No.16: October 2007 - JSPS Stockholm Office

2007 年 11月9日 No.16
白夜の国々 春夏秋冬
-ストックホルムセンターだより 第 16号-
日本学術振興会 ストックホルム研究連絡センター
Japan Society for the Promotion of Science - JSPS Stockholm Office
ストックホルムでは、明るく賑やかだった夏が終わり、木々の紅葉が美しく、しっとりとした季節に
なりました。日本とは一味違う秋模様です。日照時間がだんだんと短くなるとともに、人々も厳しい
寒さに向けて、冬支度を始めています。当センターでは、スタッフの異動やコロキウムの開催など多
忙な日々を過ごしております。前号までとは異なるスタッフで編集を行うこととなりましたが、今後
ともご愛読いただければ幸いです(真栄城利江)。
目次
1.秋の読み物
2.行事
・「How to Go to Japan to Study and Research」の開催
・JSPS Colloquium「Frontiers in Plant Biotechnology」の開催
3.ニュース
・北海道大学の佐々木史氏 奨学金受賞
・JSPS Colloquium「Frontiers in Plant Biotechnology」に参加して
」に参加して
・2007 年ノーベル賞受賞者の発表
4.北欧学術機関の紹介
・Karolinska Institute(カロリンスカ医科大学)
・Royal Institute of Technology(王立工科大学)
5.雑記帳
・スウェーデン生き物日記(2
・スウェーデン生き物日記(2)
・お知らせ
1.秋の読み物
1.秋の読み物
北欧―その日その日(2) 異文化
広辞苑が改訂されるという。1万項目が追加され、
新語のうちの 40%が片仮名語となった。一書店の発
行する辞典にいちいち目くじらたてる必要もないの
だが、それでも片仮名表示には閉口する。本来の意
味からははずれて、雰囲気で何となく判ったような
気にさせるからである。例えばユビキタス、ラブラ
ブ、片仮名ではないけれど DNA など。このあたり
は無視していてもいいけれど、そうもいかない単語
もある。
グローバリゼーションとインターナショナリズム。
ストックホルムオフィスとしては看過できない。共
に国際化といった意味で使われるのだが、正確な定
義はないように思う。「ヒトとモノが国境を越えて動
くこと」が共通認識かもしれないが、形而上の問題
がはいってくると、事はそう簡単ではない。人は誰
でも生まれ育った土地、あるいは風土に有形、無形
の影響を受けている。そのため、生活様式、物の考
え方などが地方ごとに独自の発展をとげ、司馬遼太
郎氏はそれを「文化」と呼んでいる。時によっては
文化同士の相互理解がむずかしくなることもある。
日本国内ですらそうなのだから、ましてや世界の
国々での違いには想像に余りある。これを「異文化」
と呼び、その理解も国際化の一部と考えてみる。
異文化を理解する最上の方法は、その国の人にな
りきってしまうことだろう。ただし、その場合、理
解はできても二つの文化の橋渡しはできない。次善
の方法はできるだけ多くの人々が目的の国に行き、
そこの空気を吸ってくることか。「顔見知りをたくさ
ん持てば戦争は起こらない」と誰かが言っていた。
これなら何とか実現できるかもしれない。
その方策を考えた。観光旅行ならいつでも、誰で
もできるのだが、表面しか見えない。若い人たちが、
まがりなりにも異文化を経験するには、留学が効果
的と思われた。それを制度化するには、大学間研究
教育協定を結ぶのがいいことも分かってきた。そこ
で日本とスウェーデンの大学をいくつか訪問して、
現状調査と締結の可能性を探ってみた。
はっきりしたのはスウェーデンの大学には交換留
学生制度が確立されていることだった。学部生も大
学院修士課程の学生も、外国大学への1年程度の短
期留学は推奨されており、条件がととのえば単位に
加算される。多様な奨学金も利用できる。そのせい
か、学生たちはインターネットを熱心に調べて興味
のある大学を探し出し、留学を国際課に申し出ると
いう。興味深いことは、留学目的の半分が「異文化
を経験したいから」とのこと。その意味では、日本
への留学希望者はたいへん多いと聞いた。ただし、
博士課程の学生は別扱いになる。いわゆる PhD
student は大学に雇用された職員であり、学部学生
の研究指導などの業務を担っている。日本的には助
手(助教)の立場に近く、学生とはみなされない。
そのため、留学制度からははずされており、これが
日本からの博士課程学生の交換留学を妨げている。
こういった制限はあるものの、一般にはスウェーデ
ン側の留学制度は完備しており、希望すれば、そし
て受け入れの条件がととのえば、いつでも誰でもど
こへでも行ける体制にある。
ひるがえって日本の場合。私が訪問した大学では、
どこもたいへん熱心に交換留学制度の確立を探って
いた。ただ、難しい点もおおい。第一に大学自身の
問題。第二は教育制度そのものの問題。大学につい
て考えれば、まず、単位の互換性がないこと。相手
大学との協議が困難なうえ、こちらも英語の授業が
少なく、受け入れに躊躇せざるをえない。派遣学生
の英語能力も心もとない。だから単位取得はしない
で、研修名目で2-3ヶ月行ってくるに留める。こ
れでは対等な交換留学にはならない。支援費用も調
達がむずかしい。そのため、学生の自己負担になる
場合もある。教育制度も万全とは言いがたい。例え
ば、修士修了に求められる30単位のうち、留学に
よっては10単位が上限と定められている(大学院
設置基準 第15条、第16条)。これでは修士課程
2年のうち、1年を留学にあてるのはむずかしい。
学部学生についても同様、単位互換性がなければ、
休学して留学することになる。
こうした話を聞いてみると、交換留学制度の不備
が目立つ。大学の担当者たちのたいへんな熱意と努
力にもかかわらず、このままでは「行くな」といっ
ているような気がしてならない。それは「国際化」
が予想外に早く進み、問題意識と制度の改定が追い
つけないせいだろうか。
*
ヨーロッパの大学では「エラスムスムンドゥス」
プログラムと呼ばれる大学院教育の共通化が進んで
いる。単位や修業年限を統一して学生交流を盛んに
しよう、という趣旨である。圏内の参加大学ならど
こにでも応募でき、旅費や生活費が支給される。勉
強のみならず、異文化理解にも良いシステムなので、
登録する大学が増えている。日本の大学が直接、こ
れに参加するのはむずかしいかもしれないが、少な
くともその理念と方法論は研究しておきたい。真似
する必要はないが、学生がいつでも、無理なく希望
の大学へ留学できることが「国際化」の基本と思う
(佐野 浩)。
2.行事
「How to go to Japan
Japan to Study and Research」の開催
月 25 日に王立工科大学(Royal Institute of
Technology 、 ス ウ ェ ー デ ン 語 で は Kungliga
Tekniska Högskolan、KTH と訳す)のキャンパス
にて、スウェーデンの大学事務担当者向け説明会
「How to Go to Japan for Study and Research」が開催さ
れました。この説明会は、ストックホルム市内の大
学に勤務する国際交流担当者からの提案で企画され
たもので、在スウェーデン日本大使館と当センター
の共催、瑞日基金、Swedish Institute と KTH の協力に
より開催されたものです。当初は約 20 名の参加を予
測していましたが、当日は 30 名近くの参加者が集ま
り、賑やかな説明会となりました。
王立工科大学の副学長 Ramon Wyss 教授と当セン
ターの佐野浩所長の挨拶で会が始まりました。まず、
日本大使館の髙谷浩樹一等書記官が日本の教育制度
について説明を行いました。日本とスウェーデンの
学校教育制度の違いをわかりやすくまとめた説明に
より、参加者も日本の教育制度について更に理解で
きた様子でした。「日本と欧州の大学の学期開始時期
が異なるために、お互いの留学生受入が難しいので
はないか?」という質問に対しては、「近年は各大学
で柔軟な対応がされており、留学に支障が出るほど
大きな問題にはなっていない」と回答されていまし
た。
次に、大使館で国費留学の担当をされている渡辺
慎二一等書記官が日本の国費留学制度を利用したス
ウェーデン人の留学について説明なさいました。留
学制度の説明によると、「スウェーデン人の応募者も
近年は増加傾向にあるが、他国に比べると応募者数
が少ないため、採用率は高い」とのことです。この
大使館推薦の国費留学制度に対しては多くの質問が
寄せられていました。更に、当センター大月光康副
9
センター長(当時)が日本学術振興会の事業につい
て説明しました。外国人特別研究員(欧米短期)に
重点を置いたので、参加した事務担当者が、日本で
のポスドクを希望する学生に向けて更に情報を発信
してくれるのではないかと期待しています。更に、
瑞日基金の事務局長 Edvard Fleetwood 氏が瑞日基
金を利用した留学制度について説明を行いました。
瑞日基金は 1986 年にスウェーデン実業家アルネ・ベ
ルグルンド氏の提唱で設立された社団法人で、民間
資金により両国間の学生や専門家の交流・友好のた
めに援助を行っている機関です。Fleetwood 氏には、
大使館の留学制度や大学の留学制度を利用せずに留
学する方法、瑞日基金の奨学金への申請方法や選考
方法について説明いただいたので、様々な留学手段
や資金調達に関する幅広い情報を提供することがで
きました。最後に Swedish Institute(文化体験、教
育、研究を通して、スウェーデンと諸外国の留学生
の受入、派遣を含む交流活動を支援するために設立
された公共機関)の Monika Wirkkala 氏にも日本へ
の留学資金調達方法として、Swedish Institute の事
業内容や利用方法を説明いただきました。説明会の
最中はもちろん、終了後も参加者と説明者の情報交
換や交流が行われ、充実した内容の説明会となりま
した(真栄城利江)。
開会の挨拶を行う Wyss 教授
「
」の開催
JSPS Colloquium Frontiers in Plant Biotechnology
月 4 日、ストックホルム大学において、ストッ
クホルム大学及び奈良先端科学技術大学院大学
(NAIST)との共催により JSPS Stockholm Office
主催の第8回コロキウム 「 Frontiers in Plant
Biotechnology」が開催されました。
コロキウムは、若手研究者が議論を深めることに
より、今後につながる研究者間の人的ネットワーク
づくりを促進することを主な目的としています。
近年は、地球環境の保全が重要な課題となってい
ますが、科学技術による環境修復、特に、食料生産
を含む「緑の修復と保全」に関する研究は重要な視
点となっています。
今回は、この分野における北欧諸国の取組が積極
的であることからも、”植物バイオテクノロジーによ
る環境問題解決”をテーマとして開催しました。
冒頭、本コロキウムのオーガナイザーであるスト
ックホルム大学のベリーマン教授から開会の挨拶を
いただき、NAIST の新名惇彦教授からは植物を原料
とした燃料や資源の開発など、循環型社会づくりの
ために植物バイオテクノロジーが持つ可能性につい
て課題提起をいただきました。
続いて、スウェーデン側から Vincent Bulone 教授
(王立工科大学)、Sophia Ekengren 准教授(ストッ
クホルム大学)、Stenbjörn Styring 教授(ウプサラ
大学)、日本側から吉田和哉准教授(NAIST)、梅澤
俊明教授(京都大学)、明石欣也博士(NAIST)より
研究の最新状況や成果などについて講演が行われま
した。
また、博士課程の学生を中心にした若手研究者た
ちが研究内容をわかりやすく図解したポスターセッ
ションが開催され、会場の参加者たちは休憩中もコ
ーヒーを片手に色鮮やかなポスターを囲み、意見交
換を楽しんでいました。発表内容は、植物の機能や
免疫力、バイオ植物の特性や環境要因が植物に与え
る影響等の研究など多岐に渡り、会場の若手研究者
も交えて活発な質疑応答が行われました。ポスター
の発表内容と活発な議論を評価して授与されるポス
ター賞には、スウェーデン側:Patricia Santos 氏(ス
トックホルム大学)、日本側:西村健司氏(NAIST)
が選ばれました。最後に佐野所長から、コロキウム
を機会に生まれた交流を継続し、成果を学会関係誌
に掲載し、広く普及したいとの挨拶とともに幕を閉
じました。
このほか、当日はストックホルム大学内の研究室
や植物園施設を視察し、普段外側からは見ることが
できない大学の様子は参加者の関心を集め盛会とな
りました(毛利るみこ)。
講演会場
ポスターセッション
10
3.ニュース
北海道大学 大学院農学研究科 佐々木 史氏 スウェーデンの奨学金を授与される
北海道大学の佐々木史氏が「The Nils Stormby Linnaeus Scholarship for Research on Fungal
Cyclosporines Which Protect Nerve Cells」という奨学金を授与されました。この度は、授与式の様子
などをご寄稿いただきましたので、ご紹介します。佐々木様、奨学金の受賞、誠におめでとうございま
す。また、貴重な体験談をお寄せいただき、ありがとうございました(真栄城利江)。
寒い!というのが、北欧に降り立ってみて最初に
思った感想であった。長年北海道に住み、寒さには
慣れていたはずなのに、9月の北欧は比べようのな
い寒さだった。成る程、旅慣れた様相の方は、みん
なジャケットやコートを抱えている。
北欧はおろかヨーロッパ自体が初めてである私が
北欧を訪れることになったのは、スウェーデンにお
いてスカラーシップを戴けることになり、その目録
をビクトリア王女より直接手渡されることになった
からである。スカラーシップは「The Nils Stormby
Linnaeus scholarship for research on fungal
」という名
称で、今年がスウェーデンの生んだ偉大な分類学者
であるリンネの生誕 300 年であることから、それを
記念して設けられたものである。名称にあるシクロ
スポリンは、主に臓器移植時の免疫抑制剤や様々な
免疫介在性疾患の治療薬として利用されている。ま
た神経細胞の保護作用もあるとされており、神経障
害の改善への利用が期待されるが、その免疫抑制能
がネックとなるため、新しいタイプのシクロスポリ
ンが求められているようである。
私の研究分野を紹介しておくと、キノコ、なかで
も冬虫夏草菌という、主に虫から生じるキノコの分
類と利用であり、これを読んで下さっている方は、
今までのシクロスポリンの話とは非常に結びつきに
くいだろう。シクロスポリンは、もともと
Tolypocladium inflatum という土壌中から発見され
たカビが産生する物質だが、このカビは 1996 年に発
見された Cordyceps subsessilis という冬虫夏草菌と
同種であるということが後に判明した。冬虫夏草菌
には有性世代と無性世代があり、有性世代では、多
くがキノコ(子実体)を形成する子嚢菌類の
Cordyceps 属に属しており、無性世代は不完全菌類
に属している。従って 1 種の生物に 2 つの学名がつ
く こ と に な る 。 今 回の 場 合 、 有 性 世 代 は C.
subsessilis、無性世代は T. inflatum である。つまり、
シクロスポリンは冬虫夏草菌が産生する物質なので
ある。
日本は世界一の冬虫夏草菌天国で、今まで発見さ
れてきた冬虫夏草菌の大半が、実は日本で発見され
てきた。日本固有種とされている種も少なくない。
そこで瑞日親善も兼ね、日本の若手の研究者に目的
cyclosporines which protect nerve cells
の特殊なシクロスポリンを産生する冬虫夏草菌を探
してもらおう、というのが今回のスカラーシップな
のである。冬虫夏草菌の研究者人口が少ないという
こともあるが、私が博士課程において学振特別研究
員として行ってきた研究が評価され、今回の受賞に
繋がったのではないかと考えている。
スウェーデン到着後、最初に訪れた都市ルンドで
は、本スカラーシップのドナーである Nils Stormby
博士と日本人ピアニストである Yukie 夫人に面会し、
デンマークへの小旅行や夕飯の手料理を御馳走にな
るなど非常に楽しく過ごさせて頂いた。また、いず
れ私が採取した冬虫夏草菌を用いてシクロスポリン
のスクリーニングを行う Eskil Elmér 博士にもお会
いし、具体的なプランの説明と、所属されているル
ンド大学の実験脳研究所の紹介をして頂いた。非常
に充実した、また清潔感溢れる研究所であった。目
録の授与式会場であったウプサラ大学のある都市、
ウプサラに移ってからは、本スカラーシップのコー
ディネーターであるウプサラ大学の Eric Danell 博
士に何から何までお世話になった。博士は御専門で
あるマツタケやトリュフといったキノコのほか樹木
などにも非常に詳しく、また大変気さくな方であっ
た。授与式では非常に緊張し、ビクトリア王女が私
に何か仰って下さったのであるが、「大変光栄に存じ
ます、殿下」と述べるだけで精一杯であった。
今回の訪瑞は私にとって名誉な事だけでなく、研
究者としての人生において非常に有意義な経験をさ
せて頂いたという感が強く、スウェーデンでお会い
した方々および今回のスカラーシップを紹介して下
さった信州大学の山田明義先生に心から感謝を申し
上げたい。
余談だが、マルメで自由な時間ができた際、速攻
で上着を買いに走ったのは言うまでもない。
【北海道大学大学院農学研究院 専門研究員 博士
(農学) 佐々木史】
Victoria 王女から表彰
を受ける佐々木氏
「
」参加者より報告
JSPS Colloquium Frontiers in Plant Biotechnology
月 4 日に開催された JSPS Colloquium「Frontiers in Plant Biotechnology」に参加いただいた奈良先端
科学技術大学院大学(NAIST)の皆様より、今回のコロキウムについての報告書をご投稿いただきました。
以下に参加者の視点から見たコロキウムの様子をご紹介します。ご投稿いただいた皆様、貴重な感想をお寄せ
いただき誠にありがとうございました(真栄城利江)。
10
JSPS Colloquium “Frontier in Plant Biotechnology”
に出席して
月 4 日にストックホルム大学において標記のコロ
キウムが開催されました。日本から、奈良先端大・
バイオサイエンス研究科の新名惇彦教授、明石欣也
助教、私、京都大学・生存圏研究所の梅澤俊明教授、
そして奈良先端大の院生 4 名が出席しました。コロ
キウムは講演会とポスターセッションの 2 部構成で
した。講演会のオープニングで、コロキウムホスト
のストックホルム大学の Bergman 教授からコロキ
ウム参加者に対する歓迎のお言葉と植物バイオテク
ノロジーが 21 世紀のキーテクノロジーであることを
御自身の研究成果も含めて紹介されました。次いで、
日本側の代表として新名教授から、地球のエネルギ
ー供給が化石依存型から植物バイオマス利用型へ転
換しているなか、植物バイオテクノロジーの研究開
発が担うべき役割を具体的なデータを元に説明され
ました。引き続き、スウェーデンと日本から 3 名ず
つの講演がありました。KTH の Bulone 教授から植
物細胞壁の主要成分であるセルロースや-D-グルカ
ン生合成の分子機構解析について、吉田からイネの
カリウム/ナトリウムイオン輸送の分子機構について、
ストックホルム大学の Ekengren 博士から植物の耐
病性機構について、梅澤教授からゲノム情報を基盤
としたアカシアのバイオテクノロジーについて、昼
食をはさんで、ウプサラ大学の Styring 教授からバ
イオミメティックケミストリーに基づいた人工光合
成システムの構築について、明石助教から野生スイ
カの乾燥ストレス耐性の分子機構について、それぞ
れ講演があり、各講演の後に熱心な質疑応答が行わ
れました。講演会終了後のポスターセッションでは、
スウェーデンと日本の大学院生と博士研究員による
14 題のポスター発表があり、それぞれのポスターの
前で活発なディスカッションが行われました。最後
に、JSPS ストックホルムオフィスの佐野浩所長によ
10
吉田和哉
る今回のコロキウム開催の経緯、および日本とスウ
ェーデンの植物バイオテクノロジー分野での連携、
特に両国の若い研究者が共同研究を始めるきっかけ
になることを祈念するとの御挨拶でコロキウムが締
め括られました。コロキウムの後、ストックホルム
大学の植物研究に関する実験施設を見学し、スウェ
ーデン風料理の並ぶ立食形式の懇親会がありました。
懇親会でポスター賞の発表があり、ストックホルム
大学の Santos さんによる Frankia(植物共生型窒素
固定菌)のストレス耐性機構に関する研究発表と奈
良先端大の西村くんによるシロイヌナズナの
RuBisCO の生成に機能する遺伝子の変異解析に関
する研究発表が選ばれました。私は初めてのスウェ
ーデン訪問でしたが、同国の植物バイオテクノロジ
ー研究、特にバイオ燃料先進国として植物バイオマ
スの改良、増産に関する先駆的研究には学ぶべき点
が多く、今後、共同研究を含む連携を計りたいと思
っています。末筆ではございますが、今回のコロキ
ウム出席の機会を与えて下さった、JSPS ストックホ
ルムオフィスの佐野所長はじめ所員の方々、および
JSPS 国際事業部の豊島さんはじめ関係各位にこの
場を借りて御礼申し上げます(奈良先端科学技術大
学院大学バイオサイエンス研究科 准教授)。
参加者とコロキウム会場前にて
コロキウムに参加して
今回のこのコロキウムは私にとって初の海外での研
究発表だったこともあり非常に思い出深いものとな
った。私達の研究グループは、高等植物の緑葉タン
パク質の約三割を占める程多量に蓄積される、光合
成 CO 固定酵素ルビスコがいかにして合成されるの
か、その分子メカニズムに興味があり、解析を行っ
ている。アプローチとしては、シロイヌナズナの変
異体プールから、正常にルビスコを合成できない植
物をスクリーニングし、その原因遺伝子を単離・同
定するという遺伝学的な手法をとっており、こうし
た解析によりルビスコ合成の分子実態を捉えようと
試みてきた。本コロキウムでは、これまでに私達の
研究室で取得された幾つかの変異体の特徴と原因遺
伝子の機能について紹介させて頂いた。内容が盛り
沢山だったことやポスターセッションが短時間であ
ったこともあり、そこまで突っ込んだ内容のディス
カッションには至らなかったものの、話を聞きに来
てくれた二人には研究内容を充分理解してもらえた
と思う。そして何より、研究自体に興味をもってく
れたことに非常に喜びを感じた。実際、ポスター発
表で賞を頂くことができた。このポスター賞は大変
励みになり、今後、より詳細な解析を行うことで、
更なる飛躍を目指したいと感じた。また、発表を聞
い て 頂 い た ス ト ッ ク ホ ル ム 大 学 の Birgitta
Bergman 教授にもコロキアム終了後に激励の言葉
を頂いたことも率直に嬉しかった。ちなみに私の発
表を聞いてくれた二人のうち、もう一人は Patricia
Santos さんで、彼女もまたポスター賞を受賞した。
Patricia さんは、樹木を用いて細菌と植物の共生関
係についての解析を行っており、窒素固定細菌が共
生した根粒での遺伝子発現応答が、種々の環境スト
2
西村健司
レスに対する葉や根における防御応答のパターンと
類似していることを示していた。スウェーデン側の
研究は、Bergman 教授による藍藻毒素をはじめ、
Sophia Ekengren 博士の植物の免疫機構の解析等、
実学に重きを置いている印象を受けた。また本コロ
キウムにはストックホルム大学以外にも、Uppsala
大学の Stenbjorn Styring 教授や Royal Institute of
Technology (KTH)の Vincent Bulone 教授の研究グ
ループも参加していた。Styring 教授は人工光合成を
専門とし、光化学系 II において水の電気分解を行う
マンガンクラスタの機能を、人工的に反応中心をマ
ンガンとルテニウムに改変した複合体で再現してお
り、一風変わった研究を目の当たりにできた。また
Bulone 教授は、細胞壁の構成成分であるセルロース
及び病耐性に重要なカロースの生合成について詳細
な解析を行っているが、酵素学に留まらず分子生物
学・細胞生物学的な手法により、セルロース合成酵
素と表層微小管、更には植物の形態形成の関係に迫
ろうとする研究の展開の仕方は大変興味深く、今後
の自分の研究をおもしろく発展させるためのヒント
となった(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサ
イエンス研究科 博士後期課程・2年)。
ポスター賞受賞式
ストックホルムコロキウムを終えて
ストックホルムコオキウムにおいて、 RFT1 and
Hd3a are essential for flowering in rice というタイ
トルで、ポスター発表をした。RFT1 と Hd3a の
double RNAi 個体が、花をさかせない表現型を示す
ことに、非常に感心を持っていただいた。さらに、
RFT1 と Hd3a の下流遺伝子については、シロイヌ
小宮 怜奈
ナズナとは、異なっていたため、イネにおいてはど
のような制御機構が考えられるのか、その制御につ
いてのアイディアについて、議論した。今後、下流
の遺伝子群の詳細な機能解析を行う上で、非常に有
意義な時間となりました。
スウェーデン側の発表では、トマトの CRR の研究
を行っている Dr. Sophia Ekengr の発表が興味深く、
今後、CRR のリン酸化が、シグナリング経路の on/off
に関与するのか、また、CRR と相互作用する因子を
特定することによって、広がりをもつ分野であると
感じた。午後の研究室訪問で、彼女のラボで培養細
胞にトマトジュースを使って培養していることを知
り、勉強になった。
を訪問しました。UPSC はウメオ大学とスト
ックホルム大学の両者が出資して、2003 年にできた
研究所で、マイクロアレイもでき、施設環境は非常
にレベルの高いものでした。また、ポプラを用いた
開花関連の仕事をしている Dr. Ove Nillson の研究
室を訪問し、現在進めている研究について詳細な議
論を行うことができた。
今回の訪問において、スウェーデンにおいては、
木、特にポプラを用いた研究が盛んであり、応用的
な研究から、基礎研究まで、広範囲に及び、研究が
進んでいる事を肌で感じた。また、スウェーデンの
研究所 (UPSC)では、研究室の隔たりがなく、多く
の研究室が、デスクも実験台も混合した状態で、ほ
とんどの機器や試薬等が共通であり、日本 (NAIST)
とは異なっており、海外の研究所事情を知る良い機
会となりました。私は、イネを材料に基礎的な研究
スウェーデン側参加者と
を中心にすすめているが、今後は、応用的な発想を
全体的に、NAIST の口頭発表、及び、ポスター発表 持ちつつ研究を進めていくことが重要であると感じ
に、非常に感心を持つことが多く、NAIST 参加者の た一週間でした。
レベルの高さを感じました。自身が分子生物学を行 今回のコロキウムのオーガナイザーである佐野先
っている事もあるが、もう少し、ストックホルム大 生、また NAIST の代表である新名先生, 吉田先生に
学側の発表に(特にポスター)、データを含めた研究 は、出発前と訪問中に、大変お世話になりました。
内容であれば、良いのではないかと思いました。
ありがとうございます(奈良先端科学技術大学院大
私は、後半の日程で、Umeo Plant Science Center 学 バイオサイエンス研究科 博士後期課程・3 年)。
(UPSC)
ストックホルムコロキウム参加
今回のコロキアムではイネのカリウムイオン輸送
体である HAK についての研究紹介を行った。会場の
ストックホルム大学はストックホルム市内から車で
三十分程の郊外に位置し、木とレンガで造ったような
趣のある大学で、各教室には窓が多く、床はフローリ
ングになっており、日本の研究室と違い明るく清潔な
感じだった。
午前中のセミナーでは奈良先端大、京都大学、スト
ックホルム大学、ウプスラ大学、王立研究所の先生方
の幅広い分野の発表を聞くことができ、大変勉強にな
った。中でもストックホルム大学の Sophia Ekengren
先生の耐病性に関する発表は、植物のストレス応答と
いう点で自分の研究に生かせる点も多かった。午後の
ポスター発表では修士に入ってからの一年半のデー
岡田知之
タを発表した。会場では、各 HAK のカリウムイオン
への親和性の違いや細胞内局在などについて有意義
な討論ができた。また同じくポスター発表をしていた
ウプスラ大学の Lindberg 博士には、イネの細胞への
ナトリウムイオンの流入口について説明していただ
ストックホルム大学植物学教室の見学
いた。イネのナトリウムイオンの流入口についてはま
だまだ未解明なところが多く諸説あるが、現在有力と
なっている考え方を教えていただいた。塩ストレス分
野の第一線で活躍する海外の研究者とディスカッシ
ョンできたのは貴重な経験だった。
ストックホルム大学での一日はあっという間に終わ
ってしまったが、今回のコロキアムでは様々な知識を
吸収することができた。また「外国の研究者を相手に
英語で発表する」という経験もでき、大変有意義なも
のとなった(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサ
イエンス研究科 博士前期課程・2 年)。
ストックホルムコロキウムに参加して
今回のコロキウムはポスター発表でしたが、私にとっ
て最初の国際会議での研究発表となりました。私は日常
会話も満足にできない程英語ができないため、ちゃんと
自分の研究をわかってもらえるかという不安と、会話力
向上の少しの期待を抱えながら臨んでいました。
私はシロイヌナズナを使って、植物の小胞体ストレス応
答の分子機構について研究を行っています。動物の知見
を参考に、アミノ酸配列から動物の転写因子に共通する
特徴を持ついくつかの遺伝子に注目し、小胞体ストレス
応答との関わりを調べた結果を発表しました。スウェー
デンの人はどなたも英語が上手なので、私が述べたこと
に関してはよく理解してくれました。質問としては、手
法に関しての質問に加えて、私が注目している遺伝子が
植物体内で実際にどのような役割を果たしているのかと
いった疑問や、そもそも小胞体ストレスとは植物にとっ
てどういうものかという疑問がありました。これらはま
さに我々が知りたいことでもあり、日本語でもはっきり
とした答えのできない質問を受けたことで、「少しでもま
しな答えができるように事実を明らかにしたい。」という
気持ちは強くなりました。
スウェーデン側の発表を見て全体としての印象は、環境
問題に高い関心をもつ国とあって、応用研究に力を入れ
ていることを感じました。環境汚染によって大量発生す
るシアノバクテリアに関してその毒性や発生機構に関す
田嶋 紘美
る解析、野菜や穀物を使ったファイトレメディエーショ
ン、さらには人口光合成と称して太陽エネルギーを利用
した水素を生産するプロジェクトまで、普段私が目を向
けていなかったテーマがたくさんあったのが印象的でし
た。また、私はストックホルムから北へ約 600 ㎞離れた
ウメオという所も訪れました。スウェーデンは林業が盛
んなので樹木を扱った研究が多く、ウメオ大学内にある
植物科学センターは、ポプラのゲノム解読の大半を担っ
た機関です。そこでは多くの人がポプラを研究材料とし
て、細胞壁成分、環境応答、開花などについての研究を
行っていました。スウェーデンの人たちは自分たちの身
近な問題を自分たちの手によって取り組むという姿勢が
あるように感じました。
もうひとつスウェーデンで印象に残ったことは、ストッ
クホルムにしてもウメオにしてもポーランド、オースト
リア、デンマークといったヨーロッパ諸国をはじめ、中
東や日本も含めたアジアの実にさまざまな国から学生や
ポスドクが集まっていることでした。社会保障が充実し
ているためか、外国人に対して開放的なためか理由はわ
かりませんでしたが、これほど寒い地域であるにもかか
わらずこのような人気があるのはよほど魅力的な国なの
だろうと思いました(奈良先端科学技術大学院大学・バ
イオサイエンス研究科 博士後期課程・3 年)。
ポスターセッション
2007 年ノーベル賞 受賞者発表
毎年、世界中の注目を集めるストックホルム発の
ニュースといえば、ノーベル賞受賞者の発表です。
本年度も10月8日の生理学・医学賞を皮切り
に、物理学賞や化学賞等の各受賞者が連日発表に
なりました。
生理学・医学賞の発表は、カロリンスカ研究所
のノーベルフォーラムで行われ、当日は、各国か
らの報道陣の他、学生達も多く集まり会場を埋め
ていました。
本 年 度 は 、 Mario R.Capecchi 氏 、 Oliver
Smithies 氏(ともに米)
、Martin J.Evans 氏(英)
に授与されました。受賞理由はES細胞を利用し
た研究におけるマウスの特定遺伝子変異に関する
原則を発見したことで、例えばヒトの病気を複製
した実験用マウスが、実験用モデルとしてアルツ
ハイマー病やガンの原因解明等に寄与することが
期待されています。
また、物理学賞は、巨大磁気抵抗効果(GMR)
を発見した功績により Albert Fert 氏(仏)、Peter
Grünberg 氏(独)に授与されました。近年は、
ノートパソコンや携帯用音楽プレーヤーを持ち歩
く人も多くなりましたが、GMRはこうした小型
化したハードディスクの微弱な磁力を電気抵抗の
差に変換し大容量の情報を読み出す技術の発展に
寄与しています。
このほか、化学賞を受賞した Gerhard Ertl 氏
(独)は、物質の表面に関する研究に従事し、異
なる手法の実験により固体の表面がどのように反
応するかを解明し、実験手法を確立した功績が認
められました。当該研究は、例えばなぜ鉄が錆び
るのか、燃料の触媒反応ひいてはオゾン層が破壊
される仕組を説明するためにも重要な分野とされ、
半導体等の産業発展に不可欠な研究分野となって
います。
物理学賞及び化学賞の発表は、ともに王立科学
アカデミーで行われ、受賞者とは直接電話でつな
がり、喜びの声が直接報道されている様子が印象
的でした。受賞の知らせを受けた Etrl 氏はとても
驚いた様子でしたが、夜は家族でお祝いをしたい、
(これからの生活は変わると思うかとの記者の質
問に対し)これからも今とそれほど変わらない生
活がおくれることを祈っているとの感想を伝えら
れていました。
受賞に際しては 10 百万クローネ(約1億8千万
円※共同受賞の場合は異なる)が贈られ、12 月 10
日のアルフレッド・ノーベル氏の命日に授賞式が
行われる予定となっています(毛利 るみこ)。
(その他各賞の結果については、ノーベル財団の
HPで紹介されています。http://nobelprize.org/)
王立科学アカデミーでの発表
ノーベル委員会化学分野 Heijne 会長(右)と
王立科学アカデミーÖquist 事務局長(中央)
4.北欧学術機関の紹介
Karolinska Institute(カロリンスカ医科大学)
カロリンスカ医科大学)
(カロリンスカ医科大学)の
Strategy and Development Office を 訪 問 し 、
Per-Erik Jansson 教授と Maria Wastfelt 博士に大
学の概要を説明していただく機会がありましたので、
その内容をご紹介します。
1.概要
カロリンスカ研究所は 1810 年の対ロシア戦争の
Karolinska Institute
際に、負傷した兵士を救済した事業から誕生した伝
統ある国立大学で、2010 年には創立 200 周年祭を控
えているそうです。当センターオフィスのある Solna
キャンパスとストックホルム市の南部に Huddinge
キャンパスを持ち、それぞれに付属病院が設置され
ています。近年では特にアルツハイマー病の研究に
力を入れており、日本の住友製薬と共同で新薬の開
発を行っているそうです。
2.大学組織
今回訪問した Strategy and Development Office
はもともと大学事務局の内部にあったそうですが、
近年の大学組織改編で戦略的な国際交流や対外政策
を行うために、一つの組織として独立した経緯があ
ります。国際交流や国際戦略に関する決定権は
Board of Research が担っており、 Strategy and
Development Office は、トップダウン型の事業展開
を行っているそうです。
3.研究費
興味深かった点は、外部資金として研究者が獲得
した研究費から、その研究者の研究室に属する全て
のポスドク、博士コースの学生に給与を支払ってい
る点です。給与は博士課程の学生の 1 年目で月額約
1 万~1 万 5 千クローネ(約 18 万円~27 万円)支給
されるそうです。また、スウェーデンでの大学学費
は無料なので、ポスドクまたは博士コースの学生と
して研究を続ける場合でも、学生への経済的な負担
は日本の学生よりも少ないように感じました。しか
し、カロリンスカ医科大学(スウェーデンのほとん
どの大学)において研究費を獲得できなかった研究
チームは、研究を存続することができなくなり、そ
Royal Institute of Technology(王立工科大学)
の研究チームに属していた学生は他のチームもしく
は研究室を探さなくてはならなくなります。そのた
め、全ての研究者が研究費獲得に向けて入念な準備
するため、研究費獲得競争は非常に厳しいとのこと
でした。
4.今後の動き
カロリンスカ研究所では、PhD 学生の約 30%が国
外からの研究者で占められており、外国の研究者に
も人気が高いようです。また、女性の登用にも力を
入れており、所属する研究者の男女比も男性が 1257
名、女性が 2297 名で圧倒的に女性が多くなっていま
す。教授の男女比は未だ男性の方が多いのそうです
が、今後ゆっくりと、しかし確実に女性教授数が増
えていく見込みであるとのことでした(真栄城 利
江)。
カロリンスカ医科大学正門
(王立工科大学)の国際交流を担当されている Takau-Drobin 氏より王立工
科大学における国際交流の現状をうかがう機会がありました。本号では、主に学生の派遣・受入についてご紹
介します(真栄城利江)。
Q:学生交流の現状について教えてください。
日本の大学への交換留学を希望するスウェーデン人学生は多いのですが、スウェーデンを留学先
に希望する日本人学生が少ないのが現状です。大学としても、今後は受入促進のための広報等を
行う必要があります。
Q:スウェーデン側学生の留学の主な目的は何でしょうか?
主に日本語能力の習得、文化研究となっており、理系分野研究のために日本へ留学する学生は少
ないです。
Q:日本人留学生の語学に関する問題はないのでしょうか?
日本からの交換留学生については、後期が始まる 8 月末よりも以前にスウェーデンに入国し、
スウェーデン語の強化コースを受講することになっています。このコースの授業内容は非常に厳
しいため、本格的な授業が始まるまでに基礎的なスウェーデン語を身に付けることが可能です。
Q:日本人留学生を受け入れた際、大学として生活をサポートしていますか?
大学事務局よりアパート紹介を受けることができます。平均的なアパートの家賃は月に
Royal Institute of Technology
(約 51,000 円。1SEK=17 円換算)程度です。
Q:英語で学位を取得するコースはありますか?
大学院レベルに設置されている「International Master Course」では、英語での学位取得が可
能です。その在籍学生の内訳は約 70%が中国、残りをパキスタンやバングラデシュの学生が占
めています。デンマークでは 2007 年度より EU 加盟国外の国籍の学生は授業料を徴収すること
になりましたが、スウェーデンでは未だ全学生に対して大学授業料が無料です。デンマークを避
けた学生が多かったためか、2007 年度は学生の増加が見られました。
3,000SEK
5.雑記帳
スウェーデン生き物日記(2
スウェーデン生き物日記(2)海辺の街
宮崎 駿監督の名作「魔女の宅急便」はストックホ
ルムが舞台と言われる。本当かな、と思っていたが、
最近、そうかもしれないと納得した。いろいろな場
面でカモメが翔んでいるからである。
ストックホルムは人口 76 万、町並みのきれいなヨ
ーロッパの中都市といった感じだが、地学的には大
小とりまぜて 14 の島の上に乗っている。海洋都市と
言っていい。路線バスにでも乗れば、橋で連結され
た島々の様子がわかるが、普通に生活しているとそ
れは実感できない。
唯一、海に近いことを覗わせるのがカモメである。
例えば、ストックホルム大学のキャンパスは広大な
芝生に囲まれており、海の気配はないのだが、オオ
カモメが頻繁に姿を現す。「魔女の宅急便」の舞台と
もいえる旧市街では、頭の黒いユリカモメが餌探し
にいそがしい。こうした鳥たちを見ると、「なるほど
海辺だ」と改めて思い出す。そのつもりで観察する
とやはり水鳥が多い。マガモやコガモなどのカモ類、
ダイバーと呼ばれるカイツブリ類、さらにガンの仲
間など。
子育てにいそしむ夏鳥になる。その行動を観察する
のは楽しい。
ストックホルム大学の裏手には入江が広がってい
る。そこでは鼻筋の白いオオバンや頭の赤いカイツ
ブリが岸辺のヨシを集めて浮き巣を作る。働くのは
だいたい雄鳥のようで、雌鳥は近所でそれを眺めて
いる。毎日、観察していたら営巣場所には適、不適
があることがわかった。適地には同種、異種が入り
乱れて巣を作り、鳥にしてみれば過密状態になるら
しい。
*
オオバンとカイツブリが 30 メートル間隔で巣を
作った。仲がいいな、と見ていたら、カイツブリが
オオバンの巣材を抜き取って自分の巣に運びはじめ
た。材料のヨシならすぐ近くにいくらでもあるのに、
わき目もふらず、ひたすらに 30 メートルを往復する。
ところで、盗まれるオオバンのほうは巣の上に座っ
ているのに、まったく無関心。われ関せず、といっ
た境地なのか、無駄な抵抗はしない方針なのか。数
日後、オオバンの巣は消滅し、親鳥ももちろん姿を
消した。
カイツブリの完勝なのだが、問題はオオバンの無
抵抗である。生物学的にどのように解釈したらいい
のか、あとになって気になりだした。カイツブリの
縄張り(テリトリー)に侵入したため、後ろめたか
ったのだろうか。あるいは、種内でよく見られる「つ
つき順位」(peck order)が種間に拡大、カイツブリ
のほうが上位だったのか。それとも、はじめから盗
難に気づかなかったのか。理由はともあれ、何やら
その多くは渡り鳥である。日本では冬季に飛来し、 たいへん人間的な光景でバードウォッチングもくた
春になると北方へ帰って繁殖する種類が多く、冬鳥 びれます。
といわれる。同じ種類がスウェーデンでは春に現れ、
*
いたずらっ子がガンの背中に乗ってスウェーデン
中、旅行する話がある。「ニルスの不思議な旅」とい
い、著者はセルマ・ラーゲルレフ。1906 年に出版さ
れて以来、世界の子供たちに愛読されてきた。その
ためかどうか、20 クローネ紙幣のデザインになって
いる。描かれたガチョウは家禽だが、ストックホル
ムの公園には各種のガンも多い。6月から7月には
親子連れのカナダグースが闊歩しており、人間のほ
うが遠慮して歩く。身近な鳥なので「ニルス」はス
ウェーデン子にとっては現実味のある話かもしれな
い(佐野 浩)。
カナダグース
お知らせ(新メンバーのご紹介)
10 月より副センター長として赴任しました毛利と申します。初めての海外生活
に地図を片手に右往左往の日々ですが、スウェーデンの教育や文化、科学技術(グ
ルメ情報も・・)などなど日々幅広く関心を持って、少しでも有用な情報を収集・
ご提供できるように頑張ります。こんなことが知りたいなどご希望ありましたら
お気軽にお寄せいただけると幸いです。よろしくお願いいたします(毛利るみこ)。
*
はじめまして! JSPS ストックホルムセンターで秘書として勤務している
Lisa-Mi Swartz と申します。私は夫の仕事の都合により、6 年間東京で暮らして
いました。その影響で日本の社会や文化について非常に強い関心を持っているの
で、このオフィスで働くことは、楽しく、興味深い経験になっています。
国際交流や研究交流の促進は、日本とスウェーデン両国にとって利点が多く、
大切なことです。JSPS が両国の交流活性化について、非常に大きな役割を果たし
ていることを日々感じながら仕事をしています。私の仕事が少しでも学術振興の助けになればと思っています。
どうぞよろしくお願いします(Lisa-Mi Swartz)。
監
修:
編 集 長:
編集担当:
執
筆:
佐 野
浩 (セ ン タ ー 長 E-mail:h-sano@jsps-sto.com)
毛利 るみこ(副センター長 E-mail:r-mouri@jsps-sto.com)
真栄城 利江(国 際 協 力 員 E-mail:gakushin2@jsps-sto.com)
佐野 浩、毛利 るみこ、真栄城 利江
日本学術振興会ストックホルム研究連絡センター
JSPS Stockholm Office, Retzius väg3
väg3,
äg3, 171171-77 Stockholm, Sweden
TEL +46 (0)8 5088 4561
FAX +46 (0)8 31 38 86
http://www.jspshttp://www.jsps-sto.com