スライド 1

中世ヨーロッパにおけるペストの流行
1347-1351
1350
死亡率: 観察集団に
おいて特定疾病で死
亡する割合。通常は
10万人当りで表す。
1351以降
1349後期
1351
黒死病
(pest、plague)
1347年10月に中央ア
ジアからイタリアのメッ
シーナに上陸。毛皮につ
いていたノミが媒介(?)。
1348年にはアルプス以
北のヨーロッパにも伝播。
14世紀末まで3回の大
1349前期
流行と多くの小流行を繰
1348中期
り返し、猛威を振るった。
当時のヨーロッパ人口
の1/3から2/3、約2,000
万から3,000万人が死亡
1347
したと推定されている。
死の舞踏(Michael Wolgemut画、1493年)
ペスト菌の発見は、黒死病から500
年後(1894年)のことであるが、病
原体が判らなくても、今日でも通用
する蔓延防止対策が講じられてき
た。 検疫、隔離、外出や集会の
禁止、・・・
北里柴三郎とYersin A.が発見
し、ペスト菌はPasteur L.にち
なんでPasteurella pestisと命
名されたが、1967年になって
Yersinia pestisと改名された。
東ローマ帝国、 541~542年
14世紀ヨーロッパ
雲南省、1855年~
腺ペスト
Bubo: 横痃(よこね)。鼡径
部等における1個以上のリン
パ節の炎症腫脹、化膿性の
融合塊をいう。通常、化膿し
て膿を排出する。
指の血管で異常な凝固を起
こしたペスト性敗血症
ノミが咬んだ部位のペスト菌による潰瘍化
抹消血管の破綻による出血
と凝固によって、全身が黒
い痣(アザ)だらけになって
死亡する。
「黒死病」という名前の由来
になった。
ヒトの腕で血液を吸っているノミ
血を吸ったネズミノミ
(Xenopsylla cheopis)
ネズミを吸血するこのノミは、
雌雄にかかわらず、ペストを
伝播する。
肺ペスト
ペスト患者の胸部X線写真
現在は、WHO等の活動によ
り、アフリカ諸国の流行も腺ペス
トで押さえられており、肺ペスト
に至る例は少ない。
ただし、生物兵器として空中
散布する国際テロが懸念されて
おり、米国CDCはそのための教
材を作成している。
腺ペストを発症している
人が二次的に肺に菌が
回って発病し、又はその患
者の咳によって飛散したペ
スト菌を吸い込んで発病す
る。気管支炎や肺炎をおこ
して血痰を出し、呼吸困難
となり2~3日で死亡する。
両側性の進行性ペスト
血液中のYersinia pestis のWayson 染色。
安全ピン(safety pin)状を呈した形状に注意。
蛍光抗体法によるYersinia pestisの検出。
肺の全域が発色している。
ペストの故郷は中央アジア
★
「黒死病」はシルクロードを通って移動した
現在も世界各地で発生している
国際テロの重要な武器(生物兵器)とみなされている
6000
5000
4000
3000
年平均
患者数: 2557名
死者数: 190名
致命率: 7.4%
致命率: 発病者の15人
に一人が死ぬことは、重
大なのか、それほどのこ
とではないのか?
:死亡数
:生残数
2000
1000
0
ペスト: 世界における近年の発生状況
6000
5000
4000
年平均患者数
アフリカ:2085名
アメリカ: 109名
アジア : 363名
「地域的偏り」を生む
要因: 生物学的、
化学的、物理学的、
社会的(政治、経済、
文化・・・)
3000
2000
1000
:Africa
:Americas
:Asia
0
ペスト: 各地域における患者数の推移
ペスト: 世界における近年の発生状況
1989~2003年、上段:患者数、下段:死者数
アフリカ
地域
アメリカ
地域
アジア
地域
全世界
1989
1995
2001
2002
2003
平均 致命率
421
2560
2557
1822
2091
2085
54
123
165
171
180
161
30
115
12
4
1
109
日本では大正以降発生はないが、米国は?
0
3
0
0
0
6
425
186
102
99
26
11
10
6
2
22
876
2861
2671
1925
2118
2557
137
175
177
182
5.50
363
49
103
7.74
190
6.13
7.42
致命率の差は、流行株の病原性ではなく、医療水準と関わっている。
米国では、New Mexicoや
Arizonaなどの南西部の州
で発生が続いており、
Prairie dogs が主要な感
染源となっている。
症例数
1
2~5
6~10
11~15
16~20
21以上
Centers for Disease
Control and Prevention
(疫病管理予防センター)
地リス
未特定
プレリードッグ
ネコ
モリリス
ウサギ
複数種
岩リス
ペストから回復し、顎下リンパ節が腫脹して
いる猫
米国では、ネコから感染した
人の症例は、1977年に初め
て確認された。それ以来、
25人の症例が感染ネコへの
暴露と関連している。これら
の中で、7人は獣医師また
はその補助者であり、5人は
原発性肺ペストであった。
ネコから人間への感染
● 咬傷または引っかき傷
● 感染性滲出物(膿やかさぶたなど)との直接接触
● 感染性呼吸性飛沫(クシャミ、咳)の吸入
家ネコのペスト症の病型
Edison, 1991
不明
(29%)
不明の大半は、
ペスト性敗血症
と推定された。
腺ペスト
(53%)
ペスト性敗血症
(8%)
肺ペスト
(10%)
イヌはペスト菌
に感染し、それ
に対する抗体を
作る。時として、
イヌは臨床徴候
を示し、接触感
染のリスクとな
り得る病巣を形
成する。
顎下リンパ節が
腫脹した犬
イヌは、人間への感染源になったことが一度もないが、イヌがもた
らす最大の脅威は、Y. pestisが感染したノミや、ネズミまたはウサ
ギの死骸を居住環境に運んで来ることである。
死亡した地リス(Ground Squirrel)
地リスは現時点では8亜属に分類されているそうです。
Subgenus: Callospermophilus, Colobotis, Ictidomys, Otospermophilus,
Poliocitellus, Spermophilus, Urocitellus, Xerospermophilus
調斃流
査死行
活動地
動物で
がをは
行含、
わめ
れて
て、
い
る
。