賀 詞 交 歓 会 - ドラム缶工業会

賀詞交歓会
平成23年
理 事 長 あ い さ つ
ドラム缶工業会
中島廣久理事長
工業会活動計画について
ドラム缶工業会の賀詞交歓会が 1 月 13 日
(木)
、鉄鋼会館で開
かれました。同工業会を代表して、中島廣久理事長は本年の課
題・活動について下記のように述べました。
皆様、明けましておめでとうございます。
C O N T E N T S
1
平 成
4
23
年賀詞交歓会
化 学工業の現状と未来への展開
ダイカン株式会社
—
社会ニーズに的確に対応する日本の化学産業
6
我 が社の生い立ち
年 暦年出荷実績
22
7
識 者による講演会 井沢 元彦 氏
平 成
8
本日は、ご多用のところ経済産業省 小糸鉄鋼課長様はじめ、多数の
皆様のご出席を賜り、誠にありがとうございます。新年にあたり、ひとこと
ご挨拶をさせていただきます。
昨年のわが国のドラム缶生産は、リーマンショックからの回復基調が続き、
200L缶、ペール缶ともに一昨年を上回る水準となりました。まだ、ピーク時
の水準には戻っておりませんが、比較的高い水準まで回復したと言うこと
ができます。
ドラム缶工業会は、昨年一年間、各委員会を中心に幅広い活動を展開
してまいりましたが、それらの活動の中でのトピックスと言えるのが、9月に
主催者として福岡で開催した、第7回AOSD国際会議です。会議には、I
CDMに加盟する世界の新缶メーカーの各団体に更生缶メーカーの皆様
のご参加もいただき、250名を超える方々が一堂に会して市場動向、技術
動向、競合製品の動向などを議論し、情報交換を行うという大変有意義
な国際会議となりました。
当工業会の各委員会活動では国際会議における発表に取り組み、計
61
5件の発表を行いました。いずれも市場動向、技術動向といった分野の
発表の中核となるもので、参加者の関心を呼び、ドラム缶を取り巻く他業
界からの特別講演とともに好評を博しました。
また、秋には、海外ドラム缶メーカーの日本進出という出来事もあり、話
題の多い一年でありました。
1
賀詞交歓会
平成23年
今年の日本経済は、昨年後半からの円高の進行や欧州の
工業会の目的である「ドラム缶業界の健全な発展」のため、関係
通貨・財政問題、景気刺激策の打ち切りの影響など、不透明
団体と連携をとりながら必要な活動を進めていくつもりです。皆様
感を抱えたまま、新しい年を迎えたと言うことが出来ます。
方のご指導、ご協力を強くお願いする次第であります。
わが国のドラム缶生産の回復は、中国をはじめとするアジア
最後になりましたが、今年一年が皆様方にとって実り多い年と
諸国の高い経済成長に支えられている部分が大きく、今年もそ
なることを祈念し、新年にあたっての挨拶とさせていただきます。
れらの国々の経済は堅調に推移するとの見方が大勢であります
ありがとうございました。
が、円高の定着やアジア諸国での化学製品の自給率向上、わ
が国化学メーカーの海外シフトなどの影響が懸念され、昨年の
理事長の挨拶に続き、経済産業省 製造産業局鉄鋼課の
ような回復基調が今年も続くか、予断を許さない状況にあると
小糸正樹 課長より、概要下記の祝辞をいただきました。
言わざるを得ません。また、ドラム缶のコストの多くを占める鋼板
の価格も、鉄鋼原料の需給逼迫から高値で推移するものと思
われます。
このような環境のもと、ドラム缶工業会は、今年も社会の要請
に対応した活動を展開していきたいと思います。
本日、ドラム缶工業会の新年賀詞交歓会に、このように多く
の皆様のご参集のもと開催されること、心からお喜び申し上げ
ます。またお招きいただきありがとうございます。
昨年一年間は、日本経済全体はおおむね回復基調のなかで
特に力を入れたい点は、ドラム缶が安全で環境に優しい容器
推移し、8割から9割はリーマンショック前の水準に戻ってこられ
であることを社会にアピールしていくことです。近年、胴の板厚
たのではないかと思っております。鉄鋼生産全体も粗鋼ベース
が1.0ミリというドラム缶の比率が増しています。これは、省資源
で1.1億トンと、9割程度まで回復してきております。ただ決して
にもつながり、この傾向は今後も続くと考えられます。更生缶業
安心できるような状況ではないことも、ご案内の通りです。一つ
界の皆様とも連携をとりながら、薄板ドラムが、わが国の市場に
には円高で製造業、関連業界が海外シフトを進めていることで、
定着していくために必要な環境を整備していきたいと思います。
この動きは今年も注視していかなければと思っております。原料
また、国連勧告やISO 規格の検討の場で新たな提案が出て
くることも考えられ、その結果次第では我々の業界が大きな影響
高もあり、明るい話ばかりではないのが現状です。
これまでの日本経済の回復をみますと外需に支えられている
を受けることになります。そのような国際機関の動向にも注視し、
のではないかと思えます。粗鋼生産でみると世界では14億トンレ
必要な場合には海外の団体とも連携して対応していくつもりです。
ベルで、
これは過去最高です。海外に目を向けるとさまざまなチャ
さらに、海外の技術動向や製品動向についても幅広く情報収
ンスがあるというのも、まぎれもない現実です。日本のモノづくり
集していく必要があると考えます。そのために、海外のドラム缶メー
をみても、調子の良い産業、業種は何らかの形で外需とつながっ
カーの視察や関連機関へのヒヤリングも計画したいと思います。
て、それを取り込んでいるように思います。外需を内需の延長と
安全、
標準化、
環境についての取り組みも着実に進めるつもりです。
して位置づけながらビジネスをやっていくという取り組みが一層
残念ながら、わが国はじめ先進国経済は停滞を抜け出すこと
が出来ずにいます。ドラム缶工業会もこの環境を厳しく受けとめ、
2
重要になってきています。とりわけドラム缶に関しましては、安心、
安全、環境配慮、優れた技術力、それらを海外に出していく。
賀詞交歓会
平成23年
経済産業省 製造産業局鉄鋼課 小糸正樹課長
日本ドラム缶更生工業会 稲葉豊会長
ドラム缶工業会 長尾浩志副理事長(長尾製缶所社長)
新興国の製品と差別化できる製品価値を持っていると思います。
国においてもそういった取り組みを積極的に応援してまいりた
いと考えております。国は昨年6月に新成長戦略を策定いたし
ドラム缶工業会 山本雄造副理事長(山本工作所社長)
会議を、大変成功させましたが、われわれの業界も今年9月に
大阪で、13回目になりますが、国際会議を開催します。ぜひと
も皆様方にふるってのご参加、お願いいたします。
ました。法人実効税率の引き下げや国内投資促進、自由貿易
お二人からの祝辞に続き、長尾浩志 副理事長(長尾製缶
体制の促進などもアジェンダとして掲げておりますが、いずれに
所社長)が乾杯の音頭で、「当業界は昨年、いい成績を上げ
しても日本の国内でモノづくりの基盤を強化できるような、国内
ることが出来ましたが、これは皆様方のご協力のたまものであり
で製造業の投資が維持継続できるようなイコールフィッティングな
ます。今年は内外ともに、いろいろな変化のある年だと思ってお
基盤を、ぜひ今年も引き続き整備していきたいと思っております。
りますが、これを乗り越えるためにも、ご参集の皆様のご協力、
TPPの問題も今年前半に、方向性を決めてということになって
ご鞭撻を昨年にも増して、よろしくお願いいたします。そしてま
おり、農業問題なども含めて今年前半で、集中的に検討して
すますドラム缶工業会が発展しますよう、よろしくお願いいたしま
進めていきたいと考えています。
す。
」と挨拶し、
「乾杯」の発声のあと、和気あいあいとした
今年一年、皆様方と連携しながら各種施策の推進に努めて
歓談、意見交換が行われました。
いきたいと思います。昨年以上に良い年になりますよう、ドラム
中締めでは、山本雄造 副理事長(山本工作所社長)が「ド
缶工業会が一層結束をかためながら、様々な課題に取り組ん
ラム缶工業会は仲がいいと言われますが、われわれの敵は、ド
でいかれますことを心から祈念しております。
ラム缶から違う容器に代えられることです。その意味で、品質
面でも手を携えて仲良くやっていって、お客様をドラム缶という容
続いて、日本ドラム缶更生工業会の稲葉豊 会長は、
器から逃がさないようにするのが全体のつとめと思っています。
概要次のように挨拶されました。
このような和気あいあいの場が多
くできれば幸せだと思っています。
」
リーマンショック後3年目にはいっているのですが、ドラム缶業
と挨拶しました。
界はショック前の90%にまで回復しているとのことで、うらやましい
限りです。我々更生缶の方はまだ80%がやっと回復できたかなと
本年の賀詞交歓会には関係省
いうところで、いまだリーマンショックの後遺症に悩まされている
庁、関係諸団体、会員各社、ドラ
のが現状です。今年はうさぎ年ですので、反転跳躍し、辰年
ム缶工業会関係者ら180名が参加
の来年の昇り龍へとつなげたい。ドラム缶工業会は昨年の国際
し、盛況のうちに終了しました。
司会進行 ドラム缶工業会
米倉隆行専務理事 事務局長
3
化学工業の現状と未来への展開
社会ニーズに的確に対応する日本の化学産業
-2011年は「世界化学年」
日本の化学工業は、社会のニーズに積極的に対応して、日々新たな製品を市場に送りだしています。ドラ
ム缶なども、そうした化学製品の輸送・貯蔵には欠かすことのできない容器として化学工業の発展とともに歩
んでいます。今回は、日本の化学工業が「未来」に向かってどのように発展していくのかをテーマに、一般社
団法人日本化学工業協会の西出徹雄専務理事にインタビューをさせていただきました。リーマンショックによ
る世界同時不況の影響がようやく払拭されて、化学工業の生産水準も不況前のレベルに近づいてきた段階で
の東日本大震災で、化学工業も大きな打撃を受けました。被災した化学工場では、その立直しに懸命な努力
が続けられていますが、同時に被災地の復興には、多様な化学製品の供給が不可欠です。日本が立ち直る
ためにも、化学産業の総力を挙げての取り組みに大きな期待がかかっています。
化学工業の現状とこれからの推移
ことができるなど、鹿島地区の影響はありますが、当面対応で
日本の化学工業は、製造業のなかで出荷額も付加価値額も
きる時間があるので、電子・電機や他の産業よりも直接の影響
自動車産業に次いで2位の基幹産業です。統計数字のまとめ
は少ないかなとも思っています」という。ただ、これからの各社・
方には様々ありますが、化学工業とプラスチック製品、ゴム製品
各工場の復興にあたっては、
様々な問題が出てくることを指摘し、
の合計(これを広義の化学工業といいます)の出荷額は、2008年
なかでも電力の確保が大きな課題になると見ています。
が43兆6,920億円、2007年は44兆2,270億円で、2009年は世界
「同じ化学工業でもいろいろと段階があります。川上の大手
不況の影響でダウンしますが、日本の化学工業はほぼ44兆円
工場は電力、ユーティリティを自分で確保することができますし、
規模の製造業であるといえます。ちなみに2008年の自動車など
コンビナートでは全体のバランスを取ることも可能ですが、川下
輸送機械の出荷額は63兆7,000億円となっています。また化学
の中小規模の工場では電力不足が深刻になることが予想され
工業の特徴の一つが「研究開発型産業」であること。2008年
ます。プライオリティをつけて電力などを融通し合うといった、全
度は製造業全体の研究費の20%、2兆4,270億円が研究開発
体のバランスを考えた対応が必要になるでしょう。またコンビナー
に投入されています。これは製造業のなかで1位です。
ト内だけでなく、その周辺も巻き込んで対応していくことも必要
2008年後半の世界同時不況の影響で、日本の化学工業も
になります」と、コンビナートが持つ機動的かつ総合的な連携力
生産・出荷とも大きく落ち込んだものの、2009年は徐々に回復、
が復興の場でも発揮できる可能性を指摘しています。もっとも、
2010年には、2005年を100として指数でみると95にまで戻し、さら
化学工業だけで対応できないことも少なくありません。「例えば、
に年後半から2011年にかけて大きく上昇し始めました。だが、そ
化学製品の大手需要家である自動車産業などが、国内から海
こで襲ってきたのが3月11日の東日本大震災。化学工業も有力コ
外に生産をシフトすることもあるでしょう。そうなるといろいろな方
ンビナートの鹿島や千葉が大きな被害を受けたのをはじめ、被災
面に影響があらわれ、バランスが変わってきます。今後、こうし
地域に立地している多くの化学工場が操業停止に追い込まれる
た様々な問題が出てくるでしょうが、それらにどのように対処す
など、かつて経験したことのない大きな災害に遭遇しました。
ればいいのか、
最適な解の出てこない難しい問題です」ともいう。
日本化学工業協会では連日、同協会のホームページで震災
東日本大震災からの復興
復興関係の情報や、会員企業・団体の支援状況など多岐にわ
この震災の影響について西出徹雄専務理事は「大きな打撃で
たる情報を発信し続けています。こうしたメッセージを発信する
はありますが、東北地区に石油化学コンビナートがないこと、化
ことが、被災地の復興やそれに寄与する化学産業の行動力を
学製品はいわば川上製品ですのでとりあえず在庫でカバーする
高めることに繋がっています。
4
未来に向かう日本の化学産業
直面する災害復興に全力で取り組
むとともに、中長期的に日本の化学
工業を引き続き発展させていく不断
の努力も欠かすことのできない大きな
テーマとなっています。
グローバルな視点では国際競争力
の再生が課題に上げられ、一方では
研究開発力・技術力を基盤にした新
たな機能、新しい価値を創出して高
付加価値産業としての再構築なども
指摘されています。これらの実現に向
けたビジネスモデルの変革や企業間
連携の強化、
サスティナビリティの向上、
グリーン・イノベーション、ライフ・イノ
ベーションなどもキーワードに上がって
一般社団法人日本化学工業協会 西出徹雄 専務理事
います。日本の化学工業は、まさに未
来に向けての新たな飛躍の時期に入ったともいえそうです。そう
各国・地域で化学に関する啓発・普及活動が予定されています。
したなかにあって、西出専務は、
「化学業界として、化学工業
日本でも様々な取り組みが行われます。
の未来を担う人材の育成にも大きな力を入れています」
という。
「ノーベル化学賞ですが、ここ10年間で25人が受賞しており、
「化学産業は、外見は派手ではありません。学生の就職希
そのうち5人が日本人です。アメリカが13人と多いのですが、こ
望職種の上位にも化学工業は入ってこないのですが、何を見て
の受賞者数をみても日本の化学が世界のトップ水準にあることが
いい会社かといえば、継続して仕事を続けられること、圧倒的
わかります。それぞれの受賞の対象になった実績は、今より前
に発展していること、そしてその仕事が社会的価値のあるもの
のものですが、その発見や技術が現在に繋がっている。そして
であることを評価軸とすれば、化学工業こそがまさにそれにあた
現在の化学工業を支えている多くの研究成果で、ノーベル賞の
ります。社会のニーズである資源・エネルギー、高齢化、医療、
受賞にふさわしいというものが日本には多くあります。これからも
環境などの問題に答えの出せるのも化学工業です」と、次代に
日本から多くのノーベル化学賞受賞者がでることに期待していま
むけて社会が発展していくためにも、化学工業はこれまで以上
す。サイエンスに近いところにコアを持つ化学では、発明よりも
にその存在価値を高めていくと強調しています。そして、
「化学
発見が重要かもしれませんね」。
工業の強さは、材料を持っていることです。そしてその材料を、
化学製品の開発では、基礎研究から製品開発、そして商品
社会のニーズに応じて新しく変えていくことができる技術を持って
化されるまでに20年から30年かかるものも少なくない。
「有機 EL
いることです。これまでにも、社会が発展していくために必要と
をはじめとして、今や私たちの生活に欠かせない導電性高分子
される多くの新しい製品を作り出してきていますが、化学工業の
も、商品化に向けて本格的な取り組みが始まったのは今から30
役割は、これからもっと重要になっていきます」とも。
年前のことです」と、画期的な化学製品が登場してくるまでには
多くの時間がかかるケースも多いようだ。同時に、そうした研究
社会とのコミュニケーション
開発や製品製造に積極的にかかわる人材の育成も重要。さら
化学工業の各社は、それぞれ製品を通じた社会貢献や社会
に、化学に親しみを持つことで化学や化学製品への理解を深
とのコミュニケーションを重視した経営姿勢を一段と強めていま
めてもらおうと日本化学工業協会などが行っているのが「夢・化
す。日本化学工業協会でも、積極的に社会とのコミュニケーショ
学 -21」キャンペーン。全国高校化学グランプリ、国際化学オリン
ンを深めています。
ピックへの参加、小学生などを対象にした化学実験の体験など
そして今年は「世界化学年」。キュリー夫人がラジウムの発
いろいろな活動を進めている。次代の化学を担う人たちのすそ
見などでノーベル化学賞を受賞して100年目にあたることから、
野を大きく広げていく活動を含めて「化学工業をもっと社会にア
2011年を世界化学年とすることが国連総会で決められ、世界
ピールしていきたい」と、意欲的な取り組みが続いている。
5
ダイカン株式会社
ダイカン本社前には桜並木があって春には満開になる
ダイカン株式会社は1919年(大正8年)
4月、大阪市淀川区
1983年(昭和58年)には、大阪市此花区に新工場を建設
(現在は北区)で、固形塗料用の鉄製丸缶の製造販売を開
し、大阪市北区にあった大阪工場を移転、これが現在の本
始しました。
これが当社の始まりで、1935年
(昭和10年)
1月には、
「株式会社大阪製鑵所」として発足、90年を超える産業容器
社および大阪工場です。さらに1994年(平成6年)4月には、
社名を株式会社大阪製鑵所から「ダイカン株式会社」に改称
の製造実績をベースに、現在では200Lドラム缶、中小型缶、
し、効率的な生産体制のもと事業の拡大に向かいました。
ファイバードラムを製造する国内唯一の総合容器メーカーとし
200Lドラム缶の製造では1997年にオートメーションラインを
て、また金属(スチール、ステンレス)から紙製まで、15 ~
導入して量産体制を整え、その後、順調に生産缶数を伸ば
200Lまでのあらゆるドラム缶を製造するメーカーとして、「品質
していきました。品質管理や環境安全には万全に取り組み、
最優先、品質へのこだわり」を事業マインドに掲げて、顧客ニー
1998年から99年にかけて、全社ISO9002の認証を取得す
ズにきめ細かく対応する事業を加速しています。
るとともに、2006年10月には全社ISO14001の認証も取得、
この間、2004年から全社を挙げた「安全・美化運動」を展開
200Lドラム缶の製造は、1939年(昭和14年)
、海軍の
しています。この運動は、美しい気持ちの良い職場づくりと、
依頼により主力の大淀工場(軍需工場に指定)で始まりまし
品質の維持・向上、設備の正常な稼働により生産性の向上を
た。昭和20年の空襲では大きな損傷を受けるも、
全滅は免れ、
目指したもので、月1回の頻度で「安全・美化の日」を設けて
戦後は最新鋭の自動巻締機の導入で大いに威力を発揮しま
全員参加による美化・清掃を行うこと、社長パトロールを月1回
した。昭和25年6月に勃発した朝鮮動乱による特需は、戦
実施することなどを内容としており、今日まで大きな成果を上げ
後日本の産業復興の大きな支えになりましたが、当社は特需ド
続けています。ちょうどこの頃
(2004年3月)
、
独立行政法人「科
ラム缶の受注には地理的な有利さもあって、この特需景気を
学技術振興機構」(文部科学省管轄)
より小学校高学年向け
充分に受け、さらに昭和28年4月には、200L専用の大型赤
社会科用教材として、ドラム缶製造工程を紹介したいとの依頼
外線乾燥炉を新設するなどして、鋼製ドラム缶メーカーとして
があり
「ザ・メイキング ドラム缶ができるまで」が完成、
スカイパー
業界のトップクラスに成長していきました。
フェクトTVや全国のケーブルテレビ局などで放送されました。こ
昭和30年代後半には、ドラム缶業界ではオートメーション化
の後、ドラム缶業界ではなぜか、当社がテレビに取り上げられ
が始まり、当社でも200Lドラム缶製造のオートメ化を検討した
ることが多くなり、2006年から翌年にかけて4回のテレビ番組
ものの、オートメーション各社との競合を避けるとの考えから、
で全国放送されました。
200Lドラム缶については限定的な生産にとどめる一方、中小
200Lドラム缶では2007年に軽量ドラム缶製造設備を新設し
型部門の強化を優先して、積極的な設備投資を実施しました。
ました。国内の200Lドラム缶は、1.
2mmや1.
0mmの厚みの
その結果、当社は、中小型ドラム缶業界のパイオニアとしての
鋼板で作られていましたが、欧米では0.
9mmや0.
8mmが主
役割も果たし、その製造技術は業界1とも称されました。現在
流。
前年のJ
I
S改正で日本でも欧米並みの薄手化が可能になり、
でも中小型ドラムでは市場シェアトップの地位を占めています。
またこの頃、国内の鋼材不足から薄手化が進むと思われたこ
1958年(昭和33年)1月には紙製ファイバードラムに進出、第
とで、この新設を実施したものです。
二工場(大淀工場内。同36年5月)
、名古屋工場(同42年8
当社では「顧客のニーズと信頼に応えるため、あらゆる要求
月)
、千葉工場(同45年6月)
と建設し、ファイバードラムにおい
事項への適合と製品の品質向上を図る」(経営方針)
ことを徹
ても事業は順調に推移していきました。このファイバードラムは、
底しています。また「総合容器メーカーとして提案できる強みを
粉体・粒状の工業製品・医薬品・食料品などの運搬、貯蔵
活かし、1つ1つの容器を丁寧に生産できる態勢」を基本に今
容器として、幅広く利用されており、これからも使い勝手の良
後の設備更新に備えた検討も進めていきます。
い容器として、その役割を担っていくものと期待しています。
6
(取材日 平成23年2月)
ー 識者による講演会 ー
黒船来航への日本の対応等の
歴史から見た日本の将来
井沢 元彦 氏
講師 平成23年2月25日 鉄鋼会館にて
ドラム缶工業会では平成23年度企画で、著書『逆説の
日本史』等で著名な作家の井沢元彦氏を講師としてお呼
びしました。
講演テーマは上記の如く幕末の日本外交に関するもので
す。ペリー提督ではなくてペリー代将(commodore)が、艦
隊ではなくて小艦隊(squadron)
を率いて、民間の金で来
航し、開国・通商を迫ったが、永年の太平に慣れた幕府
高官は適切な対応ができず、国内の有為の徒もオランダか
らの有用な情報も十分生かせなかったことについてお話して
くださいました。当時の世界列強の動き、アメリカの世界戦
略等の視点も取り入れ、国内の開国・攘夷議論とは違った
講演される井沢元彦氏
切り口からの御説明で、聴衆は熱心に聞き入っていました。
講演後は歴史背景に詳しい井沢先生に熱心な聴衆か
ら歴史上の人物の実像や日本人が製品に完全無欠なもの
を求める点等についての質問がありました。
講師プロフィール
昭和29年、名古屋市生まれ。昭和52年、早稲田大学
法学部卒業。日本史から宗教・マスコミ論に至るまで多分
野に精通する、マルチ作家。TBS 在職中に発表した推理
小説『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞。31歳でTBS
退職後は、執筆活動に専念し、歴史ミステリーや評論で独
自の境地を拓いておられます。
御講演に聞き入る聴衆
白板でアメリカの世界戦略を御説明
聴衆からの熱心な質問
7
平成22年 暦年出荷実績
平成22年暦年出荷実績は、下の表に示す通りです。
型缶(薄鋼板)
も前年比21.8%増の776千本となりました。
200L 缶は、前年比22.0%増の14,311千本と大幅に増加
亜鉛鉄板缶およびステンレス缶の中小型缶を除く全ての
しました。ペール缶も前年比11.0%増の20,377千本、中小
缶種・用途別において、前年を大きく上回りました。
平成22年 暦年出荷実績
用途
缶種
化学
1,740
200L缶
塗料
11,457
(112.3)
12.2%
( )は前年比
下段は構成比
(124.6)
80.0%
10,413
8,645
食料品
750
その他
185
(117.7)
5.2%
(99.9)
1.3%
179
(110.6)
1.3%
631
合計
前年比(%)
14,311
122.0
(106.3)
51.1%
(116.5)
42.4%
(115.4)
3.4%
688
0
-
(113.4)
3.1%
20,377
111.0
100L缶
1
108
6
0
2
117
108.8
50L缶
0
120
0
0
17
137
110.4
アス缶型
0
10
0
0
0
10
124.9
その他容量缶
2
507
0
0
3
512
128.9
亜鉛鉄板缶
0
55
1
5
9
70
108.8
ステンレス缶
0
20
0
0
5
25
103.8
小計
0
75
1
5
14
95
107.4
亜鉛鉄板缶
0
95
0
0
216
311
97.3
ステンレス缶
0
8
0
0
0
8
91.5
小計
0
103
0
0
216
319
97.2
合計
12,156
21,025
1,445
190
1,062
35,878
-
*前年比(%)
110.5
123.4
117.4
101.1
107.2
120.3
-
*構成比(%)
15.3
76.6
5.1
1.2
1.8
100.0
-
ペール
( )は前年比
下段は構成比
缶
2
0
0
L
石油
(単位:千本)
中小型缶
(注)
*前年比および*構成比は、トン数による。総本数は、35,878,597本。表上数値は四捨五入による差異がある。
東日本大震災により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
ドラム缶工業会は東日本大震災への緊急対応としてドラム缶3,000本の無償提供を経済産業省に申し出ました。3,000本のドラム缶は
官邸案件として燃料輸送などに使用され被災地に送られています。その後、3月末にさらに2,000本を追加しました。
会員
《正会員》
●東邦シー
トフレーム(株)
ドラム缶工業会
《賛助会員》
●斎藤ドラム缶工業
(株)
●
(株)長尾製缶所
●エノモ
ト工業(株)
●JFE協和容器
(株)
●日鐵ドラム
(株)
●
(株)大和鐵工所
●JFEコンテイナー
(株)
●
(株)前田製作所
●三喜プレス工業
(株)
●
(株)
ジャパンペール
●
(株)山本工作所
●
(株)城内製作所
●新邦工業
(株)
●ダイカン
(株)
●
(株)東京ドラム罐製作所
〒103- 0025 東京都中央区日本橋茅場町 3-2-10
(鉄鋼会館 6 階)
TEL 03- 3669- 5141 FAX 03- 3669- 2969
e-mail:drum.pail@jsda.gr.jp
●東邦工板
(株)
《準会員》
●森島金属工業
(株)
●
(株)水上工作所
ひびきNo.61(平成23年3月30日発行)
発行人 ドラム缶工業会
専務理事 事務局長 米倉 隆行
本誌は環境に配慮した工程で印刷しています。
8