外来のチョウ「ムシャクロツバメシジミ」の駆除大作戦を実施し - 名古屋市

平成26年3月28日
市政記者クラブ 様
環境局環境企画部
主幹 早川、主査 佐藤(831-8104)
なごや生物多様性保全活動協議会
会長 滝川 正子
外来のチョウ「ムシャクロツバメシジミ」の駆除大作戦を実施します
昨年10月、西区新川の河川敷において、外来のチョウ「ムシャクロツバメシジミ」の繁殖が
日本で初めて確認されました。このチョウが周辺に拡大し、在来の近縁種と交雑することを防
ぐため、地域住民と協力して「駆除大作戦」を実施しますので取材いただくようお願いします。
ムシャクロツバメシジミとは?
・中国や台湾が原産の外来の蝶類
・羽を広げた大きさは2cm程度
・希少な在来種の「クロツバメシジミ」と交雑するなど
地域の生態系に悪影響を与える恐れ
(クロツバメシジミ…環境省版レッドリスト:準絶滅危惧
愛知県版レッドリスト:絶滅危惧Ⅱ類)
西区で採集された個体
1 実施日時
平成26年4月5日(土) 9:00~12:30 (雨天の場合、翌6日(日)同時刻に順延)
2 主
催
なごや生物多様性保全活動協議会
3 概
要
今回の駆除大作戦では、ムシャクロツバメシジミの幼虫がエサとしている外来の植物「ツ
ルマンネングサ」を地面から剥ぎ取り、植物に付着している幼虫や卵ごと駆除します。
ツルマンネングサは、新川の河川沿いに広く生育しており、駆除活動には多くの人手が必
要なため、地元の学区や小・中学校などにも協力を呼びかけました。
4 参 加 者
協議会会員や市民調査員、地元住民を中心に、150名程度予定
5 会
場
・事前勉強会:西区役所山田支所 講堂(西区八筋町358番地の2)
・駆除活動 :新川河川敷
6 タイムスケジュール(予定)
9:00~ 集合・受付
9:15~ 事前勉強会
ムシャクロツバメシジミ、ツルマンネングサの生態や、外来種問題について講
習を行います。また、今回の駆除活動についての事前説明をします。
や ご
まさや
かるべ
はる き
講師 ・矢後 勝也さん (東京大学総合研究博物館 助教)
・苅部 治紀さん (神奈川県立生命の星・地球博物館 主任学芸員)
いいお
・飯尾
しゅんすけ
俊 介 さん (緑花文化士) 他
10:30~ ムシャクロツバメシジミ駆除活動
新川河川敷に広がっているツルマンネングサを地面から剥ぎ取り、ムシャクロ
ツバメシジミの卵や幼虫を駆除します。
12:30
終了・解散
7 ムシャクロツバメシジミ発生場所周辺の地図および写真
この地域の一部を対象として、
駆除活動を行う予定です。
新川河川敷に広がるツルマンネングサ
この地図は、名古屋都市計画基本図(平成 22 年度測量)を
複製して作成したものです。
8 お問合せ先
名古屋市環境局なごや生物多様性センター(なごや生物多様性保全活動協議会事務局)
住
所:〒468-0066
名古屋市天白区元八事五丁目230番地
電話番号:052-831-8104 ファックス番号:052-839-1695
電子メールアドレス:bdnagoya@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp