型式:SN-02S(傾斜面設置用) - 寺田鉄工所

自然循環式太陽熱温水器 SUNARTH
型式:SN-02S(傾斜面設置用)
工事説明書(施工者用)
機器を据え付ける前に必ずこの工事説明書をよくお読みの上、正しく据え付けてください。
なお、この工事説明書は工事終了後、取り扱い説明書とともに必ずお客様にお渡しください。
もくじ
施工上の注意 ・・・・・・・・・・・・・・ 2
傾斜面設置型標準部品一覧 ・・・・・・・・ 3
傾斜面設置型工事用部材一覧 ・・・・・・・ 4
組立説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
温水器の設置 ・・・・・・・・・・・・・・ 9
配管接続 ・・・・・・・・・・・・・・・ 17
水温センサの接続方法 ・・・・・・・・・ 23
コントローラの固定要領 ・・・・・・・・ 24
工事完了後の確認 ・・・・・・・・・・・ 25
温水器仕様 ・・・・・・・・・・・・・・ 26
連絡先 ・・・・・・・・・・・・・・・ 裏表紙
株式会社寺田鉄工所
'10.06
'11.01
施工上の注意
ご使用になる前に、この「安全上の注意」をよくお読みのうえ正しくお使いください。
ここに示した注意事項は、お使いになる方や他の人への危害と財産への損害を未然に防ぎ、太陽
熱温水器を安全にお使いいただくために重要な事項を記載しています。
内容(表示・図記号)をよく理解してから本文をお読みになり、記載事項をお守りください。
■取扱いを誤った場合に生じる危険の程度とその区分
警告
この表示を無視して誤った取扱いをした場合、死亡や重症に至る
注意
この表示を無視して誤った取扱いをした場合、ケガを負ったり製
重大な事故を引き起こす恐れがある内容。
品が損傷するおそれがある内容。
■本文中に使われる図記号の意味
禁止(してはいけないこと)を示します。
具体的な禁止内容は、図記号の中や近くに絵や文章で示します。
指示する行為の強制(必ずすること)を示します。
具体的な指示内容は、図記号の中に絵や文章で示します。
注意を示します。
具体的な内容は、図記号の中に絵や文章で示します。
警告
2
固定の確認
温水器や架台を固定しているワイヤーのゆるみやネジの
外れがないか定期的に点検してください。温水器や架台
が落下するおそれがあります。
特に台風や地震の後にはよく点検してください。
専門業者が施工
設置工事は必ず水道局指定業者が行ってください。
お客様自身で設置しないでください。
保護具の着用
屋根上での作業は労働安全衛生規則に従い、安全確保の
ため必ず安全保護具を着用してください。[(ヘルメット・
安全帯・ロープ(命綱)・滑り防止(地下足袋)]
落下注意
屋根などの上で作業する場合は、物を落としたりしない
よう特に注意してください。
保護メガネと手
袋の着用
ガラス管の挿入時に局部的に力が加わったり、物をぶつ
けるとガラス管が破損し飛散することがありますので、
保護具を必ず着用してください。
施工上の注意
注意
ガラス管を遮光
して設置
温水器の設置作業中にガラス管が長時間空焚きされる
と、初期水張り時に、急激な熱衝撃によってガラス管が
破損する恐れがあります。
設置場所の
確認
設置角度は水平面より 15 ~ 40°となり、十分に強度の
ある場所を選んでください。尚、40°を超える場所は施
工・点検作業が大変危険です。
温水器に
登らない
貯湯タンクや集熱管の上に乗ったり、物を置いたりしな
いでください。事故や破損のおそれがあります。
水漏れの確認
貯湯タンクと集熱管の接続部や配管から水漏れしていな
いことを確認してください。
保温の施工
給水・出湯配管は、冬期に凍結して破損することがあり
ますので、保温施工してください。
水道水以外で
使用しない
地下水・井戸水・温泉水を使用すると、水質によっては
機器の配管内部に異物が付着し、故障することがあります。
ガラス管は
慎重に扱う
真空管はガラス製ですので、衝撃や無理な加重が掛かる
と割れる恐れがありますので慎重に取扱ってください。
給湯器との接続
給湯が落水方式につき給湯器への接続はできません。
施工材料に
ついて
施工で使用するシーリング材等の施工材料については、
厚生労働省の「室内空気汚染に係わるガイドライン」に
従い、ガイドラインの掲げる13物質を使用していない
材料、もしくは使用量、放射量の少ない材料を使用して
ください。
■工事される方へお願い
・この工事説明書の記載内容からはずれた設置が原因で生じた故障および損傷は、保証期間内
であっても有料修理となります。
・工事終了後は、本書24ページのチェックリストにて確認を行って下さい。
・試運転はお客様立会いのもとで行い、取扱説明も合わせて行って下さい。
・当社の定める施工要領を逸脱しない据付工事に不具合(瑕疵)が生じ、施工者が無償修理や
損害賠償を行った場合、BLマーク認紙の貼付 ( または刻印など)がされている部品につい
ては、財団法人ベターリビングのBL保険制度に基づき保険金が支給されます。
・BL保険制度や当住宅部品の施工要領の詳細については、財団法人ベターリビングのホーム
ページ (http://www.cbl.or.jp/) をご覧下さい。尚、BL保険制度に関する質問は、財団法人
ベターリビング (TEL03-5211-0559) でもお受け致します。
3
傾斜面設置型標準部品一覧
傾斜面設置用標準部品(梱包内数量)
● 組立は、以降ページの組立説明を参照してください。
4
傾斜面設置型工事用部材一覧
傾斜面設置用工事用部材
ㇱຠฬ
઀᭽
↪ㅜ
೎ᄁ
น⢻ຠ
㈩▤⛮ᚻ䇮䊋䊦䊑
䈰䈛ㄟ䉂ᑼ
⛮ᚻ䋺⊕▤䇮䊋䊦䊑䋺㤛㌃
䉅䈚䈒䈲⛮ᚻ䇮䊋䊦䊑䈫䉅䉴䊁䊮䊧䉴⵾
⛎᳓䇮⛎ḡ㈩▤↪
᨞ᯅ䊘䊥䉣䉼䊧䊮▤
๭䈶ᓘ㪈㪊䇭㤥⦡
䋨䉟䊉䉝䉾䉪䉮䊷䊘䊧䊷䉲䊢䊮⵾䋩
⛎᳓䇮⛎ḡ㈩▤↪
䂾
⛎᳓䇮⛎ḡ㈩▤↪
䂾
᨞ᯅ䊘䊥䉣䉼䊧䊮▤⛮ᚻ 㪤⒳㩷䊜䉦䊆䉦䊦ᑼ㩷䈍䈰䈛
㈩▤଻᷷᧚
⠴ᾲ䊤䉟䊃䉦䊋䊷
๭䈶ᓘ㪈㪌
⛎᳓䇮⛎ḡ㈩▤↪
䂾
ಓ⚿㒐ᱛ䊍䊷䉺
᨞ᯅ䊘䊥䉣䉼䊧䊮▤ኻᔕ
⊒ᾲ૕㐳䈘䋺㪇㪅㪌䌾㪉㪇㫄
㪘㪚㪈㪇㪇㪭઀᭽
䋨᧲੩․ᱶ㔚✢⵾䋩
⛎᳓䇮⛎ḡ㈩▤↪
䂾
ಓ⚿㒐ᱛᑯ
๭䈶ᓘ䋺㪈㪆㪉㩹
㐿ᑯ᷷ᐲ䋺㪈㷄䇮㐽ᑯ᷷ᐲ䋺㪊㷄
૶↪᷷ᐲ▸࿐䋺㪄㪊㪇䌾㪐㪌㷄
ᧄ૕᧚⾰䋺㪚㪊㪍㪇㪋
㩿౗Ꮏᬺ⵾䋩
⛎᳓䇮⛎ḡ㈩▤↪
䂾
䉮䊷䉼䈰䈛
㪤㪍㬍㪌㪇
᧚⾰䋺䉴䊁䊮䊧䉴
✕⚿ㇱຠ
䂾
䉴䊁䊮䊧䉴䊪䉟䊟䊷
✢ᓘ㱢㪉㪅㪊㫄㫄
✕⚿ㇱຠ
䂾
଻⼔᧚
᧚⾰㪑⎬⾰䉯䊛
✕⚿ㇱຠ
䂾
䌌ဳ㊄‛
᧚⾰䋺㪪㪪㪋㪇㪇
⴫㕙ಣℂ䋺ṁⲢ੝㋦䊜䉾䉨
✕⚿ㇱຠ
䂾
5
組立説明
(1) フレームの組立
●図 1 サイドフレーム⑥とトップ / ボトムジョイントフレーム⑦、⑧を取り付け、次にフロントサポー
ト⑨、バックボトムブラケット⑮を取り付けます。
●図 2 バックトップ・ボトムフレーム⑪、⑫を組立てる前にT型ボルト⑲を各 3 ヶずつ挿入します。
T型ボルト挿入後、タンクホルダー⑤及びバックボトムブラケット⑮に組立てます。
6
組立説明
(2) フレームの組立
●図 3 サイドサポート⑩をサイドフレーム⑥・タンクホルダー⑤に取付けます。バックトップ・ボト
ムフレーム⑪、⑫に挿入したT型ボルトで、 L 型・C 型ブラケット⑯、⑰、⑱とバックフレーム⑬を
取付けます。最後にバックフレームに挿入したT型ボルトでベースフレーム⑭を取付けます。
●図 4 傾斜架台の裏面完成図です。
7
組立説明
(3) 貯湯槽の組立
●図 5 傾斜架台を貯湯槽①に乗せ、貯湯槽に取付けてあるボルトで組立てます。貯湯槽と傾斜架台の
ボルトを全て締付けてください。その後、本体を裏返しにして完成です。
●図 6 ボトムジョイントフレーム⑧に真空管サポート③を取付けます。
バケツに洗剤を入れパッキン④を挿入した真空管(注意:高所での真空管の挿入作業は、落下・脱落
の無いように十分注意して行ってください。)
(4) 真空管の取付
※尚、次ページの設置方法を参照の上、組立
をしてください。
ガラス管を差し込んだ後はフレームの固定
作業が難しくなりますので、ガラス管を差し
込む前に固定をしてください。
8
温水器の設置
警告
固定の確認
温水器や架台を固定しているワイヤーのゆるみやネジの
外れがないか定期的に点検してください。温水器や架台
が落下するおそれがあります。
特に台風や地震の後にはよく点検してください。
専門業者が施工
設置工事は必ず水道局指定業者が行ってください。
お客様自身で設置しないでください。
保護具の着用
屋根上での作業は労働安全衛生規則に従い、安全確保の
ため必ず安全保護具を着用してください。[(ヘルメット・
安全帯・ロープ(命綱)・滑り防止(地下足袋)]
落下注意
屋根などの上で作業する場合は、物を落としたりしない
よう特に注意してください。
保護メガネと手
袋の着用
ガラス管の挿入時に局部的に力が加わったり、物をぶつ
けるとガラス管が破損し飛散することがありますので、
保護具を必ず着用してください。
施工上の注意
●本製品の満水重量は約200kgになります。十分に強度のある屋根及び場所に設置して下
さい。
●固定線(ステンレス線)と屋根瓦などの接触部には、必ず保護材(すり切れ防止用)を施し
てください。固定線を瓦の下に入れて固定しないでください。(雨漏りの原因)
●強風時・地震などのために、コーチねじは確実に締め付け、落下防止線はたるみのないよう
にピンと張ってください。ゆるんでいると温水器が落下する恐れがあり危険です。
●コーチねじは、温水器を固定するのに十分な強度のあるところ(棟木、もや、軒桁、たる木)
に締め付け、木口を避けてください。(ゆるみの恐れあり)(15 ページ参照)
●コーチねじは必ず下穴をあけてからねじ込んでください。(木材の割れ防止)
●温水器は左右水平・上下平行に設置し、確実に固定してください。・設置場所の傾斜角度は地
盤面より 15 ~ 40°になるように設置してください。
●給水・給湯管の配管材料は架橋ポリエチレン管を奨励いたします。
●給水・給湯配管には、地域にあった凍結防止の保温工事をおこなってください。
●ステンレス線は SUS304-W φ 2.3mm を使用してください。
●海沿いなどの塩害にさらされる恐れのある場所に設置される場合、緊結金具を別売品(5 ペー
ジ参照)以外を準備される際には、ステンレス製を使用してください。
9
温水器の設置
施工前の準備
●安全について
屋根上での作業は高所作業にて危険を伴いますので、以下の安全保護具の使用をお願いします。
・ヘルメット
・安全帯
・ロープ
・地下足袋もしくは靴底に凹凸のある靴
水平面設置におきましても、同様に安全保護具の使用をお願いします。
また、労働安全衛生規則に則って作業を行ってください。
●強風時ならびに雨天時、雨上がりの屋根が濡れている時の設置工事は絶対に行わないでくださ
い。
●設置作業は必ず2人以上で行ってください。
●配管施工または水道管への接続につきましては、各地域の水道局の指定業者が行ってください。
設置場所の確認
●南向きの日射のよく当たる場所を選んで設置してください。
建物や樹木の陰になる場所は避けてください。
●温水器本体は満水時、重量が 200kg に達します。
設置面は十分強度のある場所を選んでください。
●メンテナンス用のスペースが確保できるよう、また温水器が落下する恐れがないように下図の
位置に温水器を設置してください。
10
図7
温水器の設置
温水器の設置高さ
給湯やシャワーなどに使用する場合、サ
ナース本体の給湯口から給湯蛇口までの
高低差は、3 m以上になるような場所に
設置をしてください。
また、地面からの高さは 10 m以下とし
てください。
図8
梯子の掛け方
屋根等の高所作業での安全確保のため以下の点を厳守してください。
●作業は必ず2人以上で行ってください。
●強風時、また雨天時や雨上がり後等の濡れた屋根での設置工事は絶対行わないでください。
●梯子を立てかける場合、
・梯子の角度は水平面から 75°以下
・梯子の上端側は、梯子を立てかけた部位より 600mm 以上高くしてください。
図9
11
温水器の設置
屋根への設置
●予め組立てた架台を 10、 11 ページの設置場所の条件を考慮し、 固定線の張出しと温水器が固定
可能な場所へ据付けます。
●固定線の張出しは 16 ページ図 18,19 の張り出し角度の範囲内にします。
●コーチねじの取付けは 15 ページ図 17 の 「コーチねじ取付要領」 を参照ください。
●たる木にコーチねじを取り付ける場合には、 といを破損させないよう、 「L型金具」 を使用してください。
(13 ページ図 11 参照) 鼻かくしに取り付ける場合には、鼻かくしを釘で補強したうえで取付けてください。
(13 ページ図 12 参照)
●固定線は 13 ページ図13のように結び、 緩みがないようにします。
●固定線が瓦等に接触する箇所には、 必ず保護材を設置します。 (14 ページ図 14,15 参照)
●固定線の巻物をほどく際にキンク、 小曲がりが生じないようにしてください。 (14 ページ図 16 参照)
また、 固定線の緩みを 直すため、 固定線の途中をねじらないでください。
固定線に傷、 錆がないことも確認してください。 断線の原因になります
●架台がしっかり固定されましたら、 貯湯タンク①にガラス管⑤を差込みます。 (7 ページ図 6 参照)
●ガラス管差込み後に、 温水器が屋根から浮いていないかを確認してください。
図 10
12
温水器の設置
屋根への設置
図 11
図 12
図 13
13
温水器の設置
屋根への設置
図 14
図 15
図 16
14
温水器の設置
屋根への設置
図 17
15
温水器の設置
屋根への設置
●固定線の張出し角度
固定線の張出し角度は図 18、 図 19 の範囲内にて張ってください。
図 18
図 19
16
配管接続
1) 給水管・給湯管の接続
1. 貯湯槽の”給水/給湯口”(R1/2) の配管には架橋ポリエチレン管 呼び径 13、継手:M 種(メカニカル式)
PN15 を接続してください。
2. 給水/給湯の架橋ポリエチレン管の曲げ半径は 45 cm以上にしてください。また、
配管は巻きくせ、ねじり、
たるみが生じないように適宜、支持金具で固定してください。
3. 配管の保温材として「耐熱ライトカバー」を使用して下さい。
また、電磁弁にも保温材を施工ください。凍結によって電磁弁が故障する場合があります。
4. 配管完了後は必ず水漏れ(タンク部、ガラス管挿し込み部、継手部)確認を行ってください。
5. メンテナンス用として給水電磁弁の上流とタンク給湯口の間のお客様が操作しやすい場所の必ず、止水栓
2) 架橋ポリエチレン管と継手の接続
1. カッターにて架橋ポリエチレン管を切断します。カッターは市販のパイプカッターをご使用ください。
2. 架橋ポリエチレン管に継手を接合します。ホースにスリーブ、ワッシャ、ナットを通し、竹の子部に
架橋ポリエチレン管を挿入します。架橋ポリエチレン管は端面が継手内に入るまで挿入してください。
3. ナットが止まるまで確実に締めこんでください。
㶎⛮ᚻ䈲䊜䊷䉦䈮䉋䉍䇮䊖䊷䉴䈫䈱ធ⛯ⷐ㗔䈏ᷝઃ౮⌀䈫䈲⇣䈭䉎䉅䈱䉅䈅䉍䉁䈜䈱䈪䇮
䇭㩷Ḱ஻䈘䉏䉁䈚䈢⛮ᚻ䈮ᷝઃ䈘䉏䈩䈇䉁䈜ขᛒ⺑᣿ᦠ䈮ᓥ䈦䈩ធ⛯䈒䈣䈘䈇䇯
17
配管接続
図20
図21
18
配管接続
図22
19
配管接続
図23
20
配管接続
図24
21
水温センサの接続方法
水温センサの取付けは、以下のように行ってください。
接続の際には、センサを傷つけたり、折り曲げたりしないようにしてください。
故障の原因となります。
22
コントローラの取付要領
コントローラは、屋内(浴室入口付近)の壁に設置してください。配線接続については、別紙「コントローラ
取扱説明書」を参照ください。なお、コントローラは防水仕様ではないため、屋内でも水がかかる場所への
取付けは避けてください。
23
工事完了後の確認
設置工事が終了時に以下の項目を確認してください。
点検部位
温水器本体
点検項目
タンクとガラス管接合部
水漏れ
外装部
傷、変形、破損
ガラス管
真空状態、汚れ、傷、破損
反射板
変形、汚れ
チェック
欄
部位間締結ボルト、ナット 緩み
支持構造部
緊結部
建物
配管
全体
傷、ガタツキ、安定性
部位
たわみ、変形
固定部、締結部
緩み
基礎
強度
固定線
傷、緩み
温水器本体緊結部
傷、緩み
コーチネジ取付部
割れ
瓦
割れ、ズレ
防水モルタル
はがれ
主要構造部
強度
接続部
水漏れ
固定部
緩み
バルブ
止水状態
●タンクを満水状態とし、温水器や配管からの水漏れの有無、固定線の緩み、コー
チネジ部の状況、架台のたわみ、基礎部の強度を確認します。
●給湯側にシャワーヘッドを接続した場合には、給水量が十分確保されていること
を確認してください。
24
温水器仕様
型名
種類
真空ガラス管本数 (本)
接続口径 給水口/給湯口
(側面/下部)
センサ挿入口
上部排気口
材質
集熱体/透過体
貯湯槽
貯湯槽保温材
貯湯槽外装
集熱器有効面積 (㎡)
製品空重量 (kg)
満水時総重量 (kg)
貯湯槽 (L)
有効採湯量 (L)
許容圧力 (MPa)
許容温度 (℃ )
標準設置面角度 (° )
SN-02S
自然循環式太陽熱温水器
20
R1/2
R1/2
R1/2
ガラス
ステンレス
発泡ウレタン
塗装鋼板
1.92 (当社基準算出値)
45
200
155
135
加圧運転不可
100
15 ~ 40°
標準寸法図
25
26
27
お問い合わせ先:
株式会社寺田鉄工所
ソーラー事業部
〒 721-0951 広島県福山市新浜町 2-4-16
[TEL] 084-953-0556 [FAX] 084-953-1946
[email] info@solars.jp
[URL] http://www.solars.jp