徒歩と詩作

徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
崎
慎
也
On Wordsworth s Walking Tour of 1790
Shinya M ATSUZAKI
群馬県立女子大学紀要 第34号 別刷
2013年2月
Reprinted from
BULLETIN OF GUNMA PREFECTURAL WOMEN S UNIVERSITY No.34
FEBRUARY 2013
JAPAN
徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
崎
慎
也
On Wordsworth s Walking Tour of 1790
Shinya M ATSUZAKI
はじめに
二十歳のケンブリッジ大生だった William Wordsworth は、友人 Robert Jones と二人だけで、
徒歩による大陸旅行を敢行した。本稿では、1790年のこの旅でなぜ徒歩という手段を選んだのか、
また、この旅で選ばれた徒歩という手段がワーズワスの詩作に何をもたらしたのかを 察する。こ
こでの研究は、徒歩詩人ワーズワスにおける 歩くこと> の意義とは何かという問題への関心から
生まれた。この問題を扱っている研究としては、Anne D.Wallace、Robin Jarvis や Rebecca Solnit
などによるものがある。
これらは文化 的なアプローチでワーズワスの歩行の問題を論じるもので、
このようなアプローチの場合、ねらいは、ワーズワスにおける歩行の全体像の提示や、歩行文化の
中でのワーズワスの位置づけにある。ワーズワス一人の生涯においても、 歩くこと>はその時々で
様々な意味合いや多様性を持っていたはずである。しかしながら、上記のようなアプローチの場合、
ワーズワスの個々の歩行の姿に現れる独自性にはあまり注意が向けられていない。Solnit の研究は、
1790年の大陸徒歩旅行の個別事情(そのラジカルな意味合い)に着目もしているのだが、ワーズワ
スの歩行に関わる詩を対象にして、その歩行の文化・政治的な意味合いを読み取ることを中心に論
が展開している。そこには、ワーズワスの歩行が詩作の手段でもあったという指摘はあるものの
(113)、具体的に、歩行が詩作に何をもたらしたのかという問題には、あまり関心が払われていな
い。本稿では、1790年の徒歩旅行に的を り、この旅の徒歩による敢行の主な動機に冒険的な側面
があったことと、そのときの徒歩という移動手段がワーズワスに詩法について反省を促す契機とし
て関わっていたことを論じる。
1
1790年の大陸旅行の動機については、コーネル版 Descriptive Sketches の編者 Eric Birdsall が序
説部
に広範でありかつ要領を得た説明を載せ、[1]ケンブリッジ大への幻滅、
[2]詩作の題材と
なる風光明媚な土地への希求、
[3]アルプスの魅力、
[4]スイスという 自由な社会> を、また、
[5]革命に沸くフランスを直に見物したいという欲求という、5つの点を指摘している(4-6)
。挙
げられているこれらの動機からだけ見れば、この旅の手段として徒歩を選ばなければならない必然
性はない。
ったコースの計画にあたり、Thomas Grayの大陸旅行の記述を、ワーズワス達は参 にしたで
あろうと えられている(Moorman 128)。グランド・ツアーの典型的な例でもあるグレイ達の旅
は、道を知るポスチリョンが御する駅伝馬車を利用してのものであり、ときにモンスニの峠越えな
(15 )
(16 )
群馬県立女子大学紀要
第34号
どでは、馬車は無理なので、御輿のようなもので8人の男達に担がれての旅である(Gray 41-42)
。
このような旅には多くの費用がかかる。 一方、ワーズワス達の13週間の旅では(Hayden 7)
、費用
としてめいめいが20ポンドほどを携えて出発した(Wordsworth, Prose 3:373)
。知恵を って節
約を心掛けながらとはいえ、9週間ほどでワーズワスは12ポンド近くを費やしており(Wordsworth, Letters 32)、予算的な側面は当然、ガイドもつけない徒歩による敢行の理由の一つと
る。
えられ
徒歩で行く理由としては、ワーズワスが後に、 Authors Voyage Down the Rhine(ThirtyYears
Ago) と題したソネットの中で The confidence of Youth our only Art, / And Hope gay Pilot
of the bold design, / We saw the living Landscapes of the Rhine (Wordsworth, Sonnet 1-3)
と懐古するように、冒険的側面が大きかったと えられる。脚力を頼みとする徒歩を主要手段とし
たとき、それは、若い自 たちの気力・知力・体力・運を試す一つの けとなっただろう。ワーズ
ワスの、少年期の腕白ぶりと旺盛な冒険心は、The Prelude の第一巻で、ミヤマガラスの巣荒らし
や(1.334-51)、羊飼いのボートを盗んだエピソード(1.373-428)などを通して語られている。徒
歩で行こうという企図にはワーズワスの生来の冒険心が働いていただろう。なぜなら、未知の土地
を二人だけで歩いて行くことの大きな困難と危険は予め予想されていたからだ。
ケンブリッジの友人達の多くがワーズワス達の計画を出来っこない無茶なことだと断じたと、手
紙の中で妹 DorothyWordsworth に報告している(Wordsworth,Letters 37)
。加えて、 I expect
great pleasure on my return to Cambridge,in exulting over those of my friends who threathned
[sic]us with such an accumulation of difficulties as must undoubtedly render it impossible for
us to perform the tour と述べ、友人達の鼻を明かせる日を楽しみにしている(37)。アルプス越
えも終え、そのときまでに乗り切った、二人の困難を えれば、友人達への凱旋報告が楽しみだっ
たことだろう。二人に起こった災難について、妹への手紙では、 We have it is true met with little
、以下に挙げるような出来事には一切触れないのは、妹
disasters occasionally とのみ伝えて(37)
に余計な心配を掛けまいとしてのことだったろう。
コモ湖の西側に って北上していた二人は、Gravedona という町の辺りで、道に迷った。そのと
きのことを The Prelude では次のように記す。
Through those delightful pathways we advanced
Two days, and still in presence of the Lake,
Which, winding up among the Alps, now changed
Slowly its lovely countenance, and put on
A sterner character. The second night,
In eagerness, and by report misled
Of those Italian Clocks that speak the time
In fashion different from ours, we rose
By moonshine, doubting not that day was near,
And that, meanwhile, coasting the Waters edge,
As hitherto, and with as plain a track
To be our guide, we might behold the scene
In its most deep repose.―We left the Town
Of Gravedona with this hope;but soon
Were lost, bewilderd among woods immense,
Where, having wanderd for a while, we stopp d
崎:徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
(17 )
And on a rock sate down, to wait for day.
An open place it was, and overlook d
From high the sullen water underneath,
On which a dull red image of the moon
Lay bedded, changing oftentimes its form
Like an uneasy snake:long time we sate,
For scarcely more than one hour of the night,
Such was our error, had been gone, when we
Renewd our journey. On the rock we lay,
And wish d to sleep but could not for the stings
Of insects, which with noise like that of noon
Filld all the woods:the cry of unknown birds,
The mountains, more by darkness visible
And their own size than any outward light,
The breathless wilderness of clouds, the clock
That told with unintelligible voice
The widely-parted hours, the noise of streams
And sometimes rustling motions nigh at hand
Which did not leave us free from personal fear,
And lastly the withdrawing Moon, that set
Before us while she yet was high in heaven,
These were our food;and such a summer night
Did to that pair of golden days succeed,
With now and then a doze and snatch of sleep,
On Como s Banks, the same delicious Lake.(6.617-57)
二人は夜明け間近と勘違いして夜の内に出発してしまい、森中、岩に腰掛け、日の出を待つ破目に
なった。体を刺してくる虫に悩まされ、側で何かががさごそと動くのに怯えながらまんじりともせ
ずになかなか明けない夜を過ごした。
この災難から30年後、ドロシーは、兄夫婦ウィリアムと Mary、Maryの従弟 Tom Horrocks と
その妻 Jane、それと Jane の妹とそのメードとともに出かけた大陸旅行の日誌の中で、一行がグラ
ヴェドーナ付近へやって来たときのことを次のように記している。 ...Gravedona, a name interesting to Mary and me for the sake of an adventure of our youthful Travellers recorded by my
brother in the poem on his own life. They were parted in a thunder storm,and wandered all
。The Prelude では触れられて
night in the forests between Gravedona and Chiavenna (219-20)
いない、激しい雷雨と、二人が互いにはぐれてしまったことが、ドロシーによって述べられている。
この出来事には、上記の記述の後でも、 Thirtyyears ago,myBrother,when parted bymischance
from his companion,had seen the moon hanging over the highest point of that same mountain,
while bewildered in the forest on the opposite side of the Lake と、また、 The path which my
Brother had travelled, when bewildered in the night thirty years ago, was traceable through
some parts of the forest on the opposite side:―and the verypassage through which he had gone
down to the shore of the lake―then most dismal with thunder,lightning,and rain と繰り返し
触れられる(243,244-45)
。この出来事が、The Prelude の記述以上の災難であったことは間違い
(18 )
群馬県立女子大学紀要
第34号
ない。ドロシーの文章の背後に、兄ワーズワス自身が、記憶を りながら、30年前に自 がいた場
所を妹たちに教えている姿が浮かんでもくる。
また、Lauterbrunnen の近くで起きた、次のような出来事を記したワーズワスの手稿が残ってい
る。
At the head of the valley of Lauterbrunnen, in order to have a more perfect view of
a magnificent waterfall,I crossed over a broad and rapid mountain torrent by the aid
of the fragments of rock which strewed its bed. I did not stay above a few minutes;
but on my return I found the difficult of recrossing the stream much encreased;and,
being detained among the large stones in its channel,I perceived the water swell every
moment,which,with the dizziness of sight produced bythe furious dashing of the foam,
placed me in a situation of considerable personal danger. Returning down the valley,
from a bridge under the arch of which,about two hours before,for the sake of shade,
we had retired to eat our dinner,we observed such a quantity of water rolling over our
late resting place as would have swept us away before it. It will scarce be necessary
to say that these temporary floods will be found on different sides of a valley as the
sun changes his position.(Wordsworth, Prose 1:9)
数時間の差、数
の差で命拾いをした例である。およそ同時季のアルプスを行く30年後の旅でドロ
シーは、 The most dangerous time of travelling is the spring. For us there were no dangers
と述べる(185)
。しかしながら、最も危険な春を避けての夏の旅であっても、天候によっては上の
ような現象も起こるゆえ、判断ミスや不運により雪解け水の奔流に襲われ命を落とす危険性もあっ
た訳だ。
1790年の旅が生んだ、1793年版の Descriptive Sketches には、上記の出来事を反映しているかのよ
うな記述が、ジプシーの女性を描写する箇所に現れる。ここは、アルプスにおける、一種の危険リ
ストのようなものにもなっている。
A giant moan along the forest swells
Protracted, and the twilight storm foretells,
And, ruining from the cliffs their deafening load
Tumbles, the wildering Thunder slips abroad;
On the high summits Darkness comes and goes,
Hiding their fiery clouds, their rocks, and snows;
The torrent, traversd by the lustre broad,
Starts like a horse beside the flashing road;
In the roof d bridge, at that despairing hour,
She[the gypsy]seeks a shelter from the battering showr.
―Fierce comes the river down; the crashing wood
Gives way, and half it s pines torment the flood;
Fearful, beneath, the Water-spirits call,
And the bridge vibrates, tottering to its fall.
―Heavy, and dull, and cloudy is the night,
No star supplies the comfort of it s light,
Glimmer the dim-lit Alps, dilated, round,
And one sole light shifts in the vale profound;
崎:徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
(19 )
While, opposite, the waning moon hangs still,
And red, above her melancholy hill.
By the deep quiet gloom appalld, she sighs,
Stoops her sick head, and shuts her weary eyes.
―Breaking th ascending roar of desert floods,
And insect buzz, that stuns the sultry woods,
She hears, upon the mountain forest s brow,
The death-dog, howling loud and long, below;
On viewless fingers counts the valley-clock,
Followed by drowsy crow of midnight cock.
―Bursts from the troubld Larch s giant boughs
The pie, and chattering breaks the night s repose.
Low barks the fox; by Havoc rouz d the bear,
Quits, growling, the white bones that strew his lair;
The dry leaves stir as with the serpent s walk,
And, far beneath, Banditti voices talk;
Behind her hill the M oon, all crimson, rides,
And his red eyes the slinking Water hides;
Then all is hush d; the bushes rustle near,
And with strange tinglings sings her fainting ear.
―Vex d by the darkness, from the piny gulf
Ascending, nearer howls the famish d wolf,
While thro the stillness scatters wild dismay,
Her babe s small cry, that leads him to his prey.(201-42)
荒天、落雷、激流、山賊、狼に熊といった獣たちは、当時のアルプスの旅で一般的にイメージされ
る危険だったのだろう。
他にも徒歩ゆえに滑落等の事故による怪我の心配ももちろんあっただろう。
ワーズワス達は、日に多いときで50キロ近くを歩き、全行程およそ4,500キロの内の7割にあたる
約3,200キロを徒歩で移動した(Hayden 119)。この行程は、体力的な準備が何もない者が思いつき
で踏破できる距離ではない。山野の長歩きを幼い頃から習慣化してきた二人だから出来たことで
あった。The Prelude によれば、ワーズワスは Hawkshead 時代、学 始業前の早朝、湖畔一周8
キロの散策を楽しんでいた(2.348-51)
。続いてケンブリッジに移ってからも、野原を歩き回ること
は習慣となっている
(3.97-100)
。同行するジョーンズは、Descriptive Sketches で捧げられた献辞で
、ウェールズの山育ちの M ountaineer
your native mountains と触れられているように(32)
(Wordsworth, Prelude 6.340)だった。長期に渡るこの旅自体が脚力のトレーニングにもなって
いただろう。ドロシーへの手紙でワーズワスは、歩くのにも慣れ、スイスの山中の60キロも、ケン
ブリッジの森を1時間歩いていたときほどの疲労度だと述べている(Wordsworth, Letters 37)
。
Donald E.Haydon が調査した、二人の宿泊地の間の移動距離を眺めていると(116-19)、一日の
移動距離では、同程度の数字が並んでいるのに気がつく。一日40キロから48キロの間の距離を歩行
した日が8割を占めている。二人はその日の気 で気ままに歩いていたのではなく、念入りな計画
の中で、自 たちの歩くスピードから計算できる一日の歩行距離の始点と終点に宿泊地を定めてい
たようだ。 ときに二泊して、Chartreuse のような名勝を周遊することはあっても、そのようなとき
以外は、二人の足並みはまさに militaryspeed (Wordsworth,Prelude 6.428)による行軍であっ
(20 )
群馬県立女子大学紀要
第34号
たろう。よって、この旅における大方の歩行の実相は、wandering や sauntering といったような歩
行の姿とは異なるものだったと言える。
この旅の典型的な1日の歩行距離を45キロととらえて、これを時速5キロの早さで歩いたと え
ると、日に9時間くらい歩いていたことになる。このような日課でもくもくと歩く中、Simplon Pass
で は 気 づ か ぬ う ち に 二 人 は ア ル プ ス 越 え を 終 え て し まって い た(Wordsworrh, Prelude
6.491-524)
。そのとき味わったと書かれている A deep and genuine sadness (6.492)という語
句が、アルプス越えがこの 冒険旅行>のハイライトに置かれていたことを物語っている。 峠越え
の感動は、肉体的な過酷さと、 今、越えている>という自覚が並行してこそ生じる。ここでは身体
的感覚と心理的意識とが、経験の上で同時進行している必要がある。シンプロン峠でワーズワスは
自覚のないまま、体の方だけでアルプス越えを成し遂げてしまった。意識の作用を欠いていたこと
を、後から思いがけず、農夫から知らされることで気づかされる(6.513)。心と体が協働する最大
級の感動と達成感とが期待され、この冒険を冒険たらしめる山場を、気づかぬうちに通り過ぎてい
たのである。これは大きな失望を味わった例であるけれども、徒歩で行くことの醍醐味は何かとい
うことを示唆している出来事でもある。
徒歩の旅ならではの楽しみが、徒歩を選ばせる理由にもなっていただろう。この点は、ワーズワ
ス自身の弁ではないけれども、一般的な事柄でもあるから
Lyrical Ballads から
Tintern
Abbey の一節 in thy voice I catch/The language of my former heart (117-18)を持ち出すま
でもないのだが
30年後のドロシーに代弁してもらう。1820年の大陸旅行の日誌でドロシーは次
のように記す。シンプロン峠へ徒歩で向かいながら、崖の間の澄みきった急流を眺めるのにしばし
立ち止まっていると、紳士連を乗せた馬車が一瞬も停車することなく通り過ぎ、乗客はちらりと急
流をのぞいただけだったのを見て、ドロシーは、 I could not but congratulate myself on our being
on foot,for a hundred reasons the pleasantest mode of travelling in a mountainous country と
書いている(259)。
ワーズワスとジョーンズが、
徒歩を選んだ主な動機は冒険心にあったとここまで論じてきた。
ワー
ズワスの冒険心はそれから30年後も依然衰えていなかったことが、次のドロシーの大陸旅行日誌の
中の記述からうかがえる。
We breakfasted in view of the flashing,silver-topped M ount Titlis,and its grey crags,
a sight that roused W.s youthful desires;and in spite of weak eyes and the weight of
fifty winters;he could not repress a longing to ascend that mountain. He had much
earnest talk with the Waiter,who had attended an English gentleman on that perilous
adventure, and shewed us the snow pattens with which they were shod,described the
scarification of their cheeks,and the blinding of their eyes byinsufferable light (though
they wore black veils)the excessive fatigue(followed byprostration of strength)of the
Englishmen, and his resolution never again to trust himself to like perils. But my
brother had his own visions of glory,and,had he been twenty years younger,sure I am
that he would have trod the summit of the Titlis....(147)
これは Engelberg の宿で朝食を取っていたときのエピソードである。ティトリス山にイギリス紳士
を案内したことのある給仕人が語る、その際の災厄(凍傷、雪目、極度の疲労など)くらいでは、
ワーズワスの冒険心を萎えされることは出来なかったのだ。二十歳のワーズワスもケンブリッジで
旅の計画を練りながら、 visions of glory を心に抱いていたことだろう。
崎:徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
(21 )
2
大陸旅行の2年後に出版された Descriptive Sketches が、この旅の最初の成果である。作品の後半
部における 自由> の主題ような、出版までの2年の間に再びフランスに渡って経験したことが反
映されている部
もあるのだが、1790年のアルプスの旅の徒歩ならではの経験がこの詩にもたらし
ているものは何だろうか。前節で挙げた、ドロシーの感じた、馬車で行く者たちとは違う、徒歩で
行く者の対象の観察の仕方と関係してはいないだろうか。
コーネル版 Descriptive Sketches には、この詩に対して、発表と同年に出された三つのレビューが
付録として掲載されている(299-301)。その内の2点、Critical Review のものと、Monthly Review
のものは、描写、表現とも不適切、不明瞭でスイスの崇高美がとらえられていないと全面的に批判
している(300-01)
。しかし、Analytical Review のものは、レビューの後半で、表現や展開の不明
瞭さを指摘しているけれども、前半では、次のように、この詩を評価している。
Certainly nothing can be conceived better adapted to inspire sublime conceptions,
and to enrich the fancy with poetical imagery, than a tour to the Alps. The present
poem,as we learn from the dedication,is the result of such a tour,made by the author
with a single companion on foot:and our traveller has not been an indolent spectator
of the magnificent and varied scenes through which he has passed. The diversified
pictures of nature which are sketched in this poem,could only have been produced by
a lively imagination, furnished by actual and attentive observation with an abundant
store of materials. The majestic grandeur of mountains,the rich and varied scenery
of lakes and vallies, the solemn gloom of ruined monasteries and abbeys, and the
different aspect of Alpine scenes in the morning and evening, during a storm, and in
other atmospherical changes, are described with studied variety of imagery.(299)
冒頭の一文は、崇高の概念が詩的趣味として広く浸透していることと、 崇高>とアルプスとの連想
もかなり一般化していることを示唆している。Critical Review の方には、スイスの景色は、イギリ
スの詩人によって称えられたことは未だなく、依然 uncultivated beauties だという指摘もある
ように(300)
、アルプスを描いて崇高を生み出すことが出来れば、それは画期的なことになったと
いう訳だ。Analytical Review の評は、そのことが一部、Descriptive Sketches の中で成功している
という指摘になろう。
Analytical Review の評者は、他の二評には見られないことだが、献辞部 にも触れ、作品がただ
一人の仲間との徒歩による旅の成果であることに注目している。寝ぼけた格好で景色を眺めていた
訳ではないのだ、と。作品内の、威厳に満ちた壮大な風景の描写は、 actual and attentive observation
に裏付けられたものだと
析している。この観察態度は、ワーズワス自身が後に、Lyrical
Ballads の序文(コーネル版 Lyrical Ballads が掲載するのは1800年の序文)で述べることになる、
自 の心掛ける詩作の姿勢として挙げた I have at all times endeavoured to look steadily at my
。
subject という言葉と共鳴する(748)
Samuel Taylor Coleridge は Biographia Literatia において Descriptive Sketches を、詩句が不明
瞭という批判を受けることはやむを得いとしながらも、そのワーズワスの詩才を称えて次のように
述べている。
[S]
eldom, if ever, was the emergence of an original poetic genius above the literary
horizon more evidently announced. In the form,style,and manner of the whole poem,
and in the structure of the particular lines and periods, there is an harshness and
(22 )
群馬県立女子大学紀要
第34号
acerbity connected and combined words and images all a-glow, which might recall
those products of the vegetable world, where gorgeous blossoms rise out of the hard
and thorny rind and shell,within which the rich fruit was elaborating. The language
was not only peculiar and strong, but at times knotty and contorted, as by its own
impatient strength; while the novelty and struggling crowd of the style, demanded
always a greater closeness of attention, than poetry, (at all events, than descriptive
poetry) has a right to claim. It not seldom therefore justified the complaint of
obscurity. In the following extract I have sometimes fancied, that I saw an emblem
of the poem itself, and of the authors genius as it was then displayed.(56-57)
コールリッジは、この詩の言葉の特異さが同時に難解さでもあり、入り組んでいて読むのが容易で
はないスタイルが斬新さを生んでいると言う。叙景詩では見慣れない、Descriptive Sketches 内の表
現は、容易く欠陥と見なされかねないほどの新しさを持っていたということだ。
コールリッジが、
ワーズワスの才能を象徴的に表す一節として抜き出している部 は次の一節で、
これをコーネル版から引用する。
Tis storm ; and hid in mist from hour to hour
All day the floods a deeper murmur pour,
And mournful sounds, as of a Spirit lost,
Pipe wild along the hollow-blustering coast,
Till the Sun walking on his western field
Triumphant on the bosom of the storm,
Glances the fire-clad eagles wheeling form:
Eastward, in long perspective glittering, shine
The wood-crown d cliffs that o er the lake recline;
Wide o er the Alps a hundred streams unfold,
At once to pillars turn d that flame with gold;
Behind his sail the peasant strives to shun
The west that burns like one dilated sun,
Where in a mighty crucible expire
The mountains, glowing hot, like coals of fire.(332-47)
この引用の最後のイメージは、Analytical Review の評者に extravagant と非難されている
(299)。コールリッジのコメントを盾に弁護を試みると、夕映えの中の山々を坩堝の中で燃える石
炭に見立てて、ごつごつとした山々の形象をも伝えながら、
色から熱を喚起させる共感覚的なイメー
ジに作り上げた、非常に技巧的であると同時に、よく観察されている描写ではないだろうか。加え
て、 expire は、光が弱まりつつあるという、時間の経過をも感じさせ、効果的である。
上の一節の最終行には、1793年版の Descriptive Sketches において、次に挙げる、ワーズワス自身
による長い が付されている。
I had once given to these sketches the title of Picturesque;but the Alps are insulted in
applying to them that term. Whoever, in attempting to describe their sublime
features,should confine himself to the cold rules of painting would give his reader but
a very imperfect idea of those emotions which they have the irresistible power of
communicating to the most impassive imaginations. The fact is, that controuling
influence,which distinguishes the Alps from all other scenery,is derived from images
崎:徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
(23 )
which disdain the pencil. Had I wished to make a picture of this scene I had thrown
much less light into it. But I consulted nature and my feelings. The ideas excited by
the stormy sunset I am here describing owed their sublimity to that deluge of light,or
rather of fire, in which nature had wrapped the immense forms around me; any
intrusion of shade, by destroying the unity of the impression, had necessarily
diminished it s grandeur.(72)
ワーズワスのこの の主旨は次のようなものになろう。叙景においては、これまでの ピクチャレ
スク>のルールに従って、詩人の感覚に忠実であることよりも、光にも陰影のタッチを加えるといっ
た、風景らしく描写すること、 らしさ>が優先されてきた。この詩句におけるイメージは、自 で
対象をよく観察し、感じ、そこから得た理解から生まれたイメージであって、そのときの自 を囲
んでいた景観は、このイメージにおいてこそ忠実に読者へ伝えられるのだ、と。ここでワーズワス
が規定しているピクチャレスクの詩法と、ワーズワス自身が採用することにしたという詩法との線
引きは、端的に言えば、picture を描くか、impression を描くか、ということになるだろう。それぞ
れを描くために、前者が負うのは らしさ> の規則であるならば、後者が負うのは、詩人自身の体
感である。いかに鈍感であっても無反応ではいられないと言うアルプスの崇高をスケッチして回る
のに不可欠だった体感は、徒歩という移動手段によって、その強度を増していたはずである。
ここで、恣意的になるかもしれないのだが、叙景においての比較対象として、ワーズワス以前の
詩における代表的な風景描写の例として、James Thomson の The Seasons の一節を見てみたい。
Spring の中から、雨上がりに、沈み行く日の光が山を照らす描写を引用する。
Till, in the western sky, the downward Sun
Looks out effulgent from amid the flush
Of broken clouds, gay-shifting to his beam.
The rapid radiance instantaneous strikes
The illumined mountain, through the forest streams,
Shakes on the floods, and in a yellow mist,
Far smoking o er the interminable plain,
In twinkling myriads lights the dewy gems.
M oist, bright, and green, the landscape laughs around.
Full swell the woods;their every music wakes,
M ixed in wild concert, with the warbling brooks
Increased, the distant bleatings of the hills,
The hollow lows responsive from the vales,
Whence, blending all, the sweetened zephyr springs.
M eantime, refracted from yon eastern cloud,
Bestriding earth, the grand ethereal bow
Shoots up immense;and every hue unfolds,
In fair proportion running from the red
To where the violet fades into the sky.
Here, awful Newton, the dissolving clouds
Form, fronting on the sun, thy showery prism;
And to the sage-instructed eye unfold
The various twine of light, by thee disclosed
(24 )
群馬県立女子大学紀要
第34号
From the white mingling maze. ...(189-212)
先の Descriptive Sketches の引用とは、日没という点で共通するだけである
ワーズワスが言うよ
うには、陰影が加えられている風にも見えない。同じ対象を見ての描写ではないから比較すること
自体に無理があるのだが、それを承知の上で敢えて特徴を挙げるならば、トムソンの風景は空から、
山へ、そして、川、野原、森、川、丘、谷、そして、東の空の虹へと鮮やかに視点が流れていき、
広々とした叙景を展開しているのが特徴である。流れるような視点の移動は、このような場合、叙
景する主体の立ち位置がどこにあるのかは逆に曖昧で、透明な主体が風のように移動しているかの
ようである。ここでは、ワーズワスの上の引用にあるような、impression を描くために練り上げら
れた特異なイメージが読者を立ち止まらせることはない。
アルプスの崇高を目の前にして、描くものを picture から impression へと変えたとき、つまり
ワーズワスがその詩法に変化を加えたとき、徒歩は外界を体感するのに、最も有利な移動手段とし
て働いていたはずである。アルプスの崇高に圧倒され、詩法を変化させる必要に気づいた、その契
機には徒歩が関係していたと言えるだろう。
1
トマス・グレイのグランド・ツアーは1739年から1741年にかけての2年間だった。グランド・ツアー
の最低限の費用は、年に200から300ポンドと言われている(本城 20)。19世紀初めのイギリス国内の
馬車の旅で、約一ヶ月に118ポンドの費用がかかっていたという数字がある(中島 53)
。
M ax Wildi は、 In those days without maps and with no local guide to lead their steps... と、
ワーズワス達が地図を持たずに旅をしているかのように記している
(229)
。また、John Urry は、 One
2
important absence from Wordsworth s possessions was that ofmaps that travel along the walker
と述べている(83)
。しかし、次のような記述から判断して、ワーズワス達が地図を携行していなかっ
たとは思えない。ワーズワスは妹への旅先からの手紙で、 By consulting your maps, you will find
these villages in the southeast part of the Canton of Berne.... (Wordsworth,Letters 35)と書
きながら、訪れた先を列挙している。兄の旅を友人 Jane Pollard に知らせながら、ドロシーは、 It
perhaps may be some amusement to you to trace his route upon your maps therefore I will give
you a rough sketch of it mentioning only the principal places he stopped at と書いている
(Wordsworth,Letters 39)。地図が彼女らの手元にあって、当の旅人が持っていないとは えにくい。
3 アルプス越えをこの旅のハイライトと見なすもう一つの根拠は、30年後の大陸旅行との並行関係か
ら得られるだろう。ドロシーはその日誌で、 Switzerland was our end and aim;and if the season
should fail us there we must return without the accomplishment ofwishes cherished from the days
、スイスが若
of youth,when that romantic country was first shut out from the traveller と(23)
い頃からの憧憬の地であったことを語っている。ドロシーのその思いは、 I remembered the shapeless wishes of my youth―wishes without hope―mybrothers wanderings thirtyyears ago,and the
tales brought to me the following Christmas holidays at Forncett;and often repeated while we
paced together on the gravel walk in the parsonage garden,by moon or star light と言うように
(86)
、兄から感化されてのことのようである。そして、 Thus began the most delightful day of
traveling which Mary and I had ever spent. While I write the words the memoryofthe Wengern,
the Scheidach,the Brunig,and the descent from Rigi smites me,yet still I say the most delightful:
、ここでのア
for we were crossing the Alps; and in our way to Italy! と記しているように(181)
ルプス越えが旅のハイライトであるのは、30年前の兄の旅と同じであったろう。
4 Biographia Literatia 中の引用では、3行目から5行目が、 The sky is veiled,and every cheerful
sight:/Dark is the region as with coming night;/And yet what frequent bursts of overpowering
light! となっている。コールリッジが何年の版から引用したのかは調べることが出来なかった。
崎:徒歩と詩作
ワーズワスの1790年大陸徒歩旅行の意義
(25 )
引用文献
Birdsall,Eric. Introduction. Descriptive Scketches. ByWilliam Wordsworth.Ed.Birdsall.Ithaca:
Cornell UP, 1984.
Coleridge,Samuel Taylor. Biographia Literaria. Ed.J.Shawcross.Vol.1. 1907. London:Oxford
UP, 1958.
Gray,Thomas. The Works of Thomas Gray in Prose and Verse. Ed.Edmund Gosse.Vol.2. 1884.
New York:AM S P, 1968.
Hayden, Donald E. Wordsworth s Walking Tour of 1790. Tulsa:The U of Tulsa, 1983.
Jarvis, Robin. Romantic Writing and Pedestrian Travel. 1997. London: Palgrave Macmillan,
2000.
M oorman, Mary. William Wordsworth: A Biography. The Early Years 1770 -1803. Oxford:
Clarendon P, 1957.
Solnit, Rebecca. Wanderlust: A History of Walking. 2000. New York:Penguin Books, 2001.
Thomson,James. The Seasons and The Castle of Indolence. Ed.James Sambrook. 1972. Oxford:Oxford UP, 1987.
Urry, John. Mobilities. 2007. Cambridge:Polity P, 2011.
Wallace, Anne. D. Walking, Literature, and English Culture: The Origins and Uses of Peripatetic
in the Nineteenth Century. 1983. Oxford:Clarendon, 2011.
Wildi, M ax. Wordsworth and the Simplon Pass. English Studies 40(1959):224-232.
Wordsworth, Dorothy. Journals of Dorothy Wordsworth. Ed. Ernest de Selincourt. Vol.2. London:Macmillan, 1952.
Wordsworth, William. Descriptive Sketches. Ed. Eric Birdshall. Ithaca:Cornell UP, 1984.
−−−. The Letters of William and Dorothy Wordsworth: The Early Years 1787 -1805. Ed.
Ernest de Selincourt. Oxford:Clarendon, 1967.
−−−. Lyrical Ballads, and Other Poems, 1797 -1800. Ed. James Butler and Karen Green.
Ithaca:Cornell UP, 1992.
−−−. Sonnet Series and Itinerary Poems, 1820 -1845. Ed. Geoffrey Jackson. Ithaca:Cornell
UP, 2004.
−−−. The Thirteen-book Prelude. Ed. Mark L. Reed. Vol.1. Ithaca:Cornell UP, 1991.
−−−. The Prose Works of William Wordsworth. Ed. W. J. B. Owen and J. W. Smyser. 3 vols.
Oxford:Clarendon, 1974.
本城靖久『グランド・ツアー
英国貴族の放蕩修学旅行』1983.東京:中央 論社,1994.
中島俊郎「ペデストリアニズムの諸相
18世紀末ツーリズムの一断面」
『甲南大学紀要 文学編』
140(2006):51-85.