早生ウンシュウミカンの新しい灌水指標にもとづく Web 灌水情報

技術の窓 №1923
H25.6.27
早生ウンシュウミカンの新しい灌水指標にもとづく Web 灌水情報
ウンシュウミカン栽培では、夏~秋の水分管理が品質と生産性を大きく左右します。近年
は異常気象が頻発し、また消費者ニーズも多様化しているため、灌水についてはハード(設備
改修)
・ソフト
(新灌水指標)
双方で改善が望まれています。そこで、葉の水ポテンシャル
(Leaf
Water Potential:LWP)を基準とした新灌水指標を作成するとともに、新しい指標、土壌水分
現況および予測に基づく灌水情報を Web 上で発信する技術を紹介します。
☆ 技術の概要
1.2003~ 2007 年にかけてのべ 226 樹で実施した調査結果から、高品質 M 級果実理想生育モ
デルと生育ステージ区分を導き、各ステージ毎の日没直後 LWP 適範囲を設定しています。
2.2008~2010 年にかけて基準園の土壌体積含水率を TDR センサーで連続的に計測し、前述の
LWP 適範囲に対応する土壌体積含水率域をステージ別に導くとともに、適水分域の下限に達
した際、上限に復帰させる為に必要な灌水量を算出しています。
3.気象台観測値をパラメータとして Penman 法で試算できる蒸発散位と、TDR センサーで計測
する土壌体積含水率現況値をもとに、現況値の測定日から連続して晴天が続くという想定で
の土壌水分消費ペースを予測しています。
4.Web 上には土壌体積含水率の現況、および望ましい水分域を基準園別に示すとともに、適
水分域の下限に到達すると予測される日を「次の灌水日」、適水分域の上限に復帰させるの
に必要な灌水量を「1回当たり灌水量」、その後も晴天が続くという想定で再び下限に到達
し、再灌水が必要となるまでの日数を「間断日数」として明示します。閲覧者は各々の条件
に近い基準園の情報を参考にできる仕組みとなっています。
図1 灌水情報の提供画面
(例.N園 9/5 時点)
☆ 活用面での留意
1.詳細については和歌山県果樹試験場
( 電 話 : 0737-52-4320 、 電 子 メ ー ル
e0703021@pref.wakayama.lg.jp) にお問い合わせください。
(果樹研究所 企画管理部 研究調整役 岩波 徹)