E12, E12-D Manual 1.2 - db Audiotechnik

E12, E12-D
マニュアル
(1.2 JP)
機器に表示されているマーク
操作マニュアルの情報を参照してください。
WARNING!
高電圧危険!
目 次
安全上の注意.........................................................................3
ラウドスピーカーを使用する際の説明................................................3
E12, E12-D ..........................................................................4
E12, E12-D キャビネットのオプション...............................................4
接続..........................................................................................................5
D6 または D12 との使用.......................................................................5
E-PAC との使用........................................................................................6
指向特性...................................................................................................7
HF ホーンの指向性変更.........................................................................8
技術仕様...................................................................................................9
製造者宣言..........................................................................10
ラウドスピーカーの EU 適合性 (CE マークについて)................10
WEEE 宣言(廃棄について).............................................................10
概説
E12, E12-D
マニュアル
バージョン 1.2
JP, 11/2008, D2031.JP .01
Copyright © 2008 by d&b audiotechnik GmbH; all rights reserved.
本マニュアルは製品と共に保管するか、常に参照できる安全な場所に保管して
ください。
本製品を再販される場合には、製品と共に本マニュアルを販売先にお渡しくだ
さい。
d&b 製品を販売される時は、お客様に対して本マニュアルを使用前に十分読ん
でおくことを喚起してください。必要なマニュアルは製品に同梱されていま
す。もし追加のマニュアルが必要な場合には、d&b に注文してください。
d&b audiotechnik GmbH
Eugen-Adolff-Strasse 134, D-71522 Backnang, Germany
Telephone +49-7191-9669-0, Fax +49-7191-95 00 00
E-mail: docadmin@dbaudio.com, Internet: www.dbaudio.com
安全上の注意
ラウドスピーカーを使用する際の説明
警 告!
大音量で駆動しているラウドスピーカーのすぐそばには決して近寄
らないでください。業務用ラウドスピーカーシステムは、人間の健
康に害を及ぼす音圧レベルとなる可能性があります。危険でないと
思われる音量(約 95 dB の音圧レベルから)であっても、長期間さ
らされていると難聴の原因となる恐れがあります。
ラウドスピーカーを地面に配置するか、吊り下げている時の事故を
防ぐため、以下の事項に注意してください。
ラウドスピーカーまたはラウドスピーカースタンドのセットアップ
は、必ず堅い床面で行います。複数のシステムを積み重ねる場合
は、動かないようにストラップで固定してください。
組立てや移動式配置のためのアクセサリーは、 d&b でテストされ承
認されたもののみを使用します。特に弊社「組立の説明書」または
「フライングシステムおよびリギングマニュアル」に詳細が記載さ
れているようアクセサリーの正しい使用法および最大積載量に注意
を払って行ってください。
すべての追加ハードウェア、据付または移動配置用の固定および留
め具が適当なサイズであることと安全積載係数を確かめます。ご使
用になる製品の各メーカーの取扱指示書および関連の安全ガイドラ
インを確認してください。
ラウドスピーカーの外観やアクセサリーは、目につく磨耗や破損の
兆候がないかを定期的に点検し、必要であれば交換してください。
定期的に、取付装置の全ての荷重支持ボルトを点検してください。
注 意 !
ラウドスピーカーには、接続されていない場合や、使用されていな
い場合でも静的電磁場が発生しています。従ってラウドスピーカー
を組立てたり、移動したりするときは、外部の磁場により欠陥や損
傷の生じるおそれのあるものが、装置や器物の近くにないことを確
認します。一般的には磁気データ媒体(フロッピーディスク、オー
デ ィ オ お よ び ビ デ オ テ ー プ 、 キ ャ ッ シ ュ カ ー ド な ど ) か ら 0.5
m(1.5 ft)の間隔があれば十分です。コンピューターやビデオモニ
ターでは、1 m (3 ft)以上の間隔が必要な場合もあります。
E12, E12-D マニュアル
(1.2 JP)
安全上の注意 - 1
E12, E12-D
E12 は、高性能の多目的ラウドスピーカーで、ネオジウム磁性体およ
び定指向性ホーンを搭載した、一体型 12”/1.3”同軸ドライバー設計を
使用しています。 2 種類の異なった指向性バージョンがあり、E12 は
80° x 50° (水平 X 垂直)指向性パターン、E12-D はより広い 110° x
50° パターンです。どちらも工具を用いることなく簡単に 90°回転可
能で、50° x 80°または 50° x 110°の指向性パターンが得られます。
E12 は 2 ウェイ設計で、パッシブ・クロスオーバー・ネットワークを
内蔵しています。周波数特性は 50 Hz から 17 kHz 以上に及びます。
E12 および E12-D は同一のエンクロジャーで、黒の耐衝撃および耐候
性塗装仕上げの施された、一体化ポリウレタンハードフォーム構造と
なっています。キャビネットは、システムを垂直、水平両方向および
ステージモニターとしても配置できる形になっています。
図 1: E12 ラウドスピーカー
ラウドスピーカーのキャビネットのフロント部は、音響透過式フォー
ムの前にある、堅い金属性グリルで保護されています。ホーンの方向
を変更するため、このグリルは工具を用いることなく簡単に取り外す
ことができます。
キャビネットには、一対のハンドル、隠れた位置にあるスタンド取り
付け用ソケットおよび Z5352 E12 フライングブラケット、Z5354 E8/
E12 フ ラ イ ン グ ア ダ プ タ ー 、 Z5020 フ ラ イ ン グ ア ダ プ タ ー
02 、Z5025 フライングアダプター 03 または Z5353 E12 ホリゾンタ
ルブラケットのような異なったリギングアクセサリーの接続用に 6 つ
の M10 のねじ穴が組み込まれています。それに加え、後部パネルでは
セーフティワイアーを接続するための M10 のねじ穴も使用できます。
注 意:
E12 ラウドスピーカーには、正しく設定された d&b アンプのみをご使
用ください。他の使用法ではラウドスピーカーのコンポーネントに損
害を与える恐れがあります。
E12 と E12-D は、異なったコントローラーのセットアップを必要とす
るため、並列接続ができないことにご注意ください。
E12, E12-D キャビネットのオプション
キャビネットのオプションである SC バージョンは、キャビネットを
RAL のカラーリストから指定された色に塗装されて提供されます。そ
してハイスタンドフランジおよびハンドルは付属しませんが、左図の
ように開口部がキャビネットと同色のプレートで覆われています。コ
ネクターは NL4 のみです。
図 2: E12, E12-D SC/WR バージョン上面および下
面図
E12, E12-D マニュアル
耐候性バージョン (WR) の色は、黒のみです。これも同様にハイスタ
ンドフランジとハンドルは付属しませんが、直付けのインプットケー
ブ ル が 装 備 さ れ て い ま す
(5 m / 16.4 ft, H-07-RN-F
2 x 2.5 mm2/AWG 13)。
(1.2 JP)
ページ
4 of 10
接続
E12 のキャビネットには、一対の EP5 コネクターが取り付けられてい
ます。双方のコネクターの全 5 本のピンは並列に接続されています。
E12 は、1/2 のピン配列を使用します。ピン 3/4 と5はアクティブサ
ブウーファー用ですが、ピン 5 は SenseDrive に用いられます(D12 ア
ンプと5ワイヤーケーブル使用の場合のみ)。オス型コネクターをイ
ンプットとして使用すれば、メス型コネクターと追加ラウドスピー
カーを直接接続することができます。
図 3: コネクターの接続
E12 は、オプションで NL4 コネクターを選択することも可能です。
対応する EP5 のピン、 NL4 コネクターおよび直付けケーブルのオプ
ションは下記のリストにあります。
EP5
1
2
3
4
5
NL4
1+
1–
2+
2–
なし
直付けケーブル (PG)
茶色(+)
青色(–)
D6 または D12 との使用
E12 または E12-D のコントローラーセットアップを選択します。
D12 アンプには、「Dual Channel」と「Mix TOP/SUB」の 2 つのモー
ドがあります。 4 または 5 芯のケーブルでアクティブサブウーファー
と併用する時に 1 本のケーブルでアンプから接続する場合は、必ず
「Mix TOP/SUB」 モードを選択してください。
D6 および D12 には、同一チャンネルに E12 または E12-D のキャビ
ネットとパッシブ E15X-SUB ラウドスピーカーと併用する場合に選択
する E12-X および E12-DX の付加的な設定があります。
E12 (E12-D)セットアップを選択すると、 D12 または D6 の各チャ
ンネルで、E12 (E12-D)ラウドスピーカーを最大 2 台まで駆動する
ことが可能です。
E12-X ( E12-DX )セットアップを選択すると、 D12 または D6 の各
チャンネルで、 E12 ( E12-D )ラウドスピーカーを最大 1 台と E15XSUB1 台を組み合わせて駆動することが可能です。
アプリケーションの連続レベルが低い場合や、周辺環境の温度が低い
場合には、D12 チャンネルに最大 3 台のキャビネットを接続すること
もできます。
コントローラーの設定
音響調整には、CUT, HFA および CPL 機能が選択できます。
CUT 回路
CUT に設定すると、E12 の低周波数レベルが減少します。これにより
E12 は E15X-SUB のアクティブモードまたは他の d&b アクティブサブ
ウーファーと使用する設定となります。
E12, E12-D マニュアル
(1.2 JP)
ページ
5 of 10
HFA 回路
HFA (高域減衰)モードでは、E12 システムの高周波数特性は、ロー
ルオフします。 HFA 回路は、ラウドスピーカーが聴衆に近接したニア
10
5
0
フィールドに設置される時やディレイ用途の場合、自然で均一な周波
数特性を提供します。
-5
-10
高域の減衰は 1 kHz から徐々に始まり、 10 kHz でおよそ 3 dB 減衰し
ます。このロールオフは、典型的な残響の多い空間やホールにおいて
遠く離れた場所で音を聴く場合、実際耳にする周波数特性の減少に良
く似ています。
-15
-20
-25
-30
20
100
1k
10k
20k
図 4: HFA 回路の周波数特性の補正
CPL 回路
CPL(カップリング)回路は、近接したアレイを構成する場合やキャ
ビネットがステージモニターとして使用される場合の、カップリング
効果を補正します。CPL は 1 kHz から徐々に減衰が始まり、250 Hz 以
下で最大の減衰がかかります。これを使用することにより E12 キャビ
ネットを 2 台またはそれ以上の台数をアレイ状にして使う場合に、バ
ランスの取れた周波数特性を提供します。 CPL 回路の機能は、左のグ
ラフのように-9 から 0 の間の dB 単位の減衰値または 65 Hz 付近を(0
から+5 dB )ブーストするプラスの値に設定できます。
図 5: CPL 回路の周波数特性の補正
E-PAC との使用
E12 または E12-D モードを選択すれば、 E-PAC で 1 台の E12 ラウドス
ピーカーの駆動が可能になります。 LO IMP モードは、入力レベルを
6 dB 減少して E12 ラウドスピーカーを、最大 2 台駆動するように EPAC を設定します。
音響の調節には、 CUT および HFA の機能が選択できます。 CUT およ
び HFA の特性の設定は、前項「D6 または D12 との使用」で説明され
ています。
E12, E12-D マニュアル
(1.2 JP)
ページ
6 of 10
指向特性
下のグラフは単独の E12 キャビネットの周波数における指向角度を‒6
dB および‒12 dB の音圧を線に置き換えた等圧線(アイソバー)で表
示しています。
図 6: E12 水平アイソバー、標準セットアップ
図 7: E12 垂直アイソバー、標準セットアップ
図 8: E12 水平アイソバー、ホーンを回転した水平セットアッ
プ
図 9: E12 垂直アイソバー、ホーンを回転した水平セットアッ
プ
図 10: E12‐D 水平アイソバー、標準セットアップ
図 11: E12‐D 垂直アイソバー、標準セットアップ
図 12: E12‐D 水平アイソバー、ホーンを回転した水平セッ
トアップ
図 13: E12‐D 垂直アイソバー、ホーンを回転した水平セッ
トアップ
E12, E12-D マニュアル
(1.2 JP)
ページ
7 of 10
HF ホーンの指向性変更
同軸ドライバーの内部にある HF ホーンは 90°回転することができま
す。
注 意 !
落下によって人がケガをする可能性があります。
- キャビネットを吊り下げる前に、ホーンを使用用途に応じ
て正しい方向に設定します。
- キャビネットをフライングまたは高い場所に取り付けられ
た状態のままでフロントグリルを取り外さないでくださ
い。
必要な工具:ドライバーまたは硬貨など
- フロントグリル上下部のクイックロックを解除し、グリルを取り外
します。
- ホーンの外周部を持ち、希望の位置にきちんとはまるまで回しま
す。
- フロントグリルを元の位置に戻して固定します。
- 注 意:ラウドスピーカー使用する前に、フロントグリルの両ク
イックロックが、正しくロックされていることを必ず確認してくだ
さい。
E12, E12-D マニュアル
(1.2 JP)
ページ
8 of 10
技術仕様
E12, E12-D システムデータ
周波数特性 (‒5 dB 標準)..............................................................50 Hz ... 18 kHz
周波数特性 (‒5 dB CUT モード)...............................................100 Hz ... 18 kHz
最大音圧 (1 m、 無響音場)D12 と使用した場合............................134/133 dB
最大音圧 (1 m、 無響音場)D6 と使用した場合 .............................131/130 dB
(最大 SPL ピーク、テスト信号クレストファクター 4 のピンクノイズ)
入力レベル (100 dB-SPL/1 m)..................................................................–17 dBu
E12, E12-D ラウドスピーカー
図 14: E12 周波数特性、標準および CUT 設定
公称インピーダンス .........................................................................................8 ohms
許容入力 (RMS / ピーク 10 ms).....................................................300/1600 W
公称指向角度 (水平 x 垂直)............................................80° x 50°, 110° x 50°
コンポーネント ネオジウム磁性体型 12 インチドライバー 3“コイルの 1.3 イ
ンチスロート径同軸コンプレッションドライバーと、回転可能な CD ホーン
580 [22.8]
図 15: E12-D 周波数特性、標準および CUT 設定
........................................................パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
接続.....................................................................................................................2 x EP5
........................................................................2 x NL4(SC オプション含む)
......................................................WR オプション: 直付けケーブル 5 m (16.4 ft)
.......................................................................(H-07-RN-F 2 x 2.5 mm2/AWG 13)
ピン配列...........................................................................................................EP5: 1/2
.................................................................................................................................NL4: 1+/1–
.......................................................................直付けケーブル: 茶色 + / 青色 ‒
重量...........................................................................................................16 kg (35 lb)
334 [13.2]
350 [13.8]
図 16: E12, E12-D キャビネットの寸法:単位 mm〔インチ〕
E12, E12-D マニュアル
(1.2 JP)
ページ
9 of 10
ラウドスピーカーの EU 適合性 (CE マークについて)
この宣言は、以下の製品に適用されます。
E12/E12-D ラウドスピーカー、 Z0601/Z0602
製造者 d&b audiotechnik GmbH
この番号で始まる製品バージョンの全てが初期仕様に一致していますが、
後に設計または電気技術的変更が行われないことを前提としています。
弊社は、本製品が全て関係条項の EC 指令条項に準拠していることを宣
言いたします。
D2031.JP .01, 11/2008 © d&b audiotechnik GmbH
製造者宣言
こ の 宣 言 に 関 わ る 詳 細 な 情 報 は 、 d&b に 注 文 頂 く か ウ ェ ブ サ イ ト
www.dbaudio.com からダウンロードすることもできます。
WEEE 宣言(廃棄について)
電気及び電子機器を廃棄する際は、必ず他のゴミと分別してください。
本機器を廃棄する時には、お住まいの国の関連する法律や条例に従って
ください。廃棄の際に不明な点がある時は、お買い上げの販売店、また
は d&b audiotechnik までお問い合わせください。
d&b audiotechnik GmbH, Eugen-Adolff-Str. 134, D-71522 Backnang, Germany, Phone +49-7191-9669-0, Fax +49-7191-95 00 00