富山湾の水塊構造と 河川水・沿岸海底湧水による淡水 - 日本地球化学会

6
4(2
0
0
5)
地 球 化 学 3
9,1
5
7―1
6
4(2
0
0
5)
Chikyukagaku(Geochemistry)3
9,1
5
7―1
報 文
富山湾の水塊構造と
河川水・沿岸海底湧水による淡水フラックス
八 田 真理子*・張
勁*,†・佐 竹
石 坂 丞 二**・中 口
洋*
譲***
(2
0
0
4年1
0月2
3日受付,2
0
0
5年6月1
7日受理)
Water mass structure and fresh water fluxes (riverine and SGD’s)
into Toyama Bay
Mariko HATTA *, Jing ZHANG*,†, Hiroshi SATAKE *,
Joji ISHIZAKA** and Yuzuru NAKAGUCHI ***
*
**
***
†
Faculty of Science, Toyama University
3190 Gofuku, Toyama 930-8555, Japan
Faculty of Fisheries, Nagasaki University
1-14 Bunkyou-machi, Nagasaki 852-8521, Japan
Faculty of Science and Technology, Kinki University
3-4-1 Kowakae, Higasi-Osaka 577-8502, Japan
Corresponding author (jzhang@sci.toyama-u.ac.jp)
In Toyama prefecture, because of the steep slope from the mountains to the coast coupled
with high precipitation, a large volume of river water flows into Toyama bay, and the submarine
groundwater discharge (SGD) ranges widely on the steep continental shelf. However, the substance budget and its impacts to the coastal environment have not been previously studied. The
purpose of this study is to clarify the water mass structure of Toyama bay and to estimate the
fluxes of freshwater and its nutrients by using a box model.
Using the T-S diagram it is clear that Toyama bay water is made up of coastal surface
water, Tsushima Warm Current (TWC) water and deep water (Japan Sea Proper Water). It
demonstrates that the upper 200 m (Toyama Bay Shallow Water) is composed of high salinity
water (TWC) and low salinity water derived from freshwater. The freshwater flux was calculated with a box model of the shallow water. The maximum SGD flux (2.3×108 m3month−1) was
about 25% of the river water flux (9.1×108 m3month−1). And the nutrient fluxes via the SGD
path were 55% (PO43−) and 133% (NO2−+NO3−) of the river values. Furthermore the possibility
was suggested from the N to P cocentration ratios that SGD entered the Toyama bay water
colum primarily in the depth range of ∼100-180 m.
Key words: Freshwater, Submarine groundwater discharge, Water mass, Nutrients, Toyama
Bay
*
**
***
†
富山大学理学部
〒9
3
0―8
5
5
5 富山市五福3
1
9
0
長崎大学水産学部
〒8
5
2―8
5
2
1 長崎市文教町1―1
4
近畿大学理工学部
5
0
2 大阪府東大阪市小若江3―4―1
〒5
7
7―8
連絡先(jzhang@sci.toyama-u.ac.jp)
1.は じ め に
富山湾(能登半島七尾湾口の観音崎と富山・新潟県
境を結んだ線を境界とする)は,本州日本海側のほぼ
中央部に位置し,能登半島の南東側にある外洋性内湾
4
1km3,最大
である。さらに,表面積9
6
0km2,容積5
水深1,
1
1
4m の日本三大深海湾のひとつであり,湾床
158
八田・張・佐竹・石坂・中口
には日本海固 有 水 が 流 れ 込 ん で い る(今 村 ほ か,
1
9
8
5)
。また,富山湾上層には能登半島沿いに対馬暖
流水が流入し,湾西部から湾内を反時計回りに流動す
る。その流動状況は,季節的に変動することが指摘さ
れている(今村ほか,1
9
8
5)
。一方富山湾の背後は山
岳から海岸までの傾斜が大きく,かつ年間降水量が大
きいため,多くの河川水が湾内に流入する。さらに,
富山湾には,淡水性海底湧水が大陸棚に広く存在する
ことも報告されている(Fujii et al., 1986; 張・佐竹,
2
0
0
1; Zhang and Satake, 2003)
。これらの淡水は,
湾内の物質循環を考える上で重要である。
本研究は,富山湾および日本海において水温と塩分
を観測し,富山湾の水塊構造を明らかにするととも
に,湾内に流入する河川水および海底湧水等の淡水と
栄養塩フラックスを,ボックスモデルにより算出する
ことを目的とする。
2.試料採取および分析方法
2.
1 観測海域および試料採取
調査は,2
0
0
3年6月2
3日と2
4日に,長崎大学練習船
「鶴洋丸」によって行った。富山湾内および富山湾外
海域に A∼F の5測線を設け,富山湾内1
7測点,富山
湾外8測点において観測および採水を行った。また,
2
0
0
3年7月1
0日に,東京大学海洋研究所研究船「淡青
9次航海)により,富山湾内2測点およ
丸」(KT0
3―0
び日本海(佐渡島沖)1測点において観測および採水
を行った。観測点の詳細を Fig.
1および Table1に
Fig.
1
Sampling locations in Toyama bay. Circles
show the sampling stations (from A to F
lines) by R/V Kakuyo Maru. Open circles
show the stations located in Toyama bay
and solid cicles show the stations located
out of the bay. Solid squares show the sampling stations (Stn. 10, Stn. 11, Stn. 12) by
R/V Tansei Maru. The line shows the
boundary of the Toyama bay.
示した。表層水採取にはポリエチレン製のバケツを用
いた。それ以外の観測および採水には,CTD システ
ムとニスキン採水器を用いた。船上では溶存酸素濃度
は,アスコルビン酸還元モリブデンブルー吸光光度法
の定量を行い,塩分および栄養塩濃度は,分析項目ご
によって定量した。それぞれの検出限界は,SiO2-Si:
とに試料を分取して,研究室に持ち帰り定量を行っ
1μM,NO2−-N と PO43−-P:0.
0
1
1μM,NO3−-N:0.
た。
μM である。
2.
2 分析方法
塩分測定には,PORTASAL8
4
1
0A(Guildline Instruments 社製)を用いた。降水,河川水,海底湧水
7
3(堀場社製)を用
の電気伝導度は,Twin Cond B―1
3.結果および考察
3.
1 富山湾の水塊構造
3.
1.
1 T-S ダイヤグラムによる水塊の特徴
T-S
いて測定した。栄養塩類(ケイ酸塩 SiO2-Si,亜硝酸
ダイヤグラム(Temperature-Salinity
NO2−-N,硝 酸 NO3−-N お よ び リ ン 酸 PO43−-P)は,
「鶴洋丸」の CTD 観測結果から作成した(Fig.
2)。
diagram)を
AACS―Ⅱ(BRAN+LUEBBE 社 製,4チ ャ ン ネ ル
塩分は水深2
0
0m を境に上層と下層で異なり,2
0
0m
型)を用いて定量した。SiO2-Si はモリブデンイエロー
以深では一定(3
4.
0
6
8±0.
0
0
8psu)であった。この
吸光光度法,NO2−-N はナフチルエチレンジアミン吸
こ と は,水 温 が 低 く,塩 分 が 一 定 な 日 本 海 固 有 水
−
3
光光度法,NO -N は前処理としてカドミウム・銅カ
−
2
3−
4
ラム還元法により NO -N として定量した。PO -P
(Nitani, 1972)が富山湾の2
0
0m 以深に存在するこ
とを示している。また,2
0
0m 以浅では,能登半島東
富山湾の水塊構造と河川水・沿岸海底湧水による淡水フラックス
159
部海域の塩分が3
4.
4psu に達することから,対馬暖
いる。特に,水深2
5m 以浅の塩分は3
3.
5psu まで低
流系水の影響を受けていることがわかる。2
0
0m 以浅
下しており,ごく浅い層の海水は河川水や海底湧水の
を水深2
5m,5
0m,1
0
0m で区分すると,T-S ダイヤ
影響を強く受けていることが示唆される。
グラム上の各点は,塩分に関して幅広く分布を示して
3.
1.
2 水温および塩分の平均値からみる水塊流動
富山湾内の水塊特徴,水平分布およびその流動状況
Table1
Sampling stations and the bottom depth.
をより詳細に評価するために,2
0
0m 以浅を上層:富
山湾浅層水,2
0
0m 以深を下層の2層に分け,それぞ
れの水温・塩分の平均値を算出した(Fig.
3)
。
上 層 の 水 温(Fig.
3
)お よ び 塩 分(Fig.
3
)
は,能登半島沿いと湾中央の測 点 に お い て 高 い 値
(1
3.
0°
C 以上,3
4.
1
5psu 以上)を示している。また
富山湾口境界付近および湾内の水温と塩分は,東経
1
3
7°
2
5’
を境とすると,東部(1
3.
0°
C 以下,3
4.
1
5psu
以下)が西部(1
3.
0°
C 以上,3
4.
1
5psu 以上)よりも
低い値を示した。
このことから,富山湾の西部海域上層は日本海と同
様,対馬暖流水の影響を強く受けており,この高温・
高塩分である対馬暖流系水が反時計回りに能登半島に
沿って富山湾内に流入し,沿岸に沿うように流動して
いることを示している。一方,富山湾東部は富山湾西
部および富山湾外海域より温度(1
3°
C 以下)と塩分
(3
4.
1
5psu 以下)ともに低く,富山湾内に流入した
対馬暖流水と湾東部に起源する低温・低塩分水との混
合が考えられる。
下層においては,水温(Fig.
3
)および(Fig.
3
)が湾中央部で高く,沿岸域に近づくにつれて低
い。日本海固有水は低温かつ低塩分であることが知ら
Fig.
2
Potential temperature and salinity diagram in Toyama bay. Open circles
show the data of Toyama bay. Solid circles show the data of outer bay.
160
八田・張・佐竹・石坂・中口
Fig.
3
The horizontal distribution of the average of temperature (a) (c)
and salinity (b) (d). (a) and (b) show Toyama Bay Shallow Water (0200 m). (c) and (d) show the deep water.
1972)
,富山湾内において日本海
Fig.
2の水深5
0m 以浅の塩分に関して幅広い分布を
固有水が外洋(日本海)と常に交換していると仮定す
とることから,いくつかの異なった起源水が混合した
ると,水温および塩分が外洋と同値となるはずであ
ものであるとわかる。これらの起源として,富山湾へ
か ら 沿 岸 部 の 水 温(0.
3
8°
C)は 外 洋
の降水,湾内へ流入する河川水,海底湧水が考えられ
(0.
3
6°
C)とほぼ同等であり,また過去の直接測流
る。富山湾浅層水よりも塩分が低い日本海固有水も起
の流向(山田・木谷,1
9
9
4)から,富山湾西部から流
源のひとつとして挙げられるが,富山湾の密度躍層が
入した日本海深層水が,沿岸の海底地形に沿うように
水深2
0
0m 以深に存在するため,ここでは日本海固有
流動していると考えられ,沿岸域の下層水は外洋の影
水の影響を考慮しない。
れており(Nitani,
る。Fig.
3
響を受けていることがわかる。しかし,富山湾中央部
榧根(2
0
0
4)は熱赤外線画像により,神通川等の河
の水温(0.
4
2°
C)は外洋よりも高く,外洋との海水
川水が湾中央まで流入し,対馬暖流水の流れの影響に
交換が活発でないことを示唆している。
より湾東部方向へ向きを変えて広く分布していること
3.
2 富山湾浅層の低塩分水とその形成メカニズム
を指摘している。また,富山湾東部の片貝川扇状地沖
Fig.
3
より,2
0
0m 以浅の富山湾東部に
および黒部川扇状地沖には,淡水性海底湧水が存在し
は,低温・低塩分水の存在が明らかとなった。また,
ていることが報告されている(張・佐竹,2
0
0
2)
。以
および
富山湾の水塊構造と河川水・沿岸海底湧水による淡水フラックス
161
上のことから,富山湾浅層水の低塩分水(特に湾の東
部)は,湾内へ流入した対馬暖流水と降水,河川水お
よび海底湧水の混合により形成されたと考えられる。
2.
3 富山湾浅層水の物質と淡水収支
富山湾浅層水における6月の物質収支(水収支,塩
分収支)をモデル化し,富山湾浅層へ流入する淡水の
寄与量を算出する。富山湾浅層水をボックスと仮定
し,この水塊へ流入するファクター(V:体積,S:
塩分)を定義した。富山湾浅層水の水収支,塩分収支
の式は,
VP+VR+VSGD+VTi=VE+VD
(SPVP+SRVR+SSGDVSGD+STiVTi+SAVVAV−SEVE)
/
=SAV
(VP+VR+VSGD+VTi+VAV−VE)
Fig.
4
である。塩分の鉛直拡散については,水平方向の移流
量が大きいため無視した。
Box model of salinity (psu) and water budgets (108 m3/year) in Toyama Bay Shallow
Water.
,
インプットとして,降水(VP,SP),河川(VR,SR)
海底湧水(VSGD,SSGD)および対馬暖流水(VTi,STi)
がある。一方,アウトプットとして,蒸発(VE,SE)
e=k
(Es−Ea)
W
と,変質した対馬暖流水(湾内に流入した対馬暖流水
である。ここで,k は蒸発係数(=0.
1
7mm day−1hPa
と低塩分水との混合水)の湾外への移動分(VD,SD)
sec m−1)である(石崎・斎藤,1
9
7
8)
。W(ms−1)は
である(Fig.
4)
。また,富山湾浅層水は VAV,SAV と
海面の風速を示し,Es は海面飽和水蒸気圧(hPa)
,
定義した。
Ea は大気水蒸気圧(hPa)を示す。Es と Ea は次式
3.
3.
1 水収支
式
に お け る,水 収 支 の 各 体 積
(インプット:対馬暖流水量,降水量,河川水量,海
底湧水量;アウトプット:蒸発量)を求める。
インプットである富山湾内へ流入する対馬暖流水量
9
8
3年から1
9
9
2年の季節別対馬暖流水量
(VTi)は,1
1
1
(萩原,1
9
9
3)から平均データを算出し,5.
2×1
0
3
−1
を用いて算出する。
11×exp(19.
836−5419.
285(T’+
/
273.
15))
Es=6.
Ea=Es×Hu/1
0
0
ここでの T’は平均気温(°
C),Hu は相対湿度(%)
を示す。富山湾の6月の蒸発量 e は,式
にW
−1
m month とした。富山湾への総降水量(VP)は,気
1.
0°
C,Hu=7
8.
2(%)(気 象 庁,
=2.
6ms ,T’=2
象庁富山気象台における1
9
9
4年∼2
0
0
3年の6月の平均
1
9
8
6年 か ら1
9
9
8年 の 平 均 値)を 代 入 す る と2.
4mm
6
0km2か
降 水 量6.
0mm day−1お よ び 富 山 湾 表 面 積9
6
9×1
08 m3month−1
day−1となり,総蒸発量(VE)は0.
ら,1.
7×1
08 m3month−1とした。富山湾へ流入す る
となった。
河川水量(VR)は富山県の河川水量の合計値を用い
3.
3.
2 塩分収支
インプットの塩分は,富山県の
た。富山県5大河川(黒部川,常願寺川,神通川,庄
降水(3
1μS/cm)
,河川水(1
3
0μS/cm)
,および海底
川,小矢部川)の河川水量は河川水全体量に対して全
湧水(1
3
0μS/cm)の電気伝導度から算出した(SP=
体の約6
5%を占めており(富山湾水質保全研究会,
1
1,SSGD=0.
1
1)
。ま た,2
0
0
3年 の 観 測
0.
0
3,SR=0.
2
0
0
1)
,1
9
8
6年∼1
9
9
8年の6月の5大河川平均流入量
点 B0
4,B0
5,B0
6,D0
6,D0
7,F0
4(Fig.1)
8
3
−1
は5.
9×1
0 m month (富 山 湾 水 質 保 全 研 究 会,
の水深2
0
0m 以浅の平均値から対馬暖流系水の塩分は
2
0
0
1)であり,富山湾に流入する全河川水量は9.
1×
4.
2
4
1≒3
4.
2
4となり,観測点 A0
1,A0
2,B0
1,
STi=3
1
08 m3month−1と見積もった。一方アウトプットであ
B0
2,B0
3,C0
1,C0
2,C0
3,C0
4,D0
1,D0
2,D
る富山湾の蒸発量(VE)は,単位面積あたりの蒸発
0
3,D0
4,E0
1,F0
1の水深2
0
0m 以浅 の 平 均 か ら 富
量 e(mm
1997)は,
−1
day )から算出する。計算式(Yanagi,
4.
1
4
9≒3
4.
1
5となった。この値
山湾浅層水は SAV=3
は,1
9
8
7年∼1
9
9
8年における塩分の平均値,対馬暖流
162
八田・張・佐竹・石坂・中口
水(STi=3
4.
2
4)と富山湾浅層水(SAV=3
4.
1
5)の塩
1
9
8
7年∼1
9
9
8年に観測された塩分平均値と2
0
0
3年の平
分と一致した。一方,アウトプットの塩分は,蒸発水
均値が一致したため,富山湾浅層水の塩分平均値に対
4.
1
5とした。
SE=0,湾外への移動水は SD=SAV=3
する急潮の影響はないと判断した。
3.
3.
3 富山湾浅層水への海底湧水出量
水収支と
3.
3.
5 富山湾浅層水への海底湧水による栄養塩供
塩分収支から求めた富山湾へ流入する海底湧水出量
給
は,2.
3×1
08 m3month−1,変質した対馬暖流水の湾
水による溶存態栄養塩の供給量を見積もった。本研究
外への移動分は5.
6×1
011 m3month−1であるとわかっ
0
9μmol/L,NO2−+NO3−:
では,黒部川(PO43−:0.
た(Table2)
。また,海底湧水流出量は河川水量9.
1
1
3μmol/L;小山ほか,2
0
0
3)と黒部扇状地沖海底湧
5%)で
×1
08 m3month−1の 最 大 約4分 の1(最 大2
2
0μmol/L,NO2− +NO3− :7
0μmol/
水(PO43− :0.
あった(Table3)
。この値と富山県における地下水
L;小山ほか,2
0
0
3)の値を,富山湾へ流入するリン
の水収支の計算結果(地下涵養量から地下水利用量を
と窒素濃度の代表値として計算した。河川水によって
差し引いた値の河川水に対する割合2
8.
8%:伊藤・藤
8kg
供給される溶存態 PO43−-P のフラックスは,7.
井,1
9
9
3)は,ほぼ一致した。
month−1,溶存態 NO2−-N+NO3−-N のフラックスは
先に求めた富山湾の水収支から,富山湾内への淡
本観測時の富山湾浅層水は,
6
3
9kg month−1,海底湧水による PO43−-P のフラック
台風により発生した急潮(流速が通常の2倍以上,流
ス は4.
3kg month−1,溶 存 態 NO2−-N+NO3−-N の フ
向が激変)の影響を強く受けたと考えられ,今回の観
ラ ッ ク ス は8
5
1kg month−1と 見 積 も ら れ た(Table
測に基づく対馬暖流水の湾内への流入する速度および
4)
。以上のことから,海底湧水による供給量は,
流入量は,通常とは異なっているとの指摘を受けた
5%,NO2−-N+NO3−-N は 河 川
PO43−-P は 河 川 水 の5
(千手私信)
。そこで,今回のボックスモデルでは,
水の1
3
3%であった。
3.
3.
4 急潮の影響
1
9
8
3年∼1
9
9
2年の季節別対馬暖流水流量を,平均値と
Fig.
5よ り,NO2−-N+NO3−-N と PO43−-P の 濃 度
比(N/P 比)は,水深5
0∼2
0
0m の日本海,対馬暖流
して用いた。
また,塩分に関して,湾内の対馬暖流水の分布が,
水および湾西部において1
5以下であることに対し,富
通常とは異なることも考えられたが,前述したように
山湾東部(特に D0
1,F0
1)においては,高い値(1
6
∼2
2)を示した。一方,黒部扇状地沖海底湧水の N/P
Table2
Data set using for the Box model.
比は3
5
0と高く(小山ほか,2
0
0
3)
,湾東部における高
い N/P 比が海底湧水の影響だと考えられる。さらに,
D0
1と F0
1の 高 N/P 比(1
6∼2
2)は 水 深1
0
0∼1
8
0m
にまで及んでいることから,この深さにおいても海底
湧水出の可能性が考えられる。
以上のように,淡水および栄養塩フラックスは,夏
季(6月)のみの観測により求められた。今後,前節
で上述した急潮のような突発的な現象を考慮したボッ
クスモデルの構築が求められる。また,近年懸念され
ている窒素汚染の影響評価および沿岸生態系への影響
について,より精度の高い物質収支モデルが要求され
Table4
Table3
The caluculation result by the box model.
The result of nutrient fluxes.
富山湾の水塊構造と河川水・沿岸海底湧水による淡水フラックス
163
水も重要であることがわかった。
謝
辞
本研究を進めるにあたり,長崎大学・水産学部「鶴
洋丸」船長,乗組員の皆様,また東京大学・海洋研究
所「淡青丸」船長,乗組員の皆様には,大変お世話に
なりました。また,富山湾の流速及び地衡流につい
て,たくさんの助言を頂きました九州大学応用力学研
究所の千手智晴助教授,初稿に目を通していただき,
貴重なご意見を頂きました熊本大学理学部嶋田純教授
と,査読者(匿名)
,富山大学田中晋名誉教授に深く
感謝致します。栄養塩分析では近畿大学大学院化学研
究科の三橋康伸氏,沿岸海底湧水の調査にあたり,サ
ンプリングやたくさんの助言を頂きました富山大学小
山裕樹氏と,乗船準備等に協力いただいた富山大学理
学部化学計測講座学生の皆さんに感謝致します。
Fig.
5
Vertical profile of the ratio of nitrogen
(NO2−+NO−3 ) and phosphorate (PO43−) concentration. Open circles show the data of
Toyama bay and solid circles shows the
data of outer bay. Solid diamond shows the
data of Japan Sea.
本研究は,科学研究補助金「富山湾海底の地下水湧
出の実態とその海洋環境における役割の解明」(課題
番号1
4
7
4
0
3
1
3)
,
「沿岸海底湧水機構の海洋環境への影
響 評 価 お よ び 評 価 シ ス テ ム の 構 築」(課 題 番 号
1
6
6
8
1
0
0
4)
,稲盛財団「富山湾海底からの淡水湧出と
その海洋に対する影響評価」
,富山県受託研究費「富
ており,今後季節別の観測に期待したい。
山湾の海洋科学基礎研究」により行うことができまし
た。厚くお礼申し上げます。
4.ま と め
引用文献
本研究では,2
0
0
3年において富山湾内の CTD 観測
および採水を行った。その成果をまとめて次に示し
Fujii, S., Nasu, N., Smith, Alec, J., Fujii, N.,
Mizutani, Y., Shimakura, M., Konishi, K.,
た。
富山湾の水塊構造は,沿岸表層水および対馬暖流
Igarashi, C., Muramoto, J., Takemura, T.,
系水,深層水(日本海固有水)の3層構造にわける
Shimoda, T., Boggs, Jr, Sam., Fujioka, K.,
ことができる。
Mappa, H., Kawahata, H., Kong, Y. S. and
水深2
0
0m 以浅(上層)は,高塩分な対馬暖流系
Tanaka, T. (1986) Submerged forest off Nyuzen,
水と淡水(降水,河川水,海底湧水)の影響を受け
Kurobegawa alluvial fan, Toyama Bay, central
ている。
Japan. Boreas 15(4), 265―277.
海底湧水の湧出量は,富山湾の浅層ボックスモデ
8
3
−1
ルを用いて算出した結果,2.
3×1
0 m month で
あり,河川水流入量に対して最大2
5%であった。
海底湧水の溶存態栄養供給量について,リンは河
川水の5
5%,窒素は河川水の1
3
3%であった。
窒素とリンの濃度比の鉛直分布から,湾東部では
水深1
0
0∼1
8
0m でも海底湧水が湧出している可能
性があった。
萩原祥信(1
9
9
3)対馬暖流の富山湾への流量の季節変
化について.平成4年度富山県水産試験場研究発
4.
表会,9―1
今村明,石森繁樹,川崎賢一(1
9
8
5)富山湾Ⅱ物理.
日本海洋学会沿岸研究部会編,日本全国沿岸海洋
0
0
0.
誌,東京大学出版会,9
9
0―1
石崎廣,齋藤実(1
9
7
8)瀬戸内海における蒸発量につ
0.
いて.沿岸海洋研究ノート,16,1
1―2
以上のことから,富山湾の溶存態栄養塩の供給源と
伊藤敏昭,藤井昭二(1
9
9
3)富山堆積盆地の地下水の
して,今までに認識されていた河川水に加え,海底湧
4.
水収支.富山県地学地理学研究論集,10,3―1
164
八田・張・佐竹・石坂・中口
榧根勇(2
0
0
4)黒部市地下水流量等調査業務.報告
気象庁,電子閲覧室.http://www.data.kishou.go.jp/
小山裕樹,張勁,鈴木麻衣,佐竹洋,成田尚史,有井
康博,山田浩章,林清志(2
0
0
3)富山湾海底湧水
系の挙動および沿岸環境への影響評価
保全研究会報告書―富山湾の水質汚濁について
―,2―9.
書,黒部市,2
5
0.
その1―
黒部扇状地沖におけるケーススタディー―.2
0
0
3
年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム C,沿岸
海底地下水湧水系と海洋環境への影響評価要旨
集.
山田東也,木谷浩三(1
9
9
4)直接測流による富山湾の
0.
流動.日水研報告,44,1
9―3
Yanagi, T. (1997) Budget Models in the Coastal Sea.
海の研究, Vol. 6, No. 3, 163―171.
張勁,佐竹洋(2
0
0
1)富山湾における浅瀬および深海
5
6.
の海底湧水.月刊地球,23,8
5
2―8
張勁,佐竹洋(2
0
0
2)富山湾における海底湧水.海洋
0
1.
と生物,141,2
9
4―3
Nitani, H. (1972) On the deep and bottom waters in
Zhang, J. and Satake, H. (2003) The chemical char-
the Japan Sea. In: Resarch in Hydrography and
acteristics of submarine groundwater seepage
Oceanography (ed. D. Shioji), Hydrographic De-
in Toyama Bay, Central Japan. In: Land and
partment of Japan Maritime Safty Agency, To-
Marine Hydrogeology (eds. M. Taniguchi, K.
kyo 151―201.
Wang and T. Gamo), Elsevier, 45―60.
富山湾水質保全研究会(2
0
0
1)平成1
2年度富山湾水質