Tancho1号(PDF)

発行
タンチョ 2
特定非営利活動法人
タンチョウ保護研究グループ会誌
2007 年 9 月
創刊号(第1号)
もくじ
ご
挨
繁
殖
拶 ・ ・ ・ ・ ・ 1
の
状
況・・・2
ご挨拶
昨年来、本法人の前身であるタンチョウ保護調査連合を法人
とする準備を進めてきましたが、今年4月から特定非営利活動法
人タンチョウ保護研究グループとして正式にスタートいたしま
した。法人としては、これまで行ってきたタンチョウの保護調
シ リ ー ズ 足 環 物 語・・・・ 5
査研究活動に加えて、講演会やホームページ等を利用して活動
シ リ ー ズ 先 生 教 え て・・・7
の成果を広く公表し、地元を中心とした幅広い方々にタンチョ
ウに関する正確な知識と愛着とを深めていただきたいと考えて
世 界 の ツ ル 保 護 の 現 場 か ら・・・・・・・7
事 務 局 だ よ り・・・・・8
います。会員の方々には、活動への参加や情報の提供、またタ
ンチョウに関する知識の普及などを通じて本会の活動を多方面
から支えていただきたいと思います。
本会誌「Tancho」が法人活動の柱のひとつとして大きく育っ
ていきますよう、会員の皆様のご参加とご援助をよろしくお願
いいたします。
理事長 百瀬邦和
Tancho (1)
特集 今年は何組の夫婦が巣を造ったでしょう?
正 富 宏 之
4 月に「特定非営利活動法人タンチョウ保護研究
が段違い。したがって、広範囲の調査には、今のところ
グループ(以下、TPG という)
」が発足以来、大き
最も有効な手段です。が、万能とまではいきません。多
な作業を二つこなしてきました。ひとつは標識付け
くは一瞬のうちにポイントを過ぎる!光の具合がよいと
作業で、もうひとつは、空からタンチョウの繁殖状
きばかりと限らない!天気が悪い(雲が低い、風が強い、
態を調査する、いわゆる “ 飛行調査 ”(非行調査に
霧がでる)と飛べない!機体の正面や直下に死角(セス
あらず。念のため)です。
ナ機)がある!経費がかさむ!そして最大の弱点ですが、
二つの調査とも、前身のNGOタンチョウ保護調
調査員が酔って集中力が落ちる!などなどです。
査連合時代から行なわれていて、とくに飛行調査は、
それを解消するには、どうすればよいでしょう。今は、
1980 年代初めから続く、由緒ある(?)伝統行事
衛星を使うと地上のものが 50cm 単位で識別可能ですか
です。想えば、最初に行なった 1982 年の調査は、
ら、いずれは机の上のモニターに映る衛星画像と、ツル
総飛行時間は 7 時間 55 分でしたが、今年はなんと
の白い羽が反射する波長を検知して、座ったままで簡単
122 時間 48 分!まさに今昔の感に堪えず・・・、
にツルを見つけられるかもしれません。しかし、それま
といった懐古的な話は別の機会に譲るとして、ここ
では、酔い止めの “ おまじない ” をこめかみに張り、“ 紙
では今年の調査の様子をお伝えしておきましょう。
袋 ”(嘔吐用)を抱えて飛び回るしか手はなさそうです。
ただ、この会誌で、毎年飛行調査が話題になると
思いますので、そもそもどんな調査なのかを、最初
機上で何をしているか?
にお話しておきます。
次に、飛行機は何を使うのか、です。
最初のころは、翼が座席の下にある低翼パイパー機など
なぜ飛行調査か?
も使いましたが、やはり下を見るには不便で、現在は翼
まず、なぜ “ 飛行 ” 調査なのか、です。
が座席の上にあるセスナ機 4 人乗りか、場合によっては
今から 40 年前、タンチョウの巣探しはまさに難行
ヘリコプターです。セスナ機や 4 人乗りのヘリコプター
苦行の連続でした。朝から晩まで湿原の周りを終日
などは、300 mほどの飛行高度ですと、ツルにほとんど
走り回っても、収穫ゼロだったり、ダニの群がるサ
影響を与えません。しかし、8 人乗りヘリコプターぐら
サ原をかき分け、やっと山の上へたどり着いたら、
いになると、ツルも警戒するし、それよりも農家の牛・
木立がじゃまして湿原に木の葉モザイクをかけてい
馬が驚いて暴走するので、むしろそちらへ神経を使うこ
たりと、さんざんでした(あれ、また懐古談!)。
とになります。
つまり、地上からは、湿原の高い草や樹木に遮ら
では、飛行機の上で何をしているか、です。
れ、繁殖の状態を知るのはとても難しいのです。と
4 人乗りの場合、一人は操縦。もちろん専門のパイロッ
ころが、空からなら、巣は地上に造られ屋根はない
ので、まる見え。しかも、茶色い枯れ草や新緑の中
の白い点なので、200-300 mの高度から肉眼でも容
易に見つけられます。白いゴルフボールが、地の色
と対比して見やすいのと同じです。
ここで、突然ですが、問題を一つ。写真 1 を見
てください。約 250m の高さから撮ったこの写真
に、巣に座るタンチョウ 1 羽が写っています。どこ
に??!!(答えは 4 ページ)
。見つけやすいといっ
ても、実際はこんな感じです。
空からの調査は、地上のそれに比べて時間と労力
Tancho (1)
写真 1 巣はどこに?
トがやります。前席の一人は、パイロットに航路の指示
付半島(とその付近で西から東へ流れる河川)」、それに
を出しながら、テープレコーダーを使いツルの発見状況
「網走(斜里から興部までのオホーツク海沿岸)」と「宗
を実況録音します。後部席の一人は 5 万分の 1 地形図を
谷(サロベツ原野やクッチャロ湖など)」を、それぞれ
広げ、そこに航跡や発見位置、羽数、時刻などを書き込
を「地区」と名付けています。正確には、何々地区と書
みます。反対の席の一人は、窓を開け、ひたすらビデオ
くべきですが、面倒なので、以下では地区を略しておき
カメラを構えて撮り続け、ツルを見つけたらスチルカメ
ます。
ラに持ち替え、ツルとその周辺を写します(それが写真
ところで、今年の産卵はいつ始まったでしょう。4 月
1)
。もちろんこの 4 人とも、目をこらして眼下のツルを
の調査で、すでに雛を連れていた夫婦が 2 組いたので、
絶えず探します。
逆算すると 3 月に産卵していないと理に合いません。実
1 フライトは 4 ~ 5 時間が標準ですので、その間、揺
は、気の早い夫婦が 3 月の下旬から営巣・産卵することは、
れる狭い機内で集中力を持続しなければない、過酷な作
数年前から知られていました。しかも、少なくとも 1 組
業です。誰かがツルを発見すると、エンジン音に負けま
は同じつがいと思われます。しかし、その夫婦に標識が
いと大声で怒鳴り、飛行機はその発見物へ向けて旋回し
付けられないので、残念ながら確認は取れません。
ます。
それはともかく、いつ繁殖活動が記録されたか(繁殖
こうした作業で得られた資料は、地上に降りてから営
開始とイコールではないが、おおよその傾向は同じ)を
巣地点の確認、発見状況の再検討、リスト作成、写真記
みると、図 2 のようになります。ただし、4 月の記録には、
録の名称附記など、こまごまとした根気のいる作業を経
3 月に営巣して失敗したのも含まれるかもしれないので、
て、基礎となる表が作られます。
気の早い組の割合はもう少し多いかもしれません。いず
れにしても、気の早い組は少数派で、大多数は 4 月になっ
営巣のほとんどは 4 月に始まった
て産卵を始めました。
さて、やっと今年の成果をお話しするところまできま
した。
調査は 4 月と 5 月の中・下旬にそれぞれ 1 回ずつ実施。
1 回といっても、1 度に全部の地域は飛べないので、1
週間ほど連続して飛ぶのをまとめて 1 回と呼んでいます。
飛んだ地域ごとに名前を付けているので、地図(図 1)
をご覧ください。十勝の大樹海岸沿いから十勝川や支流
などを含む「十勝」のほかに、皆それぞれ地域を代表す
る地名、
つまり「釧路湿原(とその周辺)
」
「別寒辺牛川(流
、
域と厚岸湖)
」
、
「霧多布湿原(と周辺湖沼)
」
、
「根室半島
(全域)
」
「風蓮湖(とそこへ流れ込む河や周辺河川)」、
、
「野
図2 番いはいつ営巣を始めたか(2007)
今年の繁殖は 354 つがい
それでは、今年はどれだけの夫婦が営巣したでしょう。
繁殖した夫婦の数を 1998 年から 10 年間でみると、次
第に増えているのが分かります(図 3)。そして今年はつ
いに 354 組にまでなりました。この増加は、全体の羽数
が増えているので、当然といえば当然です。
そのうち一番多いのは、釧路湿原の 123 組で、少な
いのは宗谷の 1 組です(図 4)。釧路湿原ではこれまで
101 組が最多でしたから、あっさり記録は塗り変えられ
ました。でも、多い少ないだけで地区を比べるのは不公
平です。なぜなら、湿地の広さが地区ごとに異なるから
です。
図1 飛行調査した地区(2007)
そこで、今残っている湿地の面積を基にして、単位湿
Tancho (1)
E1、E2、E5)に巣を造ったのが 7 割ほどでした。確か
にこれは、タンチョウは広い湿原に巣を造る、というイ
メージに合っています。
しかし、林に囲まれた小さな湿地や、なかには木立の
混んだ樹林の中に巣を構えるのもいます。今年はそんな
巣が 3 割もあり、特に樹林の中の巣は 19 ヶ所(全体の
5.4%)もありました。こうした巣は空からも見つけに
図3 最近 10 年間の繁殖番い数
くいため、実際はもっとたくさんあると思っています。
これらのことが、タンチョウの繁殖地のために、どのよ
地面積あたりのつがい数(密度)を計算してみると、十
うな環境を保持すべきかについて、重要なヒントを与え
勝にいる数は釧路湿原の半分にも足りないのに、釧路湿
てくれます。
原の 3.6 倍も混み合っていることになります(図 4)。根
もう一度、写真 1 をご覧ください。広々とした湿原
室の各地区に比べても、釧路湿原の混みぐあいは低いこ
とはまるでイメージが違い、農地に囲まれて、細い川が
とから、これからもっと夫婦の数が増えたら、どこが混
流れています。そして、その水辺に巣があります(写真 2)
。
んでくるかの予想が立てられそうです。
こうしたところで巣を構えざるを得ない状況に、現在の
しかし、さらにどんどん混んできたらどうなるでしょ
タンチョウがあることを如実に物語る写真です。
う。例えていえば、満員になっ
さて、本来なら初めにお
たら、隣の車両へ移るか、別
伝えすべきであった、なぜ
の電車に乗るしかないのと同
飛行調査をするの?という
じです。今、タンチョウでも
目的を、締めくくりに記し
そうした兆候が見えてきてい
ておきます。私たちは、現
ます。その例として、釧路か
在のタンチョウがどのよう
ら 300km 以上離れた宗谷での
な状況に置かれているかを
繁殖があげられますし、今年
とらえ、そこから、タンチョ
は網走でも新たな場所で営巣
ウと人が共存するのに、ど
が始まっていました。
のような手だてを講ずれば
よいかを考えねばなりませ
写真2 巣はここにあった
樹林のなかに 5%の巣
では、彼らはいったい、どんなところに新しく巣を造
るのでしょうか。一つの手がかりは、今どんなところに
巣を造っているかを知ることです。そこで、試しに営巣
環境をいくつかのタイプに分け、それぞれに含まれる巣
ん。しかも、その考えを実
践に移さなくては意味がありません。そのためのモニタ
リングを兼ねた基礎的な事実の把握、それがこの調査の
直接目的であり、適切な保護策を立てて実行することが
究極目的なのです。
を集計しました。すると、わりと開けた環境(図 5 の
図4 各地区の繁殖番い数と混み合い具合(2007)
Tancho (1)
図 5 巣のあった環境(2007)
シリーズ 標識物語 ~名前の付いたタンチョウ~
第0話「タンチョウの名前」
西岡 秀観
皆さん、はじめまして、西岡秀観と申します。
表題にある「名前の付いたタンチョウ」とはどういう
私は、標識タンチョウの観察と記録写真の撮影をして
ことだと思いますか?
おります。今回、タンチョウ保護研究グループが設立さ
「ピーちゃん」とか「コーちゃん」といった事ではあ
れたことに伴い、今までに標識タンチョウを観察してい
りません。
て気づいたエピソードや、生息状況について随時紹介さ
給餌場等でタンチョウをよく見ると、下の写真のよう
せていただきます。
に足に何か付いているのが何羽かいることに気づきま
す。
これが標識で、そこに記されている番号が、付けられ
たタンチョウの名前というわけです。おわかりいただけ
ましたか。
この名前のおかげで、人間の目では外見の違いがわか
らない(タンチョウ同士は見分けがつくらしい・・・)
タンチョウでも「あっ、あいつだ!」と判別できます。
また、この2種類の他に動物園で保護、繁殖した個体
を野生復帰させる際に付けた標識(新標識型で、色つき)
写真1:旧標識
写真2:新標識
(右足にメタルリング、左 (右足だけに装着、軽量金
足にプラスチックリング)
属製)
........................................
.......................................
もあり、道内(国内?)のタンチョウには全部で3種類
の標識が付いていることになります。
第1話「T09、T31」
T09(最年長のお母さん)
T09 は、1990 年生まれのメスで、現在確認されてい
るタンチョウの中で最年長の 17 歳です。昨シーズンは、
1 羽の幼鳥を連れて給餌場に現れ、自然下での生存最年
長記録どころか繁殖記録まで更新し、関係者を驚かせま
した。前回の説明を覚えている方は写真を見て「あれ?」
と思われたかもしれませんが、黄色のプラスチックリン
グがありません。
なぜかというと、プラスチックが劣化して外れてし
T09 の家族(左:T09、中:旦那さん、右:幼鳥)
2007 年 2 月撮影
...................................................................................................
Tancho (1)
まったためです。では、どうやって識別するかというと、
この標識はプラスチックとメタルで1組になっているの
で、
「T09の標識」の写真のようにメタルリングの刻
印の数字を読みます。これがなかなか大変で、慣れた人
でも望遠鏡で読むのがやっとで、双眼鏡では無理です。
T09 以外にもメタルリングだけになっている個体が9羽
いるので、この作業はとても重要です。ぜひ、皆さんも
機会がありましたら挑戦してみて下さい。これからも最
年長記録を更新し、今シーズンも幼鳥を連れて給餌場に
T09 の標識(150-0609)
来てほしいと願っています。
.......................................................
T31( 鶴 界 1 の オ シ ド リ 夫 婦 と 現 在
は・・・)
T31 は、1991 年生まれのオスで、1994 年 3 歳の時
に同い年の T33 とペアになり、2005 年まで 11 年間ずっ
メスと思われる個体が寄ってきてもイジケタまま・・・。
見守る関係者は「かわいそうだけど、新しい彼女でもで
きれば」と応援していました。年が明けて 2006 年2月、
寄っていったメスかどうかはわかりませんが、新しい彼
と一緒に給餌場に来ていたオシドリ夫婦(タンチョウな
女ができたようです(右写真)。
のに?)でした。
写真と同日には、ペアである証拠の鳴き合いも確認さ
性格がおとなしいのか、給餌場に来ても端の方に 2 羽
れ、見守っていた関係者一同は「よかった、来シーズン
で寄り添いながらひっそりと餌を食べていました。ペア
になっても、しばらく幼鳥を連れてこなかったので、
「ダ
メかな・・・」と思われていましたが、2000 年秋に初
には幼鳥を連れて来てほしい」と願いましたが、同年秋
には2羽だけで飛来しました。「とりあえず、別れてい
めて幼鳥を給餌場に連れてきた時には「やった!」と
なかっただけでもいいか・・・。来シーズンこそ子連れで」
喜んだものです。しかし、2005 年秋になって、それま
と新たな期待をさせてくれる
で 一 緒 だ っ た T33 が い
ヤツです。
な く な り、1 羽 で 給 餌
場 に 現 れ、
「もしかし
次 回 は、 標 識 物 語 第 2 話
て・・・」 と 心 配 に な
「T68 と T77( 鳴 き 合 い と
りました。
結 局、 い つ ま で 待 っ
は・・・)、T94(魔性の女)」
ても T33 は姿を現しま
を掲載します、お楽しみに。
せんでした。1 羽になっ
た T31 は、給餌場でも
さびしそうにしていて、
T31:2006 年 12 月撮影
...................................................................................................................
T31(右)と新パートナー(左) 2006 年 2 月撮影
...................................................................................................................
お 知 ら せ
11 月 18-23 日に、地球環境基金の助成を得て、国際会議「タンチョウ保護のための国際プロジェク
ト」を行います。会議そのものは非公開で行いますが、11
月 22 日(金)14:00 より釧路市
博物館で会議参加者による講演会を開きます。講演者や講演内容についての詳しいことについ
ては、ホームページでご案内します。なお、講演会は無料です。
また、講演会の後に交流会を予定していますので、是非、ご参加下さい。会費は飲み物込み 4,500
円です。交流会に参加のご連絡は 11
Tancho (1)
月 17 日までに事務局まで。
シリーズ 先生おしえて (ツル Q アンド A)
Q.
タンチョウの巣は毎年同じものが使われるのでしょうか。
A. いいえ、使われません。が、一見易しそうで、奥の深い質問ですね。
多くのタンチョウ夫婦は、毎年同じ繁殖地(なわばり)を使うようです。しかし、なわばり内では、毎年違う場
所に、新しい巣を造るのが普通です。ただ、同じところに連続して巣を造る例がないわけでありません。その場合
でも、古い巣の上に、新しい材料で、新しく巣を造ります。巣材はおもに枯れ草(ヨシとかスゲ)なので、一冬越
した巣は使い物にならないからです。
では、なぜ同じところに巣を造ることがあるのでしょう。これまでの例では、巣を造る場所が非常に限られたな
わばりで、それが起きています。営巣場所の限られることが、同じ営巣地点を使うひとつの要因なのでしょう。
それなら逆に、多くの夫婦はなぜ毎年違うところに巣を造るのでしょうか。いつも同じところだと、敵に知られ
やすいからか、それとも、巣造りをする最もよい条件のところが、毎年変わるからか、いや、単に気まぐれで・・・。
残念ながら、これはまだ謎です。
世界のツルの現場から
昨年(2006 年)10 月、ハンガリーで開かれたヨーロッパ・ツル類研究会に出席してきました。 ヨーロッパはクロヅルの渡りシーズン真最中で、行きと帰りとに短期間滞在したドイツでも、会場のハン
ガリー・ホルトバイ国立公園でも数万羽単位の群れを堪能しました。その際のツルの様子については別の機
会に紹介したいと思っていますが、今回は研究会の様子についてお知らせします。
会議への正式参加者は、ヨーロッパ 14 カ国およびアジア3カ国からの計 78 名でした。ドイツからの参
加が 21 名と最も多く、次いでスペイン、スウェーデンからの参加者が目立っていました。参加者の多くは
アマチュアですが、すっかりツルに入れ込んでいる常連の参加者が多く、会場内外の雰囲気は同窓会のよう
でもありました。
国立公園のビジターハウスで正味 3 日間行われた発表は、各国の状況報告に加え、換羽、繁殖数の変化、
音声による番い識別の試み、農業との関係など多岐にわたっていました。また渡りの様子などを調べるため
に標識として装着する国別のカラーコンビネーションの調整、ヨーロッパ・ツル類研究会の代表選出などの
事務的な話し合いもありま
した。
研究会は3~ 4 年毎に各
国持ち回りで開かれていて、
次回はフィンランドでの開
催(実施年は未定)が決ま
り ま し た。 (百瀬邦和)
Tancho (1)
事務局だより
自調査に加え、一部は釧路開発建設部の委託による
もので、環境省による調査を含めた全体の調査結果
については、本誌2ページの記事を参照。
・タンチョウ標識調査
< 活動記録 >
6 月 23 日より 8 月 05 日までに 15 日間調査を行
2006 年
11 月 12 日 17 名出席のうえ設立総会(於:中部
地区コミュニティーセンター、釧路
市)
12 月 11 日 法人認証申請書を北海道知事宛に提出
2007 年
3 月 20 日 法人として認証され、26 日に到着
3 月 30 日 法人設立登記申請書を釧路地方法務局
あて提出
参加があり、21 羽のヒナに標識を付けた。
・ 標津川タンチョウ営巣状況調査:7 〜 8 月
釧路開発建設部から急遽持ち込まれた調査。標
津川の自然再生事業としての蛇行化工事にあたって
の現地調査の際、当地で繁殖しているタンチョウ家
族にどのような配慮が必要かという確認のための調
査。
・ タンチョウ自然再生調査
4 月 03 日 設立登記完了(3 月 30 日付)
5 月 20 日 理事会開催(於:釧路市民活動センター)
6 月 15 日 講演会開催(於:釧路市生涯学習セン
ター)
演者:寺岡宏樹(本会理事)
、
「道東にお
けるタンチョウの生息環境:重金属汚染
の状況」
6 月 16 日 タンチョウ標識調査説明会(於:釧路
市民活動センター)
6 月 17 日 タンチョウ標識調査説明会(於:帯広
百年記念館)
環境省委託による釧路湿原自然再生事業 野生生
物生息・生育環境保全(タンチョウ)調査。タンチョ
ウの生息環境を改善するためにはどんな自然再生
事業を行う必要があるのか、という目的の調査事
業。繁殖期の調査として、数つがいの終日追跡観察、
営巣環境の現地調査、索餌場での餌動物調査を行っ
ている。この調査は越冬期も実施を予定。
< 役員および会員 >
今年度の役員と、現在の会員数は以下の通りです。
役員(任期は今年度末の 2008 年3月 31 日まで)
6 月 26 日 ホームページ開設
理事: 石弘之、胡東宇、寺岡宏樹、花輪伸一 . 正富
宏之、正富欣之(副理事長)、宮田春夫、百瀬邦和(理
< 調査活動(事業)>
事長)、山根みどり、 監事:蛭田眞一、宮崎俊次
・ タンチョウ繁殖状況調査(航空機による調査)
タンチョウの生息地全域を航空機で飛び、巣、家族、
その他の群やつがい数とその位置などを確認する調
査。4月と5月は道東地域のほぼ全域を対象とし、6、
7、8月は鶴居村の一部のみを調査。タン保研の独
Tancho Protection Group (TPG) newsletter
う。今年は 75 名、のべ 208 名のボランティアでの
会員(9 月 20 日現在)
運営会員:8 名(北海道)、1名(兵庫県) サポー
ト会員:40 名(北海道 30 名,大阪府・兵庫県:各 3 名,
茨城県・東京都・神奈川県・京都府:各1名) 団体
サポート会員:4 団体(北海道 3 団体 , 大阪府1団体)
TANCHO
First issue September 2007
特定非営利活動法人
タンチョウ保護研究グループ
〒 085-0036
北海道釧路市若竹町 10 番 2 号
Tel/Fax 0154-22-1993
e-mail: tancho1213@pop6.marimo.or.jp
URL: http://www6.marimo.or.jp/tancho1213
Tancho (1)