H26.夏号PDF

平 成
2 6
年 夏 号
安心の生活へ 市民とつくる宇陀市政!!
《3期目がスタート》
《5月臨時議会にて新体制スタート!》
本年4月の市議選におきまして、多くの市民の皆様の
議
長 : 多田 與四朗議員
絶大なるご支援を頂き3期目の活動をスタートさせて
副 議 長 : 井谷 憲司
頂きました。
監査委員 : 上田
德
議員
真心からのご支援に心より感謝申し上げますと共に、 (総務文教常任委員会)
今後も何事にも誠実に取り組み皆様のご信頼を頂ける
◎山本 新悟 議員
○菊岡 千秋 議員
結果を残せるよう全力で取り組んで参りますので、引き
山本 裕樹 議員
廣澤 孝英 議員
続きのご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し
西岡 宏泰 議員
上田 德 議員
上げます。
多田 與四朗 委員
《日々の活動より》
(福祉産業常任委員会)
(6 月 5 日:地域の壮年の方々と懇談会)
◎山本 繁博 議員
午後、地域の壮年の方々と懇談し、現在宇陀市
が抱える課題や今後の宇陀市
の地域活性の取り組みなど
○勝井 太郎 議員
松浦 利久子 議員
西浦 正哲 議員
宮下 公一 議員
八木 勝光 議員
井谷 憲司
多岐にわたりご意見を頂き
(※◎は委員長、○は副委員長)
《6月定例議会より》
【一般質問から】
ました。
(6 月 6 日:教育現場の課題について懇談会) ① 高齢化社会に向けた、地域の医療・介護・生活支援
夕方より、小・中学校のお子様がいらっしゃる
の連携の取り組みについて
保護者の方々と教育現場の
【質問】今後の宇陀市の高齢化、特に団塊の世代が 75
課題について懇談的にご意
歳を迎える 2025 年を見据え地域の医療・介護・生活
見を伺いました。
支援の連携の取り組み(地域包括ケアシステム)を構築
懇談会には、竹内市長・石増
教育長も出席頂きました。
していく必要があるが、宇陀市の取り組みはどうか。
(答弁)現在、高齢者に関する相談は地域包括支援セン
ターが全面的に受ける体制に努めている。内容によって
(7 月 13 日:障がい者施策について懇談会)
は関係機関に繋ぐようにしている。今後は更に、地域の
午後、現在身体の障がいをお持ちで懸命にリハ 医療と介護を横断的にサポートする体制を構築するた
ビリに取り組んでいらっしゃる
め、市立病院の今後の体制も検討しながら、『宇陀市地
方々と障がい者にも優しく、安
心して暮らせるまちづくりに
域包括ケア総合センター(仮称)』の設置も調整中だ。
ついて多数のご意見を頂きました。
のみんなで支え合い、助け合う』ことが必要であり、地
住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには『地域
域の皆様にもご協力を呼び掛ける。
※ご意見・ご要望等気軽にお声かけ下さい。
※メールマガジンを発行していますので、是非ご
電話番号 :82-0663
登録をよろしくお願いいたします。
FAX 番号:82-6926
パソコン E メールアドレス:
komei-k.itani0663@kcn.jp
(発行)井谷けんじ
連絡先:宇陀市榛原天満台西 1-17-3
TEL:82-0663
FAX:82-6926