日立ソフトウェア - ASPIC

日立ソフトのサービス事業に対する取り組み
2009年7月3日
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
クラウド・コンピューティング
ITリソースはクラウドから
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
2
クラウド・コンピューティング
ITリソースはクラウドから
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
3
各クラウド・コンピューティングの比較
自社調達
HaaS
PaaS
SaaS
アプリケーション
アプリケーション
アプリケーション
アプリケーション
開発・実行環境
開発・実行環境
開発・実行環境
開発・実行環境
インフラ
インフラ
インフラ
インフラ
※
部分がクラウド・コンピューティングで利用できる範囲
・お客様で全て所有。
・コスト大、運用負荷大
・開発・実行環境とアプリ
ケーションは自社で準備
・お客様はアプリケー
ション開発に専念できる
・迅速な利用が可能
・アプリケーション開発、
運用不要
大
お客様でコントロールできる範囲
小
高
コスト
安
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
4
クラウドとは(属性)
①企業(利用者)は、資産として(CAPEX)インフラを所有せず、契約
期間のような契約上の制約なしに、使用料(OPEX)としてインフラの
コストを支払う。
②インフラ容量の増減は、ダイナミックに即座に行うことが出来、そ
の点で従来型のホスティングサービスプロバイダと異なっている。
③実際に使われるハードウェアの物理的な所在にとらわれること
はない。
④アーキテクチャは抽象化されており、複数のユーザがマルチテ
ナントの形態でインフラを同時にアクセスする。
Clearing the air on cloud computing
March 2009 McKinsey&Companyより
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
5
クラウドとは(属性)
①企業(利用者)は、資産として(CAPEX)インフラを所有せず、契約
期間のような契約上の制約なしに、使用料(OPEX)としてインフラの
コストを支払う。
②インフラ容量の増減は、ダイナミックに即座に行うことが出来、そ
①
① ITコスト削減
ITコスト削減
の点で従来型のホスティングサービスプロバイダと異なっている。
②
キャッシュフロー改善
②
キャッシュフロー改善
③実際に使われるハードウェアの物理的な所在にとらわれること
はない。
③
③ 経営の機動性向上
経営の機動性向上
④アーキテクチャは抽象化されており、複数のユーザがマルチテ
ナントの形態でインフラを同時にアクセスする。
Clearing the air on cloud computing
March 2009 McKinsey&Companyより
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
6
クラウドの種類
(顧客DC)
高度な抽象化(サービスを利用する)
基盤も含めて自由にカスタマイズ
IT基盤を提供(基盤上での自由度開放)
オンプレミス
多くの企業・利用者が共用
特定の企業が専有
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
7
Salesforceと基幹システムの連携
パブリッククラウドで実現
セキュアクラウド、プライベートクラウドで実現
オンプレミスで実現
日立ソフト
勘定系システム
DataLoader
VPN
スケジュール情報
見込み顧客情報
顧客情報
案件情報
問合せ情報
ドキュメント
etc
基幹システム
他アプリケーション
ETLサーバ
(PowerCenter)
連携ツール
顧客情報システム
デスクトップPC
与信管理システム
モバイルPC
+
基幹システムからの情報
例 – 顧客情報
例 – 会計情報
例 – 与信情報
etc
同期
携帯電話
Office Edition
同期
デスクトップ
アプリケーション
情報系
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
自社開発システム
CSV
手動連携
・
・
Outlook Edition
自社開発
基幹系
8
クラウドの使い分け
パブリッククラウド
パブリッククラウド
①
カスタ
マイズ
(SFA/CRMの
SaaS)
②
業務パッケージ
スポーツクラブ向
飲食店向
お客様固有
業務AP
セキュアクラウド
セキュアクラウド
プライベート
プライベート
クラウド
クラウド
IT環境のサービス型提供
ワンラックソリューション
サーバ環境
(セキュアオンラインをワ
ンラックにパッケージング
してご提供)
クライアント環境
ネットワーク
オン
プレミス
お客様
個別
システム
パッケージソフト
Force.com(PaaS)
パブリック・クラウドである、
Salesforceを活用したシステム提供
事業
①SFA/CRM機能の活用
②基盤部分だけを活用
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
①IT環境の月額提供
②日立ソフト独自の
サービスも提供
・在宅勤務
セキュアオンラインの
仕組みをお客様にご
提供
自由に運用していた
だけます
・Selesforce連携等
9
Salesforceの2つの側面
1.SFA/CRMのSaaS(アプリケーション)としてのSalesforce
SFA/CRMとして、評価の高いアプリケーションです。
これをベースに、自分に合わせたカスタマイズをすることができます。
随時(勝手に)バージョンアップしていくので、進化が期待できます。
良くできたアプリを、簡単操作でカスタマイズ
2.独自アプリケーションの開発・実行基盤としてのSalesforce
(Force.com)
SFA/CRMとは全く関係のないアプリケーションを独自に作成する基盤です。(安い)
アプリケーション作りに必要な部品が豊富に用意されているので開発が楽にできます。
ハードウェアの心配も無用です。
独自アプリを開発・実行
注:カスタマイズには、設定による簡易なものと、APIを使ってプログラミングする高度なものがあります。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
10
Salesforce利用形態の例
Apex Code
PR管理
カスタム
ワークフロー
SWOT
マッシュボード
カスタムタブ
ダッシュボード
API連携
購買管理
人材採用
ビジネスアプリケーション
プラットフォーム ボランティア管理
パートナー
管理
サービス&
サポート
座席予約
製品・サービス
CRM
カスタム項目
レポート
営業支援
マーケティング
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
ドキュメント管理
競合管理
スキル管理
イベント管理
施設管理
マーケ
ティング
カスタムレイアウト
ERP
広告効果管理
セキュリティ
ポリシー管理
プロジェクト管理
カスタム
オブジェクト
資産管理
コミッション管理
コンプライアンス
バグ管理
代理店管理
コールセンター
11
クラウドの使い分け
パブリッククラウド
パブリッククラウド
①
カスタ
マイズ
(SFA/CRMの
SaaS)
②
業務パッケージ
スポーツクラブ向
飲食店向
お客様固有
業務AP
セキュアクラウド
セキュアクラウド
プライベート
プライベート
クラウド
クラウド
IT環境のサービス型提供
ワンラックソリューション
サーバ環境
(セキュアオンラインをワ
ンラックにパッケージング
してご提供)
クライアント環境
ネットワーク
オン
プレミス
お客様
個別
システム
パッケージソフト
Force.com(PaaS)
パブリック・クラウドである、
Salesforceを活用したシステム提供
事業
①SFA/CRM機能の活用
②基盤部分だけを活用
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
①IT環境の月額提供
②日立ソフト独自の
サービスも提供
・在宅勤務
セキュアオンラインの
仕組みをお客様にご
提供
自由に運用していただ
けます
・Selesforce連携等
12
SecureOnlineのご紹介(概念)
SecureOnline統制IT基盤提供サービスでは、IT環境を月額にてご提供します。
購入による「予算申請~折衝~予算確保」「資産管理」「減価償却」「修理」
「滅却・廃棄」など、面倒な手続きを大幅に軽減します。
これまでのIT環境
サーバ環境も
「注文一戸建住宅」
OS ミドル
「賃貸マンション」
ツール
これからは
・ユーザ自身で設計
・建築費用大
・長い建築期間
・固定資産税大
・引越しが大変
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
クライアント環境も
・ご希望の部屋を貸出 ・月々の家賃支払い
・すぐに入居可能
・固定資産税なし
・引越しが容易
・インテリアはご自由に
13
SecureOnlineをご利用になるお客様のメリット
早い
お申込みをいただいてから約1週間 (最短3営業日) で利用可能。
メリット2
月額利用
ご契約は月単位。不要時は直ぐに課金対象外。
いつでもリソース拡張が可能なので、スモールスタートもOK。
購入ではなく利用するだけなので資産化対象外。
メリット3
低価格
マルチテントなので高価な環境が低価格で利用可能。
メリット4
安心環境
お客様専用にクローズされたシステム環境を提供。
ハードウェア、ネットワークは完全冗長化。
メリット5
高スペック
金融機関等で実績のあるエンタープライズシステム。
基幹LAN、SANは数ギガ~数十ギガでの高速接続。
数多くのトライアルから最適な組合せでのパラメタを設定。
メリット6
永住サポート
耐用年数超過による買い替え・廃棄の心配はSecureOnlineにお任せ。
メリット7
ワンストップ
UP開発からインフラ、運用までITライフサイクルをトータルサポート。
PDCAサイクルによる継続的な改善を支援。
メリット8
豊富な実績
100社以上のお客様によるご利用実績。
在宅勤務用途からASP/SaaS基盤、開発/本番環境、多数の実績。
メリット1
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
14
メリットの項番に対応した詳細の説明
プロセス
予算申請/
予算確保(折衝)
構成確定
月額レンタルなので、
プロジェクト予算内での発注が可能
購入の場合
必要
必要
必要
必要
調達
必要
必要
ファシリティ確保
必要
不要
キッティング
必要
不要
資産管理
必要
不要
障害対応/修理
必要
不要
減価償却
必要
不要
滅却/廃棄
必要
不要
メニューから必要なリソースを
ベースモデルに追加するだけ
申込みから3営業日後には利用可能
突然の状況にもスピーディーに対応可能
資産化によって生じる
面倒な管理・手続きが一切不要!
に
お任せください!!
・ プロジェクト終了後、不要となったIT環境は契約終了
(資産として残らない)
・ 耐用年数超過による買い替え・廃棄の心配が不要
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
15
SecureOnline利用シーン1 自社開発サーバとして利用
『LinuxとWindowsの開発環境をすぐに欲しい!』
ト
リッ
メ
ト
コス
統制IT基盤提供サービスの回答
プロジェクトマネージャ権限で発注
早期着手
契約から3
契約から3営業日後に利用開始(※)
お客様ネットワーク変更が不要(※)
経費でサーバ・プロダクトを利用するため資産化が不要
コストメリット
利用した分の月払いのためイニシャルコストを削減
当社提供ライセンスとお客様所有ライセンスを混在利用
テクニカルサポート
マルチベンダサポート窓口を集約
(※)ネットワーク早期導入パックをご利用の場合
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
16
SecureOnline利用シーン1 自社開発サーバとして利用
システム概要
お客様
すぐに(3日)、経費で
統制IT基盤提供サービス
ット
リ
トメ
コス
開発環境を用意できる
VM提供エリア
Internet
Internet
VPN
弊社提供VPN装置(早期導入パック)を
設置するだけで、お客様の社内ネット
ワークと同一セグメントにサーバが見え、
セキュアな通信環境を提供します。
Windows Server 2003
専用仮想サーバ
(開発環境)
Red Hat Linux
ES4
弊社提供のプロダクトに加え、お客様所有
のプロダクトを、混在して利用が可能です。
SAN
Storage
Cosminexus
ORACLE Database
WebLogic
SQL Server
WebSphere
DB2
マルチベンダのサポート
も一元化可能
お問合せ
[email protected]
[email protected]ンダー
へエスカレーションし、課題解決まで実施します。
※弊社提供のプロダクトに限ります。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
サポート部署
17
SecureOnline利用シーン2 複数拠点からのファイル共有
『開発協力会社とセキュアにファイルの受け渡しをしたい!』
テ
ュリ
キ
セ
ィ
統制IT基盤提供サービスの回答
メール・媒体などによるデータ受け渡し排除
盗聴・誤送付・盗難・紛失の可能性低減
セキュリティ
開発PC
に情報を持つ必要がない
開発PCに情報を持つ必要がない
Winnyなどからの情報流出の可能性低減
Winnyなどからの情報流出の可能性低減
互いのネットワークへの侵入禁止
プロジェクトマネージャ権限で発注
早期着手
契約から3
契約から3営業日後に利用開始(※)
お客様や協力会社様のネットワーク変更が不要(※)
効率化
情報の集中管理が可能
(※)ネットワーク早期導入パックをご利用の場合
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
18
SecureOnline利用シーン2 複数拠点からのファイル共有
システム概要
サーバ内にデータ集約
統制IT基盤提供サービス
テ
ュリ
キ
セ
ィ
中継時の漏洩排除
お客様
VM提供エリア
専用仮想サーバ
(お客様開発環境)
Winny
Windows Server 2003
Internet
Internet
VPN
プロジェクト共有ファイル
協力会社
Internet
Internet
VPN
仮想ファイル
サーバ
専用仮想サーバ
(協力会社開発環境)
仮想ファイルサーバを介
しての互いのネットワー
クへの侵入は禁止
メールや媒体による成果物の受け渡しでは、漏洩や紛失などの危険性
が存在します。拠点間共通のファイルサーバを介した受け渡しにより、
危険性が排除され、安全性が確保されます。
また端末へのデータ保存も不要となり、Winnyなどからの漏洩の脅威も
低減できます。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
設計ドキュメント
アプリケーションプログラム
進捗管理表
懸案事項管理表
:
Windows Server 2003
お客様や協力会社からは、自社用の専用仮想サーバと自社用の専用仮想
サーバを介した仮想ファイルサーバのみ到達できます。
仮想ファイルサーバを介して、他方のネットワークへの進入は禁止としています。
19
SecureOnline利用シーン3 持ち帰り開発時のセキュリティ確保
『一括外注を促進し、かつ、固定費を削減したい!』
ィ
テ
リ
ュ
キ
セ
統制IT基盤提供サービスの回答
セキュリティ
開発ベンダのPC
をシンクライアント化するソリューショ
開発ベンダのPCをシンクライアント化するソリューショ
ンもご提供、プログラムや開発ドキュメントはセンター内
にのみ存在(漏洩の危険性小)
お客様標準PC
環境をセットアップして提供(統制可能)
お客様標準PC環境をセットアップして提供(統制可能)
法の遵守
持ち帰り開発の実現(偽装請負の余地なし)
ロケーションフリーによる付帯設備などのコスト削減
経費でPC
・プロダクトを利用するため資産化が不要
経費でPC・プロダクトを利用するため資産化が不要
コストメリット
利用した分の月払いのためイニシャルコストを削減
利用希望台数のピークに柔軟に対応
テクニカルサポート
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
マルチベンダサポート窓口を集約
20
SecureOnline利用シーン3 持ち帰り開発時のセキュリティ確保
システム概要
お客様
セキュア基盤の活用
持ち帰り開発促進
統制IT基盤提供サービス
VPN
資産管理
パッチ配布 統制された
稼動監視 PC環境
ベンダA社用
不要になったら削除
開発サーバ環境
Internet
Internet
N
VP
シンクライアント
ソリューション
ベンダA社
ィ
専用仮想PC
開発要員(開発ベンダ)用の必要コ
ストをロケーションフリーて最小限
化。
(PC、フロア、宿泊費など)
開発ベンダ様
テ
ュリ
キ
セ
データ交換、
インストール、
印刷禁止も可能
master
VP
Winny
シンクライアント
ソリューション
N
専用仮想サーバ
(開発ベンダ様用
独自開発環境)
ベンダB社
各開発拠点(開発ベンダ様)はシンクライアントで仮想
PCを利用するため、成果物はセンターに集約され、情
報の漏洩の可能性を低下することができます。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
追加要求に対しては
masterをコピー
ベンダB社用
開発ベンダ様独自の開発環境と、
開発途中の成果物の保管庫として
ご利用。
Windows Server 2003
[email protected]
一括で受付け、課題解決まで実施します。
※弊社提供のプロダクトに限ります。
21
SecureOnline利用シーン4 自社製品のSaaS化
『自社ソフトをSaaS(Software as a Service)提供したい!』
増
げ
上
売
統制IT基盤提供サービスの回答
単一企業用ソフトウェアでもマルチテナントで提供可能
早期導入
マルチテナント対応のエンハンス(改造)不要、そのまま
顧客ごとの環境として提供可能
一度作成した環境をクローンニング(コピー)するだけ
で、すぐに準備完了
コンピタンシー
上のメリット
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
納入用サーバ、OS
、ミドルウェア等の手配、環境構築
納入用サーバ、OS、ミドルウェア等の手配、環境構築
などソフトウェアベンダが苦手とする作業は不要
自前でSaaS
用の施設を準備せずに、すぐにSaaS
SaaS
自前でSaaS用の施設を準備せずに、すぐに
ビジネス化が可能
22
SecureOnline利用シーン4 自社製品のSaaS化
システム概要
お客様毎にVMを分割
簡易SaaS提供可能
インターネットVPNで
利用企業を限定
統制IT基盤提供サービス
SaaS提供したい
ソフトウェア動作環境
増
げ
上
売
SaaSエリア
A社向け専用仮想マシン
VPN
Internet
Internet
SaaS利用企業A
B社向け専用仮想マシン
VPN
SaaS利用企業B
弊社提供VPN装置(早期導入パック)を
設置するだけで、お客様の社内ネット
ワークと同一セグメントにサーバが見え、
セキュアな通信環境を提供します。
単一企業向けのSaaSソフトウェアでも、仮想マシンを
分けることで、容易にかつセキュアにマルチテナント
でサービスのご提供が可能です。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
SaaS提供したい
ソフトウェア動作環境
SAN
Storage
OS,関連ミドルウェア、SaaS提供したいソフトウェアを設定
したサーバのイメージを保管しておくことで、クローンニン
グ(コピー)するだけで、すぐに環境の準備完了
23
SecureOnlineニュース
2009/2/12
米国のランキング会社MSPmentor主催のMSPベンダー世界トップ100(The MSPmentor 100)にて
当社が68位にランクインされました。日本企業では唯一のランクインとなります。
http://www.mspmentor.net/top-100-msps/mspmentor-100-ranked-1-to-100-20082009/
2009/2/19
SecureOnlineは、特定非営利活動法人ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム(ASPIC)が主催する
第3回ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード2009にて、「ASP・SaaS支援・ミドルウェア/ハード
ウェア分野グランプリ」を受賞しました。
http://www.aspicjapan.org/activity/project/index.html
2009/5
SecureOnline在宅勤務サービスは、職場と自宅との往復などにかかる環境負荷を低減。LCAで評
価した事例では36%のCO2排出低減(*)に貢献します。
(*):システムのライフサイクル全体での環境負荷の低減量を「平成17年度情報通信
技術(ICT)の環境効率評価ガイドライン」に基づいた手法「SI-LCA」で、評価しています。
「SI-LCA」は日立製作所の登録商標です。
2009/6/15
SecureOnline在宅勤務サービスがMM総研の「MM総研大賞2009」(審査委員長:安田 浩 東京大
学名誉教授)の「話題賞」を受賞しました。
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120090615500
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
24
出前クラウドサービス
N EW
SecureOnlineで実績のあるシステム構成と設定を
すぐにご利用可能な状態でお客様へ 「レンタル」 するサービスです。
コンフィギュレーションの設定
お客様センタ
機器ラッキング
ネットワーク設定
レンタル
ブレード設定
SANストレージ設定
保守
•ハードウェア遠隔監視
•SecureOnline実績に基づく修正パッチ提供
仮想化ソフト設定
運用ドキュメント
SecureOnlineと同レベルの環境が
月額でご利用可能に!
※ラック図の構成はイメージです。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
25
出前クラウドサービスとは
N EW
『社内クラウドを自社で運営したい!+ イニシャルを抑えたい!』
といったお客様の声にお答えします。
!
標準サービス
ラック/ハードウェア機器一式(サーバ、SANディスク装置、L3スイッチ、管理サーバなど)
機器ラッキング、ケーブリング(電源ケーブル、LANケーブル、FCケーブルなど)
機器設定
仮想化ソフト(VMware)インストール、設定
仮想マシン作成 (ヒアリングシートに基づくVM作成)
運用手順書
ハードウェア遠隔保守(日立電子サービスASSISTによる24時間監視)
ハードウェア保守
仮想化ソフト問合せ受付
仮想化ソフト パッチ情報提供
オプションサービス(
オプションサービス(例)
常駐SEによる環境保守
仮想マシン遠隔保守
バックアップ装置提供(LTO装置などをラッキングして提供)
実サーバ提供(仮想化対象としないサーバをラッキングして提供)
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
での運用実績に基づく、
機器選定、設計、設定
=ノウハウを提供!
26
出前クラウドサービスのメリット
N EW
システム構築工数の削減
安定したクラウド運営
自社専用のクラウド設備
セキュリティの確保
ハードウェアリソースの最適化
自社の文化、ポリシー、体制の上での運用が可能
固定費の流動費化
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
27
当社の目標=クラウドインテグレータ
顧客ニーズに合わせて複数クラウドを組み合わせた構築・運用を行う
出前クラウド
適材適所
「クラウドインテグレータ」のバリュー
顧客ビジネス環境・規模は常に
顧客ビジネス環境・規模は常に
変化
変化
オンプレミス
エンタープライズクラウド
顧客ごとに最適化
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
⇒これまでの「ソフトバージョンアップ」
⇒これまでの「ソフトバージョンアップ」
「ハード増強」よりもはるかに柔軟
「ハード増強」よりもはるかに柔軟
に低コストで対応
に低コストで対応
28
お問い合わせは
[email protected]
電話による受付
(03)5479-8831(受付時間:9:30~12:00・13:00~17:30)
(土日祝日および弊社休業日を除く)
メールによる受付
[email protected]
ホームページ
http://hitachisoft.jp/
※その他記載の会社名、製品名はそれぞれ の会社の商標もしくは登録商標です。
Copyright © 2009 Hitachi Software Engineering Co., Ltd.
29