中房総国際芸術祭 いちはらアート ミックス実行委員会 市原市経済部

中房総国際芸術祭 いちはらアート ミックス実行委員会
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
開催概要
PRESS RELEASE
千葉県市原市では 1957 年から始まった海岸部の埋め立てと共に工場建
設が始まり、かつての農村・漁村が工業地区に変わり、首都圏で働く人々
のベッドタウンとして人口増加が進んだ一方、近年、市の南部エリア(以
下、南市原)では少子高齢化が進んでいます。
このように、市原は日本の縮図ともいえる発展をしてきましたが、同時
に首都圏の都市が持つ問題点も明らかになってきました。過疎対策、農
業地域の再生、地域の活性化が必要不可欠なものとなっているのです。
中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックスでは、これらの問題に対し、
美術の持つ地域の資源・特色の発見、協働する力を活かしていきます。
ここでの美術は、彫刻や絵画という狭い意味だけではなく、身体、食、演
劇などを含めた生活の糧としての文化全体を広く捉えて関わっていきま
す。特に、廃校の活用、小湊鐵道の列車やバスなど交通の活用、食と自然
などの資源の活用、そしてここに関わる多種多様な人々の参加という 4
つの点を中心に、まったく新しい芸術祭を行う予定です。
名称........................ 中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス
会期........................ 2014 年 3 月 21日[金]― 5 月11日[日]
52 日間[会期中無休]
会場........................ メイン会場:千葉県市原市[南部地域]
連携自治体 中房総エリア[茂原市、いすみ市、勝浦市、
長柄町、長南町、一宮町、睦沢町、大多喜町、御宿町]
※会期中は、中房総のエリア内の美術館や博物館でも
企画展等を開催いたします。
主催........................ 中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス実行委員会
[会長 佐久間隆義(市原市長)]
後援........................ 経済産業省、国土交通省、文化庁、観光庁、千葉県
協力........................ 小湊鐵道株式会社
01
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
作品鑑賞パスポート
[交通パスポートとのセット販売]
PRESS RELEASE
会期中、本芸術祭の全作品が鑑賞できるお得なチケットに交通パスポー
ト(小湊鐵道の列車と会場内を循環する周遊バスの 1 日乗り放題チケッ
ト)が一体になったパスポートです。
鑑賞パスポートは、会期中であれば何度も使えるので、全ての作品を鑑
賞することができるお得なチケットです。
(なお、会期中、同一作品を 2
回以上鑑賞する際は割引適用。)
また、交通パスポートは、2 回目に来場された場合は、1,000 円(中学生
以上)、500 円(小学生)、で購入することができます。
一般........................................... 前売 3,300 円[当日 3,800 円]
大学・専門学校・高校生........ 前売 2,800 円[当日 3,300 円]
中学生....................................... 1,000 円[前売り・当日]
小学生....................................... 500 円[前売り・当日]
幼児........................................... 無料
市原市内販売窓口..................... 市内の公共施設など実行委員会が
指定した場所
全国販売窓口............................. セブンイレブン、ファミリーマート、
ミニストップ、ローソン 各店舗
前売り期間................................. 2014 年 2 月15 日―3 月 20 日
個別鑑賞券
02
300 円 ―1,000 円
※個別鑑賞券は当日、それぞれの会場内のみで発売
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
総合ディレクター
北川フラム
PRESS RELEASE
アートディレクター
1946 年新潟県生まれ。東京芸藝大学美術学部卒業。出版から企画展の
プロデュース、都市・建築・まちづくりにおけるアート計画など活動は
多岐にわたり、自ら美術・文化評論の執筆活動も行う。代表的なプロジェ
クトとして「ファーレ立川アート計画」
( 1994 年度日本都市計画学会計
画設計賞)など。地域づくりの実践として、2000 年にスタートした「大
地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」
(第 7 回オーライ!ニッポン
大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)他受賞)、2010 年にスタートした「瀬
戸内国際芸術祭」
(海洋立国推進功労者表彰受賞)など。
長年の文化活動により、2006 年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興
部門)、2007 年度国際交流奨励賞・文化芸術交流賞を受賞。オーストラ
リア政府より 2012 年オーストラリア名誉勲章・オフィサーを受勲。
プロジェクト概要
-地域の課題にむかい、資源を活かすため、多様な人々が参加するー
キーワード 1. 廃校の活用
2013 年春、市原市に小中一貫教育校「加茂学園」が誕生し、これに伴い
南市原では4つの小学校が閉校しました。地域コミュニティにおける大
切なプラットホームの役割を担ってきた学校。2014 年の「いちはらアー
ト × ミックス」では、廃校を活用したアートプロジェクトにより新たに
地域のプラットホームを創出し、学校を拠点とする文化的活動を通じた
まちづくりを始めます。
・旧里見小学校:子どもたちの学校から、地域の人たち全体の学校へ
・旧月出小学校:学校が生産現場へ
・旧白鳥小&白鳥公民館:学校・公民館が劇場空間へ
キーワード 2. 小湊鐵道・乗物の活用
市原市を南北に走る「小湊鐵道」。
「いちはらアート × ミックス」では、多
くの人に愛されているこの小湊鐵道の駅舎や車両を最大限に活用しま
す。他にも、様々な乗物が面白く変化し、他では決してない “ 体験 ” を味
わうことができます。
・小湊鐵道の列車や会場を循環する周遊バスがパスポートの購入で乗り
放題
・小湊鐵道の列車が乗客も参加するお芝居の舞台に
・湖に浮かぶ飛行機の出現
・段ボールでできた自転車
・1 台 1 台異なるニックネームがデザインされたリサイクル自転車
03
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
キーワード 3.豊かな自然と食
養老渓谷を始め、南市原には山や川などの里山の風景と、そこでの暮ら
しが今も数多く残っています。また温暖な気候の下、野菜や果物、米や
麦などの穀物、乳製品まで様々な食材が豊富にあります。ぞうの国内最
多飼育数を誇る市原ぞうの国など観光名所もあります。
「いちはらアート × ミックス」では、都会で体験できない自然とのふれ
あいや農作業を体験し、市原へ通いたいと思えるプログラムを用意しま
す。さらに身近にある自然や食材、製品を活用し、新たな名品、名所をアー
ティストが地域住民と産み出していくことも、地域活性化に向けた取り
組みの 1 つとします。
・いちはらの名産品リ × ミックスプロジェクト:地元の産品とデザイ
ナーがコラボレーション
・なっぱすごろくプロジェクト:地元の食材を活用し、食の専門家と住
民が新たなメニュー開発
キーワード 4.
アーティストの長期的な活動や異業種からの多様な人々の参加
「いちはらアート × ミックス」の中核を担うのは、40 歳前後の一線アー
ティストたちです。それらのアーティストたちが考え、継続し長期的に
市原に関わり、ものづくりにとどまらないソフトづくりを子どもからお
年寄りまで地域の方々を巻き込みながら進めるプロジェクトが、地域の
重要な活動となっていきます。
さらに、市原では工業地帯と古い街、里山と様々な要素が混在する地域
に、様々なコミュニティやグループが活動しています。それら地元の人々
に加え、企業やクリエーター、アスリート等、ジャンルの異なる専門家
が多用な組み合わせをしながら地域計画に参加する、新しいまちづくり
を進めます。
・ 駅舎や農園、学校などの日常空間が、お祭り広場、運動会、劇場、カフェ
等、52 日間生き生きとした現場へ変化
・リニューアルした美術館が、ピクニックやパフォーマンス、子どもの
遊びや学びの会場へ変化
04
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
参加予定アーティスト
[ 2013 年 11 月末現在]
PRESS RELEASE
岩田草平 ×Prominority 1979 年生まれ。2008 年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現
専攻修士課程修了。文化庁在外研修生としてインドへ渡る。インド先住
民族のサンタルと「アディバシの給水塔」
「アディバシの家」などを制作
する。4 年間インド西ベンガル州に滞在。2012 年にサンタルの農村に
てアート集団 Prominority を結成。主な活動に、
「六本木クロッシング
2013 」森美術館、
「瀬戸内国際芸術祭 2013 」本島、
「土のつわもの」国
際交流基金(ニューデリー)。サラエボ国際文化交流代表( 2003-2007 )。
岩間賢 1974 年千葉県生まれ。場と人との対話を生み、風土や自己を問い直す
作品を多数制作。2002 年東京藝術大学大学院美術研究科博士過程修了
( Ph.D )。2006 年から文化庁在外研修員として中央美術学院(北京)と
中国美術学院(杭州)博士過程に在籍。近年は、ユーラシア大陸を舞台と
した持続可能なランドアートの制作、大地の芸術祭や中国ビエンナーレ
など国内外の芸術祭に多数参加。本芸術祭では旧月出小学校を舞台に制
作を展開する。
大成哲雄 1965 年生まれ。東京藝術大学大学院修了。
「大地の芸術祭 越後妻有
アートトリエンナーレ 2006、2009、2012 」で「棚田弁当」、
「上鰕池名
画館」
(大成哲雄/竹内美紀子)を発表。場所の特性とそこに関わる人々
とのコミュニケーションを生かしたアートプロジェクトを展開してい
る。
「松戸アートラインプロジェクト」など千葉県内のプロジェクトも多
数手がける。
大巻伸嗣 1971 年 岐 阜 県 生 ま れ。東 京 都 在 住。
「トーキョーワンダーウォール
2000 」に入選以来、
『 Echoes 』シリーズ、
『 Liminal Air 』、
『 Memorial
Rebirth 』
(横浜トリエンナーレ 2008 )など、展示空間を非日常的な世
界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミック
なインスタレーション作品やパブリックアートを発表している。
岡博美
1976 年三重県生まれ。染工房「呼吸 -kokyuu- 」を、京都造形芸術大
学大学院に在籍中に設立。2004 年に同大学院芸術表現専攻修士課程修
了。染織技法を活用したインスタレーションや平面作品を京都高台寺、
豪商稲葉邸など国内外で多数発表。また、藍染を中心とした天然染料の
研究を行っている。
05
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
小沢敦志
1979 年栃木県生まれ。2003 年に武蔵野美術大学を卒業と同時に、東京
都立川市に工房 OZA METALSTUDIO を開設。おもに鉄を素材として彫
刻作品を制作。全国各地で個展、グループ展を催しながら、立川市庁舎
への恒久設置作品「一冊の街」や大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭など
へ参加。
開発好明
1966 年山梨生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了。観
客参加型の美術作品を中心に、2002 年に PS1 MOMA「 Dia del Mar/
By the Sea 」、2004 年にヴェネチア・ビエンナーレ第 9 回国際建築展
日本館「おたく:人格=空間=都市」、2006 年に「越後妻有大地の芸術
祭 2006 」に出品。2011 年 8 月から 1 ヶ月間被災地 30 カ所を巡り東日
本大震災のためにアートによる心の繋がりを運ぶ、
「デイリリーアート
サーカス 2011 」を主催。
角文平
1978 年福井県生まれ。2002 年武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザ
イン学科金工専攻卒業。2012 年 Tokyo Midtown Award 2012 受賞
作品展、2013 年 CCC AWARDS 展、六本木アートナイト 2013「スト
リートミュージアム」、瀬戸内国際芸術祭 2013( 男木島・高松 )、新宿ク
リエーターズ・フェスタ 2013「都市のユーモア展」に参加。
木村崇人
1971 年愛知県生まれ。東京芸藝大学大学院博士過程修了。
「地球と遊ぶ」
をコンセプトに「地球のもつ見えない力を知覚する装置」を制作し、も
のごとを情報としてではなく実感できる体験型の作品を制作。あいちト
リエンナーレ 2010、越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術
祭に参加。2013 年には、宮崎県立美術館で個展「木村崇人と宮崎で地球
と遊ぶ」を開催。
栗田宏武
1953 年生まれ。高いレベルを持つ、国内でも有数のログビルダーであ
るとともに、
「チェトウインド・インターナショナル・チェーンソーカー
ビング・チャンピオンシップ」3 連覇達成など、チェーンソーカーバー
としても世界的に活躍中。2008 年「市原自然樂校」を開校。カービング
をはじめ、ログハウス入門講座、木工講座など DIY 講座を開催している。
06
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
栗林隆
1968 年長崎県生まれ。武蔵野美術大学卒業。カッセル大学、デュッセル
ドルフ芸術アカデミーにて学ぶ。2013 年にはロンドン滞在。十和田市
現代美術館、Sekasar Sunaryo アートスペース(インドネシア)等で個
展。シンガポール・ビエンナーレ、六本木アートナイト、水都大阪、新潟
水と土芸術祭、サン・セバスチャン映像際(スペイン・バスク)等に参加。
塩月洋生
1973 年宮崎県生まれ。宇都宮大学卒業。在学中より舞踏グループの公
演に参加。屋外舞台の設計・製作に携わる。ストローベイル建築と出会
い、現在に至るまで多くの施工現場に参加。2006 年食と住と人をつな
ぐ「はさ掛けトラスト」立上げ。岐阜県白川町に移住。2011 年 自邸の設
計・自力建築に着手。現在も住みながら建築を続ける。
瀧澤潔 1978 年千葉県生まれ。2002 年和光大学卒業。代官山インスタレーショ
ン ’07( esquire 賞受賞)、越後妻有アートトリエンナーレ( 2009 年、
2012 年)、うらわ美術館「えっ?『授業』の展覧会」展に参加。主な個展
にコバヤシ画廊( 2006 年)、みずほ銀行( 2008 年)、静岡 CCC クリエー
ターズ支援センター( 2009 年)など。
滝沢達史
1972 年横浜生まれ。土地の記憶や場の特性を読み、様々な手法で制作
を行っている。主な発表歴に「新・港村」
( BankART・2011 年)など。
越後妻有アートトリエンナーレ( 2009 年、2011 年)、なんとかナーレ
(鎌倉小学校・2012 年)、瀬戸内国際芸術祭( 2013 年)、喜多方・夢・
アートプロジェクト( 2013 年)など。
竹村京
1975 年東京都出身。現在、ベルリンを拠点に活動。2002 年東京藝術大
学美術研究科修士課程絵画専攻油画修了。2004 年ベルリン芸術大学卒
業。トーキョーワンダーサイト、ラーン・コンテンポラリー(チューリ
ヒ)、タカイシイギャラリー等で個展。シドニー・ビエンナーレ( 2006
年)、
「アーティスト・ファイル 2008 」
(国立新美術館)、
「 Japan Now 」
展( 2013 年、オランダ)等に出品。
07
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
田中奈緒子 1999 年に東京藝術大学大学院美術研究科修了後、ドイツ・デュッセル
ドルフ芸術アカデミーへ。造形美術と舞台芸術の二つの分野を横断する
独特な作品形態で欧州各国にて活動を展開。コンセプト、舞台造形、音響、
パフォーマンス自ら手がけた『 Die Scheinwerferin ( 光を投げる女 ) 』
にて数々の国際的パフォーミングアートフェスティバルに招聘され、現
在まで各国を巡回しつつ多数の賞を受ける。ベルリン在住。
チョウハシトオル
焼芋家/デザイナー。1979 年神奈川県生まれ。多摩美術大学卒業後、
2008 年やきいも日和を設立。古き良き日本の食文化である「焼き芋」を
継承するとともに、現代にマッチした新しい焼き芋を表現している。現
在、神奈川県中郡大磯町を拠点に活動中。
とぬま 大 沼 千 明( 1985 年 生 ま れ )、當 間 一 弘( 1977 年 生 ま れ )の 2 人 組 ユ
ニット。房総を拠点に活動。市原 SA 上り TABETABI MARKET BOSO
FOOD CENTER にて、物販・マルシェの企画(大沼)、設計・企画・運
営(當間)に携さわる。
風景と食設計室ホー
高岡友美と永森志希乃によるユニット。ランドスケープデザイン事務所
勤務を経て、2012 年 3 月より活動開始。風景や文化をテーマに、その時
その場所でしか体験できない食空間を展開する。遠くの風景と、ひとさ
じのスープ。世界と、わたしの手のひらは、繋がっている。
藤本壮介 建築家。1971 年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。2000 年
藤本壮介建築設計事務所を設立。2005 年を皮切りに若手建築家の国際
的な登竜門である AR award を 3 年連続で受賞し一躍注目を浴びる。
2013 年ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー・パビリオンを設計。
同年、マーカス建築賞受賞。2012 年、第 13 回ベネチア・ビエンナーレ
国際建築展日本館の展示で金獅子賞受賞。主な作品は、House N(2008
年 )、武蔵野美術大学図書館 (2010 年 )、House NA(2011 年 ) 他。
吉田夏奈
1975 年東京都生まれ。広島市立大学芸術学部卒業。現在、香川県小豆島
在住。大自然の中での実際の活動をもとにその体験を表現。素描のよう
な勢いの線と色彩で定評がある。LIXIL ギャラリー、東京オペラシティ・
projectN44、トウキョウワンダーサイト本郷等で個展。2013 年瀬戸内
国際芸術祭、VOCA 展等に参加。
08
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
舞踏団トンデ空静 松原東洋を中心に、舞踏家、音楽家、美術家など多様な人間が有機的に
集まり、劇場から飛び出し、国内外の多様な場所で公演やイベント、映
像製作をおこなう。
(松原東洋/舞踏家、振付家として活動。渋さ知らズ
オーケストラ舞踏手)最近の活動に、野外公演谷蟇(新潟・坪野集落/
2012 )、22 世紀ラララ(新潟・木揚場教会/ 2012 )、錆び模様 シーツ
の帆舟の巻(東京・墨田区役所前広場/ 2011 )など。
みかんぐみ 加茂紀和子、曽我部昌史、竹内昌義、マニュエル・タルディッツによる
建築設計事務所。1995 年 NHK 長野放送会館の設計を機に共同設立。戸
建住宅から、保育園や学校などの建築設計を中心に、家具、プロダクト
やアートプロジェクトまで幅広くデザインを手がける。近年の作品は、
伊那東小学校、横浜開国・開港博 Y150 はじまりの森、神宮前の家、下
条茅葺きの塔、高松港・アート工房ベンガル島、伊吹しまづくりラボ、
mAAch ecute 神田万世橋など。
指輪ホテル 東京ベースの演劇を作るグループ。国内のみならず海外公演も行いなが
ら、劇場ではないオルタナティブな場所の持つパワーを味方に、演劇空
間の可能性を拡げている。2013 年夏には、瀬戸内国際芸術祭に登場。直
島の内ヶ浜海水浴場で、夕陽と潮騒の中、せとうちの海に捧げる女性 6
人の物語「あんなに愛しあったのに」を上演。
CLIP 1997 年(有)一級建築士事務所 CLIP 共同設立。第 2 回リビングデザイ
ン賞 グランプリ受賞。第 5 回ジャパンアートスカラシップ グランプリ
受賞。芝浦工業大学大宮校舎クラブハウス 設計者選定プロポーザル優秀
賞。越後妻有アートトリエンナーレ 2000 松之山公募 グランプリ受賞。
第2回住まいの外観コンペティション 日経アーキテクチュア賞受賞。現
在、松永英伸・棚橋国年彦・設楽壮一・金子友美の4名で活動中。
EAT&ART TARO 食をテーマに活動している現代美術作家。調理師学校卒業後に飲食店勤
務を経てギャラリーでのケータリングや美術館のカフェプロデュース、
食に関するワークショップや作品制作を行う。これまでに越後妻有アー
トトリエンナーレ、あいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭などにお
いて食をテーマに作品を発表する。
09
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
KOSUGE1-16 KOSUGE1-16 は車田智志乃、土谷享の二人組のアーティストユニット
として 2001 年から活動。KOSUGE1-16 の作品制作のきっかけは日常
のありふれた環境や、現象、人のつながりにある。作品を介在させるこ
とで鑑賞者を参加者として変質させ、参加者同士、あるいは作品と参加
者の間に「もちつもたれつ」という関係性を構築。アートが身近な場所
で生活を豊かにしていく存在として成立する事を目的にしている。
NPO 市原星空キャラバン隊 天文観察の趣味の集まりから出発し、小学校や公民館からの星空観察会
の依頼に応えるため、現在では天文普及活動まで幅広く活動。代表/小
島庸三。
株式会社スマイルズ 生活価値拡充研究所(代表取締役 遠山正道)
食べるスープの専門店「 Soup Stock Tokyo 」、ネクタイの専門ブラン
ド「 giraffe 」、新しいリサイクルショップ「 PASS THE BATON 」、ツー
トーンをテーマにしたファッションブランド「 my panda 」等様々なジャ
ンルの新しい価値を提案する業態を展開。
「生活価値の拡充」を企業理念
に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方
を提案している。2013 年からは「スマイルズ生活価値拡充研究所」を立
ち上げ、社内の事業に留まらず、幅広い価値の提案を行っている。
羹侖秀(カン・ユンス) 1978 年韓国ソウル生まれ。1998 年演劇「白い体」を機に、舞台俳優と
して活動。2005 年西江大学校哲学科卒業。2008 年サイトスペシフィッ
ク 作 品『 Alice in Wonder Room 』で 作・ 演 出 家 と し て デ ビ ュ ー。
2012 年 6 カ国 9 人のアーティスト団体、CakeTree Theatre を立ち上
げ、芸術監督を務める。同団体の無言劇、
「 If only 」で韓国密陽夏公演芸
術祭、若手演出家展作品賞、演出賞受賞。2012 年、韓国芸術経営支援セ
ンター、British Council 主催、韓・英アーティスト交換プログラム韓国
側代表。2013 年、同名の昔話を即興で作り上げた作品、
「若返りの泉」
を演出・出演し、東京にて上演。
蕭鸣(シャオ・ミン)
北京中央美術学院彫刻科修了。現在、北京を拠点に環境芸術、パブリッ
クアートを中心に制作。2010 年北京 798 芸術区 FA DU ART SPACE
に て 個 展。2 0 0 4 年 中 央 美 術 学 院 優 秀 作 品 展、2 0 1 3 年 中 国・ 蘇 州
「 Dialogue in Garden's Art 」展参加。
10
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
林天苗(リン・テンミャオ)
1961 年中国・山西省太原市出身。首都師範大学美術科、ニューヨー
クアートステューデントリーグ卒業。現在、北京在住。2012-13 年に
Galarie Lelong(ニューヨーク、パリ)、2012 年北京芸術センターにて
個展。近年のグループ展に、2013 年杭州ファイバーアートトリエンナー
レ、カリフォルニア・パシフィック・トリエンナーレ、2011 年「 The
Couple Show 」
(上海)など。
Alfredo and Isabel Aquilizan
(アルフレッド & イザベル・アキリザン)
フィリピン生まれ、現在はオーストラリアを拠点に活動。多様な素材を
使用した、サイトスペシフィックなインスタレーション作品を中心に制
作。各国にて地域社会をベースにしたコラボレーションプロジェクトを
数多く行う。近年の参加プロジェクトに 2013 年「 Prototypes 」展(シ
ンガポール)、シャルジャ・ビエンナーレ、モスクワ・ビエンナーレ、
「 In-Habit:Project Another Country 」
(金沢 21 世紀美術館)など。
Mircea Cantor(ミルチャ・カントール)
1977 年ルーマニア生まれ。映像や彫刻、インスタレーションを通して、
不確実性や既成概念に対峙する作品を制作。2000 年代前半から国際的
評価が高まり各国の国際展に参加。ポンピドゥー・センター、ニューヨー
ク・映像美術館、ローマ現代美術館等で個展。2011 年マルセル・デュ
シャン 賞受賞。作品は、MoMA、ポンピドゥー・センター、ソフィア王
妃芸術センター等のパブリック・コレクションとなっている
Jitish Kallat(ジティッシュ・カラット)
1974 年インド・ムンバイ生まれ。現在もムンバイを拠点とする。日常
生活に詩的な介入をし、自叙伝的、美術史的、政治的、天文的参照を組み
合わせた作品を制作する。テート・モダン、ブリスベン近代ギャラリー、
森美術館等で展示される。ハヴァナ・ビエンナーレ、光州ビエンナーレ、
福岡アジア美術ビエンナーレ、キーフ・ビエンナーレ等に参加。現在サ
ンノゼ美術館にて個展「 Epilogue 」展を開催中。
Stahl Stenslie(ストール・ステンスリー) ノルウェー生まれ。現在、オスロを拠点にデンマーク・オールボー大学
教授。実験的なメディア・アート、インタラクティブ・アートを中心と
したアーティスト、キュレーター、研究者。世界を知覚する方法につい
てのアートと表現に焦点を当てて制作。作品を通じて、人々が回避した
り答えが隠されている事柄についての質問を投げかけている。シグラフ、
アルス・エレクトロニカ等で展示およびレクチャーを行う。
11
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
Izhar Gafni+ Cardboard Technologies
(イズハール・ガフニ+カードボード・テクノロジーズ)
イスラエル生まれ。“Cardboard Technologies” 社設立者兼 CTO。機械エ
ンジニアであり、多領域システム開発者でありながら、段ボール自転車を
はじめ、自動ザクロ皮むき機、身体障害者のためのロボットなどの発明家
としても知られる。昨今は、製造業とのコラボレーションも積極的に行っ
ている。 Carlos Garaicoa(カルロス・ガライコア)
1967 年キューバ生まれ。現在、ハヴァナ、マドリッドを拠点。建築・都市
学・歴史への研究を背景に、文化的・政治的問題へ多領域なアプローチで
展開する作品を制作。2013 年にはミュンヘンおよびブエノスアイレスな
ど、世界各地で個展開催。主なグループ展に 2013 年ヴェネチア・ビエン
ナーレ、フェルバッハ・トリエンナーレ(ドイツ)、2012 年コチ・ムジリ
ス・ビエンナーレ(インド)、ベナン・ビエンナーレ(ベナン)、2006 年越
後妻有アートトリエンナーレ、2001 年横浜トリエンナーレなど。
12
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
PRESS RELEASE
ロゴ、ポスター、フライヤー
色部義昭
1974 年生まれ。グラフィックデザイナー。日本デザインセンター色部
デザイン研究室主宰。東京藝術大学非常勤講師。主な仕事に、TAKEO
PAPER SHOW 2111「本」の展覧会ディレクションやリキテックス
アートプライズのグラフィックデザイン、川村記念美術館や市原湖畔美
術館の VI デザインとサイン計画などがあり、JAGDA 新人賞や ADC 賞、
D&AD、ONE SHOW DESIGN 銀賞など国内外のデザイン賞を受賞して
いる。
13
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
いちはらの名産品
リ × ミックスプロジェクト
PRESS RELEASE
「いちはらの名産品リ × ミックスプロジェクト」では、市内の名産品 10 品
目(食品、お菓子、お酒など)のパッケージデザイン案を若手デザイナー
10 名による指名制公募により募集しました。
厳正なる審査と参加メーカーとの協議により、10 品目(バリエーション
展開で 27 種類)の商品化が決定いたしました。
今後は、地元メーカーとデザイナーの協働により名産品が生まれ変わり、
会期中に販売をおこないます。
この芸術祭を契機に、地域の名産品と若手デザイナーの才能に光を当てる
持続可能な地域振興に結びつけることを目指して取り組んでいきます。
[お問い合わせ先]
市原商工会議所 担当:道山 〒 290-0081 千葉県市原市五井中央西 1-22-25 TEL 0436-22-4305 FAX 0436-22-4356
E-mail [email protected]
14
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
いちはらアート × ミックス
サポーター
PRESS RELEASE
中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックスでは、先進事例である大地
の芸術祭や瀬戸内国際芸術祭を参考に、サポーターを活用していきます。
参加制限は一切なく、全国から集まったさまざまな年代の多様なメンバー
がアーティストとともに芸術祭を築き上げていきます。
(名称未定)
登録者数................. 436 人[ 2013 年 12 月 1 日現在]
男女比.................... 男性:276 人[ 64%] 女性:157 人[ 36%]
役割......................... 作品制作サポート、運営、イベント、ツアーガイド、
インフォメーションセンターのお手伝いなど
いちはらアート × ミックスサポーター
ウェブサイト......... http://ichihara-artmix.jp/supporter/
フェイスブック..... https://www.facebook.com/artmix.supporters
活動報告
15
旧月出小のプールの清掃
本郷での菜の花の種蒔き
月崎での藁の収穫
山登里食堂に使う竹の切り出し
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
五井
交通計画
[会場内周遊バスルート図]
PRESS RELEASE
至
ア
ク
ア
ラ
イ
ン
JR
内房
線
自
館山
動車
道
市原 IC
上総牛久
道
小湊鐵道
圏
央
旧内田小
168
木更津東 IC
409
至茂
原
市原鶴舞 BT
市原鶴舞 IC
高滝
市原湖畔美術館
410
里見
297
171
茅野 P
160
旧里見小
飯給
173
月崎
市民の森
山登里食堂
81
周遊バスルート
北部ルート
上総大久保
南部ルート
旧白鳥小
旧月出小
白鳥公民館
月出ルート
[ GW のみ]茅野ルート
作品設置場所
モデルプラン
養老渓谷
あそうばらの谷
Aコース[電車]
東京駅→ JR →五井駅(内房線)→小湊鐵道→上総牛久駅→シャトルバス→
旧内田小学校→シャトルバス→市原湖畔美術館→シャトルバス→旧里見小
→シャトルバス→里見駅→小湊鐵道→五井駅(内房線)→ JR →東京駅
Bコース[高速バス]
東京駅・横浜駅・羽田空港→東京湾アクアライン(高速バス)→圏央道
(市原鶴舞 IC )→市原鶴舞バスターミナル→シャトルバス→市原湖畔美
術館→シャトルバス→旧里見小→シャトルバス→旧白鳥小→小湊鐵道→
里見駅→シャトルバス→市原鶴舞バスターミナル→高速バス→各地
Cコース[自家用車]
東京・横浜方面→東京湾アクアライン→圏央道(木更津東 IC )→養老渓
谷駐車場に駐車→養老渓谷駅(駅弁+駅汁)→小湊鉄道→白鳥公民館・
白鳥小学校→徒歩→いちはら市民の森→シャトルバス→養老渓谷駅→
徒歩→養老渓谷(あそうばらの谷)→徒歩→駐車場→ IC から帰宅
16
市原市経済部 国際芸術祭推進室
2013.12.11
今後のスケジュール
開催直前展
PRESS RELEASE
2014
2.15―28 渋谷ヒカリエにて開催直前展を開催
2.15
公式ガイドブック・鑑賞パスポート先行販売開始
3.20
プレスツアーを開催
3.21
いちはらアート × ミックス開会
5.11
いちはらアート × ミックス閉会
『晴れたら市原、行こう!…
中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス近日開催』
「中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス」の直前イベントを開催し
ます。会場では、参加作品の模型等でのご紹介をはじめ、作品プランや会
場の風景写真を展示します。このほかにも、芸術祭の作品鑑賞パスポート、
公式ガイドブックなども販売します。
会期......................... 2014 年 2 月 15 日[土]─ 2014 年 2 月 28 日[金]
時間........................... 11:00 ─ 20:00
※ただし、15 日[土]は、18:00 より、
28 日[金]は 18:00 まで
場所........................... 渋谷ヒカリエ CUBE 1, 2, 3
料金........................... 無料
主催........................... 中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス
17
実行委員会事務局
http:// ichihara-artmix.jp
市原市経済部 国際芸術祭推進室
お問い合わせ
中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス全般について
中房総国際芸術祭いちはらアート × ミックス実行委員会事務局 広報担当
〒 290-0228 千葉県市原市牛久 1238 市原市役所経済部国際芸術祭推進室内
Tel:0436-50-1160 Fax:0436-50-1303
E-mail: [email protected].jp
※本資料の情報は、2013 年 12 月 11 日現在の予定です。内容は変更・追加されていきます。