2003 UNIVERSITY OF TSUKUBA TAFF ULLETIN - 筑波大学

UNIVERSITY OF TSUKUBA
03
2003
TAFF
筑波大学広報・公開室編集
企画調査室発行
平成15年2月13日
ULLETIN
通巻1049号
速報つくば
筑波大学・図書館情報大学統合記念公開シンポジウム
1960-1995」により,日本疫学会奨
「電子図書館の軌跡と未来−ますます広がる図書サービ
励賞を受賞しました。この賞は疫学
ス」が開催される
の分野において優れた研究を行い,
将来の活躍が期待できる若手・中堅
の研究者を奨励するもので,受賞と
なった論文は,日本人肺癌の死亡構
造について,年齢年次出生コーホー
トモデルを初めて適用し,出生コーホートの傾向を明ら
かにした点において,オリジナル性が高く評価されまし
た。授賞式は1月 25 日(土)明治生命ホールで開催された
日本疫学会第 13 回学術総会にて行われ, 賞状と記念品が
授与されました。
狩野均助教授(電子・情報工学系)が情報処理学会優秀
公開シンポジウムの様子
研究報告賞を受賞
附属図書館では,知的コミュニティ基盤研究センターと
学術情報処理センターとの協賛により,筑波大学・図書
狩野均助教授(電子・情報工学系)
館情報大学統合記念公開シンポジウム「電子図書館の軌
は,「遺伝的アルゴリズムを用いた
跡と未来−ますます広がる図書館サービス」を 1 月 24 日
カーナビのための経路案内方式」の
(金)に大学会館において開催しました。
研究により,情報処理学会高度交通
このシンポジウムは筑波大学と図書館情報大学に先導的
システム研究会から平成 14 年度の
電子図書館が設置されて 4 年が経過したことを機に,こ
優秀研究報告賞を受賞しました。同
れまでの経過を振り返ると同時に,電子図書館について
賞は,現在の交通システムにおける
将来のあるべき姿を描くことを目的とするもので,図書
問題点を情報技術の面から解決した優秀な研究に対して
館関係者,研究者,学生,民間企業の関係者など全国か
贈られるものです。対象となった論文は,自動車用ナビ
ら 200 名を超える参加者があり,満席となるほどの盛会
ゲーションシステム(カーナビ)に人工知能を搭載して
でした。
電子的副操縦士とするための新しい方式を提案したもの
有川節夫九州大学副学長・附属図書館長による「これか
です。授賞式は,1 月 17 日(金)に慶應義塾大学で開催
らの大学図書館と電子図書館機能」と題した招待講演の
された高度交通システム 2003 シンポジウムで行われ,
ほか,「ディジタル情報の長期保存と利用」など7つの
賞状と副賞が授与されました。
講演が行われ,熱気にあふれた会場からは電子図書館の
今後に対する期待と関心の高さがうかがわれました。
狩野均助教授(電子・情報工学系)指導の元システム情
報工学研究科小塚英城氏が情報処理学会優秀研究報告賞
高橋秀人講師(社会医学系)が日本疫学会奨励賞を受賞
を受賞
高橋秀人講師(社会医学系)は論文「A g e - p e r i o d -
狩野均助教授(電子・情報工学系)指導の,小塚英城氏
cohort analysis of lung cancer mortality in Japan,
(元システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専
1
筑波大学開学30周年(創基131年)
攻)は,「C A 法による広域道路交
校演劇研究大会(桐生会場)に埼玉県代表として4度目
通シミュレータを用いた経路案内方
の出場をしました。演目は「鰤のススメ(仮)」で,演
式の評価」の研究により,情報処理
劇部生徒による創作劇です。家族から煙たがられた父親
学会高度交通システム研究会から平
が,突然「おやじセンター」に入れられて父親としての
成 14 年度の優秀研究報告賞を受賞
再教育を受けていく姿を通して,現代社会に関わる複数
しました。対象となった研究は,国
のテーマを表現しました。審査員の講評で明かされたよ
内の任意の地域を対象として任意台
うに,全国大会出場権を得る最優秀賞をめぐって,栃木
数の自動車を含む広域道路網の交通流をパソコン上でシ
県立宇都宮女子高校か附属坂戸高校かと,5名の審査員
ミュレーションすることができるようにしたものです。
の意見を二分したそうですが,惜しくも第2位の優秀賞
渋滞の予測や新しい道路の建設評価などに利用できること,
となりました。来年度以降につながる活躍でした。
日本全国をカバーしていることが高く評価されました。
なお,同氏は,現在は NEC で携帯インフラの開発に従
事しています。
全国高校生読書体験記コンクールで全国高等学校長協会
授賞式は,1 月 17 日(金)に慶應義塾大学で行われ,賞
賞を受賞 ― 附属聾学校高等部 ―
状と副賞が授与されました。
中体連東京都スキー大会「回転」4位入賞
− 附属中学校 −
1月 10 日(金)∼ 12 日(日)に長
野県野辺山スキー場で行われた第
15 回東京都中学校スキー大会兼第
40 回全国中学校スキー大会アルペ
ン競技東京都予選会(都中体連主催)
において,本校の宮岸 暖君が出場
し,回転競技で4位,大回転競技で
左から宮崎君,斎藤校長,管野さん
6位に入賞を果たし,回転競技で東
財団法人一ツ橋文芸教育振興会が主催する「第二十二回
京都の代表に選出されました。(回転競技とは,40 ∼ 50
全国高校生読書体験記コンクール」において,高等部一
旗門が設けられた斜面を滑り降り,速さを競う技術系の
年の宮崎真吾君の「漢字によって開かれた世界」が,全
種目で,大回転競技とは 20 ∼ 30 旗門が設けられたコー
国二位に相当する「全国高等学校長協会賞」に選ばれま
スを高速ターンの連続で滑り降りる速さを競う競技で
した。読書体験記とは,読書の体験が,自分の人格形成
す。)
にどのように関わったかを綴るものです。今回のコンク
ールでは,全国から 152,753 編もの応募がありました。
その中での受賞は,たいへん見事なものです。
附属坂戸高等学校演劇部が,第 38 回関東高等学校演劇
また,都道府県ごとに選ばれた 5 編に与えられる「入選」
研究大会で優秀賞(2位)を受賞
に,高等部3年の管野奈津美さんの「私の心にまかれた
種」が選ばれました。
東京ディズニーランド・マジックキングダムクラブメン
バーシップカードの更新について
現在マジックキングダムクラブカードをお持ちの方は,
有効期限が平成 15 年 3 月までとなっておりますので,更
新の手続きが必要になります。
また新規で希望される方も,同じ要領で発行できますの
で,ご案内いたします。
手続場所:筑波地区は人事課福利厚生室福祉第一係,東
附属坂戸高等学校演劇部は,今年度の 10 月以来,地区
大会,県大会で上位入賞を果たし,1月 18 ・ 19 日に群
馬県桐生市民文化会館で行われた,第 38 回関東高等学
2
京地区は学校教育事務部総務課職員係にて発
行いたします。
手続方法:更新の方は,現在お持ちのカードと印鑑,新
規の方は,印鑑を持参し各担当係へ直接お越
返却期限を確認し,延滞のないように注意してください。
しください。
図情図書館については,一部貸出期間が異なりますので,
内 容:マジックキングダムクラブカードをお持ちに
詳しくは図書館のホームページをご覧ください。不明な
なると,東京ディズニーランド及び東京ディ
点がありましたら,各館のメインカウンターまでお問い
ズニーシーのパスポートが特別価格にて購入
合わせください。
できます。
その他にも多数特典があります。
問合せ先:人事課福利厚生室福祉第一係
遺伝子実験センター圃場・温室の利用について
学校教育事務部総務課職員係
遺伝子実験センターに遺伝子組換え植物の試験栽培を目
的とする試験圃場及び試験温室が設置されました。この
『筑波大学技術報告第 23 号』の原稿募集について
施設の利用には,前もって「区画利用計画書」の提出が
必要です。計画の承認には「組換え DNA 実験の承認」
本学では,高度の専門性を有する技術職員の持つ技術を
などに要する時間を含め,概ね次のような時間を要しま
公開し,あるいはこれを育成する方策の一つとして,技
す。
術職員が自己の職務について創意工夫と研究を重ねた結
・ 大臣確認実験を伴う利用 6 ケ月程度
果を「筑波大学技術報告」として取りまとめ,毎年刊行
・ 機関承認実験を伴う利用 4 ケ月程度
しています。
・ その他の利用 2 ケ月程度
ついては,「筑波大学技術報告第 23 号の原稿募集要項」
植物の栽培時期までに十分な時間的余裕を持たせて提出
を参照の上,応募してください。
してください。また,利用の規則や「区画利用計画書」
なお,「筑波大学技術報告第 23 号の原稿募集要項」は関
係学系,関係センター及び支援室総務・研究協力担当で
の様式などは,遺伝子実験センターのホームページ
(http://www.gene.tsukuba.ac.jp/)の「試験圃場及び
配付しています。
試験温室の利用について」からダウンロードしてくださ
応募資格:本学技術職員(準研究員を除く)とします。
い。
応募要領:¡報告論文は,A4 版縦に横書きで概ね 8 枚
以内とし,図表,写真等については合わせ
て 8 枚以内とします。
平成 15 年度遺伝子実験センターの利用申込みについて
¡応募者は,原稿を 3 月 3 日(月)までに研
究協力部研究協力課総務係(2296)あて提
遺伝子実験センターの平成 15 年度利用希望者(本学にお
出してください。
いて,組換え DNA 実験従事者の登録者のみを対象)の
申込みを受け付けます。申込書は,
http://www.gene.tsukuba.ac.jp/forms/
附属図書館からのお知らせ
からダウンロードし,E-mail と押印した書類の両方を
提出してください。
春季休業期間中の開館時間及び図書の貸出期間は次のよ
うになります。
使用料:常時利用者 下記へお問合せください
機器のみ利用者 5 千円/人・年
○開館時間及び貸出受付時間
申込締切: 3 月 3 日(月)
開館時間 貸出受付時間
中央図書館 9:00 ∼ 17:00 9:00 ∼ 16:00
体芸図書館 医学図書館 9:00 ∼ 20:00
9:00 ∼ 19:00
図情図書館 9:00 ∼ 17:00
9:00 ∼ 16:00
春期休業
申込・問合せ先:遺伝子実験センター管理室(6006)
[email protected]
3/18 ∼ 4/6
2/11 ∼ 4/6
退官記念講演(最終講義)のお知らせ
※ 土曜日・日曜日・祝日は閉館します。
平成 15 年 3 月 31 日をもって退官される先生の退官記念
○貸出期間(全館共通)
講演(最終講義)が次のとおり開催されます。
3 月 10 日(月)から 3 月 19 日(水)までの間に一般貸出およ
多数のご来聴をお待ちします。
び更新を受けた図書の貸出期間は,通常の 3 週間より長
くなります。
森田 孟 教授(文芸・言語学系)
月 火 水 木 金
3/10
3/11
3/12
3/13
3/17
3/18
3/19
通常どおり 返 却 日 4/14
4/15
4/16
4/10
貸 出 日
3/14
4/11
演 題:希望回復への道程
− フレデリック・ゴダード・タッカーマン
の世界 −
日 時: 3 月 7 日(金) 15:00 ∼ 16:45
3
場 所:人文社会学系棟A501
森田孟教授記念会:
※ なお,3 月 8 日(土)17:00 ∼ 18:30,同会場にて,
レセプションを行います。
日 時: 3 月 7 日(金) 18:00 開始
場 所:大学会館3階 特別会議室
会 費: 6,000 円(学生 3,000 円)
¡展覧会名:第5回現代彫刻美術館特別展示
「峯田敏郎展」
会 期: 4 月 5 日(土)∼ 6 月 8 日(日)
小澤哲夫 教授(応用生物化学系)
演 題:「やり残したこと」
日 時: 3 月 1 日(土) 10:00 ∼ 11:30
場 所:第二学群 2H101
主 催:生物学類
会 場:長泉院附属現代彫刻美術館
〒 153-0061 東京都目黒区中目黒 4-12-18
TEL 03-3792-5858
※ なお,4 月 5 日(土)17:00 から,同会場にて,オ
ープニングパーティーを行います。
問合せ先:生物学類長室(4553)または
生物学類長 林 純一(6650)
第 25 回ペスタロッチ祭(教育学系)開催のお知らせ
林 一六 教授(生物科学系)
演 題:「植物群落動態論」
教育学系主催のペスタロッチ祭が,今年も次のとおり開
日 時: 3 月 1 日(土) 13:00 ∼ 14:30
催されます。多数の御来聴をお待ちしております。
場 所:第二学群 2H101
日 時: 3 月 7 日(金)13:00 ∼ 16:30
主 催:生物学類
場 所:大学会館国際会議室
問合せ先:生物学類長室(4553)または
基調講演:桑原敏明 教授(昭和女子大学)
生物学類長 林 純一(6650)
演 題:「教育学と附属学校」
パネルディスカッション:
斉藤隆史 教授(生物科学系)
演 題:「ムクドリの種内托卵」
学校改革の筑波モデルを探る
−教育学系と附属学校の連携−
日 時: 3 月 1 日(土) 15:00 ∼ 16:30
司 会:窪田眞二 教授(教育学系)
場 所:第二学群 2H101
パネリスト:大野 新 教 諭(附属駒場中・高等学校)
主 催:生物学類
金子 守 教 授(教育学系)
問合せ先:生物学類長室(4553)または
庄司一子 助教授(教育学系)
生物学類長 林 純一(6650)
鈴木 亨 教 諭(附属高等学校)
高島智子 副校長(附属坂戸高等学校)
鹿島長次 教授(化学系)
演 題:つくば今は昔物語
谷川彰英 教 授(教育学系)
問合せ先:教育学系 新井保幸(4735)
日 時: 3 月 3 日(月)16:00 ∼ 16:50
場 所:第一学群 1D204
陸域環境研究センターワークショップ開催のお知らせ
櫻木宏親 教授(化学系)
ラジカル
演 題:遊離基の前髪
本ワークショップでは国内外の各地で土壌水分モニタリ
日 時: 3 月 3 日(月)16:50 ∼ 17:40
ングを実践躬行している方々に,その成果やノウハウに
場 所:第一学群 1D204
関する報告を行っていただきます。その上で,土壌水分
モニタリングを実際に行う際の様々な問題点を地域的特
性などとの関連において再整理し,今後の技術改良へ向
峯田敏郎教授(芸術学系)退官に伴う展示会開催のお知
けた討論を行います。
らせ
どなたでも自由にご参加いただけます。
どうぞ気軽にお越しください。
¡展覧会名:筑波大学退官記念峯田敏郎展
−彫塑研究室と共に−
出 品 者:峯田敏郎,田代 勝,柴田良貴,中村義孝,
酒井 良
4
日 時: 2 月 17 日(月)14:00 ∼ 17:10
テ ー マ:「多様な地域における土壌水分モニタリン
グの実際」
会 場:陸域環境研究センター会議室
会 期: 3 月 8 日(土)∼ 3 月 30 日(日)
会 費:無料
会 場:新宿パークタワー1Fギャラリー1
問合せ先:陸域環境研究センター事務室(2532)
〒 163-1053 東京都新宿区西新宿 3-7-1
E-mail : [email protected]
TEL 03-5322-6633
担当者:山中 勤(同センター・講師)
E-mail : [email protected]
ホームページ: http://www.suiri.tsukuba.ac.jp/
スーパーコンピュータ大規模利用制度平成 15 年度募集
のご案内 ― 学術情報処理センター ―
/new/Whatsnew/smws.html
研究上の理由から大規模な科学技術計算の実施を必要と
するユーザーの計算需要に応え,センターのスーパーコ
アイソトープセンターから初心者(新規)講習会
【放射線業務従事者講習会(第 85 回)】のお知らせ
ンピュータシステムの有効利用を図ることを目的とし
て,本制度を試行的に実施いたします。
募集スケジュール及び利用内容は,次のとおりです。
新たに放射線を取り扱う予定の教職員・学生等に対する
特に,本制度の規程(申合せ事項)とシステム利用制限
法定の講習(教育・訓練)を次のとおり行います。
については,内容を十分にご理解の上応募願います。
なお,学生には掲示をしますが,指導教官におかれまして
¡スケジュール
も研究等を予定している学生に対し周知方お願いします。
申請書提出: 2 月 17 日(月)∼ 28 日(金)必着
日時 3 月 19 日(水) 9:00 ∼ 14:50(講義)
応募グループによるプレゼンテーション実施:
3 月 19 日(水)14:50 ∼受付開始(特別健康診断)
3 月 7 日(金)13:30 ∼
3 月 20 日(木)
,24 日(月) 8:50 ∼ 17:00(実習)
学術情報処理センター 4 階 412 室
※実習については,どちらかの半日となります。
(内容)研究概要及び必要計算機資源に関して
(時間)10 分/グループ
場所:大学会館国際会議室(講義)
※ この会合には,応募者以外の方が参加されても
保健管理センター(特別健康診断)
結構です。
アイソトープセンター(実習)
審査結果通知: 3 月 10 日(月)以後
定員: 120 名(先着順締切)
申込:3 月 10 日(月)∼ 3 月 13 日(木)までに印鑑
持参の上,アイソトープセンター事務室に受講
事務手続き : 3 月 10 日(月)∼ 19 日(水)
¡申請事項
A4 用紙 1 ∼ 2 枚程度で形式問わず。
者本人が直接申し込んでください。
(用紙はアイソトープセンター事務室にあります。)
①研究課題名
②代表者及び構成メンバー(氏名,所属)
構成メンバーは,実際にシステム利用される方だけ
を記載してください。
アイソトープセンターから更新講習会
③代表者の連絡先(電話,E-mail)
【放射線業務従事者登録更新講習会】のお知らせ
④計算内容
既に放射線業務に従事している者に対する法定の講習会
を次のとおり行いますので,該当者は必ず受講してくだ
⑤申請する計算資源,利用種別(CPU 時間及びディス
ク容量,並列実行時の予定 PE 台数)
CPU 時間は,[PE ・月]を単位として記入してください。
さい。
対象:本学の放射線業務従事者(本学の放射線施設に登
例)8[PE ・月]とは,1PE ジョブを 8 ケ月間実行,
録し,学外の放射線施設を使用している者を含む)
または,4PE ジョブを 2 ケ月間実行などのよ
で平成 15 年度において引き続き放射線業務に従
うに考えてください。
事しようとする者
ディスク容量は,期間内の最大値[GB]を記
入してください。
日程:
放射線施設名
日
陽子線医学利用
3 月 3 日(月)
研究センター
生物農林 RI 施設
時
12:30 ∼
3 月 10 日(月)
13:00 ∼
医学 RI 施設
3 月 14 日(金)
附属病院
17:30 ∼ 19:30
TARA センター
アイソトープセンター
3 月 17 日(月)
加速器センター
13:00 ∼ 15:00
場
所
※今回の採択グループの使用する PE 数及びディ
陽子線医学利用
スク容量の合計が,720[PE ・月],500[GB]の
研究センター
範囲内となるように,スーパーコンピュータ運
第 2 学群棟 2H201
医学系臨床講義
室A
第 1 学群棟 1H201
用ワーキンググループで調整させていただきま
す。
¡利用種別と負担金額
通年利用:平成 15 年 4 月∼平成 16 年 3 月
60 万円(消費税別)
前期利用:平成 15 年 4 月∼平成 15 年 9 月
30 万円(消費税別)
注)原則として,登録している施設の講習会を受講する
利用期間は,平成 15 年 4 月 1 日(火)から各利用期間
こと。なお,やむを得ないときは他施設の講習会を
の運用末日までです。利用開始の前日に,本制度用
受講することもできる。
のアカウントに関する書類を発送します。
ただし,その際はあらかじめ登録している施設の管
負担金請求先は,グループ代表者となります。また,
理室に問い合わせすること。
支払科目は,国立学校校費が望ましいですが,科学
5
研究費補助金等でも利用できます。
れ,毎年各部門において全国から高校生が集まります。
加藤さんと並木さんは,「埼玉県代表の一員として精一
¡負担金請求時期
通年利用グループ:平成 15 年 7 月及び平成 16 年 1 月の
杯がんばります」と意気込みを語っていました。
2 回分割
前期利用グループ:平成 15 年 7 月
各々の時期に,負担金 30 万円+消費税分が請求さ
れます。
※ 本制度の趣旨から,利用期間の途中で利用を取
りやめても,負担金及び消費税分は返却いたし
ません。
¡その他
本制度利用に関する規則,システム利用制限等を以下の
ホームページに掲載しております。これらの内容を十分
にご理解の上,ご応募願います。
http://www.cc.tsukuba.ac.jp/mimosa/large/index.html
写真左から並木智恵さん,加藤麻友美さん
本制度の規定
http://www.cc.tsukuba.ac.jp/mimosa/large/ prj_kitei.pdf
本制度のシステム利用制限
第2回つくばテクノロジー・ショーケース −シーズ&
http://www.cc.tsukuba.ac.jp/mimosa/large/prj_system.pdf
ニーズの産直・研究フリーマーケット−が開催される
【問合せ,申請書提出先】
学術情報処理センター 伊藤祥司(2450)
E-mail : [email protected]
[email protected]
昨年 12 月に外国人留学生後援会の会員の募集を行いま
したところ,教職員を始め本学の名誉教授,学外の外国
人留学生支援団体等 611 の個人や団体から,ご入会又は
ご寄付いただき,総額 2,904,000 円に達しました。(2 月 5
日現在)
皆様の心温まるご支援を賜り,誠にありがとうございま
した。心から感謝申し上げます。
神崎亮平助教授から研究成果の説明を受ける尾身幸次前科学技術政策担
当大臣
後援会では,2 月下旬から外国人留学生の緊急時への支
つくばテクノロジー・ショーケースは,筑波研究学園都
援や賃貸住宅入居時の連帯保証などの支援事業を開始す
市の地域特性を生かし,全国に向けての「つくばの受発
る予定です。
信」を意識した,分野横断的なチャレンジング事業とし
今後とも,外国人留学生及び後援会に変わらぬご支援を
て,「つくばサイエンス・アカデミー」が主催(共催:
賜りますようお願い申し上げます。
筑波大学など)となり昨年から実施されている事業です。
問合せ先:後援会事務局(留学生課内 電話 6060)
本事業の大きな特徴は,研究・技術の鮮度の良いシーズ,
ニーズを発表することにより,研究者相互,企業相互,
研究者・企業・行政の横断的個別交流を促進すると同時
附属坂戸高等学校かるた部から全国高等学校総合文化祭
に,ベンチャー事業の契機となる場づくりをも狙ってい
小倉百人一首かるた部門へ出場決定
ます。これは,つくばの研究者自らが発想し企画を練っ
た,研究者手作りの「産直・研究フリーマーケット」と
1 月 14 日(火)に行われた「第 13 回埼玉県高等学校か
して行われるもので,今年は 1 月 30 日(木)10:00 から
るた大会」において,附属坂戸高等学校かるた部の加藤
つくば国際会議場において,約 900 名の参加者のもと盛
麻友美さん(2 年)と並木智恵さん(1 年)が個人戦ベ
大に開催されました。
スト 8 に勝ち残り,今年 8 月に福井県で行われる「第 27
本学からは,徳田克己助教授(心身障害学系),神崎亮
回全国高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門」へ
平助教授(生物科学系),前川孝昭教授(農林工学系),
埼玉県代表チームの一員として出場することが決まりま
杉浦則夫助教授(農林工学系),瀧川具弘助教授(農林
した。(附属坂戸高校からは 2 年ぶり 3 回目の出場)全国
工学系),安野嘉晃助手(物理工学系),三好浩稔講師
高等学校総合文化祭は「文化部のインターハイ」と呼ば
(基礎医学系),油田信一教授(機能工学系),京藤康正
6
助教授(機能工学系),西原清一教授(電子・情報工学
の演奏はこれをしのぐできばえで,演奏を聴いたプロの
系),白木 仁助教授(体育科学系),蓮見 孝教授(芸
音楽家からも絶賛されたとの説明があり,団員からは,
術学系)(記載順不同)の 12 名の研究者からの出展があ
講評委員の先生から「学生らしいエネルギーのある,一
り,インデクシング・セッション,ポスター・セッショ
体感のあるアンサンブルである」と評価を頂いたとの報
ンにおいて企業等からの問いに終始,熱心に対応してい
告がありました。
ました。その他,本学研究者も多数参加している都市エ
学長からは,「管弦楽団には入学式,卒業式の演奏でい
リア産学官連携促進事業からも二つのプロジェクトの出
つも活躍してもらっていますが,大きな大会で素晴らし
展もありました。また,同時開催として,筑波研究学園
い賞を頂いて大変嬉しいですね」との言葉が掛けられ,
都市研究機関等連絡協議会主催講演会「技術交流インつ
和やかな雰囲気での報告となりました。
くば 2003」には,大学発ベンチャーの挑戦と題し,久
野譜也(体育科学系講師,㈱つくばウエルネスリサーチ
代表取締役)からの講演の後,石津政男(大洋村村長),
医学専門学群4年次林ゆりさんが北原学長を表敬訪問
菊本 虔(産学リエゾン共同研究センター教授)による
パネルディスカッションが行われました。また,17:00
からは,イブニングセミナーが開催され,江崎玲於奈つ
くばサイエンス・アカデミー理事長の司会進行のもと,
尾身幸次(衆議院議員・前科学技術政策担当大臣),生
駒俊明(一橋大学客員教授・㈱日本テキサス・インスツ
ルメンツ顧問)らによる基調講演が行われました。
出展した研究成果・テーマに対しては,来訪者の投票に
より決定する「ベストインデクシング」として幾つかの
賞が企画され,終了後,懇談会の席上で発表されました。
本学では,神崎亮平助教授(生物科学系:テーマ「昆虫
に学ぶ:環境情報処理と行動制御機構」生物系特定産業
技術研究推進機構との受託研究)が『ベストアイディア』
医学専門学群4年次林ゆりさんは,日本育英会の平成
を受賞しました。
14 年度第6回チャレンジ 21 論文募集に応募し,最優秀
賞を受賞されました。
本論文募集は,日本育英会が平成 9 年度から「地球環境」
第 17 回全日本大学オーケストラ大会講評委員会賞(最
をテーマに奨学生から論文を募集し,優れた作品を表彰
優秀賞)受賞を北原学長に報告
し,奨励金を授与する事業です。
林さんは,今回「山のゴミ問題を考える」というタイト
ルで応募し,455 件の応募の中から受賞されました。
なお,林さんは,報告を兼ねて,工藤医学専門学群長と
ともに 1 月 23 日(木)に北原学長を表敬訪問しました。
医療関係委員会
1 月 15 日(水)の第 170 回会議では,¡附属病院の平成
14 年 12 月分の経営状況(診療費用請求額,医療費率,
患者診療経費執行状況,外来患者数,病床稼働率,平均
1月 27 日(月),腰塚武志管弦楽団顧問(社会工学系教
在院日数,及び院外処方せん発行率)について説明があ
授)と管弦楽団団員6名が学長を表敬訪問しました。
った。¡法人化への対応の準備状況について説明があり,
これは,12 月 22 日(日)東京オペラシティコンサート
意見交換が行われた。¡第 156 回筑波大学医の倫理特別
ホールで 10 大学のオーケストラが参加して行われた第
委員会の審議事項について報告があった。¡診療の安全
17 回全日本大学オーケストラ大会において,本学管弦
に関する教育プログラムについて報告があった。
楽団が最優秀賞である講評委員会賞を受賞したことを学
長に報告したものです。
当日は腰塚顧問から,本学の管弦楽団は歴史があるが,
このところ特に力が充実していて,大会で演奏したリヒ
ャルト シュトラウス作曲の交響詩「ドン・ファン」は,
秋の定期演奏会でとりあげ好評を博していたが,大会で
7
平成 15 年度個別学力検査等(前期日程及び後期日程)実施に伴う構内交通及び駐車場の一部規制について
平成 15 年度個別学力検査等を下記のとおり実施します。
k5 仮設本部棟南駐車場
当日は,受験者送迎用の自家用車や臨時バス等により,
k7 仮設体芸西駐車場
試験場周辺はかなりの混雑が予想されますので,十分注
54
医学北駐車場
意のうえ通行願います。
23
中地区駐車場
37
南地区駐車場
また,試験実施当日は,構内のループ道路及び駐車場を
一部規制しますので,ご協力願います。
②
受験者(送迎)用駐車場としますので,実施期間中
ゲートをオープンにします。
記
24
○前期日程試験: 2 月 25 日(火)・ 26 日(水)
(構内交通・駐車場の規制時間 8:00 ∼ 19:00)
○後期日程試験: 3 月 12 日(水)
(構内交通・駐車場の規制時間 8:00 ∼ 19:00)
※下図「構内交通・駐車場案内」を参照してください。
[駐車場の規制内容]
①
受験者(送迎)用駐車場としますので,ロット指定,
ゾーン指定を全て解除します。
16
8
本部外来駐車場
工学系駐車場
k25 仮設第三学群北駐車場
③
臨時バス専用駐車場としますので,敷地の半分を駐
車禁止とします。
23
中地区駐車場
37
南地区駐車場
※上記の駐車場が指定駐車場となっている職員等につい
ては,ロット及びゾーンの指定を解除いたしますので,
当該駐車場の空スペースに駐車願います。
(入試課,管財課)
平成 15 年度筑波大学医療技術短期大学部学年暦
第 1 学期 (4 月 1 日∼ 7 月 31 日)
学年開始
春季休業
第 1 学 期 授 業 開 始
春季 ス ポ ー ツ ・デ ー 第 1 学 期 授 業 終 了
第 1 学 期 期 末 試 験
夏季休業
第 2 学期 (8 月 1 日∼ 11 月 30 日)
夏季休業
第 2 学 期 授 業 開 始
開
学
記
念
日
秋季スポーツ・デー
第 2 学 期 授 業 終 了
第 2 学 期 期 末 試 験
秋季休業
第 3 学期 (12 月 1 日∼ 3 月 31 日)
第 3 学 期 授 業 開 始
冬季休業
第 3 学 期 授 業 終 了
第 3 学 期 期 末 試 験
春季休業
卒 業 式 学年終了
14 月 11 日(火)
14 月 11 日(火)∼ 14 月 17 日(月)
14 月 18 日(火)
15 月 24 日(土)∼ 15 月 25 日(日)
16 月 24 日(火)
16 月 25 日(水)∼ 17 月 11 日(火)
17 月 12 日(水)∼ 17 月 31 日(木)
18 月 11 日(金)∼ 18 月 31 日(日)
19 月 11 日(月)
10 月 11 日(水)
10 月 25 日(土)∼ 10 月 26 日(日)
11 月 14 日(金)
11 月 17 日(月)∼ 11 月 25 日(火)
ただし,11 月 19 日(水)は授業を実施し,11 月 25 日(火)
は水曜日の試験を行う。
11 月 26 日(水)∼ 11 月 30 日(日)
12 月 11 日(月)
12 月 26 日(金)∼ 11 月 17 日(水)
13 月 11 日(月)
13 月 12 日(火)∼ 13 月 18 日(月)
13 月 19 日(火)∼ 13 月 31 日(水)
13 月 24 日(水)
13 月 31 日(水)
(備 考)
1 定期健康診断の日程については,別に定め,実施時間に当たる授業は臨時休業とする。
2 10 月 15 日(水)及び 11 月 6 日(木)は,振替え授業日とし,月曜日の授業を実施する。
12 月 22 日(月)は,振替え授業日とし,火曜日の授業を実施する。
2 月 12 日(木)は,振替え授業日とし,水曜日の授業を実施する。
3 学園祭の日程については,別に定め,準備及び後片付けに要する時間を含め,当該日に
当たる授業は臨時休業とする。
4 卒業予定者に対する第 3 学期期末試験に関する特別措置については,別に定める。
平成 14 年度附属学校等卒業式及び会場
学 校 名
附属小学校
附属中学校
附属駒場中学校
附属高等学校
附属駒場高等学校
附属坂戸高等学校
附属盲学校
附属聾学校
附属大塚養護学校
附属桐が丘養護学校
理療科教員養成施設
平成 14 年度卒業式日時
3 月 20 日(木) 19:30 ∼
3 月 18 日(火) 10:00 ∼
3 月 20 日(木) 10:00 ∼
3 月 19 日(水) 10:00 ∼
3 月 13 日(月) 10:00 ∼
3 月 15 日(水) 10:00 ∼
3 月 14 日(金) 10:00 ∼
3 月 14 日(金) 10:00 ∼
3 月 18 日(火) 19:30 ∼
3 月 14 日(金) 10:00 ∼
3 月 25 日(火) 10:00 ∼
会
場
附属小学校講堂
附属中学校育鳳館
附属駒場中・高等学校体育館
附属中・高等学校体育館
附属駒場中・高等学校体育館
附属坂戸高等学校体育館
附属盲学校体育館
附属聾学校体育館
附属大塚養護学校体育館
附属桐が丘養護学校体育館
筑波大学講堂
9
「速報つくば」からのお知らせ
「速報つくば」の次回(通巻 1050 号)の発行は 2 月 26 日
(水),原稿締切りは 2 月 20 日(木)となります。
「速報つくば」への寄稿に際しましては,一行 25 文字
(英字・数字は半角)で原稿作成し,できるだけ電子フ
ァイル等で寄稿してください。
学内行事,イベント情報,教職員サークル活動などの記
事も募集しています。
なお,お寄せ頂いた原稿は,Web 上で PDF にして掲載
しますので,ご了承願います。また,「速報つくば」の
PDF 版は,次のアドレスでご覧になれます。
http://www.tsukuba.ac.jp/aboutus/booklets/index.html
学内ニュース,写真の提供及び掲載内容へのご意見は
大学広報課(TEL2041,FAX2014)へお願いします。
e-mail : [email protected]
メールで寄稿なされた際は,「速報つくば」より原稿受
付の返信メールを配信いたしますのでご確認ください。
原稿受付の返信メールがない場合は,お手数でも大学広
報課までご連絡いただきますようお願いいたします。
10