[PDF] 形式 - 岡部株式会社

株主メモ
事業年度
1 月 1 日〜12月31日
(ご注意)
⒈‌株主様の住所変更、配当金の振込みのご指定、
単元未満株式の買取請求その他各種お手続きに
つきましては、口座を開設されている証券会社
等にお問い合わせ下さい。
⒉‌特別口座に口座をお持ちの株主様の各種お手続
きにつきましては、左記連絡先(三菱UFJ信託
銀行証券代行部)にお問い合わせ下さい。なお、
三菱UFJ信託銀行全国各支店においてもお取次
ぎいたします。
⒊‌未受領の配当金につきましては、三菱UFJ信託
銀行本支店でお支払いいたします。
配当金基準日
期末配当 12月31日
中間配当 6 月30日
定時株主総会
3 月下旬
株主名簿管理人/特別口座管理機関
三菱UFJ信託銀行株式会社
同連絡先
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
〒137−8081
東京都江東区東砂七丁目10番11号
℡ 0120−232−711(通話料無料)
(配当金計算書について)
公告方法
電子公告により行う
公告掲載URL http://www.okabe.co.jp/
(ただし、電子公告によることができない事故、
その他のやむを得ない事由が生じたときは、
日本経済新聞に公告いたします。)
株主の皆様の声をお聞かせ下さい
当社では、株主の皆様の声をお聞かせいただくため、
アンケートを実施させていただいております。
お手数ではございますが、アンケートへのご協力を
お願いいたします。
●アンケート実施期間は、本株主通信がお手元に到着してから約2ヵ月間です。
同封いたしております「配当金計算書」は、租税
特別措置法の規定に基づき作成する「支払通知書」
を兼ねております。配当金をお受取りになった後
の配当金額のご確認や確定申告の資料としてご利
用いただけます。
なお、配当金を証券口座でお受取り(株式数比例
配分方式)の株主様は、お取引のある証券会社に
お問い合わせ下さい。
下記URLにアクセスいただき、アクセスコード入力後に表示される
アンケートサイトにてご回答下さい。所要時間は5分程度です。
h t t p://w w w .e -k abu n u sh i .co m /
アクセスコード 5959
いいかぶ
検索
空メールにより
URL自動返信
[email protected]
( タイトル、本文は無記入)
アンケート回答用のURLが直ちに自動返信されます。
携帯電話からも
アクセスできます
QRコード読み取り機能のついた携帯電話をお使いの方は、
右のQRコードからもアクセスできます。
ご回答いただいた方の中から抽選で薄謝(図書カード500円)を進呈させていただきます
※本アンケートは、株式会社 a2media(エー・ツー・メディア)の提供する「e-株主リサーチ」サービスにより実施いたします。
(株式会社 a2mediaについての詳細 http://www.a2media.co.jp)
※ご回答内容は統計資料としてのみ使用させていただき、事前の承諾なしにこれ以外の目的に使用することはありません。
●アンケートのお問い合わせ「e-株主リサーチ事務局」 TEL:03 - 5777 - 3900 (平日10:00∼17:30)
MAIL:[email protected]
見やすく読みまちがえにくい
ユニバーサルデザインフォント
を採用しています。
第
70 期 中間株主通信
2013.1.1〜2013.6.30
証券コード:5959(東証一部)
財 務ハイライト(連結)
前第2四半期累計
単位:百万円
売
営
経
業
上
常
利
(2013.1.1〜同 6.30)
高
25,863
28,207
益
1,805
2,683
益
利
総
1,757
純
産
資
産
65,767
70,692
売上高
(百万円)
80,000
49,799
50,026
50,941
25,238
2009
22,818
2010
第2四半期累計(中間)
6,000
営業の概況について
12.9%
+2.6ポイント
営業利益
23,617
2011
通 期
25,863
2012
通期見込
2013
5,900
4,000
3,784
3,814
1,443
2009
2010
第2四半期累計(中間)
1,424
2011
通 期
1,805
2012
通期見込
0
1,444
2,586
1,355
1,396
1,757
2009
2010
2011
通 期
2012
通期見込
2013
2013
4,000
0
新政権の経済政策への期待感から円安株高が進行するなど、
景気回復の兆しが見られたものの、欧州債務問題の長期化や
当社グループの主な需要先であります建設業界におきまし
1,901
2,210
2,176
663
2009
2010
第2四半期累計(中間)
780
2011
通 期
強化に努めるとともに、工期の短縮や現場作業の省力化に資
する高付加価値製品の拡販に注力してまいりました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は、
1,471
724
推移いたしました。
関連製品事業において、キャンペーンの実施や提案型営業の
2,737
962
2012
通期見込
282億7百万円(前年同期比9.1%増)
、営業利益は25億8千
6百万円(前年同期比47.2%増)
、経常利益は26億8千3百
2013
今後の見通しについて
今後の国内建設見通しにつきましては、大型補正予算の本
格実施により政府部門の投資伸長が予想され、また、民間部
門の投資も企業の設備投資や個人の住宅投資を中心に堅調に
推移することが予想されます。
一方で、世界経済の見通しは、新興国の成長減速やユーロ
圏の景気後退の長期化により、引き続き先行き不透明な状況
が続くものと予想されます。
このような経営環境のなか、当社グループは、「okabe-1
番星★Plan-2017」に掲げる3つのビジョン【①全製品が1
番星★ ②グローバル40 ③経営基盤の革新】の実現に向
け、個々の施策を着実に実行することで、短期的な環境変化
に踊らされることなく、目標達成に向け邁進してまいります。
して先行き不透明な状況で推移いたしました。
このような経営環境のなか、当社グループは、主力の建設
四半期(当期)純利益
(百万円)
1,000
30日)におけるわが国経済は、
のの、新設住宅着工戸数が伸長するなど、全体として底堅く
第2四半期累計(中間)
2,000
成25年1月1日~平成25年6月
ては、人手不足による工事着工の遅れなど懸念材料はあるも
3,250
2,683
1,340
2,000
当第2四半期連結累計期間(平
新興国経済の成長鈍化による影響が懸念されるなど、依然と
3,915
3,000
3,941
2,981
廣 渡 眞
4,759
4,000
28,207
取締役社長
5,850
61,000
4,856
1
7.5%
6,000
経常利益
(百万円)
0
いたします。
3,022
20,000
2,000
70期中間株主通信」をお届け
増減
(百万円)
54,974
ここに、岡部株式会社の「第
52.9%
54.7%
40,000
0
48.6%
38,688
52.1%
賜り厚く御礼申し上げます。
47.2%
(2013.6.30)
34,256
自 己 資 本 比 率
60,000
当第2四半期末
は、平素より格別のご高配を
9.1%
1,471
前期末
株主の皆様におかれまして
増減
2,586
962
(2012.12.31)
資
当第2四半期累計
(2012.1.1〜同 6.30)
四 半 期 純 利 益
単位:百万円
株 主の皆様へ
万円(前年同期比48.6%増)
、四半期純利益は14億7千1百
万円(前年同期比52.9%増)となりました。
配当について
当社グループの配当政策は、連結業績を考慮し、併せて企
業体質の強化と今後の事業展開に備えるための内部留保の充
実などを勘案して決定する方針を採用しております。
このような基本方針の下、当期の中間配当につきましては、
当初予想に対して1円増配の1株当たり9円(前年同期実績に
対し2円増配)とさせていただきたいと存じます。また、年
間配当金につきましては、1株当たり18円とすることを予定
しております。
株主の皆様におかれましては、より一層のご支援ご鞭撻を
賜りますようお願い申し上げます。
平成25年9月
2
セ グメント別の概況
建設関連製品事業
売 上 高
78.2%
営業利益
売上高構成比
22,055百万円
(前年同期比 9.1%増)
2,263百万円
(前年同期比 52.6%増)
インサート・スペーサー製品を中心とする岡部インダス
トリー株式会社製品の拡販により仮設・型枠製品の販売が
好調に推移したことに加え、耐震関連製品の需要取り込み
により構造機材製品の販売が伸長した結果、売上高は220
億5千5百万円(前年同期比9.1%増)となりました。
営業利益は高付加価値製品の売上構成比が増加したこ
製品別売上高
前第2四半期累計 当第2四半期累計
金 額
金 額
百万円
百万円
%
仮設・型枠製品
3,075
3,636
18.3
土 木 製 品
2,471
2,649
7.2
構造機材製品
8,616
9,324
8.2
6,053
6,445
6.5
20,216
22,055
9.1
建 材 商 品
合
計
仮設・型枠製品
土木製品
となどにより、22億6千3百万円(前年同期比52.6%増)
となりました。
インサート・スペーサー製品
フリーフレーム工法
構造機材製品
売上高
中間期
(単位:百万円)
通期
47,020
38,871 37,217 38,032
43,447
(予想)
3
2010
2011
2012
中間期
(単位:百万円)
通期
4,724
(予想)
3,942
22,055
2009
営業利益
2013
2,754
2,523 2,655
2009
2010
2011
ベースパック柱脚工法
オクトベース
スリットン
OSリング
2,263
2012
2013
タブレット端末を使用し営業力を強化
増減率
当社は、営業担当者が一つの現場に様々な製品を提
案してニーズを掘り起こす「提案営業力」と、お客様
からの様々な問い合わせに的確に対応する「顧客対応
力」を強みとしております。こうした強みをさらに強
化すべく、このたび、全ての営業担当者が「タブレッ
ト端末」を携帯する、情報武装化を実施いたしました。
タブレット端末には、写真や動画を多用した電子カ
タログが装備されており、紙のカタログでは実現困難
なインパクトのある提案が可能となります。また、タ
ブレット端末のネットワーク機能を通じて営業担当者
と技術サポート担当者が連携することで、技術や施工
に関する問い合わせへの対応スピードが迅速化するな
ど、様々な成果が上がっております。
今後は、情報武装化の第二段階として、顧客情報と
営業担当者の営業活動を一元管理化する営業支援機能
や、タブレット端末から直接売上を計上する売値登録
機能の導入を予定しております。これにより、営業担
当者が外出先でも事務所内と同様の支援を受けられる
環境(モバイルオフィス環
境)が完全に整うことにな
り、より現場に密着した顧
客本位の営業が可能となる
見込みです。
国内営業組織の再編を実施(2013.4.1)
■ 岡部シビルエンジ㈱を岡部㈱に吸収合併 ■
土木製品を担当しておりました100%子会社の岡部
シビルエンジ㈱を、岡部㈱に吸収合併し、新たに「岡
部㈱土木事業部」としてスタートいたしました。
これにより、支店の営業担当者がゼネコンから入手
する「法面工事の現場情報」と、土木営業担当者が入
手する「法面工事に付随する施設等の現場情報」とが、
積極的に交換されるようになります。
今後、こうした密な情報交換により、需要の取りこ
ぼしを防ぎ、より効果的な営業活動を実施してまいり
ます。
■ 東京支店と北関東支店を統合 ■
東京支店と北関東支店を統合し、新「東京支店」と
してスタートいたしました。
既に両支店は、請求業務組織と受発注業務組織を共
有しておりましたが、営業組織も一本化することで、
より機動的な営業活動が可能となります。
新「東京支店」は、東京・千葉・神奈川・山梨・埼
玉・群馬・栃木・茨城の1
都7県をテリトリーといた
しますが、同地区は国内最
大の需要地となっており、
同地区における営業の機動
力 を 高 め る こ と で、 市 場
シェアのさらなる拡大を
図ってまいります。
4
セ グメント別の概況
自動車関連製品事業
11.7%
売上高構成比
売 上 高
営業利益
ホテル事業
3,300百万円
(前年同期比 11.2%増)
470百万円
(前年同期比 35.9%増)
7.8%
中国の製造・販売拠点が稼働
米国経済の緩やかな回復に伴い、バッテリー部品の需
要が堅調に推移したことにより、売上高は33億円(前年
同期比11.2%増)となりました。
営業利益はバッテリー部品の生産・物流コスト削減に
注力した結果、4億7千万円(前年同期比35.9%増)とな
りました。
当社グループは、世界最大の自動車生産国である中
国市場への本格的な進出を図るべく、浙江省長興県
(上海より西に190km)に製造・販売拠点を建設して
おりましたが、このたび同拠点が完成し稼働を開始い
たしました。同拠点は、米国、イタリアにて培った当
社グループ独自の優れた生産技術と環境対応技術を有
しております。
今後は、米国、イタリアに中国を加えた3拠点から、
競争力のある高品質な製品を効率的かつ安定的に供給
するとともに、新たな販路の開拓に努めることで、全
世界における市場シェアの拡大に注力してまいります。
売上高構成比
その他の事業
売 上 高
営業利益
2,211百万円
(前年同期比 12.0%増)
△208百万円
(前年同期 △148百万円)
2.3%
売上高構成比
売 上 高
営業利益
640百万円
(前年同期比 9.0%減)
60百万円
(前年同期比 21.0%減)
宿泊需要の低迷によりホテル間のシェア争いが激化す
海洋事業において大型案件が減少したことなどにより、
るなか、旅行会社等への個別営業を強化し、新規顧客の
売上高は6億4千万円(前年同期比9.0%減)となり、営業
獲得に努めた結果、売上高は現地通貨ベースでは微減に
利益は6千万円(前年同期比21.0%減)となりました。
とどまり、また、円安による為替換算レートの影響から、
22億1千1百万円(前年同期比12.0%増)となりました。
営業損益は販売促進等による経費の増加や為替換算の
影響から、2億8百万円の損失(前年同期は1億4千8百万
円の営業損失)となりました。
バッテリー端子製品
(ウォーター・グレムリン・カンパニー)
売上高
中間期
(単位:百万円)
通期
営業利益
中間期
(単位:百万円)
売上高
中間期
通期
(単位:百万円)
通期
営業利益
中間期
(単位:百万円)
売上高
中間期
通期
(単位:百万円)
通期
営業利益
中間期
(単位:百万円)
通期
7,238
6,129
6,867
5,110
(予想)
5,256
5,988
831
3,300
903
1,043
758
(予想)
4,821 4,802
3,740
(予想)
147
121
4,385
2,077
1,857
247
2009
5
2010
2011
2012
2013
2009
2010
2011
2012
2013
2009
2010
2011
2012
2013
(予想)
125
640
2009
2010
2011
2012
△208
2013
2009
2010
284
1,486
1,239 1,153
43
42
2,211
470
97
(予想)
2011
2012
2013
(予想)
105
2009
2010
△4
2011
15
2012
60
2013
6
連 結財務諸表
四半期連結貸借対照表 要旨
科 目
(単位:百万円)
前連結会計年度
(2012.12.31)
資産の状況
当第2四半期
連結会計期間
(単位:百万円)
資産合計
65,767
(2013.6.30)
42,258
43,056
固定資産
23,505
27,629
有形固定資産
16,850
19,698
無形固定資産
848
968
5,806
6,961
繰延資産
3
7
資産合計
65,767
70,692
投資その他の資産
流動資産
42,258
負債の部
流動負債
23,271
22,359
固定負債
8,239
9,644
負債合計
31,510
32,003
38,518
39,569
資本金
6,911
6,911
資本剰余金
6,042
6,042
利益剰余金
26,595
27,647
自己株式
△1,031
△1,031
その他の包括利益累計額
△4,261
△881
210
596
△4,471
△1,478
純資産合計
34,256
38,688
負債純資産合計
65,767
70,692
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定
7
固定資産
27,629
前 期
(2012.12.31)
当第2四半期
(2013.6.30)
負債純資産合計
65,767
流動負債
23,271
固定負債
8,239
負債
31,510
純資産
34,256
前 期
(2012.12.31)
売上高
25,863
28,207
営業活動によるキャッシュ・フロー
2,548
2,647
売上原価
18,769
20,239
投資活動によるキャッシュ・フロー
△601
△1,815
売上総利益
7,093
7,967
財務活動によるキャッシュ・フロー
△1,278
△796
販売費及び一般管理費
5,336
5,381
現金及び現金同等物に係る換算差額
220
494
営業利益
1,757
2,586
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
889
529
営業外収益
167
206
現金及び現金同等物の期首残高
16,244
17,295
営業外費用
119
109
現金及び現金同等物の四半期末残高
17,133
17,825
経常利益
1,805
2,683
特別利益
1
2
特別損失
98
18
1,708
2,667
法人税等合計
746
1,195
少数株主損益調整前四半期純利益
962
1,471
四半期純利益
962
1,471
( 2012.6.30 )
2012.1.1〜
税金等調整前四半期純利益
負債・純資産の状況
純資産の部
株主資本
固定資産
23,505
(単位:百万円)
負債純資産合計
70,692
負債
32,003
純資産
38,688
流動負債
22,359
固定負債
9,644
四半期連結包括利益計算書
2013.1.1〜
(単位:百万円)
当第2四半期
連結累計期間
962
1,471
1,534
3,380
30
386
為替換算調整勘定
1,504
2,993
四半期包括利益
2,496
4,851
少数株主損益調整前四半期純利益
その他の包括利益
( 2012.6.30 )
2012.1.1~
前第2四半期
連結累計期間
科 目
( 2013.6.30 )
前第2四半期
連結累計期間
科 目
その他有価証券評価差額金
当第2四半期
(2013.6.30)
四半期連結キャッシュ・フロー計算書 要旨(単位:百万円)
当第2四半期
連結累計期間
科 目
流動資産
43,056
(単位:百万円)
前第2四半期
連結累計期間
資産合計
70,692
資産の部
流動資産
四半期連結損益計算書 要旨
( 2012.6.30 ) ( 2013.6.30 )
2012.1.1〜
キャッシュ・フローの状況
現金及び
現金同等物の
期首残高
17,295
投資活動による
キャッシュ・フロー
△1,815
営業活動による
キャッシュ・フロー
2,647
当第2四半期
連結累計期間
2013.1.1〜
(単位:百万円)
現金及び
現金同等物に 現金及び
係る換算差額 現金同等物の
四半期末残高
494
17,825
財務活動による
キャッシュ・フロー
△796
( 2013.6.30 )
2013.1.1~
当第2四半期
(2013.1.1∼2013.6.30)
8
会 社の概要/株式の状況
会社概要(2013年6月30日現在)
株式の状況(2013年6月30日現在)
商
創
設
資
発行済株式総数
号
業
立
金
本
岡部株式会社(OKABE CO., LTD.)
1917年(大正 6 年)4 月14日
1944年(昭和19年)2 月 1 日
69億1,170万円
株
主
総
55,290,632株
数
社
東京都墨田区向島四丁目21番15号
電話(03)3624−5111(大代表)
(ホームページ http: //www.okabe.co.jp/)
建設関連製品事業
12,267名
所有者別株式数分布状況
常 勤 者 数
岡部株式会社 685名
連結会社合計 1,834名(うち、国内連結747名)
本
岡部グループ一覧(2013年9月1日現在)
自己名義
5.1%
証券会社
0.4%
個人・その他
24.6%
外国法人等
10.8%
役員紹介(2013年9月1日現在)
(役職名)
取締役社長
取
相
締
談
役
役
廣
(氏 名)
渡
眞
松
本
憲
昭
原
村
本
谷
口
井
橋
貳
健
浩
和
博
裕
男
二
章
正
司
彰
人
取
締
役
取
締
役
取
締
役
取
締
役
石
島
杉
大
山
元
石
取
締
役
ロバート ニール
常務取締役
常務取締役
常務取締役
富
林
社外監査役 平
社外監査役 物
常勤監査役
常勤監査役
田
松
部
英
悦
康
逸
夫
守
雄
舞 田 隆 志
執 行 役 員 野 崎 知 昭
執 行 役 員 小 茂 田 勝 政
執 行 役 員 野 原 芳 治
執 行 役 員
9
岡部株式会社
北海道支店
東北支店
信越支店
東京支店
名古屋支店
関西支店
中四国支店
九州支店
沖縄支店
ベースパック事業部
土木事業部
(東京都墨田区)
(北海道札幌市)
(宮城県仙台市)
(新潟県新潟市)
(東京都墨田区)
(愛知県小牧市)
(大阪府吹田市)
(広島県広島市)
(福岡県糟屋郡)
(沖縄県豊見城市)
(東京都墨田区)
(東京都墨田区)
自動車関連製品事業
久喜工場
(埼玉県久喜市)
(千葉県野田市)
千葉工場
(京都府久世郡)
京都工場
(埼玉県久喜市)
OMM株式会社
岡部インダストリー株式会社(大阪府吹田市)
(米国イリノイ州)
OCM, Inc.
岡部(上海)商貿有限公司(中 国 ・ 上 海)
オカベ・ホールディングUSA, Inc. (米国イリノイ州)
ウォーター・グレムリン・カンパニー(米国ミネソタ州)
ウォーター・グレムリン・アクイラ・カンパニーS.p.A.(イタリア・ロンバルディア州)
長興華泰格林金属製品有限公司(中 国 ・ 長 興)
(米国イリノイ州)
オカベCO., INC.
ホテル事業
オカベ・ノースアメリカINC. (カナダBC州)
(カナダBC州)
コースト・ホテルズLTD. その他の事業
岡部株式会社
海洋事業部
(東京都墨田区)
お知らせ
(主な担当または兼任)
オカベ・ホールディングUSA, Inc. 取締役社長
オカベ・ノースアメリカINC. 取締役社長
管理部門管掌
技術開発部門管掌
営業部門管掌
配当金の推移
その他の法人
22.7%
大株主
東京支店長
海洋事業部長
ウォーター・グレムリン・カンパニー取締役社長
ウォーター・グレムリン・アクイラ・カンパニーS. p. A. 取締役社長
平松公認会計士事務所代表
物部法律事務所代表
管理部総務人事グループ部長
土木事業部長
国際部長
生産部長
株 主 名
小
林
産
業
株
式
持株数
会
社
5,581
千株
持株比率
10.63
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)
3,440
6.55
株 式 会 社 み ず ほ 銀 行
2,355
4.48
株式会社三菱東京UFJ銀行
2,230
4.25
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)
2,037
3.88
日 本 生 命 保 険 相 互 会 社
1,465
2.79
ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー
1,226
2.33
岡
子
1,004
1.91
岡 部 協 力 会 社 持 株 会
965
1.84
東京海上日動火災保険株式会社
909
部
和
(注)‌1.上表のほか、当社は自己株式2,832千株を保有しております。
2.持株比率は自己株式を控除して計算しております。
1.73
%
18
10
11
800
12
400
5
0
ホームページをご利用下さい
(円)
1,200
15
15
10
国際部統括部長
生産部統括部長・久喜工場長
金融機関
36.4%
株価の推移
(円)
20
2009
2010
2011
2012
0
2013
(予定)
2011
2012
ホームページでは、IR関連情報のほか、会社
案内、製品紹介、特約店紹介など、豊富なイ
ンフォメーションを掲載しております。
2013
http://www.okabe.co.jp/
株主アンケート結果報告
第69期株主通信にて、株主の皆
様とのコミュニケーションを深め
るため実施いたしましたアンケー
トにご協力いただき、厚く御礼申
し上げます。主な質問項目に対す
る回答結果をご報告するとともに、
貴重なご意見を今後のIR活動に活
かしてまいります。
(回答者数644名に基づく結果)
あなたが当社の株式を購入された理由は何で
すか。(いくつでも)
0
将来性
収益性
安定性
独自性
知名度
経営者の考え方
経営方針
事業内容
財務内容・業績
社会・環境問題への取組み度
配当利回り
株主優待
証券会社の勧め
その他
あなたが当社の株式に対する方針を決定する あなたは当社のIR活動について、特に充実を
際、特に重視するものをお知らせ下さい。 希望することは何ですか。
(3つまで)
(いくつでも)
(%)
(%)
(%)
50
3%
1%
3%
3%
1%
0%
1%
100
22%
27%
29%
13%
16%
48%
81%
将来性
収益性
安定性
独自性
知名度
経営者の考え方
経営方針
事業内容
財務内容・業績
社会・環境問題への取組み度
配当利回り
株主優待
その他
0
50
1%
0%
3%
3%
7%
0%
1%
100
19%
22%
23%
0
ホームページでの
情報提供
メールでの
情報提供
50
5%
会社説明会
11%
株主総会
11%
事業報告書
19%
19%
株主向け情報誌
53%
77%
IR広告
その他
100
47%
33%
4%
2%
10