GD Manual3 - ELSA

はじめに
2007 ELSA Japan Inc.
本マニュアルに記載されている情報は細心の注意を以って編集してありますが、製品特性について保証するものではありません。
ELSA の販売と納品に関する範囲についてのみ責任を負うものとします。
本製品に付属する文章およびソフトウェアを複製、配布する場合、ならびにコンテンツを使用する場合は、エルザ ジャパン から書面
による許可を受けなければなりません。
エルザジャパンは、技術開発の結果として、いかなる変更も行う権利を有しています。
本製品に関する全ての宣言および認証については、本製品の配布期間内にあって使用可能な場合に限り、本マニュアルの付録に記載さ
れています。
商標
● Microsoft,Windows,DirectX は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
● Microsoft Windows Vista は Microsoft Corporation の商標です。
● OpenGL は Silicon Graphics,Inc. の登録商標です。
● GeForce,Forceware, NVIDIA Quadro は Nvidia Corporation. の登録商標です。
●このマニュアルは予告なしに変更されることがあります。このマニュアル中の技術情報の間違いまたは遺漏については、一切責任を
負いません。
株式会社 エルザ ジャパン
〒 105-0014
東京都港区芝 3-42-10
三田 UT ビル 3F
http://www.elsa-jp.co.jp
本マニュアルは、
Windows2000 及び XP の説明に関しましてはグラフィックスボードドライバ Ver162.18 を使用して作成されています。
Windows Vista に関しましては、グラフィックスボードドライバ Ver162.18 を使用して作成されています。
2
ELSA User’s Manual ver7.0
はじめに
取り付ける前の注意事項
本製品に付属している保証書や購入時のレシート、領収書等は大切に保管してください
本製品に付属している保証書や購入時のレシート、
領収書等は大切に保管してください
製品故障などで修理を行う場合に、保証書もしくは購入時のレシートを提示していただく必要がございます。
本製品の分解、
改造、
修理等をユーザー様自身で行わないでください
本製品の分解、改造、
改造、修理等をユーザー様自身で行わないでください
グラフィックカードの FAN の交換、部品の改造、修理等の行為をお客様自身で行いますと、例え保証期間内でも修理
分解禁止
保証対象外となります。
濡れた手で本製品の設置や取り外しを行わないでください
感電する可能性や部品の故障に繋がりますので、絶対にお止めください。
禁止
本製品を取り付けや取り外しを行う前に、
必ず PC の電源プラグをコンセントから外してください
本製品を取り付けや取り外しを行う前に、必ず
電源プラグが接続されたまま取り付けや取り外しを行うと、不意の電源投入などが起き感電や故障の原因になります。
電源プラグを抜く
パソコンの電源を落とした直後は、
内部の部品に触れないでください
パソコンの電源を落とした直後は、内部の部品に触れないでください
パソコン内部の部品は高温になる物が存在し、手を触れたりするとやけどをしたりするものがございます。10 分程度冷
禁止
却後に取り付けや取り外しを行ってください。
グラフィックボードの部品や動作中の FAN には触らないようにしてください
ボード上の部品は精密な部品で構成されていますので直接手で触れないようにお願いいたします。また、ボードが動作
禁止
中に FAN などに手を触れると怪我をする可能性がございますのでお止めください。
グラフィックボードを取り付ける前に体内に蓄積された静電気を身近な金属部品やドアノブ等に逃がして接
続を行ってください
強制
特に冬場など体内に静電気が蓄積されやすいので、作業前に静電気を抜いてから取り付けを行ってください。( 静電防
止手袋など使用するとベストです)
ボードを取り付ける際には、
念のためハードディスク内の必要なデータをバックアップしてください
ボードを取り付ける際には、念のためハードディスク内の必要なデータをバックアップしてください
プログラムの組み合わせにより、Windows が正常に動作しなくなる場合もございますのでバックアップは必ず行って
強制
ください。バックアップの作成を怠った為にデータを消失、破損した場合には弊社ではその責任を負いかねますのであ
らかじめご了承ください
本製品を落としたり強い衝撃を与えないでください
落下などによる部品の破損は修理保証対象外になりますのでご注意ください。
禁止
変な臭い異常音が発生したり、
煙等が出たりした場合、
パソコンの電源を直ぐに切ってください
変な臭い異常音が発生したり、煙等が出たりした場合、
煙等が出たりした場合、パソコンの電源を直ぐに切ってください
そのまま使用すると、ショートして火災を起こしたり、パソコン本体に深刻なダメージを与える可能性がございます。
電源プラグを抜く
本製品を使用する際に、
以下の場所では使用しないでください
本製品を使用する際に、以下の場所では使用しないでください
風呂場や水道の近く、結露しやすい場所、ほこりの多い場所、直射日光が当たる場所、常時振動が発生する場所
禁止
以前に使用していたボードなどを取り外す際には、
パソコン内のホコリも掃除して新しいボードを取り付
け
パソコン内のホコリも掃除して新しいボードを取り付け
ましょう
強制
ホコリなどが内部に付着したまま使用すると故障の原因となります。
定期的に FAN の清掃をおこなってください
FAN が取り付けられている製品は 1 ヶ月に 1 度程度、
度程度、定期的に
FAN にホコリが溜まりますと、FAN の回転数が落ちたり故障したりする原因になります。
強制
ELSA User’s Manual ver7.0
3
はじめに
目次
1 章 Windows Vista での操作方法 ................................................................................................................... P7
1 Windows Vista 基本操作方法 .................................................................................................................... P8
1.1 画面設定の呼び出し方法 ....................................................................................................................... P8
1.2 画面解像度及びその他の設定方法 ............................................................................................................. P9
1.3 デスクトップテーマの変更(Windows Aero の有効 / 無効の切り替え)............................................................ P10
1.4 画面解像度の変更 ............................................................................................................................... P11
1.5 NVIDIA コントロールパネルの呼び出し方(3D の設定及び画面の表示切替)..................................................... P12
1.6 Windows Vista での制限事項 ............................................................................................................... P15
2 章 Windows XP 及び 2000 での操作方法 ........................................................................................................ P17
2.1 基本的な画面の操作について(解像度、色数変更など)................................................................................ P18
2.2 NVIDIA コントロールパネルの呼び出し方法 ............................................................................................. P19
3 章 NVIDIA コントロールパネルの操作方法 ...................................................................................................... P21
3.1 NVIDIA コントロールパネルでの操作方法 ................................................................................................ P22
3.2 3D 設定 .......................................................................................................................................... P23
3.2.1 プレビューによるイメージ設定の調整 ................................................................................................ P23
3.2.2 3D 設定の管理 ............................................................................................................................ P24
3.2.2.1 グローバル設定 ...................................................................................................................... P24
3.2.2.2 グローバル設定(NVIDIA Quadro FX シリーズのみの設定).............................................................. P27
3.2.2.3 プログラム設定 ...................................................................................................................... P28
3.2.3 SLI 校正の設定(SLI システム構成時のみ設定可能).............................................................................. P29
3.3 ビデオと TV 調整設定 ......................................................................................................................... P30
3.3.1 ビデオ カラー設定の調整 .............................................................................................................. P31
3.3.2 フルスクリーンビデオオプションの変更 ............................................................................................. P35
3.3.3 信号または HD フォーマットの変更 .................................................................................................. P36
3.3.4 TV のカラー設定の調整 .................................................................................................................. P38
3.3.5 ビデオと TV 調整設定 .................................................................................................................... P39
3.3.5.1 画面サイズと位置の調整 ........................................................................................................... P39
3.4 表示設定 .......................................................................................................................................... P40
3.4.1 CRT 画面の位置の移動 .................................................................................................................. P41
3.4.2 解像度の変更 ............................................................................................................................... P42
3.4.3 フラットパネルスケーリングの変更設定 ............................................................................................. P43
3.4.4 ディスプレイの回転設定 ................................................................................................................. P44
3.4.5 ディスプレイ設定の変更 ................................................................................................................. P45
3.4.5.1 画面モードの説明 ...................................................................................................................... P46
4
ELSA User’s Manual ver7.0
はじめに
3.5 nView メニューの設定 ...................................................................................................................... P48
3.5.1 nView ディスプレイ設定(デュアルディスプレイの設定方法、 DualView モード用の操作)............................ P48
3.5.2 ディスプレイ設定の変更 ............................................................................................................... P49
3.5.3 カスタムタイミングの管理 ............................................................................................................ P50
4 章 nView デスクトップマネージャーの操作方法 .............................................................................................. P53
4.1 nView メニューの設定 ................................................................................................................... P54
4.1.1 nView デスクトップマネージャーの設定 ....................................................................................... P54
4.1.2 プロフィール .......................................................................................................................... P55
4.1.3 ウィンドウコントロール ............................................................................................................ P56
4.1.4 アプリケーションタブ ............................................................................................................... P57
4.1.5 デスクトップタブ .................................................................................................................... P58
4.1.6 複数デスクトップのグローバルオプション ..................................................................................... P59
4.1.7 ユーザーインターフェース ......................................................................................................... P60
4.1.7.1 Windows システムメニューについて ...................................................................................... P62
4.1.8 効果設定 ............................................................................................................................... P63
4.1.9 拡大縮小設定 .......................................................................................................................... P64
4.2 ホットキー設定 ............................................................................................................................. P65
4.3 マウス設定 .................................................................................................................................. P66
4.4 ツール設定 .................................................................................................................................. P67
4.5 NVKeystone 設定 ......................................................................................................................... P68
5 章 Quadro NVS 専用マルチモニタ設定方法 ................................................................................................... P71
5.1 Multiview モードの設定(NVIDIA Quadro NVS シリーズのみ)................................................................ P72
5.2 NVIDIA Quadro NVS440 シリーズマルチ出力設定 ............................................................................... P73
5.3 Multiview モードの設定(NVIDIA Quadro NVS シリーズ)..................................................................... P74
5.3.1 Multiview モードを無効にする方法 .............................................................................................. P75
6 章 トラブルシューティング ........................................................................................................................ P77
エルザサポートセンターについて ................................................................................................................... P80
ELSA User’s Manual ver7.0
5
はじめに
はじめに
このたびは、ELSA 製品をお買い上げ頂きありがとうございます。
この ELSA グラフィックスボード ユーザーズマニュアルは、ELSA グラフィックスボードを利用するために必要な情報を提供します。
対応製品名
ELSA GLADIAC ( エルザ グラディアック) シリーズ
NVIDIA Quadro FX ( エヌビディア クアドロ エフエックス) シリーズ
NVIDIA Quadro NVS ( エヌビディア クアドロ エヌブイエス) シリーズ
このユーザーズマニュアルは、ユーザーの皆様が ELSA 製品を使用しているときに、可能な限り最高のサポートを提供するために、さ
まざまな部門から集められたスタッフが編集したものです。
詳細情報については、インターネットの www.elsa-jp.co.jp をご覧ください。
ELSA グラフィックスボード ユーザーズマニュアルに関する質問や、テクニカルサポートを依頼したいときは、ELSA オンライン サー
ビス(www.elsa-jp.co.jp) が 24 時間アクセス可能ですのでご利用ください。
このマニュアルの変更
ELSA 製品は、継続的に開発が続けられています。そのため、このマニュアルに記載されている情報は、お客様への予告なしに変更さ
れることがあります。あらかじめご了承ください。
このマニュアルの内容や文章を株式会社エルザ ジャパンに許可なく、無断転載、無断掲載、複製を禁じます。
6
ELSA User’s Manual ver7.0
Windows Vista での操作方法
第一章
Windows Vista での操作方法
ELSA User’s Manual ver7.0
7
Windows Vista での操作方法
Windows Vista 基本操作方法
1. Windows Vista では、従来の Windows 製品と比較して操作方法が大幅に変更されています。
従来グラフィックスボードで独自に行われていた設定内容が Windows に統合され、画面関連の設定が Windows にて設定可能になっ
ています。
ゲーム向けの設定や画面の表示方法の変更などを行うには、別途 NVIDIA コントロールパネルで 3D グラフィックスの描画方式や画
面の描画方法などを変更できます。
こちらでは基本的な操作方法をご紹介します。
1.1 画面設定の呼び出し方法
画面設定の呼び出し方法
デスクトップ上で何もない場所を
右クリックして個人設定(R)を
選択してください。
画面の説明はWindows Vista Ultimate を使用しています。
8
ELSA User’s Manual ver7.0
Windows Vista での操作方法
グラフィックスボードに関連した設定は以下の 2 項目です。その他の設定に関しましては Windows での機能ですので説明を割愛します。
1.2 画面解像度及びその他の設定方法
画面解像度及びその他の設定方法
テーマ(M)
画面に表示されるテーマを変更することが可能です。こちらの設定を変更すること
により、Windows Aero の有効 / 無効を切り替えられます。
画面の設定(Y)
画面の解像度及びリフレッシュレート、画面の表示項目、リフレッシュレートなどの
変更が可能です。こちらの設定を変更することにより、画面の表示方法などを最適な
値に設定することが可能です。
ELSA User’s Manual ver7.0
9
Windows Vista での操作方法
デスクトップテーマの変更
1.3 デスクトップテーマの変更
デスクトップテーマの変更(Windows Aero の有効 / 無効の切り替え
無効の切り替え)
使用するアプリケーションやグラフィックスのパフォーマンスが出ない場合には、Windows Aero を無効にする必要が出てくる場合
がございます。以下に Windows Aero を切り替える方法をご案内します。
Windows Vista
Windows Aero が使用可能な設定です。Aero デスクトップにより、半透明など様々な
新しいユーザーインターフェースが使用可能です。Windows Aero をサポートするグ
ラフィックスボードでは、デフォルトでこの設定が選択されます。
Windows クラシック
Windows Aero を無効にして、表示方法を従来の Windows と同じように表示する方
法です。Aero を使用した際に描画が重い場合、また使用するアプリケーションが Windows Aero に対応していない場合、もしくは Windows Aero を動作させたくない場
合に変更してください。
10
ELSA User’s Manual ver7.0
Windows Vista での操作方法
画面解像度の変更
1.4 画面解像度の変更
画面の解像度や色数を変更する場合には、この画面から設定を行ってください。
モニタの識別(I)
接続されているモニタを番号
で識別します。
設定するディスプレイを選択
できます。
色(C)
色深度を変更します。
通常は 32 ビット(1677 万色)
を選択してください。
詳細設定(V)
画面カラーの表示モードやア
ダプタの詳細などの表示、設
定が可能です。
解像度(R)
お使いのディスプレイに最適な解像度を選択してください。
このモニタをメインにする(T)
こちらにチェックマークを入れると、
そのモニタがメインのモニタとして設定されます。
デュアルディスプレイ環境などで利用されていて、
メインモニタを変更したい場合には、
こちらのチェックマークを変更してください。
デスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする(E)
複数モニタを有効にしたい場合、このチェックマークが付いていないモニタにチェックを
入れるとそのモニタが有効になり、もう一つのデスクトップとして利用可能になります。
設定が完了しましたら、OK もしくは適用(A) を押して設定を保存してください。
ELSA User’s Manual ver7.0
11
Windows Vista での操作方法
NVIDIA コントロールパネルの呼び出し方
1.5 コントロールパネルの呼び出し方(3D の設定及び画面の表示切替
の設定及び画面の表示切替)
3D に関する設定や画面の表示方法、画面出力の変更などを行う際には、NVIDIA コントロールパネルから行う必要があります。
以下の方法にて NVIDIA コントロールパネルを呼び出してください。
1. ウインドウズスタートボタンをクリックします。
2. コントロールパネルをクリックします。 12
ELSA User’s Manual ver7.0
Windows Vista での操作方法
3. その他のオプションを選択します。
4. NVIDIA Control Panel をクリックします。
デスクトップの何もない場所で右クリックして、メニューからNVIDIA Control
Panel を呼び出す事も可能です。
ELSA User’s Manual ver7.0
13
Windows Vista での操作方法
NVIDIA コントロールパネルが表示されます。
NVIDIA コントロールパネルの詳しい操作方法に関しましては、後述の NVIDIA コントロールパネル操作マニュアルをご覧下さい。
なお、Windows Vista では NVIDIA コントロールパネルの一部機能が利用出来ません。
14
ELSA User’s Manual ver7.0
Windows Vista での操作方法
Windows Vista での制限事項
1.6 以下の機能は、Windows XP では利用可能ですが、Windows Vista ではシステム側の制限により使用する事ができません。
ただし、今後の Windows のバージョンアップ及びドライバのバージョンアップにより改善される可能性もあります。
・NVIDIA ディスプレイ接続ウィザード
NVIDIA のディスプレイ接続方法を選択する際に案内を行う設定ウィザードです。 NVIDIA コントロールパネルでの手動による設定
となります。
・NVKeystone
プロジェクタ等の画面歪み調整ツールです。
・ ビデオオーバーレイ
Windows Vista では動画再生にオーバーレイが使用されないため、オーバーレイ機能を利用できません。
但し、アプリケーションとの互換製を保つ為、Windows Aero を無効にした状態で利用した場合のみ、ビデオオーバレイが利用可能
になります。
・ フルスクリーン ビデオミラー機能
動画をセカンダリ画面にフルスクリーンにて表示する機能です。
・Video ズーム機能
動画再生の一部分をズームして表示する機能です。
・GPU 温度モニター機能
グラフィックスボードの GPU 温度を表示する機能です。今後別のユーティリティにてサポート予定です。
・AGP 調整
AGP バスの調整を行うツールです。
・nView 水平スパン、
垂直スパンモード
水平スパン、垂直スパンモード
2 画面を水平もしくは垂直に接続して、仮想的に一画面として使用する機能です。
・ ユニファイドバックバッファーコントロール (UBB)
・エッジブレンディング
エッジブレンディング(Quadro FX シリーズのみ
シリーズのみ)
パワーウォールにて境界線を目立たなくする機能です。
・ハイレゾリューションスケーリングデスクトップ (HRSD Quadro FX のみ
のみ)
高解像度において、アイコン等を見やすくする機能です。
・ クワッドバッファーステレオ
クワッドバッファーステレオ(3D ステレオ機能
ステレオ機能)
3D ステレオ表示により立体視を行う機能です。
・MultiView ディスプレイモード (NVIDIA Quadro NVS シリーズのみ
シリーズのみ)
複数の画面を仮想の一画面として利用可能な機能です。
ELSA User’s Manual ver7.0
15
第二章
Windows XP 及び 2000 での
操作方法
Windows XP と 2000 での操作方法
基本的な画面の操作について
色数変更など
2.1 基本的な画面の操作について
基本的な画面の操作について( 解像度、
解像度、色数変更など
色数変更など)
デスクトップの何も無い場所で右クリッ
クしてプロパティを選択してください。
[ スタート] ⇒ [ 設定] ⇒ [ コントロールパネ
ル]⇒[ デスクトップの表示とテーマ] ⇒[ 画
面解像度を変更する] からも呼び出せます。
設定タブをクリックします。
ディスプレイ
使用してるグラフィックスボード名が表
示されます。
画面の色
画面で表示できる色数を設定可能です。
中(16 ビット): 65536 色で表示可能です。
最高(32 ビット) :1677 万色で表示可
能です。
詳細設定
Windows の表示方法などを細かく設定可
能です。詳しくはWindows のヘルプをご
覧下さい。
識別
現在の画面が、1 番及び 2 番のどちらを
使用しているか表示します。
2 画面接続時
に利用可能です。
画面解像度
画面が表示される領域の選択が可能です。
モニタに最適な解像度を設定してください。
18
ELSA User’s Manual ver7.0
Windows XP と 2000 での操作方法
NVIDIA コントロールパネルの呼び出し方法
2.2 NVIDIA コントロールパネルとは、通常の画面設定以外にマルチスクリーンの表示方法の変更や、3D 関連の詳細な設定、カラー調整
などを調整することが可能です。
細かい調整が必要な場合には、以下の方法にて呼び出してください。
デスクトップ上で右クリックしてNVIDIA
コントロールパネルを選択してください。
画面右下タスクバー内のNVIDIA アイコ
ンをクリックして表示される設定ウイン
ドウからも呼び出せます。
NVIDIA コントロールパネルを選択します。
ELSA User’s Manual ver7.0
19
第三章
NVIDIA コントロールパネルの
操作方法
Windows Vista では一部機能が制限されます。
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
NVIDIA コントロールパネルでの操作方法
3.1 戻る、進むボタン
詳細設定 / 標準設定切替ボタン
ブラウザと同様な方法で一つ前の階層に
表示する設定項目を切替るボタンです。
戻ることが可能です。
3D 設定
3D のゲームやアプリケーションを使用し
た際のパフォーマンスや動作の設定が可
能です。
ビデオと TV
ビデオ出力のカラー調整や HDTV 出力の
設定が可能です。
表示
ディスプレイの解像度、複数のディスプ
レイ設定、カラー設定やディスプレイの
回転設定が可能です。
22
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3D 設定
3.2 3D を使用するアプリケーションに関する設定を行う事が出来ます。
3.2.1 プレビューによるイメージ設定の調整
プレビューによるイメージ設定の調整
3D の画像を確認しながら 3D 画質の設定を行う事ができます。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
3D 画質の状態を確認しながら設定する事
が可能です。
3D アプリケーションに決定させる(L)
3D のゲームやソフトウェアにより自動的に最適な設定に調整します。
詳細 3D イメージ設定を使用する(U)
手動による詳細な 3D 設定が可能です。上級者向けの設定です。設定を行うには“そこにいく” ボタンを押してください。詳しくは
この後の「3D 設定の管理」にて説明します。
マイ プレファレンスの使用(M)
パフォーマンスと品質の設定を、手動にて設定可能です。
パフォーマンス側にスライドバーを移動すると、3D の処理速度が早くなりますが画質が低下します。
クオリティ側にスライドバーを移動すると、3D の処理速度が遅くなりますが画質が向上します。
ELSA User’s Manual ver7.0
23
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3D 設定の管理
3.2.2 3D に関する詳細設定を行う事ができます
3.2.2.1 グローバル設定
グローバル設定
グローバル設定は全ての 3D アプリケーションに対して適用されます。
● OpenGL のスレッド
OpenGL スレッドを自動設定、有効、無効に設定します。
● OpenGL エラー報告
OpenGL のエラー報告を無視するかどうか設定します。
● Mipmap を強制する
Mipmap とは、同一のオブジェクトでも近い場合は高解像度のテクスチャ、遠い場合は低解像度のテクスチャと使い分けることをい
います。その Mipmap( テクスチャ) の品質を変更することができます。
「なし」「2 線形」「3 線形」から選ぶことができます。
● SLI パフォーマンスモード
パフォーマンスモード(Quad-SLI / SLI が有効な場合のみ表示されます
が有効な場合のみ表示されます)
SLI テクノロジを使用した際に、SLI モードをどのように動作させるか設定が可能です。
「NVIDIA 推奨」 ( デフォルト値) : 自動的に SLI の使用方法を設定します。
「分割フレームのレンダリングを強制的に実行」 二つのグラフィックスボード間で強制的にフレームを分割処理します。
「フレームのレンダリングを強制的に交互にする」 4 つの GPU にて強制的にフレームを分割処理します(Quad-SLI のみ)。
「シングル GPU」 2 つのグラフィックスボードを SLI シングル GPU として動作させます。
24
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
● アンチエイリアシング設定
3D 画像のジャギー( ギザギザ) を低減します。通常はソフトウェアによる制御になっており特に変更する必要はありません。画質を
向上させたい場合には、数値を大きく設定する事により画質は向上しますが、3D のパフォーマンスが低下します。
また、アプリケーションによっては全く効果が現れない場合もあります。
●イメージの設定
3D のパフォーマンスと画質を直接設定できます。
「最高のクォリティ」 3D の画質が最高の状態になります。但しパフォーマンスは低下します。
「クオリティ」 3D の画質を高画質に設定し、パフォーマンスの低下を防ぎます。
「パフォーマンス」 3D の画質は低下しますが、3D の処理性能は向上します。
「最高のパフォーマンス」 3D の画質は最低限にして、3D の処理性能は最高まで向上させます。
● ガンマ修正アンチエリアシング
ガンマ修正アンチアエリアシングを有効にします。
「オン」にすると光源処理のアンチエリアシングが向上し、ジャギー( ギザギザ) が減り、3D の画質を向上させます。
「オフ」にするとガンマ修正アンチアエリアシングを無効にします。
● トランスペアレンシーアンチエリアシング
トランスペアレントテクスチャのアンチエリアシングを低減する場合に使用します。
「オフ」に設定した場合には、トランスペアレンシーアンチエリアシングを無効にします。
「マルチサンプリング」の場合には、パフォーマンスを優先します。
「スーパーサンプリング」の場合には画質を優先します。
● トリプルバッファリング
トリプルバッファリングを有効にします。
「オン」に設定した場合、フレームレートが垂直同期よりも小さい場合、高フレームレートを維持します。
「オフ」に設定した場合、トリプルバッファリングを無効にします。
● トリリニア最適化
トリリニア最適化を「オン」にすることで、より良いテクスチュアフィルタリングパフォーマンスを提供します。
「オフ」に設定すると最高の画質が得られますが、パフォーマンスは低下します。
● ネガティブ LOD バイアス
アプリケーションによりネガティブ LOD バイアスを 使用して、テクスチャ フィルタリングを鮮鋭化します。
「オン」により画質が向上します。
「オフ」にすると無効になります。
ELSA User’s Manual ver7.0
25
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
● ハードウェアアクセラレーション
グラフィックスボードの OpenGL マルチディスプレイアクセラレーション機能を設定します。
「 シ ン グ ル デ ィ ス プ レ イ パ フ ォ ー マ ン ス モ ー ド 」
OpenGL アクセラレーションがプライマリのモニタ 1 台にのみ適用されます。
「 マ ル チ デ ィ ス プ レ イ パフォーマンスモード」
OpenGL アクセラレーションが、Dualview モードで使用しているモニタ 2 台に対して適用されます。
「 互 換 性 パ フ ォ ー マ ン ス モ ー ド 」
複数枚の GPU を使用した場合に、全体で一番低い値で互換性をもたせ、面全体に対してアクセラレーションが有効になります。
● 垂直同期
DirectX 及び OpenGL の垂直同期処理方法を指定します。
「3D アプリケーション設定を使用します」に設定するとソフトウェア側の制御にて自動的に使用します。
「強制オフ」は、垂直同期を無効にします。
「強制オン」は垂直同期を強制的に動作させます。
● 対応テクスチャクランプ
テクスチャクランプは、テクスチャのボディ外になった場合に、テクスチャ座標の処理方法を指定します。
エッジにクランプするかイメージにクランプするか設定することができます。
● 拡張制限
アプリケーションとの互換性のため、OpenGL の拡張制限を切り替えます。オン・オフで切り替えが可能です。
● 異方性サンプル最適化
異方性サンプル最適化は、プライマリ テクスチャ以外のすべてのステージにおいて、各種サンプルの最適化を有効にします。これに
よりパフォーマンスは向上しますが、画質が多少損なわれることがあります。
「オン」の場合、より良いパフォーマンスを得るために、異方性サンプル最適化を有効にします。
「オフ」の場合、最高の画質を得るために、異方性サンプル最適化を無効にします。
● 異方性フィルタリング
Mipmap フィルタリングのモードの 1 つで、表面がスクリーン平面に対して、角度を持って位置する 3D オブジェクトのテクセルに
発生する歪みを、補正する機能です。
● 異方性最適化
異方性最適化を使用すると、Direct3D アプリケーションで異方性最適化を、完全にコントロールできます。
「必ず詳細設定を表示する」のチェックボックスを選択します。
ドライバのグローバル設定リストから異方性最適化を選択します。
「オン」にした場合 NVIDIA ディスプレイ ドライバは、トリリニアフィルタリングの代用としてバイリニアフィルタリングを使用し
て、そのプログラムを最適化します。イメージ設定で指定するオプションが、影響されるテクスチャの状態を決定します。
「オフ」にした場合、異方性最適化を無効にすることで、理論上で最高の画質が得られます。
OpenGL アプリケーションでは、異方性最適化は実装されていません。
26
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3.2.2.2 グローバル設定
グローバル設定(NVIDIA Quadro FX シリーズのみの設定
シリーズのみの設定)
グローバル設定
● オーバーレイを有効にします。
オーバーレイ機能を有効 / 無効に設定が可能です。
● ステレオ シャタリングを強行します。
ステレオシャッター機能を強制的に使用します。オン・オフにて切り替えが可能です。
● ステレオのディスプレイモード
ステレオで使用するモードを以下の方法から選択できます。
「シャッターグラスを使用します。
」
「垂直インターレスモニタを使用します。
」
「nView クローンモードを使用します。
」
「オンボード DIN コネクタを使用します。
」
「DAC1 のオンボード DIN コネクタを使用します。
」
「StereoGraphics 製品にはブルーのラインコードを使用して接続します。
」
「カラーインターリブモニタを使用します。
」
● ステレオを有効にします。
OpenGL アプリケーションによるステレオ表示機能を使用する場合にはこちらの機能をオンに設定します。
3D ステレオ表示はアプリケーションによる制御が必要です。
● 一体化バック / 深層バッファ
OpenGL ドライバによって 、1 つのバックバッファと 1 つの深層バッファが、ディスプレイと同じ解像度に当てられます。 その結
果、複数のウィンドウを作成する OpenGL アプリケーションが、ビデオ メモリをより効率的に使用し、パフォーマンスが改善され
ます。
このオプションを無効にすると、OpenGL ドライバにより、OpenGL アプリケーションに作成された各ウィンドウごとにバック バッ
ファと深層バッファが割り当てられます。
ELSA User’s Manual ver7.0
27
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3.2.2.3 プログラム設定
プログラム設定
初期に登録されているアプリケーション毎に最適な設定が保存されています。個別のアプリケーション毎に設定を保存する事が可能で
す。ユーザー自身でアプリケーションを追加する事も可能です。
各アプリケーション(ベンチマークやゲームソフト)に対して個別の設定を行う場合に
は、使用するアプリケーションを選択して「設定を特定する」の項目にて設定してくだ
さい。
ソフトウェアごとに個別の 3D 設定を使用する事が可能です。
NVIDIA Quadro シリーズに関しては、選択した OpenGL アプリケーションの設定が、ドライバに対して反映されます。使
用する OpenGL アプリケーションを選択する事により、そのアプリケーションに対して最適な動作を行う事が可能です。
28
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
SLI 構成の設定 (SLI システム構成時のみ設定可能
3.2.3 システム構成時のみ設定可能)
SLI 対応マザーボードに SLI に対応したグラフィックスボードを 2 枚接続した場合、SLI 構成の設定メニューが表示されます。
SLI 技術を使用するに選択すると、2 枚のボードが一枚として動作する SLI モードで動作します。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
SLI 技術を使用する
SLI 技術により 3D のパフォーマンスを向上させます。但し使用する 3D ソフトウェアが SLI に対応している必要があります。
SLI 技術を使用しない
2 枚のグラフィックスボードを単独の状態で使用します。3D のパフォーマンスは低下する場合があります。
Quad SLI 技術を使用する
Quad-SLI 対応グラフィックスボードを 2 枚使用することにより、最高 x32 のアンチエイリアスを使用した最高品質の 3D の表示が
可能になります。但し使用する 3D ソフトウェアが Quad-SLI に対応している必要があります。
Quad-SLI 対応グラフィックスボードのみこのメニューは表示されます。
SLI マルチビューを使用する
SLI 対応マザーボードにて 2 枚の Quadro FX シリーズ( 同一モデル) を組み合わせることで、最大 4 画面の出力が可能になります。
この設定はドライバのバージョンによっては「SLI 技術を使用しない」に設定する場合もあります。
SLI モード及び Quad-SLI では画面出力は 1 画面のみとなります。マルチモニタの出力は出来ません。
SLI 技術及び Quad-SLI を使用するには、SLI をサポートする 3D アプリケーションが必要になります。
SLI をサポートしていない 3D アプリケーションはシングルモードで動作します。
ELSA User’s Manual ver7.0
29
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
ビデオと TV 調整設定
3.3 ビデオと
ディスプレイモニタの動画再生や、ビデオ出力を行った際のカラーの調整、及び HDTV 出力の設定が可能です。
ビデオカラーの調整の設定
動画再生アプリケーションなどで表示される動画の明るさやコントラスト、カラーバラ
ンス等が調整可能です。
フルスクリーンビデオオプションの変更
通常、動画再生を行う場合、1 画面のみにしか表示されませんが、フルスクリーンビデ
オの変更を有効にする事により、もう一つの画面に動画をフルスクリーンで表示する事
が可能です。
TV セットアップウィザードの実行
テレビの表示される端子( コンポジット /S 端子 /D 端子) と画面調整をウィザード形
式にて行います。
動画の種類やアプリケーション、オーバーレイ機能を使用しない場合は、フルスクリーンオプションを有効にしても表示され
ない場合があります。
30
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
ビデオ カラー設定の調整
3.3.1 ビデオ
動画再生で表示される画像の調整を行う事が可能です。
3.3.1.1 スタンダード
スタンダード
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
実際の動画がどのように表示されるかが、プレビューにて確認できます。
明るさ
モニタの明るさ( 輝度) を調整します。
コントラスト
画面のコントラストを調整します。
色相
色の度合を調整します。
彩度
色の濃さを調整します。
ガンマ
画面のガンマ補正を行います。
ELSA User’s Manual ver7.0
31
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3.3.1.2 RGB ガンマタブ
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
実際の動画がどのように表示されるかが、プレビューにて確認できます。
RGB ガンマの使用
こちらのチェックボックスを有効にすると RGB の各色でガンマが調整できます。
赤
赤色のガンマを調整します。
緑
緑色のガンマを調整します。
青
青色のガンマを調整します。
RGB スライダーコントロールを一緒に移動する
RGB(赤青緑)の画面のガンマを同時に調整が可能です。
32
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3.3.1.3 補正タブ
補正タブ
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
実際の動画がどのように表示されるかが、プレビューにて確認できます。
カラー温度補正を使用しない
こちらを選択すると、ディスプレイで調整されたデフォルトのカラー温度にて表示され
ます。
5000K
色温度を 5000K に調整します。
7300K
色温度を 7300K に調整します。
9500K
色温度を 9300K に調整します。
カスタム温度設定
スライダーバーにて自由に色温度設定を調整できます。
ELSA User’s Manual ver7.0
33
コントロールパネルでの操作方法
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
3.3.1.4 強調タブ
強調タブ
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
実際の動画がどのように表示されるかが、プレビューにて確認できます。
エッジ強調
動画のエッジを強調し、輪郭をはっきりさせます
(動画によっては効果が見られない場合があります)。
ノイズ低減
動画に出ているジャギー(ブロックノイズ)等を低減します
(動画によっては効果が見られない場合があります)。
34
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
フルスクリーン ビデオ オプションの変更
3.3.2 フルスクリーン
マルチモニタ表示を行った際に、通常は 1 画面しか動画再生を行う事が出来ません。
こちらのオプションを選択する事により、もう一つの画面に対してフルスクリーンにて動画を再生する事が可能です。
自分の表示アプリケーションのみ表示する
メインモニタの動画再生アプリケーション側のみ動画が再生されます。
以下のアプリケーションでもフルスクリーンで表示する
メインモニタ以外のもう一つの画面にフルスクリーンにて動画を再生できます。
使用するアプリケーションや動画の種類によっては、こちらの機能をご利用頂いてもフルスクリーンで表示できない場合があ
ります。
GeForce8 シリーズではこの機能は利用できません。
ELSA User’s Manual ver7.0
35
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
信号または HD フォーマットの変更
3.3.3 信号または
テレビに出力する際の出力信号を選択する事が可能です。
お使いのテレビの出力方式を選択します。
コンポジット
コンポジット( ビデオ出力
ビデオ出力)
一般的なコンポジット方式によるビデオ出力形式です。
S ビデオ (S ビデオ出力
ビデオ出力)
S 端子によるビデオ出力です
コンポーネント
コンポーネント(HDTV)
コンポーネント及び D 端子での出力です。詳しくは次項をご覧ください
自動検出
出力されるビデオ信号を自動的に検出します。
自動検出にて正常に信号が出力されない場合には、
手動にて変更してください。
36
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
テレビに出力する際の出力信号を選択する事が可能です。
HDTV を選択すると表示する画面解像度を選択できます。
D1 480i
720x480 ( インターレス表示)
D2 480p 720x480 ( プログレッシブ表示)
D3 1080i 1920x1080 ( インターレス表示)
D4 720p 1280x720 ( プログレシッブ表示)
576p/576i は通常では使用しません。
表示できる解像度は、お使いのテレビのマニュアルをご覧ください。
必ずお使いのテレビの解像度に合わせてください。
異なる解像度に設定した場合、テレビの表示がおかしくなったりテレビに障害を与える場合があります。
画面の表示の一部分が隠れてしまう場合には、HDTV デスクトップサイズの変更メニューをご覧ください。
ELSA User’s Manual ver7.0
37
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
TV のカラー設定の調整
3.3.4 テレビ出力した画面の明るさやコントラストが調整可能です。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
明るさ
画面の明るさを調整いたします。
コントラスト
画面のコントラストを調整します。
彩度
TV イメージのカラーレベルを調整します。
フリッカ
TV に適用するフリッカフィルタの量を調整します。
38
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
ビデオと TV 調整設定
3.3.5 ビデオと
3.3.5.1 画面サイズと位置の調整
画面サイズと位置の調整
コンポーネント接続にてテレビ表示(HDTV)表示した際に、画面が切れてしまう場合にこちらの設定にて自動調整可能です。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
サイズ
サイズ(S)
+ に入れる事により画面サイズを拡大出来ます。
- に入れると画面を縮小する事が可能です。
位置
位置(O)
デスクトップの画面位置を←↑↓→ボタンで移動する事が可能です。テレビに表示され
ている画面の位置がずれている場合に使用してください。
ELSA User’s Manual ver7.0
39
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
表示設定
3.4 表示設定
ディスプレイモニタの解像度や色設定、画面の回転やディスプレイスケーリングの設定が可能です。
また、ウィザード形式によるマルチモニタの設定や画面の調整が可能です。
CRT 画面の位置の移動
アナログ VGA で接続したモニタの画面位置を、上下左右自由に移動する事が可能です。
解像度の変更
画面の解像度、色数、リフレッシュレートを調整可能です。
フラットパネルスケーリングの変更
液晶モニタに表示する画面が自動的に調整されるスケーリング機能を調整できます。
デスクトップカラー設定の調整
デスクトップカラーの色合や明るさなど調整可能です。
ディスプレイの回転
ディスプレイの画面を回転させて、縦表示などの設定を行う事が可能です。
カスタムタイミングの管理
カスタムタイミングの管理( 詳細ビュー時のみ表示可能
詳細ビュー時のみ表示可能)
ディスプレイ解像度を任意に追加する事が可能です。
複数のディスプレイウィザードの実行
画面の調整を行う際に、画面表示のテストパターンやカラーパターンを表示して、お使
いのモニタ表示の調整機能を使用し、最適な状態に調整をするウィザードです。
複数の
ディスプレイの設定
複数のディスプレイの設定
マルチモニタ環境で使用する際に、どのように画面を表示するかの設定が可能です。
40
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
CRT 画面の位置の移動
3.4.1 アナログディスプレイモニタの表示位置を調整可能です。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
矢印ボタンをクリックして画面の位置を調整します。
上下左右の矢印ボタンを押して、アナログモニタの表示位置を調整します。
ELSA User’s Manual ver7.0
41
コントロールパネルでの操作方法
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
解像度の変更
3.4.2 解像度の変更
ディスプレイモニタの解像度とカラークオリティ、リフレッシュレートの設定が可能です。
リフレッシュレート
モニタで表示する画面の 1 秒間における描画回数です。
リフレッシュレートが高いほど画面のちらつきが少なくなり画面が見やすくなります。
但し、モニタでサポートしていないリフレッシュレートは選択できません。
カラークォリティ
画面で表示できる色数です。
256 色(8bit カラー)
65536 色(16bit ハイカラー)、
1677 万色(24bit/32bit フルカラー)
が選択可能です。
画面解像度
グラフィックスボードで表示できる解像度です。
モニタで表示できる最大の解像度まで調整可能です。
42
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
フラットパネルスケーリングの変更設定
3.4.3 フラットパネルスケーリングの変更設定
画面の解像度が実際のモニタの解像度より低い解像度に設定された場合に、表示領域を自動的に調整するスケーリング機能を選択でき
ます。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
NVIDIA スケーリングの使用
NVIDIA ドライバによるスケーリング機能を利用する事が可能です。
固定された縦横比の NVIDIA スケーリングを使用する
固定された縦横比率でのスケーリング機能を使用します。縦横比がワイド画面などの場
合で、縦横比を 4:3 で利用する場合に強制的に変更する事が可能です。
ディスプレイに内蔵されているスケーリングを使用する
液晶ディスプレイに内蔵されているスケーリング機能を利用します。
液晶モニタの機能を利用して、
画面の表示サイズを自動調整により表示を最適化します。
スケールしない
実際の画面のサイズに自動調整せずに、そのままの解像度で画面を表示します。実際の
画面に黒縁によるスペースが表示されます。
ELSA User’s Manual ver7.0
43
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
ディスプレイの回転設定
3.4.4 ディスプレイの回転設定
ディスプレイモニタを縦表示にしたり、回転したりする事が可能です。
左右回転ボタンを押して好きな方向に回転できます。
回転しない
回転しない( 横 )
通常の画面です。
左方向に 9 0 ( 縦 )
モニタを左側に 90 度回転します、縦置きに切り替えできるモニタで利用する際に便利
です。
右方向に 9 0 ( 反転して縦
反転して縦)
モニタを右側に 90 度回転します、縦置きに切り替えできるモニタで利用する際に便利
です。
。
180 回転 ( 反転して横
反転して横)
画面を 180 度反転して表示します。
ディスプレイの回転設定を有効にした場合、水平スパン、垂直スパンの機能はご利用頂けません。
使用するアプリケーションによっては回転した画面を認識できない場合があります。
44
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3.4.5 ディスプレイ設定の変更
ディスプレイ設定の変更
複数のモニタを使用した際の、表示方法を設定します。
初期設定に戻す
設定内容を初期状態に戻す事が可能です。
1 台のモニタを使用する
台のモニタを使用する( シングル
シングル)
通常の画面です。
両方のディスプレイで同じ
両方のディスプレイで同じ( クローン
クローン)
両方のモニタで同じ画面を表示します。
1 つの大きな横型ディスプレイ
つの大きな横型ディスプレイ( 水平スパン
水平スパン)
2 台のモニタを左右に接続して、1 台の大型水平モニタとして使用します。
1 つの大きな縦型ディスプレイ
つの大きな縦型ディスプレイ( 垂直スパン
垂直スパン)
2 台のモニタを上下に接続して、1 台の大型垂直モニタとして使用します。
互いに独立して設定
互いに独立して設定(DualView)
画面が 1 画面ずつ独立して各々の画面にてアプリケーションを使用できます。
クローンモード、水平スパン、垂直スパンのモードを使用した場合、Windows Media Player 等使用した動画再生に関して
は、1 画面のみにしか表示が出来きません。2 画面の中間にて動画を再生する事も出来ません。
DirectX 対応のゲームは 1 画面のみ使用可能です。
ELSA User’s Manual ver7.0
45
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
3.4.5.1 画面モードの説明
画面モードの説明
Dualview モード
各画面が独立した状態で表示するモードです。タスクバーなどは隣の画面に表示されません。
画面の右側で隣の画面に接続されています。
クローンモード
同じ画面を 2 画面に表示するモードです。
Windows Media Player などの動画再生ソフトを二つの画面の中間にウインドウを置いて動画を再生する事は出来ません。
どちらかの画面に移動した状態で再生してください。
DirectX のフルスクリーンを使用したアプリケーションを利用した場合、セカンダリ側の画面表示が正常に表示されないこと
があります。
クローンモードでは、セカンダリ側に動画を表示する事が出来ません。表示したい場合にはビデオと TV 設定のフルスクリー
ンオプションにて、フルスクリーンのみ表示する事が可能です。また、ソフトウェアによっては、2 画面モードでご利用でき
ない場合がございますので詳しくは各ソフトウェアメーカーにご確認ください
46
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
水平スパンモード
画面が横に接続された状態です。タスクバーも隣の画面に表示されウインドウを最大化した場合、両方の画面を使用してフルに表示さ
れます。
垂直スパンモード
画面が縦に接続された状態です。ウインドウを最大化した場合、両方の画面を使用してフルに表示されます。
Windows Media Player などの動画再生ソフトを二つの
画面の中間にウインドウを置いて動画を生する事は出来
ません。どちらかの画面に移動した状態で再生してくだ
さい。
DirectX のフルスクリーンを使用したアプリケーション
は利用できません。ソフトウェアを動作させた場合にシ
ステムが停止する恐れがあります。
また、ソフトウェアによっては、2 画面モードでご利用
できない場合がございますので詳しくは各ソフトウェア
メーカーにご確認ください。
Windows Vista ではこの機能は利用できません。
ELSA User’s Manual ver7.0
47
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
nView メニューの設定
3.5 ディスプレイ設定(( デュアルディスプレイの設定方法、
デュアルディスプレイの設定方法、DualView モード用の操作
モード用の操作)
3.5.1 nView ディスプレイ設定
画面の配置場所を変更する
画面のプロパティを表示して以下のような操作を行います。
動かす画面をドラッグして後ろに移動させます
画面の配置が逆になります
画面の左側で隣の画面に
接続されます。
画面 2
48
画面 1
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
ディスプレイ設定の変更
3.5.2 ディスプレイ設定の変更
検出したい場合には、正確なディスプレイ検出をクリックしてください。
ディスプレイがリストに含まれていないを選択した場合、モニタの検出を行います。
TV 強制検出
TVが検出できない場合に、こちらのチェックボックスを有効にすると強制的にテレビ出
力を行います。
但し、こちらの機能を利用するとシステムの起動に時間が掛かります。
また、テレビ以外のモニタとの 2 画面出力が行えません。
ELSA User’s Manual ver7.0
49
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
カスタムタイミングの管理
3.5.3 カスタムタイミングの管理
ディスプレイモニタで表示されない特殊な解像度を追加する事が可能です。
作成
カスタムタイミングを作成する際にこちらのボタンを押して作成します。
編集
作成されたタイミングの編集を行いたい場合には、
項目を選択して編集ボタンを押します。
削除
追加されたカスタムタイミングを削除します。
HDTV として扱う
として扱う(HDTV や HDMI にて接続時
にて接続時)
モニタを HDTV として扱います。
ディスプレイに表示されないモードの許可
解像度の変更メニューにて、ディスプレイモニタから取得できない解像度を使用できる
ようになりますが、設定によっては画面が映らなくなる可能性もあります。
こちらの機能はアナログ VGA モニタのみ利用可能です。デジタルモニタではこちらの機能は利用できません。
カスタムタイミングの管理はユーザー様の自己責任にて行って頂きます。
エルザ ジャパンではこちらの機能や操作方法に関しましては、サポートは致しません。
設定を間違えて行ってしまった場合、最悪の場合ディスプレイモニタが故障したり、システム起動時に画面が表示できなくなる可能性
もございます。表示できない場合はドライバを一旦削除して、再度ドライバのインストールを行ってください。
50
ELSA User’s Manual ver7.0
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
ディスプレイモニタで表示されない解像度を追加する事が可能です。
カスタム ディスプレイ モードの値
水平デスクトップ ピクセル
1 本の水平ラインにある可視画素の数を示します。数値は 8 で割り切れる数字である必要があります。
垂直デスクトップ ライン
1 本の垂直ラインにある可視画素の数を入力します。
ピクセル当たりのビット数
1 画素あたりのビット数を入力します。
GDI リフレッシュ レート
全画面をリフレッシュする頻度を指します。特に、リフレッシュ レートは、CRT(アナログディスプレイ)の受像管で、1 秒間に何回
電子ビームが上から下に移動するかを表示します。
インターレース
インターレース スキャンを指します。これはフレームの第 1 フィールドで偶数のスキャンラインを描き、フレームの第 2 フィールド
で奇数のスキャンラインを描いてディスプレイにイメージを送る方法です。インターレーススキャンは、フレームごとに全スキャンラ
インを更新するプログレッシブスキャンとは異なり、高フレームレートとなりますが、画面がちらつきます。
バックエンドパラメータ
タイミングのスタンダード
手動にてタイミングを管理する場合には、スタンダードリストをクリックして [ カスタム] を選択します。
希望するリフレッシュ レート
リフレッシュレートを手動で指定できます。
ELSA User’s Manual ver7.0
51
NVIDIAコントロールパネルでの操作方法
コントロールパネルでの操作方法
実際のリフレッシュ レート
モニタが持っている現在のリフレッシュレートが表示されます。
水平フロント ポーチ
同期パルスの終了と、次のアクティブ周期の間に起きるブランキング周期を指定します。
垂直フロント ポーチ
アクティブ周期の終了と、同期パルスの開始の間に起きる水平ブランキング周期を指定します。
アクティブ水平ピクセル
可視水平画素と同じ値を入力します。
アクティブ垂直ピクセル
可視垂直画素と同じ値を入力します。
水平同期幅
同期パルスが水平再スキャンを始動する間の、水平ブランキング周期の幅を指定します。
垂直同期幅
同期パルスが垂直再スキャンを始動する間の、水平ブランキング周期の幅を指定します。
水平同期極性
水平同期パルス時に、信号の振幅におけるベースラインからの急激な一時的変化の方向を指定します。水平同期両極性が陽極(+)の場
合、水平同期パルス値はベースライン値より大となります。水平同期両極性が陰極(-)の場合、水平同期パルス値はベースライン値よ
り小となります。
垂直同期極性
垂直同期パルス時に、信号の振幅におけるベースラインからの急激な一時的変化の方向を指定します。垂直同期両極性が陽極(+)の場
合、垂直同期パルス値はベースライン値より大となります。垂直同期両極性が陰極(-)の場合、垂直同期パルス値はベースライン値よ
り小となります。
水平同期両極性は、垂直同期両極性とは別に選択でき、その逆も可能です。
フロントエンド タイミング パラメータ
スケーリングのタイプ
スケーリングをどのような形で行うか設定します。
「ディスプレイアダプタ」
、
「スケーリング無し( 中央)」
「固定された縦横比のスケー
リング」を設定します。
アクティブ 水平ピクセル
可視水平画素と同じ値を入力します。
アクティブ垂直 ピクセル
可視垂直画素と同じ値を入力します。
52
ELSA User’s Manual ver7.0
この機能は Windows Vista ではご利用いただけません
ELSA User’s Manual ver7.0
53
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
nView メニューの設定
4.1 4.1.1 nView デスクトップマネージャーの設定
ユーザーは、デスクトップを視覚的に見やすく整理することはできますが、同時に複数のウィンドウを開くと作業スペースが乱雑にな
ることがあります。このような問題を解決してくれるのが nView Desktop Manager です。
nView Desktop Manager
nView Desktop Manager を有効にするとデスクトップのウインドウ表示など様々な
機能が利用可能です。
各項目の説明は次項をご覧ください。
nView Desktop Manager ウィザード
nView Desktop Manager ウィザードを実行すると、ウィザード形式でのデスクトッ
プ機能設定が行えます。
54
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
4.1.2 プロフィール
プロフィール
nView のデスクトップ設定を保存して、再利用したりすることができます。
プロフィールの作成、保存、または削除ができるのは管理者のみです。
「新規プロフィールを読み込む前に、変更を保存するか尋ねる」オプションを有効にすると、
「プロフィールの読み込みによって設定が
失われる場合がある」と、警告が表示されます。
プロフィールをクリックします。
プロフィールの読み込み、保存、新規作成、削除ができます。
新規(N):プロフィールを新規に作成します。
読み込み(L):保存されているプロフィールを読み込みます。
保存(S):現在の状態をプロフィールとして保存します。
削除(D):プロフィールにある項目を削除します。
インポートする(I):他の機種で作成したプロフィールをインポート( 取り込み) します。
エクスポート(E):他の機種で使えるようにプロフィールをエクスポートします。
このプロフィールを保存しておくと、グラフィックスボードを変更した際にも同様な設
定が利用可能です。
ELSA User’s Manual ver7.0
55
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
ウインドウコントロール
4.1.3 ウインドウコントロール
ウインドウの表示方式や画面領域外でウインドウを開く事を禁止したり、複数画面でのウインドウ表示、ウインドウを開く場所などを
設定可能です。
ウィンドウをクリックします。
ウインドウがオフスクリーンで開かないようにする
ウインドウを開いた際に、
画面の表示領域以外でウインドウが開かないようになります。
例えば、ウインドウを画面の別の場所に動かしたり、解像度が変更されて画面外にウイ
ンドウが消えてしまった場合などに便利です。
複数ディスプレイにわたる子ウィンドウの表示を有効にする
アプリケーション内の子ウィンドウが複数モニタにまたがって表示するのを許可します。
ダイアログ ボックス の配置変更
ダイアログボックスの表示がどちらの画面で表示されるかを設定します。
「配置変更なし」: メイン表示画面にダイアログボックスが表示されます。
「アプリケーションディスプレイに移動する」
: アプリケーションが起動してる画面に表
示します。
「カーソルディスプレイに移動する」: カーソルが表示されている画面に表示されます。
「ディスプレイ(番号)に移動する」
: 指定されたディスプレイ番号のモニタに表示され
ます。
56
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
アプリケーションタブ
4.1.4 アプリケーションタブ
nView の設定を各アプリケーションごとに細かく設定することができます。
アプリケーションをクリックします。
カスタムの nView Desktop Manager 設定を使用するアプリケーション
追加したアプリケーションまたはウィンドウクラスがリスト化されます。
追加:個別に追加するウィンドウクラスを追加します。
削除:追加したアプリケーションまたはウィンドウクラスをリストから削除します。
個別設定:追加したアプリケーションの nView 設定を変更します。
無効:アプリケーション用の動作を無効にします。
すべての個別設定とウィンドウメモリをグローバルに無効にする
こちらをクリックするとすべてのウィンドウの個別アプリケーション設定のオン / オフ
を切り替えることができます。
拡張機能
nView アプリケーション専用拡張機能を変更できます。追加したアプリケーション、ま
たはウィンドウクラスがリスト化されます。
ELSA User’s Manual ver7.0
57
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
4.1.5 デスクトップタブ
デスクトップタブ
最大 32 個の仮想デスクトップを作成することができます。各デスクトップは、通常のデスクトップと同じように、壁紙の設定やアプ
リケーションの起動などをすることができます。デスクトップの切り替えは、エクスプローラ上やホットキー、メニューリストからア
クセスできます。
デスクトップをクリックします。
使用可能なデスクトップ
追加したデスクトップがリスト化されます。
追加: デスクトップを追加します。
削除: 選択しているデスクトップを削除します。
プロパティ: 選択しているデスクトップのプロパティを変更します。
複数のデスクトップ
「複数のデスクトップを有効にする」にチェックを入れてください。
「オプション」をクリックしていただくと詳細な設定ができます。
オプションの説明は次項に説明いたします。
58
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
4.1.6 複数デスクトップのグローバルオプション
複数デスクトップのグローバルオプション
デスクトップ項目の詳細が設定可能です。
切り替え時にデスクトップ名を表示する
デスクトップを切り替えた際に画面にデスクトップ名を表示します。
デスクトップを Windows Explorer に表示する
Windows Explorer に表示可能なデスクトップをエクスプローラーツリーに表示します。
Active Desktop を Windows タスクバー通知領域に表示する
画面右下のタスクバーにデスクトップ切り替えのアイコンを表示して、簡単に切り替えることが可能になります。
デスクトップの切り替え速度を最高にする
全てのデスクトップにて標準の壁紙に固定してデスクトップの切り替えを高速にします。
全てのデスクトップでコマンドプロンプトウインドウを表示する
全てのデスクトップにてコマンドプロンプトウインドウを表示します。チェックを外すとメイン画面のみコマンドプロンプトが表示さ
れます。
デスクトップにワンステップで再描画させる
全てのウインドウが表示されるまでデスクトップの切り替えが出来なくなります。
こちらを有効にするとデスクトップの描画が若干低下します。
デスクトップに異なる解像度を使用する
各デスクトップごとに個別の解像度を設定する事が可能です。自由に解像度を設定できますが描画が遅くなります。
ELSA User’s Manual ver7.0
59
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
ユーザーインターフェイス
4.1.7 ユーザーインターフェイス
nView ユーザーインターフェースの拡張オプションをコントロールすることができます。
ユーザーインターフェイスをクリックします。
Windows デスクトップの右クリックメニューで
デスクトップの右クリックメニューで[nView] オプションを有効にする
右クリックのメニューから nView Desktop Manager へアクセスすることができます。
デフォルトは有効になっています。
タスクバーに通知メッセージを表示
nView が機能を無効にする必要がある場合に、タスクバーにバルーンメッセージを表示
します。デフォルトは無効になっています。
nView Alt タスク切り替えを有効にする
Alt タスクの切り替えの有効、無効を設定します。デフォルトは無効になっています。
nView ツールバーを有効にする
nView 用のツールバーが表示されます。
グリッドライン表示を有効にする
グリッドを表示させ、ウィンドウやダイアログを揃えることができます。
60
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
nView ユーザーインターフェースの拡張オプションをコントロールすることができます。
ユーザーインターフェイスをクリックします。
nView オプション
ウィンドウのタイトルバーにウィンドウをアイコン化するためのボタンを表示を表示し
ます。デフォルトは無効になっています。
フルデスクトップ最大化
タイトルバーに最大化ボタンを追加します。デフォルトは有効になっています。
次のディスプレイ
タイトルバーにとなりのディスプレイへ移動するためのボタンを追加します。
タイトルバーへの最小化
タイトルバーに最小ボタンを追加します。デフォルトは無効になっています。
ELSA User’s Manual ver7.0
61
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
4.1.7.1 Windows システムメニューについて
システムメニューに nView オプションを追加する
Windows システムメニューを使用するには「システムメニューに nView オプションを追加する」にチェックを入れてください。
「オ
プション」をクリックしていただくと詳細の設定ができます。
Windowsシステムメニューにアクセスするには、タイトルバーを右クリックしてnViewオプションから目的の項目を選んでください。
下記のメニューから表示する nView オプションを設定できます。
62
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
効果設定
4.1.8 効果設定
ウィンドウの操作を拡張することができます。
効果をクリックします。
ウィンドウの最小化、
最大化を加速する
ウィンドウの最小化、最大化を加速する
ウィンドウの最大化、復元操作が高速になります。デフォルトは無効になっています。
使用するアプリケーションによっては、重くなる可能性もありますのでご注意
ください。
ドラッグ時にウィンドウを透過する
ウインドウをドラッグした際に、ドラッグしたウインドウを半透明にして下のウインド
ウを見えるようにします。
複数のウィンドウを起動中に効果的です。デフォルトは無効になっています。
Windows XP のみ利用可能です。
タスクバーの透過を有効にする
ウインドウズのタスクバーを透過します。透過率はパーセントで変更できます。デフォ
ルトは無効になっています。
Windows XP のみ利用可能です。
ELSA User’s Manual ver7.0
63
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
4.1.9 拡大縮小設定
拡大縮小設定
拡大縮小をクリックします。
ズームウィンドウのスタイル
ズームスタイルを変更します。
以下のキーを押した状態でマウスのホイールを使用し、
拡大縮小レベルを変更する
以下のキーを押した状態でマウスのホイールを使用し、拡大縮小レベルを変更する
マウスのスクロールボタンと shift もしくは Ctrl で拡大縮小が可能になります。
ズームウィンドウでカーソルを表示
「カーソルに中心を合わせる」もしくは「固定フレーム」が選択されている場合のみ、拡大縮小ウィンドウでカーソルを表示の有効、無
効が可能です。
拡大縮小ウィンドウを自動的に次の画面に移動する
カーソルに中心を合わせるが有効の場合のみ使用可能になります。
双方向編集を有効にする
拡大、固定フレームが選択されている場合のみ、拡大縮小ウィンドウ内の編集の有効、無効が可能です。
拡大縮小イメージのカラーを反転する
カラーの反転をします。
ビデオ再生の拡大縮小を有効する
ビデオ再生の拡大縮小を有効する( オーバーレイを無効にする
オーバーレイを無効にする)
ビデオの拡大縮小を可能にします。拡大縮小ウィンドウを立ち上げます。
ズームウインドウの表示
ズームウインドウを画面上に表示します。
QuickZoom ホットキー
ズームウインドウを表示するホットキーを割り当ててて、簡単にズームウインドウを表示できるようになります。
64
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
4.2 ホットキー設定
ホットキー設定
nView の操作をすべてキーボードのキーに割り当てることができます。設定したホットキーは、すべてリストに追加され、いつでも変
更する事が出来ます。
ホットキーをクリックします。
操作を選択する
各メニュー項目の操作に対し、追加の項目にてホットキーを割り当てる事が出来ます。
アクティブなホットキー
追加されたホットキーの一覧を確認する事が出来ます。
ELSA User’s Manual ver7.0
65
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
4.3 マウス設定
マウス設定
マウスの動作を拡張することができます。
マウスをクリックします。
全般
スロー
スロー(throw) ウィンドウの操作を有効にする
ウィンドウを画面の端に自動的に投げるような操作で、移動する事が出来ます。
デッドスクリーン領域をジャンプ
長方形以外の設定でモニタからモニタへ急速に移動する場合、カーソルがデッドスクリーンエリアにジャンプします。
マウスの中央ボタンでウィンドウの Z オーダーを切り替える
選択すると、マウスの中央ボタンでウィンドウを Z 順に変更が可能です。
カーソルを置いたウィンドウを自動的にアクティブにする
カーソルが表示されているウィンドウをアクティブにしてウィンドウの手前に表示します。
運動学
マウスのジェスチャーを有効にする
有効にすると、マウスの動作でさまざまな設定が可能になります。また、拡張オプションのカスタマイズが有効になります。
66
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
4.4 ツール設定
ツール設定
画面調整などを行う NVKeystone のメニューを使用する事が可能です。
ツールをクリックします。
NVKeystone
NVKeystone ディスプレイの補正を有効にする
プロジェクタを使用する際に発生する台形の歪みを補正するキーストン効果を有効にするユーティリティを、
使用可能にします。
デフォ
ルトは有効になっています。
デスクトップの右クリックメニューで
オプションを有効にする
デスクトップの右クリックメニューで[NVKeystone]オプションを有効にする
[NVKeystone]へのアクセスが簡単になります。デフォルトは有効になっています。
ディスプレイ調整
調整画面
モニタのテストパターンを表示します。これによりディスプレイを最適な状態にすることができます。
Windows ユーティリティ
ディスプレイを自動的に位置を合わせる
マルチモニタ使用中、複数のモニタを自動的に位置合わせし、小さなピクセルギャップを除去することできます。
デフォルトは無効になっています。
ELSA User’s Manual ver7.0
67
nViewデスクトップマネージャーの操作方法
デスクトップマネージャーの操作方法
4.5 NVKeystone 設定
NVKeystone とは、プロジェクタを使用する際に発生する台形の歪みを補正するユーティリティです。
マウスにより歪み調節が可能です。
NVKeystone を正常に動作させるには、DirectX8.0 以上が必要です。また Dualview を使用している場合、正常に動作しない
場合があります。
デスクトップ上で右クリックして NVKeystone を選択します。
アクティブ化
NVKeystone をアクティブにします。
調整
調整用のつまみが表示され、画面の歪みを調整することができます。
オプション
NVKeystone の設定をカスタマイズします。
リセット
NVKeystone の調整をリセットします。
68
ELSA User’s Manual ver7.0
nView デスクトップマネージャーの操作方法
調整画面ではマウスで周辺部をドラッグして画面の歪を調整することができます。
ELSA User’s Manual ver7.0
69
NVIDIA Quadro NVS シリーズで 3 画面以上のモニタをご利用の場合にご覧ください。
ドライバのバージョンによって設定方法が変わる場合がございます。
Windows Vista ではこちらの機能は利用できません。
Quadro NVS 専用マルチモニタ設定方法
Multiview モードの設定
5.1 モードの設定(NVIDIA Quadro NVS シリーズのみ
シリーズのみ)
NVIDIA Quadro NVS シリーズは 2 画面以上のマルチモニタをサポートしています。
通常のモードでは、2 画面ずつの個別調整モードで利用可能ですが、Multiview モードを利用すると、複数画面によるバーチャルデス
クトップ( 多画面を 1 つの画面として利用できるモード) 等が利用できます。
Multiview は 3 画面以上でご利用の場合にのみ設定してください。
画面のプロパティを表示して
『設定』タブを選択します。
詳細設定を開きます。
Multiview を開きます。
「Multiview モードを有効にす
る」にチェックを入れ再起動
する事により、Multiviewの機
能が利用可能になります。
72
ELSA User’s Manual ver7.0
Quadro NVS 専用マルチモニタ設定方法
NVIDIA Quadro NVS440 シリーズマルチ出力設定
5.2 NVIDIA Quadro NVS440 シリーズは 2 画面以上のマルチモニタをサポートしています。
通常のモードでは、2 画面表示のみで利用可能ですが、他の画面をアクティブに変更することで複数画面による表示が可能です。
1. 画面のプロパティを表示します。
2. 設定タブをクリックします。
3. アクティブにする画面をクリックします。
4.Windows デスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする」にチェックを入れ
ます。
ELSA User’s Manual ver7.0
73
Quadro NVS 専用マルチモニタ設定方法
5.3 モードの設定(NVIDIA Quadro NVS シリーズ
シリーズ)
Multiview モードの設定
Multiview の画面が起動すると右側の画面が表示されます。
初期設定では画面の表示が 1
画面になっていますので、使
用する画面をマウスクリック
で選択して、
「このディスプレ
イを有効にする」にチェック
を入れてください。
ディスプレイの解像度とカラー
クォリティは全てのモニタで共
通となります。
識別ボタンを押すと現在のモ
ニタがどちらの画面を利用し
ているかが表示されます。
画面の配置例
モニタはマウスでドラッグして
自由に配置する事が可能です。
右側画面は一例として縦に画面
を繋げた状態での設定例です。
74
ELSA User’s Manual ver7.0
Quadro NVS 専用マルチモニタ設定方法
5.3.1 Multiview モードを無効にする方法
Multiview モードを利用した場合、nView の水平スパンや Dualview 機能がご利用いただけません。
もし、従来の nView 機能を使用したい場合、以下の方法にて Multiview を無効にしてください。
有効になっている画面の 1 番
を選択して右下の「無効にす
る」ボタンをクリックします。
「無効にする」ボタンをクリッ
クすると以下のウインドウが
表示されます。
「Multiview モードを有効にす
る」のチェックを外し再起動
する事により、Multiviewの機
能が無効になります。
ELSA User’s Manual ver7.0
75
よくあるお問い合わせの事例を記載しております。
トラブルシューティング
ボードを取り付けたが、
画面がまったく表示されない。
Q1. ボードを取り付けたが、
ボードを取り付けたが、画面がまったく表示されない。
A1. ディスプレイモニタのケーブルは、今回増設したボードに取り付けてありますか?
ボードの取り付けはスロットに対して水平にささっていますか?
一部、メーカー製パソコンでは、既設で動作しているグラフィックス機能などとの競合により、正常に表示が行われない事がございます。
パソコンメーカーに以下の点をご確認ください。
内蔵の VGA 機能を無効にするか、取り付けたボードを優先的に動作させる BIOS 設定をご確認ください( 取り付けるバスも一緒にお
伝えください、AGP、PCI、PCI-Express など)。
通常は、増設したボードが優先的に動作を致しますが、一部のメーカー製パソコンなどによっては、内蔵のグラフィックス機能が優先
的に動作してしまい、取り付けたボードが正常に動作しない場合がございます、その際にはパソコンメーカーに内蔵グラフィックス機
能を無効にする、もしくは増設したボードを(PCI-Express、AGP、PCI 等を) 優先的に動作する BIOS 設定等をご確認ください。
Windows 上で内蔵グラフィックスを無効に変更する方法
上で内蔵グラフィックスを無効に変更する方法( 例 )
スタート⇒設定⇒コントロールパネル⇒パフォーマンスとメンテナンス⇒システムを開きます。
ハードウェアタブからデバイスマネージャーをクリックします。
ディスプレイアダプタに Intel 8xxxx Extreme Display Adapter 等の内蔵グラフィックアダプタを右クリックして「無効(D)」を選
択するか、ダブルクリックしてプロパティを開き、この「ハードウェアを使用しない」に設定を変更してください。
両方とも画面が出なくなった場合、セーフモードにて内蔵グラフィックス機能を有効に戻してください。
セーフモードは、PC 電源投入後に Windows のロゴが出る前に F8 キーを続けて押すと起動選択の画面が出ますので、そちらにて選
択可能です。
Q2. ドライバをインストールする際に
ドライバをインストールする際にNVIDIA セットアッププログラムは互換性のある製品を検出できませんでした。
ドライバをインストールする際に
セットアップを終了しますと表示される
A2. 取り付けられたグラフィックスボードが検出されていません。もう一度ボードのさし直してご確認ください。
Q3. セントラル: 電源不足の警告が表示される
Windows 起動後に NVIDIA セントラル
A3. ボードに補助電源コネクタを備えている場合には、必ず電源コネクタをさし込んでください。
さし込んでも変化が無い場合、別のコネクタがあるようでしたら、別コネクタに差し込んでお試しください。
補助電源が無い機種、もしくは補助電源を差し込んだ状態でも表示される場合には以下の原因が考えられます。
1. 電源ユニットから出力される電源が不足している(電源容量不足や長期使用した電源など)。
電源ユニットの交換が必要になる場合があります。
2. マザーボードから供給される電力が不足している(長期使用した製品など)。
マザーボードに取り付けられている他の PCI ボードや CPUFAN 以外の FAN 等を取り外すことで動作することがあります。
78
ELSA User’s Manual ver7.0
トラブルシューティング
3. 外気温が 10°C 以下の環境で使用して、最初の起動時にのみ表示される( 再起動後は出ない)。
※環境温度の問題です。PC の電源や部品は冷やされると出力が低下してしまい、電力供給が 不安定なまま、動作する場合があります。
これは時間が経過して PC が暖まると改善します。
4.CPU やメモリ及びグラフィックスボードをオーバークロックしている。
※マザーボードから供給できる通常の使用電力がオーバックロックにより極端に上がりますので拡張スロットに対して正常に電力が供
給出来ない場合があります。規定のクロックに戻してお使いください。
5. 上記の問題は全てクリアしているが、電源不足の警告が消えない。
※サポートセンターにお問い合わせください。
Q4. 画面を 2 画面に接続しているが両方に表示されません。
A4. ユーザーズマニュアル内の「画面モードの説明」
、「ディスプレイ設定の変更」を参照に、画面の表示方法の設定を おこなってく
だ
さい。
セキュリティ警告 nvsrc32.exe が表示される
Q5.Windows 起動時に、
起動時に、セキュリティ警告
A5. こちらは、NVIDIA の画面調整ソフトウェアです。WHQL(Windows Hardware Quality Labs.)
未対応のドライバをインストールした場合に必ず表示されます。WHQL 署名済みドライバを http://www.nvidia.com のサイトからダ
ウンロードしてインストールするか、弊社より WHQL 対応版をインストールすることにより、表示されなくなります。
アップデートする必要はありますか
Q6. ドライバがアップデートされていますが、
ドライバがアップデートされていますが、アップデートする必要はありますか
アップデートする必要はありますか?
A6. 現在使用されている上で、特に不具合が生じていない場合には、無理にドライバをアップデートする必要はございません。
使用している際に不具合が発生したり、ゲームなどで不具合が起きて、アップデートを推奨された場合には、ドライバのアップデート
を行ってください。
また、ドライバのバージョンによっては、不具合が出る場合が解決したりできない場合もありますので、様々なドライバを試す必要が
あります。
Q7. ドライバをアップデートしたらゲームの表示がおかしくなった。
ドライバを戻すと問題ないゲームソフトをアップデートしたら画面表示がおかしくなってしまった。
A7. ドライバでの処理方法の不具合や、ゲームソフトでの不具合なども考えられます。以前のドライバにて問題なければそちらをご利
用ください。
ELSA User’s Manual ver7.0
79
エルザサポートセンターについて
株式会社エルザジャパン
安心の国内サポートエルザサポートセンター
〒 105-0014 東京都港区芝 3 丁目 42 番 10 号 三田 UT ビル
サポートセンター TEL:03-5765-7615 FAX:03-5765-7235
MAIL:[email protected] Web :http://www.elsa-jp.co.jp
( 営業時間 10:00~12:00 13:00~17:00、土日祝祭日、当社指定休日は除く)
●弊社ホームページにて、
製品情報及び詳細、
●弊社ホームページにて、製品情報及び詳細、
製品情報及び詳細、F A Q 、 動作確認情報等を掲載しております。
お問い合わせの前にご確認ください
●製品の初期不良及び故障と思われる場合には、
ご購入頂きました販売店様もしくは弊社サポートセンターにご連絡ください
●製品の初期不良及び故障と思われる場合には、ご購入頂きました販売店様もしくは弊社サポートセンターにご連絡ください
●修理品の送付について
修理に関しましては、ご購入頂きました販売店様経由もしくは弊社の方に直接お送りください。
修理品をお送り頂く際には、上記の住所に” 修理受付” としてお送りください( 修理品の直接持ち込みによる受付は行っておりません)。
送付する際の手段は問いませんが、なるべく発送控えが残る輸送方法にてお送りください。弊社にお送り頂く際の送料に関しましては
送り主様の負担となります。
修理期間に関しましては、到着後 7 営業日前後を予定しております(在庫状況により変動する場合がございます)。
修理にお送り頂く際には、以下の事項をメモ等で構いませんので記載してお送りください。
・お客様の返送先の住所、電話番号
・お客様の使用環境
・PC 本体の型番と使用されているソフトウェア等、自作の場合、マザーボードや電源等の機器構成の詳細
・現在出ている症状、故障内容などを詳しく記載してください、ソフトウェアの使用中でしたらソフト名等もご記入ください
This product supports only Japanese language
80
ELSA User’s Manual ver7.0
ELSA User’s Manual ver7.0
81