しだれ梅

ポケットあわじvol.93
2010年2月号
月刊
-淡路の情報いっぱい!生活創造しんぶん-
VOL.93
ポケット
発行日 2010年2月1日
大野地区県民交流広場は、大野小学校から白髭神社
間の坂道を少し上がった所にあります。2300世帯が集
まる大野地区では、交流広場として認定される前から何
度も会合を持ち、昨年11月下旬には総会が開かれ23
人の役員が集まりました。そこでは拠点となる大野公民
館の喫茶室開設、防音設備、自動ドアの設置などの改
修工事についての話し合いや、ワイワイ広場、イベント広
場、お楽しみ交流、伝統文化伝承など、地域の親交の場
についての話で盛り上がりました。
12月には菜の花油「大野の香り」を使った料理教室が
あり、プロの指導のもとみんなで天ぷらを作りました。大
野地区では毎年休耕田を利用し、菜の花や向日葵を約
10ヘクタールの土地で栽培しています。今年は向日葵
油も搾取されるようです。
広場のお披露目式典は公民館の整備が整いしだい行
われます。菜の花まつりと同時開催で予定しているの
で、大勢が参加して盛大になりそうです。
これからの大野地区県民交流広場は、ふ
れあい喫茶でいつでもみんなが集える場所
になり、老若男女が楽しく活動を繰り広げる
事ができるでしょう。
立役者の方々の眼差しは温かく、あれこれ
働きかけてくれる事を、改めて有難く感じま
した。
応援隊:川野喜美枝
場 所:洲本市大野1404
大野公民館内
連絡先:0799-24-3602
(公民館=広場)
天野事務局長
山西会長
竹内副会長
藤岡さん
福島さん
木村副会長
山口事務局
島の県民交流広場訪問シリーズ第5回
わくわく 島の多彩なコミュニティから発信
P.1 ≪21年度認定広場≫
・大野地区県民交流広場推進委員会
P.2 ・鳥飼町おこし協議会
・北阿万地区交流広場推進委員会
P.3 ≪20年度認定広場≫
・仁井地域交流広場・安乎県民交流広場推進委員会
今月の特集
代表者:山西 彬博
事務局:天野 裕安
もくじ
P.4 ぽけっとクッキング バレンタイン特集
「豆乳生チョコ」「チョコパン」
P.5 この季節のちょっと寄り道「鮎原のしだれ梅」
野菜ソムリエ金山京子さんの「淡路島の旬を食べよう」
P.6 淡路文化会館・淡路生活科学センターからのお知らせ
P.7
淡路の文化活動・イベント情報
P.8
ポケットあわじvol.93
2010年2月号
Page 2
応援隊取材記事・鳥飼町おこし協議会
・北阿万地区交流広場推進委員会
場 所:洲本市五色町鳥飼中315 鳥飼公民館内
連絡先:0799-34-0923(公民館=広場)
代表者:平山 雅章
五色浜や鳥飼八幡宮の秋祭りで有名な鳥飼地区。過
疎化や高齢化が進む中、自分たちで何か出来ないかと
結成したのが、鳥飼町おこし協議会です。
「安心」「安全」「活気あるまちづくり」をテーマに、子ども
や若者、働き盛りの世代も含めた地域住民全体が、気
軽に集えるコミュニティのためのサービスを提供する拠
点としています。そして様々な活動が出来る、魅力ある
町づくりを目指しています。
実際の活動はまだこれからですが、パソコン教室や防
災・防犯活動、健康講座など、いろんな学習講座や料理
教室などを企画しています。その活動内容をたくさんの
方々に知ってもらうため情報誌にまとめ、発行する予定
です。そして、ふれあい喫茶や地区体育祭、お祭りなど
を通して住民の方々の交流がさらに深まる事を楽しみに
小川さん
田村さん
片山さん
小川さん 平山会長
中濱さん
萩原さん
しています。
最近では各地で花づくり、健康運動などの団体が活動
の担い手として芽を吹き始めています。「住んでいて良
かった。」と思えるような町を住民全員で作り、さらに活
気のある町になることを期待しています。
応援隊:稲嶺恵美
場 所:南あわじ市北阿万筒井1228-7 北阿万公民館内
連絡先:0799-55-0055 (公民館=広場)
代表者:江本 耕一郎
事務局:樫本・山下
「次世代に郷土を愛する心と、交流を通じての人材育 求し、後世に伝えていこうと力を注いでいます。他にもパ
成」が北阿万地区交流広場推進委員会の活動・整備の ソコン教室や料理教室など数多く計画されています。
取材当日は、子どもとのふれあい交流の日で、地域
目標です。
の方々と子どもたちがお正月用のしめ縄作りに挑戦して
活動内容の重点は…
いました。初めはなかなかうまく縄を結えなかった子ども
①郷土芸能の継承
たちも、おじさん、おばさんたちに手取り足取り教えても
②子どもとのふれあい交流の場づくり
らいながら、しめ縄やリースなどを完成していました。
③文化芸能祭の開催
応援隊:竹谷香代
④郷土史の研究
⑤IT講座の開催
⑥住民の健康と食の安全
⑦防災、防犯講座等、交通安全講習会等の実施
⑧納涼祭の実施
特に郷土芸能では、継承者がなく埋もれつつあった
「きつね踊り」や「つくえくずし」が北阿万小学校の児童
に継承され、運動会や芸能発表会、文化芸能祭で披
露されています。子どもとのふれあい交流の場づくり
では、しめ縄作り、昔の遊び、お作法、ふれあいクッキ
ング、折り紙、手芸などを計画し、地域のおじさん、お
ばさんボランティアの方たちの協力を得て、親子・地
域・世代間の交流の場を広げています。また、郷土史
樫本さん 楠本さん 安田さん 亀井さん
江本会長
島田さん 田村さん
の研究では、郷土の偉人、史跡、伝統行事を調査探 高原さん
ポケットあわじvol.93
2010年2月号
Page 3
応援隊取材記事 ≪20年度認定広場≫
・仁井地域交流広場 ・安乎県民交流広場推進委員会
場 所:淡路市仁井58 仁井公民館内
連絡先:0799-82-2854(公民館=広場)
代表者・事務局:人形寺 祥弘
昨年も同じ時期に「仁井地域交流広場」へ取材に伺い
ました。小学校の統合を1年後に控え、代表の人形寺祥
弘さんが、コミュニティ活動の必要性を語っていらしたの
を思い出しました。
あと数ヵ月で小学校が廃校になり、仁井が新しく発足し
ようとしています。人形寺さんは「交流広場の事業にでき
るだけ多くの人に参加していただき、参加者一人ひとり
に『私が参加しないと前に進まない!』と思っていただけ
るよう、手抜きはしたくない。人数
は少なくても中身の濃いものにし
たい。そして、似た事業をしている
ほかの広場とも交流を深めた
い。」と熱い想いを語ってくれまし
た。
この1年を振り返ると、仁井を大
切に想う気持ちがたくさん詰まっ
た行事を数多く計画、実施してき
子ども達も元気に楽しく交流しました♪
ました。10年ぶりに復活した「ふれあいの会(敬老会)」
は、仁井小学校が中心になり、お年寄りと楽しく交流をし
ました。その他にも、スローライフ・フォーラム淡路分科
会 の 会 場 と し て「限 界 集 落 で は な い、元 気 集 落 だ」を
テーマに島内外の参加者に元気な仁井を発信。1月に
開催された「第23回仁井ふるさと文化祭」では、長沢交
流広場の方々にも参加していただきました。イベントの
最後の演奏会では、会場全体が一体となって拍手が鳴
りやみませんでした。やはり仁井は元気集落でした。
応援隊:廣岡 ひろ子
場 所:洲本市安乎町中田11-2 安乎公民館内
連絡先:0799-28-0007(公民館=広場)
代表者:高野 茂
事務局:曽根 理昭
安乎県民交流広場推進委員会は、「地域のふれあい、 い便り」にわかりやすくまとめられ、地域内外への活動P
語り合い」をテーマに文化・環境・福祉の3分野を中心と Rにも活用されています。
して、たくさんのイベントや勉強会などを企画・開催して 取材にお伺いした日は、ちょうど広場主催のクリスマス
会が開催されていて、お母さん方が料理教室でお菓子
います。
トライやる・ウィークの中学生と一緒に地域の史跡案内 を作ったあと、サンタが登場して子ども達にプレゼントを
看板の製作。地元の大工さんに指導を仰ぎながら「凧づ 手渡すという微笑ましい場面にも遭遇しました。
応援隊:栄 宏之
くり教室」の開催。パソコン教室や環境学習会など、その
活動範囲の広さに驚きました。地
元の人が持っている趣味や特技
を、た く さ ん の 活 動 に 活 か し な が
ら、負担になる部分は周りでカバー
するよ う に工夫を され てい ます。
「地域住民の特技をPRする場にも
なるし、経費面も抑えられる。そし
て何よりも楽しい。」と話されていた
ことが印象的でした。
そして、これらの活動報告は年に
3回発行されている広報誌「ふれあ
クリスマス会にたくさんの人が参加されました!
ポケットあわじvol.93
2010年2月号
●ぽけっとクッキング バレンタイン特集
「豆乳生チョコ」「チョコパン」
Page 4
●材料●
・チョコレート
180g
・豆乳(無調整のもの)
50cc
・ラム酒(お好みで)
少々
・メープルシロップ(水あめ代用可能) 小さじ1杯
・インスタントコーヒー
小さじ1杯
・ココアパウダー(無糖のもの)
大さじ1杯
※大きさはお好みで。お好きな型で抜いてもいいですよ!
●つくり方●
① チョコレートは包丁で細かく刻み、ボウルに入れて、ゴムべらを使い湯せんで溶かす。
※湯せん:ボウルにお湯を入れ、その上に一回り小さなボウルをのせて温める。
②
③
④
⑤
⑥
⑦
チョコレートが溶けたら、豆乳を3回に分け、混ぜ合わせる。
インスタントコーヒーとメープルシロップ、ラム酒を入れ、溶かして混ぜ合わせる。
あらかじめラップを敷いておいた型に流し込む。
粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やして固める。
ラップごと型からはずして、包丁で2センチ角の大きさに切る。
ココアパウダーをまぶせば完成!!
応援隊:竹代 結
甘~いチョコレートの香りで
至福のひとときを!
●材料●
(1.5斤分)
・板チョコ
90g (ブラック 1枚58g)
・強力粉
360g
・バター(有塩)
35g マーガリンでもOK!
(マーガリンの方がよく膨らみます。)
・砂糖
50g
・塩
6g
・ココアパウダー 30g ミルクココア粉末でもOK!
(ココアパウダー10g、ミルクココア20gがGood!)
・牛乳
240cc
・ドライイースト 4.5g
※ホームベーカリーを使って作っています。
●つくり方●
① 板チョコは粗く刻んでおく
② ドライイーストを自動投入器に入れる
③ パンケースにドライイースト以外を入れ「ドライイースト」の「食パン」コースでスイッチ
を入れる
④ 焼き上がったら、すぐに取り出して粗熱を取る
応援隊:岡 まさよ
⑤ 好きな大きさに切り分ければ完成!!
クッキーの型を使って
ハート型に♪
ポケットあわじvol.93
Page 5
2010年2月号
●この季節のちょっと寄り道「鮎原のしだれ梅」
●野菜ソムリエ金山京子さんの「淡路の旬を食べよう」
洲本市五色町の木下さん宅では、2月
末~3月初めに春の訪れを感じる紅白
のしだれ梅を楽しむことが出来ます。
35年前に家を新築された時、樹齢20
年のしだれ梅を記念樹として植えられま
した。花が終わると全て自分で剪定、消
毒の手入れをして大切に育てています。
10年ほど前に隣に植えられた白いし
だれ梅も、仲良く花を咲かせます。今で
は「しだれ梅の家」と呼ばれ有名になり、
写真を撮りに来る人もいるそうです。「皆
様にも楽しんで頂けるのが何よりも嬉し
いです。」とご夫婦で歓迎してくださいま
した。
又、木下さん宅ではしだれ梅以外に
も、趣味として立派な錦鯉も飼育されて
います。全国大会で優勝した事もあるのだとか。現在は休眠中でしたが、そっと鑑賞させて頂きました。
しだれ梅の咲く頃、洲本方面から都志方面へ向かう途中の鮎原の交差点で見ることができます。信号が赤にな
ると車の中からも楽しむ事ができますよ。
マナーに気をつけて、しだれ梅や錦鯉を楽しませて頂きませんか?
応援隊:辻 恵子・箙 千恵子
今月のお野菜は〝白 菜〟
この季節に欠かせないお野菜といえば白菜です。中
国が原産地でキャベツやブロッコリーと同じアブラナ科
に属します。
寒い冬が旬で霜に当たると甘みが増すと言われてい
ます。露地栽培の野菜は寒さから身を守る為に糖度を
増し、凍るのを防ごうとします。だから甘くなるのです
ね。
食物繊維やミネラルが豊富で汁物、炒め物、お鍋料
理、漬物などに大活躍の白菜ですが、どの部分から使
用されますか?どの部分からって外側からに決まってい
るとつぶやいたあなた!実は白菜は内側(中心部)から
食べていくほうが残った葉のうまみ成分が増すと確認さ
れています。中心部は成長を続けている部分で一番甘く
て美味しいのです。今日からは内側からくりぬきながら
白菜をいただきましょう。アメリカではサラダに白菜が使
われ人気が出てきているそうです。少し温かくなってきた
らサラダにもチャレンジしてみてください。
このコーナーを担当させて頂き今月で1年です。来月
からも引き続き担当させて頂くことになりました。皆様に
楽しんでもらえるように精
進いたします。今年も原稿
の締切日に追われる1年
を元気に乗り切ろうと思い
ます!
男性 にも追われ てみ た
い!(心の叫びでした。)
ポケットあわじvol.93
2010年2月号
淡路文化会館・淡路生活科学センターからのお知らせ
Page 6
淡路島語りべ会と巡る
第3回「北淡路の歴史・文化・自然探訪」
古代の鉄器製造群落「垣内遺跡」、石屋神社浜芝居、淡路景観園芸学校・あわじ花さじき・淡路島公園などを巡ります。
とき:平成22年3月14日(日)9:20~17:00(雨天決行)受付開始 9:00 集合・解散:淡路ハイウェイオアシス オアシス館入口
参加費:1500円(大人、小中学生とも)(昼食代等込)
定員:40名(先着順) 締切:3月4日(木)(定員になり次第締切)
参加条件:小学生以上(小中学生は、保護者の同伴が必要) ※詳しくは淡路文化会館ホームページで(アドレスはP8の奥付に掲載)
【問合せ・申込み】〒656-1521 淡路市多賀600 淡路文化会館 淡路島魅力体験ツアー担当 世古
℡ 0799-85-1391 Fax 0799-85-0400
【申込先(問合せ先)】
淡路県民局県民室淡路文化会館 美術展示担当
〒656-1521 淡路市多賀600
Tel 0799-85-1391
Fax 0799-85-0400
展示を希望する団体(個人)の方は、使用申込書を淡路文化会館にご提出(郵送・FAX・持参)下さい。
※申し込み用紙は淡路文化会館のホームページでも取り出せます。※3月中旬に申し込み団体または個人あてに展示の可
否を通知します。※ただし、5月以降、美術展示室及び県民ギャラリーに空きがあれば展示希望日3ヶ月前から10日前
までの間に申し込みができます。
14:30~15:30
13:00~14:20
*垣田達哉氏プロフィール*
BSEなどの食の安全や食品表示問題
の第一人者としてテレビ、新聞、雑誌、
講演などで活躍中。
「ビートたけしのTVタックル」「世界
一受けたい授業」などのテレビでもおな
じみの食の安全探求者
テーマ:「食の安全・安心と私たちの暮らし」
◎コーディネーター◎
消費者問題研究所
代表 垣田 達哉 氏
◎パネリスト◎
消費者代表(野菜ソムリエ)
金山 京子 氏
淡路日の出農業協同組合 常務理事 方城 芳昭 氏
兵庫県物価・表示等監視調査員
小田美根子 氏
淡路消費者団体連絡協議会 会長 幡井 政子 氏
◎オブザーバー◎
近畿農政局兵庫農政事務所
兵庫県淡路県民局洲本健康福祉事務所
★問合せ・申込先★
淡路県民局 淡路生活科学センター
食の安全・安心フォーラム担当
〒656-1521 淡路市多賀600
TEL:0799-85-0999 FAX:0799-85-0400
★と き★ 平成22年2月17日(水)13:30~16:30
★ところ★ 南あわじ市三原公民館小会議室(要予約)
★予約先★ 0799-43-5023(南あわじ市市民課)
ポケットあわじvol.93
2010年2月号
淡路の文化活動・イベント情報
Page 7
【時】開催日等 【所】場所 【料】料金 【問】問い合わせ先
◆淡路島観光圏フォーラム~観光振興における連携を考える~◆
【時】2月23日(火)13:10~16:30【所】洲本市民交流センター ビバホール【料】無料
観光は、今後の淡路島の地域づくりに大変重要な役割を果たす分野です。島内外の観光関係者をお招きして観光振興におけ
る連携を考える「基調講演」及び「座談会」を行います。【問】淡路県民局地域企画課 フォーラム担当 ℡ 26-2014
◆平成22年度「走る県民教室」第1期分の募集について◆島内の地域団体(参加者20人以上)が、貸切バスを利用して
県の施設などを見学する際、バス借上げ費用の一部を補助します。詳しくは下記までお問い合わせください。
【対象期間】4月1日(木)~5月31日(月)【募集期間】2月22日(月)~3月5日(金)
【問】淡路県民局地域企画課 「走る県民教室」担当 ℡ 26-2009
■淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」■ ℡ 74-1200 FAX 74-1201 〒656-2306 淡路市夢舞台4
【特別展入館料】(~3/7) 大人1,200円、シルバー(65歳以上)600円、高校生700円、中学生600円、小学生300円
(3/20~)大人 600円、シルバー(65歳以上)300円、高校生360円、中学生300円、小学生180円
(小中学生はココロンカードで無料) ※3/18~19は臨時休館
◎特別展 淡路夢舞台ラン展2010 -ランと生きる-【時】1月23日(土)~3月7日(日)
・K.T.S.原種カトレヤ愛好会「原種カトレヤへの熱き想い」(2/13~2/28)
・斉藤正博「華麗で、巨大な蘭コレクション」(1/23~3/7)
・江戸の花文化とラン(1/23~3/7)
・フラワーショー(1/23~3/7)
「蘭花譜の庭」「ランの不思議で華麗な世界」「奇蹟のドラキュラハウス」「アジアのラン」
・ESホール特別展示「加賀正太郎 蘭と生きる-蘭花譜」
○特別講演【料】無料(入館料別)
・辻勲 原種カトレヤへの熱き想い【時】2月14日(日)13:30~ 【講師】辻 勲 氏
○奇蹟の星の植物館 ランオークション【時】3月7日(土)13:30~
○ラン展ガイドツアー【時】 期間中随時 日本・蘭協会、植物館スタッフによる見どころ案内ツアー
◎淡路花博2010 花みどりフェア 花見の庭-義経千本桜-【時】3月20日(土)~4月18日(日)
期間中に楽しめる様々な桜と、歌舞伎の空間づくり「書割手法」を用いて演出された人形浄瑠璃の舞台が登場します。
★しづかホール★ ℡ 62-2001 〒656-2132 淡路市志筑新島5-4
○Meet the Music ~音楽との出会い~ クラシックの名曲でヨーロッパ旅行【時】2月21日(日)14:00~
【料】〔前売〕一般1,000円、学生500円〔当日〕一般1,500円、学生500円※3歳未満のお子様の入場はご遠慮願います。
【問】Meet the Music 実行委員会 ℡ 090-7757-7579 Fax 0799-24-2725
○映画『ドラえもんのび太の人魚大海戦』上映会【時】3月6日(土)①10:30~②12:40~③14:50~
【料】〔前売〕一般1,300円、小人800円〔当日〕一般1,800円、大・高校生1,500円、小人・シニア1,000円
【問】OSシネマズミント神戸 豊田 ℡ 078-265-1523
★サンシャインホール★ ℡ 74-0250 〒656-2305 淡路市浦148-1
○平成21年度スプリングコンサート【時】2月28日(日)14:00~17:00【料】無料
【問】平成21年度スプリングコンサート実行委員長 落合育代 ℡ 72-3943、淡路文化会館 担当:増田 ℡ 85-1391
★洲本市文化体育館★ ℡ 25-3321
○淡路フィルハーモニー管弦楽団 第16回定期演奏会
【時】2月7日(日)14:00~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】小川 ℡ 62-0321
○淡路島ふれあい和太鼓フェスティバル
【時】2月11日(木祝)13:00~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】洲本市文化体育館
○第一回洲本市民芸能祭
【時】2月14日(日)10:30~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】洲本市文化協会 野崎 ℡ 24-1714
○あわじ島スポーツフェスティバル in すもと ソフトバレーボール
【時】2月20日(土)・21日(日)9:00~
【所】メインアリーナ『しおさい館』・コミュニティアリーナ
【料】観覧無料【問】洲本市教委内 実行委員会 ℡ 24-7632
○Mizuho Itakura 20th Anniversary ピアノリサイタル
【時】2月20日(土)14:30~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】板倉 ℡ 23-1574
○創価学会兵庫音楽隊ファミリーコンサート
【時】2月21日(日)14:00~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】木戸 ℡ 28-0260
○洲本保育園生活発表会
【時】2月27日(土)9:40~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】洲本保育園 ℡ 22-0897
○綾戸智恵 ツアー2009-10
【時】2月26日(金)18:30~【所】大ホール
【料】S席6,500円 A席5,500円(全席指定)
【問】(有)アクティブ ℡ 088-611-3111
○あわじ島スポーツフェスティバル in すもと バドミントン
【時】2月27日(土)・28日(日)9:00~
【所】メインアリーナ『しおさい館』・コミュニティアリーナ
【料】観覧無料【問】洲本市教委内 実行委員会 ℡ 24-7632
○AWAJI和んだふる縁奏会 和太鼓美鼓音Part2 十周年記念公演
【時】2月28日(日)17:30~【所】文化ホール『しばえもん座』
【料】無料【問】和太鼓 美鼓音 ℡ 52-0721
○わくわくフリーマーケット in 洲本市文化体育館
【時】3月21日(日)10:00~16:00【所】メインアリーナ『しおさい館』
【料】入場無料 ※出店料1ブース1000円
【出店問・申込】わくわくフリーマーケット協会 土生 ℡ 090-5979-5675
(受付時間18:00~21:00)
ポケットあわじvol.93
2010年2月号
淡路の文化活動・イベント情報
Page 8
◆㈶淡路島くにうみ協会 平成22年度地域活性化助成金交付事業について◆
【助成対象事業】淡路島内において、広域的な事業活動を推進する団体が、地域の活性化や地域開発の促進を目的
に、平成22年4月1日から平成23年3月31日の間に実施する文化・スポーツ等のイベント事業。
【募集期間】2月1日(月)~2月26日(金)※事前に連絡の上平日9:00~17:00の間に申請書を淡路島くにうみ協会までご持参ください。
【申請書について】㈶淡路島くにうみ協会ホームページ(http://www.kuniumi.or.jp/)からダウンロードしてください。
【助成金額】1事業あたり10万円以内 【選定】募集終了後、1カ月以内に選定し、結果をお知らせします。
【問】㈶淡路島くにうみ協会企画課 〒656-0022 洲本市海岸通1-11-1 洲本ポートターミナルビル3F
℡ 24-2001 Fax 25-2521 e-mail awajishima(a)kuniumi.or.jp※(a)[email protected]
■講座情報■
洲本市民工房【問・申込】洲本市民工房 ℡ 22-3322
○わたし流コサージュ作り【時】○2月28日(日)9:30~(約2時間)○3月2日(火)13:00~(約2時間)※各1回完結
【料】1,000円(材料費別)【定員】15名(※先着順 定員になり次第締切)【講師】日影千春
○絵画鑑賞講座【時】3月14日(日)午前(時間未定)【料】無料【定員】なし【講師】新家保夫
ギャラリーインフォメーション
淡路文化会館 ℡ 85-1391【料】無料
(展)…展示室 (ギ)…県民ギャラリー
淡路洋画セミナー受講生作品展(展・ギ) ( 2/14~
中井昇作品展(展)
( 3/ 2~
井宮安代作品展(ギ)
( 3/ 2~
淡路日本画セミナー「修了作品展」(展・ギ) ( 3/10~
2/28)
3/ 8)
3/ 8)
3/24)
サンシャインホール2階ギャラリー ℡ 74-0250【料】無料
淡路土音
( 2/26~ 2/28)
・出展者の茶碗による抹茶サービス 2/26 11:00~
・佐藤忠昭さんオカリナ演奏 2/27 13:30~(約20分)
洲本市民交流センターアールギャルリー ℡ 24-4450【料】無料
洲本市公私立保育所(園)幼児画展 ( 2/ 2~ 2/25)
植田健児・弘子 日本の風景写真展 ( 3/ 2~ 3/31)
洲本文化体育館会議室1A-3 ℡ 25-3321【料】無料
楽しい!キッズ生け花・折り紙教室 いけばな展 (2/21)
洲本市民工房 ℡ 22-3322【料】無料
傑作!できばえおみごと展
( 3/ 5~ 3/14)
第26回種山書院「学生書道展」
( 3/21~ 3/22)
玉青館 ℡ 36-2314 休館日:毎週月曜(月曜が祝日の場合はその翌日)
【料】大人300円、高・大 200円、小・中 100円
※小中生は「ココロンカード」「のびのびパスポート」利用可
平成21年度館蔵品展Ⅲ
(~ 3/31)
淡路人形浄瑠璃資料館 ℡ 43-5037【料】無料
淡路人形名場面「絵本太功記」
(8月下旬まで)
資料館寄贈寄託展
(~ 2/14)
淡路人形子ども版画展
(~ 2/14)
パペットフェスタ in 淡路島写真展
(~ 2/28)
南あわじ市埋蔵文化財調査事務所
発掘調査速報展-平成20年度-
・淡路人形浄瑠璃資料館
( 2/19~ 3/ 7)
・緑公民館
( 3/13~ 3/28)
編集だより
私事ですが、関空から1時間40分で行ける近くの
外国、韓国に行ってきました。-13℃という痛い寒
さを体験してきました。
ポケットあわじでも取材という初体験。淡路島の知
らない事、知らなかった所、新鮮な体験、発見の連
続でした。編集会議での「へぇ~へぇ~」という、楽し
く驚きの話。多くの事を学べた場で
した。
これからも新たな発見を楽しみに
しています。
応援隊:西山 満利子
「ポケットあわじ」は、毎月3,000部発行し、応援
隊の手により、島内の約240カ所に配布していま
す。
ウェブでご覧になるとカラー版でお楽しみいただけ
ます。読者の皆さまからのお便り、まちの情報をお
待ちしています。 下記までお気軽にどうぞ!
(発行)淡路生活創造応援隊
淡路県民局 淡路文化会館・淡路生活科学センター
〒656-1521 淡路市多賀600
TEL 0799-85-1391
FAX0799-85-0400
E-mail:bunka-85awaji(a)maia.eonet.ne.jp
※(a)[email protected]
「ポケットあわじは」どこで手に入るの?・・・淡路島内各市の庁舎・公民館、ホール、商業施設などで無料配布して
おります。また、淡路文化会館のホームページ・下記URLでもご覧になれます。
http://www.eonet.ne.jp/~awaji-cc/