交通量配分のための入力データの作成法 - GISA 地理情報システム学会

GIS −理論と応用
Theor y and Applications of GIS, 2009, Vol. 17, No.2, pp.69-75
【研究・技術ノート】
交通量配分のための入力データの作成法
島川 陽一†・鹿島 茂
A method structuring a road traffic data for traffic assignment
Yoichi SHIMAKAWA, Shigeru KASHIMA
Abstract: Although digital spatial statistics and map are becoming available recently, it is
insufficient to study the configuration methods of data and parameter for a traffic assignment.
In this paper, configuration methods are studied for traffic assignment using a GIS data. In
detail, a method constructing road network from digital map and a set up method of a link
parameter are studied. Moreover, methods speeding up assignment calculation in term of data
configuration are explained. In numerical simulation, the methods are evaluated by assigning
traffic in Tokyo metropolitan area and the results are shown in calculation time suitable for
practical use and in assignment accuracy.
Keywords: 利用者均衡配分(user equilibrium assignment),交通需要分析(O-D matrix estimation),
交通容量(traffic capacity),ゾーン(zone)
1.はじめに
門家以外の人が交通量配分を行うために重要であ
今まで多くの場合,交通量配分で用いられる道路
る.
ネットワークは道路交通センサスや地勢図を参照し
交通量配分の精度を下げる要因を図 1 に整理す
て人手で構築されてきた.これは非常な煩雑な作業
る.これらの誤差のうち図中(1)で示されている
であり,ミスも混入しやすい.また,リンクに設定
道路交通統計のデータ精度の問題は今まであまり認
される交通容量やリンクパフォーマンス関数のパラ
識されていない.これは OD 交通量の集計ゾーンの
メータは配分計算実施者の経験と知識からリンクご
分析レベルに応じて配分実施者が道路ネットワーク
とにカスタマイズされる.このため専門家以外が精
を経験的に構成していたためである.
度良く配分計算を行うことはほとんど不可能であ
る.しかし,近年は地理情報システム(以下 GIS)
の発展によりデジタル道路地図も整備され,これら
配分リンク交通量と観測リンク交通量の誤差
を利用したデータの構築が可能になっている.この
構築方法やその課題を整理しておくことは,今後専
(1) 道路交通統計のデータの精度の問題
・
・
・
・
・
ゾーニングと道路ネットワークの整合性
現況交通量観測日時と OD 交通量作成日時の違い
道路ネットワークの作成日時と OD 交通量作成日時の違い
細街路交通に起因する交通量の誤差
OD 交通量を個票データからゾーン単位に集計するときに生じる誤差
(2) OD 交通量の調査方法による誤差
†島川:サレジオ工業高等専門学校 情報工学科
〒 194-0215 東京都町田市小山ヶ丘 4-6-8
Salesian Polytechnic
Department of Computer Science & Technology
4-6-8 Oyamagaoka Machida-shi Tokyo, 194-0215.
Tel:042-775-3020 Fax:042-775-3021
E-mail:simakawa@salesio-sp.ac.jp
(3) パラメータの精度の悪さに起因する誤差
(4) 配分原則と現実の交通行動の違いによる誤差
(5) 配分計算の収束条件による誤差
図 1 配分計算の精度低下の原因
- 222(69)
-
本稿では交通量配分に利用するためにデジタル道
24 時間自動車類交通量の合計値と比較する.
路地図から道路ネットワークを構成し,各道路リン
道路交通センサスの箇所別基本表では交通量観測
クのパラメータを簡易に設定する一例を示す.道路
地点は住所で与えられている.これもアドレスマッ
ネットワークの構成方法では計算を高速化させる工
チングにより座標値に変換し,この座標値を中心に
夫も示す.実際に PT 調査による OD 交通量を配分
少しずつ範囲を広げて道路リンクを検索して観測断
して現況交通量と比較し,配分誤差を検討する.
面候補リンクを特定する.交通量配分計算を行い,
各リンクの配分交通量と現況リンク交通量とを比較
2.起終点交通量と道路ネットワークの構成方法
して一番近いリンクを観測断面地点とする.このよ
2.1.OD 交通量と観測断面交通量データの設定
うにして得られたリンク断面と道路交通センサスの
OD は起点(Origin)と終点(Destination)を意味し,
交通流量図の観測地点を比較したところ概ね観測地
OD 交通量とは,ある出発地(起点)から目的地(終
点は一致していた.使用した 20 万分 1 相当のデジ
点)への向かう起終点間の交通量である.既存の交
タルマップでは 1km の検索でリンクを特定できる
通量配分計算では,対象地域をゾーンに分割し,個々
こともわかった.東京 23 区内ではこの範囲の探索
のトリップをそのゾーン単位に集計して OD 交通量
でおおよそ 12 リンクが候補となる.道路密度の高
として与えている.
い東京都区内や交差点部分で誤った場所を示す場
平成 10 年東京都市圏 PT 調査データから OD 交
合には道路交通センサスの交通流量図をもとに GIS
通量を設定する.PT 調査は都市計画区域レベルの
を用いて観測地点を手作業にて修正する.
都市交通マスタープランの策定を目的として,都市
圏内の人の交通を総合的に把握するために都市の規
2.2.道路ネットワークの構成法
模に応じて実施される.都市の将来像,将来交通計
交差点をノード,ノード間を結ぶ道路単路部をリ
画から構成される都市交通マスタープラン,将来交
ンクとする.以下で利用する利用者均衡配分では方
通量予測結果(OD 表,配分結果)と都市交通実態
向別に交通量とリンク走行時間が計算されるため,
調査によって得られる都市交通現況データベースを
リンクは上下線を分離して有向グラフで扱う.
提供する.このデータベースは都市圏居住者を対象
前節で与えたゾーン代表点を交通の起終点である
とした人ベースの交通量調査(人トリップ)である.
セントロイドとする.各セントロイドは道路ネット
本稿では交通量配分は車両単位で行うため,台ト
ワーク上の一番近いノードにアクセスリンクで接続
リップ単位になおした自動車 OD 表(以下 VTOD 表)
する.本稿で扱う車両はすべてこのセントロイドを
を使用する.OD は調査対象地域内を計画基本ゾー
出発しアクセスリンクを通って道路ネットワークに
ンと呼ばれる 595 のゾーンに区分されている.
入る.目的セントロイドの近くのノードまで有向グ
東京都市圏 PT 調査データブラウザシステム取扱
ラフの向きにしたがってリンクを辿って行きアクセ
説明書にゾーンコード表が掲載されている(東京都
スリンクを通って目的セントロイドに到着する.デ
市圏交通計画協議会,2002).この取扱説明書は紙
ジタル地図の道路中心線を利用して道路ネットワー
媒体なので,ゾーンコード表を手入力でデジタル化
クを構成する手順をリスト 1 に示す.
する.そのゾーンコード表にある各ゾーンの該当町
Step1 ではデジタル地図データから道路中心線を
丁・字名を抜き出して,アドレスマッチング(東京
抽出する.デジタル地図の道路リンクは交差点や次
大学空間情報科学センター,2001)によりゾーン代
数 1 のノードとそれらノード間を補間する次数 2 の
表点の座標を求める.
ノードで記述されている.この次数 2 のノードは道
平成 11 年道路交通センサスの一般交通量調査箇
路曲線部の形状を表現する補間点として使用されて
所別基本表をもとに断面交通量観測地点を設定す
いるので配分計算において計算時間を増大させる原
る.配分する OD 交通量は平日のデータなので平日
因になる.このため,道路ネットワークには次数 2
- 222(70)
-
る道路ネットワークは分析目的や使用する OD 交
を含まないよう構成する.
通量のゾーンの集計レベルに適合している必要があ
デジタル地図から道路中心線を抽出
る.
次数 2 のノードの削除
各リンクの交通容量は車線数と道路規格を用いて
Step2
対象地域が複数図郭の場合は境界ノードを接続
決定する.道路の種類は道路構造令(交通工学研究
Step3
ノード番号の設定
会(編),2006)によると第 1 種(地方部の高速自
Step4
有向グラフ化
動車国道および自動車専用道路),第 2 種(都市部
Step5
孤立したサブネットワークの削除
の高速自動車国道および自動車専用道路),第 3 種
Step6
リンクのソート
Step7
リンク情報とノード座標データの出力
に区分される.そこで各道路の単車線の交通容量は
リスト 1 道路ネットワークを構成する手順
道路構造令の値を用いて,各リンクの方向別車線数
Step1
(地方部の一般道路),第 4 種(都市部の一般道路)
を乗じた値をリンクの交通容量とする.各道路リン
Step2,3 では図郭境界部分のノードを接続し,
クの 1 車線あたりの交通容量を表 1 に示す.
不要ノードを除去して,構成する道路ネットワー
一般的には沿道状況等も交通容量に考慮されるべ
ク全体で一意になるようにノードに番号を振る.
きであるが,使用する地図データにその属性情報が
Step4 では交通規制にあわせて有向グラフとしてリ
ないことも考えられるためここでは考慮しない.セ
ンクを設定する.
ントロイドと接続するアクセスリンクのコストは 0
取り出した道路ネットワークには孤立したサブ
とする.
ネットワークが含まれていることがある.サブネッ
トワークにセントロイドが接続されると OD 間の
経路を決定することができず,リンクに正しく交通
量を割り当てられない.したがって,Step5 では孤
立したサブネットワークを除去する.本稿では各
ノードにおいてリンクを辿って接続しているノード
数を計算し,接続しているノード数が全ノード数の
表 1 交通容量の設定
道路種別
高速道・都市高速道
一般国道
主要地方道
一般都道府県道
その他の道路
級種別
1 種 1-2 級
2 種 1-2 級
4種1級
4種2級
4種3級
交通容量(台/日)
12,000
18,000
12,000
10,000
10,000
10%以下のノードを開放除去することでサブネット
ワークを除去した.
利用者均衡配分計算に用いるリンクパフォーマン
後述する計算時間の短縮のため,データを前処理
ス関数には様々な関数が提案されているが代表的な
して記録する.リンクデータはリンクの始点ノード
関数は BPR 関数と Davidson 関数である.BPR 関
番号を第 1 キー,終点ノード番号を第 2 キーとして
数は米国道路局が提案した関数(Bureau of Public
ソートしファイルへ格納する.また,作成した OD
Roads,1964)で研究や実務で古くから用いられて
交通量データも起点と終点のノード番号をそれぞれ
いる.本稿ではこの BPR 関数を用いる.すなわち,
第 1,第 2 キーとしてソートしておく.
リンク k の交通量が xk のときの所要時間 t(x
k
k)は
交通量と交通容量の関係から以下のように定義す
2.3.リンクパラメータの設定方法と前処理
る.
2.3.1.各リンクの交通容量と車線数の設定
WN [N デジタル地図はその用途と縮尺によって保持して
いる道路の精度や属性が違っている.一般的に大縮
E
§
§[ · ·
WN ¨ D ¨ N ¸ ¸ ¨
© &N ¹ ¸¹
©
尺の地図には細街路も含まれるが,小縮尺の地図に
tk0 は自由走行で通過するときの平均所要時間,Ck
は主要幹線道路しか含まれない.配分計算に使用す
はリンク k の交通容量,α,βはパラメータである.
- 222(71)
-
tk0 はリンクの特性(交通規制や中央分離帯,車線
数の有無)で決定される変数である.本稿における
OD を選択
実験ではすべての道路リンクにおいて,土木学会が
no
全道路種類別共通の標準パラメータとして提案して
いる tk0=0.74,α=0.48,β=2.89 を使用する(松井・
前回と違う O
yes
O を始点にダイクストラ法
山田,1998;土木学会(編)
(p.73),2003).
有料道路は道路料金を時間評価値(単位時間当た
経路上のリンクに更新交通量を加算
りの貨幣換算値)により時間に換算した上でリンク
no
OD が終わり
yes
旅行時間に加算することにより取り扱う.PT 調査
の OD 交通量は車種別になっていないので,全車種
共通の料金を仮定し,その料金を時間価値で走行時
図 2 ダイクストラ法の実行回数の抑制
間に換算する.本稿では,車種別の時間評価値では
なく全車種共通の時間評価値 62.86(円/分/台)
(平
次にリンク交通量の更新部分で計算の効率化を行
成 15 年価格)を一般道路と有料道路を結ぶオン・
う.図 3 左上に示すように,ダイクストラ法の計算
ランプリンクまたはオフ・ランプリンクに有料道
結果の経路は起点から各ノードへ木構造で与えられ
路の料金分負荷する(土木学会(編)
(p.84),1998).
る.このとき,経路はノードに接続している親ノー
また,高速自動車国道などの距離に比例して料金が
ドをたどる形で与えられるため,OD 間経路上の各
加算される場合は料金体系をもとに個々のケースに
道路リンクに交通量を加算する処理では始点と終点
応じて距離に比例した時間評価値を負荷する.
のノードからリンクを検索しなければならない.リ
ンク数が大きい場合この検索には大きな計算時間が
2.3.2.効率的計算のための前処理
必要になる.そこでこの検索を効率化するためリン
利用者均衡状態のリンク別交通量を直接的に求め
クデータは各リンクの両端点でソートした形でデー
ることは難しいので通常は数学的に等価な最適化問
タを保持し,検索には二分探索を使用する.
題におきかえて,これを解くことにより求める.本
稿ではこの最適化問題の求解に Frank-Wolfe 法を用
8
いる. この方法は最急降下方向に解を探索する方
7
法で利用者均衡配分を解くために多く用いられてい
b
る.一番計算コストが大きいのは OD ごとに最短経
c
処理として OD 交通量のデータをソートしておく.
最短経路を計算するダイクストラ法は道路ネット
f
1
2
6
g
4
負荷する処理である.この処理では OD ペア分の最
短経路の計算が必要になる.そこで,配分計算の前
e
d
5
路を探索し,最短経路上の各リンクに OD 交通量を
a
H1 2 3 4 5 6 7 8
T 2 5 6 0 4 4 5 7
ワーク上の任意のノードから他のすべてのノードへ
の最短経路とその距離を求めるので,OD の計算順
序を起点でソートしておけばダイクストラ法の実行
は起点の個数だけですむ.この処理を図 2 に示す.
これによりダイクストラ法の実行回数を必要最小限
に抑えることができる.
- 222(72)
-
OD(4,8)の交通量を付加する場合,最
短経路の配列を OD の終点から起点まで
のリンク a,b,c に OD 交通量を負荷する.
このときリンクデータ構造のH(始点)
ノードとT(終点)ノードをキーに該当
リンク構造データを検索せねばならな
3 い.
リンクデータ構造
LID H
a
7
b
5
c
4
5
d
e
2
:
T
8
7
5
2
1
:
図 3 リンク交通量更新部分での効率化
y
3.経路別配分交通量の評価
配分計算プログラムの並列化は行っていない.結果
対象地域と使用データの概要を表 2 にまとめる.
を表 3 に示す.収束に要した計算回数はいずれも 20
この計算ではデジタル道路地図に JMC マップを用
回であるが,計算時間は大きく違っている.収束条
いる.JMC マップは国土地理院の国土数値情報を
件はすべてのリンクにおいて更新される交通量が
基に作成された 20 万分の 1 相当のベクトル形式の
10%以内としている.計算上の工夫を行わない場合
地図データである.データは 1 次メッシュ単位に
の計算時間に対して①は 2.23 倍,②は 1.8 倍の高速
ファイルにまとめられている.道路リンクの属性
化が実現できた.①と②を同時に行った場合の計算
データは道路種別のみで高速道路・自動車専用道路,
時間は 150 倍となり,実行時間は約 2 分となった.
一般国道,主要地方道,一般都道府県道,その他道
路に分類されている.
表 3 データの前処理による効率化
一般的には交通量配分計算には日本デジタル道
路地図協会が提供する DRM が主に用いられる.全
国の道路管理者により提供される道路データを基に
データを作成しているためネットワークが精緻なだ
けでなく属性データも多い.しかし,本稿では専門
効率化の方法
効率化の工夫なし
①D 法の実行回数抑制
②2 分探索の採用
①+②
計算時間(sec)
18094.73
8105.34
10052.57
119.92
評価
――
2.23 倍
1.8 倍
150.8 倍
家以外の人が安価で配分計算を実施できることを考
3.2.交通状況の再現性による評価
慮して,JMC マップを用いることとした.
交通センサス調査箇所別基本表の各観測地点の観
測 24 時間交通量と配分交通量との比較を行う.
表 2 本稿における道路交通データの概要
OD 交通量
メッシュ番号
対象地域の面積
ゾーン数
ネットワーク
観測断面
時間評価値
平成 10 年東京都市圏 PT 調査
H10 S2-15VTOD 表
5239,5240,5339,5340,5439,5440
160km×240km
595
JMC マップ(日本地図センター)
実ノード数
:25,092
実リンク数
:74,220
実リンク延長
:58,674 km
単 位 面 積 あ た り リ ン ク 延 長 : 1.5
km/km2
道路交通センサス(平成 11 年全国道
路交通情勢調査)
首都圏 1224 地点
62.86 円/台/分
評価対象地域は東京都内と横浜市,川崎市,神奈
川県内とする.対象地域を限定したのは計算対象地
域の境界部分やアクセスリンクの接続により明らか
に特異な値が出力される OD を除くためである.
リンク別断面交通量の評価指標として以下に示す
RMS 誤差を計算する.
506OLQNHUURU
1
¦
O(U
[KO [UO [UO
ここで x h はリンクの l 配分交通量,x h は交通セ
l
l
ンサス一般交通量調査による観測断面交通量,Er
は観測実施リンクの集合を表す.
リンク別断面交通量の比較を図 4 に示す.配分交
3.1.計算所要時間の比較
通量が現況交通量を再現できれば y=x の線に分布
前章で提案した前処理による①ダイクストラ法の
が近くなるが,計算結果は分散が大きい.これは構
実行回数の抑制と②リンク交通量更新部分での効率
成した道路ネットワークに幹線道路以外の道路が多
化が配分計算の実行時間にどの程度影響を与えるか
く含まれるので,それらの道路に多く配分されたた
について数値実験を行い調査する.ダイクストラ法
めと推測される.そこで同一の大ゾーンに含まれる
は F ヒープ付のプログラムを使用している.使用
すべてのリンク交通量の総和をその大ゾーンのリン
した計算機は Intel
(R)Core
(TM)
2 Duo CPU T8100
ク数で割ることにより大ゾーンでの平均断面交通量
2.10GHz,メモリ 2GB,HDD 空き容量 50GB である.
をもとめる.図 5 に評価対象地域の 27 の大ゾーン
- 222(73)
-
における平均断面交通量を示す.過小推計されてい
3000
るが分散は小さくなり交通量の再現性は認められ
2500
配分流量(百台/日)
る.配分された交通量は観測地点を通過していない
が,同一ゾーンを通過していると考えられる.経路
選択はリンクレベルで現況と違っていても,OD の
単位で見た場合,おおよその通過地域は同じになる.
2000
1500
1000
500
100000
RMS誤差 0.972
0
0
500
配分流量(台/日)
80000
1000
1500
2000
2500
3000
現況流量 (百台/日)
図 5 大ゾーン別断面交通量の比較
60000
40000
140
20000
120
0
20000
40000
60000
80000
100000
配分所要時間(分)
0
現況流量(台/日)
図 4 リンク別断面交通量の比較
大ゾーン別の比較では配分された交通量は実績値
100
80
60
40
20
と比較して過小推計されている.この傾向の原因は,
同じゾーンを起終点にもつゾーン内々交通量が配分
0
されないためと PT 調査の OD 交通量に傾向誤差が
20
40
60
80
100
120
140
現況平均所要時間(自動車)(分)
含まれるため(名取ら,2000)と考えられる.
図 6 大ゾーン別 OD 間所要時間の評価
リンク別断面交通量の誤差の原因は以下が考えら
れる.本稿の BPR 関数の設定パラメータはすべて
4.まとめ
のリンクで同じ値を用いている.また,交通容量が
本稿では交通量配分のための道路ネットワークの
道路種別と車線数のみで設定されているため個々の
構成法,リンクパラメータの設定の一例と高速化の
道路リンクの実情を反映していない.この計算では
ための前処理と計算手順の工夫を示した.ここでは
幹線道路とそれ以外の道路で区別していないので幹
実務において行われている方法を整理したに過ぎな
線道路以外の道路で交通量が大きいと考えられる.
いが,配分計算の専門家以外の人に交通量配分の一
図 6 に現況と配分による OD 間所要時間の比較を
例と問題点を示したことには意義があると考えてい
与える.現況所要時間は PT 調査の各計画基本ゾー
る.
ンの自動車による平均所要時間(H10 S2-17)を大
道路種別の基本交通容量と車線数とから交通容量
ゾーンでまとめなおした値である.この結果にも偏
の設定を行った.実務では交通容量は交通センサス
りが見られる.図より平均所要時間がおおよそ現況
や地勢図を用いて沿道状況をリンク毎に判断し,基
の半分であることがわかる.BPR 関数のパラメー
準交通容量の値を補正して推定している.これは
タを適正に設定すれば精度はあがるものと考えられ
非常に煩雑な作業であるため,鷹尾ら(2007)は
る.
DRM を利用して沿道状況を判別する自動判別法を
提案している.本稿で示した設定法では交通容量の
- 222(74)
-
誤差による配分誤差は大きかったので,この方法を
鷹尾和亨・東徹(2007)デジタル道路地図のリンクの沿
道状況の自動判別.
「土木計画学研究・講演集」
,36.
参考に設定方法の検討をしたい.
小縮尺の地図を使用する場合,配分対象の道路
ネットワークは主要道路で記述された簡略ネット
ワークであり,現実の道路ネットワークとは異な
る.その交通容量は細街路を含めた地域の道路網全
体の交通容量であり,実際の道路リンクの車線数と
道路規格を用いて決定される容量とは違うと考えら
れる.この交通容量を推定する問題は今後の課題と
なろう.
本稿で行った交通量配分計算では,道路ネット
ワークに細街路を考慮していないため,本来細街路
東京大学空間情報科学研究センター(2001)CSV アドレ
スマッチングサービス,< http://www.tkl.iis.u-tokyo.
ac.jp/ sagara/geocode/overview.html>.
東京都市圏交通計画協議会(2002)『東京都市圏 PT 調査
データブラウザシステム−現況版−取扱説明書』.
東京都市圏交通計画協議会.
土木学会(編)
(2003)
『道路交通需要予測の理論と適用−第
Ⅰ編 利用者均衡配分の適用に向けて』.丸善.
土木学会(編)
(1998)
『交通ネットワークの均衡分析−最新
の理論と解法−』.丸善.
交通工学研究会(編)(2006)『交通容量データブック
2006』.丸善株式会社.
を利用する交通が幹線道路に配分される.このため
中村文彦・内田敦子・大蔵泉(1997)アクティビティダ
配分結果が実測値より大きくなると考えられる.し
イアリ調査を用いた郊外部の週末行動分析の一考察.
かし,実際の計算結果はその逆となった.これは配
分に使用した OD 交通量に含まれる傾向誤差の方が
大きく影響したためと考えられる.PT 調査はアク
ティビティダイアリ調査と比較すると,特定の傾向
を持ったトリップに抜け落ちが発生しやすく,1 人
「第 17 回交通工学研究会発表論文報告集」,213-216.
名取義和・谷下雅義・鹿島茂(2000)パーソントリップ
調査における回答誤差とその発生要因.「土木計画学
研究・論文集」,17,155-162.
松井寛・山田周治(1998)道路交通センサスデータに基
づく BPR 関数の設定.「交通工学」,33(6),9-16.
あたりの総トリップに対して 20%∼ 30%の抜け落
Bureau of Public Roads(1964)Traf fic Assignment
ちがある(名取ら,2000;中村ら,1997).この影
Manual, U.S. Depar tment of Commerce, Urban
響を取り除く方法については小規模ネットワークで
はあるが島川(2006)により検討されている.実用
規模の計算での検討は今後の課題である.
Planning Division, Washington D.C..
(2009 年 5 月 18 日原稿受理,2009 年 11 月 6 日採用決定,
2009 年 12 月 10 日デジタルライブラリ掲載)
参考文献
島川陽一・鹿島茂(2006)傾向誤差を含む OD 交通量修
正の計算方法の検討,「交通工学研究会発表論文報告
集」,26,229-232.
- 222(75)
-