21号 - NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり

Topics
多摩川六郷水門付近。のどかな風景に多くの人や生き物が和む。
「緑の基本計画」って何? どうやって決めるの?
『大田区では、平成 11 年度に「大田区緑の基本計画」を策定して以来、みど
りに関する様々な施策を展開してきましたが、社会状況の変化とともに緑の現
状や、緑施策を取り巻く状況も大きく変わってきています。また、平成 16 年の
都市緑地法の改正や新たに策定された大田区基本構想及び大田区 10 か年
基本計画「おおた未来プラン 10 年」を受け、計画の見直しを行うこととなりまし
た。』(大田区ホームページより抜粋)
平成 21 年度には区内のみどりの実態調査や区民を対象とした「景観みどり
資源アンケート」などの基礎情報の収集及び整理を行い、平成 21 年度秋から
22 年度にかけて、学識者や区民 16 名からなる策定委員による検討や、区民
説明懇談会などを経て、22 年度内の策定を目指しています。(策定スケジュー
ルなど詳細は大田区ホームページをご参照ください)
緑の基本計画策定委員会、初の顔合わせは大田区内
緑の視察ということで、芝生の校庭からスタート!
大田区のみどりを知ることから始めよう!
緑の基本計画策定委員会には、当会からも 2 名の委員が出席していますが
委員の顔ぶれはとても多彩です。経験豊富な学識者の方々からの先進事例
やアドバイスを頂きながら、区民のそれぞれの活動フィールドや個々の関心や
研究に基づいた見解を、活発に意見交換しています。
そんな中で、大田区のみどりについて自分たちなりに情報収集をしながら話
し合いを進めたい、という自主研究グループも生まれ、策定委員会全体にも呼
び掛けを行いながら、活動を行っています。
4 月には池上本門寺周辺の歴史あるみどりを、5 月には区を東西に横切る
呑川に沿って8kmを歩きながら、区内散策を試みました。
大岡山駅前にある東急病院の、大規模な壁面緑化。
みどりの「量」だけでなく「質」をも高める時代へ
「こんなまちに暮らしたい」と考えるとき、そのまちの景色を作るみどりはどう
あったらいいのか?というのが、策定委員会の課題です。約 70 万の大田区民
が暮らす「今」の大田区のみどりも、思い描く「未来」のみどりも、多彩です。
当会では、そんな中で最優先される緑の役割は何か、と考え、「安全」「防災」
をキーワードとした「安全緑地」「思いやり緑化」を提案しています。それらを作
るのは行政だけでなく、民間企業や私たち区民の役割でもあるはずです。公共
緑地の整備など、みどりの『量』を増やすのが「公」の役割であるならば、そうし
た緑地に人の手を入れ、愛着あるみどりとして彩ることや、ちょっとした工夫で
地域にみどりを提供し『質』を高めることは、「民」にもできる取り組みです。双方 マンションの庭の一部に、外部の人も中に入ることがで
きるようになっている。民間提供の緑のほんの一例。
が連携して、よりよいまちとみどりづくりができることを願っています。
発行:NPO法人大田・花とみどりのまちづくり 〒144-0051 大田区西蒲田 7-24-7-203 ☎03-3734-7932 URL:http://hanamidori.sakura.ne.jp/
-1-
スミレとマメヅタをたずねて~池上本門寺周辺散策~
巻頭ページにて紹介しました「緑の基本計画」策定委員の中に、高校時代
に大田区に自生する植物に興味を持ちはじめ、それらが育つ大田区の豊かな 何か発見しては「せんせ~!」と叫ぶ私たち
環境を未来に残したい!という強い思いで、区内の植物調査を続けている、と
いう大学生のF委員がいます。植物の知識がとても豊富で、区内のみならず、
各地の観察を続けていることから、大田区の植物の種類や数が、他地域と比
べてどうなのか、といったことにも詳しいのです。
そこで、F委員のガイドのもと、大田区の植物観察会を池上本門寺周辺にて
開催しました。やはりガイドがいると、普段は気がつかない、様々な植物を確
認することができ、一同大満足。スミレも花が咲き終わったころでしたが、葉の
着生植物「マメヅタ」は胞子の季節
形や大きさなどから見分け方を教わりながら歩きました。
今回の散策で学んだのは、ヤブ刈りなどの人の手が入る環
境に生きる「スミレ」と、むやみに伐採されない、人の手が加わ
らない環境で生きる「マメヅダ」。どちらも、未来に残すべき大
切な大田区の財産ということ。こうした植物の特性の違いを知
り、生息環境を守っていくことは、植物だけでなく、そこをすみ
かやえさ源とする生きものの命を守ることにもつながります。
大田区に今、残されている生きものとその環境を「資源」と
して大切に守り、復元する手助けのために、もっと学ぶ機会を
日陰斜面のホウチャクソウ
隙間から生えたスミレ
作っていきたい!と感じました。(牧野)
竹(タケ)との楽しい♪付き合い方?!
横浜に「竹の学校」という、竹林の手入れ方法について学
べる活動があります。一年間を通して学べることから、遠方か
らも参加者が多く集まってきます。
竹林の手入れというと、春のタケノコ掘りと秋の伐採という
のが一般的のようですが、「竹の学校」では、タケノコ掘りのあ
とも毎月竹林に入り、竹を楽しみながら手入れし、秋の伐採
作業を楽にする、というユニークな手法をとっています。春に
タケノコを掘った後、5月頃竹林に入ると、掘り残したタケノコ
が 2~3mにまで伸びています。その中で、3mくらいに伸びた
タケノコを、先端から 1mのところでバッサリと切ります。切り
落とした先端 1mの部分は「穂先タケノコ」として楽しみます。
「穂先タケノコ」は、アクが少な
く柔らかいので、水で20分程
で茹であがり、扱いがとても
便利です。また、切りのこした
タケノコの下の部分はそのまま
残しますが、2週間ほど経つと
節と節の間の部分に根から
吸い上げた水が溜まることが
あり、これは「竹水」と呼ばれ
「命の水」とも呼ばれています。
若いタケは柔らかくて切るのも
楽ですし、秋に伐採する本数も
減らせて、一石◎鳥?の管理
というわけです。(牧野)
★「竹の学校」…NPO 法人日本の竹ファンクラブ
http://homepage3.nifty.com/TaKe-Funclub/
小学校のプールの「ヤゴ」救出!
今回は、身近な場所で息づく「小さな命」のご紹介です。毎年
6月初旬、小学校からお声が掛かり、プールで産卵されて孵化
したトンボの幼虫「ヤゴ」を、子どもたちと一緒に助け出す活動
をしています。トンボが水面に尾をたたきつけるようにして産卵
する姿を、見たことはありませんか? 水辺が減ってしまった都
会では、一年中水が張られた学校のプールは、トンボの目には
「貴重な水辺」に映るようで、多くのトンボが卵を産むのです。
もともとトンボが産卵する池や沼などには、周囲に植物が生
えていて、池の中で孵化したヤゴがトンボになるときには、植物
の茎を伝って水面上に出るのですが、学校のプールでは、水の
上に出ることができないまま、命を落としてしまうヤゴが多いの
です。そこで子どもたちと一緒にプールからヤゴを助け出し、教
室でお世話をして、トンボに孵してもらうのです。もちろん、私た
ちもヤゴを連れ帰り、トンボになるのを見守っています。(牧野)
(写真:荻野隆臣)
-2-
今年の夏は暑かった・・・いや、まだ時々暑い!くらいですね。そんな中、ガー
デンの植物たちも、夏の疲れが残っていませんか?
今回の号は夏の終り~秋の発行ということもあって「夏の暑さに疲れたガーデ
ンの手入れについて紹介できるといいね」という声が上がったので、取材と視察
研修を兼ねて、東京港埠頭株式会社がコーディネートを行っている花壇ボランテ
ィア「G-g-club」の活動に参加しました。「G-g-club」では、活動日には園芸研究
家の杉井志織先生が指導をくださっているので、一緒に作業をしながらいろいろ
お台場海浜公園海上バス発着所前花壇
なお話を伺うことができました。(取材日:2010 年 8 月 4 日)
★協力:東京港埠頭株式会社「G-g-club」
【植物の生育を理解した植物のお手入れを】
この時期に行うとよい植物の手入れとして、今回、杉井先生に教わったのは
「切り戻し」という作業。ついつい、先端に花がちょっとでも咲いていると、切って
しまうには勇気がいるのですが、枝や葉が茂りすぎて蒸れてしまうのを防ぐ、植
物のからだそのものの負担を軽くするなどの目的で、本当は夏前に切り戻しを
行うのがよい、とのこと。
その際の切り方として「上から適当にばさばさ切っても決して間違いじゃない
のよ。でもね、植物の性質による枝や葉の出方、育ち方をよく見ながら手入れを
シソ科の植物
は、葉の根元
から左右対称
に新芽が伸び
ます。
すると、見た目もきれいだし、その後の生育の姿もよくなるのよ。」とラベンダー
やバジルなど、シソ科の植物を例にして、実際にカットしてくださいました。
【蒸れて茶色くなった部分はどんどん取り除いて】
切り戻しをしないで、風通しが悪くなった部分は、湿気と高温で蒸れてしま
い、茶色く枯れたような色になってしまいます。そうなった部分は、二度と緑色に
は戻りませんので、ためらわず、ハサミでカットします。このときも、その後の姿
をイメージしながら切ると、見た目がきれいです。限られた時間の中で、ぱっと
全体を見てお手入れの優先順位を判断し、手早く作業を進めていく杉井先生。
小さな芽が出
ている節のす
ぐ上でカットす
ると、芽が伸
びてきます。
大らかながらも、真摯な瞳で植物たちと向き合う姿勢が素敵でした。(内田)
タイトルがちょっと過激で、手に取る
のを躊躇される方もいらっしゃるか
もしれません。実はこの本、著者に
よる同タイトルのブログが存在し、
大変人気があることから出版に至っ
た、という代物なのです。園芸店勤
務の自称「パートのおばさん」である
著者が、ご自身も庭で多くの植物を
育てた経験から、お店にやってくる
植物を「この子はオススメ!お買い
得!」「こんな風に使うと素敵よ!」
と寄せ植えなどの写真とともに紹介
土谷ますみさんの
しています。植物好きの人には、ま
「この植物をお買い!」 ずは「この本をお買い!」という本な
主婦の友社 刊
のです。著者である土谷ますみさん
各 1,260 円(税込)
のお庭の様子や、園芸店での講座
やお仕事の様子も紹介され、こんな
仕事をしてみたい、という方にも、大
いに参考になるのでは?(牧野)
Book
Shop
green gallery
Gardens (グリーン
ギャラリーガーデンズ)
八王子市松木 15-3
℡ 042-676-7115
http://www.gg-gardens.
com/
-3-
八王子はおしゃれな園芸店やガー
デンセンターが多くあり、わざわざ
遠方から訪ねる人も多いエリアで
す。今回ご紹介する「グリーンギャラ
リーガーデンズ」は、その中でもお
ススメのお店。植物の種類が豊富
なのはもちろん、状態もとてもよく保
たれています。その秘訣は植物の
知識が豊富なスタッフと、店頭の植
物のメンテナンスを集中的に行う
「エコ営業日」。ヨシダフィッシュファ
ームという観賞魚専門店も併設して
いることから、魚たちにとってリフレ
ッシュのための日は大切、植物も同
じことなのです。高級感漂うアンティ
ークの雑貨や、テラコッタなどの種
類も豊富で、ついお財布が緩む店。
行きは「ちょっと遠いかも」でも、帰り
道はきっとルンルンですよ♪(牧野)
秋の
活動予定
◆10/16(土)・17(日) おおた商い観光展 2010(会場:大田区産業プラザPiO)
◆10/16(土)・17(日) 第 38 回大田区生活展(会場:大田区消費者生活センター)
自分たちで育てた花苗や球根の廉価販売等を行います。
◆10/17(日) 第三回田園調布グリーンフェスタ(会場:田園調布せせらぎ公園)
花苗、球根の販売のほか、同公園での山野草育成活動を中心とした
活動紹介展示と、園芸セミナーを開催します。
◆11/6(土)・7(日)
昨年のおおた商い観光
展のようす。
OTAふれあいフェスタ 2010(会場:平和の森公園)
自分たちで育てた花苗や球根の廉価販売を行います。
◆11/23(火・祝) 「樹木の手入れ」講習会(会場:大森南圃場 大森南 4-3)
秋~冬の樹木の手入れのポイントについて、プロから学びます!
◆11/28(日) 野菜と花の品評会&収穫祭(会場:大田区産業プラザPiO)
区内の農家の皆さんが作った野菜の展示と即売、区内の農業の紹介や
区内で採れた野菜を使った料理の試食などを行います。
昨年の田園調布グリー
ンフェスタのようす。
★11 月は駅前花壇の植替えを行います。体験・見学希望の方は事務局までお問い合わせください。
About us・・・わたしたちについて・・・
大田・花とみどりのまちづくりの活動マップ
田園調布せせらぎ公園
・「花とみどりのつどい」を毎月
第一日曜 13 時~15 時開催。
花やみどりが大好きな人たち
の交流の場となっています。
南馬込区民農園(2 カ所)
大森駅前花壇
・区民農園の整備・管理・運営
・毎月1回、オープンデーとし
て管理作業や勉強会を行っ
ています。
・管理活動:毎週火曜日
冬季:10 時~(夏季:9 時~)
・駅前だけでなく、バス通りや
商店街にも花壇があります。
このマップの場所以外でも
◎保育園、児童館の花壇作り
◎特養の樹木の剪定
◎個人のお庭の手入れ
◎各種セミナー、イベント協力
◎学校の授業への協力
など幅広く活動しています
平和の森公園
・「街山プロジェクト」として、年
間を通じて様々な活動をして
います。観察会や勉強会も
随時行っています。
区民プラザ前プランター
・管理活動:毎週木曜9時~
四季折々、きれいな花を楽し
めるように心がけています。
大森南圃場
・管理活動:毎週水・金曜日
9:00~16:00
・保育園児のお散歩コースや
地域の方たちの学びの場に
もなっています。
南久が原圃場
・管理活動:毎月第 2・4 金曜
10 時~12 時
・地域に植えるための花苗を
育てる活動もしています。
お問合せは気軽に
03-3734-7932 まで
六郷土手花壇
区役所本庁舎前プランター
蒲田駅前花壇
・管理活動:毎月最終日曜日
10 時~12 時
・近隣町会の皆さんにもご協
力をいただいています。
・管理活動:蒲田駅前花壇の
管理作業の後に実施
・区の玄関なので、常にきれい
にと、張り切っています。
・管理活動:毎週火曜日9時~
・駅前だけでなく、西口、東口
のバス通りの花壇も管理して
います。
会員募集中!
編集
後記
大田区内のあらゆるところで活動しています。
花やみどりに直接触れる活動はもちろん、みど
りの活動を縁の下でサポートする事務作業や、
運搬のための車の運転など、さまざまな活動が
あります。
特に運転手を大募集中!!
あなたもぜひ、参加してみませんか?体験入会
も歓迎です。お問合せは右記事務局まで。⇒⇒
入会案内と最新の会員だよりをお届けします。
-4-
今年の夏の暑さでは、植物も人もかなりの
ダメージを受けました。でも、こんな夏だか
らこそ、普段よりいっそう、みどりのチカラと
ありがたさを感じられたのではないでしょう
か? それにしても、当会会員はそれこそ
みどりに関わっているからか、元気!です。
そのことにも驚いた、今年の夏でした。(F)
発行:NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり
〒144-0051 大田区西蒲田 7-24-7-203
tel&fax : 03-3734-7932
E-mail : npoogc@yahoo.co.jp