2005年02月号(容量:1.51MB ページ数:20) - 韮崎市

2
2005 February
N I RASA K I
A
PUBLIC
RELATIONS
MAGAZINE
No.
685
(平成17年 2月号)
●発行 / 山梨県韮崎市 〒407-8501 韮崎市水神一丁目3-1
●編集 / 企画財政課企画財政室・印刷(有)中央印刷・毎月1日発行
●TEL / 0551-22-1111 FAX / 0551-22-8479
●URL / http://www.city.nirasaki.lg.jp
もくじ
アメリカ体験 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p2
韮崎市消防団出初式 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p5
確定申告は正しくお早めに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p6
環境だより ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p8
くらしの情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p12
みんなのひろば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p15
図書館だより・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p16
児童センターで遊ぼう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p17
健康カレンダー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p18
ズームアップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p20
韮崎市消防団出初式
アメリカ 体 験
を
お
寄
せ
い
た
だ
き
ま
し
た
の
で
、
紹
介
し
ま
す
。
山本晶子さん 山本真理亜さん 小澤ひかるさん 武藤美樹さん 金子祐太くん 若尾幸佑くん た
。
ク
リ
ス
マ
ス
イ
ブ
と
ク
リ
ス
マ
手
の
歌
声
が
聞
け
た
の
で
感
激
で
し
ー
・
ス
テ
ィ
ー
ル
と
言
う
有
名
な
歌
惑
い
ま
し
た
。
で
も
礼
拝
で
ホ
ー
リ
た
の
は
初
め
て
だ
っ
た
の
で
少
し
戸
へ
行
き
ま
し
た
。
私
は
教
会
へ
行
っ
ク
リ
ス
マ
ス
イ
ブ
は
家
族
で
教
会
と
同
時
に
不
安
が
押
し
寄
せ
て
き
カ
に
来
た
ん
だ
な
あ
と
実
感
し
た
。
か
ら
英
語
が
聞
こ
え
て
き
て
ア
メ
リ
ス
コ
空
港
に
着
い
て
あ
ち
ら
こ
と
ら
わ
か
な
か
っ
た
が
、
サ
ン
フ
ラ
ン
シ
ら
れ
て
出
発
し
た
時
は
ま
だ
実
感
が
12
月
18
日
の
朝
、
母
た
ち
に
見
送
教
え
合
い
ま
し
た
。
ち
は
、
お
互
い
に
英
語
と
日
本
語
を
ィ
ー
を
教
え
て
く
れ
ま
し
た
。
私
た
た
。
お
礼
に
万
年
筆
で
カ
リ
グ
ラ
フ
の
体
験
で
と
て
も
喜
ん
で
く
れ
ま
し
え
て
あ
げ
ま
し
た
。
彼
女
は
初
め
て
言
葉
を
漢
字
や
平
仮
名
で
書
い
て
教
持
っ
て
行
っ
た
の
で
彼
女
の
好
き
な
大
切
な
も
韮 の
崎
高
校
武
藤
美
樹
話
に
な
っ
た
皆
様
に
感
謝
し
ま
す
。
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
お
世
引
率
し
て
く
だ
さ
っ
た
藤
島
先
生
ら
し
て
と
て
も
美
し
か
っ
た
で
す
。
え
た
夕
日
は
水
平
線
を
真
っ
赤
に
照
帰
国
し
た
時
、
成
田
上
空
か
ら
見
て
く
れ
ま
し
た
。
私
は
書
道
用
具
を
語
で
書
い
た
紙
を
用
意
し
て
歓
迎
し
っ
て
い
て
名
前
や
あ
い
さ
つ
を
日
本
彼
女
は
日
本
に
と
て
も
興
味
を
持
驚
き
ま
し
た
。
聞
は
現
状
を
生
々
し
く
伝
え
る
事
に
と
同
時
に
ア
メ
リ
カ
の
テ
レ
ビ
や
新
ま
し
た
。
大
き
な
被
害
に
驚
い
た
の
女
の
子
が
い
ま
し
た
。
は
ア
メ
リ
カ
で
も
大
き
く
報
道
さ
れ
テ
イ
先
に
は
17
歳
の
ケ
リ
ー
と
い
う
ス
マ
ト
ラ
沖
地
震
と
津
波
の
被
害
族
と
の
交
流
で
す
。
私
の
ホ
ー
ム
ス
象
深
い
の
は
ホ
ー
ム
ス
テ
イ
先
の
家
に
参
加
さ
せ
て
い
た
だ
い
て
一
番
印
今
回
、
﹁
姉
妹
都
市
派
遣
事
業
﹂
校
心
を
感
じ
ま
し
た
。
ち
に
伝
え
て
く
る
姿
が
印
象
的
で
愛
高
校
が
一
番
良
い
と
一
生
懸
命
私
た
分
の
学
校
に
誇
り
を
持
ち
、
自
分
の
験
を
終
え
、
1
月
9
日
に
帰
国
し
ま
し
た
。
そ
こ
で
今
回
の
体
験
を
通
し
て
の
感
想
留
学
生
と
し
て
派
遣
さ
れ
た
中
学
生
・
高
校
生
が
、
23
日
間
に
わ
た
る
ア
メ
リ
カ
体
韮
崎
市
と
姉
妹
都
市
で
あ
る
ア
メ
リ
カ
・
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
市
へ
昨
年
末
交
換
の
は
不
思
議
で
し
た
。
の
は
ず
が
、
ま
だ
12
月
18
日
だ
っ
た
た
。
ど
の
高
校
の
先
生
と
生
徒
も
自
し ン の る ン ス
今 た ト 日 事 が の
回 。 を に が 飾 日
は
交 は 出 ら は
高
換 、 来 れ 道
校
し フ ま て 路
を
て ァ し 幻 に
四
楽 ミ た 想 イ
校
し リ 。 的 ル
訪
く ー ク な ミ
問
過 と リ 風 ネ
し
ご プ ス 景 ー
ま
し レ マ を シ
し
ま ゼ ス 見 ョ
い
空
で
迎
え
て
く
れ
ま
し
た
。
翌
日
し
た
サ
ン
フ
ラ
ン
シ
ス
コ
は
青
く
広
て
い
た
日
本
を
出
発
し
、
翌
日
到
着
12
月
18
日
ま
だ
暖
冬
だ
と
言
わ
れ
韮
崎
高
校
小
澤
ひ
か
る
ア
メ
リ
カ
で
の
生
活
を
体
験
し
て
2
藤島代志郎先生(引率)
で
あ
る
。
い
き
た
い
と
思
い
ま
す
。
こ
の
ホ
ー
ム
ス
テ
イ
で
一
番
の
思
身
に
つ
け
て
い
き
た
い
と
思
っ
た
。
て
き
た
。
そ
う
い
う
積
極
性
は
私
も
を
受
け
た
り
、
ラ
ン
チ
を
食
べ
た
り
て
く
れ
て
、
生
徒
達
と
一
緒
に
授
業
い
。
各
高
校
で
は
そ
れ
ぞ
れ
歓
迎
し
で
は
や
は
り
高
校
訪
問
が
思
い
で
深
間
に
過
ぎ
て
し
ま
っ
た
。
日
程
の
中
る
こ
と
が
な
く
、
楽
し
く
ア
ッ
と
う
ん
だ
日
程
で
そ
の
ほ
と
ん
ど
は
飽
き
ま
っ
て
、
毎
日
バ
ラ
エ
テ
ィ
ー
に
富
ウ
エ
ル
カ
ム
パ
ー
テ
ィ
ー
か
ら
始
率
し
て
く
だ
さ
っ
た
藤
島
先
生
、
韮
家
族
、
一
緒
に
い
っ
た
仲
間
達
、
引
ホ
ー
ム
ス
テ
イ
に
あ
た
っ
て
、
私
の
ら た は 終
最 し と じ え 3
後 い 思 め ら 週
に 。 う と れ 間
な
。 す た の
り
本 る の ホ
ま
当 み は ー
し
に ん 、 ム
た
笑 な フ ス
が
顔 の ァ テ
、
っ 笑 ミ イ
今
て 顔 リ を
回
素 だ ー 無
の
晴 っ を 事
と
思
っ
た
。
な
く
て
も
一
生
懸
命
話
せ
ば
通
じ
る
が
す
る
。
目
を
見
て
、
文
章
に
な
ら
い
う
自
信
に
つ
な
が
っ
た
よ
う
な
気
3
週
間
や
っ
て
い
か
れ
る
か
も
、
と
く
れ
た
。
今
思
え
ば
、
そ
の
笑
顔
で
見
て
笑
顔
で
大
丈
夫
だ
よ
と
言
っ
て
っ
た
。
で
も
ど
ん
な
時
も
私
の
目
を
大
勢
が
片
言
の
日
本
語
で
話
し
か
け
れ
て
い
た
。
私
達
が
歩
い
て
い
る
と
夢
で
も
見
て
い
た
か
の
よ
う
な
気
分
と
い
う
こ
と
を
実
感
し
た
。
ま
る
で
て
、
本
当
に
月
日
が
経
つ
の
は
早
い
し
、
自
分
自
身
を
見
つ
め
直
す
こ
と
の
出
会
い
が
大
き
く
自
分
に
影
響
に
良
い
機
会
だ
と
思
う
。
一
人
一
人
楽 思 い 戦 に 話 テ
と し で っ 世 間 た
留 思 て 、 と 界 に の 留 し え か し 勉 し イ
学 う 、 交 前 に で は 学 い ば ら た 強 た を
は 。 い 友 か 友 き 、 生 思 そ 大 。 し い し
、
つ 関 ら 達 た 4 活 い れ 変 初 、 と て
自
か 係 僕 を 沢 つ で 出 も な め そ い い
分
再 を の 持 山 の 一 の 全 事 の し う る
が
会 続
つ の 高 番 一 部 も う て 一 間
変
出 け 夢 と 友 校 の つ ひ あ ち 色 心 、
わ
来 て で い 達 を 財 に っ っ は 々 で た
れ
れ い あ う で 訪 産 思 く た 文 な 無 だ
る
ば き っ 事 あ 問 と え る が 化 事 我 英
本
良 、 た は る し な る め 、 の に 夢 語
当
た っ 。 て 今 違 挑 中 を
い そ の ず
。
本
当
に
有
難
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
両
親
に
心
か
ら
感
謝
し
て
い
ま
す
。
こ
の
研
修
を
影
で
応
援
し
て
く
れ
た
ト
し
て
く
れ
た
藤
島
先
生
、
そ
し
て
、
ド
市
の
方
々
、
ア
メ
リ
カ
で
サ
ポ
ー
市
役
所
の
方
々
、
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
最
後
に
、
こ
の
研
修
に
携
わ
る
韮
崎
た
事
を
幸
せ
に
思
う
。
出
来
た
。
今
回
の
研
修
に
参
加
出
来
自
分
の
幅
を
広
げ
ら
れ
る
事
を
実
感
た
い
。
英
語
を
身
に
付
け
る
事
で
、
と
も
っ
と
外
国
と
触
れ
合
っ
て
い
き
生
か
し
、
愛
国
心
を
持
っ
て
、
も
っ
が
、
こ
の
23
日
間
の
貴
重
な
経
験
を
い
て
満
足
す
る
事
は
で
き
な
か
っ
た
び
を
感
じ
た
。
23
日
間
す
べ
て
に
お
今
ま
で
に
経
験
し
た
こ
と
の
な
い
喜
国
人
と
話
す
事
に
楽
し
み
を
感
じ
、
が
で
き
た
。
言
語
を
学
ぶ
事
で
、
外
色
は
素
晴
ら
し
い
も
の
で
し
た
。
家
ら
見
え
た
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
の
景
る
お
父
さ
ん
の
操
縦
す
る
セ
ス
ナ
か
航
空
会
社
で
パ
イ
ロ
ッ
ト
を
し
て
い
し
く
、
新
鮮
に
さ
え
感
じ
ま
し
た
。
ま
し
た
。
そ
れ
か
ら
は
、
毎
日
が
楽
は
少
し
積
極
的
な
自
分
に
も
出
会
え
コ
ー
ト
ニ
ー
の
お
か
げ
で
、
前
よ
り
よ
﹂
と
日
本
語
で
励
ま
し
て
く
れ
た
つ
き
ま
し
た
。
﹁
恥
ず
か
し
く
な
い
れ
し
か
っ
た
の
と
同
時
に
、
自
信
も
が
と
れ
る
よ
う
に
な
り
、
と
て
も
う
る
う
ち
に
、
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
極
的
に
質
問
し
た
り
、
さ
れ
た
り
す
よ
う
に
と
れ
ま
せ
ん
で
し
た
が
、
積
初
、
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
が
思
う
女
コ
ー
ト
ニ
ー
と
同
室
で
し
た
。
最
こ
と
の
あ
る
、
日
本
が
大
好
き
な
長
年
の
夏
、
交
換
留
学
で
韮
崎
に
来
た
3
ア
メ
リ
カ
に
ホ
ー
ム
ス
テ
ィ
を
し
韮
崎
高
校
若
尾
幸
佑
B
i
g
な
国
ア
メ
リ
カ
か
ら
の
私
の
人
生
に
必
ず
生
か
し
て
い
出
は
な
ん
と
言
っ
て
も
ホ
ス
ト
フ
た
。
も
っ
と
英
語
を
学
ん
で
、
こ
れ
き
ま
し
て
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
様
、
貴
重
な
体
験
を
さ
せ
て
い
た
だ
崎
市
、
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
市
の
皆
発
に
意
見
を
交
換
し
な
が
ら
進
め
ら
し
た
。
授
業
は
一
方
的
で
は
な
く
活
う
な
気
が
し
た
。
も
ら
う
と
、
多
少
不
安
が
薄
れ
た
よ
た
。
で
も
沢
山
の
人
達
に
出
迎
え
て
せ
て
し
ま
っ
た
時
だ
っ
て
き
っ
と
あ
上
手
く
英
語
が
伝
わ
ら
な
く
て
困
ら
ァ
ミ
リ
ー
と
の
生
活
だ
っ
た
。
い
く
ら
い
忙
し
か
っ
た
と
思
う
。
ス
連
続
で
後
ろ
を
振
り
返
る
時
間
も
な
も
充
実
し
、
毎
日
が
新
し
い
発
見
の
る
も
の
だ
っ
た
。
1
日
1
日
が
と
て
に
自
分
を
追
い
込
め
ば
、
何
と
か
な
た 不 か ん そ 安 前
し 。 安 ? な う が 、 思
か
材 ﹂ 英 な 入 日 い
﹁
し
料
語 気 り 本 起
ど
、
が
力 分 混 を こ
ん
一
尽
で だ じ 発 せ
な
度
っ
き
や っ り
そ
、 た ば
家
た
る
っ
の
胸 時 一
庭
事
て 。
﹁
よ
が 、 ヶ
だ
は
い
本
う
張 希 月
ろ
な
け 当 り 望 く
な
う
か
る に さ と ら
環
?
境
っ ﹂ の こ け 不 い
フ
ァ
ミ
リ
ー
は
5
人
家
族
。
私
は
昨
安
は
少
な
く
な
り
ま
し
た
。
ホ
ス
ト
ー
は
、
暖
か
く
迎
え
て
く
れ
て
、
不
い
晴
天
。
F
F
市
ホ
ス
ト
フ
ァ
ミ
リ
降
り
立
っ
た
ア
メ
リ
カ
。
雲
一
つ
な
大
き
な
荷
物
を
か
か
え
、
初
め
て
胸
躍
ら
せ
て
い
た
3
週
間
前
。
所
だ
ろ
う
・
・
・
と
緊
張
し
つ
つ
、
の
だ
ろ
う
、
ア
メ
リ
カ
っ
て
ど
ん
な
達
だ
ろ
う
、
ど
ん
な
生
活
が
始
ま
る
ホ
ス
ト
フ
ァ
ミ
リ
ー
は
ど
ん
な
人
韮
崎
東
中
学
校
山
本
晶
子
ル み
ド ん
な
も
行
こ
う
!
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
強
く
感
じ
て
い
ま
す
。
葉
で
伝
え
ら
れ
た
ら
良
い
な
あ
と
僕
が
行
っ
た
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
の
貴
重
な
第
一
歩
だ
と
は
そ
の
目
標
に
向
け
て
思
っ
て
い
る
私
。
今
回
け
る
仕
事
を
し
た
い
と
困
っ
て
い
る
人
々
を
助
将
来
、
外
国
で
難
民
や
て
ほ
し
い
と
思
い
ま
す
。
家
族
に
思
い
や
り
の
気
持
ち
を
言
い
、
こ
れ
か
ら
は
少
し
ず
つ
で
も
っ
と
大
切
な
こ
と
な
ん
だ
と
思
っ
た
よ
う
な
気
が
し
ま
す
。
け
の
言
葉
も
、
あ
ま
り
言
わ
な
き か
﹁
あ
り
が
と
う
。
﹂
た
っ
た
そ
れ
だ
い
る
時
、
当
然
の
よ
う
に
思
っ
て
で
、
う
ら
や
ま
し
く
思
え
た
。
正
直
僕
に
は
、
そ
れ
が
と
て
も
自
由
っ
と
考
え
ら
れ
な
い
こ
と
で
あ
り
、
ゃ
べ
り
も
多
い
。
日
本
で
は
、
ち
ょ
ル
ー
ル
も
少
な
く
、
授
業
中
の
お
し
と
て
も
驚
か
さ
れ
た
。
制
服
も
な
く
、
さ
ら
に
、
ア
メ
リ
カ
の
学
校
に
は
え
た
い
。
い
て
は
日
本
と
い
う
国
の
良
さ
を
伝
彼
ら
に
、
韮
崎
市
や
山
梨
県
の
、
ひ
こ
と
だ
と
思
う
。
僕
は
や
っ
て
く
る
が
る
小
さ
な
一
歩
で
あ
り
、
大
切
な
な
い
。
そ
れ
は
、
国
際
協
調
に
つ
な
は
良
い
も
の
と
な
っ
て
い
く
に
違
い
人
に
ア
メ
リ
カ
に
行
っ
い
と
思
う
し
、
多
く
の
ド
で
の
生
活
を
話
し
た
達
に
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
れ
な
い
で
し
ょ
う
。
友
し
さ
を
い
つ
ま
で
も
忘
の
思
い
出
や
人
々
の
優
し
て
言
う
の
で
す
。
私
は
日
本
に
理
お
い
し
い
ね
。
﹂
な
ど
口
に
出
ら
﹁
あ
り
が
と
う
。
﹂
﹁
今
日
の
料
こ
と
で
す
。
何
か
し
て
も
ら
っ
た
こ
と
を
思
い
あ
っ
て
い
る
と
い
う
っ
た
こ
と
は
、
家
族
が
お
互
い
の
ア
メ
リ
カ
に
行
き
一
番
心
に
残
は
一
生
忘
れ
な
い
だ
ろ
う
。
見
ら
れ
な
い
。
あ
の
美
し
さ
を
、
僕
よ
う
な
光
景
は
、
日
本
で
は
あ
ま
り
ョ
ン
が
美
し
く
輝
い
て
い
た
。
あ
の
庭
で
も
ク
リ
ス
マ
ス
イ
ル
ミ
ネ
ー
シ
っ
た
と
い
え
る
。
例
え
ば
、
ど
の
家
こ
の
23
日
間
は
、
驚
き
の
連
続
だ
そ
う
だ
っ
た
よ
う
に
。
崎
市
に
や
っ
て
く
る
だ
ろ
う
。
僕
も
様
々
な
思
い
抱
き
な
が
ら
、
こ
の
韮
テ
イ
生
を
受
け
入
れ
る
。
彼
ら
も
、
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
市
か
ら
の
ホ
ー
ム
ス
市
と
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
市
の
関
係
こ
の
よ
う
な
交
流
を
経
て
、
韮
崎
週
間
で
得
た
た
く
さ
ん
残
念
で
し
た
。
滞
在
3
わ
っ
て
し
ま
い
本
当
に
か
ら
と
い
う
時
に
、
滞
在
期
間
が
終
ア
メ
リ
カ
の
生
活
に
触
れ
、
こ
れ
わ
ら
な
い
。
会
話
を
し
て
い
て
答
え
習
わ
ね
ば
と
強
く
思
い
ま
し
た
。
し
た
。
私
も
こ
の
点
は
し
っ
か
り
見
し
た
。
日
本
の
学
校
と
違
い
、
服
装
質
問
を
す
る
積
極
的
な
姿
に
驚
き
ま
手
を
挙
げ
、
指
さ
れ
る
ま
で
待
っ
て
生
徒
達
が
少
し
で
も
疑
問
が
あ
る
と
た 不 族
4 。 安 み
日
が ん
間
少 な
あ
し の
っ
ず 温
た
つ か
学
な さ
校
く に
訪
な ホ
問
り ッ
で
ま と
は
し
し 、
、
し
た
。
自
分
の
言
い
た
い
こ
と
が
伝
の
中
で
、
私
は
問
題
を
抱
え
て
い
ま
ま か や 杯 私
初 し い 緊 で の
め た 出 張 し 胸
の 。 迎 も た は
頃
え ホ 。 不
、
で ス し 安
ア
、 ト か 、
メ
消 フ し そ
リ
え ァ 、 し
カ
て ミ そ て
で
な リ ん 期
の
く ー な 待
生
な の 不 で
活
り 温 安 一
ら
で
す
。
な
ん
て
、
初
め
て
の
経
験
だ
っ
た
か
ま
り
理
解
で
き
な
い
土
地
で
過
ご
す
て
い
ま
し
た
。
3
週
間
も
言
葉
も
あ
出
発
の
朝
、
私
は
と
て
も
緊
張
し
韮
崎
西
中
学
校
山
本
真
理
亜
し
っ
か
り
出
来
て
い
る
様
に
感
じ
ま
い
ま
し
た
。
を
恐
れ
て
は
い
け
な
い
ん
だ
と
思
う
と
し
て
く
れ
る
。
間
違
う
こ
と
気
持
ち
が
あ
れ
ば
、
相
手
も
わ
か
ろ
り
ま
し
た
。
伝
え
た
い
と
思
う
強
い
て
あ
げ
る
こ
と
も
で
き
る
よ
う
に
な
の
文
化
や
、
韮
崎
市
に
つ
い
て
教
え
意
見
が
言
え
る
よ
う
に
な
り
、
日
本
で
、
美
し
か
っ
た
。
映
っ
た
ア
メ
リ
カ
は
、
と
て
も
広
大
市
に
来
て
い
た
。
僕
の
目
に
最
初
に
フ
ォ
ル
ニ
ア
州
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
ル
ド
日
、
僕
は
憧
れ
の
ア
メ
リ
カ
、
カ
リ
が
、
僕
の
頬
を
く
す
ぐ
る
。
12
月
19
小
高
い
丘
か
ら
の
心
地
よ
い
風
駿
台
甲
府
中
学
校
金
子
祐
太
し
む
時
は
楽
し
む
﹂
と
い
う
区
別
が
が
、
﹁
勉
強
す
る
時
は
す
る
﹂
、
﹁
楽
な
ど
自
由
な
と
こ
ろ
が
あ
り
ま
す
も
の
で
し
た
。
徐
々
に
私
は
自
分
の
い
が
私
に
と
っ
て
、
と
て
も
嬉
し
い
え
て
く
れ
ま
し
た
。
そ
ん
な
心
づ
か
て
く
れ
る
な
ど
し
て
、
一
生
懸
命
伝
納
得
す
る
ま
で
わ
か
り
や
す
く
教
え
ん
な
私
に
ホ
ス
ト
フ
ァ
ミ
リ
ー
は
、
処
で
き
な
い
時
が
あ
り
ま
し
た
。
そ
わ
か
ら
な
く
な
り
、
自
分
の
中
で
対
ら
恥
ず
か
し
い
。
ど
う
し
て
い
い
か
間
違
え
た
こ
と
を
言
っ
て
し
ま
っ
た
亜
米
利
加
見
聞
録
し
た
い
と
思
い
ま
す
。
達
、
携
わ
っ
た
全
て
の
人
達
に
感
謝
し
て
最
後
に
、
先
生
、
五
人
の
仲
間
ァ
ミ
リ
ー
に
再
会
し
た
い
で
す
。
そ
た
機
会
が
あ
れ
ば
行
き
、
ホ
ス
ト
フ
ル
ド
が
大
好
き
で
す
。
い
つ
か
、
ま
な
り
ま
し
た
。
私
は
フ
ェ
ア
フ
ィ
ー
度
と
体
験
で
き
な
い
貴
重
な
も
の
と
こ
の
3
週
間
は
、
私
に
と
っ
て
二
ア
メ
リ
カ
で
学
ん
だ
こ
と
を
求
め
ら
れ
る
と
困
っ
て
し
ま
う
。
思
い
ま
し
た
。
ろ を で と 心 を ト 生 市 重
た す 的 霧 土 素 市
今 う 、 感 う か と フ 、 と な 今 。 ぐ で に 地 晴 は
年 。 僕 じ ﹂ ら も ァ 僕 、 機 、
に 絵 栄 だ ら 、
の
は た と の に ミ を 引 会 僕
こ 画 え っ し 自
夏
生 ア 言 感 行 リ 受 率 を は
の の る た い 然
、
涯 メ い 謝 動 ー け し 与 改
土 よ 朝 。 環 と
僕
絶 リ た を し 、 入 て え め
毎 境 人
地 う 日
の
対 カ い こ た 23 れ 下 て て
は 朝 を 間
だ
が
家
に を 。 め 仲 日 て さ 下 こ
、 都 も
好 っ と 市 っ が
庭
忘 、 五 て 間 間 く っ さ の
た
共
き
で
れ こ 感 ﹁ た の れ た っ よ
て を た 存
。
に
も
な の の あ ち 長 た 藤 た う
も お 美
な 僕 幻 お し す
フ
い 体 全 り に い ホ 島 韮 な
は
る
ェ
だ 験 て が
っ
、 日 ス 先 崎 貴
、 想 う い 、
4
哲
︶
功
刀
正
広
︵
神
山
︶
良
彦
・
雨
宮
克
峰
︵
清
本
達
也
︵
円
野
︶
山
本
︵
穴
山
︶
草
間
一
実
・
山
河
西
慶
仁
・
三
森
章
央
・
橋
本
示
︵
中
田
︶
勝
政
︵
藤
井
︶
小
林
英
明
・
小
澤
公
男
・
貝
瀬
雅
徳
︵
穂
坂
︶
藤
原
嘉
松
原
千
秋
︵
韮
崎
︶
宮
川
淳
司
山
本
良
彦
︵
清
哲
︶
石
川
明
仁
・
韮
崎
署
管
内
防
犯
活
動
功
労
表
彰
︵
清
哲
︶
秋
山
亨
︵
大
草
︶
小
泉
修
︵
穴
山
︶
小
澤
初
徳
︵
穂
坂
︶
中
込
繁
隆
︵
藤
井
︶
︵
旭
︶
野
口
正
二
︵
竜
岡
︶
横
森
雅
内
藤
篤
︵
円
野
︶
山
本
昭
仁
峡
北
地
域
振
興
局
長
表
彰
保
坂
守
・
中
澤
徳
人
・
雨
宮
中
島
栄
一
︵
円
野
︶
岩
下
哲
也
・
市
長
表
彰
石
英
雄
︵
竜
岡
︶
慎
︵
旭
︶
清
水
秀
樹
︵
大
草
︶
大
賢
︵
神
山
︶
久
保
田
一
浩
・
︵
円
野
︶
三
枝
幹
夫
︵
清
哲
︶
塚
原
藤
森
静
男
︵
穴
山
︶
細
田
茂
樹
平
賀
荘
一
・
今
福
治
︵
藤
井
︶
長
澤
昭
子
火
災
早
期
発
見
者
感
謝
状
5
岡仁 慎
︶・ 一
野 ・
口 細
大 川
民 ・ 章
野 ︵
口 大
修 草
二 ︶
︵ 小
竜 澤
原
永
宜
︵
旭
︶
堀
内
真
悟
・
田
口
孝
・
堀
内
幸
良
・
清
水
直
人
・
石
史
・
功
刀
亨
︵
神
山
︶
堀
内
彦
・
宮
川
淳
司
・
横
森
横
森
弘
紀
・
平
賀
定
彦
︵
穂
坂
︶
稔
・
山
本
一
徳
︵
清
哲
︶
功
刀
定
横
森
弘
明
・
曽
雌
金
玉
崎
和
彦
・
松
原
千
取
忠
明
・
小
林
孝
・
望 功 山
月 労 梨
章 県
智
消
︵
防
大
協
草
会
︶
乙
名
種
岡 雄 徹
︶ ・ ・
加 土
藤 橋
健 和
一 仁
・ ︵
定 大
岡 草
久 ︶
仁 滝
︵ 沢
竜 成
澤
龍
範
︵
旭
︶
秋
山
宏
基
・
土
橋
敏
・
橘
田
国
博
・
大
橋
勝
彦
・
中
玉
崎
和
彦
・
久
保
寺
浩
之
︵
韮
崎
︶
浩
・
眞
壁
一
仁
︵
円
野
︶
横
森
秋
・
石
川
明
仁
︵
韮
崎
︶
峡
北
広
域
行
︵
政
中
事
田
務
︶
消 組
岩 防 合
下 長
昌 表
弘 彰
・
雄
・
堀
井
剛
︵
穴
山
︶
秋
山
︵
中
田
︶
生
山
茂
巳
・
利
根
川
英
︵
藤
井
︶
今
福
幸
次
・
輿
石
大
親
口
明
男
・
三
井
孝
宏
・
金
丸
司
︵ 正 坂 伊 種 山
竜
功 梨
岡 樹 藤 労 県
︵
耕
︶
章 消
旭 ︵ 正
防
︶ 穂 ︵
協
細 坂 円
会
川 ︶ 野
表
秋 ︶
彰
一 山 保
甲
之
・
︵
神
山
︶
湯
舟
三
・
仲
田
智
︵
清
哲
︶
功
刀
正
︵
円
野
︶
小
澤
恒
彦
・
伊
藤
正
︵
穴
山
︶
孤
塚
克
彦
・
山
形
拓
也
亨
︵
大
草
︶
千
野
光
彦
︵
竜
岡
︶
︵
神
山
︶
三
枝
政
司
︵
旭
︶
秋
山
山
形
拓
也
︵
円
野
︶
功
刀
正
広
直
木
︵
中
田
︶
小
泉
修
︵
穴
山
︶
坂
︶
作
地
敏
之
・
小
笠
原
司
・
関
匡
・
横
森
幸
久
・
海
瀬
隆
︵
穂
表
彰
者
・
感
謝
状
贈
呈
者
は
次
の
方
々
で
す
。
︵
順
不
同
・
敬
称
略
︶
取
強
・
下
節
也
︵
韮
崎
︶
戸
嶋
新
・ 之
横 ・
森 名
︵
中
田
︶
守
屋
安
則
・
堀
井
実
︵
藤
井
︶
安
藤
章
雅
・
古
屋
勝
黒
晃
・
保
坂
一
夫
・
望
月
和
明
坂
︶
長
田
誠
・
小
林
宏
行
・
乙
宏
・
花
澤
広
治
・
平
賀
剛
︵
穂
取
哲
也
・
花
輪
健
司
・
猪
股
和
坂
茂
︵
韮
崎
︶
大
柴
彰
・
名
表
彰
状
が
、
ま
た
、
消
防
功
労
者
に
は
感
謝
状
が
贈
呈
さ
れ
ま
し
た
。
樹
・
植
松
正
次
・
伊
藤
秀
幸
・
長
た
。
式
典
で
は
、
長
い
間
消
防
団
活
動
に
従
事
さ
れ
た
団
員
に
各
種
山
寺
政
剛
・
市
川
智
・
戸
澤
茂
出
初
式
が
、
1
月
9
日
韮
崎
西
中
学
校
グ
ラ
ウ
ン
ド
で
行
わ
れ
ま
し
守
屋
照
雄
︵
穴
山
︶
横
内
郁
弘
・
平
成
17
年
の
新
春
を
飾
る
韮
崎
市
消
防
団
︵
望
月
由
勝
団
長
︶
山
梨
県
消
防
協
会
峡
北
支
部
長
表
彰
韮
崎
市
消
防
団
出
初
式
野
明
治
︵
竜
岡
︶
秋
山
亨
︵
大
草
︶
保
坂
貢
司
・
千
三
枝
政
司
・
山
崎
十
三
男
︵
旭
︶
︵
穂
坂
︶
萩
原
和
也
︵
藤
井
︶
守
屋
一
・
石
原
伸
・
藤
原
敬
一
・
岩
岩
下
元
弘
・
三
枝
克
彰
・
森
本
純
伏
見
幸
治
︵
清
哲
︶
中
村
吉
男
・
団
長
表
彰
横
内
克
仁
・
堀
川
知
嗣
︵
竜
岡
︶
小
倉
茂
幸
・
飯
野
正
和
︵
大
草
︶
山
︶
五
味
昌
晃
・
山
本
睦
︵
旭
︶
野
富
夫
︵
清
哲
︶
功
刀
勝
彦
︵
神
田
一
之
︵
円
野
︶
小
澤
貴
人
・
築
和
彦
・
嶋
津
徳
彦
︵
穴
山
︶
塩
本
学
・
小
松
義
則
・
生
山
本
英
俊
・
乙
黒
慶
太
︵
藤
井
︶
橋
山
英
樹
︵
穂
坂
︶
戸
島
義
幸
・
山
也
・
望
月
由
穂
・
石
川
宝
王
・
向
純
・
久
保
寺
勇
︵
韮
崎
︶
志
村
竜
お
済
み
で
な
い
方
。
④
③
︵ ②
給 売 額
給 す 出 方 所 に 公 カ 20 業 え
以 所 的 所 万 や る 収 与 っ を
与 。
︶ さ 。
︵
入
所
れ
上 得 年 以 円 営 方
所 た 超
得
る 年 か が 金 上 を 業 、 金 得 方 え
者
方 金 ら あ 受 か 超 な 給 額 者 等 る
で
は の 年 る 給 ら え ど 与 ︶ で ︵ 方
交 や
、
、 み 金 方 者 受 る ︶ 以 が
年
申 で を 。 で け 方 の 外 2 、 換 土
末
告 所 受 ま 、 て 、 合 の 千 給 も 地
調
が 得 け た 年 い 給 計 所 万 与 含 ・
整
必 税 て 、 金 る 与 金 得 円 の む 建
が
要 が い 2 以 方 を 額 ︵ を 年 ︶
。 物
で 算 る カ 外 。 2 が 農 超 額
を
、
れ
て
い
る
方
は
、
申
告
の
必
要
は
あ
与
支
払
報
告
書
が
市
役
所
に
提
出
さ
給
与
所
得
の
み
の
方
で
会
社
か
ら
給
す の に
︽
た 。 所 住 平 市
だ
得 所 成 県
し
を を 17 民
、
申 有 年 税
・
確
告 す 1 国
定
る
月
し 方
申
1 保
て に 日 税
告
い 平 現 等
を
た 成 在 の
し
だ 16 、 申
た
き 年 市 告
方
や
ま 中 内 ︾
使
い
く
だ
さ
い
。
ま
た
、
申
告
者
固
て
い
た
だ
き
、
必
ず
そ
の
用
紙
を
お
め
、
折
り
曲
げ
や
汚
損
等
に
注
意
し
※
こ
の
用
紙
は
す
の
で
、
お
住
ま
い
の
地
区
の
申
告
お
り
地
区
別
に
申
告
相
談
を
行
い
ま
い
た
だ
く
た
め
、
次
ペ
ー
ジ
表
の
と
機
械
で
読
取
る
た
市
で
は
、
申
告
を
身
近
に
行
っ
て
税
務
署
よ
り
送
付
さ
れ
ま
す
。
︽
所
得
税
の
確
定
申
告
用
紙
︾
地
区
別
申
告
相
談
︵
内
線
1
5
2
∼
1
5
4
︶
年
中
の
所
得
が
各
種
控
除
の
合
計
①
事
業
・
不
動
産
所
得
で
、
平
成
16
︽
所
得
税
の
確
定
申
告
︾
い 報
(c) (b) (a) 受
︶ 1 ︵ 雑 医 住け
月 控 損 療 宅る
号 除 控 費 借こ
を の 除 控 入と
除 金が
参 内
容
等で
考 に
特き
に つ
別ま
し い
控す
て て
除。
く は
だ 、
さ 広
該
当
す
る
方
は
、
税
金
の
還
付
を
所
得
者
で
も
、
次
の
控
除
な
ど
に
て
く
だ
さ
い
。
ま
す
の
で
、
期
間
中
に
必
ず
申
告
し
の
発
行
等
が
で
き
な
い
場
合
が
あ
り
険
税
等
の
軽
減
適
用
や
所
得
証
明
書
申
告
が
な
い
場
合
、
国
民
健
康
保
く
だ
さ
い
。
税
務
室
窓
口
で
用
紙
を
お
受
け
取
り
は
該
当
地
区
会
場
で
、
そ
れ
以
外
は
で
す
が
、
地
区
別
申
告
相
談
期
間
中
元
に
届
か
な
い
場
合
に
は
、
お
手
数
●
問
い
合
わ
せ
お
越
し
く
だ
さ
い
。
は
、
収
支
を
ま
と
め
て
申
告
相
談
に
農
業
・
営
業
所
得
等
の
あ
る
方
税
務
室
市
民
税
係
の
限
り
で
は
あ
り
ま
せ
ん
︶
に
扶
養
さ
れ
て
い
る
場
合
に
は
、
そ
等
を
参
考
に
送
付
し
ま
す
が
、
お
手
※
申
告
用
紙
は
、
前
年
の
申
告
実
績
い
し
ま
す
。
要
に
な
り
ま
す
。
︵
同
一
世
帯
の
方
定
す
る
た
め
に
住
民
税
の
申
告
が
必
つ
き
ま
し
て
も
、
所
得
の
有
無
を
判
紙 ︽
市 ︾ 市
県
役
所
民
か
税
ら
・
送
国
付
保
し
税
ま
等
す
の
。
申
告
用
で
配
布
し
ま
す
の
で
ご
協
力
を
お
願
札
は
、
午
前
8
時
よ
り
職
員
が
会
場
に
よ
り
順
次
行
い
ま
す
。
整
理
番
号
前
年
中
に
所
得
が
な
か
っ
た
方
に
⑤
確
定
申
告
が
必
要
の
な
い
給
与
り
ま
せ
ん
。
所
得
の
な
い
方
も
申
告
を
告
時
に
は
ご
持
参
く
だ
さ
い
。
申
告
が
必
要
な
方
で
、
書
き
損
じ
さ
れ
た
場
合
で
も
申
有
の
記
号
が
表
示
さ
れ
て
い
ま
す
の
も う すぐ
確 定 申 告 で す!
!
各
種
申
告
の
際
の
留
意
点
は
次
の
と
お
り
で
す
。
お
早
め
に
申
告
を
お
済
ま
せ
く
だ
さ
い
。
認
し
、
該
当
日
に
申
告
を
済
ま
せ
る
よ
う
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
。
︽ り の 月 ま り
申 受 ま 申 2 せ 午 午
告 付 す 告 日 て 後 前
相 ︾ 。 相 以 い 1 9
談 後 た 時 時
談
は の だ ま ∼
の
午 市 き で 午
受
前 役 ま は 後
付
8 所 す 昼 4
は
時 大 ︶ 食 時
、
か 会 但 の ︵
整
理
ら 議 し た 正
番
に 室 、 め 午
号
な で 3 休 よ
︽
受
付
時
間
︾
と
な
り
ま
し
た
。
市
で
は
、
地
区
ご
と
に
申
告
相
談
・
受
付
日
を
設
け
て
い
ま
す
。
必
要
書
類
等
を
確
控
除
の
受
付
が
で
き
ま
せ
ん
︶
い
よ
い
よ
平
成
16
年
所
得
の
総
決
算
に
あ
た
る
確
定
申
告
及
び
市
県
民
税
・
国
保
税
等
の
申
告
時
期
要
な
書
類
︵
書
類
が
不
足
す
る
と
申
告
書
は
2
月 正
16
日 し
∼
3 く
月
15
日 お
早
め
に
!!
②
所
得
税
申
告
書
、
各
種
控
除
に
必
①
送
付
さ
れ
た
申
告
用
紙
︵
広
報
1
月
号
参
照
︶
︽
持
参
す
る
も
の
︾
相
談
受
付
日
に
お
越
し
く
だ
さ
い
。
6
確定申告相談受付日程
月 日
地区名
会場名
2月16日(水)
穴山町
穴山公民館
2月17日(木)
中田町
中田公民館
2月18日(金)
藤井町
藤井公民館
2月21日(月)
穂坂町
穂坂公民館
2月22日(火)
円野町
円野公民館
2月23日(水)
清哲町
清哲公民館
2月24日(木)
神山町
神山公民館
2月25日(金)
旭町
旭公民館
2月28日(月)
大草町
大草公民館
3月1日(火)
竜岡町
竜岡公民館
月 日 地区名 会場名
2月20日(日)
全地区
2月27日(日)
3月2日(水)
右記以外は、申告相談を行いま
3月3日(木)
せんのでご注意ください。
また、会場が昨年と変更になっ
3月4日(金)
∼3月15日(火)
(土・日を除く)
た地区がありますのでご注意くだ
さい。
上祖母石・下祖母石・一
ツ谷・中央町・水神1∼
2丁目・本町1∼4丁
目・栄1∼2丁目・富士
見ヶ丘1∼2丁目
若宮1∼3丁目・富士見
1∼3丁目・中島1∼2
丁目・岩下・上ノ山
市役所1階
防災会議室
市役所
大会議室
(4階)
全地区
「税の無料相談所」をご利用ください
東京地方税理士会甲府支部は社会的奉仕活動の一環として、平成16年分所得税・消費税の確定申告にあた
り、次の日程と会場で「税の無料相談所」を設け、相談会を行います。
医療費還付申告のための広域無料相談会
甲府市総合市民会館
3階会議室
2月9日(水)・2月10日(木) 10時∼16時
小規模事業者のための無料相談会
所得金額が高額な方、相談内容が複雑な方、譲渡所得があ
る方はご遠慮ください。
甲府市総合市民会館
2月16日(水)∼2月28日(月)
土・日を除く
甲斐市竜王北部公民館
2月21日(月)
南アルプス市白根中央公民館
2月22日(火)
韮崎市役所(大会議室)
2月28日(月)
北杜市役所総合支所
3月1日(火)
お問い合わせ
7
年金受給者及び給与所得者で医療費控除を受けられる方
の税金還付の相談会
東京地方税理士会甲府支部 1055-223-1318
10時∼16時
生活する上で、ごみは大切な問題です。正しい分別・リサイクル、正しい搬出にご協力ください。
平
成
15
年
7
月
か
ら
平
成
16
年
に
、
環
境
家
庭
簿
調
査
を
行
い
、
う
た
め
の
手
助
け
と
な
る
よ
う
温
暖
化
対
策
の
実
践
行
動
を
行
き
、
市
民
一
人
ひ
と
り
が
地
球
い
る
の
か
を
把
握
し
て
い
た
だ
れ
だ
け
の
C
O
2
が
発
生
し
て
を
踏
ま
え
た
中
で
家
庭
か
ら
ど
す化 が る い C て 出 燃 ル ガ て
市 。問 大 に ま O 地 し ご ギ ソ い
で
題 幅 つ す 2 球 て み ー リ く
は
が に れ 。 の 温 い ・ を ン 上
、
深 増 て 生 増 暖 ま 不 大 、 で
こ
加 C 活 加 化 す 燃 量 軽 、
刻
の
し O の に の 。 ご に 油
化 、 2 質 つ 一 こ み 消 な 電
よ
し 地 の が な 因 れ な 費 ど 気
う
て 球 排 向 が と ら ど し の 、
な
水
い 温 出 上 っ な は を 、 エ
状
道
況
ま 暖 量 す て る 全 排 可 ネ 、
私
た
ち
は
快
適
な
生
活
を
し
た 増 る
。 加 冬
す 期
る に
こ C
O
と
2
が の
伺 排
え 出
ま 量
し が
い
ら
れ
る
燃
料
か
ら
排
出
さ
れ
4
2
kg
︶
と
な
り
、
暖
房
に
用
月
︵
8
8
3
kg
︶
、
3
月
︵
8
1月
月別
︵平
1,均
排
0出
4量
2の
kg 順
︶位
、は
2、
て
、
回
答
者
一
世
帯
あ
た
り
の
7
%
︶
に
な
り
ま
し
た
。
そ
し
電
気
9
0
・
5
㌧
︵
2
1
・
電
気
、
ガ
ス
、
水
道
、
ガ
ソ
リ
0
人
︶
に
、
家
庭
で
使
用
す
る
6
月
ま
で
に
モ
ニ
タ
ー
︵
1
0
環
境
室
環
境
保
全
係
︵
内
線
1
2
2
︶
動
を
し
ま
し
ょ
う
!
る
こ
と
を
、
市
民
一
人
ひ
と
り
が
考
え
、
実
践
行
も
う
一
度
、
地
球
温
暖
化
防
止
の
た
め
に
で
き
に
な
り
ま
す
。
自 7
動 7
車 0
で リ
地 ッ
球 ト
を ル
1 と
周 な
︵ り
約 、
4 燃
万 費
km 1
︶ 0
し km
た /
こ r
と の
ン を
の 使
み 用
で し
換 た
算 こ
す と
る に
と な
、 り
1 ま
世 す
帯 。
あ ま
た た
り 、
約 ガ
3,ソ
リ
㌧
︵
2
3
・
4
%
︶
、
第
3
位
3
%
、
第
2
位
灯
油
9
7
・
3
7 算
・ す
3 る
本 と
分 、
に 1
相 世
当 帯
す あ
る た
3,り
年
4 間
6 で
0 ド
リ ラ
ッ ム
ト 缶
ル 1
6
・
8
㌧
で
全
体
の
3
5
・
0
0
0
㌧
に
な
り
ま
す
。
こ
れ
を
灯
油
の
み
で
換
第
1
位
ガ
ソ
リ
ン
が
約
1
4
排
出
原
因
別
の
順
位
で
は
、
れ
ま
し
た
。
2
3
ト
ン
の
C
O
2
が
排
出
さ
い
た
世
帯
の
合
計
で
4
1
6
・
年
間
で
は
、
回
答
を
い
た
だ
た
だ
き
ま
し
た
。
ご
み
の
排
出
量
を
記
録
し
て
い
ン
、
軽
油
な
ど
の
使
用
量
や
、
間C韮
1O崎
02市
4,︵ の
二環
0酸境
0化家
0炭計
㌧素簿
︵
平 ︶
モ
成
15 の ニ
年
7 排 タ
月 出
∼
ー
平 量
成
に
16 は
よ
年
6 、
る
月
︶ 年
、
で 一
、 世
市 帯
全 あ
体 た
の り
世 の
帯 平
で 均
換 排
算 出
す 量
る は
と 、
、 約
約 8
1 ・
0 7
4,㌧
8
第5回 武田の里ウォーク参加者募集
4月16日∼17日(諏訪∼韮崎 50km)
あなたも春の桃源郷を歩いてみませんか
源
郷
を
目
指
し
ま
し
ょ
う
。
※「武田の里ウォーク」は、タイムレースではありません。係員の設定時
刻に合わせたウォーキングを楽しみましょう。係員の指示に従わない場合
は、参加資格を取り消す場合があります。
※ 1
申0
込5
用5
紙1
は 22
、8
市0
役6
所2
窓 口 FAX
及0
び5
市5
教1
育
委 22
員0
会4
に9
も8
用
意
し
て
あ
- -
申 い が く
込 。 必 だ
先
ず さ
開 い
武
催 。
田
要 ︵
の
項 イ
里
・ ン
ウ
参 タ
ォ
加 ー
ー
規 ネ
ク
則 ッ
実
を ト
行
承 ま
委
知 た
員
の は
会
上 、
申 郵
事
込 便
務
み 振
局
を 替
し ︶
て 参
く 加
だ 者
さ 本
人
申
込
方
法
申
込
期
限
内
に
所
定
の
申
込
用
紙
に
よ
り
申
込
み
し
て
り
次
第
締
切
り
ま
す
︶
申
込
期
間
平
成
17
年
2
月
2
日
∼
3
月
25
日
︵
た
だ
し
、
定
員
に
な
ま 注 参 常 参
せ 意 加 の 加
ん
料 な 資
。 申
い 格
込 一 こ
後 人 と 高
の 3,を 校
取
確 生
消 0 認 以
し 0 さ 上
、 0 れ で
不 円 た 健
参 者 康
加 ※
に
に ス
自
つ ポ
信
い ー
が
て ツ
あ
は 傷
り
参 害
、
加 保
健
料 険
康
の 料
に
返 を
つ
金 含
い
は む
て
し
異
:
り
ま
す
。
- -
9
イ
ン
タ
ー
ネ
ッ
ト
で
の
申
込
み
http://www.sportsentry.ne.jp/
※
携
帯
電
話
か
ら
も
申
込
み
が
で
き
ま
す
。
募
集
定
員
先
着
5
0
0
名
の
あ
る
方
、
自
己
の
限
界
に
挑
戦
し
、
桃
畑
の
広
が
る
新
府
桃
日
頃
ウ
ォ
ー
キ
ン
グ
で
汗
を
流
し
て
い
る
方
、
足
腰
に
自
信
ゴ
ー
ル
を
目
指
し
ま
す
。
後 ゴ ス 受
2 ー タ 時 ル ー 付
︶
ト
新
16
府 諏 日
桃 訪 ︵
源 高 土
郷 島 ︶
︵ 城 午
新 後
府 午 8
共 後 時
選 10 ∼
場 時 長
︶
野
︵
県
制
諏
限
訪
時
市
間
17
武
日
道
︵
館
日
集
︶
合
午
訪
湖
高
島
城
を
出
発
地
点
と
し
た
50
km
の
道
程
を
夜
通
し
歩
き
、
﹁
第
5
回
武
田
の
里
ウ
ォ
ー
ク
﹂
を
開
催
し
ま
す
。
桜
満
開
の
諏
コ期
ー ス日
諏平
訪成
高 17
島年
城4
∼月
新 16
府日
桃︵
源土
郷︶
∼
約 17
50 日
km ︵
日
︶
︽
雨
天
決
行
︾
武
田
の
里
ウ
ォ
ー
ク
実
行
委
員
会
で
は
、
昨
年
に
引
き
続
き
、
武
田
の
里
ウ
ォ
ー
ク
︵
概
要
︶
68歳・69歳の方!
「山梨県老人医療費助成制度」が変わります!
現在、高齢者の保険診療の自己負担軽減のための山梨県老人医療費助成制度により医療費の助成を行って
いますが、来年度からこの制度に対象となる方の要件が次のように変わります。
平成17年3月31日まで〈現行制度〉
市内に住所のある方で医療保険に加入している
方のうち、
①68・69歳の方
②65∼67歳のひとりぐらしの方(市内に1親等
の血族及び配偶者のいない方)
で、所得が一定の基準額以下の方。
(老人保健で医療を受けられる方は除きます。)
※一定の基準以下の方とは、老齢福祉年金所得制
限基準以下の方です。
平成17年4月1日から〈新制度〉
市内に住所のある方で医療保険に加入してい
る方のうち、68・69歳の方で、同じ世帯の全員
が市町村民税非課税の方。
(老人保健で医療を受けられる方は除きます。)
※ただし、平成17年3月31日までに対象者
と認められ、受給者証の交付を受けた方につい
ては、現行制度の要件を満たしている間は、70
歳まで助成を受けることができます。
対象になる方には、市役所から通知が届きます。該当通知を受取った方は、忘れずに受給者
証の交付を受けてください。
県単独助成制度該当者の助成内容
国保、被用者保険の被扶養者の方
受給者番号の先頭の桁
県内の医療機関等での
負担割合及び助成金の
支給方法
1か月に負 外来のみ
担した額の
入院がある
限度額
3(一般の方)
5(低所得の方)
被用者保険の本人、一部の国保組合の方
7(一般の方)
8(低所得の方)
1割(老人保健法の一部負担金相当額) 3割(各医療保険の一部負担金)
受給者証を提示することにより窓口で 助成金請求書に保険給付を受けたことが
の負担割合が軽減され自動的に助成さ 分かる領収証を添付するか医療機関等の
れます。
証明を受けて市役所に提出してください。
なお、入院の1割の負担額が所得の 助成金を確認のうえ、指定の口座へ振込
区分に応じた下記の限度額を超える場 みます。
合は、限度額までの負担となります。
12,000円
8,000円
12,000円
8,000円
40,200円
24,600円
40,200円
24,600円
治療用装具等、一度全
額負担をしたとき
先に加入する医療保険で保険給付を受けてから、市役所に助成金請求書を提出して
ください。確認のうえ助成が受けられます。
県外で受診したとき
助成金請求書に保険給付を受けたことが分かる領収証を添付するか医療機関等の
証明を受けて市役所に提出してください。確認のうえ助成が受けられます。
1か月の負担限度額を
超えているとき
市役所に助成金請求書を提出してくだ 助成金の計算の際、限度額までの負担とな
さい。確認のうえ助成が受けられます。 りますので、同じ月のものはまとめて請求
するようにしてください。
※助成金の請求書は国保医療係窓口に用意してあります。必要枚数お申し出ください。
韮崎市老人医療費助成事業について
韮崎市では、山梨県老人医療費助成制度の対象にならなかった方で、69歳の方を対象に70歳になるま
での1年間の医療費の助成を行ってきました。
しかし、山梨県老人医療費助成制度の改正に伴い、平成17年3月31日で廃止となります。
なお、3月までに受給者証を交付された方は経過措置として、70歳になるまで助成が受けられます。
お問い合わせ 市民室国保医療係22-1111(内線116・117)
10
種 類
対象者
BCG
A
ポ
リ
オ
や
三
種
混
合
、
麻
し
ん
出生から生後6ヶ月未満
出生から生後4歳まで
65歳以上
もしくは必要と認める者
結核検診
や
風
し
ん
、
日
本
脳
炎
等
に
つ
い
て
平成16年度まで
Q.に
ご
他 相
の 談
予 く
防 だ
接 さ
種 い
は
ど 。
う
な
る
の
?
な
り
ま
す
の
で
、
か
か
り
つ
け
医
等
まが
す表平
。の成
よ 17
う年
に度
大か
きら
く結
改核
正予
さ防
れ法
BCG接種
ツベルクリン反応検査を実
(ツベルクリン反応検査廃止) 施し、陰性者にBCG接種
接種方法
は
、
予
防
接
種
法
で
実
施
し
て
お
り
、
平成17年度から
等
で
受
け
る
任
意
接
種
︵
自
費
︶
に
-
-
1 健 1 保 お
23 康 23 健 問
3 課 4 福 い
0 3 祉 合
7
1 セ わ
4
0 ン せ
タ
韮 ー
崎 保
保 健
健 予
所 防
長 係
寿 を
希
望
さ
れ
る
場
合
は
、
医
療
機
関
19歳以上
ん
。
6
ヶ
月
以
上
の
子
ど
も
で
接
種
未
満
の
お
子
様
し
か
接
種
で
き
ま
せ
防
接
種
は
、
出
生
か
ら
生
後
6
ヶ
月
A の 歳 Q.れ 応 G 会 A
? ま
た 検 接 で 市
で B た 査 種 検 厚
が
の C め の に 討 生
例
場 G 廃 有 お さ 労
年
合 は 止 効 け れ 働
、
、 、 と 性 る 、 省
実
接 生 な は ツ 小 の
施
種 後 り 低 ベ 児 厚
し
で 6 ま い ル の 生
て
き ヶ し と ク 初 科
い
な 月 た 認 リ 回 学
る
い ∼ 。 め ン B 審
予
4
ら 反 C 議
必
要
が
あ
る
と
認
め
る
者
率
や
そ
の
他
の
事
情
か
ら
検
診
の
・
検
診
に
よ
る
結
核
患
者
の
発
見
検
診
が
必
要
な
者
・
市
内
の
結
核
発
生
状
況
に
よ
り
者
は
・
・
・
な
く
て
い
い
の
?
A な Q.実 ん 40 A
人
施 ・ 歳 こ ? 必 い 結 以 市
こ
要 た 核 上 の
で
と し レ の ﹃
必
認 ま ン 方 総
要
め す ト を 合
と
る 。 ゲ 対 検
認
者
ン 象 診
め
と
検 に ﹄
て
は
診 ﹂ で
い
ど
﹂ 肺 は
る
ん
を が 、
Q.て
低
ツ い
ベ た
ル め
ク 。
リ
ン
反
応
検
査
は
し
小
児
結
核
に
か
か
る
可
能
性
が
極
め
ど
う
な
る
の
?
Q.
ん
・
結
核
レ
ン
ト
ゲ
ン
検
診
﹂
は
毎
年
受
け
て
い
る
﹁
肺
が
A
生
後
6
ヶ
月
以
上
の
子
ど
も
が
ヶ
月
ま
で
な
の
?
結
核
レ
ン
ト
ゲ
ン
検
診
Q.
ど
う
し
て
B
C
G
は
、
生
後
6
B
C
G
せ 法
ん 律
。 が
違
う
た
め
変
更
は
あ
り
ま
∼
B
C
G
接
種
・
結
核
レ
ン
ト
ゲ
ン
検
診
∼
結
核
予
防
法
が
変
わ
り
ま
す
!
口コミ!ロケ地募集
「この場所は、ラブ・ロマンスにピッタリ!」
ロケを想定して、使えそうな場所をお知らせください。あな
たの身近な場所が、映画やドラマに使われるかも・・・
応募方法 次の事項を明記の上、山梨県内のおすすめロケ地の
写真を添付し、メールまたはフィルム・コミッションのホーム
ページよりご応募ください。
応募先メールアドレス [email protected]
ホームページアドレス http://www.pref.yamanashi.jp/fc/
記載事項
・ロケ地に関すること
名称、所在地、紹介コメント
・情報提供者に関すること
氏名、ハンドルネーム、住所(市町村名)、電話番号、メールアドレス
*添付する写真画像のファイル形式はjpeg形式、サイズは240ピクセル×180ピクセルでお願いします。
*応募画像は、著作権を放棄されたものに限ります。
*応募いただいた情報は、ホームページで紹介するとともにデータベースに登録します。
お問い合わせ 山梨県観光部観光企画課(富士の国やまなしフィルム・コミッション事務局)
電話 055-223-1556 FAX055-223-1574[email protected]
11
-
ラ 甘 1ラ 北 問 申 ︵ 申 月 開
ブ 利 23 ブ 東 合 込 木 込 1 設
児 5
児 せ 書 ︶ 日 日 時
童 5
よ 間
童 先 を ま
提 で 希 り
セ 5
セ
出 に 望 実 午
ン 0
ン
施 後
し 各
タ
タ
て セ 者 予 1
ー
ー
く ン は 定 時
放
放
だ タ 、 ︶ ∼
課
課
さ ー 2
後
7
後
い ま 月
児
時
児
。 で 24
童
︵
童
ク
4
ク
に 日
ー
ン
﹂
を
取
り
扱
っ
て
い
ま
す
。
入
軽
減
を
目
的
と
し
た
﹁
国
の
教
育
ロ
に
か
か
る
ご
家
庭
の
経
済
的
負
担
の
﹁
国
の
教
育
ロ
ー
ン
﹂
の
ご
案
内
国
民
生
活
金
融
公
庫
で
は
、
教
育
-
6 目 庫
1 26 甲
2 府
市
1 店
0 ︵
5 甲
5 府
市
2 丸
2 の
4 内
5 2
3 丁
お
問
い
合
わ
せ
-
国
民
生
活
金
融
公
ま
す
。
こ
れ
か
ら
の
整
備
に
む
け
て
、
月
10
日
現
在
︶
利 含 据
率 ま 置
れ が
年 ま で
1 す き
・ 。
︶ ま
7
す
%
︵
︵
ご
平
返
成
済
16
期
年
間
11
に
館
、
蔵
屋
敷
ブ
を
各
児
童
セ
ン
タ
ー
に
設
置
し
て
育
成
事
業
に
よ
る
放
課
後
児
童
ク
ラ
在
学
期
間
内
で
元
金
の
て
は
、
1
年
の
延
長
が
可
能
︶
家
庭
ま
た
は
母
子
家
庭
の
方
に
つ
い
健
全
な
育
成
環
境
の
提
供
を
目
的
と
な
保
護
が
受
け
ら
れ
な
い
児
童
に
、
10
年
以
内
︵
交
通
遺
児
す
。
留
学
資
金
も
対
象
と
な
り
ま
す
。
韮
崎
市
で
は
、
放
課
後
帰
宅
し
て
だ
さ
い
。
展 で 展 募 だ
示 集 さ
示
期 期 い
場
間 間 。
所
返
済
期
間
も
保
護
者
の
就
労
な
ど
に
よ
り
適
切
新
府
城
の
発
掘
と
整
備
新
府
城
の
発
掘
調
査
が
進
ん
で
い
韮
崎
市
立
民
俗
資
料
措
置
期
間
し
た
放
課
後
児
童
健
全
4
月
2
日
か
ら
17
日
ま
3
月
1
日
か
ら
カ
月
以
上
の
教
育
施
設
に
限
り
ま
*
中
学
卒
以
上
で
、
修
業
年
数
が
6
種
学
校
な
ど
方
は
、
民
俗
資
料
館
ま
で
ご
連
絡
く
ま
し
ょ
う
。
雛
人
形
を
展
示
し
た
い
校
、
短
期
大
学
、
大
学
、
専
修
・
各
融
資
の
対
象
と
な
る
学
校
高
等
学
す
。
見
学
を
兼
ね
て
一
度
ご
来
館
く
み
ん
な
で
ひ
な
祭
り
を
お
祝
い
し
き
金
2
0
0
万
円
以
内
業家
∼庭
子教
育育
て支
講援
座総
∼合
推
進
事
も
遊
び
に
来
て
い
た
だ
け
る
施
設
で
っ
て
お
り
ま
す
。
気
軽
に
ど
な
た
で
は
、
午
前
9
時
か
ら
午
後
6
時
と
な
各
児
童
セ
ン
タ
ー
の
開
館
時
間
ま
せ
ん
か
。
民
俗
資
料
館
か
蔵
屋
敷
に
飾
っ
て
み
﹁
民
俗
資
料
館
で
ひ
な
祭
り
﹂
で
、
り
ま
し
た
ら
4
月
に
開
催
す
る
展
示
融 だ 族 内
資 け ま の
額 る た 保
場 は 護
学 合 ご 者
生 が 本 の
・ あ 人 方
生 り で ︵
徒 ま も そ
お す ご の
一 。
︶ 利 他
人
用 の
に
い ご
つ
た 親
に
あ
り
ま
す
。
*
申
込
み
用
紙
は
各
児
童
セ
ン
タ
ー
1 ラ 韮 1 ラ 北 1
22 ブ 崎 22 ブ 西 23
児 1
児 1
7
童 7
童 5
6
セ 7
セ 3
8
ン 5
ン 5
7
タ
タ
ー
ー
放
放
課
課
後
後
児
児
童
童
ク
ク
し で 供
お た 行 の 最
家 。 う 成 近
に
こ 長 で
眠
と を は
っ
が 祝 、
て
少 う 雛
い
な ひ 人
る
く な 形
雛
な 祭 を
人
っ り 飾
形
て を り
が
き 家 、
あ
ま 庭 子
︵
事
業
所
得
社
は
7
7
0
万
円
︶
以
世
帯
の
年
間
収
入
が
9
9
0
万
円
-
学
時
や
在
学
中
の
費
用
と
し
て
幅
広
現
在
ど
の
よ
う
に
進
め
ら
れ
て
い
る
か
出
土
遺
物
と
あ
わ
せ
て
展
示
し
て
小
学
校
1
∼
3
年
生
の
い
ま
す
の
で
ご
利
用
く
だ
さ
い
。
-
く
ご
利
用
す
る
こ
と
が
で
き
ま
す
。
い
ま
す
。
対
象
児
童
-
お 展 場 翌 曜 日
問 示 所 日 日 時
い 室
は 、
合
韮 休 木 2
わ
崎 館 曜 月
せ
市 ︶ 日 27
立 9 の 日
韮
民 時 午 ま
崎
俗 か 前 で
市
資 ら 中 ︵
立
料 4 、 た
民
館 時 祝 だ
俗
1 30 日 し
資
階 分 の 月
-
料
館
22
1
6
9
6
留
守
家
庭
の
児
童
ひ
な
人
形
募
集
ご ま 時 に で 窓 例
利 す 期 お 、 口 年
用 。 に 申 志 が 受
い
あ し 望 混 験
た
わ 込 校 み シ
だ
せ み が 合 ー
け
て く 決 っ ズ
る
ご だ ま て ン
方
利 さ り ま に
用 い 次 い な
い 。 第 り り
た 希 お ま ま
だ 望 早 す す
け の め の と
12
2
2 0 0 5 February
日 月 火 水
木
金
土
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
日 ﹁
時 家
族
2 や
仲
月 間
23 と
日 楽
︵ し
水 む
︶ 多
午 言
後 語
7 ﹂
時
★
音
楽
を
楽
し
む
集
い
ふ
れ
あ
い
館
2
月
20
日
︵
日
︶
北
杜
市
須
玉
町
話教
そ育
う講
﹂演
会
﹁
7
ヶ
国
語
で
★
民
謡
を
楽
し
む
集
い
2
月
11
日
︵
金
︶
市
民
会
館
★
詩
吟
を
楽
し
む
集
い
踊
︶
﹂
を
開
催
し
ま
す
。
課 峡
1 北
23 地
3 域
0 振
7 興
9 局
農
務
部
地
域
農
政
お
問
い
合
わ
せ
後
5
時
ま
で
︶
付
時
間
は
、
平
日
午
前
9
時
か
ら
午
申
し
込
み
を
お
願
い
し
ま
す
。
︵
受
つ
ど
い
︵
詩
吟
・
民
謡
・
音
楽
・
舞
ま
な
し
県
民
文
化
祭
地
域
フ
ェ
ス
テ
協
会
連
絡
協
議
会
で
は
、
第
4
回
や
ル
実
行
委
員
会
及
び
峡
北
地
域
文
化
県
民
文
化
祭
峡
北
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ィ
バ
ル
の
一
環
と
し
て
、
﹁
楽
し
む
申
込
み
方
法
前
日
ま
で
に
電
話
で
化
に
も
精
通
︶
格
的
に
紹
介
し
、
日
本
各
地
の
食
文
ー
フ
ー
ド
運
動
を
日
本
に
初
め
て
本
ョ
ン
作
家
、
イ
タ
リ
ア
発
祥
の
ス
ロ
﹁
楽
し
む
集
い
﹂
開
催
講 い ︵ 場
乗
師 。
︶ り 所
合
島
わ 須
村
せ 玉
菜
て 農
津
お 村
︵
出 交
ノ
掛 流
ン
け セ
フ
く ン
ィ
だ タ
ク
シ
さ ー
リ
ー
ク
ラ
ブ
1
42
4
6
6
0
森
本
言
語
交
流
研
究
所
ヒ
ッ
ポ
フ
ァ
ミ
お
問
い
合
わ
せ
参 み 人 者
加 た 間 の
費 い ・ 皆
と 国 さ
無 思 際 ん
料 い 化 と
︵ ま ﹂ 一
無 す に 緒
料 。 つ に
託
い ﹁
児
て こ
あ
考 と
り
え ば
︶
て ・
1 市 1 甲
0
5
5
2
5
2
7
2
3
9
-
企
画
財
政
室
企
画
政
策
係
-
22
1
1
1
1
︵
内
線
3
2
2
・
-
3
2
3
︶
と
を
お
話
し
し
ま
す
。
当
日
は
参
加
ば
ら
し
い
峡
北
の
食
が
見
つ
か
る
は
と
ば
を
同
時
に
自
然
習
得
で
き
る
こ
今
一
度
見
直
し
て
み
ま
せ
ん
か
。
す
を
も
と
に
、
誰
で
も
い
く
つ
も
の
こ
1 当 事 帰 お
22 務 郷 問
3小 局 北 い
0林 ︵ 地 合 ︵
5
峡 域 わ 4
7
北 文 せ 部
門
地 化
と
域 協
も
振 会
同
興 連
じ
局 絡
︶
内 協
︶ 議
担 会
特
設
人
権
相
談
﹁
人
権
﹂
と
は
、
﹁
人
が
幸
せ
に
入 ※ 日 ず
場 時 時 で
料 間
す
は 3 。
無 ご 月
料 確 8
認 日
く ︵
だ 火
さ ︶
い 午
。 前
10
時
-
生
活
で
き
る
た
め
に
必
要
な
権
利
﹂
13
情 報
行事の詳しい内容は主催者にお問い合わせください。
-
2
月
27
日
︵
日
︶
∼
9
時
・
2
月
26
日
︵
土
︶
午
前
10
-
時
30
分
∼
12
時
30
分
ら
く し の
府
地
方
法
務
局
人
権
擁
護
課
場 午 日
所 後 時
3
市 時 2
民 月
会
7
館
︵
3
月
階
︶
和
午
室
前
10
時
∼
特
設
人
権
相
談
業
、
皆
さ
ん
の
身
の
回
り
︵
食
︶
を
、
を
通
じ
て
得
た
、
様
々
な
事
例
な
ど
峡
北
地
域
で
は
当
た
り
前
な
農
い
る
今
日
、
私
た
ち
が
多
言
語
活
動
研峡
修北
会の
農
と
食
を
考
え
る
講 室 場
所
演
内
韮
容
崎
市
国
文
際
化
化
が
ホ
ー
求
ル
め
・
ら
会
れ
て
議
時 ふ
間 れ 3
あ 月
受 い 13
付 館 日
9
︵
時
日
︶
開
北
会
杜
9
市
時
須
30
玉
分
町
★
踊
り
を
楽
し
む
集
い
相
談
く
だ
さ
い
。
秘
密
厳
守
・
無
料
心
配
ご
と
が
あ
り
ま
し
た
ら
お
気
軽
で
相
談
に
応
じ
ま
す
。
に
法
務
局
又
は
人
権
擁
護
委
員
に
ご
市
文
化
ホ
ー
ル
小
ホ
ー
ル
で
す
。
人
権
に
関
す
る
困
り
ご
と
や
1 お
場
所
大
会
議
室
の
は
あ
な
た
だ
﹂
午
後
1
時
∼
2
時
25
分
第 の
午 う
第 法
日 2 ト ﹁ 後 も ﹁ 午 日 1 律 山
時 回 ラ 消 2 の 桃 後 時 回 講 梨
2
ブ 費 時 に 太 1 座 県
月
ル 者 35 つ 郎 時 2
﹂ 弁
26
事 問 分 い の ∼ 月
を 護
日
例 題 ∼ て は 2 19
行 士
︵
を に 4 ﹂ な 時 日
い 会
土
中
時
25 ︵
ま 主
し 分 土
︶
心 つ
す 催
法
に い
︶
。 の
し て
律
﹁
て 最
と
市
い
民
﹂ 近
NTT東日本山梨支店からのお知らせ
NTT東日本山梨支店では、お客様の更なるサービス向上を図るた
め、新しい交換機への更改工事を実施します。
つきましては、本工事に伴い韮崎市でISDN回線をお使い頂いて
いるお客様の電話が、次の日程のとおり一時ご利用できなくなります。
■電話のご利用できない日時
平成17年2月25日(金)
平成17年3月11日(金) 各日の午前1時30分から午前3時の間
平成17年3月25日(金) 約10分程度
種
に
関
す
る
さ
ま
ざ
ま
な
相
談
を
受
を
深
め
て
い
た
だ
く
た
め
、
予
防
接
ご注意 本工事に伴い、直接お宅にお伺いすることはございません。
土
日
に
予
防
接
種
を
行
い
ま
す
。
ま
後
6
時
こ
ろ
∼
午
後
8
時
こ
ろ
︶
や
方
々
の
た
め
に
、
平
日
の
夜
間
︵
午
時
間
に
予
防
接
種
が
受
け
に
く
い
︵
社
︶
山
梨
県
医
師
会
0
5
5
2
2
5
5
2
2
3
1
4
9
4
お
問
い
合
わ
せ
の
協
力
医
療
機
関
実
施
機
関
歳
∼
7
歳
半
の
子
ど
も
︶
-
お問い合わせ NTT東日本山梨支店 0120-940665(平日9:00∼17:00)
工事実施後、通話(通信)できない場合は「故障係」局番なしの
113番もしくは0120-444-113(携帯電話)へご連絡願います。
た
、
保
護
者
を
は
じ
め
と
す
る
地
域
-
6
1
6
1
1
住
民
の
方
々
に
予
防
接
種
へ
の
理
解
-
■工事の対象となる番号 下の番号帯でISDN回線としてご利用の一
部の方
20-1000∼20-1999番 22-0000∼22-9999番
23-0000∼23-7999番 30-0000∼30-5999番
け
付
け
ま
す
。
-
※この時間帯に通話(通信)中のお客様は、途中で切断となる場合が
ございますのでご了承ください。
※また停止時間中に110番、119番への緊急通報が必要となった場合は、
携帯電話かPHSからの通報をお願いいたします。
市
民
法
律
講
座
-
﹁
裁
判
員
制
度
に
つ
い
て
裁
く
-
午
後
2
時
35
分
∼
4
時
-
﹁
男
と
女
の
法
律
関
係
結
婚
・
-
山
梨
県
弁
護
士
会
館
4
階
離
婚
・
愛
人
問
題
等
﹂
-
問
い
合
わ
せ
-
0
5
5
2
3
5
7
2
0
2
-
子
供
予
防
接
種
週
間
-
3
月
1
日
か
ら
1
週
間
は
﹁
子
ど
も
-
予
防
接
種
週
間
﹂
で
す
。
こ
れ
は
、
-
予
防
接
種
へ
の
関
心
を
高
め
る
こ
と
県
健
康
増
進
課
0
︵
社
︶
山
梨
県
医
師
会
こ
の
期
間
中
に
は
、
通
常
の
診
療
類
疾
病
の
被
接
種
対
象
者
︵
特
に
1
と
を
目
的
に
行
っ
て
い
ま
す
。
も
の
予
防
接
種
率
を
向
上
さ
せ
る
こ
で
、
依
然
と
し
て
低
い
水
準
の
子
ど
対 日 期
象 ︵ 間
者 月
︶ 3
予
月
防
1
接
日
種
︵
法
火
に
︶
基
∼
づ
3
く
月
一
7
韮崎市文化ホールインフォメーション
アヴェ・マリア 奥村愛 with フレンズ
3月 5日(土) PM 2:30 開演 / 韮崎市文化ホール・大ホール
入場方法 S席3000円 A席2000円(全席指定)
J−CLASSIC界でトップクラスの人気、CM、テレビ番組でも活躍するヴァイ
オリニスト奥村愛が、お気に入りのアンサンブル“フレンズ”とクラシックの名曲を
お届けします。
ジョージ・ウィンストン
A Solo Piano Concert
MONTANA-A LOVE STORY TOUR
5月 21日(土) PM 2:00 開演 / 韮崎市文化ホール・大ホール
入場方法 6000円(全席指定)
やさしく美しいピアノの調べ・・・2年ぶりの来日公演。『オータム』、『ウィンタ
ー・イントゥ・スプリング』ほか、その季節をテーマに据えた印象派的アプローチで
一世を風靡したピアニズムの世界へ誘います。
問い合わせ先 韮崎市文化ホール(10551-20-1155)(月曜休館)詳しくはホームページでhttp//www.nirasaki.net
韮崎市ホームページアドレス http://www.city.nirasaki.yamanashi.jp/
14
を交
朗付
読税
す務
る署
主
齊催
藤﹁
さ納
ん税
表
彰
式
﹂
で
作
文
齊
藤
香
菜
さ
ん
が
東
京
国
税
局
長
賞
を
受
賞
さ
れ
ま
し
た
。
﹁
社
会
で
な
く
心
を
豊
韮か
崎
高に
等す
学る
校た
1
年め
に
齊﹂
数
を
数
え
る
些
細
な
率
で
あ
っ
て
も
、
っ
と
も
身
近
な
税
と
言
え
ま
す
。
少
い
私
た
ち
に
と
っ
て
は
消
費
税
が
も
と
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
働
い
て
い
な
引
か
れ
る
の
は
無
性
に
腹
が
立
つ
こ
懸
命
働
い
て
稼
い
だ
お
金
を
、
差
し
て
い
て
も
、
せ
っ
か
く
自
分
が
一
生
確
か
に
、
例
え
そ
れ
が
税
だ
と
知
っ
い
う
言
葉
に
疑
問
を
持
ち
ま
し
た
。
し
た
。
私
は
、
こ
の
﹁
強
制
的
﹂
と
立
て
る
金
銭
﹂
と
記
さ
れ
て
あ
り
ま
団
体
が
、
国
民
か
ら
強
制
的
に
取
り
そ
こ
に
は
﹁
国
家
ま
た
は
地
方
公
共
書
で
調
べ
て
み
ま
し
た
。
す
る
と
、
し
ょ
う
か
?
気
に
な
っ
た
私
は
、
辞
言
葉
は
、
ど
ん
な
意
味
を
持
つ
の
で
っ
て
い
る
税
。
そ
も
そ
も
税
と
い
う
日
本
で
国
民
が
納
め
る
義
務
と
な
世
界
で
す
。
金
は
、
す
べ
て
自
分
の
も
の
と
な
る
極
端
に
い
え
ば
、
自
分
の
稼
い
だ
お
な
い
日
本
を
思
い
描
い
て
く
だ
さ
い
。
ら
で
す
。
例
え
ば
、
納
税
の
義
務
の
な
い
の
か
、
と
て
も
疑
問
に
思
う
か
受
け
身
の
立
場
で
い
な
く
て
は
な
ら
の
社
会
を
豊
か
に
す
る
の
に
、
な
ぜ
と
は
腑
に
お
ち
ま
せ
ん
。
税
は
私
達
﹁
強
制
的
﹂
に
税
を
支
払
う
と
い
う
こ
先
ほ
ど
も
述
べ
た
よ
う
に
、
私
は
で
絞
め
て
い
る
こ
と
に
な
り
ま
す
。
に
出
す
こ
と
で
、
自
ら
の
首
を
自
分
え
て
み
る
と
、
私
達
は
ゴ
ミ
を
大
量
る
と
思
い
ま
す
。
こ
う
一
直
線
に
考
ち
ろ
ん
、
体
や
心
に
も
余
裕
が
で
き
に
か
か
る
負
担
が
無
く
な
る
の
は
も
人
々
が
み
な
健
康
に
な
れ
ば
医
療
費
が
少
な
か
ら
ず
無
く
な
り
ま
す
。
活
は
綺
麗
に
な
り
、
衛
生
上
の
問
題
で
す
。
ゴ
ミ
が
減
れ
ば
、
私
達
の
生
ま
か
な
う
金
額
が
少
な
く
て
済
む
の
を
減
ら
せ
ば
減
ら
す
ほ
ど
、
税
金
で
入
源
の
な
い
政
府
は
、
も
う
自
分
た
で
す
。
し
ま
い
に
は
税
金
と
い
う
収
ら
こ
ち
ら
で
飛
び
か
っ
て
い
る
は
ず
張
る
よ
う
な
金
額
の
取
引
が
、
あ
ち
目
が
な
い
こ
の
世
界
で
は
、
目
を
見
お
金
を
貯
め
よ
う
に
も
、
監
視
す
る
そ
れ
を
他
人
の
目
で
見
る
で
し
ょ
う
。
お
金
を
集
め
る
の
に
必
死
な
人
々
は
、
も
、
火
を
消
す
消
防
士
も
い
ま
せ
ん
。
の
で
す
。
例
え
、
火
事
が
起
こ
っ
て
そ
れ
を
取
り
締
ま
る
警
察
も
い
な
い
時
に
は
殺
し
も
し
ま
す
。
し
か
し
、
ま
い
に
盗
み
を
働
き
、
他
人
を
騙
し
、
そ
し
て
、
お
金
が
必
要
な
人
々
は
し
い
の
で
払
え
な
い
人
が
出
て
き
ま
す
。
に
い
く
の
で
す
が
、
保
険
料
が
出
な
ん
。
そ
こ
で
、
病
院
へ
治
療
を
受
け
気
に
な
っ
て
し
ま
う
か
も
し
れ
ま
せ
健
康
を
保
つ
こ
と
は
で
き
ず
、
皆
病
と
て
も
汚
い
環
境
の
中
で
、
人
々
は
世
界
は
、
ゴ
ミ
で
溢
れ
て
い
ま
す
。
す
。
処
理
を
す
る
人
が
い
な
い
こ
の
次
に
そ
の
世
界
の
ゴ
ミ
の
話
題
で
ま し の
す て 人 こ
。 く が れ
れ 税 を
る に 読
こ 向 ん
と け で
を る 、
、 目 少
私 を し
は 柔 で
期 ら も
待 か 多
し く く
る
存
在
で
し
か
な
い
の
で
す
。
思
い
ま
す
。
税
は
そ
の
手
助
け
を
す
心
を
豊
か
に
す
る
最
善
の
手
段
だ
と
し
伸
べ
る
。
こ
れ
こ
そ
が
、
社
会
と
や
り
、
困
っ
て
い
る
人
に
は
手
を
差
ず
社
会
に
生
き
、
尚
、
他
者
を
思
い
し
ょ
う
か
?
お
金
に
と
ら
わ
れ
す
ぎ
な
く
、
私
達
自
身
な
の
で
は
な
い
で
は
、
税
を
上
げ
る
か
下
げ
る
か
で
は
変
え
て
い
か
な
く
て
は
な
ら
な
い
の
役
割
を
持
っ
て
い
ま
す
。
し
か
し
、
ど
の
区
に
で
も
、
税
金
は
大
き
な
る
と
聞
き
ま
し
た
。
将
来
税
金
を
導
入
す
る
可
能
性
が
あ
は
、
資
源
の
有
限
性
を
考
慮
し
て
、
す
。
そ
れ
で
も
、
ナ
ウ
ル
共
和
国
で
国
家
財
政
が
豊
か
だ
と
い
う
こ
と
で
藤
香
菜
品
賞
が
決
定
し
、
山
梨
県
内
で
は
、
山
梨
県
立
韮
崎
高
等
学
校
1
年
作
文 国
﹂ 税
︵ 庁
東 主
京 催
国
の
税 平
局 成
管 16
内
年
応 度
募
︵
作 第
品
43
数 回
9,
︶
﹁
5 税
7 に
8 関
編 す
︶ る
の 高
優 校
秀 生
作 の
東
京
国
税
局
長
賞
受
賞
税
に
関
す
る
高
校
生
の
作
文
ま
す
。
つ
ま
り
、
私
達
が
出
す
ゴ
ミ
の
処
理
費
も
税
金
か
ら
出
さ
れ
て
い
え
ば
、
私
達
が
毎
日
出
す
ゴ
ミ
。
こ
う
で
す
。
さ
ら
に
身
近
な
も
の
で
い
路
、
そ
し
て
警
察
、
消
防
な
ど
も
そ
て
い
ま
す
。
ま
た
、
私
達
が
歩
く
道
と
ん
ど
は
税
金
に
よ
っ
て
建
て
ら
れ
え
ば
、
病
院
や
学
校
。
こ
れ
ら
の
ほ
立
っ
て
い
る
と
思
う
か
ら
で
す
。
例
税
に
よ
っ
て
私
た
ち
の
社
会
が
成
り
ろ
、
そ
の
逆
な
の
で
す
。
そ
れ
は
、
神
な
わ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
。
む
し
な
い
人
も
い
る
で
し
ょ
う
。
強
も
せ
ず
、
無
教
養
の
ま
ま
何
も
し
ま
す
。
も
し
か
し
た
ら
、
中
に
は
勉
こ
で
勉
強
し
て
い
る
可
能
性
も
あ
り
学
校
で
、
高
い
授
業
料
を
払
い
、
そ
ど
こ
か
の
お
金
持
ち
の
人
が
建
て
た
る
の
か
も
し
れ
ま
せ
ん
。
ま
た
は
、
誰
か
親
切
な
人
に
授
業
を
受
け
て
い
ー
ト
を
持
ち
、
鉛
筆
を
握
り
し
め
、
で
、
た
だ
地
面
に
座
り
、
片
手
に
ノ
す
。
私
達
は
机
も
椅
子
も
な
い
環
境
で
も
、
そ
こ
に
は
学
校
が
な
い
の
で
を
受
け
さ
せ
な
く
て
は
な
り
ま
せ
ん
。
く
な
っ
て
も
子
供
に
﹁
普
通
教
育
﹂
そ
の
世
界
で
は
納
税
の
義
務
が
な
つ
ま
り
、
税
を
納
め
な
く
て
も
既
に
と
い
う
こ
と
に
関
係
が
あ
り
ま
す
。
ナ
ウ
ル
共
和
国
が
資
源
の
産
出
国
だ
が
そ
う
で
す
。
税
の
な
い
理
由
は
、
の
は
存
在
し
ま
す
。
ナ
ウ
ル
共
和
国
現
実
に
、
税
金
の
な
い
国
と
い
う
り
ま
せ
ん
。
し
も
こ
う
な
る
と
い
う
わ
け
で
は
あ
す
。
こ
れ
は
例
え
ば
の
話
で
、
必
ず
た
れ
、
貧
し
く
な
っ
て
い
っ
た
の
で
社
会
だ
け
で
な
く
、
人
々
の
心
も
す
お
金
に
と
ら
わ
れ
た
こ
の
世
界
で
、
い
い
な
り
に
な
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
な
く
な
り
、
よ
こ
し
ま
な
金
持
ち
の
ち
の
力
で
や
っ
て
い
く
こ
と
が
で
き
し
か
し
私
達
に
と
っ
て
税
は
疫
病
人
は
ま
ず
い
な
い
で
し
ょ
う
。
みんなの広場に、サークルやいろいろな活動など、紹介したいものをおよ撃ケ下さい。写真に紹介文を添えて送って下さ
い。また、俳句、川柳などの作品も募集しています。
15
金
額
を
加
算
さ
れ
て
気
を
良
く
す
る
開館時間 午前9時∼午後5時
★休館日のおしらせ
7(月)・11 (金)・14 (月)・21 (月)
・25 (金)・28 (月)
(図書館流通センター「週刊新刊全点案内」1403号より)
一般書
いけなが
よう
◆「ゆらゆら橋から」 池永 陽 著
先生に憧れた小学生の頃。淡い初恋の中学時代。恋を重ね、
大人になってゆく。就職、結婚、浮気、子供が生まれる。い
くつになっても男は恋心にゆらぐ・・・。情感豊かにつづられ
た「ゆらぎ」の物語。
にっこうれいへいしどう
◆「日光例弊使道の殺人 はやぶさ新八御用旅」
ひらいわ
ゆみえ
平岩 弓枝 著
この窮状を救ってほしいー。鷹司家からの書状に、新八郎
は「その人」の顔を思い浮かべた。異変が次々に起こる
れいへいし
例弊使一行。警護の者たちの前にも、謎と危険が立ち現れる。
はやぶさ新八シリーズ第3弾。
わかまつ
よしひと
◆「トヨタ流仕事の哲学」若松 義人 著
「人間の知恵に限界はない」がトヨタ流の基本。「日々改
善、日々実践」で50年以上にわたる地道な改善を積み重ね、
今日に至ったトヨタ流の「哲学」を改善力、問題解決力、行
動力、失敗力、現場力、人間関係力に分けて紹介。
児童書
◆「学校に行けないはたらく子どもたち 3、4」
たぬま
たけよし
田沼 武能 写真・文
現在、世界には学校に行けない子どもが約1億2000万人
もいる。働き手として毎日を過ごさなければならない世界中
の子どもたちの姿を、写真家・田沼武能の眼を通して伝える。
3は中南米。4は中東・北アフリカ。
分
け
て
、
固
め
て
茹
で
る
。
材料(4人分)
鶏もも肉 ・・・・・・・・・・・・・・240g
じゃがいも ・・・・・・・・・・・・・20g
にんじん ・・・・・・・・・・・・・・120g
玉ネギ ・・・・・・・1/3個( 80g)
ブロッコリー・2/3株(120g)
スープ ・・・・・・・・・・・・・・・200cc
牛乳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・400cc
みそ ・・・・・・・・・小さじ4(24g)
スキムミルク ・大さじ4(24g)
一人当りの栄養価
エネルギー ・・・・・・・・・・314kcal
タンパク質 ・・・・・・・・・・・20.1g
カルシウム ・・・・・・・・・・209mg
鉄分 ・・・・・・・・・・・・・・・・・2.4mg
塩分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.0g
協
力
中
田
町
食
生
活
改
善
推
進
員
会
②
ブ
ロ
ッ
コ
リ
ー
は
、
小
房
に
切
り
玉
ネ
ギ
は
く
し
形
に
切
る
。
切
り
、
に
ん
じ
ん
は
乱
切
り
に
し
、
①
鶏
肉
、
じ
ゃ
が
い
も
は
一
口
大
に
いいか
。のし
でた
ぜシ
ひチ
作ュ
っー
てで
みす
て。
くお
だい
さし
一
風
変
わ
っ
た
、
み
そ
味
を
活
◆「ふしぎの国のレイチェル」 エミリー・ロッダ 著 さく
まゆみこ 訳 町はアイスクリームの波にのみこまれ、靴工場では紫色の
ハイヒールを左足用だけ大増産・・・。超常気象「ブタ嵐」のせ
いで奇妙な世界に迷いこんだレイチェルは・・・。オーストラ
リア児童文学賞最優秀賞受賞作。
◆ 「かかしごん」 なりた さとこ 作・絵
暑い日も寒い日もひとりぼっちで畑を守るかかしごんの願
いは、自由にいろんな世界を見てみること。ある日、ニョッ
キリゆびが出てきて、腕も動かせるようになり・・・。第20
回「ニッサン童話と絵本のグランプリ」絵本大賞受賞作。
◎ この他にもたくさん入荷しております。予約もお受けい
たしますので多数ご利用ください。
★朗読のつどい 2月12日(土)PM2:00∼ 市民会館4階会議室
新井満・作『千の風になって』朗読 唐沢伊美子 光原百合・作『大岡裁き』朗読 田口喜代子 その他。
★だっこの会 2月16日(水)AM10:30∼ 市民会館3階和室 ★おはなし会 2月26日(土)PM2:00∼ 市民会館3階和室 み
そ
シ
チ
ュ
ー
作
り
方
ひ
と
く
ち
メ
モ
る コ え
。 リ て
ー 味
を が
入 な
れ じ
て ん
だ
ひ ら
と ②
煮 の
立 ブ
ち ロ
す ッ
ミ
ル
ク
を
入
れ
て
溶
か
し
、
③
に
加
④
牛
乳
で
み
そ
を
と
き
、
ス
キ
ム
く
な
っ
た
ら
鶏
肉
を
入
れ
て
煮
る
。
り
出
し
、
野
菜
を
入
れ
、
や
わ
ら
か
た
ら
①
の
鶏
肉
を
入
れ
煮
立
た
せ
取
③
鍋
に
ス
ー
プ
を
入
れ
、
煮
立
っ
マ
イ
ク
ッ
キ
ン
グ
My
Cooking
No.
23
16
親子で遊ぼう
子育て講習会「ビーズの指輪作り」
甘利 2月3日(木) AM10:30∼
講師 保坂由美先生
要予約 20組限定・材料費500円
折り紙遊び
北東 2月 1 日(火)∼ 4日(金)AM11:00∼
甘利 2月 8 日(火)∼10日(木)AM11:00∼
北西 3月 1 日(火)∼ 4日(金)AM11:00∼
食育講座
北東 2月17日(木) AM10:30∼
北西 2月25日(金) AM10:30∼
講師 山梨県栄養士会
お絵かき遊び
北西 2月 1 日(火)∼ 4日(金)AM11:00∼
韮崎 2月22日(火)∼25日(金)AM11:00∼
北東 3月 1 日(火)∼ 4日(金)AM11:00∼
子育て講演会「お味噌の話し」
韮崎 2月10日(木)AM10:30∼
講師 山寺直美先生
作って遊ぼう 雛人形作り 要予約・有料
北東 2月 9 日(水)∼10日(木)AM10:30∼
韮崎 2月 16日(水)∼17日(木)AM10:30∼
北西 2月 17日(木)∼18日(金)AM10:30∼
甘利 2月 22日(火)∼23日(水)AM10:30∼
ビバ縁故節講習会(小学生対象)
北東 2月2日(水)PM2:30∼
北東 2月9日(水)PM3:00∼
講師 石川千夏先生
防犯について(小学生対象)
甘利 2月28日(月) PM3:30∼
講師 韮崎市交通指導員
◎その他小学生を対象にクリスマス会・パ
ソコン教室等の行事があります。
◎その他小学生を対象にパソコン教室等の行事が
各センターだよりをご覧下さい。
あります。
各センターだよりをご覧下さい。
親子交通安全教室
甘利 2月24日(木) AM10:30∼
講師 韮崎市交通指導員
各行事の対象は、明記がないかぎり 0∼6才までの児童とそ
の保護者です。
北東児童センター 123-5550
北西児童センター 122-1775
甘利児童センター 123-1535
韮崎児童センター 122-7687
子育て支 援センター に
いらっしゃいませんか?
★子育てトーク (支援センター)
★誕生会に参加しましょう (支援センター・藤井保育
2月2日(水)・3月2日(水)
園遊戯室)
AM10:30∼11:30
★豆まき集会に参加しましょう (藤井保育園遊戯室)
2月22日(火)
2月3日(木)
★結び (支援センター)
AM10:00∼
AM10:00∼ 要予約・有料
★第6回親子エアロビクス教室 (藤井保育園遊戯室)
2月28日(月)
2月8日(火)
講師 組みひも師範 桃井ゆみ子先生
AM10:30∼11:30
AM10:00∼11:30
講師 日本MB協会認定インストラクター 斉藤晴美先生
★ひなまつり会に参加しましょう (藤井保育園遊戯室)
持ち物
3月3日(木)
室内シューズ
★親子で人形劇を楽しもう (韮崎市文化ホール 小ホール)
2月15日(火)
AM10:30∼11:30(児童センターとの合同事業)
★第4回親子カウンセリング教室 (支援センター)
2月18日(金)
AM10:00∼12:00
講師 新津小児科カウンセラー 川辺修作先生
17
AM10:00∼
※保育園開放日は毎週水曜日
10:00∼12:00
子育て相談(面談 8:30∼12:00)
(電話相談 8:30∼5:00)
お気軽にご利用下さい。
韮崎地域子育て支援センター
(藤井保育園内)123-7676(FAX兼用)
Health Information
2月の 健康カレンダー
教 室
持ち物
母親・両親学級
・各種健康手帳
・筆記用具
・教室に応じて体操
のできる服装
機 能 訓 練 教 室
実 施 日
時間
7日(月)
25日(金)
26日(土)
3月5日(土)
13:30
9:00
9:00
9:00
2月7・9・
14・
16・
18・21・23・
25・28日・3月2・4日
備 考
初産婦:栄養について
初産婦:マタニティビクス・妊娠体操 要
予
保健福祉
初産婦:育児・沐浴・呼吸法 約
センター
初産婦:育児・沐浴・呼吸法
(市立病院北)
(123-4310)
13:30
す く す く 教 室
9日(水)
13:00
対象:H16年 7月生まれ
の び の び 教 室
23日(水)
13:00
対象:H15 年 1月生まれ
健 康
相 談
時間
実 施 日
母子健康手帳交付
一 般 健 康 相 談
持ち物
育
乳幼児の
健 診
児
相
18日(金)
談
健診名
対 象 児
健診日
保健福祉センター
(市立病院北)
受付時間
22日(火)
・母子健康手帳
・バスタオル
・保険証
・印鑑
11 カ 月 児
H16年 3月生まれ
8日(火)
1歳6カ月児
H15年 7月生まれ
16日(水) れない方も14 : 00ま
H14年 1月生まれ
でには受付を済ませ
15日(火) てください。
予防接種
接種名
児
会 場
1日~15日生まれ
H16年10月生まれ
歳
(123-4310)
要予約
4 カ 月 児
3
13:00~13:20
16日~31日生まれ
保健福祉センター
(市立病院北)
13:30~13:50
※上記の時間にこら
対 象 児
会 場
備 考
9:30
∼
16:00
9:30
∼
16:00
毎週月・金曜日
・各種健康手帳
持ち物
会 場
接種日
(123-4310)
時間
会 場
今月はありません。
持ち物
・母子健康手帳
・問診票
を
見
逃
し
て
治
療
す
る
と
、
か
え
っ
て
健
康
を
害
す
る
こ
せ
な
い
状
態
が
隠
さ
れ
て
い
る
こ
と
も
あ
り
ま
す
。
こ
れ
ま
た
、
尿
を
こ
ら
え
ら
れ
な
い
症
状
の
陰
に
、
う
ま
く
出
管
障
害
、
前
立
腺
肥
大
症
な
ど
が
そ
の
原
因
に
な
り
ま
す
。
こ
の
よ
う
な
症
状
が
見
ら
れ
る
そ
う
で
す
。
加
齢
、
脳
血
ト
調
査
に
よ
り
ま
す
と
、
40
歳
以
上
の
男
女
の
約
12
%
に
す
。
日
本
排
尿
機
能
学
会
が
行
っ
た
大
規
模
な
ア
ン
ケ
ー
合
、
失
禁
が
な
く
て
も
﹁
過
活
動
膀
胱
﹂
と
診
断
さ
れ
ま
意
切
迫
感
が
あ
り
、
一
日
の
排
尿
回
数
が
8
回
以
上
の
場
も
の
を
切
迫
性
尿
失
禁
と
言
い
ま
す
。
週
に
1
回
以
上
尿
態
と
考
え
ら
れ
ま
す
。
我
慢
し
き
れ
ず
漏
ら
し
て
し
ま
う
尿
意
切
迫
︵
に
ょ
う
い
せ
っ
ぱ
く
︶
と
呼
ば
れ
病
的
な
状
す
。
急
に
尿
意
を
も
よ
お
し
て
が
ま
ん
が
つ
ら
い
状
況
は
が
、
状
況
に
応
じ
て
か
な
り
が
ま
ん
で
き
る
の
が
正
常
で
そ
ろ
そ
ろ
ト
イ
レ
に
行
き
た
い
と
思
う
よ
う
に
な
り
ま
す
A
A
,
と
に
な
り
ま
す
。
症
状
だ
け
で
は
区
別
し
に
く
い
も
の
で
膀
胱
に
1
5
0
∼
2
0
0
c
r
の
尿
が
た
ま
る
と
、
で
し
ょ
う
か
?
︵
42
歳
女
性
︶
う
に
な
っ
て
し
ま
う
こ
と
も
あ
り
ま
す
が
、
こ
れ
は
病
気
Q
:
す
か
ら
、
一
度
は
専
門
医
の
診
:
医 韮 た 察
師 崎 し を
市 ま 受
前立 す け
澤病 。 る
こ
浩院
と
明
を
お
勧
め
い
最
近
だ
ん
だ
ん
尿
が
近
く
な
り
、
時
に
は
漏
ら
し
そ
Q
医
療
Q
&
A
過
活
動
膀
胱
︵
O
B
A
︶
18
心配ごと
相
談
生活・身の上等の日常生活の悩みに関する相談。
実 施 日 場 所 時 間
毎週月曜日
子どもの
相
談
日程に変更がある場合には、地区長
を通じて連絡します。
7
月
中田町・穴山町全区
8
火
円野町全区
9
水
清哲町・神山町全区
10
木
旭町全区
14
月
大草町全区
15
火
竜岡町全区
17
木
祖母石・一ツ谷・水神町・1∼
5丁目・西町・天神町・若宮
町・旭町・日の出町・富士見ヶ
丘・中島町・高河原
富士見 1 ∼ 3 丁目・岩下・
上の山
18
金
穂坂町権現沢・上の原・上今井
・原・長久保
21
月
穂坂町日の城・三之蔵・三ツ沢
上・下・飯米場
22
火
穂坂町柳平・宮久保・鳥の小池
23
水
藤井町全区
24
木
中田町・穴山町全区
25
金
一ツ谷敬老会
28
月
円野町全区
3/1
火
老壮大学
16
水
2
水
清哲町・神山町全区
3
木
旭町全区
4
金
大草町全区
役
所
10:00∼15:00
子どもの教育など子育てに関する悩みの相談。
実 施 日 場 所 時 間
毎週木曜日
老人福祉センターバス
2月の巡回日程
市
市 民 会 館
10:00∼16:00
結婚相手の紹介や相談に応じ、幸せな家庭が築けるよう協力
します。
結婚相談
実 施 日 場 所 時 間
結 婚 相 談 所
毎週
9:00∼16:00
(市民会館3階)
日・水・金曜日
各地区相談所
国や県、市の行政などについての相談。
行政相談
実 施 日 場 所 時 間
第1∼3月曜日
学校教育
相
談
無料法律
相
談
(要予約)
役
所
13:00∼15:00
学習・いじめ・不登校など学校教育に関する悩みや不安の相談。
実 施 日 場 所 時 間
毎週月・火・水曜
介護保険
定
例
相 談 会
市
市 民 会 館
9:30∼16:00
介護保険に関する悩み、相談。
実 施 日 場 所 時 間
毎月第 2 火曜日
保健福祉センター
9:30∼16:00
法律的な相談であればどんな内容でも可。1人30分。2月の予約
受付は2月10日AM 9 : 00∼電話受付
実 施 日 場 所 時 間
24日
(木)
市
役
所
13:00∼16:00
企画財政室(内線322・323)
市民栄養
相
談
物 忘 れ
相
談
『食』に関することで、心配なことや聞いてみたい事があ
りましたら、いつでも栄養士が相談に応じます。(あらかじ
め相談日時を電話予約して下さい。)
相談場所 保健福祉センター 123-4310
物忘れや痴呆予防・介護についての相談に応じます
実 施 日 場 所 時 間
毎月第 2 火曜日
保健福祉センター
9:30∼16:00
行事カレンダー
各種税等の納期限
固定資産税 第4期
2月28日
介護保険料 第6期
2月28日
2日(水) 社放研すずらん
13:30∼市民民館
4日(金) 老壮大学
12:30∼市民会館
9日(水) 社放研もみじ,,
20:00∼藤井公民館
10日(木) 社放研ほほえみ
20:00∼竜岡公民館
15日(火) 社放研あすなろ
10:00∼市民会館
17日(木) 武田の里婦人大学
13:30∼市民会館
市民憲章(昭和44年10月制定)
1 勤労を尊び、豊かなまちをつくりましょう。
1 自然を愛し、美しいまちをつくりましょう。 1 教養を高め、文化のまちをつくりましょう。
19
3月3日
武田の里婦人大学(閉講式)
13:30∼市民会館
個別健康教育
1日(火) 個別健康教育(全コース対象)
2日(水) 個別健康教育②
3日(木) 個別健康教育(全コース対象)
23日(水) 個別健康教育③
市の花 つつじ(昭和43年10月制定) 市の木 こぶし
市の鳥 チョウゲンボウ(平成元年 4 月制定)
と
こ
ろ
で
記
念
写
真
を
撮
る
姿
が
見
ら
れ
ま
し
た
。
成人の誓いを述べる深澤裕子さん(中田町)上右
平賀さやかさん(穂坂町)上左
主役
わが家の
集して
写真を募
います!
会
場
で
は
旧
友
と
の
再
会
を
喜
び
あ
い
、
い
た
る
成
人
の
仲
間
入
り
を
祝
い
ま
し
た
。
韮
崎
市
成
人
式
式
典
が
市
文
化
ホ
ー
ル
で
行
わ
れ
、
ツ
に
身
を
包
ん
だ
新
成
人
3
1
5
名
の
参
加
に
よ
り
1
月
9
日
︵
日
︶
色
と
り
ど
り
の
振
り
袖
や
ス
ー
新
成
人
お
め
で
と
う
!
親子で凧あげ
1月3日(月)韮崎市営グラウ
ンドで親子凧作り・凧揚げ会が
行われました。44組の参加者は
雪の残るグラウンドを元気に駆
わが家の主役
け回り凧揚げを楽しみました。
震災への義援金ありがとうございました
再
生
紙
を
使
用
し
て
い
ま
す
。
こ
の
広
報
紙
は
、
古
紙
配
合
率
一
○
○
%
毎日を楽しんで、
優しい人になってね
大輝(だいき)くん
平成15年5月22日生
韮崎市下祖母石2086-1 D13
平賀 学・久美子さん 二男
市の人口(1月1日現在)
男16,416人 女16,771人 計33,187人 前月比ー13人
世帯数12,014世帯 前月比ー8世帯
昨年10月23日に発生した新潟県中越地震により被災された
方々のために、市では市民の皆様からの義援金を募っておりま
したが、昨年末を持ちまして受付を終了いたしました。窓口受
付分107,966円と、地区長連合会を通じて集めていただいた
4,984,981円、韮崎市消防団から100,000円、合計5,192,947円を
先日新潟県災害対策本部に送金いたしました。また、韮崎市議
会から110,000円を(財)山梨日日新聞厚生文化事業団へ寄託いた
しましたのでご報告いたします。
ご協力ありがとうございました。
健康に気をつけ医療費の節約にご協力ください。
1月中に市が支払った医療費をお知らせします。
国民健康保険 老人保健 121,890,559円 (前月比 7.89% 増) * 1 人当り 13,806円
211,033,244円 (前月比 2.84% 増) * 1 人当り 50,150円