1.大企業から見た強い中小企業の利点

ユビキタスエコノミー&ソサイエティー2
-関西から発信するICT利活用 -
KANSAI@CANフォーラム 運営委員
CIAJ第二企画部長
中原 新太郎
2000年 4月~2002年3月 大阪勤務←横浜在住
2001年 2月~2003年3月 関西ベンチャー学会理事
2001年 5月 ~KANSAI@CANフォーラム 運営委員
1
1.よそ者から見た関西
京都府
京都市
首都圏
神戸市
兵庫県
大阪市
大阪府
1.独自性の追求・進取⇔ベストプラクティス
2.都市国家の集合体(良きライバル)
3.旦那文化:民間が知恵を絞る・NPOが力
地場はスポンサー、よそ者がチャレンジャー
2
2.IT@関西の特徴:日本でも有数の競争激戦区
• 光アクセス事業者間
価格・サービス競争で普及拡大
NTT西日本vs K-OPT vs有線ブロードバンド
全国平均26%、首都圏29%に対し、
関西31%
(ブロードバンド回線の中で「光」が占める割合
平成18年6月末時点、 平成18年9月11日総務省発表)
• 地域間:地域毎に適した方式で推進
光、CATV、ADSL、公衆無線LAN
• 携帯電話:コンテンツ/応用システム開発
• 私鉄vsJR:ICカード利用でも全国をリード
スルッとKANSAI、ICOCA
3
3.関西地域発のIT
兵庫
・ネットディ
・情報通信セキュリティ人材育成
センター(カーネギーメロン大)
・光ファイバ-を活用した
遠隔医療画像診断サービス
京都
・新おこしやすプラン21
・デジタル疏水ネットワーク
・みあこねっと:無線LAN
・デジタルアーカイブ
・ケータイ国際フォーラム
大阪
・e-やんか大阪Ⅱ:ユビキタス大阪戦略
・府立IDC:エクスローサービス提供
・大安協:安全安心まちづくり
・コンテンツ・ネットワーク・サロン
・地域医療への活用
・サイバー適塾
・安まちメール:大阪府警による速報
池田市
・ANSINメール
・ペット型ロボット
・大阪とよのネット
システム(3市2町)
<関西発技術>
携帯電話コンテンツ
高速電力線通信(PLC)
薄型テレビ
4
3.1.デジタル疏水ネットワーク
出典:京都府作成デジタル疏水ネットワークパンフレット(平成15年11月25日)
5
3.2.e-やんか大阪Ⅱ
出展:平成18年4月24日 大阪市報道資料
6
3.3.光ファイバ-を活用した遠隔医療画像診断サービス
各施設に「IP-VPN」、「IPセントレックス」を導入
→施設間のデータ通信を高速化し、 付加価値として施設間の音声通話を完全無料化
一般加入電話網
(PSTN)
IPセントレックスサーバー
一般加入電話向け
7.77円(3分、関西内)
8.4円(3分、関西以外)
無料通話
(IP-VPN)
高速通信
神戸大学医学部付属病院
画像サーバ
高度医療検査施設
医療機関
出展:平成18年8月25日株式会社ケイ・オプティコム田邉忠夫社長講演資料@CIAJ
7
4.観光について(須田 寛氏講演内容に追記)
①観光は情報と表裏一体の関係にある。
②観光資源は情報があってこそ生きてくる。
存在や意義が知られることにより、
資源としての価値を発揮できる。
③語源は中国の「観国の光」
国の光を観る。心を込めて見るので
単なる「見る」ではない。
地域の優れたものを見たり見せたりするのが
元来の意味であり、 極めて重要なこととされた。
観光には「単なる物見遊山」「非生産的」
「遊びに過ぎない」という誤解もあるが、
それは間違いである。
8
④ブランドの大事さ
・認知度:いかに多くの人が知っているか
・浸透度:何がイメージできるか
・人気度:他と差別できるものがあるか
⑤大事なのは「悉皆(しっかい)」
・コーディネーター、プロデューサー
・目利き、人脈、センス ・こだわり、えこひいき
⑥今後の課題
・地域の特色を生かした観光を。
・過去から現在、未来まで見通した観光
・産業という観点からの見直しを。
・広域展開←現在は市町村単位。
観光客の行動範囲に合わせて横のつながりを
・国際展開: 外国人客の観光対象を発掘。
9
5.地域活性化のツールとしての観光
①改めて地元の人に地元の価値を認識してもらうのが重要。
・普段近くにあるものは、あるのが当たり前であり、
その価値を見過ごしがち。
・価値認識を通じてアイデンティティーの再確立を。
②地域振興は「よそ者」「若者」「ばか者」に。
・地元の人間はしがらみが多く、動けない。
・有力者は現在の枠組みの方が居心地が良いため、
率先して変化を起こすのが難しい。
・ 「よそ者/若者/ばか者」を引き付ける道具としての観光。
・ 「よそ者/若者/ばか者」を邪魔せず見守る旦那文化を。
10
6. 地域活性化へのMOTの適用(1)
• 単なる事例導入では駄目
同業他社の成功例を、そのまま使用しても成功しない。
企業文化により、導入方法を変える必要。
ましてや地域は文化と資源に応じた方法が必要。
• 複数の手法の組み合わせが肝要
大学誘致、TLOの設立、インキュベーション施設、
ITの活用、観光資源の再活性化、女性の活用の
どれか一つだけで成功する程、甘くはない。
イノベーション:新発明<既存知識体系の新結合
例:京都:観光+デジタルアーカイブ、無線LAN
三鷹:ITインフラの上にSOHO、NPO
11
6. 地域活性化へのMOTの適用(2)
• 「何をするか」よりも「何をしないか」が重要
新規事業成否の50%はテーマの選定による。
新商品・サービス+新規市場のパラシュートは低確率。
• 絶え間ない革新、新規性の創出が肝要
仕組み・組織を作れば済むものではない。
常に意識付けすることが必要。
例:京都:夜間拝観→宿泊客の拡大
閑散期の集客
京都検定→集客の分散
テーマパーク:イベントの入れ替え
12
7.「よそ者」から見た今後の課題
•
•
•
•
•
•
•
•
•
地域間連携
団体間連携(産・官・学・NPO)
電子自治体
人材育成:コーディネーター/ディレクター
産業活性化・観光振興との連携
ATR/けいはんな学研都市の成果活用
カーネギーメロン/スタンフォードの活用
インキュベーションシステムの再構築
女性/シニア層の活用(他地域と比較すれば上?)
地域・団体間連携のハブ/人材育成機関
としての[email protected]フォーラム
13
本日の式次第
2006.10.6(金) 幕張メッセCEATEC会場
14:00~14:20:基調講演: KANSAI@CANフォーラム会長
/兵庫県立大学 応用情報科学研究科 教授 辻 正次 氏
14:20~16:00:パネルディスカッション
「安全安心とIT」大阪安全・安心まちづくり支援ICT活用協議会会長代行
/KANSAI@CANフォーラム運営委員/大阪市立大学教授 中野 潔 氏
「社会インフラとしてのICカード:関西圏でのICカードの活用を中心に
~スルッとKANSAI PiTaPaの取り組み~」
スルッとKANSAI代表取締役専務
/KANSAI@CANフォーラム運営委員 横江 友則 氏
「地域振興とIT 京都の観光コミュニケーションを中心に」
平安女学院大学 人間社会学部教授/前 京都市理事 観光政策監
/KANSAI@CANフォーラム副運営委員長 清水 宏一 氏
モデレーター/司会:情報通信ネットワーク産業協会 第二企画部長
/KANSAI@CANフォーラム運営委員中原 新太郎
主催:CEATEC JAPAN事務局、日本生活学会 生活情報化研究会、
KANSAI@CANフォーラム
協賛:関西ベンチャー学会
14