新 型 イ ン フ ル エ ン ザ の ワ ク チ ン 接 種 に つ い て - 長門市役所

4/15
く����
らしの情報
(平成21年)
�����
2009
(平成21年)
No.112
information
以
外
は
2
︵ 回
H 接
21 種
・
11
・
1
現
在
︶
※
医
療
従
事
者
は
1
回
接
種
、
そ
れ
し
に
な
る
場
合
も
あ
り
ま
す
。
な
お
、
こ
の
ス
ケ
ジ
ュ
ー
ル
は
前
倒
な
ス
ケ
ジ
ュ
ー
ル
を
決
め
ま
し
た
。
先
接
種
の
対
象
者
と
接
種
の
標
準
的
求
め
ら
れ
る
た
め
、
次
の
と
お
り
優
接
種
の
機
会
が
提
供
さ
れ
る
工
夫
が
が
あ
り
、
よ
り
必
要
性
の
高
い
人
に
は
、
当
面
、
提
供
で
き
る
量
に
限
り
新
型
イ
ン
フ
ル
エ
ン
ザ
ワ
ク
チ
ン
優
先
接
種
に
つ
い
て
ま
し
た
。
理
解
い
た
だ
き
た
い
こ
と
を
ま
と
め
知
っ
て
い
た
だ
き
た
い
こ
と
と
、
ご
た
め
、
ワ
ク
チ
ン
の
活
用
に
つ
い
て
、
感
染
の
拡
大
を
で
き
る
だ
け
防
ぐ
有
効
な
手
段
の
ひ
と
つ
で
す
。
型
イ
ン
フ
ル
エ
ン
ザ
対
策
に
と
っ
て
イ
ン
フ
ル
エ
ン
ザ
ワ
ク
チ
ン
は
新
※基 礎 疾 患( 最 優 先 )とは、
特に重症化リスクが高い人
として、一定の基準に該当
すると医者が判断した人
1
15
くらしの情報
15
■接種スケジュール
11/
∼
知
っ
て
い
た
だ
き
た
い
こ
と
、
ご
理
解
い
た
だ
き
た
い
こ
と
∼
新
型
イ
ン
フ
ワル /
ク エ 15
チン
ンザ
接の
種
に
つ
い
て
新型インフルエンザの特徴
ワクチン接種の意義
ワクチンの有効性・安全性
効性・安全性を確認してから実際の
接種をはじめます。
死亡の防止に一定の効果が期待され
えられ、有効性もある程度期待され
ンフルエンザワクチンと同程度と考
ワクチン接種の効果とリスク
ミフル等の治療薬が有効です。ただ
ます。ただし、感染防止の効果は証
感染力は強いのですが、多くの感 新 型 イ ン フ ル エ ン ザ ワ ク チ ン に 国内産のワクチンについては、安
染者は軽症のまま回復しており、タ
は、これまでのデータから重症化や
全性は長年接種されてきた季節性イ
し、基礎疾患︵糖尿病・ぜん息など︶
に重篤な症状を引き起こす可能性も
あります。リスクを %は排除でき
新型インフルエンザに感染した
が 筋 肉 内︵ 国 内 産 は 皮 下 ︶で あ る こ
ですか?
一 般 的 に、新 型 イ ン フ ル エ ン ザ
に 感 染 し て 発 症 し た 方 は、免 疫
を 持っ て いる と 考え ら れ る ため、予
防接種をする必要はないと考えられ
ま す。 た だ し、確 実 に 新 型 イ ン フ ル
エ ン ザに 感 染 し たと 言 え る の は、専
門 の 検 査︵ P C R 検 査 等 ︶で ウ イ ル
スの確認が行われた人のみです。
海外産と国内産は何が異なるの
でしょうか?
海外で製造されたワクチンは①
現 時 点 で は 国 内 で の 使 用 経 験・
実積︵臨床試験を除く︶がないこと、
②国内では使用経験のない免疫補助
剤 が 使用 さ れ て いる こ と、③ 国 内 で
∼
∼
︶
厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp
︵受付時間 平日
・厚生労働省新型インフルエンザ
コールセンター
℡03︲3501︲9031
︵受付時間 平日8
︶
・山口県長門健康福祉センター
℡ ︲2811
・長門市保健センター
℡ ︲1119
新型インフルエンザに関する
お問い合わせはこちらへ
接種をはじめます。
今 後、様 々 な デ ー タ を も と に、有
効 性・安 全 性 を 確 認 し て か ら 実 際 の
ワクチンとは異なっています。
こ と、な ど の点 で 国内 で 製 造 さ れ た
と、⑤ 小 児 に 対し て は 用 量 が 異 なる
て い る も の が あ るこ と、④ 投 与 経 路
は使用経験のない製造法が用いられ
■減免額
全額免除
■負担軽減対象者
生活保護世帯お
よび市民税非課税世帯
ます。
なお、所得の少ない世帯に対して、
長門市では費用負担の軽減を実施し
3、
600円︶となります。
療機関で接種する場合は2 回目も
目 2、
5 5 0 円︵ 1 回 目 と 異 な る 医
国 一 律 で 1 回 目 3、
6 0 0 円、2 回
接種費用は実費を徴収させてい
た だ き ま す。 2 回 接 種 の 場 合、全
接種費用について
を迅速に提供していきます。
皆さんが選択するために必要な情報
を 受 け て く だ さ い。 市 に お い て も、
いたうえで、個人の選択により接種
ないのです。この点をご理解いただ
100
人 で も、ワ ク チ ン の 接 種 が 必 要
要と認めた場合に実施可能です。
ザ ワク チ ンの 同 時接 種 は、医 師 が必
な お、国 内 産 の新 型 イン フ ル エ ン
ザ ワク チ ンと、季 節 性 イ ン フ ル エン
⑦ 65歳以上の人
の症状が見られたりするほか、まれ
ワクチン接種は多くの人に重症化
予防というメリットをもたらします
優先接種対象者ではない人は接
種できないのですか?また、優
先接種対象者は接種をしなくてはい
けないのですか?
優先的な接種対象者以外の方に
ついても、優先接種が終了次第、
希望者が接種を受けられるようにす
る 必 要は ある と 考 えて お り、今 後の
流 行 の状 況、接 種 の状 況 や供 給 量な
ども踏まえ、対応していきます。
生じるものではありません。
他の予防接種を受けた場合、ど
のくらいの間隔を置けば、新型
インフルエンザワクチンが接種でき
ますか?
日 以 上、不 活 化 ワ
生 ワ ク チ ン︵ ポ リ オ 等 ︶は、接
種してから
ク チン 又 はト キ ソイ ド は、接 種 して
から6日以上の間隔を置いて新型イ
ンフルエンザの予防接種を行うこと
「健康保険被保険者証」、
「運転免許証」、
「住民票」等で
年齢の確認できる書類
ています。輸入されるワクチンに関
⑥小学校 4 年生から高校生 「健康保険被保険者証」、
「学生証」、
「住民票」等で年齢
に相当する年齢の人
の確認できる書類
Q
A
⑤上記①・③の内、身体上 「優先接種対象者証明書」および「健康保険被保険者証」、
の理由で予防接種できな 「住民票(世帯票)」で優先接種者と同一世帯であること
い者の保護者等
を確認できる書類
明されておらず、接種したら感染し
「母子健康手帳」又は「健康保険被保険者証」で父母が
証明できるもの(父母以外の保護者は「住民票(世帯票)
が別途必要
を有する人や妊婦さんは重症化する
④ 1歳未満の小児の保護者
が、接種後、腫れたり熱が出るなど
「母子健康手帳」又は「健康保険被保険者証」等年齢が確
認できる書類
しては、様々なデータをもとに、有
③ 1歳から小学校 3 年生
ないというわけではありません。
提示する書類
区分
新型インフルエンザワクチン &
■接種時に提示する書類
可能性があり、注意が必要です。
■接種時に医療機関に提示する書類
・生活保護世帯⋮医療依頼証
・市民税非課税世帯⋮市が発行する
﹁新型インフルエンザ予防接種費
用免除証明書﹂
※証明書の発行は、市の各保健セン
ター、各支所および各出張所で受
け付けます
「母子健康手帳」
Q
※申請の際は、必ず印鑑を持参して
ワクチンの接種後に、接種部位に腫れが出たりといった反応が出るか
もしれません。ほとんど軽い一過性の症状でおさまりますが、気にな
る症状が出たり長引いたりする時は医師に連絡をしてください。
ができます。
17
:
15
18
:
00
ください
②妊婦
A
接種場所について
「優先接種対象者証明書(かかりつけ医で発行)
※かかりつけ医が接種する場合は不要
Q
長門市内で受けられる医療機関は
次のとおりです。接種はかかりつけ
①基礎疾患を有する人
A
22
: 23
30
10
:
00
接種の実施
2
2009.11.15
3
木村クリニック、清水医院、戸嶋医院、
友近内科循環器科医院(※)
接種時に、窓口にて書類(下表参照)を提示していただき、ご自分が
スケジュールに合った対象者であることをお示しください。
27
の 医 療 機 関 で お 願 い し ま す。
︵市外
日置地区 福永病院
提示書類
の用意
ま た、今 回 の ワ ク チ ン 接 種 につ い
て は、優 先 接 種対 象 者に 接 種義 務が
※…かかりつけの患者さんのみ対応
の医療機関での接種もできます︶
三隅地区 桑原医院(※)、三隅病院(※)
Q
具体的スケジュールや接種のできる医療機関などの場所を確認したい
方は、長門市保健センターまたは長門健康福祉センターに問い合わせ
てください。
スケジュール
と接種場所
の確認
天野内科胃腸科医院、岡田クリニック、
岡田病院、斎木病院、齋藤医院、しみ
ず循環器科内科医院 、俵山病院、長門
長門地区
診療所、長門総合病院、半田内科クリ
ニック、福永医院、宮尾医院、持山外
科整形外科医院、吉村内科(※)
A
Q
接種を実施するかかりつけの医療機関に問い合わせてください。
【予約開始期日】※ワクチンが入り次第、接種となります。
・妊婦、基礎疾患患者…11月2日∼
・1歳∼就学前…11月16日頃∼
接種の予約
・小学校1∼3年生…12月1日頃∼
・1歳未満児等の保護者…12月15日頃∼
・身体上の理由で接種できない人の保護者…12月15日頃∼
・小学校4∼6年生、中学生、高校生、65歳以上…1月4日頃∼
油谷地区
A
■接種までの流れ
■予防接種実施医療機関
ン
タ
ー
で
行
い
ま
す
の
で
、
室
内
場
合
、
勤
労
者
ト
レ
ー
ニ
ン
グ
セ
■
そ
の
他
無
料
・
ス
タ
ン
プ
ラ
リ
ー
︵
先
着
600
人
︶
大
会
・
お
楽
し
み
抽
選
会
・
長
門
商
工
会
議
℡ 所
22
︲
2
2
6
6
5
ち
ょ
る
る
と
一
緒
に
じ
ゃ
ん
け
ん
℡
0
8
3
︲
9
3
3
︲
2
9
7
4
・
ス
テ
ー
ジ
イ
ベ
ン
ト
・
山
口
県
生
活
衛
生
課
心
・
安
全
情
報
を
楽
し
く
学
ぼ
う
■
問
い
合
わ
せ
ク
イ
ズ
や
展
示
な
ど
で
食
の
安
野
菜
ソ
ム
リ
エ
柳
井
さ
つ
き
さ
ん
・
食
の
安
心
・
安
全
コ
ー
ナ
ー
・
ト
ー
ク
シ
ョ
ー
限
定
販
売
!
地
元
の
職
人
に
よ
る
創
作
弁
当
を
る
さ
と
大
使
小
野
文
惠
さ
ん
N
H
K
ア
ナ
ウ
ン
サ
ー
・
山
口
ふ
・
な
が
と
弁
フ
ェ
ア
・
記
念
講
演
︵
先
着
順
︶
な
が
と
の
物
産
が
大
集
合
!
・
フ
リ
ー
マ
ー
ケ
ッ
ト
新
鮮
な
魚
や
野
菜
、
加
工
品
な
ど
、
・
癒
し
の
空
間
︵
抹
茶
と
足
湯
︶
※
定
員
100
人
■
日
時
■
会
場
11
/
30 21
∼(土)
16
:
9
:
ル
ネ
ッ
サ
な
が
と
■
参
加
料
00
・
地
産
地
消
コ
ー
ナ
ー
・
ち
び
な
が
商
店
街
︵
体
験
版
︶
■
イ
ベ
ン
ト
案
内
す
て
き
な
景
品
を
手
に
入
れ
よ
う
■ ■ ・
対 場 12
象
所
00
市 三 ∼
内 隅
の ふ 写
小 れ 真
学 あ 撮
生 い 影
・ パ
中 ー
学 ク
生
・ ・ ■
10 9 内
容
00 30
∼
∼
サ
ッ
カ
ー
教
室
受
付
・
準
備
∼
聞
い
て
、
学
ん
で
、
楽
し
ん
ふで
る!
さ
と
の
﹁
食
﹂
!
∼
ふ
る
さ
と
産
業
フ
ェ
ス
タ
in
な
が
と
催
し
ま
す
。
多
数
の
ご
参
加
を
お
待
た
サ
ッ
カ
ー
教
室
を
次
の
と
お
り
開
き
、
小
学
生
・
中
学
生
を
対
象
と
し
ノ
フ(社)
ァ 長
山 門
口 青
の 年
選 会
手
・ 議
コ 所
ー で
チ は
を 、
招 レ
い
っ
ぱ
い
山
レ
ノ
フ
ァ
山
サ口
ッ
カ
ー
教
室
う
ま
い
が
は 中
12 に
月 次
25 の
日 よ
(金)う
ま な
で 変
に 更
、 が
固 あ
定 っ
資 た
産 人
℡
23
︲
1
1
3
7
商
工
観
光
課
観
光
振
興
係
平
な
課
税
を
す
る
た
め
、
平
成
21
年
な
い
場
合
が
あ
り
ま
す
。
正
確
で
公
■
問
い
合
わ
せ
■
申
込
期
限
て
い
ま
す
が
、
登
記
の
異
動
を
伴
わ
す ば 数
こ 。 な 以
の
ら 上
度
な の
、
い 障
平
こ 害
成
と 者
20
を
と 雇
年
さ 用
12
れ し
月
て な
に
い け
障
ま れ
害
に
定
め
る
法
定
雇
用
率
に
相
当
す
る
■
■
内 動 場
容
室 所
︶
2
ル
名
ネ
の
ッ
講
サ
師
な
に
が
よ
と
︵
る
軽
講
運
演
■
日
時
℡
22
︲
0
7
4
0
コ
ー
ル
・
チ
ュ
ラ
カ
ー
ギ
︵
重
村
︶
■
問
い
合
わ
せ
11
/
28
13 (土)
00
∼
16
00
現
在
、
市
で
は
現
況
調
査
を
行
っ
の
1
/
3
に
12 相
/ 当
18 す
(金)る
額
以
内
事
業
費
︵
運
搬
等
諸
経
費
を
含
む
︶
事
業
主
は
、
障
害
者
雇
用
促
進
法
し
て
い
る
人
に
課
税
さ
れ
ま
す
。
︵
土
地
・
家
屋
・
償
却
資
産
︶
を
所
有
在
の
状
況
に
応
じ
て
、
固
定
資
産
■
補
助
額
く
だ
さ
い
。
団
体
は
、
観
光
振
興
係
ま
で
ご
連
絡
固
定
資
産
税
は
毎
年
1
月
1
日
現
等
の
造
形
を
実
施
・
計
画
し
て
い
る
﹁発
ブ達
ル障
ー害
スを
タ考
ーえ
﹂る
講
演会
会
■ ■ ・ ・
入 場 18 18
場 所
料
30 00
長 ∼
∼
500 門
円 市 開 開
中 演 場
央
公
民
館
花
木
な
ど
の
植
栽
・
管
理
、
花
壇
金
を
交
付
し
て
い
ま
す
。
障
害
者
改
雇
正
用
さ
促
れ
進
ま
法
し
が
た
℡
0
8
3
8
︲
2
2
︲
0
0
4
7
℡
0
8
3
︲
9
9
5
︲
0
3
8
3
固
現
定
況
資
変
産
更
税
の
ご
連
絡
を
山
口
労
働
局
職
業
対
策
課
萩
検
察
審
査
会
事
務
局
℡
23
︲
1
2
4
5
の
た
め
に
行
う
事
業
に
対
し
て
補
助
等
が
観
光
地
整
備
ま
た
は
環
境
美
化
■
問
い
合
わ
せ
切
費
用
が
か
か
り
ま
せ
ん
。
市
で
は
、
各
種
団
体
、
グ
ル
ー
プ
審
査
の
申
立
て
や
相
談
に
は
、
一
地
域
福
祉
課
地
域
福
祉
係
■
問
い
合
わ
せ
ご
持
参
く
だ
さ
い
※
献
血
カ
ー
ド
ま
た
は
献
血
手
帳
を
訴
処
分
の
よ
し
あ
し
を
審
査
す
る
の
れ
た
11
人
の
審
査
員
が
、
そ
の
不
起
14
処
分
︶
場
合
に
、
選
挙
権
を
有
す
る
・
長
門
市
役
所
本
9 庁
30
∼
12
00
税
務
課
固
定
資
℡ 産
23 税
︲ 係
1
1
2
5
皆
さ
ん
の
中
か
ら
﹁
く
じ
﹂
で
選
ば
・
長
門
総
合
病
院
00
∼
16
観
光
地
環
境
美
補化
助事
制業
度
が
検
察
審
査
会
制
度
で
す
。
※
200
ml
、
400
ml
献
血
を
行
い
ま
す
:
ち
し
て
お
り
12 ま
/ す
12 。
(土)
■
開
催
日
山
口
県
司
法
書
士
会
︵
共
催
全
国
一
斉
ト労
ラ働
ブ
ル
110
番
:
口
県
青
年
司
法
書
士
協
議
会
︶
で
は
、
:
次
の
と
お
り
労
働
問
題
に
関
す
る
相
:
談
に
無
料
で
応
じ
る
﹁
全
国
一
斉
労
:
シ
ュ
ー
ズ
を
持
参
し
て
く
だ
さ
い
・
雨
天
決
行
で
す
が
、
雨
が
激
し
い
働
ト
ラ
ブ
ル
110
番
﹂
︵
電
話
相
談
会
︶
:
︵
当
日
8
時
に
責
任
者
に
連
絡
︶
00
を
実
施
し
ま
す
。
賃
金
未
払
い
な
ど
の
労
働
ト
ラ
ブ
ル
を
抱
え
た
人
の
ご
:
保
険
に
加
入
し
て
い
た
だ
き
ま
す
・
参
加
者
全
員
に
、
当
日
一
日
傷
害
00
∼
16
相
談
に
お
応
え
し
ま
す
。
事
前
の
予
:
■ ■
︵
(社)申 申
長 し 込 費
門 込 期 用
は
青 み 限
主
・
年
会 問 11 催
℡ 議 い / 者
22 所 合 30 側
わ(月)が
︲
せ ︵ 負
2
必 担
2
着 ︶
6
︶
6
10
■ お 話 約
日 気 料 は
時
軽 無 不
に 料 要
で
11 ご ︶
/ 相 に 、
よ フ
21 談 る リ
く
(土)
だ 相 ー
ダ
さ 談
で
イ
い
ヤ
。 す
の ル
で ︵
、 電
:
■ ■ ■
予 相 場
約
談 所
料
不
山
要 無 口
料 県
司
法
書
士
会
会
館
:
て
い
い
と
言
わ
れ
ま
し
た
■
■
相 ℡ 相
談 0 談
例 1 受
2 付
0
︲
0
0
3
︲
8
2
1
:
山
口
県
司
法
書
士
会
事
務
局
・
・
・
突 せ 残 払 会
然 ん 業 い 社
手 が が
社
当 遅 赤
長
を れ 字
に
支 て な
、
明
払 い の
日
っ ま か
か
て す 、
ら
給
も
来
料
ら
な
の
え
ま
く
支
:
℡
0
8
3
︲
9
2
4
︲
5
2
2
0
■
問
い
合
わ
せ
:
裁
判
に
か
け
て
く
れ
な
い
︵
不
起
訴
コ
ー
第ル
25 ・
回チ
定ュ
期ラ
演カ
奏ー
会ギ
ス
タ
ー
発
達
障
害
を
考
℡ え
37 る
︲ 会
3
5 ブ
2 ル
5 ー
■
申
し
込
み
・
問
い
合
わ
せ
■
開
催
日
願
い
し
ま
す
11 。
/
30
(月)
00
■
問
い
合
わ
せ
の
に
、
検
察
官
が
事
故
の
加
害
者
を
に
よ
り
所
有
者
を
変
更
し
た
と
き
交
通
事
故
な
ど
の
被
害
に
あ
っ
た
・
未
登
記
の
家
屋
で
売
買
・
相
続
等
・
■
参 を を 演
加 ﹃ も 題
料
育 つ ﹁
む 家 広
族 汎
500 ﹄
視
円 点 を 性
発
か 支
達
ら 援
す
∼ る 障
害
﹂
∼ 児
家 ・
族 者
み
ま
す
︶
し
た
と
き
︵
一
部
取
り
壊
し
も
含
・
家
屋
を
新
増
改
築
ま
た
は
取
り
壊
ご
ぞ
ん
じ
で
検
す
察
か
審
?
査
会
③
②
①
■
※
問 れ 除 ま 害 20 短 4 事 常 201 事 障
い ま 外 す 者 時 時 月 業 用 人 業 害
雇 間 間 か 主 雇 以 主 者
合 す 率
用 以 労 ら に 用 上 が 雇
わ
が
率 上 働 適 つ 労 規 、 用
一
せ
制 30 ︵ 用 い 働 模 常 納
律
度 時 週
10
て 者 に 用 付
%
の 間 所
は 数 拡 雇 金
対 未 定
引
、 101 大 用 制
平 人 さ 労 度
象 満 労
き
成 以 れ 働 の
と ︶ 働
下
27 上 ま 者 対
な が 時
げ
り 障 間
ら
年 の す 数 象
■ を を カ
日 心 開 ー 女
時
よ 催 ギ 声
り し で 合
12 お ま は 唱
/ 待 す 、
12 ち 。 第 団
(土) し 皆 25 コ
て さ 回 ー
い ん 定 ル
ま の 期 ・
す ご 演 チ
。 来 奏 ュ
場 会 ラ
■
場
所
/
時
間
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
。
・
授
講
師
木
谷 山
秀 口
勝 大
氏 学
教
育
学
部
準
教
障
害
者
雇
用
へ
の
一
層
の
ご
理
解
と
を
行
い
ま
す
。
ぜ
ひ
、
ご
協
力
を
お
の
状
態
変
更
︶
地
目
の
変
更
、
雑
種
地
の
造
成
等
掲
示
板
務
の
生
じ
る
事
業
主
の
皆
さ
ん
に
は
新
た
な
雇
用
義
務
あ
る
い
は
報
告
義
街
市
で
は
、
次
の
と
お
り
街
頭
献
血
頭
献
血
・
土
地
の
利
用
状
況
の
変
更
︵
現
況
み
ん
な
の
行
さ
れ
ま
す
の
で
、
こ
れ
に
よ
っ
て
・
︻
第 と 演 症
2 し 題 協
部
て ﹁ 会
、 当 理
講 仲 事 事
演 間 者
︼ と と 尾
し と 崎
て も ミ
∼ に オ
﹂ ∼
氏
母
親
税
係
へ
ご
連
絡
く
だ
さ
い
。
く
ら
し
の
情
報
22
年
7
月
か
ら
は
、
次
の
内
容
が
施
者
雇
用
促
進
法
が
改
正
さ
れ
、
平
成
・ ︻
講 第
師
1
部
N
P 基
O 調
法 講
人 演
東 ︼
京
都
自
閉
2009.11.15
4
多
し
﹂
と
記
述
さ
れ
て
い
る
。
い
て
家
事
を
助
け
し
め
ん
た
め
児
童
の
欠
席
小
利
の
み
を
事
と
し
遠
大
の
計
に
乏
し
く
強
般段
をの
通遜
じ色
てあ
教る
育原
思因
想は
薄はく種
淺せん種
に あ
し る
て べ
目 き
前 も
の 一
瀬
戸
崎
・
通
浦
で
5
ヵ
所
、
俵
山
で
4
ヵ
所
、
所 はど
、 文で
深 久教
川 2授
・ 年も
湯
本 開複
・ 塾数
渋 のふ着
木 不ろう任
・ 老けし
真 渓いじた
木 塾ゅく。
村を 他
で始 に
12 め 三
ヵ 11 隅
所ヵ で
、
年
︵
一
八
五
〇
︶
に
開
塾
、
漢
学
・
剣
砲
術
な
益えきしに
習ゅう剣
館かん槍
で の
あ 稽
る 古
寄 で
組 あ
粟 る
屋 。
帯 次
刀 に
が、
嘉日
永置
三の
は
孝
経
・
四
書
・
五
経
な
ど
の
素
読
、
さ
ら
に
三
隅
山
荘
で
開
塾
さ
れ
て
い
る
。
授
業
﹁
大
津
郡
教
育
の
遅
々
と
し
て
他
郡
に
比
し
一
り
日
々
の
労
働
を
幼
い
子
ど
も
ら
に
依
存
し
さ
れ
た
が
、
教
育
へ
の
無
理
解
と
貧
困
に
よ
し
た
。
当
時
、
小
学
校
は
地
域
ご
と
に
設
置
寺
小
屋
は
廃
止
さ
れ
公
立
小
学
校
へ
と
移
行
12
年
の
教
育
令
の
制
定
で
、
こ
れ
ら
の
私
塾
・
正
初
期
の
就
学
状
況
に
つ
い
て
新
聞
論
評
に
た
た
め
、
就
学
率
は
非
常
に
低
か
っ
た
。
大
船舶海難・人身事故発生状況
仙崎海上保安部管内(長門市)
船舶海難 人身事故
人
数
行死
方
亡
不
明者
数
行死
方
亡
不
明者
4
0
1
0
平成21年計 11
1
8
3
20年同時期 11
0
4
0
隻
10 月
ライフジャケットを常時着用しよう !
携帯電話など連絡手段を確保しよう!
海のもしもは「118 番」へ !
7
長
門
市
内
に
お
け
る
幕
末
の
教
育
は
、
大
11
/
15
(日)
∼
平
成
22
年
2
/
28
(日)
楽
し
み
ま
し
ょ
う
。
着
用
し
て
安
全
に
釣
り
を
り
を
避
け
、
救
命
胴
衣
を
村
田
清
風
に
よ
っ
て
天
保
14
年
︵
一
八
四
三
︶
わ
さず
てか
、 5
私 年
塾 で
で 閉
は 校
三 し
隅 て
の い
﹁ る
尊そん。
聖せい
堂どう
﹂
が
、
廃
藩
置
県
に
よ
っ
て
そ
の
基
盤
を
失
な
い
、
は
明
倫
館
の
負
担
と
な
っ
て
い
た
。
し
か
し
、
館
の
付
属
校
の
位
置
付
け
で
、
費
用
・
講
師
が
多
く
、
農
民
に
は
遠
い
存
在
で
あ
っ
た
。
を
開
い
て
い
る
が
諸
士
・
裕
福
な
家
の
子
弟
て
い
る
。
塾
生
は
、
農
家
の
子
弟
に
も
門
戸
険
な
場
所
や
単
独
で
の
釣
を
実
施
し
ま
す
。
相
互
の
安
全
確
認
﹂
を
重
点
と
し
た
啓
発
活
動
イ
フ
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
の
常
時
着
用
﹂
、
﹁
釣
愛
好
者
習
明 字
治、
5算
年術
、な
近ど
﹁
代習
学い
校事
教﹂
育で
学あ
制っ
頒はんた
布ぷ。
と
性
が
高
く
な
り
ま
す
。
危
と
か
ら
、
海
に
落
ち
る
と
生
命
を
落
と
す
危
険
教
科
は
中
国
古
典
の
四
書
・
五
経
の
素
読
や
冬
は
波
が
高
く
、
海
水
温
度
も
低
く
な
る
こ
幕
末
の
教
育
塾
■
出
願
受
付
期
間
な
歴が
と
史の
と
No.30
事
務
局
■
問
い
合
わ
せ
℡
32
︲
1
8
9
5
油
谷
郷
土
文
化
会
尊聖堂
正
し
ま
す
。
益習館扁額
魚
釣
り
は
安
全
に
楽
し
も
う
!
望
す
る
科
目
を
履
修
︶
■
■ ・
入 青 講 10
場 野 師
料
40
良
子 下 ∼
無 先 関
料 生 フ フ
ラ ラ
メ メ
ン ン
コ コ
同 実
好 演
会
︻
大
学
院
︼
望
す
る
科
目
を
取
得
︶
・
科
目
履
修
生
︵
半
年
間
在
学
、
希
・
選
科
履
修
生
︵
1
年
間
在
学
、
希
望
す
る
科
目
を
履
修
︶
・ ■ ■
舞 10 内 場
容 所
踊
ー 00
ラ
フ ∼
ポ
ラ ﹁
ー
メ ス
ル
ン ペ
ゆ
コ イ
や
の ン
歴 の
史 民
﹂ 族
12
/
12
(土)
弘
中
剛
︵
市
民
福
祉
部
市
民
課
国
保
興
係
︶
▼
経
済
振
興
部
商
工
観
光
課
■
開
催
日
1
●
益習館
日
∼ 仙
平 崎
成 海
22 上
年 保
1 安
月 部
11 で
は
日 、
ま 平
で 成
の 21
約 年
1 12
ヶ 月
月 10
・
修
士
選
科
生
︵
1
年
間
在
学
、
希
:
文
化
財
●
間
を
、
釣
り
愛
好
者
安
全
指
導
期
間
と
し
て
﹁
ラ
望
す
る
科
目
を
取
得
︶
・
修
士
科
目
生
︵
半
年
間
在
学
、
希
:
愛します!守ります!長門の海!
118
参
加
者
の
中
に
は
、
オ
ー
ナ
ー
日
﹂
の
誤
り
で
す
。
お
詫
び
し
て
訂
と
あ
る
の
は
﹁
11
月
9
日
は
の
見
出
し
﹁
11
月
1
日
は
11
/
1
号
22
ペ
ー
ジ
﹁
119 こ
119 番 ち
ら
番 の
119
の 日
﹂ ﹂
手
み
や
げ
に
解
散
し
ま
し
た
。
そ
し
て
、
ヒ
ト
メ
ボ
レ
5
㎏
を
年
金
医
療
係
︶
お
詫
び
と
訂
正
互 の む
い 和 す
に え び
交 物 と
流 で 豚
昼 汁
を
vol.1
、
深 食 は
め を な
ま と っ
し り こ
り
た 、
お ー
。
れ
た
ひ
と
め
ぼ
れ
で
握
っ
た
お
お
昼
に
は
、
全
員
で
今
年
獲
付
け
を
し
ま
し
た
。
仙崎海上保安部
山口県長門市仙崎1026-2
☎ 26 - 0240
仙崎海上保安部ホームページ
http://www.kaiho.mlit.go.jp/
07kanku/senzaki/
[email protected]
▲今年のはなっこりー植え付けの様子
に
は
な
っ
こ
り
ー
の
苗
の
植
え
学
士
の
学
位
取
得
を
目
指
す
︶
・
全
科
履
修
生
︵
4
年
以
上
在
学
、
︻
教
養
学
部
︼
■ さ で 料 を
人
募 い 、 を 募 た が
集 。 お 無 集 だ 学
気 料 し 今 ん
学
軽 で て 、 で
生
に 送 い 平 い
お
ま 成 ま
問 付 す 22 す
い い 。 年 。
合 た く 4
わ し わ 月
せ ま し 入
く す い 学
だ の 資 生
メ
ン
コ
。
そ
の
軽
快
な
ス
テ
ッ
プ
に
族
舞
踊
と
し
て
発
展
し
て
き
た
フ
ラ
文
化
講
開演
催会
の
お
知
ら
せ
ど
、
様
々
な
目
的
で
幅
広
い
世
代
の
文
学
・
自
然
科
学
な
ど
、
幅
広
い
分
で
す
。
心
理
学
・
福
祉
・
経
済
・
歴
史
・
℡
0
8
3
6
︲
8
8
︲
3
0
2
0
・ ■
※
・
放 構 1 〒 資 日 イ
送 内
756 料 か ン
大 ︶ 1 0884 請 ら タ
求 受 ー
学
1
︵ 山 ・ 付 ネ
山
山 陽 問 開 ッ
口
口 小 い 始 ト
学
東 野 合
出
習
京 田 わ
願
セ
理 市 せ
は
ン
科 大
11
タ
大 学
月
ー
1
学 通
注
目
し
て
い
た
だ
き
、
楽
し
い
ひ
と
︵
経
済
振
興
部
商
工
観
光
課
観
光
振
▼ 係 係 ︵ 員 務 係 ▼ 係 補 哲 民 ▼ 課
市 員 長 三 会 課 長
三 長 佐 也 税 企 長
民
隅 級 ︶ ︵ 担 画 補
︶ 隅 事 市
支 務 民 伊 支
選 当 総 佐
福
所 局 税 藤 所
挙 ︶ 務 級
祉
経 選 係 和 経
管 兼 部
部
済 挙 長 久 済
理 市 税
市
施 係 ︶ ︵ 施
委 民 務
民
設 長
員 税 課
課
▼ 企 設
課
会 係 長
選 画 課
農 田 挙 総 農
事 長
白
補
政 村 管 務 政
務
井
佐
畜 真 理 部 畜
局 大 ︵
陽
子
長 津 市
産 嗣 委 税 産
に
40
㎝
間
隔
で
1
本
ず
つ
丁
寧
・
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
1
手 い
に 中
1 、
区 皆
画 さ
1.3 ん
m 移
× 植
25 ご
m て
の を
畦うね 片
と
一
緒
に
見
守
っ
て
い
き
ま
す
。
は
な
っ
こ
り
ー
の
成
長
を
我
々
朝
方
降
っ
た
雨
で
足
元
の
悪
苗
の
植
え
付
け
を
行
い
ま
し
た
。
自
分
た
ち
の
手
で
植
え
付
け
た
穫
の
日
ま
で
の
約
2
ヵ
月
余
り
、
前
10
時
か
ら
約
2
時
間
か
け
て
こ
れ
か
ら
迎
え
る
楽
し
い
収
連
れ
で
に
ぎ
わ
う
ほ
場
で
、
午
参
加
し
た
18
組
・
38
名
の
親
子
は
10
月
17
日
に
、
市
内
外
か
ら
り
ー
の
オ
ー
ナ
ー
制
度
﹂
。
今
年
穫
を
楽
し
み
に
し
て
い
ま
す
。
た
人
も
あ
り
、
今
か
ら
冬
の
収
山
口
市
・
下
関
市
か
ら
参
加
し
3
年
目
と
い
う
人
や
、
遠
く
は
3
年
目
を
迎
え
た
﹁
は
な
っ
こ
は
な
っ
こ
り
ー
の
オ
ー
ナ
ー
制
度
制
度
に
申
し
込
ん
で
2
年
目
・
放
送
大
募学
集入
の学
お生
知
ら
せ
野
を
学
べ
ま
す
。
働
き
な
が
ら
学
び
時
を
お
過
ご
し
く
だ
さ
い
。
長
い
歴
史
の
中
で
ス
ペ
イ
ン
の
民
た
い
、
生
涯
学
習
に
興
味
が
あ
る
な
に
よ
り
授
業
を
行
う
通
信
制
の
大
学
放
送
大
学
は
テ
レ
ビ
な
ど
の
放
送
-
日
置
で
9
ヵ
所
、
菱
海
・
向
津
具
村
な
ど
で
-
11
ヵ
所
の
多
く
の
私
塾
・
寺
小
屋
が
開
設
さ
半
が
私
塾
で
あ
っ
た
。
そ
の
う
ち
例
外
と
し
-
れ
て
い
る
。
こ
れ
ら
の
主
宰
者
は
士
族
が
大
て
、
藩
政
時
代
の
前
大
津
・
先
大
津
の
宰
判
http://www.u-air.ac.jp
尊聖堂(三隅)
半
で
医
師
・
神
職
の
一
部
が
教
育
に
携
わ
っ
区
域
ご
と
設
置
さ
れ
た
深
川
学
校
お
よ
び
河
郷原
校学
と校
しで
てあ
勘かんる
場ば。
施 こ
設 れ
に は
開 慶
校 応
さ 3
れ 年
萩 4
明 月
倫 に
農
事
組
合
法
人
泉
川
︵
油
谷
伊
上
︶
職
で
す
。
動
は
次
の
と
お
り
で
す
。
︵
市
職
員
の
11
月
1
日
付
の
︶ 人
は 事
前 異
※
大
学
本
部
必
着
市
職
員
人
事
異
動
が
ん
ば
る
農
業
物
語
な
が
と
農
林
業
だ
よ
り
2009.11.15
長門
生涯
文
6
● 会 氏
演 を に 会
題 開 よ 期
催 る 中
杉 し 大 に
山 ま 人 は
亮 す も 、
物 。 子 児
語
ど 童
も 文
ラ
も 学
イ
楽 作
ブ
﹃
し 家
ぼ
め
く
る 杉
も
講 山
わ
演 亮
﹁
燃
ゆ
る
樹
影
﹂
藤
田
宜
永
、
﹁
図
地
反
転
﹂
新
着
図
書
︵
ゆ
や
分
館
/
一
部
︶
ジ
ン
技
術
が
わ
か
る
本
﹂
畑
村
耕
一
ほ
か
☆
杉
山
亮
氏
講
演
会
を
開
催
日
本
﹂
半
藤
一
利
、
﹁
最
新
!
自
動
車
エ
ン
● ☆
●
場 時 30 期 本
所 ま 分 間 を
え
で ∼
長 。 午 12 ら
門 入 後 月 ぶ
市 場 6 4 日
立 無 時 日 ∼
図 料 (金)希
望
※
書
∼ の
土
館
・ 10 瞳
2
・
日 日 未
階
(木)来
の
視
み 午 の
聴
午 前 笑
覚
後 9 顔
室
5 時 ∼
け
ま
す
。
樹
、
﹁
星
間
商
事
株
式
会
社
社
史
編
纂
室
﹂
﹁
引
き
出
し
の
中
の
ラ
ブ
レ
タ
ー
﹂
新
堂
冬
フ
ケ
ア
B
O
O
K
﹂
渡
辺
佳
子
、
﹁
占
領
下
林
弘
子
、
﹁
経
絡
リ
ン
パ
マ
ッ
サ
ー
ジ
セ
ル
か
る
﹂
池
上
彰
、
﹁
和
・
発
酵
食
づ
く
り
﹂
三
浦
し
を
ん
、
﹁
日
銀
を
知
れ
ば
経
済
が
わ
デパートへ行こう!
真保裕一/著
講談社/出版
所持金143円・・・全て
を 失った 男 は 深 夜 の デ
パートにうずくまってい
た。店内には誰もいない
はずだが、
なぜか、
あちこちで人の気配が !?
一体彼らは何のために深夜のデパートに。
いわくありげな彼らが巻き起こす、一夜の
店内騒動記。
も
の
表
情
が
静
か
に
観
る
者
の
心
に
語
り
か
の
表
情
を
撮
り
続
け
た
吉
岡
一
生
氏
。
子
ど
新
着
案
内
︵
本
館
/
一
部
︶
ま
し
た
。
︻
図
書
館
ま
つ
り
実
行
委
員
会
一
同
︼
子
ど
も
が
本
と
ふ
れ
合
う
時
に
見
せ
る
そ
11
ま な
す り 11 月
。 ま 月 24
す 24 日
の 日 は
で(火)本
、 は 館
本 勤 ・
館 労 分
・ 感 館
分 謝 と
館 の も
と 日 休
も で 館
休 祝 し
館 日 ま
し と す
吉
岡
一
生
写
真
展
開
催
の
お
知
ら
せ
● ● ● ●
●
申 ※ 定 対 場 日 た
込 定 員 象 所 時 し
先
員 100 者 長 12 も
に
名
長 な 名 小 門 月 探
門 り ※ 学 市 6 偵
市 次 要 生 立 日 ﹄
立 第 事 以 図(日)
図 締 前 上 書 午
館 後
書 め 申
2 2
館 切 込
階 時
ま り ・
視 ∼
入
で ま
聴
す 場
覚
無
室
料
に
ご
来
場
い
た
だ
き
、
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
第
5
回
図
書
館
ま
つ
り
に
は
、
多
く
の
皆
様
平
田
昌
広
ほ
か
ま
け
た
ら
ふ
く
舎
、
﹁
ぽ
ん
こ
つ
ド
ラ
イ
ブ
﹂
山
茂
樹
、
﹁
き
れ
い
な
模
様
の
描
き
方
﹂
お
収
﹂
北
見
昌
朗
、
﹁
茶
壺
に
追
わ
れ
て
﹂
小
市民憲章③
夢 かたりあう、
伸びゆくまちをつくります
長門市役所 〒 759‐4192 山口県長門市東深川1339 番地 2
TEL 0837‐22‐2111(代) FAX 0837‐22‐6345
ホームページアドレス http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/
編集・発行 企画総務部 秘書広報課 広報広聴係
TEL 0837‐23‐1117 FAX 0837‐22‐5358
E [email protected]
曽
根
圭
介
、
﹁
巡
礼
﹂
橋
本
治
、
﹁
消
え
た
年
アニメ上映会
(視聴覚室・入場無料)
12/26(土)13:30 ∼
「スプーンおばさん⑬」
(60 分)
※12 /5(土)は写真展の
ため中止します
(展示室)
おはなしポケット
12/12(土) 15:00 ∼
(展示室)
紙芝居の会
12/5(土)・19(土) 15:00 ∼
(展示室)
絵本を楽しむ会
12/17(木) 10:30 ∼
(展示室)
おはなしの会
12/26(土) 15:00 ∼
(展示室)
としょかんたまごの会
12/25(金) 10:30 ∼
(研修室)
長門読書会
12/12(土) 13:30 ∼
(ゆや分館)
よみっこくらぶ
12/12(土)・26(土) 15:00 ∼
移動図書館車
ぐるブック号運行中 !
A コース
B コース
C コース
12/ 3(木) 17(木)
12/16(水)
12/11(金) 25(金)
12月の休館日
長門市立図書館
2(水)
7(月) 14(月) 21(月) 28(月) ∼31(木)
ゆや分館
2
(水)
7(月) 14(月) 21(月) 28(月) ∼31(木)
夜間返却ポストをご存じですか?
開館時間中に図書館へ本の返却がで
きない場合にご利用いただくために、
図書館玄関に設置しています。※ただ
し、AV 資料・相互貸借資料は必ずカ
ウンターで返却してください。
長門市の DATA
〔平成 21年 11 月1日〕
人 口
男
女
世帯数
40,057 人
18,420 人
21,637 人
16,590 世帯
( -37)
( -18)
( -19)
( - 2)
( ) 内は先月比
〔10 月分〕出生 20 人 死亡
転入 55 人 転出
43 人
69 人