その年は暮れて、 翌 よく 萬 まん 治 ぢ 二年 亥 ゐ 年 どし となつた。去年

七 高尾殺しは虛談なり
よくまん ぢ
いくさ
ゐ どし
だいみんこくえいめいわう
ていせいこう
いち じ
國永朙王と云ふ王の軍師鄭功と云ふ
その年は暮れて、翌萬治二年亥年となつた。去年、大朙
ゑん ぺい
たん ぐわん
たてまつ
者から使者を長崎奉行までよこして、どうか日本から援兵を下さいと云ふ歎願の書を奉つたな
そのまゝ
せ じやう
おだやか
どゝ云ふ評判もあり、今にも軍の始まるやうに風說をしたものもあるが、それも一時の事であつ
かめ ち
よ
む
つ のかみ
て其儘忘れたやうになつて仕舞つたから、今年は世 上 如何にも平和で、二⺼十一日から江戶本
つなもと
いは
このひと
にふ ぶ
丸の暜請が始まつた。其年の三⺼になつて仙臺では若殿の龜千代が生れた。後になつて陸奧 守
だ
し
さいれい
や
綱基と云れたのは此人である。それから五⺼に仙臺侯の初入部と云ふがあつた。全體、大名の初
たい
こはめし
もち
ことごと
ばんざい
入部と云ふものは盛んな儀式のあつたもので、處によると芲車を出して祭禮をしたり、をどり屋
臺を出したり、强飰をふかしたり、餠をついたりして、民百姓まで盡く殿の萬歲を祝つたもので
えつけん
たま
ことごと
たうしゆ
ちやうきう
ある。多分仙臺でも此時色々な催しがあつたことであらう。さて仙臺侯は初入部をして、諸臣は
それ〴〵謁見を賜はり、臣下も悉く當主の無事 長 久を祝つた。此處に分らぬ話がある、仙臺侯
なび
いか
みつまた
す
おほかは
が三浦屋高尾を見受けされた處が、高尾には島田重三郞と云ふ色男があつたので、見受けされて
ど
も仙臺侯には靡かない。そこで仙臺侯が怒つて三又の洲のわきで舟の中から高尾を斬つて大川に
沈めてしまつたと云ふことである。これは講釋師などが得意にする話であるが何うも事實に合つ
いま ど ばし
ひ めん
ほ
もみぢ
て居ない。程其頃、新吉原三浦屋に二代目高尾と云ふ遊女があつたに相違ない。今でも高尾の
てん よ めいしんによ
まん ぢ
かのえ ね
かんぷう
く
墓と云ふのが二つある。今戶橋の近所にある高尾の墓には碑面に地藏がつてあつて、上に紅葉
かな
き
の紋があり、右に轉譽妙信女、萬治三 庚 子十二⺼二十五日とり、左に「寒風にもろくも朽つ
る紅葉哉」と云ふ句がつてある。これは高尾が十二⺼に死んだと云ふ處から寒風と紅葉とを利
28
いつはり
一ちつきよ
かせたのであらう。京の高尾は紅葉の名所である。しかしそれで見ると高尾が仙臺侯に殺された
まつ か
しか
らんぎやう
と云ふのは眞赤な僞であつた。なぜなれば萬治三年十二⺼には仙臺侯はもう蟄居の身分である。
じ せい
さん や ちやう しゆん けい ゐん
あや
つちのと ゐ
蟄居の身分で居ながら新吉原へ出掛けて遊女を見受けして而も舟の中で之を殺すなど云ふ亂行の
どし
出來る譯はない。然るに三谷町 の 春慶院と云ふ寺にも高尾の墓がある。其墓には萬治二 己 亥
二まい す
くり
こしら
年十二⺼五日とあつて同じ辭世がつてある。これも怪しい。多分、高尾の名が高くなつたので
しか
を
にふ ぶ
賣 僧などが仙臺侯に殺されたと云ふ年⺼に合ふやうに一年早く繰あげて新しく造へたのであら
なん
む
つ のかみ
からだ
を
う。而しこれも事實に合つて居らぬ。萬治二年十二⺼なれば仙臺侯は初入部で國に居られた時で
かるわざ
ま
きよだん
ある。何ぼ陸奧守とても一つの身體を二つに分けて、半分は仙臺に居り、半分は高尾に通ふと云
ふやうな輕業は出來ない。それ故仙臺侯が高尾を殺したと云ふ談話は先づ虛談と云つてもよい。
蟄居 江戶時代、士分以上に科した刑罰
の一つ。閉門を命じ、一室にこもり謹愼さ
一
賣僧 不德義な僧侶をののしつて呼ぶ語。
せた事。
二
29