⦿ 自分 先 上手くい い ⦿ 社内 巻 込 仕組 を整え

 本連載
巻
結
っ肝ぱ
込
資料
, 今回
相手
。
Win
あ
, 常
優先
兼
応優先度
決
,
落
間
,次
う
巻
部門
手
上手
効率
込
い
,現場
い。
理解
い
い
出
い
込
,依頼通
現場部門
,何度
ー
上手
⦿ 社内 巻 込
,対立
言わ
社員
,現場
業活動
部門
題
あ
い
自分
間
起
。
い
思い
求
あ
部門
ー
ー
。
部門
考え
同時
1
あ
・
ン
。
手法
客満足
見
法務処理,各種
人事
ン 2014.4
www.busi-pub.com
財務
い
結
属人的
出
CS
向上
,成長
続
十
い
,徹底
業務
上
,
各自
回
う
い
, 安
い
う,悪
いう評価
い
う
顧客
向上
い
ー
い
い。
,社員
教え合
業務品質
上
全体最適
視点
持
業務
善
必要
あ
。自分
い
, 相手
,自分
結果
目標
実現
。業務
改善
最優先
,
付
あ
1990
上
作
,業務
あ
全体
創
手法
向上
向上
い。
CS 顧
雄
従業
実現
4
教育
企業
,ES
向上
う
評価
他者
企業
。LCC
。財務
特徴
成功
いう
視点,業務
視点
仕向
航空
。
ン ・
視点
う
,米国LCC
員満足度
ー
あ
改善
,求
,現場
ー
入
。
考え,企
,
BSC
対応
,全体最
え難い財務会計
100
優
い
先
視点,人・組織
ぱ
,部分最適
必要
い
。
,ES
合わ
視点,顧客
,当然
回
巻
仕組 を整え
相手
,互
優先
。現場
対応内容
適
本質
都合
っ仕事
先
課
課題
あ
年代
い
い
SWA
ン
説
守
い
い
代表例
,
,社
組織全体
取
属
。
含
考え
発揮
い
あ
手法
い
い。
組織
明
い
自分
,相
,個人
ー
創
員
い。
同様
依存
力
上
向上
う
人的
上
効果
う
う。
反応
い
込
組織全体
対応
分
,個人
高い人材
巻
進
部門
効果
ー
力
起
耳
。
わ
。
的
話
果
い
生
い
現場部門
場合,
。組織間
ン
上手くい
対
ン
,全体
。
社内
依頼
。多
仕事
構築
⦿ 自分 先
合い
各々
実行
企業
あ
互い
考え
,企業運営上必要
作業
成功
触
作成
成
立
先
文化
い。
上
互
,
改
い
い うえ
う
株式会社 ン
ー / 株式会社
T コンサ
ン
代表取締役社長
外資系 ン
ン 会社 経 ,1994 年 T ン
ン
設立 多数 戦略立案,業
務改革
携わ ,上場企業 外部監査役,社外取締役
務
2000 年
MBA
ー ,企業研修 講師
活
,09 年
ネ
実 力 高
研修,
OJT 代行
掲
ン
ー 設立 顧客企業 実務内容
込
研修
,
ョン ー ン
多数提供
い
▶井上
ー
えあ 心 ,
力 味方
TEL:032572824305 E2mail:in [email protected] URL:hががp://くくく.かhinかがaお.co.jp
押
付
図表 :自発的
─
,社員 1 人
自発的
動
,
仕組
根幹
いえ
BSC
。
SWA
成功事例
日本
90年代
BSC
導入
。抜本的
評
改革
踏
,評価
定量化
難
思わ
。
,最近
原因
企業文化
込
変え
ー
再評価,日本企業
導入方法
見直
う
え
進
,
中計
作
上
方
使わ
。例
,戦略
い
活用
含
,企業
達成
いう文
い
,巻
込
自発的
略
あ
社外 巻 込
社外
込
図
場合
成果
掛
声
あ
組
先
い
,実際
,当然
Win
,
結局協業
提携
解消
存在
。
う
主
ー
優
自分
い,
協業
論理
立
,自社
果
改革
強化
第四次中期経営計画
加工
結果
避
選択
共同
い。
。あ
論
い
わ
。戦略
原因
1
。
議
少
い
思
時流
得
い
狙い目
う
結果
得
あ
込
創
う
力
企業
, 相手
文化
上
あ
。
解説
,実行上
,運営
え
踏
い
っ肝ぱ
先
目
当然
。
* * *
評価
,現実
取
行わ
設定
,難易度
い
納得
共同
数多
収
,双方
発揮
事例
多い
い
KPI 重要業績評価指標
構築
結
ン策
ーン
複数社
う
,現実
巻
標達成度合い
評価制度
程度成功
組
図
,実務者
各社
,思
,実行面
進捗
戦略
い
,
。
,各社
進
優
多い。
残念
い。
い
込
事
,戦略実行
活動
上手
確立
・連結
ー
積極活用
・人財 育成・効率的活用
・ ン
ン 態勢 深化
・収益面 構造改革
ン
戦
ン
あ
,戦略
う
相手
優先
ン
ン
ー
客様基盤 拡大・深化
客様
接点高度化
ー
改革
・営業事務
─
ネ 連携
総合力 強化
組織 融合
共有
。目標達成
先
取
Win
ー
場合
い
多い。
・
・
・
・
向上
,目標
出
定時
目指
自社
ー
人財
視点
複数あ
先
顕
多い。 他社
関係
営業生産性
ン
ー
戦略目標 達成
文化 作 出
最終年度:平成 27 年度目標
・営業利益 330 億
・総貸出金平残 10 兆円
・総資金平残 12 兆円
・配当性向 30%程度
客様
ー ョン深化
視点
あ
ン
先
⦿戦略共有
Win-Win
視点
ー
自分
著
顧客
共有
い
い
。
巻
視点
業務
,戦略目標
創
必要
財務
業容・利益 +10%拡大
平成 25 年 3 月期対比
活用例
具体的施策
出典:
先
行わ
ー
考え
, 相手
根付
構築
BSC活用
基本方針
骨格
図表 。
ー
出
ー
視点
人材・組織
BSC
他
化
4
ン
ー
生
多
試
,根付
価制度
全社方針・
目指 姿
,
九州全域で確固たる支持 獲得する総合金融グルー
FFG ランド あ たのいちば
。の磨き上げ
企業
参考
後半
込
ン
ン
ー
,中期経営計画 具体的方針 策定
考え方 活用
い
個人力
, ー 組織 総合力
ー
作
,自発的
巻 込
生 , い
相手 先
構築 取 組
い
作
1
巻
,読者
い
皆様
考慮点
幸い
実務
あ
2014.4 人事
ン
www.busi-pub.com
押
活
。
101