手形債権流動化TO案件にa-3を付与 [委託者非公表銘柄]

NEWS RELEASE
2012年 2月29日
【新規格付】
委託者非公表
TRS201202TO300-25: a-3
格付投資情報センター(R&I)は上記の格付を公表しました。
1.案件の概要
本件は、委託者が保有する手形債権を裏付資産とする信託受益権に信用格付を付与したものである。
2.信用格付
TRS201202TO300-25
符号の新規付与
短期格付 / a-3
-
名称
格付アクション
格付
備考
3.格付対象
委託者
委託者非公表
名称
TRS201202TO300-25
裏付資産
発行金額
(通貨)
劣後
比率
1,079,089,361円
(日本円)
21.76%
手形債権
発行日
予定償還日
最終償還日
2012/ 2/28
-
2012/ 5/ 9
償還
方法
HB
クーポンタイプ
利率
固定
1.54643%
注) 償還方法 HB:満期一括償還
<スキームの概要>
(1)
委託者は、保有する手形債権のうち適格要件を満たすものを抽出し、受託者に無担保裏書によ
り信託譲渡する。
(2)
受託者は、譲渡された信託対象債権を裏付にプール優先受益権(格付対象)、個別優先受益権(プ
ール優先受益権と個別優先受益権を併せて「優先受益権」という)、劣後受益権を設定し、委託
者に引き渡す。委託者は、優先受益権を投資家に譲渡する。
(3)
受託者は、信託対象手形を支払期日に支払呈示する。
(4)
受託者は、信託終了日に優先受益権を償還した後、劣後受益権を償還する。
■お問合せ先
■報道関係のお問合せ先
株式
会社
: インベスターズ・サービス本部
: 経営企画室(広報担当)
TEL. 03-3276-3511
TEL. 03-3276-3438
格付投資情報センター 〒103-0027 東京都中央区日本橋 1-4-1
E-mail. [email protected]
日本橋一丁目ビルディング
http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありません。また、
R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に際し関連情報の正
確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。
信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.htmlをご覧下さい。
©Rating and Investment Information, Inc.
NEWS RELEASE
4.格付の理由
(1) リスク要因
本件の主なリスクは、以下の通りである。
<仕組みに関するリスク>
 真正売買性に関するリスク
 サービサー破綻によるコミングリングリスク
<裏付資産に関するリスク>
 原債務者のデフォルトリスク
(2) リスク要因分析
① 原債務者のデフォルトリスク
原債務者のデフォルトリスクに対して、優先劣後構造による信用補完を設定している。手形債権プー
ルから生じる回収金は、優先受益権、劣後受益権の順に充当する。したがって、基本的には手形債権プ
ールに対して設定された劣後比率の範囲内でデフォルトが生じても、プール優先受益権は毀損しない仕
組みになっている。
R&I は手形債権プールに生じるデフォルトについて、デューデリジェンスにおけるヒアリングおよび
帝国データバンクの倒産データなどをもとに多角的にストレステストを実施し、デフォルトリスクに対
する信用補完の水準が当該優先受益権に a-3 の格付を付与するのに十分であることを確認した。
② サービサー破綻によるコミングリングリスク
手形の回収は受託者が行い、回収金は銀行勘定で受益権償還時まで運用される。受託者が破綻した場
合、回収金が受託者の一般の資産と混同するリスクがある。したがって、本件の信用格付は、サービサ
ーである受託者の信用力に依存する。
③ 真正売買性に関するリスク
真正売買性確保のため、手形の信託譲渡に関して手形法上の無担保裏書により、対抗要件を具備して
いる。なお、受益権の譲渡については、確定日付のある受託者の承諾により、対抗要件を具備する。
(3) 総合評価
分析の結果、格付対象の信用力は基本的に手形債権プールの信用力と信用力帰属先の信用力とのウィ
ークリンクであり、短期格付 a-3 を付与した。
5.損失、キャッシュフロー及び感応度の分析に関する情報
信用補完
流動性補完
優先劣後構造
なし
帝国データバンクの倒産データ及び本件のキャッシュフロー等から得られた数値に基づき、R&I はデ
フォルトに関する標準シナリオとして約 1.02%の累積デフォルト率を想定している。なお本水準は、R&I
が個別案件のデフォルト率等の定義に基づき見積もった水準であり、貸倒率、延滞率その他の指標と直
接的な相互比較は必ずしも適切ではなく目的としたものではない。
下記格付方法を格付対象の資産に適用する場合に、a-3 を付与できるか否かをテストするデフォルト
率のストレスシナリオは、一般的に標準シナリオの 2 倍の水準である。本件格付対象はデフォルト率に
関するストレステストにおいて、R&I が想定している 10 倍以上の水準まで耐えられる。
■お問合せ先
■報道関係のお問合せ先
株式
会社
: インベスターズ・サービス本部
: 経営企画室(広報担当)
TEL. 03-3276-3511
TEL. 03-3276-3438
格付投資情報センター 〒103-0027 東京都中央区日本橋 1-4-1
E-mail. [email protected]i.co.jp
日本橋一丁目ビルディング
http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありません。また、
R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に際し関連情報の正
確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。
信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.htmlをご覧下さい。
©Rating and Investment Information, Inc.
NEWS RELEASE
6.格付方法
格付対象の評価において、R&I は主に以下の格付方法を用いた。
公表年月
2010 年 9 月
2010 年 10 月
2010 年 9 月
2010 年 9 月
項目
第 1 章 総論
第 2 章 各論 仕組みに関するリスク
第 3 章 各論 裏付資産に関するリスク
第 7 節 手形債権
第 4 章 各論 キャッシュフローリスク
第 1 節 金銭債権等に関する分析方法(大数アプローチ)
第 7 節 裏付資産及び仕組み関係者等の信用格付を基にする分析方法
上記の格付方法は以下のホームページに公開している。
http://www.r-i.co.jp/jpn/sf/about/methodology/index.html
■お問合せ先
■報道関係のお問合せ先
株式
会社
: インベスターズ・サービス本部
: 経営企画室(広報担当)
TEL. 03-3276-3511
TEL. 03-3276-3438
格付投資情報センター 〒103-0027 東京都中央区日本橋 1-4-1
E-mail. [email protected]
日本橋一丁目ビルディング
http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありません。また、
R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に際し関連情報の正
確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。
信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.htmlをご覧下さい。
©Rating and Investment Information, Inc.
NEWS RELEASE
「格付提供方針等」3. に掲げる開示事項
(1)信用格付業者の商号又は名称及び登録番号並びに当該信用格付業者に対して直近一年以内に講
じられた監督上の措置の内容
商号又は名称:株式会社格付投資情報センター
登録番号:金融庁長官(格付)第6号
直近一年以内に講じられた監督上の措置:なし
(2)信用格付を付与した年月日
2012 年 2 月 29 日
(3)信用格付の付与に係る過程に関与した主任格付アナリストの氏名及び信用格付の付与について
信用格付業者を代表して責任を有する者の氏名
主任格付アナリスト:廣田 智久
信用格付の付与について代表して責任を有する者:神林 尚
(4)信用格付の付与に当たり採用した信用格付の対象となる事項の区分及びその細目に応じ記載さ
れた以下の 1)、2)の事項。並びに信用格付の対象となる事項の概要
1)信用状態に関する評価の前提となる事項及び信用状態に関する評価の結果を示す等級を定め
るために用いる基準
「格付付与方針」および「格付符号と定義」をご覧下さい。
(格付付与方針) http://www.r-i.co.jp/jpn/ratingpolicy/index.html
(格付符号と定義) http://www.r-i.co.jp/jpn/cfp/about/definition/index.html
2)信用格付の付与に係る方法の概要(ただし、重要なものに限る。)
本リリース「6.格付方法」の項目をご覧下さい。
信用格付の対象となる事項の概要:本リリース「3.格付対象」の項目をご覧下さい。
(5)格付関係者の氏名又は名称。ただし、金融商品取引業等に関する内閣府令(平成十九年内閣府
令第五十二号)第三百十三条第三項第三号にある、ただし書きの定めに従う。
組成に関する事務の受託者
りそな銀行
非公表(建設業・不動産業、売上高 100 億円
以上、東京都、オリジネーター名が公表され
た場合、オリジネーターの当該証券化の事実
原資産の主たる保有者
が格付対象の投資者以外の債権者に知られ
ることによって、オリジネーターの資金調達
の多様化が妨げられる可能性があるため。)
原資産の発行者又は債務者
該当無し
損失の危険を移転する契約の締結者(第三者)
該当無し
特別目的法人
該当無し
特定融資枠契約の締結者
該当無し
(6)信用格付の対象となる事項が資産証券化商品の信用状態に関する評価であり、かつ、過去に信
用格付を付与した資産証券化商品の設計と著しく異なる場合には、その旨
該当無し
(7)信用格付の付与が格付関係者からの依頼によるものでない場合には、その旨及び信用格付の付
与に係る過程において格付関係者から公表されていない情報(信用評価に重要な影響を及ぼす
と認められるものに限る。
)を入手したか否かの別
該当無し
■お問合せ先
■報道関係のお問合せ先
株式
会社
: インベスターズ・サービス本部
: 経営企画室(広報担当)
TEL. 03-3276-3511
TEL. 03-3276-3438
格付投資情報センター 〒103-0027 東京都中央区日本橋 1-4-1
E-mail. [email protected]
日本橋一丁目ビルディング
http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありません。また、
R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に際し関連情報の正
確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。
信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.htmlをご覧下さい。
©Rating and Investment Information, Inc.
NEWS RELEASE
(8)付与した信用格付について更新を行わない場合には、その旨及びその理由
該当無し
(9)付与した信用格付の前提、意義及び限界に関する当該信用格付の対象となる事項の区分に応じ
た説明(信用格付の変動の特性に関する説明及び信用格付の対象となる事項が信用状態の変化
に関する情報が限定されている金融商品の信用状態に関する評価である場合における当該信
用格付の限界に関する説明を含む。)
R&I の信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が
約定通りに履行される確実性(信用力)に対する R&I の意見です。R&I は信用格付によって、
個々の債務等の流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク等、信用リスク以外のリスクに
ついて、何ら意見を表明するものではありません。信用格付は、いかなる意味においても、現在・
過去・将来の事実の表明ではありません。また、R&I は、明示・黙示を問わず、提供する信用格
付、又はその他の意見についての正確性、適時性、完全性、商品性、及び特定目的への適合性そ
の他一切の事項について、いかなる保証もしていません。
R&I は、信用格付を行うに際して用いた情報に対し、品質確保の措置を講じていますが、これ
らの情報の正確性等について独自に検証しているわけではありません。R&I は、必要と判断した
場合には、信用格付を変更することがあります。また、資料・情報の不足や、その他の状況によ
り、信用格付を保留したり、取り下げたりすることがあります。
(10)信用格付の付与に当たり利用した主要な情報に関する次に掲げる事項 1)当該情報の概要 2)
当該情報の品質を確保するために講じられた措置の概要 3)当該情報の提供者
2)当該情報の品質を確保するた
3)当該情報の提供者
1)当該情報の概要
めに講じられた措置の概要
案件関連契約書
信用格付業者への表明保証等
組成に関する事務の受託者
裏付資産に関するデータ・資
信用格付業者への表明保証等
組成に関する事務の受託者
料
(11)付与した信用格付の対象となる事項が資産証券化商品の信用状態に関する評価に関するもので
ある場合には、次に掲げる事項
1)損失、キャッシュフロー及び感応度の分析に関する情報
本リリース「5.損失、キャッシュフロー及び感応度の分析に関する情報」の項目をご覧下さ
い。
2)付与した信用格付の対象となる事項が資産証券化商品の信用状態に関する評価であることを
明示するための記号又は数字その他の表示(当該表示に基づき投資者が当該信用格付の意義
及び限界を理解するための説明を含む。
)
本信用格付は、資産証券化商品と判断される商品の信用状態に関する評価を対象としています。
資産証券化商品については、以下のサイトを併せてご覧下さい。
http://www.r-i.co.jp/jpn/sf/about/sfrating/sfrating.pdf
金融商品取引業等に関する内閣府令第 306 条第 1 項第 9 号に基づく開示事項
信用格付の対象となる事項が資産証券化商品の信用状態に関する評価である場合、格付関係者に当
該資産証券化商品の情報の公開を働きかけた内容及びその結果
本資産証券化商品に関して、狭義 ABS として情報を公表するよう働きかけを行いました。詳
細につきましては、http://www.r-i.co.jp/jpn/sf/about/appropriateness/appropriateness.pdf をご
覧下さい。
本資産証券化商品に関する情報は、ニュースリリースによる開示項目のほか、追加情報の公表
はありません。
■お問合せ先
■報道関係のお問合せ先
株式
会社
: インベスターズ・サービス本部
: 経営企画室(広報担当)
TEL. 03-3276-3511
TEL. 03-3276-3438
格付投資情報センター 〒103-0027 東京都中央区日本橋 1-4-1
E-mail. [email protected]
日本橋一丁目ビルディング
http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありません。また、
R&Iは、信用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に際し関連情報の正
確性等につき独自の検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。
信用格付は、原則として発行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.htmlをご覧下さい。
©Rating and Investment Information, Inc.