出判明到刊であ D - 平塚市

に聴衆一一一
平塚原水協は、八月一一不一日夜、一吉、広島へ円
農業虫館ホールに、第五回日原水爆一を得て、糊哨鞭
禁止世界大企申央懇夏をひら~なまの押録音管長。
([email protected] )11 土手を通過する平
中原公民館ニz報告・佐1{í, ì中津,回官
10 月 26 日〈月〉
豊原公民館ごと報告。沖津,飯Fも小林
10月 30 日〈金〉
桃浜公民館z報告 e 加藤,田中,
11 月 5 日(木〉
[email protected],加藤,石倒
æ宮
[email protected],軽部,石田
11 月吉田〈月〉
[email protected],飯F喜,筒窓
室
j@ 小学校z報告 e 凶中,飯尾, I'í草分
神田保育所z報告・加藤,沖津,小林
E
10月 2 11:1 (水〉
D
22zzrZ22Zユ2222ζ ごzzrcmrm=zzzrzz
EZ
即w
時E
間M
三
『
三
zm
--2
-2
-rZ
』Z=
z一ω
-ェ
2=
3M
2E
zz
== ニ 22 ユ悶zzteZM=2tz ユごも如m
何zz-v-ztZMhrzemwzzmzzzzzrw
DD
よって破壊されました
ます。閣官でありましょう
[email protected]
em
体、あらゆる政府が、人遂の名
3
からの混命
に、 ζ塁手ノケルを支持
ノずるよう翠すます。
ivv
いi
て、読の利益のため
しかるに会ぽ、広告落iili--iijil--iiiiiiiiiに
iおi
ちた空襲よ Z
I
たD
ました。肇議所有国に一九五九年八月七日目広島章、人制聞はゑ
強刀な桔震が存在するにい
は一乙れらの恐ろしい兵婦
が
il
ili--iiiiili--tifi--list--sili-- をみずからの手中に収めてい
10月 2 日〈金〕
自月 30 日(水〕
10 月 7 日(水7
ζた
、ゃ
わい
出対
す記
る分
の
大
蓄
るものです。私たちのすべては今減らすため、重量じま品し
りき
すな
るた
よ手
主い
義に
改紅
定
、に新
す氷る
10月 12 時〈月〕
t
σ
10 月 16 日(金〕
れ
へと減じる迫ですC
。 は、震ては、モれらしを路摂するか、さも私たちは、一言葉まがにのませんか。一
事の器官、静語表翼乙の需主っている国々に対していまPす
同女
時化
卓が
八旬
たれ
おす
枠る
制ス
う協定の浴、効県的
わたり、やがて一切を税減する桜私たちは潟がすでにおそろしいめる間際協刀の法
行国
な会わ
、役
国場際
民会ど
巡各し広間た
J
撃の妻、共に巡もうでは乎
あ中
り上一
まずまずをの管監禁申告よ品閉じます。より、あらゆる室哲憲章て解決する述、医聖霊原祭
報か報場代大にラ界主ぞ
一つは、撃力が絶えず品明大し事同それをはっきり話するでは、新レミ詰な基援水
に告震
撃立
手会
持、と
よつ
ら聞
告の
に申
イ道
大官
もお
ち。
はモ
、平和と卵性と牛一命咋訟の道
いこつの逃があ白ます。に涼入しPた
レないとい豆政策を撲が行なわれつつあ担ζ
ます
協会市会は者の大ド会、近
同で
刀あ
てっ
にて
告る
をよ
原う
す鈎
や霊畿による絶滅の恐怖のもと議じます。私光ちは、笠容を所しい草車問躍は、幹レ
て会
はです
呼へ
びかけます。戦争はい
に苦ているのです。官ていない空転して、今後なりません。かなる回いかなる人々に8対い
し場
てし
も大代報況回狭持場
7 会
、続会催、界交を状
t5 上
今、私たちの前には可きっぱり
とら
もむ巽一擦の実ζ
従
は
お
ろ
か
、
た
だ
災
ζれ
験な
を今
お、ジコ千 1で
7 は、核兵一徳山市一かけらの刑判
は引日開役、果の第も後の
げ
p一
でし
フ大
。私
とどちらかに選ばなくてはならなったり、拠出国したり、その領土内h
有
一ょ一
簡交の代で
表にに
大「
な作符をも光午
らくす
内よ
宏り
、、
が伶
結会
tj
と
ず
何千と貯議され、それらは私たち私たちは、世界中の人々
とを
そま
のず
同。
国私
家た
がち
梓は
兵長
器密
で封
武女
装を
す問
るわ
ζ
の
H
Fるo加、。し禁止廿ら
の交樹を破壊させてなお
あ政
ま府とが従界大戦ι
Pあ
のかす仏申立佑を動脅すべての人々に
もるの
反か
が
9争
るお
危険者許レたり、
ζ
日戦
たモ
るの
参腐
録に
爆。
宮月 25 日〈金〉
広島はわずか一個の旗亭爆弾にその他白資源世昂利用する道でもあ地の撤廃へと減じる協伊丹か最色直あらゆる人々、あ
の
ヒ
費
っがて
ま金す
特界に
パ題ヅ
案や
一い
堂に
し。
、世
のラ
諮問
をキ
慎
にも、精神にも残っζ
てい
るれはまた世界の資献を軍備に浪i
ζ
と世
をや
、の
酎政
剛え
食しさを他の防様な提案に示されるA宏
よ君う
な電にかつ徹底的に討議し
ロシマから、私たちは
界め中
ずとる
45
子る
力や
非め
同情
府主濁民に訴えます。根絶やζそ
し原す
た
に武装地帯の形践と外国箪事選熱裂します。
ぉ、その鐙援が多くの人々の肉体理じ、戦争を絶滅する遂です。そよフな額際協ばが結ばれるよ主綴私たちは、誇大閣の
何十万という原爆の犠牲者たち雪解控あたって国際協定と国選ます。にたずさわっている代表たちを激
が地下に総担、最初の原爆抽出下と際決によってすべての国家と箆民また私たちは、以上のような積励し、そしてすべての国々
いう絞麟から十周年たった今もなに対して公正を貫一き、核墨田哲を管殺の他忘ぶ還の危機を減少する協定に参加するよう製品ます
す。い大道です。それは、臨家間の紛ゆだねるかのいずれ by
採るよう全世界の人々が、乙の童婆な任務
-PF
らま酌もう一つは、選と震との広主農協定を結んで習際管理にくれる乙とを切望するとともに、
私たちはヒ
各会場とも,ー戸JII市議が出席〕
自之宮公民館之江報告 'ì中津,高梨,小林
も
出判明到刊で
耳あ
語する警初日刊おき訪問刊誌抗告はリリ
I'í草分
豊田小学校ヱコ報告・土産,佐草,
=
言
和大行迭の一行}
霊
城島公民総報告・土屋,高梨,軽部
金自公民館之江報告・問中,飯尾,国分
8 月 21 日(月〕
台、
匂フ
W開閉欄....
1
1
品、
AE
a
たったこ誌の原子隣接、一瞬章、資させる新しい般みだし草八月、開審草委員全量翼後約三十世代にわたって重品原水爆警蓮妻、季、被爆
の申に広島・長師二十八万市民のとなると信ずる第百函吋界平和大告では、実験が一九託八時宋で中児、単生司問、草苑といったケース者に楼かい救援の手をさしのべる
総
額
023
たのである
[email protected]仲畑
一に滅ぜた入ロヘ舎は空一一室長白となっていっ花。えられている。の要求がみなぎっていみ
るず裏
芸賞
ζ 大金主義講義議重議官主に
亘書は の
一25
r
γ
寄っね主更にどんどん増大している。長自(ジョンズ博士)正一定妻、人類の笠宮幸福事
霊長語、震暴わせ、言語脅さぜ
i一
iiiiiiiiE
で
E 誌をあぴ護協の宣言護霊;言語一れたまる点一室段撃
2
5は人喜一喜ることなく襲警策の一単一まし汽
は、かつてたかっ光という乙とで一送ずるなど警は子供じみた、後一人語雲上はじめて壁章一刀毒られるが襲撃若葉一を…朗らかにする宅事実体を一芸護条約改定反対という決一
一品2
、2 ほど、喜一語打機運宣伝ピ豆を君主一大会で論議案一塁護人語警雪、一足少ないでしょ主連は非難を一のほとんどの書置の一室
2
傷者j 一往信料開一締結山町長れ甘いいはす]訪問見守四時計一劇到劉臨時
73225の重7
i
1 舎を
一良川畏れれば一段駐日戸2一
一深
均め
等た
、すべての人の脅威一義皇官議
長
係
得
と
いうiう
警
si
li
lの
i-も
- 一ざるを警
足な
。乙い
れが
震を
私x
長
-­は喜一
D
22ニ
2 ズムに只
一警警は、従来の慢し喜一し重量じている
一際
室、
、続
安長
保一
塁で
、鋭
核意
兵の
器資
の金
一は
ぅさ
善か
意ら
季蕊
、れ
政治的な一原水量がヒューEマ
一
市議
量
会む
党。こ
雲雲長
でも獄
活溌な
な露
ので露呈て
た完
い封
もが
の乱
で入
すじ
。一
-一
一一供
い露
を軍
さ他
ま鹿島義活動喜一切な署長います。表
寸菱重盛に器
とず
一る
をした一一十毒
一給
い、
る持
か込
知みは
すせ
るの
以塁
上打
、な
日い
米一
譲霞
受と
約か
改を
定合
が一
C
Mu
-一
u
一間一部…叫ん臨時間
一
一一時間訪れ
H一
ri臨時間
る一
一鞠
成
著r輔
長
書副
とい
目
広時
十立
一日間誤認一時時
一いて、反報ひらつか」の号外とをするのは般若向であるからイイぶ長H
戸Hの
おh喜
一
目目臨
詰
刊
HM
i日
-日
u
目
立日
M時
Mi
z日
-刊
u誌
誌詩話日刊誌器禁日目M
日目立一日HHH在
E日白日銭円買同日日日目
i
一t
[email protected]協
・桜子孫一一(MUe一一一生東凶
五
洋γ
緩銭
一一
一一
O円MMγ
一喜と校、資金力ンバの一助と一室長前にして広島県議会主童話題、民主、草梢官一つ話への訴えをリレーしな官製造の禁止はきて霊なこ0と
で議で六百万人が在、
人一金
口
突
きたのが
@[email protected]@その
一して、出雲の負担妻、雲の一援に決定していた大生
Lえ
仏の
両補
国助
へ一
広国
島苦
へる
とお
か吉
み凶
続器
け薬
た品
平乙
和行はないと滋之結爆発震による十五話器ずる。しかも「住O吉
の入去の命奪三とに愚雪ピフ革担つを努
区労こ一穴OO一円他玄七σ
一蓄を願うて二巾で毒する乙と一金一千万円の棄しを発表、その一議襲撃襲警がでま一幸宮、真剣な討議によって、大気存在、実験体止中でも絞っ事地車
整数は放射能のたっくさねばならない。
[email protected]
[email protected]
[email protected]@一一七ニ七符
M計門
十刊
はわ何日
ぱ
い
は
はれ
誌れ
なM知
誌誌い
iゴ持続安時叫んけんを話し合い一て肘爆主
に
よ験る
長
時
の実
、た
持ざ
政
駐
日
目計
MF
μ
一しでは、章としての
;華
f道
:す一
Q四
一子なでしこ六間一?旭
ハ七六e
る。おりしも密議総選騒がピ
ト一塁つPで
もある。宮、ζ
のた一?主一万号、戦車後の霊堂で身、一部こ主霊備若々と巡今年六月アメリカでの
E
[email protected]@五一一一O的問
ZE
めると警の代表は
め。
ら!
れ被
て緩
いE
討ら
に
、
れつの
よぴ自におげる第五郎大喜一競害者のりこ之し一ていiる
か
へ
霊霊
祭器
ま」室長原爆を雲語、意結婚
[email protected]@旭腎年金五一一円)
薬襲
警さ
矢 しっか
ー一広島は撃に生きる力がみなぎっ奪毒はたしかに世界最重撃でも草案しさをある程E度製に
も
え、ケロイドのある鼠爆の
一掃におとらぬだけり力添
て
一874!iii
iiえ
ijさ
i-H
六一
[email protected]}一口一一
ζ芯
一けの協刀をぜ担ば
乙
へら君
ぬ主
とっ
かた
ん原
が水
一協議の一印訟である。一が市中を流れる六吉川に映えて畿鱗鱗畿欝土乙の哲だ一けは人数のまっ目
た玉く
一
寺院
一七
O,
続考
四間主
二四
Oつ
O政
党ニ
六O
七心
一一開
円 とし
uべ
す
で
あOる
と
に
一
ら一恥
引
一ぇ、原水協の行事にたt
い
しき
てか
は、
他在
一へ
人な
需十
品一
、見射に拍手レかった。被爆麗後六万剛脚色、そろそれは襲傑へのその理的影響は盛大
一判長訪問時忘れ担当時一信号耕作一引い諮問諮問結合百八時十五分離監一諮問村長時
i
l
藷差是。あ官官恩くも語、
ζの地で関されきとはま主としても、地上白ストロが雪、モの合計は何千万何習のが重である。霊国原水量
札刷噛
BtM@
十四年!突に怒耗深い。ンチウム九Oの訟は、今後十年か達するだろう(ニ
lル教授)」と止役界大企に叫買った内外の杓殺も
ムむ
μaM
一一一十万にのぼる入えは、身内州政閉会総生で、おかっぱ市酬の少女ら二十年矧捕大しつづけるし、モいpわ
u
れら
て露
い十
る畿
。の
主ない時代をも
た
21S
[email protected]
JH必
gzy
射拷LPレばまれた肉体をひっさの「ヰ一き残った私が訴えなければれによって錨年自剛山総泌執が四百広島
U
うで
中英
に側
はな
「御たや
得の
る市
か中
とで
い出
う会
乙と
同凶
・二
九九
九六
Oし
e営
ぷ話
警ニ
0域
@新
富症
国一
と
し人な
い惇し
千六名
ぬ円却
、
大0な
担
易さま
平塚原水協一わ
ζ
れそ
花 平和大作滋のが注一がれるかで、戸惑って、渦巻いて一げ、感隠の品にひかたるような死原水燥の激しさ虐殺が替えるで矯
仰町
一原
一口
一禁
一子
っ一
き一
回訴
一2
04
ハと
O子
商よ
工 ろこ
童として一等安易であるが、もうひとつ戸たのである。一の迫への恐怖を習ながら管てよう」と自訴えに、議接足密室もつ票、総計二千五百凶れ
て一も
水
事さ一
控
事6協
た議こ
は
六0
白ぱ
寄合
七六
品一
Oま
e銚
二の
五δ
はこんにち夜、原2水
の慰
震謝
の滋一じかし、私の器はつ自に一室。動のうずが雲、参加制のすべて主主名去るとい弘、どんな軍人とはいえまSせ企と
き・っ
八九月
日一、
る浜
で試裂
よJパイロット玄o
[email protected]@多治見
2て
5 一見る余昔話店主徴昔話も人体に有容で青春人もあっ
れとそ人道大気の宮官。意義
toC
め
22い
2 て、 一5 雪量主であるえしかし、はじ5
Z 出席一習にお
野定
商都
[email protected]
量
EE 一かったという妻、このことが手んな嬰ぎでも散型も、活関一映じをぬは、宅て係主化し選議議議議室安広島市内では各戸一
fA
士立
一六て
一一
@的
立慰
医六霊
Oa
計事
務ず
所有
σ@
一すことが出来ず、心強しい応盗事需であったと言ってよかろ性差えること倍双ないのであ一たその蓄さ揺るすべもないよ機騒繋議O
選e久
が
らOれ
、
前統に
う
く
ま盤欽一
[email protected]談一四
[email protected]
貞
imS
V市綴会代後e加藤武(市機)沖津議(市綴)閉山中罰則仰(市機)
勺政党代宇佐車欧勝〈市磐線穆箆問(会社総)マ労総代褒
@土援隊久(市鯵)官向裂与問
問
邸部
(体
蜜代
鉄後
[email protected]
h瞥
v年
融臨時差閥系露)可綿入国凶体代探出窓いく(主糊口盟主
い(窓織)小綜ふみの(主一階)石鴎八鶴子(議掛)
代出掛極踊
V市
[email protected](部設)
しい決怒を抱いて縄問ってきたことをおったえする。
三者露骨の報告文を響、代表たち童が、言語たら
界大会の声となり、広務アピーんとなって岳怪鮮に替えられre
十万一巾民のみなさん。あなたのご支援によって広
路へ行った、平燦代じて、問問主包療水開欝止世
由一
illliiiiL
8
;1
、5一手。半空運営原水襲比3
一l
位i皆
?、
Z22 一州各需草山点差富豪必勢応ょっ醐
で一て刀の霊祭事妥って来Cてい…事会、それか皇警館長…川基金高
d
でe一ず。平和議がぐんになるれ
には
つ喜
れ盤
一石
芸まで人体火傷
i
鱗主側羅欝警石室
で一色しお侠て
レい
山ま一言までの木造蓄議は
電つぎる大きな酬
畿一撃まじ」一言重量童話芸州議援額鴻るものでしょう酬
で一喜一一つの幕。署員一雄、主計武器雲監ニ一附藤長議守中がてはわ
・
一?って診療所暮ね襲附入、一般の農民襲警かかってぷ
1111j
一ア込翼手す弘之諸問;一一に付いて警を傾くと広島の霊山富者によなげれば入事のように考えて
ζ附
資金マッチ酬豊富らい夫妻役需要。
一語審吋翠 沼環守齢制カ刀一一一は喜
2一
3 一
a:Jjill 一一一僚の大きさで翠重量灘、一問ィミ安んな気持で一私ニ
一「はi
いl
一壁審議発やむから約一言削蕗欝撃欝持ちが謹穏になれ附
霊対話終にする。但し涼一小学校長環警の意義票一お別れレ竺平交えて二万票つくづく蘇ですからね。酬
、いるので反対をす霊長一番犠牲者であったとした量一そして令も時護軍際空襲州第一日は記念事
さず警是していくべきと一宮出こと?手レんで原爆量一去、っかれやすくって一濁るとの州各国
の費震に出室長広告号て構一一塁湯量一績を聞き患と究を宝げて一州全国代警なければならない
はじめ様々な密会入っζ
て
の一
中し
に票
は、
附警護亙イド控室君もあるとのとと州あり懐紙いでまし定。室主要され
政治家にまかせん、乙れと反暴畿襲撃欝念式罪一華街しかったのです。筆原爆問弁)
E る
での
しょ
品。
な薬
害フ日ず、震
霊童軍基霊長一君主誌がZ入率一にあい入管お見せす
も
おきじ
白
しついでにない者は相手にす一に章述書政権打倒の警警一しいじんな重です。と去っ
5し
蓄一
量審
のロ
ケま
白川
室、護協詩人喜一堂々と入掛しE
たE皇は
一て参加
尺、容も結婚を前警はまれなが酬
問題は政治的な患だから一欝機鱗韓日て喜一乙議官官官でしたふ附
ある。そのひとつは葉
大そ
会室
皇、
子む
は
を
日宮
警
本署
一
人にきている。モれは一がはっき白してくると政治的であ一多くの人に知らせる乙とが豪州開哀をするかどうかについて
Eて
t雨
3
7の
2
該国広
毘誌場
にあ季、車縫っ E
騒いする量的議長て行一ざる毒なと警
章ま一
する
。と
一い
撃う
力口
の築
震基
で溺えの妨害行一覇の第五であ白書。下L
分
一れ
んま
のし
警た
は十
。T
四
一
戸前
一
麟舎
鱗は
念
度年
g患
Zい
台、
つ
ら
fd
自柏市民自上に謀総が苧
lJE
多くは由郎総沖称約経系の州出壁一附
-b
宅から監十四年。震は一泥思議ぴ刊誌がんが冷寝室室内野監の震ケロイ一州
設を景品主主一向が苦れはじめていますま一五撃箆への駁言震に関係一削はな白ませ
一日寸訪問一民一旧日一一間前
一おれは町一計即時日付
一事
日一
忠同
弘刊
山行
町問
内鮮
市の
臨町
せ駅
堂一
義…均一一
5L町
R益
一部出現時期間一…出拍車一関市時十
一…出……出国一自由……出
一同広島
の野
控誤
室認
一
3の
22iIn--iiE 喜一芸を
別
佐
'u館
ji
E
E
喜
5E2
EE
5
H
層一附燦襲勲すまじの喜会姐聖と平
と去もに毎
量
露喜
喜冨
罷
E
興喜
喜昌聾霊耐罷量琶
M詔喜
掴
E富
陣
富富
量
(一川かったと滋い続けられるうよ
喜塁
鱗綴幾綴緩議綴緩繍総会世界のょに裂しく開花する信久一間郊の鐙の打ち漏らされる中を
塁塁
たたかい手しを、生吉ていてよ
一日開…臨時開一しん抑制…部品一一
富雲喜喜喜喜
Jfくた
一で苦手レた。一ま廿んでした。「あふして原爆た
替。
レ一
弔一
う酬
にや
立お
つ宮山が務〈積まれ、原
一一
一警護警襲撃一聞に重大正て歌って下さい
5 凶器
一豊富縄問題包括童5話
喜 E
E
原水爆禁最高務、皇室界
一
一
驚選議室主:
警鯵すという、
音大室、務長官しつ与をいたしきでは震ょう
tb
議時紛鱗鱒的な問題でなくて望号ましょ一脚光。襲の方たちから語の
一双
踊必認も JMMFFL
一警護緩襲撃
一歯止措溜艶結晶体内認》器削騨寸鱗答概観欝ゅ
6 うノ
一私は、賛行なわれました、第それは最長手ぺ告はζと
ずそ
の徒
広数
的量
の読
蓄と
にし
触て
れ大
るきと盛主主付
一でむざいます。市民告へ完全にふくみ得ていな一方的なイデオ口ギ!的立錫によま方の適切なる御制刊新を符っしだ
Pく
ては
らかと王宮、震とな
一高原水爆祭主将大会に平塚市需号、各一豪語する意外に帰してしまったのFな
で
は
なない
pた
れ
一議代表として日大量罪、参加な露、主でありました。富良懸念されるものがあpり
ます。ない臼本において、邸く限
一いたしまし主人として、震の主の輩のょに立って一草壁爆禁止、草話の樹立、一部の活動家光美けのものと線
一雪まにそり哀の療を抑制蓄すベ滋されるべきこの襲重量薮という巡査量事実演のためわれる現状の、根本的な警を、
一義務を号、苦執ったしだいが、その最龍に立っている広島の連事、政治的スローガンゃ、私はこ乙札求めるとともに、警
Z な警
ぃ、一体
ζの置はど ζ
にあるのって一致されている襲をみるいであま。一
関
一写a
真 撃事議員一会人類の霊的
28
豊島数骨、私はこ号、現段階の主主、2
私2
く芸品震に、七十余若者艇をおし
一沼代表と毒よ一章、
一
llili--i一し、要平和轟への、むからなる動と称するも四への大きな疑問を慾な悲劇の豪華字る結集にて出席された星空警に、
一穴式{広安」ん由、議申告たない私一顧いは、もはや、原水爆の悲劇を投げかけさるを品開ないのでありまなりはしないかとさえ慰われるの常民間包長
Cとと儒
Eまが変わされはいたしましたが、世界平和の道世らかげ離れた、会のであります。一
一かんになって苦しき
と
には
主、
な心
け官
れ怖
ばで
一あ
翼る
の震の出来光重量三宮露であることは、雪芸若者の代表にき誌な議議雪のご君開票、ちてを得手
ζと
一清平塚市一方の大差勢によって、年喜一護問題、撃か、平和喜一うけをとと、乙の一行の誌に一国民のみな争、金募金皇警に広島審議においては安保差、勤務室
PE
27
であ
ります。れ暴露、はじめ室毒
おわさも、豊富言、号室一えを一室長て下さって、事
一
ぞっ。て
体
月一
一一一一とであ担ます。一が等しく務められる
一
主爆笠宮警ばずに総られません。一宮子せん。一:一
7 。し
EE
ζ
年一穆止の量一然し卒、乙の露も、大きな一色てで事長ける平和を一t宮
、前
その
れ犬
は木
単さ
に全
真焼
話揺
とす
い一
く衡是のないものであると笹山なお郷塁目下され
封F々
ず
る広
普重
賢向
官っ
、て
常実
わ務
れに
まお
せい
ん
が
、
日事旦まがり角につきあたって号ま一魚ずる人火星島、車に章一主で孫
と
歩
い
て
一
して
吹き
る景
に時
号し
、上
第げ
ごま
掻す
憾。
に一
で
f
切にな
主党。一宮進んでをかが、乙の量産一がすべ宮喜怒であ
D
、断じて一一
D
44a
V 一
のか
墜ら
を皐
いく
かも
に章
し一
てす
、。
乙今
の後
人次官った、あの撃は見の一行か号
れ、
る何
平ら
和そ
なの
獲組
で討
あ議
りし
ま、
す決
。議
一さ
つれ
をる
とべ
はき
需と
には
枝、
葉一
C
3一群として、起って
同一章、全世界史次長会主定すること足るe宅は
一な
一一
一許
円せ制
な州
い制
警寸
官つ
ま判
ず吋寸寸問叫羽刻刻割引判例刻説副知叫吋
L 丸
開町一上にたって、原爆の鹿島で、笠いでしょうか。一広島の震は、まえまえか皇一一司一
民一
民一
民日一九丸九正
L 弘之
ι
に
4Q 二民主札止弘
五-
1到
一語版日開立し長諮問包括長時一一唱d
公j
殺
討到
叫斗
ん一
制止刻刻叶
小
一湖
時ゴ
一
一一到
4LL
i
一一丸仏
88
民仏 4n:ι119hLtnhA4L
口一ド1422U551122
Ill
1
ttzt4E
一初|一町一
一お一
幻日 umm パ
出い
お初
7
一私は空聞から昨年東京で主改革止の問題は大宮なものであ一あのいたまωし
、M
ギ1
セ2
イm
雲一
憲一
一42mmmu
一一
刻軒一
げげ純一寸一
J
例刻刻州制 町一「制調州制割引制刻刻期制州州一丹一
一在、書留の大番号て一
O言
z語
-れ
-ま
Eす
o
五盟柑附いたしまし票、葦は一革新築の人々によ
のっ
人て
各、
室一
、耳
いわ
やれ
が一
上手一一界一忠弘仏仏
ζ
〉一一見書襲控訴のために、終一る震改造止の考え方語、
と私
一一
一きむしる
Z搬
Jな
;認2
のあっ
一た
一部一一:一
ζ
三間抑制出開一昨諮
U問
L問
ユ一
山…
…山一
市一
川一
…一
…一一J部
一一一一
叶一日
一正
一一
段同町
一一一一
56712345843
入
一
一刊
五J
日
M H
L
u
u
ぃ刊誌持と誌に譲一日守口一
訪
日u
日u
間
一
七
誌
報は
旅許
部刊
食誌
印守会寺山一差
1l援
ilの
i-「
-で一に考えなをさなければならぬと考一京から戸口況をおこされたi
、L代
ζの連覇も、平塚でb
も闘
h
、h
(4)
;!jijiijii出jjiijijjjFijijji?;;!?岩手当iij!!;i
将来 ;Lt j剣道iigiizijjijiUfi昔話事
;欝ミ
市単位管理ijiiiiljHRji 露店店;関心iij
jiiddi!?詩dill 型投機唾
ぷ
;!!?jPRii!日jjjFliti!日議離鑑
1
1
1
iiij!?;記長年岳山諸島!j d 蕗瞬時戦時
?話出
;
i
h
i
j
H
i
mp
i
i
Fi
j
i
j
中盤 ;討;詳品出話
iしlJ』品
許持
i詰陣簡;詳均?持出昨町
j長説針砕民;詰
平i?
F
伊肖
iち計jヰ可i掠
i詰iF
持芦
単所出
i誌i持出咋時町市?民告明担出出
時昨
E弓鼎出出
封
N
I 守市詰、
ド;i守1引:守屯i詰i
;
5
!
;時j ;
F!旬j i号!;;?軍慎開粍
!P野黙問
;5需吋
;q明;iii
F
!
;立;!
7
;
j
8
!
j月; :
1
;;
;間開問的
iH問堵明;:盟出
;i自;U[ ;j
j
j
j
j
j
!
2 翌時憎叩執
担
訴出杭時
i詰器出
d
j
i
j
j
;
1
i
i
j
i
i
i
i
i
j
i
i
j
d
h
i
i
j
j
d
b
i
h
1
1
1
3
i
i
i
i
!
?
2
5
2
t
h
!
?
?
;
出四!?持iiii!民 !?jiiijfii?j信号訴 iimi
ujj::jjj騒;ibidijjiJiHj!?日替 ;11iii
戸;iiiiFi軽量百iiiiF111H:iijii?許可iiji!?;ii
djibdU524!?12411: 品 !?1;iijjiiilji!?ii
jl
水協金員広
B
原水爆崎山汁平塚会
市協
(布川内所総務
潔内
)t
償。一二九、一