平成14年 3月26日 第1354号

︵
附
属
明
細
︵
附
属
細
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
郡
市
森
林
の
所
在
場
所
大
字
字
地
番
︵ 台
平
方
メ
ー
ト
ル
︶ 帳
︵ 見
ヘ
ク
タ 込
ー
ル
み
︶
︵ 見
ヘ
ク 込
タ
ー 面
ル
︶ 積
指
定
の
目
的
秋
田
県
告
示
第
百
九
十
九
号
⃝
特
定
調
達
契
約
に
係
る
一
般
競
争
入
札
の
実
施
︵
保
健
体
育
課
︶
告
示
全
面
積
保
安
林
指
定
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
伐
採
種
別
立
木
の
標
準
伐
伐
採
期
齢
の
るの特間 方
も伐別伐 法
の採のそ
に場の
係合他
指
定
施
業
要
び法にの立 樹、植限木 件
種期栽度の
間の並伐
及方び採
1
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
次
の
森
林
を
保
安
林
に
指
定
す
る
。
森
林
法
︵
昭
和
二
十
六
年
法
律
第
二
百
四
十
九
号
︶
第
二
十
五
条
の
二
第
二
項
の
規
定
に
よ
り
、
秋
田
県
告
示
第
二
百
一
号
⃝
県
営
土
地
改
良
事
業
の
換
地
処
分
︵
平
鹿
総
合
農
林
事
務
所
︶
⃝
土
地
改
良
区
の
役
員
の
退
任
及
び
就
任
の
届
出
︵
平
鹿
総
合
農
林
事
務
所
︶
⃝
市
町
村
営
土
地
改
良
事
業
の
施
行
の
同
意
︵
仙
北
総
合
農
林
事
務
所
︶
⃝
県
営
土
地
改
良
事
業
の
換
地
処
分
︵
仙
北
総
合
農
林
事
務
所
︶
⃝
市
町
村
営
土
地
改
良
事
業
の
施
行
の
同
意
︵
由
利
総
合
農
林
事
務
所
︶
⃝
県
営
土
地
改
良
事
業
の
換
地
処
分
︵
由
利
総
合
農
林
事
務
所
︶
⃝
⃝ ⃝ ⃝ ⃝ ⃝ ⃝
土
都 大 大 道 保 海
地 公 市 規 規 路 安 岸 告
改 計 模 模 の 林 保 良 告 画 小 小 供 の 全 示
区
事 売 売 用 指 区
の
業 店 店 開 定 域
定
の 舗 舗 始 ︵ の
款
認 の の ︵ 二 指
変
可 施 新 二 〇 定
更
︵ 設 設 〇 一 の
の
二 等 に 二 ・ 一
認
〇 の 関 ・ 森 部
可
五 変 す 道 林 改
︵
・ 更 る 路 土 正
山
由 に 届 環 木 ︵
本
利 関 出 境 課 一
総
建 す ︵ 課 ︶ 九
合
設 る 二 ︶
九
農
事 届 〇
、
林
務 出 三
二
事
所 ︵ ・
〇
務
︶ 二 商
〇
所
〇 工
・
︶
四 業
河
・ 振
川
商 興
課
工 課
︶
業 ︶
振
興
課
︶
に
改
め
る
。
区
域
並
び
に
衣
川
の
区
域
並
び
に
砂
防
指
定
地
芦
川
、
親
川
、
深
沢
川
、
三
川
及
び
小
屋
川
の
区
域
﹂
田
県
秋
田
沿
岸
本
荘
海
岸
の
項
中
﹁
二
級
河
川
衣
川
及
び
松
ヶ
崎
漁
港
の
区
域
﹂
を
﹁
松
ヶ
崎
漁
港
下
に
﹁
。
た
だ
し
、
下
浜
鮎
川
の
区
域
及
び
砂
防
指
定
地
鮎
川
の
区
域
を
除
く
。
﹂
を
加
え
、
秋
岸
秋
田
海
岸
新
屋
、
下
浜
地
区
海
岸
の
項
中
﹁
基
点
1
を
結
ん
だ
線
に
よ
つ
て
囲
ま
れ
た
区
域
﹂
の
﹁
鮪
川
滝
川
﹂
を
﹁
並
び
に
鮪
川
、
滝
川
、
安
田
川
及
び
小
増
川
﹂
に
改
め
、
同
表
秋
田
県
秋
田
沿
及
び
大
砂
川
川
﹂
を
加
え
、
同
表
秋
田
県
秋
田
沿
岸
男
鹿
海
岸
五
里
合
、
男
鹿
中
地
区
海
岸
の
項
中
﹁
奈
曽
川
﹂
の
下
に
﹁
、
中
の
沢
川
、
川
袋
川
及
び
市
の
沢
川
の
区
域
並
び
に
砂
防
指
定
地
川
袋
川
防
指
定
地
雪
川
及
び
二
古
川
﹂
を
加
え
、
同
表
秋
田
県
秋
田
沿
岸
象
潟
海
岸
上
浜
地
区
海
岸
の
項
中
の
項
中
﹁
君
が
野
川
﹂
の
下
に
﹁
、
勝
手
川
、
二
古
川
、
雪
川
川
及
び
沼
尻
川
の
区
域
並
び
に
砂
の
下
に
﹁
。
た
だ
し
、
野
村
川
の
区
域
を
除
く
。
﹂
を
加
え
、
同
表
秋
田
県
秋
田
沿
岸
岩
城
海
岸
川
の
区
域
を
除
く
。
﹂
を
加
え
、
同
表
秋
田
県
秋
田
沿
岸
男
鹿
海
岸
北
浦
地
区
海
岸
の
項
中
﹁
ま
で
﹂
表
秋
田
県
秋
田
沿
岸
峰
浜
海
岸
の
項
中
﹁
ま
で
﹂
の
下
に
﹁
。
た
だ
し
、
砂
防
指
定
地
小
釜
沢
毎
週
火
・
金
曜
日
発
行
目
次
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
第1354号
に
改
正
す
る
。
海
岸
保
全
区
域
の
指
定
︵
昭
和
五
十
四
年
秋
田
県
告
示
第
三
百
三
十
三
号
︶
の
一
部
を
次
の
よ
う
秋
田
県
告
示
第
二
百
号
川
の
区
域
を
除
く
。
﹂
を
加
え
る
。
海
岸
保
全
区
域
中
﹁
た
区
域
﹂
の
下
に
﹁
。
た
だ
し
、
砂
防
指
定
地
泊
川
、
白
滝
川
及
び
上
の
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
に
改
正
す
る
。
海
岸
保
全
区
域
の
指
定
︵
昭
和
五
十
一
年
秋
田
県
告
示
第
二
百
六
十
二
号
︶
の
一
部
を
次
の
よ
う
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
三 二
(一) 場
所
建
設
交
通
部
道
路
環
境
課
供
用
開
始
の
区
間
を
表
示
し
た
図
面
を
縦
覧
す
る
場
所
及
び
期
間
県
供
用
開
始
の
期
日
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
熊
堂
六
郷
線
一
株
式
会
社
ジ
ョ
イ
ス
代
表
取
締
役
小
苅
米
淳
一
大
規
模
小
売
店
舗
を
設
置
す
る
者
の
氏
名
及
び
住
所
届
出
事
項
の
概
要
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
路
線
名
仙
北
郡
仙
南
村
金
沢
西
根
字
釜
蓋
六
三
番
五
地
先
(一) 岩
手
県
盛
岡
市
東
安
庭
二
丁
目
一
番
三
十
号
道
路
の
種
類
道
か
ら
大
曲
市
藤
木
字
乙
板
杭
一
七
七
番
一
ま
で
一
供
用
開
始
の
区
間
区
間
県
に
対
し
意
見
書
を
提
出
し
、
こ
れ
を
述
べ
る
こ
と
が
で
き
る
。
い
て
意
見
を
有
す
る
場
合
は
、
同
法
第
八
条
第
二
項
の
規
定
に
よ
り
、
縦
覧
期
間
満
了
の
日
ま
で
に
り
道
路
の
供
用
を
開
始
す
る
。
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
な
お
、
当
該
大
規
模
小
売
店
舗
の
周
辺
地
域
の
生
活
環
境
の
保
持
の
た
め
配
慮
す
べ
き
事
項
に
つ
お
り
公
告
し
、
関
係
書
類
を
縦
覧
に
供
す
る
。
規
模
小
売
店
舗
の
新
設
に
関
す
る
届
出
が
あ
っ
た
の
で
、
同
条
第
三
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
次
の
と
大
規
模
小
売
店
舗
立
地
法
︵
平
成
十
年
法
律
第
九
十
一
号
︶
第
五
条
第
一
項
の
規
定
に
よ
り
、
大
秋
田
県
告
示
第
二
百
三
号
道
路
法
︵
昭
和
二
十
七
年
法
律
第
百
八
十
号
︶
第
十
八
条
第
二
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
次
の
と
お
秋
田
県
告
示
第
二
百
二
号
(二)
期
間
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
か
ら
同
年
三
月
八
日
ま
で
︵
﹁
附
属
明
細
書
﹂
は
、
省
略
し
、
林
務
部
森
林
土
木
課
及
び
秋
田
総
合
農
林
事
務
所
並
び
に
男
鹿
市
役
所
に
備
え
置
い
て
縦
覧
に
供
す
る
。
︶
第1354号
男
鹿
市
郡
市
北
浦
入
道
崎
大
字
昆
布
浦
字
二
の
二
二
二
の
一
五
、
八
四
七
八
七
、
七
七
七
〇
、
五
八
四
七
八
、
七
七
七
七
〇
、
五
八
四
七
六
、
四
七
七
〇
地
番
︵ 台
平
方
メ
ー
ト
ル
︶ 帳
︵ 見
ヘ
ク
タ 込
ー
ル
み
︶
︵ 見
ヘ
ク 込
タ
ー 面
ル
︶ 積
指
定
の
目
的
風
害
の
防
備
伐
採
種
別
り 書 ︵
︶ の 附
属
と 明
お 細
る の 伐
。 も 期
の 齢
と 以
す 上
定
め
る
標
準
整
備
計
画
で
市
町
村
森
林
町
村
に
係
る
所
在
す
る
市
り 書 ︵
︶ の 附
属
と 明
お 細
り 書 ︵
︶ の 附
属
と 明
お 細
当
該
立
木
の
森
林
の
所
在
場
所
る
立
木
は
、
こ
と
が
で
き
伐
採
を
す
る
主
伐
と
し
て
全
面
積
保
安
林
指
定
立
木
の
標
準
伐
伐
採
期
齢
の
るの特間 方
も伐別伐 法
の採のそ
に場の
係合他
指
定
施
業
要
び法にの立 樹、植限木 件
種期栽度の
間の並伐
及方び採
2
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
四
意
見
書
の
提
出
先
三
(一) (二)
関
平 期 仙 県 場 係
成 間 南 庁 所 書
十
村 第
類
四
役 二
の
年
場 庁
縦
三
舎
覧
月
企 一
場
二
画 階
所
十
課 及
六
県
び
日
政
期
か
情
間
ら
報
同
資
年
料
七
室
月
二
十
六
日
ま
で
平
成
十
四
年
三
月
十
三
日
二
届
出
年
月
日
(十) (九) (八) (七) (六) (五) (四)
(十
(十
(十
三)
二)
一)
午
前
七
時
か
ら
午
後
五
時
ま
で
荷 二 駐 午 来 開 小 百 廃 百
さ か 車 前 客 店 売 四 棄 五
ば 所 場 八 が 時 業 立 物 十
き
の 時 駐 刻 を 方 等 平
施
自 四 車 行 メ の 方
設
動 十 場 午 う ー 保 メ
に
車 五 を 前 者 ト 管 ー
お
の 分 利 九 の ル 施 ト
い
出 か 用 時 開
設 ル
て
入 ら す 店
の
荷
口 午 る 閉 時
容
さ
の 後 こ 店 刻
量
ば
数 九 と 時 及
き
時 が 刻 び
を
十 で 閉
行
分 き 午 店
う
ま る 後 時
こ
で 時 九 刻
と
間 時
が
帯
で
き
る
時
間
帯
荷
さ
ば
き
施
設
の
面
積
百
四
十
一
台
一
(五) (四)
(三)
(1)
(2)
消
費
者
の
利
便
性
の
た
め
3
変
更
す
る
理
由
平
成
十
四
年
三
月
二
十
日
変
更
の
年
月
日
イ
変
更
後
二
十
四
時
間
た
だ
し
、
年
間
二
十
日
間
は
午
前
七
時
か
ら
午
後
十
一
時
三
十
分
ま
で
ア
変
更
前
午
前
八
時
三
十
分
か
ら
午
後
十
一
時
三
十
分
ま
で
来
客
が
駐
車
場
を
利
用
で
き
る
時
間
帯
イ
変
更
後
二
十
四
時
間
営
業
第1354号
ア
変
更
前
開
店
時
刻
午
前
九
時
、
閉
店
時
刻
午
後
十
一
時
マ
ッ
ク
ス
バ
リ
ュ
東
北
株
式
会
社
小
売
業
を
行
う
者
の
開
店
時
刻
及
び
閉
店
時
刻
変
更
す
る
事
項
秋
田
市
広
面
字
近
藤
堰
越
五
十
番
一
外
(二)
広
面
シ
ョ
ッ
ピ
ン
グ
セ
ン
タ
ー
大
規
模
小
売
店
舗
の
名
称
及
び
所
在
地
北
海
道
札
幌
市
厚
別
区
厚
別
中
央
三
条
二
丁
目
一
番
四
十
一
号
(一) ホ
ー
マ
ッ
ク
株
式
会
社
代
表
取
締
役
社
長
前
田
勝
敏
大
規
模
小
売
店
舗
を
設
置
す
る
者
の
氏
名
及
び
住
所
届
出
事
項
の
概
要
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
(三)
駐 千 駐 一 店 平 大 岩 株
輪 三 車 万 舗 成 規 手 式
場 台 場 二 面 十 模 県 会
の
の 千 積 四 小 盛 社
収
収 百 の 年 売 岡 ジ
容
容 八 合 十 店 市 ョ
台
台 十 計 一 舗 東 イ
数
数 五
月 の 安 ス
平
十 新 庭 方
三 設 二 代
メ
日 を 丁 表
ー
す 目 取
ト
る 一 締
ル
日 番 役
三 十 小
号 苅
米
淳
一
県
に
対
し
意
見
書
を
提
出
し
、
こ
れ
を
述
べ
る
こ
と
が
で
き
る
。
い
て
意
見
を
有
す
る
場
合
は
、
同
法
第
八
条
第
二
項
の
規
定
に
よ
り
、
縦
覧
期
間
満
了
の
日
ま
で
に
な
お
、
当
該
大
規
模
小
売
店
舗
の
周
辺
地
域
の
生
活
環
境
の
保
持
の
た
め
配
慮
す
べ
き
事
項
に
つ
五
条
第
三
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
次
の
と
お
り
公
告
し
、
関
係
書
類
を
縦
覧
に
供
す
る
。
規
模
小
売
店
舗
の
変
更
に
関
す
る
届
出
が
あ
っ
た
の
で
、
同
条
第
三
項
に
お
い
て
準
用
す
る
同
法
第
大
規
模
小
売
店
舗
立
地
法
︵
平
成
十
年
法
律
第
九
十
一
号
︶
第
六
条
第
二
項
の
規
定
に
よ
り
、
大
秋
田
県
告
示
第
二
百
四
号
小
売
業
を
行
う
主
な
者
の
氏
名
及
び
住
所
仙
北
郡
仙
南
村
大
字
南
町
字
南
高
野
六
番
外
(二)
ジ
ョ
イ
ス
仙
南
店
大
規
模
小
売
店
舗
の
名
称
及
び
所
在
地
五
(三)
(二)
(一) 意
見
を
述
べ
る
理
由
意
見
の
対
象
と
な
る
大
規
模
小
売
店
舗
の
名
称
意
見
を
述
べ
る
者
の
氏
名
及
び
住
所
意
見
書
に
添
付
す
る
書
面
に
記
載
す
べ
き
事
項
秋
田
市
山
王
四
丁
目
一
番
一
号
秋
田
県
産
業
経
済
労
働
部
商
工
業
振
興
課
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
四
土
地
改
良
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
第
百
九
十
五
号
︶
第
三
十
条
第
二
項
の
規
定
に
よ
り
、
秋
田
(二) (一) な 使 由
し 用 利
の 郡
部 大
分 内
町
岩
谷
町
字
西
越
公
告
二
土
地
改
良
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
第
百
九
十
五
号
︶
第
九
十
六
条
の
二
第
五
項
に
お
い
て
準
用
事 平
収 業 成
用 地 十
の
四
部
年
分
四
月
一
日
か
ら
平
成
十
八
年
三
月
三
十
一
日
ま
で
一
(二)
(一)
(一)
(二)
換
地
処
分
年
月
日
平
成
十
四
年
三
月
十
八
日
県
営
土
地
改
良
事
業
︵
小
山
田
地
区
土
地
改
良
総
合
整
備
事
業
︵
一
般
型
︶
︶
換
地
処
分
年
月
日
平
成
十
四
年
三
月
十
二
日
県
営
土
地
改
良
事
業
︵
下
田
沢
地
区
ほ
場
整
備
事
業
︵
担
い
手
育
成
型
︶
︶
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
づ
き
、
公
告
す
る
。
九
十
五
号
︶
第
八
十
九
条
の
二
第
十
項
に
お
い
て
準
用
す
る
同
法
第
五
十
四
条
第
四
項
の
規
定
に
基
三
事
業
施
行
期
間
特
定
地
区
公
園
事
業
大
内
町
健
康
運
動
公
園
二
一
都 大 施
市 内 行
計 町 者
画
の
事
名
業
称
の
種
類
及
び
名
称
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
二
次
の
県
営
土
地
改
良
事
業
の
換
地
処
分
を
し
た
の
で
、
土
地
改
良
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
第
百
事
業
を
認
可
し
た
の
で
、
同
法
第
六
十
二
条
第
一
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
次
の
と
お
り
告
示
す
る
。
都
市
計
画
法
︵
昭
和
四
十
三
年
法
律
第
百
号
︶
第
五
十
九
条
第
一
項
の
規
定
に
よ
り
、
都
市
計
画
一
(二)
(一) (二)
(一) 事
業
名
土
地
改
良
事
業
︵
下
小
屋
地
区
基
盤
整
備
促
進
事
業
︶
東
鳥
同 由 事 同 海
意 利 業 意 町
年 町 名 年
月
月
日
土 日
地 平
改 平
成
良 成
十
事 十
四
業 四
年
︵ 年
三
鳥 三
月
海 月
十
地 十
五
区 五
日
中 日
山
間
地
域
総
合
秋
整
田
備
県
事
知
業
事
︶
寺
田
典
城
秋
田
県
告
示
第
二
百
五
号
第1354号
五
(三)
(二)
(一) 意
見
を
述
べ
る
理
由
意
見
の
対
象
と
な
る
大
規
模
小
売
店
舗
の
名
称
意
見
を
述
べ
る
者
の
氏
名
及
び
住
所
す つ す
る い る 土
平 。 て 同 地
成
、 法 改
十
次 第 良
四
の 十 法
年
と 条 ︵
三
お 第 昭
月
り 一 和
二
同 項 二
十
意 の 十
六
し 規 四
日
た 定 年
の に 法
で よ 律
、 り 第
同 、 百
法 次 九
第 の 十
九 町 五
十 か 号
六 ら ︶
条 協 第
の 議 九
二 が 十
第 あ 六
七 っ 条
項 た の
の 土 二
規 地 第
定 改 五
に 良 項
基 事 に
づ 業 お
き の い
、 施 て
公 行 準
告 に 用
意
見
書
に
添
付
す
る
書
面
に
記
載
す
べ
き
事
項
秋
田
市
山
王
四
丁
目
一
番
一
号
秋
田
県
産
業
経
済
労
働
部
商
工
業
振
興
課
四
意
見
書
の
提
出
先
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
三
(二)
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
か
ら
同
年
七
月
二
十
六
日
ま
で
縦
覧
期
間
二
第
十
項
に
お
い
て
準
用
す
る
同
法
第
五
十
四
条
第
四
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
公
告
す
る
。
の
換
地
処
分
を
し
た
の
で
、
土
地
改
良
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
大
百
九
十
五
号
︶
第
八
十
九
条
の
秋
田
市
役
所
商
業
観
光
課
平
成
十
四
年
三
月
十
九
日
県
営
土
地
改
良
事
業
︵
黒
川
飛
地
区
高
生
産
性
大
区
画
ほ
場
整
備
事
業
︶
(一) 県
庁
第
二
庁
舎
一
階
県
政
情
報
資
料
室
縦
覧
場
所
関
係
書
類
の
縦
覧
場
所
及
び
期
間
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
平
成
十
四
年
三
月
十
八
日
可
し
た
の
で
、
同
条
第
三
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
公
告
す
る
。
二
届
出
年
月
日
県
能
代
地
区
土
地
改
良
区
か
ら
申
請
が
あ
っ
た
定
款
変
更
に
つ
い
て
、
平
成
十
四
年
三
月
十
八
日
認
4
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
特
定
調
達
契
約
に
つ
い
て
次
の
と
お
り
一
般
競
争
入
札
を
行
う
の
で
、
地
方
自
治
法
施
行
令
︵
昭
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
二
第
十
項
に
お
い
て
準
用
す
る
同
法
第
五
十
四
条
第
四
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
公
告
す
る
。
の
換
地
処
分
を
し
た
の
で
、
土
地
改
良
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
第
百
九
十
五
号
︶
第
八
十
九
条
の
平
成
十
四
年
三
月
十
九
日
県
営
土
地
改
良
事
業
︵
十
文
字
地
区
ほ
場
整
備
事
業
︵
担
い
手
育
成
型
︶
︶
〃
〃
字
江
原
二
百
二
十
五
番
地
鈴
木
武
助
〃
〃
字
阿
気
十
三
番
地
奥
山
金
司
〃
〃
字
石
持
百
二
十
二
番
地
高
橋
正
視
〃
〃
字
乗
阿
気
二
百
四
番
地
一
安
藤
一
夫
〃
〃
字
西
四
津
屋
十
三
番
地
小
松
田
正
勝
〃
〃
字
大
慈
寺
東
二
十
番
地
一
小
棚
木
徳
男
平
鹿
郡
大
雄
村
字
六
町
三
百
九
十
七
番
地
古
内
秀
夫
二
就
任
理
事
の
住
所
及
び
氏
名
〃
〃
字
阿
気
十
三
番
地
奥
山
金
司
〃
〃
字
石
持
百
二
十
二
番
地
高
橋
正
視
〃
〃
字
乗
阿
気
二
百
四
番
地
一
安
藤
一
夫
〃
〃
字
東
桜
森
五
十
九
番
地
小
松
田
光
二
〃
〃
字
西
四
津
屋
十
三
番
地
小
松
田
正
勝
〃
〃
字
大
慈
寺
東
二
十
番
地
一
小
棚
木
徳
男
平
鹿
郡
大
雄
村
字
六
町
三
百
九
十
七
番
地
古
内
秀
夫
一
退
任
理
事
の
住
所
及
び
氏
名
第1354号
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
同
条
第
十
七
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
公
告
す
る
。
鹿
郡
大
雄
村
阿
気
土
地
改
良
区
か
ら
次
の
と
お
り
役
員
の
退
任
及
び
就
任
の
届
出
が
あ
っ
た
の
で
、
土
地
改
良
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
第
百
九
十
五
号
︶
第
十
八
条
第
十
六
項
の
規
定
に
よ
り
、
平
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
三 二
一
(三)
(二) (一) (五)
(四)
(三)
(二)
(一) (2)
(1)
(6)
(5) (4) (3)
(2)
(1)
(4)
(3)
(2)
(1)
(2)
(1)
企
入 予(5)
入
書
︶
の
建
築
一
式
工
事
の
総
合
評
点
が
千
五
百
点
以
上
で
あ
る
こ
と
。
5
建
設
業
法
第
二
十
七
条
の
二
十
三
に
規
定
す
る
経
営
事
項
審
査
︵
直
近
の
審
査
結
果
通
知
共
同
企
業
体
に
お
け
る
出
資
比
率
が
各
構
成
員
の
う
ち
最
大
で
あ
る
こ
と
。
共
同
企
業
体
の
代
表
者
と
な
る
構
成
員
は
、
次
に
掲
げ
る
要
件
を
満
た
し
て
い
る
こ
と
。
で
き
な
い
こ
と
。
当
該
共
同
企
業
体
以
外
の
共
同
企
業
体
の
構
成
員
と
し
て
本
件
入
札
に
参
加
す
る
こ
と
は
秋
田
県
一
般
競
争
入
札
参
加
者
名
簿
の
建
築
一
式
工
事
に
登
載
さ
れ
て
い
る
こ
と
。
設
工
事
入
札
参
加
者
指
名
停
止
基
準
に
基
づ
く
指
名
停
止
措
置
を
受
け
て
い
な
い
こ
と
。
入
札
参
加
資
格
確
認
申
請
期
限
の
日
か
ら
当
該
工
事
の
入
札
の
日
ま
で
の
間
、
秋
田
県
建
る
特
定
建
設
業
の
許
可
を
受
け
て
い
る
こ
と
。
建
設
業
法
︵
昭
和
二
十
四
年
法
律
第
百
号
︶
第
三
条
の
規
定
に
よ
る
建
築
一
式
工
事
に
係
令
第
百
六
十
七
条
の
四
の
規
定
に
該
当
し
な
い
者
で
あ
る
こ
と
。
共
同
企
業
体
に
お
け
る
出
資
比
率
が
十
分
の
二
以
上
で
あ
る
こ
と
。
共
同
企
業
体
の
構
成
員
は
、
次
に
掲
げ
る
要
件
を
満
た
し
て
い
る
こ
と
。
業
体
﹂
と
い
う
。
︶
で
あ
る
こ
と
。
四
者
の
構
成
員
か
ら
成
る
任
意
に
結
成
さ
れ
た
特
定
建
設
工
事
共
同
企
業
体
︵
以
下
﹁
共
同
札
に
参
加
す
る
者
に
必
要
な
資
格
定
価
格
三
十
八
億
五
千
三
百
七
十
一
万
円
︵
消
費
税
及
び
地
方
消
費
税
を
含
む
。
︶
同
法
第
九
十
六
条
の
二
第
七
項
の
規
定
に
基
づ
き
、
公
告
す
る
。
鉄
骨
百
三
ト
ン
打
放
型
枠
四
万
二
千
五
百
八
十
八
平
方
メ
ー
ト
ル
普
通
型
枠
六
万
九
千
九
百
八
十
五
平
方
メ
ー
ト
ル
鉄
筋
二
千
六
百
二
十
ト
ン
コ
ン
ク
リ
ー
ト
二
万
四
千
九
百
五
十
九
立
方
メ
ー
ト
ル
使
用
す
る
主
要
な
資
機
材
工
期
平
成
十
六
年
二
月
ま
で
工
延 構 事
床 造 内
面 容
積 鉄
筋
一 コ
万 ン
八 ク
千 リ
六 ー
百 ト
五 造
十 地
七 上
平 三
方 階
メ 建
ー て
ト
ル
工
事
場
所
秋
田
県
秋
田
市
新
屋
町
字
砂
奴
寄
二
丁
目
二
番
地
内
工
事
名
秋
田
県
立
総
合
武
道
館
︵
仮
称
︶
建
築
工
事
平
成
十
四
年
三
月
二
十
六
日
札
に
付
す
る
事
項
秋
田
県
知
事
寺
田
典
城
地
区
中
山
間
地
域
総
合
整
備
事
業
︶
の
施
行
に
つ
い
て
、
平
成
十
四
年
三
月
十
八
日
同
意
し
た
の
で
、
す
る
同
法
第
十
条
第
一
項
の
規
定
に
よ
り
、
西
木
村
か
ら
協
議
が
あ
っ
た
土
地
改
良
事
業
︵
西
明
寺
り
、
公
告
す
る
。
和
二
十
二
年
政
令
第
十
六
号
。
以
下
﹁
令
﹂
と
い
う
。
︶
第
百
六
十
七
条
の
六
第
一
項
の
規
定
に
よ
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
第1354号
四
(一) (1)
入
(二)
(2)
契
約
条
項
を
示
す
場
所
秋
田
県
建
設
交
通
部
営
繕
課
教
育
庁
建
築
物
班
︵
電
話
〇
一
八
︱
八
六
〇
︱
二
五
八
五
︶
郵
便
番
号
〇
一
〇
︱
八
五
七
〇
秋
田
市
山
王
四
丁
目
一
番
一
号
設
計
図
書
に
関
す
る
事
項
担
秋 郵 一 当
田 便 般 部
県 番 的 局
教 号 事
育 〇 項
庁 一
保 〇
健 ︱
体 八
育 五
課 八
総 〇
務 班 秋
︵ 田
電 市
話 山
〇 王
一 三
八 丁
︱ 目
八 一
六 番
〇 一
︱ 号
五
二
〇
二
︶
(四)
(2) (1)
(3)
札
イ
手 技 方 続 術 メ 平
等 者 ー 成
と ト 三
し ル 年
て 以 四
専 上 月
任 の 一
で 建 日
従 築 以
事 物 降
し の に
た 工 、
経 事 鉄
験 に 筋
を お コ
有 い ン
す て ク
る 、 リ
者 現 ー
で 場 ト
あ 代 造
る 理 又
こ 人 は
と 、 鉄
。 主 骨
任 造
技 で
術 延
者 床
又 面
は 積
監 千
理 平
格
者
証
︵
建
築
工
事
︶
を
有
す
る
者
で
あ
る
こ
と
。
ア
一
級
建
築
施
工
管
理
技
士
又
は
一
級
建
築
士
の
資
格
を
有
し
、
か
つ
、
監
理
技
術
者
資
次
に
掲
げ
る
基
準
を
満
た
す
者
を
本
工
事
に
専
任
で
配
置
で
き
る
こ
と
。
比
率
が
二
十
パ
ー
セ
ン
ト
以
上
の
場
合
の
も
の
に
限
る
。
︶
を
有
す
る
こ
と
。
の
構
成
員
と
し
て
施
工
し
た
工
事
に
つ
い
て
は
、
代
表
者
と
し
て
施
工
し
た
場
合
又
は
出
資
延
床
面
積
千
五
百
平
方
メ
ー
ト
ル
以
上
の
建
築
物
の
工
事
を
施
工
し
た
実
績
︵
共
同
企
業
体
平
成
三
年
四
月
一
日
以
降
に
、
元
請
け
と
し
て
、
鉄
筋
コ
ン
ク
リ
ー
ト
造
又
は
鉄
骨
造
で
近
の
審
査
結
果
通
知
書
︶
の
建
築
一
式
工
事
の
総
合
評
点
が
千
二
百
点
以
上
で
あ
る
こ
と
。
構
成
員
の
一
者
は
、
建
設
業
法
第
二
十
七
条
の
二
十
三
に
規
定
す
る
経
営
事
項
審
査
︵
直
共
同
企
業
体
の
代
表
者
以
外
の
構
成
員
は
、
次
に
掲
げ
る
要
件
を
満
た
し
て
い
る
こ
と
。
(4)
者
で
あ
る
こ
と
。
現
場
代
理
人
、
主
任
技
術
者
又
は
監
理
技
術
者
と
し
て
専
任
で
従
事
し
た
経
験
を
有
す
る
又
は
鉄
骨
造
で
延
床
面
積
五
千
五
百
平
方
メ
ー
ト
ル
以
上
の
建
築
物
の
工
事
に
お
い
て
、
イ
平
成
三
年
四
月
一
日
以
降
に
、
鉄
筋
コ
ン
ク
リ
ー
ト
造
、
鉄
骨
鉄
筋
コ
ン
ク
リ
ー
ト
造
格
者
証
︵
建
築
工
事
︶
を
有
す
る
者
で
あ
る
こ
と
。
ア
一
級
建
築
施
工
管
理
技
士
又
は
一
級
建
築
士
の
資
格
を
有
し
、
か
つ
、
監
理
技
術
者
資
次
に
掲
げ
る
基
準
を
満
た
す
者
を
本
工
事
に
専
任
で
配
置
で
き
る
こ
と
。
(3)
を
有
す
る
こ
と
。
と
し
て
施
工
し
た
場
合
又
は
出
資
比
率
が
二
十
パ
ー
セ
ン
ト
以
上
の
場
合
の
も
の
に
限
る
。
︶
を
施
工
し
た
実
績
︵
共
同
企
業
体
の
構
成
員
と
し
て
施
工
し
た
工
事
に
つ
い
て
は
、
代
表
者
ン
ク
リ
ー
ト
造
又
は
鉄
骨
造
で
延
床
面
積
一
万
四
千
平
方
メ
ー
ト
ル
以
上
の
建
築
物
の
工
事
平
成
三
年
四
月
一
日
以
降
に
、
元
請
け
と
し
て
、
鉄
筋
コ
ン
ク
リ
ー
ト
造
、
鉄
骨
鉄
筋
コ
五
(四)
と
契
約
を
締
結
す
る
こ
と
が
公
正
な
取
引
の
秩
序
を
乱
す
こ
と
と
な
る
お
そ
れ
が
あ
っ
て
著
し
約
の
内
容
に
適
合
し
た
履
行
が
な
さ
れ
な
い
お
そ
れ
が
あ
る
と
認
め
ら
れ
る
と
き
又
は
そ
の
者
す
る
。
た
だ
し
、
落
札
者
と
な
る
べ
き
者
の
入
札
価
格
に
よ
っ
て
は
、
そ
の
者
に
よ
り
当
該
契
予
定
価
格
の
制
限
の
範
囲
内
で
最
低
の
価
格
を
も
っ
て
有
効
な
入
札
を
し
た
者
を
落
札
者
と
落
札
者
の
決
定
方
法
た
者
の
し
た
入
札
は
、
無
効
と
す
る
。
(三)
百
六
十
六
条
各
号
に
掲
げ
る
入
札
又
は
申
請
書
若
し
く
は
資
格
確
認
資
料
に
虚
偽
の
記
載
を
し
秋
田
県
財
務
規
則
︵
昭
和
三
十
九
年
秋
田
県
規
則
第
四
号
。
以
下
﹁
規
則
﹂
と
い
う
。
︶
第
入
札
の
無
効
契
約
上
の
権
利
義
務
を
生
ず
る
も
の
で
は
な
い
。
(一) (二)
な
お
、
見
積
内
訳
明
細
書
は
、
参
考
資
料
と
し
て
提
出
を
求
め
る
も
の
で
あ
り
、
入
札
及
び
す
る
こ
と
。
明
細
書
︵
設
計
図
書
に
お
け
る
本
工
事
費
内
訳
書
に
準
じ
た
内
容
の
も
の
と
す
る
。
︶
を
提
示
入
札
者
は
、
第
一
回
の
入
札
に
際
し
、
数
量
、
単
価
及
び
金
額
を
明
ら
か
に
し
た
見
積
内
訳
見
積
内
訳
明
細
書
の
提
示
の
百
に
相
当
す
る
金
額
を
入
札
書
に
記
載
す
る
こ
と
。
事
業
者
で
あ
る
か
免
税
事
業
者
で
あ
る
か
を
問
わ
ず
、
見
積
も
っ
た
契
約
希
望
金
額
の
百
五
分
を
切
り
捨
て
た
金
額
︶
を
も
っ
て
落
札
価
格
と
す
る
の
で
、
入
札
者
は
、
消
費
税
に
係
る
課
税
す
る
額
を
加
算
し
た
金
額
︵
当
該
金
額
に
一
円
未
満
の
端
数
が
あ
る
と
き
は
、
そ
の
端
数
金
額
(六)
そ
落 入 の 平 郵
札 札 他 成 便
決 の
十 に
定 方
四 よ
に 法
年 る
当
五 入
た
月 札
っ
八 書
て
日 の
は
午 受
、
後 領
入
五 期
札
時 限
書
及
(一)
に
び
(1)
記
提
載
に 出
さ
掲 場
れ
げ 所
た
る
金
場
額
所
に
当
該
金
額
の
百
分
の
五
に
相
当
(五)
平
成
十
四
年
五
月
九
日
午
前
十
時
秋
田
県
第
二
庁
舎
三
十
四
会
議
室
入
札
及
び
開
札
の
日
時
及
び
場
所
(四) (三)
一
部
提
出
す
る
こ
と
。
法 格
平
確
成
認
十
資
四
料
年
︵
三
以
月
下
二
﹁
十
資
六
格
日
確
か
認
ら
資
同
料
年
﹂
五
と
月
い
八
う
日
。
︶
ま
の
で
提
、
(一)
出
(1)
期
に
間
掲
、
げ
提
る
出
場
場
所
所
に
及
持
び
参
提
の
出
上
方
、
競 平 入(一)
争 成 札(1)
入 十 説 に
札 四 明 掲
参 年 書 げ
加 三 の る
資 月 交 場
格 二 付 所
確 十 期
認 六 間
申 日 及
請 か び
書 ら 交
︵ 同 付
以 年 場
下 五 所
﹁ 月
申 八
請 日
書 ま
﹂ で
と(一)
、
い
(1)
う
。 に
︶ 掲
及 げ
び る
競 場
争 所
入 で
札 交
参 付
加 す
資 る
。
6
秋 田 県 公 報
平成14年 3 月26日(火曜日)
第1354号
Summary
(1) Subject
Prefectural
matter
of
the
contract
:
Construction
name)
work
of
9 2002)
of the Akita
8 May,2002
8 May
tenders:10:00 A.M.
application forms and relevant
tenntative
submission of
of
concerning
by mail:5:00 P.M.
the submission
General Budokan(a
the
for
documentation
submitted
tender
time
for
the qualification:5:00 P.M.
(2) Time-limit for
and
documents for
date
point
Division,Department
Public Works and
018-860-5202
City,
Government,3-1-1,Sanno,Akita
TEL
018-860-2585
Physical Education
Prefectural
and
TEL
010-8580,Japan
Education,Akita
May,2002(tenders
(3) The
(4) Contact
Board of
Prefecture
① general affairs:Health
City,Akita
010-8570,Japan
② blueprints:Architecture Division,Department of
Prefecture
Transportation,Akita Prefectural Government,4-1-1,Sanno,Akita
Akita
六
(十) (九)
(八)
(七)
(六)
(十
二)
一)
(十
概
た
意
要 そ と こ 関 契 本 契 契 手 第
の き の 連 約 工 約 約 続 百
他 を 公 情 に 事 手 書 き 七
詳 も 告 報 よ に 続 作 に 十
細 っ に を り 直 に 成 お 八
は て 係 入 締 接 お の け 条
、 締 る 手 結 関 い 要 る 第
入 結 契 す す 連 て 否 交 一
札 す 約 る る す 使 渉 号
説 る は た 予 る 用 要 の 又
明 。 、 め 定 他 す
有 は
書
秋 の の の る
無 第
に
田 照 有 工 言
二
よ
県 会 無 事 語
無 号
る
議 窓 の 及
に
。
会 口 無 請 び
該
に 負 通
当
お 四
契 貨
す
い(一)
約 る
て に
を 日
場
、 掲
本 本
合
当 げ
工 語
は
該 る
事 及
、
契 部
の び
免
約 局
請 日
除
に
負 本
す
係
契 国
る
る
約 通
。
議
の 貨
案
相
が
手
可
方
決
と
さ
の
れ
随
規
則
第
百
七
十
七
条
及
び
第
百
七
十
九
条
に
規
定
す
る
と
こ
ろ
に
よ
る
。
た
だ
し
、
規
則
八
一
四
﹁
五
番
六
か
ら
字
若
宮
八
六
番
ま
で
﹂ の
誤
り
7
番
ま
で
﹂ は
、
﹁
平
鹿
郡
雄
物
川
町
大
沢
字
根
羽
子
沢
四
平
鹿
郡
雄
物
川
町
大
沢
字
羽
子
沢
四
五
番
六
か
ら
字
若
宮
八
六
(五)
(1)
札 く
(2)
契
約
保
証
金
︵
原
稿
誤
り
︶
百
六
十
二
条
各
号
の
い
ず
れ
か
に
該
当
す
る
場
合
は
、
免
除
す
る
。
区
域
の
変
更
︶
規
則
第
百
六
十
条
及
び
第
百
六
十
一
条
に
規
定
す
る
と
こ
ろ
に
よ
る
。
た
だ
し
、
規
則
第
平
成
十
四
年
三
月
十
九
日
︵
第
千
三
百
五
十
二
号
︶
掲
載
の
秋
田
県
告
示
第
百
八
十
一
号
︵
道
路
入
札
保
証
金
入
札
保
証
金
及
び
契
約
保
証
金
ペ
ー
ジ
段
行
誤
正
し
た
他
の
者
の
う
ち
最
低
の
価
格
を
も
っ
て
入
札
し
た
者
を
落
札
者
と
す
る
こ
と
が
あ
る
。
不
適
当
で
あ
る
と
認
め
ら
れ
る
と
き
は
、
予
定
価
格
の
制
限
の
範
囲
内
の
価
格
を
も
っ
て
入
正
誤
発
購
読
料
金
一
月
三
千
五
百
円
行
者
秋
田
市
山
王
四
丁
目
一
番
一
号
印
刷
者
古紙配合率100%
田
県
印
刷
所
E-mail :matsubara@matsubarainsatsu.co.jp
秋
田
市
山
松王
七
丁
原目
五
番
繁二
十
九
雄号
秋
電株秋
話式田
(862)会 市
八社山
七 王
六松七
六 丁
原
F 目
A 五
X 印番
(863) 二
〇
〇刷十
〇 九
五社号