アカデミック・リエゾンによる学習支援活動の展開と利用者支援課の新設

アカデミック・リエゾンによる学習支援活動の展開と利用者支援課の新設
2008 年度末、図書館は「学習支援連携委員会」を設置し、
1
続く 2009 年 4 月に「アカデミック・リエゾン」制度を発足さ
アカデミック・リエゾンの活動目標
せた。
「アカデミック・リエゾン」制度導入の目的は、各キャ
ンパスおよび中央図書館を核として、教育研究現場に依拠し
アカデミック・リエゾンは、個別情報の提供に限らず、情
た質の高い図書館サービスと利用者支援にかかる諸活動をよ
報の収集・評価・活用のための知識・技能・方法を学生に伝
り積極的に行なうことにある。その中核として中央図書館に
えること自体を本来的取り組みとして行なうこととして、初
「利用者支援課」を設置した。
「アカデミック・リエゾン」はこ
年度となる2009年度は次の2点を当面の活動目標と定めた。
の課のスタッフと、キャンパス図書館、及び各教員図書室等
1. 基
本技能としての図書館リテラシー
の担当者を総称する呼称でもある。
・各
学術院の基礎演習科目等、
導入教育を構成する要素とし
※中央図書館利用者支援課は、それまでの総合閲覧課を改組し、
ての図書館リテラシーに対する協力を行なう。
2.学習の進展に伴う支援
中央図書館内の閲覧管理業務に限定することなく、全学に対す
る図書館情報リテラシーに関わる企画の策定・連絡調整・実施
・ 2年次以降の学生に対する情報リテラシー教育への協力を
をも担当する新たな役割を持つ。従来担当してきた管理業務は
行なう。
新たなミッションの達成に全力で取り組める体制とするため、
・在
学生(院生を含む)に対する個別ゼミや授業における図
2009 年度スタートにあたり校友図書館カード発行業務の校友課
書館リテラシー習得への協力を行なう。
移管をはじめ、海外 ILL 業務の委託化、AV ルーム・複写マイ
クロ室管理業務の資料管理課移管を行ない、さらに図書館カー
ド発行業務の委託化にむけた図書館利用者区分の見直しをはか
2
アカデミック・リエゾンの活動と総括
り、2010 年度より図書館カード発行業務を業務委託した。
活動の記録は別掲「2009年度活動報告」に掲載しているが、
2009年度活動報告
(濃い網掛け部分は2009年度新規取り組み)
実施期間
対象
担当箇所
行事名称等
参加者数・
対象者数
関係箇所
備考・開催内容等
1. オンデマンド教材の作成
2009年前期
(5/11より
視聴開始)
2009年度
全学共通
利支
文化構想学部
・文学部
戸山
早稲田大学基礎講義
(オンデマンド、実験授業)
全学新入生 オ ー プ ン 教 育 全8回構成のうち、第8回を図書館
対象
センター
が担当。全体約90分の動画を作成。
図書館サービスと情報検索の初歩。
オンデマンド教材改訂
基礎演習
受講者対象
教務
フルオンデマンド教材「図書館の利
用法:情報リテラシーは図書館活用
から」の部分改訂を実施。
2. 学部新入生向けオリエンテーション
4/2(木)
文化構想学部
戸山
新入生向け説明
1年生全員
学部入学式の中で5分間説明。10:55
〜 11:00
4/2(木)
人間科学部
所沢
人間科学部オリエンテーション
1年生全員
40分
4/3(金)
文学部
戸山
新入生向け説明
1年生全員
学部入学式の中で5分間説明。14:55
〜 15:00
4/3(金)
スポーツ科学部
所沢
スポーツ科学部オリエンテーション
1年生全員
40分
4/3(金)
理 工 学 部(基 理工、利支
幹・先進・創造)
学部生向けオリエンテーション
1475
1回40分x5回開催。
4/5(土)
社会科学部
図書館ガイダンス
(新入生向け)
1年生全員
14:00-15:30のうち20分間。
人研・スポ研オリエンテーション
1年生全員
11:30-14:30「論文作成のためのデー
タベース検索法」
利支
3. 大学院新入生向けオリエンテーション
4/3(金)
人間科学研究
科・スポーツ
科学研究科
所沢
4/3(金)
理 工 学 部(基 理工
幹・先進・創造)
学術情報リテラシー
(院生向け)
161
学術情報リテラシー講習 + Web of
Science + SciFinder
4/6(月)
情報生産シス
テム研究科
利支、理工
北九州:新入生向けオリエン
62
日本語・英語で各50分。オンライン資
料中心。
10/24(土)
5限
ファイナンス
研究科
利 支、
アカデ ファイナンス研究科向け
ミックリエゾン 図書館オリエンテーション
13
30分図書館オリエン、60分eol実習
4. 教員向けオリエンテーション
4
4/3(金)
理工学術院
理工
新任教員向けオリエンテーション
新任教員全員
5分
4/6(月)
文化構想学部
・文学部
戸山
新任教員向け個別説明
1
30分
Library
Annual Report
アカデミック・リエゾンによる学習支援活動の展開と利用者支援課の新設
カテゴリー別に以下総括し活動の成果と課題をまとめる。
1. オンデマンド教材の作成
トライアル科目「早稲田大学基礎講義」への協力として
全 8 回授業のうち、第 8 回「図書館サービスと情報検索の
初歩(約 9 0 分)」を利用者支援課が担当して作成した。
「早
稲田大学基礎講義」は学部新入生を対象に学生生活に必須
となる知識、ノウハウ、心構えなどを伝えることを目的
とした実験授業である。全学的取り組みの場への参加と
なり図書館のコンテンツは好評を得た。
同様にオンデマンド教材の作成に関しては、戸山図書
館において文化構想学部・文学部基礎演習授業用教材の
改訂も行なった。
2. 学部新入生向けオリエンテーション
用案内、2 回目は情報検索の基礎を習得させることを目的
3. 大学院新入生向けオリエンテーション
として各種 DB を利用した PC 実習中心の授業を展開した。
4. 教員向けオリエンテーション
授業実施にあたってはアカデミック・リエゾン総体で対
従来からある、年度初頭における短時間での図書館オ
応し、結果この 2 回の授業受講者は延べ 1300 人に上った。
リエンテーション。学部や大学院の行事への参加として
授業後の反響はおおむね好評であったが、ツアー担当者
行なっている。
の確保、担当教員による図書館リテラシーの展開、学術
院の助手や TA の活用などを検討する必要を痛感し、次
5-1. 大規模授業支援
回への課題となった。
政治経済学部総合基礎演習α(2 0 0 9 年度からの設置科
一方、文化構想学部・文学部基礎演習科目への戸山図
目)、ならびに文化構想学部・文学部基礎演習へのアカデ
書館における授業支援は 2 0 0 7 年度から始まり 2 0 0 9 年度
ミック・リエゾンによる授業支援。
は 3 回目を数えた。先にも述べたがオンデマンド教材の
2 0 0 9 年度に新たに設置された政治経済学部総合基礎演
改訂もあわせて授業内容の見直し、実施体制の強化(合同
習α(選択科目)では、学習支援連携を打ち出した図書館
クラス編成や PC ルームの確保における戸山総合事務セン
の方針にいち早く呼応した学部側との相談の結果、図書
ターの協力、ツアーや PC 実習補助におけるアカデミック・
館情報リテラシーが授業内容に盛り込まれることとなり、
リエゾンの活用)をはかることができた。
半期 1 5 回授業のうち 2 回をアカデミック・リエゾンが担
(政治経済学部ならびに文化構想学部・文学部への授業
当して授業展開することとなった。授業 1 回目は基本的な
支援に関する詳細は『ふみくら No.78 2010.3.15 事例報
図書館サービスの紹介と館内ツアーによる中央図書館利
告①②』を参照のこと)
5. 授業支援
▶ 5-1 大規模
実施期間
対象
担当箇所
行事名称等
参加者数・
対象者数
関係箇所
備考・開催内容等
4/13(月)〜
18(土)
政治経済学部
利支、
高田、
アカ 政経:総合基礎演習α図書館
デミックリエゾン リテラシー1
約700
受講生全員に対し、中央図書館にて講
義+館内ツアーを実施。全21回開催。
6/8(月)〜
6/13(土)
政治経済学部
利 支、
アカデ 政経:総合基礎演習α図書館
ミックリエゾン リテラシー2
623
PCルームでの情報検索講習を中心に、
PC
ルームが確保できない回はAVホールにて講義
13
図書館概要、WINE、CiNii、Webcat、
新聞系DB
12/3(木)2限 政治経済学部
利支、高田
4/20(月)〜
5/21(木)
、
月木金の5限
文化構想学
部・文学部
戸 山、
アカデ 文・文構:基礎演習 Aコース
ミックリエゾン
約900
中央図書館AVホールで実施。講義+
館内ツアー
5/11(月)〜
6/4(木)
、
月木金の5限
文化構想学
部・文学部
戸 山、
アカデ 文・文構:基礎演習 Bコース
ミックリエゾン
約630
PCルームにて情報検索中心
5/21(木)〜
7/9(木)
、
月木金の5限
文化構想学
部・文学部
戸 山、
アカデ 文・文構:基礎演習 Cコース
ミックリエゾン
約360
基本的な情報検索に加え、各教員の
個別の要望に対応
政経:総合基礎演習α図書館
リテラシー2(後期設置科目)
Library
Annual Report
5
5-2. ゼミ対応・各種講習会
大学院生の参加を得て、好評であった。継続的な開催や他の
以前より戸山図書館を中心に個別のゼミ対応講習会は開
学術院での開催にもつながる試みであったといえる。
催されていたが、2009 年度は他の学部・研究科からも新
たな申込による講習会が増加した。15 件のうち 8 件の新規
7. ウェブ・印刷媒体
開催があり、特にライティング・センターチューター向け
講義や実習形式のほかウェブ情報の充実にも努めた。利用
RefWorks 講習会は、図書館利用者だけでなく、全学横断的
者支援課が中心となり、資料タイプ別・テーマ別に「リサーチ
取り組みへの協力を行ないえたところに大きな意義がある。
NAVI」コンテンツの作成を行い、図書館HPに掲載した。こ
れらは作成すること自体が学習になり、作成後は各種授業支
6. 若手研究者向けセミナー
援やゼミ対応講習会などでも有効に活用できている。同時に
学習支援は主に学部新入生を対象として想定したが、政治
これまで作成していなかった英文版作成にも力を入れている。
経済学術院において助教や助手との懇談を行なったところ
今後は対象コンテンツを拡大すると共に、常に最新の情報と
研究活動においても図書館支援の必要性が確認され、研究
なるよう継続してメンテナンスに取り組むことが大切である。
者レベルに有効なセミナー開催を行なうことができた。セミ
また、講習会受付のお知らせを図書館HPに掲載した。申込
ナータイトルは「論文作成支援ツールとデータベース検索の
受付にあたり、手順をふくめ確認すべき事項を網羅し適切な講
実際」
。開催時期が年末及び年度末となったが、多くの教員・
習会開催につなげることのできる受付用紙の作成もおこなった。
▶ 5-2 ゼミ対応・各種講習会(学術院別)
実施期間
対象
担当箇所
行事名称等
参加者数・
対象者数
関係箇所
備考・開催内容等
6/12(金)
、
15(月) 法学学術院
17(水)
、19(金)
22(月)
、23(火)
26(金)
、29(月)
11/4(水)
、
6(金)
9(月)
、
18(水)の
各4限
法文センター 法律データベース講習会
6月:計54
11月:計26
対 象DB: LEX/DB, lexis.com, Westlaw,
juris-online, D1-Law, beck-online
5/19(火)
文学学術院
戸山
美術史ゼミ講習
14
論文、雑誌記事、国内他館、西洋美
術関係DB、RefWorks
6/3(水)
文学学術院
戸山
心理学専修室講習
14
図書、論文、雑誌・新聞記事、
RefWorks
6/11(木)1限 文学学術院
戸山
教育学卒論講習
40
教 育 学 関 連の図 書 雑 誌 新 聞 記 事 +
Refworks
6/29(月)4限 文学学術院
戸山
嶋崎ゼミ情報検索講習会
29
社会学関係の日本語文献検索+Refworks
6/30(火)3限 文学学術院
戸山
嶋崎ゼミ情報検索講習会
12
社会学関係の英文資料検索+Refworks
9/28(月)4限 文学学術院
戸山
千野ゼミ講習会
15
中国語資料、日本語論文、Refworks
3/24(水)
文学学術院
戸山
ロシア語ロシア文学コース進級者 33
講習会
基本的な文献検索法、図書館の利用法
5/26(火)
教育学部
利支
教育:生物:DB検索講習会
48
JDream2+WoS+PubMed
11/5(木)3限 商学研究科
利支
西條先生クラス(MBA)支援
6
WebcatPlus、CiNii、WoS、Refworks、
EndnoteWeb
6/5(金)4,5限 創造理工学部
利支、理工
オードノフ先生クラス支援
54
文献
(英語)
の探し方など情報検索入門。
60分×2回(同じ内容)
7/13(月)
11:00 〜 12:15
創造理工学部
理工
建築学科後藤研DB等講習会
23
4/28(火)6限
社会科学部
利支
社会科学部上沼ゼミ情報
リテラシー演習
29
11/17(火)5限
国際教養学部
利支
池田清彦先生クラス(国際教養)
支援
16
5/27(水)
ライティング・ 利支
センター
ライティングセンター:チューター 19
向け講習会
「聞 蔵 」
・
「LEX/DB」
・
「CiNii」「
・ JDreamⅡ」・
「Scopus」・「Sociological Abstracts /
CSA Illumina」・「Art & Architecture
Complete(演博トライアル中)」等
サンメディア
情報検索講習+Refworks
CiNii、JdreamII、WoSなど基本ツー
ルの操作実習
サンメディア
12:15-12:50。Refworks中心。
6. 若手研究者向けセミナー
6
12/22(火)2限 政治経済学術院
12/25(金)2限
利支
政治経済学術院若手研究者対象
12(12/22) サンメディア
トレーニングセミナー
(第一回 Refworks) 38(12/25)
RefWorks
3/4(木)3限
3/5(金)3限
利支
政治経済学術院若手研究者対象トレーニン 14(3/4)
グセミナー
(第2回「実践:論文の検索と入手」
) 16(3/5)
Google Scholar、Find [email protected]
Waseda、
学外アクセス、
WINE、
EJポータル,
”
Web of Science”
による論文検索実習
Library
Annual Report
政治経済学術院
アカデミック・リエゾンによる学習支援活動の展開と利用者支援課の新設
7. ウェブ・印刷媒体
実施期間
対象
担当箇所
通年
図書館
年1 〜 2回改訂
図書館
図書館
通年
参加者数・
対象者数
行事名称等
関係箇所
情報の探し方
(リサーチNAVI)のコンテンツ作成
備考・開催内容等
資料タイプ別、テーマ別に作成
「図書館クイックガイド」の作成
配布用
図書館講習会申込書の作成
図書館ホームページより掲出
西洋史専修 リサーチNAVI「西洋史関係文献を
室・戸山図 探す」作成
書館
8. アカデミック・リエゾンの育成
12/22
(火)
、
25
(金)
図書館
第1回RefWorks講習会
10
2/26
(金)
、
3/4
(木)
、
3/5(金)
図書館
アカデミック・リエゾン育成研修 19
第1回「実践:論文の検索と入手」
政経用セミナーを同時受講
全て同一内容、3/4,5は政経若手セ
ミナーと合同開催
※担当箇所略称
「高田」…高田早苗記念研究図書館 「所沢」・・・所沢図書館 「戸山」・・・戸山図書館 「利支」・・・利用者支援課 「理工」・・・理工学図書館
8. アカデミック・リエゾンの育成
4
2010 年度の活動について
授業支援、
各種講習会や若手研究者セミナー開催にあたり、
紹介すべきツールや DB の選択をおこない、紹介・実習方法
2010 年度が始まり昨年度と同様の大規模授業支援を始め、
を明確に検証することを通して、アカデミック・リエゾンと
4 月当初から個別の講習会や図書館見学の申込が殺到してい
しての知識・スキルを向上させた。これにより、通常の図書
る。2009 年度の活動から導き出された課題をクリアする暇
館現場におけるレファレンスサービスの向上にもつながっ
もなく、年度がスタートしてしまい、今年も走りながら考え
た。今後は体系的な育成計画の策定が急務である。
ている途中である。しかし、中央図書館学習コーナーを利用
した授業展開などが一部行なわれていることなどは、図書館
3
今後に向けた図書館情報リテラシー
ならびにアカデミック・リエゾン活動の課題
あるいは図書館情報リテラシー活動が新たな授業のあり方の
変化に、大きく寄与していることを実感するものであり、こ
れまでのアカデミック・リエゾンの活動が新たな展開を見せ
導入教育に関しては新入生必修の課目を設置している学部
ているとも言えるだろう。この点で言えば、今後図書館内に
とそうでない学部が存在するなど学部カリキュラムとの関連
講習会を開催する施設やスペースを確保することができれ
から、図書館として各学術院のシラバス・カリキュラムに対
ば、図書館内でのより活発で高次なリテラシー活動の展開を
するより深い理解に基づくリテラシーの計画立案が必要であ
行なうことができるものとも考える。
る。その結果、学術院によっては個別の支援形式、または、
2010 年度は 2009 年度からの課題をクリアできるよう取り
全学横断的な支援を可能とする方法を別途考える必要があ
組みつつ、各学術院との更なる懇談を重ね、より多種多様
る。すでに行われている政治経済学部の総合基礎演習α、文
なリテラシー活動の展開を行ないたいと考えているところ
学学術院の基礎演習への授業支援についていえば、パイロッ
である。
トケースとして継続的に対応していくために、効率よくかつ
満足度の高い支援の方策について学部側と共に工夫と検討を
重ねていきたい。
また 3、4 年生および修士 1 年生に対する支援についても
強い需要があることがわかった。このことに対する支援はど
ちらかといえば、最も必要とされており、また個別の対応と
なるケースが多いことから、対応には教員との密なコミュニ
ケーションのもとに、リテラシーに関する高い力量としっか
りした支援体制が必要とされる。
今後の有効な学習支援の展開のために、アカデミック・
リエゾンの育成を引き続き行い、全体の更なるボトムアッ
プをはかると共に、能力向上に向けての諸施策の実施・受
講についても業務の一貫として位置づけることが重要で
ある。
Library
Annual Report
7