ベースパック柱脚工法 標準図 - 有田牧畜産業

角形鋼管
F値295N/mm 以下
1.工法概要
旭化成建材株式会社
ベースパック柱脚工法 標準図
TEL03(3624)5336
TEL03(3296)3515
●ベースパック柱脚工法の設計は「ベースパック柱脚工法設計ハンドブック」による。
4.コンクリート柱型
3.構成部材・寸法
構成部材
3.1
角形鋼管
ベースプレート
SN490B
2
アンカーボルト(Mアンカーボルト)
4.1
4
a
2
l1
4
a
l2
l1
l1
l2
120
l2
120
b
4.2
配筋
6.1
●柱脚部の捨コンの厚さは90mm以上とし、表面は平滑に仕上げる。
X
別紙「ベースパック柱脚工法における
50
l1
柱型寸法の最小・最大値一覧」による。
6.2
フープ筋
D
l1
1
d
d
d
を行う。
立上り筋
l2
d
アンカーボルト据付け
●アンカーボルト(フレーム)の組立ては、4隅のアンカーボルト4本で組立て
l1
1
基礎工事
柱型寸法を標準から変更する場合は、
L
X
形状・材質
2013年7月作成
6.工事場施工
●形状
ii) アンカーフレーム Bタイプ の場合
i) アンカーフレーム Aタイプ・特Aタイプ の場合
【JIS G 3136】
L
3
10
3.2
●材質
角形鋼管
3
10
岡部株式会社
施工
□-150×150 ~ □-300×300 用
1.1
(財)日本建築センターによる一般評定「BCJ評定-ST0093-12」(平成25年5月17日付)
設計
2
30
ベースパック 型
l2
3
d
l1
9
l1
7
9
d
7
M30
M33
M36
L 注1)
呼び
d
異形部
呼び名
M27
D29
650,695
45
SD490
M30
D32
650,695
45
(降伏比75%以下)
M33
D35
695,775
45 (降伏比75%以下)
M36
D38
740,775
60
注1)
X
b
665,715
45
108,153
D32
710,755
45
108,153
D35
715,755,795
45
85,113,153
D38
815,850
60
121,156
材質
t
L
注1)
材質
X
SD490
2
基準強度は21N/mm 以上
とする。
※トップフープはダブルとする
レベルモルタル(ベースパックグラウト)
1 アンカーボルト
7 フレームポスト
2 注入座金
8 フレームベース
3 Mナット
9 ステコンアンカー
4 ベースパックグラウト(グラウト材)
A
B
(e)
M27
22
41
47
M30
24
46
53
M33
26
50
58
M36
29
55
64
単位 mm
t
適用アンカーボルト
g
t
d
M27
55
9
28
M30
55
M33
60
9
34
M36
65
12
37
d
注入座金
3.6
9
SD295(D10,D13,D16)
材質
31
アンカ-ボルト
4.3
基礎立上がり
ii) Bタイプ
a2
c
t
d
M27
32
42
101
18
28
PM30
M30
32
42
101
18
31
PM33
M33
35
45
110
18
34
PM36
M36
35
45
110
18
37
材質
柱心
基礎梁天端
あるいは
フーチング天端
65
W
6.3
SS400
-2≦e1≦2
基準高さより誤差は
-3≦e≦10
配筋およびコンクリート打設
●配筋はアンカーボルト(フレーム)との取り合いを考慮する。
●コンクリート打設前にテンプレート位置精度を確認する。
65
65
標
準
許
容
差
立上り高さ
t
柱脚の定着方法概要
a1
PM27
65
W
注入口
ボルト孔
記号
65
d
a1
は現場状況により仕様が異なる場合がある。
W
a2
(注)上記 1 ~ 10 の構成部材はベ-スパック構成部品として供給される。
65
65
W
65
65
単位 mm
適用
アンカーボルト
柱心
※ただし基礎立上がり高さが50mmを超え300mm以下の場合、Lシリーズを使用することができる。
10 ベースプレート
ベースパックグラウト
3.7
注入座金
6.4
アンカーフレーム形状および据付け時諸寸法
●ベースパックの据付け高さ(h寸法)はフレームベース下端からコンクリート柱型天端までを示す。据付けに最低限必要な高さ(最低h寸法)は下表に記載の値とする。
注入枠
< Bタイプ ※ >
< Aタイプ >
(桟木等)
●レベルモルタルはベースパック
グラウト(グラウト材)を使用し
大きさは右図による。
5.工場製作(溶接)
< 特Aタイプ >
※杭頭納まり及び配筋状況に合わせて
特Aタイプを選択できる。
建方
約30mm
グラウトロ-ト
グラウト材
J
J
J
30
30
■組立
30
けがき線
e1 :柱心とテンプレ-トのけがき線との
許容差
●基礎立上がり高さは50mm以下とする。
i) Aタイプ・特Aタイプ
c
図
SS400
フレームベース
(コンクリートアンカー)
6 テンプレート
e1
SD345(D19,D22)
65
5 定着座金
3.5
呼び
柱心
●鉄筋
g
g
A
(e)
B
-ト
線
中心
テンプレ-ト
定着座金
単位 mm
プレ
e1
3.4
Mナット
1
(注)上記 6 ~ 9
テン
6
3.3
1.2
普通コンクリートとし、設計
【JIS G 3112】
●位置決めは、テンプレートの中心線と地墨等の柱心を合致させることにより
行い、標準許容差は下図による。
150以上
●コンクリ-ト
注1)据付け高さが低い場合に短いアンカーボルトを使用する。
形状(ロ)
●フレームベースはステコンアンカーにより水平に固定する。
D
D29
【JIS G 3112】
形状(イ)
3
異形部
呼び名
M27
t
8
8
呼び
d
単位 mm
90以上
3
a
a
5
l2
5
単位 mm
●ベースプレートの中心線(ケガキ線)に柱材軸心を合わせる。
6.5
■溶接方法(完全溶込み溶接)
2.柱
2/3 程度
アンカーボルトの本締め(弛み止め)
●本締めはグラウト材の充填前に行い、ダブルナットを標準とする。
●完全溶込み溶接とする。 (JASS 6 鉄骨工事による)
50
h寸法
x
50
x
50
T
90
以上
90
以上
BCR295
W
W
α1
295
90
以上
STKR400
W
R
G
x
235
溶接
方法
図
65
BCP235
65
採用
65
h寸法
鋼種
h寸法
完全溶込み溶接の開先標準(JASS 6 鉄骨工事 2007年版より )
F値(N/mm2 )
単位 mm
ベ-スプレ-ト
ベースプレート
柱
採用
○
○
ベースパック
記号
アンカーボルト
寸法(mm)
標準
アンカー
フレーム
タイプ
コンクリート柱型
フレームベース
設計基準強度
配筋
寸法 D(mm)
フレームポスト間
寸法 W(mm)
最低h寸法
J寸法
(mm)
寸法 x(mm)
外径
(mm)
板厚
(mm)
材質
形状
a
t
l1
l2
d
標準フレーム
特A
立上り筋
フープ筋
(N/mm 2 )
標準フレーム
特A
標準フレーム
特A
標準フレーム
特A
(mm)
15-12R
□-150×150
t≦12
SN490B
(イ)
300
28
50
200
φ45
4-M27
SD490
A
460
-
8-D13
[email protected]
21以上
250
-
150
-
550
-
135
17-12R
□-175×175
t≦12
SN490B
(イ)
320
32
45
230
φ45
4-M30
SD490
A
500
-
8-D16
[email protected]
21以上
280
-
180
-
600
-
135
20-09R
□-200×200
t≦9
SN490B
(イ)
360
32
45
270
φ45
4-M30
SD490
A
550
-
8-D13
[email protected]
21以上
320
-
220
-
600
-
135
20-12R
□-200×200
t≦12
SN490B
(イ)
360
36
45
270
φ50
4-M33
SD490
A
550
-
8-D16
[email protected]
21以上
320
-
220
-
600
-
135
本数-呼び
材質
被
覆
ア
|
ク
溶
接
セ
ル
フ
シ
|
ル
ド
ア
|
ク
溶
接
ガ
ス
シ
|
ル
ド
ア
|
ク
溶
接
適用板厚
T(mm)
ルート間隔G(mm)
標準値
許容差
-2,+∞
7
(-3,+∞)
ルート面R(mm)
標準値
2
開先角度α1(°)
許容差
標準値
-2,+1
許容差
-2.5,+∞
(-5,+∞)
9
(-3,+∞)
-2,+∞
6
(-3,+∞)
2
2
-2,+1
-2,+1
●グラウト材の注入は、グラウトロートを注入座金にセットし、グラウト材の
自重圧により他の注入座金からグラウト材が噴き出るまで行う。
α1:45
(-2,+2)
-2.5,+∞
6~
(-5,+∞)
-2,+∞
7
(-3,+∞)
2
-2,+1
下向き
α1:35
(-2,+2)
7.本工法の施工及び施工管理
許容差 ・記号+∞は制限無しを示す。
・2段書きは「鉄骨精度検査基準」に規定する許容差(上段:管理許容差、下段括弧内:限界許容差)を示す。
●本工法は、管理者又は施工者(元請)の管理のもとで実施するものとする。
■ベースプレートの予熱
●本工法のうち6.2アンカーボルト据付け及び6.6ベースパックグラウトの
●気温(鋼材表面温度)が5゜C以上でのベースプレートの予熱は次に示
注入は、ベースパック施工技術委員会によって認定された有資格者(ベース
す予熱温度標準により行う。その他必要に応じて適切な予熱をする。
25-09R
□-250×250
t≦9
SN490B
(ロ)
460
32
55
175
φ45
8-M27
SD490
B
620
650
8-D16
[email protected]
21以上
223
400
123
300
600
600
135
25-12R
□-250×250
t≦12
SN490B
(ロ)
460
36
55
175
φ45
8-M30
SD490
B
620
650
8-D16
[email protected]
21以上
220
400
120
300
600
600
135
溶接方法
鋼種
t<32
32≦t<40
40≦t≦50
25-16R
□-250×250
t≦16
SN490B
(ロ)
460
40
55
175
φ50
8-M33
SD490
B
630
650
8-D19
[email protected]
21以上
216
400
116
300
600
600
135
低水素系被覆アーク溶接
SN490B
予熱なし
50 ℃
50 ℃
30-09R
□-300×300
t≦9
SN490B
(ロ)
520
40
50
210
φ50
8-M30
SD490
B
700
720
8-D16
[email protected]
21以上
290
470
190
370
600
600
135
CO2 ガスシールドアーク溶接
SN490B
予熱なし
予熱なし
予熱なし
30-12R
□-300×300
t≦12
SN490B
(ロ)
520
40
50
210
φ50
8-M33
SD490
B
700
720
8-D19
[email protected]
21以上
286
470
186
370
600
600
135
30-16R
□-300×300
t≦16
SN490B
(ロ)
520
45
50
210
φ55
8-M36
SD490
B
730
730
8-D22
[email protected]
21以上
283
470
183
370
600
700
150
30-19R
□-300×300
t≦19
SN490B
(ロ)
560
50
60
220
φ55
8-M36
SD490
B
730
740
12-D22
[email protected]
21以上
303
490
203
390
600
700
150
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第8376号
構造設計一級建築士 第2628号
ベースパックグラウト(グラウト材)の注入
下向き
α1:35
(-2,+2)
6.6
●グラウト材のカクハンは、グラウト材1袋(6kg)に対して、計量カップで
1.0~1.1 の水を加え、電動カクハン機で混練することにより行う。
α1:45
(-2,+2)
6~
-2,+∞
溶接
姿勢
パック施工管理技術者・施工技能者)が施工を実施し、チェックシート等に
板厚(mm)
■検査方法:溶接部の検査は超音波探傷検査により行う。
より施工管理を行うものとする。
●ベースプレート溶接部の施工管理は、鉄骨製作業者に属する鉄骨製作管理
技術者等による。
■施工管理:7.本工法の施工及び施工管理参照。
(有)創 コーポレーション
一級建築士 大臣登録 第
1級建築士事務所
139436
TEL:06-6947-1631
号 西澤 昭一
FAX:06-6947-1635
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
ベ ー ス パ ッ ク 施 工 標 準 図 ( 1)
C
6
(財)日本建築センターによる一般評定「BCJ評定-ST0093-12」(平成25年5月17日付)
ベースパック柱脚工法 標準図
設計
F値295N/mm 以下
施工
□-350×350 ~ □-550×550 用
3.構成部材・寸法
構成部材
3.1
4.コンクリート柱型
ベースプレート
3.3
Mナット・Dナット
●材質
角形鋼管
SN490B
12
BT-HT440B-SP
2
2
(建築構造用高溶接性高性能590N/mm 鋼材)
【建築基準法第37条第二号に基づく国土交通大臣認定材料】
a
(e)
50
58
M36
29
55
64
D38
45
65
75
D41
48
70
80
別紙「ベースパック柱脚工法における
D38
30
65
75
柱脚寸法の最小・最大値一覧」による。
D41
32
70
80
Dナット
l1
l1
l2
d
l2
3
l1 l2
C100
l3
l2 l1
3.4
C100
定着座金
3.5
c
g
a
a
d
g
●コンクリ-ト
注入口
ボルト孔
普通コンクリートとし、設計
t
l1 l2
l1 l2
t
t
(ベースパックグラウト)
適用
アンカーボルト
形状(ニ)
形状(ハ)
1 アンカーボルト
8 テンプレート
2 注入座金
9 フレームポスト
3 Mナット
10 フレームベース
4 Dナット
11 ステコンアンカー
3.2
D41,D41H
アンカーボルト(Dアンカーボルト)
3.6
t
d
材質
記号
12
37
SS400
PD38
70
12
37
SS490
PD41
D38
D41,D41H
46
M33
SD390
900
49
M36
SD390
D41H
995
49
M36
SD490
127
20
46
e1
テンプレ-ト
SD295(D13,D16)
SS490
SD345(D22,D25)
図
基礎立上がり
けがき線
アンカ-ボルト
●基礎立上がり高さは50mm以下とする。
e1 :柱心とテンプレ-トのけがき線との
柱心
65
65
柱心
基礎梁天端
あるいは
フーチング天端
76
材質
柱心
ト
レ-
線
中心
許容差
標
準
許
容
差
-2≦e1≦2
基準高さより誤差は
-3≦e≦10
立上り高さ
W
850
D41
W
D38
100
6.3
配筋およびコンクリート打設
●配筋はアンカーボルト(フレーム)との取り合いを考慮する。
65
柱脚の定着方法概要
端部ねじd
65
1.2
b
材質
76
単位 mm
L
d
43
W
d
呼び
t
20
65
65
65
W
(注)上記 1 ~ 12 の構成部材はベ-スパック構成部品として供給される。
面取り
c
122
ii) 特Cタイプ
65
7 定着座金
(注)上記 8 ~ 11 は現場状況により仕様が異なる場合がある。
a
96
●鉄筋
4.3
i) Cタイプ
b
12 ベースプレート
g
65
適用
アンカーボルト
プ
テン
※トップフープはダブルとする
単位 mm
フレームベース
L
(コンクリートアンカー)
6 ベースパックグラウト(グラウト材)
D38
●位置決めは、テンプレートの中心線と地墨等の柱心を合致させることにより
行い、標準許容差は下図による。
基準強度は下表に記載の値とする。
単位 mm
レベルモルタル
アンカーボルト据付け
●フレームベースはステコンアンカーにより水平に固定する。
150以上
d
l3
4
6.2
●アンカーボルト(フレーム)の組立ては、4隅のアンカーボルト4本(8本)
で組立てを行う。
t
1
5 Dナット(S)
フープ筋
D
注入座金
d
基礎工事
●柱脚部の捨コンの厚さは90mm以上とし、表面は平滑に仕上げる。
立上り筋
l3
a
5
l3
8
10
6.1
柱型寸法を標準から変更する場合は
l3
9
配筋
●形状
a
l3
l2 l1
l1 l2
7
11
B
26
Dナット(S)
1
4.2
A
M33
Mナット
6
形状・材質
呼び
【JIS G 3136】
4
TEL03(3296)3515
6.工事場施工
90以上
5
4.1
単位 mm
A
B
(e)
1.1
旭化成建材株式会社
TEL03(3624)5336
2013年7月作成
D
1.工法概要
岡部株式会社
●ベースパック柱脚工法の設計は「ベースパック柱脚工法設計ハンドブック」による。
30
2
e1
角形鋼管
ベースパック 型
【建築基準法第37条第二号に基づく国土交通大臣認定材料】
●コンクリート打設前にテンプレート位置精度を確認する。
3.7 アンカーフレーム形状および据付け時諸寸法
ベースパックグラウト
●ベースパックの据付け高さ(h寸法)はフレームベース下端からコンクリート柱型天端までを示す。据付けに最低限必要な高さ(最低h寸法)は下表に記載の値とする。
グラウト材
6.4
注入座金
※
< Cタイプ >
※
< 特Cタイプ >
< Cタイプ >
< 特Cタイプ >
5.工場製作(溶接)
注入枠
(桟木等)
※杭頭納まり及び配筋状況に合わせて
■組立
J
J
J
J
30
30
30
30
特Cタイプを選択できる。
6.5
h寸法
h寸法
h寸法
h寸法
溶接
方法
図
65
x
65
65
65
BCP235
x
x
90
以上
90
以上
W
W
W
W
(アンカーボルト8本)
柱
ベースパック
採用
記号
ベースプレート
外径
(mm)
板厚
(mm)
材質
35-16R
□-350×350
t≦16
SN490B
35-19R
□-350×350
t≦19
BT-HT440B-SP
35-22R
□-350×350
t≦22
BT-HT440B-SP
40-16R
□-400×400
t≦16
BT-HT440B-SP
40-19R
□-400×400
t≦19
40-22R
□-400×400
t≦22
45-19R
□-450×450
t≦19
アンカーボルト
寸法(mm)
形状
(アンカーボルト12本)
本数-呼び
材質
フレームベース
コンクリート柱型
標準
アンカー
フレーム
タイプ
標準フレーム
寸法 D(mm)
設計基準強度
配筋
寸法 W(mm)
単位 mm
フレームポスト間
寸法 x(mm)
最低
h寸法
R
G
BCR295
T
α1
295
90
以上
90
以上
235
STKR400
適用板厚
T(mm)
ルート間隔G(mm)
標準値
許容差
ルート面R(mm)
標準値
許容差
開先角度α1(°)
標準値
許容差
ベ-スプレ-ト
J寸法
被
覆
ア
|
ク
溶
接
セ
ル
フ
シ
|
ル
ド
ア
|
ク
溶
接
ガ
ス
シ
|
ル
ド
ア
|
ク
溶
接
7
-2,+∞
2
(-3,+∞)
-2,+1
(-2,+2)
-2.5,+∞
(-5,+∞)
9
6
-2,+∞
2
(-3,+∞)
-2,+∞
2
(-3,+∞)
-2,+1
(-2,+2)
-2,+1
(-2,+2)
-2.5,+∞
(-5,+∞)
-2,+∞
2
(-3,+∞)
-2,+1
(-2,+2)
特C
標準フレーム
特C
(mm)
(mm)
840
12-D25
[email protected]
21以上
380
590
250
450
750
180
840
12-D25
[email protected]
21以上
380
590
250
450
750
180
800
830
16-D22
[email protected]
21以上
380
590
250
450
800
190
●気温(鋼材表面温度)が5゜C以上でのベースプレートの予熱は次に示
870
910
12-D25
[email protected]
21以上
450
660
320
520
800
190
す予熱温度標準により行う。その他必要に応じて適切な予熱をする。
870
900
16-D22
[email protected]
21以上
450
660
320
520
800
190
900
910
16-D25
[email protected]
21以上
450
660
320
520
800
180
950
960
16-D25
[email protected]
21以上
500
710
370
570
800
180
l3
d
(ハ)
630
45
65
85
330
φ70
8-D38
SD390
C
800
(ハ)
630
44
65
85
330
φ70
8-D38
SD390
C
800
(ハ)
630
44
65
85
330
φ75
8-D41
SD390
C
(ハ)
700
44
65
85
400
φ75
8-D41
SD390
C
BT-HT440B-SP
(ハ)
700
48
65
85
400
φ75
8-D41
SD390
C
BT-HT440B-SP
(ニ)
700
48
65
85
200
φ70
12-D38
SD390
C
BT-HT440B-SP
(ニ)
750
48
65
85
225
φ70
12-D38
SD390
C
特C
45-22R
□-450×450
t≦22
BT-HT440B-SP
(ニ)
750
52
65
85
225
φ75
12-D41
SD390
C
1000
1000
20-D25
[email protected]
21以上
500
710
370
570
800
190
50-19R
□-500×500
t≦19
BT-HT440B-SP
(ニ)
820
52
65
85
260
φ75
12-D41
SD390
C
1000
1030
20-D25
[email protected]
21以上
570
780
440
640
800
190
50-22R
□-500×500
t≦22
BT-HT440B-SP
(ニ)
820
60
65
85
260
φ75
12-D41H
SD490
C
1050
1050
24-D25
[email protected]
21以上
570
780
440
640
850
200
55-19R
□-550×550
t≦19
BT-HT440B-SP
(ニ)
840
52
65
85
270
φ75
12-D41H
SD490
C
1100
1100
24-D25
[email protected]
24以上
590
800
460
660
850
200
55-22R
□-550×550
t≦22
BT-HT440B-SP
(ニ)
900
60
65
85
300
φ75
12-D41H
SD490
C
1100
1120
24-D25
[email protected]
24以上
650
860
520
720
850
200
許容差 ・記号+∞は制限無しを示す。
・2段書きは「鉄骨精度検査基準」に規定する許容差(上段:管理許容差、下段括弧内:限界許容差)を示す。
6.6
ベースパックグラウト(グラウト材)の注入
●グラウト材の注入は、グラウトロートを注入座金にセットし、グラウト材の
自重圧により他の注入座金からグラウト材が噴き出るまで行う。
7.本工法の施工及び施工管理
■ベースプレートの予熱
溶接方法
低水素系被覆アーク溶接
CO ガスシールドアーク溶接
2
鋼種
SN490B
SN490B
●本工法は、管理者又は施工者(元請)の管理のもとで実施するものとする。
●本工法のうち6.2アンカーボルト据付け及び6.6ベースパックグラウトの
板厚(mm)
32≦t<40
40≦t≦50
50 ℃
50<t≦75
予熱なし
予熱なし
予熱なし
予熱なし
BT-HT440B-SP
注入は、ベースパック施工技術委員会によって認定された有資格者(ベース
パック施工管理技術者・施工技能者)が施工を実施し、チェックシート等に
50 ℃
予熱なし
BT-HT440B-SP
予熱なし
■検査方法:溶接部の検査は超音波探傷検査により行う。
より施工管理を行うものとする。
●ベースプレート溶接部の施工管理は、鉄骨製作業者に属する鉄骨製作管理
技術者等による。
■施工管理:7.本工法の施工及び施工管理参照。
(有)創 コーポレーション
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第8376号
構造設計一級建築士 第2628号
下向き
α1:35
標準フレーム
l2
B.PL
●グラウト材のカクハンは、グラウト材1袋(6kg)に対して、計量カップで
の水を加え、電動カクハン機で混練することにより行う。
1.0~1.1
(N/mm )2
l1
●Dナット(S)による弛み止めは右図による。
α1:45
6~
7
下向き
α1:35
フープ筋
t
Dナット
注入座金
α1:45
6~
立上り筋
a
溶接
姿勢
Dナット(S)
65
65
65
65
x
A.Bt
ダブルナットを標準とする。
完全溶込み溶接の開先標準(JASS 6 鉄骨工事 2007年版より )
採用
アンカーボルトの本締め(弛み止め)
●本締めはグラウト材の充填前に行い、
●完全溶込み溶接とする。(JASS 6 鉄骨工事による)
2.柱
鋼種
2/3 程度
●ベースプレートの中心線(ケガキ線)に柱材軸心を合わせる。
■溶接方法(完全溶込み溶接)
F値(N/mm 2 )
建方
●レベルモルタルはベースパック
グラウト(グラウト材)を使用し
大きさは右図による。
約30mm
グラウトロ-ト
1級建築士事務所
一級建築士 大臣登録 第 139436 号 西澤 昭一
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
ベ ー ス パ ッ ク 施 工 標 準 図 ( 2)
C
7
土質柱状図
1.8
深
土
度
N 値
質
3
砂
1.8
22
34
22
12
4.7
6.5
1.2
7.8
砂礫
13
砂質シルト
9
2
3
3
1
栗石コンクリート
2
1,200 800
層厚
3
4
5
6
7
8
9
10
粘性土
構造担当 大坪清一郎
(有)創 コーポレーション
一級建築士 第8376号
構造設計一級建築士 第2628号
1級建築士事務所
名称
有 田 牧 畜 産 業 食 肉 加 工 場 新 築 工 事
平成 年 月 日
25
26
8
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
配置図
土質柱状図
1/
C
8
X1
X2
X4
X3
X5
X6
X8
X7
X9
X10
55,500
6,300
7,200
6,400
f1
F2
F1
F3
FG1
6,400
F3
FG1
6,400
F3
FG1
5,000
F3
FG1
5,000
F3
FG1
FG1
F3
Y5
7,455
FG1
FG1
土間コン天
FG1
FG1
FG1
FG1
FG1
土間コン天
FG1
FG1
FG1
W15
F3
6,400
F1
FG1
W20
FG1
W15
5,105
階段
FG1
Y5
1,200
F3
6,400
FG1
F3
Y3
FG1
F3
FG1
F3
FG1
F3
FG1
F3
FG1
F4
FG1
FG1
FG1
F3
FG1
F4
FG1
4,600
Y4
F3
F3
FG1
F2
FG1
FG1
土 間 ス ラ ブ 厚 150
F3
FG1
F3
FG1
F3
FG1
25,450
FG1
FG1
FG1
FG1
4,600
FG1
Y4
F3
FG1
FG1
FG1
F1
FG1
FG1
F1
F3
FG1
2,350
Y4’
F3
FG1
F2
FG1
FG1
FG1
6,445
FG1
FG1
FG1
FG1
Y2
f1
階段
FG1
F2
F2
F2
FG1
FG1
FG1
FG1
FG1
FG1
F2
F2
FG1
土間コン天
土間コン天
FG1
FG1
F3
f1
6,445
Y2
FG1
土間コン天
1,200
Y3
F3
F3
F3
スロープ
F3
X1
FG1
FG1
FG1
F3
6,950
階段
FG1
階段
スロープ
X2
X3
f1
階段
f1
f1
f1
スロープ
f1
スロープ
f1
Y1
f1
FG1
F3
FG1
f1
F3
F3
3,450
FG1
750 1,550
Y1
FG1
土間コン天
FG1
FG1
FG1
W20
FG1
FG1
6,950
f1
f1
F3
F3
X5
X6
X7
X4
基 礎 伏 図 1/200
特記なき限り下記による
1階 FL天
GL+950
土間コン天
標 準 GL+720
その他は意匠詳細図参照
地中梁上端
GL+250
基礎下端
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
25
26
平成 年 月 日
8
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
基 礎 伏 図 1/200
9
X1
X2
X3
6,300
X4
7,200
X5
6,400
X6
55,500
6,400
X7
6,400
X8
6,400
X10
X9
6,400
5,000
5,000
255
230
C1
C1
C1
M1
柱心
C2
C2
C2
柱心
Y5
230
M1
柱心
C1
M1
C1
C1
C1
C2
C2
C2
C1
C1
C2
C1
C2
C2
Y4
M1
4,600
M1
C2
C2
C2
C2
25,450
M1
C2
M1
3,000
C2
柱心
C2
C2
C2
C2
C2
C2
M1
C2
C2
M1
205
X1
C3
M1
C3
1,745
X2
C3
M1
1,560
X3
C3
M1
C3
Y1
205
3,455
X4
C3 柱心
205
C3
Y2
230
M1
柱心
柱心
6,950
1,050
M1
C2
230
M1
230
3,000
Y3
6,445
M1
1,250
1,850 1,055 2,200
1,340460 2,100
1,400
Y4
C1
2,200 790550
2.350
Y4'
7,455
5,105
650
C1
C1
230
C1
Y5
255
1,0001,500
X5
X6
X7
柱 伏 図 1/200
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
8
26
25
平成 年 月 日
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
柱 伏 図 1/200
C
10
X2
X1
X5
X4
X3
X7
X6
X9
X8
X10
55,500
6,300
7,200
6,400
6,400
6,400
6,400
6,400
5,000
5,000
2,500
1,200
cb1
G1
CG1
Y5
cb1
庇
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
水上梁天
Y5
B2
N
折板
4,600
25,450
G2
B2
G1
G1
N
B2
G6
水下梁天
1,200
Y2
庇
1,200
6,950
B2
cb1
cb1
b2
b2
N
3,000
水下梁天
G5
G5
Y3
6,445
G1
N
G4
G4
N
G1
N
G6
折板
N
G5
G1
G1
N
N
N
G1
N
N
N
G5
N
G5
B2
B2
B2
B2
B2
G2
G2
G1
G6
B2
Y4
N
B2
B2
B2
N
G6
B2
N
G1
N
N
G1
B2
N
G6
N
G1
折板
N
N
G1
G1
G1
G1
G2
B2
G1
B2
B1
N
N
N
N
N
G1
B2
B2
N
G6
B2
N
N
N
B1
折板
N
G6
B2
G1
B2
6,950
Y1
G1
N
G1
G1
N
CG1
B1
B2
G1
N
N
G1
N
G1
Y2
G1
G1
N
N
G1
B2
B2
G1
G1
G1
B2
G1
G1
B2
B2
6,445
N
N
B1
G1
CG1
Y3
G1
G1
N
B2
B1
B1
4,475
N
N
G1
Y4
G1
N
N
折板
N
G3
N
2.350
CG1
Y4’
7,455
B2
G1
B2
G1
G1
N
N
B2
N
B2
G1
B2
B2
G1
N
G1
G1
G1
N
N
N
B1
G1
B2
G1
B2
N
B2
5,105
N
G1
Y1
G5
205
屋 根 梁 伏 図 1/200
特記なき限り下記による
屋 根 折 板 h = 166 t = 1.0
屋 根 ブ レ ー ス 1- M20
屋根面の段差
Y1~ Y2間 GL+5090~ 5340
Y2~ Y5間 GL+7450~ 8010
小梁間隔は均等配置とする
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
平成 年 月 日
8
25
26
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
屋根梁伏図
1/
11
200
X1
X3
X2
6,300
水上鉄骨天
G1
G1
MB1
X8
6,400
6,400
6,400
G1
G1
HB1
HB1
G1
X9
X10
5,000
5,000
G1
G1
G1
HB1
HB1
HB1
MB1
MB1
HB1
HB1
HB1
X7
X6
6,400
HB1
7,060
8,010
CG1
6,400
G1
MB2
X5
X4
7,200
800 950
1FL
GL
M1
C1
C1
FG1
F3
C1
M1
FG1
C1
FG1
FG1
F1
F3
C1
C1
C1
F1
FG1
FG1
FG1
F3
F3
C2
C2
FG1
F3
F3
C2
FG1
F3
F3
Y5通 軸 組 図 1/200
水上鉄骨天
G1
G1
MB1
MB1
G1
G1
G1
G1
G1
7,060
8,010
MB1
G1
C1
C1
C1
C1
C1
C1
C2
C2
C2
800 950
1FL
GL
FG1
FG1
FG1
F1
F3
FG1
F2
F1
FG1
FG1
F2
F2
FG1
FG1
F3
F3
F3
Y4通 軸 組 図 1/200
水上鉄骨天
G1
G1
MB3
MB3
G2
G1
G1
G2
G2
G2
MB3
7,060
8,010
CG1
G1
800 950
C2
1FL
GL
C2
FG1
F3
C2
FG1
F3
FG1
FG1
F3
F3
C2
C2
C2
FG1
FG1
F3
F3
Y3通 軸 組 図 1/200
C2
C2
FG1
F4
FG1
F3
FG1
F4
F3
特記なき限り下記による
大 梁 継 手 位 置 は 柱 心 よ り L= 700
BPL下 端 GL+280
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
26
平成 年 月 日
8
25
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
軸 組 図 - X
1/200
12
X2
X4
X3
X6
X5
X8
X7
X9
X10
6,300
7,200
6,400
6,400
6,400
6,400
6,400
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
HB1
HB1
HB1
HB1
HB1
水上鉄骨天
HB1
HB1
HB1
HB1
5,000
5,000
水上鉄骨天
水下鉄骨天
6,500
7,450
水下鉄骨天
560
X1
C2
800 950
1FL
GL
FG1
FG1
F2
C2
C2
1FL
FG1
F3
C2
C2
C2
C2
C2
C2
C2
F2
F2
FG1
FG1
FG1
FG1
F2
F2
FG1
F1
GL
FG1
F3
F3
F3
Y2通 軸 組 図 1/200
G5
G5
G5
G5
G5
G5
4,140
b2
M1
C3
1FL
GL
800 950
5,090
b2
FG1
FG1
F3
M1
C3
C3
M1
C3
FG1
FG1
FG1
F3
F3
C3
C3
C3
FG1
F3
F3
F3
F3
Y1通 軸 組 図 1/200
Y4
Y4'
Y5
250
4,600
7,445
HB1
G1
G1
G1
MB1
MB2
G6
b2
b2
C3
C2
M1
M1
M1
M1
C2
M1
b2
M1
M1
M1
5,090
b2
C1
C1
C2
C2
C3
C1
C1
1FL
GL
FG1
FG1
F3
F3
FG1
F3
FG1
F3
F3
F3
特記なき限り下記による
X1通 軸 組 図 1/200
FG1
FG1
800
800 950
1FL
F2
F3
GL
FG1
FG1
F3
950
4,140
7,450
Y5
Y4
6,445
水上鉄骨天
G1
HB1
HB1
G6
Y3
6,950
5,105
G1
G1
2,360
560
2,350
水上鉄骨天
水下鉄骨天
Y2
Y1
7,455
7,060
4,600
2,360 560
6,445
250
6,960
8,010
Y3
Y2
Y1
F3
X2通 軸 組 図 1/200
大 梁 継 手 位 置 は 柱 心 よ り L= 700
BPL下 端 GL+280
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)コーポレーション
1級建築士事務所
名称
26
平成 年 月 日
25
8
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
軸 組 図 - XY
1/ 200
13
Y3
6,950
Y5
4,600
G1
560
水上鉄骨天
Y4
6,445
G1
G1
MB3
MB1
水下鉄骨天
水上鉄骨天
C1
FG1
FG1
7,060
1FL
FG1
GL
FG1
F3
F2
FG1
F1
F3
F3
1FL
GL
F3
X8通 軸 組 図 1/200
水上鉄骨天
G1
G1
水上鉄骨天
水下鉄骨天
水上鉄骨天
G1
G4
水下鉄骨天
F3
F2
F2
F3
7,060
FG1
F3
水上鉄骨天
F3
水上鉄骨天
G1
G1
G1
560
水上鉄骨天
G1
G4
560
F3
F4
GL
X9通 軸 組 図 1/200
水上鉄骨天
水下鉄骨天
HB1
C3
M1
C2
HB1
7,060
C2
C1
C1
M1
HB1
7,450
8,010
7,450
250
G6
4,140
FG1
FG1
F3
X5,6通 軸 組 図 1/200
水下鉄骨天
C2
1FL
1FL
GL
FG1
FG1
C2
800 950
FG1
C2
800
FG1
C1
C1
C2
7,450
7,450
C2
C3
800 950
4,140
8,010
G6
250
C2
C2
C2
1FL
FG1
FG1
F3
F1
F4
GL
FG1
FG1
F2
FG1
800
800 950
1FL
F3
FG1
FG1
F3
F3
800 950
5,090
FG1
FG1
F3
F1
560
560
G1
C2
C2
800 950
C2
C2
C1
950
C2
800
800 950
6,500
8,010
4,140
C2
C3
水上鉄骨天
5,090
水上鉄骨天
G1
G1
G1
X3,4通 軸 組 図 1/200
1FL
GL
7,455
水下鉄骨天
7,450
250
5,090
水上鉄骨天
Y5
4,600
G6
F3
1FL
GL
Y4
6,445
1FL
GL
Y3
Y2
7,455
560
Y2
Y1
F3
GL
F3
特記なき限り下記による
X7通 軸 組 図 1/200
大 梁 継 手 位 置 は 柱 心 よ り L= 700
X10通 軸 組 図 1/200
BPL下 端 GL+280
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
名称
26
25
平成 年 月 日
8
図面
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
軸 組 図 - Y
C
1/
14
200
大梁断面リスト
符
階
R
小梁断面リスト
部
号
継 手 位 置
柱 心 よ り
材
H- 400× 200× 8× 13
G1,2
備
特記なき限り
HTB ピ ッ チ @ 60 端 あ き 40
継 手
考
符
部
号
材
700
備
HTB
片 側 本 数
GPL
G3
H- 400× 200× 8× 13
700
B1
H- 300× 150× 6.5× 9
3- M20
9
G4
H- 400× 200× 8× 13
700
B2
H- 250× 125× 6× 9
2- M20
6
G5
H- 350× 175× 7× 11
700
b1
[- 150× 75× 9× 12.5
2- M16
6
G6
H- 350× 175× 7× 11
700
b2
□ - 100× 100× 3.2
HB1
H- 200× 200× 8× 12
4- M16
9
[- 100× 50× 20× 7.5
2- M16
6
H- 350× 175× 7× 11
CG1
Y2端 ピ ン 接 合
700
N
考
折 版 受 C - 100× 50× 20× 2.3
ピ ッ チ @ 80
70
ピ ッ チ @ 70
- 100× 50× 5× 7.5
柱断面リスト
階
符
部
号
C1
N
圧縮材
有効細長比
材
備
考
□ - 100× 100× 3.2
cb1
□ - 350× 350× 16
1
間柱
N
C2
□ - 300× 300× 12
C3
□ - 250× 250× 9
M1
丸鋼ブレース継手リスト
ブレース
丸 鋼
□ - 100× 100× 3.2
羽 子 板
ブ レ ー ス ( 丸 鋼 ) 材 質 S N R 400B
HTB
本 数
GPL
M16
FB-9×75
9
M20
FB-9×85
9
溶 接
サイズS
1-M16
溶接長 L
80
8
穴 径 17mm
1-M20
穴 径 21.5mm
8
80
J I S A 5541建 築 用 タ ー バ ッ ク ル 胴 ・ J I S A 5542建 築 用 タ ー ン バ ッ ク ル ボ ル ト 並 び に
日本鋼構造協会「建築用ターンバックル筋かい設計施工指針」による
大梁継手リスト
フランジ
HTB
部
材
径
HTB
片側本数
使用材料リスト
ウエブ
HTB
SPL- 1( 外 側 ) SPL- 2( 内 側 ) 片側本数
SPL- 3( 両 側 )
H- 400× 200× 8× 13
M20
6
12× 200× 405
12× 70× 405
4
9× 165× 260
H- 350× 175× 7× 11
M16
6
9× 175× 405
9× 70× 285
4
6× 165× 260
大梁ピン接合継手
H- 350× 175× 7× 11
M16
H- 400× 200× 8× 13
M20
4
GPL- 9
4
GPL- 9
使用材料
SS400
使用部位
柱
SN490B
主 柱 BPL
HTB S10T
JIS規 格
JIS G3101
大梁、小梁、プレート、その他
STKR400
SD490
認定番号
JIS G3466
ベースパックⅡ型
MBLT- 0063
ベースパックⅠ型
JIS G3136
JIS G3112
主柱 アンカーボルト
大梁、小梁、その他の継手
MBLT- 9003
SD295A
下記以外
SD345
D19以 上
FC21
基礎、地中梁
JIS A5308
土間スラブその他
JIS A5308
JIS G3112
鉄筋
大梁継手
特記なき限り
HTB ピ ッ チ @ 60
端 あ き 40
構造設計
大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
5
SPL- 2
SPL- 1
地中梁、基礎柱
JIS G3112
コンクリート
SPL- 3
FC18
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
26
8
平成 年 月 日
25
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
部材断面リスト
C
15
柱 脚 詳 細 図 1/40
ベースパック施工標準図参照
C2
C3
ベ ー ス パ ッ ク 30-12R
ベ ー ス パ ッ ク 25-09R
C1
柱符号
330
8565
50
210
210
50
φ
50
55
460
55
50
SN490B
8-M33(SD490)
SN490B
8-M27(SD490)
620
700
800
コンクリート柱断面
460× 460× 32
SN490B
520× 520× 40
8-D38(SD490)
45
175
520
210
アンカーボルト
55
175 55
210
630
330
6585
630× 630× 40
175
460
520
630
ベースプレート
175
φ
50
8565
φ
6585
70
ベ ー ス パ ッ ク 35-16R
620
700
800
立上り筋
12-D25(SD345)
フープ筋
[email protected](SD295)
8-D19(SD345)
8-D16(SD295)
[email protected](SD295)
[email protected](SD295)
ベースパック工法
認 定 番 号 BCJ評 定 ー ST0093- 12
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
26
平成 年 月 日
8
25
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
柱 脚 詳 細 図
1/ 40
16
基 礎 リ ス ト 1/40
F1
土間スラブ
F4
F3
F2
250
450
250
450
250
GL
350
100
100
1,200
100
100
栗石コンクリート
栗石コンクリート
1,000
100
100
100
栗石コンクリート
100
栗石コンクリート
1,400
1,200
100
1,200
100
1,200
1,600
1,200
100
350
350
350
800
450
GL
450
250
コンクリート被覆
土に接する部分
1,600
1,400
1,200
100
柱
1,000
端
部
中
央
5- D10
壁筋
[email protected]
シングルクロス
ひ び 割 れ 筋 [email protected]
1FL
土間スラブ
950
同左
2- D16
[email protected]
W20
350× 700
B × D
上 端 筋
下 端 筋
S T R
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
3- D22
3- D22
3- D22
3- D22
[email protected]
200
GL
地中梁共通事項
特記なき限り下記による
STR
D10@ 200
腹筋
2- D10
[email protected]
腹 筋 4- D10
[email protected]
GL
地中梁
2- D16
200
捨 て コ ン ア 50
敷 砂 利 ア 50
1級建築士事務所
シンダ-コンクリート
断熱材
土間コンクリート
目 潰 し 砂 利 ア 20
採 石 砂 利 ア 130
盛土地盤
透水性のある砂利混じりの砂質土とする
地中梁上端~地業下端間の盛土は地盤改良とする
セメント固化剤混入し転圧すること
巾 止 筋 D10@ 600
(有)創コーポレーション
土 間 筋 [email protected]
ダブルクロス
150
250
GL
目地シーリング
1- D13
150 180
置
腰壁天
800
位
1- D13
FG1
号
3: 7
150
地 中 梁 断 面 リ ス ト 1/40
符
=
4週 強 度 FC18
5- D10
6- D13
7- D13
8- D13
1,000
6- D13
1,150
7- D13
1,350
1,600
8- D13
栗石(採石):コンクリート
コンクリート被覆
立 上 筋 8- D13
HOOP筋 D10@ 250
名称
26
平成 年 月 日
8
25
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
基礎リスト、地中梁リスト
1/ 40
17
Y5
水上梁天
Y2
PL- 19
G1
水下梁天
H- 400× 200× 8× 13
G1
PL- 19
Y1
700
H- 400× 200× 8× 13
700
700
継手
PL- 9 HTB4- M16
250
水上梁天
PL- 16
G6
水下梁天
HB1
リ ブ PL- 9
G6
PL- 19
HB1
H- 200× 200× 8× 12
リ ブ PL- 9
8,010
H- 350× 175× 7× 11
7,450
C1
80
80
5,090
5,340
80
□ - 350× 350× 16
C3
C2
□ - 250× 250× 9
C1
□ - 300× 300× 12
X5通 架 構 詳 細 図
GL
280
950
1FL
GL
特記なき限り下記による
継手仕様は別図継手リスト参照
圧縮材有効細長比は別図断面リスト参照
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
名称
26
平成 年 月 日
8
25
図面
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
鉄 骨 詳 細 図 - 1
C
1/ 40
18
X1
Y5
2,500
800
HB1
PL- 16
CG1
2PL- 6
ボ ル ト 2- M16
H- 350× 150× 7× 11
1,200
□ - 350× 350× 16
C1
溶接
L- 50× 50× 4
フ タ PL- 3.2
100
cb2
□ - 100× 100× 3.2
2PL- 4.5
100
CG1
M1
□ - 100× 100× 3.2
C1
670
1FL
280
950
庇部分詳細図
GL
230
110
BPL- 6
ア ン カ - 2- M12
L= 300
M1 柱 脚
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
構造設計一級建築士 第2628号
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
26
平成 年 月 日
8
25
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
鉄 骨 部 分 詳 細
1/ 40
19
750
150
土間筋
[email protected]
1- D13
100 300
モ ル タ ル ア 30
[email protected]
D13
150
950
土間スラブ
盛土
GL
捨 て コ ン ア 50
敷 砂 利 ア 50
250
1FL
GL
300
盛土
シンダ-
砕石砂利
150 200
[email protected]
GL
立上り壁筋
[email protected]
シングルクロス
500
[email protected]
GL
100
砕石砂利
100 300
950
1- D13
土間筋
[email protected]
1FL
100
150
1F
150
f1
捨 て コ ン ア 50
敷 砂 利 ア 100
400
注記)
詳細寸法は意匠詳細図に合わす
150
150
150
シングルクロス
土 間 筋 [email protected]
1- D13
100150
スロープ
100
砕石砂利
GL
盛土
f1
500
f1
D10@ 200
D10
1- D13
400
構造設計一級建築士 第2628号
D10
400
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
150 200 300
立上り壁筋
[email protected]
シングルクロス
盛土
500
1F
(有)創コーポレーション
1級建築士事務所
名称
26
平成 年 月 日
8
25
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
C
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
図面
屋外階段、スロープ配筋図
1/ 40
20
X1
X2
6,300
X3
7,200
X4
6,400
X5
6,400
Y5
Y4
Y3
4,600
Y3
7,455
C1
MB2
C1
MB1
C1
MB1
C1
MB1
MB2
天井下端
MB1
T1
T1
5,000
7,455
MB1
MB1
MB1
MB1
MB1
MB1
MB1
MB1
MB1
C1
1,150 1,900 1,200
1,660
MB3
1,150 1,900 1,200
1,500
1,200
C1
C1
断 面 図 1/200
MB3
C2
部材リスト
符号
X1
X2
6,300
X3
7,200
X4
6,400
2,100
X5
6,400
1,700
C1
4,600
Tb
1,160
Tb
1,500
1,200
継手
GPL
HTB
MB1
H- 400× 200× 8× 13
9
4- M20
MB2
H- 300× 150× 6.5× 9
9
3- M16
MB3
H- 350× 175× 7× 11
9
4- M16
Tb
H- 200× 200× 8× 12
9
2- M20
T1
[- 100× 50× 5× 7.5
6
2- M16
V
[- 100× 50× 5× 7.5
6
2- M16
6
2- M16
d
L- 65× 65× 6
備考
7,455
Tb
Tb
Tb
材
C1
4,600
V
V
C1
V
V
V
V
Tb
V
V
1,150 1,900 1,200
Tb
部
1,660
Tb
V
Tb
C1
Tb
V
V
V
Tb
V
Tb Tb
V
V
V
V
Tb
V
V
V
Tb
Tb
V
Tb
V
C1
d
Tb
Tb
V
Y4
V
V
V
Tb
d
V
V
V
Tb
Tb
V
V
Tb
Tb
C1
d
Tb
V
Y4'
Tb
V
V
Tb
Tb
d
C1
V
d
V
V
V
Tb
d
V
d
C1
V
C1
C1
5,150
1,660
C2
4,600
MB2
MB3
C2
枝 肉 梁 組 支 持 梁 伏 図 1/200
2,305
1,500
1,200
T1 T1
T1
T1 T1
Tb Tb Tb
Tb Tb Tb Tb
C2
C2
Tb
水平ブレース
C2
C2
C2
C2
C2
枝 肉 梁 組 伏 図 1/200
凡例
吊材位置
水 平 ブ レ ー ス 1- M16
GPL- 6 HTB1- M16
構造担当 大坪清一郎
一級建築士 第88376号
T1
C1
MB1
MB2
MB1
C2
Y3
Y3
Tb
MB1
MB2
T1 T1
Tb Tb
1FL
MB2
MB2
MB2
MB2
4,600
C1
MB1
MB2
C1
Y4
Y5
T1
G1
MB2
MB2
2,305
C1
MB2
Y4'
MB2
MB2
5,150
Tb
T1
Tb
5,000
C1
7,455
G1
G1
Y5
Y5
Y4
4,600
名称
corporation
1級建築士事務所
構造設計一級建築士 第2628号
図面
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1丁目6-6-402
TEL:06-6947-1631
FAX:06-6947-1635
有田牧畜産業食肉加工場 新築工事
26
平成 年 月 日
18
8
一級建築士 大臣登録 第139436号 西澤 昭一
枝 肉 吊 用 梁 組 伏 図
C
1/200
21