リンク

東日本大震災
支援プログラム
宮城教育大学
目次
概要
支援プログラム
※宮教塾
※講
座
国語教育講座
社会科教育講座
数学教育講座
理科教育講座
音楽教育講座
美術教育講座
保健体育講座
家庭科教育講座
技術教育講座
英語教育講座
特別支援教育講座
幼児教育講座
学校教育講座
※附属センター
環境教育実践研究センター
教育臨床研究センター
特別支援教育総合研究センター
国際理解教育研究センター
小学校英語教育研究センター
※サークル
※ボランティア・グループ
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
概 要
このたびの東日本大震災に際し、全国、更には世界各国から温かな励ましや
ご支援をいただきました。 心から感謝申し上げます。
宮城県では、被害の大きかった学校を除く多くの学校が、4月21日に授業
を開始しました。先生の中には、家を失ったために、避難所から通っておられ
る方も多く、避難所での世話、学校での児童、生徒の指導と、疲労は極地に達
しています。子どもたちの心の傷が顕在化することも気がかりです。
本学でも入学式はできませんでしたが、5月9日より授業が開始されました。
また、震災直後から、被災学校の復興に向けて大学を挙げて努力しているとこ
ろです。
今回、学内の教員や附属センターが支援できる・支援を行ってきたプログラ
ムを公開し、被災校からの要請にできる限りお応えしたいと思っています。
なお、このプログラムは随時追加していきますので、ご要望もお寄せいただ
ければ幸いです。
○宮城教育大学は、教育復興支援センターを設立、学校や幼稚園の支援をさせ
て戴いております。
○これらの支援は、宮城県震災復興基本方針、仙台市震災復興基本方針、その
他、各地方自治体の基本方針に則って、大学が進めるものです。
○単科の大学ですので、ご要望に十分沿えるかどうか分かりませんが、できる
だけのご支援をさせて戴きたいと思いますので、遠慮なくお申し出下さい。
問い合わせ先
研究・連携推進課
電話
研究協力係
022-214-3856
E-mail
[email protected]
支援プログラム内容
事
業
名
宮城教育大学
宮教塾(案)
事業の種類
学力支援
教員補助
日
程
7 月 8 月の土日開催
対
象
中学生 1~3 年
要望があれば高校生も可
課外活動
事業詳細
各教科の指導単元を教育委員会と相談し決定の上、学生
自ら指導案を作成し、授業を実施。
ただし高校生については、自習方式での指導
開催場所
栗原塾(平成 20 年度~実施)
大郷塾(昨年より要請あり)
【新規】気仙沼塾、南三陸塾、女川塾、石巻市塾、東松
島塾、塩釜塾、七ヶ浜塾、多賀城塾、名取塾、岩沼市塾、
亘理塾、山元塾
連
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
社会科教育講座
教員名
吉田
被災地教育支援活動
事業の種類
教師への指導補助および児童への学習支援の活動
日
程
8 月後半~9 月下旬
対
象
女川市内の小学校および児童
事業詳細
剛
1 日~2 日
2回程度
・本事業は,被災地小学校との協同的なプロジェクトとして
学校に出向き、現場教師の指導補助を行い,かつ放課後以降
の児童の自主的な夜学に対する学習支援を行う。また,本事
業は,今後も続くことが予想される被災地学校への支援活動
を通じて,学生たちに困難な環境下において教員に必要な力
量を実践的に身につけさせることも意図している。また発展
的な要望があれば,学生たちとの相互の学び合いの場として,
現場教師の力量形成のための機会も用意できる。
開催場所
女川市内の小学校
連
先
吉田剛
Tel 022-214-3395
[email protected]
考
日程の調整上,可能であれば実施する。
備
絡
支援プログラム内容
事
業
名
事業の種類
日
程
対
象
事業詳細
社会科教育講座
教員名
吉田
剛
防災教育カリキュラムの開発と経営
教科教育・総合的な学習の時間・教育課程・学校行事な
どにおける防災教育カリキュラムに関する支援
随
時
小学校,中学校,中等教育学校,高等学校の上記事業に
関わる研究・教務主任または管理運営者
新潟県中越地震の経験を生かした現地教育委員会や義務教育
学校が実施した防災教育カリキュラムとその対応例を基に,
各地域や児童生徒さんたちに応じた教科教育,総合的な学習
の時間,教育課程,学校行事などをクロスできる防災教育カ
リキュラムの開発と経営に関するご相談を受け付けます。
開催場所
本学またはご相談に応じます。
連
社会科教育講座 吉田剛研究室
Tel 022-214-3395
[email protected]
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事業名
事業の種類
日
程
対
象
事業詳細
開催場所
連絡先
備
考
社会科教育講座
教員名
小金澤孝昭
昔の体験「蒸し竈でご飯を炊こう」出前授業
出前授業
6 月~11 月の平日
小学校 4 年生
小学校 4 年生の社会科「昔の暮らしを学ぶ」単元の体験学習で
す。この体験学習では、昔のかまど「蒸し竈」を使って、ご飯を
炊きます。まずは、蒸し竈で火おこしをします。木炭に火をつ
けて火をおこします。次いで「羽釜」でお米をといで、水加減
を調整します。そして、羽釜を蒸し竈に入れてご飯を炊きます。
ご飯を炊いている間に、石臼で大豆を挽いて黄な粉も作ります。
秋には、このほかに稲の脱穀作業も足踏み脱穀機で行います。
時間は 2 時間~3 時間ほどのプログラムです。スタッフは 5 人
程で伺います。特に学校で準備するものはありません。事前に
1 回、打ち合わせを行ないます。
各小学校で開催
小金澤研究室 電話 022-214-3386
FAX022-214-3386
[email protected]
[email protected]スキュー事業」
に応募していただけると出前授業経費が出るので助かります。
これ以外の地域やレスキュー事業の応募時期が過ぎても対応し
ます。
支援プログラム内容
事業名
事業の種類
社会科教育講座
教員名
夏のいぐねの学校
・日帰りコース ・宿泊コース
課外体験学習
日
程
7 月末
8 月初
対
象
日帰りコースは、小学校 3 年生以上 6 年生まで
宿泊コースは、小学校5~6 年
事業詳細
開催場所
連絡先
備
考
小金澤孝昭
日帰り学校
宿泊学校
●いぐねの学校(日帰り編)9:30~14:00(定員 50 名)
いぐね(屋敷林)の探検・観察
・食べ物作り体験(豆腐作り、竃でご飯炊き、石臼で黄な粉作り
持ちつき体験)
・ものづくり体験(萱織り、草木染め)
●いぐねの学校(宿泊編)13:00~翌日 14:00(定員 20 名)
1 日目 午後・体験・観察学習 夕食づくり
交流会(留学生との交流)
2 日目 午前 いぐね塾(夏休みの宿題・個別指導)
昼食後解散
名取市大曲
洞口家住宅(国の重要文化財)
小金澤研究室 電話 022-214-3386
FAX022-214-3386
[email protected]
保険に加入していただきます。
当日は名取駅まで迎えの車を出します。
支援プログラム内容
講座名
理科教育講座
事 業 名
スペースラボ in 仙台市天文台 for East Japan
事業の種類
仙台市天文台とコラボしている理科実験教室
「スペースラボ in 仙台市天文台」の出張開催
日
程
年 1 回~2 回
対
象
小学校・高学年
1日
中学生
事業詳細
理科の実験教室「スペースラボ」を仙台市天文台と共同事業
として実施しています。
沿岸部の学校や、公民館での実施も可能です。
夏休みの理科の自由研究のヒントにどうぞ。
実施内容例)
『太陽の通り道をたどろう!スペシャル』
『宇宙空間を体験しよう』
『はやぶさ」はなぜ燃え尽きたか?』
『オーロラと超伝導の共通点?!』
参考
ホームページ
http://rika.miyakyo-u.ac.jp/information/spacelab.html
開催場所
仙台市天文台、要請のあった学校、公民館など
連
Tel
E-mail
備
絡
先
考
022-214-3415
[email protected] (高田)
支援プログラム内容
事
業
名
講座名
音で遊ぼう・音楽と親しもう
事業の種類
学習支援
日
程
休暇期間、土日を中心に随時
対
象
小学生 1~6 年、中学生 1 年~3 年
要望があれば高校生も可
事業詳細
音楽教育講座
授業補助
課外活動
a. 音遊びのワークショップ
ボディパーカッション、簡易楽器による即興的な音楽作
り、口唱歌遊びなど。
b. 合唱、吹奏楽のクリニック
授業や部活動に参加し、一緒に演奏したり、アドバイス
をしたりする。
c. 日本音楽(三味線、筝)に関する授業補助
d. ミニ・コンサート
以上 a~d は、それぞれ単独でも、あるいはいくつかの組み
合わせでも応じることが可能です。ご相談ください。
開催場所
ご相談に応じます。
連
先
宮城教育大学音楽教育講座主任教授
[email protected]
FAX. 022-214-3443
考
音楽教育講座の教員全員と学生が、内容に応じてチームを組
備
絡
んで対応します。
吉川和夫
支援プログラム内容
事
業
名
講座名
技術教育講座
中学校における技術科教育支援
事業の種類
中学校における技術科の授業実施に関する支援
日
程
随時相談
対
象
中学校の技術科教員
事業詳細
・震災により使えなくなっている技術科の授業で必要のある
工具や器具の貸与
・震災により施設が十分に使えない状況での授業実践の方法
に関する相談
開催場所
・対象中学校
連
水谷好成(技術教育講座)
E-mail: [email protected]
TEL/FAX: 022-214-3468
※できる限り、メールを活用してください。
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
技術教育講座
教員名
水谷
好成(代表)
ものづくり元気支援プロジェクト
事業の種類
ものづくり工作に関するワークショップ・授業に関する
支援
日
程
随時相談
対
象
小・中学校、地域の子ども会など
事業詳細
・LED による光のインテリア工作教室(授業)の実施
牛乳パックランタン、漫画ランタン作りなど
・ロボットを使ったプログラム学習の実施
梵天丸を使った学習
・簡易音声録音・再生装置による工作
・その他、ものづくり教室や授業などに関する相談
開催場所
対象小・中学校など(相談)
連
先
水谷好成
E-mail: [email protected]
TEL/FAX: 022-214-3468
※できる限りメール連絡でお願いします。
考
・工作教室における材料費に関しては相談に応じます
・
備
絡
支援プログラム内容
事
業
名
技術教育講座
安藤明伸
最新技術で未来の街をつくってみよう
事業の種類
課外活動
日
程
随時調整
対
象
中学生1~3 年
事業詳細
教員名

拡張現実(AR)という,現実空間にあたかも物体がある
かのように見ることができる技術を利用し,自分で作成
したコンピュータグラフィックスを「その場」の空間に
映し,未来のテクノロジーを体験できます。

2~3時間の内容です。

必要な物品(ノートパソコンも含む)は,こちらで用意
することも可能です。

パソコン台数の関係上,同時に作業できるのは 10 名で
す(パソコンをご用意して頂ける場合は,人数は応相談)
開催場所
ノートパソコンの電源が確保できれば,どこでも可
連
技術教育講座 安藤明伸
([email protected])
※電話はありません
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
技術教育講座
安藤明伸
パソコン組み立て講座
事業の種類
課外活動
日
程
随時調整
対
象
中学生1~3 年
事業詳細
教員名

普段使っていながら,中身をあまり知らないコンピュー
タを分解・組み立てしながら,そこに隠されたテクノロ
ジーの秘密やものづくりのエッセンスを知ることができ
ます。

2~3時間の内容です。

必要な物品は,こちらで用意します。

パソコン台数の関係上,同時に作業できるのは 10 名で
す
開催場所
電源が確保できれば,どこでも可
連
技術教育講座 安藤明伸
([email protected])
※電話はありません
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
技術教育講座
安藤明伸
技術科 情報分野 授業提供&学習支援
事業の種類
授業の提供,教員補助
日
程
随時調整
対
象
中学生1~3 年
事業詳細
教員名

中学校技術科の情報の授業では,多くの場合生徒のスキ
ル差による進度調整が大変困難です。このプログラムで
は,本学学生や教員による授業の補助をいたします。ま
たご希望があれば,こちらで単発の授業をご提供します。

授業補助および授業提供に当たっては,予め内容等の調
整の上,実施致します。
開催場所
日程調整ができればどこでも可
連
技術教育講座 安藤明伸
([email protected])
※電話はありません
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
技術教育講座
教員名
岡
震災により被害を受けた学校花壇・菜園の復旧支援
事業の種類
学校支援
日
程
要望がありましたら、随時。
対
象
市内・県内の小中学校。その他の教育機関。
事業詳細
正明
教員補助
津波により海水を被った、土砂が流入した、など、震災によ
り被害を受けた学校花壇や菜園では、教材植物がうまく育た
ない、また来年度以降の栽培活動の見通しが立たない様な場
所も少なくないと思います。花壇などの土の状態を診断し、
対処法に関する情報を提供いたします。
○学校花壇の土壌について、塩分濃度、pH、土壌肥料成分
(窒素・リン酸・カリ)、地表面放射線量を簡易測定します。
○塩分を含んだ土壌を復旧させる方法に関する情報や、代表
的な植物の耐塩性データを提供するとともに、具体的な手法
についてのアドバイスをいたします。
○土がやせている、pH が植物生育に適していないなどの症
状についても、改善方法をアドバイスします。
開催場所
近隣の学校には、直接うかがって調査いたします。遠方
の学校については、深さ毎の土壌を送っていただくな
ど、状況にあわせて対応いたします。
連
宮城教育大学 技術教育講座 岡研究室
TEL:022-214-3473
Email:[email protected]
(できるだけ、Email でのご連絡をお願いいたします。)
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
技術教育講座
教員名
岡
教材植物種子の配布と栽培技術指導
事業の種類
学校支援
日
程
要望がありましたら、随時。
対
象
市内・県内の小中学校。その他の教育機関。
事業詳細
正明
教員補助
本研究室では、新しい栽培学習教材の開発研究を進めており、
700 種類以上の教材植物の種子も保管しています。震災によ
り教材植物の種子を失った学校に対し、種子の現物、あるい
は種子の入手方法に関する情報を提供します。
○ご希望いただいた教材植物の種子について、研究室に十分
量のストックがある場合には、種子を提供いたします。
○本研究室に種子のストックがない場合や、入手が難しい植
物種子の場合は、入手方法に関する情報を提供いたします。
○教材植物の栽培方法について、現地に出向いて、技術指導
をいたします。その際、教材園の土壌のpH や肥料成分(窒
素、リン酸、カリ)
、塩分濃度などを計測し、土壌改良に関す
るアドバイスを行うことも可能です。
開催場所
それぞれの状況に合わせ、対応いたします。
連
宮城教育大学 技術教育講座 岡研究室
TEL:022-214-3473
Email:[email protected]
(できるだけ、Email でのご連絡をお願いいたします。)
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
事業の種類
講座名
特別支援教育講座
障害のある子どもたちへの対応
被災地域・被災者の中にいる障害のある子どもたちへ
の教育・支援的側面からの対応
日
程
必要に応じて調整
対
象
障害のある子どもたち
事業詳細
あそびの支援
学習支援
教材・遊具等の貸出
学生ボランティアの派遣
開催場所
必要に応じて調整
連
絡
先
障害学生支援室(副室長:藤島省太)
[email protected]
022-214-3507
備
考
支援プログラム内容
事
業
名
幼児教育講座
教員名
佐藤
雅子
“わらべうたあそび”
事業の種類
出前講座
日
程
相談に応じます。
対
象
就学前の子どもと保護者
幼稚園・保育所等の指導者
一般市民
事業詳細
・親子わらべうたあそび(一回につき50分)
就学前の子どもと保護者が一緒にあそぶ。1回につき、
15組程度が望ましい。
・幼稚園や保育所等でわらべうたあそびをする(1回につき
30分~50分)
(なるべく同年齢のグループで)
先生と子どもが一緒にあそぶ。1回につき30名までが
望ましい。
・わらべうたあそびの講習会(1回につき2時間まで)
幼稚園や保育所等の指導者を対象にわらべうたあそびに
ついて講習する。受講生は30名程度が望ましい。
開催場所
相談に応じます。
あまり広くない部屋が良いが、できれば一人ずつ椅子に
座って丸集合になれることが望ましい。畳の部屋でも可
連
メールでの連絡をお願いいたします。
[email protected]
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
幼児教育講座
教員名
佐藤
哲也
絵本よみきかせ DVD(神戸女子大学作成)
お届します。
事業の種類
学習支援活動
日
程
いつでも可能です。(郵送)
対
象
就学前の子どもと保護者
小学校低学年
どなたでも
事業詳細
神戸女子大学の学生たちが作成した、
「絵本よみきかせ DVD」
を、要請があった個所へ宮城教育大学より、お送りします。
開催場所
ご都合の良い日時・場所にてご自由にお楽しみくださ
い。
連 絡 先
Tel 022-214-3512
E-mail [email protected]
備
考
支援プログラム内容
事
業
名
事業の種類
講座名
学校教育講座
学校・教員・保護者へのコンサルテーション
学校運営
被災児童生徒対応および育児に関する
コンサルテーション
日
程
対
象
随時
保育所・幼稚園,小学校,中学校,高等学校の教諭等
および保護者
事業詳細
震災により被災した学校の運営や、児童生徒への対応
についてお悩みの先生方・保護者の方々からのご相談を
受けつけます。
心理学および教育学を専門とする教員が対応します。
開催場所
各学校園,または宮教大にて
※まずは郵便,電話,メール等でご相談ください。
連
備
絡
先
考
学校教育講座 久保順也
電話・FAX 022− 214− 3525
e-mail
[email protected]
支援プログラム内容
事
業
名
講座名
学校教育講座
震災に関するアンケート調査等の支援
事業の種類
データ入力・分析等の支援,調査実施に関する相談等
日
程
随時
対
象
保育所・幼稚園,小学校,中学校,高等学校の教諭等
事業詳細
震災に関するアンケート調査等を実施された(あるいは実
施される予定の)学校園の先生方を対象として,次のような
支援を行います。
①学生ボランティアによるデータ入力の支援
②調査結果の分析や報告書作成等に関する支援・助言
③質問紙作成などの調査実施に関する相談
開催場所
連
備
絡
各学校園,または宮教大にて
※まずは郵便,電話,メール等でご相談ください。
先
考
学校教育講座 越中康治
電話・FAX 022− 214− 3519
e-mail
[email protected]
支援プログラム内容
事
業
名
講座名
記録:教師が生きた3・11
事業の種類
教員支援
日
程
随時
対
象
幼・小・中・高など学校の教職員
事業詳細
学校教育講座
危機管理
学級・学校経営
震災直後からその後の期間にわたって,教師たちが学
校内外においてどのような行動や働きをしてきたのか,
本学非常勤講師およびその紹介者を中心とする教職員
に対してヒアリングを行い,記録をまとめます。
今後の危機管理や学級・学校経営に活用できるもので
あるとともに,教員の社会的役割に関する基礎資料とな
ることをめざします。
開催場所
本学,またはヒアリング対象者の勤務校
連
学校教育講座 梨本雄太郎
電話・FAX 022− 214− 3715
e-mail [email protected]
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
環境教育実践研究センター
島野智之
プランクトン(及び土壌生物)観察による生態系の復帰
と農林水産業の復興等の評価
事業の種類
課外体験学習,及び
日
程
1 時間以上
対
象
小中高校生
事業詳細
教員名
室内観察
プランクトンを顕微鏡観察することにより.生態系の状態を
理解する.
・津波被害は,沿岸,淡水,そして陸上(陸水)生態系に大
きく影響を与えているが,生態系はいずれ回復へと向か
う.
・
この課程について,水系は,プランクトンを指標として,
調査観察する
・
水田・森林の回復などについては,淡水中のプランクト
ンおよび,土壌生物などをあわせて観察する.
・農林水産業のあり方にあわせて,生態系とあわせて,その
作業行程での災害環境からの負荷などを評価する.
開催場所
相談により、直接うかがって調査・指導いたします。
連
宮城教育大学環境教育実践研究センター島野研究室
TEL:022-214-3515
Email:satoshis”a”staff.miyakyo-u.ac.jp
絡
先
(できるだけ、Email [email protected]て下
さい)
備
考
支援プログラム内容
事
業
名
環境教育実践研究センター
島野智之
湛水による水田の塩害被害回避の調査
事業の種類
課外体験学習,及び
日
程
1 時間以上,数ヶ月まで
対
象
小中高校生
事業詳細
教員名
室内観察
水田に水を溜めることで,水田の塩害被害が,宮城県内での
調査によって容易に回避できることが,明らかになってきた.
・ 塩を土壌中より取り除くという植物(例えばケナフ,ワ
タなど)をもちいた,バイオレメディエーションの実験
を行う.
・ 湛水(水を溜めること)によって,塩が土壌中から 1 ヶ
月月程度で,取り除かれていく過程を観察する.
※
現在,表土を取り除くことが,推奨されているが,水田
の本来の表土は,津波によってすでに失われており,さ
らに,ここから現在の表土を取り除くことは,数百年か
けて維持してきた水田自体を著しく痛めることになる.
そこで,湛水によって,水田をこれ以上痛めることなく,
迅速に塩害を回避することを児童,生徒と一緒に確認し
実践する.
開催場所
相談により、直接うかがって調査・指導いたします。
連
宮城教育大学環境教育実践研究センター島野研究室
TEL:022-214-3515
Email:satoshis”a”staff.miyakyo-u.ac.jp
絡
先
(できるだけ、Email [email protected]て下
さい)
備
考
NPO 法人たんぼ
との協力関係による
支援プログラム内容
事
業
名
センター名
国際理解教育研究センター
被災地に国際社会のメッセージを届ける事業
事業の種類
学力支援、メンタルケア
日
程
5 月以降随時(単発)
対
象
幼稚園
事業詳細
小・中・高等学校
授業の流れ
各国留学生が被災地の学校に国際社会のメッセージ(絵
や写真、手紙)を届けます。英語活動も行います。(単
発の事業)
・留学生が各国の言語や文化の紹介。
・世界各国の遊びを体験する。
・各国からの支援メッセージをとどける。
・お礼のメッセージを書く。
開催場所
各学校
連
附属国際理解教育研究センター
Tel 022-214-3382
[email protected]
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
名
センター名
国際理解教育研究センター
震災・復興プロセスの検証・研究(防災教育)
事業の種類
調査・研究
日
程
通年
対
象
幼稚園・小・中・高等学校、教育委員会教員
事業詳細
①震災発生時から現在までの経緯を、すべて記録に残す。
②これまで学校展開していた防災教育がどう生かされたのか
検証。
③震災から得られた教訓を教育に反映させる。
④研究の成果を国際社会に発信し、ユネスコの推進するDR
R(Disaster Risk Reduction)に協力する。
開催場所
各学校、各教育委員会
連
附属国際理解教育研究センター
Tel 022-214-3382
[email protected]
備
絡
先
考
支援プログラム内容
事
業
センター名
名
小学校英語教育研究センター
小学校外国語(英語)活動支援
事業の種類
教師への指導補助・児童生徒への学習支援
日
程
随時相談
対
象
※小学校教諭
※小学生5・6年
事業詳細
教諭
カリキュラム・指導法・教材の開発などをサポート
します。
生徒
小学校外国語(英語)活動の支援を行います。
※具体的な内容は、ご相談に応じます。
開催場所
連
備
絡
随時相談
先
考
Tel -22-214-3493
E-mail [email protected]
サークルによる学校支援ボランティア内容
チアリーダー部
サークル名
チアリーダー部
活動内容
チアダンス教室、ストレッチ、演技の披露
活動地域
仙台市内
活動校種
小学校、児童館
活動可能時期
土曜日、日曜日、長期休業期間
サークルから
ひとこと
被災者のみなさまが少しでも身体を動かすことが
できたり、気持ちにゆとりのもてるような活動をし
たいと思いますので、よろしくお願い致します。
連絡先
学生課学生企画係
Tel 022-214-3595
Fax 022-214-3342
E-mail [email protected]
サークルによる学校支援ボランティア内容
民族芸能研究会びっきい
サークル名
民族芸能研究会びっきい
活動内容
巡回公演
活動地域
宮城県内
活動校種
小中学校、児童館、その他
活動可能時期
7月1日以降の土曜日、日曜日および長期休業期間
サークルから
ひとこと
私達民族芸能研究会びっきいは、和太鼓・笛・踊
りなど日本各地のさまざまな伝統芸能を実践してい
るサークルです。
私達の演奏が少しでも皆様を元気づける力になれ
ば幸いです。
部員一同力を合わせて活動していきますので、ど
うぞよろしくお願いします。
連絡先
学生課学生企画係
Tel 022-214-3595
Fax 022-214-3342
E-mail [email protected]
サークルによる学校支援ボランティア内容
や
も
い
自然フィールドワーク研究会YAMOI
や
も
い
サークル名
自然フィールドワーク研究会YAMOI
活動内容
何でも OK
活動地域
活動校種
小中学校
活動可能時期
水曜日午後、土曜日、日曜日、および春季休業期間
サークルから
ひとこと
日頃から環境教育に力を入れているサークルなの
で、子供への学習支援などで役に立てればと思いま
す。
連絡先
学生課学生企画係
Tel 022-214-3595
Fax 022-214-3342
E-mail [email protected]
サークルによる学校支援ボランティア内容
おはなしポケット
サークル名
おはなしポケット
活動内容
絵本読み聞かせ活動
活動地域
特になし
活動校種
小学校、児童館
活動可能時期
土曜日、日曜日、長期休業期間
サークルから
ひとこと
今年度は月1回東六番丁小学校にて読み聞かせを
しています。人形の森というイベントや工作イベン
トも積極的に参加しています。ですから、絵本の読
み聞かせ以外にも工作なども計画すれば出来ますの
でよろしくお願いします。
連絡先
学生課学生企画係
Tel 022-214-3595
Fax 022-214-3342
E-mail [email protected]