J-BILAT 2012 年第 1 回セミナー 日欧のイノベーション戦略と研究開発

J-BILAT_AS1_0v82
2012 年 3 月 22 日 / 22nd March 2012
J-BILAT 2012 年第 1 回セミナー
日欧のイノベーション戦略と研究開発協力
キーワード:「イノベーション」「欧州との連携」「FP7」「HORIZON2020」「標準化」
J-BILAT 2012 Seminar No.1
EU/Japan Innovation Strategy and Cooperation in R&D
Key words: Innovation, Cooperation with Europe, FP7, HORIZON2020, Standardization
1.
趣旨:
本年設立 25 周年を迎える日欧産業協力センターは、これまでの日欧産業界へのサービス
や政策提言といった活動に加え、科学・技術、イノベーションに於ける日欧協力の促進
も活動の柱として掲げており、特に 2010 年 1 月からは 3 年間の予定で日本における EU
の第 7 次研究枠組み(FP7)情報サービス事業(J-BILAT プロジェクト)を通じ、関連す
る有益な情報を発信してきました。
日本の新成長戦略においてはグリーンイノベーション・ライフイノベーションの促進が
謳われ、また欧州委員会 EC が昨年末に提案した第 7 次フレームワークプログラム(FP7)
FP7 に続く次期の枠組 HORIZON2020 では、イノベーションが大きなキーワードとなっ
ています。日・EC 科学・技術協力協定が 2011 年 3 月 29 日に正式に発効してから一年が
経ち、日欧間の研究開発協力の一層の強化が進む中、増々重要性の高まるイノベーショ
ンに関連する様々な話題の中から、特に産業イノベーション、イノベーションと教育、
イノベーション促進の仕組の3つに焦点を当てたセミナーを開催し、日欧連携の更なる
強化に寄与することを目標としています。
Background and Objectives
The EU-Japan Centre for Industrial Cooperation, founded 25 years ago, has the promotion of EUJapan cooperation in Science, Technology and Innovation (STI) as one of the pillars of activities, in
addition to the services to the industry and policy advice. Especially, since January 2010, it has been
providing useful information on FP7 through the J-BILAT project.
While “Green Innovation” and “Life Innovation” are promoted in Japan’s New Growth Strategy
published in June 2010, innovation appeared as one of the most important keywords in the
HORIZON2020, framework that follows FP7. Now, one year since the ratification of the EC-Japan
science and technology cooperation agreement, further reinforcement of the EU-Japan cooperation
in STI is underway. In this seminar, three topics will be highlighted especially to further reinforce the
EU-Japan cooperation: industrial innovation and EU-Japan cooperation, innovation and education,
and systems supporting the promotion of innovation.
J-BILAT_AS1_0v82
2012 年 3 月 22 日 / 22nd March 2012
2.
主催: J-BILAT プロジェクト
共催: INCONTACT- One World プロジェクト
(http://www.ncp-incontact.eu/ )
Organized by: J-BILAT project
Co-organized by: INCONTACT- One World project (http://www.ncp-incontact.eu/ )
3.
対象:公的研究機関及び企業の研究者、研究開発担当マネージャー、政策決定者、官公庁や
助成団体関係者、メディア等 100 名程度。
Target audience: Researchers and R&D managers from public/private organizations, policy makers,
public administration and funding agencies, other multipliers including media and European embassies, ca.
100 participants in total
4.
日時と会場:
2012 年 4 月 23 日(月)14:00 ~ 18:00 (受付開始 13:30)
品川フロントビル会議室(B1 階)(東京)
http://www.front-c.jp/access/index.html
Date and Venue:
Monday, 23rd April 2012, 14:00 – 18:00 (registration starts at 13:30)
B1, Shinagawa Front Building (Tokyo)
2-3-13 Konan, Minato-ku, Tokyo 108-0075
http://www.front-c.jp/access/index.html (only in Japanese)
5.
使用言語:日本語または英語、同時通訳有り
Language: Japanese or English, with simultaneous interpretation
6.
参加費及び参加登録:
参加は無料ですが、事前登録をお願いしていますので、オンライン登録
http://www.j-bilat.eu/registration-seminar
もしくは氏名(ふりがな及びアルファベット)、所属(和名・英名)、役職(和名・英
名)、電話番号、メールアドレスをご明記の上、下記アドレス宛のメールにてお申し込み
下さい。
[email protected]
[email protected]聴衆として対象とする以外の方からのお
申し込みはお断りする場合がございます。
Participation is free, with advance registration. Registration can be done either by using the following
online registration form
http://www.j-bilat.eu/registration-seminar
or by sending an e-mail to the following address with your name, affiliation, title, phone number, and email address:
[email protected]
J-BILAT_AS1_0v82
2012 年 3 月 22 日 / 22nd March 2012
Please note, that registration from outside the targeted communities may be rejected. An e-mail
confirming the acceptance will be sent prior to the workshop.
7.
概要(変更の可能性あり):
最新版は以下のウェブサイトに随時掲載します。
Programme (subject to change)
Latest programme can be downloaded from the following site:
http://www.j-bilat.eu/seminar/AS_1
J-BILAT_AS1_0v82
2012 年 3 月 22 日 / 22nd March 2012
時間・言語
Time
Language
14:00-14:10
日/英
JP/EN
概要 Programme
開会の挨拶 Opening
日欧産業協力センター 次長、J-BILAT プロジェクト代表 ファブリツィオ・ムラ
Dr. Fabrizio MURA, EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
第1部: 産業イノベーションと日欧連携
Part I: Industrial innovation and EU-Japan cooperation
14:10-14:40
日/英
JP/EN
14:40-15:10
英
EN
15:10-15:30
英
EN
15:30-16:00
「経産省のイノベーション政策及び戦略」
"METI's innovation policy and strategy"
上田 洋二 氏、経済産業省 産業技術環境局 国際室長
Mr. Yoji Ueda, International Affairs Office, Industrial Science and Technology
Policy, Ministry of Economy, Trade and Industry
"EU’s innovation policy and strategy"
「EU のイノベーション政策と戦略」
シルヴィウ・ジョラ、日欧産業協力センター 事務局長
Dr. Silviu JORA, General Manager, EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
“Sweden, EU and the World – An Innovation Agency Perspective”
「スウェーデン、EU と世界 – イノベーション振興機関の視点」
ヘンリック・フリデン 氏、VINNOVA(スウェーデン イノベーションシステム庁)
Dr. Henrik Fridén, VINNOVA (Swedish Governmental Agency for Innovation Systems)
休憩・ネットワーキング
Networking break with coffee/tea
第2部: イノベーションと教育
Part II: Innovation and education
16:00-16:30
(TBD)
(TBD)
16:30-17:00
日/英
JP/EN
「日米のイノベーションの違い」
“How Innovation is Different between the US and Japan”
福田 収一 教授、コンサルティング教授、スタンフォード大学、デザインディビジョン
Prof. Shuichi Fukuda, Consulting Professor, Stanford University, Design Division
第 3 部: イノベーション促進を支える仕組
Part III: Systems supporting the promotion of innovation
17:00-17:30
“National Contact Points: system, service and assistance for FP7 participants”
英
EN
Mr. Epaminondas Christofilopoulos, International Cooperation, Head of Unit,
PRAXI / HELP-FORWARD Network, Greece
エパミノンダス・クリストフィロプロス 氏、PRAXI / HELP-FORWARD ネットワーク 国際
協力課長(ギリシャ)
17:30-17:50
日/英
JP/EN
17:50-18:00
英
JEN
FP7 から HORIZON2020 へ
From FP7 to HORIZON2020
日欧産業協力センター J-BILAT 担当プロジェクトマネージャー 市岡 利康
Dr. Toshiyasu ICHIOKA, EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
結論及び結辞 Conclusion and closing
塚本 弘、日欧産業協力センター 事務局長
Mr. Hiroshi Tsukamoto, General Manager, EU-Japan Centre for Industrial
Cooperation