永
四 診
山本
岡本
斉藤
山本
岡本
水尾
曽根
水尾
一 診
曽根
二 診
中川晃(再来のみ)
鶴野
二 診
國土
整
形
外
科
後
前
渡邊
中川
渡邊(再来のみ)
ペースメーカー
一 診
午
午
金
荒木
後
前
木
一 診
午
午
水
二 診
五 診
循
火
津村
振動
代診
鶴野
津村
山崎・内海(隔週)
立本
木村
村岡
呼吸器 津村
肝胆膵 香川
※乳腺 鶴野・村岡
一 診
井上
大茂
横山
永井
米田
二 診
永井
高田
米田
大茂
横山
高田
弓手
井上
午
後
リウマチ外来
リウマチ外来
小児外来
リハビリテーション科
午
前
弓手
田村
高田
弓手
高田
形
科
午
前
田中
田中
田中
田中(午後)
田中
科
午
前
一 診
藤本
吉野
寺井
藤本
吉野
二 診
寺井
柚木
午
前
一 診
中島
二 診
小山
午
前
脳
神
成
神
外
経
経
外
内
科
メンタルヘルス科
泌
尿
器
科
三 診
午 前
産
婦
人
科
午 後
眼
耳
科
鼻
咽
喉
科
午
午
西
水野
西
西
倉繁
小武家
倉繁
水野
診
川田
友國
川田
木下
友國
診
木下
木下
友國
川田
木下
産科予約検診
友國
一
癌
来
午
検
木下
産後検診
前
前
小見山
小見山
一 診
森下
森下
森下
二 診
石川
石川
小見山
石川
森下
石川
石川
小児外来
森谷
森谷
森谷
二 診
一 診
小見山
國土
二 診
一 診
川田
交代制
小見山
一 診
後
前
外
小山
西
麻酔科(ペインクリニック) 午
マ
中島
水野
前
ト
中島
小山
二 診
午
ス
中島
小山
一 診
午
歯 科 口 腔 外 科
平下
森谷
森谷
佐牟田
北浦
山田
北浦
戸田
北浦
友塚
二 診
前
佐藤看護師
小田
佐藤看護師
※乳 腺 外 来 鶴野
(第1・3・5木曜日)
・村岡
(第2・4木曜日)
健
診
部
日帰りドック………………………1日2
0名 火、金曜日 海外派遣労働者の健康診断……………………………随時
一般健診………………………1日2
0名 月、水、木曜日 特殊健康診断……………………………………………随時
脳ドック………………………1日1名 月、火、木曜日 振動障害健康診断………………………1∼3名 金曜日
雇入時の健康診断 健診車による出張健診…………………………月∼金曜日
…………1日3
0名 (隔週)水曜日
定期健康診断 丸亀市住民検診 ……………………(6∼9)
月∼金曜日
※全ての健診は予約が必要です。 ※健診の曜日は変更になることがあります。
●当院は、
政府管掌健康保険生活習慣病予防健診事業の指定病院となっており、
該当する方は補助を受ける事が出来ます。
●健診の結果、二次検査が必要となった場合、内科系・乳腺外来のみ当院で予約を行っております。
)
香川労災病院
4
2005(平成17)年 4 月 1 日発行
第15号
り
酸
素
を
吸
う
治
療
法
で
す
。
大
気
5
つ
け
て
い
け
れ
ば
と
思
い
ま
す
。
お
必
要
が
あ
り
ま
す
。
し
か
し
、
糖
尿
方
法
を
一
緒
に
相
談
し
な
が
ら
、
見
日
々
の
生
活
の
中
で
実
行
し
て
い
く
﹃
こ
れ
な
ら
実
行
で
き
る
﹄
と
い
う
様
自
身
が
治
療
法
を
十
分
に
理
解
し
、
患
者
様
が
自
分
の
生
活
の
中
で
、
め
に
は
、
自
己
管
理
が
重
要
で
患
者
ー
ル
し
て
い
く
こ
と
で
す
。
そ
の
た
症
状
が
現
れ
な
い
よ
う
に
コ
ン
ト
ロ
や
合
併
症
に
よ
る
多
彩
な
糖
尿
病
の
継
続
す
る
こ
と
に
よ
っ
て
、
高
血
糖
糖
尿
病
治
療
の
目
的
は
、
治
療
を
あ
り
ま
せ
ん
。
得
す
る
こ
と
は
必
ず
し
も
容
易
で
は
定
と
多
岐
に
わ
た
り
、
こ
れ
ら
を
習
ン
ス
リ
ン
自
己
注
射
、
血
糖
自
己
測
な
治
療
が
行
え
ま
す
。
認
定
看
護
師
紹
介
糖
尿
病
療
法
士
き
添
い
で
入
れ
る
た
め
安
心
で
安
全
ま
た
、
医
師
・
看
護
師
な
ど
が
付
り
ま
す
。
ど
の
病
気
の
治
療
に
活
躍
を
し
て
お
腸
閉
塞
・
急
性
一
酸
化
炭
素
中
毒
な
・
気
軽
に
声
を
か
け
て
く
だ
さ
い
。
病
の
治
療
法
は
、
食
事
療
法
、
運
動
ま 聞 し ら 酸 を 0 治 す と て 高 す か て 治 素 行 の 療 。 思 聞 高
気 。 れ お 療 治 な 病 室 正 う か 圧
圧
る り を 療 っ 院 と 式 人 れ 治
酸
方 ま 始 室 て し 言 な が て 療
素
が す め は い か っ 名 ほ 、 室
治
ほ が 、 、 ま な て 称 と 何 と
療
と 、 現 昭 す く 全 は ん を い
と
ん 初 在 和 。 、 国 、 ど す う
は
ど め 34 46 当 特 で 高 だ る 名
、
だ て 年 年 院 殊 も 気 と 所 前
圧
と 名 が 1 の な 約 圧 思 だ を
力
思 前 経 月 高 治 7 酸 い ろ 初
の
い を 過 か 圧 療 5 素 ま う め
・
療
法
を
は
じ
め
、
経
口
薬
服
用
、
イ
か
か
っ
た
部
屋
の
中
で
マ
ス
ク
に
よ
が
、
近
年
そ
の
他
の
病
気
に
も
有
効
を
選
択
す
る
事
は
単
純
な
事
で
は
あ
く
、
患
者
さ
ん
に
と
っ
て
良
い
医
療
医
療
の
道
は
と
て
つ
も
な
く
奥
深
た
。
私
は
悩
み
ま
し
た
。
れ
は
体
で
あ
り
心
で
あ
り
様
々
で
し
て
何
か
に
よ
っ
て
病
ん
で
い
て
、
そ
い
た
患
者
さ
ん
が
、
自
分
の
前
に
い
学
生
の
頃
ま
で
は
教
科
書
の
中
に
で
き
た
か
な
と
思
い
ま
す
。
か
り
の
私
と
比
べ
る
と
少
し
は
成
長
で
す
が
、
香
川
労
災
病
院
に
来
た
ば
こ
の
2
年
間
で
能
力
は
ま
だ
ま
だ
け
れ
ば
い
け
な
い
と
感
じ
ま
し
た
。
一
人
の
人
間
と
し
て
学
ん
で
い
か
な
り
ま
せ
ん
。
医
学
の
勉
強
を
し
、
ま
た
だ
と
突
発
性
難
聴
梢
動
脈
閉
塞
水
病
の
治
療
に
使
わ
れ
て
き
ま
し
た
ど
に
良
い
治
療
法
で
す
。
昔
か
ら
潜
が
悪
い
人
や
酸
素
が
足
ら
な
い
人
な
る
よ
う
に
な
る
た
め
、
血
液
の
流
れ
さ
ん
の
酸
素
が
体
の
中
に
取
り
込
め
圧
の
所
で
酸
素
を
吸
う
よ
り
も
た
く
ま
し
た
。
事
が
で
き
た
ら
良
い
な
と
思
っ
て
い
ん
な
形
で
あ
れ
自
分
が
人
を
癒
せ
る
医
者
に
な
ろ
う
と
決
め
た
時
、
ど
に
き
て
2
年
が
経
ち
ま
し
た
。
大
学
を
卒
業
し
、
香
川
労
災
病
院
高
圧
治
療
主
任
臨
床
工
学
技
士
白
川
章
ん 時 ま か 間 す 大
。 が の 変
あ で 珍
れ 、 し
ば 病 い
院 治
見
に 療
学 来 施
し ら 設
て れ だ
み た と
ま と 思
せ き い
吉
川
照
美
ケ
ア
の
講
義
を
行
っ
て
い
ま
す
。
ン
指
導
や
、
糖
尿
病
教
室
で
の
フ
ッ
ト
し
た
。
現
在
内
科
外
来
で
、
イ
ン
ス
リ
病
療
養
指
導
士
の
資
格
を
取
得
し
ま
し
ま
す
。
私
は
平
成
十
三
年
に
糖
尿
自
己
管
理
が
で
き
る
よ
う
に
援
助
を
患
者
様
が
自
主
的
に
実
生
活
の
中
で
い
く
の
が
糖
尿
病
療
養
指
導
士
で
す
。
糖
尿
病
患
者
様
を
サ
ポ
ー
ト
し
て
と
思
い
ま
す
。
も
人
を
癒
す
力
を
持
て
た
ら
い
い
な
道
は
長
い
で
す
。
い
つ
か
少
し
で
て
ね
と
励
ま
し
て
く
れ
ま
し
た
。
時
に
は
、
い
い
お
医
者
さ
ん
に
な
っ
ろ
ん
な
事
を
教
え
て
く
れ
ま
し
た
。
き
た
事
で
す
。
患
者
さ
ん
は
私
に
い
し
て
く
れ
る
医
療
関
係
者
が
い
て
で
さ
ん
の
家
族
に
出
会
い
、
私
を
指
導
そ
れ
は
多
く
の
患
者
さ
ん
、
患
者
香川労災病院
研
修
医
紹
介
臨
月
研
修
医
橋
本
恵
子
第15号
2005(平成17)年 4 月 1 日発行
効
果
的
な
水
の
飲
み
方
は
、
一
回
お
す
す
め
し
ま
す
。
分
に
飲
む
よ
う
に
心
が
け
る
こ
と
を
酸
素
運
動
を
す
る
こ
と
と
、
水
を
充
め
筋
肉
量
を
減
ら
さ
な
い
よ
う
に
有
年
以
降
に
は
、
健
康
を
維
持
す
る
た
く
に
体
内
の
水
分
が
少
な
く
な
る
熟
に
は
10
∼
15
%
と
わ
ず
か
で
す
。
と
∼
75
%
の
水
分
が
あ
り
、
脂
肪
組
織
り
ま
す
。
そ
の
内
筋
肉
組
織
に
は
70
が
加
齢
と
と
も
に
体
内
の
水
分
は
減
65
%
が
水
分
で
占
め
ら
れ
て
い
ま
す
い
存
在
で
す
。
成
人
で
は
体
重
の
約
は
、
水
が
な
く
て
は
生
き
て
い
け
な
が
始
ま
っ
て
い
る
。
そ
も
そ
も
人
間
は
、
カ
ラ
ダ
の
中
で
は
す
で
に
脱
水
﹁
渇
い
た
な
﹂
と
感
じ
た
と
き
に
防
に
な
り
ま
す
。
こ
う
し
た
と 効
も 果
呼 か
を
促
し
て
脳
梗
塞
や
心
筋
梗
塞
の
予
に
飲
む
よ
う
に
す
る
と
血
液
の
循
環
ト
イ
レ
に
起
き
た
と
き
、
起
き
抜
け
効
率
よ
く
を
置
い
て
お
き
就
寝
前
、
予
防
に
も
役
立
ち
ま
す
。
枕
元
に
水
水
を
飲
む
こ
と
は
生
活
習
慣
病
の
め
て
く
れ
ま
す
。
ッ
プ
半
杯
飲
む
方
が
消
化
機
能
を
高
ま
た
、
食
事
中
よ
り
食
事
前
に
コ
ず
飲
み
ま
し
ょ
う
。
く
よ
う
な
行
動
の
前
後
に
は
欠
か
さ
出
、
入
浴
、
就
寝
前
な
ど
、
汗
を
か
よ
う
に
し
ま
し
ょ
う
。
起
床
時
や
外
せ
ん
。
一
日
五
∼
六
回
一
v
は
飲
む
飲
む
方
が
カ
ラ
ダ
に
負
担
を
か
け
ま
度
が
最
も
飲
み
や
す
く
、
ゆ
っ
く
り
★
禁
煙
中
︵
気
持
ち
が
落
ち
着
く
︶
ち
着
く
。
水
を
飲
む
と
空
腹
感
が
い
っ
た
ん
落
食
事
の
前
、
間
食
の
前
に
多
め
の
★
過
食
ぎ
み
︵
食
欲
を
抑
え
る
︶
し
ず
つ
ゆ
っ
く
り
飲
む
。
ぬ
る
め
の
白
湯
を
か
む
よ
う
に
少
★ 飲 と 熱 下 む が の い ︵
痢 。 多 出 つ 水
ぎ
い 始 も 分
み
の め よ を
︵
で に り 失
脱
、 は 多 い
水
ぬ 悪 め や
を
る 寒 に す
抑
め を 水 い
え
の 感 を ︶
る
白 じ 飲 ︶
湯 る む
を こ 。
★
熱
が
出
た
就
寝
前
と
起
き
抜
け
に
一
杯
飲
む
。
★ 意 換 膀
︵ 便 症 外 や 胱
水 秘 状 な ス 炎
分
を ほ ト 、
補
改 ど レ 大
充
善 効 ス 腸
と
す 果 解 ガ
腸
る を 消 ン
の
水 発 に の
活
の 揮 も 予
性
飲 し 役 防
化
み ま 立 、
気
︶
方 す ち 分
。 、 転
れ
以
上
を
一
気
に
飲
む
と
排
泄
さ
れ
に
飲
む
水
の
量
は
コ
ッ
プ
一
杯
︵
そ
明るい林を好むスズメ位の
大きさのセキレイの仲間。
特に松林で見られるセキレ
イは本種と思って間違いな
い。冬鳥として12月頃から
見られる。非常に地味な色
合いをしているが、囀りは
美しくヒバリを思わせる美
声で囀る。
ま
た
、
痛
風
発
作
、
膀
胱
ガ
ン
、
ば
れ
ま
す
。
ら
枕
元
に
置
く
水
は
宝
水
水
を
飲
む
と
、
リ
フ
レ
ッ
シ
ュ
し
★
二
日
酔
い
︵
脱
水
を
防
ぎ
体
内
の
に
ゆ
っ
く
り
水
を
飲
む
。
b労災病院周辺で見られる鳥b
ビンズイ
主任薬剤師・吉村正則
こ
と
で
、
体
調
を
維
持
し
、
病
気
を
な
く
、
適
切
な
時
間
に
適
量
を
飲
む
た
り
リ
ラ
ッ
ク
ス
で
き
る
ば
か
り
で
19: 00
吸
収
機
能
が
向
上
。
ご
意
見
を
お
寄
せ
下
さ
い
。
効
率
よ
く
補
給
す
る
た
め
の
飲
酒
の
前
後
に
水
を
飲
む
。
ア
ル
コ
ー
ル
を
早
く
排
泄
す
る
︶
た
ば
こ
を
吸
い
た
く
な
っ
た
と
き
18: 00
夕食前
官 杯
の の
働 水
き を
が 飲
高 む
ま と
り 、
、 消
消 化
化 器
食
前
酒
か
わ
り
に
コ
ッ
プ
半
発
信
が
少
な
い
よ
う
で
す
の
で
ま
し
た
。
患
者
様
か
ら
の
情
報
病
気
の
質
問
、
健
康
相
談
な
ど
水
を
飲
む
タ
イ
ミ
ン
グ
」
予
防
す
る
こ
と
も
可
能
で
す
。
体
が
「
て
し
ま
い
ま
す
。
︶
、
水
温
は
10
∼
15
運動の前後
を は 大 汗
忘 、 量 が
れ 運 の 出
ず 動 汗 た
に 中 を 分
。 に か だ
も い け
水 た を
分 と 補
補 き 給
給 に 。
15: 00
活
す
る
。
休憩時
レ 疲
ッ れ
シ が
ュ と
し れ
て 、
、 心
気 身
力 も
が リ
復 フ
12: 00
昼食前
消 水 食
化 を 事
機 飲 の
能 む 前
が 。 に
高 腸
が コ
ま 刺 ッ
る 激 プ
。 さ 半
れ 杯
、 の
コ
ッ
プ
一
杯
の
水
を
飲
む
。
す い い た 昨 み た ン ﹁ 。 に が 為 年 ら め ザ 今
な な 、 度 れ か の 年
い
っ く 院 よ な 、 予 の
ぶ
た な 内 り い 例 防 冬
き
年 接 は
よ り で 館 よ
﹂
う
も
う 、 の 内 で ほ 種 15
な 空 タ 禁 す ど が イ
号
気 気 バ 煙 。 の 普 ン
と
が も コ と ま 猛 及 フ
な
し き の な た 威 し ル
り
ま れ 臭 っ 、 は た エ
9: 00
ま
し
た
。
感
じ
ら
れ
る
よ
う
に
な
っ
て
き
少
し
ず
つ
日
差
し
が
暖
か
く
香川労災病院
速
く
な
る
。
サ
ー
ビ
ス
向
上
委
員
津
村
眞 仕事前
力 性
が 化
高 さ
ま れ
り 、
、 や
頭 る
の 気
回 と
転 集
も 中
編
集
だ
よ
り
予
防
に
な
る
。
7: 00
水
を
飲
む
こ
と
で
細
胞
が
活
で
、
脳
梗
塞
や
心
筋
梗
塞
の
タ
ー
ト
が
切
れ
る
。
朝
き 杯
を 。
活 内
発 臓
に や
し 神
、 経
快 な
適 ど
な の
ス 働
目
覚
め
た
と
き
に
コ
ッ
プ
一
栄
養
管
理
室
長
平
田
邦
江
飲
み
ま
し
よ
う
。
ゆ
っ
く
り
と
、
水
を
味
わ
う
よ
う
に
健
康
を
維
持
す
る
た
め
の
効
果
的
な
水
の
飲
み
方
水
を
ほ
し
が
っ
て
い
る
最
適
の
タ
イ
ミ
ン
グ
に
、
効
率
よ
く
水
分
補
給
を
。
23: 00
22: 00
就寝前
中 寝
の つ
血 き
液 が
の よ
循 く
環 な
も る
促 。
す 睡
の 眠
入浴前
り の
な 水
か を
ら 飲
飲 む
む 。
の 湯
も 船
リ に
ラ つ
ッ か
を
飲
む
と
緊
張
が
ほ
ぐ
れ
、
眠
る
前
に
コ
ッ
プ
一
杯
の
水
ク
ス
で
き
る
。
汗
を
か
く
の
で
コ
ッ
プ
半
杯
6