報告書

シベ語におけるアスペクト選択と聞き手の存在
児 倉 徳 和
【要旨】
本発表では、シベ語においてアスペクト(事態の局面)を表す補助動詞、bi-(ある)、ila(止まる)
、o-(なる)がどのような動機により使用されるかを検討する。bi-, ila-, o-はそ
れぞれ「結果状態」、
「一時的状態」
、
「事態の生起」というアスペクト的意味を表すが、一
方で「話し手の発見」
、
「話し手の直接経験した状態」、「話し手の判断」といった、話し手
による事態の認識のあり方が前面に出る場合も見られる。本発表では、アスペクトを表す
形式が一方で話し手による事態の認識のあり方を表す動機について検討し、結論として補
助動詞が「聞き手の存在、及び聞き手の知識状態への配慮」に動機づけられ、話し手と聞
き手が共有する発話現場に事態を位置付ける機能を担っていることを主張する。
The aspectual choice and the presence of addressee
in Sibe Manchu
Norikazu Kogura
In the present paper, I discuss the motivation for the use of the three Sibe Manchu
auxiliary verbs bi- "to be", ila- "to stay" and o- "to become". These auxiliary verbs have
the aspectual meanings of "resultative", "temporal state" and "occurrence",
respectively. In some cases, however, they also denote how the addresser recognizes
the situation, which may be labelled as "mirativity", "directly-experienced state" or
"judgement". From the discussion of this paper I argue the following two points: (i)
The use of auxiliary verbs is motivated by the addresser’s attention to the addressee
and his/her state of knowledge. (ii) The aspectual meanings of auxiliary verbs are
induced by the orientation linking the situations to the utterance space shared by the
addresser and the addressee.