鐵道業における獨占形成と投資金融 (一)-アメリカ金融資本形成の一過程

KURENAI : Kyoto University Research Information Repository
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
URL
鐵道業における獨占形成と投資金融(一) - アメリカ金融資
本形成の一過程 -
越後, 和典
經濟論叢 (1954), 73(2): 123-141
1954-02
http://hdl.handle.net/2433/132342
Right
Type
Textversion
Departmental Bulletin Paper
publisher
Kyoto University
経務論叢
芸事七十三春
地方祝改革案における若干問題・!・
器 二Z
売
.
j
制l
戸
E
e
r
雄(1)
合計皐と経済墜との交渉
鍬
昇
(
1
5
)
政業連合運動の基盤ー・
市 原 亮 平
(
3
0
)
鍛道業における獅占形成と投資金融・・・越後和典
(
4
7
)
曾我部静雄著「均団法とその枕役制度」・・・堀
ノ
ル
江
保
蔵
〔昭和二十九年二月〕
京都大亭経済手曾
(
6
5
)
目
、衣
癒大錦織謹銭
芳系 J
宜 f
註艦設
の統産の線の
形 J
Ei設建の建
成 成 主 談 合 設
(K)凶 掛 合 期 合
大 際 ( ド ヨ1
同
系金以正(宜)
1
1
統融上命斡調
形業本融線占
と投、 l
司
後
和
具
一 過 程 lll
越
舗道設にお付る狗占形成ーと投資金融付
第七十三容
停
呈t
四
七
する投資金融業脅が、雪印鋒の護行、引受業務をもって、漸次、産業に射する後一 E擦を強化し、基礎過稗たる農業に
着 L の形成止い弓観鮪から考察するとみ色、周知の如︿、必債引受業者として撞到しきたった図際金職業者を中心と
は じ ま り 、 潮 吹 そ の 主 斡 か 工 制 裁 に お 上 ぼ今
し世、
融、
資木段階への移行を完了した島一己の過程を﹁癒
紀金
初頭
南北敵争終結後、一八七0 年代夕刊μて開始された十九世紀後ヰの7メリカにゐける樹占の形成位、まず鍛謹裁に
M
¥
t
,
;
]
銭道業におげる濁占形成と投資金融付
統
形
九
を
F
目
(
J
[)
フζ
系
。
フ
(
J
[
)
(T)
ヨ
時
成
ず
ム
li ア メ y タ 金 融 資 本 形 成 の
成者践活形の
と
)程成 J~
期凶
Z
長
(1)
(1)
(1)
睡遣業における澗占形成と技資金融付
第七十一一一巻
静
t
虎
R
耳
i
¥
.
出ずることがてきる
本稿は、アメリカ鍛遣業に
hz
あたり、考察の力黙を、鍛)喝の建設、合同 HH
猫占白形成と投資金融との連盟一の泊求に
の一一過程の全面的な把握のための一準備的考祭にすぎない“
hdhv
己白基礎過程と釘臆する合同l 務占形成の各期における、主要特徴が、投資金融機構との癌川県土一際捨象した形て慨
狂的友銭道建設と、モ白矛盾の展開遁程てある。以下、本章ては、後論心理併のための概括的表品訟を得て沿くため、
た
=
一0年代以降の餓道建設、わけても南北戟争後、外資の導入と政府援助の下に四漸謹動と結びづいて準展した熱
を完成した。以上の合同 HH
獅占形成過程を主導する基礎過程とたったものは、運河合耽の反割と闘いたがb進捗し
八六Olλ0年代)を経て、大系統形成期ハ一八八0年代l今陀紀初ぬ)に完成された姿態をとり、銀行資本との癒着
黙とする工業の瀦占形成運動にさ空だち、早︿屯透明腕純白合同期(一八王0 1六O年一)にはじまり、幹線形成期ハ一
濁占の形成は、一八七九年∞宮内︼凸P E Oロベ自民の形成を出銭
十九世杷後半、アメリカにおける餓遣業の A日間 UH
鋭 遣 の 建 設 合 同 日 H濁 占 の 形 成
た。卵性って、本稿は前者
ける樹占形成過程の中て、前者の一過程を具般的に把慢することを課題とし、さし
産業資本としての限界性をば止揚するに至る一週粍 H Hロックフェラー塑過程││以上白二泊棋聖、主要遁程として総
し、遂には一般的主投資のチナネルとしての銀行にまて、その支配の相別手をのばす己とによづて、これと癒着し、
過程、及び裳礎農業 D 一部門における澗占の形成から同議し、そこて猿bれた定大た利潤をば関連産業部門に投下
治げる獅占形成骨将導しつつ、同らを単なる銀行資本から、金融安本へと質的に特化せしめる一過程1 モルガ γ型
巴T
蓮績線む合同期
観古れ、而して、鍛道心建設、合同そのものが、アメリカ資本主義白後展過程心中てもつ意義が簡単に要約される。
(I)
調立戟宰後、十九世杷末潤占資本の制覇確立に主るまゼ白アメリカ資本主義の護展が、西漸運動白進展と桐臆じ
一八一一五年
ω
るものであヲたことは周知のところである。乙の閲漸逗動白進展のため心不可歓心僚件として臼交通、運総白塗展
は、既に南北戦争まぜに、西漸運動の展開に伴い、例税選時代︹ベ同区切骨 E邑 ]V253i一七九O
n
一八三八年に創設され、
右も、 7メり月における鋪道白建設は、
吋a
ul- 八O七│一八王O年、同開銭遁時代 92Z43R31一八五O 年 以
運河及び河川時代ハF員 PEPE]g
降、の三期を経て進行した。木杭の考察の出裂黙はとω銭道時代てある
鍛議時代に先行する一一十年聞の歴史を有する。 モ白建設は、イギy スに遅れること五年、
一八四O年には-一、
s 問白銭遣に始まる。乙の銭道白延長マイルは僅か十一マイルにすぎず、
三O年に蓮職全開始した出釦]CE2?r
一
。
じかも最初の年は風力または馬力を使用したといわれ弘。その後銭遣の建設は官時の代表的交通機関たる運河合枇
ZECHO等の東部において進捗し、
品]
包
。
]
ち520喝可。叶F 出
の反封と闘いながb、国EEF]UE
0
4司開ロ包
mE 及び、中部諸州における建設が進行した結果、五O年
八一八延長マイル K達したが、績く十年間に Z
には九O 二一延長マイルに及んだ。 しかし一八二一0 1五O年の二0年間にゐける鎖道建設は、いわば鎖道建設の試
験時代てあり、銭道投資は﹁危険心多い投資﹂として、安本調達の困難に悩まねば友b左かったばかりぜたく、運
河合祉の反割にZ ワて、そり念速なる進展を阻まれていた。縫って、運河資本の反封が、己の日進月歩しつつあフ
五
車
プL
問
T
た新護明白前に消失し、州及び政府白財政援助と、イギリス資本の導入が銭遺資本の蓄積を補強する五0年代以降
努七十三を
第
に治いてこそ、モω建設は謹めて大規模かワ念認[email protected]六二六延長
舗道業に布ける潤占形成﹀﹂投資金融付
五
鍛盛山昨における鍋占形成主設資金融付
第七十三位
~
第
盟
主
0
五
υ
F-nh
晶
Q
従って、かかる建設心欣態を反映し、産業資本のため D市場冊明大の要求と
u
自己5ロ或は 5 5ロ形態が採用されたということぞある。
れた一つり舎祉がとれらのん官枇心全資産主譲り受け、出
z
o毛吋白押の宮町乙鎖遣を形成した。伸一八五四
しかもこり積の形態は、合同の初期にこモ多く採用され
MV
命社心手一部が消滅し、新しい合祉がこれに代る E
tkpl
とω期ω合同の特徴は、以上白例でもわかる如く、三つり合祉乃至モれ以上の舎一耽の資産主結合し、新に設立さ
E 仏ρ巳再︺﹃鍛道が鷲足した
を形成し、倒更に同年、の
HEFEP 可。見当弔問。富島内﹃目指。の三銭遣が令同して、 一八五六年に EBE認 可 。 耳 者 品s
o
p
-託 のEE由。餓道
E
E
]民主zq 寸EE 雨鎖道の合同によりの﹃片品。}出口同]5田宮口
CE 白﹀己EE及 び のo
V]︻
戸出。月と印dEEq 問の運輸が一祉の経瞥下におかれた。日開西部に沿いても、。﹃呂自己旬。E4rpEpcr百E己
出 m仲
E砕き︹同居員︺可]
E品と︿日日開 2ECHEZH]告品が合同して 沼南号。百(︺百可戸]鈎道を形成し、これに上ワて、
年J
付一八五三年回白色。か b 目白骨S 河に至る十短紘が合同し、
スグ lト士切った白であった。 己の期の最も注目すべきき合同は、次の如くぜある。
h
Q 即ち鎖道合同は連絡線心形成において、そり
諸紋の統一という形態をとって、現われざるを得なかうたむてあ w
結びつく鍛道心合同は、まず事業の妓率を高め、一貫臓詮心笠をあげるため、連績しているが、連絡してはいたい
主
0 0マイルに蓮ナるものは去かった
っ一貫輸送のための銭遺聞の連絡を必ずしも必要ょしたかったか bぜある。事賞五O年に至るまで、いずれの一線も
計置の下に、盟系的民建設されたも心は少かづた。査し、荷動が地方的な範圏に広まる聞は、餓道路線も短く、か
H話国間)の方式によp建設されたもので、長一初かb 一貫恥品阻む
ところでこり時代の餓道は、部分建設︹3255巳Z
o
田町。弓山地と冨円吉富町宮河とり間白地方に撲がった
イルに遣し、銭話相は中部及び南部の大西洋岸、及びと-
、
ノ
たが、後述白各期には殆と探用されたかったと考え bれる
s
さて、以上白如き六O年士ての鍛造の建設、合同が、アメ
カ資木主義の端正展に演じた役割は、+引の如︿要約さ
HY
れうるであろう。まず四、南、京都との同における遁商上の相互依存関係を緊密化し、統-閣内市場の形成に寄奥
Y テ IVコンの生産物、
したことである。 その結果省時の圏内商業は、コ一つの大吉な流れによって規整される乙とに在った。即ち第一は、
25日官官河に沿っ↑て登達した商業関係亡、中央西部む農産物が甫迭され、他方南部。フラ
冒
舗道業に担ける鞘占形成左投資金融付
れると共に、間部の食旧慣が
22ぐ 関 口]
L に途 puれる
白S
経路、第コ一は、東部の工業製品及び檎入工業製品が、
西部農民に迭られると共に、河を下フて南部ブランデ
ーションに供給される遁路てある。勿論かかる図内商
業の流れは餓遁のみによフて可能になったのでは友く、
l 白夜遣をもたb した餓
運河、海路による交通と銭道とが相侠って形成したり
てある。 一聞して、かかるル
遣は、第一に農産物心版賀債格を低かbしめることに
よって、商業的決議の護展を刺戟した“上表は、農民
が穀物販費によフて入手し得る額を、運送距附別 K、
器
第
主
主
餓道による場合と、通常白道路運誌による場合との比
第七十三巻
t
三日孟λ
特に胞質、砂糖が、それb と交ぬき札て、北迭吐られるル lト、第三は、東部の工業製品が南郊の生産物と交換さ
穀 物 販 賀 入 手 額 〔 ト シt
吉川
錨益業における潤占形成左投資八時融け
体七十三省
一=八
抜
五
農業地帯と士業地帯が結合されるととに上り、農業用機械工業と、消費手段エ裁の圏内市場が抜大された。
第三に、銭道建設は、機械工業、餓鋼業生一,白生産千段生産部門の生産物に封する需要を増大した-一なかんずく銭
遺 ν lル白走大在需要は錨鋼業白渡良を著しく促抽出 Lho
要するにと日時期における鎖道の建設及び合同位、生産、手段消費資料臼阿部門白自立化と、一隅部門に謝する闘
幹線形成期
内市場の形成を促進し、アメリカ産業費本の確立を基礎づけた剥が記憶されねばならぬ。
(E)
し
と
作
て
用
し
特
陀
域道
~~建
都武
警後
震悶
詰暴
走2
従如
禾宅
届く、
長政
る府
たり
造物
主苗
西
部
と
東
部
既に一八六二年
と
252ru内自ロド]HCEP
促極
示積
F
の農業及び餓業の田区展によって、促された餓道建設は未曾有の准捗を示した。
ロッパのモれよりも大きく、世界の線道網の四OMt占めるに至ったのである。
一八八O年
ZI
一九O O年心総延長マイルはみ
ー九O年の十年間はアメリカにおける鍛道建設の頂貼をなし、同 吉
ω
F 斗OMB 一附州在中心とする中部及び阿部諸州
べき進捗は次表がこれを物語るであろふ凶ついてながら犬系統形成期の建設の欣態に言及する友らば、
3 2目。銭唱豆、 (VHEHZ2FOB織活等の大陸模断鋪道を中心とする建設が、熱狂襖におしすすめられた。モ白驚く
鍛遁の建設が賢施に移され、 一八六九年完成をみるに至ったほか、 戦後は西漸運動の焚展と結びつき、 Z2F2E
のpPEE の金鍍後見、或は南北戟争勃後に際しての軍事的必要等々の理由から司冒
大
西陸
部積
諸断
地餓
一八六O年世同時昌
zgq一宮河以西には一マイルの銭惑も敷設されてはいたかったが、 南北戦争は餓道建設に封
刺
戟
結びつける経済的な設として、
る
︼戸
主
較によって一不したものである“もって鎖遣による運送の有利性を知るにたりょう。第三に、上記遁荷ル lト陀より、
第
z
宍
0)
1
:
"
,
す
一入入。
一八七O
一八六O 年
三刊六
一六三、五九七
九一ニ、二六七
五二、九三二
一
C、六二六マイル
ルから一二、九0 0マイルという大巾の抽出動を示した。七百年、八四年、
深刻なるものがあった。この鐙動に幹い餓道建設長も一年一、七O Oマイ
惹起するに充分であったし、笠際一八六五年九五年に至る景気溌動には
しばしば投機的性格士有して Hたことは別としても、経済界の景気饗動を
かく白如く豆大にして念激なる銭泣建設と、それに伴う投資は、モれが
一八九O
一
九
τ
=
一
九00
九三年の相つぐ恐慌が鍛護金闘のみによづて惹起されたもの一て志かったとはいえ、それによワτ 一降深刻たも巴と
たづたことは、たしかであるロ
一買運詮む笠を上げるため促進されたのに到し、この矧心合同が、織誼曾一加問
さて、甫北職午後のかかる建設の進展は、漸く銭道合一杭回の競雫士激化せしめることにたった。 而して前衛てみ
問が、事業の奴率を高め、
た銭道 AU
由競争を媒介として行われるに豆ワた己とは注目にあたいする。即ち競弓にわ引克つためには戟略的た地貼に遁ず圭
a
この貼に闘し、由。ロヰσ百司耳目骨銭遣は、 HLEE-ぉE
ハ凶
]同。丘の資産を買収し、 2
0
4司JEHr かb
H
d
O
M民 間E
線を支配する己とがまず必要であり、地心利を件なければ一定の運賃て競争し利潤を得ることは困難であるからで
ある
五
/
¥
回吉田E E官。陀至る直遇税を支耐配するこ Fに上づて、長︿大陸横断鍛治に劉し有利な立場を保持することがで
r
H に利径をもたらすばかりてなく、競争上ぜひとも必要とな
きた。更に大都市に終貼際世敷設することは、餓遺骨 祉
抗
、
一
七
る。このためしばしば犬都市へ鈎道線を延長するため白連続繰り合併、士たはこれの吸牧、賃借が行われた︾
ιS42gu 銭 遁 ぷ 国ct島 自 に 遁 じ る 冨22m 芸品開民日銭道を貸借し、
六八年ロ
ω]PSRFRr-司25rロ
第七十三荘
第
4
0
4司EHr問り直誼如献を
ぇ c ﹃Z04く]24AV賃借し、 ]VE色。]HFE と H
一年に司SE15EP鎖道が dEe品開E-s
鎚道業における澗占形成主投資金融付
ブ
し
錨遣業に担ける濁占形成正設資金融付
支配下に牧め什如者、いずれもモの顕著な例てある。
第七十三企
第
五回
ζと、以上の如くであるが、とれと同問に、競手の制限を直
量
主
配的であったことが特徴てある。
ηznmpmoE品ZOHF司R耳目的問遣を形成し、(一一)一八六七年
υ
以上白︿口同白際とられた形態は、前期DPE乙FFEEE も若占 lみられたが、己 凶
日
日
比
一 Cロ 或 は E日目立形態が支
m
h
v昌晶、 ED4qEB色]
V
E旬。1︺可の形態も庚く採用された己と、上例の如く Jしあっ
した.
め
3 に及んだ也(四)出SF530芸品。z。鎖活及び(五)CEE 叶告ロ﹁もまた数年後のZE習 に い た る 線 を 闘 逼
三0
同昨日餓道は一八六七年l 七 凶 年 間 に 旨]EZFE己のH
E件当白書ロ銭道を賃借し、かくてその支配は西方透か同区
E加戸問。見当FqgE白のケ丘お。鎚遁及び西部の連絡線を賃借し、の﹁司のい問。に至る直接的なルトを獲得した。合一一)
道を吸牧して、
Cぐ司師同
gmo を結ぶ位線を合併し、他方出口白SロH
鍛道は、 一八六九年にの日白OF54sE2ZZ が出口﹁PE と のE
z
o
dJ円。再よりのZE問。に至るル lトを完成した。(二)司25三EHド 餓 謹 は 一 八 六 八 年 目g
c
a
J犬四件に至る五大幹線銭遁のうち(一)同匂司︿。件の op可巴
幹線鍛遁が形成されたことぜある-即ち のESRC よh
ところそ己の期の以上の如き令同の中ゼ、特に注目すべきは、合同羽化に上る競争力の噌ム人を直接的契機として、
ずれも競争制限むため白合同の客名な事例てある@
山同四品同呂町E白を形成した Q C一一﹀一八六八年 45地
問tE が巨ロ。銭遣の支配権を獲得しようとした“これらは、い
Z044]gZ 銭道がすロミ Eq と Z 2 回目自主会問を走る競府中曾祉のとUPロE品﹄Egq 織選と合同して口中
冨己堤富田目。餓遣が競争排除白目的を以て合同し、
L
o
E 芸品のZE由。弓22 銭 道 と のZE問。告白
接的在契機とする合同をも不可避たらしめた。ハ一)一八六五年のh
競争の激化は、合理化のための合同を促進せしめた
。
た a しかし、幹線鈍道が形成されるや、中央西部地方と大西洋岸との一貫運輸に治ける競争は、一居の深刻さを加
え、出来うる限り、問祉に仕事を多︿とらんがための破滅的な一連心低運賃肢を展開することにな川、その結果づ
一八七0年代に
いに運賃鞍を避けるため共同計算制度を採用し、取扱貨物及び枚目祉をあLかじめ協定した基準に経ワて競争舎一世間
に分配するいわゆる旬。。]形態が紋上の合同諸形態と共に債く採用されることになった。モして、
は、幹線形成に照臆して開始された目。。己が十年聞にわたって操行士極めたと侍えられている。
包
と白期白鎖道建設及び合同がアメリカ資本主義の一登展に及ぼした影響については、後章にゆづることとし、乙乙
d
前者に閲
ζう。餓道の餓鋼業医及ぼした直接的影響については、(一)
レール・機関車等む銭鋼需要白喚起の三方面から看取される
てはただ鎖鋼業との闘係についてのみ簡単にふれてお
原料及び製品の大量輸送臼可能と、
H
M
O
E弓]︿EEの四銭道か吋EE︺己︿皇宮地方白茨回
E百子何号、出己 C言。目告白。﹃目。}
Z044J
同日昨の
)
錨道業に布ける調占形成と投資金融付
いうまでも友く、
第七十三巻
r
このことは]甲山書官且m
停
号
車
ヨZ
五
五四、四O Oト Yに建した。これと共にモの債格も六七年トジ営り一六六F ルから八O年六七・主O Fルに低下し、
し、十五年にはそり生産高は二九O、八六三トンに及び、七七年には銭製レールり生産高を凌駕し、八O年には九
ったが、六七年になっτ、最初白園産ベッセマ l銅レールが生産された叫モの後、銅製レール自生産は徐々に増加
沿いて異に決定的なものとなったのである u 7メリカにおいて最初心銅製レールが使用きれた白は一八六四年であ
らしめた?ゅならず、銭銅製品の職迭にも大きな利盆を奥えた凶しかし鎖道白鍛鋼業に射する役制は、後者心貼に
をして世界最大の鎖鋼業地帯たらしめる己とを意味するも白であった。更に鎖道は原料職迭を増加し、かっ岡滑な
ルスグィル石炭とEg﹃耳ちて結合しうるに至ったことが指摘される。
田園続及び貫通を完成した結果、世界最大のスベリオル糊銀銭石は、銭道及び湖上倫相詮によって、世界最大田コ山小
しては、抽出上白
(
融注業における組占形成-と投資金融け
第七十三容
量
君
のcE-v(β
印
五六
お
m
m
a
m山由工長官ぽとなった)の起源は重大在る意義を有している
﹂ことが指摘されねばたらぬ。一八七
云EE 餓道と白特恵賃率について、同様なる協定に基いているの白口角的戸ogRれほど知られてはいたいが、可g
E)
鍛道曾祉と協定することに主って獲得したる不法なる倒戻白上に礎かれたものであることは周知の遁りであ司叩モ
った餓遣は、またモの獅占形成田槙梓ともなった。﹁印宮ロ己記品。-]の。E
H
V
E可心最初の組織は、抽同地方を通過する
ノl ルスが﹁ 7メリカ銭鋼業の歴史は餓道の歴史てある﹂というも決して過一一一一日てはない。銭鋼業の強展の要因とな
におけるアメリカ銭鋼業をして壮界に比類ゆ尽き愛展をとげしめた一大要因と友ったのずある。それゆえpリプン、
需要の喚起托役立フた。 かくて十九世紀七0年代以降のやヘァセマ l ・レール白生産は飛際的殻展を一示し、こ白時代
第
0年代という比較的早期比生産手段部門の狽占形成が進行した己と、ー ll己の7メHカ潤占資本形成の一特質は、
E
大系統形成期
銭議運輸心強濯に負うと己ろ大であった白てある。
U
んも鎖道舎一世はこの制定と同時に﹁相互業務の移譲、交換を便ならしむる目的﹂を以て種々白貨物
ω4
営時大陸横断餓道
ω
の犬都品目及び大幹線鎖措坦は既に完成されていたかb、合同計書の範園は、従来の地方的小合同より進んで、大銭道、
統制的傾向が傍若合社主してより直接的な企設結合に阿わしめる一大刺戟となったことである
叩しかし注目すべきは政府のかかる
は共同計算の禁止には役立ったが、蓮賃協定に劃しては質款をもら?なかっ ι
取扱周回四を組織し、己れ陀よって技術的に、共同計算を避けつつ運賃の統制を行うようになったリ従ってこむ法律
るK いたった
けた農民心聞に強烈な反針運動を喚ぴ起し、モの岡崎刀白下に、八八年とれが禁止を法定する州際商業法白制定主み
共同計算制度 Q。。])は紋上白如く一八七0年代以降感行士極めたが、後述する如︿、 モの影響を特に顕著にう
(
大幹線聞のー超大合同白形態をとるに至った
υ
わけでも一八九七年、従来州際商業法の枕法手段としての役削を果し
てきた紋上の貨物取扱回世たる﹃PFEZ-22口町号事件﹀員EEsr射し、最高裁判所が、その運賃協定は一八九
H叶ロ自の旨 mo口邑5ロr酎 L
O年制定白反トラスト法に注反するものであるとり判決を下し、 翌年この判例が同。E
て越同されるに及ぴ、ここに鍛遁曾此は違法に左らない手段て運賃を統制する方法を講じる必要に記られた。而し
て唱吉田ZERP鍛遣の社長によってその構想が一示され、︿E斥号去によって賛成された後、質施されるに至った
2日目白旦弓丘互角由同は、協定たしに運賃引下げ競争を制限ナる有放た形態であったら BEES一司。内宮昨日自門は
持株台祉形態か支配曾祉としての持株曾一枇民主る子曾祉支聞の形態をとるに射し、正式の中央機闘がゆな︿、株主中
重役白交挽等白人的結合によって非公式に企業聞の結合が氏現されるところにそ白特色がある。かかる形態心採用
短 矧 聞 で は あ っ た が 何 回 国 首 ロEE は 巴oE日告白同戸。。EEo 鍛
i
Y
によづて、例えばZ 2 5件 C 5己銭主位、ロ同日銭道、 HrESF ピ岳ミドロEFPE当2 5ロ融関道、官2 t H
。
﹁
EZP20 鍛道を遁じめ85-tzz]sq 鎖道を支
冠。唱出宅自芸品目白門司。己等々心曾祉に主役を送り、 ﹁
u
配 す る 同E岳 品 鍛 道 を 出 色ZE20E品。E。餓遣と共に支配した。また他の BEESH3、。ごロ庁 けの中核をなす
ω
E
dss ︼皆、巳斥鎖道心四人の重役はのr
C
H昏当由言言餓謹白重役を品就任し、他の二人は
H
O
L向。 E白Z
のZE由
。
}
︺
耳
目
]
当
白
rES丘団門官己]鎖措の貫役を朱任した
ロ
。F
M
b
o
o
m
ι は dEocHVPE斥 餓 誼 の 主 役 で あ っ た @ しかし雨者の協調的な関係は の
(凶 が
道の重役てあり、。I
S
E由。鍛道に針L濁立の支線を建設し始めるに及んで破棄された。 而してこのことは、 人的信任と協調士
匂ロ古ロ︼V
五七
即ちその限界士ば一市すものであったと
基礎とするのOBEEユ可。?ロ仲間虫"が充分担固たものとなり得ない己と 111
第七十三巻
鵠
考えられる。
錨温業における猫占形成主祝賀金融け
第
嘩道業における潤占形成と技資金融け
第七十王者
主
事
宮
宮
王
八
‘
金を要すること等から、とヴていなし得なかったこの矧の大幹線、大鋭道の超大合同心要求に真に副いうる形態て
強固な企業結合を行う己とを可能にする持株曾一蹴形態が、吸牧、或は資産の買牧等の形態士以τしては、多額の資
A
至った一般株式曾祉の他舎一枇株式の所有は、持株 曾枇設生白端緒を聞きワつあっ加。最もルア額白資金を以て貰汎、
ところで他方、 一八八八年に治ける ZE
叫す昌司州白曾枇法改正に端を裂し、績ぃτ 一連の諸州て法認されるに
四
あったことは多一吉を要したい。 かくて銀上のBE自
己Eq 。ごロ吉岡田仲がその弱鮪を曝露しつつあった前世粗末より
Gould
Moore
l9,OI7,Olo,907
*
2 Kuhn. Loeb の口1te
r
e
坑左癒荒
吉己内。旨]
)wkrzEZ
Hω]
統て賀にこ白闘百マイル数の九主 dpt支回していた白であった。
泊
る。同年白金闘締マイル数は、 一七七、七一二マイルであったかL、六大系
完成した。上表は一九O 一三年に治ける織活業の濁占士如貨に物語るも心ぜあ
金融資本家によっ
τ支配される己とになり、己乙に数個白豆大な銭道系統が
の園の大部分の餓道は如上白持株曾祉を支配する一群のE大銭道資本家及び
に及ぶ鎖道線が金囲網マイル激白過半を占めるに至っている。今世紀初頭己
持株合祉が成立しha これと共に接賢官合併され、一、 000マイル以上
のoE 円r E の
W己]君主の。宮司・等の大
。EHYHWE︹世話。。宮司、円ロ {C
PR告の H
ロ
今世相一初頭には Z25南口団内向ロロ巴自の。Eア回。何日内
求は持株合祉をして支問領域の横大に向わしめる主要な契機となった。
恰も大鎖道資本は銀行資本と白癒着を深めうつあり、そむ創業利得獲得の希
τ持株台祉は漸︿濁占形成白支配的形態になったりぜある。加うるに後宰て具他的に品川析される如く、
,
1070
,
2
5
4,
939
今世紀にかけ
1l
li
l
l group の i
n
t
e
r
e
s
t も合む
持
ヰ 2
【
王u
r
r
U
l
l
n
n
164
,瑚
計
2,
265
,
1
1
6
,
350
1
,
868
,
8
7
7
ヲ5
40
1
,
321,
2
4
8,
711
47
,
206
28
,
157
22,
043
25,
092
1
キ
Morg旦n
19
,
350
pιnn5ylv
ユn
i
n
事
組賓本額
│主醐数│
大系統
1
,
1
6
9,
1
9
6
,
1
3
2
1
,
8
2
,
24
0
2,
235
V
a
n
d
e
r
b
i
l
t
E. J
.
,T
I
o
g
a
r
t
~3
五泊M
問
[
l
l
i
s
t
o
r
yゲ The U
.S
.,1
9
3
8
l
e
v
e
l
a
n
d& P
o
w
e
l
l;i
b
u
l
.
,p.p.299-301.
§軍事 C
き
p
.2
1
1
P
a
r
s
o
n
s TheRaibMYs
,T
l
l
eT
r
l
l
s
t
sand7~恥
2
l
' E. L.Eogart ;必 u
l
.,
p
.
p
.2
28-230
0
6
,p
.203 秘匿く代社~
宣
以坦,
忌吋:t!~'='-~司区制 E型車十円'"リ刊戸 m_ 之ヘミξE 雷矧記詔
s
ν:
t
i Faulkner
,E,仰~omic
19
1議担宰制限 P同混入 iι(
旺ロ i
r〈ピ程E
P 庄曜や〈
1き
;Pぬわ必号 '
.
Rr 1(~ 叫ト日笠 ';1 撰 E割以 11 同事1!.噌被 J い
トf'Q~~量 ω ,t.,1.,\ 0 .f:j再甑柑:n剰匡桝持母出羽ピ心手料 0~
闇唖正巳
Peo.砕す
:
>
.'
R'
i
1' ぺ 戸 m戸
、:
:
;
:
0割
:
;
,
.f
'
QO
H
i
s
t
o
叩ザ t
h
eU
.丘
j
"
'
0ド1
皇
宮
ト E駁需初 ω車時 T相 ¥
'
1
号の o
p
.1
7
1副秘匹。
~
F
.L
.Bog
a
r
t ;出d p
.
p
.3
7
9
2月O
"
0 Bogaτt;i
o
i
d
.,p
.
p
.3
80-382
勺
e
C
l
e
v
e
l
a
n
d& P
o
w
e
l
l;R
a
i
l
r叫 .
7 Fi
叩 n
c
c
,1912,p
. 274
主
g
Clevdand&
.P
o
w
e
l
l;i
b
i
d
.
,p
.2
9
0
.
窓 口 I.
i
阻 C
.A
. Knowle5 ; s,叩1
0m
i
c Da
;
c
!
"
p
m
e
u
ti
J
ltM
E
g
圏寄与刊tf: i
トス
h
<
C
l
e
v
己l
a
l
l
d& 1
'0帆!I ; R
ailroM P,...四川 OJ~ (wd C
a
t
i
l
a
E51E歯世 ~
略J-\l O~O
1
•
V
i
n
e
t
e
e
n
t
hC
eJlt
町 y
,1932,p
.2
3
1
央擢存在 E担
割
E
i
i
;J 1
1[ー<<図。
9
0
9,p
.
'9
4
.
l
u
;
a
t
i
ol1. 1
~ト ~EE 怖現 í~
i
.
g
臥
,R桝世判縛 2剖世利樹
a
: Clevebnd& PoweI
l ;R
a
i
l
r仰イ Fi
畑町"
p
.2
8
7
.
g Clevebnd& pα
,
w
e
l
l;
品
【
'
.
, p
.
p
.2
8
7
2
8
8
E
E Cle切 bnd& PoweI
l ;i
b
i
d
.
,p
.289
出
U
.5
.
, ]
928
,p
.
p
.4
68
穂陸
The E
v
o
l
u
b
o1t
0
1M叫,'rH C(噌 出h
岬,
:
9
2
6
,p
.
p
.196-199
ト爪 ~λr~ 穴~"桝 iキ .HI 癖鮮側面 J <~同。
C
l
e柁 bnd& P
o
w
e
l
l
四 T.~e
T
a
r
b
e
l
l
, The昂 '
s
!
o
吋 そfS
!andard 正江口o
'
m,
.
f 1925
,
1
1
iJ
.A. Hobson
E S
t
a
t
i
s
t
i
c
a
!A
b
s
l
r
a
c
tグ ιS
.,1
9
5
0,p
.4
9
8
.
g
Jon
四,ア'
r
1
l
.d P
r
o
h
lem
~~
主 B
o
g
a
r
t;i
b
i
d
.
,p
.
p
.3
76げ7
g
jlè" 話色「ト,~央軍阜端な割rnl\ J 同 <-1(1\ 図。
d
.,p
.釘 5
噌柑端正卑 E 崎君屯古島笹川部桝曜薩コ;
~
Bog:ut;i
b
i
d
.
,p
.
p 日8
0-882
:
@
: Cleyeland&Powel
1 ;i
b
i
d
.
,p
.
p
.279-2
回
霊童 空
F
幸司世史遺「トス h 宍題視書出ピ再な'"詑 i
芸伊棋 E出
提
澗」長拘置付・匡耳障制 1~.川田・
意
11$ 室長。
JohnM印 dy; T
!uT
r
r
t
t
hA
l
'
o
u
tTheT
r
u
s
t
s
,190
,
4p
.
p
4
3
1
4
4
3
最中十 1
鼎
1
1
1
:同
法 1思
Ff
銑抵業における澗占形成と投資金融け
第十十三盆
1狗占と金融過程
銭道の建設合同
第
披
。
、
ノ
鍛道建設と投機
る少額の資本であって、鍛道建設の一資本としては極めて不充分であった
a
υ
民間資本は一一)
0年代にお
州ならびに聯邦政府の費金援助は運河開
たも心、或は鈎道の始穫する町、村やその周園の商人、農業者によって投,Ebれたも心等、京都心安木台中心とす
項目色自白白捕鯨紫が浪落してその資本が引き上げられ鎖遣業に投ぜb れたもの、海運業から移縛され
いては Z0
々の私的資本家の手中に蓄積されていた貨幣資本のみを以てなし待たも白てはたかった
十九世紀三一0年代に始まる銭道建設、わけても五0年代以降の前章にみた如き念激なる建設白進展は、ひとり、個
(YZ)
支配と、大系統形成過程の把握は木章由理解を不可飲むもりとするであろうからである。
を令せつつ、前章て捨象された建設、 A口同の金融過程が考拠出される。蓋し、後章て述べる投資金融機関心鎖道品聞社
文国領域自横火山契機となった由てある。以下己心過程把掘のために木章ては織活建設と投機白関係自誼求に焦鮪
φ
業者の敗退を必然佑せずんばやま なかった。而してその敗退は外園資木導入の機関として護展してきた投資銀行白
白経営が著しく投機的利得湾得の観角かb行われたことは、やがて銭遺曾枇の破綻ととれに伴う銭道資本家l投機
り裂展は、内外の織道詮多投資を刺戟した。己の温程に沿いて投機業者の鍛造曾一世支配か結果されたが、建設とそ
であった。ところて他方己む建設は餓道株の投機士喚起することによって詩集取引所白護展を促進し、詮先取引所
担、産業資本の確立に寄血(し、幹線形成期には工業におりる湖占形成の一横打ともなったこと、前章て述べた如く
織道建設は一方に治いて織活曾祉問白合同を必然化しつつ、連績線の合同期には統一市場創出のためり槙粁と、な
プ
て
務の場合と同様、アメ Hカ白銀道建設における最も瀬署な特質を形成したのである
Q
﹁各州は信用保設を輿えるこ
R 子州ては六0 0寓
とを間四時しなかったし、或る場合には自b鎖道建設の全事業を引をうけもした。かく亡Z2司 J。
Fル心資金を H42JEHruAZ建設に貸興し、冨日︺己E白州は出口]門戸ECZHCrE の銭道笠二O O国ドルを購入し、
州は﹁州内安遇改良﹂に八O O再ドルを、百円 hU
ロ︻戸川は貨に士、一 0 0高ドルを支出した。﹂而して州のかかる
]]{EOF
︼
ω
なゐ
鍛道曾世按助資金は州債の形て大部分ヨーロッパから潜入されたものである。一八コ一六年士てに北部誇州の運河及
の
び銭道に投じた資金は九千高ドルに達したといわれるが、その半ば以上は州債ω形ゼイギリスゼ調蓮された
一一言附一百十 yれば、イギリスはそ白頃聯邦政府の公債千四百高ドル、人口裁園銀行の資木金のために八百高ドルを提供
百
︺
ユEZE
している。-二六年特許期間む満了と共に解散した第一一合衆図銀行は=一、五O O再F ルの資木金主以て 3 口
州の一銀行に改組され、イギリス資本白戦入白仲介にあたるため、 RYFYにその代理機闘を開設しているが、こ
白己とは紋上白E額の資本職入に伴い、 7メリカ自閣の資本輸入機闘が必要とたったからに他左ら在い。なお一八
三五年には商人 C E片岡0司E Z々 は ロ YFYに渡り、 一八一ニ七年﹄司足。aE 島。。自宮司 D前身たるイギリス
資本職入むための金融機関士設立し℃いる己とが後章との閥係上、己己ゼ記憶されねばならぬ。
さ亡、州、蓮邦政府白援助は以上白如き、資金商に白み限定されてはいなかった。聯邦政府が織道舎祉に劃する
土地援奥政策を開始した一八五O年から、モ白政策を廃止した一八七一年までに、聯邦政府は一億五千九吉高エー
即ちイングラ YFとワェ l ルス領上りも七
カー白土地を鎖道曾枇K奥えており、州政府は五千主百高品 lカーを興えている。相世間持された商積は溺俳を合せた
E
n 鍛道だけで同千同百高エーカー、
よりも庚大であり ZOHFOB 可営H
第
﹁これらむ土地に埋賊されて hた右表、銅、右油、金銀たどの地
第七十三巻
蹴
官高エーカーも多かった。しかも土地援典には、
錨道業における洞占形成と投資金融品川
七
1ζ
位進業における端占形成 投責金融付
第七十三者
品
宅
葬
かくて前章ゼ述,へた如き7メ Hカ産業資本白確立の槙粁となった餓
WPE
O年 zcri担
当
三
一
U が最初の銭道株として取引に上場されて以来、銀法詮券の買占め、空
一二七年恐慌直前における銭道株の窪頭を示す一指担問となる。
るには餓道設券が最も有利であると考えbれたかbてある。次白断片的資料は、 20者 ︿2r 株式取引所の溌展じ、
o 査し鍛道は薗内の開護に至要なることが判然とし、園出郊の鷲展を賭け
取引は出ーら]]田町。且を指導したと川いわれh
ロロ品EE 銭道 225F 円。巴可己嫌涯の前身
を民家に特嫁しつコ、モの資力を膨一服して行く一詳の投機業者1株式仲買商の出現をみた。
呼ぶことが必要とせられ、こ己に取引所心機能は[email protected]の危険と損失
金図的に資本を求める己とか必要であった。即ちとの耳、巨額 D株式稜行をみたが、乙れを企図に配給し、史資を
り大規模な安本を要した銭道は、政府、公共闘閣の資金援助を仰いだ己と土越の如くであったか、これと同時に、
吉亡、南北戦守以前には、工業は未だ企図的企業とはならず、そり資金調達は多く地方的であった凶 との時に官
れるゼあろう。
遣の創設、愛展は、如斯、州、連邦政府の千あつい援助と外資心導入によって、はじめて可能と怠ったととが知b
て輿えられたものと評償ずることができる己
銀道建設資金の約六割が精周政府のふと己ろから、約七億七百高F ルは現金で、約三億三千五百高ドルは土地の形
ドル五セントから一=0セyトゼ買却されたであろうから、紋上白資金援助と土地援奥とを合計すれば﹁ 7メリカ白
下資源も、その上に生い茂る木材もすべて含まれていた﹂白てある。無料て獲得した鎖道用地は一 エーカー宮町ノ
ノ
1
仲良商の敷
Harkm R
u
i
l
r
o
a
u
一日平均取引株数
ハ
CC
0cc
0cc
五
、
、
一
DryD口ck l
l
a
n
k
一八一七
一八四八
Delaw:
lTc& Hud
回目
25
126
1
8
9
1
1
2}
;
j
'
午
East Rivcr I
n
s
u
r:
l
.n
C
e
鋪道業におけ
O年以降、最初白自信屯互己O
H たる ]20yrEO
44
が現われたこと、わけでも一八五
第七十三巻
第
量
走
J
Q狗占形成工乙投資金融付
九
即日銭道白日午奪戦にその頂黙を見出す ことができ町内 u営時白 7 メリカの一此曾的腐敗と結びフく、多くり屑をひそむ
全く投機的利得獲得の視角かb行われるに至った己 h乙である d 而しτ、 そ の 最 も ド ラ マ テ ッ ク 左 表 現 は 六 八 年 心
寸
む敗返り後をうけ、ロEE] 巴EFFE]d
Z
F 守︺﹃のE E等白大ず筋が現われる宅、彼等によって銀法倉祉の経瞥は
計書的に投機利得を獲得する
の一中かbA公開市場て銭道合祉白株式を買入れ餓道舎一肱の支配を獲得するととによワて、帥側道合祉を内部から操縦し、
支臨領域の拡大に寄興した己とはいうま し
J もない。こむととは後章て誼べるが、ここに注意すベきは株式仲買商人
かかる鍛道株む上場は外図資本の銭道詮容への投資の刺戟となり、経って外資心臓入機関として闘際金融業者 D
1835年 3月 15日 出 来 高
5コ1
129M
"
Mohmvk Railroad
United S
t
a
t
c
sB
ι 口k
1
2
2
1
1
2
}
.
{
104)
4
'
1
5
0
Union Eank
O
C
2
5
0
Manbattan GasC
:
omp
J
amaica R
a
i
l
r
o
a
d
O
l
五一両~ tlI9I<O干
│五
七
。
ブL
次
戸
、
O A
戸
、
、
J
戸
、
柄
銘
錨遣業における潤占形成と投資品融け
第イ十一ニ怨
I
'
B
策
室
克
ノ
、
回
道合祉大 O紅白衣の株債務到の指擦がこれを物詩人 ud
鋪道株が如何に計霊的な故機利相刊の針象となった 引
h は、代表的危餓
は、決し亡怪しむに足りたいであろう@
ベき一一湿り諸事件が、本質的には投機利得獲得をめぐって起ったとと
C
G
6
.
2
8
4
7
63.
71
.
00
7
2
.
3
5
6
5
.
0
9
6
6
.
2
9
回出初出町制印
1
0
1.
5
4
E生 85
7
9
.
8
0
mmm
6
7
.
8
6
8
7
.
0
4
叩引田町出沼田町回日間山部但町田町田
邸内刊日時同町田市〆悶竹時国崎盟国引田
5
3
.
5
0
4
7
.
2
8
3
G
.
3
3
3
7
.
7
7
mH 旬乃廿問問刊
6
9
.
G
l
5
8
.
'
(
9
最低
最前
u(
以下別抗)
L が、己れを上掲表白如く主要株と一位債の﹁礎化の
跡と比較するとき、投機の規模口更に明瞭となろう
ドルにすぎたかった
﹁一八八O年に一斗均一七四ドルで賀bれた株債は八五年には僅か一一二
株慎重き動
魁:3
~~号越色「か,,-弐\l1 J
i
く阿回。
~
g
ト恥か λ 「ト、~"桝特例 1草壁出制 ~J 制 1
同11
m
(
。
'
e Wi
l
I
i
s& ;
B
o
gen jhwt
岬 附'
l
tB
a
n
k
i
n
!
:
,1929,p.p. 15ι
g
出d
.
,p
.
p
.1
5
9
.
雲
打1
eS
t
o
s
ァ ザ 叫I
IS
o
'
e
e
t
,1
9
2
8, p
.
P回
1
4
4
War5
h<町,出'
d
.,p
,
p
.1
ω136
目
惚
0
6
.p
.
p
.1
1
5
6
pヨ
,
"t
仕t;出
i
b
,i
d
ま
九
, p
.2
5
品4
'
a
: Pa四
h恥i:¥,;,程思砕石田図。
:
g Parsons;TIuRailwys,The Trustsand ThePlo伽百
E
き Warshow
B
E 哨
W:
a
阻m
帥h叩
o
W;耐
1
5
9
:
;
E
: Wi
I
I
i
s&Bogen
P
r
a
t
t
;The況 の kofui
t
!
lS
t
r
e
e
t
,1
9
21
.p
.1
1
.
1
9
n
5;i
o
i
d
.
,t. 1
2
01
2
2
〈時纏坦宮再 1十〈叶世話 Q i
寵時 l
i
i
l
i
i相」記 4 の俸制♀│論
¥
,
,
,
,
,
,
)
W
i
l
l
i
s& l
3
0gen ;i
b
i
d
.,
p
.1
田
種相*暗記持母的建屯融資 ""1幹細~樫:r:
"午十 1
事
I
I
l
II
帳 1舗
1
(同