平成25年秋号 H25.10.25発行

同窓会会報平成二十五年秋号
P
T
A
久保村さんへの哀悼の言葉
月6日朝都内の病院にて83歳で
息を引き取られました。
久保村氏が会長に就任された翌
年に母校40周年記念行事、更に
50周年、60周年と同窓会活動
の基本を築いて来られました。
今から 年後(平成
年)の
70周年行事について、そろそろ
準備に入る矢先のことなので、戸
をされておられ、東京都産業教育
振興会副会長として、各地の工業
学校を訪ねられました。各学校で
の活躍の状況などのお話をきかせ
て頂くと、いつかは我が母校もそ
うなりたいものだと、お話を伺う
たびに思ったものです。
同窓会役員会は2ヶ月に一度位
のペースで開かれております。役
員会のたびに、久保村先輩が訪ね
られた学校のお話を聞く機会があ
りました。その度に同窓会として
後輩の生徒のために、やれること
同窓会活動を活発化させる大きな
励みになりました。
又久保村先輩は、会社を興され
た頃に母校に、図書、校旗、優勝
旗を寄贈されておられます。お若
い頃から母校の発展を強く願って
おられたのだと思われます。
今は感謝の念で一杯です、本当
に有難うございました。
どうか安らかにお休み下さい。
会長代行に選任されて
1
2
8
M
惑 う こ と が 多 々 出 て き て い ま す が、 は な い か 、 と た え ず 考 え る き っ か
梅田清永
同窓会副 会長の梅田清永氏10
けとなり、これらが刺激となりま
が会長代行として、その任に就い して、役員一同頑張る事が出来ま
て 頂 く こ と に な り ま し た の で 、 今 した。
久保村氏は36歳の時に東京秋
後は梅田氏を中心に、久保村先輩
のご遺志を尊重し活動を続けて行 葉原にて会社を起こされ以来経営
者 と し て 活 躍 さ れ て 来 ら れ ま し た。 同 窓 会 長 久 保 村 昭 衞 氏 が 平 成
かなければと心に誓うものです。
久保村先輩が会長在任中には、 ご出身が長野県伊那市の関係で伊 二十五年六月六日に急逝されたこ
とから、本年六月三十日、中野工
業高等学校校長室において同窓会
の臨時役員会が開催されました。
その席上、同窓会会則第八条2.
に『副会長は会長を補佐し、会長
に事故あるとき又は会長が欠けた
ときは、その職務を代行する』と
決められています。そのため、副
会長(
)海野清氏と副会長
(
)梅田清永とで調整し
た結果、梅田清永が同窓会会長代
1
3
各 周 年 記 念 行 事 や 清 里 寮 運 営 代 行、 那 市 観 光 大 使 館 を 設 立 さ れ 、 伊 那
卒 業 生 に よ る 講 演 会 、 同 窓 会 会 報 観 光 大 使 と し て も 活 躍 さ れ ま し た。
の発行、先生や
の方々を交 また会社地元の千代田区万世橋警
え て の 新 春 交 歓 会 、 中 工 祭 で の 察署懇話会会長をなされるなど、
「卒業生の歩み」展示など多方面 本当に幅広く活動されておられま
の活動をリードして頂きました。 した。このような活動から子供達
久保村先輩のお陰で、これらの活 を非行に走らせない、素直で強い
動 の 基 盤 が 整 っ て 来 ま し た の で 、 人間になってほしいと、 人一倍願っ
今後充実していくつもりでおりま ておられたのだと思います。こら
す。
れの雰囲気が久保村先輩のお話の
久保村先輩は、多くの社会活動 隅々から感じられることが出来、
1
0
M
B
3
F
1
0
M
B
島田勝利
久保村昭衞氏は本年6月6日都
内の病院にて、83歳の生涯を閉
じられました。ご冥福お祈り申し
上げます。
久保村先輩、いろいろなご指導
本当にありがとうございました。
昭和60年当時、丁度母校の4
M
7
M
A
0周年を記念して、卒業生による
母校への応援を、更に積極的にやっ
ていこうとのことで、それまで同
窓会会長を努められておられた1
6 山本利男氏の後任として、先
輩の第一期卒業生の久保村昭衞氏
(1 )にお願いすることにしま
した。
以来久保村先輩には30年近く
同窓会会長として、我々をリード
して頂きました。悲しくも本年6
M
行をさせていただくこことなりま れからという時にお別れすること 母校に足を運んでいただき後輩の
した。任期は前会長の残任期間・ となり、無念でなりません。ここ 頑張る姿にエールを贈っていただ
平 成 二 十 六 年 六 月 の 総 会 ま で と な に 謹 ん で 哀 悼 の 意 を 表 す る と と も きますようお願い致します。
ります。偉大なる久保村前会長の に、ご冥福を心よりお祈り申し上 なお本校の情報は、同窓会のご支
よ う な 能 力 は あ り ま せ ん が 、 在 任 げます。
援で昨年リニューアルした本校公
期間中頑張りますので、皆様のご
私ども教職員一同、久保村昭衞 式ホームページで配信(「今日の
協 力 と ご 指 導 ・ ご 鞭 撻 の ほ ど 、 宜 会 長 の ご 功 績 に 感 謝 す る と と も に、 中 工 」 は 毎 日 更 新 ) し て お り ま す。
しくお願いいたします。
ご 意 志 を 引 き 継 ぎ 、 地 域 の 発 展 に 是非ご覧ください。
貢献できる中野工業高校を目指し
教職員と共に手を携えて
て、その発展と拡充を一層深めて
総合技術科概要
「あいさつ日本一の高校」
まいりたいと存じます。
さて、一万名に達する同窓会の
副校長 豊岡耕一郎
の実現を目指します
! 皆様におかれましては益々ご健勝
学校長 佐々木哲
のこととお慶び申し上げます。
平成
年度がスタートし早くも
半年が経過しました。入学式式辞
でもお話しましたが、今年度から
三カ年計画で生徒の育成目標を
東京都立中野工業高等学校は、
「 ① 挨 拶 を 大 事 に し て 職 業 人 と し 平 成 5 年 よ り 機 械 科 、 食 品 工 業 科、
て の 立 ち 居 振 る 舞 い の 出 来 る 生 徒、 工 業 化 学 科 を 廃 止 し て 総 合 技 術 科
はじめに、去る平成
年 月 ②就職試験に合格できる学力の定 を設置しました。1年次は、全員
同じ科目を学習し、工業に共通の
日 木 に 、 久 保 村 昭 衞 同 窓 会 長 着」としました。
(
)
月
日には近隣の住民の方か 基本的内容を学び、自分がどのよ
がご逝去されました。
昭和
年度に会長に就任されて ら匿名で本校の生徒の善行を褒め うな技術者に向いているかを発見
以来、東京都立中野工業高等学校 てくださる手紙が届きました。教 し、2年次は、自分の希望や適性
と同窓会の益々の発展のためにご 職員の皆様の生徒への厳しくも暖 (向き、不向き)を考えて、左記
かい指導を通して中工ルネッサン の5つのコースから1つを選び、
尽力頂きました。
来る平成
年には、中野工業 スは着実に前進しています。この 3年次では、同じコースで専門性
高校創立
周 年 の 節 目 を 迎 え る 流 れ を 加 速 さ せ 「 あ い さ つ 日 本 一 を高めていきます。
に あ た り 、 周 年 行 事 記 念 事 業 の 計 の 高 校 に し た い 」 と 考 え て い ま す。 ( )マ シンデ ザイ ンコ ース (設 計
画 に 強 い 意 欲 を 示 さ れ て い ま し た。 是 非 、 同 窓 生 の 皆 様 に も 体 育 祭 製図系)
いよいよ具体的な取り組みがこ や文化祭等の学校行事等の機会に
従来の工作機械だけではなく、
6
6
0
2
5
1
3
コンピュータを使った
工作機
械で金属の加工技術を学んだり、
(自動設計製図機)を利用
して図面を描き、機械技術全般に
ついて学びます。
( )メカ トロ ニク スコ ース (電子
機械系)
私たちが毎日使うビデオとか自
動車は、機械(メカニクス)と電
子(エレクトロニクス)の両方の
技術を使って動いています。機械
をコンピュータで制御する知識や
技術について学びます。
( )フ ー ド テ ク ノ ロ ジ ー コ ー ス
(食品工業生産系)
主に食品の加工・保存などにつ
いて学習するとともに、ミニ工場
でジュース・肉・果物の缶詰など
の生産実習を行います。また、食
品の特性や食品添加物、残留農薬
や機能性食品などについても学習
します。
( )バ イ オ テ ク ノ ロ ジ ー コ ー ス
(食品生物工学系)
生物の様々な機能をうまく利用
して、人類にとって有益なものを
作り出す技術がバイオテクノロジー
技術まで幅広く学習します。
です。微生物を利用して作る発酵
食品から遺伝子組替え食品に至る
N
C
( )ライ フエ コロ ジー コー ス(生
活環境化学系)
2
2
C
A
D
2
3
4
5
2
8
7
0
2
5
6
5
1
いま世界的に地球環境がクロー
ズアップされている。日常生活に
欠かすことのできない化学製品の
原料、製法、性質、用途、地球環
境への影響を学び、私たちが安全
に生活できる、より良い生活環境
をつくる技術者を養成している。
「繋がる中工」
限りなく成人に近い子供…それ 会、
と生徒達は、いい意味
が、高校生ではないでしょうか?
での「今の若い者は!」と言って
時 に は 、 大 人 ぶ っ て 怒 ら れ 、 そ 頂けると思います。
うかと思えば、荷が重い挑戦にも
これからも、中野工業らしい、
う高校生なんだからと、大人扱い あたたかな活動をどんどん世代を
される。本当に、中途半端で、きっ 重 ね 続 け て 行 け る よ う 、 楽 し み な
と 本 人 達 も 戸 惑 い の 多 い 時 代 だ と がら努力してまいります。
思います。
事務局よりのお願い
そんな、不安定な年齢の子育て
とは、これもまた、親にとっても
不安定なものです。
同窓会の活動の様子や、同窓生
だからこそ、人生で最後の親が 同志の情報交換の場として、 本会
参加出来る
活 動 を 、 積 極 的 報を発行しております。
に親自身が楽しんでこそ、子供だ
同窓会活動資金として同窓会各
けの世界と言われる、学校の見え 年度(毎年)の会費二千円の納入
なかった世界を共有出来ると感じ をお願い致しており、毎年多くの
ております。
方々より賛同を戴いておりますが
毎年恒例の、中工祭での同窓会 まだまだ少数です。約一万四 百名
の展示物を拝見し、
でも、 の同窓生の通信費、母校の部活動
恒 例 と し て 残 せ る 物 を と の 思 い で、 等 の 支 援 に 資 金 が 必 要 で す 。 諸 般
昨 年 「 た こ せ ん 」 に 挑 戦 し ま し た。 の 事 情 を ご 賢 察 の 上 、 同 窓 会 会 員
思いのほか、人気があり今年も 各位におかれましては、各種 お知
「たこせん」メインに新たな物に ら せ の 際 同 封 の 払 込 取 扱 票 に て
挑戦いたします。
「会費二千円」を納入して下さる
是 非 、 中 工 祭 に 足 を 運 ん で 頂 き、 様お願い申し上げます。
新たな挑戦が、何かを見て頂きた
また、住所移転の際には是非と
いと思います。
も事務局までご一報下さる様お願
隣り 合わ せる 、子 供 達の ク ラス も い致します。
飲食です。昨年同様、お互いが宣
現在、同窓生の住所の追跡調査
伝し合いながら、相乗効果を計画 をしております。同期・クラスに
しております。
関係なく同窓生の所在が分かる方
実際 に、 同じ 空間 で 楽し め る同 窓 は ご 本 人 の 了 承 を 得 て か ら ご 一 報
下さる様お願い致します。
問合せ先事務局
狭山市狭山台
- 田中 正二
12
:
:
: NQD06772@nifty.com
E-mail
2
25
講演会開催のお知らせ
母校のホームページがリニュー
アルされました。
念願であった同窓会のページも
開設され、平成二十四年九月十四
日より運用開始となりました。よ
り多くの情報を提供できるよう努
める所存でございます。
東京都立中野工業高等学校で検索
していただき、ご閲覧下さる様お
願い申し上げます。
ホームページ開設のお知らせ
FaxTel
第七回目と成る同窓生による講
演会が開催されます。
日時 平成 年 月下旬予定
午前 時より
場所 母校体育館
講師 第八期機械科卒業の
樋口豊様
演題 石油会社のもとに半世紀」
3
会長 平尾加奈子
P
T
A
P
T
A
3
年度
P
T
A
平素より、同窓会会員の皆さま
におかれましては、
及び子
供達への温かいご支援を賜り、心
より感謝しております。
の
の立ち上げが、遅
くなりましたが、中野工業と同窓
会と並んでの、
のページを
頂けた事に、大変感謝しておりま
す。
是非、
のページも覗いて
頂けると幸いです。
どの時代でも、「最近の若い者
は…」と言われて来た事と思いま
す。ここ数年の、中野工業の生徒
達の成長と取り組みを、是非実際
に見て頂きたいと思います。
H
P
P
T
A
04 04
2 2
9 9
5 5
8 8
9 4
7 6
2 9
9 8
3
25
350
1
3
0
4
9 26
P
T
A
P
T
A
T
P
A
P
T
A
ご自身が会社にて経験された石油 お宅の所長(発電所長)が、うち 先の話し次第となったわけであり
に 関 し て の お 話 し を し て 頂 き ま す。 の 署 長 ( 警 察 署 長 ) に 、 朝 、 話 さ ます。
参 加 を ご 希 望 さ れ る 方 は 事 務 局 れ(電話)たので、事が大きくなっ
私は当時、 電力会社の子会社
までご一報下さい。
て、私のところで終りにしたかっ の 工業の現場所長として 火力
連絡先 事務局 田中正二
たが、そう行かなくなったので来 発電所構内で、火力発電設備の保
てもらった。」「所長が余計な事 守や新しい発電設備の建設を指揮
:
をしてくれた」と言わんばかりだっ し て い た 。 警 察 に 私 と 一 緒 に 呼 ば
: NQD06772@nifty.com
E-mail
た。
れた部下と下請け会社の部下は被
私 共 は 、 昨 日 の 件 で 調 書 を 取 ら 災 し た 仕 事 の 担 当 責 任 者 で あ っ た。
企業と安全
れ、私が、警察署長に始末書を提
出する事で、いわゆる「一件落着」
私
「の仕事の歩み」
となった。
吉原 忠一
「昨日の件」とは、平成十三年
私は、昭和三十三年に中工を卒
六 月六 日十 三時 三十 分頃 、
電力 業 し 、 東 京 電 力 ( 株 ) に 入 社 し て
会社
火力発電所構内の発電設 三十八年間、その後子会社に 移籍
備 の と あ る 機 械 を 修 理 し て い る 際、 し て 六 年 間 、 さ ら に 別 の 子 会 社 に
下請けの若い作業員が左指を骨折 請われて三年間(アルバイト)、
した事であり、労働災害として労 計、四十七年間に亘り、数ヶ所の
「プロローグ」
働基準監督署と警察署が調査に入っ 火 力 発 電 所 で 、 発 電 設 備 の 建 設 、
薄暗い六畳ほどの部屋に、高い たが、労働災害としては小さな件 保守、改良、撤去の設計、積算、
位置に小さい窓が一つあり、粗末 だ っ た の で 、 労 働 基 準 監 督 署 は 工事の管理、監督を主として行っ
な机と折りたたみ椅子が三脚ばか 「明日、被災者の所属する会社が てきましたが、特に東電を定年に
り置かれた所に、私と若い部下一 監督署に来て報告書を出すこと」 なる前、三年間、ライン職からは
人、そして下請けの責任者とその で引き上げた。一方、警察署は、 ずれ、「安全担当」と云うスタッ
部 下 一 人 の 四 名 が 刑 事 に 案 内 さ れ 被 災 者 に 、 同 じ 仕 事 を 行 っ て い た フ職を任されました。
グループ員の誰かが故意に「怪我」
た。
そんな訳で、この四十七年間の
刑事が机の向う側に座り、反対 をさせたのではないかとの犯罪性 経験や、研修から得た「企業の安
の観点から調査をしたが、「これ 全」について述べて見たいと思い
側に私共四人が座った。
言 わ ず と 知 れ た 警 察 の 取 調 室 で 、 は自賠責(自己賠償責任)である」 ます。
私もテレビドラマで見たものの本 と結論し犯罪性は無いと引き上げ
物は始めてである。
「安全とは何に」
ました。
刑 事 が お も む ろ に 「 昨 日 の 件 で、 こ れ で 一 件 落 着 か と 思 い き や 、
漢字と言う物は実に良く出来て
Tel
0
4
4
いて 、「 安全 」の 「安 」は 、 宀 冠
の下 に女 を書 きま すが 、宀 は 、 家
又は屋根を表わしますから、家の
中又は屋根の下に女が居る、すな
わち結婚して妻が家に居ることを
意味しています。
「全」の入は、天又は倉を表し、
天の下に王が居る事、又は、倉の
中に王(財宝・金銭)がある事で
す。
現代流で言えば、「安全」とは、
結婚してマンションに妻がいる事
と銀行に預金がある事と解釈して
良いでしょう。
「企業は安全第一」
建設現場や工場、車庫等に「安
全第一」と言う文字を見受けた方
が多いと思いますが、これは、ア
メリカの企業が生産性を高めるた
めに、どう手を打ったら良いか試
行錯誤した結果、従業員の安全確
保を遂行したら生産性が高まった
事から、世界の企業が、この「安
全第一」をスローガンに掲げ、安
全確保に努めているところです。
それはそうでしょう。仕事中に
従業員が怪我をしたり、機械が故
障したりすれば、生産がストップ
したり不出来(機械屋はオシャカ
と言います)になったりすれば生
4
2
9
5
8
4
6
9
8
9
M
A
K
T
T
T
K
産性が落ちるのは当たり前です。
「労働安全衛生法」に基づき運営 事が言えると思います。すなわち
安全には、「設備安全」と「人 活動いたしますが、各企業で比較 「企業は人」です。どんな高性能
身安全」とがありますが、各企業 的長く実施されているものとして のコンピューターより、どんな高
共「設備安全」については定期的 「
運動」があり、これは「整 性能の機械より、企業として人材
に 保 守 ( メ ン テ ナ ン ス ) を し た り、 理・整頓・清潔・清掃・躾・習慣」 が、その企業の宝だと思います。
設備更新したり、設備に安全装置 全てローマ字の で始まります。
したがって、企業の何処かで事
を付加したりして対処しておりま 又、ある工場や事業所で人身事故 故が起き、人が怪我したり、まし
す。
が発生したら、他の工場や事業所 てや死に至った場合、企業として
設備保守については、法律で定 で、同様な事故の再発防止対策を は大損失です。ですから、企業は
め ら れ て い る 事 と 企 業 が 自 主 的 に 水 平 展 開 し た り 、 「 安 全 大 会 」 等 安全に力を入れるわけです。
行う事とあります。
を実施したりすることです。
企業のある工場や事業所で事故が
例えば、自動車の車検やエレベー
現場作業員自身の安全活動とし 起きれば、生産や作業は停止し、
ター、エスカレーターの点検等、 ては、「
・
活動」が代 労働基準監督署や警察署又は消防
車輌・鉄道・船舶・航空機・化学・ 表的なもので、
とは
TooL , 署 が 立 入 り 、 再 開 は 、 そ れ ら の 署
石油・石炭・ガス・電気等あらゆ
は 、 日 本 語 で、 の 許 可 が 必 要 と し 、 事 故 が 大 き く
BoX,Meetingで
る産業設備について、国や自治体 危険予知です。「工具箱打合と危 なればなる程、再開に日数を必要
か ら 義 務 づ け ら れ て 、 物 に よ っ て 険 予 知 」 と は 、 作 業 す る 場 合 、 大 と し ま す 。 企 業 と し て は 、 そ の 間、
は、国や自治体の検査を受け、承 半が複数員で実施しますから、作 人を遊ばせたり、機械を止めたり
認されないと使用できない物もあ 業員が現場で、作業に取り掛かる して、生産は落ちるし、収入は無
ります。
前に全員で、作業内容や手順を確 くなるし、社会の信用は無くなら
設備更新については、経年劣化 認した上、その作業に対し「どこ し、真に「踏んだり蹴ったり」で
で 取 替 え る 物 、 法 律 の 変 更 で 取 替 に 、 ど ん な 危 険 が 有 る か 」 皆 で 出 す。
える物、生産性の向上で取替える し合って、その危険を回避するこ
昨今の原子力発電が、最も顕著
物等があります。
に表していると思います。ですか
とです。
設備安全装置付加については、
ら「安全」が大事なのです。
設備自身の安全向上と人身安全向
「企業は人なり」
上とがあり、法律の変更や従業員
「エピローグ」
の怪我防止等があります。
その昔、戦国武将で有名な武田
人身安全については、企業全般の 信玄は、「人は石垣、人は城」と
プロローグでお話しした 電力
安全活動と現場作業員自身の安全 言い、決して城を築くこと無く、 会社は東京電力であり、 工業は
活動とがありま す。
子会社の東電工業(現、東京パワー
配下の武将を大事にしました。
現代の企業においても同じ様な テクノロジー )で、 火力発電所
企業全般の安全活動としては、
6
S
T
B
M
5
5
は神奈川県川崎市にある川崎火力
発電所です。
私は、この発電所の勤務が通算
で最も長く最初は建設で六年間、
保守と改良工事で十八年間、転勤
で他発電所に行き、四年半後に戻
り、保守で二年半、再び他発電所
に転 勤し 、 今度 は、 東 電工 業 の 現
場所長として二年間勤務し、保守
と同発電所の新設備(ガスタービ
ンと蒸気タービンとの複合発電)
の建設に従事し、これで終わりと
思ったら、東電の別の子会社、東
電設計に請われて、私が建設や保
守や改良に汗を流した旧設備の解
体の設計積算の指揮を執ることに
なり、出たり入ったり四回の三十
九年掛り合った事に成り、おまけ
に現在、この発電所の
会役員
をやっています。
なお、この川崎火力発電所は、
世界でも最新鋭の発電設備(ガス
タービン・蒸気タービン複合発電)
で、 効率 五十 九 %、 出 力五 十 万 キ
ロワット、四台で二百万キロワッ
トの旧設備の二倍の電気を起こし
ています。そして、旧設備解体跡
の発電設備を建設中です。
東京電力広しと言えども、同じ
発電所の建設と解体、新しい設備
地に 、さ らに 効率 向上 して 六 十 一
%、出力七十万キロワット、二台
O
B
S
K T
B K
Y
M Y
K
T
T
31
E
/
N
E
/
N
セージ、誕生から成人になるまで
の思い出を散りばめた感謝の言葉
「生まれてくれてありがとう」な
どを記録に残してくれたことが紹
介されています。
6
介いたします。
変助かったことから、
の有
用性を再認識、一年前から
*まず「終活」とはなんでしょう 作成に着手しておりました。折り
か ? か ら 始 ま り ま す 。 こ れ は 人 生 しも所属しているNPO法人「ニッ
の締めくくる準備のことで、婚活 ポン・アクティブライフクラブ」
や就活をもじった造語です。一般 (略称ナルク)東京拠点へNHK
には遺言作成や生前に相続を考え が訪問、取材対象として私が推薦
ること、そしてエンディングノー され、2日間に亘って自宅へ取材
ト 作 成 の た め の 準 備 も 含 ま れ ま す。 並 び に 撮 影 の 為 の 訪 問 を 受 け ま し
た。
臓器提供の可否)
*葬儀・法事の希望(宗派、葬
儀方法・
6
*「エンディングノート(
第4に、私が
の作成するこ
とにより、自分の気持ちに整理が
つき、そして自分の人生は色々な
人から支えられていたこと、また
周囲の人達への感謝の気持ちが芽
生え、今お付き合いしている人に
優しい気持ちで接したいこと等が
紹介されています。又 歳になっ
た機会に、念願だった富士山登頂
へ挑戦したこと、健康に留意する
ためランニングを続けていること、
なども紹介を兼ねて終活を薦めて
います。
E
/
N
各種ある「エンディングノート」
の内容は?
* 自分の生い立ち、自身の人
生観
*自分の家族へ伝えたいこと
(感謝の表現、介護・看病や認
知症の 場合の希望等)
*終末期の医療の希望(癌の告
知、延命措置を含む治療方法 、
70
E
/
N
E
/
N
)」とは?
*「番組の内容は?」
これは、終活の為に体系的に記 今、何故終活が、そして
が
録するノートのこと、公には法的 話題になっているのか?から始ま
拘 束 力 の あ る 遺 言 と は 異 な り 遺 族 ります。
へ伝えるべきことや自分の考え方 第1に、東日本大震災を境に多く
をまとめて記録し保管するもので の人が家族の絆の大切さにあらた
す。
めて気づき、自身の記録のために
を作成すれば、心の整理が
が若い人も含めて売れ始め
出来て遺言が作成し易くなると考 たと司法書士の丸山 学氏が述べ
えられています。
ています。
書店では終活コーナーを設けて各
種 書 籍 を 揃 え て い る と こ ろ が あ り、 第 2 に 、 私 の 亡 妻 が 死 の 直 前 に 準
E
2 /
5 N
0
0
の建設に携わったのは私ぐらいと
自負しております。
ああ、そうそう、警察に私と一
緒に呼ばれた若者は、今やベテラ
ンのタービン設備の保守、建設の
技術者として活躍しています。
最後に、私共、現場の挨拶とし
ての「ご安全に」!で終わらせて
いただきます。
ありがとうございました。
23
E
/
N
その中で
は数十種類おかれ 備したことが遺族にとって大変役
て
~
円で販売され
に立ったこと、特に自分の葬儀に
ちょっとしたブームになっており 声をかける人達への名簿や銀行通
ます。
帳と暗証番号、クレジットカード
類の一覧表等を作成してくれてい
* 「 N H K 番 組 に 出 演 し た き っ か たことでした。
け は ? 」 2 年 半 前 に 妻 が 亡 く な り、
死の直前に残してくれた子供への 第3に生前、自身の生立ちから今
メ ッ セ ー ジ や 連 絡 事 項 が あ っ て 大 日までの足跡、そして子供へのメッ
E
/
N
7
0
0
終活、エンディ
ングノートの紹介
大津幹太郎
8
「 終活 」と いう 言葉 を ご存 知 です
か?
平成 年の 月 日にNHKの番
組“ゆうどきネットワーク”で
「“終活”人生を締めくくる準備」
が放映され、図らずも私が出演い
たしましたので、その概要をご紹
1
1
C
B
規模、戒名、訃報の連絡先等)
&
*自分の資産状況(財産目録等)
年4月に
以上のような自分の伝えたい希 (この原稿は、
望や遺族が困らないような連絡 発行された工学院大学の「化学系
事項、愛する家族へのメッセー 同窓会誌」に掲載されたものを訂
ジなどが主体となります。従っ 正 加
・筆したものです)
て相続が主体となる遺言とは異
なり、法律に縛られることはあ
クラス会報告
りません。
最後に私が所属しているニッポ
ン・アクティブライフ・クラブ
桑原 昭四郎
『ナルク』を紹介いたします。
これは、松下電器産業の役員で
あった高畑敬一氏が十八年前に
設立した団体で、自立・奉仕・
助け合いをモットーにボランティ
ア活動をする団体です。六十歳
以上の会員が主体、会員数は約
二万八千人、全国に百三十拠点
以上で構成され、生涯現役を合
言 葉 に 活 動 す る N P O 法 人 で す。 昭 和 年 (
年) 月卒
業した機械科の人数は、 名です
ナルクはエンディングノートを が、横溝学級としては一種特別な
日本で最初に発行し 版を重ねて もの(中野工高の 前身の都立農産
いる最大手で、書店を通さず会員 工業の横溝義一先生クラス生徒が
向け販売しております。
含まれている)で総数 名となっ
もしご興味があれば
番組の ておりましたが、平成 年(
もあわせてお分けいたしま
年) 月 日に開いたクラス
すので左記へご連絡ください。
会では、連絡が取れない者 名、
大津幹太郎
故人となられた者 名、連絡が取
れた生存者 名中参加者は 名と
oh2mikidanke@yahoo.co.jp
なりました。
D
V
D
11
37
25
42
2
0
24 57
7
7
場所は、クラス会・飲み会で常 ので、何組の客が遅いランチを食
に 使 用 し て い る 場 所 で 、 開 催 さ れ、 し て い て 、 そ の 中 を 三 人 が 通 り 抜
出席者の近況報告と、社会情況に
対する意見交換、その他年齢なの
で病気に関する話題(欠席者の殆
んどが体調不良と病気持ちで一人
での外出が出来ないなどの状況)
などでした。
忠一
F
M
F
クラス会の便り
吉原
けて奥の一室に消えて行った。
しばらくして、やはり老人十数
名が、話しをしながら同じ部屋に
入って行った。
杖を突いた老人は名を「真壁 寛」
と申しまして、御年九十四歳とな
られる元中工の国語の教師で、そ
の他の老人は、この先生の教え子
であり、しかも三年間の担任であっ
た。
この日、今年の四月五日(金曜
日)、二年ぶりのクラス会である。
この日を溯ること約一ヶ月前の
三月九日、同じ場所で、私を含め
クラス会の幹事四名で、今年のク
ラス会を「どうするか」話し合っ
ていたところ、四人の一人
君
から「ブラジルに渡った 君が来
月、日本に里帰りするので皆に会
いたっがている」とのことで、急
遽、四月にクラス会を開くことに
決め、 君に連絡を取ったところ、
五日が良いと言うことなので、そ
の日に、この場所で開く事を決め
た。
実施日まで一ヶ月を切っている
ので 、急 いで 君 と
君が ク ラ ス
O
員に連絡を取った次第ですが、残
念ながら二月に 君が亡くなられ
たことが判明し、私共四十二名の
M
4
6
2
2
0
1
2
3
M
1
9
5
2
20
9
M
A
時は春の昼下がり、所は銀座七
丁目、とある小さなビル前にタク
シーが一台止まり、中から杖を突
いた、かなり年配と見られる老人
が一人、その左右を、これ又もう
少し若そうな老人が二人、ゆっく
りとビルの地下にある小さな中華
料理店に下りて行った。
ウイークデーの昼下がりだった
A
Tel
1
2
Fax
0
4
2
22
1
3
9
5
3
12
9
13
N
H
K
7 30
38
34
32
50
28 20
54
66
6
43
新宿「北
12
クラス会便り
4
13 13
11
16
クラス会情報
て語り、初夏の一時を楽しく過ご
しました。盃を交わし旧交を温め、
再会を約し合いました。
蛇足ながら、主なクラス会開催
28
23
5
20
小林 三郎
12 10 12
9
5
梅田 清永
経過を表に掲げました。
クラス会
開催年月日
場所 参加人数
昭和 年 月8日 才 池袋
昭和 年 月 日 才 新宿 名
昭和 年 月 日 才 新宿「 三
平酒寮」
昭和 年 月 日 才 新宿「 栄
寿司」 名
昭和 年 月 日 才 神田「 越
中」 名
昭和 年 月 日 才 山中湖
「けやき庵」 名
平成 年 月 日 才 新宿「 ふ
る里」 名
平成 年 月 日 才 新宿「 喜
楽」
平成 年 月 日還暦 新宿「土
風炉」 名
平成 年 月 日 才 熱海「ニュー
12
11
12
24
クラス員の内、七名が他界いたし
ました。
さて当日ですが、先生のご負担
をな るべ く軽 減する た めに 、 私 と
18
平成二十五年五月十九日(日)
午後五時より 渋谷 東急百貨店
前の飲食店『 月の夢』で開催され
45
20
Y君 と の 二 人 で 、 先 生 の ご 自 宅
(千葉県船橋市)に迎えに行くこ
とになり、津田沼駅からタクシー
で先生のご自宅に出向き、そのタ
クシーに先生を乗せ、津田沼駅に
戻り、総武快速電車のグリーン車
で東京駅に出て、タクシーで会場
まで赴いた次第です。
他のクラス員は、新橋駅の機関
車前 で待 ち合 わせ、 君と 君 が
会場に案内した次第です。
会は、亡くなられた七名に哀悼
を表して、黙祷で始まり、後は杯
私 達 は 昭 和 3 3 年 1 5 歳 の 時 に、
工業化学科に入学し、3年間担任
の恩師廣瀬先生に色々とお世話に
なり、ご指導をしていただきまし
た。
在学中は学友と共に学び、共に
遊び、そして卒業後、色々と人生
経験を積み各方面で活躍し、もう
55年もお付き合いし「光陰矢の
如し」早いもので今年70歳とな
りましたので、平成24年5月1
6日新宿にて古希の記念クラス会
13
8
3
11
4
4
を開催 しました 。 ク ラス 名中 出 フジヤホテル」 名
(
席者 名( %)欠席者8名(
平成 年 月 日古希
% ) 無 回 答 6 名 ( % ) 消 息 不 明 海道」 名
者 名( %)物故者9名( %) )
24
8
50 46 38
1
2
C
B
52
61 11 56
12
5
15
9
21
15
20
1
2
C
B
24
F
の応酬で、楽しい午後のひと時過
ごしました。
O
1
0
M
B
ました。参加人数は当初十名の予
定でしたが、当日近くになって、
年齢のせいでしょうか『体調が優
れない』・『妻の調子が悪いので
参加できなくなった』とのことか
ら、最終的には八人の参加者とな
りました。
約十年ぶりの再会で話が弾み又
ビールも良く飲みました。中には
格好をつけて、『おれはワインが
欲しい』と言う人も出て、清算の
際に幹事から、予算がオーバーし
た、と苦情を言われました。別れ
の際は和気会い合いで、再開を約
束し散会ました。
12
恩師廣瀬先生(83歳健在)を
囲み、楽しい思い出、これまでの
体験や今後の人生計画などについ
11
O
先生も、かなり酩酊し、クラス
会終 了後 、会 場から タ クシ ー で
君が同乗して、先生のご自宅まで
お送りいたしました。
追記
ブラジルの 君に、待ち合わせ場
所の新橋駅前の機関車広場を知っ
ているかと聞いたら、ブラジルの
日本人なら誰でも知っているとの
事でした。
M
A
田中 正二
林家木久扇師匠は校門より正面
同窓会の輪を広げる為に、クラ
ス会開催した際には、クラス会便
りと出席者の集合写真等を同窓会
事務局までお知らせ下されば幸い
です。
れ蓋をして缶詰封印機械で封印を
しました。缶詰封印機械は当時の
ものと殆んど変わらず懐かしそう
に作業をしていました。
続いてレトルト食品のカレーで
生徒さん達の実習作業の生産ライ
ンを見学していました。
缶詰及びカレーの熱処理・滅菌
が終了するまで時間が係りますの
で、その間食品工業類系 年生の
教室に行き授業参観をしました。
再び実習工場に戻り鯖缶とカレー
を試食しました。
(平成 年 月 日、日本テレ
ビで放映されました。校長室での
様子と授業参観の様子は放映され
ませんでした。)
25
6
10
3
クラス会の幹事さんへ
「卒業生の歩み」展示の
前で
の方と
P
T
A
新春交歓会の様子
H24-11-3
H25-2-10
9
9
赤丸スクープ甲子園
「涙と笑の超スクープ大賞」
の収録を見学して
玄関を通り校長室に入りまし た。
校長室では、在学中は主に部活動
に関する話しをし、卒業後は某牛
乳会社に入社しその後先代の林家
正蔵師匠に入門し現在に至ってお
ります。
校長室をあとにして食品工業類
系(旧食品工業科)の実習工場に
向かいました。
実習工場で初めに缶ジュースの
ラインで説明を受け在学中の事を
想いだしている様でした。
続いて缶詰のラインで師匠自ら
鯖をさばいて缶に容れられる様に
カットして、鯖とたれ等を缶に容
7
M
A
クラス会便り
A
M
渡邊修也
平成24年12月6日、10
のクラス会をホテルグランドパ
レスのカトレアで開催しました。
同級の池田君が旭日小授章を受章
したお祝いも兼ねたのですが、時
期的に12月の平日でせわしいこ
ともあって参加者が10名となり
ました。
体 調不 良に もか かわ ら ずお 祝 いの
ために顔をだしてくれて、すぐに
帰らねばならないという 君と勲
章と賞状を囲んで記念写真を撮る
ことから会合は始まり、池田君の
受賞にいたる経過説明から、それ
ぞれの近況、欠席者の情報などの
話題で盛り上がり、6年ぶりの顔
合わせでもすぐに打ち解け、飲み
放題、食べ放題の席で、まだまだ
若さを感じるひとときでした。
な お、 この 日、 お祝 い だけ で 帰っ
た 君は、残念ながらその後回復
することなく、4月に他界されま
した。クラス会に顔を出したのが
最後 の外 出だ ったと 聞 きま し た 。
ご冥福をお祈りします。
A
1
0
M
A
平成25年度総会資料
平成24年度事業報告
平成25年度事業計画(案)
活動目標であった
1.
同窓会会報の発行。10月25日に発行する事が出来きました。
2. 行事(催し事)。
(1)平成24年4月9日 母校入学式
2名出席 於:母校体育館
(2)
4月22日 役員会
11名出席 於:母校校長室
23年度収支決算及び24年度予算案の検討、総会に関し検討、
その他
(3)
6月3日 24年度同窓会総会
31名出席 於:グランドパレスホテル
(4)
7月22 役員会
10名出席 於:母校校長室
ホームページ開設及び会報発行に関する検討
(5)
8月25日 役員会
6名出席 於:母校校長室
ホームページ開設に関する検討
(ISS システム殿提出の CD 資料を P/C で検討)
(6)
9月14日 ホームページ運用開始される
(7)
9月28日 体育祭
2名出席 於:母校校庭
(8)
11月3・4日 中工祭(卒業生の歩み出展)
於:母校
(9)
12月16日 役員会
11名参加 於:グランドパレスホテル
会報発行の件、その他
(10)
2月10日 新春交歓会
22名出席 於:グランドパレスホテル
(11)
3月2日 母校卒業証書授与式 2名出席 於:母校体育館
平成24年度収支決算書
収入の部
入会金
15.000.
会 費
406.000.
寄附金
226.000.
臨時会費
243.000.
預金利子
316.
小 計
890.316.
前期繰越金
1.858.014.
合 計
2.748.330.
支出の部
行事費
会議費
通信費
会報費
事務用品費
ホームペ-ジ費
振込み手数料
小 計
次期繰越金
合 計
130.708.
216.247.
113.522.
718.556.
17.971.
259.560.
22.760.
1.479.324.
1.269.006.
2.748.330.
基本計画
基本的には前年度を踏襲するが、さらに親睦を深め母校への支援を強化して
いく。会報の発行、文化祭への「卒業生の歩み」を充実していく。
1.
同窓会会員の親睦を一層深めるため、おおいにアピ-ルをする。
2.
同窓会会報の発行。
3.
行事(催し事)。
(1) 母校入学式(4月9日)(同窓会より2名出席済み)
(2) 平成25年度定時総会(6月2日)
(3) 母校体育祭(9月27日)
(4) 母校文化祭(中工祭)(11月2・3日)卒業生の歩み出展
(5) 講演会(12月下旬)
(6) 新春交歓会(2月上旬)
(7) 母校卒業証書授与式(3月1日)
(8) 役員会の随時開催(2ヶ月に1回程度)
平成25年度収支予算(案)
収入の部
会 費
400.000.
寄附金
250.000.
臨時会費
250.000.
入会金
90.000.
前期繰越金
1.269.006.
合 計
2.259.006.
3.000.×5名
2.000.×203名
寸志も含む
総会、役員会、新春交歓会
支出の部
行事費
会議費
通信費
会報費
事務用品費
卒業記念品代
体育祭参加賞費
振込み手数料
予備費
合 計
中工祭、講演会、新春交歓会
総会、役員会
会報印刷、発送料
150.000.
200.000.
120.000.
720.000.
20.000.
50.000.
100.000.
30.000.
869.006.
2.259.006.
2.000.×200名
3.000.×30名
中工祭、新春交歓会、その他
総会、役員会、新会員歓迎会、その他
各種案内、その他
会報印刷、発送料
母校のホ-ムペ-ジを更新のため
内訳 三菱東京
ゆうちょ銀行
現 金
493.653.
685.569.
89.784.
収支決算について上記の通り報告致します。
平成25年4月12日
会計 中村 真一㊞
会計 島田 勝利㊞
収支決算について関係書類を監査した結果、適正に処理されている事を認め
ます。
平成25年4月21日 会計監査 西村 満郎㊞
会計監査 江野下 健二㊞
H25-10-25 発行
10
10