脳脊髄液減少症(pdf) - 障害年金

脳脊髄液減少症
1級の認定事例
,
様式第1
2
0
号の3
⑮
き八
同民年金
厚生年金保険
1
?
{
フ
氏リガナ)
I0
0
0
書
断
日/
等~
0
住所。;関税。lo o
p
m年
9
.
l .@
1 月 18日 (26ftl
j
F oo
oo
@ 酬 の 発 生 何 日 謬 22年 6 月 15日 予 慌 に 「 存
①降客の原因
となった
脳脊髄液減少症〈脳背髄液漏出症)
@必践活
傷病名
@傷病の原因転倒
又は鯵図
初診年月日{昭和・唖j)22年 6 月
①
1級 認 定 事 倒
{肢体の律相
傷病が拾った{疲状が固定して治
療の効果が期待できない状態を合
む.)かどうか.
な
⑤既存
障害
20 白}
傷病が治っている場合
H
・・
.
.
.
治った日
H
レ
@
平成
場ま
合た
なし
年
傷病が治っていない場合………疲状のよくなる見込
無
有
確隠
1主・ I~
そ本
f
E 定
をの
GE
〉
穂
I
.
'
l
申
立
H
月
月日ち
ら
2
2
入。
11て
Lで
国
IJJ和 -1~.c:L:干 6 Jj 20 日}
⑨
(
ぉ混在までの治撲の内
原 容他期間、経過、そ
いの参考となる事項
、
〈
み
僻的治療で経過観察するも症制改善しないため、路樹液減少症の診断のもと、
硬膜外自家血注入療浩を施行し、ある程度の改善を認めだが白中の太半を臥床して
過ごしている.通践が不司能なため在宅療震を受けている.
被
岡
の
曹
I
1
主
直切断
部乎関節前腕肘側節
位
態
状
1 ~
{平成包年
c
m
l 血圧│最大
の ⑮ 計 譲j 身 長
体重
2
回
18 日現定}
阻 I
I
g
閥均
kgI .
.
_._..
_j続小
J
:I
右肩関節 pnwh
,
C42
是関節下 M
II
喜朗節大腿綾関節
関節関節
・
2
右
⑪
+
〆
,
I~
I I
-
J認でi
""日J
Z
t
い能
i
折
,
年
.
.
.
.
.
月 日
て
わ
年 月 日
3
:
E
、
品
ゑ
Jf- 運 動 時 i
R語dB
関
脊 柱 の 可 動 域
で
部位酬の醐前属後制右側在附右問旋左問旋
酬の痛み
・
有
すぐ上の闘節の異常
祭
主住
自動的
〈 の 頚 郎
だ
他動的
さ f
章
戸
い
自動的
I
胸腹部柑師ず
"
I
I
・
釘
祭
【 告 瑚 合i
こは仰に記入して〈ださい}
ごど~
!
日
J
E
戸
:
:
r
I~
I
I~
I
d
戸戸--r-♂
_
_
_
,
.
-
容
じ
よ
ー
月 '"~
T 吋
m
中在
2
間
24 困
年
診
│
数
│
g
参
LZ
たの
等E
耳閉塞感、耳偽り、めまい、立ちくらみ等を訴え、頭部MRIに て 使 関 巴 底 脊 髄 MRIにて鎚波漏出を偲めた.
初D年月日
官~内 ~'"_u ~~".I
z
号
れ人
平成 22年6月 158に範倒、曽部を強く訂j美しだ.それ以後、起立時の頭痛、首都痛、 U~の奥の痛み、銭視、
@診断書作成医療機関
における初診時所見
i
主
Z
号
}
EE22年 6 月初日{望書評日}打骨差
ι
ニ
I
I~
e
l
J
戸戸-
外
⑬
起
E
主役性
観
肉
節
f
t
f
重E
百及びモの限度
l
!
Ii
l
i
'
性
脳性・
膏髄性・
知覚前線(A!l失・
麻
反
皇
軍
射
1
:
肢│下
1
- tL一一一ーーー
他
品 目 押
排尿f
章 子 干1
有
部 位
失調性
不随意運動使
末t
古紳経性・
鈍師事・
続性・
無1
排 便1
障害有
無
J
e動
)
t
旨
動
i
I
f
節関紙
向t
F
l文 は そ の 癒 復 有
栂
開
1
J 1
______
母指示街中{皆様
b
位
.
m d
b
l
f
i
申 展 騎 尚 1
4
1 鍵尉他伸 J
右
ー
-
中下(足)指節間関節(1¥I
p)
左
1
ー
ー
ー
- F
戸
JE~F-塀'
ル イn
市民閥‘曲仲厳
レ
ー
ー
一
-
左
こ書韓関係~綱に~ra^,する必要はありlI'せん. {
需 隣S
震な婦は、斜線により錬j
肖L.てください.)
i
無
~
近位m節l間関節 (Pl~f
明 謂E
宙開関節}
1
1
右 戸 - - 戸 た
e
回-lIt"寸ホピンλト反射 l
その偵の病的反射
こ
!
肢
下
肢 1
'
"t':
t
J
.
キー反射 i
その他の病的反射 L
一 戸 戸J
⑮
回 目 - - - -
過敏・異常}
Iñ';~ilill 戸 ユ
~_
m
,
_
e
平Z
FF年 月 日
ム
受
自
しんせん位
強間佳
その他(心凶怯のものと忽われる場合1~fじてください. )
運
明
書一伽
陣
ぉ
の
{平球 24 .
i
f 11
J 18 段現在}
状
t
.
:
(
(
l
郎
銅
器⑫
肩
動
, ~I
及
:
;
'
:
1
遺
型l議
随一関
1可
健l
l
羽
肘一手
動1
綾1 関
i
まl 節
?I
.
.
1 び
般
l
期
て
膝
関一関
品震
さ
足
対カ
し
も~I⑬
e
J cml
_e
.
1
⑬
c
m
l
e
m
l
c
m
l
「一人でうまくできる駒合には
H
・
・
.
.
.
.
.
.
・
H
H
I
判断してください。
H
L一人で全くできない得合l
こは
常
c
m
l c
m
l c
m
l .c
m
l
・ ・
.
.
.
.
.
.
・
H
H
c
m
l
c
田
ヘ
・
.
.
r
O
J ;
-
i
i
I
│一人でできτもやや不自由な場合同・…… ・ ・-… r06J 総 当 す る 記 号
1 .
.~~~.....~~ ~_. .. ._.~
~ Iを 下 側 に 記 入
一人でできるが非常に不自向鳩合同・・ ・ ・
.
.
.
・ ・
.r6XJ し て く だ さ い .
補助用異を使用しない状態で
日
ー
一
ー
左
l
指
上政長│上甑[
#
H
同扇 i
瑚l下肢長 1:大腿悶|下腿図 I_L!凶~詰凧il'lIl 下紋長 l :k飽凶 i 下麗閥
四肢長及び四肢図
l
i
H
H
H
I
H
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
.
.
.
.
・
・
.
.
.
.
・
・
・
・.
.
r
X
J '
-
I
ノ
日常生活動作
l 本 │ 在
I~!!!::主主主一一一一一一一一一一一一.....1....五.....J......~.一一
I
b借 る
t
丸めた適刊誌が引き続け加、程度)
I__4~__ I
n廃る (i巨僅・織すわ 0・あぐら・跨な Ift
:
:
I
.
.J
1
活 I七;r
η日コ~万E
ご
η 硲長玉
9目一…….….日……….目一.白一.日(玉混
z芸五五.玉品誕石詰正必釘
ιi'……….山….日一.一.一…….一一.目一.目.一…….白.………..““1員説搭手亨.……….目一.一一"一一….目.'E云支
rγ
日一..一…….目一.日一圃一"'1
ω ような柑礎身射を持械使する引】
I
d
.X
動
ひι
を棺ぶ
同手
企X
1
0滞〈おじぎ t
腕 礼1
をする
I
:
・・一一一一一一一一一日
0 抗 で 僻 計 る
1
Id
.X I d
.X I
I
'
!
T
<( 酬
I
X
日常生活動作
右
生 L~..?_!:.~......….5m4S113忠士l'開)・.....1
d
.X
1_
.
6
.X
r
作[!::~ぉ:二二.-....恵三5555f安二二::]
1ffl使町処置をす昌
の
隊
害
{ズボンの前叫ころに手をやる)
d
.X
左
!
1 d
.X
I d.X
I d.X 1 d.X
I~ïi<.<.ïi~ï--一一一一一一一一一一一一下一一一一γ
L ,"~L ,nIT 宜附L
[~:~~~?~~~!~二翌日ヨ:="'~'t'をこここ::]....~~....1…主主=r山町:J
~~上衣の曹既
4
'
.
.
:~;,--t'持て足。
↓両手
r
iJ;j{;J否反・・・・…つ(3
3
2
J
L
Z
Z
1
百ボタ Yをとめるi
'
l
l
両手
イ玄伽'MU1で
き
ででM
~~.........~ .階段時岳 IT~すリL
l
¥
x
.
.
.
.
.
.
_
.
.
.
.
.
.
ls ar:.c~.K I でt吾
1ででいる
l~.
剥fン由普段
fどのような資腸でも土い~...........L胃手
~~.........J. !
IQ i
:
J
.
J9
5I ア 手 付 札
~............;-.;;.........;.....:...~;;......................~~:..............~:.~.........~亀階段i:降りる
X
.
x
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
l
i平
i衡
度
!能 10不可能である.
⑩
1 1 .1:肢楠装具
l彼
9
1
'
'
'
'
'
'
f
f
!
l I呈 杖 (
"
1
1
Iィ 書 少 恒 明 Lそうに伝。たり主畠山・たりするが !!":4噴き通七
_
l
Q
。手すりが.1,
[email protected]
!
tA
t
非加こ不自由
'てもで書刷、
白腕状・他党所見及び検査訴見
_
岡 山 惜 し<
t-5めいて‘歩仔をや肘臼を骨帆
2 下肢榔装具{左. ;
t
.
j
) ,
.
、
l
左記の使llJ状 i
l
lにつL句、〈わしく記入して〈ださい.
4~ f
l 伏(左・右}
常時{館まよりを 寝まで}使用
‘
6
行 司
t
イときどき使1
1
1
ト
3
i
g
;
助 用 1(
5
)J
l
t
僚
子
用 状 ! 子その他
具況 1
(具体的に
L~
i
i
i
Iア h ゆ き 週 土
│ア可能である._
│ イ 不安定である.
t
l~ 使用せず
,
、
防その他の精神・身体の崎の状態
賓館陣奮がある場合は抜歯するものを 1
つOで厨んで〈ださい.
24年 1 月 18 B
o0 病院
E
金療娘当科名
所 在 地
0 0市0 0
町0 0
医師氏名
路神経外科
o0
0 0
印
・
平成
病院又l
ま鯵療所の名称
戸 LF
上犯のとおり、診断します.
晶
e
でい
考
f
I~僑
不変
ゐz
s
- ・ &C
後
f
必ず記入して〈ださい}
はで
人情
他理
会e
(Jdず記入して〈記事叫
Fc
m
M
i
&e
ででがで
n
~一一一
一一
補助用具を使用しない状語で羽扇じて〈ださい.)
│現鐙時の日常生活活 l
動能力及び労働能力│ 臼常生活の中での作業は、自力では不可能なことが殆どで介助を要する.湾働能力 l
eI:皆無である.
が人い
z
るる他な
て践解て
b はでも
い家理い
聞がは閉
が話践が
雄会寧緯
がるがが
話よ話話
会に会会
FF31
m
muum
常話常常
日電 H 日
4
・
・
官"の0
会 路 紋S
V
A
a
情緒不安定、全身嬉1
1が酪い.長い関車章生活でゆ身共に疲弊している.
日中のほとんどを臥床して過ごしている.
ω
│予
白支持品。て
,
_
,L"Ca"ない
タ 手 村 品 川 で き @ 材 " がh
る抑制こ不自由
てもできない
イ手す
向
きるが特不自由
~ N~~H '
.
1 ~I
1
1 問販での包立・立位保待の状態
I
2 間限での直線 1'Om歩行の状懸
の
程
54
'
非刷工不自由
イ乎ナザあ hJ
1
で
輩吾川肝自由
g
rï"iiï-=誌 Z…ー・・('~-;;".i';五五抗日い ï..........~両手
ク却があれば怜
るが特柑由
く脳脊髄液減少症〈脳脊髄液漏出症)
'1級>
r
〉
(
f 記
0 本側は、初診臼が「平成 22年 6月'15日」であるので、障害認定臼は?
年 6月後の平成 23年'12月'15日となる。
この診断書の障害の状態は、平成 24年 1月'18日現症のもので、障害認
定日以降 3月以内の診断書であるので、障害認定日の障害の状態はこれで確
認できる。
0 傷病は「脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)[email protected]@
欄は必ず記載されていなければならない。
0 [email protected]とが必須である。
置認定
障害の程度は、関眼での起立・立位保持が不可能であり、開眼での富線'10m
歩行が困難である。また、全身の痛みが酷く 1
1
1
¥易共に疲弊しており、日常生活
動作が一人で全くできない、又は一人でできるが非常に不自由な状態で、ほと
んど介助を要する状態となっており、日中の大半を臥床して過ごしていること
から、「日常生活の用を弁することを不能ならしめる程度のものJに該当すると
認められるので、 1級 9号と認定される。
脳青髄液減少症
2級の認定事例
様式第 1
2
0
号の3
@
留民年金
誕生年金保険
名
。。。。
f
t
所
断
匂~
。。
住所A
阜
の
l
I
I
=
使
信
号
。
o
l
o
H
I
o
o
l
o
l
o
l
40年 4 月 24日 付 加 │ 努 ・ @
zo 0
o0
郎市
区
2級 認 定 事 倒
書倣体の時期
0000000
(7!
J;
1
1
ナ}
氏
言
。
与
口ノ
ω障害の原因
区
持
弓のE
22年 6 月 30日 空 戦 }
@ 腕 時 間 仰 謬
t
mc
脳脊髄液減少症〈脳背髄液漏出症〉
~なった
傷病名
都
昭
和 22年 7 月 2 日 t
、
墜
宮
事
嬰
司
蚕
墜
室
竺
@ ①
の
の
診
た
療
め
授
割
』
め
け
て
た
日
@傷病の!Ji{肉
初S
書年月日{昭和・平成
又は量産図
⑦
傷病が治った{症状が同定して治
合
療の効果が期待できない状態を
む。)かどうか.
ー
亭
月
⑥
既
障
寄
古
日}
二
さ
凹露
I
』
⑥既往症
なし
なし
弱ま
u
モ本
告た
は
、
は
『
治った H
傷病が治っている場合
…
…
…
傷病が治っていない場合
③
診断書作成診
際療機関
における初時所見
初陰年月日
曜
録
申
で
f
t緯
平成
年
症状のよくなる見込
月
れ人
緯定
を由
i
'
!
'
(
<l
'
!
@::>
無
有
確箆
t..~
た叩
年ど
Jl~
22
す
年
る
6
だ
月
め
3
0
1
草日子、を運宛臓てのい仕た事が中、、.い荷物を持ち上げ伝直後から日激中しでいも頭半痛分、以頚上部臥痛民、めまい感が出現、 臥床する
平
と
軽
成
滋
紋 Bたっても症状が改善ぜず、
床の状態.
R~
をか
記を
人0
しで
て幽
だ
〈み
<
J
3
伽
・ @>22
年71
l2
A
)
│
⑨
諺
保f.1的治療で経過観察するも症状が改箸しないため、脳鎚It
,
溶
、
宵
減
頭
髄
滋
少
痛
症
減
な
の
少
ど
が
診
症
断
強
を疑い、省髄
ブ
MRI検査を行つだと状このろ樋軽渡減漏をみ出てをい
獲窃しだ.脳背
のもとに
ラッドパッチを行い症
るが依然めま
く残ってい
る.
s現(fまでの治療の内
容、期考
間、経過、そ
の他参 となる事項
,
B
F
司
E
隊
の
状
い
円
E
体 重J
i
,側、
量提
⑪
切
郎手関節前腕
位
j
郎
I
ω
手自
{動
足
〉可
t
旨動
関域
節
酬の摘み
依運動的閥的屈
・
釘
後組
、
L
)
文
字
ごっ工戸
すぐ上白関節の鮒
祭
有
・
無
の
型
車
{有の場合同地備に紀入してください}
I
ま
、
Y
布倒尉左側勝右四銭左目縫
I
e
入
漏
れ
由t
な
い
よ
自動的
頚部
ト--r-
自動的
隣綬郎
事
E
飽
・ 悠
i
b
:
.
性
・ 不随意運動性
・ 失調性
・ 強制性
・ しんせん性
ーー-脳怯 ・ 脊
f
,
1
位 ・ 求f
白神経性 ・ 筋性 ・ その他(.む図位のものと思われる場合は
「じて〈ださい.)
知覚I
倖 嫁 { 脱 失 ・ 鈍I
H .過敏・異常}
右
?
干
.
肢 "
.
tツz
←反射 i
そ白色の病的反射
政
王
ー
f
I
t
i
i
‘E
')I;t←反射その飽の病的反射 上
肢│下
砲総生
t
主
種領及びその程度
身t
反
う
..-
銃
悶
起
..--
~
他動的
.
z
.
人工1
U
J
!
-人工悶
節の袋詰
の状態
お
太
麻
海
(
穎
脊 柱 の 可 動 域
外
⑬
2 回
I
g
副
ぷ て : 年 月 目
年 月 日
---咽甑百ず
ω
l血
kg
J
-圧
.
- l
I
動l
、
24 年 1 ,
E
j 18
数
1
3現症}
I I.
I I.
I I
J
.
"
一'戸〆
.
r
章
。脅
月平均
伺
_
怜
~I
‘
.
も1
_v-片 /
!
iの
註
24 回
g
.
t
関 節 上 腕 肩 関 節 附 ) lI
Y
I
"九 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節
関節関節
~・運動時
!
喜
間
献ウヂ
(平成
右
s
・ 9
3 離
~I
態
考Z
療
_
.
.
.
- {
也
ー』ーーーー
排尿障嘗
ー
E
革
有
f
.
i
J
草
使F
阜書
~イfて77
部
(
f
L
中手{足)!Ii節側関節 (MI
'
)
・
j
!
I
位
指
節
時
ぞ
間
恒
関
寝
節
間
(
1
'
関
;
節
ぷ
}
レ
ー
ー
指
母
原
右!
t
r
.
ー
哲
戸
,
.
t
本人の障害の程度及川校 E}に源問機
-
(
I
f
u申
司
さ
1
i
l1
E
l
¥
曲仲
纏
J
骨
左
10
10
KE
J
指
中
民 k
d
E
車
有
右
カ
- -ー
-
~繍に Itl
得"
:
1又はその線復
無
@
偽{申
環
I
i
i
! 且
F
指
r
明i
寸
百
KE
ー~官
展廊
トー-
1
人す.()!E!Rはあり Eせん.(11
i
関係な欄は、斜線により抹消してください
l
~h 付,
展
入
し
て
〈
だ
さ
い
.
{お回腸
、
、
書
障
の
状
bvmw可動績は
徳鎮
@
肩
抽回総についても記入して︿ださL
関
、 節
可
動
成
&
関
節
H
鈎
!
節
守
主
関
節
迷
股
膝
足
⑬
:
櫛
節
節
関
i
甥
蜘
仲
展
節
一一
内
伝
外
伝
曲
伸
背
尊E
屈
展
原
廊
幽
伸
1
1
4
内
伝
外
転
知
d
I
J
.
m
び
動
筋
力
腐
f~l
展
背
底
思
制
.
.
h
.~
一 4.
ど.
一一
ト-_.
12
一一一回
"7
四日時四' .
.
.
.
.
.
.・
・
・
ー
・
・
ー
.
.
.ー
ー
・
・
.?
・
・
・
・ ー
・
ー
・
・
・
・
・
・
・
ーー
・
ー
・
_
.
.
.
.
.
.
.
_
_
.
.
.
.
ーー
・
・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
_
-.
.
・
・
ー
ー
ー
ー
.
.ー
ー
ー
・
・
--ー
ー
.
.
_
.
.
_
_
.
.
_
.
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.・
_
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
.
.
.
_
.
.
.
.
...・・・一一一 ー
・
・
・
区
芝
.
.
.
.一一ー----.
.
'
L
.
三
.
.
. ー... .
.
.
.
.ー----・
.
..
・
ー
・
・
・-
v子
.
.
.
.
.
.
.
"
'
;
;
:
;
;
'
・
.
ー
骨
骨
骨
.
.
. ー
・
.
.一一一日目・ ー
"
'
.
.
_
-ー・・.ー・晶ーー
.
.
.
.
.
_
_
.
.
骨
・
.
.
..
~
/'
/
.
.
.
.
_
_ー
.
.
.
.
.
.
.
._
.
.
.ー
・
・
・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
-.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ー
ー
・
・
・
・ 一
時
・
・
ー
ー
・
ー
ー
ー
.・
・
ー
ー
〈 鼠鰐話量生
包場将司
方
す
拘
,
‘
Ul
i
:
耳a
(
,
j
;
v
"'7
ー
ー
・
・
・
ー
ー
.
.
.
~
2邸嗣主
日て"・ _
_
_
wー
・
ー
圃
.
.・
・
.
.一
"
,
.
.
.
.
_
.
.
.
.ー
・
・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.ー
・
.
..
.
ー
ー
一
ー
町
一
.
.ーー・・...喧..-・・ーー 一一
-
.
.
.
.
.
.
_
_
.
.
ー
.
.・
・
.
.ー
・
・
・ ・
・
.
.ー
・
・
・
・
.
ー
.
.
.・
ー
・
・
.
.
.
_
_
.
.
.
. 日目.
・
・
・
-.
ー
ー
ー
・
ー
・
.
ー
ー
・
・
ー・
ー .
右
四肢長及び四肢図
大腿凶
4
1
E
佃
血
⑬
E国
J
,時五
下腿図
E
国
E
皿
E血
E
皿
c
m
_
.
.
_
c
m
下腿[Is
c
m
E
田
.
.
.
r
町
o
伯
企
削JI
絞当する記争
a
一人でできるが非常に不自向な嶋舎には...........・・・・・ r
.
o
.x
J
判断してください。
大腿閥
下肢長
M
人時で時間て
ι
叫
押蜘不柑
軸品*捕含相同哨企
補助用具を使用しない状態で
ー
ー
ー
ー
左
1
時 下肢長
J
:
腕 側 前腕[
ー上絞長
日
日現症}
左
関節可動域(角度}
関節運動筋力
関節可動駿(角度}
J
関 節 運 動 筋}
や
民 宇滋 嘗縫 摘失 強鹿股f
動場 飽勤可急場 正曾 守司~~~量 干減 書長ま 消失
主 自動画f
強痕段位 白書量可重量鰻 他動可動~ 正常 や
W〆
.
.
司
・
・
・
・
・ー
・
,
ー
ー
・
.
・
ー
ー・
・
・
・
・
・
・
・
噌
'司
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・・
ー
・
ー
・
・ 日目.一 一 一 一 一 『・.
佼
諦
、
24 年 1 j
j 18
(平成
態
右
運動の
を下欄に記入
してください.
一人で全くできない場合には・・・・・・・・......・・・ .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
r
x
J
常
生
活
動
f
1
=
の
隊
害
日 常 生 活 動 作
右
a つまむ
{続糊続が引き抜けない程度}
OA
b鐙
る
【丸めた週刊IM'~1 量投げない程度}
06
e タオル*'依る
<**'量れる程度』
筒手
ー
,
一
一
一
一
ー
ー
ー
.
.
・
司
目
・
・
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
一
一
一
一
一
.
.
.
…
…
・
d ひもを結ぶ
両手
.
.
.
・
.
.
.
.
.
_
.
.
_
_
.
.
.
.
.
.
.
.
・
・
・
.
.
.
ー
ー
・
.
.
.
ー
ー
.
.
ー
ー
・
・
・
・
ー
ー
ー
・
・
・
・
・
.
.
ー
・
・
・
・
・・
。さじで食事をする
0.
6
.
町
一
白
山
町
一
一
一
一
一
日
・
・
町
一
_
.
.
.
.
.
.
.
・
・
・
・
・
ー
ー
一
一
一
ー
一
f.
1
賓
を
i
1
:
う
{却に手町ひらをつける}
0.
6
.
圃
・
'
"
・
・
・
・
・
・
・
・
・
.
.
.
・
・
ー
・
ー
,
・
ー
・
ー
・
岨
・
・
・
・
ー
ー
・
・
ー
ー
ー
.
.
.
.
.
_
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
_
・
・
畠
・
・喧
g m f<葺白色~をする
{ズボ Y四前申』ところ I
工手をやる}
0.
6
.
・
ー
・
申
骨
骨
.
.
.
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
_
_
.
.
・
・
.
.
.
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ ・ ・・
・
hm
使,1)処置をする f
尻のところに手をやる}
0.
6
.
t上衣の普段
ω・ぷりシャツを曹てEt寸}
両手
i上京の曹民
t
ヲイシi'ツを昔てポ?:.-をとめる} 両手
kX
ポンの曹民
{どのような姿鈴でもよい3
両手
E
4
H
IJ
t
下
を
r
;
t
<
の
稜
衝
平
度
能
鋪
⑮使
助用
用状
具況
機
H
H
(!!のような資鈴でむよい}
。
ア可能である.
1 陶即時立雄酬の嶋
イ 不安定である.
河手
右t
I OA
I OA
06
AX
O.
.
d
.
O.
.
d
.
I O.
.
d
.
I O.
.
d
.
.
.
d
.X
.
6
.X
AX
.
6
.X
日 常 生 活 動 作
.
.
.
.
・
・
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
・
・
・
.
"
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
・
ー
ー
・
・
・
ー
ー
・
・
・
ー
・
ー
.
.
・
・
・
・・
・
・
暗
唱
.
.
.
.
。探〈お巴:YUl依札〉をする
p!
T
< 【屋内}
一一ー一一一日目・・・・・・ ・
・
・
・
・
・
・
一
一
ー
・
ー
ー
・
・
骨
目
白
・
・
ー
・
一
一
日
目
・
q 歩< <
屋外}
4
OA
。
.
6
.
.
.
d
.X
H
z 立ち上が弔
.
ア主持fll
ででき昂
イ主持があればで害
るがや令不自由
P
ー
)
.
るt持
が
帯
出
あ
れ
ば
で
き
d
h
z
c支持があ。て
s階
段をIlる
T~す砂な L
イ手すりがあればで
きるがやや下車両
P
、
:
)
畠
手
す
が
#
り
が
定
あ
に
れ
不
ば
自
で
由
き
z手
て
す
ιりがあ。
手竹札
階段を降切る アで
でいる
イ宇t9~'柏町で
@手すり t
'
あれば時エ手す"があ。
るが井曹に不自由
てもできない
Z
ででいる
量ヮすぐ 幹事選'1'.
l
E
0多少転倒しそうにな勺
~9 l:?制吃けるが E うにか針通すe
4
…
きるがやや下自由
I
*に不自
も
でi
き
な
い
てできない
1
1
一阻箱
O
f
型
、
盛
t
τ
泊伸E
、
品
〈
一b
、
旦
の
M暫
f
I
E
臥
主
え
伊
で
し
倒
て
豆
札
乞
旦
問
て
制
し
、ま
見う.
問
伝倒あるいは曹1.(日めいて.喜多情をや跨せざるを再ない.
2下t止肢薬欄装具紋{{左左・右心f}}
6 4 V
6歩 行 車
車筋子
...~~....L..企 X
6X
ー
・
・
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
・
ー
ー
ー
ー
"
・
ー
ー
・
・
・
・
・
・
ー
ー
・
ー
・
・
・
ー
・
・
ー
ー.
.
・
ー
・
・
唱
曲
・
噌
,
・
・
ー
・
ー
ー
ー
ー
・
ー
田 監
る
[
i
F
J
圭
【
・
こ
慨
の
す
よ
む
う
り
な
・
掻
あm
ぐ
t
ら
持
・
続
綜
す
な
る
げ
】だし1
1
iz
ィ
7 闘 相 醐 10m捕 時 隼
不可能である.
1上
t
主肢{蹄袋共
t
;
:
_
右
m 片足で立つ
左認の
ときどき使用
使用せず
7 その他
く記入しくどさい,
屋内は伝い渉き、屋外は主に車椅子を使用して
いる.
{具体的に
@その他の精神・身体の障害の状態
賃値障害がある場合は践溢するものを I
つOで囲んで〈ださい.
s
痛
が
、
あ両層痛、 r
l
l
l気I
優位、倦怠・易疲労感、めまい、修行困灘、耳喝りなどの
多
頭
痛
織
、
な
症
頚
状
I
l
り、日中の半分以上は臥床している状態である.
1
~
日常会揺が躍が闘いても理解できる z
2
2 電 話 は る 会 話 時 制 増Eでき岳地'.他人I
4
掛 T
'
C!きなも
: 3 H常会舗が家撰は理解できるが.他人は理解できな‘、
日常童話が持が開いても鹿島干できないa
{補助用具を使用しない状磁で判断してください.)
宅3
動現定能時力及のび日労常生働活能活
力
b
品ず記λして〈告さい}
匂予
t
量
f
必ず記入して〈ださい}
~筒
日常生活において、介朗を要レ、外出ち因雛のため、労働能力はない.
リハビリなどによって緩徐な改替が見込まれるが、見通しl
eI:現時点では立たない.
考
病院又は路療所の名称
。。
所
0 0市 0 0
町0 0
上犯のとおり、修断します.
在
地
平成
24年 1 .
I
'
J 30 日
病院
診療鑓畿斡名
医師氏名
O
。o
脳干申経外科
0
印
く脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)
2級 >
c
i
す記〉
O 本側は、初診日が「平成 22年 7月 2日Jであるので、障害認定日は 1年
6月後の平成 24年 1月 2日となる。
この診断書の障害の状態は、平成 24年 1月 18日現症のもので、障害認
定日以降 3月以内の診断書であるので、障害認定日の障害の状態はこれで確
認できる。
0 傷病は「脳脊鎚液減少症(脳脊髄液漏出症)[email protected]@
欄はl
臥す記載されていなければならない。
0 [email protected]とが必須である。
-認定
障害の程度は、開眼での起立・立位保持が不可能であり、開眼での直線 10
m歩行が困難である。また、頭痛やめまいをはじめとする多様な症状のため、
包常生活動作が}人でできてもやや不自由、又は一人でできるが非常に不自由
な状態であり、外出ち困難で労働能力はないことから、「日常生活が著しい制限
を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを脳裏とする程度のちのj
に該当すると認められるので、 2級 15号と認定される。
脳脅髄液減少症
3級の認定事例
犠式第 1
2
0
号の3
@
ロノ
9n
<
i
[
>I0 0
o
C
F
H
4
0
住
所
0
0
哩
:
p 45 9 ~ 11 1 (41.)│@
l
K 0 0
0
i
r
~m
0
①障害の鋭図
@
@
釘
①
の
の
診p
弘
1
/
)
樹
初
め
技
て
医
"遺
明
産 21年
@箆諸国初惨年月日{昭和・平成
年
│①{臓が治った(疲状が関定して治
療の効果が期待できない状態を合
仏}かどうれ
月
@
2
2
間
1
台った日
傷病が治っている場合… ・・
年
傷病が治っていない場合………症状のよくなる見込
有
H
月
日
I
!五
Z
2
録
僚
~・
;
山
世 」毘
1
1主絞
:1
1
z
f
をの
Z
確認
推定
聴
む
《互〉
祭
,
【也す鴨苛で盤立B
てm
な
し
'o.~
⑤障措
平成
H
5~30 日
駒山d
]
なし
・女
21年 5 月 25P (
す
c
a
帯
寸
保
で
汽
Eb} 件し
僻咽発生何日窃四品
脳脊髄液減少症〈脳背髄液漏出症〉
となった
傷 病 名
3級 認 定 事 倒
{肢体の時期}
年
o0
住所 絶曲第使骨 削 骨
書
断
三~
国民年金
厚生年金保険
たの
年E
月ち
平成 21年 5月 258
、倉本I
で事務仕事中!こ、突然、後頭部から頚部にかけての痛みを自覚、時間の経過とともに悪化
していつだ.頭痛やめまいなどの症状は、績になっていると軽減し、座位・立位では強く現れる.
③診断書作成医療機関
における初診時所見
初>>年月日
Hら
を
記
か
を
入O
与
量
恥 ⑬ 21年5問 日 }
t
S
J
@
頭部 CT
検査で随喜したが、異常は認められなかっだ伝め、保穿的治療で経過観窓し
ていだが、症状の改醤が見られないだめ、頭8Ilおよび脊髄MRI検査を行つだところ、
鶴波の漏出を確隠し.
1
e
.脳笥髄液減少症の診断のちとブラッドパッチを行ったと乙ろ、
症状はある程度改普しだ.
お 現在までの治療の内
煩 容、期間、終遇、そ
い の他参考となる事項
喜
障 害 の 状 態 ( 平 成 23 年
2
皿
⑮ 計 測 身 長 庄 医
.--.-大
体 重l
kgI
最小
l
I
益
A
7
1
:
'
<I
Ì'~/"-)I
郎手限節前総肘関節上腕肩関節 9
関節調節
す
{
ま
!
h
右
a
s
a@ I
I
録
に
I
I
1
I
I
I
隠
い
て
t
訴
l
~百五ゆ日
位運動の範凶前屈
郎
し住
平 成 年 月
3
;
日
すぐ上の附の異常
釧
起
T
位
都
積煩及びその限度
I
品
射
F
岡田他
1
I
I
F
知覚 I作集(~失・鈍 1掠・過敏・拠常
J
:
肢
布ーーー
l
下
回
』
ー
ー
ー
-I
I
専有
排尿隙2
L~
その他的病的反射.1:
ンz
4rrzピ
←反射 i
I
I
章容有
排便t
無
ィ fててて
ーユムL
舷
肢
I
I
.
)
j
;
1
YF~~--~r-------4ë
│μ1・以ト反射 l
その飽の病的反射も
I
I
I
'
.
JA
'
1又 は そ の 線 復 有
無
1
~
i下
無
友
右
'
I
3下{足}間間関節(I¥'IP)
tnf s
情動
廊
右
中
dbH
農周
~ I
'I
d
b伸
I
15
)
J
示 指
母 指
立
{
探
中 指
EJ
砕
展 開 納 付
1
.
.
r
同
国
,
s
a
1
1
1関節}
マTま明言節 1
皮[Ji就 E
kg
指 戸F
4 W
m
展 閥 的 伸 腿
F
左 戸 ト ー- F
左
;1:記入す
こ衆限憐1.:禰に 1
15
k•
近{針附悶関節 (~f
本人の
!
I
l
膏
日
弓
節関域
I
・ 不随意運動性
・ 強R
住
・ しんせん位
砲慢性
i
・ 失調性
・ 悠i6:怯
両神経性・筋性・モの他{心凶佳のもの k思われる場合は 4F
脳性・脊舷+主・末f
7Eて〈ださも九)
麻
言
草
t
.
t
I
I~4
I~
1
;
[
i
l
____
観
反
Z
j
I
:
:
:
:
:
:
:
:
:
1
"
自動的
閃
割
俗的場合にl
坤慌に記入してください}
祭
ごご乙~
右側属左側屈指向旋左向綻
L
.
.
r I
戸
r
-1 1 1
戸
戸戸
[
[
他動的
外
・
布
__.
油断
r r
⑮
I~
竺
!
自動的
〈 の 頭 部
だ
さ I
草
い
重郎
持 腕E
の択態
土うザ狩
ν/
.
.
.
.
+
rI I I
酬の痛み
・ 揺
釘
l
脊 住 の 可 動 域
て
人工⑪
骨煩
-人工凶
節の袋務
2 回
J
[email protected]
⑬
月 平均
同
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1.
I
t::ii?・運動障害
図
R
24 回
療
数
20 日 腕 }
12 月
・
5
以.
間
切 ・ 捗 品 イ 百 年 月 日
3
1
:
間
年
I
I
g
i
l
g
足関節下腿股関節大腿股関節
I
中左
づ
〈F升
湯
あり E
ぜ ん .~朝 i 関係な欄|志、斜線により抹 j 再してください.)
一お鰯LV関節可動植唱は
.
,
書
f
立
事
書
種煩
⑫
肩
燭
節
凶
節
健 側 に つ い て も 総 入 し て ︿ だ さL
f
両
動
域
2
量
肘
鋼
節
乎
関
節
ぴ
通運
動
筋
股
関
節
カ
.
i
I
l
治
伸
展
内
伝
外
伝
廊
~
伸
背
展
望
呈
脳
回
純B
内
雇
主
属
地
転
転
外
膝
関
節
1
止
関
節
I
!
⑬
腿
曲
仲
背
鍵
組
h
ま
府
銀
救
の
運動の
23 年 12 ,ij
(平成
関節調I
動駿{角度}
関節運動筋力
関節可動域(角度}
鑓節運動筋力
r
勘当a飽l
強直敏位 自動可動~ 他動可動場 正常 │ 令 怖 宇総 書減 消 失 強直伎依 自動p
!
f
O
I
t
i
匂 正常 や~',績 学議 警訟 靖夫
日一.恥日一ー ー
一
・
四
日
ー
・
・一 一一
・
ー
・
・ 一
.
.-ーー・・ 回目白日_..昨日・・ーー・ 町 一 トー- 日・--日一 v
-νr
ト
.
.
.
.
.
.
.
.
y~
一一一- ー一一一
一二
一一ーーー... 一一---_ー
.
.
ー
・ー
ー
ー
ー
ー
_
.
.
.
.-ーー. .一
ー
.
.
ー
ー.~・
y
下般長
"1
士
.
a
M 下腿[1:11
大腿[1
[
M
c
m
血
c
m
C
個
c
m
u
H
動
{丸めた週刊誌が引き t
旬f
ない程度}
の
隊
望
書
・0
06
06
06
06
06
06
{本をきれ弔程度』
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・
四
日
目
白
・
.
.
_
・
一
日
目
白 ・
・ ・・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
咽
・ 両手
d ひbを結ぶ
両手
.
.
・
・
・
.
.
.
.
.
.
・
・
_
.
ー
・
・
ー
一
日
目
一
一
一
一
'
一
ー
ー
ー
ー
一
.
.
_
_
.
.
一
ー
ー
ー
一
.
.
H
H
~t で食曹をする
t餌をiII;う
(
m
に手のひらをつける}
..1Il便の処置をする
【ズボン自前のところに手をやる}
h m!
曹司処霞をする
{尻町ところに手金』やる】
i上衣の曹民
【かぶ唖'l'rツを書てE
曜の
kズボンの普段
I組下を股 <
の
平
衡
機
穆
能
度
a
ω
│予
後
{必ず記入して〈ださい}
1
<
t
Jf
晴
四
月
日
目
一
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
ー
ー
ー
・
・
・
・
・
ー
.
.
・
・
・
・
ー
.
.
.
.
・
・
.
.
.
.
.
.
.
_
一
一
一
一
一
q 歩< (
1
I
t
$
干
}
9
持な L
r立ち上が高 ア支
でできる
06
、
r主
る
持
が
が
や
あ
や
れ
事
ば
自
で
白書
。主f
ーがあればでき
るが章草に事由肉
ι
"
で
が
き
沿
あ
。
いて
エ宜
~手十りが.t>tlばで主
エ手
τす
bで
り
が
きあ
。
τ きない
1
、~手す b があればでき
z手
τ
もり
す があ勺
s 階段を単吾
ア手すりな L
ででいる
0手きするりが州や¥や'下f自'l由'
t 階段~降り畠
ア手すりな L
ででいる
イ手すりがあればで
量るがやや下自由
る ~'ml:に平自由
る
がn躍に不自白
~
で主 I~い
日目白目白山町目白山一白山町一."・・・ーーーー・・ー・ー..ー・・ーー・ーー.-
転倒あ晶い陪笹 L< 主るぬいτ‘密斤~中高せ Z るを碍必い.
i
2
4下修肢業傭筑民技{(在ル
)脆寝までH
る
.
(
i
す f7常時【tJ:*.tI
.
t
J
J
l
6歩 行 取
イ kきどき使用
。{宣J
Hせず
左記の使m
状況について‘くわし〈記入してください.
i
t
など!こっかまり、伝(,¥歩きをしている.
伝い歩き
貫陪障害がある場合は銭泊するものを1
つOで臨んで〈ださい.
【補助用具を使用し主主い~.で将断して〈ださい.
I R常会舗が拾が闘いても玉置併できる a
2 2 電話による会話が京民』時間るが‘隼人'
1割 問 な い .
扶 3 日常会話が家接1
1
理解でき弔が.他人は理解できな1',
}
穆 4
日常童話 4'f量が闘いτ も理師でき Ij:~ 九
円
)
e
i可 能 で あ る が 、 非 常 に 疲 れ や す く 、 労 働 能 力 は 大 鋸 に 儀 下 し て い る .
体 調 の 良 い 絡 は 軽 作 業 ( 簡 単 な デ ス ク ワ } ク) l
不明
上犯のとおり、診断します.
病院又 l
孟診療所の名称
在
τ
3 自覚症状・他党所見及び倹炎所見
考
所
。
。
p歩< (屋内}
頭痛、上背部痛、吐気、倦怠感、易疲泊感、めまい、歩行困鋭、高崎りなどの症状が
続 い て い る . 体 調 の 惑 い 絡 は 、 臥 床 し てi
墨」すととがある.
動能及ぴ労働能力
(必ず記入して〈ださい3
方t
右
o企.
.
_
.
L
.
.
.
会主…
4
その他の精神・身体の降脅の状態
ぷ
!規定時カの臼常生活活
H
。針酬しそうに I~? t: I)1:';めいたりするがどう帥!Pt
i
!
!
i
"
.
不安定である.
その他
{具体的に
C
I
I
当する記号
下慨に記入
てください。
a
ア 盆っすぐd
惨さ週十.
ク 不 可 能 で あ るe
る軍情子
用状
具況
c
m
cm
・・
.
.
r
X
J
4
2 l1li限での笹線 10m1li'行の状態
ア可能である.
3
2t
土
走被【舗装具
繍
効
⑪
用
使
t
時手
!I:!申ような婆勢.~b よい}
1 悶慢での組立・立位保持の状鶴
。
06
06
06
06
4
大腿閃
.
.
_
_
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ー
ー
申
・
ー
ー
ー
・
ー
ー
ー
ー
.
・
・・
ー
・
ー
ー
・
・
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ー
.・
・
・
ー
ー
・
ー
ー
ー
ー
.
.
.
ー
ー
ー
ー
ー
ー
・
・
_
.
・
ー
ー
・
ー
ー
ー
。様〈おじぎ{長敏札}をする
6X
。
。
。 。
両手
(ワイシャツを膏てボタンをとめ畠} 向手
!
I
:
!
のような護身で bよい}
両手
』上伐の官民
H
下 腿[
/
1
1
V )
cm
ロ 常 生 活 動 作
m 片足で立つ
‘
・
・
・・
ー
・
・
ー
・
・
ー
ー
ー
・・
・
ー
・
・
・
ー
・
ー
ー
・
ー
ー
ー
・
ー
ー
ー
・
ー
ー
ー
ー
ー
・
.
_
.
ー
ー
ー
.
.
・・
・
ー
ー
ー
ー
・ 一
n盛吾
I
E
S
E
{
・
こ
慨
の
す
よb
う
0
な
・
褒
あ
身
ぐ
を
ら
持
・
緯
豚f
な
る
げ
}
だU
。 。
0
c ~オルを伎串
e
作
方t
右
日 常 生 活 動 作
{街間続が引き金けない程度}
h
r
m
下肢長
…・・…・・…・・ r06J
こは......・ ・
.
.
.
.
.
.
.
.
・
・
・
一人で全〈できない場合l
T
言
臨検桐
方ですか
1
1
鏑若宮宜
2
1
拝嗣主
を
王
一人でできるが非常に不自由な場合には・・ .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
r
6
X
j
判断してください。
る
.
'
c
m
うま付金輔問
一人でできてもやや不自由な場合
I
とは・
補助用異を使用しない状態で
1r
量
〈 経帰京盟書
μ,
.
,
. .
.
.
.
.
.
.-ー・・ ー・.....-.咽
.
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
_
-.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
"
'
.
.
.
.
.
_
_
.
.
.
..
.
.
-日・ーー -・・・ー .
・
・
・
ー
ー
ー
・
・
・
・ ー
・
ー
・
・
・
ー
ー
ー
・ .
.
プ
'-7
"
.
.
.
_
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
..
.
.
.
.
.-・ー_. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
._
.
.
.
_
-.
.
.
..
.喧
晦
・
・ ー
・
ー
.
.
.
.
_
_
.
.
・
・
ー .
・ ー
・
・
串
.
・
・
ー
・
・
・
ー
ー
-.
ー
・
-ー
・
・
・
-嘩
陀
.
.
.
.
c
. .
⑪
aつ ま む
.
ー
ー
.
一・ー .
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
_
_
.
.
.
.
.
.
.
ー
四肢長及び四肢1m
生
ー
・
ー
ー
.・
ー
.一
一 一 一-
.
.
.
.
..
.
.~ v--・・ーー・ー・ーー・ー -・・・・・・・ーー・ -・・・・.・・・・・・・ .
.
.
-ー一..-・・ーー -・._.
ー
・
・
・
・
ー
ー
・
・
_
.ー
・
ー
ー
・
・
.
.
.
.
.ー
ー
・
・
・
・
・
・
・
ー
・ -ー..
同f
~
t"
右
常
.
L
'
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.一』
2 L.二.ー・-' -..・ -・・ー..
.
.
_
-ーーーーー 一一一一-..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
_
.
.
.
.ー--.....-・・_. -ー.- .
J
:肢 長 上院囲 前腕間
日
20a~認定}
左
右
地
。。
平成
23年 12 月 21 日
病院
00
市0 0
匂0 0
t
舎療担当科名
医師氏名
O
。。。
脳神経外科
印
‘
く脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)
3級 >
〈位記〉
O 本側の初診日は、平成 21年 5月 25日で、障害認定日当時の障害の状態
が国年令部表及び厚年令別表第 1に該当しなかったが、その後障害の程度が
悪{じしたため事後重症として請求してきたちのである。
0 この診断書の障害の状態は、平成 23年 12月 20日現症のもので、裁定
年 2月?臼〉以前 3用以内の診断書であるので、裁定請求
請求包〈平成 24
日の障害の状態はこれで確認できる。
0 傷病は「脳笥髄液減少症〈脳脊髄液漏出症)
[email protected]@
欄はl
邸す記載されていなければならない。
0 [email protected]とが必須である。
国認定
障害の程度は、日常生活動作にそれほど支障はないが、陽線での起立・立位
歩行{こ支障があり、平衡機能に障害がみら
保持が不安定で関根での直線 10m
れる。また、頭痛や上背部痛などの多様な症状のため、日常生活動作の大半が
一人でできてちゃや不自由な状態であり、労働能力が大幅に{昼下していること
著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必
から、「労働力t
要とする程度の障害を残すものJに該当すると認められるので、 3級 12号と
認定される。