SOLIDWORKS SIMULATION

SOLIDWORKS SIMULATION
市場で勝ち抜く技術革新を促進するため設計を適切に理解する
高度なシミュレーションは
専門家だけのものでは
ありません
「What if?
(…したらどうなるだろう?)」これは技術革新の原動力です。SolidWorks®の原動力
でもあります。Simulationソフトウェアは、リスクを取り除き、代わりに新たなアイデアを仮想的
にテストし、新しい設計を開発して、市場への投入を加速させる 3DEXPERIENCE ワークスペー
スを提供します。
SolidWorks Simulation製品のメリット
SolidWorks Simulation製品は、ものづくりに必要な品質向上、コスト削減、納期短縮のための最適なツールです。
多くの設計者が扱うSolidWorks CADに完全統合されており、異なるツール間では致命的なデータ変換などの苦労もな
く、最短の時間で最大限の設計案を検証することができます。
また毎年使っている多くのお客様のフィードバックを頂き、機能を磨き続けることで、常に最新で最高の設計環境として利
用し続けることができます。
設計者がみずから扱える、使いやすいツール
• 使いやすさを重視した、電卓のような感覚で使える検証ツール
• SolidWorks CADと同じ画面上で、タブを切り替えるだけですぐに検証を開始
• 3次元CADデータをインポート/エクスポート作業で変換することなく、同じCAD
画面上でそのまま解析
• 豊富なチュートリアルから、自身がチャレンジしたい検証の例題を活用
• ウィザード形式の設定手順を活用して、初めて検証にチャレンジする設計者をア
シスト
いつでもすぐにCADの環境に戻って設計変更が
可能
• CADで設定した拘束条件等から、解析に必要な境界条件を自動設定
計算された答えから設計案を改良できる利便性
• タブを1クリックするだけですぐにCADの操作へ戻り、設計案を素早く修正
• CADのコンフィギュレーション機能と組み合わせて、複数の設計案を効率的に比
較/検証
• 目では見えない現象を可視化することで、関係者と誤解の無い意思疎通ができる
環境を実現
• 最短の時間で設計データの編集/検証を繰り返すことができる、設計者の思考を妨
げない検証環境
SolidWorks CADと同じインターフェイスの中で使
用できる、使いやすい検証ツール
• スピーディに解析できる環境を活用することで、限られた時間の中でも多くの設
計案を比較検証
市場で最も多く活用されており、汎用性と拡張性をバランスよく実装した
製品群
• 共に、非常に高いシェアの3次元設計機能と豊富な解析/検証機能が同じインター
フェイス内で活用できる
• 同じメーカーからCAD/CAEツールが提供されることによる、常に最新で最高の設
計環境
• 納期短縮に必要十分な検証機能を、目的に合わせて選択できるパッケージ構成
最短の時間で効率的に設計案を比較検証
• データ管理、コミュニケーション、モバイル環境とも連携することができ、機能
だけでなく用途も広がる拡張性
3次元CADに慣れていない関係者とも、無償ビュー
アを活用して効率的に共有
SolidWorks Simulation製品が活躍するポイント
SolidWorksがお客様の声に耳を傾け続けるのは、使っている方々がものづくりのプロフェッショナルだから。
より多くのエンジニアが使いやすく、より多くの関係者にわかりやすく活用して頂くために、常に改良を重ね続けます。
SolidWorksが目指しているのは、ものづくりの共通言語です。
試作を無くすのではなく、適切なタイミングの試作に集中できる
ツール
• 多くのアイデアを仮想環境上で比較検証し、自分が最も試したいところ
で試作に取り組むことが可能な解析ツール
• 仮説と検証をすばやく繰り返し、最も低い試作コストとの組み合わせを
目指すことができる、統合されたインターフェイスでの操作
• 同じ解析もより素早く完了するために、常にパフォーマンスや操作性を
改善し続ける設計環境
タクトタイムも最適化できる、イベントベースのモーションシ
ミュレーション
さらに競争が激化するものづくりのための、役に立つ設計検証
ツール
• 精度の高い結果を大量のコストと時間をかけて算出するのではなく、ど
の設計案がより目的に近いかを相対的にすばやく比較検証できるツール
• 繰り返し使用して問題を検証することで、エンジニアリングセンスを磨
くことができる、わかりやすい結果プロット機能
• 設計スキルを向上するための設計者用の電卓として活用できる使いやす
い操作性
導入リスクを抑えて、導入メリットを最大化するための最適解
強度だけでなく、
スナップ感も検証することで製品品質をさら
に向上
• 多くのSolidWorksユーザ同士で交流し、日本のものづくりをさらに盛り上げ
ていくことができるコミュニティ
• 全世界で普及しているSolidWorks環境を活用することで、グローバルな海
外展開の不要なリスクを最小限に抑える
• 多くの教育機関でSolidWorksを採用しており、毎年、多くの次世代エンジニ
アがSolidWorksで学び、卒業する
構造材などの独特な形状も効率的に素早く検証
極限の環境にも耐えうる製品の設計にも活躍
SOLIDWORKS SIMULATION PROFESSIONAL
製品の技術革新のため、部品やアセンブリの 3次元仮想テストを実行
SolidWorks Simulation Professionalは、高度なシミュレーションを実行できる優れた仮想
テスト環境を提供するため、複雑な荷重シナリオやマルチフィジックス ソリューションで
発生するエンジニアリング上の課題を解決できます。
強力な構造解析で設計を検証
• 混在メッシュを使用して、溶接、板金、ボリュームジオメトリから構成される製品をテスト
製品のパフォーマンスを向上させ
るため、強力なシミュレーション
で設計を促進。
• 摩擦を伴う接触部品間のひずみおよび応力を評価
• ベアリング荷重、集中荷重、圧力、トルク荷重の載荷
• 構造、モーションまたは形状条件に基づいて設計を最適化
• ボルト、ピン、ばね、ベアリング、などを寸法だけでモデル化するコネクタや仮想ファスナー機能を使用し、荷重
条件下での挙動を検証
• 高速かつ高精度なアセンブリ解析を実現するため、ご使用のCADツールボックスファスナーをコネクタに自動変換
• 傾向トラッカー、設計インサイトプロットで作業中の製品に関する最適な設計変更にフォーカス
• サブモデリング機能により重要なゾーンに焦点を当て、大規模なアセンブリの挙動を評価
• 平面応力、平面ひずみおよび軸対称モデルを使用した線形静解析により、設計サイクルにおける複雑な問題を
設 計で の 熱 荷 重 の 構 造 的 影 響
を把握。
早期に評価
• 金属特性や疲労曲線を含む広範な材料データベースにアクセス
設計に対する温度の影響を検証
• 伝導、対流、輻射などの熱移動問題を解析
• 等方性、異方性、温度依存材料特性の使用
• 構造荷重および熱荷重に起因する応力と変形の組み合わせを特定
イベントベースのシミュレーションにより「プロセス」や「タスク」といったワークフローに
従うアセンブリ モーション解析
イベントベースのモーションシ
ミュレーションにより、複雑なメ
カ ニズ ムを 持 つ 機 械 の 仮 想 試
作を現実のものに。
• モデル イベントおよびアセンブリ アクションに基づくモーション スタディの定義
• 新しいモーション センサー、時間、または前のタスクの完了などを、次のアクションのトリガ(誘因)として設定
• モーション最適化のためのアクチュエータの力やジョイント荷重などの特性を評価
• サーボモーターのサポートによりアクチュエータをより柔軟にコントロール
繰り返し荷重が製品寿命に与える影響を解析
• 予想される寿命または指定されたサイクル数だけ荷重を与えられた後の累積損傷度をチェック
• 実際の物理テストから荷重履歴をインポートして荷重イベントを定義
固有値や座屈のシミュレーション
疲労シミュレーションで算出され
た荷重に基づいて、構成部品の寿
命を推測。
• 振動や不安定なモードがどのように機器の寿命を縮め、予期せぬ故障を引き起こすかを予測
• 固有値および座屈解析における剛性硬化を評価
SOLIDWORKS SIMULATION PREMIUM
包括的なシミュレーション ソリューションで設計性能をより詳細に把握
SolidWorks Simulation Premiumには、SolidWorks Simulation Professionalのすべて
の機能に加えて、複合材料などの機能や、非線形および動的応答をシミュレーションする
多彩な解析ツールが追加されています。
非線形解析領域の製品を解析
大 変 位と複 雑 な 材 料 モデ ル を
含む非線形問題を解析。
• 包括的な評価のための線形から非線形解析間へのスムーズな移行
• 過度な荷重、部品間の接触または柔らかい材料が原因で発生する変形問題を解析
• 材料降伏後の残留応力および永久変形を把握
• 非線形座屈およびスナップスルー問題の解析
• ゴム、シリコン、その他のエラストマーなど超弾性材料を使った製品設計の解析
• 塑性変形と降伏の発生を検証する弾塑性解析
• クリープ効果および温度依存性材料の解析
• SolidWorks Plasticsを使用して、残留応力と温度を考慮し、成形プラスチック部品の性能をテスト
部品およびアセンブリに対する動的挙動の解析
動 的 荷 重 に 対 する製 品 応 答 を
プロット。
• 時間歴、定常調和振動、応答スペクトル、不規則振動のシミュレーション
• 経時変化する応力、変位、速度、加速度と、RMSおよびPSD値の解析
• 非線形動解析機能を使用した衝撃解析の実行
複合材料の解析
• 多層複合構成部品を調査し、層の材料、厚み、配向などが製品のパフォーマンスに与える影響を解析
• 画期的なユーザー インターフェースにより、層の向きをダイナミックにコントロールおよび表示
• 作業荷重に対応する適切な複合材層の順序および方向を把握
• サンドイッチおよびグラファイト、あるいはカーボン繊維複合材料(発砲型構造を含む)の利用
剛性や層の破損結果を含め、
複合材料の性能を検証。
2D簡略化ツールにより複雑な問題を簡単に処理
• 平面応力、平面ひずみおよび軸対称モデルを使用した非線形解析
• 複雑な接触問題を、精度を下げることなく短時間で解決
• 解析用に 3D CAD モデルを変更することなく2D断面を生成可能
2D簡略化ツールにより、さらに
幅広い分野の問題を迅速かつ簡
単に解析。
SOLIDWORKS FLOW SIMULATION
製品エンジニア向けの直感的で高性能なCFDシミュレーション
SolidWorks Flow Simulationソフトウェアは、強力なCFD(流体力学)ツールです。従来の
流体解析プログラムから複雑な操作を取り除き、流体、熱伝導、および流体力を簡単に
シミュレーションできるため、液体やガスの流れが製品のパフォーマンスに与える影響を調
査できます。
複雑な流れの評価と最適化
構成部品の内部および周囲の複
雑な流れを解析して、乱流や再循
環の問題を検出。
• パラメトリック解析により、部品内外の複雑な流れを解析
• 設計目標を達成するために圧力降下などの流体条件を製品へ適用
• 流跡線アニメーションを使用し、乱流と再循環の問題を検出
• 血液や液状樹脂などの非ニュートン流体を解析
• さまざまなインペラーやファンが設計に与える影響を評価
• 多孔質、キャビテーション、湿度など高度な効果を考慮
設計におけるオーバーヒートのリスクを軽減
• 製品の内部および周囲の温度分布を視覚化して把握
温度分布と熱流束を確認して過
熱による問題を防止。
• 流体解析と熱解析の組み合わせ、対流、熱伝導、輻射の影響を検証
• 時間および座標に依存する境界条件と熱源の適用
• 熱交換器の効率など設計目標を満たす最適な寸法を決定
• EDA (電気系設計支援ツール等) の熱プロパティから、熱源と PCB の層定義を取得
PCBと電子構成部品の熱性能を最適化
エレクトロニクス モジュールを使用することで、ジュール熱効果を利用したり、2抵抗コンパクト モデルやヒート
パイプ コンパクト モデルで構成部品のシミュレーションを実行したり、PCB プロパティを利用して冷却効率を
評価および向上できます。
エレクトロニクス モジュールを
使用して、電子部品の熱性能を
最適化。
職場や居住環境における通気パラメータと快適性パラメータを予測して実現
HVACモジュールには、職場や居住環境での気体の流れや温度、輻射を評価する高度な輻射モデル(半透過材
料や波長依存の輻射特性など)、快適性パラメータ、豊富な建築材料データベースが含まれています。
高性能で直感的なビジュアライゼーション ツールによる解析結果表示
• 断面プロットまたはサーフェス プロットを使用し、結果の分布を確認(速度、圧力、渦度、温度、質量分率を含む)
• 比較モードでさまざまな構成の流体結果を比較
• 点、サーフェス、およびボリューム パラメータ ツールで任意の位置の結果を測定
• 任意の SolidWorksスケッチに沿った結果の変化グラフを作成
• 結果をリスト表示し、Microsoft® Excel® にデータを自動エクスポート
HVACモジュールの高度な輻射
機能を使用して、照明装置の熱
作用を調査。
• eDrawings® を使用して3次元のCFD結果を伝達
SolidWorks Plastics
プラスチック部品と射出成形金型の設計の最適化
製造可能性の検証
SolidWorks Plastics®はプラスチック部品や射出成型金型を設計する企業向けの製品で、設計の初期段階で製造
時の不具合を簡単に予測して回避できるので、費用のかかる金型の手戻りをなくし、品質を向上させて市場投入ま
での期間を短縮することができます。SolidWorks CADと完全に統合されたこの直感的なソフトウェアにより、部品
設計者、金型設計者、および金型メーカーは、3次元設計作業に精通していなくても、設計の製造可能性を最適化
できます。
プラスチック部品生産のためのシミュレーション
主導型設計
SolidWorks Plasticsは、プラスチック部品と射出成形金型の設計者が
直接使用できる射出成形シミュレーションです。エキスパートでなくて
も、部品または金型設計、プラスチック材料、あるいは処理パラメータ
に変更を加えることで潜在的な不具合を簡単に特定して対処し、リソー
ス、時間、および費用を節約できます。
直感的なワークフローと設計アドバイス
SolidWorks Plasticsは、3次元モデルを直接操作するため、データ変
換の問題を防止できます。設計変更の影響をすぐに確認できます。強
力で高速な最先端のメッシュ作成機能は、薄肉部品から非常に肉厚
なソリッド部品までのジオメトリに対応します。
直感的なインタフェースで段階的に作業できます。ガイド付きの、イン
テリジェントなデフォルト、または自動化されたプロセスにより、シミュ
レーション ツールに不慣れな場合でも適切な設定をして解析すること
ができます。SolidWorks Plastics材料データベースには、数千もの市販
プラスチックが含まれており、完全にカスタマイズできます。
「プラスチック開発に40年も携わってきましたが、SolidWorks Plasticsには驚きました。
ユーザーは開発の非常に早い段階で部品と金型の設計を最適化できます。」
— hondaDesign, LLC社、Ed Honda氏
変更のコスト
変更を行うコストは製品開発の初期段階では低くてすみますが、影響はと
ても大きいものです。製造適合性のためには、プラスチック部品と射出成
形金型の最適化は早く行うに越したことはありません。
製品の販売開始
部品製造
プラスチック部品製造の課題は、部品または金型設計が製造に与える影響
と、製造が設計に与える影響を判断し、その情報を設計から製造までのプ
ロセス全体で迅速かつ頻繁に伝達することです。
SolidWorks Plasticsは、潜在的な問題を迅速に特定するツールを提供する
ため、設計プロセスの早い段階で変更を行うことができます。
金型メーカー
変更のコスト
変更の影響
部品設計
金型設計
設計から製造までのプロセス
製品開発の初期段階での設計変更はコストを抑
え、製造可能性の改善に最も効果的です。変更
のコストは下流工程に進むほど増加し、市場投
入を大きく遅らせる原因になります。
部品設計者は、肉厚、ゲート位置、材料、またはジオメトリに対する変更が
部品の製造に与える影響について迅速にフィードバックを受け、金型設計
者は多数個取り金型およびセット取り金型のレイアウトと、スプルー、
ランナー、ゲートなどのフィード システムを迅速に最適化できます。
プラスチック電子部品ハウジング | hondaDesign, LLC
(ここに示すように)多数個取り
金型で発生するアンバランスな
充填は、SolidWorks Plastics で
予測および回避できます。
プラスチック部品設計者向け
金型設計者と金型メーカー向け
SolidWorks Plastics Professional
SolidWorks Plastics Premium
プラスチック部品の製造可能性を最適化するのに、コスト効率が最も良い
時期は、製品設計の初期段階です。このステップをスキップすると、
「良好
な部品」となる処理窓口が非常に狭い非効率的な金型設計になることが多
く、不良率が高くなり、市場投入までの期間が長くなります。
SolidWorks Plastics Premiumは、射出成形金型の設計者またはメーカー
に、最適化のための高精度で使いやすい方法を提供します。1 個取り、多数
個取り金型、およびセット取り金型レイアウトを迅速に作成および解析で
きます。
• CAD統合:SolidWorks 3D設計環境に完全に組み込まれているため、形
• コストの高い金型の手戻りを回避:金型が最初から正常に機能するよう
状、適合性、および機能を最適化すると同時に設計の製造可能性を解
析および変更できます。
• 学習と操作の容易性:数分で学習でき、広範囲の解析やプラスチックに
関する知識は不要です。
• 設計チームのコミュニケーションを促進:WebベースのHTMLレポートに
より、シミュレーション結果と設計上のアドバイスを設計から製造までの
チームの全メンバーに迅速かつ簡単に伝達できます。
結果アドバイザーによる実用的な設計アド
バイスとトラブルシューティング診断と潜在
的な問題の解決のためのヒント 豊富な情
報により、射出成形プロセスが非常に理解
しやすくなるため、情報に基づいた設計の
最終決断をし、
より品質の高い製品を製造
できるようになります。
にして、時間がかかりコストの高い不必要な手戻りを回避します。
• フィード システム設計の最適化:ランナーシステムのバランスを取るため
にスプルー、ランナー、およびゲートを解析します。ゲートタイプ、サイズ
および位置を最適化します。最適なランナー レイアウト、サイズおよび
断面形状を決定します。
• サイクルタイム、型締力、ショットサイズの見積もり:金型プロジェクトの
見積もりを迅速かつ正確に予測、特定の金型に合わせて射出成形機の
容量を決定し、サイクルタイムを最適化すると共に、プラスチック材料の
廃棄量を削減します。
SOLIDWORKS SUSTAINABILITY
製品設計への環境配慮の組み込み
環境に配慮した設計
SolidWorks Sustainabilityは、製品設計プロセスの一部としてリアルタイムの環境評価を実行します。SolidWorks
Sustainabilityは、設計環境と完全に統合され、業界標準のライフサイクル評価基準を使用して、フィードバックを即時に提
供するため、設計を迅速に調整し、環境保護に関する目標を達成できます。
製品設計時にリアルタイムの環境評価
技術革新と新製品開発を促進
SolidWorks® Sustainabilityは、実用的な設計を中心とする環境評価をリ
アルタイムに提供し、お客様がより環境に配慮した製品を開発できるよう
にします。専門家以外のユーザーでも簡単に操作できるように設計されて
おり、代表的な環境配慮評価よりも大幅に少ない時間およびコストで実行
可能な情報を提供します。環境配慮を新たに追加しようとしている、環境
関連の法律や基準に準拠させたい、環境に配慮した製品をすでに構築して
い る 、ま た は 業 界リー ダーで あ る な ど、どの ような 状 況 に お いて
も、SolidWorks Sustainabilityは、情報に基づいて設計上の意思決定を行
うために必要なデータを提供します。
環境配慮への明確な見解を持って、設計を改善し、コストを削減し、製品を
差別化できます。このソフトウェアは、4つの主要な環境指標として、二酸化
炭素排出量、総エネルギー消費量、大気への影響、水への影響を考慮し
て、エコデザインを実践する支援をします。あらゆる業種で次世代の環境
配慮製品を作成するために、既存の設計の再検討および新しい設計の開
発によって、グリーンマーケティングの機会を活用できます。
コストの削減と設計の改善
SolidWorks Sustainabilityは単なる材料評価ツールではなく、原材料の
抽出から、生産、製品の使用、耐用年数終了に至るまで、製品のライフサイ
クル全体にわたる影響を定量化します。信頼性の高い環境データ、瞬時の
フィードバック、および強力な材料比較ツールが設計上の意思決定に役立
ちます。製品のパフォーマンス基準を満たすと同時に、必要な材料、廃棄
物の量、および使用するエネルギーをさらに削減できる、より環境に配慮
した設計オプションを迅速に作成できます。
設計環境でシームレスに機能
SolidWorks製品開発ソリューションの一部として統合されたSolidWorks
Sustainabilityにより、環境評価が容易となり、自然にワークフローの一部
となるでしょう。さまざまな材料と設計ソリューションをモデル化し、材
料、資源の調達、輸送手段、および製造が環境に与える影響を迅速に解析
できます。リアルタイムのグラフィカルなダッシュボードに、確実な環境影
響評価の結果が表示されます。環境配慮データは、モデル ファイルの一部
として自動的に保存されるため、他のユーザーと容易に共有できます。
設計初期段階におけるライフ サイクル評価の適用
SolidWorks Sustainability は、原材料抽出、製造、組み立て、輸送、
製品の使用、廃棄までを含めた製品ライフ サイクル全体にわたる環境への
影響を測定する科学的手法であるライフ サイクル アセスメント(LCA)を
使用しています。
詳細レポート:製品の環境配慮プロファイルを社内
の経営陣ならびにすべての部門で共有するため
に、SolidWorks Sustainabilityから詳細な環境配慮
設計レポートを、直接、
自動的に作成できます。
SolidWorks Sustainability
により、従来は製品開発の
最 終段階でのみ使 用可能
だったスクリーニング レベ
ルのLCAを設計段階で利用
できるため、より環境に配
慮した設計にするための調
整を容易に行うことができ
ます。
「SolidWorks Sustainabilityソフトウェアは、現在の達成状況を文書化し、将来に向けてより環境に
配慮した製品を開発するのに役立ちます。当社の事業にも、地球にも良い影響を与えられます。」
- BetaLED 社(Cree, Inc. 社の一部門)、エンジニアリング マネージャ、Brian Kinnune 氏
容易な材料比較
クリックするだけで、類似材料が環境へ及ぼす影響を比較でき、熱伝導率
や降伏応力などの標準的なエンジニアリング特性、および材料コストを確
認できます。比較可能な材料には、SolidWorksがサポートする材料ライブ
ラリ、および、複数の一般的なアプリケーションでよく使用される材料が含
まれます。
環境データのゴールド スタンダードによる解析
S o l i d W o r k s S u s t a i n a b i l i t yで は、L C A の草分 け 的 存 在 であるP E
Internationalとのパートナーシップによって、大規模なGaBi®ライフサイク
ル インベントリ データベースの活用も可能です。数十年に渡って収集さ
れた科学的専門知識と経験上のデータで構築されたこのデータベース
は、環境影響データの世界的なゴールド スタンダードとして認められてお
り、常に最新情報となるように定期的に更新されています。
自動環境レポート生成
環境配慮評価の結果と、環境への影響を最小化するために実行した手順
を取り込んだレポートを即時に生成できます。製品の環境配慮プロファイ
ルを表示し、代替設計案を比較、さらに複雑なアセンブリ構成による影響
を分析します。必要に応じて、連絡先情報と企業ブランドイメージなどを含
むようにレポート書式をカスタマイズできます。
異なる使用シナリオの評価 設計寿命や使
用期間などの環境配慮に重大な影響を及
ぼすことが多い使用要因を簡単に変更で
きます。輸送手段、再利用内容、廃棄など、
各シナリオ別の要因についても指定でき
ます。
SOLIDWORKS Simulationの製品マトリクス
Simulation製品機能
SolidWorks
Premium
SolidWorks
Simulation
Professional
SolidWorks
Simulation
Premium
アセンブリとモーションのシミュレーション
●
●
●
線形静解析(ビーム・シェル・ソリッド要素
のサポート、
アセンブリのサポート)
●
●
●
●
●
イベントベースの
モーションシミュレーション
形状最適化
●
●
固有振動解析
●
●
座屈解析
●
●
伝熱解析
(定常・非定常)
●
●
落下試験
●
●
疲労解析
●
●
非線形解析
(大変位・非線形接触・非線形材料)
SolidWorks
Flow
Simulation
SolidWorks
Sustainability
●
●
積層材解析
(線形・固有値・座屈解析)
●
線形動解析
(時刻歴応答・調和振動・
不規則振動・応答スペクトル)
●
流体の簡易解析
(内部流れのみ)
●
●
熱流体解析
●
HVACモジュール
(空調機器)
●※1
エレクトロニクス モジュール
(電子機器)
●※2
持続可能性の簡易検証
(部品のみ)
●
持続可能性の検証
●
SOLIDWORKS Plasticsの製品マトリクス
SolidWorks Plastics Professional
(充填)
SolidWorks Plastics Premium
(充填+保圧)
サーフェス&ソリッドメッシュ
●
●
充填
●
●
ウェルドライン
●
●
ショートショット
●
●
エアトラップ
●
●
マルチゲート
●
●
SolidWorks Plastics製品機能
マルチキャビティ
●
ランナー設計ウィザード&最適化
●
●
冷却時間
ヒケ&ヒケマーク
●(2013 SP1より利用可能)
●
インサート成形&オーバーモールド
●
ガスアシスト&バルブゲート
●
コインジェクション
●
ファイバー&複屈折
●
12 の業界で採用される当社ブランドのアプリケーションによる 3DEXPERIENCE ソリューション
Dassault Systèmesは3DExperience企業として、ビジネスとユーザーに持続可能な技術革新を構想するためのバーチャル空間を提供します。
その世界をリードするソリューションは、製品の設計、生産、およびサポート方法を変革します。Dassault Systèmesのコラボレーション ソリューション
は社会的な技術革新を促進し、実世界を改善するバーチャル世界の可能性を拡大します。
このグループは、80ヶ国以上のすべての業界であら
ゆる規模の15万人を超えるお客様に価値を提供しています。詳細については、www.3ds.com/ja を参照してください。
3DS.COM/SOLIDWORKS を参照してください
アメリカ大陸
Dassault Systèmes
175 Wyman Street
Waltham, Massachusetts
02451-1223
USA
日本
ソリッドワークス・ジャパン株式会社
東京都品川区大崎2丁目1番1号
ThinkPark Tower
03-4321-3600
info@solidworks.co.jp