ドイツ俳句の現状 - 京機会

京 機 短 信
No.179 2012.03.20
京都大学機械系工学会(京機会)
E-Mail:
[email protected]
URL: http://www.keikikai.jp
tel.& Fax. 075-753-5183
編修責任者 久保愛三
ドイツ俳句の現状
ALLES GUTE 編集・事務局 稲積 充 (昭和 32 年卒)
[email protected]
ドイツ俳句協会(DeutscheHaiku-Gesellschafte.V.,Saalburgallee39-491,
60385 Frankfurt a.M.)のホームページ(http://deutschehaikugesellschatf.de)か
ら大まかにドイツ俳句の現状をお伝えします。
その事業の中心は年4
回 発 行 の 機 関 誌
Sommergras の発行とこれ
に伴う事業です。ここに
選ばれて掲載された作品
のいくつかを鑑賞すると
共に事業のあらましをお
伝えしたいと思います。
主 た る 事 業 は 機 関 誌
Sommergras の発行の他に
定例行事としての俳句選
考会や各地区で催される
俳句集会および会議など
があります。また関連団
体 の 動 向 も 機 関 誌
Sommergras に掲載されて
います。
特に印象深いことに、同
協会の理念としてホーム
ページの冒頭(Die DHG の
欄)に次のように述べら
れています。
- 1 -
―――1 9 8 8 年に設立され、種々の職業と年齢の熱心な人々で構成された団
体です。俳句から短歌、連歌および俳文、俳画に至るまでの日本の叙情文
化に取り組んでいまして、その中心は俳句です。俳句を研究し、日本伝統
の詩的特徴を我々の文化・生活空間へ搬入し、独自の詩形として独語の叙
情詩の中に移植・育成することを目指します。
同協会の事業の概要は機関誌 S o m m e r g r a s に次のように表示されています。
1) 組織
役員(Vorstand)と支部
役員:名誉会長 Margaret Buerschaper、会長(経理)George Hartmann、会長(編集)
Claudia Brefeld、主筆 Volker Friebel、その他は割愛します。
支部:Ahlener Haiku-Gruppe,Frankfurter Haiku-Kreis,Haiku-Gruppe Halle/Saale,HaikuGruppe Magdeburg,Haiku-NRW
2) 機関誌 Sommergras
年 4 回発行され、現在の作品と過去の作品(資料として)も併せて広く掲載
しています。最近号は 2 0 1 1 年 1 2 月発行の第 9 5 号(N r . 9 5 )です。
3) 行事(Aktivit 舩 en)
* 俳句選考会(DHG-Haiku-Wettbewerb)
* 俳句集会(Hasiku-Treffen)
* 俳句会議(Haiku-Kongress)
4) 会員の頁(Mitgliederseiten)
5) 俳句辞典(Haikulexikon)
6) 関連団体(Links)
ここでは、上の事業の内、機関誌 Sommergras、行事(Aktivitaeten)、会員
(Mitgliederseiten)および関連団体(Links)について概要を紹介します。
先ず最近の機関誌 Sommergras 2011 年 9 月第 94 号(Nr.94)の作品から:
ここに選ばれた作品は応募作品 2 5 1 句から 5 0 句です。これらを、筆者の独断
で誠に申し訳ありませんが、筆者の目で見た秀作4句の内 3 句、佳作 1 8 句の内
3 句、通常作品 2 8 句の内 4 句(全部で 5 0 句から 1 0 句)を選び、筆者の和訳を
付して紹介し、鑑賞します。
秀作
秀作( 1 ∼ 3 )
1) Sein Gartenhut――
die Muehhe vieler Jahre
im Duft des Strohs
(Christa Beau)
彼(か)の帽子使い古して麦薫る
- 2 -
2) Sonnenwende――
er traegt die Moebel
ins Nachbarhaus
(Martina Heinisch)
陽が廻り隣家へ移す椅子や卓
3) Warteraum――
an Kunstrosen gelehnt
zwei Krueckstoeke
(Angelika Holweger)
待ち室の造花に寄りて杖 * 二つ (* 撞木杖)
佳作
佳作( 4 ∼ 6 )
4) Famielienfrueghstuek und am Fenster die Spinne
spinnt weiter ihr Netz
(Simone K. Busch)
家族との朝餉の窓に蜘蛛の網
5) der Wind
schreibt zischende Verse
aufs Meer
(Michael Denhoff)
さざめきの詩を海に書き風渡る
6) Wegweiser
auf gefaeltem Baum
Naturfreundehaus
(Gitta Hofrichter)
倒木に道しるべあり苫の家
通常作品
通常作品( 7 ∼ 1 0 )
7) Abschiedsschmerz
der Schrei einer Mowe
dringt durch die Nacht
(Andrea Knoke)
夜通しに鴎の鳴きし別れかな
8) Abrisshaus
die Wande poltern
Widerworte
(Simone K. Busch)
廃屋や壁がこだまを返しをる
- 3 -
9) Auf der Kamimauer
blauaugige Manner
spinnen Seemannsgarn
(Margareta Hihn)
波止場にて碧眼の漁夫網紡ぐ
10) Schafskalte――
ein geschorner Pudel
zittert
(Andrea Knoke)
シャフスケルテ * 刈られたる犬震えをる (* 「鑑賞」の欄に注記)
筆者の鑑賞
筆者の鑑賞(N r . 9 4 )
1) Sein Gartenhut--せっせと働いた夫の古びた帽子。「麦の匂い」には永年の苦労
と喜びが込められています。
2) Sonnenwende--「椅子などをお隣へ移して(またそこで談笑が続く)」 と、飾り
気のない近隣関係がさりげなく詠まれていて、ほほえましい。
3) Warteraum--「杖 * 二つ」(* 撞木杖)と言う結句がこの詩を奥深いものにし
ています。恐らく老夫婦二人の杖でしょう。
4) Familienfruhstuck--「蜘蛛の巣が昨日より大きくなった」と言うような会話が弾み
ながらの家族の朝食風景が目に浮かびます。
5) der Wind--「詩を海に書き」と言う発想は素晴らしいです。
6) Wegweiser--「向井去来の庵への道しるべ」の現代版でしょうか。
7) Abschiedsschmerz--「別れの辛さ」と言う言葉は、「友送り」、「師を送り」など具体
的な言葉に替える方が味わいが深くなるでしょう。
8) Abrisshaus--「廃屋」「こだま」は詩の素材ですが、まだ詩になる味付けが為
されていません。
9) Auf der Kaimauer--「漁夫が網を紡ぐ」は詩の素材のままです。例えば、「寒風に千
切れる網を・・」とか、詩情の工夫(味付け)が必要でしょ
う。
- 4 -
10) Schafskalte--S c h a f s k a l t e と言う気象用語(季語)はヨーロッパ中部の特性のようで、6
月中旬に1週間ほど急に来る寒波を呼ぶ用語のようです。その寒波で放牧
した羊が風邪を引く、と言うことかも知れません。そんな時、「毛を刈ら
れた犬が震えている」と詠んでも可笑しいだけで詩情がありません。「そ
んな犬が震えながらも羊をしっかり追っている」と詠むような工夫が必要
でしょう。
(つづく)
京 機 短 信 へ の 寄 稿 、 宜 し く お 願 い 申 し 上 げ ま す
【要領】
宛先は京機会の e-mail:[email protected]
です。
原稿は、割付を考えることなく、適当に書いてください。 MS ワードで書いて頂い
ても結構ですし、テキストファイルと図や写真を別のファイルとして送って頂いても
結構です。 割付等、掲載用の後処理は編集者が勝手に行います。
宜しくお願い致します。
- 5 -
スマイルHP:http://www.hi-ho.ne.jp/dai2seiki/smile/smile_frame.html
平成 23 年度 学生見学旅行 報告
中部工場見学
後藤崇(新学部 3 回生)
2 0 1 1 年 9 月 6 日、7 日に中部工場見学が開催された。正直に書かせてもらう
と、特にはっきりとした目的もなく何かしらの刺激が得れたり、モチベー
ションが上がるといいなと思い参加させてもらった。勉強不足のせいか、工
程表を見た時に見学させてもらう企業さんの名前が初耳だったという所もあ
るという始末。
最初にお邪魔したのは森精機さんである。一通り説明を受けて見学。実習
でエンジンを作った時に使った大学においてあるものよりも数段すごそうな
工作機械がずらっと並んでいた。この製品はこういう所が他と違ってすごい
ですよと説明してくださったのだが、それがどれぐらいすごい事なのかなど
はさっぱり。もう一度お邪魔する際にはそれぐらいの事は理解できるように
なっていますように。
次にお邪魔したのがデンソーさん。ラジエーターってなんですか?という
馬鹿さ。こっそり携帯で調べて把握。普段車に乗っている時には見えたり触
れたりはしないけれど、走る時には欠かせないものからカーナビ、E T C など身
近なものまで見ることができた。
移動して技術講演会があった。最初の方はぎりぎり理解できたものの、
徐々に話が進んでいくと置いて
きぼり。これ俺だけじゃないよ
ね・・・?
それから懇親会。会場、料理
ともに豪華でびっくり。先輩、
O B 方の話は面白く、タメになる
ものであった。婚活を応援する
団体があるのが一番印象深かっ
た。宿泊施設も豪華でデンソー
- 6 -
さんの社員になればここに泊まれるのかな?とか思ったりした。
日付が変わって 7 日。お邪魔したのはトヨタ自動車さん。車を作ってるだけ
でなく、物流もやってたんだ。物流の最初から最後までざっくり見せても
らった。規模の大きさ、至る所に詰め込まれた工夫、圧巻だった。
それから産業技術記念館行った。トヨタの歴史など非常に面白かった。繊
維を作る機械などの展示もあり実際に動いているところを見ることができて
よかった。少し前のものはカラクリっぽい感じで動くようになっていて、人
間の知恵ってすごいなと感心した。けど、やっぱり一番は入口の所にトラン
ペットを吹くロボット。実は小学校の頃に A S I M O を見てすごい!作りたい!っ
てなったので物
理工学科に入学
したのだ。
非常に濃い二
日日間であった
と思う。今まで
見たこともない
ものがたくさん
見れたし、タメ
になる話も聞け
たし、素晴らし
い O B さんとも会い、お話してもらうこともできた。
本当にありがとうございました。
関東工場見学
荒井未来(新修士 2 回生)
2 0 1 1 年 9 月 2 8 日,2 9 日に関東工場見学が開催された.参加者は学部 3 回生か
ら博士 2 回生までの総勢 2 6 名.ボストンから大荷物で来た者,派手なカーディ
ガンを羽織ってきたものなど非常に個性的なメンバーではあったが,一人の遅
刻者も無く,無事に見学会のスタートを切ることができた.
はじめに訪れたのは日立製作所横浜研究所.まず綺麗なショールームに案内
され,3Dカメラを用いたリモコン技術についての説明があった.社員の方が,
ジェスチャーによってテレビを操作すると,つられて皆真似をする.しかしそ
こは日立の技術.ある一定距離以上近づかなければ認識しないようになってい
た.続いてブルーレイディスクを用いた映像蓄積技術,電子回路技術など,
様々な技術を見学させていただいたが,中でも私が一番印象に残ったのが,冷
- 7 -
蔵庫にウレタンを流し込む技術に関する社員の方のプレゼンだ.まず,冷蔵庫
にウレタンが入っているということすら知らなかったが,ウレタンの流れを表
す式をその方が導き,またその式 1 つの導出に実に 6 年もかかっているという
からさらに驚きであった.研究というものの困難さを感じるとともに,このよ
うな素晴らしい研究者になりたいと憧れを抱いた出来事であった.OBの朝倉
涼次様(2 0 0 3 年卒)から,研究は内容ではなくプロセスが大事というお話を
伺って,研究に対するモチベーションが上がった.
日立製作所から,三菱重工業のバスに乗った.バスに乗った時間はちょうど
昼休み時で,たくさんの社員さんがあちこちでスポーツやおしゃべりを楽しん
でいた.ネットをはさみ木の板で軟式テニスのボールを打つ「パンポン」とい
うゲームが日立製作所では大変人気があるようで,大会まで開催されるほどで
あるそうだ.
三菱重工業に着いた.綺麗な横浜の海が見える会議室で概要を説明していた
だいた後,早速工場の見学をさせていただいた.はじめはタービン工場.大き
な部品があちこちに転がっており,その大きさにただただ圧倒された.またそ
の上や横でアーク溶接をしている様子はこれぞ機械!という感じでとてもかっ
こよかった.続いて案内されたのが風力発電用風車の実験機.私たちが風車の
見学に行くことを知っていたかのように強風が吹き始め,勢いよく風車が回り
始めた.それを真下での見学するのであるからその迫力は凄まじいものであっ
た.ものすごい風切り音.今にも風車が下にいる私たちを襲ってきそうな,風
車の先端が目の前を通り過ぎそうな,そんな迫力であった.
工場の見学が終わり,続いて横浜ビルに案内していただいた.みなとみらい
技術館では,二十歳を超えた大人たちが大はしゃぎで展示品を触っていた.中
でも電車の運転シミュレーターが人気であった.ひょっとしたらこの工場見学
中で最もみんなが生き生きした時間だったかもしれない.
その後,上田悦紀様(1 9 8 2 年卒)から原動機や風車についてのお話があっ
た.先ほど真下で風車を見たということもあって,皆普段の授業の 1 0 倍はまじ
めに聞いていた.また,上田さんのプレゼン力の凄さも圧巻であった.質疑応
答では懇親会の時間になっても質問がやまないほどであり,非常に有意義な時
間となった.
懇親会は三菱重工業様のご好意で,横浜の夜景が一望できる最高のロケー
ションとおいしい料理を用意していただいた.昼間は聞けない踏み込んだ話を
たくさん聞けて,皆とても楽しそうな様子であった.私は普段飲まないワイン
をたくさん飲み,完全に酔っ払ってしまい,最後のリーダー挨拶のときに何を
言ったか覚えていない….
- 8 -
2 日目,まずは日本たばこ産業
に向かって出発した.まずは通勤
ラッシュにあい,都会の洗礼を受
けた.完全に想定外だったスマイ
ルメンバーは大パニックで,つい
には「自分で錦糸町まで来てくだ
さい」と参加者に完全丸投げ.こ
の旅最大の反省点である.しかし
皆賢いので,離れ離れになったに
も関わらず全員時間通りに錦糸町
駅に到着することができた.日本
たばこ産業までに行く途中,スカ
イツリーが見えた.皆めずらしさ
に横断歩道のど真ん中で写真を撮
りまくる.日本たばこ産業はスカ
イツリーに向かってひたすら歩い
ていくと程なく到着した.日本た
ばこ産業の社内はほんのりいい匂
いがした.ヘビースモーカーのス
マイル会長いわく,これがたばこ
の匂いだそうだ.私は煙の匂いし
か知らず,いつもたばこはくさいと思っていたので大変意外であった.ガイダ
ンスの部屋に行くと,日本たばこ産業製のコーヒーやお茶,ジュースが大量に
用意してあり,これだけで十分素晴らしい会社だと思った.ガイダンスではま
ずたばこの製造工程についての説明があり,製造機の動きのあまりの速さと無
駄の無さに皆驚くとともに,機械系の技術の幅広さを実感している様子であっ
た.その後実際の製造機を見せていただいた.日本たばこ産業の機械は海外か
らの輸入が多く,例えばイタリアであれば流線型のフォルム,例えばドイツで
あれば直線的なフォルムというように,国ごとの特徴がよく現れていてとても
面白かった.海外からの技術者も多く,語学力の重要性を実感させられる現場
でもあった.日本たばこ産業は工場見学実施前,たばこを吸わない学生から見
学先として魅力を感じないという声が聞かれたが,見学後は皆製造機の技術の
高さと完成度の高さに驚くとともに,魅力を感じている様子であった.また,
馬場英寿様(1 9 8 7 年卒)の東日本大震災とたばこにまつわるお話には大変感動
し,たばこに偏見を抱いていた自分を少し恥じた.
出発前,わがままを言ってスカイツリーの前で記念写真を撮らせていただい
- 9 -
た.その後,日本たばこ産業とスカイツリーに別れを告げ,新日本製鐵へと
向かった.1 時間半の長い列車の旅であったが,景色はどんどんのどかにな
り,乗客もどんどん減っていった.終点、君津はかなり田舎であった.
君津駅から新日鐵のバスに乗り,1 5 分ほどすると目の前に広い林が見えた.
この敷地全部が君津製鉄所であった.到着すると綺麗なガイドのお姉さんに
製鉄所内を案内していただいた.キムタクがドラマ「華麗なる一族」で指差
したという大きな高炉があったり,陽炎が立ち上るトーピードカーが線路を
走っていたりと製鉄所内は独特の雰囲気であった.その後,連続鋳造の切断
の様子を見学させていただいた.輻射熱を感じながらその迫力に興奮すると
ともに,流れる鉄の真上での見学であったため,恐怖さえ覚えた.その後,
圧延工程を見学させていただいた.大きな鉄の塊が前後に何度も流され,と
にかく音が凄かった.最後の巻き取り過程の音は何か事故でも起こったかの
ような爆音であった.小心者の私は見学中ビビりっぱなしであったが,他の
参加者たちは大興奮の様子で,音が大きくて周りに声が届かないのをいいこ
とに「すげー!すげー!」と大声を上げていた.質疑応答では三木晃太郎様
(1 9 9 7 年卒)をはじめ 5 名もの京大OBの方来てくださり,様々な質問にお答
えいただいた.当初乗る予定だったバスの時間を 3 0 分以上オーバーするくら
い,活発な質疑応答となった.
バスで東京駅に向かう途中,ライトアップされた幻想的な東京タワーが見
えた.最後までおのぼりさん丸出しだった参加者はスカイツリーに続いてこ
こでもはしゃいでいた.
こうして,大きな事故も無く無事に 1 泊 2 日の日程を終えることができた.
今年の参加者は本当に活発な学生ばかりで,どの企業でも質疑応答の時間,
質問が途切れなかった.また見学先も研究所や機械系とは少し離れた企業,
そして定番の重工,鉄と非常にバリエーションに富んでおり,とても充実し
た内容であった.参加者からも高い満足度が伺える声が多数寄せられている.
このような素晴らしい工場見学が開催できたのも京機会関東支部として本
工場見学全体を取りまとめてくださった日本IBM勝川宏明様(1 9 7 9 年卒)
をはじめとする関東支部の皆様のご協力があったからだ.今年は震災もあり,
一時は開催さえも心配されたが,そのような中でも対応いただき大変感謝し
ている.そしてこのような素晴らしい工場見学のリーダーをできたことを非
常に誇りに思う.改めて,本工場見学にご協力いただいた全ての皆様に感謝
の気持ちを表したい.
- 10 -
中国四国工場見学
杉山晃樹(新修士 2 回生)
2 0 1 1 年 1 1 月 2 4 日,大学ではNFが盛り上がりを見せている晩秋の候,我々
は工場見学に出発した.最初の目的地は我が故郷,岡山県.
少し肌寒い京都駅のホームから,7 時 4 3 分,のぞみ号に乗って岡山駅を目指
す.乗客の多くはビジネスマン.こちらは仕事ではなく見学であるが,見た目
はビジネスマン.更に言うとなかなかフレッシュな集団.
岡山駅でトイレ休憩を挟み,現地集合組と合流.よくあることだがトイレが混
んでいて,結局集合時間ギリギリに合流することに.しかも三井造船の薦田様
に現地集合者の点呼を取らせてしまうという失態.やはり S M I L E メンバーに
やってもらうべきだったと反省している.
岡山駅からバスに揺られて約 1 時間,最初の見学先である三井造船に到着.
到着直前に見た停泊中の大型船は,引き取り拒否をされてずっと置いてあるら
しい.あんな大きなものでもキャンセルできるのか…
三井造船ではまず会社説明を受ける.ディーゼルエンジンの世界シェアは
7 5 % を超えることや,ライセンス契約も重要な位置づけにあることなど,正直
なところあまり知らなかった造船業界について理解を深める.その後工場へ出
発.まず目に飛び込んできたのが超巨大なエンジン.先ほどの説明で写真は見
ていたが,やはり実際に見るとその迫力に圧倒される.またこの巨大なエンジ
ンをクレーンでそのまま吊り上げて出荷できるそうで,なかなか想像できない
規模である.試運転工場では実際にエンジンが動いていたが,エンジンの大き
さに比例するかのようににぎやかな現場である.その後見学から戻って昼食を
いただく.ふたを開けて想像以上の豪華さに喜ぶ.食事をしながら,社員の方
と質疑応答を行う.
1 3 時 5 分,ナイスデザインのお土産を頂き,見学センター前で記念写真を
撮って出発.JFEに行く前に,バスの中からドックを見学する.工場では主
にエンジンを中心に見学したが,バスの中から船を造っている様子を見て,そ
の大きさに感心する.その後バスに揺られてJFEを目指す.
1 4 時,JFEに到着.まず会社の説明を受け,工場へ.最初に高炉をバスの
中から見学.高炉を見るのは 2 回目であるが,やはり大きな設備である.続い
て転炉へ.ちょうど転炉内に鉄を投入するタイミングを見学.超高温の溶けた
鉄が注ぎ込まれる様子は圧巻である.連続鋳造設備では鉄が形作られていく様
- 11 -
子を見学.近くまで見に行くことができたが,その熱さは 1 0 秒と直視してい
られないほど.温度を肌で実感できた.続いて製鉄所のコア工程である熱間
圧延を見学.ちょうどロール交換のタイミングで,圧延されていく様子を見
学することはできなかったが,製造における重要な位置づけである保守管理
の様子を見学できた.ロールは消耗品で,高度な制御がいる仕上げ圧延では
頻繁に交換が行われているそうだ.最後にCGLを見学し,製鉄所の一通り
の製造ラインを見学することができた.
その後見学アンケートを急いで書き,すぐに宿泊&懇親会・異業種交流会
会場へ移動する.席に着くと目の前にはいかにも高級そうな肉が用意されて
いて,テンションが上がる.会場ではJFEの方をはじめ,中国四国地方で
活躍しておられる先輩方と豪華なすきやきを味わいお酒を交わしながら,
ざっくばらんに会話を楽しむ.内容は仕事のことやプライベートなことまで
様々.学生からも積極的に質問をしながら,先輩の活躍の様子を実感してい
たようだ.さらに 2 次会も開催していただく.正直 2 次会などあると思ってい
なかったので驚きと同時に心が弾む.1 次会では話しきれなかったことを話
し,本工場見学のもう 1 つの目的である学生同士の交流も行い,非常に有意義
なものとなる.私自身は 1 2 時前まで楽しく飲んでいるなんて幸せだなぁと感
じていたが,後になってこのとき調子に乗って騒ぎすぎたかもしれないと反
省している.懇親会・異業種交流会は事後アンケートでも満足度がとても高
いものであった.
1 1 月 2 5 日,見学二日目.前日の飲みすぎによる二日酔いもなく,さわやか
な朝を迎える.朝食を頂き,バスで新倉敷駅へ向けて出発.が,通勤ラッ
シュと重なり,道路は
激しい渋滞に.結局新
幹線出発の 5 分前に新
倉敷駅に到着.おまけ
に改札を通るのにてこ
ずり,危うく乗り遅れ
るところだった.結果
として間に合ったから
言えることではある
が,こんなちょっとし
た出来事も思い出には
もってこいである.福
山でひかり号(N 7 0 0
- 12 -
系 8 両)に乗り換えて広島へ向かう.山陽・九州新幹線直通の新型車両に乗る
のは初めてで,乗る前はちょっと楽しみにしていたのだが,先ほどのバタバ
タであんまり楽しむ余裕もないまま広島駅に到着.広島駅では三菱重工のバ
スを探すのにやや手間取ったが,無事に乗車して工場へ向かう.
工場に到着後,施設見学を開始.最初に見たのは放射線治療を行うという
医療機器.見学した施設は出荷前の検査施設で,なかなか厳かな雰囲気が感
じられた.この装置は機械を体に合わせて動かし,治療するものだそうで,
工作機械や加工,高速画像処理等の技術を応用して作られている.重工なら
ではというか,このような技術の横のつながりも広いようである.次に見た
のが機械加工工場.ここではスクラップを電気炉で溶かして鋳造や鍛造も
行っている.重工だけあってほんとに何でもできるようだ.また,製品検査
の工程ではベテランの技術者が検査を行っていた.この作業は社内の資格を
持っている技術者でないとできないほど.当たり前のことではあるが,現場
の技術力もものづくりにおいては非常に重要である.本館に戻って豪華な昼
食と質疑応答の後,最後の見学先であるマツダへ向かう.
マツダではまずミュージアムの見学を行う.マツダの歴史と技術革新の様
子を順番に見学.写真を取りながら,自分を含めてはしゃぐ者もちらほら.
ミュージアムでは実際の生産ラインの様子も見学できた.このラインでは車
種混流生産のため様々な車が生産されている様子を見学できた.次々と流れ
てくる車に作業員が手際よく部品を取り付けていく.間違えないし,失敗し
ない.当然のことのようにも思われるが,現場の作業員あってのものづくり
であるということを感じさせられた.ミュージアムショップにはマツダグッ
ズに加えて広島東洋カープやサンフレッチェ広島のグッズも売られていた.
さすがマツダ!
そのあと水素自動車の開発の様子も見学させていただく.走りはガソリン車
と比べても変わらないような印象.加速性能もいいし.その上クリーンとい
うからすごい.ただ今後の普及のためには水素ステーションの普及が必須で
あるような気がする.
この 2 日間は日程的にもきつく,ドタバタではあったが,総じて非常に充実し
たものであった.この度は 4 つの業界の企業を見学させていただいたが,いず
れも今まで,そしてこれからの工業の基幹となる産業ばかりであった.個人
的には自分の地元で企業がこのように大規模にものづくりを行っている様子
を見てうれしく思うとともに,海外企業の脅威や海外移転の流れに負けずに
今後もこの地でものづくりを続け,地域が更に元気になってくれることを願
う.
- 13 -
最後にこの場を借りて,本工場見学の実施に当たり多大な尽力を頂いた四
国電力の松浦様,ご対応頂きました各企業の皆様,大学関係者の皆様に厚く
御礼申し上げます.
野次馬話 第 4 3 話 「細菌の増殖」
S 4 3 卒 遠藤 照男
十分な増殖(分裂)環境があれば、細菌は倍々ゲームで増殖する。表は倍
増に要する時間である。兎も角早い。
細菌名 2倍に増える時間
*7
ウエルシュ菌
7分
腸炎ビブリオ
8分
病原性大腸菌
17分
サルモネラ菌
21分
ブドウ球菌
27分
ポツリヌス菌
35分
*7
嫌気性、耐熱性の腸内常在菌で、大釜で加熱された食品の
中心が無酸素状態になり、絶好の環境になるため、給食病
と云われる由。
十分な増殖(分裂)環境の下で、細菌が分裂を繰り返すとどうなるか?
上の分裂時間を睨みながら、表を作ってみた。
経過
分裂後の個数
(個)
時間 10分で2分裂 20分で2分裂 30分で2分裂 1時間で2分裂
1 時間
64
8
4
2
2
4096
64
16
4
512
64
8
3
262X10 3
4
168X10 5
4096
256
16
328X10 2
1024
32
5
107X10 6
262X10 3
4096
64
6
687X10 8
7
440X10 10
210X10 4
163X10 2
128
168X10 5
665X10 2
256
8
281X10 12
26
12
7
281X10
429X10
665X10 2
16
792X10
24
223X10 41
472X10 19
281X10 12
168X10 5
の欄(281兆)は48回分裂時の値
- 14 -
1個の細菌が、1 0 0 兆個と記した腸内細菌総数になるには、4 6 . 5 回分裂する
必要があるが、極めて短時間で到達できる。 勿論、環境の制約と死んでい
く菌を考慮しなければならない訳で、そのまま野放図に増殖することはない
だろう。
増殖を体積から見てみよう。
理科年表に記されている菌の大きさは、大腸菌:長径 1 ∼ 2 μ m X 短径 0 . 5
∼ 1 μ m 、ぶどう球菌:直径 1 μ m とある。1個の体積が 1 μ m の立方体状
の菌を仮に考えて、これを寄せ集めると(球を密接に積み上げていくと 2 6 %
の空間が残り、円柱では 9 . 4 %
の空間が残る計算になるが、大まかなイメー
ジを掴むは立方体を積み上げるだけで十分。)、1 μ m だった細菌は 8 ∼ 2 4
分で 281 cc の塊になる。
Info
● 詳細は P D F 版でご覧下さい。
1.情報セキュリティ政策会議
平成 24 年 1 月 24 日総理大臣官邸4階大会議室
IT戦略本部
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/index.html
報道発表資料
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28seisakupress.pdf
議事次第
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28gijishidai.pdf
○ 情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方について
○
重要インフラ防護のための取組強化について
○ 情報セキュリティ月間について
○ その他
- 15 -
資料1 官民連携の強化のための分科会における検討結果の概要
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryou1.pdf
資料1−1 情報セキュリティ対策に関する官民連携の在り方について
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryou1-1.pdf
資料2 重要インフラ防護のための取組強化について
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryou2.pdf
資料3 情報セキュリティ月間について
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryou3.pdf
資料4 情報セキュリティ対策推進会議について(案)
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryou4.pdf
資料5 今後の主なスケジュール(案)
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryou5.pdf
参考資料1 平成23年度 標的型不審メール攻撃訓練結果の概要(中間報告)
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryous1.pdf
参考資料2 平成23年度 公開ウェブサーバの脆弱性検査結果の概要
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryous2.pdf
参考資料3 (警察庁提出資料)
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryous3.pdf
参考資料4 (総務省提出資料)
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryous3.pdf
参考資料5 (経済産業省提出資料)
http://www.nisc.go.jp/conference/seisaku/dai28/pdf/28shiryous5.pdf
2.サイバーセキュリティを重視した米国の新国防戦略指針
立ち遅れる日本の対応 東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/5a2492ccdbb0433b357e7e4a234c6448/
2012 年 1 月に米国防総省が国防の戦略の指針となる Sustaining U.S. Global Leadership:Priorities for 21st Century Defense を発表した。
一読すると、「C y b e r S e c u r i t y 」についての 言及が多いのが印象的だ。私の関
心が高いから多く見えるのかもしれないが。
3.ドイツおよびスウェーデンの防衛産業政策に関する調査ミッション報告
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2012/012.pdf
2 0 1 2 年 2 月 2 2 日 経団連 防衛生産委員会
経団連は「新たな防衛計画の大綱に向けた提言」(2 0 1 0 年 7 月 2 0 日)で防
衛生産・技術基盤戦略の策定や武器輸出三原則等の見直しを訴えた。具体的な
防衛産業政策の策定にあたっては、諸外国の事例を参考にすることが有効であ
る。 そこで、経団連防衛生産委員会として、2 0 1 0 年 3 月の欧州ミッション
- 16 -
(イギリス、ベルギー、フランス)、2 0 1 1 年 1 月∼ 2 月の米国ミッションに続
き、1 1 月にドイツとスウェーデンに防衛産業政策に関する調査ミッションを
派遣した。 その後、1 2
月に日本政府は「防衛装備品等の海外移転に関する
基準」を発表した。本報告が、今後の防衛生産・技術基盤戦略の策定の参考
となることを期待する。
4.
中国の宇宙開発に遅れを取る日本の処方箋
4.中国の宇宙開発に遅れを取る日本の処方箋
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34574
J B p r e s s
2 0 1 1 年 1 1 月 4 日(金)の報道によれば、中国は、小型宇宙実験室「天宮 1
号」(9 月 2 9 日打ち上げ)と無人宇宙船「神州 8 号」(1 1 月 1 日打ち上げ)の
自動制御による初のドッキング実験に成功したという。 宇宙開発の拠点と
して 2 0 2 0 年頃の完成を目指す大型宇宙ステーションの建設に向け、大きな一
歩を踏み出した。サイバー空間と共に宇宙空間を、陸海空に次ぐ第 4 、第 5 の
戦場と位置づけ、国家の総力を挙げての宇宙開発が着実にその成果を挙げて
いることを実証した。
5.
米国防総省が公表した新国防戦略指針が示唆するもの
5.米国防総省が公表した新国防戦略指針が示唆するもの
日本の防衛政策へも影響
東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/ee9756c2b7e66961502bc112eeb38ae6/
先月(2012 年 1 月)、米国防総省は、Sustaining U.S. Global Leadership:Priorities for 21st Century Defense(米国の世界的な
リーダーシップの維持: 2 1 世紀の国防における優先事項) と名付けられた「新
たな国防戦略指針(Defense Strategic Guidance)」を公表した。10 ページ
ほどの簡潔な文書なので、ぜひ読んでいただきたい。
6.在日米軍グアム移転で米国が日本に突きつけること
田原総一朗の政財界「ここだけの話」 nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120208/298620/?ST=business&P=2
日本の民主党政権はグアムへの海兵隊の移転を歓迎しているようだが、実
はそれどころではない。日米安保における日本の役割を強化してほしいとい
う アメリカの考えをどう受け止めるのか。これはメディアでは全く、取り上
げられていない。
・ 無知の防衛大臣が日本を滅亡させる
7.
無能
無能・
J B P r e s s
7.無能
リーダー不在の状況は外国から格好の標的に
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34486
- 17 -
「防衛大臣がころころ代わってもいいほど、自衛隊はしっかりしているんで
すね」という皮肉をどこかで聞いた。しかし、教育・訓練に精励する自衛隊
がしっかりしていても、バランス・オブ・パワーの国際社会で政治が無能で
は、肝心な時に機能しない恐れがある。
8.
日本の防衛をいつまで素人に任せるのか
ジオ政論 J B P r e s s
8.日本の防衛をいつまで素人に任せるのか
沖 縄 問 題 を 先 送 り せ ず 、「 日 本 の 保 守 」 の た め の 議 論 を
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34498
今回の『中山泰秀のやすトラダムス』では、中山氏が渦中の普天間基地移
設問題、宜野湾市長選をめぐる沖縄防衛局長の「講話」や朝鮮学校補助金に
関 する大阪維新の会の失言問題など、最新の政治トピックについて解説し
た。
- 18 -
ごあいさつ
3 月も終わりの頃ですが,まだまだ寒い
日が続く今日この頃,皆様いかがお過ご
しでしょうか.K A R T ではシェイクダウン
を間近に控え,手を休めることなく車両
製作にいそしんでおります.幾多もの困
難が立ちはだかりましたが,このまま順
調に各パーツのアッセンブリを行うこと
ができれば,予定通り 3 月中にシェイク
ダウンできるものと考えております.今
ペダルユニットやステアリングは既に搭載
済み.ロアアームは製作中であり,これが
完成すると次にアップライトをアッセンブ
リできる.
後とも私達 K A R T に,温かいご支援・ご声援をどうぞよろしくお願いいたしま
す.
車両製作
2 月末にフレームが完成してから,既に製作済みのパーツを順次アッセンブ
リしております.アームやナックル,ステアリングといった足回り関連パー
ツから,燃料タンクや排気系といったエンジンの補器類,ブレーキを中心と
したペダルユニット等,次々に車両へ搭載していきます.製作が完了してい
ないパーツはほとんどないため,今後はいかにすみやかに各パーツのアッセ
ンブリを行うかにかかっております.今
年度は,昨年度のエンジン変更のような
大きな設計変更はないとはいえ,ほぼす
べてのパーツが新たな設計となっている
ため,今後とも予期せぬ問題が発生する
可能性がないとはいえません.しかし,
それら起こりうる問題に対しても早急に
対応し,3 月中のシェイクダウンを果たせ
るよう,全力を尽くしたいと思います.
困難を極めたリアバルクヘッドも無事製作完了.
リア周りはパーツの密度が高いため,パーツ同
士の干渉に特に注意を払う必要がある.
- 19 -