ア ー ツ と サ イ エ ン ス - 森有礼高等教育国際流動化センター - 一橋大学

た柔軟で適応力に富む人材が求められると言われます。近年、英国をはじめ海外
有数の大学が高度なアーツとサイエンス教育に注力しているのはそのためです。
今、企業や社会は大学に対してどのような教育を期待しているのでしょうか。
海外の大学は教育の国際化と高度化を推し進める上で、どのような目標をかか
げ、どのような具体的実践を講じているのでしょうか。
行く海外有力大学の取組代表者を講師として、グローバル化時代に求められる
人材像を明らかにし、社会の信頼に応える大学教育のあり方を探ります。
Sandro Botticelli 自由七学芸へと導かれる若者
場所
―
日時
2014 年 11月 20 日(木)【受付 13:30 ~】
14:00 ~
一橋大学 一橋講堂 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
参加費
無料
司会 松塚ゆかり (一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター教授)
*日英同時通訳がつきます
参加申込
下記 URL よりお申込ください。
首都高速道路
パレスサイドビル
(1b 出口)
●
竹橋駅
皇居
至 祝田橋
【一橋大学一橋講堂】
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内
東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A8・A9 出口)徒歩 4 分
※ A8 出口は、近隣ビルの工事のため平成 25 年 10 月 5 日から
閉鎖しております。お越しの際には A9 出口をご利用ください。
東京メトロ東西線 竹橋駅(1b 出口)徒歩 4 分
お問合せ
一橋大学 森有礼高等教育国際流動化センター
担当窓口:池田 電話:042-580-9234
定員(400 名)になりしだい締め切らせていただきます。 E-mail : arinori@dm.hit-u.ac.jp
http://www.arinori.hit-u.ac.jp/
如水会館●
至 神田インター
Uppsala University 教授)
至 神田橋
【パネル討論】16:30-17:40
司 会 足羽 與志子 (一橋大学社会学研究科教授)
●学士会館
至 神田駅
Director, Arts and Sciences Programme,
University College London
東京パークタワー
●
(A9 出口)
至 須田町
共立講堂●
学術総合センター内
一橋大学一橋講堂
Carl Gombrich
パネリスト 北山 禎介、青木 保、Frances Cairncross、
Carl Gombrich、井上 間従文(一橋大学言語社会研究科准教授)、
György Nováky (一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター・
小学館
(A8 出口)
●
半蔵門線
Rector, Exeter College,
Oxford University
都営新宿線
神保町駅
至 お茶の水
Frances Cairncross
至 代官町インター 至 北の丸公園
【第 4 講演】15:50-16:20
靖国通り
九段下駅
東西線
【第 3 講演】15:20-15:50
都営三田線
白山通り
山内 進 (一橋大学長)
北山 禎介 (三井住友銀行会長)
(国立新美術館館長)
【第 2 講演】14:40-15:10 青木 保
【挨 拶】
【第 1 講演】14:10-14:40
国
際シンポジウム
国際流動化時代の大学教育
―
日本の財界と芸術界のトップを迎え、またアーツとサイエンス教育で先端を
国立大学法人一橋大学
主催
一般社団法人国立大学 協 会 共催
グローバル人材における
アーツとサイエンス
グローバル化が進み日々変容する知識基盤社会においては、高度な教養を備え